新しい

1年目の1月26日6日目-歴史

1年目の1月26日6日目-歴史



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

2017年1月26日初年度6日目

9:00 AM大統領は彼の毎日のブリーフィングを受け取ります

大統領執務室

クローズドプレス

午前10時20分大統領はホワイトハウスを出発してアンドリューズ空軍基地に向かう

サウスローン

12:00 PM大統領は明日の共和党員リトリート会議に出席する

午後2時10分大統領はホワイトハウスに向かう途中でフィラデルフィアを出発します

午後3時大統領がホワイトハウスに到着

午後4時30分大統領が大統領命令に署名

大統領執務室


歴史のこの日からの重要なイベント1月26日

2006年:ウエスタンユニオンは、2006年1月31日からテレグラムサービスの終了を発表しました。最後のテレグラムは翌日に送信されます。テレグラムサービスは、インターネット時代の幕開けとともに電子メールの使用に取って代わられましたが、それでも世界中に何らかの形で存在していますが、高速通信の主要な力としてではありませんでした。電話はまだ限られた数しかありませんでした。今日それが使用されるとき、それは結婚式、出産、葬式および卒業のようなもののために、そして(安全でない媒体としてのインターネットの認識のために)安全な形のコミュニケーションとしてさえあります。

エジプトの首都カイロでの反英帝国の暴動により、17人の英国人住民がトラブルの最中に殺害または焼死した。ファールーク国王は戒厳令を宣言し、夜間外出禁止令の夜明けが課され、警察は視界での射撃を命じられました。

警察がウェンセスラス像のふもとに集まった群衆を分散させるためにトランチョンと催涙ガスを使用した後、暴力が爆発し、チェコスロバキアのソビエト占領に抗議して自殺した学生ヤンパラフに敬意を表した。

オーストラリアのクイーンズランド州で異常に大量の降雨があり、川が最大になり、サイクロンワンダが上陸すると、ブリスベンのかなりの部分が2フィートの水で覆われました。

英国の失業率は1930年代以来初めて300万人を超えました。

チェコ共和国の元首相であるミロシュ・ゼマンは、チェコの大統領選挙で勝利しました。投票は国内で初めて直接人気投票によって決定されました。

2014年:教皇フランシスコによって解放された2つの白い「平和」鳩が解放された直後にカモメとカラスに襲われました。彼らが教皇のアンジェラスの祈りを観察していたとき、何千人もの人々が攻撃を目撃しました。


黒人の歴史のこの日:1892年1月26日

1892年1月26日生まれのベッシーコレマは、有名な飛行士であり、アフリカ系アメリカ人の女性として初めてパイロットになり、国際パイロットの免許を取得しました。

彼女が18歳になったとき、コールマンは貯金を取り、オクラホマカラードアグリカルチュラルアンドノーマル大学(現在はラングストン大学と呼ばれています)に入学しました。彼女はお金がなくなる前に一期を終え、家に帰った。

1915年に彼女はシカゴに移り、ネイリストとして働き、第一次世界大戦で飛行したパイロットの話を聞きました。パイロットになることを決意した彼女は、 シカゴ・デフェンダー 海外で航空を勉強する。コールマンは銀行家とディフェンダーから財政的支援を受けました。彼女は最終的にパリに旅行し、アフリカ系アメリカ人の女性として初めて国際航空免許を取得し、世界で初めて航空パイロットの免許を取得しました。彼女は後にオランダとドイツに旅行して追加のトレーニングを受けた後、米国に戻り、そこでスタントフライングを行い、「世界で最も偉大な女性の飛行士」と呼ばれました。

コールマンは、困難なスタントを完了するために何もせずに立ち止まる、熟練した大胆なパイロットとしての評判を築きました。彼女は飛行機の故障により34歳で航空機が墜落した後、1926年に亡くなりました。

BET National News-ヒップホップやエンターテインメントの世界のヘッドラインなど、全国の最新ニュースを最新の状態に保ちます。クリック 購読するにはここに ニュースレターに。


2021年の重要な曜日と日付のリスト

1月の重要な曜日と日付

  • 1月4日:世界点字デー
  • 1月9日:NRIデー
  • 1月10日:世界ヒンディーデー
  • 1月12日:ワールドユースデー
  • 1月15日:陸軍の日
  • 1月25日:全国有権者の日
  • 1月26日:インド共和国記念日、国際税関日
  • 1月27日:国際記念日
  • 1月30日:殉教者の日
  • 1月(最終日曜日):世界ハンセン病撲滅デー

2月の重要な曜日と日付

  • 2月2日:世界湿地の日
  • 2月4日:世界対がんデー
  • 2月6日:女性性器切除に対するゼロトレランスの国際デー
  • 2月(2月の第2週の第2日):より安全なインターネットの日
  • 2月10日:全国駆虫デー
  • 2月11日:科学における女性と少女の国際デー
  • 2月12日:全国生産性デー
  • 2月13日:世界ラジオデー、世界女性の日
  • 2月14日:バレンタインデー
  • 2月20日:世界社会正義の日
  • 2月21日:国際母語デー
  • 2月24日:中央物品税の日
  • 2月28日:国立科学の日

3月の重要な曜日と日付

  • 3月1日:ゼロ差別ゼロの日世界市民防衛の日
  • 3月3日:世界野生生物の日、世界聴覚デー
  • 3月4日:国家安全保障の日
  • 3月8日:国際女性の日
  • 3月(3月の第2木曜日):世界腎臓の日
  • 3月(3月の第2水曜日):禁煙日
  • 3月15日:世界障害者デー世界消費者権利デー
  • 3月16日:世界の睡眠の日
  • 3月18日:兵器工場の日(インド)
  • 3月20日:国際幸福デー世界スズメの日
  • 3月21日:世界森林デー世界ダウン症の日世界詩歌記念日
  • 3月22日:世界水の日
  • 3月23日:世界気象の日
  • 3月24日:世界結核デー
  • 3月27日:世界演劇の日

4月の重要な日時

  • 4月1日:オリッサの日
  • 4月2日:世界自閉症啓発デー
  • 4月4日:地雷に関する啓発国際デー
  • 4月5日:全国海事デー
  • 4月7日:世界保健デー
  • 4月10日:世界ホメオパシーの日
  • 4月11日:全国安全母性デー全国ペットデー
  • 4月17日:世界血友病の日
  • 4月18日:世界遺産の日
  • 4月19日:世界肝炎デー
  • 4月21日:秘書の日公務員の日
  • 4月22日:アースデイ
  • 4月23日:世界図書と著作権の日
  • 4月24日:全国パンチャヤティデー
  • 4月25日:世界マラリアデー
  • 4月26日:世界知的所有権の日
  • 4月28日:労働安全衛生世界デー世界獣医デー
  • 4月29日:国際ダンスデー
  • 4月30日:Ayushman Bharat Diwas

5月の重要な曜日と日付

  • 5月1日:労働者の日(国際労働者の日)、マハラシュトラの日
  • 5月3日:報道の自由デー
  • 5月(第1日曜日):世界笑いの日
  • 5月(第1火曜日):世界ぜんそくデー
  • 5月(第2日曜日):母の日
  • 5月4日:石炭鉱山労働者の日国際消防士の日
  • 5月7日:世界陸上競技の日
  • 5月8日:世界赤十字デー世界サラセミアデー
  • 5月11日:ナショナルテクノロジーデー
  • 5月12日:国際看護師の日
  • 5月12日:母の日
  • 5月15日:国際家族デー
  • 5月17日:世界情報社会デー世界高血圧デー
  • 5月18日:世界エイズワクチンデー国際博物館の日
  • 5月21日:全国テロ対策デー
  • 5月22日:国際生物多様性の日
  • 5月24日:コモンウェルスデー
  • 5月31日:禁煙デー

6月の重要な曜日と日付

  • 6月1日:世界ミルクデー
  • 6月3日:世界自転車デー
  • 6月4日:侵略による罪のない子供たちの犠牲者の国際デー
  • 6月5日:世界環境デー
  • 6月(第3日曜日):父の日
  • 6月8日:世界海洋デー
  • 6月12日:児童労働反対世界デー
  • 6月13日:国際アルビニズム啓発デー
  • 6月14日:世界献血者デー
  • 6月20日:世界難民の日
  • 6月21日:国際ヨガの日
  • 6月23日:国連パブリックサービスデー
  • 6月26日:薬物乱用と不正取引に対する国際デー

7月の重要な曜日と日付

  • 7月1日:医師の日
  • 7月6日:世界人獣共通感染症の日
  • 7月11日:世界人口デー
  • 7月17日:国際司法の日
  • 7月18日:国際ネルソンマンデラデー
  • 7月28日:世界肝炎デー

8月の重要な曜日と日付

  • 8月(第1日曜日):国際フレンドシップデー
  • 8月6日:広島の日
  • 8月8日:世界高齢者の日
  • 8月9日:インドの日、長崎の日、世界の国際デーの先住民の日をやめます。
  • 8月15日:インド独立記念日
  • 8月12日:国際青少年デー
  • 8月19日:写真撮影の日、世界人道の日
  • 8月29日:国民体育の日

9月の重要な曜日と日付

  • 9月2日:ココナッツの日
  • 9月5日:教師の日サンスクリットの日
  • 9月8日:国際識字デー
  • 9月14日:ヒンディー語ディワス
  • 9月15日:エンジニアの日国際民主主義デー
  • 9月16日:世界オゾンデー国際保存デー
  • 9月21日:アルツハイマー病の平和と非暴力の日(国連)
  • 9月22日:ローズデー(がん患者の福祉)
  • 9月23日:手話言語の国際デー
  • 9月26日:聴覚障害者の世界避妊の日
  • 9月27日:世界観光の日世界海事の日
  • 9月29日:世界の心臓の日
  • 9月30日:国際翻訳の日
  • 9月(先週の土曜日):世界の川の日

10月の重要な曜日と日付

  • 10月1日:国際高齢者デー
  • 10月2日:ガンディー生誕記念日国際非暴力デー
  • 10月(第1月曜日):世界ハビタットデー
  • 10月4日:世界の動物福祉の日
  • 10月8日:インド空軍の日
  • 10月9日:世界郵便局の日
  • 10月10日:全国郵便の日世界メンタルヘルスデー
  • 10月11日:全国女児の日
  • 10月(第2木曜日):世界視力の日
  • 10月13日:国連国際防災デー
  • 10月14日:世界標準の日
  • 10月15日:世界学生の日世界白杖の日(盲人の指導)
  • 10月16日:世界食料デー
  • 10月24日:国連の日世界開発情報の日
  • 10月30日:世界勤倹デー
  • 10月31日:全国統一デー

11月の重要な曜日と日付

  • 11月5日:世界津波の日
  • 11月7日:全国がん啓発デー
  • 11月9日:法務デー
  • 11月14日:子供の日糖尿病デー
  • 11月17日:全国てんかんの日
  • 11月20日:アフリカ工業化の日
  • 11月21日:世界テレビデー
  • 11月29日:パレスチナ人民連帯の国際デー

12月の重要な曜日と日付

  • 12月1日:世界エイズデー
  • 12月2日:国家汚染管理
  • 12月3日:障害者の世界の日
  • 12月4日:インド海軍の日
  • 12月7日:インド軍旗の日
  • 12月10日:世界人権デー国際子供放送の日
  • 12月11日:国際山岳デー
  • 12月14日:世界省エネデー
  • 12月16日:戦勝記念日
  • 12月18日:マイノリティの権利の日(インド)
  • 12月22日:全国数学の日
  • 12月23日:Kisan Divas(農民の日)(インド)
  • 12月24日:全国消費者の日
  • 12月25日:クリスマスの日

したがって、これらは世界中で1年に祝われる重要な日とイベントです。競争力のある試験を受ける学生は、これらの重要な曜日と日付を通過することをお勧めします。 一般知識セクション 簡単に。あなたが私たちのブログを気に入ってくれたことを願っています。詳細については、しばらくお待ちください。


オーストラリアの日の神話を暴く

多くの人にとって、オーストラリアの日は神聖な日ですが、この写真は、日付の議論に関する偽善と、なぜそれが見た目と違うのかを示しています。

1月26日は物議を醸す日ですが、オーストラリアの祝日を開催するのに良い日があるでしょうか。

1月26日は物議を醸す日ですが、オーストラリアの祝日を開催するのに良い日はありますか?

オーストラリアの日は必ずしも1月26日ではありませんでした。写真:Nikki Davis-Jones 出典:News Corp Australia

オーストラリアの日を変えることはオーストラリア以外のことのように思えるかもしれませんが、1月26日を祝う理由を誰もが理解しているわけではありません。

副国民党のリーダーであるブリジット・マッケンジーは、オーストラリアの日が1月26日にとどまると主張したときに、この点を説明しました。

&#x201CTそれは私たちの国の進路が永遠に変わったときです。キャプテンクックが上陸したとき、&#x201D上院議員マッケンジーは2018年にスカイニュースに語った。

&#x201Cそしてそれ以来、私たちは信じられないほど成功した社会、世界で最高の多文化社会を構築してきました。&#x201D

実際、オーストラリアの日は、アーサー・フィリップ大尉が指揮した1788年1月のファーストフリートの到着を記念しています。キャプテンクックはその時点で9年間死んでいた。

多くの先住民族のオーストラリア人が侵略の日と呼んでいる日付を変更するよう求められています。

オーストラリアの日を変更するという考えには多くの怒りがありましたが、日付は常にそのように設定されているわけではありません。

最近では、ほとんどの人が1月26日がファーストフリートの到着を記念していることを知っています。具体的には、1788年にシドニーコーブに上陸し、ユニオンジャックを上げ、大陸の一部でイギリスの主権を宣言したアーサーフィリップ大尉の日でした。

しかし、オーストラリアデーの命名には約150年かかり、1月26日に開催されるとは限りませんでした。

オーストラリアの日にはさまざまな日付がありました。 出典:提供

メルボルン大学のケイト・ダリアン・スミス教授は、その日の進化を次のように追跡しました。 会話.

彼女は、1月26日は当初&#x201CFirst Landing Day&#x201Dまたは&#x201CFoundation Day&#x201Dと呼ばれ、初期の入植者はその機会を記念して記念日の夕食会を開催したと述べました。

パーティーゲームニュースレター news.com.auの政治編集者サマンサメイデンからあなたの政治ブリーフィングを入手してください。

パーティーゲームニュースレター 成功!詳細については、受信トレイを確認してください。すべてのニュースレターを見る

初期の最大の祝賀会の1つは、1818年にラックランマッコーリー知事が30周年を祝うために30発の祝砲を主催したときでした。その後、シドニーハーバーで毎年開催されるレガッタが人気のアトラクションになります。

しかし、休日はまだかなりNSW中心の機会であり、他の州は独自の休日を導入しました。

タスマニアは12月初旬にレガッタデーを開催し、1642年にアベルタスマンが上陸し、1825年にニューサウスウェールズから分離したことを共同で認めました。

西オーストラリアでは、6月1日の財団の日が1829年の白人入植者の到着を祝いました。南オーストラリアの宣言の日は12月28日に開催されました。

しかし、1月26日の人気は高まり、1888年までに、当時知られている「記念日」は、アデレードを除くすべての首都で休日になりました。

この段階でさえ、多くの人がNSWの有罪判決を受けた起源は過去に残された方がよいと考えていたため、この日を祝うことについての留保がありました。ニューサウスウェールズ州知事のヘンリーパークスはまた、この日がアボリジニに彼らがどのように&#x201Crobbed&#x201Dであったかを思い出させるものであることを認識しました。

そのため、オーストラリアの建国記念日にとって、それが常に明白な選択であるとは限りませんでした。

1901年にオーストラリア連邦が設立された後、オーストラリア先住民協会が適切な日付を見つけようとして、基本的な休日を設定することに新たな関心が集まりました。

エンパイアデーは、ビクトリア女王の誕生日の終わりを記念し、帝国の絆の強さを認めるために、1905年5月24日に最初に導入されました。

最初の&#x201CAustralia Day&#x201Dは、第一次世界大戦の取り組みのための資金を調達するために、実際には1915年7月30日に開催されました。

オーストラリアの日は1915年7月30日に最初に祝われました。 出典:提供

全国オーストラリアデー評議会によると、すべての州が1月26日に開催されるオーストラリアデーに共通の日付と名前を採用したのは1935年まででしたが、最も近い月曜日に祝われたため、人々は長い週末を過ごすことができました。

すべての州と準州が、最も近い月曜日ではなく1月26日にオーストラリアの日を祝うことに合意するのに1988年までかかりました。

ついに1994年、1月26日のオーストラリアの日を祝うことが国民の祝日として宣言されました。

&#x201CAustralia Dayは必ずしも1月26日ではない、&#x201Dマッコーリー大学の先住民研究の専門家であるBronwynCarlson教授はnews.com.auに語った。

&#x201C過去100年以上にわたり、さまざまな月のさまざまな日に祝われてきたため、長年の伝統とは異なります。&#x201D

彼女は、誰かがファースト・フリートの到来と先住民の処分と抑圧を記念する日に全国的な祝賀会を開くことを決定したと言いました。

&#x201Cこの日は、イギリス軍または王冠の囚人であったファースト・フリートに搭乗している人々にとってさえ、祝うに値する日を反映していない、と彼女は言った。

しかし、カールソン教授は日付に問題があると信じていますが、人種差別主義者だとは思っていませんでした。

&#x201C&#x2018racist&#x2019という用語は、パニックを伴い、憎悪を煽る用語です&#x201Dと彼女は言いました。 &#x201C日付に問題があります&#x2014日付は人種差別主義者ではありません&#x201D

カールソン教授は、問題は多くのオーストラリア人が日付の背後にある歴史を理解していないことであると述べた。

&#x201CIは、人々が&#x2018racist&#x2019というラベルを付けることに関心を持っていると考えており、オーストラリアの植民地時代の歴史について完全に知らされているのは悲しいことです&#x201Dと彼女は言いました。

&#x201C現代のオーストラリアでは、先住民以外のオーストラリア人がオーストラリアの歴史全体を知らない場合に人種差別が顕在化します。&#x201D

カールソン教授は、ファースト・フリートの到着に続く出来事は人種の考えによって知らされたので、この期間中の先住民の大量殺戮はすべて人種に関するものだったと言いました。

&#x201C日付を変更することには利点があります。これは、オーストラリア先住民、特に他のオーストラリア人に、オーストラリア人がファーストフリートの到着を理解し、その後の行動が先住民にとって前向きではなかったことを知らせるためです。&#x201Dと彼女は言いました。

侵略の日/ 2019年のホバートでの日付ラリーの変更。写真:Nikki Davis-Jones 出典:News Corp Australia


プレリムコース2022

公務員試験のための統合UPSCプレリムコース2022の開始を発表できることを嬉しく思います。このコースは、まったくの初心者向けに概念化されています。 学部生 , 志願者を準備する自己学習働く専門家 。タイムテーブルに従って、完全なPrelimsシラバスを段階的にカバーする300日間の計画です。それはほとんどすべてのNCERTと標準の本をカバーしています (CSEトッパーが推奨するとおり)それに加えて、学生が自分の進歩を評価できるように定期的にテストがあります。

シラバスは2つのフェーズに分かれています。

  • フェーズ1はすべてのNCERT +テストシリーズをカバーし、
  • フェーズ2は、すべての標準書籍とテストシリーズを対象としています

このコースの対象となるのは誰ですか?

このコースには何が含まれていますか?

  • 作る 基礎強い UPSC Prelimsの場合、NCERTとStandardBooksを完了する必要があります。なぜなら、政体、歴史、地理、経済など、UPSCのすべての主要な主題について、NCERTの本を通じて基本的な理解を得ることができるからです。
  • NCERTから標準書までの完全な学習資料ノートを提供しています…..だからマーケットからそれらを購入する必要はありません。 NCERTクラス6、クラス7など、すべての主題の本が1つずつカバーされ、次に標準の本が章ごとにカバーされます。
  • 毎日 午前9時前、毎日のターゲット 教材 その日のが提供されます。
  • 学習資料を注意深く読んでください。 心から概念を理解する 必要に応じて。
  • 改訂は成功への鍵です。
  • 改訂モジュール スケジュール通りに提供されます。
  • タイムテーブルを通過した後、あなたは存在することに気付くでしょう 最大改訂期間、 それは何度も何度もあなたを保ちます 焦点を合わせて、シラバス全体を時間どおりに完了するのを手伝ってください。
  • スケジュールの7日ごとにテストがあります
  • すべてのトピックは 包括的にカバー
  • 詳細なテストシリーズ 各科目に含まれています。

授業料

完全なコース料金は Rsのみ。 2500/-

赤いリンクをクリックして、今すぐ登録してください Rs。 2500 /&#8211(一括払い)このコースを受講する


2月の誕生石はアメジストです。

  • 1829 –リーヴァイ・ストラウス、ドイツ生まれのユダヤ人服デザイナー(d。1902)
  • 1846 –ウィリアムF.「バッファロービル」コーディ、アメリカのフロンティアマン(d。1917)
  • 1852 –ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ、アメリカの外科医であり擁護者(ケロッグのコーンフレークを兄と一緒に発明した)(1943年)
  • 1866 - ハーバートヘンリーダウ、米国の化学産業のパイオニア(ダウケミカル)
  • 1920 –トニー・ランドール、アメリカの俳優(The Odd Couple)(d。2004)
  • 1928 –ファッツ・ドミノ、アメリカのミュージシャン(ブルーベリーヒル)
  • 1932 -ジョニー・キャッシュ、アメリカのシンガーソングライター
  • 1953 –マイケル・ボルトン、アメリカの歌手

修正第19条が採択されました

女性の選挙権を保証する第19修正条項は、ベインブリッジコルビー国務長官の布告により、米国憲法に正式に採択されました。改正案は、女性参政権者による70年以上の闘争の集大成でした。その2つのセクションは簡単に読むことができます:&#x201C投票する米国市民の権利は、性別を理由に米国またはいかなる州によっても否定または短縮されないものとします&#x201Dおよび&#x201C議会はこの記事を施行する権限を有するものとします適切な法律。&#x201D

アメリカの女性参政権運動は、19世紀半ばに、奴隷制度廃止運動と禁酒運動での活動を通じて政治的に活動するようになった女性によって設立されました。 1848年7月、エリザベスキャディスタントンとルクレシアモットが組織した200人の女性参政権者がニューヨーク州セネカフォールズに集まり、女性の権利について話し合いました。教育と雇用の機会に対する女性の権利を主張する措置を承認した後、彼らは「選択的フランチャイズに対する彼らの神聖な権利を自分たちに確保することはこの国の女性の義務である」と宣言する決議を可決した。女性の選挙権、セネカフォールズコンベンションは公の嘲笑の対象となり、女性の権利の支持者の一部は支持を撤回しました。しかし、この決議は、アメリカにおける女性参政権運動の始まりを示しました。

最初の全国女性参政権大会は1850年に開催され、その後毎年繰り返され、成長する女性参政権運動に重要な焦点を提供しました。リコンストラクションの時代には、米国憲法修正第15条が採択され、アフリカ系アメリカ人の男性に選挙権が与えられましたが、議会は選挙権をジェンダーの領域に拡大することを拒否しました。 1869年、米国憲法の女性参政権改正を推進するために、スーザンB.アンソニーとエリザベスキャディスタントンによって全国婦人参政権協会が設立されました。ルーシー・ストーンが率いる別の組織であるアメリカ女性参政権協会は、州議会を通過するために同じ年に設立されました。 1890年、これら2つのグループは全米女性参政権協会として統合されました。その年、ワイオミング州は女性に選挙権を与える最初の州になりました。

20世紀の初めまでに、アメリカ社会における女性の役割は劇的に変化しました。女性はより多く働き、より良い教育を受け、より少ない子供を産み、さらに3つの州(コロラド、ユタ、アイダホ)が需要に屈しました。女性の権利化のために。 1916年、全国女性参政権党(1913年に女性参政権議会連合で結成)は、女性参政権に対してより過激なアプローチを採用することを決定しました。アンケートやロビー活動の代わりに、そのメンバーはホワイトハウスをピケッティングし、行進し、市民的不服従の行為を上演しました。

1917年、アメリカは第一次世界大戦に突入し、女性は女性参政権に対する残りの反対のほとんどを打破するのに役立つさまざまな立場で戦争努力を支援しました。 1918年までに、女性は15州で男性と同等の参政権を獲得し、民主党と共和党の両方が女性の権利を公然と承認しました。

1918年1月、女性参政権の修正案は、必要な3分の2の多数決で衆議院を通過しました。 1919年6月、それは上院によって承認され、批准のために州に送られました。批准を確保するために全国のサフラジストによってキャンペーンが行われ、1920年8月18日、テネシー州は修正案を批准する36番目の州となり、国の法律にするために必要な州の批准の4分の3を与えました。


ノアの方舟と洪水

大洪水とノアの箱舟のイベントは、9月13日金曜日のメトセラの死のDFC日付から始まります–紀元前2458年のTishri1の364日カレンダー。ノアの家族は、10月30日水曜日にメトセラが亡くなってから47日後、紀元前2458年にヘシボン10で箱舟に入りました。グレゴリオ暦-ヘブライ太陽暦のこの同じ日は、紀元前2449年3月19日水曜日–アダール29日です。創世記7:11-12は、7日後の11月6日水曜日–ヘシボン17に、「40日40夜」雨が降り始めたことを示しています。

ノアの箱舟の覆いは、ノアが601歳の創世記8章13節によると、翌年に削除されます。聖書は、この出来事を「最初の月の初日」に発生すると言及しています。ノアの箱舟でのこの出来事は、9月13日金曜日のメトセラの死からちょうど1年後、紀元前2457年のティシュリー1で発生します。この同じイベントのグレゴリオ暦-ヘブライ太陽暦の日付は、紀元前2448年の1月30日金曜日–シバット9です。 364日間のカレンダーでは、9月13日は常に金曜日であり、創世記と出エジプト記の両方のカレンダーで常にTishri1です。創世記11:10は、ノアの孫でセムの息子であるアルパクシャドが、紀元前2456年の9月14日土曜日のティシュリー2に「洪水の2年後」に生まれたことを示しています。この日付は、ノアの洪水のイベントの開始をトリガーするように思われるメトセラの死のDFC日付の2年と1日後です。グレゴリアン-ヘブライ暦では、アルパクシャドの誕生は紀元前2447年1月30日土曜日からシェバット9日に発生します。アルパクシャドの誕生は、洪水とノアの箱舟の出来事を終わらせます。洪水としても知られるノアの箱舟の出来事は、旧約聖書の創世記に非常に歴史的に詳細に記載されています。

地球の神聖なカレンダーからのテキスト: 旧約聖書の年代測定された出来事

16

ノアの箱舟と洪水の出来事 虹の契約へのノアの600年 9月13日金曜日–紀元前2458年ティシュリー1 12月21日土曜日まで–紀元前2457年のテベット2 1年100日 21のイベントすべて:創世記第7章、第8章、第9章

創世記7:11

メトセラの死のDFC日付はノアの600番目のDFC年です

これは、ノアの600歳の誕生日のDFCの日付です。この日付は、ノアの誕生日から600年120日です。この日は、メトセラが亡くなったDFCの日付でもあり、雨が降り始める54日前の「月の17日目である2か月目」です。この時点で、紀元前4115年の創造週の創造日3から、1、656364日プラス331日が経過しました。これは、創造の週から洪水が始まるまでの聖書のテキストに述べられている1、656年と完全に一致しています。 CD#331は、クリエーションウィークからの年数の5分の1です。 CD#331は、紀元前2461年から紀元前2457年の間に発生したイベントのDFC日付です。

日付イベントの種類:DFC
BRカレンダー日番号:331
BR作成からの年:1656
BR:9月13日金曜日—紀元前2458年ティシュリー1
GH:2月1日金曜日—シェバット12、紀元前2449年
ユリウス日番号:826976.75

創世記7:1-16

ノアと彼の家族は箱舟に入る

ノアと彼の家族、そしてすべての動物は、雨が降り始める7日前に箱舟に入ります。これは、聖書に記録された最初のDIS(聖書の日付)の日付です。聖書のテキストから正確な月と日を計算できるのはこれが初めてです。ノアと彼の家族は382日間箱舟にとどまりました。ノアとその家族が箱舟に入ってから7日後に雨が降り始め、「月の17日目である2か月目に」雨が降り始めます。

日付イベントの種類:DIS
BRカレンダー日番号:14
BR作成からの年数:1657
BR:10月30日水曜日—ヘシボン10、紀元前2458年
GH:3月19日水曜日—紀元前2449年アダール29
ユリウス日番号:827023.75

創世記7:11-17

最初の雨が地球に降り始めます

これは、40日間の連続降雨の1日目です。これは、水が地球を覆った150日の1日目でもあります。これは聖書のテキストで述べられている最初の特定の日付です。

日付イベントの種類:DIS
BRカレンダー日番号:21
BR作成からの年数:1657
BR:11月6日水曜日—ヘシボン17、紀元前2458年
GH:3月26日水曜日—紀元前2449年ニサン6
ユリウス日番号:827030.75

創世記7:11-17

40日目に雨が止む

これは40日目であり、洪水時の雨の最後の日です。水は、沈静化し始める前に、さらに110日間地球を覆います。

日付イベントの種類:DIS
BRカレンダー日番号:60
BR作成からの年数:1657
BR:12月15日日曜日—キスレーウ26、紀元前2458年
GH:5月4日日曜日—紀元前2449年イヤル15
ユリウス日番号:827069.75

創世記7:17-24

地球上の水の150日目

これは地球を覆う水のピークです。この同じ日に、水は後退し始め、箱舟はアララトの山々で休むようになります。聖書のこのニサン17の日付は、出エジプト記12:37-42に記録されているように、紀元前1445年にエジプトから出エジプト記の最初の日を結ぶアンカー日付になります。この4月8日-西暦30年のニサン17太陽グレゴリオ暦-ヘブライ暦の日付は、ヨハネ20:19-23で言及されている復活日の月曜日の夜でもあります。

日付イベントの種類:アンカー#17
BRカレンダー日番号:170
BR作成からの年数:1657
BR:4月4日金曜日—ニサン17、紀元前2457年
GH:8月22日金曜日—紀元前2449年エルル7
ユリウス日番号:827179.75

創世記8:1-4

箱舟はアララト山にあります

これは、歴史上最も重要な移行日です。歴史上のこのニサン17の日付で、箱舟はアララトの山で休むようになります。出エジプト記12章40-42節によると、イスラエルは紀元前1445年にニサン17日にエジプトを出て最初の日を迎えました。復活したキリストは、4月8日月曜日、グレゴリオ暦のニサン17日、西暦30年の復活の夜に弟子たちの前に立ちます。この出来事は、トーマスがいない状態でイエスが弟子たちに現れたとき、マルコ16:14、ルカ24:36-43、ヨハネ20:19-23に記録されています。

日付イベントの種類:アンカー#17
BRカレンダー日番号:170
BR作成からの年数:1657
BR:4月4日金曜日—ニサン17、紀元前2457年
GH:8月22日金曜日—紀元前2449年エルル7
ユリウス日番号:827179.75

創世記8章5節

ノアは山の頂上を見る

山の頂上の光景は、洪水が沈静化し始めた後の土地の最初の兆候です。

日付イベントの種類:DIS
BRカレンダー日番号:243
BR作成からの年数:1657
BR:6月16日月曜日—タムズ1、紀元前2457年
GH:11月3日月曜日—ヘシボン13、紀元前2449年
ユリウス日番号:827252.75

創世記8:6-9

ノアは箱舟の窓を開けてカラスを解放する

ノアは同じ日にカラスと鳩を送り出します。カラスは、食べることができるほとんどすべてのもので生き残ることができ、鳩ほど選択的ではありません。ワタリガラスは箱舟に戻らず、箱舟に行ったり来たりすることはできますが、スカベンジャーであるため、食べるのに十分な餌を見つけたようです。

日付イベントの種類:DIS
BRカレンダー日番号:283
BR作成からの年数:1657
BR:7月26日土曜日— Av 12、2457 BC
GH:12月13日土曜日—紀元前2449年キスレーウ23
ユリウス日番号:827292.75

創世記8:6-9

ノアは同じ日にカラスと鳩を送り出します。箱舟ほど安全だと感じる着陸場所がおそらくないので、鳩は戻ってきます。鳩は、カラスよりも食べることができるものを選択しているようです。ワタリガラスはノアに戻りません。

日付イベントの種類:DIS
BRカレンダー日番号:283
BR作成からの年数:1657
BR:7月26日土曜日— Av 12、2457 BC
GH:12月13日土曜日—紀元前2449年キスレーウ23
ユリウス日番号:827292.75

創世記8:10-11

2番目の鳩がオリーブの葉でノアに戻る

最初の鳩とカラスが解放されてから7日後、ノアは2番目の鳩を解放します。鳩がオリーブの葉を持って戻ってきたとき、それは新しい植物の成長が始まったことの兆候です。 This was the first sign that Noah and his family would soon be able to leave the Ark.

Type of Dated Event: DIS
BR Calendar Day Number: 290
BR Years from Creation: 1657
BR: Saturday, August 3 — Av 19, 2457 BC
GH: Saturday, December 20 — Kislev 30, 2449 BC
Julian Day Number: 827299.75

Genesis 8:12

Third Dove Does Not Return to Noah

Seven days after the second dove was released, Noah releases a third dove. When the dove does not return it is a sign that birds can now survive independently of the Ark as a home base. There was now a supply of food for birds and other animals. This was a definite sign that Noah and his family could begin preparations to leave the Ark. It can be speculated that Noah would probably live near the Ark and use it as a storage barn for food until food was more plentiful and could be grown or hunted. Pictures taken by Ron Wyatt of what is reported to be the remains of Noah’s home and his wife’s tombstone can be found at the website http://arkdiscovery.com/noahsarkstones.htm. This website has valuable information and pictures about Noah’s Ark and the events of the Exodus.

Type of Dated Event: DIS
BR Calendar Day Number: 297
BR Years from Creation: 1657
BR: Saturday, August 10 — Av 26, 2457 BC
GH: Saturday, December 27 — Tevet 7, 2449 BC
Julian Day Number: 827306.75

Genesis 8:13

Noah Removes Covering on the Ark

Noah removes the Covering on the Ark on the “first month, the first day of the month”, as stated in Genesis 8:13. This date becomes a Tishri 1 Anchor date in the Bible Timeline. This Anchor date allows the exact DFC dating of many of the events from Creation Week until the first day of the Exodus out of Egypt on Nisan 17 in 1445 BC. Like all DFC dates, CD#331 is one-fifth of the number of years since Creation Week. CD#331 is the DFC date for events between 2461 BC and 2457 BC. This date is an Anchor date, a DIS date and a DFC date. See Chapter 12 for explanation of DIS dates.

Type of Dated Event: Anchor#1, DFC, DIS
BR Calendar Day Number: 331
BR Years from Creation: 1657
BR: Friday, September 13 — Tishri 1, 2457 BC
GH: Friday, January 30 — Shevat 9, 2448 BC
Julian Day Number: 827340.75

Genesis 8:13

The Tishri 1 Anchor date that Noah removes the Covering on the Ark is also Noah’s 601st DFC birthday. From this Tishri 1 Anchor date in history in the Biblical text, all dated events in Scripture and world history can be calculated on calendars using the Julian Day Number. From this DFC and Anchor date in Scripture, the exact DFC of the first day of the Exodus on Friday, April 4−Nisan 17 in 1445 BC can be accurately calculated.

Type of Dated Event: Anchor#1, DFC
BR Calendar Day Number: 331
BR Years from Creation: 1657
BR: Friday, September 13 — Tishri 1, 2457 BC
GH: Friday, January 30 — Shevat 9, 2448 BC
Julian Day Number: 827340.75

Genesis 8:14

Type of Dated Event: DIS
BR Calendar Day Number: 31
BR Years from Creation: 1658
BR: Saturday, November 16 — Heshvan 27, 2457 BC
GH: Saturday, April 4 — Nisan 13, 2448 BC
Julian Day Number: 827404.75

Genesis 8:15-19

God Instructs Noah to Leave the Ark

This is the last specific DIS date given in Scripture in relation to the events of The Flood. Noah and his family leave the Ark after spending 382 days confined to the Ark. The many dated events during The Flood give us a very detailed picture of the ordered days and days of the week on the 364-Day calendar that is consistent with the Biblical text.

Type of Dated Event: DIS
BR Calendar Day Number: 31
BR Years from Creation: 1658
BR: Saturday, November 16 — Heshvan 27, 2457 BC
GH: Saturday, April 4 — Nisan 13, 2448 BC
Julian Day Number: 827404.75

Genesis 8:15-19

Noah Finishes Releasing the Animals

This is the estimated date that Noah finished removing the animals from the Ark. This is the first date labeled as an EST (Estimated) date in Scripture in relation to the events of The Flood. An EST date falls between a DIS and/or DFC dates taken from the Biblical text. There may be several EST dates between DIS or DFC dates.

Type of Dated Event: EST
BR Calendar Day Number: 44
BR Years from Creation: 1658
BR: Friday, November 29 — Kislev 10, 2457 BC
GH: Friday, April 17 — Nisan 26, 2448 BC
Julian Day Number: 827417.75

Genesis 8:20

Noah Begins Building an Altar to the Lord

Type of Dated Event: EST
BR Calendar Day Number: 46
BR Years from Creation: 1658
BR: Sunday, December 1 — Kislev 12, 2457 BC
GH: Sunday, April 19 — Nisan 28, 2448 BC
Julian Day Number: 827419.75

Genesis 8:20-21

Noah Begins Burning Sacrifices

Type of Dated Event: EST
BR Calendar Day Number: 55
BR Years from Creation: 1658
BR: Tuesday, December 10 — Kislev 21, 2457 BC
GH: Tuesday, April 28 — Iyar 7, 2448 BC
Julian Day Number: 827428.75

Genesis 8:21

God Promises to Never Flood Whole Earth Again

God promises to never flood the entire earth again with water. The next time the entire earth will be judged using fire according to Isaiah 29:6, 66:15, Malachi 4:1, 2 Peter 3:3-10 and other verses found in the Old and Old Testaments.

Type of Dated Event: EST
BR Calendar Day Number: 58
BR Years from Creation: 1658
BR: Friday, December 13 — Kislev 24, 2457 BC
GH: Friday, May 1 — Iyar 10, 2448 BC
Julian Day Number: 827431.75

Genesis 9:1-11

God Blesses and Instructs Noah’s Family

Type of Dated Event: EST
BR Calendar Day Number: 60
BR Years from Creation: 1658
BR: Sunday, December 15 — Kislev 26, 2457 BC
GH: Sunday, May 3 — Iyar 12, 2448 BC
Julian Day Number: 827433.75

Genesis 9:8-17

God Makes Rainbow Covenant

God creates the rainbow in the rain clouds as a reminder to all living creatures that He will never flood the entire earth with water again as an act of Divine judgment. As previously stated, the future global judgment of earth will come by fire. This future judgment has often been visualized as being caused by a series of explosions of matter in which the flat universe burns up like a scroll on fire. Fiery balls of matter will fall like rain on the earth and possibly other parts of our solar system. Isaiah 34:4 expresses the end of time in this way: “All the host of heaven shall be dissolved, And the mountains shall be melted with their blood. All the heavens shall be rolled up like a scroll All the host shall fall down As the leaf falls from the vine, And as fruit falling from a fig tree”. Revelation 6:14 reminds the reader of Isaiah 34:4 when it says: “Then the sky receded as a scroll when it is rolled up, and every mountain and island was moved out of its place”.

Type of Dated Event: EST
BR Calendar Day Number: 66
BR Years from Creation: 1658
BR: Saturday, December 21 — Tevet 2, 2457 BC
GH: Saturday, May 9 — Iyar 18, 2448 BC
Julian Day Number: 827439.75

SEVENTEEN

Noah’s Ark Today – Pictures

*The information below is taken from www.detailshere.com/noahsark1.htm and a great article on Noah’s Ark written by Dan Eden for view zone. The pictures were taken from research done by Ron Wyatt (links below). The pictures below are JPEG copied versions of colored pictures found at the listed websites. An Egyptian cubit is 20.6 inches. The pictures in the book, Earth’s Sacred Calendar, are in black and white.

#1 — The Visual Evidence

“The first part of the survey was to examine the object and take its measurements. The shape looked like hull of a ship. One end was pointed as you would expect from bow [below: D] and the opposite end was blunt like a stern. The distance from bow to stern was 515 feet, or exactly 300 Egyptian cubits. The average width was 50 cubits. These were the exact measurements mentioned in the Bible. (Genesis 6:15-verse added by author)

On the starboard side (right) near the stern there were four vertical bulges protruding from the mud [B], at regular intervals, that were determined to be the “ribs” of the hull [see below]. Opposite to these, on the port side, a single rib [A] protrudes from the mud. You can see its curved shape very clearly. Surrounding it are more ribs, still largely buried in the mud, but visible upon close examination.

Remember that this object, if it is the Ark, is extremely old. The wood has been petrified. Organic matter has been replaced by minerals from the earth. Only the shapes and traces of the original wood remain. Perhaps this is why the expedition in 1960 was disappointed. They anticipated finding and retrieving chucks of wood, long since eroded.”

The author of this book suggests that the reader go to the websites below for more extensive information and photos. Pictures from ground penetrating radar and artifacts can also be seen at the websites. The reader might be interested to know that an Egyptian cubit is 20.6 inches. This is the cubit measurement that Moses would have used in writing down the events of the Book of Genesis that happened more than 1,100 years earlier, when Noah started building the Ark. The length of 300 cubits would be exactly 6,180 inches or 515 feet. When Noah built the Ark, the nation of Egypt and the length of an Egyptian cubit could not have been known at that time unless it was somehow passed down to Moses in Egypt from the time of Noah. A more likely explanation is that the “words” that Moses wrote down, in the first five books of Scripture, were inspired by God. This is the unanimous claim of the writers who wrote down God’s Word in the Bible. The precise language and dates of Scripture cannot be from only a human source.

Prior to an earthquake in 1948, the outline of this structure was barely visible. After the earthquake, it seems that the structure was pushed up out of a mud shell that seems to surround it. It was thought to be a natural formation until 1977. At this time, Ron Wyatt was allowed to do a more scientific investigation with subsurface radar scans and chemical analysis. His findings clearly showed this was a man-made structure. Most, but not all, of the footage of his research was confiscated by the Turkish government. Fortunately some of the evidence can be seen at the websites listed below. Today, at Noah’s Ark National Park Visitors Center, visitors can look down at the Ark from a distance. The Turkish government does not allow touring or research to be done at the structure.


Children's book offers First Nations perspective on January 26

January 26 in Australia is a contentious subject which many Australians grapple with - let alone children. Now a new book is showcasing the resilience and survival of First Nations families on the day.

Day Break written by Amy McQuire with illustrations by artist Matt Chun is the story of a family making their way to Country on January 26.

Author Amy McQuire said her book Day Break showcases the resilience and strength of Indigenous families. (Supplied Amy McQuire)

Author of Day Break, Amy McQuire said she hopes the story encourages parents, caregivers and children to have a greater understanding of the contentious January day.

"I feel in the past few years, there's been attempts to co-opt and assimilate what is ultimately a racist holiday and national celebration .. It's really about remembering,” The proud Darumbal and South Sea Islander woman said.

"It's grounded in strength and resistance and the resistance of a family on Invasion Day holding their own ceremonies, and thinking about what the day means for them.

'Remembering and Resistance'

Ms McQuire said the book is a way to showcase Indigenous resistance and resilience and challenge the narrative of Australia Day.

'There's so many different forms of resistance that happens on Australia Day. This is about a family going back to Country and remembering, not just what happened on that day but what's happened very day after," she said.

“Remembering its resistance and combating what Australia is all about which is about the amnesia of history and leaving Aboriginal people out of the national story and the bloody truths.”

The book published by Hardie Grant came from discussions with the publishing house about Australia Day and what it means for Indigenous families - But Ms McQuire said the book underwent a shift.

“The original idea was around change the date and I said ‘I don't really agree with change the date ‘I think we need to abolish Australia Day completely," she said.

“I started thinking about ways that children will understand, so it's not actually even about changing the date or abolishing the day .. It was a change from talking about this explicit day of change the date or the actual debate to bringing it back to country and back to community."

Ms McQuire said she wrote it for her children and other Indigenous kids - but hopes it will also be a learning tool for all children.

“Kids are so smart - all kids. They are phenomenal and they know more than adults. So I think that's where things change - with the next generation.”

She hopes Day Break will give Indigenous kids a foundation to understand the differing narratives in schools and in mainstream Australia.

"I'm really like proud of what we were able to come together and do and I hope other Aboriginal families and non-Indigenous families and teachers are able to use it as well."


ビデオを見る: #catalanismo 1939 Battaglia di Catalogna 26 GENNaio focus di RAI STORIA ACCADDE OGGi (八月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos