新しい

ワシントンアーヴィングが死ぬ-歴史

ワシントンアーヴィングが死ぬ-歴史



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1859年にアメリカの作家ワシントンアーヴィングが亡くなりました。彼はジョージワシントンの5巻の伝記を書いた。彼は、The Legends of SleepyHollowやRipVanWinkleなどの物語で最もよく知られています。

ワシントンアーヴィング

ワシントンアーヴィングは、19世紀の最も有名なアメリカ人作家の一人でした。彼は主に&ldquoRip van Winkle&rdquoや&ldquoThe Legend of Sleepy Hollow&rdquoなどの短編小説で記憶されていますが、ジョージワシントンの広範な伝記も執筆しました。

ニューヨーク市で生まれたアーヴィングは、彼の家族の中で8番目の子供でした。彼の両親は両方とも20年前にイギリスからニューヨークに移住し、彼の父は家族を養うために商人になりました。 1アーヴィングが成長するにつれて、彼は人生で最も喜びを与えたのは、読むこと、描くこと、書くことであることに気づきました。 2 19歳のとき、彼は兄の新聞にエッセイを書くことで情熱を追求し始めました。 モーニングクロニクル。 1819年までに、彼は一人で書くことで生計を立てようとするという大胆な決断をしました。アーヴィングは、自分は他の職業には不向きであり、文学を書くことで自分の名前を作ることに成功することを決意したと感じました。しかし、彼が成功しなかった場合、彼は生き残るために他の形態の雇用を喜んで引き受けるでしょう。 3

彼に感謝し、ギャンブルはに含まれているエッセイの出版後に報われました ジェフリークレヨンのスケッチブック 1819年から1820年にかけて。あるレビュアーが述べたように、Irving&rsquosの一連の短編小説は、&ldquoRip van Winkle&rdquo 4によって最もよく示されている、彼の独特のユーモアとスタイルの感覚を示すのに役立ちました。 スケッチブック アメリカだけでなくイギリスでもアーヴィングの注目を集めました。ある英国人は、アーヴィングの著作を親切で愛情深く、&ldquoEssay on Rural Life in England&rdquo5を個人的に支持していると説明しました。

1850年代までに、アーヴィングはジョージワシントンの伝記を書くことにしました。 19世紀初頭、伝記はますます人気のある文学ジャンルであり、高く評価されているワシントンは理想的な主題でした。ワシントンの以前の伝記は、メイソンロックウィームズ(桜の神話を発明した)とジョンマーシャル裁判長によって書かれていましたが、アーヴィングの最近の文学的な評判を考えると、彼によるジョージワシントンの伝記は売れる可能性が非常に高いでしょう。 6

1853年、アーヴィングはワシントンについての研究を始めました。彼は伝記を作成するために2つの重要な情報源を利用しました-ジョージワシントンの著作、 国務省を通じて取得した一連のジョージワシントンの手紙。 7

2年間の研究の後、アーヴィングはニューヨークのサニーサイドにある自宅でワシントンの伝記を書き始めました。アーヴィングは序文で、健康状態が悪く、ヨーロッパへの多くの旅行がプロジェクトを遅らせたものの、彼は長い間ワシントンの伝記を書きたいと思っていたと説明しました。 8アーヴィングによれば、彼はまた、歴史的事実に厳密に基づいた物語のスタイルで書くことを目指しました。 9

アーヴィングは1855年から1859年の間に複数の巻で伝記を出版しました。この作品は、ジョージワシントンの軍事的搾取、大統領職、彼の個人的な生活などの主題を扱っていました。アーヴィングの創造的なスタイルは、人間としての偉人を探求することを中心としたワシントンの生活の非常に読みやすい説明をレンダリングしました。

一部の評論家は、ワシントンの軍事的および個人的な生活を現実的な方法で探求することにより、アーヴィングはワシントンを半神の人物から平均的な読者にとってはるかに親しみやすく理解しやすい主題に変えることができたと主張しました。歴史家のジョージ・バンクロフトは、アーヴィングが優れた歴史家の資質と、描かれた出来事を自然に見せた物語の口調の両方で書いたことを称賛しました。 10別の歴史家、ウィリアムH.プレスコットは、第4巻を読んだ後、アーヴィングがワシントンを人々が関係できる人物にしたことを祝福しました。 11アーヴィングは、成功したフィクション作家としてだけでなく、成功した歴史家としての地位を確立することに成功しました。

アーヴィングは彼が伝記の最終回をリリースしたのと同じ年に亡くなりました。多くの人が彼の死にショックを受け、悲しみました。彼の死去のニュースで旗は半旗で開催され、多くの人が一時停止し、文学者としての彼の業績を反映しました。 12

今日のワシントンアーヴィングは、主にアメリカの歴史と文化をユーモラスに見た彼の短編小説で記憶されています。対照的に、ジョージ・ワシントンの彼の伝記はまた、専門的で魅力的な歴史を提示する彼の鋭い能力を示しました。それは19世紀の最も重要な伝記の1つになり、今でもワシントンの生活の最も有名な描写の1つとして機能しています。

1.アーヴィング・ピエール、 ワシントン・アーヴィングの生涯と手紙Vol。 1 (ニューヨーク:G。P。パトナム、1863年)19。

2.ワシントン・アーヴィングからジョン・ファーマンへ、1802年7月26日。 ワシントン・アーヴィングの生涯と手紙Vol。 1.1。

3.ワシントン・アーヴィングからエベニーザー・アーヴィングへ、1819年3月3日。 ワシントン・アーヴィングの生涯と手紙Vol。 1.1。

4. New-York Evening Post、1819年6月26日。

5.ワシントン・アーヴィングからエベニーザー・アーヴィングへ、1819年3月3日。 ワシントン・アーヴィングの生涯と手紙Vol。 1.1。

6.キャスパー・スコット、 アメリカの生活を構築する (チャペルヒル:ノースカロライナ大学プレス、2005年)、22-23

7.ワシントン・アーヴィングからロバート・C・ウィンスロップへ、1853年5月23日。 ワシントン・アーヴィングの生涯と手紙Vol。 1.1。

8.アーヴィング・ワシントン、 ジョージワシントン:伝記 (ニューヨーク:ダカーポプレス、1994年)序文:1。

9.アーヴィング・ワシントン、 ジョージワシントン:伝記 (ニューヨーク:ダカーポプレス、1994年)623-624。

10.ジョージ・バンクロフトからワシントン・アーヴィングへ、1855年5月30日。 ワシントン・アーヴィングの生涯と手紙Vol。 1.1。

11.ウィリアム・H・プレスコットからワシントン・アーヴィングへ、1857年8月7日。 ワシントン・アーヴィングの生涯と手紙Vol。 1.1。

12.&ldquoメトロポリスのオマージュ&rdquo ニューヨークヘラルド、 1859年12月2日。

参考文献:

&ldquoワシントン・アーヴィングの死&rdquo ファーマー&rsquosキャビネット, (ニューハンプシャー州アマースト)、1859年12月7日

生け垣、ウィリアム。 &ldquoIrving、ワシントン。&rdquo アメリカ人名事典オンライン, 2000.

アーヴィング、ワシントン。 ワシントンアーヴィングの作品:ワシントンの生活:パート4。 ニューヨークとロンドン:協同出版協会、1904年。


ワシントンアーヴィング

ワシントン・アーヴィングは、おそらく、ゆりかごからの伝説であると言われていた当時の他の多くの作家よりも、彼の普通の才能から多くを得ました。大西洋全域からの彼のファンには、ウォルタースコット卿とチャールズディケンズが含まれていました。彼がシドニー・スミスの¹の平手打ちのコメントを投げたとき、彼の故郷のアメリカは彼を応援しました。「誰がアメリカの本を読むのですか?」否定論者の顔に戻ります。ポーとホーソーンとともに、意欲的なアメリカの短編小説作家の水準を高く設定したのはアーヴィングでした。 ジェフリークレヨンのスケッチブック (1819-20)は、独立戦争全体を通して眠り、植民地から国へのアメリカの通過のたとえ話を作成した彼の有名な「リップヴァンウィンクル」を含み、おそらく彼が思っていたよりも深い倍音でした。その古典的な本には、池の両側で幅広い聴衆を魅了した「スリーピーホロウの伝説」も含まれていました。 早い時期 アーヴィングは1783年4月、現在のウォール街からそう遠くないニューヨーク市で生まれました。彼の両親であるスコットランド英語の移民は、ジョージワシントン将軍を大いに賞賛し、彼らの息子を彼らの英雄にちなんで名付けました。彼は、執筆、建築とランドスケープデザイン、旅行、外交など、多くの転換を楽しんだ。彼は、書くことだけで生計を立てた最初のアメリカ人として最もよく知られています。 初期のキャリア 文学の分野に入る前に、アーヴィングは1804年から1806年までヨーロッパを旅し、ニューヨークに戻る前に世紀の変わり目の雰囲気を吸収しました。彼は最初にニューヨークの生活に関するいくつかのエッセイを出版しました。 サルマガンディペーパー、1807-08年。彼らは続いた ニューヨークの歴史、1809年にアーヴィングの現在有名なペンネームの1つである&#34DiedrichKnickerbocker²&#34を使用して、マンハッタン島の初期のオランダ人入植者を説明し、からかっています。 1812年の米英戦争後、アーヴィングは家族経営の事業を営むための短い失敗した逃亡のためにイギリスに戻りました。しかし、彼はヨーロッパに残り、彼の最初のバージョンを完成させました。 スケッチブック ノム・ド・プルームの下で、彼の国際的なキャリアを開始したゲントのジェフリー・クレヨン。一方、「Sleepy Hollow」は、最初のコネチカットヤンキーを一般の人々に提供しました。架空のスリーピーホローは、実際にはニューヨーク州タリータウンにある自宅のサニーサイド近くのハドソンリバー渓谷の下流域です。 &#34Sleepy Hollow&#34は、荒々しく転倒したアメリカのフロンティアマン、ブロム・ボーンズの前兆でもありました。 ブレースブリッジホール (1822)、一連のキャラクタースケッチは、彼の可視性と評判を高めました。 旅人 アーヴィングは旅行を楽しんだ。彼の人生の大部分はヨーロッパ、特にイギリス、フランス、ドイツ、スペインで過ごしました。彼はよく訪れた場所について書いた。たとえば、彼の伝記、 クリストファー・コロンブスの生涯と航海 (1828)は、スペインの旗の下で航海したイタリアの探検家についてです。弁護士としての訓練を受けたアーヴィングは、外交にも積極的に取り組んだ。 1842年、アメリカのジョンタイラー大統領は、彼をスペインの大臣に任命しました。現在は大使と呼ばれています。それは彼が米国の外交代表としてヨーロッパ中を旅行できることを意味しました。ニューヨークに戻ると、アーヴィングはタリータウンに自宅のサニーサイドを設立しました。アーヴィングは結婚したことも子供もいなかった。彼はその後25年間、サニーサイドを兄のエベニーザーとエベニーザーの5人の娘と共有しました。その間、アーヴィングは旅行したり外交使節団に派遣されたりしたとき、いつも家と家族がいて、そこに戻ることができました。サニーサイドには、多くの芸術家、政治家、作家、その他の影響力のある人々が訪れました。アーヴィングの木に覆われた家は、無数のリトグラフ、雑誌の表紙、観光地図の主題として世界中に公表されました。サニーサイドの画像は、シガーボックス、楽譜、セラミックピッチャーにも見られます。 追悼で 1859年11月28日、南北戦争の前夜、ワシントンアーヴィングは、家族に囲まれたサニーサイドで亡くなりました。彼はスリーピーホローのオールドダッチチャーチのスリーピーホロー墓地に埋葬されました。

¹スミスは、英国で率直な聖職者であり、かつての作家でした。彼は、高度な知性にもかかわらず(または、多くの人が言うように)、しばしば対立していました。 なんでも のスタッフの彼の編集で証明されているように、文学のジャンルで新しい エディンバラレビュー。 ²最終的に、ペンネームはニューヨーク出身の人を意味するようになり、プロバスケットボールチームのニューヨークニックスボッカーズ(現在は「ニックス」と略されます)がその名前を付けた場所です。


「スリーピーホロウの伝説」に影響を与えたものは何ですか?

スリーピーホロウの伝説&#xA0は毎年ハロウィーンの頃に再浮上します。スリーピーホローの現実の村を恐怖に陥れる首なし騎士のワシントンアーヴィングとアポス1820年の物語は、アメリカで最初の幽霊物語の1つであり、最も恐ろしいものの1つと見なされています。

しかし、アーヴィングは首なし騎士のアイデアを発明しませんでした。首なし騎士の物語は、グリム兄弟や、頭を抱える死神のようなライダーである&#x201CDullahan&#x201Dまたは&#x201CGan Ceann&#x201Dのオランダとアイルランドの伝説の物語を含む中世にまでさかのぼることができます。 。

歴史家のエリザベスブラッドリーは、アーヴィングの騎手がウォルタースコット卿の1796年に発見された可能性が高いと述べています。 追跡、これはドイツの詩の翻訳です ワイルドハントマン Gottfried B&#xFCrgerによるもので、おそらく北欧神話に基づいています。

アメリカの作家ワシントン・アーヴィング(1783-1859)。

&#x201CIrvingは1817年にスコットと出会い、友達になったばかりだったので、彼は彼の新しいメンター&apossの仕事に影響を受けた可能性が高いと彼女は言います。悪魔と彼の犯罪に対する罰としての&#x2018dogs of hell&#x2019。&#x201D

ニューヨーク歴史協会によると、アーヴィングは1776年のハロウィーンの頃のホワイトプレーンズの戦いで砲弾で斬首された実際のヘッセン兵に触発されたと信じている人もいます。&#x201D

アーヴィングの物語は、ウェストチェスター郡のニューヨーク州スリーピーホローの村で行われます。その中で、気難しい新人で学校長のイカボッド・クレーンは、オランダ人ブロム・ボーンズにも追われている若い相続人であるカトリーナ・ヴァン・タッセルに法廷を開きます。幽霊の話が共有されているヴァンタッセル農場のパーティーでカトリーナに拒絶された後、イカボッドは頭のない騎手(ライバルかもしれないし、そうでないかもしれない)に追われ、カボチャを男に投げつけ、馬からイカボッドを投げます。校長は姿を消します。

アーヴィングは、タリータウン地域の10代の頃、彼の話にインスピレーションを与えたのかもしれません。ニューヨーク歴史協会によると、彼は1798年にニューヨーク市での黄熱病の発生から逃れるために、この地域に引っ越しました。&#xA0

彼は「印象的な年齢で地元の幽霊の話や伝承に紹介されていただろう」とブラッドリーは言います。ヴァンタッセルやイカボッドクレーンなどの名前と、純粋な想像力とファンタジーを備えた独立戦争の歴史のほんの一部です」とブラッドリー氏は言います。 &quotIt&apossは物語のるつぼであり、したがって完全にアメリカ人です。&#x201D

フランシス・ブランデージが描いた、イチャボッドを追う首なし騎士。

ゴシック研究を専門とする国立大学のフランツ・ポッター教授は、首なし騎士は超自然的な存在として、決して死ぬことはないが、常に生き物に出没する過去を代表していると言います。

&#x201C頭のない騎手はおそらく復讐を求めている&#x2014そして彼が不当に彼から奪われたと彼が考える頭&#x2014&#x201Dポッターは言う。 &#x201Cこの不正は、彼が継続的に代替品を探すことを要求します。騎手は、過去と同様に、依然として答えを求め、報復を求め、休息をとることができます。私たちは過去に悩まされ、それを決して忘れないようにしています。&#x201D

イカボッド・クレーンの性格に関しては、歴史と民間伝承が混ざり合っています。 ニューヨークタイムズ 実際のイカボード・B・クレーン大佐は、1809年に海兵隊に入隊し、45年間勤務したアーヴィングの同時代人であったと報告しています。しかし、新聞によると、2人がこれまでに会ったという証拠はありません。

ブラッドリー氏によると、アメリカの最初の幽霊話は、変化するアメリカの想像力に対応しているため、耐えてきました。

「それは人々にインスピレーションを与えます。なぜなら、それはまだいくつかのアメリカの謎、完全には知られていないかもしれないいくつかの半端な真実があり、それが全体の要点を覆していることを彼らに思い出させるからです」と彼女は言います。 &quotThe&#x2018Legend&#x2019はあらゆる解釈に役立ち、可能な限り最善の方法で私たちを魅了し、恐れ続けています。&#x201D


ワシントンアーヴィングが死ぬ-歴史

それは起こった
歴史の中で!
(歴史アーカイブで起こったことに行く)

最も成功し、人気のある初期のアメリカ人作家の1人であるワシントン・アーヴィングは、彼がまだ地球を歩いている間にどのような遺産を残すかについての手がかりを得ることができませんでした。彼は自分自身を主にエッセイストとユーモリストとして考えており、彼の本当の呼びかけは、外国の民話を熱心なアメリカの聴衆にとって魅力的な道徳的な物語に変えることであるとは考えていませんでした。

アーヴィングは1783年4月3日にニューヨーク市で生まれました。彼の父は独立戦争の兵士であり、ジョージ・ワシントンにちなんで息子に名前を付けました。若いアーヴィングは11人の子供の末っ子でした。彼の兄とは異なり、彼は大学に通うことを選択せず​​、むしろ一時的に法務官を務め、彼が追求することを意図した法的なキャリアを始めました。余暇には、新聞にスケッチを寄稿し、兄と義兄と一緒に、「風刺パンフレット」を出版し始めました。 サラマガンディ また、 ランセロット・ラングスタッフの気まぐれと意見、Esq。 &ampその他 (1807).

パンフレットの1つで、彼はニューヨーク市を「有名な古代都市ゴッサム」と呼んでいました。これは、ニューヨークを説明するために使用された単語の最初の記録された歴史でした。イギリスのゴッサムの元の町は、その住民の飽くなき愚かさで伝説的な村でした。

1809年に、アーヴィングは彼の最初の本を出版しました、 ニューヨークの歴史、ディードリッヒ・ニッカーボッカーという風刺的な古いオランダの教授の視点から見た街の風刺的な歴史。アーヴィングは、ニッカーボッカーは実在の人物であり、彼はホテルのフロントデスクに本の原稿を残してから、跡形もなく姿を消したと主張して、この本を宣伝しました。この本はニューヨーカーの間で非常に人気があり、彼らは自分たちをニッカーボッカーズと呼び始めました。この用語は、市のプロバスケットボールチームの名前になりました。

彼が本に取り組んでいる間、アーヴィングは彼が結婚することに決めたマチルダホフマンという名前の若い女性と恋に落ちました。しかし、彼の本が出版されたのと同じ年に、マチルダは消費で亡くなりました。アーヴィングは荒廃した。彼はもはや書くことができないことに気づき、次の数年間は編集者として働き、ヨーロッパをぶらぶらと旅しました。父親から受け取ったお金のおかげもあって、彼は快適に暮らすことができた。しかし1818年、家業は破産し、突然アーヴィングは自分自身を支えなければなりませんでした。

他に選択肢がないので、アーヴィングはついに真剣に書き始めました。彼は題名のエッセイと短編小説の本を作りました スケッチブック (1819)。その中のほとんどの作品は、彼が多くの時間を費やしたイギリスの描写でした。しかし、物語のうちの2つは、彼がアメリカの土壌に移植したドイツの民話を書き直したものでした。これらの最初のものは リップヴァンウィンクル、アメリカ植民地のイギリス統治中に眠りに落ちた男の物語で、数年後に目覚め、新しく作られたアメリカ合衆国にいることに気づきました。

彼の他のアメリカの物語 スケッチブック アーヴィングがこれまでに書いた中で最も有名なものでした。それは彼が「」と述べたハドソンリバーバレーのエリアに設定されました。全世界で最も静かな場所の1つ。 [どこで]眠くて夢のような影響が土地にかかっているようで、まさにその雰囲気に浸透しているようです。この隔離されたグレン。スリーピーホロウの名前で知られています。」

スリーピーホロウの伝説」アーヴィングは、アメリカ文学の最初の記憶に残る人物の1人である、訪問校の教師であるイカボッドクレーンを発明しました。イカボッドクレーンは、アーヴィングが「背が高いが、肩が狭く、腕と脚が長く、袖から1マイルもぶら下がっている、非常に腰が強い」と説明しました。シャベルの役目を果たしたかもしれない足、そして彼のフレーム全体が最も緩く一緒にぶら下がっていました。風の強い日に彼が丘の輪郭に沿って歩き回り、服が袋に入れられて羽ばたくのを見ると、彼を間違えたのかもしれません。とうもろこし畑から駆け落ちしたかかし。」

両方 リップヴァンウィンクルスリーピーホロウの伝説 彼らは、新興国が実際に歴史を持っていることを示唆したので、革命的なアメリカの短編小説でした。いつ スリーピーホロウ が出版されたとき、国際的に有名なアメリカのフィクション作家はおらず、1818年に1人の英語のワグを書いた。「アメリカ人には国文学も学者もいない」と別の人は言った。 &quot Irving's スケッチブック アメリカ人作家による最初の国際的なベストセラーであり、ウォルター・スコット卿やチャールズ・ディケンズを含むイギリス人作家から大いに賞賛されました。

アーヴィングは、地元の人々が彼に市長に立候補することを望んでいたニューヨークに戻ったとき、彼自身、ある種の有名人になりました。彼は代わりに、彼がスリーピーホローと名付けたハドソンリバーバレーの一部にある農家に定住することを選びました。彼の少年時代からほとんど変わっていないことに気づきました。彼は、「私が眠そうなホロウの眠そうな色合いを踏んでから何年も経過しましたが、それでも私は同じ木と同じ家族がその保護された胸に植生しているのを見つけます」と書いています。

彼はさらに多くの本を出版し、そのほとんどがベストセラーでしたが、ナサニエル・ホーソーンやエドガー・アレン・ポーを含む多くの初期のアメリカ人作家に大きな影響を与えた2つのおとぎ話の改革で今でも最もよく覚えられています。

アーヴィング氏は、「駅馬車での旅行で私が見つけたように、悪い状態から悪い状態へと変化したとしても、自分の位置を変えて新しい場所で打撲傷を負わせるのは快適なことが多い」と述べた。

アーヴィングは彼の人生の最後の年をタリータウン近くのニューヨーク州北部で過ごしました。 1848年から1859年まで、彼はアスター図書館の会長を務め、最終的にはニューヨーク公立図書館になりました。アーヴィングのその後の出版物は次のとおりです。 マホメットと彼の後継者 (1850)、モハメッドの人生、信念、性格の注意深く研究されたプレゼンテーション ウォルファートのねぐら (1855)と彼の5巻 ジョージワシントンの生涯 (1859).

1859年の秋までに、アーヴィングは人生の多くの課題の緊張を感じ始めていました。彼の健康は衰え始めていて、彼は衰弱していました。 11月28日、引退の準備をしている間、彼は次のようにコメントしました。これが終わらないのなら!」ワシントン・アーヴィングはその夜に亡くなりました。


アーヴィング、ワシントン

1783年4月3日にニューヨーク市で生まれ、1859年11月28日にタリータウンで亡くなりました。ロマン主義とアメリカ文学の短編小説のジャンルのアメリカの作家イニシエーター。

1775年のアメリカ独立戦争に参加したスコットランド生まれの商人の息子であるアーヴィングは、アメリカの生活に関する一連のユーモラスなスケッチで文学デビューを果たしました。彼の ニューヨークの歴史 (1809)は、架空のディードリッヒニッカーボッカーによって書かれたもので、まだ小さなオランダ人の入植地だったニューヨーク市のバーレスクコミックの年代記です。 スケッチブック (1819&ndash20)は、短編小説、エッセイ、記事のメドレーです。彼の ブレースブリッジホール (1822)は家父長制の英国の地所の居住者の生活からの場面を提供する本です。の中に 旅人の物語 (1824)アーヴィングは偽善とピューリタンの不寛容を非難した。コレクション内 アルハンブラ宮殿 (1832)趣のあるファンタジーは、彼の専制政治の非難を妨げるものではありません。 アストリア (1836)しかし、アーヴィングが資本主義の西方への拡大を理想化する作品である。


永続的な伝説の現代的な適応

1820年に初めて一般の人々の注目を集めて以来、 スリーピーホロウの伝説 アメリカで最も永続的な幽霊話の1つであり続けます。他の影響力のある文学作品と同様に、その物語は繰り返し適応され、さまざまな方法で生き生きとしています。また、米国中のいくつかの町や村の命名に影響を与えています。

その最初に知られている画面上の適応は、1922年の無声映画でした 首なし騎士 それ以来、何度も何度も視聴者に語り直されてきました。

ワシントンアーヴィングの有名なホラーストーリーの最も人気のある反復の1つは、1999年のホラーストーリーでした。 スリーピーホロウ、ゴス監督のティム・バートンが監督し、Aリスターのジョニー・デップがイカボッド・クレーンとして主演し、懐疑的な警察の執政官として再想像された映画、そしてクリスティーナ・リッチがクレーンの愛の関心事であるカトリーナ・ヴァン・タッセル。

&#8220私はいつもイカボドを非常に繊細で壊れやすい人だと思っていました。恐らく恐ろしい少女のように、彼の女性的な側面に少し触れすぎていたのかもしれません。

批評家からのさまざまなレビューにもかかわらず、この映画は幅広い興行収入を享受し、世界中で約2億700万ドルを稼ぎ、アカデミー美術賞を受賞しました。

もう1つの現代的な適応は2013FOXシリーズでした スリーピーホロウ 幽霊のような首なし騎士を黙示録の四騎士の一人にし、19世紀の登場人物を現代の舞台に移すことで、古典的な物語に興味深いひねりを加えました。

アレハンドロ・アルベス・ワシントン・アーヴィングは、1859年11月28日にタリータウンでの心臓発作で亡くなりました。彼はスリーピーホロー墓地に埋葬され、彼の墓は今年のこの時期に装飾されています。

何度言っても、 スリーピーホロウの伝説 民間伝承、歴史、神秘の独自の公式で、ハロウィーンの古典であり続け、毎年超自然に対する私たちの欲求を再確認します。

これで、背後にある実話について学びました。 スリーピーホロウの伝説 そして、それがどのようにしてアメリカで最も語られた幽霊物語になったのか、石の中の本物の剣の伝説とそれが実際に属していた人物について読んでください。次に、「ゾロの伝説」に影響を与えた実在の人物、ホアキン・ムリエタに会いましょう。


関連している もっと詳しく知る

ワシントンアーヴィングサークルの誕生日

歴史的なハドソンバレーは、珍しい1830年代のバンドボックスを復元するための助成金を受け取ります

スリーピーホロウの伝説:影絵人形映画

イカボッドクレーンの不幸

持続可能な保存

女の子のような仮想投票

写真撮影ポリシー-私たちの史跡に入るとき、または私たちの特別なイベントに参加するとき、あなたはヒストリックハドソンバレーとその従業員、代理人に許可し、ヒストリックハドソンバレーの印刷物で使用するためにあなたとあなたの扶養家族を写真に撮る権利を割り当てます。電子、デジタルメディアおよび出版物。

©2020ヒストリックハドソンバレー。個人、財団、企業、政府機関からの寛大な寄付に支えられた非営利の教育および保護団体。 Great Jack O’Lantern Blaze、Blaze、およびPumpkin Blazeは、Historic HudsonValleyの登録商標です。全著作権所有。


コンテンツ

「リップヴァンウィンクル」は、アメリカ独立戦争の前後の数年間、オランダ系アメリカ人の村人であるリップヴァンウィンクルが住むニューヨークのキャッツキル山地のふもとの村に設置されています。ある秋の日、ヴァンウィンクルは、妻のしつこいことから逃れるために、犬のオオカミと一緒に山にさまよっています。彼は自分の名前が呼ばれるのを聞いて、彼が山に樽を運んでいて助けを必要としている時代遅れのオランダの服を着ている男性を見ます。一緒に、男とオオカミは、リップが雷鳴の源を発見するくぼみに進みます:9ピンをしている華やかな服を着てひげを生やした男性のグループ。

ヴァンウィンクルは、彼らが誰であるか、または彼らが彼の名前をどのように知っているかを尋ねません。代わりに、彼は彼らの酒の一部を飲み始め、すぐに眠りに落ちます。彼が山で目覚めたとき、彼は衝撃的な変化を発見します:彼のマスケット銃は腐って錆びていて、彼のあごひげは1フィート長く、そして彼の犬はどこにも見つかりません。彼は自分の村に戻り、そこで誰も認識しません。彼は選挙の直後に到着し、人々は彼がどのように投票したかを尋ねます。彼は人生で投票用紙を投じたことがなく、アメリカ独立戦争が起こったことに気づかず、ジョージ3世の忠実な主題であると宣言し、一人の年配の女性が彼を長い間失われた裂け目として認識するまで、町の人々とのトラブルに巻き込まれそうになりました。ヴァンウィンクル。

旅館の看板にあるジョージ王の肖像画は、ジョージワシントンの肖像画に置き換えられました。ヴァンウィンクルは、彼の友人のほとんどがアメリカ独立戦争で戦って殺されたことを知ります。彼はまた、リップヴァンウィンクルと呼ばれる別の男を見つけるのを邪魔されています。それは彼の息子であり、現在は成長しています。ヴァンウィンクルはまた、彼の妻がしばらく前に亡くなったことを発見しましたが、ニュースに悲しんでいません。彼は、山で出会った男たちが、ヘンリー・ハドソンの船からの乗組員の幽霊であると噂されていることを知りました。 ハーヴ・ミーン。彼はまた、彼が少なくとも20年間村から離れていたことに気づいています。彼の成長した娘は彼を連れて行き、彼はいつもの怠惰を再開します。彼の奇妙な話は、オランダ人入植者、特に雷が鳴るたびに山の男たちは9本のピンを弾いているに違いないと言う子供たちによって厳粛に心に留められています。

  • リップヴァンウィンクル–「儲かる労働」を嫌う窮地に立たされた夫と、山に迷い込んで9本のピンを弾く見知らぬ男と出会う村の柔和でのんびりとした住人。
  • Dame Van Winkle –リップヴァンウィンクルの意地悪でしつこい妻。
  • リップヴァンウィンクルジュニア–リップヴァンウィンクルの元気な息子。
  • ジュディス・ガーデニア–リップ・ヴァン・ウィンクルの結婚した娘。彼が眠りから戻った後、彼女は父親を連れて行きます。
  • デリック・ヴァン・バンメル–アメリカ独立戦争で海軍将官、後に下院議員を務めた地元の学校長。
  • Nicholas Vedder –男性が集まる地元の旅館の家主。
  • Van Schaick –地元の牧師。
  • ジョナサン・ドゥーリトル–村の宿に取って代わった施設であるユニオンホテルのオーナー。
  • オオカミ–ヴァンウィンクルの忠実な犬。目覚めたときに彼を認識しません。
  • 山に樽を運ぶ男–ヘンリーハドソンの乗組員の一人の幽霊。
  • ケーゲル–ヘンリーハドソンの船からの乗組員の幽霊、 半月 彼らはリップヴァンウィンクルと紫色の魔法の酒を共有し、9ピンのゲームをプレイします。
  • ブロム・ダッチャー–ヴァン・ウィンクルが眠っている間に戦争に出たヴァン・ウィンクルの隣人。
  • 老婆–眠った後、村に戻ったときにヴァンウィンクルを特定する女性。
  • Peter Vanderdonk –村の最年長の居住者で、Van Winkleの身元を確認し、VanWinkleの奇妙な話が真実であることを示す証拠を引用しています。
  • ガーデニア氏–ジュディス・ガーデニアの夫、農夫、そしてがっしりした村人。
  • リップヴァンウィンクルIII–リップヴァンウィンクルの幼い孫、母親はジュディスガーデニアです。彼が父親ではなく母親の祖父にちなんで名付けられた理由は説明されていません。

兄弟とのビジネスベンチャーが失敗した後、アーヴィングは1818年に破産を申請した。[2]落胆した彼は、書く物語を考えるのに苦労したが、財政的支援の可能性を求めて書くことにした。彼は義理の兄弟ヘンリー・ヴァン・ウォートが商社を開いたイギリスのバーミンガムに滞在しました。 [3] 2人は1818年6月、アーヴィングが彼らのノスタルジックな会話に突然触発されたときに回想していました。 [4]アーヴィングは自分の部屋に閉じ込められ、一晩中ノンストップで書いた。彼が言ったように、彼は長い眠りから目覚めた男のように感じました。彼は朝食時にヴァンウォート家に「リップヴァンウィンクル」の最初のドラフトを提示しました。 [5]

「リップヴァンウィンクル」は、アーヴィングが彼の新しい本のために提案した最初の物語の1つでした。 ジェフリークレヨン、ゲントのスケッチブック。 アーヴィングは彼の兄弟エベニーザーに米国での出版を手伝うように頼んだ。アーヴィングが書いたように、「文学の舞台でのこの最初の再登場の成功を聞いて非常に不安になります。それが成功した場合、私は今後も時折火事を続けることができると信じています。」 [6]「リップヴァンウィンクル」を含む最初の八折り判の2000部は、1819年6月23日にボルチモア、ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィアでリリースされ、コーネリアスS.ヴァンウィンクルとやや高価な75セントで販売されました。 [7]その直後に廃業したジョン・ミラーによってイギリス版が出版された。友人のウォルター・スコットの助けを借りて、アーヴィングはジョン・マレーにイギリスの出版物を引き継ぐよう説得することができました。 スケッチブック. [8]

印刷物と舞台でのリップヴァンウィンクルの成功に続いて、後に有名な版がアーサー(ハイネマン、1905年)とN.C.ワイス(マッケイ、1921年)によって説明されました。

彼の本の第10章で 著名な哲学者の生活と意見、3世紀のギリシャの歴史家ディオゲネスラエルティウスは、クレタ島の羊飼いと言われたクノッソスの伝説的な賢人エピメニデスの物語を語っています。 [9] [10]ある日、エピメニデスは放浪した羊を追いかけ、疲れた後、アイダ山の下の洞窟に入り、眠りに落ちました。 When he awoke, he continued searching for the sheep, but could not find it, so he returned to his father's farm, only to discover that it was under new ownership. He went home, only to discover that the people there did not know him. Finally, he encountered his younger brother, who had become an old man, and learned that he had been asleep in the cave for fifty-seven years. [9] [10] According to the different sources that Diogenes relates, Epimenides lived to be 154, 157, or 299 years old. [11] Multiple sources have identified the story of Epimenides as the earliest known variant of the "Rip Van Winkle" fairy tale. [9] [10] [12] [13] [14]

In Christian tradition, there is a similar, well-known story of "The Seven Sleepers of Ephesus", which recounts a group of early Christians who hid in a cave circa 250 AD, to escape the persecution of Christians during the reign of the Roman emperor Decius. They fell into a miraculous sleep and woke some 200 years later during the reign of Theodosius II, to discover that the city and the whole Empire had become Christian. [13] This Christian story is recounted by Islam and appears in a famous Sura of the Quran, Sura Al-Kahf. [15] The version recalls a group of young monotheists escaping from persecution within a cave and emerging hundreds of years later. [16]

Another similar story in the Islamic tradition is of Uzair (usually identified with the Biblical Ezra) whose grief at the Destruction of Jerusalem by the Babylonians was so great that God took his soul and brought him back to life after Jerusalem was reconstructed. He rode on his revived donkey and entered his native place. But the people did not recognize him, nor did his household, except the maid, who was now an old blind woman. He prayed to God to cure her blindness and she could see again. He meets his son who recognized him by a mole between his shoulders and was older than he was. [17] [18] (see Uzair#Islamic tradition and literature).

In Judaism, there is the story of Honi ha-M'agel, a miracle-working sage of the 1st century BC, who was a historical character but to whom various myths were attached. One of them recounts that Honi was journeying on the road and he saw a man planting a carob tree. He asked him: How long does it take to bear fruit? The man replied: Seventy years. ha-M'agel then further asked the man: Are you certain that you will live another seventy years? The man replied: No. But I am planting this not for myself, but for the other generations to come after me and the generations to follow those. Honi then shrugged as he walked away from the man. Later that day, he sat down to take a rest. But he slept for seventy years, and rocks had formed a tent-like structure around him. When he woke, he saw a man picking a tree with carobs all over it. He asked: Are you the man that planted this tree? The man replied: No. But my father told me that his father planted this tree for me. [19]

The story of "Rip Van Winkle" itself is widely thought to have been based on Johann Karl Christoph Nachtigal's German folktale "Peter Klaus", [4] [13] which is a shorter story set in a German village. It tells of a goatherd named Peter Klaus who goes looking for a lost goat. He finds some men drinking in the woods and, after drinking some of their wine, he falls asleep. When he wakes back up, twenty years have passed. [4] [20]

In many ways, the story is a classic European fairy tale of a man who is actually rewarded for helping the fairies move their barrel. They advance him to a time in life where he is free of his nagging wife. He is now old enough for it to be respectable for him to take it easy and play with children, working when he wants to instead of when he has to, supported by his loving, grown children. [ 要出典 ] The theme of independence is also explored the young Van Winkle lives in British America and is a subject of the King the old Van Winkle awakes in a country independent of the Crown. On a personal level, the awakened Van Winkle has gained another form of "independence": being widowered from his shrewish wife. [ 要出典 ]

In Orkney, there is a similar folktale linked to the burial mound of Salt Knowe, adjacent to the Ring of Brodgar. A drunken fiddler on his way home hears music from the mound. He finds a way in and finds the trowes (trolls) having a party. He stays and plays for two hours, then makes his way home to Stenness, where he discovers 50 years have passed. The Orkney Rangers [ 明確化が必要 ] believe this may be one source for Washington Irving's tale because his father was an Orcadian from the island of Shapinsay and would almost certainly have known the story. [ 要出典 ]

In Ireland, the story of Niamh and Oisin has a similar theme. Oisin falls in love with the beautiful Niamh and leaves with her on her snow white horse, bound for Tir Na nOg – the land of the ever-young. Missing his family and friends, he asks to pay them a visit. Niamh lends him her horse, warning him never to dismount, and he travels back to Ireland. But 300 years have passed his family and fellow warriors are all dead. When Oisin encounters some men trying to move a boulder, he reaches down to help them, the girth of the horse's saddle snaps, and he falls to the ground. Before the watching eyes of the men, he becomes a very, very old man.

Author Joe Gioia suggests the basic plot strongly resembles, and may have originated with, an upstate New York Seneca legend of a young squirrel hunter who encounters the mystic "Little People", and after a night with them returns to his village to find it overgrown by forest and everyone gone: that single night had lasted a year. [21]

The story also bears some similarities to stories from East Asia, including the third century AD Chinese tale of "Ranka", as retold by Lionel Giles in A Gallery of Chinese Immortals, and the eighth-century Japanese tale "Urashima Tarō". [13] The Hindu story of Muchukunda from the Bhagavatam also displays many similarities to the story of "Rip Van Winkle". [22] [23]

The theme is taken up in numerous modern works of science fiction. In H. G. Wells's The Sleeper Awakes, a man who sleeps for 203 years wakes up in a completely transformed London where he has become the richest man in the world. In the original Buck Rogers book, the protagonist falls asleep under the influence of a gas in a mine, sleeps for four centuries and wakes to find America under the rule of Mongol invaders – whereupon he places himself at the head of the freedom fighters. In Roger Zelazny's science-fantasy series The Chronicles of Amber, protagonist Corwyn experiences drinking and revelry in an underground lair with otherworldly people who try to entice him into slumber he knows this is a centuries-of-sleep trap and resists the passage is similar in theme to both "Rip Van Winkle" and especially the Orkney story.

Albert Einstein's theory of relativity, under which a person traveling at near light speed would experience only the passage of a few years but would return to find centuries had passed on Earth, provides a broad new scope to express essentially the same literary theme – for example, in the opening chapter of Ursula K. Le Guin's Rocannon's World。 In Robert Heinlein's Time for the Stars, Earth sends out a fleet of relativistic ships to explore the galaxy, their crews hailed as stalwart pioneers – but after a century, which they experience as only a few years, faster-than-light ships are developed and the earlier ones are recalled, their crews discovering that they had become unwanted anachronisms on a changed Earth. The protagonist notices a newspaper headline disparagingly announcing the arrival of himself and his shipmates as "yet another crew of Rip Van Winkles". The Queen song '39 is similarly a tale of relativistic space travelers returning to their home planet to find a century has elapsed.


Washington Irving Dies - History

生まれ: 3-Apr-1783
出身地: ニューヨーク市
死亡しました: 28-Nov-1859
死亡地: Tarrytown, NY
死因: Heart Failure
Remains: Buried, Sleepy Hollow Cemetery, Sleepy Hollow, NY

性別:
人種または民族: 白い
職業: Author, Diplomat

国籍: アメリカ
エグゼクティブサマリー: Legend of Sleepy Hollow

American man of letters, was born at New York on the 3rd of April 1783. Both his parents were immigrants from Great Britain, his father, originally an officer in the merchant service, but at the time of Irving's birth a considerable merchant, having come from the Orkneys, and his mother from Falmouth. Irving was intended for the legal profession, but his studies were interrupted by an illness necessitating a voyage to Europe, in the course of which he proceeded as far as Rome, and made the acquaintance of Washington Allston. He was called to the bar upon his return, hut made little effort to practice, preferring to amuse himself with literary ventures. The first of these of any importance, a satirical miscellany entitled Salmagundi, or the Whim-Whams and Opinions of Launcelot Langstaff and others, written in conjunction with his brother William and J. K. Paulding, gave ample proof of his talents as a humorist. These were still more conspicuously displayed in his next attempt, A History of New York from the Beginning of the World to the End of the Dutch Dynasty, by "Diedrich Knickerbocker" (2 vols., New York, 1809). The satire of Salmagundi had been principally local, and the original design of "Knickerbocker's" 歴史 was only to burlesque a pretentious disquisition on the history of the city in a guidebook by Dr. Samuel Mitchell. The idea expanded as Irving proceeded, and he ended by not merely satirizing the pedantry of local antiquaries, but by creating a distinct literary type out of the solid Dutch burgher whose phlegm had long been an object of ridicule to the mercurial Americans. Though far from the most finished of Irving's productions, "Knickerbocker" manifests the most original power, and is the most genuinely national in its quaintness and drollery. The very tardiness and prolixity of the story are skilfully made to heighten the humorous effect.

Upon the death of his father, Irving had become a sleeping partner in his brother's commercial house, a branch of which was established at Liverpool. This, combined with the restoration of peace, induced him to visit England in 1815, when he found the stability of the firm seriously compromised. After some years of ineffectual struggle it became bankrupt. This misfortune compelled Irving to resume his pen as a means of subsistence. His reputation had preceded him to England, and the curiosity naturally excited by the then unwonted apparition of a successful American author procured him admission into the highest literary circles, where his popularity was ensured by his amiable temper and polished manners. As an American, moreover, he stood aloof from the political and literary disputes which then divided England. Campbell, Jeffrey, Moore, Scott, were counted among his friends, and the last-named zealously recommended him to the publisher Murray, who, after at first refusing, consented (1820) to bring out The Sketch Book of Geoffrey Crayon, Gent. (7 pts., New York, 1819-1820). The most interesting part of this work is the description of an English Christmas, which displays a delicate humour not unworthy of the writer's evident model Addison. Some stories and sketches on American themes contribute to give it variety of these Rip van Winkle is the most remarkable. It speedily obtained the greatest success on both sides of the Atlantic. Bracebridge Hall, or the Humourists (2 vols., New York), a work purely English in subject, followed in 1822, and showed to what account the American observer had turned his experience of English country life. The humour is, nevertheless, much more English than American. Tales of a Traveller (4 pts.) appeared in 1824 at Philadelphia, and Irving, now in comfortable circumstances, determined to enlarge his sphere of observation by a journey on the continent. After a long course of travel he settled down at Madrid in the house of the American consul Rich. His intention at the time was to translate the Coleccion de los Viajes y Descubrimientos (Madrid, 1825-1837) of Martin Fernandez de Navarrete finding, however, that this was rather a collection of valuable materials than a systematic biography, he determined to compose a biography of his own by its assistance, supplemented by independent researches in the Spanish archives.彼の History of the Life and Voyages of Christopher Columbus (London, 4 vols.) appeared in 1828, and obtained a merited success. NS Voyages and Discoveries of the Cormpanions of Columbus (Philadelphia, 1831) followed and a prolonged residence in the south of Spain gave Irving materials for two highly picturesque books, A Chronicle of the Conquest of Granada from the MSS.の [an imaginary] Fray Antonio Agapida (2 vols., Philadelphia, 1829), and The Alhambra: a series of tales and sketches of the Moors and Spaniards (2 vols., Philadelphia, 1832). Previous to their appearance he had been appointed secretary to the embassy at London, an office as purely complimentary to his literary ability as the legal degree which he about the same time received from the university of Oxford.

Returning to the United States in 1832, after seventeen years' absence, he found his name a household word, and himself universally honored as the first American who had won for his country recognition on equal terms in the literary republic. After the rush of fetes and public compliments had subsided he undertook a tour in the western prairies, and returning to the neighborhood of New York built for himself a delightful retreal on the Hudson, to which he gave the name of "Sunnyside." His acquaintance with the New York millionaire John Jacob Astor prompted his next important work -- アストリア (2 vols. Philadelphia, 1836), a history of the fur-trading settlement founded by Astor in Oregon, deduced with singular literary ability from dry commercial records, and, without labored attempts at word-painting, evincing a remarkable faculty for bringing scenes and incidents vividly before the eye. The Adventures of Captain Bonneville (London and Philadelphia, 1837), based upon the unpublished memoirs of a veteran explorer, was another work of the same class. In 1842 Irving was appointed ambassador to Spain. He spent four years in the country, without this time turning his residence to literary account and it was not until two years after his return that Forster's life of Oliver Goldsmith, by reminding him of a slight essay of his own which he now thought too imperfect by comparison to be included among his collected writings, stimulated him to the production of his Life of Oliver Goldsmith, with Selections from his Writings (2 vols., New York, 1849). Without pretensions to original research, the book displays an admirable talent for employing existing material to the best effect. The same may be said of The Lives of Mahomet and his Successors (New York, 2 vols., 1849-1850). Here as elsewhere Irving correctly discriminated the biographer's province from the historian's, and leaving the philosophical investigation of cause and effect to writers of Gibbon's calibre, applied himself to represent the picturesque features of the age as embodied in the actions and utterances of its most characteristic representatives. His last days were devoted to his Life of George Washington (5 vols., 1855-1850. New York and London), undertaken in an enthusiastic spirit, but which the author found exhausting and his readers tame. His genius required a more poetical theme, and indeed the biographer of Washington must be at least a potential soldier and statesman. Irving just lived to complete this work, dying of heart disease at Sunnyside, on the 28th of November 1859.

Although one of the chief ornaments of American literature, Irving is not characteristically American. But he is one of the few authors of his period who really manifest traces of a vein of national peculiarity which might under other circumstances have been productive. "Knickerbocker's" History of New York, although the air of mock solemnity which constitutes the staple of its humour is peculiar to no literature, manifests nevertheless a power of reproducing a distinct national type. Had circumstances taken Irving to the West, and placed him amid a society teeming with quaint and genial eccentricity, he might possibly have been the first Western humorist, and his humour might have gained in depth and richness. In England, on the other hand, everything encouraged his natural fastidiousness he became a refined writer, but by no means a robust one. His biographies bear the stamp of genuirse artistic intelligence, equally remote from compilation and disquisition. In execution they are almost faultless the narrative is easy, the style pellucid, and the writer's judgment nearly always in accordance with the general verdict of history. Without ostentation or affectation, he was exquisite in all things, a mirror of loyalty, courtesy and good taste in all his literary connections, and exemplary in all the relations of domestic life. He never married, remaining true to the memory of an early attachment blighted by death.

父親: William Irving
母親: Sarah Sanders Irving (d. 1817)
Brother: Peter
Brother: エベニーザー
Brother: ウィリアム
Sister: サラ
Girlfriend: Mathilda Hoffman (engaged to be married, d. 26-Apr-1809)

Is the subject of books:
The Life of Washington Irving, 1935, BY: Stanley T. Williams


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos