新しい

ジェームズウェルドンジョンソン

ジェームズウェルドンジョンソン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジェームズウェルドンジョンソンは1871年6月17日にフロリダ州ジャクソンビルで生まれました。アトランタ大学とコロンビア大学から学位を取得した後、彼はジャクソンビルで教師として働きました。彼は勉強を続け、法律を読んだ後、南北戦争以来、フロリダのバーに入院した最初のアフリカ系アメリカ人になりました。

ジョンソンはまた詩を書き、1900年に彼の兄弟であるジョンロザモンドジョンソンはLift Every Voice andSingに音楽を追加しました。それは大成功であり、1901年に兄弟はニューヨークに移り、その後数年間でブロードウェイミュージカルのために200曲以上を書きました。

セオドア・ルーズベルト大統領は彼をベネズエラの米国領事に任命した。 3年後、ニカラグアで同様のポストが与えられました(1909-14)。 1916年、ジョンソンは全米有色人地位向上協会(NAACP)の事務局長になりました。彼は1929年にNAACPの長として彼の弟子、ウォルター・フランシス・ホワイトに交代するまでその役職に就いていました。

ジョンソンは、白人を装った色白の黒人男性に関する小説を含む多数の本を書いた。 元カラーの男の自伝 (1912), 50年と他の詩 (1917), 神のトロンボーン (1927)、ニューヨークのアフリカ系アメリカ人の歴史、 ブラックマンハッタン (1930)、彼の自伝、 この方法に沿って (1933)および 選択された詩 (1935).

ジェームズウェルドンジョンソンは1938年6月26日にメイン州ウィスカセットで亡くなりました。


ジェームズウェルドンジョンソン

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

ジェームズウェルドンジョンソン、(1871年6月17日生まれ、米国フロリダ州ジャクソンビル-1938年6月26日、メイン州ウィスカセットで亡くなりました)、詩人、外交官、黒人文化のアンソロジスト。

ジョンソンは、母親である学校教師から音楽やその他の科目の訓練を受け、アトランタ大学をA.B.で卒業しました。 (1894)およびM.A.(1904)の学位を取得し、後にコロンビア大学で学びました。彼は数年間、フロリダ州ジャクソンビルの黒人高校の校長を務めていました。同時に法律を読み、1897年にフロリダ州のバーに入学し、そこで練習を始めました。この時期、彼と彼の兄弟である作曲家のジョン・ロザモンド・ジョンソン(1873–1954)は、ジェームズの1900年の同名の詩に基づいて、「すべての声をあげ歌」などの曲を書き始めました。多くのアフリカ系アメリカ人への国歌。 1901年に2人はニューヨークに行き、そこでブロードウェイのミュージカルステージのために約200曲を書きました。

1906年にセオドア・ルーズベルト大統領は彼をベネズエラのプエルトカベヨの米国領事に任命し、1909年にニカラグアのコリントの領事になり、1914年まで務めました。後にフィスク大学で教鞭を執りました。その間、彼は小説を書き始めました、 元有色人の自伝 (匿名で発行、1912年)、1927年に彼自身の名前で再発行されるまでほとんど注目されませんでした。1916年からジョンソンは全米黒人地位向上協会(NAACP)のリーダーでした。

50年と他の詩 (1917)彼の先駆的なアンソロジーが続きました アメリカのニグロ詩の本 (1922)との本 アメリカの黒人霊歌 (1925、1926)、彼の兄弟とのコラボレーション。彼の最も有名な作品、 神のトロンボーン (1927)、詩の黒い方言の説教のグループは、「創造」と「死を下ろす」を含みます。ジョンソンのアンソロジーの紹介には、アメリカ文化への黒人の貢献についてこれまでに行われた最も知覚的な評価のいくつかが含まれています。 この方法に沿って (1933)は自伝です。


ジョンソンは1871年6月17日にフロリダ州ジャクソンビルで生まれました。幼い頃、ジョンソンは読書と音楽に大きな関心を示しました。彼は16歳でスタントン学校を卒業しました。

アトランタ大学に通っている間、ジョンソンは演説家、作家、教育者としてのスキルを磨きました。ジョンソンは大学に通いながら、ジョージア州の農村地域で2つの夏の間教えました。これらの夏の経験は、ジョンソンが貧困と人種差別が多くのアフリカ系アメリカ人にどのように影響したかを理解するのに役立ちました。ジョンソンは1894年に23歳で卒業し、ジャクソンビルに戻ってスタントン学校の校長になりました。


多言語

スペイン語とフランス語に堪能なジョンソンは、人種差別の強烈な形態に染まった時代のリーダーシップに対する彼の有能で賢明で創造的なアプローチで賞賛され、ベネズエラとニカラグアの米国領事を務めた最初のアフリカ系アメリカ人でした。

領事団での勤務期間の後、1915年にジョンソンはNAACPのスタッフに加わりました。リーダーシップのランクを急上昇し、1年後、彼はアフリカ系アメリカ人として初めてフィールドセクレタリーを務め、後にNAACPのエグゼクティブセクレタリーを務めました。 NAACPの事務局長として、ジョンソンはマンハッタンで1917年の歴史的なサイレントマーチ(上記)を組織し、私刑の国家犯罪に抗議しました。

NAACPの事務局長としての在職中、ジョンソンはリンチに反対する全国キャンペーンも主導し、1921年のダイアー反リンチ法案という形で議会の重要な支持を得ました。この法案はリンチを国家犯罪にしたはずですが、失敗しました。上院での投票が不十分なために法律になる。

NAACPの長としてのジョンソンの在任中の他の重要な成果には、米国のハイチ占領中の海兵隊の残虐行為の暴露、およびヒューストン殉教者を支援するための全国キャンペーンが含まれます:第24米国歩兵の兵士が宣告されましたテキサス州ヒューストンでの1917年の蜂起のために死刑または終身刑に。


プロフィール:JAMES WELDON JOHNSON(1871-1938)

作曲家、外交官、社会評論家、公民権活動家のジェームズウェルドンジョンソンは、1871年6月17日にフロリダ州ジャクソンビルでバハミアン移民の両親から生まれました。父親のジェームズ、ウェイター、母親のヘレンによる教育の価値が植え付けられました。 、教師、ジョンソンはジャクソンビルのスタントンスクールで優秀でした。 1889年、彼はジョージア州のアトランタ大学に入学し、1894年に卒業しました。

1896年、ジョンソンはフロリダ州ジャクソンビルにあるトーマスレドウィズの法律事務所で法律の勉強を始めました。 1898年、レドウィスはジョンソンがフロリダのバー試験を受ける準備ができていると考えました。厳しい2時間の試験の後、ジョンソンはパスを与えられ、バーに入院しました。ある審査官は、部屋から薹立ちして、「まあ、彼がニガーであることを忘れることはできません。彼が入院するのを見るためにここにいると、私は気が滅入るでしょう」と言って苦悩を表明しました。 1898年、ジョンソンは州内で数少ない黒人弁護士の1人になりました。

しかし、ジョンソンは法律を実践していませんでした。代わりに、彼はジャクソンビルのスタントンスクールの校長になり、そこでカリキュラムを改善し、9年生と10年生も追加しました。ジョンソンはまた、最初の黒い新聞、 デイリーアメリカン、ジャクソンビルで。マサチューセッツ州のニューイングランド音楽院で訓練を受けた兄のロザモンドとともに、ジョンソンの興味はブロードウェイの作詞作曲に向けられました。

ロザモンドとジェームズは1902年にニューヨークに移住し、ブロードウェイのパフォーマーに曲を販売することで、すぐに年間1万2000ドル以上を稼ぎました。 1900年にフロリダに戻ったとき、兄弟たちはエイブラハムリンカーンの誕生日を記念してお祝いの歌を書くように頼まれました。音楽に合わせた詩であるこの製品は、現在は「すべての声をあげ歌」として知られるようになりました。

1906年、ジョンソンはベネズエラのプエルトカベヨの米国領事になりました。外務中に、彼は彼の将来の妻、影響力のある黒人のニューヨーク市の不動産投機家、ジョンE.ネイルの娘であるグレースネイルに会いました。夫婦の最初の年は、ジョンソンの外交官であるニカラグアのコリントで過ごしました。

ジョンソンは外交官として最も有名な文学作品を書き始めていました。 元有色人の自伝。 1912年に出版されたこの小説は、1920年代のハーレムルネッサンス時代に注目を集めました。 1914年、ジョンソンは ニューヨークエイジ。彼はすぐにW.E.B.デュボアはジョンソンのD.W.に対する批評を発表しました。グリフィスの 国家の誕生 全米有色人地位向上協会(NAACP)の出版物 危機。ジョンソンはシグマパイファイフラタニティとファイベータシグマフラタニティのメンバーでした。

1916年、ジョンソンはNAACPのフィールドセクレタリーになり、NAACPの会員数と支部の数を劇的に増やしました。 1917年、彼は人種的暴力とリンチに抗議するために5番街で有名な「サイレントマーチ」を組織しました。約1万人の参加者を集めた行進は、それまでにアフリカ系アメリカ人が組織した最大の抗議行動でした。リンチに反対するキャンペーンへのジョンソンの参加は、次の20年間続いた。

彼は全国的に認められた公民権の指導者でしたが、ジョンソンは詩を書き続け、 ニューヨークエイジ。彼の「PoetryCorner」コラムは、1922年に次のように出版されました。 アメリカの黒人詩の本は、特にクロード・マッケイの「もし私たちが死ななければならない」が含まれているため、新たなハーレム・ルネッサンスへの重要な貢献となりました。ジョンソンの他のハーレムルネッサンスの貢献が含まれています アメリカの黒人精神の書 (1925), 神のトロンボーン (1927)、および 詩の7つの黒人の説教 (1927).

1930年に、ジョンソンは出版しました ブラックマンハッタン、ブラックニューヨークの社会史、そして3年後(1933年)の彼の自伝、 この方法に沿って、 現れた。

ジョンソンは1930年にNAACPを辞任し、フィスク大学で創造的な執筆と文学の教授職を受け入れました。彼はメイン州ウィスカセットで休暇を過ごしている間、1938年6月26日に自動車事故で亡くなるまで、教育と人前で話すことで活発な生活を続けました。彼の死の時、彼は67歳でした。


ジェームズウェルドンジョンソンのアメリカ史の「深い川」へのオード

ワシントンD.C.の行進と暴徒は、最近のアメリカ人の心に多くありました。また、1930年のジェームズウェルドンジョンソンにとっても、全米黒人地位向上協会の長年の秘書が詩&ldquoStを作成しました。ピーターは復活の日の事件を語ります。&rdquoその年に最初に200部のプライベート印刷で出版され、その後1935年に多くの聴衆に向けて出版されたジョンソン&rsquosの注目に値する6ページの作成は、FBIが1月6日の国会議事堂の暴動。ジョンソンの詩はまた、議会がドナルドトランプ前大統領と政府や社会の他の多くの要素が共謀して、民主主義の生命を脅かす暴徒を作成した方法を調査する委員会を準備する際に、勇敢な歴史的根拠を提供します。

ジョンソンは、詩の彼のインスピレーションに到達するために、政治的および文学的な仕事の生涯を利用しました。彼は1871年に生まれ、フロリダ州ジャクソンビルの出身で、1890年代初頭にアトランタ大学に通う前は、小中学校で十分な教育を受けていました。第一次世界大戦までに、ジョンソンは私たちの歴史の中で偉大なアフリカ系アメリカ人の博学者の一人としての地位を確立していました。彼は兄のJ.ロザモンドジョンソンと共にブロードウェイ初期の音楽作詞家であり、「すべての声をあげ歌」を作曲しました。これは「黒国歌」としても知られています。彼はラテンアメリカの米国外交官であり、優秀な小説家であり詩人であり、優れた新聞エッセイストであり、ハーレムルネッサンスと呼ばれるようになった主要な文学ブローカーであり、NAACPの背後にある組織力でした。

ジョンソンは、屈辱と社会的破壊、そしてジムクロウシステムによって強制されるコミュニティの回復力を深く知っていました。 1919年と1920年に、彼は議会の前に反リンチ法案のNAACP&rsquosの主任活動家およびロビイストでした。下院を通過した後の1922年の上院でのダイアー反リンチ法案の最後の失敗は、ジョンソンと彼のチームによる英雄的な努力の欠如によるものではありませんでした。リンチのアメリカの猥褻さはジョンソンの芸術的で道徳的な想像力に蔓延し、解放の約束に触発された一種の過激な愛国心を助長しました。

彼の詩&ldquoFifty Years&rdquoは、 NS ニューヨーク・タイムズ 1913年1月1日、黒人の自由の半世紀を記念し、これまでに想像されたアフリカ系アメリカ人の生得権の最も説得力のある声明の1つであり続けています。

考えを起こさせないために
私たちがここに苦しんでいること
追放者、これらの空に亡命した&rsquoneath、
そして、部分や共有のないエイリアン。

この土地は私たちの誕生の権利です、
この土地は苦労の権利によって私たちのものです
私たちはその処女の地球を変えるのを手伝いました、
私たちの汗はその実り多い土壌にあります。

ジョンソンはさらに、1917年にNAACPが後援した、リンチに対するサイレント抗議行進の主要な主催者であり、ニューヨークの5番街を10,000人の規律ある平和な黒人で埋め尽くしました。


ジェームズウェルドンジョンソンメモリアルコレクション

ジェームズウェルドンジョンソンメモリアルコレクション(JWJ)は、アフリカ系アメリカ人の文化的および芸術的業績と知的および政治的活動を文書化し、祝います。

1941年に設立されたJWJコレクションは、アフリカ系アメリカ人の歴史と文化の重要なアーカイブです。 13,000冊以上の巻と数百フィートの原稿資料があり、イェール図書館で最も相談されているコレクションの1つです。代表的な写本は、コレクションの豊富さを示唆しています:リチャードライトの ネイティブの息子 ゾラニールハーストンの 彼らの目は神を見ていました ウェブ。デュボアのハーバード大学の論文「倫理のルネサンス」(ウィリアムジェームズによる注釈が含まれています)ジェームズウェルドンジョンソンの 元色の男と神のトロンボーンの自伝 とラングストンヒューズの 疲れたブルース。豊富な通信の例には、オーウェン・ドッドソンとアダム・クレイトン・パウエル・ジョエル・スピンガーンとW.E.B.の間の手紙が含まれます。デュボアとジョージアダグラスジョンソンとウィリアムスタンリーブライスウェイト。ジェームズウェルドンジョンソンとウォルターホワイトの通信は、N.A.A.C.Pの初期の歴史を文書化しています。 W.C.による音楽原稿もあります。ハンディとトーマス「ファッツ」ウォーラー、とりわけ。

このコレクションは、彼の親友、作家、教授、弁護士、外交官、詩人、ソングライター、公民権活動家のジェームズウェルドンジョンソンの驚くべき人生を称えるためにカールヴァンヴェクテンによって設立されました。ヴァンヴェクテンは、イェール大学の司書長であるベルンハルトノレンベルクから、「ニグロの本はまったくありません」と言われました。これらは、ヴァンヴェクテンが回想し、「エールがその場所であると私に納得させるための正確に正しい言葉」であり、彼の個人的なアーカイブと図書館を贈りました。ヴァンヴェクテンの贈り物に続いて、ジョンソンの未亡人であるグレースネイルジョンソンは、亡くなった夫の論文を寄稿し、ラングストンヒューズ(W.E.B.)からの論文の贈り物への道を切り開きました。デュボア、ウォルターホワイト、ポピーキャノンホワイト、ドロシーピーターソン、ハロルドジャックマン、チェスターハイムズ。このコレクションには、リチャード・ライトとジーン・トゥーマーの論文のほか、アーナ・ボンタン、カウンティー・カレン、ゾラ・ニール・ハーストン、クロード・マッケイ、ワレス・サーマンなどの作家の原稿や書簡のグループも含まれています。

JWJコレクションには豊富なビジュアル素材も含まれています。カール・ヴァン・ヴェクテンは、アルビン・エイリー、マリアン・アンダーソン、パール・ベイリー、ジョセフィン・ベーカー、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイ、アーサー・キット、アーサー・ミッチェル、ポール・ロブソン、マーガレット・ウォーカー、エセル・ウォーターズなど、数百人の友人を撮影しました。 、サンプルを与えるだけです。これらの写真は、ラングストンヒューズとリチャードライトによって収集されたものとともに、1920年代から1950年代にかけて米国で活躍したアーティスト、作家、俳優、ミュージシャン、政治家の重要な視覚的記録を構成しています。リッチモンド・バルテ、オーガスタ・サベージ、レスリー・ボリングの彫刻、メアリー・ベルのドローイング、アントニオ・サレムのエセル・ウォーターズの肖像画の頭、記念のメダルや版画などがコレクションに含まれています。 1990年代に買収された、アフリカ系アメリカ人の写真のランドルフ・リンスリー・シンプソンコレクションには、アフリカ系アメリカ人の約3,000枚の写真が含まれており、ダゲレオタイプやキャビネットカードから写真のポストカードやスナップショットまで、写真の歴史にまたがっています。

強力な買収が進行中です。最近追加されたのは、教育者、サフラゲット、反リンチ活動家のエレン・バークスデール・ブラウンのアーカイブです。劇作家であり、ロイド・リチャーズ監督の文学アーカイブです。彼は、エール・スクール・オブ・ドラマの学部長を務め、1959年のブロードウェイの監督として記憶されています。ロレイン・ハンズベリーの制作 太陽の下でのレーズン オーガストウィルソンの主要な協力者であるドロシーポーターウェズリーの論文、ハワード大学のムーアランドスピンガーンコレクションの画期的な司書、ジェイムズボールドウィンによるいくつかの大きな手紙のグループ、アフリカ系アメリカ人の詩機関であるケイブカネムの財団記録。コレクションは、ブラックツーリズム、美容文化、映画のエフェメラを買収することで、従来の印刷物を超えて成長を続けています。

参考文献

バーナードの2013年の本で、ジェームズウェルドンジョンソンメモリアルコレクションの創設に関する広範な歴史を読んでください。 カールヴァンヴェクテンとハーレムルネッサンス。


ジェームズウェルドンジョンソン-歴史

アメリカ海兵隊は1915年から1934年までハイチを占領しました。1919年までに、ハイチのシャルルマーニュP&eacuteralteは1,000人以上を組織しました。 カコス、または武装ゲリラ、軍事的に海洋占領に反対します。海兵隊は、村を破壊し、何千人ものハイチ人を殺し、さらに多くの人々の生活を破壊する対反乱作戦キャンペーンで抵抗に応えました。 NAACPなどのアメリカの組織は、ハイチの米国による占領に反対しました。彼らは、状況を調査し、20世紀初頭のハイチにおける米国の政策の露骨な人種差別と帝国主義に抗議する代表団を派遣した。 NAACPのリーダーであるジェームズウェルドンジョンソンによる1920年の記事は、米国によるハイチ占領の標準的な正当化に反論しました。

ハイチへの私の訪問の書面で 危機 読者の皆様、私がそこで学んだ政治的、経済的、社会的状況についてすべてお話ししたいと思います。また、国とハイチの人々自身について得た情報と印象もお伝えしたいと思います。もちろん、これは不可能です。完全に扱われた主題のこれらのフェーズのいずれかが完全な記事になるからです。私は、各フェーズについての何かが、1つについてのすべてよりも興味深く、より包括的であると判断しました。したがって、私が言うことは必然的にかなり大ざっぱです。

歴史的背景

まず第一に、ハイチの人々の歴史的、文化的背景を一瞥してほしいと思います。現在と実際の状況を完全に理解するためには、ハイチの人々が彼らの背後に輝かしい歴史を持っているという事実に精通する必要があります。ハイチは、アメリカに次ぐアメリカ共和国で最初に独立を果たしました。ハイチの独立のための戦争の物語は、世界の歴史の中で最もスリリングな章の1つです。エイリアンの歴史家が書いたものだけを読むと、彼はハイチの闘争が半野蛮な黒人の大群による数の多い白人の虐殺にすぎないという考えを得る。虐殺と野蛮さがありましたが、それは両側にありました。しかし、戦争自体は、アメリカ独立戦争と比較して、規模がほとんどないものでした。フランス軍とハイチ軍が交戦し、80,000人以上の兵士を集めたことがありました。フランス軍はナポレオンが送ることができる最高でした。ハイチ軍は無法なゲリラの一団ではありませんでしたが、よく訓練され、よく警備されていました。これらの軍隊が彼らの勇気と彼らの指揮官のために彼らの軍事力と勇敢さのためにフランス人の賞賛を強要した戦いがありました。

ハイチ革命は単なる政治革命ではなかったことにも留意する必要があります。それは社会革命でもありました。国の政治的および社会的組織の両方の完全な転覆がありました。動産だった男が支配者になりました。植民地時代の奴隷所有者の大邸宅は小さな区画に切り分けられ、かつての奴隷に割り当てられました。この最後の事実は、ハイチの現状に直接関係しています。これについては後で説明します。

ハイチは116年前に独立を獲得し、アメリカの介入の年である1915年まで完全な主権を維持しました。ラテンアメリカのどの共和国も、ハイチが遭遇した独立を維持するのに困難を抱えていませんでした。黒人共和国は、米国から期待する権利のある支援を受けていませんでした。ハイチはフランス、イギリス、スペインと戦っていましたが、アメリカは彼女の独立を認めたすべての強力な国の中で最後でした。実際、彼女が最初であるはずでした。

知的な色のアメリカ人でさえ、ハイチの歴史の主題に甘んじたり恥ずかしい思いをしたりする傾向があります。クリストフ王が宮殿で一般に受け入れられている話に、彼らの多くが微笑んだり恥ずかしい思いをしたことは間違いありません。 Sans Souci そして彼の公爵と伯爵の宮廷。クリストフの宮廷の人気のある写真は、彼らが食べたり飲んだりするのが一番好きなものの名前から彼らの称号をとった貴族に囲まれて、王で滑稽に遊んでいる半野蛮人の写真です。クリストフは注目に値する人物であり、偉大な知性とエネルギーの支配者でした。彼は、可能な限り最強の政府形態の下でハイチのためにほとんどが達成できると感じたので、彼自身を王と宣言した。彼の指揮の下、ハイチ北部は大きな発展を遂げました。クリストフの宮殿を訪問しました Sans Souci 廃墟になりましたが、それがまさに宮殿であったことを示すにはまだ十分な余地があります。建物と敷地はヴェルサイユ宮殿の後に複製され、ヨーロッパの最高の建築家と建築家によって建設されました。それが建てられたとき、それが西半球で最も宮殿のような住居であったことは間違いありません。

しかし、クリストフのエネルギーと偉大さのさらに素晴らしい証言は、ハイチを征服しようとする場合にフランス人に対する最後の拠点となるという考えで彼が建てた要塞です。彼はこの城塞を高さ3000フィート以上の山の頂上に建てました。山は彼の宮殿の上にそびえ立っていました。 Sans Souci、 そして何マイルにもわたって伸びるハイチ北部の肥沃な平原を支配しました。私は城塞に旅行しました。狭くて険しい山道を馬に乗って旅するのに2時間以上かかります。 1時間半乗った後、急に小道を曲がり、構造物の最初の景色を捉えました。その光景は素晴らしかった。それは唖然としました。自分の目を信じられませんでした。そこで、山の頂上から、固いレンガと石の巨大な壁が100フィート以上の高さまで上昇しました。城塞の3つの側面では、壁は山の側面と透けています。反対側には小道が近づいています。

この道、クリストフは、それぞれが約30フィートの長さの50個の真ちゅう製の頑丈な大砲によって指揮されていました。彼がどうやってこれらの銃を山の頂上に上げたのか誰も知らないようです。ハイチ政府は彼らに金属としての申し出をしましたが、誰も彼らを倒す方法を知らないようです。普通のランチバスケットで城塞にたどり着くのは簡単なことではないので、彼らを立ち上げることは超人的な成果でした。この広大な要塞を一瞬も止まることなく2時間以上かけて過ごしましたが、それを見れば見るほど、その作品の実行だけでなく、単なる構想にも疑問が浮かびました。多くの場所で、壁の厚さは8〜12フィートです。その大きさのアイデアは、それが3万人の兵士を4分の1にするために建てられたという事実から得られるかもしれません。それは西半球で最も素晴らしい遺跡であり、犠牲にされた人間のエネルギーと労働の量については、エジプトのピラミッドとよく比較することができます。壁からの落下が2,000フィートを超える最高点に立ち、ハイチ北部の豊かな平原を見渡すと、男には自分自身を感じる権利があると思ったのです。王様、その男は城塞の欄干を歩き回ったときのクリストフでした。

クリストフとデサリンを生み出したのはニグロの血の人々であり、世界に最も偉大な政治家の1人であるトゥーサンルーヴェルチュールを与えました。彼らの背後には、誇りに思う権利がある歴史があります。彼らは現在、アメリカの政治的支配だけでなく、アメリカの偏見の支配下にある彼らの独立性の喪失によって脅かされています。ハイチは今日、アメリカ人によって調剤された戒厳令によって支配されています。ハイチには約3000人のアメリカ海兵隊がおり、アメリカの支配は彼らの銃剣によって維持されています。アメリカ占領の5年間で、3000人以上の無実のハイチ人が虐殺されました。

アメリカの介入とハイチの軍事占領を正当化する試みがなされた3つの理由があります。 1つ目は、文明世界がもはや容認できないような無政府状態と流血状態に達したということ、2つ目は、ハイチ人が自分たちを統治するのに絶対的な不適格性を示したこと、3つ目は、ハイチに大きな利益がもたらされたことです。アメリカの支配。

最初のものに関して:米国政府は、1915年7月27日のヴィルブルン・ギヨーム大統領の悲劇的な転覆と死のために、純粋に人道的な理由でハイチに介入することを余儀なくされたように見せたいと望んでいた。その時以来、国を平和に保つためにハイチに軍事力を維持することを余儀なくされてきました。事実は、ほぼ1年前に クーデター ギヨームを打倒した米国は、ハイチにアメリカの支配下に置くように強制するよう圧力をかけていました。 3つの異なる任務によって3つの外交の試みがなされました。 3回目の試みが行われたのは1915年5月でした。米国は、ハイチが署名することに同意しない限り、ギヨーム政権が米国によって承認されないことをハイチ政府に通知する特別な任務で、「臨時特使」というタイトルでハイチにポール・フラー・ジュニア氏を送りました。この国がサントドミンゴと結んだものと同様の契約。 7月27日の事件が起こったとき、両政府はこの提案について意見を交換していました。

7月27日、ギヨーム大統領はフランス議会に逃亡した。同日、ポルトープランスの刑務所で政治犯が処刑された。翌朝、ギヨームは殺害され、その日の午後、アメリカの戦争マンがポルトープランスに錨を下ろし、アメリカ軍を上陸させた。ギヨームが殺害された直後、ポルトープランスは何も起こらなかったかのように静かでした。そのすべてを通して、一人のアメリカ市民の命が奪われたり危険にさらされたりしたことはありませんでした。ギヨームの転覆とそれに伴う結果は、ハイチへのアメリカの介入の原因を構成するものではなく、単にこの政府が待っていた機会を提供したにすぎません。メキシコにあったようなハイチへの介入の理由はありませんでした。

ハイチの人々が自分たちを統治するのにふさわしくないことは、前世紀の宣伝の対象でした。本やパンフレット、記事が書かれ、ハイチ人が進歩することができなかっただけでなく、着実に野蛮主義に逆行していることを証明するために、講義が何度も行われた。ポルトープランスの街を観察するだけで、この頻繁に行われる主張に反論することができます。ポルトープランスは、清潔で舗装された、明るい街です。その新しいビジネスビルは、コンクリートとレンガで作られています。町のビジネスセクションを説明する雑誌や本でよく見られる木製の小屋は、古いフランスの研究の遺物です。ポルトープランスの住宅街は、街の裏側にそびえる丘の斜面に建てられています。裕福な人々の家は手入れの行き届いた敷地のある美しい別荘で、何百もあります。

ポルトープランスのこのセクションは、中央アメリカのどの都市の住宅セクションよりも優れています。実際、ポルトープランスは私が見た中で最も美しい熱帯都市の1つです。ハイチは1世紀以上にわたって独立しており、その間ずっと人々が着実に野蛮主義に逆行していたとしたら、今日のポルトープランスは、都市ではなく、汚物と腐敗の集合体になるでしょう。ポルトープランスでは、感嘆符に応えて、「ポルトープランスの素晴らしい街が何であるかを見て驚いたのはなぜですか!」と答えるアメリカ人に会うでしょう。占領前にそれを見たことがあります。&#8221ここでの意味は、アメリカの占領がポルトープランスを舗装され手入れの行き届いた都市にする責任があるということです。確かに、ポルトープランスの主要な通りのうち、5年前の介入の時点で舗装されたのは1つか2つだけでしたが、作業はすでに開始されており、街全体を舗装する契約はすでに許可されていました。ハイチ政府。アメリカの占領は舗装せず、ポルトープランスの単一の通りの舗装とは何の関係もありませんでした。アメリカの保健官によって制定された規制は、通りが掃除される規則性と関係があるかもしれませんが、私の観察は、ハイチ人がアメリカの占領のずっと前に習得したに違いない「掃く習慣」を持っていることを私に示しました。

私は車で昼夜を問わず、車内を5日間旅行しました。早朝、田園地帯の小屋を次々と通り過ぎると、女性たちは床のようにきれいになるまで庭を注意深く掃除していることに気づきました。実際、ハイチの農村地域のどこにも、私たちの南部の裏森の町で見られるような汚物や喧噪は見られませんでした。

ハイチの小さな都市はポルトープランスのレプリカです。ハイチ人がそうでなくても、彼らはきれいな人々です。多くはぼろきれやボロボロに身を包んでいるかもしれませんが、ぼろきれやボロボロは定期的に洗われます。不潔なハイチ人はまれな例外です。この点で、ハイチで最大の商取引を行っている白人アメリカ人の発言を思い出します。彼はハイチ人の清潔さについて私に話していました、そして彼は私を非常に強引に襲った観察をしました。彼は私に統計を見せて、ハイチが世界のどの国よりも一人当たりの石鹸を輸入していることを証明しました。彼は、米国で最大の石鹸メーカーの3つがポルトープランスに本社を置いていると私に言いました。

ハイチ人の不適格性を証明するために長い間流布されてきた宣伝のもう一つのポイントは、人々が先天的かつ習慣的に怠惰であるという声明です。 Not long ago I saw a magazine article on Haiti, and one of the illustrations was a picture of a Haitian man lying asleep in the sun, and under it was the title “the Favorite Attitude of Haiti’s Citizens.” I would wager that the photographer either had to pay or persuade his subject to pose especially for him, because in all of my six weeks in Port-au-Prince, I never saw anybody lying around in the sun asleep. On the contrary, the Haitians are quite a thrifty people. What deceives some observers is the fact that their methods are primitive. The mistake is often made of confounding primitive methods with indolence. Anyone who travels the roads of Haiti will be struck by the sight of scores and hundreds and even thousands of women, boys and girls filing along, mile after mile, with the produce of their farms and gardens on their heads, or loaded on the backs of animals, to dispose of them in the markets of the towns. I do not see how anyone could accuse such people of being lazy. Of course, they might market their stuff more efficiently if they had automobile trucks they have no automobile trucks, but they are willing to walk. For a woman to walk eight or ten miles with a bundle of produce on her head which may barely realize her a dollar is, undoubtedly, a wasteful expenditure of energy, but it is not a sign of laziness.

The Haitian people have also been accused of being ignorant and degraded. They are not degraded. I had ample opportunity to study the people of the cities, and the people of the country districts, and I found them uniformly kind, courteous and hospitable, living in a simple and wholesome manner. The absence of crime in Haiti is remarkable, and the morality of the people is strikingly high. Port-au-Prince is a city of more than 100,000, but there is no sign of the prostitution that is so flagrant in many Latin-American cities. I was there for six weeks and in all that time, not a single case of a man being accosted by a woman on the street came to my attention. I heard even from the lips of American Marines tributes to the chastity of the Haitian women.

The charge that the Haitians are ignorant is only partly true. They are naturally quick witted and have lively imaginations. The truth, however, is that the great mass of the Haitian people are illiterate. They are perhaps more illiterate than the people of any Latin-American country, but there is a specific reason for this. For a reason which I cannot explain, the French language in the French-American colonial settlements containing a Negro population divided itself into two branches—French and Creole. This is true of Louisiana, Martinique and Guadeloupe, and also of Haiti. The Creole is an Africanized French, and must not be thought of as a mere dialect. The French-speaking person cannot, with the exception of some words, understand Creole unless he learns it. Creole is a distinct language, a graphic and very expressive language, and in some respects, is, for Haiti, a language superior to French.

The upper Haitian classes, say approximately 500,000, speak French, while the masses, probably 2,000,000, speak Creole, and though Haitian Creole is grammatically constructed, it has not been generally, reduced to writing. Therefore, these 2,000,000 people have no way of communication through the written word. They have no books to read. They cannot read the newspapers. They cannot communicate with each other by writing. The children of the masses study French the few years they spend in school, but French never becomes their every-day language. In order for Haiti to abolish illiteracy and thereby reduce the ignorance of her masses, Creole must be made a written, as well as a spoken language for I feel that it is destined to remain the folk language of the country. This offers a fascinating task for the Haitian intellectuals. Before I left, I talked with a group of them concerning it.

I had the opportunity of being received into the homes of the cultured and wealthy people of Port-au-Prince, to attend several of their social affairs and to visit the clubs. Even the most prejudiced writers of Haiti have had to make an exception of this class of Haitians, for they compel it. The majority have been educated in France. They have money. They live in beautiful houses. They are brilliant in conversation and know how to conduct themselves socially. The women dress in fine taste, many of them importing their gowns directly from Paris. Refined people from no part of the world would feel themselves out of place in the best Haitian society. Many of these women are beautiful and all of them vivacious and chic. I was deeply impressed with the women of Haiti, not only the society women, but the peasant women. I should like to give my impressions, but space will not allow.

The third ground offered as justification is that great benefits have been brought to Haiti by American control. I made an honest effort to find out what things the Americans have done for the benefit of Haiti, during the five years of Occupation. I found that only three things could be advanced, and they were: The Improvement of the public hospital at Port-au-Prince enforcement of rules of modern sanitation and the building of the great road from Port-au-Prince to Cape Haitian. The improvement in the hospital is a worthy piece of work but cannot be made to justify military occupation. The enforcement of certain rules of sanitation is not quite so important as it sounds, for the reason that Haiti, under native rule, has always been a healthy country and never subject to the epidemics which used to sweep the countries circling the Gulf of Mexico and the Caribbean Sea.

The building of the road from Port-au-Prince to Cape Haitian is a monumental piece of work, but it is doubtful whether the Occupation had in mind the building of a great highway for the benefit of Haiti, or the construction of a military road which would facilitate the transportation of troops and supplies from one end of the island to the other. At any rate, the manner of building this road was one of the most brutal blunders made by the American Occupation in Haiti. It was built by forced labor. Haitian men were seized on the country roads and taken off their farms and put to work. They were kept in compounds at night and not allowed to go home. They were maltreated, beaten and terrorized. In fact, they were in the same category with the convicts in the Negro chain gangs that are used to build roads in many of our southern states. It was largely out of the methods of building this road that there arose the need for “pacification”. The Haitians rebelled. Many of them made their escape and fled to the hills and armed themselves as best they could for revenge. These refugees make up the greatest part of the “caco” forces, and it has now become the duty and sport of American marines to hunt these “cacos” with rifles and machine guns. I was seated at a table one day in company with an American captain of marines and I heard him describe a “caco” hunt. He told how they finally came upon a crowd of natives having a cock fight and how they let them have it with machine guns.

There was one accomplishment which I did expect to find. I expected to find that the Americans had at least made an attempt to develop and improve the system of public education in Haiti. This, at least, they have done in other countries where they have taken control. But I found that the American Occupation has not advanced public education in Haiti a single step. No new school buildings have been erected or new schools established. Not a single Haitian youth has been sent away for training and not a single American teacher, white or colored, has been sent to Haiti to teach.

The United States has absolutely failed in Haiti. It has failed to accomplish any results that justify its military Occupation of that country, and it has made it impossible for those results ever to be accomplished because of the distrust, bitterness and hatred which it has engendered in the Haitian people. Brutalities and atrocities on the part of American Marines have occurred with sufficient frequency to bring about deep resentment and terror on the part of the Haitian people. There have been needless killings of natives by marines. I was told that some marines had cut a notch in the stocks of their rifles for each native killed. Just before I left Port-au-Prince, an American marine caught a Haitian boy stealing sugar on the wharf, and instead of arresting him, he battered his brains out with the butt of his rifle.

I learned from the lips of American marines, themselves, of a number of cases of rape on Haitian women by marines. But, perhaps, the worst phase of American brutality in Haiti is, after all, not in the individual cases of cruelty, but in the American attitude. This attitude may be illustrated by a remark made by a marine officer at another time when I was seated at a table with some Americans. We were discussing the Haitian situation when he said, “The trouble with this business is that some of these people with a little money and education, think they are as good as we are.” The irony of his remark struck me quite forcible since I had already met a number of cultured Haitians in their homes.

The Americans have carried American prejudice to Haiti. Before their advent, there was no such thing in social circles as race prejudice. Social affairs were attended on the same footing by natives and white foreigners. The men in the American Occupation, when they first went down, also attended Haitian social affairs, but now they have set up their own social circle and established their own club to which no Haitian is invited, no matter what his social standing is. The Haitians now retaliate by never inviting Americans to their social affairs or their clubs. Of course, there are some semi-social affairs at which Haitians and Occupation officials meet, but there is a uniform rule among Haitian ladies not to dance with any American official.

A great deal of this prejudice has been brought about because the Administration has seen fit to send southern white men to Haiti. For instance, the man at the head of the customs service is a man who was formerly a parish clerk in Louisiana. The man who is second in charge of the customs service is a man who was formerly Deputy Collector of Customs at Pascagoula, Miss. The man who is Superintendent of Public Instruction was formerly a school teacher in Louisiana. It seems like a practical joke to send a man from Louisiana where they have not good schools even for white children down to Haiti to organize schools for black children. And the mere idea of white Mississippians going down to civilize Haitians and teach them law and order would be laughable except for the fact that the attempt is actually being made to put the idea into execution. These Southerners have found Haiti to be the veritable promised land of “jobs for deserving democrats”. Many of these men, both military and civilian officials, have moved their families to Haiti. In Port-au-Prince many of them live in fine villas. Many of them who could not keep a hired girl in the United States have a half-dozen servants. All of the civilian heads of departments have automobiles furnished at the expense of the Haitian Government. These automobiles seem to be used chiefly to take the women and children out for an airing each afternoon. It is interesting to see with what disdain, as they ride around, they look down upon the people who pay for the cars. It is also interesting to note that the Haitian officials and even the cabinet officers who are officially the superiors of these various heads have no cars. For example, the Louisiana superintendent has a car, but the Haitian Minister of Public Instruction has none. What the Washington Administration should have known was that in order to do anything worth while for Haiti, it was necessary to send men there who were able and willing to treat Negroes as men, and not because of their ability to speak poor French, or their knowledge of “handling niggers”.

The United States has failed in Haiti. It should get out as well and as quickly as it can and restore to the Haitian people their independence and sovereignty. The colored people of the United States should be interested in seeing that this is done, for Haiti is the one best chance that the Negro has in the world to prove that he is capable of the highest self-government. If Haiti should ultimately lose her independence, that one best chance will be lost.


James Weldon Johnson (1871-1938)

James Weldon Johnson, composer, diplomat, social critic, and civil rights activist, was born of Bahamian immigrant parents in Jacksonville, Florida on June 17, 1871. Instilled with the value of education by his father James, a waiter, and his mother Helen, a teacher, Johnson excelled at the Stanton School in Jacksonville. In 1889, he entered Atlanta University in Georgia, graduating in 1894.

In 1896, Johnson began to study law in Thomas Ledwith’s law office in Jacksonville, Florida. In 1898, Ledwith considered Johnson ready to take the Florida bar exam. After a grueling two-hour exam, Johnson was given a pass and admitted to the bar. One examiner expressed his anguish by bolting from the room and stating, “Well, I can’t forget he’s a nigger and I’ll be damned if I’ll stay here to see him admitted.” In 1898, Johnson became one of only a handful of black attorneys in the state.

Johnson, however, did not practice law. Instead, he became principal at the Stanton School in Jacksonville, where he improved the curriculum and also added the ninth and tenth grades. Johnson also started the first black newspaper, the Daily American, in Jacksonville. With his brother Rosamond, who had been trained at the New England Conservatory of Music in Massachusetts, Johnson’s interests turned to songwriting for Broadway.

Rosamond and James migrated to New York in 1902 and were soon earning over twelve thousand dollars a year by selling their songs to Broadway performers. Upon a return trip to Florida in 1900, the brothers were asked to write a celebratory song in honor of Abraham Lincoln’s birthday. The product, a poem set to music, became “Lift Every Voice and Sing,” now known as the Black National Anthem.

In 1906, Johnson became United States consul to Puerto Cabello in Venezuela. While in the foreign service, he met his future wife, Grace Nail, the daughter of influential black New York City real estate speculator, John E. Nail. The couple’s first year was spent in Corinto, Nicaragua, Johnson’s diplomatic post.

While in the diplomatic service, Johnson had begun to write his most famous literary work, The Autobiography of An Ex-Colored Man。 This novel, published in 1912, became a work of note during the Harlem Renaissance of the 1920s. In 1914, Johnson became an editor for the New York Age。 He soon gained notoriety when W.E.B. DuBois published Johnson’s critique of D.W. Griffith’s The Birth of a Nation in the National Association for the Advancement of Colored People (NAACP) publication The Crisis。 Johnson was a member of Sigma Pi Phi Fraternity and Phi Beta Sigma Fraternity.

In 1916, Johnson became Field Secretary for the NAACP and dramatically increased NAACP membership and the number of branches. In 1917, he organized the famous “Silent March” down 5th Avenue to protest racial violence and lynching. The march, which numbered approximately ten thousand participants, was the largest protest organized by African Americans to that point. Johnson’s participation in the campaign against lynching continued for the next two decades.

Although he was a nationally recognized civil rights leader, Johnson continued to write and critique poetry in a column for the New York Age。 His “Poetry Corner” column, published in 1922 as The Book of American Negro Poetry, became an important contribution to the emerging Harlem Renaissance particularly because of its inclusion of Claude McKay’s “If We Must Die.” Johnson’s other Harlem Renaissance contributions included The Book of American Negro Spirituals (1925), God’s Trombones (1927), and Seven Negro Sermons in Verse (1927).

In 1930, Johnson published Black Manhattan, a Social History of Black New York, and three years later (in 1933) his autobiography, Along This Way, appeared.

Johnson resigned from the NAACP in 1930 and accepted a faculty position in creative writing and literature at Fisk University. He maintained an active life in teaching and public speaking until he died in an automobile accident on June 26, 1938, while vacationing in Wiscasset, Maine . He was 67 at the time of his death.


(1923) James Weldon Johnson, “Our Democracy and the Ballot”

Poet, novelist and U.S. diplomat, James Weldon Johnson is probably best known to millions as the author of the lyrics to “Lift Every Voice and Sing,” the black national anthem. Johnson was also a civil rights activist and was Executive Secretary of the National Association of Colored People from 1920 to 1929. As such, Johnson spoke out on a variety of issues facing African Americans. In the speech below, given at a dinner for Congressman (and future New York Mayor) Fiorello H. LaGuardia at the Hotel Pennsylvania in New York City on March 10, 1923, Johnson outlines the importance of the vote for the nation’s black citizens.

Ladies and Gentlemen: For some time since I have had growing apprehensions about any subject especially the subject of a speech that contained the word “democracy.” The word “democracy” carries so many awe inspiring implications. As the key word of the subject of an address it may be the presage of an outpour of altitudinous and platitudinous expressions regarding “the most free and glorious government of the most free and glorious people that the world has ever seen. ” On the other hand, it may hold up its sleeve if you will permit such a figure, a display of abstruse and recondite theorizations or hypotheses of democracy as a system of government. In choosing between either of these evils it is difficult to decide which is the lesser.

Indeed, the wording of my subject gave me somewhat more concern than the speech. I am not lure that it contains the slightest idea of what I shall attempt to say but if the wording of my subject is loose it only places upon me greater reason for being more specific and definite in what I shall say. This I shall endeavor to do at the same time, however, without being so, confident or so cocksure as an old preacher I used to listen to on Sundays when I taught school one summer down in the backwoods of Georgia, sometimes to my edification and often to my amazement.

On one particular Sunday, after taking a rather cryptic text, he took off his spectacles and laid them on the pulpit, closed the with a bang and said, “Brothers and sisters, this morning I intend to explain the unexplainable, to find out the indefinable, to ponder over the imponderable, and to unscrew the inscrutable.”

Our Democracy and the Ballot

It is one of the commonplaces of American thought that we a democracy based upon the free will of the governed. The popular idea of the strength of this democracy is that it is founded upon the fact that every American citizen, through the ballot, is a ruler in his own right that every citizen of age and outside of jail or the insane asylum has the undisputed right to determine through his vote by what laws he shall be governed and by whom these laws shall be enforced.

I could be cynical or flippant and illustrate in how many this popular idea is a fiction, but it is not my purpose to deal in cleverisms. I wish to bring to your attention seriously a situation, a condition, which not only runs counter to the popular conception of democracy in America but which runs counter to the fundamental law upon which that democracy rests and which, in addition, is a negation of our principles of government and a to our institutions.

Without any waste of words, I Come directly to a condition which exists in that section of our country which we call “the South,” where millions of American citizens are denied both the right to vote and the privilege of qualifying themselves to vote. I refer to the wholesale disfranchisement of Negro citizens. There is no need at this time of going minutely into the methods employed to bring about this condition or into the reasons given as justification for those methods. Neither am I called upon to give proof of my general statement that millions of Negro citizens in the South are disfranchised. It is no secret. There are the published records of state constitutional conventions in which the whole subject is set forth with brutal frankness. The purpose of these state constitutional conventions is stated over and. over again, that purpose being to exclude from the right of franchise the Negro, however literate, and to include the white man, however illiterate.

The press of the South, public men in public utterances, and representatives of those states in Congress, have not only admitted these facts but have boasted of them. And so we have it as an admitted and undisputed fact that there are upwards of four million Negroes in the South who are denied the right to vote but who in any of the great northern, mid western or western states would be allowed to vote or world at least have the privilege of qualifying themselves to vote.

Now, nothing is further from me than the intention to discuss this question either from an anti South point of view or from a pro Negro point of view. It is my intention to put it before you purely as an American question, a question in which is involved the political life of the whole country.

Let us first consider this situation as a violation, not merely a violation but a defiance, of the Constitution of the United States. The Fourteenth and Fifteenth Amendments to the Constitution taken together express so plainly that a grammar school boy can understand it that the Negro is created a citizen of the United States and that as such he is entitled to all the rights of every other citizen and that those rights, specifically among them the right to vote, shall not be denied or abridged by the United States or by any state. This is the expressed meaning of these amendments in spite of all the sophistry and fallacious pretense which have been invoked by the courts to overcome it.

There are some, perhaps even here, who feel that serious a matter to violate or defy one amendment to the Constitution than another. Such persons will have in mind the Eighteenth Amendment. This is true in a strictly legal sense but any sort of analysis will show that violation of the two Civil War Amendments strikes deeper. As important as the Eighteenth Amendment may be, it is not fundamental it contains no grant of rights to the citizen nor any requirement of service from him. It is rather a sort of welfare regulation for his personal conduct and for his general moral uplift.

But the two Civil War Amendments are grants of citizenship rights and a guarantee of protection in those rights, and therefore their observation is fundamental and vital not only to the citizen but to the integrity of the government.

We may next consider it as a question of political franchise equality between the states. We need not here go into a list of figures. A few examples will strike the difference:

In the elections of 1920 it took 82,492 votes in Mississippi to elect two senators and eight representatives. In Kansas it 570,220 votes to elect exactly the same representation. Another illustration from the statistics of the same election shows that vote in Louisiana has fifteen times the political power of one vote in Kansas.

In the Congressional elections of 1918 the total vote for the ten representatives from the State of Alabama was 62,345, while the total vote for ten representatives in Congress from Minnesota was 299,127, and the total vote in Iowa, which has ten representations was 316,377.

In the Presidential election of 1916 the states of Alabama, Arkansas, Georgia, Louisiana, Mississippi, North Carolina, South Carolina, Tennessee, Texas and Virginia cast a total vote for the Presidential candidates of 1,870,209. In Congress these states a total of 104 representatives and 126 votes in the electoral college. The State of New York alone cast a total vote for Presidential candidates of 1,706,354, a vote within 170,000 of all the votes cast by the above states, and yet New York has only 43 representatives and 45 votes in the electoral college.

What becomes of our democracy when such conditions of inequality as these can be brought about through chicanery, the open violation of the law and defiance of the Constitution ?

But the question naturally arises, What if there is violation of certain clauses of the Constitution what if there is an inequality of political power among the states? All this may be justified by necessity.

In fact, the justification is constantly offered. The justification goes back and makes a long story. It is grounded in memories of the Reconstruction period. Although most of those who were actors during that period have long since died, and although there is a new South and a new Negro, the argument is still made that the Negro is ignorant,. the Negro is illiterate, the Negro is venal, the Negro is inferior and, therefore, for the preservation of civilized government in the’ South, he must be debarred from the polls. This argument does not take into account the fact that the restrictions are not against ignorance, illiteracy and venality, because by the very practices by which intelligent, decent Negroes are debarred, ignorant and illiterate white men are included.

Is this pronounced desire on the part of the South for an enlightened franchise sincere, and what has been the result of these practices during the past forty years? What has been the effect socially intellectually and politically, on the South? In all three of these vital phases of life the South is, of all sections of the country, at the bottom. Socially, it is that section of the country where public opinion allows it to remain the only spot in the civilized world no, more than that, we may count in the blackest spots of Africa and the most unfrequented islands of the sea it is a section where public opinion allows it to remain the only spot on the earth where a human being may be publicly burned at the stake.

And what about its intellectual and political life? As to intellectual life I can do nothing better than quote from Mr. H. L. Mencken, himself a Southerner. In speaking of the intellectual life of the South, Mr. Mencken says:

“It is, indeed, amazing to contemplate so vast a vacuity. One thinks of the interstellar spaces, of the colossal reaches of the now mythical ether. One could throw into the South France, Germany and Italy, and still have room for the British Isles. And yet, for all its size and all its wealth and all the `progress’ it babbles of, it is almost as sterile, artistically, intellectually, culturally, as the Sahara Desert . 。 。 。 If the whole of the late Confederacy were to be engulfed by a tidal wave tomorrow, the effect on the civilized minority of men in the world would be but little greater than that of a flood on the Yang tse kiang. It would be impossible in all history to match so complete a drying up of a civilization. In that section there is not a single poet, not a serious historian, a creditable composer, not a critic good or bad, not a dramatist dead or alive.”

In a word, it may be said that this whole section where, at the cost of the defiance of the Constitution, the perversion of law, stultification of men’s consciousness, injustice and violence upon a weaker group, the “purity” of the ballot has been preserved and the right to vote restricted to only lineal survivors of Lothrop Stoddard ‘s mystical Nordic supermen that intellectually it is dead and politically it is rotten.

If this experiment in super democracy had resulted in one-hundredth of what was promised, there might be justification for it, but the result has been to make the South a section not only which Negroes are denied the right to vote, but one in which white men dare not express their honest political opinions. Talk about political corruption through the buying of votes, here is political corruption which makes a white man fear to express a divergent political opinion. The actual and total result of this practice has been not only the disfranchisement of the Negro but the disenfranchisement of the white man. The figures which I quoted a few moments ago prove that not only Negroes are denied the right vote but that white men fail to exercise it and the latter condition is directly dependent upon the former.

The whole condition is intolerable and should be abolished. It has failed to justify itself even upon the grounds which it claimed made it necessary. Its results and its tendencies make it more dangerous and more damaging than anything which might result from an ignorant and illiterate electorate. How this iniquity might be abolished is, however, another story.

I said that I did not intend to present this subject either anti South or pro Negro, and I repeat that I have not wished to speak with anything that approached bitterness toward the South.

Indeed, I consider the condition of the South unfortunate, more than unfortunate. The South is in a state of superstition which makes it see ghosts and bogymen, ghosts which are the creation of its own mental processes.

With a free vote in the South the specter of Negro domination would vanish into thin air. There would naturally follow a breaking up of the South into two parties. There would be political light, political discussion, the right to differences of opinion, and the Negro vote would naturally divide itself. No other procedure would be probable. The idea of a solid party, a minority party at that, is inconceivable.

But perhaps the South will not see the light. Then, I believe, in the interest of the whole country, steps should be taken to compel compliance with the Constitution, and that should be done through the enforcement of the Fourteenth Amendment, which calls for a reduction in representation in proportion to the number of citizens in any state denied the right to vote.

And now I cannot sit down after all without saying one word for the group of which I am a member.

The Negro in the matter of the ballot demands only that he should be given the right as an American citizen to vote under the. identical qualifications required of other citizens. He cares not how high those qualifications are made whether they include the ability to read and write, or the possession of five hundred dollars, or a knowledge of the Einstein Theory just so long as these qualifications are impartially demanded of white men and black men.

In this controversy over which have been waged battles of words and battles of blood, where does the Negro himself stand?

The Negro in the matter of the ballot demands only that he be given his right as an American citizen. He is justified in making this demand because of his undoubted Americanism, an Americanism which began when he first set foot on the shores of this country more than three hundred years ago, antedating even the Pilgrim Fathers an Americanism which has woven him into the woof and warp of the country and which has impelled him to play his part in every war in which the country has been engaged, from the Revolution down to the late World War.

Through his whole history in this country he has worked with patience and in spite of discouragement he has never turned his back on the light. Whatever may be his shortcomings, however slow may have been his progress, however disappointing may have been his achievements, he has never consciously sought the backward path. He has always kept his face to the light and continued to struggle forward and upward in spite of obstacles, making his humble contributions to the common prosperity and glory of our land. And it is his land. With conscious pride the Negro say:

“This land is ours by right of birth, This land is ours by right of toil We helped to turn its virgin earth, Our sweat is in its fruitful soil.

“Where once the tangled forest stood, Where flourished once rank weed and thorn, Behold the path traced, peaceful wood, The cotton white, the yellow corn.

“To gain these fruits that have been earned, To hold these fields that have been won, Our arms have strained, our backs have burned Bent bare beneath a ruthless sun.

“That banner which is now the type Of victory on field. and flood Remember, its first crimson stripe Was dyed by Attucks’ willing blood.

“And never yet has come the cry When that fair flag has been assailed For men to do, for men to die, That we have faltered or have failed.”

The Negro stands as the supreme test of the civilization. Christianity and. the common decency of the American people. It is upon the answer demanded of America today by the Negro that there depends the fulfillment or the failure of democracy in America. I believe that that answer will be the right and just answer. I believe that the spirit in which American democracy was founded though often turned aside and often thwarted can never be defeated or destroyed but that ultimately it will triumph.

If American democracy cannot stand the test of giving to any citizen who measures up to the qualifications required of others the full rights and privileges of American citizenship, then we had just as well abandon that democracy in name as in deed. If the Constitution of the United States cannot extend the arm of protection around the weakest and humblest of American citizens as around the strongest and proudest, then it is not worth the paper it is written on.


ビデオを見る: Kirk Franklin - Lift Every Voice And Sing with Lyrics (九月 2022).


コメント:

  1. Golkree

    応答は注目に値します:)

  2. Kazigor

    彼女はあなたに間違った方法を言うことになっています。

  3. Kazramuro

    デリリウムなことです

  4. Dawit

    さて、私はあなたの意見に同意します

  5. Kazit

    優れたタイムリーな反応。

  6. Tatanka-Ptecila

    私はあなたが間違いを犯していると信じています。これについて議論しましょう。午後に私にメールしてください。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos