新しい

ルクソールで発表されたアメンホテプ3世の2つの巨大な彫像

ルクソールで発表されたアメンホテプ3世の2つの巨大な彫像


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

考古学者は、エジプトの有名な寺院都市ルクソールで、ファラオアメンホテプ3世の2つの巨大な彫像を発表しました。彫像は何世紀にもわたってバラバラになっていて、ここ数ヶ月でますます多くの破片が発見されました。最後に、多大な努力の末、彫像は復元され、ナイル川の西岸にある王様の神殿の元の場所に戻されました。

彫像は、アメンホテプ3世の他の2つの3、400年前の巨像の双子の彫像に加わり、どちらもファラオが座っていることを示しています。 「世界はこれまで2つのメムノンの巨像を知っていましたが、今日から4つのアメンホテプ3世の巨像を知るようになります」と、アメンホテプ3世寺院を保護するプロジェクトを率いるドイツ-アルメニアの考古学者HourigSourouzianは述べています。

新しく復元された彫像の1つは、高さ11.5メートル、幅3.6メートルで、重さは250トンと信じられないほどです。考古学者は、二重の王冠がなくなったため、元の像は13.5メートルの高さに達したと述べました。像は、両手を膝の上に置いて座っているファラオを描いています。彼は大きなベルトで腰に保持された王室のプリーツキルトを着ています。彼の王位はその時代の場面で両側に飾られており、上エジプトと下エジプトの統一を示しています。

彼の右脚の横には、大きなかつらと長いタイトフィットのドレスを着た、アメンホテプ3世の妻ティイのほぼ完全な姿が立っています。彼女は彼女の上にそびえ立つアメンホテプ3世と比較して小さいです。女王の母ムテムウィアの像は、もともと彼の左足のそばに立っていたでしょう。

アメンホテプ3世が立っている2番目の像は、寺院の北門に設置されています。

アメンホテプ3世の治世は、彼の36年間の治世下で、政治的権力と文化的成果の両方の観点から、古代エジプト文明の頂点を示しました。バビロニア、アッシリア、ミタニなどの国々が潜在的な新しいライバルとして浮上しており、アメンホテップは近東の他の支配者に手紙を書き始め、メッセンジャーが外国の王子に持って行った小さな石に手紙を刻みました。アマルナ文書は、1887年に発見されてから知られるようになり、特にエジプトの大富豪からの贈り物でバックアップされたときに、アメンホテップの成功の鍵となりました。

第18王朝の統治者は、母親を摂政として、12歳頃に王になりました。彼は紀元前1354年頃に亡くなり、アメンホテプ4世として広く知られている息子のアメンホテプ4世に引き継がれました。

注目の画像:エジプトの寺院都市ルクソールに新しく展示されたファラオアメンホテプ3世の像。ソース: AFP


    シバの女王としてのハトシェプスト

    観光客やジャーナリストは、エジプトの寺院都市ルクソールに新しく展示されたファラオアメンホテプ3世の像を通り過ぎます。 ソース: AFP

    エジプトの考古学労働者は、エジプトの寺院都市ルクソールにあるアメンホテプ3世の像から新しく展示されたアラバスターの頭の隣に立っています。 ソース: AFP

    考古学者は、エジプトの有名な寺院都市ルクソールでファラオアメンホテプ3世の巨大な彫像を2体発表し、世界的に有名な観光名所の既存のペアに追加しました。

    赤い珪岩の2つのモノリスは、ヨーロッパとエジプトの考古学者がナイル川の西岸にある王様の神殿の元の場所であると言った場所で育ちました。

    この寺院は、既存の3400年前のメムノンの巨像ですでに有名です。アメンホテプ3世の双子の彫像は、古代エジプト文明の政治的および文化的頂点を示したと考古学者が述べています。

    「世界はこれまで2つのメムノンの巨像を知っていましたが、今日から4つのアメンホテプ3世の巨像を知るようになります」と、アメンホテプ3世寺院を保護するプロジェクトを率いるドイツ-アルメニアの考古学者HourigSourouzianは述べています。

    ファラオが座っていることを示す既存の2つの彫像は、世界中で知られています。

    復元された2つの追加は、何世紀にもわたって深刻な被害を乗り越えてきたとSourouzian氏は述べています。

    「彫像は何世紀にもわたって畑にばらばらに横たわり、地震のような自然の破壊的な力によって、そして後に灌漑用水、塩、侵入、破壊行為によって損傷を受けました」と彼女は掘削機と地元の村人の後ろで遺物の断片を洗い、過去数ヶ月の間に発掘された彫像。

    「この美しい寺院には、私たちが勉強して保護するのに十分なものがまだあります。」

    「新しい」彫像の1つ、つまり体の重さは250トンで、ファラオが座って両手を膝の上に置いている様子が描かれています。

    高さ11.5メートル、ベースの高さ1.5メートル、幅3.6メートルです。

    考古学者によると、二重の王冠がなくなったため、元の像は高さ13.5メートル、重さ450トンに達したとのことです。

    王様は、ジグザグの線で飾られた大きなベルトで腰に保持された王室のプリーツキルトを身に着けて描かれています。


    ファラオの像は地震で崩壊してから3、200年後に復元されました

    考古学者は、3000年以上前にエジプトの寺院都市ルクソールで地震で倒れたアメンホテプ3世の復元された像を発表しました。

    この像は、ナイル川の西岸にある王の葬祭殿の北門に再建されました。この寺院は、3、400年前のメムノンの巨像ですでに有名です。アメンホテプ3世の双子の彫像は、その治世の考古学者が古代エジプト文明の政治的および文化的頂点を示したと述べています。

    日曜日に発表された12.9メートル(43フィート)の像は、王の別の肖像の西に立っており、3月に発表された彼の歩行を描いています。寺院を保護するプロジェクトを率いるドイツ・アルメニアの考古学者Hourig Sourouzianは、次のように述べています。双子のメムノンの巨像は高さ21メートルですが、ファラオが座っている様子を示しています。

    復元された彫像は、3、200年前に崩壊して以来初めて再び立っているとSourouzian氏は語った。 89個の大きな破片と多数の小さな破片で構成され、11月以降に再組み立てされたモノリスは、110トンの重さがあります。 Sourouzian氏によると、紀元前1200年の地震の後、バラバラになっていたという。

    像は、上エジプトの白い王冠を身に着けている王と、彼の名前が刻まれたパピルスロールを持っている両手を示しています。鷹の頭の柄が付いた短剣を持った彼のベルトは、王の名前が記された長方形の留め金で留められています。

    考古学者によると、ファラオアメンホテプ3世は、ユーフラテス川からスーダンに広がる帝国を継承しました。第18王朝の統治者は、母親を摂政として、12歳頃に王になりました。アメンホテプ3世は、紀元前1354年頃に亡くなり、アメンホテプ4世として広く知られている息子のアメンホテプ4世に引き継がれました。


    古代エジプトの芸術、アメンホテップとホテップの2つの彫像

    ホテプのブロック像は、古代エジプトの芸術に関する注目すべきアーティファクトと、ハプの息子アメプホテプの像を考慮しています。

    エジプト美術:ホテップのブロック像

    エジプト美術:ホテップのブロック像

    ブロック像は、古王国時代に導入されたが、中王国時代に使用されるようになった彫刻の一種です。

    彼らは非常に圧縮されたしゃがんだ姿勢で、膝をあごまで引き上げ、体をマントで包み、頭、手、時には足だけを露出させた個人を表しています。

    彼らはまた、中に人気がありました 古代エジプトの芸術 新しい王国では、しかし、マントから突き出た小さな子供の頭を追加するという革新がありました。それらは特に後期に使用されました。

    N.B.ロイヤルティは、この種の彫像を通して描かれることはなく、個人専用に使用されていました。

    なぜ彫像はこの形(この位置)で彫刻されたのですか?

    1. アートの大量生産。
    2. 碑文のための大きな表面積を提供します。
    3. この位置は、古代エジプト人によって立派で快適な座席位置と見なされていました。
    4. 材料を保存し、表示する詳細が少なくなるため、破損点を回避できます。
    5. 寺院の玄関口に座っている保護者の形で個人を表します。
    6. しゃがんだ姿勢は、しゃがんだ姿勢やしゃがんだ姿勢が胎児の位置を思い出させるように、原始の丘を表す可能性のあるブロックから生まれ変わる準備ができている故人を示しています。

    像自体

    石灰岩でできています。それは1921年にサッカラ北部のホテップの墓の礼拝堂の中で発見されました。

    黒御影石で作られた別のものと一緒に発見されました。 (石灰岩–白、花崗岩–黒、昼と夜、または生と死を表す場合があります)。

    Hotepは、訪問者が唱えた祈りを聞き取りやすくするために、耳を露出させたままストレートヘアウィッグを着用して表現されています。

    彼の腕は彼のあごの下で交差し、彼の膝で休んでいます。彼の足は足を除いて完全な詳細で刻まれています。

    古代エジプト美術:ハプの息子アメプホテプ

    ハプの息子アメプホテプの像

    彼はテーベのアメンホテプ3世の宮廷で新兵の筆記者として任命されました。彼はまた、司祭であり建築家でもありました。

    彼の才能と献身的な仕事は、彼が「すべての王室の作品のディレクター」の称号に達するまで、彼に多くの昇進を受け取る資格を与えました。

    彼は、カルナック、ルクソール、テーベのネクロポリス(アメンホテプ3世の葬祭寺院とその前にある2つの巨大な彫像、現在はメムノンの巨像と王の墓として知られています)の王家の谷の建造を担当しました。王家の谷で)。

    これらの彫像のうちの2つは、カルナックのアモンラの偉大な神殿に展示され、3つ目はカルナックのコンスの神殿に展示されました。

    彼はアメンホテプ3世の治世の34年に亡くなりました。彼はテーベの西岸にあるクルネット・ムライの南端にある彼の墓に埋葬されました。

    古代エジプト人の芸術:老人としてのハプの息子アメプホテプ

    像は灰色の花崗岩で作られています。カルナック神殿の7番目のパイロン(カシェットの宮廷)の北にある1901年にルグレインによって発見されました。

    ここでは、ハプの息子であるアメプホテプが、経験に満ちた賢人として、彼の老後を代表しています。彼は真ん中から離れて耳の後ろに持った長いかつらをかぶっています。

    彼の顔の特徴は彼の老後を表しています:膨らんだ目、目の下のくぼんだ溝、そして口の周りのしわ。

    彼は両手を膝の上に置き、胸の下に結び目で結ばれた長いキルトを身に着けて、祈りの姿勢で座っています。胸の下の脂肪のひだが消えており、老年期を示していることがわかります。

    この像は、彼のキルトに書かれた碑文から明らかなように、彼が賢明な100歳に達することを願って、80歳で彼のために作られました(8番目の縦の列)

    ハプとホテプの息子アメプホテプの像は、古代エジプトの芸術の豪華な例を表しています。

    関連記事

    エジプト美術、ツタンカーメン王の傑作3点

    2017年10月7日2018年6月8日

    エジプト美術、ヘテプヘレスのコレクション

    エジプト美術、アケナテン王のコレクション

    プタハ神についてのエジプトの事実、そして歴史の最初の革命

    2016年12月20日2017年2月24日

    古代エジプト医学、古代エジプトの医学についての事実

    2016年12月20日2017年2月24日

    古代エジプト美術、エジプトの神殿とその構成要素

    2016年12月23日2018年6月8日

    古代エジプト美術、エジプト考古学博物館に関する事実

    2016年12月23日2018年6月8日

    軍事生活に関する古代エジプトの事実

    2016年12月23日2018年6月8日

    エジプトの事実

    フィラエ島、フィラエのイシス寺院を訪問

    フィラエ島は、エジプトとアスワンで最も魅力的な場所の1つです。たくさんの寺院がありますが、&hellip

    エドフの寺院、アスワンのエドフ寺院を訪れる前の興味深い事実

    2018年4月21日2018年6月8日

    アスワンのアガカーンの霊廟、アガカーンの霊廟についての驚くべき事実

    2018年4月18日2018年6月8日

    エジプト文化

    古代エジプトの饗宴:古代エジプトのシャムエルネシムの饗宴

    次に、最も重要な古代エジプトの饗宴の1つである、シャムエルネシムの饗宴とヘリについてお話します。


    エジプト-考古学-ファラオ

    Easy-access(EZA)アカウントを使用すると、組織内のユーザーは次の用途でコンテンツをダウンロードできます。

    • テスト
    • サンプル
    • コンポジット
    • レイアウト
    • ラフカット
    • 予備編集

    これは、ゲッティイメージズのウェブサイトにある静止画像とビデオの標準のオンライン合成ライセンスを上書きします。 EZAアカウントはライセンスではありません。 EZAアカウントからダウンロードした素材でプロジェクトを完成させるには、ライセンスを確保する必要があります。ライセンスがないと、次のようにそれ以上使用することはできません。

    • フォーカスグループプレゼンテーション
    • 外部プレゼンテーション
    • 組織内で配布される最終資料
    • 組織外に配布された資料
    • 一般に配布される資料(広告、マーケティングなど)

    コレクションは継続的に更新されるため、ゲッティイメージズは、ライセンス供与時まで特定のアイテムが利用可能になることを保証できません。ゲッティイメージズのウェブサイトでライセンス対象物に付随する制限を注意深く確認し、それらについて質問がある場合はゲッティイメージズの担当者に連絡してください。 EZAアカウントは1年間有効です。ゲッティイメージズの担当者が更新について話し合います。

    [ダウンロード]ボタンをクリックすると、リリースされていないコンテンツを使用する責任(使用に必要な許可の取得を含む)に同意し、制限に従うことに同意したことになります。


    メムノーン像の簡単な歴史

    アメンホテプ3世は、紀元前14世紀に統治し、統治中に、当時他のすべてのファラオの中で最も壮大な寺院群を建設しました。歴史家は、それがまだ存在していれば、川の向こう側にある巨大なカルナック神殿の複合体よりもさらに大きく、より印象的であると非常に正しく指摘しています。

    しかし今日、広大な複合施設がかつて存在した場所に立っているのは、ひどく損傷したメムノンの巨像の粉々になった残骸だけです。ナイル川の毎年の洪水は、後のファラオと征服者の略奪とともに、複合施設の喪失の背後にある主な原因です。メムノンの巨像自体は、自然と人間の両方によって被害を受けています。

    彫像は、ギザの近くまたはエルガベルアルアマールで採石されたと考えられている砂岩でできていて、数百マイルもテーベに運ばれました。これらは、アメンホテプ3世自身を表しており、川に向かって座っている様子を示しています。

    古くから、コロッシにはさまざまな名前が付けられてきましたが、&#8220left&#8221と&#8220right&#8221&#8211 Shammy and Tammyのアラビア語のローカルな変更など、少し愛情のこもった名前もあります。 2つの彫像は、それらの土台に異なる彫刻や人物が描かれていることで区別されています。最北端の像は母親と一緒にファラオを示し、最南端の像は妻と一緒にファラオを示しています。


    Iii。 amenhotep

    アメンホテプ3世、または彼がかつてネブマアトレ、アメノフィス3世と呼ばれていたように、アマナハッパは18王朝の古代エジプトの9番目の支配者でした彼の名前はすべて、彼の神を満足させるためだけにアメンと非常に関連があり、彼はトトメス4世の息子でした。アメンホテプ3世は、エジプトの成長に大きく貢献した素晴らしいファラオでした。アメンホテプ3世はビルダーでした。今日の観光客がルクソールとして知っているもののスカイラインは、アメンホテプ3世のおかげです。彼は本当に街を作り始め、それを素晴らしいものにし始めた人でした。それで、テーベは美しい都市IIIになる過程にありました。 AmenhotepszoborfejéttártákfelEgyiptomban。 Nílusmentibirodalomegyikleghíresebburalkodója、III。 AmenhotepvörösgránitbólfaragottszobránakfejéttártákfelLuxorközelében、fáraóhalottitemplomában-jelentettebeZáhiHavvász、azegyiptomiLegfelsőbbRégészetiHatósá

    エジプトブリタニックのアメンホテプ3世王

    1. III。 Amenhotep halotti temploma(mainevénKomel-Hetan、كمالحيطان)Thébában、ルクソールのtemplommalszemközt、Nílusnyugatipartjánépült、III。 Amenhotepókoriegyiptomifáraóhalottitemplomaként.Afáraópalotájától、MalkatátólnemmesszeállóépületamagaidejébenEgyiptomlegnagyobbterületűtemplomavolt、nagyobb
    2. または王の妻:メリトラーハトシェプスト。しかし、彼はこのファラオの長男ではなく、アメンエムハトが王の長男であり監督者に指定されていたため、兄のアメンエムハトは元々王位継承者でした。
    3. アメンホテプ2世は、エジプト第18王朝の7番目のファラオでした。アメンホテップは父親のトトメス3世から広大な王国を継承し、シリアでのいくつかの軍事作戦によってそれを保持しましたが、彼は父親よりもはるかに少ない戦いでした、そして彼の治世はエジプトとミタンニ、主要な王国の間の敵対行為の効果的な停止を見ましたシリアで権力を争う。彼の治世は通常紀元前1427年から1401年までさかのぼります
    4. アメンホテプ2世は、トトメス4世に引き継がれ、その後、息子のアメンホテプ3世が続きました。彼の治世は、この王朝の最高点と見なされています。エジプト第18王朝-ウィキペディア古代の行列道路はファラオのアメンホテプ3世によって建設され、紀元前400年にネクタネボ1世の下で最終的な形を取りました。
    5. アメンホテプ2世は、トトメス3世の二番目の妻であるメリトラーハトシェプストの息子であり、彼の死の2年前に父親によって王位に関連付けられました。父親と同様に、アメンホテプ2世は、メンフィスで取得した軍事訓練と、彼が行った複数の狩猟遠征での功績を誇る戦士ファラオでした。

    ビデオ:III。 Amenhotep-ウィキペディア

    II。 Amenhotep(uralkodóinevénAaheperuréi。e。1446körül、ur。:kb。i。e。1428-i。e。1401)azókoriegyiptomiXVIII。 dinasztiahetedikfáraója。 Apjától、nagyhódítófáraótól、III.Thotmesztőlhatalmasbirodalmatörökölt、melyettöbbévtizedesuralkodásaalattsikerrelmegőrzöttéskormányzott。 Hadjáratokésnagyszabásúépítkezésektekintetébenです。

    AzEgyiptomotidőszámításelőtt1390-től1352-iguralófáraóóriásiméretűszobráttaláltamegrégészekegycsoportjaLuxorban アメンホテプ3世がアジアの敵を殺害、アメンホテプ3世の墓MET 30.4.218.jpg620×648262KBベルリン新博物館-レリーフd'AmenhotepIII.jpg640×480216KBクリーブランド美術館1961.205.jpg3,400×1,8705.92 M

    III。 Amenhotepfordításamagyar-スペイン語szótárban、Glosbeingyenesオンラインszótárcsaládjában。 BöngésszenmilliónyiszótéskifejezéstavilágmindennyelvénIII。 Amenhotepfordításamagyar-németszótárban、Glosbeingyenesonlineszótárcsaládjában。 Böngésszenmilliónyiszótéskifejezéstavilágmindennyelvén

    III。アメンホテップ。 Azújbirodalmi18。dinasztiauralkodójakénthatalmasbirodalomfelettrendelkezett。 Koráraabőségésgazdagságjellemző--nemcsoda、hogyAmonelégedettvolt、mintneveはkimondjaです。 Békésdiplomáciaikapcsolatokkalgyarapítottaazországot、környezőnépektőlnagymenneyiségbenáramlottakaNílus。 Nílusnyugatipartján、azókoriThébaterületénvégzettásatásoktízévetartanakIII。 Amenhotep egykori、azótalebontottemetésitemplomakörzetében。 Ezalatt84vörösgránit-szobortöredékbukkantelő、valószínűlegannaka szobornak a darabjai、amelynekafejétmostmegtalálták..

    。ソチャアメンホテプ3世。 vBritskommúzeuObdobiepanovania18。dynastia okolo 1388-1351(±10rokov)predKr。 ((

    38 rokov)Vlastnémeno(Reov syn)Amenhotep(jmnḥtp)Amonjespokojný(Reov syn)Amenhotep Hekavaset(jmnḥtpḥq3v3st)Amonjespokojný、vládcaVesetu(Reov syn)AmenhotepNecerhe spokojný、boh、vládcaVesetu。 IIIアメンホテプ(yun。IIIAmenofis Akkad diliNimmurjae.ə.1400-cüillər、Misir)—MisirinQədimdövrünəaidXVIIIsülalənine.ə。 1388-1351ciillərdə(Helkəgörə1379-1340、Krausagörə1390-1393)hökmranlıqetmişVIIIfironuAmenhotep IIIأغسطس29、2020。HORU S.古代エジプト人、考古学、エジプト王、エジプト学0 18王朝であり、歴史上最も偉大なエジプトの支配者の1人であり、彼の時代はプロに知られていました。アメンホテプ3世が1388年頃にThutmose IVと彼のマイナーな妻Mutemwiyaに生まれたとき、Thutmosid王室は約150年間エジプトを支配していました。紀元前。王朝の9番目の王として王位に就いた父親の後を継いで、アメンホテップは紀元前1386年から1351年の間にアメンホテップ-HuyEgyiptomvezírjevoltIIIを統治しました。 Amenhotepfáraóuralkodásaidején(i。e。1391-i。e。1353)、sAlsó-ésFelső-Egyiptomirányításátfelügyelte、illetve-amásikvezír、Ramoszemellett-őfele

    Nebmaatre Amenhotep III(アマルナ文書ではNibmu( `w)areyaと呼ばれる)は、第18王朝のエジプトのファラオでした。さまざまな著者によると、彼は紀元前1391年6月から紀元前1353年12月または紀元前1388年6月から紀元前1351年12月までエジプトを統治しました。紀元前1350年、父親のトトメス4世が亡くなった後、アメンホテプ3世は、チーフクイーンティエと2人の息子をもうけたことが知られています。アメンホテプ3世(紀元前1388年から1351/50年頃)。アメンホテプ3世は、約39年の治世を持ち、第18王朝の最も重要な王の1人です。王は国の多くの寺院(ルクソール、メンフィス、エルカブ、アーマント)を建設または再建しました。アメンホテプ3世の華やかな統治。ファラオアメンホテプ3世の治世は、政治的権力と文化的成果の両方の点で、古代エジプト文明の頂点を示しました。アメンホテプは、主にミタンニ(シリア)、バビロン、アルザワ(アナトリア)の王族との外交と結婚を通じてエジプトの地位を維持しました。 。彼は彼についての王室のニュースを発表した最初のファラオでした。アメンホテプ3世(紀元前1390年から1352年に統治)が紀元前1390年にファラオになったとき、エジプトは戦争と征服によって地球上で最も裕福で最も強力な国になりました。新しい王は別のことを試みました。 2020年9月25日-SherifMansourのボードAmenhotepIIIを探索し、続いてPinterestで136人を探索する。アメンホテプ3世、古代エジプト、古代エジプトについてのより多くのアイデアを見る

    アメンホテプ3世(ä'mĕnhō`tĕp、ā'-)またはアメンホテプ3世(ă'mĕnō`fĭs)、d。紀元前1372年頃、古代エジプトの王、第18王朝。彼の父であるトトメス4世、トトメス4世、またはトトメス4世の後継者であり、紀元前1406- 1398年、古代エジプトの王、第18王朝の息子であり後継者である。アメンホテプ2世アメンホテプ3世が亡くなると、彼は次男であるアメンホテプ4世に引き継がれます。アメンホテプ4世は、アメンや他の州のパンテオンの神々から目をそらし、代わりに1つの神を崇拝します。 III。 Amenhotepnevétmégezerévvelkésőbbはbőséggel、gazdagtermésselhoztákösszefüggésbeです。 Uralkodásátmonumentálisépületek、köztükaluxoriéskarnakitemplomegyüttesfémjelzi。 MindenóegyiptomiuralkodóközülIIIIII。 AmenhotepfáraólányánakalabástromszobrárabukkantakegyiptomiéseurópairegészekEgyiptomban。 IszethercegnőszobrátapjánakhalottitemplománáltaláltákmegaNíluspartjánfekvőLuxorban-jelentettebepéntekenazegyiptomiműemlékvédelmiminisztérium アメンホテプ3世は、古代エジプトで最も繁栄した統治者の1人でした、他国との平和を維持し、帝国の富を築き上げ、多くの建物や彫像を委託します

    アメンホテプ3世は、国際的な権力と繁栄のピーク時にエジプト帝国を統治しました。芸術とエジプト文化が栄えたのは平和の時代でした。育ったアメンホテプ3世は、ファラオトトメス4世の息子であり、伝説的なファラオトトメス3世の曾孫でした。彼は王宮でエジプト3世アメンホテプ3世の皇太子として育ちました。 templomotáradásokrombolhatták、majd Kr.e. 27-bensúlyosföldrengéspusztítottael。 Valószínűlegtípusánaklegnagyobbikavolt、éseredetilegkétbejárattalrendelkezett。 Az egyik a keleti oldalon、melyetkét--mégmaisálló--gigantikusfáraószobor、azúgynevezettMemnonKolosszusokőriznek、a。

    アメンホテプ3世の事実-アメンホテプ3世ファミリー-アメンホテプ3世

    1. アメンホテプ3世は、エジプトを美化したファラオとして知られていました。家族。ムテムウィヤ女王とファラオのトトメス4世に生まれたアメンホテプ3世は、12歳で王位に就き、正当な50歳までファラオのままでした。ほとんどのファラオと同様に、彼にも多くの妻がいました。
    2. III。 AmenhotepésThotmesz(herceg)・Többetlátni»Tiaa(hercegnő)TiaaókoriegyiptomihercegnővoltaXVIII。 dinasztiaidején、IV。 Thotmeszlánya。 Új。 III。 AmenhotepésTiaa(hercegnő)・Többetlátni»Tije。 Tije(másírásmóddalTiye、Teje、Tiji)ókoriegyiptomikirályné、III。 Amenhotepnagykirályihitvese。
    3. アメンホテプ3世は、3、000年以上前の西暦前14年に統治した古代エジプトのファラオでした。 30年以上の長く繁栄した統治の後、おそらくその結果として、アメンホテプ3世が亡くなりました。

    アメンホテプ3世の治世中の建築

    1. その後、キングスはこれらの消去を復元しました。の名前も アメンホテップ、これはアメンが満足していることを意味し、アケナテンの偶像破壊に反則した。第18王朝、治世 アメンホテップIII、紀元前1390〜1352年頃。の葬祭殿から アメンホテップIII エジプトの西テーベで。 (大英博物館、ロンドン)
    2. アメンホテプ3世-これはあなたの人生です(西暦前1391年から1354年頃)アメンホテプ3世、あなたは古代エジプトで最も重要なファラオの1人でした。あなたは長い平和の期間中にエジプトを支配し、エジプト帝国とその人々に力と富の増加をもたらすのを助けました。多くの歴史家は、エジプトに対するあなたの支配の期間がこの偉大な文明の最高点を示していることに同意します。この平和の時期。
    3. 王家の谷ルクソールエジプトのアメンホテプ3世WV22の墓|エジプトの墓。事実と秘密を発見する王家の谷ルクソールのファラオ王朝18の重要な王家の墓、地図、建築デザイン、壁画など..王家の谷で最も重要な王家の墓を建てた歴史アメンホテップ3世の墓ルクソール、エジプトの古代文明、事実と。
    4. III。 Amenhotephalottitemplománakhelyétmeglehetősenszerencsétlenülválasztottákki、ugyanistúlközelvanaNílusáltaláradáskorelöntöttterülethez。 IlymódonatemplomaligkétszázévvelaKr.e。 XIV。 századimegépítéseutánrombadőlt、maradványaitaKr.e. 27-benbekövetkezettföldrengéspusztítottael

    アメンホテプ3世の巨像-アメンホテプ3世のストック写真、ロイヤリティフリーの写真と画像1910年頃:エジプトのテーベで1910年頃にDeir-El-Bahriに向かっているメムノンの巨像。紀元前1400年頃、アメンホテプ3世の胸像、ミシェル・メリックとの壁を越えた第18王朝のエジプトの王。ブルックリン美術館のギャラリーでは、キュレーターのエドワードブライバーグがアメンホテプ3世について話し合っています。このシリーズはゴールによって制作されました。アメンホテプ2世(アメンホテプ2世と呼ばれることもあり、アメンが満足していることを意味します)は、エジプト第18王朝の7番目のファラオでした。しかし、シリアでの軍事作戦はほとんどありませんでしたが、彼は父親よりもはるかに少ない戦いでした。彼の治世は、エジプトと主要なミタンニの間の敵対行為の効果的な停止を見ました。新しいカルトの始まりが生まれたのは、アメンホテプ3世の治世でした。王は太陽神アテンの利益を促進しました。アメンホテプの息子であるアケナテンは、彼の信念とアテンへの崇拝の広がりで有名になりましたが、実際、カルトアメンホテプ3世の治世を始めたのはアメンホテプであり、エジプトが再び経験するまでは平和な繁栄の時期でした。ラムセス2世の治世であり、前例のない芸術的発展をもたらしたものでした。アメンホテプ3世、彼の治世、そして神々を称える記念碑がエジプト全土に建設されました。の葬儀寺院に加えて、最も有名なものの中で。

    III。 Amenhotep hvg.h

    ⬇TöltsönルアメンホテプIIIのストックは、また、アメンホテプマグニとしても知られている(アメンが満たされている意味Amenophis IIIエジプトアマナ-ḤātpaとしてHellenized)képekESfényképekmillióiアメンホテプ3世はminőségű、プレミアム、jogdíjmentesストックfotókkiválóアラクelfogadhatóügynökségnélたfényképészetlegjobb在庫képeket異なる著者によると、彼は父親のトトメス4世が亡くなった後、紀元前1386年6月から紀元前1349年まで、または紀元前1388年6月から紀元前1351年12月1350年までエジプトを統治しました。アメンホテプ3世は、未成年の妻によるトトメスの息子でした。 EgyiptomklubhíreiblogjaaNetwork.hu-n。 SzeretettelköszöntelekaEgyiptomVilágaközösségioldalán! Csatlakozzteisközösségünkhözésmárishozzáférhetszéshozzászólhatszatartalmakhoz、beszélgethetszatöbbiekkel、feltölthetsz、fórumozhatsz、blogolhatsz、stb。 Amenhotepújraállvatekintavilágra、megperszeaturistákra。 HorváthBencekultúra2014。12月14日、vasárnap21:28380.Simánnyerteaválasztástazúj-zélandiminiszterelnökTörténelmisikeramunkáspártnakésJacindaArdernnek。トヴァブIII。 Amenhotep(uralkodóinevénNebmaatréi。e。1398körül、ur。:kb。i。e。1391-i。e。1353)azókoriegyiptomiXVIII。 dinasztiaésazÚjbirodalomegyiklegjelentősebbfáraója..HarmincnyolcévenáttartóuralkodásaalattEgyiptomhatalmaegyikcsúcspontjátérteel、birodalombanbékeésbő

    アメンホテプ3世は、古代エジプト第18王朝の9番目のファラオでした。彼は、アッシリア、バビロニア、キプロスとの外交関係を強化しながら、わずか1回の短い軍事的関与、アッパーヌビアへの侵入で40年以上統治しました。 III。 Amenhotephalottitemplománakhelyétmeglehetősenszerencsétlenülválasztottákki、ugyanistúlközelvanaNílusáltaláradáskorelöntöttterülethez。 Ilymódonatemplomaligkétszázévvelazie14.századimegépítéseutánrombadőlt、maradványaitazie27-benbekövetkezettföldrengéspusztítottaelAmenhotepIII王家の谷。彼は、アケナテンとしてよく知られている息子のアメンホテプ4世に引き継がれました。アメンホテプ3世:アメンホテプ3世が王位に就く:上エジプトと下エジプトの王:王位とも呼ばれるホルス名のカルトゥーシュを紹介する名前:Neb-maat-Ra(Raは真実の支配者)Raの息子:別名と呼ばれるホルス名のカルトゥーシュを紹介する誕生名:Amen-hetep heqa-Waset(Amenhotep、Thebesの支配者)

    III。 Amenhotep halottitemploma-ウィキペディア

    アメンホテプ3世のルクソール神殿の列柱アメンホテプ3世の列柱には、高さ52フィート(16m)のオープンフラワーのパピルス柱が7組あり、巨大なアーキトレーブブロックを支えています。ホールの壁のレリーフには、ツタンカーメン、ホルエムヘブ、セティ1世、ラムセス2世、セティ2世の名前が付けられています。彼はわずか12歳でこの役割を再開しました。それから彼は、王族や家族ではなく、庶民の娘であるティエと結婚しました。彼は王位に就いた後、彼女の首長を女王にした。このランキングは、母親がこれまでにアメンホテプ3世(Lenneta-wechoùAmenofisIII)を持っていたよりも高く、ダルベスAmon zo plijet en henegipteg、a oa a navet faraon eus、XVIII vet tierniezh.Hervez meur a skrivagner e renas Henegipt eus miz Even 1391ケントJ.-K.、ミズケルズ1353ペミズ1388ケントJ.-K. betek miz Kerzu 1351 pe 1350 kent J.-K. goude marv e dad、Thoutmose IV.Amenhotep III a oa mab Thoutmose IV ha Mutemwia、ur wreg a eil renkeus。 III。 AmenhotepazókoriegyiptomiXVIII。 dinasztiaésazÚjbirodalomegyiklegjelentősebbfáraója。 HarmincnyolcévenáttartóuralkodásaalattEgyiptomhatalmaegyikcsúcspontjátérteel、birodalombanbékeésbőséghonolt、virágzottakereskedeleméskakultúra

    アメンホテプ3世&gtアメンホテプ3世(紀元前1417〜1379年に統治)は、エジプトの第18王朝の9番目の統治者でした。ファラオは芸術のパトロンであり、彼の治世中に壮大な建物や彫刻が作成されたアメンホテプ3世は、エジプト第18王朝の9番目のファラオでした。彼はまた、「サンキング」または壮大なアメンホテップとも呼ばれています。彼は約40年間エジプトを統治しましたが、その期間は驚くべき平和と繁栄を示しました。彼は父親のトトメス4世の死後、12歳の若さで王位に就きました。

    アメンホテプ2世(トトメス3世の息子)出エジプト記のファラオ

    アメンホテプ3世1世についての事実:治世。アメンホテプ3世の治世についてはさまざまな情報源があります。一部の情報筋は、彼が1386年6月から紀元前1349年までエジプトのファラオであったと信じていました。 Others believed that he ruled from June 1388 BC till December 1351 BC. Facts about Amenhotep III 2: the extraordinary period. When Amenhotep III was a pharaoh. Following Bryan, W. R. Johnson's chapter three suggests that Amenhotep III took on the creative role of Ptah, perhaps as part of the jubilee. After delineating four styles characterizing relief and sculpture under Amenhotep III, Johnson links these stylistic variations to ideological developments, culminating in the theology of the union of the king with the sun god in the jubilee

    Amenhotep II - Wikipedi

    • Amenhotep III and Queen Tiye had a son named Akhenaten who later inherited the throne after the death of Amenhotep III. Amenhotep III leadership was a peaceful reign. He was a prosperous king who spent most of his time supervising the construction of great monuments that, up to this time, still stand to commemorate his rule over Egypt in the.
    • or wife of Amenhotep's father.2 His lengthy reign was a.
    • Dating from Amenhotep III's 30th regnal year -a time connected with the celebration of the king' s first Heb Sed Festival (also mentioned in bibliography as jubilee)- , the tomb is being excavated by a Spanish team since 2009. But it was just now that it was made public that the team had brought out written and iconographical evidence.
    • Amenhotep III (reigned 1417-1379 B.C.) was the ninth ruler of the Eighteenth Dynasty of Egypt. The Pharaoh was a patron of the arts, and during his reign magnificent buildings and sculptures were created
    • Steatite Lentoid with the Name of Queen Tiy. Egypt, New Kingdom, 18th dynasty, reigns of Amenhotep III and Akhenaten (1410-1355 BCE) Sculpture. Gift of Ruth Greenberg (M.86.313.23) Egyptian Art. Reigns of Amenhotep III and Akhenaten (1410-1355 BCE). Dimensions 3/4 x 7/16 x 1/4 in. (1.94 x 1.1 x .58 cm). Los Angeles County Museum of Art
    • Apr 9, 2020 - Explore Gorthie's board Amenhotep iii, followed by 861 people on Pinterest. See more ideas about amenhotep iii, egyptian art, egypt art
    • AN EGYPTIAN FAIENCE SCARAB FOR AMENHOTEP III NEW KINGDOM, DYNASTY XVIII, REIGN OF AMENHOTEP III, 1391-1353 B.C. Dark blue in color, the beetle well detailed, the underside inscribed with hieroglyphs within a cartouche, reading: Neb-maat-Re, the prenomen of Amenhotep III, and outside of the cartouche: beloved of Amun mounted as a swivel.

    Amenhotep - architekt Amenhotepa III Imię Amenhotep znaczy Amon jest rad Amenhotep w hieroglifach Tę stronę ostatnio edytowano 21 gru 2019, 10:11.. Amenhotep I, king of ancient Egypt (reigned 1514-1493 bce), son of Ahmose I, the founder of the 18th dynasty (1539-1292 bce). He effectively extended Egypt's boundaries in Nubia (modern Sudan). The biographies of two soldiers confirm Amenhotep's wars in Nubia. As shown by a graffito from th III Amenhotep — Misirin Qədim dövrünə aid XVIII sülalənin e.ə. 1388-1351 ci illərdə hökmranlıq etmiş VIII fironu The new king was a young boy called Amenhotep III。 It is possible Amenhotep was only 8-12 years old when he became Pharaoh. One year after taking the throne Amenhotep III married Tiye. It seems.. The long and glorious history of ancient Egypt gave the world an array of pharaohs whose qualities spanned the entire spectrum of human emotions and achievements: the builders, the warriors, the pious, the ruthless—even a monotheist—yet, few could match the zenith attained by Amenhotep III, the Magnificent

    Amenhotep III and similar pharaohs Frankensaurus

    Amenhotep III: Perspectives on His Reign is a valuable contribution to pharaonic studies. It will be of interest to a wide range of scholars interested in Mediterranean literatures and cultures. It draws on literary, archaeological, and historical material to form an interdisciplinary study of a complex figure in pharaonic Egypt.. III. Amenhotep az ókori egyiptomi XVIII. dinasztia és az Újbirodalom egyik legjelentősebb fáraója

    Amenhotep II: The life and death of the great pharao

    • Amenhotep III. Amenhotep III ruled Egypt from about 1386 to 1349 BC, and his reign was a period of unprecedented prosperity and artistic splendor when Egypt reached the peak of its international power. When he died in the 38th year of his reign, his son initially ruled as Amenhotep IV, but then changed his royal name to Akhenaten
    • Hieroglyphs on the backpillar of Amenhotep III's statue. There are 2 places where Akhenaten's agents erased the name Amun, later restored on a deeper surface. The British Museum, London.jpg 4,015 × 6,015 10.7 M
    • The Mortuary Temple of Amenhotep III, a mortuary monument ten times bigger than any other in Egypt. However, it's close proximity to the Nile left it exposed to flooding, and it collapsed within 200 years of its construction. Dr Hourig Sourouzian describes her goal to excavate site and then restore the objects found to their original positions
    • Amenhotep iii definition, king of Egypt 1411?-1375 b.c. See more
    • III。 Amenhotep háromezer éve darabjaiban heverő szobrát állították helyre Luxorban. A 18. dinasztia uralkodóját lépő pozícióban ábrázoló kőszobor III. Amenhotep temetkezési templomának északi kapujánál áll, nyugatra a fáraó egy hasonló képmásától, amelyet ez év márciusában állítottak helyre

    II。 Amenhotep - Wikipédi

    Amenhotep II (sometimes read as Amenophis II and meaning Amun is Satisfied) was the seventh Pharaoh of the 18th dynasty of Egypt. Amenhotep inherited a vast kingdom from his father Thutmose III, and held it by means of a few military campaigns in Syria however, he fought much less than his father, and his reign saw the effective cessation of hostilities between Egypt and Mitanni, the major. Discover the family tree of Amenophis III (Amenhotep III ) Nebmarê, Pharaon de la 18è dynastie d'EGYPTE, 09è Souverain , D'Egypte for free, and learn about their family history and their ancestry


    The pharaoh Amenhotep III lived during the period of the New Kingdom from 1570 until 1069 B.C in which Egypt became a country of international power and wealth. His father left him a stable empire while being only twelve years old. He married Tiye, who was given the title “Great Royal Wife」。 This title wasn’t even given to Amenhotep’s mother, which reflect the greatness of Pharaoh Amenhotep and his wife Tiye as married couples. He had a splendid vision of the land that can be witnessed through the 250 buildings, temples, steles, and statuaries that he built during his wonderful reign period. One of his mesmerizing palaces is the palace at Malkata that is located on the west bank of the Nile near Thebes. This astonishing place contains many rooms, a festival hall, gardens, a lot of libraries, kitchens, conference rooms, and Amun Temple.

    The Mortuary complex built by Amenhotep III was the largest and the biggest building that has ever been built in Egypt. It was even more inspiring than the Karnak Temple. It included numerous rooms, halls, and plateaus, which mirrored the vision of the Field of Reeds, the Egyptian paradise. Very little remains today of Amenhotep’s temple. It turned into ruins after the disastrous earthquakes and floods in Egypt.

    Colossi of Memnon symbolize the rule of the king over Egypt. The three figures in the statues, Amenhotep III, his wife Tiye, and his mother Mutemwiya are all symbols of rebirth. They have withstood all the natural disasters that they faced.


    Pharaoh Statue At Karnak Temple Luxor Egypt - Statue Gallery

    Interesting Facts about Karnak Temple. 20 September 2017 Luxor Egypt Ancient ruins of Karnak temple in Egypt in the summer Obelix and statues of Ramses II at the first pylon of the Luxor.

    Egypt10 0593 Luxor Egypt Ancient Egypt Egypt

    The annual Festival of Opet connected the theme by ceremoniously parading the statue of god Amun-Re from Karnak along the Avenue of the Sphinxes to the Temple of Luxor where it was reunited with Luxors statue of Amun-Re.

    Pharaoh statue at karnak temple luxor egypt。 Its hard not to be extremely impressed by the grandeur. Use them in commercial designs under lifetime. Two large statues of the Pharaoh Amenhotep 111 you will pass these on your way to the valley of the kings the transport.

    Download all free or royalty-free photos and vectors. At Karnak she renovated the main sanctuary at Karnak creating in its place a Palace. El-Colossat or es-Salamat are two massive stone statues of the Pharaoh Amenhotep III who reigned in Egypt during the Eighteenth Dynasty of Egypt.

    On Sunday archeologists in the famed southern city unveiled two more giant statues of the ancient Egyptian king. N æ k from Arabic Khurnak meaning fortified village comprises a vast mix of decayed temples chapels pylons and other buildings near Luxor in EgyptConstruction at the complex began during the reign of Senusret I in the Middle Kingdom around 20001700 BC and continued into the Ptolemaic period 30530 BC. Colossi of Memnon two massive stone statues of pharaoh Amenhotep III in Luxor Egypt More stock photos from Cobia s portfolio Ram statues at Karnak Temple Luxor Egypt.

    Detail of relief in the Precinct of Amun-Re Karnak Temple Complex Luxor Egypt The Karnak temple in Luxor Luxor Karnak Temple ancient Egyptian pharaoh sculptures. See reviews and photos of monuments statues in Luxor Egypt on Tripadvisor. Hatshepsut Thutmose III Hatshepsut was a female pharaoh of Egypt who reigned from roughly 1479 to 1458 BC.

    Numerous other sovereigns including Tutankhamun Horemhab and Alexander the Great enriched the construction with reliefs inscriptions and minor buildings. Beyond this gate and outside the main temple walls the scant remains of Amenhotep IVs Akhenaten Karnak temple buildings were discovered. Building at the complex began in the reign of Sesostris I in the Middle Kingdom and continued into the Ptolemaic period although most of the extant buildings date from the New Kingdom.

    Pharaoh statues at Karnak Temple Karnak is the second most visited historical site in Egypt and its enormousprobably due to the 30 pharaohs who contributed to its buildings. We had the opportunity to experience the majesty and history of the Temple of Karnak at a calm moon lit. It has three main sacred areas that honor three gods.

    The Colossi of Memnon Arabic. Following the walls round to the north we come to the Temple of Ptah. The Karnak Temple was Egypts most important place of worship during the New Kingdom.

    Archaeology antiques and Egyptian statues at Karnak Temple located at Luxor city Egypt. In ancient times it was not called Karnak but the northern House of god Amun as the Temple of Luxor was the southern House of god Amun. Top Luxor Monuments Statues.

    The second largest precinct is located in the southern area of the complex. Pharaoh Amenhotep III already towers over Egypts temple city of Luxor immortalized in 16-foot high twin statues that guard the entrance to his funerary temple. Since 1350 BCE they have stood in the Theban Necropolis located west of the River Nile from the modern city of Luxor.

    Karnak temple complex commonly known as karnak comprises a vast mix of decayed temples chapels pylons and other buildings near luxor in egypt. The Karnak Temple Complex comprises a vast mix of decayed temples chapels pylons and other buildings. Karnak Temple was abandoned for a while through the Roman emperor Constantius II who ordered the closing of pagan temples throughout the Roman Empire in 356 AD.

    Why Was the Karnak Temple Important. Karnak Temple is the largest religious building all through history covering about 200 acres and it was a pilgrimage area for about 2000 years. Your Statues Karnak Temple Luxor Egypt stock images are ready.

    The Temple of Luxor daily from 6 am till 9 pm was built by the 18 th Dynasty pharaoh Amenhotep III 1387-1349 BCE the grandson of the military genius Tuthmosis III and expanded by the 19 th Dynasty pharaoh Ramses II 1279-1213 BCE. Additionally the Festival of Opet was used to renew the pharoahs power. In certain places there are columns that are over three stories tall and about 3200 years old.

    The largest precinct is located in the center is the temple complex and it was principally dedicated to god Amun. Luxor means City of Palaces and in ancient. The Karnak temple is located in Luxor the capital of old Egypt for more than 1500 years coinciding with the period of splendor of the new pharaohs of the New Empire.

    The Karnak Temple Complex commonly known as Karnak ˈ k ɑːr. These were excavated in the 1970s and many of the colossal statues of Akhenaten now in the Luxor and Cairo museums came from here.

    Statue Of Amun Ra At Karnak Temple Luxor By Joe Clair Carnegie Libyan Soup Gods Of Egypt Egyptian Art Statue

    Karnak Temple Pictures Histroy Facts Near Luxor Egypt Tours Egypt Karnak Temple

    Seated Ramses Ii At The Ancient Egyptian Luxor Temple Ancient Egyptian Art Ancient Egyptian Egypt

    Statue Of Ramesses Ii In Karnak Temple In Luxor Egypt Ancient Egyptian Architecture Egypt History Luxor Egypt

    The Ruins Of Statue Of The Deity Amun Ra In The Hypostyle Hall Of Karnak Temple Luxor Egypt By Lu With Images Luxor Egypt Ancient Architecture Egypt

    Statue Of Pharaoh Precinct Of Amun Re Karnak Temple Luxor Thebes Egypt North Africa Africa Photographic Print Richard Maschmeyer Art Com Egypt Egypt Culture Ancient Egypt

    Bluedivagal Stunning Classic Jewelry Karnak Temple Actual Giants Humans Egypt Luxor Egypt Egypt History Luxor Egypt Ancient Egyptian Architecture

    Massive Pharaoh Statues Stand Guard In Karnak Temple In Luxor Egypt Visiting Karnak Temple Is One Of The Top Things To Do Not Only Karnak Temple Luxor Egypt

    Majestic Statue Of Ramses Ii At Karnak Temple By Sami Sarkis Karnak Temple Ramses Ii Egypt

    High Quality Stock Photos Of Karnak Egypt History Ancient Egypt Kemet Egypt

    Yooniq Images Pharaoh Statue In Front Of Karnak Temple Karnak Luxor Egypt Africa Karnak Temple Luxor Egypt Egypt

    Pin On The Great Powers Of Africa

    Top Rated Tourist Attractions In Karnak Planetware Ancient Egypt Art Egypt Art Ancient Egypt

    Majestic Statue Of Ramses Ii At Karnak Temple By Sami Sarkis In 2021 Karnak Temple Ramses Ii Egypt

    Karnak Temple Complex Of Ancient Egypt Karnak Temple Luxor Temple Egypt

    Pharaoh Statue At Karnak Temple Luxor Egypt Egipto Tutankamon Egipcio

    East Bank Of Luxor City Guide Luxor Luxor Temple Aswan

    Karnak Egypt Statue Of Pharaoh Ramses Ii With Queen Nefertari In The Great Courtyard Amun Re Temple Karnak Temple Complex Up Ancient Egypt Photo Ramses Ii

    Pin On Mysterious Things Beautiful Places


    Two colossal statues of Amenhotep III unveiled in Luxor - History

    CAIRO (AFP) .- Archaeologists on Sunday unveiled a restored colossal statue of Amenhotep III that was toppled in an earthquake more than 3,000 years ago at Egypt's famed temple city of Luxor.

    The statue showing him in a striding attitude was re-erected at the northern gate of the king's funerary temple on the west bank of the Nile.

    The temple is already famous for its existing 3,400-year-old Memnon colossi -- twin statues of Amenhotep III whose reign archaeologists say marked the political and cultural zenith of ancient Egyptian civilisation.

    The 12.92-metre (43-foot) statue unveiled on Sunday stands west of an existing effigy of the king, also depicting him walking, which was unveiled in March.

    "These are up to now the highest standing effigies of an Egyptian king in striding attitude," said German-Armenian archaeologist Hourig Sourouzian, who heads the project to conserve the temple.

    The world-famous twin Memnon colossi are 21 metres tall but show the pharaoh seated.

    The restored statue now stands again for the first time since its collapse 3,200 years ago, Sourouzian told AFP from Luxor.

    Consisting of 89 large pieces and numerous small fragments and reassembled since November, the monolith weighs 110 tonnes.

    It had lain broken in pieces after the earthquake in 1200 BC, Sourouzian said.

    The statue shows the king wearing the white crown of Upper Egypt, and each hand holding a papyrus roll inscribed with his name, like the one standing next to it that was unveiled earlier this year.

    His belt, holding a dagger with a falcon-head handle, is fastened with a rectangular clasp bearing the names of the king.

    Work to conserve the Amenhotep III temple is entirely funded through private and international donations.

    Pharaoh Amenhotep III inherited an empire that stretched from the Euphrates to Sudan, archaeologists say.

    The 18th dynasty ruler became king aged around 12, with his mother as regent.

    Amenhotep III died in around 1354 BC and was succeeded by his son Amenhotep IV, widely known as Akhenaten.

    Luxor, a city of some 500,000 people on the banks of the Nile in southern Egypt, is an open-air museum of intricate temples and pharaonic tombs.


    ビデオを見る: Luxor and Vicinity, Egypt (12月 2022).

    Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos