新しい

私の唇を読んで

私の唇を読んで



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


私の唇を読む:ニューヨーク大学でのアクトアップオーラルヒストリープロジェクトの調査と4月14日

ビデオの抜粋とディスカッションでは、4月14日木曜日の午後6時30分にニューヨーク大学で開催される「ReadMy Lips:Research and the ACT UP OralHistoryProject」というタイトルのプレゼンテーションに焦点を当てます。プロジェクトの共同創設者であるサラ・シュルマンとジム・ハバードをフィーチャーしたこのイベントは、無料で一般に公開されており、ワシントンスクエアサウス70番地のフェイルズコレクション(3階)にあるニューヨーク大学ボブスト図書館で開催されます。詳細については、212.998.2596までお電話ください。

ACT UPオーラルヒストリープロジェクトは、ニューヨークのエイズ連合の生き残ったメンバーへのインタビューを集めたものです。ハバードとシュルマンがコーディネートしたこのプロジェクトには、ジェームズウェンツィ(ニューヨーク)とS.レオチェン(西海岸)によるカメラワークが含まれています。

プロジェクトは、ACT UP /ニューヨークを構成する人々の包括的で、複雑で、人間的で、集合的で、個々の肖像画を提示することを目指しています。すべての人種と階級のこれらの男性と女性は、同性愛、セクシュアリティ、病気、ヘルスケア、公民権、芸術、メディア、そして患者の権利についての定着した文化的考えを変えました。彼らは、医学的および科学的研究、保険、法律、および医療提供において具体的な変化を達成し、政治的組織化のための新しく効果的な方法を導入しました。インタビューは、何が彼らを行動に駆り立てたのか、そして彼らがどのように複雑な努力を組織したのかを明らかにします。

ACT UP Oral History Projectは、エイズやクィアの歴史だけでなく、文学、栄養、ホリスティック医学、芸術、移民などのさまざまな分野の研究のためのデータの宝庫を提供する、豊富なWebベースのデジタルアーカイブです。免疫学。

インタビューの未編集のテープは、サンフランシスコ公立図書館とニューヨーク公立図書館で見ることができます。


ブッシュ大統領の唇を読む

ジョージH.W.ブッシュはおそらく彼の人生で千のスピーチをしました。しかし、今週、政界が彼の死を悼む中、私たちの多くは、1回の演説のうち1文だけを覚えています。あなたは私が何を意味するかを正確に知っています-1988年の共和党大会でのブッシュの受け入れ演説からの6つの言葉。

「そして私は増税しない人です…。私の対戦相手は増税を除外しません。でも私はする。そして議会は私に増税を迫るでしょう、そして私はノーと言います、そして彼らはプッシュします、そして私はノーと言います、そして彼らは再びプッシュします、そして私は彼らに言います、「私の唇を読んでください:新しい税金はありません。」

私はその蒸し​​暑い8月の夜にニューオーリンズスーパードームにいました。ブッシュが58分のスピーチの約3分の2でこれらの6つの言葉を言うのを聞いた。

思い出に残る3つのフレーズ

これらのスピーチは、ほとんどの場合、忘れられがちなやることリストです。そしてこれも例外ではありませんでした。それが3つの記憶に残るフレーズを含んでいたことを除いて。アメリカ人の性格とコミュニティの重要性について、「千の光」と「より親切で優しい国」という2つの強力なアイデアが表明されました。それらは当時広く嘲笑されていましたが、今日では重要な試金石のようです。彼らは、私たちが困難な時期に互いに助け合うというブッシュのアメリカのビジョンを完全に説明しました。

もちろん、3つ目は「私の唇を読んでください:新しい税金はありません」でした。それは当時、政治的天才の行為と見なされ、それ以来広く嘲笑されてきました。

の経済記者として ビジネス週、私はプレスの列に座って、ブッシュの言葉を聞いた、そして2つの考えがすぐに頭に浮かんだ。一つ目は「私の話があります」でした。 2つ目は、「ブッシュが勝った場合、彼はこれを後悔するでしょう。彼はおそらくこの約束を守ることはできません。」

懐疑論を和らげる

ペギー・ヌーナンとクレイグ・スミスによって書かれたラインについて、ブッシュのスタッフの中で巨大な舞台裏の戦いがあったことが判明しました。しかし、それはスピーチに残り、短期的には魅力のように機能しました。

それは、ブッシュが彼らの英雄ロナルド・レーガン(ちなみに、何度も増税した)の副大統領を8年間務めたにもかかわらず、彼を本当に信頼したことのない反税共和党員の懐疑論を和らげるために必要な見出しでした。 。結局のところ、1980年の共和党大統領指名に立候補したのは、レーガンの減税議題を「ブードゥー経済学」と記憶に残るように述べたのはブッシュだった。

そして、「新しい税金がない」ことは間違いなくブッシュが1988年に大統領に選出されるのを助けました。税金はそのレースで最大の問題ではありませんでした-強い経済と外交政策はもっと重要でした-ブッシュの明白な誓いは彼の民主党の慎重なヘッジとの強力な対照でした挑戦者マイケル・デュカキス。共和党員と多くの無所属議員はそれを愛していました。

ウィグルルームなし

もちろん、問題は、ブッシュが自分自身に小刻みに動く余地を与えなかったことでした。経済は減速し、財政赤字は悪化した。同時に、議会は、グラム・ラドマン・ホリングス均衡予算法と、議会が赤字目標を達成しなかった場合に、メディケアや社会保障などの人気のあるプログラムを含め、自動支出削減を要求する後継法を課しました。

議員たちは最終的に、グラム・ラドマンの制約を無視できることを学びました。しかし、1990年にはそうではありませんでした。財政赤字の削減が政策の最優先事項になりました。ブッシュ政権と議会の民主党指導部との間の交渉は何ヶ月も続いた。

そして、ブッシュが彼の受諾演説でした予測-議会を支配した民主党員が彼を何度も何度も増税するように押すだろう-は先見の明があった。しかし、彼は彼の最終的な反応について間違っていました。

「税収が増える」

6月26日、ブッシュは降伏し、民主党員に彼らが最も望んでいたことを1つ与えました。ホワイトハウスの声明の中で、彼は次のように述べています。「赤字問題の規模と制定可能なパッケージの必要性の両方が、資格と義務的なプログラム改革、税収の増加、成長のすべてを必要とすることは私には明らかです。インセンティブ、裁量的支出の削減、国防費の秩序ある削減、および予算プロセスの改革。」

重要なのは「税収の増加」という言葉だけでした。見出しは壊滅的なものでした。 ニューヨークポスト:「私の唇を読んで…私は嘘をついた!」ブッシュ自身は彼の選択の結果をよく知っていた。彼は日記の中で、それが国にとって正しい選択であると思っていたにもかかわらず、彼が支払う政治的価格を認めました。

結局、1990年のオムニバス予算調整法は、最高個人所得税率、個人代替ミニマム税率、給与税など、多くの税金を引き上げました(ただし、勤労所得税額控除も拡大しました)。

オブジェクトレッスン…またはそうではない

挑戦者のパット・ブキャナンは、1992年の共和党予備選挙全体で税金をめちゃくちゃにしたことでブッシュを引き裂いた。ブッシュは最終的に、そして繰り返し、謝罪した。その後、民主党の候補者であるビル・クリントンがブッシュを嘘で攻撃し、もちろん選挙に勝ち、ブッシュを一期大統領にした。

しかし、それで話は終わりではありませんでした。それ以来、反税共和党員はブッシュの経験をGOP政治家のためのオブジェクトレッスンにした:増税はあなたの政治的キャリアを破壊するだろう。それに応じて、あらゆるレベルの何千人もの候補者が独自の非課税の公約を取り、財政政策は完全に行き詰まっている。

それは正しい教訓でしたか? 1990年の増税に合意してもブッシュは敗北しなかったというケースも考えられる。むしろ、経済の低迷と相まって、約束を破る行為が彼の敗北につながった。


シンシアジョンソン/タイムライフピクチャーズ/ゲッティ

「私の唇を読んでください:新しい税金はありません。」

その誓約は、1988年の共和党全国大会での彼の党の指名のためにスピーチライターのペギー・ヌーナンによって書かれたブッシュの受け入れ演説の目玉でした。それは強く、決定的で、大胆な声明でした、そしてあなたはこれがどこに向かっているのかを見るために歴史の学位を必要としません。大統領が時々しなければならないように、ブッシュは増税した。彼の言葉は、1992年の大統領選挙での壊滅的な攻撃広告で、当時のアーカンソー州知事ビル・クリントンによって彼に対して使用されました。


コンテンツ

2013年3月、Ciaraのリードシングルとして「BodyParty」がリリースされた。

「BodyParty」の成功後、「I'm Out」という曲がラジオ局にリリースされ、中程度の成功を収めました。

2013年8月、Ciaraは「HollywoodLife」とのインタビューで、「Where You Go」(ボーイフレンドのFutureをフィーチャー)が米国でのアルバムの3番目の公式シングルとなり、「Overdose」が次のシングルになると発表しました。インターナショナルシングル。

2013年9月、シアラはインタビューとツイッターで「Read My Lips」がアルバムのニューシングルになることを確認したが、同月に「Overdose」のカバーがリリースされ、曲が発表された。 2013年10月14日にラジオをヒットするように設定されます。

11月現在、「Read My Lips」はシングルとしてリリースされていませんが、この曲はiTunesで入手できます。


あなたの購入はC-SPANのサポートに役立ちます

方法については、ここをクリックしてください

C-SPAN.orgは、視聴者が簡単に購入できるように、C-SPANネットワークで紹介されている書籍へのリンクを提供しています。 C-SPANは、購入価格のごく一部を当社のネットワークと共有する小売業者と契約を結んでいます。たとえば、Amazonアソシエイトとして、C-SPANは対象となる購入からお金を稼ぎます。ただし、C-SPANは、このページのリンクを使用して書籍を購入した場合にのみ、この収益を受け取ります。

このプログラムから実現した収益はすべて、C-SPANの運用に資金を提供するために一般勘定に入れられます。

履行、カスタマーサービス、プライバシーポリシー、または書籍の注文に関連する問題に関する質問は、特定の書店のサイトのWebマスターまたは管理者に送信する必要があり、それらの責任はすべてであることに注意してください。


私の唇を読む:偶発的なエイズ活動家の反省

ダグラス・クリンプがエイズ活動の世界に寄り道したのは、ピンクの三角形がきっかけでした。 1987年のドイツ旅行からニューヨークに戻ったとき、彼はこのグラフィックを無視することはできませんでした。このグラフィックは、ボタン、ステッカー、バナー、Tシャツ、ポスターのいたるところにありました。 70年代初頭からの美術評論家である彼は、そのシンプルで印象的なデザインと、黒い背景に対して太字の白いGillSansフォントでSILENCE = DEATHをレンダリングするという選択を賞賛しました。突然新たな流行に巻き込まれた同性愛者として、彼もそのメッセージに感動しました。

その夏、彼はACTUPと呼ばれる新しいエイズ活動家グループに加わった。 「それは私にとっての教訓でした」と、文化ジャーナルの編集者として13年間の任期の真っ只中にいたクリンプは言います。 10月。 「本当に、本当に、スマートで、本当にパンチの効いたグラフィック画像は、問題を取り巻くコミュニティを魅了し、形成する可能性があります。」

下のギャラリーで、クリンプと彼の仲間のデモ参加者がエイズに対する国民の支持を得て、ニューヨーク証券取引所を止め、80年代後半にFDAを押収するために使用した他の強力な抗議道具を見てください。次に、次のQ&ampAで、ACT UPの興亡と、HIV / AIDSの永続的な問題について、この芸術と文化の学者からの痛烈な反省を聞いてください。

どのようにしてエイズ活動に参加しましたか?

私は同性愛者で、病気になった友人がたくさんいたので、最初からそれに関係していました。直接影響を受けたその瞬間の他のみんなのように、それは一種の私の人生を引き継いだ。当初、私はこの文化ジャーナルでエイズと芸術についていくつかの記事を書くと思いました。そしてそこからキノコになりました。研究を始めたとき、ACTUPミーティングに行くように言われた人に会いました。これは1987年の夏で、ACTUPはその3月に結成されました。私は会議に行き始めました、そして私はちょうど運動に巻き込まれました。突然、それが私がやっていたことです。私は教えていて、講義をしていて、書いていて、デモンストレーションをしていました。私は完全に関与していました。

たぶん、それはゲームの後半のように思えます-81年(ウイルスが発見されたとき)から87年まで-しかし、ACTUPはこの問題に関する実際の活動の始まりでした。それは力を解き放つエイズ連合の略でした。それは悪い頭字語です。あなたは頭字語がどのように機能するか知っています。彼らはただキャッチーなタイトルを持ちたかっただけです。

個々の言葉は非常に暴力的に聞こえます。

暴力的ではありませんでした。それは特に非暴力的でした。私たちは市民的不服従の訓練を受けました。そういう意味では、ウォール街を占拠するようなものです。それは公民権運動のような非暴力的活動の伝統にあります。しかし、はい、私たちは手に負えませんでした。

私たちの最初のデモンストレーションは、実際のところ、[ニューヨーク]証券取引所で行われました。私たちは、HIVの最初の薬であるAZTの価格測定に抗議していました。私たちは交換をシャットダウンしました-そのデモンストレーションではなく、後で人々をフロアに連れて行ったデモンストレーションで。私たちはかなり手に負えないことをしました。たとえば、私たちは食品医薬品局を占領して、医薬品承認のプロセスをスピードアップするように努めました。そして、私たちは本当に物事を変えました。私は、NIHの科学者と協力して作業することで、世界中の多くの人々の命を救っている抗レトロウイルスカクテルが同じくらい早く開発されたという大きな功績が認められると確信しています。そのまま。考えてみれば、1981年に世界に新しいウイルスが存在したという認識から、その致命的なウイルスを阻止する抗レトロウイルスの組み合わせを実際に開発した1995年まで、それは医薬品開発の短い時間です。そして、それを実現するために私たちが負わせた多くのプレッシャーがありました。それがACTUPの大きな成果のひとつだと思います。

当時、なぜエイズ活動がそれほど必要だったのでしょうか。

ロナルド・レーガンは1980年に大統領に就任しました。この病気は1981年に認識されました。1987年までに、彼はエイズという言葉を話していませんでした。彼は拒否しました。エイズに対処する際に最初に学ぶことは、医学的問題と社会的問題が完全に絡み合っているということです。それがエイズが危機になった理由です。レーガンがその言葉を話せなかったのはそのためです。彼はそれを医学的な問題として扱っていませんでした。彼はそれを社会的、宗教的問題として扱った。彼はそれに対して恐怖症の反応を示しました。コッホはニューヨーク市長でもありました。彼は多くの人からクローゼットの同性愛者であると考えられており、少なくとも私たちの観点からは、エイズと闘うためにほとんど何もしませんでした。政治的には非常に厳しい時期でした。

壊滅的な時期でした。 ニューヨークタイムズ 死亡記事は、エイズで亡くなっている有名人で毎日いっぱいでした。信じられないほどの恐怖がありました。 1980年代半ばのテレビ報道を見ると、もちろん、今、テレビ報道はヒステリーを刺激する新たな高みに達しています。その報道の多くの非合理性とヒステリックなピッチの種類は驚くべきものでした。

レトリックには、私たち対彼ら、ゲイ対ストレートのこの感覚がありました。 「エイズにかかっているひどい人たちがいて、実際に私たちに感染するかもしれません。エイズにかかっていない人たちです。」 HIVが最初に認識された人々のさまざまなスケープゴートグループがありました。それはハイチ人と輸血を受けた人々を含む人々の非常に奇妙な混合物でした。

若い人たちはあなたの周りで目に見えて病気になり死にかけていました、そして彼らが受けていた病気はカポジ肉腫(皮膚病変として現れる一種の癌)のように人々がもう受けなかったひどいものでした。人々は無駄になっていた。バフゲイの男たちは、何ヶ月にもわたって突然、死にかけている老人のように見えました。あなたはそれらの画像を見るでしょう、そしてそれらは同情を求めるのではなく、恐れを求めるために示されました。あなたが敏感であるか病気であるか、病気である友人がいたならば、あなたは信じられないほどスケープゴートと非難されたと感じました。ゲイ男性のいわゆるライフスタイル、過度の乱交について、ある種の信じられないほどのヒステリーがありました。私は何度も続けることができました。それはネガティブなものの膨大な範囲であり、それについての責任ある報道はほとんどありませんでした。

実際、最初はそれについての報道はありませんでした。それがもう一つの問題でした。 ニューヨークタイムズ エイズをカバーしていませんでした。それは、エイズを最も長い間表紙に載せることは決してありませんでした。まるで私たちがこの危機の真っ只中に住んでいたようでしたが、それは権力者によって危機として認識されていませんでした。そのすべてが、私が参加していたような活動を引き出しました。

ACT UPではどのように機能していましたか?

私たちは非常に洗練された活動家グループでした。これはインターネット以前のメディアでしたが、私たちは言葉を出したり、プレスキットを作ったり、非常に専門的であることは非常に得意でした。非常にパンチの効いたグラフィックを作成することは、そのプロ意識の一部でした。私たちがデモンストレーションをしたとき、あなたはただこのようなものを街中で見るでしょう。そして、私たちはこれらのことをするように委任された人々がいたので、ニュースメディアと話すのがとても上手でした。エイズはすべての人に影響を及ぼしていました。証券取引所に上場して閉鎖できたのは、グループ内に資格を持つ株式ブローカーがいたためです。メディアにもアクセスできる人がいました。プレスキットの組み立て方を知っている広報担当者として訓練を受けた人々がいました。

ACT UPの主要な時期である1987年から1990年の間に、少なくとも週に500人がニューヨークでの会議に出席しました。とても大きなグループでした。 CDCで何千人もの人々をワシントンやアトランタに行かせることができたので、私たちは本当に効果的なデモンストレーションを行いました。そして、それは国中そして世界中に章を生み出しました。

成功したと感じたターニングポイントや時期はありましたか?

私たちの友達が死にかけている限り、ターニングポイントのようなものはありませんでした。死ぬ人々は絶え間なくありました。それから私たちが取ることができる勝利や楽観主義が何であれ、私たちが病気で死にかけている人々に囲まれているという事実によって対抗されました。

しかし、おそらく私たちが最も達成したと感じたのは、FDAに対するデモでした。それは大きな行進でした。私たちはベセスダに行き、FDAを取り囲みました。本当に素晴らしいグラフィック作品がたくさん作られました、そして私たちはそれのためにこれまでにした中で最もプロフェッショナルなプレスキットを作りました。私たちは1年半前から存在していて、この大規模なデモンストレーションのために全国から人々がやって来ました。

ニュースには本当にたくさんの話がありました。基本的にプレスキットの資料を読んでいたNPRの取材を特に覚えています。彼らは完全に私たちの視点をとっていました。それは、当時エイズ薬のために行われていた臨床試験の健康よりも、遅さ、秘密主義、そして利益への関心がすべてでした。

実際、FDAは救命薬と臨床試験を当時とは異なった見方をしていました。それはエイズ治療で起こったことだけでなく、癌やあらゆる種類の治療で起こったことを変えました。科学者たちが私たちの味方だったと思うので、それは彼らの文化をある程度変えました。彼らは本質的に私たちと一緒でした。そして、ACT UP内には、HIVの科学を知っている人々とFDAの科学者がいたので、彼らは信じられないほど自己教育を受けた人々でした。彼らは科学者と話すことができ、科学者は耳を傾けました。

今日のエイズの状態はどうですか?

文化はまだエイズが実際に何であるかを理解していないと思います。まだ問題があると思います。私は直接関わっていないので、以前の専門家ではなくなりました。しかし、例えば、この社会のゲイ男性のHIV感染率は当時からあまり変わっていないことを私は知っています。毎年多くの人が感染しています。

したがって、エイズ教育はまだ効果的ではありません。明らかに、人々は治療法があるのでそれは実際には問題ではないというひどい幻想の下にあるので、今は別の方向に向けられなければなりません。しかし、私はあなたにこれらの種類の薬を服用しなければならない一生はピクニックではないと言うことができます。米国だけでも、豊かな国ですが、もちろん、この国で誰が富を持っているかはわかっていますが、貧しいコミュニティ、特に色のコミュニティでは、依然として感染と死亡の割合が非常に高くなっています。

私たちはゲイのセクシュアリティについてもう少し啓発されていますが、それはゲイのセクシュアリティの新しい見方があるためです。つまり、ゲイの人々は結婚し、落ち着き、子供をもうけ、他の人と同じようになりたいだけです。しかし、匿名のパートナーと多くのセックスをし、HIVを感染させているゲイの男性や他の人々はまだ世界中にたくさんいます。それはまだ問題です。

活動家運動が終わったとき、それは物事が良くなったからではありませんでした。それは、私たちがどれほど悪いことかを認識したからです。たとえば、貧しい人々にとって完全に不十分な医療制度など、自分たちが直面していることに気づいたとき、私たちは燃え尽きました。貧困や医療など、エイズの差し迫った問題を超えて社会の構造に取り組み始めなければならなかったとき、それは私たちにとって大きすぎました。運動内の多くの利害関係者グループは、誰の問題がより重要であるかについて互いに争い始めました。その間、私たちが特定の勝利から得ることができたどんな楽観主義も、私たちを本当に楽観的に保つことはできませんでした。人々はまだ私たちの周りで死にかけていました。 1991年頃、ムーブメントは一種の崩壊を遂げました。それは進み続けました、しかしそれは一緒に動きました。そのような熱意や、この3、4年の数はありませんでした。

1996年にほとんどの人がカクテルを飲む前の90年代初頭には非常に暗い時期がありました。同時に、クリントンは92年に選出されたので、少なくとも同性愛に対する態度を持っている人がいるという感覚がありました。違う。たとえば、Do n't Ask、Do n't Tellを取得したため、結局のところそれほど素晴らしい結果にはなりませんでした。しかし、レーガンと最初のブッシュの年の間に私たちがしなければならなかった方法で、私たちが権力との戦いから撤退することができるかもしれないというこの感覚がありました。

残りの問題は何だと思いますか?

HIVに感染している人の大多数は、自分が感染していることを知らないため、ゲームの手遅れまたは非常に遅くなるまで治療を受けません。予防に関しては、いまだに大きなハードルがあります。たとえば、この国には、禁欲のみのメッセージである共和党のメッセージに投票する人がまだたくさんいます。セクシュアリティに対する態度に逆らい、性とIV薬物使用に関する伝達についての啓発された進歩的なメッセージを出すことは非常に困難です。道徳的な態度は、病気の予防に多大な悪影響を及ぼします。

今ではグローバルであり、中心的な問題はお金だと思います。要約すると、それです。この国や他の多くの場所での医療はまだ営利目的であるため、薬はめちゃくちゃ高価です。それらを買う余裕がない人々は死にます。とても簡単です。薬を開発する人々が株主のために利益を上げなければならない限り、人々は死ぬでしょう。ある意味、それも当初からの問題でした。営利目的の医療制度は、高価な薬を必要とする人々にとって致命的です。

ウォール街を占拠するのと同じ問題です。この郡だけでなく、全世界の富が非常に、非常に、非常に少数の人々の手に集中しているということです。そして、世界の99%以上が非常に貧しく、その多くは医療を受けていません。

何千ものコピーがあれば本当に素晴らしいと思います エイズデモグラフィックス そして今、ウォール街を占拠する人々の手にそれらを置くことができたので、彼らはそこから教訓を得て、それらの上に構築することができました。多くのメッセージが本当に素晴らしいことに気づきましたが、それらは段ボールに走り書きされており、多くの標識はだらしないです。私は彼らが一致する傾向があると思います ニューヨークタイムズウォール街を占拠することを、彼らが何をしているのかわからないヒッピーの群れとして特徴付けたいという願望。そしてもちろん、それは真実ではありません。占領は、その瞬間の歴史の中で大きな出来事だと思います。動き続けると思います。

表示された画像は、ダグラスクリンプのAIDSデモグラフィックスで公開されました。


私の唇を読む:今すぐ$ 2,000

写真:2020年1月4日のジョーバイデンは、1988年に「すぐに」(ゲッティ)ジョージブッシュに2,000ドルの小切手を約束し、アメリカ人に「私の唇を読んでください:新しい税金はありません」と言っています。

このレポートは、David Sirota、Andrew Perez、JuliaRockによって作成されました。

2,000ドルのサバイバルチェックの展開ストーリーは、ある時点での1つの提案の物語のように見えるかもしれませんが、過去75年間のアメリカの政治の多くを説明する重要な変化をほぼ完全に説明する物語です。

20世紀半ばの約50年間、民主党はプログラムによる普遍主義と税の公平性の労働者に固定された手段でした。社会保障、メディケア、公教育などの最も人気のある社会プログラムは、(最終的には)収入に関係なくすべての人に普遍的な利益を提供するように構成されました。公平性は、富裕層へのより高い課税を促進する累進課税政策と同時に支持されました。

しかし、民主党は変化しました。民主党は、最高のテクノクラートとビジネスの新自由主義者に魅了され、髪の毛を裂く精度と企業の忠誠への執着が、税の不平等を大部分受け入れながら、これまで以上に複雑なミーンズテストを崇拝することになりました。

党のこのニューディール後の反復は、途方もなく複雑なルーベゴールドバーグマシンであるプログラムを採用しました-直接援助ではなく、手段でテストされた税額控除や健康保険補助金のような矛盾-政府保証の医療複雑なアルファベットではなく、手段でテストされた健康保険補助金-住宅所有者への直接援助ではなくHAMPのようなスープイニシアチブや、広範な社会的セーフティネットではなくマイクロターゲットの支出プログラム。

民主党の政治家は、ホワイトカラー犯罪者を拘束したり(悪名高くそれを拒否した)、企業の不正行為を取り締まった(彼らもそうしなかった)のではなく、次のような提案から億万長者の産卵を排除しようとしたことで、ポピュリストとして称賛しています。無料の大学。その過程で、国民は自分たちの議題を複雑さ、事務処理、官僚主義のビザンチンの迷路と見なすことを学びました。これは、党の背後にある政治的コンセンサスを弱めた展開です。

一緒になって、民主党員は、ジャーナリストのデイビッド・ダイエンがかつてアメリカ人の自由時間に苦痛な税金と呼んだものを作成するのを助けました。

一方、民主党が税制をますます平坦にする政策にますます同意するにつれて、公平性は存在しなくなり、多くの億万長者が秘書よりも低い実効税率を支払うようになりました。

当然のことながら、民主党がこの普遍主義と公平性からミーンズテストと複雑さへの転換を行ったとき、アメリカはこれまで以上に迷路のようなプログラムの政府への信頼を失いました。同時に、共和党員は、彼ら自身の一見単純な減税を、普遍主義と公正の最も純粋で最良の形として不誠実に描写しました。その結果、民主党の政治的に支配的なニューディール連合は崩壊し、共和党は選挙で繰り返し彼らを砲撃しました。

これはすべて警告の話だったはずです。それでも2021年、この多世代の災害がすべてに多大な浪費をもたらした後、民主党員はドナルド・トランプの壮大な失敗によって権力を取り戻しました。レッスン。

「即時」援助は「動くターゲットのビット」になります

昨年末、バーニー・サンダースと下院の進歩主義者の要請により、民主党員は複雑さに対する傾向から脱却し、2,000ドルの生存小切手を提供するという単純な「私の唇を読む」風の約束を出すことを余儀なくされました。提案自体はテストされた手段でしたが、それでもほぼ普遍的で非常に単純であったため、民主党は長年の共和党の本拠地であるジョージア州の上院議席を2つ獲得するのに役立ちました。

それでも、2,000ドルの小切手提案が非常に人気があるという事実にもかかわらず、党はほぼ即座に元の形に戻り、ゆっくりとしかし確実に、それが認識できなくなり、複雑になり、信じる人々にとっての証拠となるまでアイデアを複雑にしようとしています。民主党員は彼らが約束したことをすることを拒否します。

著名な民主党員(現在のジョー・バイデン大統領から新しい上院多数党首のチャック・シューマーまで)がジョージア上院のレースに勝利し、上院を支配することで、そのようなチェック、党の指導者、隣接するシンクタンクのインフラストラクチャがすぐに生まれると明確に約束してから数週間でそして、彼らが崇拝するエリートメディアは、意見調査で圧倒的な人気があるにもかかわらず、この単純でほぼ普遍的なアイデアでさえも削ぎ落とそうとしました。

まず、バイデンは、2,000ドルの小切手が「すぐに出て行く」と言うことから、単に「合計2,000ドルを受け取る仕事を終える」ことを宣言することまで、慎重に言葉を調整しました。これは、新しい1,400ドルの提案を正当化するために使用されるシフトです。 2,000ドルの小切手の代わりに小切手。

民主党のパルチザンは彼を支持し、600ドルの小切手がトランプの名前で出された後、党が「2,000ドルの小切手」を約束し続けたとしても、2,000ドルの小切手の約束は常に12月に議会によって承認された600ドルの小切手を考慮に入れていると主張した。

ジョー・マンチンDW.Va上院議員は、数週間にわたって、彼の構成員が実際に使用できる新しい生存チェックを保留することを脅かしており、救済はより的を絞るべきであると主張しています。億万長者のマイケル・ブルームバーグとジェフ・ベゾスが採用した編集委員会。

12月に2,000ドルの小切手を支持した中程度のスーザン・コリンズ上院議員は、彼女が賛成票を投じてからわずか数年後に、生存小切手がお金を必要としない一部の人々に行く可能性があることへの懸念を表明しています。裕福な人々に利益をもたらし、法人税率を引き下げるように設計された共和党の税法案。

そのドラムビートの中で、バイデンは回帰を完了しました。彼は、一貫性のない上院議員で話す40年のワシントンの恐竜として、「即時」の2,000ドルの小切手を古い形式に戻すことを約束する率直な運動家から姿を変えました。

月曜日に、バイデンは、かつての単純な提案が「これが進む精度の点で、今や少し動く目標である」と宣言し、次のように付け加えました。正確な正しい方法? XドルまたはYドル以上を稼ぐ人に行くべきですか?」

ビリオネアメディアが民主党の敗北への道を切り開く

ベゾスの新聞が撤退の合理化を支援するために雷鳴を上げ、火曜日に経済紙が乱暴にロードされた見出しでサバイバルチェックをテストすることを主張するという話を発表しました。提案します。」

過去のCOVID刺激法案では、直接支払いの全ラウンドは、最大75,000ドルを稼ぐ個人と、150,000ドルを稼ぐカップルに行きました。ポストストーリーは、個人に50,000ドル、カップルに75,000ドルという新しいしきい値を提示しました。

「75,000ドル以上の収入のカップルと50,000ドル以上のシングルの小切手を送るための値札は、2,000億ドルになりますが、研究者は、このグループがそのお金の150億ドル(約7%)しか費やさない可能性が高いと推定しています。」紙が書いた。

The report was quickly touted by the Wall Street-aligned think tank Third Way, the Beltway’s most reliable megaphone for let-them-eat-cake-ism.

The Post story was based on an analysis by economists at Opportunity Insights, which the newspaper described as “a nonprofit research organization,” rather than a billionaire-funded think tank (indeed, democracy dies in darkness). Yes, a billionaire-owned newspaper is using research from a billionaire-backed think tank to build the case against sending COVID survival checks to individuals earning between $50,000 and $75,000 — on the grounds that they are just too wealthy (this, from the same newspaper whose editorial board still defends giving bailouts to Wall Street bankers).

Further means testing like this would deny the checks to an additional 27 percent of American households, transforming a near-universal proposal into one that in total excludes nearly half of all Americans from the benefits, according to Census data.

Opportunity Insights was launched at Harvard University in 2018 with the backing of Facebook CEO Mark Zuckerberg’s family foundation, which disclosed it would give $15 million to Harvard for the creation of the Opportunity Insights Institute. The organization's website says its partners include the Bill & Melinda Gates Foundation and Bloomberg Philanthropies. Its advisory board features former Barack Obama strategist David Plouffe, who advises Zuckerberg’s philanthropy, and New York Times columnist David Leonhardt.

The Opportunity Insights report analyzed consumer spending data to calculate how much more high-income households — meaning households located in zip codes where the average annual income is above $78,000 per year — spent on consumer goods after the Treasury began sending out stimulus checks. According to the analysis, high-income households will spend about $45 of the $600 checks passed by Congress in December within the first month of receiving them.

The Opportunity Insights analysis concluded: “Based on these results, we estimate that households earning more than $78,000 will spend only $105 of the $1,400 stimulus check they receive — implying that $200 billion of additional government expenditure will lead to only $15 billion of additional spending.”

One of the report’s authors, Brown University economics professor John Friedman, offered the Post the kind of pro-means-test refrain that has defined Democratic politics for a generation.

“Targeting the stimulus payments to lower-income households would both better support the households most in need and provide a large boost to the economy in the short-run,” he said.

It is certainly true that lower-income households need the money more than middle-income households — that data in the report is indisputable. But lots of people are in need right now, and even the Post’s attempt to obscure this effectively inadvertently admits that.

“Data indicates most people who did not need the money right away are saving the stimulus payments or using them to pay off student loan, credit card or mortgage debt,” the story says in its very last line, as if slightly reducing any of those crushing debt burdens is some sort of luxury expenditure and not a “need.”

There are other key points that go unaddressed in the report.

For example: Just because an aid program may have less of a stimulative effect on the macroeconomy, that doesn’t mean millions of people don’t actually need the money in the face of rising costs for food, shelter and medical care. And even from that standpoint, it isn’t clear that giving people money won’t help the economy if they don’t spend it immediately. The Wall Street Journal reported on Tuesday that saved checks are projected to stimulate the economy when COVID vaccines have been widely distributed and people have more opportunities to spend money.

Similarly, if some people can afford to hold onto their survival checks for a minute and save it for the dark days ahead, is that really the worst thing when we are all trying to live through a historic pandemic that’s not going away anytime soon?

The Lesson Of “Read My Lips”

Democratic apologists can argue the data all they want — they can trot out the smartest academics to declare that their means-testing ideas would so carefully slice up the aid with such razor sharp precision that it will liquefy in the pan.

They can dishonestly pretend they can’t just bring stripped down, $2,000 checks legislation to the House and Senate floors and force votes on it to try to shame the GOP into submission.

They can claim the filibuster prevents them from passing it, even though the party has the power to get rid of the filibuster.

They can even indignantly insist that Biden pushing $1,400 checks instead of new, full $2,000 checks isn’t literally a betrayal because yeah, $600 plus $1,400 does equal $2,000. Great — congratulations on intellectually ethering a desperate population with deadpan Vulcan logic. Please clap!

All of these arguments can be backed up with fancy charts, mind-numbing graphs and impenetrable fact sheets that literally nobody outside of Washington will read.

But it all misses the key point: The most exquisitely crafted “well, actually” arguments from Washington know-it-alls, academic experts, smug pundits and emoji-wielding Twitter mobs will not save Democrats from a voter backlash if they fail to deliver on their simple promise — just like George Bush’s technocratic arguments about budgets and taxes didn’t save him from a voter backlash after he issued his simple “read my lips” pledge and then violated it.

Rep. Alexandria Ocasio-Cortez, D-N.Y., seemed to be one of the only people in Congress to understand this political axiom when she responded to Biden’s post-election proposal by declaring: "$2,000 means $2,000. $2,000 does not mean $1,400.″

The political truism is indisputable: Do everything you can to try to deliver what you promised, or expect to pay a political price. That’s an especially relevant maxim for someone like Sen. Raphael Warnock, D-Ga., who was elected on an explicit $2,000 pledge and will be up for reelection in less than two years.

Of course, there is the anti-demagoguery argument insisting that just because a proposal like $2,000 checks is popular in the moment doesn’t mean it worthy of enactment — but that misunderstands longer-term implications for the more-than-justifiable cause of both immediately helping lots of people and rebuilding social cohesion in America.

By definition, the more universal a program, the more people have a stake in a policy. This is the principle that has generated transpartisan support for programs like Social Security, Medicare and public schools. Yes, those programs are available to the top 0.1 percent of income earners who don’t need them — but that is the small price we pay for the rock-solid political consensus that has protected the programs from politicians and ideologues who want to destroy them.

The same principle is at play right now — at a moment when extreme partisan polarization resulted in a violent insurrection at the U.S. Capitol, a little universalism could signal that yes, government leaders can actually deliver on their promises and make simple, straightforward material benefits available to most people in the country, without burying them in paperwork, hassle, red tape and confusion.

This is a principle Biden of all people should understand — while he mostly ran a Seinfeld-ish campaign about nothing, he does genuinely seem to crave unity, and the initiatives that tend to be the most unifying are the ones that are, ya know, universal。 But he’s clearly caught between his stated desire to unify the country and make bold change, and his competing obsession with Washington bipartisanship — and sorry, he can’t have both.

He’s going to have to choose — and the wrong choice will be disastrous.

This newsletter relies on readers pitching in to support it. If you like what you just read and want to help expand this kind of journalism, consider becoming a paid subscriber by clicking this link.


4回答4

This is a history that perhaps should remain unwritten. If you're easily offended, you probably don't want to read it. And so I'll keep it brief. Bush may not appreciate the original source of the popularity of the phrase. which could not help but resonate for the many members of the British and US sub- and counter-cultures listening to him. And laughing.

The exact phrase "read my lips" first appears, in the documentation available to me, in the late 19th century. At that time, it was associated with teaching deaf children. So, this from an 1893 volume titled Summer Meetings: American Association to Promote Teaching of the Deaf is the first instance I could glean from Google Books:

He gave me three girls to teach for a week one of them was born deaf and dumb. I taught them to say some sentences and to read my lips in learning them.

Isolated appearances with reference to teaching the deaf continue through the first six decades of the twentieth century, and beyond, in books, journals and newspapers.

Then comes the boom in popularity, partially sponsored by a counter-culture film called ロッキーホラーピクチャーショー, starring Tim Curry et al. NS ウィキペディア article calls it "the longest-running release in film history". Let's just say it was popular. Very popular among select groups. Lips, in a variety of guises, feature large in the film. For example, a description of the film intro from a transcription:

< chant "Lips. lips. lips. " and cheer when they appear >
< "A long long time ago, in a galaxy far, far away,
God said: 'Let there be lips,' (let's fuck) and there were.
And they were good. and the lips said 'thank you'. Sing!"
or "And on the eighth day God made lips.
And there were lips, and they were good lips,
and they gave good head"
.

When, in 1978, the star of ロッキーホラーピクチャーショー, Tim Curry, released his first solo album (an 'album' was at that time the medium for recorded music), he titled the album Read My Lips。 The title traded heavily on the subtext arising from the artist's having been the star of the film. Its success among the sub- and counter-culture groups that made up the fan base of ロッキーホラーピクチャーショー was guaranteed. It remains a significant release for many fans, as an article at 重要な理由 from September, 2013, testifies:

。 Curry recorded some kickass albums for A&M Records.

Read My Lips was the first of the three, released in 1978 when ロッキーホラー mania was at its peak. I was one of those ロッキーホラー fans, which is why I’m writing this while wearing a corset and garter.

Be all that as it may, which it might or might not, because although William Saffire in a September, 1988 ワシントンポスト article titled "ON LANGUAGE Read My Lips", seems to contradict it by quoting Tim Curry, he also confirms the origin is "rooted in rock music":

Read my lips is rooted in rock music. In 1978, the actor-singer Tim Curry gave that name to an album of songs written by others (though it did not include a song with that title copyrighted in 1957 by Joe Greene).

Reached in Washington, where he is appearing in ''Me and My Girl,'' Mr. Curry recalled that he got the phrase from an Italian-American recording engineer: ''I would say to him, 'We got it that time,' and he would say, 'Read my lips - we didn't.' That phrase arrested me, and I thought it would make an arresting album title. Be a good name for Mick Jagger's autobiography, come to think of it.''

Saffire goes on to complete his clandestine apologetics--a transparent, but apparently successful effort at damage control--for Bush's use by tracing perhaps more direct and less compromising influences. Notice that Saffire chooses to characterize Bush's use as a "stern intensifier", rather than sarcastic:


Read My Lips

Have politicians always been seen as liars? Mark Knights finds political spin at work in the early party politics of Queen Anne’s England.

There is a pervasive perception, undermining public trust in our political system, that today’s politicians lie. Many people feel that we were led to war against Iraq on the basis of a lie. The Hutton enquiry, in part designed to remedy the sense of distrust, only seemed to many to compound the problem, first by revealing further levels of deception and then by appearing to miss the truth that its investigation had revealed. According to the opinion polls, public confidence in the truthfulness of the prime minister plummeted.

Earlier this year the Archbishop of Canterbury even felt moved to suggest that, while we might not want to embrace ‘the melodramatic language of public deception’, it is right that in an era of ‘democraticised knowledge’ that the government’s truth-claims should be ‘tested’. Governments, he added, have a responsibility to pay attention to the truth if they want to retain the obedience of their citizens. He may have a point. In March this year Spanish voters turfed out a government it believed had misled them, for electoral advantage, about the nature of the terrorist outrage in Madrid.

この記事を読み続けるには、オンラインアーカイブへのアクセスを購入する必要があります。

すでにアクセスを購入している場合、または印刷物とアーカイブの購読者である場合は、 ログインしました.


ビデオを見る: おままごと 2歳の洗い屋さんシンク Play House Toys (八月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos