新しい

USSマグフォード(DD-105)

USSマグフォード(DD-105)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

USSマグフォード(DD-105)

USS マグフォード (DD-105)は、第一次世界大戦直後の水上機母艦として活躍したウィックス級駆逐艦でした。

NS マグフォード 1775年に戦闘で殺された大陸海軍の将校であるジョン・マグフォード大尉にちなんで名付けられました。

NS マグフォード 1917年12月20日にサンフランシスコのユニオン製鉄所に配置され、1918年4月14日に進水し、1918年11月25日に就役し、ジョンH.エバーソン中尉が指揮を執った。

NS マグフォード 1919年1月にグアンタナモ湾沖の艦隊に加わり、冬の作戦に参加するのに間に合うように就役しました。他の艦隊と同様に、彼女は1919年の夏に米国東海岸に戻りました。11月21日に彼女はロードのニューポートを出発しました。島、サンディエゴに向かい、12月22日に到着しました。

彼女がサンディエゴに到着した後、 マグフォード 水上飛行機部門への入札になりました。 1920年12月10日から1921年12月の間に、彼女はJ. H.タワーズによって指揮され、その後、1919年5月にカーチスNC飛行艇によって実行された最初の大西洋横断飛行を指揮し、最初のアメリカ空母USSの指揮官になりました。 ラングレー、第二次世界大戦の初期に海軍航空機の生産レベルを上げることに貢献し、米国太平洋艦隊の空軍司令官になりました。

NS マグフォード カリフォルニアの海岸に沿って彼女の水上飛行機で操作しました。彼女はまた、1920年12月と1921年1月にパナマ運河地帯を2回訪問しました。彼女は、1922年6月7日にサンディエゴで廃止され、1936年にスクラップとして売却されるまで、次の10年半の間予備軍に留まりました。

変位(標準)

変位(ロード済み)

最高速度

35ktsデザイン
トライアルで1,236tで27,350shpで34.81kts(キンバリー)

エンジン

2軸パーソンズタービン
ボイラー4基
27,000shpの設計

範囲

20ktsで2,500nm(設計)

鎧-ベルト

- デッキ

長さ

314フィート4.5インチ

30フィート11.5インチ

軍備

4インチ/ 50門
4つのトリプルマウンティングに12本の21インチ魚雷発射管
2つの1ポンド対空砲
2つの爆雷トラック

乗組員の補数

100


マグフォードDD389

このセクションでは、船がその寿命の間に持っていた名前と呼称をリストします。リストは時系列になっています。

    バッグレイ級駆逐艦
    キールレイド1935年10月28日-1936年10月31日発売

海軍カバー

このセクションには、船に関連するカバーを表示するページへのアクティブなリンクが一覧表示されます。船の化身ごとに(つまり、「船の名前と指定の履歴」セクションのエントリごとに)個別のページのセットが必要です。表紙は時系列で(または決定できる限り最良に)提示する必要があります。

船には多くの表紙がある場合があるため、それらは多くのページに分割される可能性があり、ページが読み込まれるのに永遠にかかることはありません。各ページのリンクには、そのページの表紙の日付範囲を付ける必要があります。

消印

このセクションでは、船が使用する消印の例を示します。船の化身ごとに(つまり、「船名と指定履歴」セクションのエントリごとに)個別の消印のセットが必要です。各セット内で、ポストマークは分類タイプの順にリストする必要があります。複数の消印が同じ分類である場合は、最も古い既知の使用日でさらに並べ替える必要があります。

クローズアップ画像および/またはその消印を示す表紙の画像を伴わない限り、消印を含めるべきではありません。日付範囲は美術館の表紙のみに基づいている必要があり、表紙が追加されると変更されることが予想されます。
 
&gt&gt&gtいずれかのポストマークのより良い例がある場合は、既存の例を自由に置き換えてください。


第二次世界大戦データベース


ww2dbase Mugfordは、1937年後半に米国海軍太平洋艦隊に加わり、米国が戦争に参加する前に米国の西海岸沖で活動しました。日本人が1941年12月7日に真珠湾を攻撃したとき、彼女はそこにいて、3機の日本の航空機に対空砲を提供しました。彼女はウェーク島を救済するために機動部隊と共に派遣されたが、日本人がウェーク島での征服を完了したとき、その任務は中止された。彼女は1942年の最初の数か月に米国とオーストラリアの間で船団の任務を遂行し、ケンタウロスが前日に日本の潜水艦に沈められた後、オーストラリアのクイーンズランド州ポイントルックアウト沖でオーストラリアの病院船ケンタウロスの生存者を救助しました。 。

ww2dbase 8月、マグフォードはソロモン諸島に派遣されました。 8月7日、タスクグループが日本の航空機に攻撃されたとき、彼女は他の船と一緒にガダルカナル島のルンガ岬をパトロールしていました。 2機の航空機を撃墜した。 8月8日、彼女は別の日本の航空機を今度は自分自身に損傷を与えることなく撃墜し、2人の日本の飛行士を救助しました。 8月9日、彼女はサボ島の戦いに参加し、重巡洋艦ヴァンセンヌとアストリアの400人の生存者を救助しました。 1942年9月16日から12月にかけてオーストラリアのシドニーで修理を行った後、彼女は珊瑚海とオーストラリア北部沖の海域で護送船団をパトロールし、護衛しました。 1943年7月、彼女はニューギニアの東端沖のウッドラーク島の襲撃に参加しました。 8月4日、彼女はラエの侵攻中にLST上陸用舟艇を護衛しました。 8月下旬、彼女はフィンシュハーフェンで侵攻前の砲撃を行い、10月まで支援のためにそこに留まりました。12月14日と15日、マグフォードはニューブリテンのアラウェへの着陸に参加しました。その月の後半、彼女はブナとケープグロスターへの攻撃を支援しました。ニューギニアのミルンベイで修理した後、彼女は1944年5月までパトロールと護衛の任務に戻りました。

ww2dbase 1944年6月のマリアナ島キャンペーン中、マグフォードは空母と戦艦を護衛し、日本の陣地を攻撃しました。また、キャンペーン中の夜間の砲撃任務にも参加しました。彼女は空母を護衛しながらフィリピン海の戦いに参加し、グアムに上陸する間、彼女は多くのレーダーピケット艦の1隻を務めました。 8月28日、彼女は翌月のパラオ侵攻への間接的な支援として、ボニン、ヤップ、パラオ諸島地域での日本海運への攻撃についてタスクフォース38と出撃した。 10月12日と13日、彼女は機動部隊38の空襲中に、いくつかの日本の航空機を撃墜しました。レイテ地域に戻ると、彼女は特殊攻撃のD3A海軍99型急降下爆撃機から攻撃を受け、8人の男性を殺害しました。一時的な修理の後、彼女は1945年3月4日まで恒久的な修理のために米国のメアアイランド海軍造船所に航海しました。

ww2dbase 1945年3月中旬に西太平洋に戻ったマグフォードは、戦争が終わるまで、ウリシ島とサイパンの間でレーダーピケットと対潜水艦のパトロール任務を果たしました。

ww2dbase戦後、マグフォードはタスクグループ55.7に所属し、連合国の捕虜を日本から沖縄に輸送し、長崎佐世保地域の空母を護衛することを主な任務としました。彼女は1945年11月19日にサンディエゴで米国に戻り、ターゲットとしてビキニ環礁の核実験(コードネームOperation Crossroads)への参加の準備のためにオーバーホールを受けました。原子爆轟に見舞われた後、彼女は除染実験に参加した。彼女は1948年にマーシャル諸島のクェゼリン環礁から沈没しました。

ww2dbase 出典:アメリカ海軍の戦闘船の米国海軍辞書。

最終メジャーリビジョン:2007年7月

駆逐艦マグフォードインタラクティブマップ

マグフォード運用タイムライン

1937年8月16日 マグフォードはサービスを開始しました。
1944年5月5日 駆逐艦USSマグフォード、バッグレイ、ステレット、ウィルソン、ショー、ヘルム、ロス、セルフリッジに護衛された戦艦USSメリーランド、コロラド、ワシントン、カリフォルニアは、カリフォルニア州サンフランシスコを出発し、ハワイのパールハーバーに向かった。
1944年5月10日 駆逐艦USSマグフォード、バッグレイ、ステレット、ウィルソン、ショー、ヘルム、ロス、セルフリッジに護衛された戦艦USSメリーランド、コロラド、ワシントン、カリフォルニアがサンフランシスコからハワイのパールハーバーに到着しました。
1946年8月29日 マグフォードはサービスから廃止されました。

この記事を楽しんだり、この記事が役に立ったと思いましたか?もしそうなら、Patreonで私たちをサポートすることを検討してください。月額1ドルでも大いに役立ちます!ありがとうございました。

この記事を友達と共有してください:

訪問者が投稿したコメント

1.ダニエルローマンは言う:
2010年5月29日11:26:35 AM

私の叔父のウィリー・バーバは、USSマグフォードの船員でした。彼は私に彼の任務のツアーについての話をしました。 USSマグフォードを読んで、私は船が戦争でどれほど重要であるかを知りませんでした!とにかく彼らは私の叔父に生きている乗組員に関する情報を与えることができますか?彼はナーシングホームにいて、いつもマグフォードの帽子をかぶっています。

2. JaneDolanは次のように述べています。
2010年9月29日08:52:34 AM

レイテ島の戦いに関連して:8人の男性が亡くなった日付が欠落しています。私の叔父のモネルH.モンソンシニアがその戦いで亡くなったので、私はそれを知っています。日付は1944年12月5日でした。
モネルH.モンソンの伝記
Monell Monson Sr.は、1911年にミネソタ州グランドラピッズのMonsとEllenMonsonに生まれました。彼はシオンルーテル教会とグランドラピッズの学校に通いました。
1933年に彼はミネソタを離れてモンタナに向かった。モンタナ州ビクターに到着すると、彼はアルフレッド・シモンセ​​ンに会いました。アルフレッドは病気で、妻と5人の子供がいるため、牧場で助けが必要でした。これは、モネルが1937年に結婚した花嫁のメイベルサイモンセンと出会った場所です。彼らにはモネルとメルビンの2人の子供がいました。
モネルシニアは1944年1月に海軍に入隊し、アイダホ州ファラガットで基礎訓練を受けました。彼は1944年の南太平洋の目的地であるAptil13で駆逐艦U.S.S.Mugfordに乗り込みました。モネルは1944年12月5日に消防士のファーストクラスとして監視していました。船はフィリピンのレイテ島の近くにありました。 *&#34船の上面からの火がボイラー室に吸い込まれたとき、船は空中戦に従事していました。彼は自分の努力で船の医療部門に到着しましたが、数時間後に大規模な火傷で亡くなりました。&#34
軍はすぐに家に残って出荷しなかったので、モネルはレイテ島に一時的に埋葬されました。 1948年9月、彼の遺体は電車でミネソタ州グランドラピッズに戻ってきました。モネルの家族は、シオンルーテル教会で奉仕を行いました。彼の最後の休憩所は、グランドラピッズのイタスカ墓地です。ミネソタ。
* B.W。中尉が書いた手紙からの情報マロリー、U.S.N。役員。

3.ビリージョーベリーは言います:
2012年1月22日07:43:32 AM

USSマグフォードで負傷した私の父(フランクリンベリーシーメンファーストクラス)は、1942年8月7日。彼は彼の心臓の近くと彼の頭の中で榴散弾を受け取りました。お父さんは家に帰る前に、最初はミュージーランドの病院で、次にオーストラリアの病院でしばらく過ごしました。退役軍人と兵士に感謝します

4.リサピザーニは言う:
2013年3月4日10:04:48 AM

私の義父は1944年12月5日の攻撃を生き延びました。

5. Kandie L. Rosales / MitchellAnonymousのコメント:
2015年5月7日05:35:18 PM

私の父、チャールズ・クリストファー・ミッチェル(ミッチまたはクリス)は1941年6月にUSSマグフォードのシーマンファーストクラスに参加しました。 1941年12月7日、戦艦USSマグフォードは6番バースで、USSサクラメントの左舷に係留されました。乗組員はいくつかの日本の飛行機を撃墜しました。
戦後、母は父が汗まみれの叫び声で目を覚ますと言った、&#34Damn Kamikaze&#39s&#34。彼自身、戦争についてはほとんど話しませんでした。
この本「Unbroken」は、USSマグフォードがそこに駐留していた当時のパルミラ諸島について語っています。私はそれを調べています。

6.マイクロバーツは言う:
2016年3月28日05:15:13 PM

おじいちゃんのジョン・エッタ・ブラックはアメリカにいました。真珠湾攻撃中のマグフォード。彼がその日の話をしてくれたのを覚えています。飛行機が到着したとき、彼はマグフォードに搭乗していた18歳の船員でした。対応を調整する上級将校がいないことによる混乱、一部の船員が敵の砲火ではなく、銃を操作しようとしてミスを犯したため、適切な使用方法がわかりませんでした。数年後、私の家族が彼と一緒に映画「パールハーバー」に行ったとき、叔母は彼に戦闘シーンが現実的かどうか尋ねました。彼は、「わからない-煙以外は何も見えなかった」と語った。犠牲にして仕えたすべての人に感謝します。

7. StevenRavenscroftは次のように述べています。
2017年7月27日23:41:14

私の父は病院船ケンタウロスの生存者の一人でした。誰かが救助の写真を持っているのだろうかと思っていました。私はほとんどの時間カメラが許可されていないことを知っていますが、何人かの人々はまだそれらを持っていました。

訪問者が提出したコメントはすべて、提出者の意見であり、WW2DBの見解を反映するものではありません。


ジェームズ・マグフォード

ジェームズ・マグフォード (1749年5月19日-1776年5月19日)は大陸海軍の船長でした。

マグフォード大尉は大陸海軍でスクーナー「フランクリン」を指揮し、1775年までボストン沖のジョンマンリー飛行隊に所属していました。彼は軍の店と粉の大きな貨物でイギリスの船「ホープ」を捕らえ、外港に横たわっているイギリス艦隊の鼻の下を走りながらボストンに賞を取りました。

「フランクリン」は1776年5月19日の夜、「レディワシントン」の会社で、ボストンのキャプテンマグフォードの友人であると主張するイギリスの寄宿生によって攻撃されました。

ボストンの全米司令官であるウォード将軍の報告は次のように述べている。

「マグフォード大尉は、男性でいっぱいの12隻または13隻のボートに非常に激しく攻撃されたが、彼と彼の部下は、驚くべき勇気を持って力を尽くし、敵を打ち負かし、いくつかのボートを沈め、彼らが失ったと思われる多くの男性を殺した。勇敢なマグフォード大尉は、敵がスクーナーを離れる少し前に倒れ、海賊が乗船しようとしたときに、海賊の手を切り落としているときに槍で駆け抜けたと言われていました。ワシントン夫人は5隻のボートに襲われました。ボートには10​​0人近く、またはかなりの数の兵士が乗っていたはずですが、彼女に乗り込むために何度も努力した後、彼らは小さな会社の勇敢さと努力に打ちのめされました。残忍な自由の襲撃者からレディを栄光に守ったのです。」

2隻のアメリカ海軍の船USS「マグフォード」が彼にちなんで名付けられました。

ウィキメディア財団。 2010。

他の辞書を見てください:

マグフォード —参照先:ジェームズ・マグフォード(1749 1776)、米大陸海軍USSマグフォードの船長、ハロルド・サンドフォード・マグフォード(1894 1958)にちなんで名付けられた、2隻の米海軍駆逐艦、ビクトリア十字章の英語受信者この曖昧さ回避ページリスト&#8230…ウィキペディア

ジェームズ・B・ディーン —ジェームズ・バイロン・ディーン(* 8.インディアナ州マリオンで1931年2月†1955年9月30日、カリフォルニア州チョラメで)米国のアメリカ人劇場と映画俳優。 SeinfrüherTodundseineRollein…dennsie wissen nicht、was sie tun&#8230…ドイツ語版ウィキペディア

ジェームズバイロンディーン —(* 8. 1931年2月、インディアナ州マリオン†1955年9月30日、カリフォルニア州、デアネヘフォンチョラメ)米国アメリカ人劇場と映画俳優。 SeinfrüherTodundseineRollein…dennsie wissen nicht、was sie tun machten ihn zu einem&#8230…Deutsch Wikipedia

ジェームスディーン —ジェームズ・バイロン・ディーン(* 8.インディアナ州マリオンで1931年2月†1955年9月30日、カリフォルニア州チョラメで)米国のアメリカ人劇場と映画俳優。 SeinfrüherTodundseineRollein…dennsie wissen nicht、was sie tun&#8230…ドイツ語版ウィキペディア

USSマグフォード(DD-389) —バッグレイ級駆逐艦であるUSSマグフォード(DD 389)は、1775年までスクーナー船フランクリンを指揮したジェームズマグフォードにちなんで名付けられた米国海軍の2隻目の船でした。 …ウィキペディア

USSマグフォード(DD-105) —最初のUSSマグフォード(DD 105)は、第一次世界大戦中のアメリカ海軍のウィックス級駆逐艦でした。彼女はジェームズマグフォードにちなんで名付けられました。歴史マグフォードは、1917年12月20日、カリフォルニア州サンフランシスコのユニオンアイアンワークスカンパニーによって建造されました。 8230…ウィキペディア

ジェレミー・バンバー — 1986年のバンバー1961年1月13日生まれ(1961 01 13)(年齢&#16050)レジデンスフルスー…ウィキペディア

ListederZerstörerderUnitedStatesNavy — Schiffe der United States Navy A B C D EF…ドイツ語版ウィキペディア

アメリカ海軍駆逐艦のリスト —これは、米国海軍の駆逐艦のリストで、船体番号でソートされています。これには、DD、DL、DDG、DLG、DLGNのすべてのシリーズが含まれます。CG47タイコンデロガおよびCG 48ヨークタウンは駆逐艦(DDG47およびDDG48)として承認され、巡洋艦に再指定されました&#8230…ウィキペディア

ケンタウロス(1924) — Centaur Die AHS Centaur nach ihrer Umwandlung in ein Hospitalschiff(1943)p1…ドイツ語版ウィキペディア


Ahoy-Macのウェブログ

私はインターネットであなたの記事のいくつかに出くわし、それらを本当に楽しんだ。私はアマチュアの第二次世界大戦の歴史家で、幼い頃から興味を持っていました。

私の父は、USSブルーの姉妹船であるUSSマグフォードDD389に乗った海軍の金属細工師でした。彼は私の兄と私に戦争について良いことも悪いこともたくさん話した。

1942年8月7日、ガダルカナル島のルンガ岬沖で、MUGFORDは3機のヴァル爆撃機による攻撃で爆弾に襲われました。お父さんの船は駅にとどまり、あなたの船、キャンベラと同じ日に沈没したと私が信じている巡洋艦のビンセンズとアストリアから生存者を迎えに行きました。

その後、MUGFORDは、オーストラリア沖の日本の潜水艦に沈められた後、HMASケンタウロスから生存者を救出しました。とにかく、お父さんはいつもオーストラリアを愛していましたが、戦後、彼は戻る機会がありませんでした。引退したら、彼のために行くつもりです。

お父さんは2001年3月に亡くなり、真珠湾生存者協会の生涯会員であったため、兄と私は2001年7月12日に彼の遺灰を真珠湾に持ち込みました。私たちは彼の遺灰をアリゾナとミズーリの間に散らばり、彼の船(MUGFORD)が停泊していた1010ドックに面して約100ヤード離れました。彼が1945年10月に海軍を去ったにもかかわらず、アメリカ海軍は彼に完全な軍事的名誉を与えました。

彼は最後まで海軍でした、そして私の兄弟と私が海軍にも仕えることを確認しました。兄は駆逐艦に乗っており、私は13年間勤務し、2隻の空母といくつかの陸上ステーションに搭乗していました。とにかく、私はただ挨拶したかっただけで、歴史を保存するという良い仕事を続けていきます。

アロハと-ジェリージョンストン、ロングビーチ、カリフォルニア州米国

おもしろい手紙ありがとうございます。 HMASにいるとき キャンベラ、私たちは時々USSと同じ米国タスクフォースにいました マグフォード、そして私は彼女が5月31日/ 1日の日本の特殊潜航艇の攻撃の時にシドニー港にいたと思います。 1942年6月のように キャンベラ。防衛がなんとか混乱したエラーの夜、しかし日本人は確かに両方のUSSを主張しなかったのは不運でした シカゴ、 本当に キャンベラ それも。

オーストラリアの病院船の沈没に私の作品を添付しました ケンタウロス、およびUSS マグフォード 彼女の数人の生存者の助けに行く、再び厄介な夜。 (「オーストラリアの病院船」を参照 ケンタウロス 日本の潜水艦による魚雷 ")デニスと私はゲストでした ミズーリ 2日。 2005年9月の60日。 2日に東京湾で降伏した日本軍の降伏記念日。 1945年9月、私がHMASにいたとき シュロップシャー、沈没したキャンベラの交換用重巡洋艦。

話してよかった、今気をつけて。

このサイトは、教育的利用と歴史的認識の促進のためのリソースとして作成されました。ここに記載されている個人のすべてのパブリシティ権は明示的に留保されており、この記念サイトが設立された敬意と一致して尊重されるべきです。


USSマグフォード(DD 389)


第二次世界大戦中に改造されたUSSマグフォード。

1946年7月のビキニ環礁での原子爆弾テスト中に損傷した。
1946年8月29日に廃止されました。
1948年3月22日クェゼリン環礁で自沈。
1948年4月5日に襲われた。

USS Mugford(DD 389)用にリストされたコマンド

このセクションはまだ作業中ですのでご注意ください。

司令官から
1アーレイ・アルバート バーク、USN1939年6月5日1940年7月30日(1)
2少佐 ワイアット クレイグ、USN1940年7月30日1941年8月13日(1)
3少佐 エドワードワトソン ヤング、USN1941年8月13日1942年12月5日(1)
4T / Cdr。 ハワード・グラント Corey、USN1942年12月5日1944年1月16日(1)
5T /Lt.Cdr。 マーティンアダム Shellabarger、USN1944年1月16日1944年12月27日(1)
6モートン ハーベイ、USN1944年12月27日1946年1月

コマンドセクションの改善にご協力ください
この船のイベント/コメント/アップデートを送信するには、ここをクリックしてください。
間違いを見つけたり、この船のページを改善したい場合は、これを使用してください。

メディアリンク


USSマグフォードDD-389(1937-1948)

無料のパケットをリクエストして、中皮腫に関する最高の情報とリソースを一晩で入手してください。

すべてのコンテンツの著作権は2021年にあります|私たちに関しては

弁護士広告。このウェブサイトは、ニューヨーク、ニュージャージー、フィラデルフィアにオフィスを構えるSeeger WeissLLPが後援しています。会社の主な住所と電話番号は、ニュージャージー州リッジフィールドパークの55チャレンジャーロード(973)639-9100です。このWebサイトの情報は、情報提供のみを目的として提供されており、特定の法的または医学的アドバイスを提供することを目的としたものではありません。最初に医師に相談せずに処方薬の服用をやめないでください。医師の助言なしに処方薬を中止すると、怪我や死亡につながる可能性があります。 Seeger Weiss LLPまたはその弁護士の以前の結果は、将来の問題に関して同様の結果を保証または予測するものではありません。あなたが法的な著作権所有者であり、このサイトのページが「フェアユース」の範囲外であり、クライアントの著作権を侵害していると思われる場合は、[email&#160protected]で著作権問題について連絡することができます。


Ahoy-Macのウェブログ

USSについてあなたのサイトを見ていました マグフォード、そして船の写真。

私は興味がありました マグフォード 彼女の救助のために ケンタウロス 生存者、そして私は船の良い写真に出くわしたことを嬉しく思います。

の写真を額装したいのですが マグフォード、そして私はあなたがあなたのウェブサイトであなたが持っている写真をどこで手に入れたのか教えてくれないかと思っていました。

USSマグフォードホルトの詳細は次のとおりです。

写真番号:19-N-80114

USSマグフォード(DD-389)

1945年2月28日、カリフォルニア州メアアイランド海軍造船所沖。

米国国立公文書館の海軍艦船局コレクションからの写真。

オンライン画像:87KB 740 x610ピクセル

この画像の複製は、国立公文書館の写真複製システムからも入手できる場合があります。

このサイトは、教育的利用と歴史的認識の促進のためのリソースとして作成されました。ここに記載されている個人のすべてのパブリシティ権は明示的に留保されており、この記念サイトが設立された敬意と一致して尊重されるべきです。


USS カトロン (APA-71)

USS カトロン (APA-71) でした ギリアム1944年から1946年までアメリカ海軍で活躍したクラスの攻撃輸送艦。1948年に標的として沈没した。

カトロン ニューメキシコ州カトロン郡にちなんで名付けられ、1944年11月27日に買収され1944年11月28日に就役したウィルミントンのAOウィリアムズ夫人が後援するカリフォルニア州ウィルミントンのConsolidated SteelCorporationによる海事委員会契約に基づいて1944年8月28日に発足しました。司令官D.MacInnes中尉が指揮を執っています。

カトロン 1945年1月18日、カリフォルニア州サンペドロから目立ち、ソロモン諸島とフロリダ諸島での訓練に向かった。彼女は2月5日にパービス湾に到着し、3月21日にカロリン諸島のウリシ島で沖縄戦の負荷と戦うことを報告した。彼女は第6海兵隊の兵士とその貨物を運び、4月1日の最初の襲撃のために沖縄沖に到着した。太平洋戦争の最後の大規模なキャンペーンの最初の週を通して、 カトロン 翌週は沖合に留まり、海兵隊が島を横切るのを支援するために貨物を上陸させた。

1945年4月7日に沖縄を離れ、 カトロン 6月13日にグアムに配達した貨物を積み込むためにサンフランシスコに航海しました。ここで彼女は、7月5日にサンフランシスコに到着した297人の日本人捕虜に乗り出しました。簡単なオーバーホールの後、彼女は沖縄への貨物を運んでおり、8月12日から24日まで電話をかけました。

彼女の次の通過はフィリピンへであり、そこで彼女は日本への輸送のために占領軍に乗り出し、9月25日に到着した。ここ カトロン 彼女がサンフランシスコに持ち帰った562人の元捕虜に乗り込み、10月19日に到着した。

カトロン 1945年10月29日から1946年2月12日までの間にサンフランシスコからフィリピンに軍隊を運ぶためにさらに2回航海し、ビキニでの核実験「クロスロード作戦」の準備のためにパールハーバーで剥奪されたと報告した。テストを生き延びたが放射能に汚染された彼女は、1946年8月29日に廃止され、 アトランタ (CL-104)1948年5月6日にクェゼリン沖。


コンテンツ

標準型戦艦シリーズの一部である ペンシルベニア-クラスの船は、前任者よりも大幅に大きかった。 ネバダ クラス。 ペンシルベニア 全長は608フィート(185 m)、ビームは97フィート(30 m)(喫水線)、喫水は29フィート3インチ(8.92 m)でした。これは古い船より25フィート(7.6 m)長かった。彼女は、標準で29,158ロングトン(29,626トン)、深負荷で31,917ロングトン(32,429トン)を移動させました。これは、古い船よりも4,000ロングトン(4,060トン)以上多くなっています。船のメタセンター高さは、深い負荷で7.82フィート(2.38 m)でした。 [1]

船には4つのダイレクトドライブカーティス蒸気タービンセットがあり、それぞれが直径12フィート1.5インチ(3.7 m)のプロペラを駆動していました。 [2]それらは12台のバブコック&ウィルコックス水管ボイラーを動力源としていました。 [1]タービンは、21ノット(39 km / h 24 mph)の設計速度で、合計34,000シャフト馬力(25,000 kW)を生成するように設計されました。 [3]彼女は通常、1,548ロングトン(1,573トン)の燃料油を運ぶように設計されていましたが、最大容量は2,305ロングトン(2,342トン)でした。フルキャパシティーでは、船は12ノット(22 km / h 14 mph)の速度で、底がきれいな状態で推定7,552海里(13,990 km 8,690 mi)で蒸気を発することができます。彼女は4台の300キロワット(402馬力)のターボ発電機を持っていました。 [1]

ペンシルベニア トリプルガンタレットに12門の45口径14インチ(356 mm)砲を搭載しました。 [1]砲塔には、前から後ろに向かってIからIVまで番号が付けられていました。銃は独立して上昇することができず、最大高度+ 15°に制限されていたため、最大射程は21,000ヤード(19,000 m)でした。 [4]船は、各銃に100発の砲弾を搭載していました。魚雷艇に対する防御は、船体の側面にある個々の砲廓に取り付けられた22基の51口径5インチ(127 mm)砲によって提供されました。彼らは波飛沫に対して脆弱であることが証明され、荒海では働くことができなかったので、彼らは位置づけられました。 [5] 15°の高度で、それらは14,050ヤード(12,850m)の最大範囲を持っていました。 [6]各銃には230発の弾薬が装備されていました。 [1]船は対空防御のために、4門の50口径3インチ砲を搭載していましたが、完成時には2門しか搭載されていませんでした。もう一方のペアは、直後に砲塔IIIの上に追加されました。 [7] ペンシルベニア また、21インチ(533 mm)の魚雷発射管を2本(各ブロードサイドに1つずつ)沈め、24本の魚雷を搭載しました。 [1] [8]

NS ペンシルベニア-クラスの設計は、船の最も重要な領域のみを装甲するという全か無かの法則を継続しました。 ネバダ クラス。クルップ装甲の喫水線装甲帯の厚さは13.5インチ(343 mm)で、船の機械スペースと雑誌のみを覆っていました。全高は17フィート6インチ(5.3 m)で、そのうち8フィート9.75インチ(2.7 m)は喫水線より2フィート4インチ(0.7 m)下から始まり、ベルトは最小の厚さまで先細になっています。 8インチ(203mm)。 [1]船の両端の横隔壁は、厚さが13〜8インチの範囲でした。砲塔の面は18インチ(457 mm)の厚さで、側面は9〜10インチ(229〜254 mm)の厚さで、砲塔の屋根は5インチ(127 mm)の装甲で保護されていました。バーベットの鎧は18から4.5インチ(457から114mm)の厚さでした。司令塔は16インチ(406 mm)の装甲で保護されており、屋根の厚さは8インチでした。 [9]

メインの装甲甲板は3枚のプレートの厚さで、ステアリングギアの合計の厚さは3インチ(76 mm)で、2枚のプレートで装甲は6.25インチ(159 mm)に増加しました。その下には、厚さが1.5〜2インチ(38〜51 mm)の範囲の破片デッキがありました。 [10]ボイラーの取り込みは、厚さが9〜15インチ(230〜380 mm)の範囲の円錐形の防盾によって保護されていました。 [9] 3インチの魚雷隔壁が船の側面から9フィート6インチ(2.9 m)内側に配置され、船には完全な二重底が設けられていました。 1914年半ばのテストでは、このシステムが300ポンド(140 kg)のTNTに耐えることができることが明らかになりました。 [10]

建設と第一次世界大戦編集

のキール ペンシルベニア 1913年10月27日、バージニア州ニューポートニューズのニューポートニューズ造船所およびドライドック会社で起工されました。彼女の完成した船体は1915年3月16日に打ち上げられ、その後艤装を開始しました。船での作業は1916年半ばに終了し、彼女は6月12日にヘンリーB.ウィルソン大尉の指揮下で就役しました。船は大西洋艦隊に配属され、7月1日から20日まで最終的な艤装を完了しました。 ペンシルベニア その後、7月20日に海上公試を開始し、最初にバージニア岬沖の南部の掘削場に蒸気を送り、次にニューイングランドの海岸に向かって北に蒸気を送りました。オースティン・M・ナイト少将と海軍大学校の将校が8月21日に乗船し、艦隊の訓練演習を観察しました。 3日後、当時海軍長官補佐だったフランクリン・デラノ・ルーズベルトが船を訪れました。 [11]

ヘンリー・T・メイヨー少将が移籍 ペンシルベニア 10月12日、彼女は大西洋艦隊の旗艦になりました。年末に、彼女はメンテナンスのためにニューヨーク海軍工廠の乾ドックに入った。 1917年1月に造船所から出港した後、彼女は南に向かって蒸気を発し、カリブ海での艦隊演習に参加しました。その間、彼女はドミニカ共和国のクレブラ、プエルトリコのサントドミンゴ、ハイチのポルトープランスに立ち寄りました。ポルトープランスにいる間、 ペンシルベニア 再びルーズベルトを迎え、ハイチの大統領と船上で会った。戦艦は4月6日にバージニア州ヨークタウンに戻ってきました。同日、米国はドイツに宣戦布告し、国を第一次世界大戦に持ち込みました。 ペンシルベニア イギリス軍が大艦隊を強化するために石炭を燃やす戦艦を要求したため、彼女は石油燃焼であり、戦艦第9師団の艦船には加わっていませんでした。その結果、彼女はアメリカ海域にとどまり、戦争中は何の行動も見られませんでした。 [11]

8月に、 ペンシルベニア ウッドロウウィルソン大統領の海軍レビューに参加しました。 9月には、竹下勇副提督やロシアのアレクサンドル・コルチャク副提督など、外国の海軍士官がこの船を訪れた。今年の残りと1918年にかけて、 ペンシルベニア チェサピーク湾とロングアイランド湾での艦隊演習と砲術訓練を通じて準備が整った状態に保たれました。彼女は1918年11月11日、ドイツとの休戦が発効し、戦闘が終了した夜の戦闘訓練の準備をしていました。その後、彼女は11月21日に完了したメンテナンスのために、ニューヨーク海軍工廠で別の任務に戻りました。彼女は12月2日、輸送船と一緒にニューヨークのトンプキンズビルを経由してフランスのブレストへの航海を開始しました。 ジョージ・ワシントン ウィルソンをフランスに運び、10隻の駆逐艦に護衛された和平交渉に参加した。船は12月13日と翌日に到着しました。 ペンシルベニア 戦艦第9師団と第6師団でニューヨークへの旅を始めました。戦艦は12月26日に目的地に到着し、勝利のお祝いに参加しました。 [11]

戦間期編集

1919〜1924年編集

ペンシルベニア 残りの大西洋艦隊は2月19日に出発し、キューバ海域での別の演習のためにカリブ海に向かった。船は4月14日にニューヨークに戻り、6月30日にニューヨークに到着したが、マヨネーズはヘンリーウィルソン副提督に交代した。 7月8日、トムキンスビルで、トーマスR.マーシャルジョセファスダニエルズ副大統領、カーターグラス海軍長官、ウィリアムB.ウィルソン財務長官、ニュートンD.ベイカー労働長官、内務長官でチャンプクラーク上院議員であるウォーフランクリンK.レーンが、ニューヨークに戻るクルーズのために船に乗り込んだ。艦隊は1920年1月7日から4月にかけてカリブ海で別の一連の作戦を実施しました。 ペンシルベニア 4月26日にニューヨークの彼女の寝台に戻る。その後、この地域での訓練が行われ、7月17日に船体番号BB-38を受け取りました。 [11]

1921年1月17日、 ペンシルベニア ニューヨークを離れ、パナマ運河を通過してパナマのバルボアに向かい、そこで太平洋艦隊に加わりました。太平洋艦隊は、大西洋艦隊の要素とともに、戦艦隊として再指定されました。 ペンシルベニア その旗艦として。 1月21日、艦隊はバルボアを離れ、南に向かってペルーのカヤオに向かい、10日後に到着しました。その後、船は2月2日に北に向かってバルボアに戻り、2月14日に到着しました。 ペンシルベニア 運河を渡ってキューバ沖の作戦に参加し、4月28日にバージニア州ハンプトンロードに到着しました。そこではウォーレンG.ハーディング大統領、エドウィンデンビー、海軍長官、セオドアルーズベルトジュニア、海軍と海軍作戦部長(CNO)のロバート・クーンツ提督が船に乗り込んだ。 7月12日から21日までカリブ海でさらなる訓練が行われ、その後彼女はニューヨークに戻った。 7月30日、彼女はマサチューセッツ州プリマスに向かい、8月2日まで訪問しました。ニューヨークの別の乾ドック期間は8月5日から20日まで続いた。 [11]

ペンシルベニア その後ニューヨークを出発し、太平洋に向けて8月30日にパナマ運河を通過し、バルボアに2週間滞在した。 9月15日、彼女は航海を再開し、カリフォルニア州サンペドロに向かって北上し、9月26日に到着しました。船は1922年のほとんどをサンフランシスコ、シアトル、ポートエンジェルス、サンディエゴを含む米国西海岸沿いの港を訪れ、3月6日から4月19日までピュージェット湾海軍造船所で修理を行いました。彼女は1922年の訓練年で戦闘効率賞を受賞しました。彼女は12月18日にピュージェット湾に戻り、1923年までそこに留まりました。1月28日に造船所を出て、南に向かってサンディエゴに向かい、2月2日から8日まで滞在した後、パナマ運河に向かいました。通過した後、彼女は短い訪問のためにクレブラに蒸気を送りました。その後、船は運河を通過し、4月13日にサンペドロに戻ってきました。彼女は5月から、11月27日から12月7日までの一連の艦隊訓練を除いて、1923年の残りの期間にこの地域のさまざまな港を訪れました。彼女は1924年12月22日から3月1日までピュージェット湾で別のスティントで年を終えた。[11]

1924〜1931年編集

船は3月3日にサンフランシスコに到着し、3月9日にサンディエゴの戦闘艦隊に加わる前に弾薬を積み込みました。艦隊は南に向かってフォンセカ湾まで航海し、その後南に進み、パナマ運河を通過してリモン湾に向かった。船は、4月上旬に太平洋に戻る前に、米領バージン諸島やプエルトリコを含むカリブ海のいくつかの港を訪れました。 ペンシルベニア 4月22日にサンペドロに戻り、6月25日まで北に向かってシアトルに向かった。この時までに、彼女はバトルフリートのバトルディビジョン3の旗艦を務めていました。シアトル地域にいる間、彼女は9月1日まで続いた彼女の部門の船との訓練演習に参加しました。 9月12日から22日まで、サンフランシスコ沖でさらなるトレーニング演習が行われました。その後、9月26日から29日まで、サンフランシスコ周辺の沿岸防御との合同訓練に参加しました。 The ship underwent a pair of overhauls from 1 to 13 October and 13 December to 5 January 1925. ペンシルベニア then steamed to Puget Sound on 21 January for a third overhaul that lasted from 25 January to 24 March. [11]

ペンシルベニア returned to San Pedro on 27 March and then joined the fleet in San Francisco on 5 April. The ships then steamed to Hawaii for training exercises before departing on 1 July for a major cruise across the Pacific to Australia. They reached Melbourne on 22 July, and on 6 August ペンシルベニア steamed to Wellington, New Zealand, where she stayed from 11 to 22 August. On the voyage back to the United States, they stopped in Pago Pago in American Samoa and Hawaii, before reaching San Pedro on 26 September. ペンシルベニア went to San Diego for target practice from 5 to 8 October, thereafter returning to San Pedro, where she remained largely idle for the rest of 1925. She left San Pedro with the Battle Fleet on 1 February 1926 for another visit to Balboa, during which the ships conducted tactical training from 15 to 27 February. ペンシルベニア spent early March in California before departing for Puget Sound on 15 March for another refit that lasted until 14 May, at which point she returned to San Pedro. Another tour of west coast ports began on 16 June and ended on 1 September back in San Pedro. [11]

ペンシルベニア remained at San Pedro from 11 December to 11 January 1927 when she left for another refit at Puget Sound that lasted until 12 March. She returned to San Francisco on 15 March and then moved to San Pedro the next day. She left to join training exercises off Cuba on 17 March she passed through the canal between 29 and 31 March and arrived in Guantanamo Bay on 4 April. On 18 April, she left Cuba to visit Gonaïves, Haiti before steaming to New York, arriving there on 29 April. After touring the east coast in May, she departed for the canal, which she crossed on 12 June. She remained in Balboa until 12 June, at which point she left for San Pedro, arriving on 28 June. The ship spent the rest of 1927 with training, maintenance, and a tour of the west coast. She went to Puget Sound for a refit on 1 April 1928 that lasted until 16 May, after which she went to San Francisco. She left that same day, however, and steamed back north to visit Victoria, British Columbia. She remained there from 24 to 28 May and then returned to San Francisco. She spent June visiting various ports, and in August she embarked Dwight F. Davis, the Secretary of War, in San Francisco she carried him to Hawaii, departing on 7 August and arriving on the 13th. ペンシルベニア returned to Seattle on 26 August. [11]

Another cruise to Cuba took place in January 1929, after which she went to the Philadelphia Navy Yard on 1 June for a major refit and modernization. She received a number of modifications, including increased deck and turret roof armor, anti-torpedo bulges, new turbo-generators, new turbines, and six new three-drum boilers. Her main battery turrets were modified to allow them to elevate to 30 degrees, significantly increasing the range of her guns, and her secondary battery was revised. The number of 5-inch guns was reduced to twelve, and her 3-inch anti-aircraft guns were replaced with eight 5-inch /25 guns. Her torpedo tubes were removed, as were her lattice masts, which were replaced with sturdier tripod masts. Her bridge was also enlarged to increase the space available for an admiral's staff, since she was used as a flagship. Her living space was increased to 2,037 crew and marines, and she was fitted with two catapults for seaplanes. [3] [11]

ペンシルベニア returned to service on 1 March 1931 and she conducted trials in Delaware Bay in March and April. She then steamed south to Cuba on 8 May for a training cruise before returning to Philadelphia on 26 May. Another cruise to Cuba followed on 30 July the ship arrived there on 5 August and this time she steamed across the Caribbean to the Panama Canal, which she transited on 12 August to return to the Battle Fleet. She reached San Pedro on 27 August, where she remained for the rest of the year. She toured the west coast in January 1932 and before crossing over to Pearl Harbor, where she arrived on 3 February. There, she took part in extensive fleet maneuvers as part of Fleet Problem XIII. She returned to San Pedro on 20 March, remaining there until 18 April, when she began another cruise along the coast of California. She returned to San Pedro on 14 November and remained there until the end of the year. [11]

1932–1941 Edit

The ship departed San Pedro on 9 February to participate in Fleet Problem XIV, which lasted from 10 to 17 February. She returned to San Francisco on 17 February and then went to San Pedro on 27 February, remaining there until 19 June. Another west coast cruise followed from 19 June to 14 November, and after returning to San Pedro, ペンシルベニア stayed there inactive until early March 1934. From 4 to 8 March, she made a short visit to Hunters Point Naval Shipyard in San Francisco and then returned to San Pedro. From there, she went to join the fleet for Fleet Problem XV, which was held in the Caribbean this year she passed through the canal on 24 April, the maneuvers having already started on the 19th. They lasted until 12 May, at which point ペンシルベニア went to Gonaïves with the rest of the fleet, which then continued on to New York, where it arrived on 31 March.三、 ペンシルベニア led the fleet in a naval review for now-President Franklin D. Roosevelt. On 15 June, Admiral Joseph M. Reeves took command of the fleet aboard ペンシルベニア, which was once again the fleet flagship. [11]

On 18 June, ペンシルベニア left New York for the Pacific, stopping in Hampton Roads on 20 June on the way. She passed through the canal on 28 June and reached San Pedro on 7 July. She then went to Puget Sound for a refit that lasted from 14 July to 2 October. The ship left the shipyard on 16 October and returned to San Francisco two days later, beginning a period of cruises off the coast of California and visits to cities in the state. She ended the year in San Pedro, remaining there or in San Francisco until 29 April 1935, when she took part in Fleet Problem XVI in the Hawaiian islands. The maneuvers lasted until 10 June, and were the largest set of exercises conducted by the US Navy at the time. The ship then returned to San Pedro on 17 June and embarked on a cruise of the west coast for several months on 16 December, she went to Puget Sound for another overhaul that lasted from 20 December to 21 March 1936. Fleet Problem XVII followed from 27 April to 7 June, this time being held off Balboa. She returned to San Pedro on 6 June and spent the rest of the year with training exercises off the west coast and Hawaii, ending the training program for the year in San Pedro on 18 November. [11]

The ship remained in port until 17 February, when she departed for San Clemente, California at the start of a tour along the west coast. She participated in Fleet Problem XVIII, which lasted from 16 April to 28 May. Another stint in Puget Sound began on 6 June and concluded on 3 September, when she returned to San Pedro. She spent the rest of the year alternating between there and San Francisco, seeing little activity. She made a short trip to San Francisco in February 1938 and took part in Fleet Problem XIX from 9 March to 30 April. Another period in San Pedro followed until 20 June, after which she embarked on a two-month cruise along the west coast that concluded with another stay at Puget Sound on 28 September. After concluding her repairs on 16 December, she returned to San Pedro by way of San Francisco, arriving on 22 December. Fleet Problem XX occurred earlier the year than it had in previous iterations, taking place from 20 to 27 February 1939 in Cuban waters. During the exercises, Franklin Roosevelt and Admiral William D. Leahy, the CNO, came aboard ペンシルベニア to observe the maneuvers. [11]

The ship then went to Culebra on 27 February, departing on 4 March to visit Port-au-Prince, Haiti from 6 to 11 March. A stay in Guantanamo Bay followed from 12 to 31 March, after which she went to visit the US Naval Academy in Annapolis on 5 April. ペンシルベニア began the voyage back to the Pacific on 18 April and passed through the canal at the end of the month, ultimately arriving back in San Pedro on 12 May. Another tour of the west coast followed, which included stops in San Francisco, Tacoma, and Seattle, and ended in San Pedro on 20 October. She went to Hawaii to participate in Fleet Problem XXI on 2 April 1940. The exercises lasted until 17 May, after which the ship remained in Hawaii until 1 September, when she left for San Pedro. The battleship then went to Puget Sound on 12 September that lasted until 27 December [11] during the overhaul, she received another four 5-inch /25 guns. [3] She returned to San Pedro on 31 December. Fleet Problem XXII was scheduled for January 1941, but the widening of World War II by this time led the naval command to cancel the exercises. On 7 January, ペンシルベニア steamed to Hawaii as part of what was again the Pacific Fleet, based at Pearl Harbor. Over the course of the year, she operated out of Pearl Harbor and made a short voyage to the west coast of the United States from 12 September to 11 October. [11]

第二次世界大戦編集

Attack on Pearl Harbor Edit

On the morning of 7 December, ペンシルベニア was in Dry Dock No. 1 in Pearl Harbor undergoing a refit three of her four screws were removed. The destroyers CassinDownes were also in the dock with her. When it became clear that the port was under air attack from the Japanese fleet, ペンシルベニア ' s crew rushed to their battle stations, and between 08:02 and 08:05, her anti-aircraft gunners began engaging the hostile aircraft. Japanese torpedo bombers unsuccessfully attempted to torpedo the side of the drydock to flood it having failed, several aircraft then strafed ペンシルベニア。 At 08:30, several high-altitude bombers began a series of attacks on the ship over the course of the following fifteen minutes, five aircraft attempted to hit her from different directions. One of the Japanese bombers hit Downes and one scored a hit on ペンシルベニア that passed through the boat deck and exploded in casemate No. 9. ペンシルベニア ' s anti-aircraft gunners fired at all of these aircraft but failed to hit any of them, apparently owing to incorrect fuse settings that caused the shells to explode before they reached the correct altitude. The gunners did manage to shoot down a low-flying aircraft that attempted to strafe the ship they claimed to have shot down another five aircraft, but the after-action investigation noted that only two aircraft were likely hit by ペンシルベニア ' s guns. [11]

By 09:20, both destroyers were on fire from bomb hits and the fire had spread to ペンシルベニア, so the drydock was flooded to help contain the fire. Ten minutes later, the destroyers began to explode as the fires spread to ammunition magazines, and at 09:41, Downes was shattered by an explosion that scattered parts of the ship around the area. One of her torpedo tubes, weighing 500 to 1,000 pounds (230 to 450 kg), was launched into the air, striking ペンシルベニア ' s forecastle. As part of her crew battled the fire in her bow, other men used the ship's boats to ferry anti-aircraft ammunition from stores in the West Loch of Pearl Harbor. Beginning at 14:00, the crew began preparatory work to repair the bomb damage a 5-inch /25 gun and a 5-inch /51 casemate gun were taken from the damaged battleship ウェストバージニア to replace weapons damaged aboard ペンシルベニア。 [11] In the course of the attack, ペンシルベニア had 15 men killed (including her executive officer), 14 missing, and 38 wounded. [12] On 12 December, ペンシルベニア was refloated and taken out of the drydock having been only lightly damaged in the attack, she was ready to go to sea. She departed Pearl Harbor on 20 December and arrived in San Francisco nine days later. She went into drydock at Hunter's Point on 1 January 1942 for repairs that were completed on 12 January. [11]

The ship left San Francisco on 20 February and began gunnery training before returning to San Francisco the next day. Further training followed in March, and from 14 April to 1 August, she took part in extensive maneuvers off the coast of California [11] during this period, she underwent an overhaul at the Mare Island Naval Shipyard in San Francisco. The work involved considerably strengthening the ship's anti-aircraft capabilities, with ten Bofors 40 mm quad mounts and fifty-one Oerlikon 20 mm single mounts. The tripod mainmast was removed, with the stump replaced by a deckhouse above which the aft main battery director cupola was housed. One of the new CXAM-1 radars was installed above the cupola. The older 5-inch /51 cal anti-ship guns in casemates and 5-inch /25 cal anti-aircraft guns were replaced with rapid fire 5-inch /38 cal guns in eight twin turret mounts. The new 5"/38 cal dual purpose guns could elevate to 85 degrees and fire at a rate of one round every four seconds. [3] The ship briefly went to sea during the Battle of Midway as part of Task Force 1, commanded by Vice Admiral William S. Pye, but the ships did not see action during the operation. [11]

Aleutians and Makin Atoll Edit

On 1 August, ペンシルベニア left San Francisco, bound for Pearl Harbor. She arrived there on 14 August and took part in further training, including guard tactics for aircraft carrier task forces. Another overhaul followed in San Francisco from 3 to 10 January 1943. After further training and tests at San Francisco and Long Beach that lasted into April, she departed to join the Aleutian Islands Campaign on 23 April. She bombarded Holtz Bay and Chichagof Harbor on 11–12 May to support the forces that went ashore on the island of Attu. While she was leaving the area on the 12th, the Japanese submarine I-31 launched a torpedo at the ship, which was observed by a patrolling PBY Catalina flying boat. The Catalina radioed ペンシルベニア, which took evasive maneuvers and escaped unharmed a pair of destroyers then spent the next ten hours hunting the submarine before severely damaging her and forcing her to surface. I-31 was later sunk by another destroyer the next day. [11]

ペンシルベニア returned to Holtz Bay on 14 May to conduct another bombardment in support of an infantry attack on the western side of the bay. She continued operations in the area until 19 May, when she steamed to Adak Island for another amphibious assault. While en route, one of her gasoline stowage compartments exploded, which caused structural damage, though no one was injured in the accident. She was forced to leave Adak on 21 May for repairs at Puget Sound that lasted from 31 May to 15 June during the overhaul, another accidental explosion killed one man and injured a second. She left port on 1 August, bound for Adak, which she reached on 7 August. There, she became the flagship of Admiral Francis W. Rockwell, commander of the task force that was to attack Kiska. The troops went ashore on 15 August but met no resistance, the Japanese having evacuated without US forces in the area having becoming aware of it. ペンシルベニア patrolled off Kiska for several days before returning to Adak on 23 August. [11]

Two days later, the battleship departed Adak for Pearl Harbor, arriving there on 1 September. She embarked a contingent of 790 passengers before steaming on 19 September, bound for San Francisco. She arrived there six days later and debarked her passengers before returning to Pearl Harbor on 6 October to take part in bombardment training from 20–23 October and 31 October – 4 November. Now the flagship of Rear Admiral Richmond K. Turner, the commander of the Fifth Amphibious Force, itself part of the Northern Attack Force, ペンシルベニア left Pearl Harbor on 10 November to lead the assault on Makin Atoll, part of the Gilbert Islands. She was joined by three other battleships, four cruisers, three escort carriers, and numerous transports and destroyers they arrived off Makin on 20 November, and ペンシルベニア opened fire on Butaritari Island that morning at a range of 14,200 yards (13,000 m), beginning the Battle of Makin. Early on the morning of 24 November, the ship was rocked by an explosion off her starboard bow lookouts reported that the escort carrier Liscome Bay had been torpedoed and had exploded. Japanese torpedo bombers conducted repeated nighttime attacks on 25 and 26 November, but they failed to score any hits on the American fleet. ペンシルベニア left the area on 30 November to return to Pearl Harbor. [11]

Marshalls and Marianas campaigns Edit

At the start of 1944, ペンシルベニア was at Pearl Harbor over the course of the first two weeks of January, she took part in maneuvers in preparation for landings on Kwajalein in the Marshall Islands. She departed Pearl Harbor on 22 January in company with the invasion fleet, and on 31 January she began her preparatory bombardment of the atoll to start the Battle of Kwajalein. Troops went ashore the next day, and ペンシルベニア remained offshore to provide artillery support to the marines as they fought to secure the island. By the evening of 3 February, the Japanese defenders had been defeated, allowing the ship to depart to Majuro Atoll to replenish her ammunition supply. She left shortly thereafter, on 12 February, to support the next major attack on Eniwetok in the Marshalls five days later she arrived off the island, the Battle of Eniwetok already underway, and over the course of 20 and 21 February, she shelled the island heavily to support the men fighting ashore. On 22 February, she supported the landing on Parry Island, part of the Eniwetok atoll. [11]

On 1 March, ペンシルベニア steamed back to Majuro before proceeding south to Havannah Harbor on Efate Island in the New Hebrides. She remained there until 24 April, when she left for a short visit to Sydney, Australia from 29 April to 11 May, when she returned to Efate. She thereafter steamed to Port Purvis on Florida Island, in the Solomons, to participate in amphibious assault exercises. After replenishing ammunition and supplies at Efate, she left on 2 June, bound for Roi, arriving there six days later. On 10 June, she joined a force of battleships, cruisers, escort carriers, and destroyers that had assembled for the Marianas campaign. While en route that night, one of the escorting destroyers reported a sonar contact and the ships of the fleet took evasive maneuvers in the darkness, ペンシルベニア accidentally collided with the troop transport タルボット. ペンシルベニア incurred only minor damage and was able to continue with the fleet, but タルボット had to return to Eniwetok for emergency repairs. [11]

ペンシルベニア began her bombardment of Saipan on 14 June to prepare the island for the assault that came the next day. She continued shelling the island while cruising off Tinian on 15 June as the assault craft went ashore. On 16 June, she attacked Japanese positions at Orote Point on Guam before returning to Saipan. She left the area on 25 June to replenish at Eniwetok, returning to join the preparatory bombardment of Guam on 12 July. The shelling continued for two days, and late on 14 July, she steamed to Saipan to again replenish her ammunition. Back on station three days later, she continued to blast the island through 20 July. This work also included suppressing guns that fired on demolition parties that went ashore to destroy landing obstacles. On the morning of 21 July, ペンシルベニア took up her bombardment position off Orote Point as the assault craft prepared to launch their attack. The ship operated off the island supporting the men fighting there for the next two weeks. [11]

Operations in the Philippines Edit

ペンシルベニア left Guam on 3 August to replenish at Eniwetok, arriving there on 19 August. From there, she steamed to Espiritu Santo in the New Hebrides before joining landing training off Guadalcanal. The ship left on 6 September as part of the Bombardment and Fire Support Group for the invasion of Peleliu. She bombarded the island from 12 to 14 September and supported the landings the next day. She shelled Anguar Island on 17 September and remained there for three days, departing on 20 September. She then steamed to Seeadler Harbor on Manus, one of the Admiralty Islands for repairs. On 28 September, she arrived there and entered a floating dry dock on 1 October for a week's repairs. ペンシルベニア left on 12 October in company with the battleships ミシシッピ, テネシー, California, メリーランド、 と ウェストバージニア, under the command of Rear Admiral Jesse B. Oldendorf. These ships, designated Task Group 77.2, formed the Fire Support Group for the upcoming operations in the Philippines. They arrived off Leyte on 18 October and took up bombardment positions over the next four days, they covered Underwater Demolition Teams, beach reconnaissance operations, and minesweepers clearing the way for the landing force. [11]

On 24 October, reports of Japanese naval forces approaching the area led Oldendorf's ships to prepare for action at the exit of the Surigao Strait. [11] Vice Admiral Shōji Nishimura's Southern Force steamed through the Surigao Strait to attack the invasion fleet in Leyte Gulf his force comprised Battleship Division 2—the battleships YamashiroFusō, the heavy cruiser Mogami, and four destroyers—and Vice Admiral Kiyohide Shima's Second Striking Force—the heavy cruisers NachiAshigara, the light cruiser Abukuma, and four more destroyers. [13] As Nishimura's flotilla passed through the strait on the night of 24 October, they came under attack from American PT boats, followed by destroyers, initiating the Battle of Surigao Strait. One of these destroyers torpedoed Fusō and disabled her, though Nishimura continued on toward his objective. [14]

In the early hours of 25 October, the Southern Force came into contact with Oldendorf's battleships, which had positioned themselves to cross Nishimura's T. At 03:53, ウェストバージニア opened fire, followed by some of the other battleships, [11] though ペンシルベニア had trouble locating a target in the darkness with her search radar. Her older Mark 3 radar was not as effective as the more modern sets on ウェストバージニア and some of the other battleships. [15] Task Group 77.2's battleships effectively annihilated Battleship Division 2 Shima's Second Striking Force had fallen behind and had not yet entered the fray. Yamashiro was set on fire and then exploded she turned to flee, covered by a salvo of torpedoes from the burning Mogami, but the American battleships were able to evade them without damage. Despite having disengaged from Oldendorf's battleships, Yamashiro was hit by more torpedoes and capsized and sank around 04:20. [16] Shima's ships passed the still-floating Fusō and realized that Nishimura had entered a trap, so he reversed course to flee in the confusion, his flagship Nachi collided with Mogami, damaging her and slowing her to be attacked by American light forces. She was later sunk, as were three of the four destroyers. Later on 25 October, ペンシルベニア ' s anti-aircraft gunners helped to shoot down four aircraft that attacked a nearby destroyer. [11] [17]

Late on 28 October, ペンシルベニア shot down a torpedo bomber. The ship remained on station off Leyte until 25 November, when she departed for Manus, from which she steamed to Kossol Roads off Palau on 15 December to refill her magazines. She conducted gunnery training on 22 December, and on 1 January 1945, ペンシルベニア re-joined Oldendorf's Fire Support Group on the way to Lingayen Gulf for the next major operation in the Philippines. Over the course of 4–5 January, Japanese aircraft repeatedly attacked the ships, including kamikazes that destroyed the escort carrier Ommaney Bay. ペンシルベニア began bombarding Japanese positions on Santiago Island at the entrance to Lingayen Gulf on 6 January before entering the gulf that night to suppress Japanese guns while minesweepers cleared the area. The next morning, the rest of Oldendorf's ships joined her in the gulf to begin the main preparatory bombardment, which continued through the 8th. On 9 January, the amphibious assault began as troops from the Sixth United States Army went ashore. [11]

Japanese aircraft struck the invasion fleet on 10 January, and four bombs landed close to ペンシルベニア, though she was undamaged. Later that day, a fire control party directed ペンシルベニア to shell a group of Japanese tanks that were massing to launch a counterattack on the beachhead. The ship patrolled outside the gulf from 10 to 17 January, when she returned to the gulf she saw no further action, however, and she departed on 10 February for maintenance at Manus. From there, she left on 22 February for San Francisco, stopping in the Marshalls and at Pearl Harbor on the way. After arriving on 13 March, she underwent a thorough overhaul, including the replacement of her worn-out main battery and secondary guns. She also received more modern radar and fire control equipment and additional close-range anti-aircraft guns. With the work done, she went on sea trials off San Francisco, followed by training at San Diego. She left San Francisco on 12 July and arrived in Pearl Harbor on the 18th, where she engaged in further training from 20 to 23 July. The next day, she departed to join the invasion fleet off Okinawa. [11]

While transiting the Pacific, she stopped to bombard Wake Island on 1 August. In the artillery duel with Japanese coastal guns, one of their shells detonated close enough that fragments disabled one of the ship's fire control directors for her 5-inch guns. One of her Curtiss SC Seahawks was damaged in heavy seas, and the destroyer オードノー recovered the pilot. ペンシルベニア loaded ammunition at Saipan before continuing on to Okinawa, arriving there on 12 August where she became flagship of Task Force 95. That night, while moored next to テネシー in Buckner Bay, a Japanese torpedo bomber managed to penetrate the Allied defensive screen undetected the aircraft launched its torpedo at ペンシルベニア and hit her aft, causing serious damage. The torpedo opened a hole approximately 30 ft (9.1 m) in diameter, causing the ship to take on a considerable amount of water and begin to settle by the stern. Damage control teams were able to contain the flooding. Twenty men were killed and another ten were injured in the attack, including Oldendorf, who was aboard at the time. ペンシルベニア was the last major US warship to be damaged in the war. The next day, salvage tugs towed her to shallow water where temporary repairs could be effected. On 15 August, the Japanese surrendered, ending the war. [11] [18]

戦後の編集

ペンシルベニア was taken under tow by a pair of tugboats on 18 August, bound for Apra Harbor, Guam, where they arrived on 6 September. The next day, she was taken into a floating drydock, where a large steel patch was welded over the torpedo hole, which would allow the ship to make the voyage back for permanent repairs.戦艦 ミズーリ 安心した ペンシルベニア as flagship on 15 September, and on 2 October, she was able to leave the drydock. Two days later, ペンシルベニア steamed out of Guam, bound for Puget Sound, where repairs would be effected. She was escorted by the light cruiser Atlanta と駆逐艦 ウォーク。 While still en route on 17 October, the ship's number 3 propeller shaft slipped aft. Divers were sent to cut the shaft loose ペンシルベニア now had just one operational screw, and the open propeller shaft was now allowing water to leak into the hull. She nevertheless completed the voyage to Puget Sound, arriving on 24 October. The ship received the Navy Unit Commendation for her wartime service there on 3 November. [11]

On 16 January 1946, ペンシルベニア was designated to be expended as a target ship for the Operation Crossroads atomic bomb tests at Bikini Atoll to be carried out later that year. Repairs were completed enough to allow her to sail to the Marshall Islands, and she left Puget Sound on 24 February. After stopping in Pearl Harbor, she arrived in Bikini Atoll on 31 May, where she was anchored along with another eighty-three warships. The first explosion, Test Able, took place on 1 July, and was an air burst. After tests determined that the ship had not been contaminated with radiation, the crew returned to the ship from 3 to 24 July. The second blast, Test Baker, was done the next day. This was an underwater detonation, and ペンシルベニア was moored just 1,100 yards (1,000 m) from ground zero. She was only lightly damaged from the blast, but the surge of water caused significant radioactive contamination work parties came aboard the ship from 17 to 21 August to prepare the ship to be towed, and on the 21st she was taken under tow by the transport ナイアガラ, which took her to Kwajalein, where she was decommissioned on 29 August. Various radiological and structural studies were completed over the next year and a half until she was scuttled off Kwajalein on 10 February 1948. She was officially stricken from the Naval Vessel Register on 19 February. [11]

The ship's bell is on display at The Pennsylvania State University near the main entrance of the Wagner Building, home of the university's ROTC programs. It has been on permanent loan to the university from the Department of the Navy since 1955. [19] Two of the ship's 14-inch guns that had been replaced during the 1945 overhaul are on outdoor display at the Pennsylvania Military Museum in Boalsburg, Pennsylvania. [20]


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos