新しい

なぜ幽霊は白いシーツを着ているのですか?

なぜ幽霊は白いシーツを着ているのですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ポルターガイスト

このタイプの幽霊は、私たちの物理的な世界に影響を与える最大の能力を持っているため、人々が最も恐れています。ポルターガイストは、壁を叩く音、ラップ、足音、さらには音楽など、原因不明の騒音で非難されています。彼らは私たちの所有物を取り、それらを隠しますが、後でそれらを返すだけです。彼らは蛇口をつけ、ドアを閉め、電気をつけたり消したり、トイレを洗い流したりします。彼らは部屋を横切って物を投げます。彼らは人々の服や髪を引っ張ることで知られています。悪意のある者は、生計をたたき、引っ掻くことさえします。ポルターガイストが本質的に悪魔的であると一部の研究者によって見なされるのは、これらの時々「意地悪な」症状のためです。


16幽霊または霊があなたに訪問を支払っている兆候

あなたはあなたが霊によって訪問されているかどうか疑問に思ったことはありますか?あなたの家には精霊がいるような気がしますか?愛する人が接続しようとしているかどうか興味がありますか?

スピリットまたはゴーストが近くにあるという一般的な兆候に着手する前に、遭遇する可能性のあるエネルギーの種類を理解することが重要です。これには、幽霊、精霊、天使、悪魔、妖精、残骸、エレメンタルが含まれます。

ゴーストは通常​​、クロスオーバーしていないスピリットとして識別されますが、スピリットは、クロスオーバーした人を&#8216light&#8217に分類するためによく使用されます。

ゴーストとスピリットに遭遇することにはいくつかの重要な違いがあります。

通常、スピリットはあなたを落ち着かせ、慰め、安心させます。それらはしばしば夢の中に現れるか、あるいはあなたはそれらを幽霊として見るかもしれません、いずれにせよ、スピリットを取り巻く感情はしばしば穏やかです。

一方、幽霊はしばしば不気味な気持ちをあなたに残し、時にはあなたを不快にすることがあります。それらは、幽霊、影、オーブ、またはエクトプラズムミストとして現れる可能性があります。それらはまた、物体または生きている人に取り付けられてもよい。

反対側からの訪問者がいる可能性がある16の一般的な兆候は次のとおりです。

原因不明のノイズ: 足音、ノック、叩く、引っ掻く、何かを落とす音などの音が聞こえます。通常、これらの音は微妙に始まり、大きくなることがあります。

ドア/食器棚を開く: 合理的な説明なしに自然に開くように見えるドア、食器棚、またはドロー。

ライトのオン/オフの切り替え: 合理的な説明が原因ではないライトのオンとオフの切り替え、または吹き過ぎのように見える新しい電球。

エレクトロニクスのオン/オフの切り替え: 合理的な説明なしに、テレビやラジオなどのアイテムのオンとオフの切り替え、チャンネルの変更、静的への移動、音量の増加。また、渡った愛する人からのお気に入りの曲を聞いています。

消えるアイテム: 日常のオブジェクトが突然通常の場所から失われ、数日後に再び表示されます。

愛する人のアイテム: 渡った愛する人からランダムに物を探す。

影: 目の隅に原因不明の影が見える。

見られている感覚: これは全体的な感覚かもしれませんし、家の1つのエリアだけに特有かもしれません。通常、この感覚は不気味ですが、必ずしも存在自体が不気味であることを意味するわけではありません。

ホットスポットとコールドスポット: あなたの家の特定の地域で温度の大きな変動を経験します。

触れられた感じ: 手や何かがブラシを通り過ぎたり、突いたり、押したり、少しずつ動かしたりするのを感じます。エネルギーが負の場合、原因不明の引っかき傷があることもあります。

原因不明のにおい: あなたの家の何にも関連していない香りや悪臭の匂い-これは通常、否定的な存在からです。

叫び/ささやき/声: 柔らかいおしゃべり、叫び声、ささやき声、さらには未知のソースからの音楽を聞く。通常、家の特定のエリアから来ます。

浮揚するオブジェクト:非常にまれですが、棚から滑り落ちる物体、壁から飛び散る物、家具の移動などが含まれます。これは多くの場合、ゴーストまたは負のエネルギーを示しています。

出現: 人間が形成した幻影または実体を見ると、これは霧、透明、または固体のいずれかである可能性があります。また、鮮やかな色のオーブが表示される場合があります。青いオーブは多くの場合スピリッツであり、白いオーブは多くの場合天使です。

足元の物: 足元にコイン、石、羽が見えるのは、愛する人やスピリットから送られることがよくあります。

動物の感受性: あなたの動物はあなたの家の特定の領域に反応するか、あなたが見ることができない何かに反応するようです。

通常、「夜のバンプ」のすべてが実際の精神や幽霊によって引き起こされるわけではないことを理解することが重要です。実際、ほとんどの場合、これらのタイプのノイズは残差に起因する可能性があります。

残留物は基本的にエネルギーの痕跡であり、連続的なループに巻き込まれているように見え、何度も何度も再生されています。残りの出没について詳しくは、こちらをご覧ください。

残留エネルギーは通常、セージやその他の汚れた儀式、お香、クリスタルで簡単に取り除くことができます。

Ghosts and Spiritsに関しては、直感的に、経験が私たちに感じさせる方法で、どちらが私たちを訪問しているのかを直感的に知ることができます。

通常、幽霊は特定のオブジェクトや家に取り付けられていますが、スピリッツは配信する必要のあるメッセージがあるときに出入りします。

あなたがあなたの家で超常的な活動を経験しているならば、あなたがあなたが扱っていると感じるどんなタイプのエネルギーを観察するために少し時間をとってください。

それがスピリットまたは愛する人である場合、彼らのメッセージにオープンであり続け、それが幽霊である場合、あなたがあなたの家に快適に住むことができることを確実にするためにしっかりした境界を設定してください。

あなたの周りにゴーストまたはスピリットエネルギーがあると確信しましたか?ここで何をすべきか&#8230


自力で動く物体

OK、幽霊の兆候の多くは、他のことがあなたの奇妙な経験を引き起こしている可能性があることを指摘する非信者によって簡単に説明することができます。しかし、誰かがあなたに本当に怖い冗談を言っていない限り、あなたの家の中の物は自分で動くことはありません。 「目に見えない力で本が空中に投げ出されるのを見たことがあります。 2,500ドルのカメラを手に持った大人の男性が、何かが首を絞めているためにカメラを地面に落とすのを見たことがあります」とゴーストハンターのグレッグニューカークは語った。 リーダーズダイジェスト。これがあなたに起こったら、それはできるだけ早くいくつかのゴーストバスターズを呼ぶ時です。


式に従う

レシピは同じです。カメラとさまざまな幽霊検出装置を備えた捜査官は、幽霊が出ると言われているホテル/家/廃墟の倉庫で夜を過ごします。太陽が昇る前に、彼らは来世の証拠を見たり、話したり、見つけたりしました。誰もが震えながら家に帰ります。

アミコは、ショーはせいぜい誤解を招くものであり、最悪の場合は偽物だと述べた。典型的な超常現象の調査には数週間から数か月にわたって数回の訪問が必要であり、そのようなことがあった場合、その時間の99%がその場所にあるすべての退屈なモニターを作動させるだろうと彼は述べた。

「お化け屋敷での夜」のシナリオは、視聴者の関心を維持するために必要ですが、調査が展開された方法である可能性はほとんどありません。

妻のマリーと一緒に超常現象の調査を専門とするいくつかのテレビやラジオの番組で取り上げられたジェイ・イェーツ氏は、ゴーストハンター自身が到着する数週間前にカメラが設置される場合があると述べた。

「幽霊がオンデマンドで現れることを望みますが、それはそのようには機能しません」と彼は言いました。 「これらのゴーストハンティングショーの多くは証拠主導ではなく、キャストやクルーの経験に基づいており、必ずしも具体的な証拠ではありません。」

Amicoは、ハンターが静的に満たされた電子音声現象(EVP)の録音を解釈する方法にも問題を抱えています。

視聴者はセットアップに精通しています。専門家は、EVPレコーダーを空の部屋に置くか(録音は後で分析されます)、チャットに興味のあるスピリッツに「インタビュー」するために使用します。超常現象の研究者によると、ゴーストには声帯がないため、EVPレコーダーで拾うことができる音を電気的に操作するためにそのエネルギーを使用します。

アミコ氏によると、ほとんどの場合、静的で賑やかな言葉の中で言葉を理解することはほとんど不可能であり、背景音にすぎない可能性があります。ゴーストハンターがそれらの音に言葉を入れて、墓の向こうからの声としてそれらを解釈すると、それは変わります。


なぜ幽霊は白いシーツを着ているのですか? - 歴史

人々が白い幽霊を見て、それが何であるか疑問に思う例がいくつかあります。いくつかの経験は、互いにかなり異なる可能性があります。

私たちの最初の仮定は彼らが守護天使であるかもしれないということですが、誰かが彼らの守護天使を見た場合、彼らは彼らが対話しているものであるとかなり確信しているので、これらはほとんどの場合少し異なります。

これらの霊の本質に関係なく、彼らの意図は良いようです。

人のように見え、色が薄く見えるとはどういう意味ですか?影ではなく、暗い物体ではありませんが、白い服や明るい色の服のように?

私の答え-白い幽霊とは何ですか?

多くの場合、私たちが目にする幽霊は、普通の人のように見えると思っているように見え、多くの場合、私たちが知っている人です。もちろん、私たちが知らない幽霊もいます。

優勢な色、あなたの場合は白い幽霊のためにもう少し目立つものもあります。

超常現象では、白は通常、善または慈悲深い精神に関連付けられています。あなたが見る白い幽霊はおそらく慈悲深い精神です。それは実際の幽霊か霊かもしれません。

あなたはその人が明るい色または白い色の服を着ているようだと言ったので、この白い幽霊はあなたをよく意味しているようです。

時々あなたは白が幻影自体から放射しているように見えることに気付くでしょう。私たちが白い幽霊と呼ぶものを見ているのではないかもしれませんが、天使が訪れた可能性があります。ほとんどの場合、あなたの守護天使です。

私には姉がいて、彼女と彼女のボーイフレンドは、寝室の戸口に男らしい姿だと信じている、背が高くて細い白い影の精霊を見たと言っています。

姉は一度か二度見たことがあり、彼氏は夜中に目が覚めてそれを見た。彼が焦点を合わせて見つめると、姿は彼から隠れているように横に動いた。

私は彼女に、彼らや私の甥、45歳の妹の息子を見守るためにそこにいるのではないかと思ったと言いました!しかし、私は本当に知りませんか?あなたはそれが何であると思いますか、そしてなぜそれはそこにあるのか何かです。これについて誰かのアドバイスをいただければ幸いです。
ありがとうテシー

私たちが見守られるには年を取りすぎているとは思いません!

白は一般的に善意を表しています。私は、この精神が家の人々、おそらくあなたの妹と彼女のボーイフレンドを見守る可能性が高いことに同意します。

なぜそこにあるのかを正確に知るのは難しい場合があります。サポートのためである場合もあれば、警告として受け取り、通常よりも少し注意する場合もあります。でも、精神そのものを恐れる必要はないと思います。
Ilse


なぜ幽霊は白いシーツを着ているのですか? - 歴史

魔法使いはそれらを身に着け、劣等生もそうします。古代ローマでは、解放された奴隷が解放のしるしとして彼らを身に着けていました。 15世紀には、フランスとブルゴーニュの貴婦人がステータスシンボルとして着用し、地中海東部の19世紀の女性は、真珠と宝石で精巧にそれらを覆いました。中国のタリム盆地からシルクロード北部に沿って発掘された「スベシの魔女」として知られる鉄器時代のミイラは、黒いフェルトからそれらを形作ったことがわかりました-彼らの特徴的な急な尖塔は、彼らの約60cm(2フィート)上のピークに向かって先細になっています頭。

その多様な民族的起源にもかかわらず、背の高い尖った帽子は、今日、その独特の形を人種的偏見の鋭い終わりとクー・クラックス・クランの威圧的な衣服と関連付ける西側の人々から嫌悪感を引き出す可能性があります。しかし、今週スペインのセビリアからメディアで流布している写真は、一見特異で他に類を見ない文化的シンボルでさえ、さまざまな意味を思い起こさせます。

La Borriquitaの同胞団は、異端審問までさかのぼる儀式で、先のとがったフード付きの帽子で身元を隠します(クレジット:ゲッティイメージズ)

聖週間(キリスト教暦の復活祭の日曜日に先立つ)を祝うパレード中に撮影された写真は、メンバー(または「ペニテント」)が先のとがったフード付きの帽子(または「カピロテ」)で身元を隠すラボリキータ兄弟の行列を記録しています。少なくとも異端審問までさかのぼる儀式。歴史的に、カピロテは屈辱の印として意図されており、教義上の違反のために教会の役人によって公に罰せられた人々によって着用されていました。やがて、キャップは彼らの鞭打苦行者(彼らの罪の罰として彼ら自身をむち打ちする)のための自発的な装いとしてカトリックの同胞団によって採用されました。

1812年から1819年の間に、スペインのロマン派の画家フランシスコ・ゴヤは、そのような行列のより残忍なリハーサルを鮮やかに記録しました。このような悲惨な虐待の表示は1777年以来スペインで禁止されていましたが、ゴヤの「旗揚げの行列」は、19世紀まで儀式の衝動がいかに衰えなかったかを示唆しています。

ゴヤの旗艦の行列は、セビリアの儀式のより残忍なバージョンを文書化しています(クレジット:ウィキメディア)

しかし、今週セビリアで撮影された写真に出会った多くの人にとって、ゴヤの描写は、最も共鳴的または即時の美術史的反響ではなかったかもしれません。彼らの宗教的文脈から外されて、カピロテを身に着けている悔恨者は、20世紀を通してそのテロキャンペーンで使用するために不安定に似た変装を採用した米国の白人至上主義組織、KKKのメンバーと簡単に間違えられたかもしれません。

シティリミットなど、1960年代のフィリップガストンの漫画風の作品には、フード付きのクランスマンのギャングが登場することがよくありました(クレジット:フィリップガストン/ wikiart)

ゴヤの残酷な帆布(画家が改革を必要とする社会の側面に注意を喚起することを望んでいた)を思い出すのではなく、今週の写真の観察者は、現代のアメリカーナからの象徴的なイメージの代わりに思い出されたかもしれません。 1960年代に行われた、フード付きのクランスマンのギャングをフィーチャーしたフィリップガストンの粗野で漫画的な後期作品のクラッチは、人気のある意識の中で、先のとがった帽子を茶番の方向に動かすのに役立ちました。ラボリキータ兄弟の悔恨の写真と並んで配置されたガストンの1969年の絵画、フード付きの臆病者の混雑したピエロの車でのシティリミットは、あらゆる文化的シンボルを詰め込むことができる無限のアイデンティティの印象的なメタファーを提供します。

このストーリーやBBCカルチャーで見た他の何かについてコメントしたい場合は、私たちのところに行ってください。 フェイスブック ページまたはメッセージ ツイッター.


黒人が言う、またはそれをする16のことは、職場の白人を苛立たせます(そして一般的に)

私たちは、白人が黒人の同僚に決して言ってはならないことのリストを公開しました。現在、広報の専門家であり、多様性と包括性の専門家であるリシャ・グラントは、Facebookフィードで白人に、黒人が言うことや、彼らを苛立たせる可能性のあることをリストするように依頼しました。

これは、白人が主に職場で、しかし一般的にも黒人について感じたと言った(軽度およびその他の)最大の不快感の16です(これらはRisha GrantのFacebookフィードから逐語的に投稿されています):

仕事で友達になりたいけど、黒人の女の子が他にいるので、腕を組んでいる白人の女の子だけでは近づきません。あなたは彼らがあなたが彼らの友達になりたいとは思わないと感じます。彼らは私たちがあまりにも異なっていると思います。

…黒人との会話がどういうわけか不平等の話題に変わることがあります…私は白人のまっすぐな男性として私が享受しているすべての特権を本当に知る方法がありません。時々あることを知っています。もっと知りたいのですが、ドアが閉まります。

…黒人が部屋に入るときはいつでも&#8212オフィスの新入社員が言う&#8212彼らは他の黒人の顔にビーラインを作ります。あなたの採用についての事前通知から、あなたと私には多くの共通点があることを知っているかもしれないので、残念なことかもしれませんが、私はあなたの友達になるためにもっと一生懸命努力しなければなりません。

ソーシャルメディアでは、私の活動家の黒人の友人の多くが、&​​#8220白人の人々が&#8230&#8221&#8220白人の人々が考える&#8230&#8221&#8220白人の人々が&#8230&#8221と言うことについて苦情を投稿します、&​​#8220すべての白人ではありません!&#8221

私の黒人の友人の間では、他のどのグループよりも一般的です。黒人が私の「白人の特権」を持ち出すのは好きではありません。なぜなら、彼らは私が思っているほどうまくいっていないからです。

「黒」で始まると、すばらしい組織に参加することに不快感を覚えます。黒人看護師協会のように。これらは私がネットワークを作りたいと思っている驚くべき同僚ですが、私は黒人ではありません。

…私の黒人の友人が会話をフォローアップしたりフォローアップしたりすることを期待していることに何度も気づきました。天気[原文のまま]ビジネスの誰かに連絡したり、いつもではない情報を私に返したりすることです。起こる。ですから、私にとっては、何かを前進させることについて会話が行われたときに、フォロースルーまたはフォローアップすると言います。

私が子供たちと一緒に働いていたとき、黒人の大人が泣いたり感情を持ったりするために子供に降りてくるのがより一般的であるように見えました(特に小さな男の子や若い男性が泣いて「男を上げて」と言ったとき)。

私の伝統的な教室では、何年にもわたって、遊び場で戦うのに適しているように見える黒人の子供が増えてきたと言えます。

&#8220犠牲者。&#8221黒人以外の種族を奴隷制の期間中に先祖がしたかもしれないし、しなかったかもしれないことに対して犬のように感じさせ、現在の黒人以外の種族のように振る舞うものは彼らに何かを負っている。

彼らが教育を受けていないかのように話す。アクセントではなく、正しく話すことを拒否します。

…アフリカ系アメリカ人は横断歩道を決して使わないようです。目の前であっても、光を横切らないように邪魔になりません。そこに何かありますか、それとも私は物事を想像していますか?

みんなが私よりずっと上手に踊れるのは本当にイライラします! (それを目撃した人は、Wobbleを教えてくれる勇敢な試みを決して忘れませんでした!)

…すべての白人がトランプを支持していると思い込まないでください。ないからです

白人は、過度に敏感な人が気分を害するのを防ぐために、注意を払って卵殻の上を歩く必要があります。これは、黒人が簡単に気分を害することの1つです。


&#8220ゴーストバイク&#8221の物語:セントルイスの自転車記念碑がどのように世界的な運動を引き起こしたか

おそらくゴーストバイクを見たことがあるでしょう。忙しいコーナーの道路標識に固定されたその骨格の白いフレームは、喧騒の都会の背景の狂気に溶け込んでいるのかもしれません。あるいは、その場しのぎの記念碑が、孤独な国道沿いの1つの街灯柱に鎖でつながれた幻想的な存在を発したのかもしれません。場所に関係なく、ゴーストバイクは無差別な道路を厳粛なリマインダーに変えます。ここでサイクリストが殺されました。

これらのバイクは、冷静な現実を表しています。 2000年から2013年にかけて、自転車での通勤率は国の一部の地域で100%以上増加しました。死傷者も増えています。 2013年には、約48,000人のサイクリストが負傷しました。自動車との衝突で740人以上が死亡した。そしてそれは警察に報告された事故です。自転車に乗ることは、大都市であろうと笛の停留所であろうと、注意しないと死を伴う継続的な浮気になる可能性があります。自転車と車両の両方が通りを共存できるようにすることに関しては、都市はオフフックではありません。ゴーストバイクは、都市の計画者だけでなく、サイクリストやドライバーに、単純な間違いが悲惨な結果をもたらす可能性があることを思い出させます。

見たことがない人のために:ゴーストバイクは、乗車中に殺されたか、深刻な打撃を受けた自転車選手の記念碑です。自転車は通常、事故現場またはその近くに設置されます。ゴーストバイクの作成は非常に簡単です。多くは古いジャンクバイクから復活し、ケーブルや破損など、盗まれる可能性のある部品がすべて取り除かれています。各記念碑は白く塗られ、事故現場の道路標識に固定されています。ゴーストバイクは、花、奉納キャンドル、または愛する人や仲間のサイクリストからの敬意を表したその他の記念品で飾られた、ある種の神社になることがよくあります。

最初のゴーストバイクは2003年頃にセントルイスに建設されました。ghostbikes.orgによると、2012年には、テキサス州アマリロのテキサスパンハンドルから東ヨーロッパのミンスク、ベラルーシ。

グリストはスポンサーに感謝します。 1つになります。

ゴーストバイクがどのように、そしてどれだけ広がっているかを説明するために、私たちは運動がバイラルになるのを助けた主要なプレーヤーの何人か、そして自転車事故や都市サイクリングの経験についての個人的な説明を持つ他のプレーヤーと話をしました。また、Gristリーダーからゴーストバイクの写真をクラウドソーシングしました。ストーリー(編集および要約)、および世界中の画像を以下に示します。

2003年、パトリック・ヴァン・デル・トゥインが20代半ばのとき、彼は車が自転車専用車線に流れ込み、後ろから女性サイクリストにぶつかったのを見ました。彼女の怪我は軽微だったが、事件は彼にとどまった。事故は彼の家から約1ブロックのところにあり、彼は毎日自分の自転車に乗った場所でした。それで彼はたくさんのジャンクバイクを手に入れ、それらを白く塗って、自転車の事故と死者の場所について警察の報告をまとめ始めました。元々は「BrokenBikes、Broken Lives」というタイトルでしたが、セントルイス全体でのサイクリング改革を求めるVan Der Tuinの呼びかけは、ゴーストバイクの動きを引き起こしました。現在36歳で、彼はセントルイスBWorksの事務局長を務めています。これは、自転車の安全性とメンテナンスについて学ぶことと引き換えに、子供たちに無料の自転車を提供する非営利団体です。

パトリック・ヴァン・デル・トゥイン

どんな色でもかまいませんが、白の方が強力でした。最初の[ゴーストバイク]は24時間も続かず、取り外されました。

それはより受け入れられるようになったので、この時点で2年、3年をプッシュするために立ち上がっているカップルがいます。家族がそれらを維持している、それは私が信じられないほどだと思います。それらは恒久的な記念碑になるように設計または意図されたことはありませんが、それがそれらの家族がそれらを変えたものです。

グリストはスポンサーに感謝します。 1つになります。

私にとって残念なことは、それがセントルイスで実際のツールになったことがないということでした。残念ながら、この1年半ほどで、セントルイスとその周辺でひどい発疹が出ました。 【ゴーストバイク】がまた持ち直しています。

このような草の根レベルで世界中で繰り返され、取り上げられるモデルになることを意図して、このようなことをする人はいないと思います。それはかなり素晴らしいと思います。私はミシガンにいて、キャンプをしているだけで、どこにも近くない、とても田舎の地域だと思っていました。私は時速50マイルのこの小さな2車線の道路を運転しています。妻は、「私たちはただ通り過ぎましたか…?」のようなものです。どこの真ん中に、ゴーストバイクがあります。私は会議のためにニューヨークに行き、地下鉄を降りました、そしてそこにゴーストバイクがあります。

私はゴーストバイク用にGoogleアラートを設定しています。文字通り毎朝、別の都市について読んだり、個人的な事故や恐ろしい事故について読んだりします。ゴーストバイクが出ない事故についても読んだことがありますが、家族が何かを手に入れてくれることを願っています。ドライバーを起訴したくないのは、記念碑なのか自治体への指なのかはわかりませんが、声をかけてくれるといいですね。

Broken Lives、Broken Bikesはセントルイスで始まりましたが、「ゴーストバイク」という用語は実際にはピッツバーグで造られました。エリック・ボーラーは、セントルイスからムーブメントを手に取り、ピッツバーグで立ち上がって、ニューヨーク市に勢いをつけ続けた小さなグループの一員でした。 Boererは、当時FreeRideと呼ばれるコミュニティバイク協同組合を運営していました。彼と彼の乗組員はドメインghostbikes.orgを登録し、交差点や街角に白いビートアップバイクを配置し始めました。死傷者はほとんどが友人の事故でした。Boererによると、 1982年から2007年の間に新しいレーンが設置されなかった時期。それ以来、ピッツバーグはアメリカで最も自転車に優しい都市の1つに選ばれ、市は新しい保護された自転車レーンのシステムを積極的に設置しています。ボーラーは、2000年代初頭にピッツバーグ周辺でゴーストバイクを組み立て始めたとき、自分の自転車で車にぶつかったばかりでした。

エリック・ボーラー

私の足はかなりひどく折れました。セントルイスで起こっていた「BrokenBikes、BrokenLives」というものを誰かが持ち出しました。

私たちはピクニックテーブルの周りでミーティングを行い、基本的にビールを飲み、このプロジェクトに関するアイデアをブレインストーミングしようとしました。誰かが「ゴーストバイク」について言及しました。これは、バイクがなくなって、バイクのゴーストであるという意味合いがあるためです。それの一部はまた、人々が私たちを通して見たような考えであり、彼らが私たちに本当に注意を払っていなかったように、ほとんど私たちを通りの幽霊として見ていました。私たちはある意味でほとんど見えませんでした。

私はまっすぐ進んでいて、男が私に左折しました。彼はミニバンにいて、横から私を殴った。彼のバンパーは私の足を半分に折った。下腿。私はボンネットに巻き上げ、彼のフロントガラスを私の体で壊し、そして滑り落ちた。私は約4、5ヶ月間ギプスをしていました。私は2つの手術を受けました。足をまっすぐに保つためにチタンの釘を入れました。 [再び自転車に乗る]のが待ちきれませんでした。私はサイクリングが大好きです。それは何よりも私を私の街につなぐものです。

殴られた人が毎日通り過ぎて見てくれることを期待して、殴られた場所に[ゴーストバイク]を置くことにかなり興奮したことを思い出しました。その一部は、市が市内のサイクリングの状態に気づき、何かをすることを期待していただけでした。私は、そのバイクを出し、ロックし、実行し、そしてただ見て、そのようになることを決意したことを思い出しました。 '

これは一種のクレイジーなインターネットでした。2003年のようだったので、「バイラルになる」という用語が登場する前に、何かがバイラルになるのを見るのは私たちの多くにとってワイルドな瞬間でした。

私は個人的にゴーストバイクを見ました。メキシコシティで見ました。チリのサンティアゴで見ました。それを世界中で直接見ることさえ、ちょっと驚くべきことです。私は、世界のほぼすべての大都市に、現時点で少なくとも1つはあると確信しています。

自転車に乗っていないかもしれないし、自転車を気にかけていないかもしれない家族にとって、彼らがどれほど重要であるかがわかりますが、彼らはサイクリングが家族にとって本当に重要であることを知っていました。今では彼らにとっても重要です。

AiméeArgoteは、2013年9月19日の夜、パートナーのTaylorとのコンサートから車で帰宅していました。彼らはノースカロライナ州チャペルヒルの近くにあり、ダーラム、チャペルヒル、ピッツボロを結ぶ中央分離帯で区切られた、よく移動する4車線の高速道路上にありました。制限速度は時速45マイルまたは50マイルをはるかに上回っていませんでした。天気は晴れていた。突然、彼らは道路の2つのしこりに出くわしました。ひき逃げの犠牲者だったのは、アレクサンドリア・ニコール・シモウとイヴィン・レヴァンダー・スカーロックでした。スカーロックは現場で亡くなり、シモウは後に病院で亡くなりました。しばらくの間、ツアーミュージシャンのアルゴートは夜に運転できませんでした。事故から2年間、彼女はほとんど自転車に乗っていませんでした。彼女がシモウとスカーロックのために建てるのを手伝ったゴーストバイクはその後取り下げられました、そして彼らの事故に関する事件はまだ解決されていません。

AiméeArgote

トラックの後ろからゴミ袋が飛び出したと思っただけです。しかし、それから私たちは道路の真ん中でこれらの2台の自転車を見ました。

彼はとても暖かく、私たちは息やものをチェックしていたので、彼が死んでいることを認識するのは困難でした。彼のすぐ隣には明らかに生きている誰かがいた。彼女は無意識で、大きな血のプールにいて、ただ血を喘鳴していました。私はちょうど彼女を抱き締めて、私たちと一緒にいるように彼女に頼んでいました。

彼らのバイクは非常にきつく砕かれていたので、まるで1台のバイクのように見えました。

最初の警官が現れて、懐中電灯を振り回しながら、びっくりし始めました。彼女がこれまで死体を見たことがなかったことはかなり明白でした。警官の一人、これはそれについて最も奇妙な部分の1つでした、「申し訳ありませんが、私はあなたの車を検査しなければなりません」と言いました。それは最も恐ろしいことでした。彼は彼らを襲ったのは私たちではないことを確認しなければなりませんでした。

彼らは自転車のライトを着ていて、安全ベストを着ていました。彼らのバイクは非常にきつく砕かれていたので、まるで1台のバイクのように見えました。

テイラーと私は両方とも、彼らを称えるための最良の方法は、恐れることなく、暖かさと愛をもって彼らを覚えることであることに気づきました。そして、より良いドライバーになり、より良いドライバーになることの意味を理解すること。バンの中で何度も、誰かが運転していて、彼らはテキストメッセージを送っています。私は以前にテキストメッセージを送って運転したことがあり、「二度と」のようでした。

私の友人のジェイソンは自転車屋を経営していて、彼は実際にゴーストバイクを提案した人でした。彼は古い自転車をたくさん持っているので、自転車の準備をしました。彼らは、3、4か月後に自転車を降ろしました。翌年、[ジェイソンズ]の自転車店で始まるライドを企画し、2台の新しいゴーストバイクを持ってその場所に降り、花やマルディグラのビーズなど、自転車を飾るためのカラフルなものを持参するよう人々に勧めました。それから彼らは再び自転車を降ろした。

サイクリングは、レーシングショーツを履いて、3,000ドルの自転車を購入したい人にとっては特権だと思います。それは市への重要なリマインダーだと思います:あなたはあなたの税金を何に使っていますか?家に帰ろうとしている、子供に近づこうとしている、仕事に行こうとしている人々を保護するためにそれを費やしていただけませんか?事故の前、私がゴーストバイクを追い越すとき、私は自分の車の中にもっと存在するようになるのに少し時間がかかりました。私はいつもそれを通り過ぎて、「ああ、誰かがそこで死んだ」と思いました。それは時々つかの間の考えでした、しかし私はいつもその考えを持っていました。事故に巻き込まれた今、私は彼らを追い越し、「神に感謝します。覚えているのは私だけではありません。」と思います。

スコット・クブリーは、悪名高い危険な自転車レーンでサイクリストが殺される前に、シアトルの運輸省の局長として約1か月間働いていました。 31歳の弁護士で母親のシェール・コングは、昨年8月にシアトルのダウンタウンの中心部にあるセカンドアベニューを走っていました。左折ボックストラックに見舞われた。彼女の死は、新しい保護された自転車レーンが完成することが期待される前に2週間以内に起こりました。シアトルは、今後5年間で、35マイル以上の保護された自転車専用車線を設置し、シアトル自転車マスタープランのすべての部分で、今後15年間で致命的で深刻な衝​​突を排除することを望んでいます。しかし、街全体の最大の課題の1つは、ドライバーとサイクリストの間の敵対的な態度です、とKublyは言います。事故現場でカンの名誉のためにゴーストバイクが建てられました。

スコット・クブリー

I think that for whatever reason there is an antagonism between bicyclists and non-bicyclists in this city that is probably stronger than in any other city that I’ve been in. It’s really actually shocking. It’s a real angry kind of dialogue. We’re coming out of what, locally, people call ‘the mode wars,’ where people of different modes [of transportation] were kind of fighting amongst each other and not really recognizing that we actually live in a multi-modal city where all the things need to work well together.

The riders I see here in Seattle are really different than riders I’ve seen in other cities. I think they ride more aggressively here than in other cities, I really do. If you go to D.C. or Chicago, where the bike-commuting culture and the bike-riding culture is a much calmer riding culture, you see a lot fewer people in spandex and a lot more people in regular street clothes.

People who don’t like bikers are going to say, ‘Look at how obnoxious that biker was,’ and people who ride bikes and get frustrated by cars are going to say, ‘Look at how obnoxious that driver was.’ It’s so funny because Seattleites are so nice in so many other ways. I truly can’t figure it out.

Whenever we have a traffic fatality, I’m aware of it, and we’re doing everything we can to minimize them. When I get a traffic crash report across my desk that shows that somebody died, personally, as a DOT [department of transportation] director, and I’m not saying every DOT director is this way, but I don’t need a ghost bike to let me know that doing work to improve safety is critical. I think where they probably serve a purpose is a reminder to the general public that somebody died unnecessarily.

Sadly, I would say [of the cyclist fatality on Second Avenue in Seattle] that it’s not the first time something like that has happened. And it’s not going to be the last.

When I was in Chicago, we had two crashes that were really similar in circumstance. There was a person who was riding their bike down Wells Street [and] they were traveling in the door zone. A car door swung open, so they swung out of the door zone to avoid getting doored. They happened to get caught up under a truck and they died. It was a matter of weeks before the street was [going to be] repaved and we were putting in a buffered bike lane, which would have had a buffer in the door zone, but not for a couple weeks. There was a kid named Bobby Cann, who worked for Groupon, I believe, and he was riding down Clybourn Avenue in Chicago. We had been as a city DOT going back and forth without getting permission to put a protected bike lane on Clybourn Avenue. This is three years ago, four years ago at this point, but it’s finally going in right now. This kid gets hit by a drunk driver and it severs his leg, and he dies right there on Clybourn Avenue. If the protected bike lane had been there, he would have been alive.

The urban biking movement is slowly reversing the last 50 or 60 years of automobile culture, says Doug Gordon — the blogger and biker activist behind Brooklyn Spoke. Ghost bikes, part of that movement, draw much needed attention to serious problems like road rage, poor street design, and lags in transportation infrastructure. But ghost bikes aren’t the only — or most effective — PSA to promote bike safety. In fact, Gordon says they could inflate how dangerous biking really is.

Doug Gordon

I recognize how important and how impactful a ghost bike can be. I think if a person dies, it’s understandable to want something tangible, something concrete at the site where they were killed.

They also can do a really great job in drawing attention to a pretty serious problem, which is the deficiency of design on our streets, road rage, poor driving choices, whatever it is. I think they can be really good at grabbing the attention of an elected official. No one would want the distinction of having the most ghost bikes in their district.

My fear of ghost bikes, sometimes, is that they can make bicycling seem more dangerous than it is. The statistics probably don’t spell out that fear as being completely reasonable, but when you put [a ghost bike] there in front of people, it does run the potential of scaring people off from biking and choosing biking. They’re not necessarily the best tools for talking to people who don’t already consider themselves cyclists or who don’t already ride a bike on a regular basis.

I don’t think there’s any kind of prescriptive like, ‘Here’s what you can do to promote biking, or to convince people that it’s safe.’ There’s no sort of prescriptive measure you can take to do that.

For some people, getting involved with a ghost-bike project is their entry into more general bike activism, and in that regard then the ghost-bike project really is serving a fantastic purpose, it’s energizing them and getting them more involved. I don’t know a single person who is involved with a ghost-bike project who sees spray painting a bike white, putting it up with some flowers, and holding a ceremony as the start and end of their bike advocacy.

It used to be that the ‘bike people’ were seen as fringe. Maybe you had a buddy who went to Amsterdam and told you how great it was, or someone moved here from Long Beach or Davis, Calif., which have been really good bike communities for a long time, and told you, ‘Oh, there’s a better way.’ I think with the rise of social media, Facebook, Twitter, we’re able to share best practices from around the world and say, ‘See? This is how it works over there. Why can’t it work here?’

I have a very low threshold for risk. I have two kids and I ride with them, too. With biking, I know the statistics and I know I’m pretty safe overall. I also know generally which streets on my commute to work, for example, are best to avoid. I’m not saying I never run red lights, but I’m certainly not going to do it at a huge intersection where there are tons of cars and lots of people crossing. I also ride a big clunky Dutch bike, probably heavier than a city bike, so I’m not racing through the streets on my fixie or a racing bike. I’m always traveling at a predictable speed. Sometimes, I probably feel more exposed in New York City when I’m crossing in the crosswalk. I’m more afraid that a driver is going to speed around the corner and hit me as a pedestrian than I am riding my bike.

According to Jeff Mapes, bicycling is an indicator when it comes to judging the health of a city. Mapes, a senior political reporter for The Oregonian, is also the author of Pedaling Revolution, in which he chronicles how biking is creating a “new society on the streets.” He lives in Portland, one of the most bike-friendly cities in the country. Approximately 6 percent of the city’s commuters bike to work — about 17,000 people — which is the highest percentage of bike commuters in any large city across the country. A longtime bike commuter, Mapes says there are tons of bike safety campaigns throughout the U.S., but perhaps nothing as impactful as a ghost bike.

Jeff Mapes

I think [biking] has contributed to cities becoming lifestyle places. It’s a sort of chicken-and-egg kind of thing. I think the bike movement is both a cause of that, and also a result of that. One reason people want to move downtown is because it’s more doable and more interesting to bike, and that in turn puts pressure on cities to be more bike-friendly. You’re seeing a virtuous cycle in many ways.

I think bicycling is in someway an indicator species almost for the health of the city.

There is some added risk to cycling than most other modes of transportation, I think. It doesn’t necessarily have to be that way. In the Netherlands, they’ve really concentrated hard on bike safety and almost nobody wears a helmet there and they have very positive safety records. So clearly it goes way beyond encouraging helmet use.

I’m 60 now, and I have to say, there’s a lot of 20-somethings who go flying by me and I think, “Man, they feel like they’re immortal.” I do ride more cautiously.

Everybody has drivers training, very few people have cyclist training.

In my experience, when you’re in a bike lane next to vehicles that are going much slower than you, you’ve got to really watch it because you’re in danger of right hooks. I once saw a guy get his collarbone broken. He was flying down a bike lane and a car saw an opening in the traffic and stepped on it, and he just came flying through and smashed right into the cyclist.

Nobody really teaches you how to ride a bike in city traffic you just learn how to do it. One thing I learned researching the book that I was very interested in, is that there are smart ways to ride in city traffic, but nobody teaches it to you. At least when you’re in high school, you take driver’s ed to get a license. Everybody has driver’s training, very few people have cyclist training.

There are certainly lots of safety campaigns. The Netherlands, one thing they do every year, they do a big safety campaign getting [bikers] to use their lights when the fall starts because it starts getting dark earlier. That, they say, is a huge cause of many crashes: cyclists without lights. Certainly, here in the U.S., we have the “share the road” signs and bumper stickers and posters and things like that, but they probably don’t have the visceral impact that a ghost bike does, that’s for sure.

Through the years, I think there’s been some feeling about ghost bikes portraying cycling as a dangerous activity. One could argue [they] certainly send the message to a lot of people that cycling is very dangerous.

I do think it’s sending a message that cyclists’ lives matter, so I think that’s important. I think a lot of times, for people who don’t cycle, it’s easy to say ‘Well, that won’t happen to me.’ Ghost bikes do help send the message that, ‘Yes, this does matter.’

Biking, according to Adonia Lugo, is much more than just a weekend hobby, or a trendy, spandex-clad exercise fad. Lugo, an urban anthropologist currently teaching a course on urban infrastructure at Antioch University Los Angeles, studies how transportation — biking in particular — can be a transportation-justice issue. Throughout the course of her studies, Lugo has noticed that the connection between biking, race, and class isn’t as apparent to some of her fellow scholars and activists as it is to her. For them, she says, the real goal is about making sure everyone has access to greater mobility, like cars and better transportation networks. To Lugo, the issue is a bit more complicated than that.

Adonia Lugo

Within bicycle advocacy or the bike movement broadly, there is a longstanding tension between direct action and more institutional avenues for promoting bicycling. On the direct-action side, you have kind of a long history of street theater related to bicycling, like the group in New York, Time’s Up. Decades ago, they started doing street theater, trying to call attention to vulnerabilities on the street. A really good example is the ride Critical Mass, where people get together and use their bodies to actually disrupt space and say, ‘We deserve to have access to this road.’

I see ghost-bike memorials fitting into that sort of direct-action tradition in the bike movement, because they are there to serve as a reminder about the ongoing vulnerability of people who are using bicycles in that area.

A lot of people I know, myself included, who get involved in bicycle activism are motivated by a very personal experience of feeling marginalized in the streets. We’re coming at it from this very visceral, personal knowledge that we’re not necessarily safe in these car-dominated streets.

The idea of public memorials is more culturally accepted in some groups than in others. For example, I’m from a very Latino part of southern California, and it’s very common where I’m from and where I live now in L.A. to see cars that have memorials that say, ‘Rest in peace,’ and somebody’s name and their birth and death year. There are murals all over town that memorialize people, and then of course we’re all familiar with highway roadside memorials.

I see ghost bikes fitting into that genre except that what’s unusual about them is that those sorts of memorials are usually very personalized, they have to do with a family or a community that lost somebody, and ghost-bike memorials can be personalized. But they’re also trying to tap into this larger pursuit of bicyclists being more vulnerable.

I think the ghost-bike memorials probably play a greater role in giving people a common cause than they do in increasing the perception that cycling is unsafe.

Car culture creates all sorts of enmity between different car users

Something that’s not often talked about as one of the pillars of why we have suburban sprawl today was that desire to get away from social undesirables. The fact is that access to driving and being able to be inside a car is a huge status symbol.

Sometimes, I think that when people are saying [biking] is unsafe, what they mean is that it’s not very respectable. They’re also expressing a total lack of embodied knowledge. Car culture creates all sorts of enmity between different car users, so if you’re accustomed to just being in the car and seeing how recklessly some people drive, I think it makes sense that you would assume I’m safer in my car then I would be out there, unsheltered on my bicycle.

I’m mostly interested in accessing bicycle users who are very low-income or who are people of color people who are doubly marginalized are already more vulnerable out in public space, and then they also are riding a bicycle.

When you talk about these transportation choices, you’re getting into a really complicated world of how we express our social status.

What I’ve learned through studying and participating in bicycle advocacy is that there are a lot of people out there who are not that familiar with these issues, because they themselves have not known what it’s like to not have access to a car. If you do know what it’s like not to have access to a car, it can be very embarrassing and very shameful.


The History Behind Ghost of Tsushima

And though there aren’t many details yet on what the game is actually like, the historic setting does give us a couple of clues.

The game is set during the First Mongol Invasion of Japan, which took place in 1274. The Kublai Khan had already established a dynasty in China and claimed Korea. Upon reaching the sea, his next target was the island of Japan. He made multiple demands to the Emperor of Japan, encouraging him to submit to Mongol rule. Anticipating the Emperor would reject these offers, the Great Khan was, at the same time, constructing an invasion fleet. When the rejections did come, the Khan set sail with thousands of soldiers and hundreds of boats.

He set his sights on Tsushima, a small island strategically located in the straits between Korea and the main islands of Japan. The island was ideally located for both trade and defense with regard to the Asian mainland, and was the nearest part of Japan that could be reached from the Mongol’s ports in Korea. On October 5, the Khan’s forces landed on Komodahama Beach, where they handily defeated the local governor and his cavalry. The Mongols subjugated the island and reportedly slaughtered its inhabitants.

Have you played Ghost of Tsushima?

The geographic and historic setting of the game is confirmed in that opening title, but also visually reinforced in the image of the map, shown as the speaker mentions he learned the samurai’s language. In the middle of the map, you can see Tsushima, labeled in Kanji. In the upper left, that bottom character suggests the term Goryeo (or Korea, as we call it). In the lower right the map lists the name for Hakata Bay, the northwest port of the larger island of Kyushu. This would be a focal point for the Second Mongol Invasion a few years later.

The Ghost of Tsushima is probably the game’s protagonist, a lone samurai left alive to wreak his vengeance on the Mongol invaders. The trailer voiceover and the accompanying description that Sony released for the game emphasizes the adaptation of the samurai code and tactics, which also fits the historical narrative and is nicely reinforced by the image of the samurai’s armor literally burning away.

This invasion marked a turning point for samurai tactics, which seems reinforced by the few gameplay clips we got at the end of the trailer. Whether using the sword or the bow, the samurai code had previously emphasized single combat between individuals. It’s potentially a nice way to reinforce the lone wolf style approach that these types of open world games are known for, where the player, by him or herself, basically takes on an entire squad. It’s also a convenient reminder that the title of the game is Ghost (singular no “s”) of Tsushima.

Historically, the samurai themselves would begin to adapt to the Mongol tactics of using massed volleys and formations over single combat. (It’s worth noting that this first Mongol Invasion encouraged the normally competitive and clannish samurai to set aside their conflicts and fight for all of Japan against a foreign invader.)

The Mongols also introduced the samurai to several weapon advancements. In addition to using gunpowder in rockets, the Mongols also used them in hand-thrown grenades, which were used to scare horses. You can see the samurai doing exactly that right at the end of the trailer.

To follow the story a bit further, the Mongols were eventually repulsed thanks to an unseasonable typhoon in late November of that year. The storm all but destroyed the Mongol fleet, effectively ending the invasion. The Japanese referred to this phenomenon as a “divine wind.” In Japanese, the word is “kamikaze.” It perpetuated a belief that Japan’s divine favor would keep the island from ever being conquered by a foreign power, a prediction that would hold true until World War 2. Toward the end of the Pacific Campaign, Imperial Japanese Navy pilots were even formed into kamikaze units to launch suicide attacks against Allied warships.

We still don’t know much about the actual story and game content of Ghost of Tsushima, but the game’s setting and the developer’s pedigree certainly have us excited to see more.


ビデオを見る: צפוף 3 - יש רוחות רפאים. הצצה לפרק 12 (九月 2022).


コメント:

  1. Nikojinn

    申し訳ありませんが、それが邪魔をしました...私にも同様の状況があります。話し合いましょう。ここまたは午後に書いてください。

  2. Jassem

    ちょうど主題で!!!!))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))

  3. Mann

    私はあなたが誤解したと確信しています。

  4. Cenewig

    それは残念です、今私は表現できないのは - 自由な時間はありません。しかし、私は解放されます - 私は必ずしも私が思うと書くでしょう。

  5. Kajinos

    私はあなたがそれが何を意味するのかよく理解していませんでした。

  6. Pekar

    私は同意します、驚くべきメッセージ

  7. Hurley

    私は今議論に参加することはできません - 自由時間はありません。しかし、すぐに私は間違いなく私が思うことを書きます。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos