新しい

ガエターノサルベミニ

ガエターノサルベミニ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ガエターノサルヴェミニは1873年にイタリアで生まれました。彼はメッシーナ、ピサ、フィレンツェの大学で歴史を教えました。社会主義者であり、1919年から1921年までイタリア議会で奉仕しました。

ベニート・ムッソリーニ・サルベミニのファシスト支配の主要な批評家は、1925年に逮捕され、投獄されました。彼の釈放後、彼は米国に移住し、ハーバード大学で歴史を教えました(1930-48)。

サルベミニは1940年に米国市民になりましたが、第二次世界大戦後、彼はイタリアに引退しました。ガエターノサルヴェミニは1957年に亡くなりました。


ガエターノサルヴェミニ:伝記

優れた学者および政治家であるガエターノサルヴェミニは、彼の時代で最も勇敢な人物の1人としての評判がありました。イタリア社会党のメンバーとして、彼は党活動家、政治評論家、および公務員として社会的および政治的改革を擁護しました。彼は第一次世界大戦で普通選挙権(女性を含む)のために戦った。彼はウィルソン主義の平和の彼自身のバージョンを支持し、ファシズムの最も初期のそして最も効果的な反対者の中に数えられている。彼が反ファシストになる前はファシストは反サルベミニであったと言われ、彼を沈黙させる彼らの努力は彼の名前を新しい体制に対する初期のイタリアの抵抗の代名詞にしました。

彼は米国で著名な亡命者であり、友人や支持者の助けを借りてハーバードでの学術研究を再開しました。しかし、学問と政治活動を切り離すことは決してなく、彼はムッソリーニへの抵抗を積極的に組織し続け、他の人々がイタリアを脱出するのを助け、ファシスト政権に対するアメリカのエリートと世論の両方を活性化する上で重要な役割を果たしました。この画期的な伝記は、これまで未開発のアーカイブリソースに基づいています。


歴史家および科学者

ガエターノサルベミニ

製品詳細

発行日:1939年1月1日

関連科目

ハーバード大学出版局はDeGruyterと提携して、最初の出版以来利用できなくなったほぼすべての著作権で保護されたHUPの本を世界中で販売できるようにしました。 &ldquoe-ditions&rdquoプログラムの2,800タイトルは、上記の&ldquoAvailable from De Gruyter&rdquoリンクを介して、PDF eBookまたはハードカバーの再版(&ldquoprint-on-demand&rdquo)エディションとして個別に購入できます。また、Press&rsquosカタログの全範囲を反映する10の個別のサブジェクトエリアパッケージで機関が利用できます。 E-ditionsプログラムの詳細&raquo

私たちの年齢を特徴付ける歴史的および社会的研究に対するほとんど宗教的な熱意は、歴史が私たちの起源を明らかにするかもしれないこと、そして社会科学が私たちに社会生活の法則を明らかにするかもしれないという2つの希望から生まれます。この同じ希望は、私たちが研究の方法、私たちが取り組んでいる資料の健全性、そして私たちの結論の信頼性について議論する必要性を感じる理由を説明しています。また、多くの歴史家や社会科学者が、歴史と社会科学が本当に科学であるかどうかを自問する理由も説明します。すべての歴史的学問の根底にあるこの基本的な質問に対して、サルベミニ博士はこれらの魅力的に明快なページを捧げます。

最近のニュース

  • フェミニストの拒絶理論の著者であるボニー・ホーニッグは、 国家 &ldquodisaster家父長制&rdquoについて、そしてフェミニズムがトランプ後の瞬間を理解するための最良の方法をどのように提供するかについて。
  • トーキングポイントメモ Orville VernonBurtonとArmandDerfner&rsquos Justice Deferred:Race and the Supreme Courtからの抜粋を公開し、Roberts裁判所が2021年の選挙権に対する全面的な暴行の土台を築いた方法について説明しました。&rdquo
  • 彼のポッドキャストで サイエンスクリア+ビビッド、植物の作者であるベロンダL.モンゴメリーからの教訓は、俳優のアランアルダと、植物がつながり、コミュニケーションし、コラボレーションする驚くべき方法について話し合いました。
  • Time&rsquos Monster:How History MakesHistoryの著者であるPriyaSatiaは、次のように書いています。 アルジャジーラ パレスチナと大英帝国の慈悲の神話について。

黒人の命は重要です。黒い声が重要です。 HUPの声明&raquo

私たちのブログから

プライドマンスのブログ投稿の締めくくりは、Heather Love&rsquosからの抜粋です。 後ろ向きに感じる:喪失とクィアの歴史の政治、主流の文化へのゲイの同化のコストを調べ、現在は消滅する恐れのある歴史的なゲイの経験の側面を評価するよう努めています。 クィアは奇妙な選択に直面しています。明るい未来に向かって進むのが良いのでしょうか、それともたむろして過去にしがみつくのが良いのでしょうか。 &hellip


歴史家および科学者

ガエターノサルベミニ

製品詳細

発行日:1939年1月1日

関連科目

ハーバード大学出版局はDeGruyterと提携して、最初の出版以来利用できなくなったほぼすべての著作権で保護されたHUPの本を世界中で販売できるようにしました。 &ldquoe-ditions&rdquoプログラムの2,800タイトルは、上記の&ldquoAvailable from De Gruyter&rdquoリンクを介して、PDF eBookまたはハードカバーの再版(&ldquoprint-on-demand&rdquo)エディションとして個別に購入できます。また、Press&rsquosカタログの全範囲を反映する10の個別のサブジェクトエリアパッケージで機関が利用できます。 E-ditionsプログラムの詳細&raquo

  • 序文
  • I.用語の定義
  • II。知的ハイブリッド
  • III。回避できない問題
  • IV。歴史的知識の源
  • V.歴史的懐疑論
  • VI。選択と想像力
  • VII。バイアスと仮説
  • VIII。ユニークで繰り返しの事実
  • IX。複雑さ、測定、および実験
  • X.予見
  • XI。正確な科学と不正確な科学
  • XII。謙遜から寛容へ
  • 付録:文化とは何ですか?
  • 索引

最近のニュース

  • フェミニストの拒絶理論の著者であるボニー・ホーニッグは、 国家 &ldquodisaster家父長制&rdquoについて、そしてフェミニズムがトランプ後の瞬間を理解するための最良の方法をどのように提供するかについて。
  • トーキングポイントメモ Orville VernonBurtonとArmandDerfner&rsquos Justice Deferred:Race and the Supreme Courtからの抜粋を公開し、Roberts裁判所が2021年の選挙権に対する全面的な暴行の土台を築いた方法について説明しました。&rdquo
  • 彼のポッドキャストで サイエンスクリア+ビビッド、植物の作者であるベロンダL.モンゴメリーからの教訓は、俳優のアランアルダと、植物がつながり、コミュニケーションし、コラボレーションする驚くべき方法について話し合いました。
  • Time&rsquos Monster:How History MakesHistoryの著者であるPriyaSatiaは、次のように書いています。 アルジャジーラ パレスチナと大英帝国の慈悲の神話について。

黒人の命は重要です。黒い声が重要です。 HUPの声明&raquo

私たちのブログから

プライドマンスのブログ投稿の締めくくりは、Heather Love&rsquosからの抜粋です。 後ろ向きに感じる:喪失とクィアの歴史の政治、主流の文化へのゲイの同化のコストを調べ、現在は消滅する恐れのある歴史的なゲイの経験の側面を評価するよう努めています。 クィアは奇妙な選択に直面しています。明るい未来に向かって進むのが良いのでしょうか、それともたむろして過去にしがみつくのが良いのでしょうか。 &hellip


ガエターノサルベミニ

新規-ハードカバー
状態:新品

探しているものを教えてください。一致するものが見つかったら、メールでお知らせします。

本のタイトルや著者を思い出せませんか?私たちのBookSleuthはあなたのために特別に設計されています。

私たちと一緒に買い物

私たちと一緒に売る

私たちに関しては

ヘルプを探す

他のAbeBooks企業

AbeBooksをフォローする

Webサイトを使用することにより、利用規約を読み、理解し、拘束されることに同意したことになります。


ガエターノサルヴェミニ:思考と行動における反ファシズム

イタリアのマスコミと政治家によるファシズムと搾取の歴史的修正主義の数十年は、追放されたイタリアの反ファシストの世代のキャリアを歪め、彼らの仕事を切り下げました。歪曲の特徴の1つは、これらの民主的な政治活動家を共産主義の武装抵抗に無批判に結び付け、ソビエト連邦の崩壊、イタリア共産党の終焉、そして共和国「レジスタンスから生まれた」。特にカルロ・ロッセッリがパリに本拠を置く反ファシスト組織である正義と自由を1930年代半ばに左に動かしたため、亡命者自身がスターリン主義との違いを明確にしないことでこの誤解に貢献する責任があります。ガエターノ・サルヴェミニがロッセリの正義と自由の再配置に反対したことは、反ファシスト運動の多様性の一次元に過ぎず、サルヴェミニのアメリカでのキャリアは、亡命経験のより広い文脈の中で有用な事例を提供します。亡命者たちは、ファシズムの性質、共産主義者との関係を含む政権を打ち負かすための理想的な戦略、そしてファシスト後のイタリアの形について議論した。ファシスト現象を理解しようとして、サルベミニとロッセリは非マルクス主義、反ファシストの歴史学の初期の系統を開発しました。それは最終的に修正主義の波によって最近置き換えられるまで戦後の文化で重要な位置を獲得しました。そして、あらゆる形態の権威主義に反対する一方で、サルベミニは共和党憲法の形成を助けた民主的反ファシズムの基本的な前提を明確に述べた。

ノート

1デビッド・エルウッド(2005 Ellwood、D。W.2005。「終わりのない解放」。 現代イタリア学ジャーナル、10(4):385 –95。 [Google Scholar]:385)政治キャンペーンの「ノイズ」を「歴史修正の根底にあるプロセス」と混同しないように注意してください。

2 De Feliceの他の物議を醸すインタビューには、 パノラマ、1981年7月20日、p。 128と別の コリエーレデラセラ、1987年12月27日。

3 Ledeen(2001 Ledeen、Michael .2001。「レンツォ・デ・フェリーチェとイタリアのファシズムの問題」。 社会、38(4):75 –77。 [Google Scholar]:76)は、デフェリーチェの一般的な弁護において、デフェリーチェがフランチェスココシガ前大統領から話を聞いたと彼に言ったと説明しています。

4デフェリーチェのムッソリーニの伝記の最終巻にはサブタイトルが付いています La guerra Civile、1943〜 1945年.

5たとえば、Gentile(1997 Gentile、Emilio。1997。「RenzoDe Felice:atribute」を参照してください。 現代史ジャーナル、32(2):139 –51。 [Google Scholar])、Gregor(1978)、Knox(1999 Knox、MacGregor。1999。「Inthe Duce'sdefence」。 タイムス文芸付録、2月26日[Google Scholar])、Ledeen(2001 Ledeen、Michael。2001。「RenzoDe Felice and the question ofItalianfascism」。 社会、38(4):75 –77。 [Google Scholar])およびMack Smith(1975)。

6 Melograniは1976年に次のように書いています。「コンセンサスは広まったが、表面的なものでした」。 Stille(2002 Stille、Alexander .2002。「イタリアでは、より親切で穏やかなファシズム」によると。 ニューヨーク・タイムズ、9月28日[Google Scholar])、ニコラトランファーリは、独裁政権におけるコンセンサスの可能性に疑問を投げかけています。

7ボスワース(2005:531)は、1990年代に、「イタリア人の40%未満が、「残虐行為と専制政治」がムッソリーニの年を最もよく要約していることに同意した」と述べています。

8たとえば、Pavone(1991 Pavone、Carlo。1991)を参照してください。 ウナゲラ市民。 SaggiostoricosullamoralitànellaResistenza、トリノ:Bollat​​iBoringhieri。 [Google Scholar])、レジスタンスは国内戦争だけでなく、内戦や階級闘争でもあると主張した。

9 Focardi(2005 Focardi、Filippo。2005。 La guerra della memoria:La Resistenza nel dibattito politico italiano dal 1945 a oggi、バーリ:Laterza。 [Google Scholar]:23–4)は、ANPI(パルチザン協会)による主張と、レジスタンスがルイージロンゴに対する全国的な「人気のある反乱」であったという主張に、2番目の「新しい」リソルジメントの比喩をたどります。 Pezzino(2005 Pezzino、Paolo。2005。「歴史と記憶の間のイタリアの抵抗」。 現代イタリア学ジャーナル、10(4):396 –412。 [Google Scholar]:403)は、この時代の歴史を、イタリア人が共和国の精神を再定義しようとする試みとして書き直したことを説明しています。

10コーナー(2002:325コーナー、ポール.2002。「独裁政権に何が起こったのか?」。 現代史ジャーナル、74(2):325 –51。 [Google Scholar])は、「反ファシズム、特に中産階級および知的反ファシズムに付随するわずかな汚名以上のもの」を検出しました。

11マルコ・レヴェッリがデ・ルナとレヴェッリの反ファシストパラダイムの5つのポイントを特定したことを参照してください(1995年デ・ルナ、ジョヴァンニとレヴェッリ、マルコ.1995)。 Fascismo antifascismo:leidée、leidentità、フィレンツェ:La Nuova ItaliaEditrice。 [Google Scholar]:23–9)。

12米国でのサルベミニの公の場は、ファシストのエージェントによってしばしば影を落としました(Killinger 1981 Killinger、Charles。1981。「GaetanoSalveminieleautoritàamericane。Documentiinediti delF.B.I.」。 Storia Contemporanea、12(3):403 –39。 [Google Scholar]、2002 Killinger、Charles。 2002。 ガエターノ・サルヴェミニ、伝記、ウェストポート、CN:Praeger。 [Google Scholar]:210–15)。

13 GiustiziaeLibertàについては、Fedele(1976 Fedele、Santi。1976)を参照してください。 Storia della concentrazione antifascista、1927〜 1934年、ミラノ:フェルトリネッリ。 [Google Scholar])、Garosci(1973 Garosci、Aldo。1973。 ヴィータ・ディ・カルロ・ロッセッリ、フィレンツェ:ヴァレッキ。 [Google Scholar]:170 ff。)、Pugliese(1999 Pugliese、Stanislao。1999。 カルロ・ロッセッリ:社会主義異端者と反ファシスト亡命、ケンブリッジ、マサチューセッツ州:ハーバード大学出版局。 [Google Scholar])およびTranfaglia(1967 Tranfaglia、Nicolo。1967。「ConRossellieGiustiziaeLibertà」。 La Voce Repubblicana、12月21日[Google Scholar]、1968年Tranfaglia、Nicolo。 1968。 Carlo Rosselli dall'interventismoaGiustiziaeLibertà、バーリ:Laterza。 [Google Scholar])。

14参照、サルベミニスピーチ、1933年12月18日、 ラ・リベルタ、n.d。、Salvemini Scrapbooks、ホートン図書館、ハーバード大学。

15カルロ・ロッセッリは、1929年11月にPartito socialista unitarioを辞任することで、「Giellisti」を率いました。1930年10月20日、Salvemini to Constantine Panunzio、Constantine Panunzio Papers、Hoover Institution onWar、Revolution and Peace、スタンフォードも参照してください。カリフォルニア州、米国Garosci(1973 Garosci、Aldo .1973。 ヴィータ・ディ・カルロ・ロッセッリ、フィレンツェ:ヴァレッキ。 [Google Scholar]:176–8)、Pugliese(1999 Pugliese、Stanislao。1999。 カルロ・ロッセッリ:社会主義異端者と反ファシスト亡命、ケンブリッジ、マサチューセッツ州:ハーバード大学出版局。 [Google Scholar])、Salvemini(1978 Salvemini、Gaetano。1978。 Opere VIII:Scritti vari、1900–1957、編集者:Garrone、A。Galante。ミラノ:フェルトリネッリ。 [Google Scholar]:693–7)およびタリアコッツォ(1958年タリアコッツォ、エンツォ。1958年。「RicordodiSalvemini」。 Rassegna Storia Toscana、4:179 –96。 [Google Scholar]:193)。

16 Salvemini、「Il mito dell'uomo-Dio」、 正義と自由 (パリ)、1934年7月20日、SalveminiScrapbooks。

17また、Salvemini to Carlo Rosselli、1934年4月4日、Salvemini Collection、Archivio di GiustiziaeLibertà、Istituto Storico per la Resistenza、フィレンツェ、トスカーナも参照してください。

18 Salvemini to Rosselli、1934年4月23日(Signori 2009 Signori、Elisa。2009。「Frale righe:Carteggio fra Carlo Rosselli e Gaetano Salvemini」。ミラノ:FrancoAngeli。[Google Scholar]:212)。

19 Salvemini to Rosselli、1934年2月18日および1935年1月13日(Signori 2009 Signori、Elisa。2009。「Frale righe:Carteggio fra Carlo Rosselli e Gaetano Salvemini」。ミラノ:FrancoAngeli。[Google Scholar]:185–6、232– 4)。

20 Salvemini to Rosselli、1934年4月23日(Signori 2009 Signori、Elisa。2009。「Frale righe:Carteggio fra Carlo Rosselli e Gaetano Salvemini」。ミラノ:FrancoAngeli。[Google Scholar]:214–15)。

21 Rosselli to Salvemini、1935年10月15日(Signori 2009 Signori、Elisa。2009。「Frale righe:Carteggio fra Carlo Rosselli e Gaetano Salvemini」。ミラノ:FrancoAngeli。[Google Scholar]:256)Rosselli、「Manifesto agli italiani」、 正義と自由、1935年9月20日:1。

22 Salvemini to Rosselli、1935年1月13日(Signori 2009 Signori、Elisa。2009。「Frale righe:Carteggio fra Carlo Rosselli e Gaetano Salvemini」。ミラノ:FrancoAngeli。[Google Scholar]:234)。

23 Salvemini to Alberto Tarchiani、1935年10月4日、Alberto Tarchiani Papers、Archivio di GiustiziaeLibertà、Istituto Storico per la Resistenza、フィレンツェ、トスカーナ。

24 Salvemini to Rosselli、1936年5月15日(Signori 2009 Signori、Elisa。2009。「Frale righe:Carteggio fra Carlo Rosselli e Gaetano Salvemini」。ミラノ:FrancoAngeli。[Google Scholar]:278)。

25SalveminiからAlbertoTarchiani、1935年9月28日、TarchianiPapers。

26ロッセリのコンセンサスの見方は、ポール・コーナー(2002コーナー、ポール.2002。「独裁政権に何が起こったのか」)に準拠しています。 現代史ジャーナル、74(2):325 –51。 [Google Scholar]:349)「抑圧と受動的黙認は連続体に沿った要素として見られるべきである」という考え。

27興味深いことに、SalveminiとDe Feliceの両方の方法論には、文書からの直接引用の広範な使用に類似性があります。

28サルヴェミニの「紹介」(1973aサルヴェミニ、ガエターノ.1973a)も参照してください。 イタリアのファシズムの起源、ニューヨーク:Harper&ampRow。 [Google Scholar]:x–xi)Carsten(1976 Carsten、L.Francis。1976。「「ファシズムの解釈」」。 ファシズム:読者ガイド、編集者:Laqueur、Walter。 415 –34。バークレー、カリフォルニア:カリフォルニア大学出版。 [Google Scholar]:427–31)De Felice(1977 De Felice、Renzo。1977。 ファシズムの解釈、編集者:ハフ、バーバラ。ケンブリッジ、マサチューセッツ州:ハーバード大学出版局。 [Google Scholar]:143、152)Lyttleton(2004 Lyttleton、Adrian。2004。 権力の掌握:イタリアのファシズム、1919年から1939年、ロンドン:ラウトレッジ。 [Google Scholar]:101–20)。

29初版は、1932年にフランス語で次のように出版されました。 ムッソリーニ外交官 (パリ:Grasset)、イタリア語で ムッソリーニディプロマティコ (パリ、1932年)。改訂された原稿は次のように登場しました ムッソリーニディプロマティコ (第1巻)、Antonio Castelletti(Rome、1945)によって英語から翻訳されました。そのバージョンは拡張され、次のように公開されました ムッソリーニディプロマティコ(1922–1932) (バリ、1952年)。

30デ・フェリーチェは後に、「1930年代以前は、イタリアの独裁者は主に伝統的な「用心深く合理的な」外交政策を維持していた」と主張した(Cardoza 2005 Cardoza、L.Anthony。2005のqtd。ムッソリーニとイタリアのファシズムに関する最近の奨学金」。 現代史ジャーナル、77(3):723 –37。 [Google Scholar]:726)。

31人のアメリカの反ファシストは、政権の政策と宣伝を文書化する努力の一環として、仮名でファシストの出版物を購読した(Cantarella 1979 Cantarella、Michele。1979。「著者インタビュー、マサチューセッツ州ノーサンプトン」。[Google Scholar])。サルベミニが採用した情報源の中には、大臣の会報、銀行報告書、統計要約、スピーチ、議会の討論と制定法、内部覚書、回想録と日記がありました。

32たとえば、マック・スミスの1969年版を参照してください。 イタリア:現代史、著者は、サルベミニのファシスト・コーポレーション商工会議所の評価を引用しています(Mack Smith 1969:395)。少なくとも部分的には、ムッソリーニの外交をデマゴーグ的でほとんど一貫性のないものとしてサルベミニが見ていることを受け入れる歴史家の中には、サルヴァトレリとミラ(1957年サルヴァトレリ、ルイージとミラ、ジョバンニ.1957)があります。 Storia dell'Italia nel periodofascista、トリノ:エイナウディ。 [Google Scholar]:657 ff。)Hughes(1963 Hughes、Stuart H.1963。「「イタリアのファシズムの初期の外交、1922年から1932年」」。 外交官、1919年から1932年、編集者:クレイグ、ゴードン、ギルバート、フェリックス。 210 –33。ニューヨーク:アテネウム。 [Google Scholar]:225 ff。)およびMack Smith(1969:445 ff。、1977:viii)。 Salveminiの影響については、Robertson(1977 Robertson、Esmonde。1977)を参照してください。 帝国ビルダーとしてのムッソリーニ、1932年から36年、ニューヨーク:セントマーチンズプレス。 [Google Scholar]:3)。 H. James Burgwyn(1997 Burgwyn、James H.1997。 戦間期のイタリアの外交政策、1918年から1940年、ウェストポート、CN:Praeger。 [Google Scholar]:xii–xiii)は、この初期の経験不足と「国内の懸念へのこだわり」がムッソリーニの有効性を制限したと主張していますが、バーグウィンはムッソリーニをヨーロッパの伝統にもっと見ています レアルポリティーク Salveminiよりも。トランファグリア(1988年トランファリア、ニコロ。1988年。「ガエターノサルヴェミニストリコデルファシズム」」も参照してください。 Studi Storici、29(4):905–23 [Google Scholar]:920–3)。マクレガーノックスとリチャードボスワースもこのカテゴリーの英語圏の反ファシスト歴史家に含まれる可能性があります(Cardoza 2005 Cardoza、L.Anthony。2005。「新世紀のためのデュースの再鋳造:ムッソリーニとイタリアのファシズムに関する最近の学問」。 現代史ジャーナル、77(3):723 –37。 [Google Scholar]:729)。画家(1990年画家、W。ボーデン。1990年。「レンツォ・デ・フェリーチェとイタリアのファシズムの歴史学」。 アメリカの歴史的レビュー、95(2):391–405 [Google Scholar]:397)は、Mack Smithが、DeFeliceの一般的に敵対的なレビューで Gli anni del consenso そしてその インタービスタ、「コーポラティズムシステムが偽物であったことを示したDe Feliceの功績を認めた」、これはSalveminiの見解と一致している。

33サルヴェミニの実用主義と経験論は、彼にヴィヴァレッリ(1973ヴィヴァレッリ、ロベルト.1973。「「サルヴェミニ入門」」を与えました。 イタリアにおけるファシズムの起源、vii –xiii。ニューヨーク:ハーパー&アンプロウ。 [Google Scholar]:viii)アングロサクソン人の心との共有「親和性」と呼ばれる。

34また、Giustizia eリベルタ (パリ)1934年7月20日、SalveminiScrapbooks。

35 正義と自由 (パリ)、1934年9月21日、Salvemini Scrapbooks Salvemini(1978 Salvemini、Gaetano。1978。 Opere VIII:Scritti vari、1900–1957、編集者:Garrone、A。Galante。ミラノ:フェルトリネッリ。 [Google Scholar]:693)Salvadori(1963 Salvadori、L.Massimo。1963。 ガエターノサルベミニ、トリノ:エイナウディ。 [Google Scholar]:130–2)De Caro(1970 De Caro、Gaspare。1970。 ガエターノサルベミニ、トリノ:UTET。 [Google Scholar]:371–88)Garosci(1945 Garosci、Aldo。1945。「Salveminiradicale americano o le lacunedelproblemismo」。 Mercurio、12:41 –49。 [Google Scholar])。 Puglieseによると(1999 Pugliese、Stanislao。1999。 カルロ・ロッセッリ:社会主義異端者と反ファシスト亡命、ケンブリッジ、マサチューセッツ州:ハーバード大学出版局。 [Google Scholar]:103)、「Rosselliは、マルクス主義は人工的な「輸入された」現象であり、イタリアの社会主義運動に実際に浸透することはできなかったと主張しました。」

36 Bolaffio to Salvemini 1942年1月30日、Roberto Bolaffio Papers、Istituto Storico per la Resistenza、フィレンツェ、トスカーナ、「Salvemini」ファイルSalvemini to Ascoli 1942年2月12日および1942年4月19日Salveminito Bolaffio 1942年5月27日、Max Ascoli Papers、原稿コレクション、ボストン大学、「サルヴェミニ」ファイルサルヴェミニからボラフィオへ1942年4月19日、アルキヴィオガエターノサルヴェミニ、トスカーナのレジステンツァへのイスティトゥートストーリコ、フローレンスアスコリ「会議のメモ」、ナツィオーニユナイト、1942年6月11日および6月18日サルヴェミニ、「ラマッツィーニ」 、 投書、 Controcorrente、1941年8月〜9月、ミネソタ大学移民歴史研究センター、セントポール、ミネソタ州、米国Salvemini(1969 Salvemini、Gaetano。1969。 Opere VII:L'italia vista dall'America、編集者:タリアコッツォ、エンツォ。ミラノ:フェルトリネッリ。 [Google Scholar]:416–18、616–18)。

37ケネス・B・マードック、芸術科学部長、ジェームズ・B・コナント、大統領、1933年11月13日、ジェームズ・B・コナント・ペーパー、ハーバード大学アーカイブ、ケンブリッジ、マサチューセッツ、米国。 Conant Papersは、この時代のハーバードコーポレーションの公式記録と見なされています。

38 Prezioso(2008 Prezioso、Stefanie .2008。「反ファシズムと反全体主義:イタリアの議論」。 現代史ジャーナル、43(4):555 –72。 [Google Scholar]:570)は、Rosselliの死により、PCIとのGL協力の可能性もなくなったと指摘しています。

39いくつかの伝記研究があります:キリンジャー(2002キリンジャー、チャールズ.2002。 ガエターノ・サルヴェミニ、伝記、ウェストポート、CN:Praeger。 [Google Scholar])、タリアコッツォ(1963タリアコッツォ、エンツォ。1963。 Gaetano Salvemini:Un profilo biografico、ローマ:Laterza。 [Google Scholar])およびSalvadori(1963 Salvadori、L.Massimo。1963。 ガエターノサルベミニ、トリノ:エイナウディ。 [Google Scholar])。

40 Salveminiは、マサチューセッツ州ノーサンプトンのCantarellaの家で、Roberto Bolaffio、Lionello Venturi、Renato Poggioli、Michele Cantarellaに加わり、Mazzini Societyを設立しました(Garosci 1953 Garosci、Aldo。1953。 Storia dei fuorusciti、バーリ:Laterza。 [Google Scholar])Salvadori(1958 Salvadori、Max。1958。 労働と傷、ロンドン:ポールモールプレス。 [Google Scholar])ミケーレカンタレラからフィリップカニストラロへ、1965年11月22日ミケーレカンタレラへの手紙 ニューヨーク・タイムズ、1945年1月31日。

41'Relazione della prima seduta della Mazzini Society '、Venturi and Poggioli、nd、ArchivioGiustiziaeLibertà、Storico per la Resistrenza in Toscana、Florence、' Mazzini Society 'Cantarella to Philip Cannistraro 1975年11月22日Ascoliand Feiler(1938 Ascoli 、マックスとファイラー、アーサー。1938。 誰のためのファシズム?、ニューヨーク:W.W。ノートン。 [Google Scholar])、Cantarella(1979 Cantarella、Michele。1979。「著者インタビュー、マサチューセッツ州ノーサンプトン」。[Google Scholar])、Miller(1986 Miller、E。James。1986。 アメリカ合衆国とイタリア、1940年から1950年、ノースカロライナ州チャペルヒル:ノースカロライナ大学プレス。 [Google Scholar]:25)、Tirabassi(1976 Tirabassi、Maddalena。1976。「「LaMazzini Society(1940–1946)」」。 Italia e America dall’settecentoall'etàdell'imperialismo、編集者:Spini、Giorgio。 141 –58。ヴェネツィア:マルシリオ。 [Google Scholar]:141–3)。

42たとえば、を参照してください。 ボストンヘラルド、1939年2月5日、Salvemini Scrapbooks Salvemini、「英国がスペインで勝利」、 国家、1939年2月18日、197–9 Salvemini to Isabel Massey、1940年12月30日、Public Record Office、Foreign Office Group 371、29935、Ministry of Information、Postal Censorship、London Salvemini、「Mr。チャーチルはイタリアの人々に話しかけます、 イルモンド (NY)、1941年1月15日。

43サルベミニ、「政府は、米国のイタリア人に対するドゥーチェの支配を破る可能性がある」、 イルコリエールデルポポロ (サンフランシスコ)1941年1月30日サルベミニからアスコリへ、1942年2月12日、アルキビオガエターノサルベミニサルベミニ、「羊のオオカミの守護者」、 Controcorrente、1942年3月14日および「イタリア人から敵の柱頭を取り除くための嘆願」、 ボストングローブ、1942年10月11日ミラー(1978年ミラー、E。ジェームズ。1978年。「忠誠心の問題:アメリカのリベラル派、プロパガンダ、およびイタリア系アメリカ人のコミュニティ、1939年から1943年」。 メリーランドヒストリアン、9(1):60 –64。 [Google Scholar])「イタリアのエイリアン」、1942年5月25日、Office of Facts and Figure、レコードグループ208、米国戦争情報局、国立公文書館、ワシントンDC「取締役会のメモの機密複製」、CWI会議、5月18日1942年の理事会会議、3月3日と10日、4月28日、5月5日と26日、6月9日と16日、7月6日、アーチボルド・マクリーシュの論文、その他の主題ファイル、米国議会図書館、ワシントンDCサルベミニ、 'Good、しかし、十分ではありません」、 国家、1942年11月7日、477–8 Miller(1978 Miller、E。James。1978。「忠誠の問題:アメリカのリベラル派、プロパガンダ、およびイタリア系アメリカ人のコミュニティ、1939–1943」。 メリーランドヒストリアン、9(1):60 –64。 [Google Scholar]:60–4)Cannistraro(1985 Cannistraro、Philip。1985。「LuigiAntonini and the Italian anti-fascist Movement in the United States、1940–1943」。 アメリカ民族史ジャーナル、5:21 –40。 [Web of Science&#0174]、[Google Scholar])。

44 Ascoli to Adolph Berle、1941年12月19日、Ascoli Papers、「Berle」ファイルBolaffio to Salvemini 1942年1月30日、Bolaffio Papers「Salvemini」SalveminiからAscoli、1942年2月12日および1942年4月19日、Ascoli Papers、「Salvemini」ファイルSalvemini to Bolaffio、194​​2年4月19日、Archivio Gaetano Salvemini SalveminiからBolaffio、194​​2年5月27日、Ascoli Papers'Salvemini 'Ascoli、' Notes for the Congress '、Nazioni Unite、1942年6月11日および18日Salvemini、' La Mazzini '、編集者への手紙、 Controcorrente、1941年8月〜9月、移民歴史研究センターSalvemini(1969 Salvemini、Gaetano。1969。 Opere VII:L'italia vista dall'America、編集者:タリアコッツォ、エンツォ。ミラノ:フェルトリネッリ。 [Google Scholar]:416–18および616–18)。

45サルベミニの反共産主義については、Migone(1971 Migone、GiacomoGian。1971)を参照してください。 Problemi di storia nei rapporti tra Italia e gli Stati Uniti、トリノ:ローゼンバーグ&売り手。 [Google Scholar]:110–12、139)Tirabassi(1976 Tirabassi、Maddalena。1976。「「LaMazzini Society(1940–1946)」」。 Italia e America dall’settecentoall'etàdell'imperialismo、編集者:Spini、Giorgio。 141 –58。ヴェネツィア:マルシリオ。 [Google Scholar]:147–9)De Caro(1970 De Caro、Gaspare。1970。 ガエターノサルベミニ、トリノ:UTET。 [Google Scholar]:379 ff。)タリアコッツォ(1977タリアコッツォ、エンツォ.1977。「「Interventi」」。 Atti del Convegno sul Gaetano Salvemini、編集者:Sestan、Ernesto。 183 –93。ミラノ:IlSaggiatore。 [Google Scholar]:190–1)Salvemini to Henry W. L. Dana、1943年3月31日、Salvemini Autograph File、ホートン図書館、ハーバード大学。

46 Ascoli to Salvemini、1941年3月10日、Ascoli Papers「Salvemini」ファイルSalveminiからTarchiani、1941年2月26日TarchianiからSalvemini、1941年3月1日、Tarchiani Papers BolaffioからSalvemini、1941年4月18日、ArchivioGiustiziaeLibertà、「Salvemini」ファイル ニューヨーク・タイムズ、1942年1月11日。

47また、ArchivioGiustiziaeLibertà、fを参照してください。 1、s。 2、「マッツィーニソサエティ」。

48 Salvemini to Ascoli、1943年3月26日、Ascoli Papersの「Salvemini」ファイル「Presentstate of Italian politics in the United States」、1943年12月1日、Foreign Nationalities Branch Papers、n。 162、戦略サービス局、レコードグループ65、国立公文書館、ワシントンDC Ascoli to Tarchiani、1943年11月30日、AscoliPapers「MazziniSociety」ファイル「ムッソリーニの終焉と米国のイタリアの政治情勢」、8月3日1943年、外国国籍支部、n。 B-65'Gli amici di Generoso Pope provocano la scissione al Congresso della Mazzini '、1943年12月4日、新聞のテキスト、Panunzio Papers'Schism in the Mazzini Society and a new Free Italy Movement'、1943年12月21日、Foreign Nationalities Branch、n 。 B-129カニストラロ(1985年カニストラロ、フィリップ。1985年。「ルイジ・アントニーニと米国におけるイタリアの反ファシスト運動、1940年から1943年」。 アメリカ民族史ジャーナル、5:21 –40。 [Web of Science&#0174]、[Google Scholar])。

49 Ascoli to Sturzo、194​​3年11月29日、Ascoli Papers Ascoli to Tarchiani、1943年11月30日、Ascoli Papers、Tarchiani file Tirabassi(1976 Tirabassi、Maddalena。1976。「「LaMazzini Society(1940–1946)」」。 Italia e America dall’settecentoall'etàdell'imperialismo、編集者:Spini、Giorgio。 141 –58。ヴェネツィア:マルシリオ。 [Google Scholar])。

50「バドリオ–トリアッティブロック」、 向流 (ボストン)、1944年4月。

51「共産党指導者はイタリアで見守るために男を拘束した」、 ロサンゼルスタイムズ、1944年4月20日「イタリア人は支配者を選ばなければならない、とスピーカーは言う」、 ロサンゼルスデイリーニュース、1944年4月20日「FDR、イタリアのチャーチルの失態」、 ロサンゼルスヘラルドエクスプレス、1944年4月20日「ロイスホールでのサルベミニの演説」、4月19日(n.d。)(1944)、パヌンツィオペーパー。 On the communist reaction to Salvemini's speech, see telegram, Robert Rossen to Salvemini, 20 April 20 1944, Panunzio Papers ‘On the eve of the invasion’, Writers' Congress promotional flyer, Panunzio Papers Harry W. Flannery to Constantine Panunzio, 21 April and 12 June 1944, Panunzio Papers ‘The Stalinists of Hollywood’, Countercurrent, June 1944, Immigration History Research Center ‘Salvemini and the comrades’, New Republic, 1 May 1944, 588, Panunzio Papers Nation, 3 and 24 June 1944, 651–2, 746–7 Diggins ( 1972 Diggins, P. John . 1972 . Mussolini and Fascism, Princeton, NJ : Princeton University Press . [Google Scholar] : 387, 409). For an evaluation of Togliatti's relationship with the Kremlin, see Aga-Rossi and Zaslavsky ( 1994 Aga-Rossi, Elena and Zaslavsky, Victor . 1994 . ‘L'URSS, il PCI e l'Italia: 1944–1948’ . Storia Contemporanea, 25(6) : 929 – 82 . [Google Scholar] ). For a different interpretation, see Agosti ( 1996 Agosti, Aldo . 1996 . Palmiro Togliatti, Turin : UTET . [Google Scholar] : 268–82) see also Salvadori ( 1963 Salvadori, L. Massimo . 1963 . Gaetano Salvemini, Turin : Einaudi . [Google Scholar] : 145) and Salvemini ( 1978 Salvemini, Gaetano . 1978 . Opere VIII: Scritti vari, 1900–1957, Edited by: Garrone, A. Galante . Milan : Feltrinelli . [Google Scholar] : 316–24).

52 Salvemini, ‘Per una Concentrazione Repubblicana-Socialista in Italia’, Controcorrente, November 1944, Immigration History Research Center Salvemini to Tanner, 8 and 18 August and 7 September 7 1944, Stephen Tanner Letters, in possession of the author, Orlando, FL, USA Salvemini to Riccardo Bauer, 16 August 1944 (Salvemini 1967 Salvemini, Gaetano . 1967 . Lettere dall'America 1944/1946, Edited by: Merola, Alberto . Bari : Laterza . [Google Scholar] : 20–1).

53 Roberts ( 2009c Roberts, David . 2009c . ‘“Political religion” and the totalitarian departures of inter-war Europe: on the uses and disadvantages of analytical category’ . Contemporary European History, 18(4): 381 – 414 . [Google Scholar] ) notes Gentile's emphasis on ‘the seriousness … of the underlying “religious” impulse’ in fascist Italy.

54 Focardi ( 2005 Focardi, Filippo . 2005 . La guerra della memoria: La Resistenza nel dibattito politico italiano dal 1945 a oggi, Bari : Laterza . [Google Scholar] : 9) quotes Salvemini as contributing to the bravo italiano myth.

55 As Carl Ipsen has pointed out, factual or not, the myth of Italian heroism did serve to deliver a democratic republic with universal suffrage –‘finally the realization of that Mazzinian ideal’ (‘History as it really wasn't’2001: 406). Salvemini maintained communications with Piero Calamandrei who represented the PdA at the constituent assembly that drafted the republican constitution. In 1988, De Felice advocated canceling the Republic's constitutional commitment to antifascism (Painter 1990 Painter, W. Borden . 1990 . ‘Renzo De Felice and the historiography of Italian fascism’ . American Historical Review, 95(2): 391–405 [Google Scholar] : 403).


Gaetano Salvemini - History

Точки

  • 633156369 (содержится в линиях Corso Gaetano Salvemini ( 148961516 ) и Via Don Borio ( 133156111 ))
  • 2107123444 (содержится в линии 106581156)
  • 968066917
  • 1538247528
  • 1264770181 (содержится в линии 110892460)
  • 481302604 (содержится в линиях Via Crea ( 112002476 ) и Via Crea ( 112002465 ))

Версия #6

Точки

  • 633156369 (содержится в линиях Corso Gaetano Salvemini ( 148961516 ) и Via Don Borio ( 133156111 ))
  • 2107123444 (содержится в линии 106581156)
  • 968066917
  • 1538247528
  • 1264770181 (содержится в линии 110892460)
  • 481302604 (содержится в линиях Via Crea ( 112002476 ) и Via Crea ( 112002465 ))

Версия #5

maxspeed Collina Rivolese

Точки

  • 633156369 (содержится в линиях Corso Gaetano Salvemini ( 148961516 ) и Via Don Borio ( 133156111 ))
  • 2107123444 (содержится в линии 106581156)
  • 968066917
  • 1538247528
  • 1264770181 (содержится в линии 110892460)
  • 481302604 (содержится в линиях Via Crea ( 112002476 ) и Via Crea ( 112002465 ))

Версия #4

fixed piscina, edifici storici

Точки

  • 633156369 (содержится в линиях Corso Gaetano Salvemini ( 148961516 ) и Via Don Borio ( 133156111 ))
  • 2107123444 (содержится в линии 106581156)
  • 968066917
  • 1538247528
  • 1264770181 (содержится в линии 110892460)
  • 481302604 (содержится в линиях Via Crea ( 112002476 ) и Via Crea ( 112002465 ))

Версия #3

Rimappatura oggetti non rilicenziati

Точки

  • 633156369 (содержится в линиях Corso Gaetano Salvemini ( 148961516 ) и Via Don Borio ( 133156111 ))
  • 968066917
  • 1538247528
  • 1264770181 (содержится в линии 110892460)
  • 481302604 (содержится в линиях Via Crea ( 112002476 ) и Via Crea ( 112002465 ))

Версия #2

Aggiunto campo coltivato lato via Crea

Точки

  • 633156369 (содержится в линиях Corso Gaetano Salvemini ( 148961516 ) и Via Don Borio ( 133156111 ))
  • 968066917
  • 1538247528
  • 1264770181 (содержится в линии 110892460)
  • 481302604 (содержится в линиях Via Crea ( 112002476 ) и Via Crea ( 112002465 ))

Версия #1

Torino: Linea bus 44 Feriale

Точки

  • 633156369 (содержится в линиях Corso Gaetano Salvemini ( 148961516 ) и Via Don Borio ( 133156111 ))
  • 968066917
  • 1264770181 (содержится в линии 110892460)
  • 481302604 (содержится в линиях Via Crea ( 112002476 ) и Via Crea ( 112002465 ))

Gaetano Salvemini life and biography

Date of birth : 1873-09-08
Date of death : 1957-09-06
Birthplace : Molfetta, Italy
Nationality : Italian
Category : Famous Figures
Last modified : 2011-05-19
Credited as : Historian, and journalist, Fascist dictatorship

The Italian historian and journalist Gaetano Salvemini introduced economic and social analysis into Italian historiography. He spent his later years combating the Fascist dictatorship.

Gaetano Salvemini was born in Molfetta on Sept. 8, 1873, the second of nine children in a poor peasant family. As a child, he had little to read but the Bible and the novels of Alexander Dumas and Euge‧ne Sue. But his success on his school examinations led him to try for a scholarship at the Institute for Higher Studies at Florence, which he barely won.

In Florence he was soon caught up in the Socialist movement. His thesis on the Florentine knighthood in the Renaissance was followed by Magnati e popolani nelle commune di Firenze 1280-1295 (1899), in which he described the origins of the Florentine Republic as the product of class conflict. Salvemini saw the history of this period as one of conflict between the aristocracy and the great merchants, in which economic change brought institutional change in its wake. Though the book sold very few copies, it was considered the manifesto of the new Italian historiography. The work won Salvemini a professorial chair in 1901 and a prize from the Accademia dei Lincei that allowed him to marry Maria Minervini, whose acquaintance he had made as a student.

In 1897 Salvemini had begun to contribute to the Socialist journal Critica sociale. After his professorial appointment he helped organize secondary school teachers and joined a campaign to promote universal suffrage and universal education. At the same time he wrote La Rivoluzione francese (1905 The French Revolution), introducing to the Italian reading public the work of the French historian Alphonse Aulard, and a study Mazzini (1905), the first major analysis of this Italian statesman's ideas in the European context. These productive years were brought to a sudden end when an earthquake at Messina killed Salvemini's entire family in 1908, a tragedy from which he only slowly recovered.

In 1910 and 1913 Salvemini stood for election to Parliament but was defeated by government-instigated electoral fraud. Meanwhile he founded a new socialist journal, L'unita‧, on whose pages he fought the exacerbated nationalism of the war and immediate postwar years. In 1919 he was elected to Parliament by a large majority. But parliamentary government was already in deep trouble in 1921, after the Fascists had gained power, he withdrew from politics. Though this move probably saved him from an assassin's bullet, it deprived the opposition of one of its most courageous leaders.

In 1925, after being arrested for clandestine anti-Fascist activities, Salvemini managed to escape and flee the country. He went first to France and England, then in 1933 to the United States to teach the history of Italian civilization at Harvard. He worked to awaken the English and American world to the dangers of fascism. He returned to Florence in 1947 and died there on Sept. 6, 1957.


Vassar Chronology

Under the sponsorship of the Political Association, Italian historian and fervent anti-Fascist Dr. Gaetano Salvemini, Lauro de Bosis Lecturer on the History of Italian Civilization at Harvard University, spoke in Avery Hall on "Italy after Thirteen Years of Dictatorship."  Active in Italian politics before his exile in 1925, Salvemini had debated heatedly with Vassar Professor of Italian Bruno Roselli about the policies and consequences of the Mussolini régime in 1926 before some 1,400 members of the Economics Club in New York City.  

Addressing two questions: "What are the results of Italian Fascism?" and "Is Italian Fascism a Success?" Professor Salvemini declared since Mussolini came to power unemployment, monetary instability, the cost of living and the national debt had steadily increased, while wages had decreased.  "The economic crisis in Italy," he claimed, "is not due to the Wall Street crash. When the crash came in 1929, Italy had already been weakened by three years of crisis as a result of Mussolini's economic policies."  About the Italian invasion of Ethiopia—launched days before his Vassar appearance—Salvemini told his audience "this war is the most senseless war that ever took place.  From the economic point of view this war is lunacy."

A visitor to Vassar in 1933, when he spoke on "Florence in the Time of Dante," Professor Salvemini visited the college again in December 1942, speaking on "The Italian Population Problem."     The Miscellany News


Salvemini, Gaetano

Born Sept. 18, 1873, in Molfetta, Bari died Sept. 6, 1957, in Sorrento. Italian political figure, historian, and publicist. From 1902 to 1925 history professor at the universities of Messina, Pisa, and Florence.

Salvemini joined the socialist movement in 1893. However, he did not accept the directives of the socialist party&rsquos reformist leadership on several questions, especially the Southern Question. Unlike the reformists, who to all intents and purposes ignored the interests of the southern peasantry, he called for a radical solution to the problem of the south. Salvemini left the socialist party in 1911. From the early 20th century he was a leader of the democratic wing of the Meridionals (from the Italian meridionale, or &ldquosouthern&rdquo), who advocated the economic modernization and rebirth of the south. From 1919 to 1921 he was a deputy to parliament.

Salvemini resolutely opposed Fascism for this reason he was arrested and convicted. In 1925 he emigrated to France, where he emerged as a leader of the anti-Fascist Justice and Liberty (Giustizia e Libertà) movement. He lived in the United States from 1934 to 1948 and taught at Harvard University. In 1949, Salvemini returned to his homeland and became head of the history faculty at the University of Florence.


ビデオを見る: フィレンツェイタリア小さな街歩きvol.3 モンテフィオラッレ Italy in Florence Walking in Montefioralle (七月 2022).


コメント:

  1. Audwin

    私はあなたが間違っていることを意味します。私はそれを証明することができます。午後に私に手紙を書いてください。

  2. Dushicage

    この問題についてアドバイスすることができます。一緒に正しい答えを思いつくことができます。

  3. Jedadiah

    あなたは正しくありません。これについて議論しましょう。

  4. Oba

    very useful phrase

  5. Deagmund

    私はこれを思います - 混乱。

  6. Dalabar

    あなたは誤解されていると思います。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos