面白い

第10回修正:テキスト、起源、および意味

第10回修正:テキスト、起源、および意味


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

しばしば見過ごされがちな米国憲法修正第10条は、米国版の「連邦主義」、つまりワシントンD.C.に本拠を置く連邦政府と合衆国政府の間で統治の法的権限を分割するシステムを定義しています。

修正第10条は、完全に次のように述べています。 「憲法によって合衆国に委任されておらず、合衆国に禁止されていない権力は、それぞれ合衆国または国民に留保されています。」

修正第10条では、政権の3つのカテゴリ、すなわち表明または列挙された権力、留保された権力、および同時権力が認められています。

表現力または列挙力

「列挙された」権力とも呼ばれる表明された権力は、主に米国憲法第8条第8条で認められている米国議会に付与された権力です。表明された権限の例には、金銭の作成と印刷、外国および州間通商の規制、戦争の宣言、特許と著作権の付与、郵便局の設立などが含まれます。

予約電力

憲法で連邦政府に明示的に付与されていない特定の権限は、第10修正条項の下で州に留保されています。保留権の例には、免許証の発行(運転手、狩猟、ビジネス、結婚など)、地方政府の設立、選挙の実施、地方警察の提供、喫煙と飲酒の年齢の設定、米国憲法の改正の批准が含まれます。

同時または共有の力

同時権限は、連邦政府と州政府の両方が共有する政治的権限です。並行権力の概念は、連邦レベルと州レベルの両方で人々に奉仕するために多くの行動が必要であるという事実に対応しています。最も注目すべきは、警察や消防署を提供し、高速道路、公園、その他の公共施設を維持するために必要な資金を調達するために、税金を課して徴収する権限が必要なことです。

連邦と州の権力が対立するとき

同様の州法と連邦法の間に矛盾がある場合、連邦法と権限が州法と権限に優先することに注意してください。

そのような力の対立の非常に目に見える例は、マリファナの規制です。マリファナのレクリエーションの所有と使用を合法化する法律を制定する州が増えているにもかかわらず、この行為は依然として連邦政府の薬物施行法の重罪違反です。一部の州によるマリファナの娯楽的および医学的使用の合法化の傾向に照らして、米国司法省(DOJ)は最近、それらの州で連邦マリファナ法を施行する場合としない場合の条件を明確にする一連のガイドラインを発行しました。ただし、DOJは、どの州に住んでいる連邦政府の従業員によるマリファナの所持または使用も犯罪であると判断しています。

第10回改正の簡単な歴史

第10回修正の目的は、米国憲法の前身である連邦定款の条項と非常によく似ています。

「各州は、主権、自由、および独立を維持し、すべての権力、管轄権、および権利を保持します。これは、連邦に明示的に委任された議会ではありません。」

憲法の立案者は、この文書によって米国に明確に付与されていない権限が州または公衆によって保持されていることを人々が理解できるように、第10修正条項を書きました。

立案者は、新中央政府が憲法にリストされていない権限を適用しようとしたり、過去のように自国の内政を規制する州の能力を制限しようとするかもしれないという国民の恐怖を和らげることを願っています。

ジェームズ・マディソンが修正に関する米国上院の議論の中で言ったように、「国家の権力への干渉は議会の権力の憲法上の基準ではなかった。権限が与えられていない場合、議会はそれを行使できませんでした。与えられた場合、彼らはそれを行使するかもしれませんが、それは法律や州の憲法さえも妨害するはずです。」

第10回修正が議会で導入されたとき、マディソンは、それに反対した人々はそれを不必要または不要と考えたが、多くの州がそれを批准する意欲と意図を表明したと指摘した。 「州の条約で提案された修正案を見ると、憲法で宣言されるべきものが特に懸念されており、そこに委任されていない権限は複数の州に留保されるべきだと思う」とマディソンは上院に語った。

修正の批評家に、マディソンは付け加えました。「おそらく、楽器全体よりも正確にこれを定義するかもしれない言葉は、不必要であると考えられるかもしれません。彼らは不必要だと思われるかもしれませんが、紳士が事実が述べられているとおりであると認めるならば、そのような宣言をすることは害になりません。私はそれを理解していると確信しているので、提案します。」

興味深いことに、「…または国民に」というフレーズは元々上院で可決された第10回修正条項の一部ではありませんでした。代わりに、権利章典がその検討のために下院または下院に送られる前に、上院書記によって追加されました。



コメント:

  1. Tegore

    いい投稿です!読むのは面白かったです。今、私はあなたのブログをもっと頻繁に見ます。

  2. Bell

    このテーマについて長い間話すことは可能です。

  3. Kaziramar

    はい!元気づけた

  4. Drake

    良い答え、ブラボー:)



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos