新しい

コンスタンティウス2世

コンスタンティウス2世


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

コンスタンティウス2世は、西暦337年から361年の間にローマ帝国を統治しました。彼はコンスタンティヌス大帝とファウスタの次男でした。コンスタンティウスは、アリウス派キリスト教の敬虔な信奉者でした。 24年間統治していた彼は、コンスタンティンの長男であり、したがって、間違いなく最も成功した息子でした。

若いころ

アンミアヌスマルチェリヌスは彼の人生を記録し、非常に詳細に統治しています。しかし、歴史家の敵意はこの成功した皇帝の評判を永遠に傷つけ、彼の治世は帝国の不安、法廷の陰謀、そして広範な宗教的論争を解決することができないことに悩まされていたと記録しています。

コンスタンティウスは、西暦337年の大虐殺の際に、彼のいとこや叔父、テオドラの家系を虐殺した責任を負っていました。皇室自体の中でのそのような虐殺は前例のないものでした。コンスタンティウスは、彼と彼の兄弟の王位への昇格への挑戦者として見た彼の親戚(ダルマティウス、ハンニバリアヌス、ユリウス・コンスタンティウスなど)を殺害し、帝国内での地位を確保しました。皇室のこの系列で生き残ったのは、ガルスとジュリアンの2人だけでした。したがって、この虐殺とコンスタンティヌスの息子の間の帝国の分割の後、コンスタンティウスは彼自身のために、そしておそらくもっと重要なことに、東で最も権威のある最も裕福な州を確保することができました。コンスタンティノープル–ローマ帝国の新しい首都。最終的に、彼の兄弟の死後。コンスタンティヌス2世とコンスタンス、彼はローマ帝国の唯一の支配者になりました。しかし、ディオクレティアヌスとコンスタンティヌス大帝からの教訓を学び、彼は自分で帝国を統治し確保することは不可能であることに気づきました。

コンスタンティウスは、帝国の内部の安定性を固めることに特に熟練していました。

帝国を守る

コンスタンティウスに寄せられた主な批判は、彼の慎重で防御的な外交政策でした。後期ローマ帝国でさえ、ほとんどのローマの同時代人がまだ征服と拡大の考えに取りつかれていたことを考えると、これは理解できます。しかし、この防御政策は、野心的で巧みなシャープール2世の治世中に復活したサーサーン朝と、西部のゲルマン部族の脅威の高まりに対して、帝国のフロンティアを保護しました。彼の政策はまた、ローマの限られた人的資源の力を保護し、維持する上で非常に重要でした。皇位簒、内戦、王朝殺人の悪循環は、より広範な帝国の不安と脆弱性をもたらし、攻撃的な外国のキャンペーンをこれまで以上に危険で賢明なものにしませんでした。帝国を破壊した内戦は特に損害を与え、ローマ人員の大きな浪費を常に証明しました。たとえば、コンスタンティヌスと彼の兄弟の殺人者であるマグネンティウスとの紛争中に、コンスタンティウスは部下の40%を失い、ライバルの軍隊は2/3の損失を被りました。

したがって、コンスタンティウスの防衛と封じ込めの外交政策は多くの批判を受けましたが、それは攻撃的な政策よりもはるかに効果的であることが証明され、実際にローマ帝国の後の全体的な戦略の先例を形成しました。

コンスタンティウスは、帝国の内部の安定を固めることに特に熟練していました。これは、以前に帝国を脅かしていた血なまぐさい内戦と不安を考えると見過ごされがちな事実です。彼の治世中、彼は多くのさまざまな内部の脅威と挑戦者に直面しました。これらが含まれます。

歴史が好きですか?

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

1)ヴェルトラニオ:ドナウ軍によって一時的に宣言されていたが、すぐに処分された
2)マグネンティウス:彼の兄弟の殺人者との3年間の戦争を生き延びました。ついにモンスセレウコスの戦いで彼を打ち負かした。 (後にマグネンティウスの信者を禁止した[Amm。Marc。14.5.2-5])
3)シルバヌス:フランク生まれの将軍はトリックによって処分された[Amm.Marc。 15.5.3-31]
4)シーザーガルス:不服従の疑いがあり、すぐにチェックされ、排除された人。
5)シーザージュリアン:コンスタンティウスに公然と反抗して成功しました。主な理由は、コンスタンティウスが戦闘を行う前に亡くなったためです。

コンスタンティウス2世は、内戦での勝利を公にそして記念碑的に祝った最初のローマ皇帝であったことに注意することが重要です[Amm.Marc。 21.16.14]。これはローマ皇帝によるまったく新しい前例のない動きでした。特に、初期の帝国でオクタヴィアンが内戦から積極的に距離を置くために彼の名前をアウグストゥスに変更したことを考えると。これを行うというコンスタンティウスの決定は、内部の脅威から保護する能力が、後期ローマ帝国の間に成功した皇帝であるための主要な前提条件であったという事実を強調しています。

アンミアヌスは、彼の妄想と法廷の陰謀と陰謀の廷臣に対する彼の感受性について、彼の物語を通してコンスタンティウスを批判します。歴史家は、このパラノイアがローマに疑惑と恐怖の文化を生み出したと述べています[Amm.Marc.21.16.8-9&21.6.1-3&8-10]。しかし、彼に対するすべての計画と陰謀を考えると、彼の疑惑は非常に正当化されているようです。実際、ローマ皇帝がこれほど「妄想的」だったとしたら、宮殿のクーデターや軍事反乱の犠牲になった人はおそらく少なかったでしょう。

コンスタンティノープル&レルギオン

コンスタンティウスがコンスタンティヌス1世の息子たちの中で最も長生きし、最も文書化されていたことを考えると、コンスタンティヌス大帝によって以前に導入された改革がどのように発展し、機能したかを最もよく見ることができるのは彼の治世です。これは、コンスタンティウスの治世に特に当てはまります。彼は自分自身をあまり変えず、代わりに父親によって設定された管理システムを継続することを選択したからです。たとえば、彼は軍と市民のポストの区別を確実にしました。

彼の治世中、コンスタンティノープルは重要性を増し、永遠の都と同等であるとより明確に認識できるようになりました。ローマ。コンスタンティウスの下で、都市はますます帝国の中心になりました。彼は市内の多くの重要な建築プロジェクトのパトロンでした。穀倉地帯、ホレアコンスタンシア、浴場、図書室。さらに、聖使徒教会が改造され、給水が改善されました。

実際、都市での彼の仕事の後、演説者テミスティオス(Oration 3)は、コンスタンティノープルはもはや第二の都市ではなく、ローマ自体の真のライバルであると述べました。

コンスタンティウスはまた、コンスタンティヌス朝の宗教政策を推進しました。西暦365年の勅令で、彼はすべての異教の寺院の閉鎖を命じ、それらへのアクセスを禁止し、私的および公的両方の犠牲の実行を禁止しました。従わなかった者は処刑されることになっていると述べた[Cod。テオド。 16.10.4]。このような法律やその他の法律は、異教の宗教的実践における寺院の権力と制度を破るために特別に設計されました。寺院は異教のほとんどすべての活動の中心であり、カルトの祭典の場所として機能していました。したがって、コンスタンティウスの政策は明らかに異教への直接の攻撃でした。皇帝はまた、異教の記念碑の陰でキリスト教徒が働く必要はないと信じていたため、ローマの上院の家から有名な勝利の像を削除しました。しかし、興味深いことに、後にキリスト教によって採用されるお香やろうそくの燃焼など、他の慣行はそのままにしておくことができました。

コンスタンティウスは、アウグストゥスの称号を反逆して主張した彼のカエサル、ジュリアンとの戦いを行進しているときに、西暦361年に病気で亡くなりました。


同性愛者の結婚についての議論でローマ人が重要である理由

Frakes氏は、1991年からクラリオン大学の歴史学部で教鞭をとっています。彼はContra Potentium Iniurias:The Defensor Civitatis and Late Roman Justice(2001)およびWriting for College History(2004)の著者です。

同性愛者の結婚を禁止しようとする継続的な立法措置は、この問題が私たちの前回の総選挙で非常に重要であり、物議を醸すトピックのままであることを示しています。私たちの政治制度の多くは古代ローマの先例に由来しているので、同性愛に関するローマ法をざっと見てみると、米国のゲイ組合を取り巻く現在の論争のいくつかを引き起こしている可能性があることがわかります。

古代ギリシャ人の世界は同性愛を容認したようですが(サッフォーの詩やプラトンの対話に見られるように)、ローマ人の世界はもっと慎重でした。共和政ローマと初期帝国の時代のローマ人は、ギリシャ人が男性の同性愛を男性よりも少なく、したがって文字通り無慈悲であると認識する傾向がありました(Vir ラテン語で男性を意味します)。確かに、女性性を表すローマの用語は&ldquoでしたGraeculus&rdquo&mdash&ldquoa少しギリシャ語!&rdquo

同性愛に関する最も初期のローマ法は レックススキャンティニア それは、共和政ローマのある時点で(おそらく紀元前2世紀に)ローマ議会によって可決されました。この法律自体のテキストは存続していませんが、西暦2世紀と3世紀の後のローマ法学者は、若い男性のローマ市民の同性愛レイプをどのように非合法化したかを説明しています。合意に基づく男性または女性の同性愛者の組合は、明らかに反対されていませんでした。学術的な議論はありますが、共和国と初期帝国のローマ文学は、合意に基づく連絡に従事した男性はしばしば非人道的であると嘲笑されたが、合意に基づく同性愛のセックス自体は違法ではなかったと示唆しています。

これは後のローマ帝国で変わるでしょう。帝国の最初の3世紀は、同性愛に関して私たちが知る限り、法律は見られませんでしたが、 レックススキャンティニア ローマの法学者による引用で示されているように、4世紀には男性の同性愛を非難する劇的な新しい法律があります。ほとんどの学者は、西暦342年からの複雑な法律を解釈します。 テオドシウス法典 そしてその ユスティニアヌスの法典 皇帝コンスタンティウス2世とコンスタンス1世からの法令として、不自然なセックスに基づく結婚は細心の注意を払って罰せられるべきである。コンスタンス自身は後に男性愛好家を持っていると非難されたが、法律で男性の同性愛を非難する皇帝のこの傾向は続くだろう。 390の法律では、 テオドシウス法典 そしてその レックスデイ (&lsquoLaw of God&rsquo)、皇帝バレンティニアヌス、テオドシウス、アルカディウスは、セックスで女性の役割を果たす男性は公に焼死することを定めました。

これらの法律は確かに、男性市民の同性愛者によるレイプは非難されたが、時には嘲笑されたとしても、合意に基づく同性愛者のセックスは容認されたという共和政ローマからの変化を示しています。なぜこの変化が起こったのですか?答えはかなり簡単で、最終的には有名なローマ皇帝コンスタンティヌス1世の行動の結果にあります。 312年、この皇帝コンスタンティウス2世とコンスタンスの父は、彼の権威の基礎としてキリスト教に手を差し伸べていました。彼の治世の次の25年間を通して、コンスタンティンはキリスト教を支持し、教会に財政的援助を与え、司教たちの権力のいくつかに法的制裁を与えました。彼の息子たちがますますクリスチャン社会で成長するにつれて、彼らと彼らの顧問の多くは聖書の制限で成長したでしょう。したがって、神の目での死によって罰せられる忌まわしきものとしての男性の同性愛に対するレビ記(18. 22、20。13)の宣言は、論理的に帝国法の作家に影響を与えたでしょう。そのような制限は新約聖書で強化されました(ローマ1.24-27)。したがって、ますますキリスト教のローマ帝国における聖書の影響力の高まりにより、皇帝は同性愛者の組合を非難したように思われます。

米国で同性愛者の結婚を禁止しようとする現在の試みを見るとき、そのような措置の前提が何であるかを明らかにしなければなりません。同性結婚をやめようとする意欲が最終的にヘブライ語聖書に由来し、キリスト教徒による宗教的真理として受け入れられたとしたら、同性結婚を禁止する法律は宗教に由来するのではないでしょうか。もしそうなら、そのような新しい法律は、トーマス・ジェファーソンがアメリカ政府の不可欠な側面として説明した、教会と州の間の「政教分離の壁」を打破する試みである可能性があります。


コンスタンティウス2世337AD

337年から361年の間に、コンスタンティウス2世はローマ皇帝になり、聖書のタイムラインポスターに掲載されています。彼の父が死んだとき、彼は彼の2人の兄弟コンスタンスとコンスタンティヌス2世と共に帝国の新しい支配者になりました。 340年までに、ローマ帝国の西部の州の兄弟の間で問題が発生しました。この紛争の結果、コンスタンティヌス2世が亡くなったとき、コンスタンスは新しい統治者になりました。しかし、350年にマグネンティウスに倒された後、最終的に暗殺されました。コンスタンティウスは、マグネンティウスを新しい共同支配者として迎えることに満足していなかったため、モンスセレウコスとムルサメジャーで行われた戦いで彼を倒すことに決めました。

コンスタンティウス2世は東を統治するために割り当てられました、そしてこれは帝国が彼の息子の3人の間で分割されたときの彼の父の本来の意図でした。また、故コンスタンティヌス大帝は、ペルシャ人から東部の州が受けた脅威に対処できるとコンスタンティウス2世を考えていたと信じられていました。コンスタンティヌス大帝の死に関するニュースがシャープール2世に届いたとき、彼はローマ帝国への攻撃を開始しました。幸いなことに、コンスタンティウス2世は自分の王国でいくつかの懸念に対処しなければならなかったため、王は西暦350年にコンスタンティウス2世との休戦に同意しました。

軍事作戦

これらの記事はの出版社によって書かれています 驚くべき聖書のタイムライン
6000年の聖書と世界の歴史を一緒にすばやく見る

独自の円形フォーマット –より少ないスペースでより多くを見る。
事実を学ぶ 聖書を読むだけでは学べないこと
魅力的なデザイン ご自宅、オフィス、教会に最適&#8230

コンスタンティウスは、ゲルマン部族を打ち負かすことを含むいくつかのキャンペーンを行いました。彼は成功し、アラマンニ族、クァディ族、サルマティア族を打ち負かすことができました。しかし、東部州での戦争はそれほど成功していませんでした。

351年までに、コンスタンティウスは自分で帝国を支配するのに苦労していました。したがって、彼はコンスタンティウス・ガルスをシーザーとして昇進させることを決心しましたが、彼に対する腐敗した暴力的な性質を証明する報告が集められた後、彼は処刑されました。 355年、ガルスの異母兄弟であったジュリアンが新しいシーザーになりました。

コンスタンティウスが唯一の皇帝になるまでに、彼は従兄弟であるガルスの暴力的な行動について東部の州からいくつかのニュースを受け取りました。彼が暴君であるという不満があった。これにより、コンスタンティウスはガルスをメディオラナムのある場所に送りました。ここで、ガルスは処刑される前に法廷に出廷しようとした。

ガルスと取引した後、コンスタンティウス2世は、国境を越えて前進していたフランク人に夢中になりました。実際、フランク人の指導者であるシルバヌスは、コロニア・アグリッピナの新しい皇帝になりました。結局、シルバヌスは殺害されましたが、都市がドイツ人に占領されるまでそれほど長くはありませんでした。したがって、コンスタンティウス2世は、問題を抱えた都市の平和と秩序を回復するために、ジュリアンを新しいシーザーとして任命しました。

357年、コンスタンティウス2世は、スエビ族、クァディ族、サルマティア族をやめるためにドナウ川でキャンペーンを開始する前にローマに行きました。しかし、東部で別の紛争が発生し、ペルシャの王であるソプル2世が関与しました。コンスタンティウス2世はジュリアンに援軍を送るように要求したが、彼は彼に従わなかった。ジュリアンは、コンスタンティウス2世が西部の州での勝利に嫉妬しているだけだと思っていました。ジュリアンの軍隊は彼を信じ、皇帝の命令に従う代わりに、彼をアウグストゥスにすることで彼らの指導者に忠誠を示した。

その結果、コンスタンティウス2世はメソポタミアを離れ、ジュリアンと彼の軍隊の助けを借りずに皇位簒を止めるために彼の軍隊と一緒に出発することにしました。しかし、361年にキリキアに到着すると、彼は突然の熱に苦しみ、亡くなりました。


ビザンチウムの短い歴史:No。17コンスタンティウス2世、ビザンチンの独裁者(パート1)。

コンスタンティウスは、間違いなくコンスタンティヌス1世の3人の息子の中で最も興味深い人物です。彼は、主に教会の政策への干渉によって、帝国に即座に影響を与えるほど長く生きました。彼は結局のところ絶対的な力を振るうのが好きな人でした。父親の死の床の隣に最初に座って、後継者の計画を立てる計画を立てたのはコンスタンティウスでした。次に、彼は彼の兄弟に代わって彼の拡大家族を虐殺させるために行動しました、それで誰が責任者であったかは疑いがありません。彼は常に、彼が敵と見なした男性に対して死刑、殺人、または内戦に従事し、権力を完全に掌握する準備ができていました。

彼が非常に問題を抱えた複雑な個人だったのは事実です。あなたが彼の治世中にコンスタンティウスの法廷の一部だった場合、歴史家のピーター・ブラウンが述べているように、あなたは「廷臣のように上下する」準備をする必要がありました。これには、最初は彼の東部の州のすべての司教たちと、コンスタンティウスが好むキリスト教の見方に身を任せる準備ができていなかった司教たちが、一般的に名誉を毀損され、追放されました。 4世紀の歴史家アンミアヌスマルチェリヌスは、コンスタンティウスが悪意を持って不信感を抱いていることを批判している晩年のコンスタンティウスについての最良の説明を私たちに与えてくれます。これの証拠は、特にマグネンティウスの敗北に続いて、アンミアヌスによって記録された多くの粛清に見られます。

すぐにマグネンティウスを再訪しますが、コンスタンティウスの治世中の最も重要な質問の1つは、常にキリストと父なる神との関係に集中することでした。キリストは神でしたか、それとも彼は神のようでしたか?コンスタンティヌス1世の下では、問題は解決されたはずでしたが、すべての良い話のように、常にひねりや殺し屋が手元にあります。三位一体の司教によると、その殺戮はアリウスと彼の追随者でした。アリウス派は、一言で言えば、キリストは同じ実体ではないと信じていました。 (キリストは神ではなく神のようでした。)これはコンスタンティウスが自分自身と一致した見解であり、彼はアリウス派の大義を擁護するためにかなりの時間を費やし、キリスト教の解釈を受け入れるように多くの教会評議会に呼びかけました。彼の直接の干渉により、シルミウム信条が新しい「公式の」信仰の声明として採用されました。コンスタンティウスの信条を支持した多くの東方の司教たちからは明らかに従属信仰と見なされており、キリストが実際にどのように神のようであり、その理由を正確に特定することができないのか、永遠に議論するでしょう。そのすべての神学的概念にとらわれることなく、それは決して機能せず、ニカイア信条とアリウス派をさらに分裂させました。

アレクサンダーの聖アンタナシウスのアイコン。 4人以上の皇帝に立ち向かう勇気を持って亡命中の17年間を過ごす聖人。

コンスタンティウス・アリウス派の見解に対する最も声高な批評家の1人は、アレクサンダーのアンタナシウスでした。ニカイア信条のキリスト教観の擁護者である彼は、「部下」の信仰を含む多くの仲間の司教たちと議論し、怒らせたため、常にお湯に浸かっていました。さらに気になるのは、アンタナシウスが率直な意見で皇帝を怒らせたことです。アンタナシウスはかつて、「アリウス派は真実の邪悪なものであり、あらゆる点で彼の心は堕落し、無宗教である…。彼らはまた、神に対して敵対的で憎悪的である」と述べた。

コンスタンティヌス1世は彼を追放した最初の皇帝でしたが、コンスタンティウスの下では、明らかに皇后を解放したために売春婦に囲まれて、彼は最大の憤慨に苦しむでしょう。彼はその後追放され、ローマの安全のために走りました。コンスタンスがまだ生きている間だけ、アンタナシウスは安全だと感じました。彼は、コンスタンティウスがアンタナシウスに害が及ばないことを兄に誓約して、アレクサンダーに戻ることを許可されました。しかし、マグネンティウスによるコンスタンス1世の殺害により、アンタナシウスは、逮捕とコンスタンティウスの手の届かないところにある、今度はエジプト北部で、さらに長い亡命を余儀なくされました。

アウグストゥスとして15年を祝うコンスタンティウス2世の金貨。

コンスタンティウスにとってのこれらの厄介な時期は、彼が直面した実際の問題の気を散らすだけでした。父親の死後、彼はペルシャとの戦争を受け継ぎました。 330年代後半から、彼はほぼ独占的にアンティオキアからシャープール2世に対して働きました。サーサーン朝は、何十年も前に戦争でアルメニア地域を失ったという事実に常に憤慨していた。偉大なコンスタンティヌス1世に刺激されて、シャープル王はこの喪失の復讐を望み、コンスタンティヌス1世の死後すぐに、息子のコンスタンティウスと戦っていました。途切れることのない13年間、2人の支配者は少なくとも9回の主要な戦いで戦ったと考えられています。いずれの戦いも決定的なものではありませんでした。西暦350年にニシビスが包囲された後、コンスタンティウスに対する目的を達成する試みに再び失敗したシャープルは、ついに停戦を訴えることにしました。両方の男性にとって、これは安堵として来ました、シャープルは今彼が彼の東の国境で持っていた問題に集中することができました、そしてコンスタンティウスは彼の兄弟とマグネティウスという名前の皇位簒の殺害を含む小さな問題に対処することができました。

マグネンティウスは、何ヶ月もの間、コンスタンティウスのやるべきことのリストに載っていました。西暦350年1月の兄の死は彼を大いに悩ませましたが、シャープルからの脅威が和らぐまで、彼はそれについて何もできないと賢明に判断しました。最後に、そのチャンスが西暦350年の夏の間にシャープールとの休戦の形で来たとき(シャープールがジュリアンの下でローマとの戦いを再開する前に8年間続く)、彼はこの立ち上がった人に対処するために彼の軍隊を熱心にマーシャリングしましたコンスタンティンの家族の支配を脅かした。彼が西に冒険する前に、彼はサーサーン朝が平和を壊さないようにすることができる誰かを必要としていました。彼が本当に必要としていたのは、東洋の世話をするためのアンダースタディでした。彼自身の息子がいなかったので、コンスタンティウスは彼のいとこガルスを呼び、彼をシーザーにすることを余儀なくされました。私たちが覚えているなら、ガルスと彼の異母兄弟のジュリアンは、西暦337年の追放を生き延びた唯一の2人の少年でした。コンスタンティウスがおそらく寛大さの狂乱の中でジュリアンも「自宅軟禁」から解放し、若い男がコンスタンティノープルやエーゲ海の他の都市で学術教育を追求することを可能にしたのも、この驚くべき瞬間でした。

もちろん、この寛大さは西のマグネンティウスには及ばないでしょう。マグネンティウスはすぐに西部の多くの州の忠誠を獲得したにもかかわらず、コンスタンティウスとの次の血なまぐさい戦いは彼を救うことはできませんでした。エドワード・ギボンが「平和のために訴え、無駄に訴える」と述べたようにマグネンティウスが縮小されたときでさえ、コンスタンティウスは後退しませんでした。ギボンのベストは、最終的に次のように追加することで、コンスタンティウスのスタンスを要約しています。 、彼は勝利の腕の努力によってあらゆる面で圧倒する準備をしました。」


エピローグ

コンスタンティウスの治世は、キリスト教の台頭を背景に設定されました。彼は教会を促進し、同時に疎外するのに十分なことをしました。彼はまた暴君、殺人者であり、無能な支配者がすべて1つにまとまったと言う人もいます。コンスタンティウスが世界に安心していた、または実際に幸せだった時期や場所を特定するのは困難です。しかし、西暦357年にローマの古都を訪れた際に、皇帝の誇りと好奇心にふけるのに十分な皇帝の内容を垣間見ることができます。 「凱旋門の行列の外観」に似たコンスタンティウスは、長く失われた主権者のようにローマに入りました。彼はローマの上院議員に迎えられ、法廷を観察し、儀式を行い、サーカスの試合に出席しました。

彼の短い30日間の訪問で、誰かが確かに彼が少なくとも一度は微笑むのを見たに違いありませんか?誰も覚えていないようですが、彼らが決して忘れないのは、彼らの皇帝が個性を欠いて、彫像のように動けなくなってローマに入ったということです。

&#8220彼は非常に背が低かったが、高い門の下を通過するときに身をかがめ、それ以外の場合はダミーのようで、頭が悪徳にあるかのように真っ直ぐ前を見つめ、右にも左にも曲がっていなかった。マルチェリヌス。


コンスタンティヌス2世

コンスタンティヌス2世は、コンスタンティヌスとファウスタの息子であるアルルで生まれました。彼の生年月日は西暦317年2月のある時期であると報告されています。しかし、ファウスタの息子コンスタンティウス2世が同じ年の8月に生まれたことが知られているため、この日付は疑わしいものです。したがって、彼は西暦316年に生まれたか、この可能性は十分にあると思われますが、コンスタンティヌス2世はコンスタンティヌス2世と別の女性の非嫡出子でした。

いずれにせよ、西暦317年が終わる前に、コンスタンティヌス2世は彼の異母兄弟クリスプスと並んでシーザーの階級に昇格しました。これは、コンスタンティンとリキニウスの間の合意の一部であり、リキニウスは同時に自分の息子であるリキニウス・ザ・ヤンガーを同じ地位に昇進させました。

その後、西暦320年と西暦321年に、コンスタンティヌス2世は、最初は父親の同僚として、次にクリスプスの同僚として執政官を務めました。コンスタンティヌス2世が領事になり、まだ自分の名前に署名することさえできないほど若かったという事実は、コンスタンティヌスがリキニウスの息子を犠牲にして息子を前進させようとしていたというリキニウスの告発を支持するのに大いに役立ちました。 2つのアウグスティの間の最終的な休憩の要因となった問題。リキニウスの敗北の年である西暦324年、コンスタンティヌス2世はクリスプスとさらに別の執政官を務めました。

しかし、西暦326年に、クリスパスは(反逆罪または姦淫のいずれかのために)処刑されました。これにより、コンスタンティヌス2世は、西暦323年に父親によって昇格された彼の兄弟および共同シーザーコンスタンティウス2世と並んで上級シーザーとして残されました。

西ゴート族とその支配者であるアラリックに反対するキャンペーンを行うために、西ゴート族の332年にコンスタンティヌス2世が父親からドナウ川に送られました。当然のことながら、彼は純粋に儀式的な指揮であり、実際には、経験の浅い10代の王室の相続人ではなく、熟練した将軍によって指揮されていました。しかし、キャンペーンは大成功を収め、敵に圧倒的な勝利を収めました。これに続いて、西暦333年に、コンスタンティヌス2世は、ライン川のフロンティアの防衛を監督するためにトレビリ(トリーア)に移されました。

西暦335年、コンスタンティンは、3人の息子と甥のダルマティウスとハンニバリアヌスの間で、彼自身の死を追うために帝国を分割することを発表しました。この部門では、コンスタンティヌス2世がガリア、スペイン、イギリスを受け入れます。

息子たちは西暦337年に亡くなった後、コンスタンティンの希望に逆らいましたが、兄弟の間では、いとこのダルマティウスとハンニバリウスを単に排除することに同意しました。彼らのいとこが殺害された理由は彼らと領土を共有する必要がなかったため、コンスタンティヌス2世は自分のために追加の領土を確保できず、英国、ガリア、スペインのみを支配し続けましたが、兄弟の中で長男でした。他の2人から上級アウグストゥスとして認められた。

彼らが殺人によって汚染された権力への加入そのものだったので、兄弟たちが彼らの間で喧嘩を始めるのはそう長くはありませんでした。特定の問題の原因の1つは、トレビリに逃げた後、コンスタンティヌス2世から、コンスタンティウス2世の領土にあるアレクサンドリアに戻る許可を与えられたアタナシウス司教でした。

彼らの違いを和らげるために、兄弟たちはパンノニアかビミナシウムのどこかで集会を開きました。とりわけ、彼らは国境紛争を解決しようとしました。しかし、これらの交渉によってコンスタンティヌス2世が追加の領土を獲得した場合、コンスタンティヌス2世は再びイギリス、ガリア、スペインだけに残されました。この和解はコンスタンティヌス2世にとって不十分だったのでしょうか。事態が悪化した直後、コンスタンティヌス2世がアウグストゥスの上級者であると主張することをコンスタンティヌス2世が受け入れたがらなくなったのです。

西暦340年、コンスタンティヌス2世はコンスタンティヌス2世を破り、イタリアに侵攻しました。ローマを欠席したコンスタンティヌス2世は、ダニューブの部族間の蜂起を鎮圧することに従事しました。コンスタンスは急いで比較的小さな部隊をイタリアに送り返し、インダバーの前進を遅らせたが、彼の主力軍は戻ってきた。しかし、この先駆者はそれ自体で、コンスタンティヌス2世が殺されたアクイレイアでの待ち伏せを成功裏に上演しました。


紫への一歩

ジュリアンが皇帝になることに興味を持っていたという示唆はほとんどありません。彼は彼の本の中で迷子になることを好みました、しかし355年に、彼が西のシーザーと宣言されたとき、彼の世界はひっくり返されました。コンスタンティウスは最近の反乱の後、ガリアに代表が必要だと信じていたので、彼は最後に残った男性の親戚であったため、ジュリアンの地位を上げました。ジュリアンは皇帝の妹であるヘレナと結婚し、少人数の信者と共にガリアに送られました。

ジュリアンは間違いなく静かな生活を好みましたが、ガリアにいる間、彼は軍事指揮の適性を示しました。 356年、彼はコロニアアグリッピナを取り戻し、ストラスブールの戦いで357年にアラマンニに大きな勝利を収めました。さらなる勝利には、下ライン川のサリ族フランク人の敗北が含まれていました。歴史家のアンミアヌスマルチェリヌスは、間違いなくジュリアンに関する最良の情報源です。マルチェリヌスによれば、シーザーは軍事司令官としての役割を真剣に受け止め、部下が過酷な状況に対処することを期待していた。たとえば、彼は冷たい石の床ではなくマットレスで寝ている兵士を嫌っていました。

家に帰ると、コンスタンティウスはますます不人気になりました。彼は兵士たちに宗教的反対者を攻撃するよう命じ、コンスタンティノープルでは1日で推定3,000人のキリスト教徒が殺されました。今では、ジュリアンはキリスト教がローマ帝国の力と鉄鋼を腐食していると確信していました。ガリアにいる間、ジュリアンは戦争の女神ベローナに犠牲を払った。

コインのジュリアン&ndash Thoughtco


Sisällysluettelo

ConstantiusjoutuilähesvälittömästisotaanRoomanitäisennaapurinペルシア語kanssa、jota johti lahjakas kuningas ShapurII。 Constantiuskävituotasotaavaihtelevallamenestyksellä。 Persia joutui lopulta luopumaanvalloitusaikeistaan​​jakeskittymäänKeski-Aasiansuunnaltahyökkäävienitäistenvihollisiensatorjumiseen。

ペルシア語lisäksiConstantiustatyöllistivätRoomansisäisetvaltataistelut。 Kenraali Magnentius oli vuonna 350 murhauttanut Constantiuksen veljen Constansin、joka olihallinnutRoomanlänsiosia(Konstantinus II oli kuollut jo aiemminConstansinvastaisellasotaretkellä)。 Magnentiusmyösjulistautuikeisariksi、saadentukealäntistenprovinssienlegioonilta。 ConstantiuspäättivälittömästiyrittääMagnentiuksenkukistamista。 Kuviotamonimutkaistilisäksise、ettämyöseräsVetraniooliTonavan legioonien tuella julistautunutkeisariksi。

Constantius onnistui pian suostuttelemaan Vetranionpuolelleen。 myösmahdollistaでは、ettäVetraniooli jatkuvasti toiminut Constantiuksen laskuun、pyrkien keisariksi julistautumisellaan vain hajottamaan Magnentiuksentukijajoukkoa。 Tätäteoriaatukeese、ettäVetraniotaei tapettu、kutenusurpaattoreilleolitapanatehdä。

MagnentiuksenkeisariuspäättyikäytännöllisestikatsoenMursaMajorintaisteluunv。351、jossahänkärsiratkaisevantappion。 Magnentiussinnittelivieläkaksivuotta、muttakärsisittenv。353Mons Seleucin taistelussa uudentappionjajoutuitekemäänitemurhan。 NäinConstantiuksestaturikokoRoomankeisari。 Tosin Reinjoen suunnalla oli vielä eräs Silvanus, joka vuonna 355 kapinoi keisaria vastaan ja julistautui jopa keisariksi, mutta hänet saatiin murhattua varsin vaivattomasti.

Constantius alkoi pitää päämajaansa Mediolanumissa (nykyinen Milano). Constantiuksen serkku Julianus puolestaan sai vastuulleen rauhan ylläpitämisen Germanian vastaisella rajalla. Samalla Julianus ylennettiin apukeisariksi (caesar), ja hän sai puolisokseen keisarin sisaren Helenan. Constantiuksen toisella serkulla, Constantius Galluksella, oli sen sijaan ikävämpi kohtalo, sillä keisari epäili häntä juonittelusta ja tuomitsi hänet kuolemaan vuonna 354.

Constantius joutui 350-luvun loppupuolella jälleen taistelemaan ulkoisia vihollisia vastaan, ensin Tonavan rintamalla ja sitten jälleen Persian vastaisella rajalla, jossa Shapur II:lla oli jälleen valloitusaikeita. Ollessaan idässä keskittymässä Persian vastaisiin operaatioihin, sai Constantius tiedon, että Julianus oli Germaniassa julistautunut keisariksi. Constantius lähti kohti Germaniaa kukistaakseen petollisen serkkunsa, mutta kuoli matkalla kuumetautiin.

Constantius oli suuresti kiinnostunut kristillisestä teologiasta. Hän tuki areiolaista tulkintaa Jumalan kolminaisuudesta ja pyrki kumoamaan Nikean kirkolliskokouksessa v. 325 tehdyn päätöksen, jossa oli tuomittu areiolaisuus harhaopiksi. Constantius ei ollut kuitenkaan fanaattinen areiolainen, vaan pyrki löytämään kiistoihin kompromissiratkaisun, joka olisi tyydyttänyt mahdollisimman monia kristittyjä ja taannut siten valtakuntaan uskonrauhan. Hän kutsui koolle useita kirkolliskokouksia, joissa teologisia asioita vatvottiin jokseenkin riitaisissa tunnelmissa. Lopulta areiolaisuuden kannattajat hävisivät teologisen taistelunsa, mutta tämä tapahtui vasta parikymmentä vuotta Constantiuksen kuoleman jälkeen.

Historioitsija Ammianus Marcellinuksen mukaan Constantius oli melko kyvykäs sodanjohtaja ja hallinnon järjestäjä. Hänellä oli hyvä itsehillintä, mutta lempeä hän ei ollut, vaan kykeni äärimmäiseen julmuuteen. Hänen heikkoutenaan oli alttius imartelulle. Hän oli lyhyt mies, joten hän katsoi parhaaksi tavoitella vaikuttavaa olemusta esiintymällä julkisissa tilaisuuksissa patsasmaisen jäykästi.

Ammianus kertoo myös, että Constantius pelkäsi salamurhaajia. Jopa niin paljon, että hän kaivautti vallihaudan makuuhuoneensa ympärille.


コミュニティレビュー

While researching military recruitment practices in the Roman Empire, Crawford came to the conclusion that Constantius, successor of Constantine the Great, deserved a book of his own. Indeed, he seems to have been at war for most of his 24-year reign, defending an empire that was much over-expanded. Crawford believes Constantius II got an undeservedly bad reputation because so many of the writings of his enemies survived. Crawford concedes the murders of his rival cousins, his attempt to assume While researching military recruitment practices in the Roman Empire, Crawford came to the conclusion that Constantius, successor of Constantine the Great, deserved a book of his own. Indeed, he seems to have been at war for most of his 24-year reign, defending an empire that was much over-expanded. Crawford believes Constantius II got an undeservedly bad reputation because so many of the writings of his enemies survived. Crawford concedes the murders of his rival cousins, his attempt to assume the direction of the various branches of the Christian church, and the deadly intrigues of the corrupt officials of his Court.

Crawford's chosen area to rehabilitate Constantius's memory is the military. Constantius was usually faced with several wars at once. Not only was this more than the empire could support, but many of the successful generals at a distance from the Court were driven to rebel by backstabbers at Court. Constantius defeated all these rebellions except the last. On the eastern front, Persia was led by the very able and ambitious Shapur II, and Constantius was able to keep even him contained.

Crawford's evaluation of historical sources shows that Constantius had enemies who were very vocal. Athanasius of Alexandria, whilom bishop, wrote a great deal, all violently opposed to Constantius. As Crawford says: “It was with his fellow Christians that Constantius found that trying to be somewhat fair to everyone was not going to be tolerated.” History considers that Constantius was an Arian, but Crawford shows that Constantius wasn’t really an Arian, that was just the term that Athanasius used to describe all his enemies of whatever form of Christian thought. Constantius wasn’t opposing a branch of religion so much as trying to bring under control people of whatever religion who created turbulence in the Empire. Constantius was most opposed to Athanasius because Athanasius was the churchman who fostered the most crime and violence.

Another vocal enemy - an earned one - is Ammianus Marcellinus, a soldier writing the history of events of his own time. Ammianus followed Ursicinus, a loyal and effective general who was eventually cashiered by Constantius and then he followed Constantius's cousin Julian, who once he was named Caesar was under constant fire at least from the Court and maybe from Constantius himself. Crawford questions Ammianus at every opportunity, but eventually concludes in his Epilogue (which is more balanced than the rest of the book) that Ammianus was probably reporting pretty fairly.

This interesting book fills a gap in 4th century history and as such deserves to be read in spite of its Doubting Thomas approach. 。もっと

An interesting and fair biography of a not-often remembered (and poorly so when remembered) Roman Emperor from the fourth century A.D. Crawford tells an interesting story of Constantius&apos life, his place in the Constantinian dynasty, and draws a three-dimensional picture of the emperor&aposs successes and failures, both as a ruler, as a general, and as a person. The book suffers from a reliance on few sources (principally the contemporary historian Ammianus Marcellinus, who hated Constantius), but th An interesting and fair biography of a not-often remembered (and poorly so when remembered) Roman Emperor from the fourth century A.D. Crawford tells an interesting story of Constantius' life, his place in the Constantinian dynasty, and draws a three-dimensional picture of the emperor's successes and failures, both as a ruler, as a general, and as a person. The book suffers from a reliance on few sources (principally the contemporary historian Ammianus Marcellinus, who hated Constantius), but then sources from the fourth century are relatively limited. the work could also have used another pass by an editor, for it occasionally suffers from clumsy sentence structure and odd use of tenses. The Kindle copy also has more typos than it should.

Overall recommended to students of Roman history, especially those interested in the later Empire, as a good work accessible to the non-specialist. 。もっと


Death [ править ]

Once again Constantius had his toga tugged to let another of his relatives loose on the Roman Empire. His wife Eusabia suggested he promote Gallus's younger brother Julian as Caesar. He was skinny, angsty youth who had read too much Plato and had ambitions to be a published writer. Constantius was still inclined to find or manufacture an excuse to kill his cousin but his sister Helena said Julian was a cute and wanted to marry him. In the end Constantius considered Julian less of a threat with his very gay sounding name and egg head reputation. However, to make sure, Constantius paid a fortune in bribes to hairdressers and body masseurs to get the 'in' on what Julian was really up to.

Matters all came to ahead in 361 when Constantius got the news that Julian was now developing a lot of body hair and had taken up kick boxing. Empress Eusabia had died and Constantius's new wife Faustina was pregnant ('definitely a boy' believed the emperor). This made Julian eminently disposable in Constantius's fevered mind so he requested Julian to meet him in Constantinople to reapply for his job as Caesar. Suspecting the true nature of the interview and mindful of Gallus's fate, Julian proclaimed himself emperor and marched to take over the empire. Constantius II started rallying his troops in order to combat this cheek but decided he simply couldn’t be bothered any more, so said "screw it, I've done enough to earn myself a wikipedia entry" and died. A few months later Faustina gave birth to Constantius's daughter Flavia Maxima Constantia, though later in life she went by the name of Nancy and married emperor Gratian.


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos