新しい

完璧な芝生がアメリカンドリームの象徴になった経緯

完璧な芝生がアメリカンドリームの象徴になった経緯


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

第二次世界大戦後のアメリカで郊外が台頭すると、完璧な芝生はアメリカの夢の強力な象徴となりました。さわやかな斜めの帯で刈られた緑の広大な一掃であろうと、草とクローバーのより控えめな見本であろうと、芝生は、ハードワーク、犠牲、そしておそらくサムおじさん、家の所有権、そして土地のパッチからの少しの助けを借りて、国家の理想を表現しましたすべてのアメリカ人が手の届くところにある可能性があります。

対照的に、ヨーロッパの芝生の歴史的発展は、エリート主義と権力の価値を大部分表現していました。中世の城の住人の中には、接近する敵を見るために鎌で手で切った背の高い草を必要とした人もいました。家畜が必要な畑を持っている地主は、放牧可能な高さに切り詰められます。そして、余暇のある裕福な人々は、ゴルフ、テニス、ローンボウリングなどのスポーツ活動のために、自然をきれいに整えられた表面に飼いならしました。

そして、初期のアメリカの地主はそれらの価値のいくつかを流用していましたが、20世紀半ばまでに、国は芝生の独自の、あまりエリートではないイメージを成長させました。その進化する歴史は、G.I。ビル、広範な住宅所有権、エガリタリアンの理想、刈り取りの技術的進歩、ゴルフコース、そしてレースの物語。

G.I.ビルと持ち家

1944年、フランクリンルーズベルト大統領は、G.I。としてよく知られている軍人再調整法に署名しました。ビル、第二次世界大戦から戻ってきた何百万人もの退役軍人に教育と住宅ローンの利益を提供する。退役軍人局によると、このプログラムは1944年から1952年の間に退役軍人向けの240万の低金利住宅ローンを支援しました。住宅所有率が1940年の44%から1960年にはほぼ62%に上昇したため、住宅を所有することはアメリカの夢の代名詞となりました。 。

手入れの行き届いた芝生は、その夢の物理的な現れになりました。 「立派な芝生は住居の枠組みを作ります」と、2人の息子と一緒にレヴィットタウンを建設し、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルベニアにコミュニティを建設し、急成長する郊外のクッキーカッターの均質性を定義するようになりました。 「それは訪問者が最初に目にするものです。そして第一印象は永続的なものです。」

フレデリック・ロー・オルムステッド、アメリカの芝生の父

Frederick Law Olmstedは、ニューヨークのセントラルパークやシカゴのワシントンパークなど、20を超える著名な公共の緑地のランドスケープアーキテクトとして最もよく知られています。これらはすべて、なだらかな牧草地で知られています。しかし、1868年に、彼はアメリカで最初に計画された郊外のコミュニティの1つを設計するためにシカゴ地域の委員会を受け取りました。イリノイ州リバーサイドの各住宅は、通りから30フィート離れた場所にあります。また、高い壁で隔てられていることが多いイギリスの家とは異なり、リッチモンドの庭は開いていてつながっていて、手入れの行き届いた1つの芝生の印象を与え、誰もが芝生にアクセスできる可能性を呼び起こしました。

「オルムステッドが慎重に財産の制限を守ったとしても、彼は私有地と公共空間の境界線を曖昧にしたかったようです」と建築史家で作家/編集者のジョルジュ・テイソットは書いています。 NS アメリカの芝生。

そのぼかしで、書いた ニューヨーク・タイムズ ジャーナリストのマイケル・ポランは1989年に、芝生がアメリカの風景を統一し、定義するようになりました。

ロータリーパワーモアの台頭

オルムステッドの牧歌的で無限の芝生は完全に手入れされていなければなりませんでした。ミシガン大学の建築と都市計画の教授であるロバート・フィッシュマンは、次のように述べています。

その仕事のために、住宅所有者は芝刈り機を必要としていました。 1830年、英国人のエドウィンベアバディングは、機械式芝生芝刈り機の最初の特許を取得するために、シリンダーの周りに一連のブレードを作りました。 40年後、インディアナ州リッチモンドの機械工であるElwood McGuireが、軽量のプッシュモアを最初に設計しました。彼の仕掛けは、1893年のシカゴ世界フェアの「公式芝刈り機」となり、男性は大きな芝生でその使用法を示しました。リッチモンドの日刊紙のマイク・エメリーによると、 パラジウム-アイテム、 マクガイアの発明は、インディアナ市が世界の芝生芝刈り機の首都になるのに役立ちました。「リッチモンドの10社が世界のリールプッシュ芝刈り機の3分の2を生産し、市のイノベーターと起業家がパワーリール、次にパワーロータリー芝刈り機への移行を支援しました。」

1935年、ミズーリ州ウォレンズバーグのメカニックであるLeonard Goodallは、ゴ​​ルフグリーンを1インチにカットできるが、ブレードを常に研ぐ必要があるリールタイプの芝刈り機よりも芝生のメンテナンスを容易にするパワーロータリー芝刈り機を開発しました。 「[リールモア]は高い草を刈ることができなかったため、大きな庭を刈るのに十分な長さで草を押すことが困難でした」と、モアのパイオニアの息子であるレナードE.グッドオールは書いています。 「第二次世界大戦後の郊外化運動は、大きな芝生で使用できる芝刈り機の大きな必要性を生み出しました。」 Goodallの回転式芝刈り機はそのニーズに応えました。

人気のあるパワーロータリー芝刈り機は、業界の大規模な成長を牽引しました。バージニアジェンキンスによると 芝生:アメリカの執着の歴史、 パワーモアの生産量は、第二次世界大戦前の35,000未満から、1947年には362,000に増加し、1951年には120万近くに増加しました。

続きを読む:歴史を変えた11のイノベーション

ゴルフグリーンのように鮮やか

1966年にCBSがマスターズゴルフトーナメントを初めてカラーで放映したとき、テレビ視聴者はオーガスタナショナルゴルフクラブの完璧に手入れされた壁一面の鮮やかな緑色を見ることができました。 「事実上どこでも、ゴルフコースは壮大な芝生を示しています。多くの場合、1年のうち12か月間です。」 スポーツイラストレイテッド 1966年に主張された、「そして何が可能かを見たので、何百万もの住宅所有者は同じように行きそしてすることを強いられていると感じます。」

1950年代にゴルフに夢中になって成長した文化のために、「完璧な芝生が上昇し、アメリカンドリームのアイコンになりました」と、ケースウエスタンリザーブ大学の歴史教授でアメリカの芝生の第一人者であるテッドスタインバーグは書いています。

見る:ティム・アレンとリチャード・カーンがオンラインで必要とするアセンブリの全エピソードを今すぐオンラインで。

アメリカのダートヤード

美しい芝生がアメリカンドリームの光沢のあるエンブレムである場合、それはまた、人種差別と体系的な不平等がアメリカの風景をマークした方法を意味する可能性があります。 「少なくとも、新鮮な新しいスーパーグリーンの芝生は、都市での単色の生活からの脱出を提供しました。1950年代の郊外の美的で人種的な均一性を反映した鮮やかな色の一貫した風景です」とスタインバーグは書いています。

法の色:私たちの政府がアメリカをどのように分離したかについての忘れられた歴史、 歴史家のリチャード・ロススタインは、人種差別的な住宅ローンの貸し手、不動産業者、差別的な連邦住宅政策が黒人の住宅所有を制限した方法と、アフリカ系アメリカ人ができなかったために白人のアメリカ人が郊外に移動した方法を明らかにします。計画されたコミュニティの価値体系に完璧な芝生が不可欠であることが証明されたレビットタウンでは、長年にわたり、不動産業者は白人の住宅購入者にのみ住宅を販売していました。

しかし、この除外は、アフリカ系アメリカ人が完璧なアメリカの芝生の重要性を受け入れたり理解したりしなかったことを意味するものではありませんでした。故国会議員で市民権活動家のジョン・ルイスは、アラバマ州の田舎にあるセネバ叔母のショットガンハウスのダートヤードで遊んだことについて、若い頃から話をしていました。 「彼女は手入れの行き届いた緑の芝生を持っていませんでした」と彼はスピーチで言いました。 「彼女はシンプルでプレーンな土の庭を持っていました。時々、彼女は森の中に出て、ハナミズキの木から枝を取りました。そして彼女はほうきを作るでしょう。そして彼女はこのほうきをブラシほうきと呼んだ。そして、彼女はこの汚れた庭を非常にきれいに掃除し、時には週に2、3回掃除しました。」

市民権運動の巨人であるルイスは、ダートヤードと「緑の手入れの行き届いた芝生」の並置がアメリカの人種の不快なイメージをどのように提供したかを明確に理解していました。

続きを読む:GIビルの約束が百万人の黒人第二次世界大戦の退役軍人にどのように否定されたか

生物多様性は完璧な芝生を再定義します

21世紀になると、アメリカの芝生での農薬や水の使用、つまり貴重な水をどのように浪費し、地下の地下水面を化学物質で汚染するかについての懸念が高まっています。

MatthewPonsfordによる2020CNNレポートによると、住宅用芝生は米国の土地の2%または49,000平方マイル(ギリシャのサイズとほぼ同じ)を占めていますが、国内で栽培されているどの農作物よりも多くの灌漑が必要です。水や危険な化学物質の使用を減らしながら、芝生を生物多様性をサポートする庭園に変える傾向が高まっています。 「芝生の手入れに対する態度が変わった場合、これらの草が茂った緑のパッチは巨大な機会を表しています」とポンズフォードは書いています。


アメリカの芝生の歴史

私たちはいつも芝生と恋愛関係にあるとは限りませんでした。実際、ほとんどのアメリカ人にとって芝生が実用的になったのは産業革命までではありませんでした。芝生は、グラウンドキーパーがサイスを使用して細かい刃の植物を維持する余裕がある裕福な人だけにとって贅沢な費用と見なされていました。ホワイトハウスを占領している間、ウッドロー・ウィルソンがしたように、誰もが前庭で牛や羊を放牧して緑のものを扱いやすい高さに保つことを望んでいたわけではありません。

ホワイトハウスの芝生の羊?

実際、第一次世界大戦中に男性を解放して戦い、ウールの不足を助けるために何ができるかに注意を引くための努力でした。ウールは10万ドルで競売にかけられ、赤十字に渡されました。大統領と言えば、初期のワシントン大統領とジェファーソン大統領はどちらも羊を使って自宅の芝生を管理可能な高さに保ちました。

今日非常に一般的な緑の雑草のない芝生は、18世紀後半までアメリカには存在しませんでした。代わりに、典型的な田舎の家の正面玄関のすぐ外のエリアは、通常、土が詰まっているか、花、ハーブ、野菜が混ざったコテージガーデンでした。

しかし、イギリスでは、裕福な人々の多くが自分たちの土地全体に緑の芝生を一掃していました。海外旅行に十分なお金を持ったアメリカ人は、想像力にしっかりと植えられたイギリスの芝生のイメージを持ってアメリカに戻った。頑張ってみてください。美しい英国の芝生を再現するのは簡単ではありませんでした。結局のところ、彼らは地元の金物店に駆け寄って草の種の袋を手に入れることはできませんでした。アメリカ原産の草は、きちんと管理された芝生には不向きであり、私たちの極端な気候は、英国の草の種にとっては親切ではありませんでした。

1915年までに、米国農務省は米国ゴルフ協会と協力して、アメリカで見られるさまざまな気候に適した耐久性のある魅力的な芝生を作成する適切な草または草の組み合わせを見つけました。テストには、アフリカのバミューダグラス、ヨーロッパのブルーグラス、フェスクとベントグラスの混合物が含まれていました。 15年後、USDAは、私たちの気候で機能するいくつかの草の組み合わせを発見しました。私たちは、新しくブレンドされた草の混合物を保護し、提供するのに最適な農薬、除草剤、および肥料を見つけるために、走り去りました。結局のところ、草のブレンドがうまくできたので、飢えさせたり、空腹の害虫に生きて食べさせたり、厄介な病気に屈したりすることはできませんでした。

しかし、完璧な芝生を望んでいる住宅所有者が直面している問題は、適切な草と適切な治療だけではありませんでした。夏に草を緑に保つのに十分な水を提供するという課題もありました。夏の干ばつの間、庭にバケツの水を運ぶのは簡単ではありませんでした。草を刈るのも大変でした。英国の芝生は、ある程度の精巧さを必要とする高価なプロセスであるサイスで、またはグリーンで家畜をかすめることによってトリミングされました。

機械的刈り取りは19世紀初頭に行われ、英国人である繊維工場のエンジニアであるエドウィンバディングがシリンダーまたはリールタイプの芝刈り機を開発したという一般的な合意があります。それは、ベルベットの毛羽を剪断するために布工場で使用された機械を模したプッシュハンドルを備えたシリンダーの周りに配置された一連のブレードでした。 1870年、インディアナ州リッチモンドのElwood McGuireは、基本的に大衆にプッシュモアをもたらす機械を設計しました。 1885年までに、アメリカは年間50,000台の芝刈り機を製造し、世界中のすべての国に出荷していました。

平均的なアメリカ人にとって、ガーデンホースとロータリーモアの発明は芝生をより現実的な選択肢にしました。それまでは、芝生はほとんどの家族にとってあまりにも面倒でした。必要な道具や草の種の種類のほとんどがすぐに利用できるようになると、平均的な住宅所有者は、必要に応じて自分で芝生を育てることができるようになりました。今のところ、前庭の緑の芝生に対する大きな需要はありませんでした。アメリカンガーデンクラブが介​​入するまではありませんでした。コンテストやその他の形式の宣伝を通じて、彼らは家の所有者に美しく健康的な芝生を維持することが市民の義務であると確信させました。クラブのキャンペーンは非常に効果的だったので、芝生はすぐに造園の形として受け入れられました。ガーデンクラブはさらに、適切な種類の芝生は、「雑草が侵入しない単一の種類の草で、1インチ半の高さで刈り取られ、均一に緑色で、きちんと縁取られた区画」であると規定しました。こうしてアメリカは時代に入りました。芝生の手入れの。


一般的なエッセイの質問/ディスカッショントピック

それでは、議論のために、より頻繁に取り上げられる主題のいくつかを見ていきましょう。

#1:ギャツビーの夢はそれだけの価値がありましたか?すべての仕事、時間、そして忍耐は彼にとってそれだけの価値がありましたか?

私のように、あなたはすぐに「もちろんそれは価値がなかった!ギャツビーはすべてを失い、ウィルソンは悲劇に巻き込まれて死んでしまったのは言うまでもない!」とすぐに思うかもしれません。したがって、「夢は価値がなかった」という議論をより明確にしたい場合は、小説の最後に起こった解明(マートル、ギャツビー、ジョージの死を含む)と、ギャツビーのすべての成果を指摘することができます。彼の葬式への出席がまばらであることからも明らかなように、何の役にも立たない。

しかし、 あなたは間違いなくあまり明白でないルートを取り、悲劇的な終わりにもかかわらず、ギャツビーの夢はそれだけの価値があると主張することができます。まず第一に、物語の中でジェイのユニークな特徴を考えてみてください。下品で卑劣な美しさ」(6.7)。言い換えれば、ギャツビーは実物よりも大きなペルソナを持っており、両親のような貧しい農民であるためにノースダコタに留まることに満足することは決してなかったでしょう。

たとえ彼がより短い人生を送ることになったとしても、彼は確かに冒険に満ちた完全な人生を送りました。彼の富と地位への夢は、ダン・コーディのヨットで世界中に、デイジーと出会い、恋に落ちたルイビル、WWIの戦場、オックスフォード大学のホール、そしてペースの速い世界へと彼を連れて行きました。彼がブートレガーとして財産を獲得した1920年代初頭のマンハッタンの。実際、ジェイは通常の半分の寿命のスペースでいくつかの生活を送っていたようです。要するに、ギャツビーの夢はそれだけの価値があると主張するために、彼の人生よりも大きな自分の概念と、たとえそれが致命的であったとしても、彼は自分よりも大きな何かを追求することによってのみ幸せを求めることができたという事実を指摘する必要があります最終的には。

#2:ラングストンヒューズの詩「夢の延期」で、ヒューズは延期された夢がどうなるかについて質問します。フィッツジェラルドはこの延期された夢の問題をどのように調べていますか?私たちの夢を延期した場合の影響は何だと思いますか?このレッスンを自分の生活にどのように適用できますか?

あなたが「延期された夢」について考えているなら グレート・ギャツビー、大きなものは明らかにギャツビーのデイジーに対する延期された夢です。彼の最初の夢中になってから小説で彼女を取り戻そうとする試みまで、ほぼ5年が経過します。これは、明らかに裏目に出ます。ギャツビーの夢のさまざまな側面(第8章でのデイジーの最初の思い出へのフラッシュバック、第5章で再会した瞬間、または第7章の対立の悲惨な結果)を調べて、ギャツビーの延期された夢を説明できます。

また、ジョージウィルソンの延期された西へ行くという夢、またはマートルの「繁殖」の裕福な男と結婚するという夢を見ることができます。浮気による12年間の結婚後の彼女の夢は悲劇で終わります。どうやら、延期された夢は失敗する運命にある夢です。

Nick Carrawayが言うように、「過去を繰り返すことはできません」。この小説は、特定の夢のための小さな窓があることを暗示しているようで、窓が閉じると、夢は達成できなくなります。 これはかなり悲観的であり、プロンプトの個人的な反省の側面については、必ずしも「このレッスンを自分の生活に適用する」必要があるとは言えません。しかし、特定の機会が一瞬であることに注意する価値があります。おそらく、失われたチャンスを特定するよりも、より新しい、および/またはより達成可能な機会を探す方が賢明です。

より個人的な反省のセクションがあるこのようなプロンプトは、あなた自身の経験と視点に結びつく自由を与えてくれるので、よく考えて、あなた自身の人生からの良い例を考えてください!


完璧な大学のアプリケーションエッセイを書きたいですか? PrepScholarから専門家の助けを借りてください。

専任のPrepScholarAdmissionsカウンセラーが、完璧な大学のエッセイを一から作成します。私たちはあなたの背景と興味を学び、エッセイのトピックをブレインストーミングし、エッセイの起草プロセスを段階的に説明します。最後に、あなたは持っているでしょう ユニークなエッセイ あなたが誇らしげにあなたの最高の選択の大学に提出すること。

大学の出願を偶然に任せないでください。 今すぐPrepScholarAdmissionsの詳細をご覧ください。

#3:小説がアメリカンドリームの死をどのように示しているか、示していないかを説明します。ギャツビーのメインテーマは確かに「枯れたアメリカンドリーム」なのか?小説はアメリカのアイデンティティについて何を提供していますか?

このプロンプトでは、死んだまたは死にかけているアメリカンドリームに焦点を当てた別のプロンプトで、どのように話し合うことができますか 3つの命(ギャツビー、ジョージ、マートル)の破壊と古いお金の群衆の皮肉な描写は、死んだ、または死にかけているアメリカンドリームを示しています。結局のところ、夢を見るキャラクターが死んでしまい、お金と特権を持って生まれたキャラクターが結果なしにそれを維持することができれば、特権の少ない人々が自分の道を進むことができるという考えの余地はまったくありません?

小説がアメリカのアイデンティティについて述べていることに関して、あなたが拾うことができるいくつかのスレッドがあります—1つは第9章のニックのコメントです 小説は本当に(中)西洋人が東に行こうとしている(そして失敗している)という話です:「結局のところ、これは西洋の物語であることがわかりました。トムとギャツビー、デイジーとジョーダンと私はすべて西洋人であり、おそらく私たちはいくつかの共通点を持っていたため、東洋の生活に微妙に適応できませんでした。」 (9.125)。この観察は、出身地によって決定されるアメリカのアイデンティティを示唆しており、アメリカのアイデンティティの中には、より小さく、避けられない識別のポイントがあることを示唆しています。

さらに、お金に生まれていない小説の人々にとって、アメリカのアイデンティティは、より多くの富と地位を手に入れるために努力しているようです。しかし、古いお金のセット、特にデイジー、トム、ジョーダンの描写に関しては、小説は本質的に貴族的であるアメリカ社会のセグメントを提示します-あなたはそれに生まれなければなりません。その点でも、小説はあなたがどれだけのお金で生まれたかに基づいて可能な異なる生活で、壊れたアメリカのアイデンティティを提示します。

要するに、この小説は、地理的位置と社会的階級の両方に基づいて分割された悲劇的で、壊れた、堅固なアメリカ社会を提示することによって、統一されたアメリカのアイデンティティまたはアメリカの夢のアイデアを混乱させると思います。

#4:ほとんどの人は、夢を成功への前向きな動機と見なしますが、小説の登場人物は、理想的な生活の夢を行き過ぎてしまうことがよくあります。より控えめな野心に満足できたのに、キャラクターのアメリカンドリームがどのように彼らに苦痛を与えるのかを説明します。

ギャツビーはここでは明らかな選択です。特にデイジーを通じて彼のお金と地位を追求すると、彼は破滅に追い込まれます。おそらくギャツビーが達成したことに満足できたかもしれない多くのポイントがありました(特に、彼がオックスフォードに残っていた場合、またはブートレガーとして大量の富を蓄積した後でも、戦争での彼の明らかに成功した努力の後)が 代わりに、彼は上向きに努力し続け、それが最終的に彼の没落につながりました。 ギャツビーの過去と彼の悲劇的な死についての第6章と第8章の引用で、この議論を具体化することができます。

マートルは、このタイプのプロンプトのもう1つの良い選択です。ある意味で、彼女はトムとの関係で理想的な生活を送っているように見えます。彼女は豪華なNYCのアパートを持っており、パーティーを主催し、洗練された行動を取ります。しかし、これらの喜びは、ジョージ、そしてもちろんトムとの関係をひどく傷つけることになります。ブキャナンは彼女を殺します。

ニックも、家族の立派な財産と西のガールフレンドに満足していれば、ギャツビーを知ることの苦痛と彼に残された一般的な絶望感を避けていたかもしれません。

ジョージについて疑問に思われるかもしれませんが、結局のところ、彼はより良い生活を夢見ている人でもありませんか?しかし、ジョージが理想的な人生の夢を「遠すぎる」と思った例は多くありません。実際、彼はマートルと一緒に最終的に西に移動できるように、1台の車を売るだけで苦労しています。また、灰の谷での彼の現在の状況は非常に暗いことを考えると、上向きに努力することが彼に苦痛を与えたとは言い難い。

#5: グレート・ギャツビー とりわけ、アメリカの夢の暗い側面についての冷静で不吉な解説です。イーストエッグとウェストエッグの対立と古いお金と新しいお金の対立を取り入れて、このテーマについて話し合ってください。ギャツビーにとってアメリカンドリームはどういう意味ですか?アメリカンドリームはフィッツジェラルドにとって何を意味しましたか?道徳はアメリカンドリームの達成にどのように適合しますか?

このプロンプトにより、「冷静で不吉な」解説に重点を置いて、アメリカンドリームに対する小説の態度をかなり広く検討することができます。フィッツジェラルドは、ここでステレオタイプのぼろきれを富の物語に具体的に嘲笑しているように見えることに注意してください。特に、彼は、若い起業家の少年を学校に通す金持ちの男性についてほぼ普遍的に書かれたHoratio Algerのような人物の作品から、ダンコーディの物語をほとんどメモに描いているためです。世界のやり方で。言い換えれば、グレートギャツビーがその頭の引用で説明されているようにアメリカンドリームのアイデアをどのように変えるように見えるかについて議論する必要があります:ギャツビーはぼろぼろから金持ちへの上昇を達成しますが、それは続きません。

結局のところ、ダン・コーディーのためのギャツビーの努力のすべては、彼が相続を失ったので報われませんでした。代わりに、ギャツビーは戦後すぐに大量のお金を稼ぐために犯罪に目を向けました。特にギャツビーが最終的に疑わしい手段で彼の大きな富を達成したので、小説はぼろきれから富へと行くために一生懸命そして正直に働いている誰かの古典的なイメージをさらに弱体化させます。

このプロンプトまたは同様のプロンプトに対処する場合は、 小説の暗い結論やデイジーとトムの実際の結果からの保護など、アメリカンドリームの暗い側面に焦点を当ててください。。 (これにより、道徳性、およびキャラクターがどれほど道徳的に破産しているかを考慮することもできます。)

#6:アメリカンドリームの現状は?

これはより外向きのプロンプトであり、今日の現在のイベントを一般的に楽観的(アメリカの夢は健在)または悲観的(グレートギャツビーと同じくらい死んでいる)のいずれかと見なすことができます。

どちらの議論の証拠としても使用できる可能性のある現在のイベントは数十ありますが、特にアメリカでの移民と移民改革、大量投獄、所得の不平等、教育、ヘルスケアは、アメリカンドリーム。あなたの議論を裏付けるためにいくつかの特定の現在の出来事を指摘することができれば、あなたの文章は特に強力になります。


アメリカンドリームの歴史

アメリカンドリームのアイデアは、過去のタイムラインだけに縛られることはできません。アメリカの発見とともに、「新世界」のアイデアが形になり始めました。近年、経済危機はアメリカンドリームの考えをある程度弱めています。跳ね返って超大国の地位を取り戻すには、アメリカ人の団結した努力が必要です。

アメリカンドリームのアイデアは、過去のタイムラインだけに縛られることはできません。アメリカの発見とともに、&#8216新世界&#8217のアイデアが形になり始めました。近年、経済危機はアメリカンドリームの考えをある程度弱めています。それは、跳ね返って超大国の地位を取り戻すために、アメリカ人の側の団結した努力を必要とするでしょう。

&#8216American Dream&#8217は、リベラルで繁栄したアメリカのアイデアです。 「アメリカンドリーム」という用語は、作家兼歴史家のジェームズ・トラスロウ・アダムスによって造られました。一生懸命働くことによってあなたの夢を実現する機会は、アメリカンドリームのアイデアの核心であり続けています。産業発展の時代に起こったヨーロッパからアメリカへの移住は、まさにこの考えによって推進されました。雇用と母国よりも良い生活を求めてアメリカに旅行したのは、ヨーロッパ人だけでなく世界中の人々でした。アメリカはあなたが夢を追いかけることができる国であることが証明されました。宗教、人種、カースト、信条などは、あなたが一生懸命働く準備ができていれば、あなたの発展のハードルとして機能することはありませんでした。世界経済が深刻な危機に瀕している今日の世界では、アメリカンドリームはかつてないほど挑戦され、疑問視されてきました。これは、アメリカンドリームがやがてどのように展開したかについての短い説明です。

アメリカンドリームとは何ですか?

ジェームズ・トラスロー・アダムズによる次の引用は、アメリカン・ドリームについての彼の考えの洞察を私たちに提供します。

アメリカンドリームは、すべての人にとって人生がより良く、より豊かで、より豊かになり、能力や達成に応じてそれぞれの機会が与えられるべき土地の夢です。ヨーロッパの上級クラスが適切に解釈することは難しい夢であり、私たち自身の多くがそれに疲れて不信感を抱いています。それは単に自動車や高賃金の夢ではなく、それぞれの男性と女性が本来の能力を最大限に発揮し、他の人に認められる社会秩序の夢です。出生や地位の偶然の状況に関係なく、です。

米国は常にチャンスの国と見なされてきました。主に雇用と宗教の自由を求めて、世界中から人々が米国に移住してきました。しかし、豊かな生活を送るためにアメリカを人気の目的地にするための多くの要因があります。米国は、集団ではなく「個人」が、政策の立案、変更、開発イニシアチブの実施などの過程で中心的な段階に達する国です。

第三世界の国々の若者は常にアメリカが彼らにとって魅力的であると感じてきました。故郷の社会経済的状況はアメリカで見られるものとは対照的です。アメリカで体験できる自由はどこにもありません。しかし、アメリカ社会には理解する必要のある暗い側面もあります。アメリカンドリームは、奴隷制、人種差別などの社会的悪によって、そして最近ではその政府の帝国政策によって傷つけられてきました。独立宣言の「すべての人が平等に作られる」という約束のメモは、ネグロが奴隷として使われたときに無意味にされました。他の国と同じように、アメリカにも限界がありました。アメリカンドリームを実現するためには、アメリカ社会に蔓延しているこれらの社会的悪を根絶することが重要でした。

アメリカンドリームの歴史についての事実

アメリカンドリームの単一の定義はありません。米国の人々は、アメリカンドリームの考え方について異なる認識を持っています。アメリカ内戦の歴史を研究することは、アメリカンドリームに関する2つの異なる見解を理解するのに役立ちます。独立前の時代の13の植民地はすべて、イギリス軍と一緒に戦いました。しかし、アメリカ革命の終わりまでに、状況は変化しました。南部植民地は、北部州のそれと一致しなかった異なる見解を持っていました。北部の州は奴隷制の伝統に反対し、連邦政府が国を統治することを望んでいました。彼らはまた、アメリカの産業の成長を支持しました。一方、南部の州は、彼らのために主権国家を望んでいました。彼らはまた、彼らに安い労働力を提供する奴隷制のシステムを支持しました。これらの州の利益は、産業の成長よりも農業開発の分野にありました。これらの衝突と意見の相違は、最終的に内戦に至りました。

今日、多くのアメリカ人はアメリカンドリームのアイデアへの信頼を失っています。経済危機以上の米国政府の帝国主義政策がこの状況の発生に責任があります。興味深いことに、他の国に対する優位性を確立するための米国の努力は、多くの人々によってアメリカンドリームの一部として認識されていました。カナダの形成後、米国が拡大するための領土は北米に残っていませんでした。このように、米国は東に向きを変え、この地域での中国の影響力を弱めるための努力において、北朝鮮に対して韓国を支持した。韓国が北朝鮮から領土を取り戻すのを手伝った後、米国は北朝鮮を侵略することを決定した。中国当局は、そのような措置を講じないように警告した。しかし、これらの国々の間の緊張が高まり、最終的に朝鮮戦争が勃発しました。

20万人の強力な中国軍が、米国を支援する国連(国連)軍を攻撃しました。 USSRの介入を恐れて、国連軍は南に後退した。これらの事例を引用する理由は、超大国であると主張する過程で、アメリカは弱い国々を抑圧するところまで行ったからです。したがって、この国の帝国主義政策は、アメリカンドリームの本質、すなわち自由/自由に反して行動してきました。アメリカンドリームを復活させるためには、米国は経済を強化するだけでなく、責任ある国家として行動する必要があります。

バラクオバマとアメリカンドリーム

現在の米国大統領であるバラク・フセイン・オバマ大統領は、アメリカン・ドリームの復活について意見を述べています。世界的な景気減速を背景に、アメリカの人々に新たな希望を与えることが重要です。バラックオバマ大統領による次の引用は、「新世界」を構築するという彼の決意と決意について多くを語っています。

メインストリートとウォールストリートの間の拡大する格差を埋める時が来ました。アメリカンドリームは手の届かないところに滑り込んでいます。

大統領の見解では、アメリカンドリームには次の点または方針が組み込まれています。

  • Provision of a universal health care cover.
  • To bring about reforms in the unjust lending practices.
  • To make college education affordable.
  • Expansion in number of paid sick days.

In today’s times of financial turmoil and global economic recession, questions about the American Dream are being raised. Many of them doubt whether the idea is really worth pursuing. However, even today, the US holds the key to solving many of the problems prevalent in the world. The United States of America is a strong player in world politics it also holds an upper hand in the area of research and developing cutting edge technology. Therefore, the United States can once again soar to the heights of prosperity it had reached earlier. Let’s hope the American Dream is fulfilled under the new leadership of this country.


How Old Hollywood Made America Believe It Was The American Dream Factory

Back when you could just move out to the coast and become a big star.

To celebrate America, we’re taking this entire week to look at how cinema has explored The American Dream. For more, click here .

Thousands traveled to Hollywood during the Golden Age to get their big break thinking the American Dream was alive in Los Angeles, many were disappointed. Through fake origin stories of stars who made it and constant supply of hope, Old Hollywood gave the impression that anyone could become a star if they dropped everything and traveled to California.

Though the hard work as presented in the The American Dream is required to be successful in Hollywood, something they kept a secret was that luck and timing had perhaps a bigger part in whether someone became a star. The fact that anyone who worked hard enough could become as successful as Katherine Hepburn was a farce and the process Studios made actors go through to gain that fame, as in the star system, sometimes tore them apart.

The star system was born

In response to audiences wanting to know about the lives of actors in their movies, studios had actors visit theaters where their movies played. They also printed magazines like The Motion Picture Story Magazine, which made way for fan magazines. Fan magazines furthered the public’s interest in their lives off the screen while also mythologizing the actors and actresses.

Studio heads needed to make sure the actors didn’t gain too much power in their newfound popularity, so they developed contracts that limited their careers and personal lives. By this time silent films led to “talkies” and the people on screen looked even more real than ever before. The idea that the actors on screen weren’t always the beautiful, graceful people they were in movies was unbelievable to audiences. However, the process of producing the stars they saw on screen was a lot of work.

“A star is made, created carefully and cold-bloodedly built up from nothing, from nobody. All I ever looked for was a face. If someone looked good to me, I’d have him tested. If a person looked good on film, if he photographed well, we could do the rest . 。 。 We hired geniuses at make-up, hair dressing, surgeons to slice away a bulge here and there, rubbers to rub away the blubber, clothes designers, lighting experts, coaches for everything—fencing, dancing, walking, talking, sitting and spitting.” – Louis B. Mayer, co-founder of MGM.

Of the many people who flocked to Hollywood to become actors and actresses, only a few ever became as successful as the stars the studios created. Luck was the most valuable player in the makings of a star, even though all those who became stars projected the idea that hard work was the sole reason they became successful. If they were lucky enough to have a studio interested in them, actors would be forced into a contract that gave the studio power to control the roles they played, the people they were associated with, and even their past.

It was incredibly common for studios to completely fabricate the backstories of their new stars to uphold the larger-than-life status they needed to be interesting to audiences. Even their names were changed by studios. One of the most interesting incidents of this was with Joan Crawford. Born Lucille LeSueur, she had a rough upbringing that was completely erased in publicity when she became an actress.

After making up that she was the product of a wealthy, typical American family, MGM needed a better name for her. They made the quest for a celebrity name into a promotion stunt by sending out ads for audiences to send in possible names for her as a contest. One ad read: “Tiring of the social life of a debutante, she left home to become an actress. You can help her attain her life’s ambition by selecting a good name for her, and at the same time, the Metro-Goldwyn-Mayer studio will reward you with a large amount of cash.”

Joan Crawford in ‘Grand Hotel’

This reinvention is exactly what people like Joan Crawford wanted. They had horrible lives they wanted to erase. They wanted to become a new person, a better person. However this process only contributed to the unreal images of actors and actresses that were fed to the public as authentic. It was the creation of a persona and the end of the person.

The star system is best represented on screen in the 1937 version of A Star is Born。 It shows the public’s naive view of Hollywood through the protagonist, Esther’s dreams of becoming a star like the people she sees on the screen. Her grandmother sympathizes with Esther’s dreams because she sees they are the same as her dreams to come to America as a young immigrant. She sends Esther traveling to Hollywood with a head full of hope, only to find that it is harder than she is led to believe from the outside. The studio changes her name, her past, and even intrudes on her marriage to an actor in his downward spiral from being a star.

What’s remarkable about that version of A Star is Born, co-written by Dorothy Parker, is that it shows the misconceptions of Hollywood with Esther and the toll acting takes on her husband. It also shows that no matter how hard you worked, your fate was still in the hands of the rich studio heads. Even with the most realistic portrayal of the Hollywood studio system at that time, Esther is still lucky enough to have made it, even if it wasn’t easy. Her story still holds the allure that inspires more people to continue to come to Hollywood.

The fallen star

The image of the fallen star is all too familiar to us now because the system that created some of the most beloved stars, like Judy Garland, also drove them to their tragic ending. This is especially true to the Old Hollywood star system.

If the creation of a movie star meant reinventing the person into someone they weren’t, it also meant oppressing the person they really were. In changing the person who came to Hollywood, that meant that the person you were did have a hand in whether you become successful, not just hard work like the American Dream states. Studios could cover up their unmarketable qualities publicly, but that didn’t necessarily mean they went away. Montgomery Clift is the perfect example of this.

Montgomery Clift in ‘The Big Lift’

From his breakthrough performance in The Search, it was clear that Clift had a talent unlike most actors of the era. His extremely good looks and quiet thoughtfulness in his early roles helped build the symbol of post-war society. Clift always played the rough outsider that never quite fit into the worlds he was placed in. This reoccurring character on screen started to be associated with the real Clift. He was able to finagle a contract that would allow him to have control over his roles and tried to spend as much time away from Hollywood as his career would allow, but his personal life still became a problem.

Everyone wanted to know who this mysterious young star was involved with, so the tabloids continued to pry on his personal life. The truth, however, could have ruined his career if it became public. Clift’s sexuality is debated between bisexuality and homosexuality, but what is certain is that his queerness was a fault in the public’s mind. He spent his life hiding his sexuality, even going through therapy to suppress it, as the lovely Karina Longworth tells in her podcast episode dedicated to Clift’s life and his relationship with Elizabeth Taylor.

His efforts to separate himself with any feminine qualities so that his sexuality would remain a secret led to his rough, masculine persona that he felt constrained him. The pressure to uphold his image and the toll that acting in roles of the misunderstood man took on Clift forced him to turn to alcohol and pills for solace. Almost as quickly as he became a star, he dependent on a cocktail of various pills to function day to day.

What may be more famous than his early, promising career would be Clift’s accident that deemed his life afterward as “The Long Suicide of Montgomery Clift.”After a night of drinking at Taylor’s house, Clift tried to drive home, which resulted in a violent accident that smashed his face. The most intricate part in his stardom was his face, and it would never look the same, no matter how hard he worked.

Clift only had somewhat of a career thanks to his friend Liz Taylor, who made sure he would finish filming his role in Raintree County as her costar after his accident. Now dealing with constant pain and shunned by many of his Hollywood acquaintances, Clift drank even more. In her last film, Marilyn Monroe said Clift was “the only person I know who is in even worse shape than I am” on the set of The Misfits。 His drinking eventually led to his death in 1965.

Montgomery Clift’s tale is an infamous one, but somehow it didn’t tarnish Hollywood’s methods enough for people to stop believing dreams can come true there. To audiences, the mistakes Clift made that ruined his career would never happen to them if they had a chance in Hollywood. Until the studio system was eradicated, it was always something wrong with the person if they failed, not the process they were forced into by the studios. The positive stories of discovery, like Lana Turner’s who was plucked from a diner to star in movies, were the stories that stuck with people because that is all they heard. No one ever heard the stories of the minorities turned away because Hollywood only offered them a few types of roles, and even then they were willing to hire white people to play them too.


The American Dream and Success

As we can see, throughout U.S. history, the definition of "happiness" has changed. In the Roaring 20s, the Founders' dream of protecting opportunities receded in favor of acquiring material things. In the novel "The Great Gatsby," author F. Scott Fitzgerald both defined the aspirations of the age and warned of its consequences.

Happiness based upon greed was not attainable because someone else always had more, he pointed out.   The stock market crash of 1929 and the Great Depression proved him right.

After the 1920s, many presidents supported the Gatsby Dream.

The American Dream's prosperity has also been a compelling vision for other nations, along with the idea that protecting citizens’ rights to improve their lives is the best way to ensure national economic growth. 。

But the U.S. has long had a setting conducive to prosperity, peace, and opportunity. For example, the United States has a large landmass under one government, benign neighbors, and abundant natural resources. These include oil and minerals, rainfall, and plenty of rivers. Long shorelines and a flat terrain ease transportation.

These conditions fostered a populace united by language, political system, and values, which allowed a diverse population to possess a competitive advantage. U.S. companies use that advantage to become more innovative, with a large, diverse, and easily accessible test market for new and niche products.

The American cultural mosaic generates more ideas than a small, homogeneous population would. America’s success may also be attributed in part to having the benefits of cultural diversity.

Today, this approach extends to private enterprise and a free-market economy in the U.S., which depends on the free flow of information. It also supports free trade agreements and foreign direct investment.


How the Perfect Lawn Became a Symbol of the American Dream - HISTORY

Water is required to stay alive. Lush lawns and golf courses in the desert are not!
California is drying up to dangerous levels depleting its aquifers. Wake up America! There are attractive alternatives to grass lawns. Native plants and ground covers are a good place to start.

Let me talk about what my little town of Old Tappan, New Jersey has become in the 21st Century. A generation ago it was quiet and peaceful. Today it’s become Right Wing Authoritarian Trump For President Upper Crust ElitistVille.
Lawn service alone is a joke for these Masters.
It’s like something out of The Three Stooges.
Ever hear of buying a cannon to swat a fly? Here’s the real-life story…
Neighbors who have 12’x12′ front lawns (some slightly more, some slightly less) hiring professional landscapers to manicure their lawns every week. A 10-minute job easily done with a push mower maybe once or twice a month becomes a noisy, weekly Event.
It’s a team of 3 to 6 people on average. They park their trailer on the side of the road, set up cones, and leap out with their wonderfully colorful neon yellow vests.
(This indicates they’re Hired Working Class as opposed to vandals or vagrants–Very Important in Modern America! Otherwise the police would be called!)
They strap on noisy diesel-powered backpack gear to blow a handful of leaves around. One following the other so not one leaf is missed. This is very important. Despite the fact that after they leave a gust of wind picks up and blows the leaves they’ve spent the past hour blowing right back where they originally were!
The other stooge gets out a ride-around lawn mower nearly the size of a volkswagon.
It nearly covers parts of peoples’ lawns in itself.
He mounts it and drives around and around and around on the grass for an hour or so until he knows its cut. There might even be a second guy behind him riding a backup mower Just In Case a few strands are missed.
All this can go on for a couple hours time.
It’s Noisy. It’s annoying. It burns up gasoline. It pumps fumes around.
The end result lawn also incorporates lots of fertilizers, insecticides–poisons–into the non-natural green grass which needs also to be watered constantly. It proves nothing but death. Pets develop cancer if they spend time on these fields. It kills wildlife. It’s only function is to Prove Something to those who see it. Idiot American are programmed to believe that it represents prosperity, cleanliness, and who-knows-what-else. To me it’s a massive drain on resources and a waste of money. Even more so if the lawn is located in drought regions where water is far better spent elsewhere. Like on crops.

They have this done because their neighbor does it and his neighbor does it and his neighbor does it. Leading all the way back to the first McMansion the block.
The logic is simple: “If our neighbor can afford to have professional lawn service then so can we. If they can have it done once a week then so can we.” In other words, it’s all about status not practicality.
They would not be caught dead performing the work of Peasants. Simple as that.
Rather, they are playing the role of English lords.
The manicured lawn is an extension of their McMansion, which is also a parallel extension of their luxury car collection (Always parked outdoors, never garaged!), and in turn is a materialistic extension of their tiny penises. They are, after all, White folks.
21st Century Americans only care about image not substance about keeping up with the status quo and their precious cliques.
Lawn Care in the U.S. has now reached a 40 Billion Dollar Annual waste of money.

very well written and amen. the description is quite accurate. go to facebook, type in my name tom d sherman, then hit noise reduction. there you’ll find a $5 modification of a reel mower that greatly improves it making competitive or superior to gas. i use this type reel.

You know what is even more interesting to look up? The racist birth of the “suburb”. This was begun and is maintained by racist federal policy called Redlining. In the 1930’s FDR created loan programs to help Americans finance these new homes. But- to help decide who got those loans the government created color coded maps in which green neighborhoods were good and red neighborhoods were bad. Of course the minorities lived in the red areas and were denied loans. Developers like Levittown expressly prohibited non whites and the government encouraged this policy. From 1934-1968 98% of all home loans were given to white families. This advantage compounded over time, the families in the green-or white neighborhoods were able to accrue wealth. In the green neighborhoods the influx of new wealth attracted new businesses which caused property values to go up, which meant that white families could sell their homes and send their kids to college, passing down their wealth and advantages to future generations. Meanwhile the red neighborhoods had far less ability to build wealth and many remained trapped in poverty. Today, 70 years after Levittown was created, it’s still less than 1% black. This is still an issue with most suburbs, and because most schools are funded by property tax the segregation issues are worse now for non-white kids in schools across the country than in the 60’s & 70’s. So annoying neighbors with lawn obsessions are the least of our problems as a community. I believe this is the story that we should be spending our time telling, if feeling bigger than someone else isn’t the true moral of the tale .

The lawn appears to be a European invention, which makes ecological sense because the moist, mild, climate of Europe supported open, close-cut grasslands. (The less temperate climate of North America does not.) The Middle English word launde originally referred to a glade or opening in the woods, but later designated artificial stretches of land that resembled such glades. Some of the earliest lawns were the grasslands around medieval castles in France and Britain, kept clear of trees so guards had an unobstructed view of approaching, perhaps hostile, visitors. The term also referred to the village “commons”, the meadows shared or held “in common” where villagers could graze their sheep and cattle. These hooved lawn mowers kept the grass cropped, fertilizing as they grazed. Talk about organic lawns.

Yes England has perfect weather for lawns as it rains all the time they’re very nice and green, southern parts of europe don’t have any lawns though.


How the Perfect Lawn Became a Symbol of the American Dream - HISTORY

NS lawn is an area of soil-covered land planted with grasses and other durable plants such as clover which are maintained at a short height with a lawnmower (or sometimes grazing animals) and used for aesthetic and recreational purposes. Lawns are usually composed only of grass species, subject to weed and pest control, maintained in a green color (e.g., by watering), and are regularly mowed to ensure an acceptable length. [1] Lawns are used around houses, apartments, commercial buildings and offices. Many city parks also have large lawn areas. In recreational contexts, the specialised names turf, pitch, 分野 また may be used, depending on the sport and the continent.

The term "lawn", referring to a managed grass space, dates to at least than the 16th century. Tied to suburban expansion and the creation of the household aesthetic, the lawn is an important aspect of the interaction between the natural environment and the constructed urban and suburban space. [2] In many [ 明確化が必要 ] suburban areas, there are bylaws in place requiring houses to have lawns and requiring the proper maintenance of these lawns. In some jurisdictions where there are water shortages, local government authorities are encouraging alternatives to lawns to reduce water use.


How the Perfect Lawn Became a Symbol of the American Dream

But what したほうがいい people be doing with their yards?

Let's say for instance in my current hood, Phoenix.

How to deal with neighborhood pushback?

What if I like the nazi/ocd/clean/manicured look? What can I do that looks that way but is not so destructive?

There's a huge range of possibilities for yards, even in Phoenix. Just scrolling up and down this street and around the neighborhood you can see a lot of interesting variety.

In my opinion, the only things I frequently see that make a yard look bad are (1) vehicles/garbage in the yard, (2) chain link fences surrounding the front yard.

If you're worried about pushback, then make smaller incremental changes. If you like the uniformly green, lush grass look then maybe the best you can do is not prevent neighbors from taking a different approach.

But what should people be doing with their yards?

Letting the wild plants take over the yard is probably the best thing, even if a lot of those wild plants are actually invasive species. It's too late to stop a lot of the wild plants colonists brought over with them from taking over anyways.

In the long run, putting buildings closer together is good. It creates more vibrant, walkable communities, which are safer and healthier.

Let's say for instance in my current hood, Phoenix.

Your front yard should be rocks, sand, and dirt with a couple desert shrubs, since you live in a desert. Look up xeriscaping (or mention it to your coworkers since I bet at least one has to have a xeriscaped yard).

Never lived in Minnesota, but I think the Midwest in general has beautiful wildflowers. Iɽ love to have a patch of those naturally growing near me.

How to deal with neighborhood pushback?

When I lived in Phoenix, most of the people I knew had dirt/gravel/rock/sand yards. Some nicely kept, some pretty messy. I think it's getting popular in Phoenix to switch to that, even though some neighborhoods might still be mostly grass yards.

What if I like the nazi/ocd/clean/manicured look? What can I do that looks that way but is not so destructive?

You can move to somewhere where the climate naturally supports the grass without a lot of additional irrigation.

Or you can find peace in gravel. Rake your gravel like a Zen Buddhist Monk for the clean, manicured look.

But what したほうがいい people be doing with their yards?

Check out r/NoLawns and r/NativePlantGardening--there are SO many benefits to moving away from monoculture lawns:

Fewer herbicides and pesticides applied, benefiting the already-collapsing insect and amphibian populations at the bottom of the food chain

Less need for two-stroke mowers and leaf blowers--some of the most polluting small engines around in terms of dangerous particulate matter and CO2 emissions

Less water needed, especially in summer-dry climates like yours. Grass is a huge percentage of a residential water use bill.

Create habitat and locally-appropriate food sources for native animals. Habitat loss is a massive driver of endangered wildlife.

Native landscaping is the point--it should be native to each community, to create habitat and survive in locally-adapted plant communities.

How to deal with neighborhood pushback?

If you don't have an HOA, then put up a National Wildlife Federation sign to show off your new yard. If you do have an HOA, advocate for changing the bylaws to allow the beneficial use of your yard.

What if I like the nazi/ocd/clean/manicured look? What can I do that looks that way but is not so destructive?

If you like a clean, modernist landscape, that can still be yours! You don't need grass to enjoy a variety of clean forms, bright colors, and repeated patterns of good landscape design.

Let's say for instance in my current hood, Phoenix.

In dry climates it's important to reduce water use (xeriscape). In wet climates it's not really about what's on the lawn, it's the road — rather, the bigger problem is that land is chopped up into lawns rather than there being large contiguous habitats. The major problem is that lawns are too big and become a status symbol even beyond the rational if inefficient motive of using empty space for privacy and quiet (as opposed to building better insulated buildings, which we have trouble with).

Ideally curt out a small maintained area around the building for your use and for maintenance access, let the rest grow as it pleases. Curvilinear edges between the maintained and free growth areas have their own aesthetic appeal, its worth a try

I don't think addressing the problem by individual action is the key part.

But what したほうがいい people be doing with their yards?

The main thing is "not building them in the first place". It's currently illegal a lot of places to build houses without big front and back yards. We shouldn't require this.

Permeable surfaces can be important for stormwater management, but the cost we're paying by outlawing traditional in-town housing is extremely high.

So when we build and update neighborhoods, we should be reducing the low-value front yards, bringing destinations closer and more convenient to people, and providing more stuff like playgrounds and sports courts with the reclaimed space. We should fill up exiting lots with more triplexes and casitas and the like.

Let's say for instance in my current hood, Phoenix.

When I'm in Phoenix, I see tons - most in many areas - houses without grass. (Phoenix can't afford the irrigation at that scale, so I hope the trend continues and affects more non-house places.) Surely you see all the naturally-landscaped desert lawns and astroturf lawns around you. If lawns are going to exist, they shouldn't be something you water in the desert and they needn't be huge for most people (for people who aren't willing to pay extra for their hobby, rather than to pay for the only thing that's legal to have).


アメリカンドリーム

We don’t ordinarily think of clichés as having an origin, but of course they do. Someone once said for the first time (and may the gods forgive him), “He can’t see the forest for the trees” someone else first advised us to “leave no stone unturned. ” So it is with the “American Dream.” This overworked phrase, constantly on the tongues or slipping from the peris of politicians, novelists and dramatists, polemicists of every persuasion, historians, journalists, economists, and sociologists, to name just a few, didn’t arise spontaneously out of the primordial ooze of the American language. Someone thought it up—and this time we know whom to blame. He was the historian James Truslow Adams and he invented “the American Dream” in 1931. He was so proud of his new phrase, in fact, that he made it the theme of his book The Epic of America , published that same year, and would have called the book The American Dream if his publishers had let him.

The phrase paid off nicely for Adams. In one of the worst years of the Depression, when few people could afford the luxury of buying a book, The Epic of America was a spectacular best seller and not the least of the credit goes to the reaffirmation of traditional American hopes and aspirations Adams subsumed in his new phrase. Adams defined it as “that American dream of a better, richer, and happier life for all our citizens of every rank,” and again as “the hope of a better and freer life, a life in which a man might think as he would and develop as he willed,” and yet again as “a new dynamic hope of rising and growing, of hewing out for themselves a life in which they would not only succeed as men but be recognized as men, a life not only of economic prosperity but of social and self-esteem.” The Dream was the ordinary American’s “Star in the West which led him on over the stormy seas and into the endless forests in search of a home where toil would reap a sure reward, and no dead hands of custom or exaction would push him back into ‘his place.’ ” This message of hope, coming in the midst of social disaster, not only sold the book, it sold the phrase as well. “The American Dream” quickly became a catch phrase indeed, if phrases yielded royalties, Adams might have retired within the year.

Instead, “the American Dream” entered the public domain, as phrases must, and took on a life of its own. In 1932 the governor of Massachusetts invoked it in a speech before the monument on Bunker Hill and modified its meaning somewhat to suit his own rhetorical purposes. So did George O’Neil, whose play American Dream was produced by the Theatre Guild in 1933. O’Neil was a pessimist who saw the original Dream—represented in his panorama of American history by a young free spirit who breaks away from his Puritan father to strike out on his own—vitiated and then destroyed, first by the forces of nineteenth-century industrialism, then by a modern materialism empty of all ideals. At the end of his play the contemporary representative of the Dream, another young man descended from the first, commits suicide, leaving the Dream, and his wife, to a Marxist. A few years later Michael Foster, in a novel called American Dream , also explored the corruption of original American ideals but Foster ended his work on an upbeat note. The Dream would “live forever, for it was “not merely the American dream” but the “old, old human faith that somehow, somewhere, a time might come when man would stand on the ruins of an old world and an old self, with the starlight on his shoulders. Were still in the Depression at this point O’Neil’s pessimism was roundly condemned, Foster’s optimism roundly applauded. By 1942, the worst year of World War II, the optimism had literally—even desperately —become an article of faith. A patriotic pamphlet issued that year by the Woman s Press includes a vesper service entitled The American Dream, complete with a call to worship, a hymn, a litany, and quotations from The Epic of America .

It’s clear even from these few examples that the boundaries of the phrase were becoming increasingly vague, a development to be expected from the vagueness implicit in the very notion of a “dream, of a dimly perceived vision of possible futures. Even Adams, who invented the phrase, was unable to talk about “the American Dream in precise terms. A better, richer, happier life, a life in which Americans “would not only succeed as men but be recognized as men’: these are not so much definitions as invocations. The vesper service, in other words, was prefigured in Adams rhetoric we are close to the religion of patriotism. Politicians still invoke the phrase without making any pretense toward using it with precision. Richard Nixon kept reminding us that he believed in the American Dream, but what he meant by it wasn’t at all clear. Nor were we any more enlightened when Jimmy Carter. in his Inaugural Address, told us that the American Dream endures.

The more interesting development, however, was not this progressive emptying out of the phrase, its degeneration into a cliché for politicians, but rather the increasing attention and respect the phrase began to receive from historians, sociologists, and other scholars. As early as 1938 the sociologist Robert K. Merton referred to the American Dream in an important essay called “Social Structure and Anomie” Merton identified the Dream not with Adams’ vague phrases about “a better, richer, happier life” but with success, specifically monetary success, and indicated that this was the principal goal of American culture. Quite a few other scholars subsequently adopted and elaborated on this interpretation, equating the American Dream with the achievement of the sort of success dramatized in the Horatio Alger rags-to-riches” stories and in the enormous body of how-to-succeed literature produced in America during the late nineteenth century and on into the twentieth—a literature which, of course, still flourishes.

But some scholars took another tack, not so much disagreeing with Merton’s interpretation as simply ignoring it. To them the Dream was essentially a dream of a better society it was Utopian in nature and belonged to all those dreamers and reformers, from Sir Thomas More on down, for whom America was the last, best hope of mankind, a place not for the achievement of individual success but for the realization of a perfect society. This is the tack taken by Stewart Holbrook in his book Dreamers of the American Dream , published in 1957, which is largely about American reform movements by Vernon L. Parrington, Jr., in American Dreams , which is about nineteenth-century Utopian communities and by men like Archibald MacLeish, with their grand sense of the meaning and purpose of America. Unlike the people of other nations, said MacLeish, “We not only have a national purpose, we have a national purpose of such aspiration, such potentiality, such power of hope that we refer to it—or used to—as the American Dream.”

The contradiction between these two interpretations, and the many variations upon them, has led some scholars to wish that the phrase had never been invented. “Though there is a history of dreams about America, and of dreams of America,” wrote the literary critic Robert B. Heilman in exasperation, “there is no such thing as ‘the American Dream.’ ” Perhaps not. Yet it seems unlikely that the phrase would have gained popularity so rapidly and persisted so strongly if it didn’t refer to something. It is still common coin. Journalists use the phrase constantly there has even been a newspaper course called “In Search of the American Dream.” In New York there’s a film production company called American Dream Productions. In vending machines around the country one can buy American Dream rolling papers for making marijuana cigarettes.

What the phrase means, to be sure, remains unclear. A look at a few of the scores of recent books and articles referring to it— Restoring the American Dream, Lyndon Johnson and the American Dream , “Aspects of the American Dream in the French Enlightenment,” “Coping With the American Dream”—reveals no particular consensus about what the Dream is. Yet there’s clearly something there—some special quality to the country, something that makes America unique among nations, a sense of aspiration or possibility or open-endedness—that demands a name.

Perhaps the best way to define the American Dream is as a kind of origin myth. The Romans have Romulus and Remus, the English Brutus and his survivors from the fall of Troy even new nations sometimes develop extrahistorical explanations for who they are and how they got that way. One thinks of the “Australian Legend,” the “French-Canadian Spirit. We have the American Dream. The name somehow defines us, grants us an identity. But it is not really a myth of origins. That we cannot have our beginnings are too recent, too factual, too diverse to admit of mythologizing. What we have instead is a myth of the future. Our meaning lies not in who we are but in whom we shall become. Such a myth is necessarily vague and without specific content to be too specific would entail setting limits to the Dream, reducing the range of possibilities, and the governing idea is that we are—America is—all possibility.

It follows that the form in which the possibilities will be realized must always remain to be seen. Wrote Robert K. Merton, “. in the American Dream there is no final stopping point,” for to stop would be to accept limitations, to wake up from the Dream. The Dream stretches endlessly and forever toward the horizon, then, the lure of “more” and “better” pulling us on no matter what we accomplish, individually or collectively, it lies just out of reach, and we remain, however self-consciously at times, however ironically, a nation of Dreamers.


ビデオを見る: לאן יהודים לאן - החלום האמריקאי (12月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos