新しい

レビュー:労働史

レビュー:労働史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

何年もの間、農場労働者は荒涼とした、魂を破壊する貧困から身を守るために戦いました。トルパドルの殉教者の残酷な扱いから第二次世界大戦の誤った夜明けまで、彼らの勝利と彼らの最悪の敗北は、SharpentheSickleで語られています。 「それは搾取された農村の貧しい人々の目覚めの歴史です。それは私たちに時代、労働者とその家族の生き方を示しています。すべてのページが生き生きとしています。そして彼らの搾取者を引き受けること。そして彼らを導いた人々と下された決定を批判することを躊躇しない。」ジャック・ボディ、全国農業連合の書記長。

政治はジェンダーを構築し、ジェンダーは政治を構築します。これは、女性の経験に焦点を当てた歴史を書くだけでなく、その歴史を形作ったダイナミックな力を分析しようとするエッセイのこのコレクションの中心的なテーマです。労働者階級の残りの半分である女性の労働者、労働組合員、政治活動家としての「メイキング」を検証し、特に工業化の過程において、階級とジェンダーの複雑な関係を織り交ぜようとしています。女性がほとんど言及されていない労働運動の一般的な歴史を書くことができたのは、階級と性別の関係がしばしば無視されたり誤解されたりしたためです。それは一流のそして新進気鋭の女性労働史家からの貢献を特徴とします、エッセイは3つのセクションにあります:労働市場/仕事(典型的および非典型的)。労働組合;と政治。

マックスビール 社会主義の歴史 それが素晴らしい先駆的な研究であっただけでなく、それがまだ新世代の社会主義者に緊急に関連しているという理由で、それは古典的です。ビアトリス・ウェッブが彼女の仲間がそれを「借りた」と不平を言ったように、トーニーはそれを正当に有名なエッセイで祝ったので、今日、これらの英国の思想家のアイデアへの根本的な洞察を大切にする多くの人がいます。または私たちの学校のほとんどと私たちの大学のいくつかで忘れられています。

この主要なアンソロジーは、農民の反乱から第一次世界大戦までの500年にわたる過激な抗議にまたがっています。イギリスの代替の政治的および社会的歴史を提供します。これは、創造的な反抗として、共同行動としての歴史であり、特権的な詩人、作家、思想家の間で、没収された人々に情熱的なスポークスマンを作る力と勇気を持った人々の知的で想像力豊かな証人が関与しています。

第一次世界大戦の余波で、30人の労働党議員は不公平な税金を受け入れるのではなく刑務所に行きました。 1921年にボウ、ライムハウス、ミルウォール、オールドフォードで失業率が上昇したため、ポプラー自治区評議会は、ロンドンの1つの貧しい自治区の限られた富だけを利用して救済を提供することはできませんでした。将来の労働党指導者ジョージ・ランズベリーを含むポプラ評議員は、より豊かな地域からの率が役立つべきであると要求した。リッチケンジントンは、評価額が非常に高く、失業者が少なかった。それはもっと支払う余裕があります。そのため、ポプラーはロンドン郡議会への料金の支払いを拒否し、ポプラーの反乱を開始しました。アーカイブ研究と新聞報道を利用して、この本はポプラ評議会によって動員された支援の物語を語ります。物語は、新たに権利を与えられた労働者階級の有権者が1919年に評議会を運営するために労働者を選出したときに始まります。次の2年間、それはポプラの住民の生活を改善し、中央当局や地方政府の資金調達システムとますます対立するようになりました。危機は、ポプラ評議会がその税率の一部を徴収することを拒否した1921年に起こりました。ポプラの戦いは、1921年9月に評議員を刑務所に連れて行った。1か月後に解放され、彼らは戦いを続けたが、闘争は勢いを失った。この本は結果の調査で終わり、この物語が今日どのように意味を持っているかを考察します。

ハロルド・ウィルソンの労働党政権を反映した1972年の追記による、初期から1960年代までの労働党の分析[1964-1970]。社会主義が彼らの目的であると主張する政党の中で、労働党は常に最も独断的なものの1つであり、社会主義についてではなく、議会制度についてでした。他のすべてについて経験的かつ柔軟であり、その指導者たちは常にそのシステムに彼らの固定された基準点と彼らの政治的行動の条件付け要因に専念してきました。これは単に労働党が革命の党ではなかったと言っているだけではありません。そのような党は通常、彼らの目的を促進する一つの手段として議会制度が提供する機会を利用することを非常に喜んでいます。むしろ、労働党の指導者たちは、議会制度の枠組みや慣習の外で、落ち込んだ、または落ちたように見えるあらゆる種類の政治的行動(政治目的の産業行動など)を常に拒否してきました。労働党は議会政党であるだけではありません。それは議会制に深く染み込んだ党でした。そしてこの点で、労働者の政治的指導者とその産業的指導者の間に区別はありません。労働党は議会政治の狭い道から外れてはならないということは、どちらも等しく決定されています。

ストリームに対して、スターリンとトロツキーの間の裂け目がイギリスで響いた方法を文書化します。 1930年、一部の英国の左翼活動家は、スターリン主義のソ連に敵対するトロツキストのネットワークを形成し、主流の英国の労働運動に影響を与えようとしました。この本は、これらの主人公の多くへのインタビューと、出版された文書とその時代の私的な通信の中での研究から成長しました。それは、スターリン-トロツキー派閥の戦いの最初の反響から1938年の第四インターナショナルの出現までの英国のトロツキズムの歴史を図示します。著者は、トロツキストによって採用された戦術の忘れられた歴史的および理論的背景のいくつかを明らかにすることを目指しています派閥と運動の異なるミリユーへの進化を説明します。それは、左か右かにかかわらず、正統性に関係なく、その絵を「いぼとすべて」で提示します。


労働の評価:簡単な歴史

1930年代に、米国、ドイツ、スイスの研究者は、臨床的に意味のある方法で陣痛の経過を定量化する最初の試みを行いました。彼らは、陣痛の進行を支配する極めて重要な出来事として膜の破裂を強調した。正常性の目安として、収縮の総数にも注意が払われました。 1950年代以降、フリードマンは、分娩の進行を評価するための最も有用なパラメータは、子宮頸管の拡張と胎児の位置の経時変化であると判断しました。彼は、すべての通常の労働が、それらの構成要素の持続時間と傾斜のみが異なる、同様の拡張と下降のパターンを持っていることを示しました。これらの観察は、労働の評価をかなり恣意的な運動から科学的客観性によって導かれる運動に引き上げる基準の策定につながりました。世界中の研究者が労働曲線の基本的な性質を確認し、その機能を検証しました。このシステムにより、出産、鎮痛、母体の肥満、帝王切開前、母体の年齢、胎児の胎位と陣痛への影響を定量化することができます。分娩異常に関連する結果の分析を可能にし、治療の有効性を定量化し、帝王切開の必要性を評価します。また、機能不全の分娩パターンは、子孫に対する短期的および長期的なリスクの指標として機能します。子宮収縮性の生理学的症状を拡張および下降の変化と関連付けるために必要なトランスレーショナルリサーチはまだ不足しています。電気子宮造影パターンを解釈するための最近の努力は、機能不全分娩の分子基盤への予備調査がそうであるように、この点で有望である。今のところ、臨床医は60年以上前に提案され、それ以来かなり詳細に装飾された陣痛評価システムによって最もよく奉仕されています。

キーワード: 子宮頸管拡張胎​​児下降分娩曲線。


労働史

CEUの歴史学部は、近世から20世紀の終わりまでの労働史をテーマに、中央ヨーロッパ、南東ヨーロッパ、東ヨーロッパ、地中海、および地域を超えた比較アプローチに特に重点を置いて、一連の活動を行っています。 。目的は3つあります。これらの地域の労働史の研究を世界中の国境を越えた労働史に統合し、進行中の労働史に貢献し、相互作用するために、ここ数十年で大きく無視されてきた分野の研究を刺激し、専門知識を提供することです。トランスヨーロッパおよびグローバルな労働史の概念的枠組みに関する学術的議論。

  • CEUプレスブックシリーズ「仕事と労働:21世紀の学際的研究」(編集委員会:エステル・バーサ、エイドリアン・グラマ、ドン・カルブ、デビッド・オスト、スーザン・ツィンマーマン)が発足しました。 Marsha Siefertが編集した第1巻は、2019年に発行されます。
  • 2015年以来、労働史のコースはCEUの歴史学部で定期的に教えられています。最新の化身には、2017年秋:「労働史:グローバルな軌跡、東ヨーロッパとユーラシアのダイナミクス」、インストラクターのエイドリアングラマ2019年冬:「グローバルな視点での労働史、19世紀と20世紀」、インストラクターのスーザンツィンマーマンが含まれます。
  • CEU人文科学イニシアチブのプロジェクト「LaboringLives:The Experience of Work in Eastern Europe」によって資金提供された、労働史における1年間のポスドクフェローシップ(アカデミックイヤー2017/2018)が、ゴランムシッチ博士に授与されました。

2017年冬学期には、MAコースに関連した公開講座シリーズ「グローバルな文脈におけるヨーロッパの労働史」、マーシャ・シーファート教授による「18世紀から現在までのグローバルな文脈におけるヨーロッパの労働史」を開催しました。 CEU人文科学イニシアチブからの助成金「労働生活:東ヨーロッパでの仕事の経験」によって財政的に支援されています。

私たちのプロジェクト「労働生活:東ヨーロッパでの仕事の経験」は、CEU人文科学イニシアチブから助成金を授与されました。資金提供には、CEUの歴史学部での1年間のポスドク、2016年冬と2017年冬の2つの講義シリーズ、および共同編集された巻「1945年以降の国家社会主義ヨーロッパの労働:グローバルへの貢献」に関連する作業への支援が含まれます。労働史。


労働の新生活?

歴史は、中央州とCooperativisimの間のより緊密な協力と根本的な新しい考え方が、まだ前向きな結果を生み出す可能性があることを示唆しています。

一見すると、Ackers andReidのボリュームは少し驚きです。まず、表紙は驚きです。なぜなら、お互いの髪をとかして少し片付けるために墓から登っている女性の絵は、通常、労働の歴史に関連付けられる絵ではないからです。第二に、タイトルは驚きです。政府内外での1世紀の労働の後、英国の中央州に代わるもののアイデア自体が非常に奇妙に見えるためです。スタンリー・スペンサーのシーンとほぼ同じくらい奇妙です。 復活。 しかし、編集者はそれを正しく理解しています。英国の社会主義の歴史は、政府の大臣が(彼らが想定している)「権力」のてこを引くよりもはるかに豊かです。この本は、国家社会主義の現代的な代替案がどのように見えるかについては述べていませんが、地方自治体やギルド社会主義、労働組合主義、協同組合運動など、他の伝統を思い起こさせます。

この貴重な本には、エドワード・キャドバリー(チョコレート社会主義者)、ウォルター・シトリン(影響力のある労働組合員)、G.D.H。コール(知識人の混乱)とマイケル・ヤング(優秀な政治起業家)。ケンリヴィングストンのGLC(1981-86)に関する彼の章で、スチュアートホワイトは、中央国家社会主義の少なくとも1つの代替案が実際にどのように見えるかを彼が考えていることを垣間見せてくれます。支配権を握る女性のスペンサーのイメージはついに適合し始めます。

アッカーズとリードは戦闘的ですが、これらの代替社会主義が何に反対していたかについての理論的な議論を提供していません。また、労働者の台頭まで(およびそれを超えて)独立した労働者階級のプロジェクトの規模と野心を強調することもありません。

スティーブン・ヨの強力な寓話は両方を行います。ジョージ・ヤコブ・ホリオアケはペントリッチ蜂起の年(1817)に生まれ、労働者が州に入る年(1906)に亡くなりました。彼は新しい人生の秩序として協力のために動揺する間に彼の時間を費やしたようでした。ホリオアケは、彼が取り組んだ社会運動が曲がるのをやめなかったように、走り書きをやめませんでした。 1905年には、協力だけで250万人の会員がおり、労働組合は200万人を超え、友愛組合は600万人を超えていました。これは大きな成果であり、ホリオアケはそれを構築するだけでなく、それが協調してどのように機能するかを考えようとして人生を過ごしました。

すべての政党の中で、労働党は政府のパートナーとしてこれらの運動を歓迎し、奨励すべきでした。 Beveridgeは確かにそう考え、それに応じて福祉国家を計画しました。しかし、それは起こらず、レイバーはホワイトホールのマシンにすべての信頼を置きました。ジェレミー・コービンの待機中の政府が、頼りにできる中央州を約束しているとき、ヨの結論を検討する価値があります。第一に、国家に私たちのために何かをしてもらうことは、必ずしも私たちを幸せにするわけではありません。第二に、私たちが行うすべてのことにおいて、とにかく協力は今私たちと一緒です。第三に、協力するために同意するまで待つ必要はありません。意見ではなく、重要な構造です。それはどのように聞こえますか?

1895年、協同組合会議はペイズリーで3日間、食料品の販売、利益の分配、他の生産者との連携の最善の方法について話し合いました。 「ああ、でも」と、Yeoは書いている。失敗? 「ああ、でも」とYeoは繰り返します。「どちらの性別の現代の参加者も、「ここにいます。あなたの時間の中で、あなたはもっと良くしますか?」

良い質問。私たちはもっとうまくやっていますか?中央州がトレデガルに落下する便器がホワイトホールの廊下に響き渡ることを意味するというアナイリンベヴァンの小言は、依然として労働者の唯一の考えのようです。それに対して、協同組合グループは世界で最もセクシーな政治団体ではなく、協同組合銀行での最近のスキャンダルは夢のようなものではないのは事実です。この観点から、協同組合社会へのホリオアケの旅は遠い道のりのように思えるかもしれませんが、私たちは何かを与えなければならず、アイデアが彼らの時間を待つ必要がない時代に生きています。英国では連邦主義がますますもっともらしいように見え、グローバリゼーションがロープを使い果たし、ヨーロッパがブレグジットに照らして自らを変革するにつれて、私たちの病気のいくつかに対する国際協同組合の再発明よりも奇妙なことが起こりました。

州の代替案 英国の社会主義
ピーター・アッカーズとアラステア・J・リード(編)
パルグレイブマクミリアン
374pp£66.99

使える過去:第1巻
Victorian Agitator:George Jacob Holyoake:協力 「この新しい生命の秩序」
C.スティーブンヨー
エドワードエベレットルート出版社
260pp£65

ロバート・コルズ デモントフォート大学の文化史教授であり、 ジョージ・オーウェル:イングリッシュ・レベル (オックスフォード、2013年)。


7つの安いもののレビューにおける世界の歴史–資本主義がどのように機能するか

マックナゲットを検討してください。ジューシーさとサクサク感と風味の独自の組み合わせだけでなく、私たちが自分自身を見つける時代の象徴としてのその有用性も考慮してください。世界で最も一般的な鳥に由来し、数週間以内に成熟するまで繁殖し、胸が非常に大きくてほとんど歩くことができないその物質を考えてみてください。これらの鳥のうち600億羽が毎年屠殺され、その結果、安価な食料が豊富に供給されていること、そしてこの作業には安価な人間の労働力の膨大なプールが必要であることを考慮してください。そして、人間が地球から姿を消した後もずっと、私たちに残るのは、核廃棄物の不滅の残骸とともに、私たちが残した本当に異常な量の鶏の死骸を記録する化石記録であると考えてください。

彼らの本の初期のページで 7つの安いものの世界の歴史、ラジ・パテルとジェイソン・W・ムーアは、マックナゲットを現代の支配的なシンボルと見なすように私たちに求めています。彼らの中心的な論争の1つは、私たちが完新世に住んでいないということですが、新しい地質時代では、彼らは資本主義と呼んでいます。現在流行している「人新世」という用語は、私たちの現在の生態学的緊急事態は単に人間が人間がすることをすることの結果であるのに対し、現実はそれが資本主義の特定の歴史的現象から流れ出るということです。用語として、Capitaloceneは、自然の破壊が主に組織化された経済システムの結果である方法の理解に向けて、進化的決定論から、そして気候変動に対する集団的責任感から私たちを遠ざけるように設計されています少数派クラスとその利益の追求の周り。 「気候変動に関しては、私たち全員が同じ船に乗っているかもしれません」と彼らは言います。「しかし、私たちのほとんどは操舵中です。」

パテルとムーアの本質的な議論は、資本主義の歴史、したがって私たちの現在の混乱の歴史は、安さのレンズを通して有用に見ることができるということです。 (ムーアによるエコマルクス主義の初期の、より節度のある理論的研究、 生命の網における資本主義、「安い自然」は安い労働と同じくらい資本主義の中心的な義務であると主張します。)誤解を招くクリックベイトのタイトルの7つの「もの」は、オブジェクトや消費者製品ではなく、概念的なカテゴリ(自然、お金、仕事、ケア、食べ物、エネルギー、そして生活。彼らは、ある種の生態系に絡み合っているように、これらのカテゴリーをそれらの安さのために互いに依存しているものとして提示します。安いお金の章では、彼らはペルーの16世紀のスペインの植民地主義者の野蛮な銀採掘慣行を通して安くするプロセスを示しています。 「安い生活は、家庭のコミュニティで安い世話と安い食べ物に依存する安い労働者に変わり、安いお金を生み出すために安い自然を集めて処理するために安い燃料を必要としました。」

最後のフロンティア…起業家のイーロンマスクの火星ミッションは、今年初めにフロリダ州ケネディ宇宙センターから始まります。写真:ジムワトソン/ AFP /ゲッティイメージズ

この意味で、パテルとムーアの議論の最も説得力のある側面の1つは、資本主義の安価な労働への依存自体が、彼らが安価なケアと呼ぶものに依存している程度の実証です。女性、それは人件費にめったに考慮されません。資本主義は、このケアワークとそれが可能にする「実際のワーク」との間に二項対立を生み出しました。 「世話をせずに仕事の歴史を書くことは、水に言及せずに魚の生態を書くようなものです」と彼らは書いています。限られた方法でそれは可能ですが、一度省略に気づいたら、続けるのは難しいです。」

この本自体は200ページをはるかに超えておらず、さらに100ほどのメモや参考文献が続きます。これらの大部分は、パテルとムーアの極端な学術的多動性を説明するために使用できます。彼らは、首都革命のゼロ年を産業革命の夜明けや広島への最初の原子爆弾の投下ではなく、16世紀のヨーロッパ植民地の南北アメリカへの拡大の始まりにさかのぼります。これは、フロンティアを押し出したという理由だけでなく、資本主義はフロンティアのしばしば血なまぐさい拡大によって生きているということだけでなく、自然と社会。デカルトやベーコンなどの啓蒙思想家は、この概念的な分裂を通じて植民地の暴力を正当化し、先住民を自然の範疇に追いやったと主張している。

資本主義が特定の「もの」の安さをどのように確保したかについての本の探求では、各章はこの植民地の原罪の何らかの側面から始まります。実際、1つを除いてすべては、著者が資本主義自体のために、彼のすべての悪意と貪欲さで立つことを意図しているコロンブスから始まります-それは歴史的に植民地主義から切り離せないものであると彼らは主張します。資本主義のフロンティアは、「資本とあらゆる種類の自然との出会いの場であり、人間も含まれます。したがって、彼らは常にビジネスを行うためのコストを削減することについてです。資本主義だけでなく もっている フロンティアそれはフロンティアを通してのみ存在します。」

それは本の内容ではありませんが、それを読んでいると、イーロンマスクやジェフベゾスなどの起業家によって進められた火星の植民地化の概念が、私たちの時代のこの論理の最も極端な操作をどのように表しているのかを考えました。資本主義はフロンティアを使い果たしており、安価な資源の独占的な追求の遺産は荒廃した惑星であり、その多くの住民にとってすぐに生き残れないかもしれません。火星は、現在の宿主生物である地球が生命を支える能力を失った後、資本主義を存続させる手段である新しいフロンティアの可能性として存在します。

パテルとムーアが火星にたどり着かなかったとしても、彼らの本はまだ非常に多くの分野をカバーしています。彼らは、経済分析、歴史、政治的論争の間を急速に行き来し、すべての安さは実際には壊滅的に高価であるという前提に基づいています。彼らの動きは常に流動的またはシームレスであるとは限りません。著者は、エレガントでない移行メカニズムで章を終了する傾向があります。たとえば、安いケアの章は、「私たちが今回すのは安い食べ物にある」という主張で終わります。安い食べ物の章は「私たちが今回すのは安いエネルギーにある」などで終わります。次のスライドがめくられると、古いスタイルのプロジェクターのカチッという音がほとんど聞こえます。しかし、時折の不器用さは小さな問題にすぎません。全体的な印象は、抜本的な知識の1つであり、異種の要素を合成する印象的な能力です。

この本は、著者が「補償エコロジー」と呼んでいるアイデアを紹介する、簡潔でありながら希望に満ちた結論で終わります。この概念は、自然および文化的資源の広範な再分配を含み、資本主義が何世紀にもわたって安くなったすべてのものの適切な評価を伴うものの、急いで、そしてぼんやりとしか描写されていません。これがどのように達成されるかを検討する実際の試みはありません。それは、資本主義の暴力的な命令の外の未来を想像するための挑発としてよりもプログラムとして提供されます。彼らが言うように、それは「思慮深く夢を見る」ことへの招待です。

Mark O’Connell’s To Be a Machineは、今年のウェルカムブック賞を受賞しました。


見えない

第一次世界大戦の100周年は、その紛争に対するインド軍の多大な貢献についての理解を深めてくれました。しかし、焦点は兵士にあり、ラバの運転手、掃除人、担架運搬人、ポーター、建設労働者など、「フォロワー」や労働者としてフランスやメソポタミアに旅行した何千人ものインディアンはほとんどいませんでした。彼らの話を回復するのは不可能に思えるかもしれないので、書くことができる人はほとんどいませんでした。このギャップは現在、デリーのジャワハーラールネルー大学の教授であるラディカシンハによって埋められています。ラディカシンハは、インド労働隊(ILC)の研究に10年近く専念してきました。彼女の思慮深く、細心の注意を払った歴史は、それが明らかにすることに冷静です。

1919年末までに採用された140万人のインド人のうち、563,369人が非戦闘員でした。多くはアッサム、ビハール、オリッサのフロンティアヒル州出身でした。参加する強い誘因がありました:志願した人々は、厄介な固定資産税とそれ以上の労働義務から生涯免除されました。一部の人にとっては、結婚するための資金を持ってインドに戻るという見通しは魅力的だったかもしれません。他の人にとっては冒険心があったかもしれません。

メソポタミアに到着すると、運河を深くして延長し、道路を建設し、線路を敷設する必要がありました。 Singhaは、地域のアーカイブ、公式レポート、ユニット日記、個人アカウントを採掘して、信じられないほど長い時間、遠隔地の職場への徒歩での旅を罰し、適切な機器や衣服が不足しているという話をまとめました。第一マドラス労働隊の分遣隊を指揮する茶畑のメイナード・ナイト中尉は、彼の部下の多くが、ハーナキーン鉄道での作業中に手を切って傷つけたが、ブーツがまったくなく、毛布が1枚しかなかったと報告した。ピース'。脱走は最初はむち打ちで罰せられましたが、潜在的な問題を見て、軍は代わりに有刺鉄線に囲まれた「懲戒キャンプ」を設置しました。

ある時点で衛生労働者の緊急の必要性があり、当局はこの危険な非衛生的な仕事のためにインドの刑務所に目を向けました。囚人は「疑わしい迅速さ」で採用されました。電車でボンベイに移動したとき、第5連合州刑務所ポーター軍団の新しく入隊した男性は、通信コードを7回以上引っ張り、旅の終わりまでに7人が行方不明になりました。

1917年以降フランスに配備されたILCは、マルセイユへの長い海路が当惑し、トラウマ的であることに気づきました。過密状態は赤痢を引き起こし、新兵の大きな苦痛のために、彼らの仲間の何人かは海に埋葬されなければなりませんでした。労働者は西部戦線の戦場を一掃するために働かされました。マドラスの前知事であるアンプヒル卿は、「野蛮からほとんど姿を現さなかった丘やジャングルから来た」男性がどのように労働者として形作られるのか疑問に思いました。その後間もなく、アンプトヒルは同僚にこれらの男性が直面した危険を認めていました。「ミルズ型手榴弾は草の中に潜んでいて、触れると爆発します。」2人のイエズス会の司祭がILCと一緒に旅行し、ソンムの戦場をクリアするのを観察しました。

5ヤードごとに、砲弾で吹き飛ばされたパテ、腕、脚に包まれた骨に出くわします。私たちの古いランチの男の子の一人は、彼の心をいっぱいにして、泣きながら立っていました。ティプヴァル公園は人間の遺骨で覆われています。

この搾取の物語を通して、シンガの口調は測定され、情報源に対する彼女の反応を時折説明します。かすかな、しかし心に訴える痕跡を通して、ILCの人生は読者に開かれます。

クーリーの大戦争:世界的な紛争におけるインドの労働、1914年から1921年
ラディカ・シンハ
ハースト392pp£45

スザンヌ・バーデット 帝国戦争博物館の研究および学術パートナーシップの責任者です。


労働史レビュー

労働史レビューは、アラン・キャンベル博士が編集した本シリーズ「労働史研究」とともに、労働史研究会と共同で発行されています。 1960年以来、ジャーナルは「普通の」人々の労働生活と政治を調査し、社会的および政治的歴史を再定義する上で重要な役割を果たしてきました。このジャーナルについての会話に参加する

ジャーナルのセットは、SJRに従ってランク付けされ、4つの等しいグループ、4つの四分位数に分割されています。 Q1(緑)は、値が最も高いジャーナルの4分の1で構成され、Q2(黄色)は2番目に高い値、Q3(オレンジ)は3番目に高い値、Q4(赤)は最も低い値です。

カテゴリー四分位数
歴史2010Q1
歴史2011Q2
歴史2012Q1
歴史2013Q2
歴史2014Q3
歴史2015Q3
歴史2016Q1
歴史2017Q2
歴史2018Q2
歴史2019Q4
歴史2020Q3
組織行動と人的資源管理2010Q3
組織行動と人的資源管理2011Q4
組織行動と人的資源管理2012Q2
組織行動と人的資源管理2013Q4
組織行動と人的資源管理2014Q4
組織行動と人的資源管理2015Q4
組織行動と人的資源管理2016Q3
組織行動と人的資源管理2017Q4
組織行動と人的資源管理2018Q4
組織行動と人的資源管理2019Q4
組織行動と人的資源管理2020Q4
社会科学(その他)2010Q2
社会科学(その他)2011Q3
社会科学(その他)2012Q2
社会科学(その他)2013Q3
社会科学(その他)2014Q4
社会科学(その他)2015Q4
社会科学(その他)2016Q2
社会科学(その他)2017Q3
社会科学(その他)2018Q3
社会科学(その他)2019Q4
社会科学(その他)2020Q4

SJRは、サイズに依存しないプレステージインジケーターであり、ジャーナルを「記事ごとの平均プレステージ」でランク付けします。これは、「すべての引用が同じように作成されるわけではない」という考えに基づいています。 SJRは、ジャーナルが受け取った引用の数と、そのような引用が由来するジャーナルの重要性または威信の両方を説明するジャーナルの科学的影響力の尺度です。SJRは、ジャーナルの平均的な記事の科学的影響力を測定し、その方法を表します。世界的な科学的議論の中心は、ジャーナルの平均的な記事です。

SJR
20100.289
20110.195
20120.447
20130.140
20140.102
20150.118
20160.281
20170.150
20180.176
20190.101
20200.120

公開されたドキュメントの数の進化。引用可能な文書と引用不可能な文書を含む、すべてのタイプの文書が考慮されます。

ドキュメント
200910
201026
20119
20120
20130
201413
201511
201613
20179
201810
201910
20206

この指標は、ジャーナルからドキュメントが受け取った引用の数をカウントし、それらをそのジャーナルで公開されたドキュメントの総数で割ります。このグラフは、過去2年、3年、4年の間にジャーナルに掲載された文書が今年に引用された平均回数の推移を示しています。 2年の線は、ジャーナルインパクトファクター&#8482(Thomson Reuters)メトリックに相当します。

ドキュメントごとの引用価値
引用/文書(4年)20090.000
引用/文書(4年)20101.100
引用/文書(4年)20110.417
引用/文書(4年)20120.533
引用/文書(4年)20130.444
引用/文書(4年)20140.286
引用/文書(4年)20150.136
引用/文書(4年)20160.292
引用/文書(4年)20170.189
引用/文書(4年)20180.174
引用/文書(4年)20190.116
引用/文書(4年)20200.190
引用/文書(3年)20090.000
引用/文書(3年)20101.100
引用/文書(3年)20110.417
引用/文書(3年)20120.533
引用/文書(3年)20130.429
引用/文書(3年)20140.222
引用/文書(3年)20150.154
引用/文書(3年)20160.292
引用/文書(3年)20170.189
引用/文書(3年)20180.152
引用/文書(3年)20190.094
引用/文書(3年)20200.103
引用/文書(2年)20090.000
引用/文書(2年)20101.100
引用/文書(2年)20110.417
引用/文書(2年)20120.571
引用/文書(2年)20130.333
引用/文書(2年)20140.000
引用/文書(2年)20150.154
引用/文書(2年)20160.292
引用/文書(2年)20170.208
引用/文書(2年)20180.136
引用/文書(2年)20190.053
引用/文書(2年)20200.150

過去3年間にジャーナルの発行済みドキュメントが受け取った引用とジャーナルの自己引用の総数の進化。
Journal Self-citationは、記事を引用しているジャーナルから同じジャーナルによって発行された記事への引用数として定義されます。

引用価値
自己引用20090
自己引用20101
自己引用20110
自己引用20120
自己引用20130
自己引用20140
自己引用20150
自己引用20160
自己引用20171
自己引用20180
自己引用20190
自己引用20200
総引用数20090
総引用数201011
総引用数201115
総引用数201224
総引用数201315
総引用数20142
総引用数20152
総引用数20167
総引用数20177
総引用数20185
総引用数20193
総引用数20203

Evolution of the number of total citation per document and external citation per document (i.e. journal self-citations removed) received by a journal's published documents during the three previous years. External citations are calculated by subtracting the number of self-citations from the total number of citations received by the journal’s documents.

CitesValue
External Cites per document20090
External Cites per document20101.111
External Cites per document20110.469
External Cites per document20120.585
External Cites per document20130.469
External Cites per document20140.222
External Cites per document20150.167
External Cites per document20160.318
External Cites per document20170.194
External Cites per document20180.179
External Cites per document20190.107
External Cites per document20200.103
Cites per document20090.000
Cites per document20101.100
Cites per document20110.417
Cites per document20120.533
Cites per document20130.429
Cites per document20140.222
Cites per document20150.154
Cites per document20160.292
Cites per document20170.189
Cites per document20180.152
Cites per document20190.094
Cites per document20200.103

International Collaboration accounts for the articles that have been produced by researchers from several countries. The chart shows the ratio of a journal's documents signed by researchers from more than one country that is including more than one country address.

International Collaboration
200930.00
20103.85
20110.00
20120
20130
20147.69
20150.00
20160.00
201711.11
20180.00
20190.00
20200.00

Not every article in a journal is considered primary research and therefore "citable", this chart shows the ratio of a journal's articles including substantial research (research articles, conference papers and reviews) in three year windows vs. those documents other than research articles, reviews and conference papers.

DocumentsValue
Non-citable documents20090
Non-citable documents20101
Non-citable documents20114
Non-citable documents20124
Non-citable documents20133
Non-citable documents20140
Non-citable documents20151
Non-citable documents20162
Non-citable documents20176
Non-citable documents20185
Non-citable documents20194
Non-citable documents20200
Citable documents20090
Citable documents20109
Citable documents201132
Citable documents201241
Citable documents201332
Citable documents20149
Citable documents201512
Citable documents201622
Citable documents201731
Citable documents201828
Citable documents201928
Citable documents202029

Ratio of a journal's items, grouped in three years windows, that have been cited at least once vs. those not cited during the following year.


のレビュー Labour in Irish History

ソース: Socialist Standard, June 1914.
Transcription: Socialist Party of Great Britain.
HTML Markup: Michael Schauerte
Public Domain: Marxists Internet Archive (2007). You may freely copy, distribute, display and perform this work as well as make derivative and commercial works. Please credit “Marxists Internet Archive” as your source.

Labour in Irish History
by James Connolly
Mansel & Co. Ltd., Dublin

Home Rule and Carsonism are filling the columns of newspapers. Wild and furious threats, accompanied by more or less genuine spasms of gun-running, are thrown out as to what will happen if Home Rule is established, and thousands of workers both in England and Ireland are quite excited as to the result of the conflict.

At such a time much good may be done by drawing attention to certain historical evidences for the fundamental facts so important for the workers’ consideration.

And this book will largely help in such a desirable end.

Written by one who has made some study of the Marxian analysis of society, it cuts through the sham superficialities of the struggle between Home Ruler and Ulsterite, Catholic and Protestant, and shows how in Ireland, as everywhere else where classes exist, the real fight, the fundamental antagonism, is between those who own the means of life and those who have nothing but the sale of their labour-power to depend upon for an existence.

The development of the worker in Ireland is traced from the days of the Williamite wars to the present day, after a short account has been given of the previous conditions.

A particularly useful part of the book, in face of the many romances dealing with the time, is the description of the period preceding and covering the “Act of Union” between England and Ireland. The analysis of the various “revolutionary” leaders and their movements, with the exposure of frauds like Grattan, Flood, and O’Connell, is well worthy of study. Above all the fear and hatred of the working class by the wealth owners is shown by their slimy scheming to disarm the volunteers at that time.

These consisted of three sections: the Liberty Corps (working class), the Merchants’ Corps (capitalist class), and the Lawyers’ Corps (members of the legal profession).

The Government [Irish Government bear in mind] had to use force to seize the arms of the working men, but the capitalists gave up theirs secretly as the result of a private bargain . 。 。 and the lawyers privately handed their guns over to the enemies of the people.

The working men fought, the capitalists sold out, and the lawyers bluffed. (p. 58).

An interesting account of a co-operative colony founded at Ralahine, County Clare, in 1831 is given, but the reader will tend to gather the impression that it is by such means the workers will emancipate themselves—an impression distinctly reactionary in face of the growth of the Social forces and the power needed for their economic manipulation.

There is one part of the work, however, to which distinct exception can be taken. This is the section dealing with the first Irish Socialist. One is here curiously reminded of the same attitude taken up by Miss Beatrice Potter (now Mrs Sidney Webb) in her book on Co-operation.

The attitude is one of suggesting a thing without actually saying it.

The author claims that the great forerunner of Marx—standing between the Utopians and the latter—was an Irishman named William Thompson, who, among numerous notable statements, laid bare the source of value in his work entitled, An Inquiry into the Principles of Wealth most conducive to Human Happiness, etc, published 1824, where it is laid down that all labour can be reduced to unskilled labour of the average kind at a given time.

Miss Potter says Marx took his notion of “homogenous human labour” from Thompson and incorporated it in 資本.

The author says “In the English speaking world the work of this Irish thinker is practically unknown, but on the Continent of Europe his position has long been established” (p. 115).

Now what is common to both Connolly and Miss Potter is the curious fact that neither of them state who established Thompson’s position and made him known on the Continent. The uninstructed reader may learn with surprise that the person responsible was—Karl Marx!

Many years ago Dr Aveling pointed out in a little book called Darwin Made Easy, that the various “objections” by ignorant Christians and parsons to Darwin’s work were all first formulated by Darwin himself in the Origin of Species, and no opponent had ever brought forward any other. So with Marx. All the opponents of Marx who are so loud in their claims to have discovered “forerunners” of his work and ideas are all of them—German, English and Irish alike—indebted to Marx, who first discovered and gave full credit to them in his various works, particularly in the Poverty of Philosophy そしてその Critique of Political Economy.

And among others he points out that Benjamin Franklin had already in 1721 stumbled on the secret of undifferentiated labour as the source of value, though he (Franklin) did not work the idea out to any extent.

However, it is the fashion to-day among the shallow critics of scientific Socialism who are unable to refute the case or show a flaw in the arguments of Marx to pretend to demolish that genius by finding someone who “anticipated” him, and keeping “gradely dark” the fact that the very person they are indebted to for such discovery is Marx himself.


Speak for Britain!: A New History of the Labour Party by Martin Pugh

M ost of the details are there. Those wishing to know the exact composition of the TUC which met Ramsay MacDonald to protest against the Labour government's proposed cut in unemployment benefit have only to turn to page 213 of Martin Pugh's Speak for Britain。 But a "new history of the Labour party" needs to be far more than a catalogue of names and events. Pugh certainly has opinions which, irrespective of their merits, make welcome additions to the narrative. Michael Foot, whose failings as a leader are cruelly if accurately described, would have been consoled by the discovery that Pugh believes Attlee should have made Aneurin Bevan his foreign secretary and that Hugh Gaitskell was "an elitist who failed to understand the [Labour] movement". But most of Speak for Britain (one exception is constitutional reform) lacks analysis. As a result it informs without teaching the lessons that Labour needs to learn.

When, on 23 August 1931, the Labour cabinet voted in favour of cutting unemployment benefit "by a perilously narrow majority of 12 to nine", every minister faced a dilemma that illustrated the burden which progressive governments bear. To restore international confidence it was necessary to demonstrate that Labour ministers had abandoned their most cherished principles. Even the dissidents – having not been told that devaluation would soften the blow – thought that the choice was between austerity and bankruptcy. They simply argued that it was better to leave the cuts to the Conservatives. MacDonald chose to sacrifice the party rather than what he saw as the national interest. I think he was wrong. But his error was more than what Pugh describes as "the blunder of an arrogant leader". Political life is more complicated than that.

Historians ought to have a point of view. So I mean no offence when I describe Pugh's opinions as often representing the cynicism about successive leaders that so debilitated the party before the early love affair with Tony Blair. It is true that, under Neil Kinnock, the party abandoned its commitment to wholesale public ownership. But there was no agreement that "full employment could no longer be a serious goal". Nor was the party suffering from "intellectual demoralisation". Perhaps we should have been. For another defeat awaited us. But we believed in the eventual triumph of our ideas. One of them was devolution – not, as Pugh claims "the best means of blunting the nationalist challenge and thus burying the case for Scottish independence" but a way of passing out power from London.

Despite devolution, Pugh finds Labour guilty of failing to treat constitutional matters as a priority. He asserts that Attlee, typical of all Labour leaders, illustrated a willingness to accept the status quo by supporting Baldwin against the king when Edward VIII proposed to marry Wallis Simpson. The notion that a social democratic party should seek to depose the elected government by siding with the hereditary monarch – Pugh's preferred course – is at least original. It is justified by the explanation that Edward wanted "to do the decent thing by marrying his sweetheart". Pugh does not quote Attlee's letter to Baldwin which explained that, in the parliamentary party, support for the king was confined "to a few of the intelligentsia who could be relied on to take the wrong view of everything".

Some things have changed. Margaret Bonfield, Pugh tells us, was only accepted as a cabinet minister in the second Labour government because of her motherly persona. She knitted in meetings. Labour has lost its fear of dominant women. It has also abandoned its puritanical streak. In 1906, the leadership voted against the Street Betting Act. Fifty years later Harold Wilson called premium bonds a squalid lottery. Gordon Brown's maximum popularity coincided with his cancellation of plans to build a "super casino" and he began to decline in public esteem when he authorised the development of 12 regional gambling houses. Even the bare facts of its history confirm that Labour is at its strongest when it is visibly a party of strong belief.



コメント:

  1. Bean

    比類のないトピック、それは私にとって非常に楽しいです))))

  2. Siegfried

    あなたのフレーズは光沢があります

  3. Yousef

    私はあなたがだまされたことを確信しています。

  4. Zukinos

    うーん...それぞれのエイブラムには独自のプログラムがあります。

  5. Etu

    そして、私たちはあなたの優れたフレーズなしでやるでしょう

  6. Loc

    あなたは、絶対に正しい。これには何かがあり、それは良い考えです。私はあなたをサポートします。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos