新しい

青銅器時代

青銅器時代


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

青銅器時代は、人間が金属を扱い始めたのは初めてのことでした。中東の古代シュメール人は、青銅器時代に入った最初の人々だったのかもしれません。青銅器時代には、最初の書記体系や車輪の発明など、人間は多くの技術的進歩を遂げました。中東とアジアの一部では、青銅器時代は紀元前3300年から1200年まで続き、いくつかの著名な青銅器時代の文明がほぼ同時に崩壊して突然終わりました。

人間は早くも紀元前6、000年に銅の製錬を始めた可能性があります。肥沃な三日月地帯では、しばしば「文明の発祥地」と呼ばれる地域であり、農業と世界初の都市が出現した中東の歴史的地域です。

青銅器時代の道具

古代シュメールは、青銅を作るために銅にスズを加え始めた最初の文明だったのかもしれません。青銅は銅よりも硬くて耐久性があり、道具や武器に適した金属になりました。

考古学的な証拠は、銅から青銅への移行が紀元前3300年頃に起こったことを示唆しています。青銅の発明は、石器と武器の使用によって支配されていた先史時代である石器時代に終止符を打ちました。

さまざまな人間社会がさまざまな時期に青銅器時代に入りました。ギリシャの文明は紀元前3000年より前に青銅器時代に取り組み始めましたが、イギリス諸島と中国ははるかに後の紀元前1900年頃に青銅器時代に入りました。それぞれ、紀元前1600年と1600年です。

青銅器時代は、州や王国の台頭によって特徴づけられました。大規模な社会は、強力な統治者によって中央政府の下で参加しました。青銅器時代の州は、貿易、戦争、移住、そしてアイデアの普及を通じて互いに相互作用しました。青銅器時代の著名な王国には、メソポタミアのシュメールとバビロニア、古代ギリシャのアテネが含まれていました。

青銅器時代は紀元前1200年頃に終わりました。人間がさらに強力な金属である鉄を鍛造し始めたとき。

青銅器時代の文明

シュメール: 紀元前4千年紀までに、シュメール人は、現在イラク南部にあるエリドゥとウルクを含む、古代メソポタミア全体におよそ12の都市国家を設立しました。

シュメール人は自分たちをサグギガ、「黒人」と呼んだ。彼らはブロンズを最初に使用した人の一人でした。彼らはまた、灌漑のための堤防と運河の使用を開拓しました。シュメール人は、最も初期の書記形式の1つである楔形文字を発明し、ジッグラトと呼ばれる大きな階段状のピラミッド寺院を建設しました。

シュメール人は芸術と文学を祝いました。 3,000行の詩「ギルガメシュ叙事詩」は、シュメール王が森の怪物と戦い、永遠の命の秘密を探求する冒険を追っています。

バビロニア: バビロニアは、現在のイラクで、紀元前1900年頃の青銅器時代に目立つようになりました。その首都であるバビロンの街は、最初はアモリ人として知られる人々によって占領されました。

アモリ人のハンムラビ王は、世界で最も早く、最も完全な法典の1つを作成しました。ハンムラビ法典は、バビロンがこの地域で最も強力な都市としてシュメールのウル市を超えるのに役立ちました。

アッシリア: アッシリアは古代メソポタミアの主要な政治的および軍事的権力でした。ピーク時には、アッシリア帝国は東の現代のイラクから西のトルコ、そして南のエジプトに広がっていました。アッシリア人は、古代エジプトのファラオとトルコのヒッタイト帝国と頻繁に戦いました。

アッシリアは、現代のイラクのティグリス川の西岸に位置する、元の首都である古代都市アッシュルにちなんで名付けられました。

青銅器時代の中国

中国では、青銅器時代の文明は、殷王朝(1600-1046 B.C.)と周王朝(1046-256 B.C.)の黄河を中心としていました。戦車、武器、船は、他の青銅器時代の文化で使用されていたロストワックス法とは対照的に、ピースモールド鋳造を使用して青銅で作られました。つまり、モデルは目的のオブジェクトで作成し、粘土の型で覆う必要がありました。次に、粘土の型をセクションに切断し、再焼成して単一の型を作成します。

青銅器時代ギリシャ

ギリシャは青銅器時代に地中海での活動の主要なハブになりました。ギリシャの青銅器時代は、紀元前3200年頃にエーゲ海のキクラデス諸島のギリシャ本土の南東で発生した初期の青銅器時代の文化であるキクラデス文明から始まりました。

数百年後、ミノア文明がクレタ島に出現しました。ミノア文明はヨーロッパで最初の高度な文明と見なされています。

ミノア人は、近くのエジプト、シリア、キプロス、ギリシャ本土に木材、オリーブオイル、ワイン、染料を輸出した商人でした。彼らは、銅、スズ、象牙、宝石などの金属やその他の原材料を輸入しました。

紀元前1600年頃、ミケーネ文明はギリシャ本土で台頭し、その文化は青銅時代後期に栄えました。ミケーネの主要なパワーセンターには、ミケーネ、テーベ、スパルタ、アテネが含まれていました。

多くのギリシャ神話はミケーネと結びついています。ギリシャ神話では、ミケーネの街はメデューサを率いたギリシャの英雄ペルセウスによって設立されました。ミケーネの王アガメムノンは、ホメロスの「イリアス」のトロイア戦争中にトロイに侵入しましたが、その名前のミケーネの王の歴史的記録はありません。

ブロンズ時代の崩壊

青銅器時代は紀元前1200年頃に突然終わりました。中東、北アフリカ、地中海ヨーロッパで。歴史家は、ブロンズ時代の崩壊の原因をはっきりとは知りませんが、多くの人は、移行が突然で、暴力的で、文化的に破壊的であると信じています。

ミケーネ文明、トルコのヒッタイト帝国、古代エジプトなどの主要な青銅器時代の文明は、短期間のうちに崩壊しました。古代都市は放棄され、交易路は失われ、地域全体の識字率は低下しました。

学者たちは、自然災害の組み合わせがいくつかの青銅器時代の帝国を崩壊させた可能性があると信じています。考古学的な証拠は、紀元前1250年から1100年までの150年間にわたって、地中海東部地域で深刻な干ばつが続いたことを示唆しています。おそらく崩壊の中で目立つように考えられた。地震、飢饉、社会政治的不安、遊牧民の部族による侵略も影響を及ぼした可能性があります。

ソース

干ばつは文明の崩壊につながりました、と研究は言います。ナショナル・ジオグラフィック。

ミケーネ文明;古代史百科事典。

殷王朝と周王朝:中国の青銅器時代。 MET。


歴史探検家:青銅器時代の生活

ピーターバラ駅からフラッグフェンまでのドライブには、何世紀も前に排水され、現在は工業用建物で覆われている、かつての湿地帯を横断する旅が含まれます。しかし、現代の工場の下には先史時代の集落の遺跡があります、と考古学者のフランシス・プライアーは、ボロボロになったランドローバーをギアに投げ込むと言います。

以前はチャンネル4のエキスパートでした タイムチーム –現在は羊飼いで作家–プライアーは、40年のキャリアの中でピーターバラの多くを発掘してきました。彼はおそらく、フラッグフェンを発見したことで最もよく知られています。3、500年前の遺跡で、60,000本以上の垂直支柱と250,000本の水平材があり、かつてはフェンを横切って長さ1km近くの木製の土手道を形成していました。

この場所は、元の青銅器時代の木材を元の場所で見ることができる世界で唯一の場所です。そして、暗くなったプリザベーションホールに入ると、その発見が本当に驚くべきものであることがわかります。紀元前1200年から1100年までの青銅器時代の柱や材木には、水が絶えず滴り落ちます。この場所を長い間保存してきたのは、水浸しの泥炭です。展望台の下にある一見無計画な木の配置は、はるかに組織化された歴史を隠しています。

「今では想像するのは難しいですが、ここで見られる木はかつて中央のプラットフォームを備えた巨大な歩道の一部を形成していました」とプライアーは言います。 「表面にまだ見える砂や砂利は偶然ではありません。おそらく雨天で木材が滑りやすくなるのを防ぐために、意図的にそこに置かれました。これは明らかに人々が定期的に訪れた場所であり、発掘中に発見された豊富な遺物から判断すると、それは本当の精神的な重要性を持っていました。人々が水に供物をするようになったのは、教区教会、あるいは大聖堂に相当する青銅器時代だったと思います。」

信念の変化

紀元前1500年頃(青銅器時代中期から後期)に、ストーンヘンジのような巨大な中央集権的な建造物が放棄され、フラッグフェンのような地域の宗教的な場所を支持して、新しい一連の宗教的信念が登場したとプライアーは言います。ここでは、男性、女性、子供が通過儀礼(出生、結婚、見習いの修了)を象徴的な供物で示します。

「フラグフェンは埋葬地ではありませんでしたが、次の世界への道を示していたでしょう」とプライアーは言います。 「鏡は紀元前500年頃まで存在していなかったので、人々が自分の姿を知る唯一の方法は、静水中での反射を見ることでした。それは非常に強力だったに違いありません。水は自己の象徴でしたが、水面下では死の象徴でもありました。

「青銅器時代の人々について私たちが知っていることの1つは、彼らが儀式を境界地帯である境界地帯で開催したということです。フラッグフェンはリミナリティです-あなたはここに住むことができなかったでしょう。多くの点で水っぽい荒野です。」

発掘調査で発見された遺物の一部は、保存ホールの​​外にあるガラスケースに展示されています。これらは、青銅器時代の生活の明らかな洗練への魅力的で、しばしば驚くべき洞察を与えます。

作業員用の道具一式(現代のソケットセットに非常によく似ています)、トウモロコシを粉砕するための石臼、さらには肉のフック(大釜から肉の関節を引き出すために使用)もすべて展示されています。国産の陶器の1つである小さなボウルを分析したところ、乳白色のお粥の証拠が明らかになりました。また、展示されている作品からも明らかなことは、ほとんどすべてのアイテムが水に投げ込まれる前に意図的に壊れたり損傷したりしたことです。

「そして、今日私たちがそれを理解するという意味ではありませんが、青銅器時代の貿易の証拠さえあります」とプライアーは言います。 「中央ヨーロッパで採掘されたスズで作られたアイテムを見つけました。おそらく、青銅器時代の社会のより強力なメンバーの間で他のアイテムと交換されたスズです。たとえば、家族の結婚などです。コインはあと1、000年ほどは現れませんが、それでも一種の取引でした。」

商工会議所の建物の外では、羊の小さな群れがその場所をさまよっています。これらは、フラッグフェンで発見された骨が明らかにしたように、青銅器時代に飼育されていたであろう丈夫な品種であるソアイ種です。

1982年にプライアーが最初にその場所を発見した堤防は、彼が青銅器時代の材木としてすぐに認識したものの一部につまずいたときに、文字通りそこにつまずきました。そして堤防に架かる狭い橋の反対側には、再建された青銅器時代の家があります。円形の住居の屋根は、3、500年前の伝統と同様に、わらぶき屋根と芝生の両方があります。芝生は家を寒さから守ります。建物の内部は暗く、窓はありませんが、予想以上に広いスペースです。

「青銅器時代の集落の発掘調査のおかげで、これらの家の組織は太陽の自転に従ったことがわかりました」とプライアーは言います。 「戸口は南向きで、中央の炉床の周りに食事が用意されていました。世帯の最も重要なメンバーは、家の北側の出入り口の反対側に座っていたでしょう。青銅器時代には、これはおそらく祖母だったでしょう。

「人々は家の北側と東側で寝ていただろう。興味深いことに、私たちが鉄器時代または青銅器時代の埋葬を見つけたとき、遺体は常に埋葬室の北または東、つまり睡眠と暗闇の側にあります。」

青銅器時代のウナギの罠の残骸が保存ホールの​​外に展示されています。ハム、ウナギ、ウナギが屋根からぶら下がっていて、火の上で喫煙していました。プライアーによれば、青銅器時代の食事は健康的で、起動するのが美味しかったようです。

土地の耕作

1970年代にPryorによってピーターバラで発掘されたものに基づいて再建されたラウンドハウスは、3、500年前に本当の生活感を与えますが、FlagFenに最も近い集落は実際にはサイトの西約800mでした。

鉄器時代まで家は互いに近くに建てられなかった、とプライアーは言います、そして青銅器時代には、家は畑の間に注意深く広がる傾向がありました。 「紀元前1500年までに、完全に開発された風景が見られます。イギリスをカバーする道路のネットワークと、航行中の川があります。 2013年、フラッグフェンの東2マイルにあるマストファームで、ネネ川の長さが発掘されました。わずか250mの区間で、青銅器時代のボートが8隻発見され、おそらく放棄されました。川は青銅器時代の高速道路に相当するものだったに違いありません。川は人でいっぱいだったでしょう。

「この歴史の時代が自給自足農業の1つであるという伝統的な考え、つまり数十頭の羊と数頭の蛾に食べられた古い牛がいる家族は、古い帽子です。農業はすでに集中的でした。フィールドシステム全体と、羊が扱われるはずの庭が見つかりました。羊飼いとして、私はそのような地域が一握りではなく数百頭の羊を扱うことを意図していたことを知っています。これらは、彼らが繁栄し、文明化された人々であった生計を立てている人々ではありませんでした。」

しかし、プライアーによれば、青銅器時代は農業と生存以上のものでした。人々は余暇や精神的な活動のための十分な時間で非常に豊かな生活を送りました。彼らでさえ、乳首を楽しんだようです。

「人々は早くも紀元前2500年にアルコールを飲み始めたと思います」とプライアーは言います。 「結局のところ、発酵はかなり基本的なプロセスです-それは常に起こります。あなたが小麦と大麦を栽培している農家で、貯蔵ピットが濡れている場合、すぐにある種のビールを手に入れるでしょう。

「さらに、紀元前2500年頃に、ビーカーと呼ばれる装飾が施されたマグカップである、ヨーロッパ中の異常な種類の陶器の証拠が見られるようになりました。平均的なビーカーは約2パイントを保持し、その装飾は家族を意味している可能性があります。これらは、川の水をマグカップに使用するような種類の飲料水ではありません。」

フラッグフェンでの発掘調査中に、ブロンズの盾の破片など、他の装飾品が発見されました。しかし、最も注目に値する発見の1つは、紀元前600年頃にさかのぼる木製の箱に入った一連のはさみです。

「ここフラッグフェンにあるような青銅器時代の羊は、毛を刈る必要がなかったでしょう。彼らは自然に羊毛を脱ぎ捨てました。つまり、私たちが見つけた鋏は、おそらくひげのトリミングや髪の毛の切り抜きに使用されていました。自分の外見を気にすることは、多くの人が青銅器時代の社会に帰するものではありませんが、それは日常生活の一部を形成したと私は主張します。」

ビジターセンターから借りた「青銅器時代」の羊毛の岬に身を包んだ小学生の興奮したグループは、青銅器時代の歴史が今や国家カリキュラムの一部になっていることを思い出させます。しかし、Flag Fenの将来はそれほど確実ではありません。サイトは、絶えず乾燥する脅威にさらされています。遺跡の10%未満が掘られており、儀式用のプラットフォームの大部分に人工湖が作られ、青銅器時代の木材と遺跡の歴史が将来の世代のために保存されています。

「青銅器時代の生活が実際にどのようなものであったかについて人々を再教育する時が来ました」とプライアーは言います。それは大きな国内的そして精神的な変化の時期でした。イギリスの文明化された生活は、紀元43年のローマの占領から始まったのではありません。

フラッグフェンを訪れてチケットを予約する方法の詳細をご覧ください

探索するさらに5つの場所

ドーバー博物館、ケント

1992年、フォークストンとドーバーの間のA20の建設中に、青銅器時代のボートが発見されました。約3、500年前と考えられていたこの船は、かつて海峡を越えて物資、家畜、乗客の貨物を運んでおり、青銅器時代の取引の具体的な証拠です。世界最古の船乗り船であるこの9.5mのセクションが展示されています。

ドーバー博物館を訪れてチケットを予約する方法の詳細をご覧ください

ストーンヘンジ、ウィルトシャー

紀元前2500年頃に建てられたストーンヘンジは、イギリスで最も集中した丸い手押し車の1つが周辺地域に建てられた青銅器時代初期まで、初期の巡礼の重要な場所でした。徒歩26マイルのエーヴベリーにあるヘンジの記念碑は、紀元前2850年から2200年の間に建てられ、改築されましたが、ストーンヘンジと同様に、その存在理由はまだ議論されています。

ストーンヘンジを訪れ、イングリッシュヘリテッジでチケットを予約する方法の詳細をご覧ください

スカラ・ブレイ、オークニー

1850年の嵐の後、偶然発見されたスカラブレイの新石器時代後期の集落の遺跡は、村が住んでいた紀元前3200年から紀元前2200年までの生活についての洞察を提供します。オークニー自体は、スカラブレイからそれほど遠くないリングオブブロッガー周辺の複合施設を含む、約600の青銅器時代の古墳を誇っています。

オークニーを訪問する方法の詳細をご覧ください

リン博物館、ノーフォーク

1998年にノーフォーク北部の海岸のホームビーチで発見された青銅器時代の木柱サークルの遺跡は、等身大のレプリカとともにリン博物館に展示されています。木造の構造物は55本のオーク材の支柱で構成されていました。その中央には、埋葬の儀式の一部として使用された可能性のある、巨大な上向きの木の切り株がありました。

リン美術館への訪問方法とチケットの予約方法の詳細をご覧ください

グウィネズのグレートオーム鉱山

4、000年近く前から銅鉱石を採掘していたグレートオームでは、約4マイルのトンネルが発見されました。訪問者は、その巨大な洞窟や先史時代の風景を探索したり、青銅器時代の採掘ツールや工芸品を見ることができます。

Great Orme Minesにアクセスし、チケットを予約する方法の詳細をご覧ください

歴史顧問のフランシス・プライアーは ホーム:英国の先史時代のタイムトラベラーズテイルズ (アレンレーン、2014年)


ギリシャの歴史:青銅器時代

およそ3000年続いた青銅器時代は、ギリシャを地中海の活動の中心地にした社会的、経済的、技術的進歩の大きな進歩を見ました。歴史家は、当時の人々を特定するために3つの異なる文明を特定しました。これらの文明は時間的に重なり、ギリシャの主要な地理的地域と一致しています。キクラデス文明はエーゲ海の島々、より具体的にはキクラデス諸島周辺で発達し、ミノア文明はクレタ島の大きな島を占領しました。同時に、ギリシャ本土の文明は&ldquoHelladic&rdquoに分類されます。ミケーネ文明の時代は、終わりに向かってのHelladic文明を説明しています 11日c。 BCEは、ヘラクレス、イリアド、オデッセイなどの神話上の英雄や叙事詩の源であるため、&ldquoAge of Heroes&rdquoとも呼ばれます。

青銅器時代の3つの文明はすべて、多くの共通の特徴を持っていましたが、同時にそれらの文化と性質は異なっていました。ミノア文明はヨーロッパの最初の高度な文明であると考えられていますが、ミケーネ文明はその伝説とギリシャ語に大きな影響を与え、後に古典ギリシアの素晴らしさになりました。

&ldquoミケーネ文明は最初の&lsquoGreeks&rsquo&rdquo(マーティン、古代ギリシャ16)です。

幸運か力のどちらかによって、ミケーネ文明はキクラデス諸島とミノア文明の両方の人々より長持ちし、10世紀の終わりまでに長持ちしました。 BCEは、ギリシャ本土、エーゲ海とイオニア海の島々、クレタ島、および小アジアの海岸に影響力を拡大しました。しかし、紀元前1100年以降、ミケーネ文明は内部の争い、外部の侵略(ドーリア人の侵略が考えられる説明として提案されています)、またはその2つの組み合わせによって停止したため、確実にはわかりません。

知られていることは、ミケーネ文明に与えられた大規模な被害が逆転するのに300年かかったということです。この時期を「暗黒時代」と呼んでいるのは、ギリシャの人々が文化的発展の重要な証拠のない基本的な栄養の時代に陥ったことと、不完全な歴史的記録が時代の私たち自身の見方をかなり不完全にしているためです。


入力。ダイレクトマーケット!

この時期から生まれたもう1つの重要な革新は、大規模な配給業者がコミック出版社と直接協力してコミックを配給するダイレクトマーケットの始まりでした。ブロンズ時代以前は、コミックは主に雑誌を扱っていたのと同じディストリビューターを通じてニューススタンドや食料品店で販売されていました。しかし、これらの配給業者は信頼性が低く、コレクターがお気に入りの本を見つけることを保証することはほとんど不可能でした。

これにより、コレクターへのコミックの販売に焦点を当てた最初のコミック専門店が誕生しました。また、出版社は、マーベルの専門店で直接市場の専門店でしか入手できない本の販売を開始しました。 ダズラー#1 やがて、専門店向けのディストリビューターが合併し始め、1990年代にそのほとんどがDiamondディストリビューターに買収されました。今日、Diamondは、米国でのコミックの配布を監督する事実上の独占を楽しんでいます。


青銅器時代

そのような銅器時代の文化と同時に、他の地域では多くの後期新石器時代の文化がありました。したがって、初期の青銅器時代にはさまざまなルーツがありました。銅器時代から発展した地域もあれば、新石器時代後期の文化から発展した地域もあります。西ヨーロッパと中央ヨーロッパの一部では、ベルビーカー文化は青銅器時代初期まで続きました。それは、一流の私物、個々の埋葬儀式、そしておそらくヨーロッパの広大な地域の新石器時代の社会に新しいイデオロギー構造のための銅の使用を導入しました。これらの新しい要素は、青銅器時代初期に起こった変革の基礎であり、新興社会の中で顕著になりました。

中央ヨーロッパの他の地域と北ヨーロッパでは、縄目文土文化は新石器時代後期の重要な要素であり、いくつかの地元の青銅器時代初期の特徴はこれらのルーツにまでさかのぼることができます。たとえば、これは埋葬の儀式の観点から見られます。縄目文土文化の埋葬は、通常、手押し車の有無にかかわらず、ピット内の単一の墓でした。故人は収縮した位置に置かれ、男性は左側に、女性は右側に、両方とも南を向いていました。この性別による体位の違いは、多くの地域で青銅器時代の初期に維持されていましたが、スロバキアのブランチでは、女性の81%が左側に、男性の61%が左側にいるなど、向きが逆転することがありました。彼らの右側に。時代が進むにつれ、墓の形は多様化し始め、ピットでの埋葬は依然として最も一般的な形でしたが、さまざまな方法で精巧に作られました。体の位置は縮むのではなく伸び、性別や年齢は体の位置ではなく、副葬品や墓地内の位置などの要素に反映されていました。

初期青銅器時代の特徴と日付は、中央ヨーロッパでは地域によって異なります。ザールラントなどの一部の地域は、紀元前1400年まで新石器時代の占領が続いていたか、青銅器時代初期には無人だったようです。しかし、これらの地域のほとんどは飛び地であり、青銅器時代への移行が地域全体で大幅に遅れたのは、青銅器時代が紀元前1800年頃に始まったスカンジナビアだけでした。

初期の青銅器時代のこのような局所的な遅れは、文化的発展の遅れという観点から単純に見ることはできません。それは、さまざまな文化的軌跡がさまざまな社会によって追跡されたことを反映しています。青銅器時代以前は、デボルブではなく、新しいフリントテクノロジーと新しい素材の形があり、美しく製造されたフリントダガーが豊富にあり、地元の工芸品が目立つように展示されていたため、スカンジナビアはこれをよく示しています。これは、縄目文土文化と青銅器時代の間に散在する、明確な局所的な後期新石器時代を構成しました。フリントダガーはブロンズダガーからの明確な影響を示しており、フリントソードの例は新しいアイデアのエミュレーションを反映しています。これは、ブロンズを使用する社会との接触の程度を示しています。青銅器が地元の文化に導入され組み込まれたとき、製造と行動の文化的マナーの観点からのその役割は急速に確立され、それはすぐに独特の地元の伝統である北欧青銅器時代を反映しました。この時点で、地元の原材料がなくても、社会が青銅を文化の基本材料として統合することを妨げることはなく、青銅の貿易相手国への依存は、地元の物質文化が独自の特徴なしに発展したことを意味しませんでした。北欧青銅器時代は、他のより大きなシステムに依存しているにもかかわらず、地元の文化が独立した性格を維持する能力を示しています。この特徴は、金属時代を通してさまざまな形で観察することができ、本質的に、これは、これらの千年の間に発展した全体的な共通の文化遺産の印象を修飾します。

青銅器時代初期の日付と文化的ルーツはさまざまですが、ヨーロッパ中の道具に銅合金を使用することによって同様に定義されています。青銅器時代には、金属加工の技術が洗練されてきました。バルブモールド、シルパーデュー、板金加工など、さまざまな新しい加工方法が開発されました。金型の開発により、オブジェクトの大量生産と、中空オブジェクトを含むより精巧なアイテムの生産の両方が可能になりました。この方法で制作された最も壮観なオブジェクトの1つは、非常に正確で美しい楽器であるlurでした。後の青銅器時代と鉄器時代のシート加工法は、カルドロンや盾などの大きな物体の製造を容易にし、同様の加工方法が、多くの骨壺時代に好まれた要素となった隆起した円の帯のボスモチーフに使用されました馬具やシトゥラ(バケツ型の器)などの物体。

オブジェクトを飾る方法は、地域的なスタイルと年代順のスタイルを表現しました。これらの中で最も顕著な文体の発展は、骨壺文化の組み合わせた太陽と鳥の船のモチーフの広範な使用と、ラ・テーヌ、またはいわゆるケルト美術によって示される文体の伝統のその後の崩壊でした。ただし、最も重要なのは、新しいタイプのオブジェクトの発明かもしれません。この時期の陶磁器、金、石、有機物で作られた物は前の時代とは異なっていましたが、特定の媒体の使用の劇的な変化を表すものではありませんでしたが、これは青銅には当てはまりませんでした。青銅は、銅とさまざまな金属、特にスズを合金化して作られた人工材料であり、それによって独自の特性を持つ新しい材料が生成されます。青銅器の製造はその真の意味での発明であり、この材料の可能性は青銅器時代にますます明らかにされ、活用されてきました。これの効果は、新しいオブジェクトの範囲であり、その中には古い概念の新しい形であったものもあれば、新しい機能や概念を社会に導入したものもありました。

後者の中で、最も重要な新しい要素の1つは、剣の発明でした。剣でヨーロッパの歴史の中で初めて、完全に戦いに専念し、道具を兼ねることのない物体がありました。戦いは初期の時代からも明らかですが、青銅器時代にそれは形式化されました。青銅器時代後期に向けて、防御アイテムの集合体である鎧に身を包んだ戦士が現れました。鉄器時代に戦士であったことは確立された役割であったに違いありません、そして戦争の重要性は記念碑的な防御構造と剣と盾のさらなる進化につながりました。後者の開発は戦闘技術の変化を示しており、初期の鉄器時代には、青銅器時代の刺し剣が重い斬撃の剣に置き換えられ、馬に乗って戦ったことを示しています。戦争の実際の重要性を確立することは困難であり、攻撃性の象徴的な表現と実際の攻撃性の区別に留意する必要があります。しかし、剣と鎧の存在は、攻撃性と戦争の概念の具体的な表現を表しています。

要塞化された集落や村の重要性が増していることは、攻撃性が生活の主要な要素であったことをさらに示しています。ローマ帝国や中世の時代に知られていたプロの兵士は、現時点では存在していなかった可能性がありますが、鉄器時代以降は集団戦争が存在し、他の関連する職業が発達しました。たとえば、峠や川の交差点の近くなどの戦略的な場所にある要塞化された場所の場所は、これらの場所が主に防御的ではなく、アクセスや通過などの特定のリソースを制御する能力に基づいていたことを示唆しています。これは、スロバキアのスピシュスキーシュトルトクにある青銅器時代後期の要塞化された場所によって示され、ホルナッド川沿いのカルパティア山脈を横切る峠を通る交易路を制御するために戦略的に配置されています。パスします。侵略の発展とその形式化は、仲介者と起業家に機会を提供する役割を果たし、鉄器時代に獲得した権力の地位に彼らを確立するのに役立ちました。


ミドルブロンズ王朝

エジプト中王国は紀元前2055年から1650年まで続いた。この期間中、オシリスの葬祭の儀式は、エジプトの人気のある宗教を支配するために上昇しました。この期間には、テーベを統治した第11王朝と、エルリシュトを中心とした第12王朝と第13王朝の2つの段階があります。

英国は以前は第11王朝と第12王朝を構成すると考えられていましたが、歴史家は現在、少なくとも部分的に第13王朝を中王国に属すると考えています。

第二中間期の間に、古代エジプトは、中王国の終わりと新王国の始まりの間に、再び混乱に陥りました。それは、その治世が第15王朝と第16王朝にまたがったヒクソスで最もよく知られています。ヒクソスは第11王朝にエジプトに最初に現れ、第13王朝に権力を握り始め、アヴァリスとデルタを支配する第2中間期から出現しました。彼らは第15王朝までに下エジプトを統治し、第17王朝の終わりに追放されました。


ヴィンチャ-ヨーロッパの文明のゆりかご

ある特定の研究は、青銅器時代とその出現に関する研究の突破口となりました。何年もの間、研究者たちは、世界で最も初期の文明の1つであるヴィンチャ文化の魅惑的で革命的な発見を研究してきました。

新石器時代後期のヴィンチャは粘土の置物を発射しました。 (ユーザーアヒル/ CC BY-SA 3.0 )

この文明は、主に現代のセルビアの領土で、新石器時代に繁栄しました。そして今、プロチュニク遺跡での発見は青銅器時代に新たな光を当てています。

The leading academic journal Antiquity, edited by Robert Witcher, Associate Professor of Archaeology at the University of Durham, and published by Cambridge University Press, published the stunning finds from that site - tin bronze foils that were accurately dated to 4,650 BC. Further 14 bronze artifacts were discovered and dated to before 4,000 BC. This tells us that the use of bronze in Europe emerged independently from the civilizations of the Near East and roughly 1,500 years before the earliest presumed use of bronze.

The production of bronze on the Balkans lasted for 500 years, but there is a strong possibility that it eventually faded out with the collapse of large cultural complexes of the region. It is most likely that it emerged again only 1,500 years later, all over again.

But either way, this revolutionary discovery gives us important clues about the past of Europe and sheds new light on the highly unique Vinča civilization that could very well be the oldest one in the world - with the earliest writing system as well. Even today, we can understand that there is still a lot to be learned about our past and the deep layers of European history.


World 1500 BCE

Great new centers of civilization have appeared, in China and the Mediterranean. One major civilization has vanished, however, for reasons we still don’t understand.

Subscribe for more great content – and remove ads

Civilizations

Subscribe for more great content – and remove ads

World history in 1500 BCE - the height of Bronze Age civilization

The spread of civilization

At this point in world history, at the height of the Bronze Age, civilization is continuing to spread throughout the Ancient World.

In Europe, Crete, Greece and the Aegean are home to literate cultures, whilst in China a sophisticated civilization has emerged, capable of fashioning some of the most beautiful bronze artifacts ever produced in history. On the Indian sub-continent, however, the many cities of the Indus valley have all vanished, for reasons modern scholars can only guess at.

The Middle East has come to be dominated by a number of powerful, highly organized states, notably Egypt of the New Kingdom, the Hittite empire, and Babylon.

The Steppe Peoples

Indo-European-speaking, horse-breeding peoples have spread over a huge area – across central Asia, towards China in the east, into central and southern Europe in the west and northern India to the south.

The steppe peoples’ military superiority, based on a new innovation, the chariot, has allowed them to emerge as an elite warrior class within the societies they now dominate – they have even conquered large parts of the ancient centers of Middle Eastern civilization. However, the Indo-Europeans’ use of the chariot has now been copied by the more settled peoples bordering central Asia, from the Middle East to China.

Hitherto the peoples living on the steppes have practiced a mixed farming and herding economy. At around this time they shift to a more mobile lifestyle. They live less in small villages and more in temporary encampments. They are becoming true nomads.

This may be the achievement of steppe peoples of East Asian origin. This gives them a military edge in these wide landscapes. It is from this time that non-Indo-European groups begin to challenge the Indo-European speakers for dominance in central Asia. Their descendants will have an enormous impact on global history.

Migrations

South East Asia is experiencing two migrations. In a sort of pincer movement originating in southern China, farming populations are coming down via Burma into Laos, Thailand and Cambodia. These are the ancestors of today’s Mon and Khmer. To the east, meanwhile, the ancestors of today’s Malays are spreading along the coasts and islands of Vietnam, Malay and Indonesia.

Another branch of this migration is heading down via the Philippines and New Guinea into the Pacific.

The spread of farming peoples

In Africa, the future expansion of agriculture is being assured by the domestication of tropical plants as food crops.

In the Americas, in Mexico, farming is becoming more and more intensive. This will lead to the rise of complex societies over the coming centuries.

South America is seeing the beginnings of the Arawak expansion. This process will eventually take this farming people from their homelands in western Amazonia to as far north as the Caribbean islands and as far south as the River Plate.

Dig Deeper

For details of the different civilizations, click on the relevant timeline above.

More ‘Dig Deeper’ links may be found in the regional maps. To access, click on the markers in the world map.


Bronze Age Art (c.3000-1100 BCE) History, Characteristics

Art from the Bronze age (c.3000-1100 BCE), an important period linking the Stone Age with the Iron Age, was a reflection of the environment of the time. The Bronze Age was characterized by the production of the metal bronze (an alloy of copper and tin), the development of a wide range of functional and precious metalwork, and an increase in economic productivity and the consequent emergence of skilled workers, many of whom were involved in artistic activity, albeit of a semi-functional nature. Ornamental and decorative designs on helmets, body armour, swords, axe-heads and other weapons became more widespread. Ceramic designs became more elegant, and a new range of ceremonial/religious artifacts and artworks began to emerge. Also, late prehistoric sculpture blossomed, taking full advantage of bronze casting methods.


Bronze Age Cauldron
(National Museum of Ireland)

ANCIENT ARTS AND CULTURES
For a review of prehistoric art forms
including painting, sculpture and
decorative arts, see: Ancient Art.


Minoan Vase (1700-1425 BCE)
A masterpiece of ancient pottery
from Bronze Age Crete.

DIFFERENT FORMS OF ARTS
For definitions, meanings and
explanations of different arts,
see Types of Art.

BRONZE AGE ARCHITECTURE
For more about architectural visual
arts during the Bronze Age, see:
Architecture: History & Styles.

The best examples of Bronze Age art appeared in the 'cradle of civilization' around the Mediterranean in the Near East, during the rise of Mesopotamia (present-day Iraq). For details, see: Mesopotamian art (c.4500-539 BCE) and Mesopotamian Sculpture (c.3000-500 BCE). For the earliest art forms in Mesopotamia, see: Sumerian Art (c.4500-2270 BCE). Egyptian art was also established during the Bronze Age, in the form of monumental architecture - notably the Egyptian Pyramids - and also included a range of murals, pottery and sculpture. Persian art was equally advanced, while Aegean art in the form of the Cycladic, Minoan and Mycenean cultures also emerged during this time, as did Assyrian art (c.1500-612 BCE) and Hittite art (c.1600-1180 BCE). Within a few centuries Greek art proper would appear, along with Etruscan and later Roman art. In several of these regions, the emergence of cities, the use of written language and the development of more sophisticated stone and metal working, made it possible to increase the type and quality of art produced. In the Far East, Neolithic Art in China (7500-2000 BCE), was followed by Xia Dynasty culture (c.2100-1600), Shang Dynasty art (1600-1050) and Zhou Dynasty Art (1050-221) all of which became famous for their bronzes - see also: Traditional Chinese Art: Characteristics. For more dates in the early history of East Asian culture, see Chinese Art Timeline (18,000 BCE to present).

Examples of Bronze Age art within the Mediterranean area include: a wide range of painted ceramics, fresco murals, including landscapes as well as figurative pictures of humans and animals. Religious relief and free-standing sculpture, mostly carved from stone, although wood carving was also common. There were paintings of Gods, and a range of artistic tributes to Kings and secular rulers were also seen. A particularly rare Bronze Age statue is the Palaikastro Kouros (1480-1425 BCE), a chryselephantine sculpture carved from a hippopotamus tooth, found on the island of Crete. During this period, art began to assume a significant role in reflecting the community, its rulers and its relationship with the deities it worshipped.

Bronze Age art in Europe is exemplified by megalithic art, like engravings and other petroglyphs, at Newgrange Megalithic Tomb (c.3300 BCE), the larger Knowth Megalithic Tomb (c.2500 BCE) and the Stonehenge stone circle (c.2600 BCE).

As the Bronze Age came to an end around 1100 BCE, the history of art reveals a widening cultural gap between Northern and Mediterranean Europe. Climate, the presence of minerals and other precious metals, security, social cohesion and trade were all factors which favoured faster economic development, which in turn led to a faster growth of the arts (especially painting and metalwork) in the regions of the South, and along the principal European waterways like the Rhine and the Danube.


Beauty in the Bronze Age - Minoan & Mycenaean Fashion

Dress and appearance in Bronze Age Greece (c. 3100 BCE - c. 1100 BCE) played a part in defining gender roles and emphasising idealized beauty that planted the seed for modern-day standards. The Minoans turned the island of Crete into a Mediterranean powerhouse and dominated Aegean culture until around 1450 BCE when the Mycenaean civilization from the Greek mainland peaked and wrested control. Frescoes and figurines uncovered from this era reveal a fabulously colourful society that expressed itself through fashion, hair, and accessories. Both Minoan and Mycenaean women sought a pinched waist to achieve the epitome of a feminine aesthetic. The fashion of Mycenaean men, however, expressed their warlike temperament, in contrast to their Minoan counterparts, who embodied display and splendour.

Minoan Women

Women are heavily represented amongst the archaeological finds from Knossos, Akrotiri, and other Minoan hubs. One of the most beautiful examples is the Snake Goddess Figurine which depicts the archetype of Minoan dress. This woman wears a flounced, layered skirt that falls to the ground. Her bodice has short sleeves and a scalloped neckline which reveals and accentuates her breasts. This is mirrored in the colourful frescoes which emphasise bright, eye-catching fabrics dyed a myriad of colours. Bold primary colours – reds, yellows, and blues − dominate the pattern scheme. To get these shades, the Minoans took advantage of the available natural resources. Saffron – now the world’s most expensive spice – was used to acquire yellow and murex sea snails created a rich purple.

広告

One of the most interesting aspects of female dress was the use of corsets or tight thick belts to create an hour-glass figure. Artworks suggest that the wasp-waist was highly idealised in Minoan culture and body modification may have been implemented to achieve this. Corsets have, of course, gone in and out of fashion in the thousands of years since their early Cretan use. Minoan women also wore jewellery to frame their features. Hoop earrings, necklaces, and bangles were all popular forms of expression and decoration − gold and glass beads were used to give outfits that glamourous touch.

広告

In the frescoes, women have black hair braided into long tendrils or locks. Their skin, in contrast, is typically a pale white, implying that the ideal women would have spent significant time indoors and that the archetype of feminine beauty could be obtained by focusing on domestic duties.

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

Mycenaean Women

Mycenaean fashion was heavily influenced by its Minoan predecessor. Mainland Greek women adopted a similar flounced skirt and silhouette. However, it is notable that at certain points in Mycenaean history a more conservative closed bodice was preferred and, on occasion, just a simplistic tunic, sometimes belted. They wore knit shawls or cloaks over their dresses and secured their elaborate, twisted hairstyles with ivory hairpins.

Mycenaean women are often depicted with a distinctive accessory: the ポロシャツ。 NS ポロシャツ is a round, cylindrical crown, shaped almost like a side-turned wheel that was worn on the head. It was commonly sported by powerful women such as goddesses.

広告

Minoan Men

Minoan men preferred to keep clothing to a minimum and are usually shown with a bare torso. Like their female counterparts, they were not shy and enjoyed showing off their upper bodies which were well-muscled from competing in sports such as bull-leaping and boxing. Breechcloths, loincloths, and kilts were popular, especially when paired with a decorative codpiece. These garments were multicoloured with yellows, blues, and whites. Minoan men are also shown wearing hats with long, vibrant feathers protruding from their centre, and they accessorised with necklaces, bracelets, and ornamental bands that encircled their biceps. The designs on gold signet rings held particular significance. They served as seals, effectively a prehistoric signature or identity marker that could be impressed into clay. The Akrotiri Boxer Fresco shows two young boys boxing, however, only the boy on the left is adorned with jewellery which may indicate that such items were symbols of wealth or status.

Minoan men on frescoes are clean-shaven, and judging by the obsidian razor blades discovered in Early Bronze Age graves, a neat and presentable appearance was highly important. Minoan men are typically shown sporting several long black locks with the rest of their hair cut short. In contrast to the women, they are depicted with reddish-brown skin, similar to frescoes seen in Egypt. To acquire this darker tone, the ideal man would have spent a significant amount of time engaging in outdoor activities such as hunting, fishing, and athletics. The exception to this is the famous Priest-King Fresco. By his codpiece, breechcloth, and muscled torso this individual appears to be a man. However, his skin has a pinkish hue far paler than the typical man’s skin but darker than a woman’s. Scholars argue that this could indicate a man from a high-status family who did not need to work outdoors.

広告

Mycenaean Men

Mycenaean men liked to cover up slightly more than the Minoans. Kilts, tunics, and cloaks became fashion staples and are debatably less decorative. The Mycenaeans were known for their military prowess across the Aegean, and consequently, battle armour would have been a common feature of the male wardrobe. Their helmets consisted of a leather or felt cap (sometimes embellished with a plume) that was reinforced with boar tusks. The effort to make a single helmet would have been immense, involving the hunting of dozens of boars.

The Dendra Panoply exhibits full body armour, including a helmet, bronze breastplate, layered kilt, and shoulder guards which would have been secured with leather straps. In total, armour weighed a colossal 15 kg (33 lb), meaning serious strength and physical fitness would have certainly been an advantage, if not a necessity, in the Mycenaean army. Bronze greaves would have also protected the shin and leather kilts or corselets decorated with metal studs are depicted on objects such as the Warrior Vase.

広告

比較

Developments in male dress from the Minoan to the Mycenaean period reflect a growing prevalence of war and military importance. This is not to suggest that the Minoans did not engage in battle. Their position within the Aegean made them a prime target, meaning they would have almost certainly been skilled at defending themselves, but it was Mycenaean warfare that became a central component of Greek society. This is evidenced by the concentration of weapons and military equipment in the Mycenaean shaft graves. These men made it clear that they wanted to be remembered as warriors and fighters, leaving behind a legacy of strength, influence, and power.

There is very little difference between the fashion styles of Minoan and Mycenaean women which suggests that the female role remained relatively similar throughout the Bronze Age as there was no need to substantially alter the practicality of the silhouette. That being said, during the Minoan period women were the focal point of religion represented as goddesses and priestesses at the forefront of ritual and ceremony. Their garments are more elaborate and intricate, and it has been argued that this indicates they played a more central role in Bronze Age religion (and possibly even politics) than Mycenaean women, who are often depicted with children and, consequently, greater familial and maternal responsibilities.

Legacy

What is captivating is that these garments have the power to bring Greek myths to life. The Bronze Age is also known as the Heroic Age because it was thought to be the time in which mythical figures roamed the Earth. When we look at the frescoes, it is easy to imagine the colourful Minoan dress Ariadne would have worn as she gave her magical string to Theseus to guide him through the labyrinth or the glorious Mycenaean armour Agamemnon would have sported as he led his troops into battle against the Trojans.

Between c. 1250 - c. 1100 BCE, a series of earthquakes, droughts, famines, wars, and the invasion of the mysterious Sea Peoples whom we know little about brought on the Bronze Age Collapse. This series of disasters brought down some of the greatest civilisations the world has ever known and heralded the Greek Dark Ages (c. 1100 - c. 750 BCE) in which the Bronze Age styles were eventually replaced by the peplos そしてその キトン − the clothing we, in the modern day, most commonly associate with ancient Greece. In cultural hubs like Athens, clothing became more conservative for women whilst for men, nudity was idealised and normalised in certain social settings, signalling a widening of the gender divide.

3,000 years after the Bronze Age Collapse, the styles and beauty standards still resonate with a modern audience. Hourglass figures and well-muscled bodies are still glorified, and pinched-waist dresses appear commonly in the media. Although separated by an incredibly vast gap of time, it is fascinating to think that our prehistoric ancestors shared our aesthetic ambitions and tastes.


ビデオを見る: 理解万岁罗永浩罗老师传说中的三大名场面 (2月 2023).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos