新しい

USSランズデール(DD-101 / DM-6)

USSランズデール(DD-101 / DM-6)



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

USSランズデール(DD-101 / DM-6)

USS ランズデール (DD-101 / DM-6)は、第一次世界大戦の最後の日に就役したウィックス級駆逐艦で、1919年に地中海で活躍し、1920年代に機雷敷設艦として活躍しました。

NS ランズデール 1899年にサモアへの英米介入中に殺害された米国海軍士官フィリップ・ヴァン・ホーン・ランズデールにちなんで名付けられました。

NS ランズデール 1918年4月20日にマサチューセッツ州クインシーで敷設され、1918年7月21日に打ち上げられ、1918年10月26日に就役しました。

NS ランズデール 11月4日にボストンを出発して巡洋艦輸送部隊に加わり、11月7日にバージニア州ノーフォークに到着した。彼女の戦時中の奉仕は11月4日に始まったと考えられ、それから1918年11月11日までの間に彼女に仕えた人は誰でも第一次世界大戦の勝利記章の資格を得ました。

NS ランズデール ヨーロッパに向かう護送船団の護衛の一環として、11月12日にノーフォークを出発した。彼女はアゾレス諸島で分離され、11月26日にジブラルタルに到着しました。それから1919年1月までの間、彼女はジブラルタルを拠点とし、タンジールに3回、アルジェに1回旅行しました。

1919年1月4-13日、彼女は東にヴェネツィアの新しい基地に向かい、そこで東地中海の米海軍に加わった。アドリア海での彼女の主な役割は、ヴェネツィアと旧オーストリア・ハンガリー帝国沿岸の港との間の派遣任務に従事することでした。彼女は6月10日、ダルマチア沿岸のスパラトを出航し、帰国するまでこの役割を果たしました。

NS ランズデール 1919年6月22日にニューヨークに到着しました。翌年、大西洋艦隊の破壊部隊で過ごした後、1920年7月11日にフィラデルフィアに到着し、新しい分類DM-6の軽機雷敷設艦に改造されました。

NS ランズデール 1921年6月2〜3日にロードアイランド州ニューポートに移りました。1921年7月5日にマサチューセッツ州グロスターの大西洋艦隊の鉱山軍に加わり、次の3か月間ニューイングランドとバージニア沖で新しい役割の練習をしました。 1922年初頭、彼女は西インド諸島で鉱山戦隊1と共に演習に参加しました。その後、フィラデルフィアに移り、1922年6月25日に退役しました。

NS ランズデール 1930年5月1日に再就役し、ヨークタウンの鉱山戦隊1に加わりました。 1930年の夏、彼女は東海岸沖での採掘演習に参加しました。 10月と11月初旬に、彼女はコネチカット州ニューロンドン沖の潜水艦の標的船を務めました。ボストンを最後に訪れた後、彼女はフィラデルフィアに戻り、1931年3月24日に退役しました。

1936年12月28日 ランズデール ロンドン海軍軍縮会議の条件を満たすためにハルクに縮小されました。彼女は1937年1月25日に海軍船籍簿から削除され、1939年3月16日にスクラップとして売却されました。

変位(標準)

変位(ロード済み)

最高速度

35ktsデザイン
トライアルで1,236tで27,350shpで34.81kts(キンバリー)

エンジン

2軸パーソンズタービン
ボイラー4基
27,000shpの設計

範囲

20ktsで2,500nm(設計)

鎧-ベルト

- デッキ

長さ

314フィート4.5インチ

30フィート11.5インチ

軍備

4インチ/ 50門
4つのトリプルマウンティングに12本の21インチ魚雷発射管
2つの1ポンド対空砲
2つの爆雷トラック

乗組員の補数

100

第一次世界大戦に関する本|主題索引:第一次世界大戦


凝縮された数値カウント

4 x砲艦(PG)
4 xモーターガンボート(PGM)
1 xイーグル(PE)
4 xリバーガンボート(PR)
69 xモーター魚雷艇(PT)
1 xヨット(PY)
1 xヨット、沿岸(PYc)
3x改造された巡視船
36 x巡視船、地区(YP)
10 x潜水艦チェイサー、(173フィート)(PC)
15 x潜水艦チェイサー、(110フィート)(SC)

40 x揚陸艦、戦車(LST)
6 x揚陸艦、中型(LSM)
3 x着陸船、中型(ロケット)(LSM(R))
71 x上陸用舟艇、戦車(LCT)
5 x上陸用舟艇、歩兵(砲艦)(LCI(G))
16 x上陸用舟艇、歩兵(大)(LCI(L))
1 x上陸用舟艇、歩兵(迫撃砲)(LCI(M))
7 x上陸用舟艇、サポート(大)(Mk.III)(LCS(L))

1 x弾薬船(AE)
1 xプロビジョニングストアシップ(AF)
1 xモバイルフローティング乾ドック(AFD)
3 xその他の補助(AG)
1 xモーター水雷母艦(AGP)
4 x貨物船(AK)
1 x General Stores Issue Ship(AKS)
1 x急設網艦(AN)
5 xオイラー(AO)
1 xガソリンタンカー(AOG)
8 xトランスポート(AP)
2 xトランスポート、アタック(APA)
2 x沿岸輸送(小)(APc)
11 x高速輸送艦(APD)
3 xサルベージ船(ARS)
1 x潜水母艦(AS)
2 x潜水艦救難船(ASR)
6 xオーシャンタグボート(AT)
2 x Ocean Tug、Old(ATO)
2 x Ocean Tug、Rescue(ATR)
1 x水上機母艦(AV)
1 x水上機母艦(駆逐艦)(AVD)
1 x水上機母艦(小)(AVP)
3 xその他未分類(IX)
1xダメージコントロールハルク
1xステーションタンカー

3 xライター、アッシュ(YA)
4 x地区補助、その他(YAG)
44 xライター、カバー付き(自走式ではない)(YC)
6 xフロート、車(非自走式)(YCF)
3 xライター、オープンカーゴ(YCK)
4 xデリック、フローティング(非自走式)(YD)
1 x消磁容器(YDG)
20 xラ​​イター、カバー付き(自走式)(YF)
8 xフェリーボートと打ち上げ(YFB)
1xフローティング乾ドック
1 xヤードフローティング乾ドック、非自走式(YFD)
2 xライター、ガービッジ(自走式)(YG)
2 x浚渫(自走式)(YM)
6 xバージ、燃料油(自走式)(YO)
1 xパイルドライバー(非自走式)(YPD)
2 xバージ、ポンツーンストレージ(YPK)
1 xワークショップ、フローティング(非自走式)(YR)
1 x潜水艦レスキューチャンバー(YRC)
10 xポンツーン、サルベージ(YSP)
1 xバージ、スラッジ除去(YSR)
7 xハーバータグボート(YT)
1 xハーバータグボート、ミディアム(YTM)
4 xはしけ、水(YW)

2 xガンボートタイプカッター(WPG)
2 x巡視艇(WPC)
3 x巡視艇、83フィートタイプ(番号83300&ndash 83529)
2 x巡視艇、改造
4 x巡視艇、改造(WYP)
2 x灯台見回り船(WAGL)
1 x灯台、123フィート(LS)


USSランズデール(DD-101 / DM-6)-歴史

バーンスタイン博士の糖尿病ソリューション

低炭水化物ダイエットと運動の助けを借りて糖尿病患者の正常な血糖値を達成することは、バーンスタイン博士の糖尿病ソリューションと、糖尿病ダイエット、バーンスタイン博士の低炭水化物ソリューションの焦点です。

あなたが新たに診断された場合でも、1型または2型糖尿病の生涯のベテランである場合でも、糖尿病治療と糖尿病の分野で有名で革命的な人物であるバーンスタイン博士は、血糖値のローラーコースターの揺れを止める方法を示します。 、血糖値を安定させ、インスリン摂取量を減らし、糖尿病のない人と同じレベルの健康を享受してください。

リチャード・K・バーンスタイン、M.D.、F.A.C.E.、F.A.C.N.、F.A.C.C.W.S。の本

バーンスタイン博士の糖尿病に関するすばらしい話

1946年に12歳で1型糖尿病と診断されたリチャード・K・バーンスタイン博士は、医師になることはありませんでした。それだけでなく、米国糖尿病学会の統計によれば、彼はもう長い間死んでいたはずです。

彼が非常に生きていて、実際、優れた健康状態にあるということは、2つの主な原因に起因する可能性があります。 1つ目は、彼はもともとエンジニアとして訓練され、治療すべき状態ではなく、解決すべき問題として彼の病気を攻撃したということです。 2つ目は、最初の血糖値計が現場に到着したとき、彼は幸運にもまだ生きていたということです。

彼は自分の血糖値を監視した初めての糖尿病患者です。

これらの事実と、糖尿病の問題を解決するというバーンスタイン博士の真摯な決意が相まって、彼の画期的な長年のベストセラー本である糖尿病ソリューションで実証されている、彼の革新的な血糖正常化方法につながりました。

1969年、ADAガイドラインに20年以上従った後、バーンスタイン博士はこの病気の衰弱性合併症の多くを患っていました。彼は自分の病気に翻弄されることにうんざりしていて、初期の血糖値計の1つを手に入れました。現在の安価で一般的な機器はほとんどありませんが、このデバイスは非常に小さく特殊なニッチ向けでした。昏睡状態の糖尿病患者はケトンの臭いがするため、病院が不注意に昏睡状態の糖尿病患者を研究室が閉鎖された夜に死亡させないようにするためです。そして、大量に飲んでいる人と簡単に間違えられる可能性があります。

バーンスタイン博士は、デバイスの1つを約700ドルの大金で入手しました。今日、インフレに基づくと、5,000ドル近くになります。バーンスタイン博士は自分自身をモルモットとして使用し、血糖値が上下する原因を発見することを期待して、1日を通して血糖値のテストを開始しました。研究は言うまでもなく、かなりの試行錯誤の末、彼は食事療法、運動、投薬によって血糖値を正常化できること、そして他の人が同じことをするのを助けることができることを発見しました。

これは彼のエレガントで画期的なブレークスルーでした。糖尿病患者と非糖尿病患者の唯一の違いは高血糖です。糖尿病の合併症はすべて、高血糖によって引き起こされます。したがって、血糖値を正常化できれば、合併症を予防したり、合併症をなくしたりすることができます。これはまさに治療法が行うことです。

当時のエンジニアであるリチャード・バーンスタインが答えを見つけたと医学界を説得しようとしたときを除いて、医学界は彼を丸く無視し、不可能だとさえ言った。それで、40代半ばに、彼はビジネスで成功したキャリアを離れて医学部に行くことに決めました。

彼の画期的な糖尿病ソリューションの初版が1997年に発表されたときでさえ、バーンスタイン博士はまだ糖尿病治療について確立された概念と戦っていました。それは今日ではそれほど真実ではありませんが、消費者主導の医療計画やWeb上ですぐに利用できる健康情報の時代では今日でもそれほど重要ではありません。

今日、何千人もの患者と読者が後になって、バーンスタイン博士は患者の診察と訓練を続け、毎月の質疑応答の電話会議を含む忙しいスケジュールを維持し、血糖正常化の最先端のプログラムを改良し続けています。彼は、最初に診療を開始したときよりも多くの患者に到達しました。そして、おそらくゆっくりと、遅すぎて、彼の考えを反映するように標準治療が変化しています。

彼の著書「糖尿病ソリューション」で詳しく説明されているシンプルでわかりやすいプログラムは、適切な栄養、健康的な運動、および(必要に応じて)少量の投薬に基づいています。バーンスタイン博士は、1型糖尿病との69年間の生活の中で学んだことと、徹底的な研究と実験を通じて、数え切れないほどの糖尿病患者を助けてきた独自のシンプルな計画をどのように開発したかを紹介します。 &#8220それは、これまで誰も考えたことのない驚くべきことです&#8221と彼は言います。 &#8220糖尿病治療の分野の多くはまだそれを受け入れていません!&#8221しかし、プログラムに従う人々は1つの理由でそれに固執します:それは機能します!

糖尿病学の主流の外でほぼ完全に開発された彼の低炭水化物ソリューションは、老若男女を問わず、さまざまな年齢や症状の患者を助けてきました。正常な血糖値を達成することは、信じられないほど難しくはありません。彼は、糖尿病の劇的な改善を経験した患者のケーススタディを含めました。

おそらく、あなたやあなたの愛する人は、胃不全麻痺、心臓病、腎臓病、網膜症、五十肩などの糖尿病のいくつかの合併症にすでに苦しんでいる可能性があります。


一部の回文の日付はまれです

一部の日付は回文です。

日付の形式によっては、回文の日付がまれになる場合があります。ポートランド大学の電気工学教授であるアジズS.イナンは、mm-dd-yyyy形式では、回文の日は各千年紀(1000年)の最初の数世紀にのみ発生する傾向があると計算しています。この形式での2千年紀(1001年から2000年)の最後の回文日は、1380年8月31日または08-31-1380でした。

イナン博士によると、mm-dd-yyyy形式では、現在のミレニアム(2001年1月1日から3000年12月31日)の36回文日のうちの最初の日は2001年10月2日(2001年10月2日)でした。そのような最後の日は2290年9月22日(09-22-2290)になります。

21世紀にはmm-dd-yyyy形式で12回の回文日があります。最初のものは2001年10月2日(2001年10月2日)で、最後のものは2090年9月2日(09-02-2090)になります。

dd-mm-yyyy形式では、今世紀には29回文の日があります。最初は2001年2月10日(2001年10月2日)でした。最後は特別な日です–それは飛躍の日です! 2092年2月29日(29-02-2092)は、21世紀の最後の回文の日となります。


サービスと情報

カナダ軍の仕事

利用可能な仕事、あなたの近くのリクルーター、賃金、福利厚生、有給教育

カナダ軍

軍装備品、歴史、作戦、階級、メダル、デモチーム

軍のためのサービスと利点

賃金率、給付金、転職、健康、違法行為、住居、移転

軍事史

過去の戦争と作戦、軍事遺産、記憶

防衛機器の購入とアップグレード

航空機、武器、船、車両、機器の購入とアップグレード

大学およびトレーニング施設

ロイヤルミリタリーカレッジ、カナディアンフォースカレッジ、ミリタリースクール

拠点とインフラストラクチャ

インフラストラクチャプロジェクト、アップグレードとメンテナンス、拠点とサポートユニット


テスト結果:プレビュー

テスト結果には、コレステロール値が血液1デシリットルあたりのミリグラム(mg / dL)で表示されます。総コレステロールとHDL(善玉)コレステロールは、心臓発作や脳卒中の生涯または10年のリスクを予測するために医師が使用できる多くの要因の1つです。医師は、年齢、家族歴、喫煙状況、糖尿病、高血圧などの他の危険因子も考慮します。

脂質プロファイルまたは脂質パネルは、HDL(善玉)コレステロール、LDL(悪玉)コレステロール、トリグリセリド、および総血中(または血清)コレステロールの結果を提供する血液検査です。

HDL(善玉)コレステロール

HDLコレステロールは&ldquogood&rdquoコレステロールと呼ばれます。健康なHDLコレステロールレベルは心臓発作や脳卒中を防ぐ可能性があります。医師は、HDLやその他のコレステロール値、その他の要因を評価して、心臓発作や脳卒中のリスクを評価します。

血中トリグリセリドが高い人は通常、HDLレベルも低くなります。遺伝的要因、2型糖尿病、喫煙、太りすぎ、座りがちな生活はすべてHDLコレステロールを低下させる可能性があります。女性は男性よりもHDLコレステロールのレベルが高い傾向がありますが、これは閉経後に変化する可能性があります。

LDL(悪玉)コレステロール

LDLは悪玉コレステロールであるため、LDLレベルが低いと心臓の健康に良いと考えられます。

LDLレベルは、心血管リスクを評価する際に考慮すべき多くの要因の1つです。 LDLコレステロール値や心血管の健康に影響を与えるその他の要因について医師に相談してください。

飽和脂肪とトランス脂肪が多い食事は、LDLコレステロール値を上げる傾向があるため不健康です。

トリグリセリド

トリグリセリドはあなたの体の脂肪の最も一般的なタイプです。それらは食物から来ます、そしてあなたの体もそれらを作ります。

通常のトリグリセリドレベルは、年齢や性別によって異なります。トリグリセリドが高い人は、LDL(悪玉)コレステロール値が高く、HDL(善玉)コレステロール値が低いなど、総コレステロール値が高いことがよくあります。メタボリックシンドロームや糖尿病の人の多くは、トリグリセリドレベルも高くなっています。

トリグリセリドレベルの上昇に寄与する可能性のある要因:

  • 太りすぎまたは肥満
  • インスリン抵抗性またはメタボリックシンドローム
  • 特に血糖コントロールが不十分な糖尿病
  • アルコール消費量、特に過剰
  • 特に加工食品からの過剰な砂糖摂取
  • 高い飽和脂肪摂取量
  • 甲状腺機能低下症
  • 慢性腎臓病
  • 運動不足
  • 妊娠(特に妊娠後期)
  • 炎症性疾患(関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなど)

いくつかの薬はまたトリグリセリドを増やすかもしれません。

総血中(または血清)コレステロール

テスト結果のこの部分は、さまざまな測定値を組み合わせたものです。総血中コレステロールは、HDLおよびLDLコレステロールレベルに加えて、トリグリセリドレベルの20%を加算して計算されます。

&ldquoNormal範囲&rdquoは、全体的な心血管リスクほど重要ではありません。 HDLおよびLDLコレステロール値と同様に、総血中コレステロール値は、他の既知の危険因子との関連で考慮する必要があります。

あなたの医者はそれに応じて治療アプローチを勧めることができます。

自動再生なしで再生ビデオテキストを再生

アメリカ心臓協会の編集スタッフによって書かれ、科学と医学の顧問によってレビューされました。編集方針とスタッフをご覧ください。


私たちのチームに参加してください–私たちは採用しています。

クアルコムでは、これらが私たち全員にとって未知の時代であることを理解しています。また、友人、家族、そしてお互いとのつながりを維持する上でワイヤレステクノロジーが果たす基本的な役割を今まで以上に理解しています。私たちは、世界中で必要とされる重要なワイヤレステクノロジーの革新をサポートするために採用しています。ぜひご参加ください。私たちは、人々、コミュニティ、ビジネスに力を与えるテクノロジーの力を信じています。

©2021QualcommTechnologies、Inc。および/またはその関連会社。

「クアルコム」への言及は、必要に応じて、クアルコムインコーポレイテッド、またはクアルコムの企業構造内の子会社または事業部門を意味する場合があります。

Qualcomm Incorporatedには、QualcommのライセンスビジネスであるQTLと、その特許ポートフォリオの大部分が含まれています。 QualcommIncorporatedの完全子会社であるQualcommTechnologies、Inc。は、その子会社とともに、実質的にすべてのQualcommのエンジニアリング、研究開発機能、および実質的にすべての製品およびサービス事業を運営しています。このページで参照されているQualcomm製品は、Qualcomm Technologies、Inc。および/またはその子会社の製品です。

プレスリリース、プレゼンテーション、ブログ投稿、ウェブキャストなど、特定の日付の資料は、その後のイベントや開示に取って代わられている可能性があります。

これらの資料には、ここで参照されているコンポーネントまたはデバイスの販売を提案するものはありません。


ADM Laurence ToombsDuBose-軍事タイムライン

1944年9月、連合軍がハルマヘラ島を占領し、ニューギニアキャンペーンを終了しました。マッカーサーは現在、フィリピンからわずか数百マイルのところにありました。彼の回想録の中で、マッカーサーは連合国がニューギニアに勝利したのは、機動性と主要な対立で驚きを達成する能力に起因すると考えています。さらに、彼はまた、征服された地域に軍事知事を配置することを拒否したことで、彼の指揮官が目前の仕事に集中するのに役立ったと主張した。代わりに、彼はその地域が安全であると見なされた直後にオランダとオーストラリアの民事管理者を連れてきました。 「この方法の成功は、関係するさまざまな政府間の摩擦が完全に欠如していることに反映されていた」と彼は述べた。

サイパンへの砲撃は1944年6月13日に始まりました。15隻の戦艦が関与し、165,000発の砲弾が発射されました。現代の7隻の高速戦艦は、410 mm(16インチ)の砲弾を24隻提供しましたが、地雷原の可能性を回避するために、10,000ヤード(9,100 m)以上の距離から火があり、乗組員は海岸爆撃の経験がありませんでした。翌日、ジェシーB.オルデンドルフ提督の指揮する8隻の古い戦艦と11隻の巡洋艦が高速戦艦に取って代わりましたが、時間と弾薬が不足していました。

上陸[4]は1944年6月15日の07:00に始まりました。300以上のLVTが09:00頃までにサイパンの西海岸に8,000人の海兵隊を上陸させました。 11隻の火力支援船が海上着陸をカバーしました。海軍はテネシーとカリフォルニアの戦艦で構成されていました。巡洋艦はバーミンガムとインディアナポリスでした。駆逐艦は、ノーマンスコット、モンセン、コーラハン、ハルゼーパウエル、ベイリー、ロビンソン、アルバートWグラントでした。日本の大砲の準備と範囲を示す旗をラグーンに配置することで、約20両の水陸両用戦車を破壊することができ、日本は有刺鉄線、大砲、機関銃の据え付け、塹壕を戦略的に配置してアメリカ人の犠牲者を最大化しました。しかし、日暮れまでに、第2海兵師団と第4海兵師団には、幅約6マイル(10 km)、深さ0.5マイル(1 km)の海岸堡がありました。日本人は夜に反撃したが、大きな損失で撃退された。 6月16日、米陸軍の第27歩兵師団の部隊が着陸し、&Arings Lito(現在はサイパン国際空港のある場所)の飛行場に前進しました。再び日本人は夜に反撃した。 6月18日、斉藤は飛行場を放棄した。

侵攻は、さらに南への攻撃を期待していた日本の最高司令部を驚かせた。日本海軍の最高司令官である豊田副武提督は、サイパン周辺の米海軍を攻撃するためにA-Go軍を使用する機会を見ました。 6月15日、彼は攻撃を命じました。しかし、結果として生じたフィリピン海の戦いは、3隻の空母と数百機の飛行機を失った大日本帝国海軍にとって惨事でした。マリアナ諸島の守備隊は、補給や援軍の希望を持っていません。

補給がなければ、サイパンでの戦いは防御側にとって絶望的でしたが、日本人は最後の男まで戦うことを決意しました。齋藤は、サイパン中央部の防御可能な山岳地帯にあるタポチョ山に停泊する列に部隊を編成しました。アメリカ人が戦闘の特徴に付けたニックネーム「ヘル」「ポケット」、「パープルハートリッジ」、「デスバレー」は、戦闘の厳しさを示しています。日本人は火山の風景にある多くの洞窟を利用して、日中は隠れ、夜は出撃することで攻撃者を遅らせました。アメリカ人は、大砲と機関銃に支えられた火炎放射器チームを使用して、洞窟を一掃するための戦術を徐々に開発しました。

第27師団のパフォーマンスに不満を持っていたホーランド・スミス海軍少将がその指揮官であるラルフ・C・スミス陸軍少将を救ったとき、作戦はサービス間の論争によって損なわれた。しかし、ホーランド・スミス将軍は、27日が進む予定の地形を検査していませんでした。本質的に、それは日本の支配下にある丘と崖に囲まれた谷でした。 27日は多くの死傷者を出し、最終的にラルフ・スミス将軍が開発し、彼の救援後に実施された計画の下で、1個大隊がその地域を占領し、他の2個大隊が日本軍に首尾よく隣接した。

7月7日までに、日本人は撤退する場所がありませんでした。齋藤は最終的な自殺バンザイ突撃の計画を立てた。齋藤氏は、島に残っている民間人の運命について、「民間人と軍隊の区別はなくなった。捕らえられるよりも、竹の槍で攻撃に参加するほうがよいでしょう。」夜明けに、12人の男性のグループが先頭に大きな赤い旗を掲げ、残りの健常部隊は約3,000人の男性を前に突進させました。最後の攻撃で。驚くべきことに、彼らの後ろには、包帯を巻いた頭、松葉杖、そしてかろうじて武装した負傷者がいました。日本人はアメリカの最前線を急襲し、陸軍と海兵隊の両方と交戦した。第105歩兵連隊の第1大隊と第2大隊はほぼ破壊され、650人の死傷者を失った。しかし、これら2つの大隊、本部中隊、第105歩兵、および第3大隊、第10海兵連隊の補給部隊の激しい抵抗により、4,300人以上の日本人が殺害されました。 15時間の日本の攻撃中の彼らの行動に対して、第105歩兵の3人の男性が、すべて死後に名誉勲章を授与されました。太平洋戦争で最大の日本のバンザイ突撃に圧倒されるまで、他の多くの人々が日本人と戦った。

7月9日の16:15までに、ターナー提督はサイパンが正式に確保されたと発表しました。齋藤&mdashは、司令官の平久志と伊勢田&mdashと共に洞窟で自殺した。また、戦闘の最後に自殺したのは、南雲忠一副提督であり、真珠湾で日本の空母を率いた海軍司令官と、サイパンに駐屯する日本海軍空軍を指揮するためにサイパンに配属されたミッドウェイでした。

アメリカ海兵隊は内陸に移動します。
日暮れまでに、アメリカ人は約6,600フィート(2,000 m)の深さの海岸堡を確立しました。日本軍の反撃は、戦闘の最初の数日間、主に夜間に、浸透戦術を使用して行われました。何度か、彼らはアメリカの防衛を突破し、人員と装備を大幅に失って追い返されました。高品尉中尉が7月28日に殺害され、小畑英良中尉が守備隊の指揮を引き継いだ。

戦闘の最初の数日間、アメリカ人にとって供給は非常に困難でした。上陸用舟艇は、ビーチから数百ヤード離れたサンゴ礁よりも近づくことができず、水陸両用車はほとんどありませんでした。しかし、2つの海岸堡は7月25日に合流し、オロテ飛行場とアプラ港は7月30日までに占領されました。

アメリカの海岸堡に対する反撃と激しい戦闘は、日本人を疲弊させた。 8月の初めに、彼らは食料と弾薬を使い果たしていて、ほんの一握りの戦車しか残っていませんでした。小幡はグアム南部から部隊を撤退させ、島の中央部と北部の山岳地帯に立つことを計画していた。しかし、グアム周辺の海と空気をアメリカが支配しているために補給と補強が不可能であるため、彼は避けられない敗北を数日間遅らせることしか望んでいませんでした。

余波
1944年8月10日までに、13,000人の日本人民間人が抑留されたが、最大4,000人が自殺、日本軍による殺害、または戦闘で戦死した。山田欣一中尉が指揮するティニアン南西岬沖のアギガン島の駐屯地は終戦まで持ちこたえ、1945年9月4日に降伏した。ティニアンの最後の駐屯地である村田進は1953年に占領された。
戦いの後、テニアンは太平洋キャンペーンにおけるさらなる連合軍の作戦の重要な基地となった。キャンプは50,000人の軍隊のために建てられました。 1万5000人のシービーが島を戦争で最も忙しい飛行場に変えました。フィリピン、琉球諸島、本土の敵の標的に対する米陸軍空軍B-29スーパーフォートレス爆撃機による攻撃のための6つの7,900フィート(2,400 m)の滑走路がありました。 1945年3月9日東京大空襲と広島と長崎の原子爆弾を含む日本。ノースフィールドは第1飛行場と第3飛行場の上に建設され、1945年2月に運用を開始しました。一方、ウェストフィールドは第2飛行場の上に建設され、1945年3月に運用を開始しました。

日本人は長い間、アメリカがフィリピンを征服すると帝国が半分になり、南部の主要な燃料源が孤立することを認識していた。したがって、彼らは、利用可能なほぼすべての海軍ユニットを使用して、フィリピンでの戦争の「決定的な戦い」と戦うことを決定しました。小沢治三郎提督の主力は、新しい海軍航空隊が訓練していた日本から出航し、北からアメリカ艦隊に接近することでした。計画の最終版では、彼の役割は強力なアメリカ第3艦隊を侵攻艦隊から引き離し、西から接近する他の日本軍による攻撃に対して脆弱なままにすることでした。

小沢提督は、4隻の空母、一部の航空機を搭載するように改造された2隻の戦艦、3隻の巡洋艦、8隻の駆逐艦で戦闘を開始しました。 4つのキャリアは混合バッグのようなものでした。それらの最高のものは、真珠湾攻撃のベテランであり、戦争の最高の日本の空母の1人である瑞鶴でした。他の3つはそれほど印象的ではありませんでした。瑞鳳は1940年に潜水艦支援船を改造して製造された軽空母でした。千歳と千代田は水上機母艦を改造して製造された姉妹船でした。改宗の作業はミッドウェー海戦の余波で始まり、1943年後半から1944年初頭に就役しました。

2隻の戦艦は、どちらも第一次世界大戦のヴィンテージである伊勢と日向でした。ミッドウェイの後、後部砲塔が取り外され、短い飛行甲板が取り付けられました。どちらの船もレイテ湾で航空機を運んでいませんでした。

ハルシーの第3艦隊には、15隻の正規空母、7隻の近代的な高速戦艦、21隻の巡洋艦、58隻の駆逐艦が含まれていました。彼の命令は、レイテ湾に上陸する艦隊を保護するだけでなく、日本艦隊を打ち負かして破壊する機会を探すことでした。

10月24日、アメリカ軍は日本艦隊の到着をすべて検出しました(ただし、小沢の空母はその日のかなり遅い時間まで発見されませんでした)。ハルシーは、最も強力な水上艦隊である栗田提督のIストライキングフォースに対して一連の空爆を開始しました。これには、世界で最も強力な2隻の戦艦である武蔵と大和が含まれていましたが、日中、武蔵は繰り返しの空襲によって沈没しました。栗田は、狭いサンベルナルディノ海峡を通過する際に、さらなる攻撃を避けるために一時的に引き返しました。これは、栗田が彼よりも多くの被害を受けたという信念と相まって、日本の戦艦はもはや深刻な脅威ではなく、キンカイド提督の第7艦隊の古い戦艦と護衛空母によって対処できるとハルシーに確信させました。対照的に、4隻の日本の空母は侵攻艦隊に潜在的に非常に深刻な脅威をもたらしたため、20.00にハルシーは艦隊全体を北に移動するように命じました。

この時点で、アメリカのコマンド構造は崩壊しました。ハルシーはリー提督の下に新しい機動部隊34を創設した。 4隻の戦艦と多数の巡洋艦からなるこの部隊は、クリタがサンベルナルディノ海峡を通過した場合に交戦するために使用される可能性があります。ハルシーはこれが起こるとは思っていなかったので、リーの船は彼と一緒に北に運ばれた。残念ながら、キンカイドはこのメッセージを聞いて、タスクフォース34がクリタを見るために取り残されていると思い込んだ。したがって、キンカイドは、スリガオ海峡に向かう西村の艦隊に対処するために、6隻の古い戦艦を南に自由に移動させることができました。この仮定をしたのはキンカイドだけではありませんでした。ハワイに戻ったニミッツ提督も、タスクフォース34がサンベルナルディノ海峡を監視していると信じていました。

午前2時、ミッチャー提督の偵察計画は日本の空母を発見します。一連の空爆の最初は午前8時頃に入った。残った数機の日本の航空機はすぐに破壊され、この最初の攻撃で軽空母の千歳が沈没し、空母瑞鶴が魚雷に襲われました。 2回目の攻撃は反対されず、千代田はひどい被害を受けました。ほぼ同時に、HalseyはKinkaidから緊急の助けを求める一連のメッセージの最初のものを受け取りました。栗田の強力な戦艦は確かにサンベルナルディノ海峡から出現し、南に向きを変えてレイテガルクに向かった。代わりに、彼らはキンカイドの護衛空母6隻に遭遇し、必死の戦闘が始まりました(サマール沖海戦)。次の2時間で、Kinkaidはさらに2つの緊急性の高い支援要求を送信しましたが、Halseyは出費を拒否しました。彼は最も危険な日本艦隊を扱っていたので、キンカイドは自分で対処しなければなりませんでした(2番目と3番目のメッセージが到着するまでにハルシーに公平を期すために、クリタは護衛空母との戦闘から撤退しましたが、それでも大規模でした)。

午前10時ごろ、ハルシーはニミッツからメッセージを受け取りました。「タスクフォース34はどこにありますか?」残念ながら、セキュリティを強化するために追加された一部のパディングが最終メッセージに誤って残されていたため、Halseyは「タスクフォース34rr世界の七不思議はどこにあるのか」を読みました。ハルシーは激怒したが、キンカイドを助けようと、ついに彼の3つのキャリアタスクグループの1つを南に送った。

残りの空母は午後1時10分に日本の空母に3度目の攻撃を開始しました。今回は瑞鶴と瑞鶴の両方が火事になりました。瑞鶴はなんとか進み続けたが、瑞鶴は運命にあり、2.07で沈没した。 4回目で最後のアメリカのストライキは瑞鳳を終えた。最後の日本の空母、千代田はすでに水中で死んでいて、後で沈んだ。改造された2隻の戦艦はなんとか脱出できましたが、日本の空母部隊は排除されていました。さらに南のキンカイドの空母は彼ら自身の努力によって完全な破壊を免れ、栗田はサンベルナルディノ海峡を通って後退した。

ハルシーの戦闘の実施については、依然として議論の余地があります。その後、彼は次のように書いています。その瞬間、小沢は私の16インチ砲の銃口からちょうど42マイル離れていました。 &hellip士官候補生としての日々から夢見ていた機会に背を向けました。これは、Halseyが大規模な銃撃戦に参加する可能性に非常に集中していたため、南への危険を無視したことを示唆しています。

1944年10月23日から26日まで、フィリピンのレイテ島、サマール島、ルソン島の近くの海域で、米軍とオーストラリア軍の合同軍と大日本帝国海軍の間で戦われました。 On 20 October, United States troops invaded the island of Leyte as part of a strategy aimed at isolating Japan from the countries it had occupied in Southeast Asia, and in particular depriving its forces and industry of vital oil supplies. The Imperial Japanese Navy (IJN) mobilized nearly all of its remaining major naval vessels in an attempt to defeat the Allied invasion, but was repulsed by the US Navy's 3rd and 7th Fleets. The IJN failed to achieve its objective, suffered very heavy losses, and never afterwards sailed to battle in comparable force. The majority of its surviving heavy ships, deprived of fuel, remained in their bases for the rest of the Pacific War.

The Battle of Leyte Gulf consisted of four separate engagements between the opposing forces: the Battle of the Sibuyan Sea, the Battle of Surigao Strait, the Battle of Cape Engaño and the Battle off Samar, as well as other actions.


USS LANSDALE ( DD-101 )

Nachdem Philip Van Horne Lansdale am 18. Juni 1879 seinen Abschluss an der Naval Academy bestanden hatte, diente er als Midshipman und später ab dem 1. Juni 1881 als Ensign an unterschiedlichen Stationen des Nordatlantik, Mittelmeeres, im Pazifik und im asiatischen Raum. Zum Lieutenant beförderte man ihn am 15. Mai 1893. Als Exekutive Officer begab er sich am 9. Juli 1898 an Bord des wieder in den Dienst der US Navy gestellten Geschützten Kreuzers USS PHILADELPHIA ( C-4 ). Dieser Kreuzer war das Flaggschiff des Pacific Squadrons. Nachdem der Zweite Samoa Bürgerkrieg 1898 ausgebrochen war, fuhr die USS PHILADEPHIA im März 1899 in den Hafen von Apia, Samoa ein. Unter der Leitung von Lieutenant Lansdale gingen amerikanische Seeleute von dem Kreuzer an Land um mit britischen und Einheimischen Streitkräften den Frieden wieder herzustellen. Doch am 1. April eskalierte die Situation. In der Nähe von dem Dorf Vailele kam es zu einer Schießerei. Lieutenant Lansdale wurde schwer verletzt, sein rechtes Bein wurde durch eine feindliche Kugel zerschmettert, als ein tödlich verwundeter amerikanischer Kanonier von der Insel evakuiert werden sollte. Unter Aufbietung aller Kräfte verteidigten sich die Reste seiner Einheit. Doch am Ende wurden alle getötet. Neben Lieutenant Philip Van Horne Lansdale starben an diesem Tage noch Ensign John R. Monaghan ( 26. März 1873 – 1. April 1899 ), Seemann Norman Eckley Edsall ( 3. Juni 1873 – 1. April 1899 ) sowie ein weiterer unbekannter Seemann.

Drei Schiffe wurden von der US Navy zu Ehren von Lieutenant Lansdale benannt.
Das erste Schiff war der Zerstörer USS LANSDALE ( DD-101 ) aus der WICKES – Klasse.
Das zweite Schiff war der Zerstörer USS LANSDALE ( DD-426 ) aus der BENSON – Klasse.
Das dritte Schiff war der Zerstörer USS LANSDALE ( DD-766 ) aus der GEARING – Klasse.

USS LANSDALE ( DD-101 )

Schiffsbiografie

Die USS LANSDALE ( DD-101 ) ist das erste Schiff bei der US Navy das zu Ehren von Lieutenant Philip Van Horne Lansdale benannt worden ist.
Der Zerstörer ist das siebenundzwanzigste Schiff aus der WICKES – Klasse.
Auf der Fore River Shipbuilding Corporation in Quincy, Massachusetts wurde am 20. April 1918 der Kiel des Schiffes gelegt. Mrs. Ethel Shipley Lansdale ( ? – 5. Februar 1962 ), Witwe von Lieutenant Phili Van Horne Lansdale, taufte am 21. Juli 1918 den Zerstörer vor dessen Stapellauf. Commender C. W. Margruder stellte am 26. Oktober 1918 das unter seinem Kommando stehende Schiff in den Dienst der US Navy.
Gleich nach der Indienststellung des Zerstörers, versetzte man ihn in die Cruiser and Transport Force das in Norfolk, Virginia ankerte. Dort legte die USS LANSDALE am 4. November an und blieb bis zur vollständigen Endausrüstung die am 7. November abgeschlossen war. Mit den Schiffen dieser Force, die die Eskorte für einen Konvoi nach Europa bildeten, legte die USS LANSDALE am 12. November ab. Die Fahrt führte die Schiffe über die Azoren bis nach Gibraltar, wo sie am 26. November anlegten. Der Zerstörer selber begann nach dem erreichen des Mittelmeeres mit drei Patrouillenfahrten bis Anfang Januar 1919. Dabei führte es das Schiff bis nach Tangier, Marokko und Algier, Algerien. Vom 4. bis zum 13. Januar war die USS LANSDALE nach Venedig, Italien unterwegs wo man den Zerstörer in die US Naval Force, die im östlichen Mittelmeerraum operierte, eingliederte. Das Schiff patrouillierte nun entlang der Adriaküste. Hauptsächlich dabei zwischen Venedig und den österreichischen Häfen. So besuchte der Zerstörer auf seiner letzten Patrouillenfahrt am 10. Juni die Hafenstadt Split. Von dort aus fuhr die USS LANSDALE über Gibraltar und den Azoren wieder zurück an die Ostküste der USA. Dort legte das Schiff am 22. Juni im Hafen von New York an.
Im folgenden Jahr operierte die USS LANSDALE entlang der Ostküste innerhalb der Destroyer Force der Atlantkflotte. Im Hafen von Philadelphia, Pennsylvania legte der Zerstörer am 11. Juni 1920 an und wurde in der dortigen Werft zu einem Zerstörer und Minenleger umgerüstet. Dafür erhielt das Schiff am 17. Juli 1920 die Kennung DM-6. In Philadelphia legte die US LANSDALE am 2. Juni 1921 ab und erreichte am folgenden Tag den Hafen von Newport, Rhode Island. Dort gliederte man das Schiff in die Mine Force der Atlantikflotte ein. Der Zerstörer und Minenleger fuhr am 5. Juli nach Gloucester, Massachusetts und praktizierte von dort aus bis Ende Oktober das Legen von Minen vor den Küsten von New England und Virginia. Nach einer Generalüberholung auf der Boston Navy Yard in Boston, Massachusetts, beteiligte sich die USS LANSDALE vom 4. bis zum 9. Januar 1922 in der Guantanamo Bay an einem Manöver. Dort wurden mit dem Minen Geschwader 1 Minen Übungen und Kriegsspiele in der Karibik durchgeführt. Am 19. April 1922 legte die USS LANSDALE von der Insel Culebra, Puerto Rico ab und fuhr nach Philadelphia. Den dortigen Hafen erreichte das Schiff sechs Tage später. Den Zerstörer und Minenleger stellte man dort am 25. Juni außer Dienst und hielt ihn für die Reserveflotte vor.
CDR Frank Robert Berg stellte den Zerstörer und Minenleger am 1. Mai 1930 in Philadelphia in den Dienst der US Navy. Man verlegte das Schiff nach Yorktown wo es am 17. Mai in das Minengeschwader 1 integriert wurde. Mit diesem Geschwader wurden entlang der Ostküste mehrere taktische Übungen durchgeführt. Am 30. September legte die USS LANSDALE im Hafen von New London, Connecticut an wo es für U-Boote als Zielschiff umgerüstet wurde. Doch schon am 12. November legte der Zerstörer und Minenleger wieder ab und fuhr zuerst nach Boston und gleich darauf nach Philadelphia wo er am 22. Dezember anlegte. In Philadelphia blieb das Schiff bis es am 24. März 1931 außer Dienst gestellt wurde. Durch den Londoner Vertrag zur Begrenzung und Reduzierung der Flottenrüstungen wurde die USS LANSDALE am 28. Dezember 1936 zur Verschrottung freigegeben. Den Namen des Schiffes strich man am 25. Januar 1937 von der US Navy – Liste und am 16. März 1939 verkaufte man den Schiffskörper zur Verschrottung an die Union Shipbuilding Company in Baltimore, Maryland.

USS LANSDALE ( DD-101 )
Commanding Officer

CDR C. W. Margruder 28. Oktober 1918 – ?
CDR Frank Robert Berg 1. Mai 1930 – 24. März 1931


USS LANSDALE ( DM-6 )

USS LANSDALE ( DM-6 )

Philip Van Horne Lansdale
* 15. Februar 1858 in Washington D.C.
† 1. April 1899 in Vailele, Samoa Island
war ein Offizier in der United States Navy

Nachdem Philip Van Horne Lansdale am 18. Juni 1879 seinen Abschluss an der Naval Academy bestanden hatte, diente er als Midshipman und später ab dem 1. Juni 1881 als Ensign an unterschiedlichen Stationen des Nordatlantik, Mittelmeeres, im Pazifik und im asiatischen Raum. Zum Lieutenant beförderte man ihn am 15. Mai 1893. Als Exekutive Officer begab er sich am 9. Juli 1898 an Bord des wieder in den Dienst der US Navy gestellten Geschützten Kreuzers USS PHILADELPHIA ( C-4 ). Dieser Kreuzer war das Flaggschiff des Pacific Squadrons. Nachdem der Zweite Samoa Bürgerkrieg 1898 ausgebrochen war, fuhr die USS PHILADEPHIA im März 1899 in den Hafen von Apia, Samoa ein. Unter der Leitung von Lieutenant Lansdale gingen amerikanische Seeleute von dem Kreuzer an Land um mit britischen und Einheimischen Streitkräften den Frieden wieder herzustellen. Doch am 1. April eskalierte die Situation. In der Nähe von dem Dorf Vailele kam es zu einer Schießerei. Lieutenant Lansdale wurde schwer verletzt, sein rechtes Bein wurde durch eine feindliche Kugel zerschmettert, als ein tödlich verwundeter amerikanischer Kanonier von der Insel evakuiert werden sollte. Unter Aufbietung aller Kräfte verteidigten sich die Reste seiner Einheit. Doch am Ende wurden alle getötet. Neben Lieutenant Philip Van Horne Lansdale starben an diesem Tage noch Ensign John R. Monaghan ( 26. März 1873 – 1. April 1899 ), Seemann Norman Eckley Edsall ( 3. Juni 1873 – 1. April 1899 ) sowie ein weiterer unbekannter Seemann.

Drei Schiffe wurden von der US Navy zu Ehren von Lieutenant Lansdale benannt.
Das erste Schiff war der Zerstörer USS LANSDALE ( DD-101 ) aus der WICKES – Klasse.
Das zweite Schiff war der Zerstörer USS LANSDALE ( DD-426 ) aus der BENSON – Klasse.
Das dritte Schiff war der Zerstörer USS LANSDALE ( DD-766 ) aus der GEARING – Klasse.

USS LANSDALE ( DM-6 )

Schiffsbiografie

Die USS LANSDALE ( DM-6 ) wurde zuerst als Zerstörer mit der Kennung DD-101 gebaut und ist das erste Schiff bei der US Navy das zu Ehren von Lieutenant Philip Van Horne Lansdale benannt wurde.
Der Zerstörer ist das siebenundzwanzigste Schiff aus der WICKES – Klasse.
Auf der Fore River Shipbuilding Corporation in Quincy, Massachusetts wurde am 20. April 1918 der Kiel des Schiffes gelegt. Mrs. Ethel Shipley Lansdale ( ? – 5. Februar 1962 ), Witwe von Lieutenant Phili Van Horne Lansdale, taufte am 21. Juli 1918 den Zerstörer vor dessen Stapellauf. Commender C. W. Margruder stellte am 26. Oktober 1918 das unter seinem Kommando stehende Schiff in den Dienst der US Navy.
Gleich nach der Indienststellung des Zerstörers, versetzte man ihn in die Cruiser and Transport Force das in Norfolk, Virginia ankerte. Dort legte die USS LANSDALE am 4. November an und blieb bis zur vollständigen Endausrüstung die am 7. November abgeschlossen war. Mit den Schiffen dieser Force, die die Eskorte für einen Konvoi nach Europa bildeten, legte die USS LANSDALE am 12. November ab. Die Fahrt führte die Schiffe über die Azoren bis nach Gibraltar, wo sie am 26. November anlegten. Der Zerstörer selber begann nach dem erreichen des Mittelmeeres mit drei Patrouillenfahrten bis Anfang Januar 1919. Dabei führte es das Schiff bis nach Tangier, Marokko und Algier, Algerien. Vom 4. bis zum 13. Januar war die USS LANSDALE nach Venedig, Italien unterwegs wo man den Zerstörer in die US Naval Force, die im östlichen Mittelmeerraum operierte, eingliederte. Das Schiff patrouillierte nun entlang der Adriaküste. Hauptsächlich dabei zwischen Venedig und den österreichischen Häfen. So besuchte der Zerstörer auf seiner letzten Patrouillenfahrt am 10. Juni die Hafenstadt Split. Von dort aus fuhr die USS LANSDALE über Gibraltar und den Azoren wieder zurück an die Ostküste der USA. Dort legte das Schiff am 22. Juni im Hafen von New York an.
Im folgenden Jahr operierte die USS LANSDALE entlang der Ostküste innerhalb der Destroyer Force der Atlantkflotte. Im Hafen von Philadelphia, Pennsylvania legte der Zerstörer am 11. Juni 1920 an und wurde in der dortigen Werft zu einem Zerstörer und Minenleger umgerüstet. Dafür erhielt das Schiff am 17. Juli 1920 die Kennung DM-6. In Philadelphia legte die US LANSDALE am 2. Juni 1921 ab und erreichte am folgenden Tag den Hafen von Newport, Rhode Island. Dort gliederte man das Schiff in die Mine Force der Atlantikflotte ein. Der Zerstörer und Minenleger fuhr am 5. Juli nach Gloucester, Massachusetts und praktizierte von dort aus bis Ende Oktober das Legen von Minen vor den Küsten von New England und Virginia. Nach einer Generalüberholung auf der Boston Navy Yard in Boston, Massachusetts, beteiligte sich die USS LANSDALE vom 4. bis zum 9. Januar 1922 in der Guantanamo Bay an einem Manöver. Dort wurden mit dem Minen Geschwader 1 Minen Übungen und Kriegsspiele in der Karibik durchgeführt. Am 19. April 1922 legte die USS LANSDALE von der Insel Culebra, Puerto Rico ab und fuhr nach Philadelphia. Den dortigen Hafen erreichte das Schiff sechs Tage später. Den Zerstörer und Minenleger stellte man dort am 25. Juni außer Dienst und hielt ihn für die Reserveflotte vor.
CDR Frank R. Berg stellte den Zerstörer und Minenleger am 1. Mai 1930 in Philadelphia in den Dienst der US Navy. Man verlegte das Schiff nach Yorktown wo es am 17. Mai in das Minengeschwader 1 integriert wurde. Mit diesem Geschwader wurden entlang der Ostküste mehrere taktische Übungen durchgeführt. Am 30. September legte die USS LANSDALE im Hafen von New London, Connecticut an wo es für U-Boote als Zielschiff umgerüstet wurde. Doch schon am 12. November legte der Zerstörer und Minenleger wieder ab und fuhr zuerst nach Boston und gleich darauf nach Philadelphia wo er am 22. Dezember anlegte. In Philadelphia blieb das Schiff bis es am 24. März 1931 außer Dienst gestellt wurde. Durch den Londoner Vertrag zur Begrenzung und Reduzierung der Flottenrüstungen wurde die USS LANSDALE am 28. Dezember 1936 zur Verschrottung freigegeben. Den Namen des Schiffes strich man am 25. Januar 1937 von der US Navy – Liste und am 16. März 1939 verkaufte man den Schiffskörper zur Verschrottung an die Union Shipbuilding Company in Baltimore, Maryland.

USS LANSDALE ( DD-101 )
Commanding Officer

CDR C. W. Margruder 28. Oktober 1918 – ?
CDR Frank Robert Berg 1. Mai 1930 – 24. März 1931


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos