新しい

USSポートランド(CA-33)

USSポートランド(CA-33)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

USSポートランド(CA-33)

紹介と戦前のサービス

USS ポートランド (CA33)はポートランド級重巡洋艦の名船であり、太平洋戦争に深く関わり、グアダルカナル沖の珊瑚海、アリューシャン諸島、ギルバート諸島、マーシャル諸島で戦い、ニューギニアでの作戦を支援しました。ペリリュー島で、レイテ沖海戦と沖縄戦に参加。 NS ポートランド 第二次世界大戦の従軍星章を16個受け取りました。

NS ポートランド 1930年2月に敷設され、1943年5月に打ち上げられ、1933年2月に就役しました。

1933年に ポートランド 偵察部隊の一部であるCruDiv4に参加しました。 1933年4月4日、アメリカの飛行船 アクロンは行きました 海上を下り、73人の兵士を失った(ウィリアム・モフェット提督、海軍航空局長)。その夜 ポートランド 救助活動への参加を命じられ、墜落現場に到着した最初の海軍艦艇でした。

1934年に ポートランド CruDiv6に移動しました。

1935年に ポートランド 1935年10月に彼女はUSSを護衛しました ヒューストン (CA-30)彼女がパナマへの旅行でルーズベルト大統領を運び、サウスカロライナ州チャールストンで終わったとき。

1936年に ポートランド CruDiv 6に移動し、次にCruDiv 5に戻りました。同じ年に、彼女は太平洋艦隊の作戦中に初めて赤道を越えました。

1936-40年にCruDiv 5に在籍していた間、彼女は善意の任務と訓練演習を組み合わせて実行しました。

1940年に ポートランド CruDiv 4に参加し、第二次世界大戦中ずっとそのユニットの一部であり続けました。

戦時中のサービス

日本の真珠湾攻撃の2日前に、米国の空母はTF11を持って港を出て、海上航空機をミッドウェイに輸送しました。 ポートランド の護衛の一部を提供しました レキシントン (CV-2)この旅行中、したがって1941年12月7日に港から離れていました。

TF11の次の任務は、ウェーク島を救援する試みであり、その後、日本の激しい攻撃を受けました。その後、彼女は米国西海岸、ハワイ、フィジーの間の地域で活動し、米国の通信回線の保護を支援し、太平洋における米軍の増強の最初の州を支援しました。

12月の残りから1942年5月1日まで、彼女は西海岸、ハワイ、フィジーの間で活動しました。

NS ポートランド 珊瑚海の戦い(1942年5月4-8日)の間、キンカイド後部提督の攻撃グループの一部であり、TF17の一部を形成しました。アメリカ人はポートモレスビーに到達しようとしている日本艦隊を撃退することに成功したが、空母 レキシントン (CV-2)は戦闘中に失われました。 NS ポートランド 失われた空母から722人の生存者を救出した。

1942年6月のミッドウェー海戦中 ポートランド キャリアスクリーンであるタスクフォース17(レアアドミラルF. J.フレッチャー)の一部でした。 NS ポートランド USSの護衛の一部でした ヨークタウン (CV-5)、戦闘中に負けました。

8月に ポートランド ガダルカナルキャンペーンを支援するために南に派遣され、タスクフォース16の一部を形成しました。8月7〜9日、彼女はツラギとガダルカナルへの海上上陸を支援しました。

NS ポートランド 第二次ソロモン海戦(1942年8月23-25日)中のTF61の一部でした。これは、日本人がガダルカナル島を強化するのを止め、その地域での日光作戦を放棄するのを見た空母戦闘でした。

NS ポートランド 南太平洋海戦(1942年10月26-27日)の間にアメリカ艦隊の一部でした。 ホーネット 失った。 NS ポートランド の護衛の一部でした 企業(CV-6)この戦闘中。

NS ポートランド ガダルカナル海戦(1942年11月12-15日)中に魚雷が撃たれた。彼女は11月13日に右舷側で1.58anに殴打された。両方の船内プロペラが破壊され、舵が右側に詰まった。 No.3タレットが所定の位置に詰まっています。彼女は日本の戦艦の射撃場内で円を描いて蒸気を発していることに気づきました(おそらく 比叡)、そして発砲した。日本の砲弾は逃したが、 ポートランド 彼女の4つの一斉射撃でいくつかのヒットを記録しました。その後、戦艦は前進しましたが、損傷の修復が困難であり、 ポートランド 日本の駆逐艦が6.30に発見されたとき、まだ旋回していました。 NS ポートランド 発砲し、この駆逐艦を6回の一斉射撃で沈めました( 戦闘のこの部分で失われた唯一の日本の駆逐艦でした).

NS ポートランド 11月14日に到着したツラギに無事に曳航されなければなりませんでした。損傷は深刻すぎてそこで修理することができず、彼女はシドニーに曳航されなければなりませんでした。オーストラリアでの最初の修理の後、彼女はサモアと真珠湾を経由してメアアイランド海軍造船所に戻り、1943年3月3日に米国に到着しました。

修理が完了した後 ポートランド まったく別の劇場である氷のようなアリューシャン列島に向けて航海する前に、南カリフォルニア沖で短期間の訓練を受けました。彼女は6月11日に劇場に到着しました。 7月26日に彼女はキスカの砲撃に参加し、8月17日にリトルキスカへの着陸を支援したが、その後南に航海し、9月23日にパールハーバーに到着した。

1943年11月から1944年2月まで ポートランド ギルバート諸島とマーシャル諸島の侵略を支援しました。 1944年3月30日から4月1日まで、彼女はパラオ、ヤップ、ウリシ、ウォレアイを攻撃する空母を保護するために使用されました。

次に彼女は南に移動し、ニューギニアのホランディアとタナメラ周辺への着陸を支援した(1944年4月21-24日)。北に戻る途中で、艦隊はトラックを攻撃しましたが、 ポートランド 駆逐艦に支えられた6隻の巡洋艦の部隊の一部であり、ノメイ諸島のサタワンを砲撃しました。これに続いて、修理のためにマーレ島への短い旅行がありました。

NS ポートランド 彼女がペリリューの侵攻前の砲撃に参加した9月12日から14日までに活動を再開した。その後、彼女は上陸自体を支援し(9月15日)、島で戦う軍隊を支援しました。この期間は9月29日に終了しました。

1944年10月に ポートランド フィリピン中部の標的に対する最初の表面攻撃に参加した。艦隊は10月17日にレイテ島を離れ、彼女は10月19日にレイテ湾に入った。その後、彼女は侵攻前の砲撃に2日間を費やしました。

NS ポートランド レイテ沖海戦の一部であるスリガオ海峡の戦いで戦った。これにより、2隻の戦艦、1隻の重巡洋艦、4隻の駆逐艦の日本軍が、アメリカの着陸艦隊を攻撃するように設計された3方面からの攻撃の一環として、スリガオ海峡を前進しました。代わりに、日本人はキンカイド提督の第7艦隊の一部に遭遇し、特にオルデンドルフ提督の消防支援グループは、8隻の巡洋艦、28隻の駆逐艦、および多くのPTボートによって支援された6隻の「古い」戦艦を中心に建造されました。オルデンドルフは彼の船を波のように配備した。最初にPTボートが攻撃し、次に駆逐艦が攻撃しました。彼らは戦艦を沈めました ふそう。を含む巡洋艦 ポートランドは次に行動を起こし、日本艦隊の側面を攻撃しました。数分後、米国の戦艦が続き、日本艦隊は撤退する前に非常に大きな損失を被りました(2隻の戦艦と3隻の駆逐艦が沈没しました)。

NS ポートランド 1945年3月までフィリピンに留まった。1月5日にリンガエン湾での作戦に参加したが、神風特攻隊の攻撃により引退を余儀なくされた。 2月15日、彼女はマニラ湾に蒸気を送り、コレヒドールを砲撃しました。ついに3月1日、彼女は修理と補充のために今は平和なレイテ湾に戻った。

3月26日から4月20日まで ポートランド 沖縄侵攻の準備に参加し、この時期に日本の航空機4機を撃墜した。 5月8日から6月17日まで、彼女は実際の沖縄侵攻に参加した。その後、彼女は一般的な維持のためにレイテ湾に戻り、日本人が降伏したときは艦隊に戻っていませんでした。

戦いの終了後 ポートランド マリアナ諸島の司令官、ジョージD.マレー副提督の旗艦になりました。彼女は、Trukでの日本軍と民間の指導者の降伏の場所でした。

NS ポートランド 戦後のキャリアは非常に短かった。彼女は1945年9月から10月に真珠湾から米国に600人の軍隊を持ち帰り、10月8日にメインのポートランドで行われた海軍記念日のお祝いに参加しました。 1946年3月11日、彼女は不活化され、予備艦隊に加わりました。彼女は7月12日に退役し、1959年3月1日に海軍名簿から削除されるまで予備軍に留まりました。その年の後半に彼女はスクラップとして売却されました。

戦時中の変更

ほとんどの米国の軍艦と一致して ポートランド 第二次世界大戦中に改良された対空兵器を受け取りました。 1942年の初めに、彼女は4門の1.1インチ砲を受け取り、橋の両側に2門、5インチ砲のグループの間に2門、そして12門の20mm砲を受け取りました。

1943年には、さらに大きな変更が加えられました。橋が延長され、後部漏斗の周りに格子三脚のメインマストが追加され、後部上部構造が削減され、最新の射撃統制および捜索レーダーが設置されました。

1944年に、1.1インチ砲は4基のクワッドと4基のツイン40mmボフォース砲に置き換えられ、ツイン砲はクォーターデッキに搭載されました。 20mm砲の数は17に増加しました。航空機の数は2機に削減され、右舷カタパルトは取り外されました。

変位(標準)

10,258t

変位(ロード済み)

12,755トン

最高速度

32.5kts

範囲

15ktsで10,000nm

鎧–ベルト

2.25インチ

-機械

0.75インチベルト
2.5インチデッキ

-雑誌

5.75インチベルト
2.125インチデッキ

-バーベット

1.5インチ

-ガンハウス

2.5インチの顔
2インチの屋根
サイドとリア0.75インチ

長さ

610フィートOA

軍備

9門の8インチ砲(3門の3門砲塔)
5インチ/ 25門8門(シングルポジション8門)
0.5インチ砲8門(シングルポジション8門)
4機

乗組員の補数

807 (917 インディアナポリス)

敷設

1930年2月17日

発売

1932年5月21日

完了

1933年2月23日

打たれた

1959年3月1日


アメリカ海軍戦闘船の辞書

最初 ポートランド 重巡洋艦(CA-33)は、1929年2月13日、マサチューセッツ州クインシーの造船部ベスレヘムスチール社によって認可されました。 1933年2月23日、キャプテンHFリアリーが指揮を執る。

1933年4月1日にボストンを出発し、巡洋艦は4月3日の夜にニューヨーク州グレーブズエンド湾に到着しました。次の夜、彼女は飛行船という言葉を受け取りました アクロン 海に落ちていた。メッセージを受信して​​から36分後、船は進行中でした。彼女は海に向かって走り、災害現場で最初の海軍艦艇であり、捜索救助の調整の仕事は彼女のものでした。アメリカ海軍航空局長のウィリアム・モフェット提督を含む73人の命がこの災害で失われました。

ポートランド カリフォルニア州サンディエゴから蒸した1935年10月2日後進 ヒューストン (CA-30)フランクリンD.ルーズベルト大統領を乗せた。翌日、大統領と彼の党は釣りをした。パナマと他のいくつかの港に寄港した後、2隻の船はサウスカロライナ州チャールストンに向かった。そこで大統領は下船した。

太平洋艦隊の操縦中 ポートランド 1936年5月20日、初めて赤道を越えました。それから戦争が勃発するまで、彼女は巡洋艦第5師団、偵察部隊の部隊として平時訓練と親善任務に従事していました。

日本人が真珠湾を攻撃したとき、 ポートランド 空母打撃群と一緒にミッドウェイに向かう途中で2日間でした。 12月の残りから1942年5月1日まで、彼女は西海岸、ハワイ、フィジーの間で活動しました。

ポートランド 5月4日から8日まで、珊瑚海の2日間の戦闘中に、ニューギニアのポートモレスビーから日本の侵略軍が引き返したときに、T。C。キンカイド少将の攻撃グループに仕えました。いつ レキシントン (CV-2)が失われ、巡洋艦は722人の生存者を引き受けました。彼女はミッドウェー海戦(6月2-6日)の間に日本人が4隻の空母を失ったとき、F。J。フレッチャー少将のTF17空母スクリーンにいました。 ポートランド 8月7日から9日まで、ソロモン諸島のツラギ島とガダルカナル島への海上着陸にカバーとサポートを提供しました。その後、彼女はガダルカナル島の作戦を支援し、連合軍の通信回線を保護するためにこの地域に留まりました。

巡洋艦は8月23日から25日までの第二次ソロモン海戦に参加し、連合軍は山本提督の下で大規模な海軍艦隊によるソロモン海軍の増援を阻止しました。その後、彼女は南太平洋海戦に参加するために南太平洋海戦に参加しました。 企業 (CV-6)。 2週間後、彼女はガダルカナル海軍の戦い(11月12〜15日)に参加し、両軍に甚大な被害をもたらしましたが、ガダルカナルへの6,000人のアメリカ軍の着陸を妨害し、ヘンダーソン飛行場を爆撃するという日本の決意の努力を打ち砕きました。土地の補強。

この行動の間、1942年11月13日、 ポートランド 右舷の0158で魚雷が命中し、両方の船内プロペラが吹き飛ばされ、舵が5度右に詰まり、列車と仰角で3番砲塔が詰まりました。 4度のリストはバラストをシフトすることですぐに修正されましたが、操舵の犠牲者を克服することはできず、船は右舷に円を描くように蒸気を送ることを余儀なくされました。

最初のサークルの終わりに、近くの燃えている船とフレアに照らされた日本の戦艦が、 ポートランドの 前方タレット。敵は火を返しましたが、すべてのサルボが巡洋艦を通過しました。によって返された4つの6銃のサルボで ポートランド、彼女は日本の重戦車で発砲することに成功しました。それから再び0630に、まだ旋回しています ポートランド 6マイルの範囲で敵駆逐艦に発砲しました。 6回目の斉射で、駆逐艦は5分以内に爆発し、横転し、沈没しました。

ヒギンズボート、YP、タグボートの助けを借りて、 ポートランド 11月14日ツラギに停泊。そこから、彼女は米国でのオーバーホールの前に予備修理のためにオーストラリアのシドニーに牽引されました。サモアと真珠湾での短い停泊の後、船は1943年3月3日にメアアイランド海軍造船所に到着しました。

カリフォルニア南部の海域での運用訓練の後、 ポートランド 5月下旬にアリューシャン列島に向けて蒸気を送り、6月11日に到着し、7月26日にキスカを爆撃した。 8月17日にリトルキスカに上陸した偵察をカバーした後、彼女は9月23日に真珠湾に電話をかけ、10月初旬にサンフランシスコに行き、10月中旬に真珠湾に戻った。

1943年11月から1944年2月まで、 ポートランド ギルバート諸島とマーシャル諸島のキャンペーンに参加しました。彼女は次に、3月30日から4月1日まで、パラオ、ヤップ、ウリシ、ウォレアイに対する空爆中に空母を上映しました。

その後、船は4月21日から24日まで、ニューギニアのホランディア-タナメラ地域への着陸をカバーするために割り当てられた空母部隊で蒸気を発しました。再び北に向かってクルージングすると、部隊はトラックを攻撃し、他の5隻の巡洋艦、駆逐艦と協力して、 ポートランド 野明グループのサタワンを爆撃した。

この一連の操作に続いて ポートランド オーバーホールのためにマーレ島に向けて蒸気を送り、9月12日から14日までペリリューの着陸前の砲撃のために西太平洋に戻るのに間に合うように完成した。巡洋艦は9月15日のペリリュー島への着陸を支援し、その後4日間、彼女の銃は連合軍の前進を脅かす敵の陣地を爆破しました。彼女は9月29日までペリリューで砲撃支援を提供し、その後アドミラルティ諸島のマヌス島のゼーアドラー湾に向けて蒸気を送りました。

ポートランド 次に、フィリピン中部での最初の激しい表面攻撃で強力な力に加わった。彼女は10月17日にレイテ沖に到着し、翌日、A-Dayの2日前に湾に入った。その2日間、彼女の銃は着陸に備えて敵の保持位置を和らげました。

10月24日の夜、2隻の戦艦、1隻の重巡洋艦、4隻の駆逐艦からなる強力な日本軍が、レイテ湾の海運を襲撃する意図を持ってスリガオ海峡に向かった。日本軍は暗闇の中で狭い海峡を荒い柱で前進しましたが、 ポートランド そして彼女の姉妹は海峡の頂上を横切って蒸気を発し、敵のTを横切った。日本人は最初にPTボートに遭遇し、次に3隻の駆逐艦魚雷攻撃が続き、最後に北端に配置されたアメリカの戦艦と巡洋艦からの壊滅的な砲撃があった。海峡の。日本軍は完全に敗北し、2隻の戦艦と3隻の駆逐艦を失いました。

1945年1月3日から3月1日まで ポートランド リンガエングリとコレヒドールでの作戦に参加した。 1月5日にリンガエン湾を離れてボリナオ岬の近くを砲撃した彼女は、同じ日に湾に入り、東海岸への砲撃を開始したが、激しい自殺空襲が発生するとすぐに中止した。

ポートランド 2月15日にマニラ湾に入り、コレヒドールの南岸に上陸する準備をして爆撃した。彼女は3月1日にレイテ湾に戻り、修理と雑貨店の補充を5か月で初めて利用できるようになりました。

3月26日から4月20日まで、沖縄戦を支援する作戦を行いながら、 ポートランド 24回の空襲を受け、4機の敵機を撃墜し、他の2機を撃墜するのを手伝った。 5月8日から6月17日まで、彼女は沖縄の砲撃と捕獲に参加し、レイテでの維持のために6月17日に出発した。 8月6日、バックナー湾で彼女は維持管理と訓練を開始しました。

敵対行為の終了に伴い ポートランド キャロラインの降伏を受け入れることになっていたマリアナス司令官のジョージ・D・マレー副提督の旗艦に指名された。船はチューク環礁に向けて蒸気を発し、そこでマレー提督がニミッツ艦隊提督の代理を務め、日本軍と民間の高官の正式な降伏を受け入れました。 ポートランド.

ポートランド 9月21日から24日まで真珠湾に呼ばれ、600人の軍隊が米国への輸送に乗り出しました。彼女は10月8日、パナマ運河を通過し、引き続き米国に向かい、メイン州ポートランドで10月27日の海軍記念日のお祝いを呼びかけました。彼女は1946年3月11日をフィラデルフィア海軍造船所に報告し、予備艦隊への不活性化と割り当てを行った。彼女は1946年7月12日にフィラデルフィアで退役し、1959年3月1日の海軍名簿から削除されるまで予備状態に維持されました。巡洋艦は、1959年10月6日、ニューヨーク州ニューヨークのユニオンミネラルアンドアロイコーポレーションに売却され、廃棄されました。

ポートランド 第二次世界大戦の従軍星章を16個受け取りました。 HyperWarFoundationのPatrickClanceyによってHTML用に転写およびフォーマットされています


USSポートランド(CA-33)-歴史

9,800トン
610 '3&quot x 66' 1&quot x 17 '1&quot
9 x 8&quotメインガン
8 x 5&quotガン
2 x3ポンドの敬礼銃
8 x.50口径MG
4xフロート水上機
2xカタパルト

船の歴史
マサチューセッツ州クインシーにあるベスレヘム造船公社のフォアリバー造船所によって、ポートランド級重巡洋艦の主力船として建造されました。 1930会計年度中に1929年2月13日に発注。1930年2月17日に制定。1932年5月21日に発売。1932年8月15日に完成。1933年2月23日にUSSポートランド(CA-33)として就役。メイン州ポートランドのラルフ・D・ブルックス市長の娘が後援。キャプテンハーバートF.リアリーは彼女の最初の指揮官でした。彼女の乗組員によって「SweetPea」というニックネームが付けられました。

第二次ソロモン海戦の後、USSエンタープライズCV-6を真珠湾に護衛し、マーロンS.ティスデール少将に乗り込み、タラワ島と日本の海運を爆撃する秘密の任務でUSSサンファンと共にタスクユニット16.9.1の一部になります。近く。

1942年10月15日、ポートランドの2つのSOCカモメのフロート水上機が標的を発見し、船に急降下爆撃攻撃を行いました。 1つのカモメがヒヤリハットを記録し、日立丸に軽いダメージを与えます。攻撃中、1匹のカモメが対空射撃によるダメージを受けます。午後2時10分から午後2時51分まで、ポートランドはタラワ沖の日本船を攻撃し、南に撤退する前に1隻の輸送船と駆逐艦に損害を与えたと主張しました。その後、両方のフロート水上機が回収され、ポートランドは南に撤退し、ソロモン諸島近くのエンタープライズタスクグループに参加しました。

運命
1959年10月6日、スクラップとして売却され、その後スクラップされました。

情報を提供する
あなたは親戚ですか、それとも言及された人と関係がありますか?
追加する写真や追加情報はありますか?


ISBN 13:9780813122861

寛大な、ウィリアムトーマスジュニア。

この特定のISBNエディションは現在利用できません。

1945年12月、アメリカ海軍の重巡洋艦USSポートランドは、ハリケーンをかろうじて生き延びた後、ニューヨーク港に足を踏み入れ、輝かしいキャリアを終えました。
ポートランドは、珊瑚海の戦い、ミッドウェー海戦、およびガダルカナル海軍の戦いという3つの重要なアメリカの勝利に参加した点で独特であり、歴史家は太平洋戦争の主要なターニングポイントと見なしています。彼女は、敵の戦艦との夜間戦闘で2回戦った唯一の巡洋艦であり、両方の時間に勝利しました。彼女の献身的な乗組員は、神風特攻隊による80回以上の攻撃を回避しました。
戦争中、ポートランドは沈没した船から約3,000人の船員を救助しました。これには、彼女自身がほぼ同じくらいひどい被害を受けたときも含まれます。彼女のパフォーマンスのために、彼女は太平洋艦隊の有名な船の中で、トラックでの日本の降伏を受け入れるために選ばれました。
船の乗組員との広範な調査とインタビューにより、Sweet Pea atWarはポートランドの決定的な歴史となっています。寛大な話は、打ち上げからスクラップヤードまでの彼女の歴史を語り、彼女が米国海軍の歴史の中で最も重要な船の1つとして記憶されるに値することを証明しています。

「synopsis」は、このタイトルの別のエディションに属している可能性があります。

ウィリアム・トーマス・ジェネラス・ジュニアは、ノースカロライナ大学チャペルヒル校の平和、戦争、防衛の非常勤准教授です。

&#34寛大な&#39s明確な、時には機知に富んだ、そしてしばしば雄弁な散文は、彼の読者にそれらの男性が経験し、感じたことの感覚を与えるだけでなく、彼はまた、スイートピーを大太平洋海戦のより大きな戦略に巧みに具現化します。 &#34


ポートランドCA33

このセクションでは、船がその寿命の間に持っていた名前と呼称をリストします。リストは時系列になっています。


    ポートランド級巡洋艦
    軽巡洋艦(CL)として起工された1930年2月17日
    再指定された重巡洋艦(CA)1931年7月1日
    1932年5月21日発売

海軍カバー

このセクションには、船に関連するカバーを表示するページへのアクティブなリンクが一覧表示されます。船の化身ごとに(つまり、「船の名前と指定の履歴」セクションのエントリごとに)個別のページのセットが必要です。表紙は時系列で(または決定できる限り最良に)提示する必要があります。

船には多くの表紙がある場合があるため、それらは多くのページに分割される可能性があり、ページが読み込まれるのに永遠にかかることはありません。各ページのリンクには、そのページの表紙の日付範囲を付ける必要があります。

消印

このセクションでは、船が使用する消印の例を示します。船の化身ごとに(つまり、「船名と指定履歴」セクションのエントリごとに)個別の消印のセットが必要です。各セット内で、ポストマークは分類タイプの順にリストする必要があります。複数の消印が同じ分類である場合は、最も古い既知の使用日でさらに並べ替える必要があります。

クローズアップ画像および/またはその消印を示す表紙の画像を伴わない限り、消印を含めるべきではありません。日付範囲は美術館の表紙のみに基づいている必要があり、表紙が追加されると変更されることが予想されます。
 
&gt&gt&gtいずれかのポストマークのより良い例がある場合は、既存の例を自由に置き換えてください。


サービス履歴[編集|ソースを編集]

1933年4月1日にボストンを出発し、巡洋艦は4月3日の夜遅くにニューヨーク州グレーブズエンド湾に到着しました。次の夜、彼女は飛行船の現場への最初の任務で派遣されました アクロン、海で墜落した。メッセージを受け取ってから36分後、彼女は進行中で、墜落現場に向かう途中でした。彼女は現場で最初の海軍艦艇であり、到着した他の船と捜索救助活動を調整し始めました。彼女の努力にもかかわらず、海軍航空局長のウィリアム・モフェット提督を含む73人が墜落事故で死亡した。 &#915&#93

ポートランド 1935年10月2日にカリフォルニア州サンディエゴから ヒューストン、フランクリンD.ルーズベルト大統領を乗せていた。大統領は彼の旅行の多くを彼の党と釣りに費やした。パナマと他のいくつかの港を訪れた後、2隻の船はサウスカロライナ州チャールストンに向かった。そこで大統領は下船した。 ポートランド 戦間期の残りの期間は、偵察部隊、巡洋艦師団5以降、米国太平洋艦隊で平時訓練と多数の善意任務​​を実施して過ごします。彼女は1936年5月20日、艦隊の機動中に初めて赤道を越えました。 &#915&#93

日本人が1941年12月7日に真珠湾を攻撃したとき、 ポートランド 空母を護衛する空母グループの一部としてミッドウェー環礁に向かう途中、2日離れていた レキシントン。 1941年12月から1942年5月1日まで、彼女はハワイの西海岸とフィジーの間をパトロールで運航しました。 &#915&#93

珊瑚海の戦い[編集|ソースを編集]

ポートランド フランク・ジャック・フレッチャー少将が指揮し、空母を中心としたタスクフォース17(TF&#16017)に参加 ヨークタウン 付き添い ポートランド クルーザーだけでなく アストリアチェスター プラス駆逐艦 ハムマン, アンダーソン, パーキンス, モリス, ラッセル、 と シムズ とオイラー ネオショーティッペカヌー。 &#918&#93 TF&#16017は4月27日にトンガタプを出発しました 途中 珊瑚海へ。 &#919&#93 5月1日の朝、TF&#16017はニューカレドニアの北西約300&#160nmi(350&#160mi 560&#160km)で第11任務部隊(TF&#16011)と合流しました。 &#9110&#93 TF&#16017は翌日給油を完了しましたが、TF&#16011は5月4日まで給油を終了しないと報告しました。フレッチャーは、ルイジアード諸島に向かって北西にTF&#16017を取ることを選択しました。 &#9111&#93 5月3日17:00、フレッチャーは前日にツラギで日本軍がソロモン南部に接近しているのを目撃したと通知された。 TF&#16017は進路を変更し、27&#160kn(31&#160mph 50&#160km / h)でガダルカナル島に向かって進み、翌朝ツラギで日本軍に対して空爆を開始しました。 &#9112&#93 5月4日、ガダルカナル島の南100&#160nmi(120&#160mi 190&#160km)の位置から(11°10′S 158°49′E&#xfeff /&#xfeff11.167°S158.817°E &#xfeff / -11.167 158.817)、TF&#16017はツラギ沖で日本軍に対して空爆を開始しました。5月4日の夜遅くに航空機を回収した後、TF17は南に向かって引退しました。 &#9113&#93翌朝、TF&#16017は、ガダルカナル島(15°00'00)の南320&#160nmi(370&#160mi 590&#160km)の所定の地点で、TF&#16011およびタスクフォース44(TF&#16044)と合流しました。 ″ S 160°00′00″ E&#xfeff /&#xfeff15°S160°E&#xfeff / -15 160)。日本人がポートモレスビーを攻撃するという報告に促されて、部隊は翌日日本人と交戦するためにルイジアード諸島に移動した。 &#9114&#93 ポートランド トーマス・C・キンカイド後部提督の下で巡洋艦と共にタスクグループ17.2に割り当てられました ミネアポリス, ニューオーリンズ, アストリア, チェスター、駆逐艦SquadronOneの5隻の駆逐艦。 &#9115&#93彼女は上映しました ヨークタウン 5月8日の2隻の空母に対する日本の空襲中を含む作戦全体。 &#9116&#93戦闘後、彼女は被害者を護衛することになった レキシントンしかし、その空母への火災が制御不能になった後、彼女は見捨てられ沈没しました。 &#9117&#93 ポートランド 彼女の生存者の722を引き受けました。 &#9118&#93少なくとも4人の船員が転勤したが、彼女自身は死傷者を出さなかった。 ネオショー 戦闘の直前で、その船が沈没したときに失われました。 &#9119&#93

ミッドウェー海戦[編集|ソースを編集]

ポートランド、右、の生存者を転送します ヨークタウンフルトン、左、ミッドウェー海戦後の1942年6月7日。

トンガタプでの簡単な修理の後、 ポートランド 新しい指揮官、キャプテンローレンスデュボーズを引き受けました。彼女はそれから真珠湾の護衛のために蒸しました ヨークタウン、ミッドウェー環礁に向かう前に、そこを攻撃する日本軍の罠を仕掛けます。 6月4日、空母からの戦闘機の後 ヨークタウン企業 日本の空母3隻、日本の空母からの航空機を沈めた 飛龍 攻撃で応答しました ヨークタウン その日の午後。 ポートランド 彼女の港に行き、巡洋艦と一緒に対空防御を提供しました ペンサコーラヴァンセンヌ。日本の空襲は14:00と16:30以降に発生し、 ヨークタウン 魚雷で数回打たれました。ダメージが増えるにつれ、空母は放棄され、その生存者は5隻の駆逐艦に拾われ、 ポートランド。全部で2,046 ヨークタウン」乗組員は巡洋艦に乗り換えました。彼女はそれから真珠湾に向かって蒸気を発し、潜水母艦に会いました フルトン 転送しました ヨークタウン 6月6日に彼女に乗った生存者。 6月7日、彼女はダウンした海軍飛行士を探し、翌日は空母のグループに加わりました。 サラトガ。彼らはアリューシャン列島で日本軍に対抗するために蒸気を発したが、2日後に真珠湾に呼び戻された。 &#9120&#93

ガダルカナルキャンペーン[編集|ソースを編集]

ポートランド ガダルカナル島への侵攻艦隊に同行し、護衛 企業。彼女は8月7日から9日まで、ツラギ島とガダルカナル島への着陸を保護するために沖合に留まりました。 &#915&#93この任務で、彼女は第一次ソロモン海戦を逃し、2日後に撤退しました。 企業。 &#9121&#93その後、彼女はガダルカナル島の作戦を支援し、攻撃部隊の通信回線を保護するためにこの地域に留まりました。 &#915&#93

ポートランド 1942年12月にオーストラリアのシドニーにある乾ドックで、ガダルカナル海軍の戦いで被った損害を修復しました。

残り 企業、彼女は後に第二次ソロモン海戦に参加しました。 8月24日、彼女は次の港への防空に配置されました。 企業、そして彼女と彼女の姉妹は多くの日本の航空機を撃墜することができたが、空母は18時34分に殴打された。 &#9122&#93彼女は、連合軍が山本五十六海軍大将の指揮する大規模な海軍艦隊によるソロモンの日本軍ユニットの増援を阻止した8月25日まで空母を保護し続けた。 &#915&#93戦いの後、彼女は護衛しました 企業 真珠湾攻撃を受けた後、軽巡洋艦でタラワ島を襲撃するようギルバート諸島への秘密任務に命じられました。 サンファン。彼女はマーロン・S・ティスデイル少将に乗り込み、タスクユニット16.9.1に指定されました。 10月15日の14:10から14:51の間に、彼女は島の近くの日本船を攻撃し、輸送船と駆逐艦に損害を与え、1機の損傷した航空機に苦しみました。 企業 ソロモンの近くのタスクグループ。 &#9123&#93

その後、彼女は南太平洋海戦に参加するために南太平洋海戦の護衛の1人として南太平洋海戦に参加しました。 企業。航空会社は10月24日の10:12に激しい空襲を受け、 ポートランド 彼女の1.1インチ(28&#160mm)砲の1つが発砲中に爆発し、対空砲の1つが低すぎて破片シールドを損傷し、19人の将校と入隊した男性を負傷させたため、戦時中の最初の被害を受けました。激しい戦いで 企業 一度打たれたが ポートランド そしてタスクグループはいくつかの航空機を撃墜しました。 11時53分、橋は操舵の制御を失い、制御を取り戻す前に、日本の潜水艦が発見された。潜水艦が襲った ポートランド 魚雷は3隻ありましたが、潜水艦が接近しすぎて武装する時間がなかったためか、3隻すべてが爆発しませんでした。 &#9124&#93

2週間後、彼女は11月12日から15日までガダルカナル海軍の戦いに参加し、両軍に甚大な被害をもたらしましたが、ガダルカナルへの6,000人のアメリカ軍の着陸を妨害し、ヘンダーソン飛行場を爆撃するという日本の決意の努力を打ち砕きました。独自の7,000の援軍を上陸させる。 &#915&#93戦闘の勃発時に、 ポートランド 第67任務部隊の一部として、ニューカレドニアからガダルカナル島に向かう護送船団を護衛していました。4日間の旅の後、彼らは到着し、11月12日に物資の荷下ろしを開始し、46機の日本の空襲に対抗しました。 &#9125&#93その夜、彼女はダニエルJ.キャラハンの下で、接近する日本軍に対抗するために蒸気を発した5隻の巡洋艦と2隻の駆逐艦の部隊の1隻でした。 &#9126&#93彼らは、2隻の戦艦、1隻の巡洋艦と11隻の駆逐艦の日本軍を発見し、すぐに発砲し、日本の駆逐艦を沈めました。 。 &#9127&#93その後まもなく、 ポートランド 駆逐艦のいずれかによって発射された魚雷に襲われました イナズマ または駆逐艦 雷型 01:58に、彼女の船尾に大きなダメージを与えました。 &#9128&#93魚雷が右舷側に衝突し、両方の船内プロペラが吹き飛ばされ、舵が右舷に5度詰まり、列車と仰角で3番砲塔が詰まりました。 4度のリストはバラストをシフトすることですぐに修正されましたが、操舵の問題は克服できず、船は右舷に円を描くように蒸気を送ることを余儀なくされました。 &#915&#93爆風によりステアリングコラムが破損し、円を描くように操舵しました。 &#9128&#93最初のサークルの終わりに、彼女は日本の戦艦に発砲しました&#160比叡、彼女の前方の砲塔で。日本の船は火を返しましたが、すべてのサルボが巡洋艦を通過しました。によって返された4つの6銃のサルボで ポートランド、彼女は日本の船で発砲することに成功しました。夜明けに、彼女はまだ自分の力で撤退するにはあまりにも損傷を受けた3隻の米国船の1つでした。 &#9129&#93それからまた06:30に、まだ旋回しながら、 ポートランド 日本駆逐艦の放棄された船体に発砲夕立 6マイル(9.7&#160km)の範囲で。 6回目のサルボの後、 夕立 爆発し、転がり、5分以内に沈んだ。 &#9130&#93彼女は最終的にステアリングの問題を修正し、自分の力で撤退することができました。 &#9131&#93彼女は後に、戦闘での行動に対して功労者表彰を受けました。 &#9132&#93戦闘で、彼女は18人が死亡、17人が負傷した。 &#9133&#93

ヒギンズボート、YP、タグボートの助けを借りて、 ポートランド 11月14日にツラギに停泊。そこから、彼女はタグボートでオーストラリアのシドニーに曳航されました ナバホ 駆逐艦に護衛されました ミードゼーン 米国でのオーバーホール前の予備修理用。 &#9134&#93彼女は11月30日にシドニーに到着しましたが、その後12月24日まで乾ドックに入りませんでした。 チェスターニューオーリンズ 修理されました。 &#9135&#93この間、乗組員は長期の海岸休暇を与えられました。この休暇中に、船の船員のうち2人が事故で亡くなりました。 &#9136&#93駆逐艦HMASに付き添われて、予備修理を終えてオーストラリアを離れました&#160ワラマンガ。 &#9137&#93サモアと真珠湾での短い停泊の後、船は1943年3月3日にメアアイランド海軍造船所に到着しました。&#915&#93

1943–1944 [編集|ソースを編集]

ポートランド wearing Camouflage Measure 32, Design 7D in 1944.

After operational training in southern Californian waters, ポートランド steamed for the Aleutians late in May, arriving on 11 June and bombarding Kiska on 26 July. ⎲] After covering a reconnaissance landing on Little Kiska on 17 August, she called at Pearl Harbor on 23 September, there to San Francisco in early October, then back to Pearl Harbor in mid-October. From November 1943 to February 1944, ポートランド participated in the Gilbert and Marshall Islands campaigns. She bombarded Tarawa on 20 November supporting landings there for several days. She was lightly damaged by a friendly depth charge when a nearby destroyer erroneously detected a Japanese submarine. In December 1943 she moved to the Marshall Islands escorting the new エセックス-クラスのキャリア レキシントン。その間 レキシントン came under air attack, none of the Japanese planes came within range of ポートランド and she did not open fire. She returned to Pearl Harbor on 25 December, and went into drydock to repair her rudder and propellers. ⎳]

After repairs, she joined Task Group 51 under Rear Admiral Harry W. Hill for an attack on Darrit, steaming for that island on 23 January and arriving 30 January. After shelling the island for 30 minutes, it was discovered no Japanese were ashore. She then moved to support operations on Eniwetok Atoll on 8 February, providing shore bombardment on Parry Island ahead of landings which took place on 19 February. ⎴] She then screened carriers conducting airstrikes at Palau, Yap, Ulithi, and Woleai between 30 March and 1 April. She then joined with a carrier force assigned to cover the landings around Hollandia and Tanahmerah on New Guinea, which took place from 21–24 April. She steamed northward with the carrier force and struck Truk with five other cruisers and destroyers. ポートランド then bombarded Satawan in the Nomei Group. Following this series of operations, ポートランド returned to Mare Island for a more extensive overhaul, which was completed in August. She returned to the western Pacific for shore bombardments of Peleliu from 12–14 September. The cruiser supported the landing on Peleliu on 15 September, providing artillery to support the advance of Allied forces. She provided gunfire support at Peleliu through 29 September, and then steamed for Seeadler Harbor, Manus Island in the Admiralties. &#9138&#93

Battle of Leyte Gulf [ edit |ソースを編集]

ポートランド next joined Cruiser Division 4 for the next major campaign against the Philippines. She arrived off Leyte on 17 October, entering the Gulf the next day, and began two days of shore bombardments to prepare for the troop landings there. On the night of 24 October, a strong Japanese force consisting of two battleships, one heavy cruiser, and four destroyers headed for Surigao Strait with the apparent intent of raiding shipping in Leyte Gulf. ⎲] The Japanese force advanced in rough column up the narrow strait during darkness, but was met with a large U.S. force of cruisers, destroyers and battleships, including ポートランド。 She and her sisters steamed across the top of the strait, crossing the T of the Japanese force. The Japanese were first met by PT boats, then in succession by three coordinated destroyer torpedo attacks, and finally by devastating gunfire from American battleships and cruisers disposed across the northern end of the strait. ポートランド took the Japanese cruiser Mogami under fire, scoring three hits on her at 04:02, striking the compass platform and AA defense center. She continued firing on the Mogami for ten minutes ⎵] She continued to fire on the stranded Morigami until 05:30, striking several hits, including on the ship's bridge. ⎶] The Battle of Surigao Strait was a decisive defeat for the Japanese force, with most of its ships being destroyed. &#917&#93

1945 [ edit |ソースを編集]

From 3 January to 1 March 1945, ポートランド participated in the operations at Lingayen Gulf and Corregidor. Arriving off Lingayen Gulf on 5 January, and bombarding the vicinity of Cape Bolinao, she entered the Gulf the same day and commenced bombardment of the eastern shore but discontinued immediately when a large wave of Japanese 神風 planes approached. &#9143&#93 ポートランド entered Manila Bay on 15 February, and bombarded the south shore of Corregidor in preparation for landings there. She returned to Leyte Gulf on 1 March for repairs and replenishment, having seen five months of continuous action. &#9138&#93

From 26 March to 20 April, she conducted shore bombardments of Okinawa in support of the Allied landings during the Okinawa campaign. &#9144&#93 ポートランド endured twenty-four air raids, shot down four Japanese aircraft, and assisted in downing two others. ⎲] From 8 May to 17 June, she supported ground forces on Okinawa providing artillery support for ground forces, departing on 17 June for maintenance at Leyte before returning to Buckner Bay on 6 August, where she remained conducting shore bombardments until the end of the war. &#9145&#93


武装

Primary armament

NS ポートランド carries a main armament of nine 8"/55 Mk.15 guns in three triple turrets, two fore and one aft. These guns are the standard armament for American heavy cruisers, and pack an impressive punch. The guns have good ballistics, and can access four shell types: Mk.14 Common, Mk.19 APCBC, Mk.25 HC and Mk.17 SP Common. Of these shells, the Mk.17 Special Common shell is most effective against cruisers, as it has a great explosive mass and enough penetration for most cruiser main armour belts. The Mk.19 APCBC shell can be used against heavily-armoured targets, but has a relatively small explosive mass of 1.65 kg. Finally, the HC shell, with almost 10 kilograms of explosive filler, is highly effective against destroyers and unarmoured vessels.

However, the guns have two main drawbacks. Firstly, they have the slowest reload speed of any 8-inch gun, with a fire rate of just three rounds per minute (20-second gun reload). This means that they fire much slower than their contemporaries, which typically have a fire rate of five rounds per minute (12-second reload). As well, the guns have the slowest horizontal turret rotation speed of any heavy cruiser, at just 3.1 degrees/second (comparatively, the Admiral Hipper's guns rotate at 6.8 degrees/second).

Secondary armament

NS ポートランド carries a secondary armament of eight 5"/25 Mk.13 anti-aircraft guns, mounted on single open-mounts. These cannons are very effective medium-to-long range anti-aircraft guns, but are not effective against any armoured targets. They have access to just two shell types - Mk.36 AAC (HE-TF) and Mk.28 AAC (HE-VT). The former is a time-fuse shell (meaning that the fuze is set before the weapon is fired), while the latter is a proximity fuze shell that explodes automatically upon reaching the target. Both shells are ineffective against armoured targets, having

35 mm of penetration. However, they are both capable of dealing with air and unarmoured targets quite effectively. The HE-VT shell is typically the better pick, as it offers greatly-improved efficiency against air targets.

The guns themselves are relatively good at short-range defence, being capable of firing at 20 rounds per minute (3-second reload). As well, they have very good vertical and horizontal firing angles. However, take note that the guns fire at a low muzzle velocity of 657 m/s which should be accounted for when manually aiming.

Anti-aircraft armament

Portland carries four quadruple 1.1 inch "Chicago Pianos". The 1.1 inch/75 Mk.1 gun, otherwise known as the "Chicago Piano" (because it was the size of a baby grand-piano), was the standard anti-aircraft armament for most American ships prior to the introduction of the 40 mm Bofors cannon. These guns are mediocre at best though they have a good fire rate (similar to the AN-M2 Browning), they aren't too effective at dealing damage, and also jam rather quickly. As well, take note that the gun doesn't have ammunition options.

Portland also carries twelve single 20 mm Oerlikon cannons. The 20 mm Oerlikon Cannon was the standard light anti-aircraft gun for several nations, including the United States, and replaced the prior AN-M2 Browning machine gun. This weapon is an effective short-range AA gun, and has great firing angles. The gun lacks belt options, but the loaded ammunition is still quite effective against light targets. As well, the guns fire from a drum magazine that will need to be reloaded. Because of the magazine design, the gun will not jam with continuous fire.


USS Portland (LSD 37)

USS PORTLAND was the second ANCHORAGE - class Dock Landing Ship and the second ship in the Navy named after the seaport city in Cumberland County, southern Maine, and largest city in the state of Oregon. The ship was last homeported in Little Creek, Va. After decommissioning, the PORTLAND spent the following months at the Inactive Ships Maintenance Facility, Portsmouth, Va., before she was sunk as a target off the US east coast on April 26, 2004.

一般的な特性: Awarded: February 25, 1966
Keel laid: September 21, 1967
Launched: December 20, 1969
Commissioned: October 3, 1970
Decommissioned: August 4, 2003
Builder: General Dynamics, Quincy, Mass.
Propulsion system: two 600 psi boilers
プロペラ:2つ
Length: 553 feet (168.6 meters)
Beam: 85 feet (25.9 meters)
Draft: 18 feet (5.5 meters)
変位:約。 14,000 tons full load
Speed: 22 knots
Well deck capacity: three LCAC
Aircraft: none, but helicopter platform
Crew: Ship: 18 officers, 340 enlisted
Crew: Marine Detachment: 330 Marines
Armament: two 20mm Phalanx CIWS, two Mk-38 Machine Guns, four .50 Machine Guns

This section contains the names of sailors who served aboard USS PORTLAND.公式のリストではありませんが、情報を提出した船員の名前が含まれています。

USS PORTLAND Cruise Books:

Accidents aboard USS PORTLAND:

Built by the Ouincy Division of General Dynamics, USS PORTLAND's keel was laid on September 27, 1967. She was commissioned on October 3, 1970 at the Boston Naval Shipyard. From 1972 to 1988, PORTLAND completed 14 deployments to the Caribbean, Mediterranean, and North Atlantic as a member of Amphibious Squadrons TWO, FOUR, SIX and EIGHT. Additionally she has undertaken a variety of unique missions.

In 1970, she transported TEKTITE II, a Department of the Interior underwater research habitat. She was later awarded the Meritorious Unit Commendation for support of two Navy Patrol Gunboats, USS DEFIANCE (PG 95) and USS SURPRISE (PG 97), in August 1970. During October 1973, PORTLAND carried the Navy's Deep Submergence Research Submarine, NR-1 for bottom survey and data collection in the vicinity of Puerto Rico. On July 29, 1976, PORTLAND participated in the evacuation of over 300 U.S. Citizens and Third Country Nationals from civil war-torn Beirut, Lebanon.

From November 1979 to January 1981 , PORTLAND underwent a regular overhaul period at Sun Shipyard in Chester, Pennsylvania. During Caribbean Operations '82 from February 22, until April 14, 1982, PORTLAND served as flagship for CINCLANTFLT, COMNAVSURFLANT and DEPCINCLANTFLT and was awarded the Meritorious Unit Commendation for the effort.

PORTLAND deployed in support of UNITAS XXIII in June 1982 and passed through the Panama Canal in August 1982, entering the Pacific Ocean for the first time in the ship's history.

PORTLAND deployed as a unit of Mediterranean Amphibious Ready Group 2-83 in May 1983 in support of the Multi-National Peacekeeping Force at Beirut, Lebanon. From January to July of 1985, PORTLAND entered a regular overhaul at Norfolk Shipbuilding and Drydock Co., Berkley Yard, Norfolk, Virginia. In August, PORTLAND visited one of her namesake cities, Portland, Maine.

In April 1986, PORTLAND was fitted with two Vulcan Phalanx Close-In Weapon Systems for missile defense. From May to November PORTLAND deployed with MARG 2-86 and participated in the NATO Exercise Display Determination. From May 6 to July 31, 1987, PORTLAND underwent a Planned Maintenance Overhaul at Moon Engineering, Portsmouth, Virginia. In August, she embarked several members of the original PORTLAND (CA 33) for a cruise to one of her namesake cities in Portland, Maine. From December 31 , 1987 to April 1, 1988 PORTLAND deployed to the Persian Gulf as Middle East Force Minesweeper Mothership.

May through July 1988 PORTLAND participated in MIDRON I and II cruises, embarking over 100 midshipmen and operated in the Caribbean and North Atlantic. From August - October 1988, PORTLAND again deployed to the North Atlantic to partake in NATO Exercise Team Work 88. Following the Norwegian Operations PORTLAND entered Moon Engineering Shipyard for a November 1988 - February 1989 maintenance availability.

船の紋章について:

The PORTLAND is named after two famous seaport cities of the United States, Portland, Oregon, and Portland, Maine. The two cities' seals are appropriately a part of the ships' insigne. The seal of Portland, Oregon, presents the city as a major seaport through the sailing vessel. The fruitful lady is standing at the confluence of the Columbia River on whose waters flow the many industrial and agricultural products of the region. The fir trees represent the large lumber resources and Mt. Hood, the scenic attributes of the region. The seal of Portland, Maine, is one of heraldry. The phoenix (heron) symbolizes immortality. The anchor is frequently used in cities having a close relationship with the sea and in heraldry the anchor represents Hope. The dolphins symbolize Dilligence, Love, and Swittness. The ship is interpreted as representing the city as a great shipbuilding city.

On the left and right of the insigne are the Navy emblem and the Marine Corps emblem. These emblems together represent the joint efforts of these services in the performance of missions assigned the amphibious forces.

The stern view of the PORTLAND reveals the ship's characteristics inherent in the performance of its primary mission. The flooded well deck represents the ship's capability to launch, receive, and repair small cratt the flight deck represents the ship's capability to launch and receive helicopters carrying cargo or Marines the cranes symbolize the ship's ability to load and unload cargo rapidly.


Об этом товаре

  • Few ships in American history have had as illustrious a history as the heavy cruiser USS Portland (CA-33), affectionately known by her crew as 'Sweet Pea.' With the destructionof most of the U.S. battleship fleet at Pearl Harbor, cruisers such as Sweet Pea carried the biggest guns the Navy possessed for nearly a year after the start of World War II. Sweet Pea at War describes in harrowing detail how Portland and her sisters protected the precious carriers and held the line against overwhelming Japanese naval strength. Portland was instrumental in the dramatic American victories at the Battle of the Coral Sea, the Battle of Midway, and the naval battle of Guadalcanal--conflicts that historians regard as turning points in the Pacific war. She rescued nearly three thousand sailors from sunken ships, some of them while she herself was badly damaged. Only a colossal hurricane ended her career, but she sailed home from that, too. Based on extensive research in official documents and interviews with members of the ship's crew, Sweet Pea at War recounts from launching to scrapping the history of USS Portland, demonstrating that she deserves to be remembered as one of the most important ships in U.S. naval history.

Book Review: Sweat Pea at War: A History of USS Portland

May 27, 2020 #1 2020-05-27T20:00

by William Thomas Generous, Jr.
University Press of Kentucky
ISBN 0-8131-2286-4

I had high hopes for this book. I was expecting the cruiser equivalent of Musicant's book on ワシントン, or Tillman's book on 企業。 In short, I really wanted to like this book. But the book is so rife with errors, it cannot be called history. At best it's a collection of sailor recollections and anecdotes.

For an example of the errors, let's start on page 1

I'm sure the ノースダコタNS、 フロリダNS、 ワイオミングNS、 摂津NS、 Corbets and the Italian dreadbnoughts would be disappointed with their demotions.

More seriously, the Treaty said nothing of the sort. In fact, it did not even use the word 'battleship'. It used the words capital ship.

Another example: It ts stated the ship's catapults used a 6in powder charge. In fact they used the charge from a 5in gun. This is clarified in an end note, bu the text does say six inch.

All float planes are referred to a 'SOC, i.e., the ubiquitous Curtiss Seagull. There is a photo of a Vought OS2U Kingfisher being hoisted aboard that is captioned as a "SOC'. I could list additional errors, but I won't in the interest of brevity.

All in all, I think the book relies too heavily on secondary sources and sailors' memories, and as we all know, the human memory can be faulty. For example, it is stated Captain Du Bose asked Captain Gib Hoover of ヘレナ for a tow when ポートランド was crippled by a torpedo at First Guadalcanal and steaming in circles. That has to be a sailor recollection. As far as I know, ヘレナ followed the flagship サンフランシスコ after ポートランド was torpedoed and fell out of line, and had departed the area with the survivors still able to steam and steer before dawn. ヘレナ would have never been in a position to receive such a request. I have never seen this supposed communication documented anywhere else. In addition, it is then used to slight Hoover, 'wanting to save his own skin', when Hoover was in tactical command of the mobile survivors because Norman Scott, Dan Callaghan and Cassin Young had all been killed.

There is some value in the book, in the form of the anecdotes, but they have to be taken with the classic 'grain of salt'. One finger is best left in the end notes of the chapter one is reading to keep track of where such 'facts' are coming from . Another unique part of the book is documenting Portland's post-war struggle with a hurrican on her second Magic Carpet run while homeward bound from Europe. She was badly damaged, and when arrived in New York was declare not to be seaworthy.

There is also some documentation of the crew's reunions, and some artifacts of the ship that survive and where they are. Oddly, while this much written about photos the crewmen possess, the book is rather short of photos, especially of the cruiser herself. You'll find better photographic documentation by visiting the Navsource website.

All in all, I cannot recommend this book. University Press of Kentucky apparently needs better editors.


ビデオを見る: ローレンスTデュボース (12月 2022).

日にちどこイベント
1982off the coast of Salvador