面白い

ミシガン州のアッパー半島のフィンランド文化

ミシガン州のアッパー半島のフィンランド文化

ミシガン州のアッパー半島(UP)の辺townな町への観光客は、地元の企業や家を飾る多くのフィンランドの旗に戸惑うかもしれません。フィンランドの文化と祖先の誇りの証拠はミシガン州に遍在していますが、ミシガン州は他のどの州よりも多くのフィンランド系アメリカ人の本拠地であり、これらの大半が遠隔のアッパー半島を故郷と呼んでいることを考慮すると驚くことではありません(Loukinen、1996)。実際、この地域のフィンランド系アメリカ人の割合は、米国の他の地域の50倍以上です(Loukinen、1996)。

大フィンランド移民

これらのフィンランド人入植者のほとんどは、「偉大なフィンランド移民」の間にアメリカの土地に到着しました。1870年から1929年の間に、推定350,000人のフィンランド人移民が米国に到着し、その多くが「サウナベルト」として知られる地域に定住しました、」ウィスコンシン州北部郡、ミネソタ州北西部郡、ミシガン州上部半島の中央および北部郡を含むフィンランド系アメリカ人の特に人口密度の高い地域(ルーキネン、1996)。

しかし、なぜそんなに多くのフィンランド人が世界の半分を定住することを選んだのですか?答えは、フィンランドでは非常に不足していた「サウナベルト」で利用できる多くの経済的機会、農場を購入するのに十分なお金を稼ぐという共通の夢、ロシアの抑圧から逃れる必要性、そしてフィンランド人との深い文化的つながりにあります土地。

半分の世界を離れて家を見つける

フィンランドのように、ミシガン州の多くの湖は、数千年前の氷河活動の現代の名残です。さらに、フィンランドとミシガン州の緯度と気候が似ているため、これら2つの地域の生態系は非常に似ています。両方の地域には、一見ユビキタスの松が優占する混交林、ポプラ、カエデ、絵のような白biがあります。

土地を離れて暮らす人々にとって、両方の地域は、豊かな魚のストックとおいしいベリーでいっぱいの森のある美しい半島にあります。ミシガン州とフィンランドの両方の森林には、鳥、クマ、オオカミ、ヘラジカ、ヘラジカ、トナカイがたくさん生息しています。

フィンランドのように、ミシガン州はひどく寒い冬と穏やかな夏を経験します。共通の高緯度の結果として、両方とも夏に非常に長い日を経験し、冬に大幅に短縮された日照時間を経験します。

長い航海の後、ミシガン州に到着したフィンランド人移民の多くが、半世界離れた家を見つけたように感じたに違いないと想像するのは簡単です。

経済的機会

フィンランドの移民が米国への移民を選んだ主な理由は、五大湖地域で一般的な鉱山での雇用機会のためでした。これらのフィンランド移民の多くは、小さな田舎の農場で育ったが土地を所有していない若い、教育を受けていない、未熟な男性でした(Heikkilä&Uschanov、2004)。

フィンランドの農村の伝統により、長男は家族農場を継承しています。一般に、土地の家族区画は1つの家族単位をサポートするのに十分なだけです。兄弟間で土地を分割することは選択肢ではありませんでした。その代わりに、長男は農場を相続し、若い兄弟に現金補償を支払ったが、その後現金は他の場所で仕事を探すことを余儀なくされた(Heikkilä&Uschanov、2004)。

フィンランド人は土地と非常に深い文化的つながりを持っているため、土地を相続できなかったこれらの若い息子の多くは、自分の農場を運営するために土地を購入するのに十分なお金を稼ぐ方法を探していました。

さて、歴史のこの時点で、フィンランドは急速な人口増加を経験していました。この急速な人口増加は、この時期に他のヨーロッパ諸国で見られたように、工業化の急速な増加を伴わなかったため、広範な雇用不足が発生しました。

同時に、アメリカの雇用主は実際に労働力不足を経験していました。事実、リクルーターは、欲求不満のフィンランド人が仕事のためにアメリカに移住することを奨励するためにフィンランドに来ることが知られていました。

冒険心のあるフィンランド人の一部が移住してアメリカに航海した後、多くの人がそこで見つけたすべての機会を記述して帰国しました(Loukinen、1996)。これらの手紙のいくつかは実際に地元の新聞に掲載され、他の多くのフィンランド人がそれらに従うことを奨励しています。 「アメリカフィーバー」は山火事のように広がっていました。フィンランドの若い土地のない息子にとって、移民は最も実行可能な選択肢のように見え始めました。

脱毛

フィンランドは、特にロシアがロシア帝国軍に仕えるためにフィンランド人を強制的に徴兵する徴兵法を命じたとき、彼らの文化と政治的自治を効果的に根絶するこれらの努力に会った。

徴兵時代のフィンランドの若い男性の多くは、ロシア帝国軍での兵役を不当で違法で不道徳であると見なし、代わりにパスポートやその他の旅行書類なしで不法にアメリカに移住することを選びました。

仕事を探してアメリカに行った人たちのように、これらのフィンランド人のドラフトドジャーのすべてではないにしても、ほとんどは最終的にフィンランドに戻るつもりがありました。

鉱山

フィンランド人は、鉄と銅の鉱山で彼らを待っていた仕事に全く準備ができていませんでした。多くは農村の農家から来ており、経験の浅い労働者でした。

一部の移民は、フィンランドからミシガンに到着した同じ日に仕事を始めるように命じられていると報告しています。鉱山では、ほとんどのフィンランド人が人間のパックラバに相当する「トラマー」として働いており、壊れた鉱石でワゴンを満たし、操作します。労働法が適切に存在しないか、ほとんど施行されていない時代に、鉱山労働者は恐ろしく酷使され、非常に危険な労働条件にさらされました。

鉱業の手作業の要素が完全に整っていないことに加えて、彼らは、完全に文化的に均質なフィンランドの農村から、多くの異なる文化からの移民と並んで働く高ストレスの労働環境への移行に対して同様に準備ができていませんでした言語。フィンランド人は、他の文化の大規模な流入に対応して、自分たちのコミュニティに戻って縮小し、他の人種グループと大いに迷いながら対話しました。

今日のアッパー半島のフィンランド人

ミシガン州のアッパー半島のフィンランド系アメリカ人の割合が非常に高いため、今日でもフィンランドの文化がUPと複雑に絡み合っているのも不思議ではありません。

「Yooper」という言葉は、ミシガンの人々にとっていくつかのことを意味します。 1つには、Yooperはアッパー半島の誰かの口語的な名前です(頭字語「UP」から派生)。ヨーパーは、ミシガン州のアッパー半島で発見された言語の方言でもあり、銅国に定住したフィンランド人移民の大衆のためにフィンランドの影響を強く受けています。

ミシガン州のUPでは、リトルシーザーズピザの「ヨーパー」を注文することもできます。これには、ペパロニ、ソーセージ、マッシュルームが付いています。もう1つの特徴的なUP料理は、炭鉱での厳しい一日の仕事を通して鉱夫を満足させた肉の回転であるペースト状です。

UPのフィンランド移民の過去をさらに現代的に思い出させるものは、1896年にUPのKeweenaw半島の銅地帯にある小さな私立リベラルアーツカレッジであるFinfinia Universityにあります。この大学はフィンランドの強いアイデンティティを誇っており、北米のフィンランド移民によって設立された唯一の大学です。

経済的機会、政治的抑圧からの逃避、または土地への強力な文化的つながりのいずれであろうと、フィンランドの移民はミシガン州のアッパー半島に大勢で到着しました。ほとんどではないにしても、すぐにフィンランドに戻ると信じていました。後の世代の子孫の多くは、祖国のように不気味に見えるこの半島に残ります。フィンランドの文化は、UPにおいて依然として非常に強い影響力を持っています。