新しい

アメリカ独立戦争を始めたのは何ですか?

アメリカ独立戦争を始めたのは何ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1770年3月5日の夜、マサチューセッツ州ボストンの街路は雪で覆われ、怒った入植者と町を占領したイギリス兵の間で緊張が高まった。イギリスのプライベートヒューホワイトが8時ごろキングストリートの税関の近くに警備員として立っていたとき、彼は欲求不満の若い男性入植者の小グループから近づきました。

次に何が起こったのかについての報告はさまざまですが、侮辱と罵倒が交わされ、肉体的な対立が起こりました。教会の鐘が鳴り響き、激怒した入植者が通りに殺到した。

それから誰かが雪玉で白を投げました。

さらに雪玉、氷、牡蠣の殻がすぐに続きました。暴力と脅威がエスカレートするにつれて、ホワイトはバックアップを求めた。雪玉はアメリカ独立戦争を始めた実際の「世界中で聞かれたショット」でしたか?

代表なくして課税にうんざりした入植者

無実の雪合戦を超えてこの小競り合いに燃料を供給するために、以前はたくさん来ていました。に住んでいるアメリカ人 13植民地 1760年代にイギリスの支配にますます不満を抱いていた。 1763年から1767年まで、 英国議会 砂糖法などの一連の法律を可決し、 印紙法 そしてその タウンゼンド諸法 アメリカ植民地の日用品に税金と貿易制限を課した。彼らはまた、植民地が新しい紙幣を稼ぐことを防ぎ、彼らを英国の通貨に依存させ続ける通貨法を可決した。

入植者たちは、特に議会で選出された代表者がいなかったため、激怒しました。今後数年間で、 ベンジャミンフランクリン, パトリックヘンリー, ジョージ・ワシントンサミュエル・アダムズ 英国の日常生活に対するますます厳しくなるグリップに反対して発言した。英国は最終的に印紙法を廃止しましたが、その後、植民地の立法に対する完全な権力を与える宣言法を発行しました。

革命の舞台が整いました。 1770年3月5日までに、ボストンの怒った入植者たちは、自分たちの町を占領した(そして 彼らの旅館、家および企業で四分の一)。彼らは何年にもわたるイギリスの支配に耐え、ますます反抗的になりました。

急速にエスカレートした雪合戦

プライベートヒューホワイトがボストンでその雪の夜に襲われたとき、キャプテントーマスプレストンと彼の部下の何人かの形で助けが到着しました。この時までに、入植者が選んだ武器のいくつかは雪玉からクラブやスティックに変わっていました。プレストンの事件に関する書面によると、1人の兵士が棒で頭を殴られ、銃を撃った。

より多くの雪玉や他の発射体が飛んでクラブが振る舞うと、他の赤いコートが暴徒に発砲し、5人の入植者を殺し、さらに6人を負傷させた。高等軍事研究院の准教授であるトニー・E・カールソンは、次のように述べています。

ボストン虐殺事件は反乱を開くことにつながる

革命には、銃、軍隊、民兵だけが関与するわけではありません。彼らはまた、言葉、抗議、ボイコット、そしてもちろん雪だるまと戦っています。ボストン虐殺事件で雪玉が飛ぶずっと前に、アメリカの入植者がイギリスに対して革命を始めたと主張することができます。

カールソンによれば、「雪玉がアメリカ独立戦争を開始したと断言するのは難しいかもしれませんが、植民地時代の怒りの爆発に続いて、クラウンがマサチューセッツを革命的感情の震源地として扱ったことは疑いの余地がありません。

「イギリスの船に対する船員の印象、限られた仕事をめぐる競争、関税の執行は悪血を煽り、最終的にキングストリートでの命を失い、マサチューセッツを公然たる反乱へと駆り立てました。」

NS ボストン虐殺事件 既存の反英国感情をエスカレートさせ、植民地人に独立のために戦うことをこれまで以上に決心させました。


アメリカ独立戦争の紹介

アメリカ独立戦争は1775年から1783年の間に戦い、イギリスの支配による植民地の不幸の増大の結果でした。アメリカ独立戦争中、アメリカ軍は資源の不足によって絶えず妨げられていましたが、フランスとの同盟につながる重要な勝利を勝ち取ることができました。他のヨーロッパ諸国が戦いに加わったことで、紛争は本質的にますますグローバルになり、イギリスは北アメリカから資源をそらすことを余儀なくされました。ヨークタウンでのアメリカの勝利に続いて、戦闘は事実上終了し、1783年にパリ条約で戦争が終結しました。この条約により、イギリスはアメリカの独立と決定された境界およびその他の権利を認めました。


アメリカ独立戦争の事実

「コーンウォリス卿の降伏」ジョン・トランブルによる油絵、1820年

アメリカ独立戦争は、他のどの戦争とも異なり、「人間の出来事の流れ」を形作ったアイデアと理想の1つでした。 1775年から1783年までの165の主要な関与により、独立戦争はアメリカの独立のきっかけとなりました。

この記事では、よくある質問を含め、アメリカ独立戦争または独立戦争としても知られるアメリカ独立戦争に関する情報を提供します。

アメリカ独立戦争はいつ始まりましたか?

何年にもわたる不安と定期的な暴力が先行していましたが、1775年4月19日、レキシントンとコンコードの戦いで独立戦争が本格的に始まりました。紛争は合計7年間続き、1781年のバージニア州ヨークタウンでのアメリカの大勝利は敵対行為の終わりを示しましたが、1783年の秋まで戦闘が行われました。

アメリカ独立戦争はいつ終わりましたか?

パリ条約は2年後の1783年9月3日、デイヴィッド・ハートリーとリチャード・オズワルドを含むジョージ3世の代表と、ベンジャミン・フランクリン、ジョン・アダムズ、ジョン・ジェイを含む米国によって署名され、正式に紛争を終結させました。この条約は、1784年1月14日に米国連邦議会によって批准されました。

革命の原因は何でしたか?

フレンチ・インディアン戦争中にアメリカの入植者を支援することにより、イギリス政府は外国の土地で軍隊を調達し、供給し、資金を提供する費用のおかげで莫大な借金を積み上げました。アメリカ人が財政的負担の一部を負担することを期待して、議会は打撃を和らげる手段としていくつかの課税行為を課しました。

砂糖法(1764)、印紙法(1765)、タウンゼンド諸法(1767)は、フレンチ・インディアン戦争の債務を支払うための資金調達を目的としてアメリカ植民地に課された人気のない法律の一部にすぎませんでした。

何年にもわたる不安と不和が続いた。アメリカ人は議会が法律を作ることができると主張しました、しかし彼らの選ばれた代表者だけが彼らに課税することができると主張しました。イギリス人は議会が植民地に対して最高の権威を持っていると感じました。

アメリカ人は解決策を見つけるために通信委員会、そして後に大陸会議を結成しましたが、イギリス人との共通点を見つけることができませんでした。 1775年に戦闘が勃発したとき、アメリカの革命家たちは、分離が自由と正義を獲得する唯一の手段であると判断しました。

独立宣言は1776年7月4日に署名され、植民地と母国との関係を正式に解消し、大陸を戦争に陥れました。

王冠の権威に反抗したイギリスの北アメリカ植民地に住む入植者は、愛国者、革命家、大陸、植民地、反逆者、ヤンキー、またはホイッグ党として知られていました。

植民地に住み、王冠に忠実であり続けた人々は、忠誠者、王党派、国王一座、またはトーリー党として知られていました。

イギリス兵は何と呼ばれていましたか?

英国の権威と兵士も同様に、戦争の過程でいくつかのモニカを獲得し、同義語として英国、王冠、英国、アカザエビの背中、常連と呼ばれていました。

双方の人口は何人でしたか?

イギリスには1775年に800万人の居住者がおり、13の植民地は約250万人(うち50万人は奴隷)でした。

植民地で最大の都市は、ペンシルベニア州フィラデルフィア(43,000)、ニューヨーク州ニューヨーク(25,000)、マサチューセッツ州ボストン(16,000)、サウスカロライナ州チャールストン(12,000)、ロードアイランド州ニューポート(11,000)でした。

アメリカの4つの最大の植民地は、バージニア(447,016)、ペンシルベニア(240,057)、マサチューセッツ(235,308)、メリーランド(202,599)でした。

戦いはどこで戦われましたか?

戦争の大部分はニューヨーク、ニュージャージー、サウスカロライナで行われ、これら3つの植民地のそれぞれで200以上の小競り合いと戦闘が発生しました。しかし、元の13植民地のすべてで交戦が行われ、テネシー州、アーカンソー州、インディアナ州、イリノイ州、ケンタッキー州、アラバマ州、フロリダ州で追加の軍事行動が行われました。

戦争中にイギリスはどのくらいの領土を支配しましたか?

数と面積で定量化することは困難ですが、イギリス軍が戦争の過程を通じて地理的および地政学的に重要な地域を占領したことは疑いの余地がありません。彼らは、アメリカ独立戦争後もこれらの地域を支配し続けている、オンタリオ州ノバスコシア州のいくつかの重要なカナダの要塞と都市を保持していました。

イギリス人はまた、アメリカ植民地内の多くの主要都市を支配し、ニューヨークは戦争期間中の主要な作戦基地として機能していました。彼らはまた、ボストンとフィラデルフィアの都市を一時的に所有し、1782年までサバンナとチャールストンを保持していました。

イギリス人はいくつかの重要な都市中心部を持っていましたが、植民地の人口の90%がイギリス人の支配と影響力のない田舎に住んでいたことを理解することが重要です。したがって、本質的に、イギリスは強力な軍事的存在感のある地域、つまり植民地都市でのみ権力を維持することができました。

アメリカ独立戦争の主な戦いは何ですか?

最大の戦いは何でしたか?

サラトガでのジョン・トランボールの有名な絵画「バーゴイン将軍の降伏」は、米国議会議事堂にあります。&#13

数の面では:4万人の兵士がロングアイランドの戦いで戦い、それは最大の戦いになりました。 30,000人の男性がバージニア州ブランディワインで戦い、27,000人がバージニア州ヨークタウンで参加しました。

死傷者に関しては、ロングアイランドでアメリカ人は2,200人、イギリス人とヘッセン人は約350人を失った。ブランディワインは1,500人のアメリカ人と587人のイギリス人とヘッセン人の死傷者を出した。

いくつかの交戦には、イギリス軍が8,000人以上の兵士を降伏させたヨークタウンなど、多数の囚人が関与していました。サウスカロライナ州チャールストンでは、イギリス軍が5,000の大陸を占領しましたが、ジョンバーゴイン将軍の指揮下にある6,200人のイギリス兵がニューヨーク州サラトガに降伏したとき、同様に大きな後退に見舞われました。

他の戦闘では、負けた男性の割合が最も高かった。サウスカロライナ州カウペンズとその近くのサウスカロライナ州キングスマウンテンでは、イギリス軍は軍隊の約90パーセントを失いました。これらの戦いの両方で、損失のほとんどは囚人でした。

サウスカロライナ州カムデンの戦いでの大陸軍の破滅的な敗北は、戦争で最も費用のかかる戦いとして際立っています。イギリス軍が314人の死傷者を出した一方で、約1,050人の大陸軍が戦死し負傷した。

戦争に包囲戦はありましたか?

はい、実際には戦争の過程を通して都市、町、砦の多くの包囲がありました。以下のリストは、主要な包囲のサンプルを表しています。

アメリカの侵略者:
ビンセンズ(インディアナ州)、ナインティーシックス(サウスカロライナ州)、ヨークタウン(バージニア州)、ボストン(マサチューセッツ州)、ケベック州(カナダ)

イギリスの侵略者:
サバンナ(ジョージア州)、ニューポート(ロードアイランド州)

海外での戦いはありましたか?

おそらく驚くべきことに、北米の土壌から遠く離れた場所でかなりの量の戦闘が発生しました。 1776年3月3日、大陸海軍はバハマのニュープロビデンス島を占領しました。アメリカの軍艦と私掠船も大西洋中のイギリスの商人と軍艦を襲撃し、イギリス諸島周辺で海戦さえ戦った。

さらに、1778年にフランスと結成され、後にスペインと米国オランダの両方が加わった軍事同盟のおかげで、陸海戦はカリブ海、ヨーロッパ、そしてはるか遠くのインドでイギリスと戦われました。この世界的な紛争の開始は、北アメリカの入植者にとって不可欠でした。イギリス軍は重要な資源と人員を植民地からそらすことを余儀なくされ、大陸軍に独立戦争で彼らと戦うチャンスを与えました。

生き残った独立戦争の退役軍人の画像と伝記は、E.B牧師によって1864年の本のために編集されました。ヒラード。&#13米国議会図書館

何人の兵士が戦争に参加しましたか?

戦争の過程で、約231,000人の男性が大陸軍に仕えましたが、一度に48,000人を超えることはなく、1か所で13,000人を超えることはありませんでした。植民地民兵の合計は145,000人以上の男性でした。フランスはまた、1779年から北アメリカにかなりの部隊を派遣し、戦争の終わりまでに12,000人以上の兵士とかなりの艦隊が植民地時代のアメリカ人に加わった。

ピーク時には、イギリス軍は反乱と戦うために北米で22,000人以上の兵士を自由に使えるようにしました。イギリスに忠実な追加の25,000人のロイヤリストも紛争に参加した。約30,000人のドイツの助動詞、またはヘッセ人がドイツの王子によって雇われ、戦争の間、イギリス人と一緒に奉仕しました。

何人が殺されたり負傷したりしましたか?

戦争の過程で、推定6,800人のアメリカ人が戦死し、6,100人が負傷し、20,000人以上が捕虜になりました。歴史家は、捕虜の間に亡くなった約8,000〜12,000人を含め、少なくともさらに17,000人が病気の結果であると信じています。

信頼できない帝国のデータは、独立戦争で戦っているイギリスの常連の死傷者の総数を約24,000人としています。この総数には、戦場での死傷者、病気による死者、捕虜となった男性、行方不明のままだった人々が含まれます。

その後、約1,200人のヘッセン兵が殺され、6,354人が病気で亡くなり、さらに5,500人がアメリカに捨てられて定住しました。

1916年に公開されたイギリス軍の古い歩兵の制服の種類。ウィキメディアコモンズ

他にどのような国籍が関わっていましたか?

アメリカ独立戦争は真に世界的な紛争であり、北アメリカ、カリブ海、ヨーロッパで戦いが繰り広げられました。イギリス人は、忠実なネイティブアメリカンの部族と、さまざまなドイツの公国からのヘッセン軍の両方によって支援されました。アメリカの愛国者は、フランス、スペイン、ネーデルラント連合王国、およびさまざまなヨーロッパ諸国の将校を含む、さらに大きなヨーロッパ勢力の連合によって支援されました。特に注目すべきは、ラファイエット侯爵、スチューベン男爵、カジミエシュプラスキー、ロシャンボー、タデウシュコシュシウシュコなどの男性の貢献でした。

補助兵士を雇うほうが自分たちを集めるよりも安かったので、イギリス政府はヘッセ人と呼ばれるプロのドイツ軍を雇いました。彼らの王子や貴族によって奉仕のために雇われ、3万人以上のヘッセン兵が北アメリカに向けて航海し、イギリス側で戦った。彼らは彼らの伝統的な制服を着て、彼ら自身の旗を飛ばし、そして彼らの将校を保持したが、イギリスの将軍は最終的に個々のヘッセの部隊を指揮した。ヨハン・ラルとウィルヘルム・フォン・クニプハウゼン

アフリカ系アメリカ人とネイティブアメリカンはどのような役割を果たしましたか?

戦争の初期には、多くの自由黒人が大陸軍への奉仕に志願しましたが、拒否されました。アメリカ人は奴隷反乱に対する長年の恐れを抱いていました。戦争の後半、自発的な入隊が少なかったとき、さまざまな州が戦った奴隷に自由を提供しました。約7,000人のアフリカ系アメリカ人が大陸側で奉仕しました。

当初から、英国は奴隷に自由を提供することで奴隷に法廷を開いたが、それは決して公式の政府の政策ではなく、むしろ地元の司令官自身によって行われた。約2万人のアフリカ系アメリカ人がイギリス軍に仕え、アメリカ人が勝ったとしても彼らの地位は変わらないかもしれないことを知っていました。

1763年、イギリスはアメリカの入植者が西にネイティブアメリカンの土地に移動することを禁止する宣言を出しました。このため、他のいくつかの経済的および政治的要因と相まって、強力なイロコイ連邦の6つの部族のうちの4つを含む多くのネイティブアメリカンは、戦争の勃発時にイギリスを支持しました。モホーク族の名前がサヤンダネゲアであるジョセフ・ブラントは、彼が率いる軍隊とともにイギリスの兵士と一緒に奉仕しました。しかし、イロコイ連邦の残りの2つの部族、オナイダ族とタスカローラ族を含む、いくつかの部族は植民地を支持しました。ニューヨーク州北部、ペンシルベニア州西部、カロライナフロンティアなどの場所では、戦争は特に残酷で、多くのインドのグループが関与していました。

アメリカ独立戦争後の多くのネイティブアメリカンの部族の運命は悲劇的なものでした。イロコイ連邦のメンバーは、他の多くのネイティブアメリカンとともに、紛争によって荒廃し、戦闘や病気のために大幅に弱体化し、1783年に署名されたパリ条約から完全に除外されました。戦争前にイギリスと締結された条約アメリカ人は無視し、何年にもわたる血なまぐさい紛争と拡大は、東部の部族をほとんど破壊しました。

軍隊はどのように組織されましたか?

歩兵連隊は、独立戦争の過程を通じて最も識別可能な唯一の部隊でした。旅団と師団はユニットをより大きなまとまりのある軍隊にグループ化するために使用されましたが、連隊は独立戦争の主要な戦闘力から遠く離れていました。

18世紀の間、イギリスは全世界で最も訓練され、よく訓練された軍隊の1つを持っていました。イギリス軍の連隊は、部隊の結成時に正確に811人の兵士で構成されていました。それは大佐によって率いられ、40人の下士官、72人の下士官、24人のドラマー、2人のファイファーが配置され、672人の民間人が守備を行った。

各連隊は10個の会社に分割され、そのうち8個は通常の「中心」会社であり、残りの2個は「擲弾兵」と軽歩兵の「側面」会社でした。軽歩兵と擲弾兵の部隊は、ほとんどの場合、戦闘中は連隊の側面に配置され、戦闘中は独立して機能することがよくありました。

ワシントンはイギリスの教義と先例に基づいて27,000人の軍隊を編成したため、彼の軍隊は約2,400人の兵士からなる6個の戦闘旅団に分割されました。各旅団は約5個または6個連隊で構成され、各連隊は平均して約470人の兵士が奉仕に適していた。

連隊はさらに1個または2個大隊に分割され、その後企業に分割されました。企業は、40人の民間人、3人の伍長、1人の少尉(少尉)、1人の中尉、および船長で構成されていました。

イギリス軍と大陸軍の両方にとって、旅団、師団、および軍の規模は、損失、分遣隊などに応じていつでも大きく異なる可能性があることに注意する必要があります。

3世紀の大部分の間、イギリス軍はその真っ赤なユニフォームと漂白された白いブリーチによって擬人化されました。特定のユニットは、緑、黄、黒、白の範囲の代替トリム色を持っていましたが、歩兵の大多数は、独特の赤いコート、白いブリーチ、ゲートル、黒い三角帽子または毛皮の帽子を身に着けていました。擲弾兵と軽歩兵部隊は標準的なイギリス軍の制服の修正版を着用し、騎兵隊は通常緑色のコートを着ていました。

アメリカの愛国者は、正規軍に所属していようと植民地民兵に所属していようと、標準化の前に制服の仮想の寄せ集めを着ていました。茶色のユニフォームを着て戦争を始めたジョージ・ワシントンは、白いブリーチと彼の軍隊のための三角帽子を伴う紺のジャケットに落ち着きました。さらに、さまざまな地域の連隊は、青、白、赤、またはバフのいずれかの面とトリムを備えたユニフォームを持っていました。

ユニフォームを着た兵士、ジャン・バプティスト・アントワーヌ・ド・ヴェルジェ、1781〜 1784年ウィキメディア・コモンズ

兵士の配給は何でしたか?

通常の状況では、大陸軍の兵士は次の毎日の配給を受けることになっていた。

  • 1½ポンドの小麦粉またはパン
  • 1ポンドの牛肉または魚または3/4ポンドの豚肉
  • ウイスキー1ジル
  • イギリス人も通常の状況下で同様の毎日の配給を受けることになっていた:
  • 1½ポンドの小麦粉またはパン
  • 1ポンドの牛肉または1/2ポンドの豚肉
  • 缶詰のエンドウ豆の¼パイントまたは米の1オンス
  • 1オンスのバター
  • ラム酒の1½エラ

配給は、両軍の規模と構成の点で非常に不規則である可能性があり、多くの場合、天候、道路状況、および季節に依存していました。

アメリカ独立戦争での戦闘を定義した戦術は何ですか?

通常の状況下では、18世紀の戦闘では、2つの軍隊が肩を並べて、通常は約3人の兵士の階級で互いに向かって行進する必要がありました。反対側が範囲内にあるとき、停止し、武器を提示し、発砲し、そしてリロードするように命令が出されました。

数回のボレーの後、片側が優勢になり、敵との距離を縮め始め、銃剣が下がった。これは通常、接近戦でフルアウトチャージで最高潮に達しました。サーベル、銃剣、ライフルのバットは、フィールドから敵を一掃し、勝利を主張するために使用されました。

独立戦争中に利用された戦術は今日ではかなり古風なように見えるかもしれませんが、滑腔砲の信頼性の低さは、通常約50ヤード程度までしか正確ではなく、敵に近接して近接する必要がありました。その結果、規律と衝撃がこのスタイルの戦闘の特徴であり、集中砲火と銃剣の突撃が戦闘の結果を決定しました。

バレーフォージはターニングポイントでしたか?

神話に包まれていたものの、バレーフォージは確かにワシントンの下の大陸軍にとって一種のターニングポイントでした。バレーフォージでの1777-78年の冬は、1780年にニュージャージー州モリスタウンで兵士が苦しんだほど厳しくはありませんでしたが、それでもバレーフォージの男性は厳しい状況と定期的な食糧不足に苦しんでいました。彼らの苦しみにもかかわらず、バレーフォージの兵士たちは、規律のない、ほとんど効果のない兵士の雑巾がけのグループから、イギリス軍に勝利することができる訓練された秩序ある軍隊に変身しました。

バレーフォージで見られた急速な改善は、主にプロイセンの将校からアメリカの愛国者、バロンフォンスチューベンに転向したことによるものです。スチューベンの努力は訓練を改善しただけでなく、アメリカ軍が使用する訓練マニュアルを標準化し、彼らに誇りと名誉の感覚を与えました。春までに、自信と士気は劇的に向上し、ワシントンはバレーフォージから優れた軍隊を率いてイギリス軍と新たに対峙する準備をしました。

海軍はどのような役割を果たしましたか?

革命が始まったとき、イギリス海軍は270隻の船を自由に使えるようにしていました。その数は紛争の終わりまでに478に膨れ上がった。イギリス海軍は、北アメリカと世界のほぼどこにでも自由に軍隊を移動させて供給することができるという大きな利点をイギリスに与えました。

大陸海軍は1775年に小さな船で始まり、北米の海岸線の海域を巡視する船はほんの一握りでした。しかし、フランスから貸与された船と植民地で建造された新しい船のおかげで、大陸海軍は1777年にその名前の31隻でピークに達しました。大陸海軍は強力なイギリス海軍を完全に打ち負かすことはできませんでしたが、公海でのイギリスの商取引を妨害し、優れた船に対して勝利を収め、イギリス諸島周辺での襲撃にも成功しました。ジョンポールジョーンズのような男性は、米海軍の形成を助けました。

大陸海軍を補うのは、「私掠船」として知られる男性が将校を務める私掠船の艦隊でした。私掠船は大陸会議によって渡された契約を保持し、可能な限りイギリスの軍艦と輸送に大混乱をもたらすように指示されました。私掠船は戦争で最も成功したアメリカの軍艦であり、300隻以上のイギリスの船を捕獲しました。

どんな大砲が使われましたか?

野戦砲の一般的なタイプは3、6、18ポンド砲で、銃が発射した砲弾の重さにちなんで名付けられました。大口径の発射体をターゲットに高い弧を描いて投げた大型の大砲と迫撃砲は、破壊能力を考慮して攻城戦でよく使用されました。大砲に比べて砲身が短く、口径が大きい榴弾砲も両側で使用されました。

イギリス軍とアメリカ軍の両方が多数の大砲、榴弾砲、迫撃砲を配備しましたが、それらは主に戦場で支援的な役割を果たし、南北戦争時代の大砲と同じ量の破壊力を持っていることはめったにありませんでした。

騎兵はどのような役割を果たしましたか?

騎兵の使用は地域によって異なりますが、全体として、騎兵部隊は小さく、偵察、攻撃、襲撃、または戦闘中の部隊の支援に使用されていました。騎兵は、いくつかのピストル、サーベル、カービン銃のマスケット銃など、さまざまな武器を携行していました。騎兵隊に特有の兵士は、しばしば革製のヘルメットと改造された制服を身に着けていました。

両陣営はまた、歩兵と騎兵を1つのユニットにまとめた軍団を使用しました。軍団は素早く動くことができ、非常に用途が広い。例としては、アメリカのヘンリー「ライトホースハリー」リーの軍団や、イギリスの中佐バナスタータールトンの指揮下にある「ターレトンの襲撃者」があります。

スパイは戦争の過程を通して双方によって広く使われました。男性と女性は、情報を収集し、情報を渡すために命を危険にさらしました。イギリス人に捕らえられて絞首刑にされたネイサン・ヘイルは、最も有名なアメリカのスパイの1人です。イギリスの将校ジョン・アンドレはベネディクト・アーノルドと協力し、アメリカ人に捕まり、絞首刑にされました。ジェームズアーミステッドラファイエットは、コーンウォリス将軍の本部へのアクセスを得るために暴走した奴隷の役割を果たしている最も有名なアフリカ系アメリカ人の奴隷です。その結果、アーミステッドは少数のスパイができることを達成しました。それは、イギリス戦争部の中心部への直接アクセスです。多くの女性はスパイとして働き、移動の自由を利用して情報を収集し、線を通過しました。彼らには、フィラデルフィアのアンベイツとサウスカロライナのエミリーガイガー、そしてリディアバリントンダラーグが含まれます。

始めるのに最適な場所として、次の本をお勧めします。

アメリカ独立戦争の戦場と場所の保存状況はどうなっていますか?

大規模な戦闘サイトやキャンプサイトのいくつかは国立公園または州立公園として保存されていますが、驚くべき数は保存されていないか、部分的にしか保存されていません。多くのエンゲージメントサイトで重要な領域を節約する大きな可能性がまだあります。

独立戦争の戦場を救うために行動を起こす方法と参加する方法を学びましょう。


北米では、独立戦争の戦いと小競り合いが13のイギリス植民地すべてで行われました。

ニューハンプシャー植民地
マサチューセッツ湾の州
ロードアイランド植民地とプロビデンスプランテーション
コネチカット植民地
ニューヨーク植民地
ニュージャージー植民地
ペンシルベニア州
デラウェア植民地
メリーランド州
バージニア植民地と支配
ノースカロライナ州
サウスカロライナ州
ジョージア州

アメリカ独立戦争はマサチューセッツで始まりましたが、戦いの大部分はニューヨーク、ニュージャージー、サウスカロライナで行われ、これら3つの植民地だけで300以上の軍事的関与が発生しました。

アメリカ独立戦争は、世界中の他の国や地域にも広がり、英蘭戦争および第四次英蘭戦争として知られていました。

英仏戦争は次の場所で発生しました。
カナダ
西インド諸島
イーストインディーズ
ジブラルタル海峡
バレアレス諸島

第四次英蘭戦争は次の場所で発生しました。
インド
セイロン
スマトラ
カリブ海
オランダ領ケープ植民地


コンテンツ

1889年、ジョージワシントン大統領の就任100周年が祝われ、アメリカ人は自分たちの過去を認識するための追加の方法を模索しました。アメリカ合衆国の歴史に対する新たな関心から、多くの愛国的で保存的な社会が設立されました。 1890年7月13日、アメリカ革命の息子達が女性のグループへの参加を拒否した後、メアリースミスロックウッドは愛国者ハンナホワイトアーネットの物語を ワシントンポスト、 「アメリカ革命の娘たちがハンナ・アーネットをどこに置くのか」と尋ねる。 [7]その年の7月21日、ハンナ・ホワイト・アーネットの曾孫であるウィリアム・O・マクダウェルが次の記事を発表しました。 ワシントンポスト アメリカ革命の娘たちとして知られる社会の形成を支援することを申し出ます。 [7]協会の最初の会議は、1890年8月9日に開催されました。[7]

最初のDAR支部は、1890年10月11日に[8]、DARの4人の共同創設者の1人であるメアリースミスロックウッドの本拠地であるストラスモアアームズで組織されました。他の創設者は、ジョージワシントンの曾祖母であるユージニアワシントン、エレンハーディンウォルワース、メアリーデシャでした。彼らはまた、1890年8月に組織会議を開催した。[9] 10月の他の出席者は、アメリカ革命の息子達のメンバーであるジョージ・ブラウン・グッド登録局長、A。ハワード・クラーク事務局長、ウィリアム・O・マクダウェル(SARメンバー#1)、ウィルソンL.ギル(最初の会議の秘書)、および他の18人。

ベンジャミン・ハリソン大統領の妻であるファースト・レディ、キャロライン・ラビナ・スコット・ハリソンは、DARの創設に名声を与え、初代大統領を務めました。ホワイトハウスの改修を開始した後、彼女は歴史的保存に興味を持っていました。彼女は、1896年に議会憲章によって組み込まれたDARの目標の確立を支援しました。

この同じ時期に、アメリカ植民地時代のダム、メアリーワシントン記念協会、バージニア古物の保存、連合国の娘連合、南部連合軍退役軍人の息子などの組織も設立されました。これは、この時期に繁栄した多くの友愛団体や市民団体に追加されたものです。

DARは、全国協会、州協会、支部の3つの協会レベルで構成されています。州協会は、米国の州、コロンビア特別区、または少なくとも1つのDAR支部があるその他の国で結成される場合があります。支部は、同じ市または町に住む最低12人の会員または会員候補者によって編成できます。 [10]

各協会または支部は、さまざまな役員で構成される理事会によって監督されています。全国レベルの役員は次のとおりです。総裁、第一副総裁、従軍聖職者、記録事務局長、対応する事務局長、組織事務局長、会計総長、登録局長、歴史総長、司書総長、学芸員総長、および記者総長が指定されます執行役員、および21人の副社長として。これらの役員は、州および支部レベルでミラーリングされていますが、いくつかの変更があります。州および支部には、大統領の代わりに摂政があり、21人の副大統領が1人の副大統領になり、「将軍」の称号は次のようになります。 「州」または「章」のいずれかのタイトルに置き換えられました。例:第一副大統領は州第一副摂政になります。 [11]

DAR支部は、多くの歴史的保存と愛国的な取り組みを開始するために資金を調達しました。 They began a practice of installing markers at the graves of Revolutionary War veterans to indicate their service, and adding small flags at their gravesites on Memorial Day.

Other activities included commissioning and installing monuments to battles and other sites related to the War. The DAR recognized women patriots' contributions as well as those of soldiers. For instance, they installed a monument at the site of a spring where Polly Hawkins Craig and other women got water to use against flaming arrows, in the defense of Bryan Station (present-day Lexington, Kentucky).

In addition to installing markers and monuments, DAR chapters have purchased, preserved, and operated historic houses and other sites associated with the war.

DAR Hospital Corps (Spanish-American War, 1898) Edit

The U.S. military did not have an affiliated group of nurses to treat servicemembers during wartime. At the onset of the Spanish-American War in 1898, the U.S. Army appointed Dr. Anita Newcomb McGee as Acting Assistant Surgeon to select educated and experienced nurses to work for the Army. As Vice President of the DAR (who also served as NSDAR's first Librarian General), Dr. McGee founded the DAR Hospital Corps to vet applicants for nursing positions. The DAR Hospital Corps certified 1,081 nurses for service during the Spanish–American War. DAR later funded pensions for many of these nurses who did not qualify for government pensions. Some of the DAR-certified nurses were trained by the American Red Cross, and many others came from religious orders such as the Sisters of Charity, Sisters of Mercy, and Sisters of the Holy Cross. [12] [13] These nurses served the U.S. Army not only in the United States but also in Cuba and the Philippines during the war. They paved the way for the eventual establishment—with Dr. McGee's assistance—of the Army Nurse Corps in 1901. [14]

Textbook committees Edit

During the 1950s, statewide chapters of the DAR took an interest in reviewing school textbooks for their own standards of suitability. In Texas, the statewide "Committee on Investigations of Textbooks" issued a report in 1955 identifying 59 textbooks currently in Texas public schools that had "socialistic slant" or "other deficiencies" including references to "Soviet Russia" in the ブリタニカ百科事典。 [15] In 1959, the Mississippi chapter's "National Defense Committee" undertook a state lobbying effort that secured an amendment to state law which added "lay" members to the committee reviewing school textbooks. A DAR board member was appointed to one of the seats. [16]

Other historic accomplishments Edit

  • The DAR Museum was founded in 1890 as a repository for family treasures. Today, the museum contains over 30,000 historical relics that form a collective memory of the decorative and fine arts in America from 1700 to 1850.
  • The DAR Library was founded in 1896 as a collection of genealogical and historical publications for the use of staff genealogists verifying application papers for the National Society Daughters of the American Revolution. Shortly after 1900 the growing collection was opened to the public and has remained so ever since.
  • During the Spanish–American War, DAR purchased a ship's tender for the USS ミズーリ to be used as a hospital launch for transporting the wounded from shore to ship.
  • To help with the war effort during World War I, DAR loaned its National Headquarters land to the United States. The federal government used the land to erect a temporary war office building that provided office space for 600 people.
  • After World War I, DAR funded the reconstruction of the water system in the village of Tilloloy, France, and donated more than $130,000 for the support of 3,600 French war orphans.
  • DAR provided materials for sewing, wood, and leatherwork to the immigrants detained for processing on Ellis Island. This helped to alleviate the depression and anxiety of these men and women who were strangers in a new land.
  • [17] In 1921, DAR compiled and published the "DAR Manual for Citizenship." DAR distributed this guide to American immigrants at Ellis Island and other ports of entry. To date, more than 10 million manuals have been distributed.
  • From November 1921 until February 1922, world leaders met in DAR Memorial Continental Hall for the Conference on Limitation of Armaments, a groundbreaking meeting for peace.
  • The Americana Collection, founded in the early 1940s, brought together rare manuscripts and imprints previously scattered among the holdings of the DAR Museum and DAR Library. Today, the collection flourishes from more than 60 years of actively seeking out and acquiring artifacts that reflect a unique image of our nation.
  • DAR raised thousands of dollars to assist in the re-forestation project of the U.S. Forest Service during the 1940s.
  • During World War II, DAR provided 197,000 soldiers with care packages and sponsored all 89 crews of Landing Craft Infantry ships.
  • During World War II, the use of the DAR buildings was given to the American Red Cross. A children's day nursery was set up in the basement of Constitution Hall for enlisted men's wives who had to go to work.
  • The tradition of celebrating the Constitution was started many years ago by the Daughters of the American Revolution. In 1955, the DAR petitioned Congress to set aside September 17–23 annually to be dedicated for the observance of Constitution Week. The resolution was later adopted by the U. S. Congress and signed into Public Law #915 on August 2, 1956, by President Dwight D. Eisenhower. [18]

There are nearly 180,000 current members of the DAR in approximately 3,000 chapters across the United States and in several other countries. The organization describes itself as "one of the most inclusive genealogical societies" [19] in the United States, noting on its website that, "any woman 18 years or older — regardless of race, religion, or ethnic background — who can prove lineal descent from a patriot of the American Revolution, is eligible for membership". [19] The current DAR President General is Denise Doring VanBuren, a former public relations executive from New York.

Eligibility Edit

Membership in the DAR today is open to all women, regardless of race or religion, who can prove lineal bloodline descent from an ancestor who aided in achieving United States independence. [1] The National Society DAR is the final arbiter of the acceptability of the documentation of all applications for membership.

Qualifying participants in achieving independence include the following:

  • Signatories of the United States Declaration of Independence
  • Military veterans of the American Revolutionary War, including State navies and militias, local militias, privateers, and French or Spanish soldiers and sailors who fought in the American theater of war of provisional or State governments, Continental Congress and State conventions and assemblies
  • Signers of Oath of Allegiance or Oath of Fidelity and Support
  • Participants in the Boston Tea Party
  • Prisoners of war, refugees, and defenders of fortresses and frontiers doctors and nurses who aided Revolutionary casualties ministers petitioners and
  • Others who gave material or patriotic support to the Revolutionary cause. [1]

The DAR published a book, available online, [20] with the names of thousands of minority patriots, to enable family and historical research. Its online Genealogical Research System (GRS) [21] provides access to a database, and it is digitizing family Bibles to collect more information for research.

The organization has chapters in all 50 U.S. states and in the District of Columbia. DAR chapters have been founded in Australia, Austria, the Bahamas, Bermuda, Canada, France, Germany, Italy, Japan, Mexico, Spain, and the United Kingdom. The DAR is a governing organization within the Hereditary Society Community of the United State of America, and each DAR President General has served on HSC's board since its inception.

Education outreach Edit

The DAR contributes more than $1 million annually to support six schools that provide for a variety of special student needs. [22] Supported schools:

In addition, the DAR provides $70,000 to $100,000 in scholarships and funds to American Indian youth at Chemawa Indian School, Salem, Oregon Bacone College, Muskogee, Oklahoma and the Indian Youth of America Summer Camp Program. [23]

Civic work Edit

DAR members participate in a variety of veteran and citizenship-oriented projects, including:

  • Providing more than 200,000 hours of volunteer time annually to veterans in U.S. Veterans Administration hospitals and non-VA facilities
  • Offering support to America's service personnel in current conflicts abroad through care packages, phone cards and other needed items
  • Sponsoring special programs promoting the Constitution during its official celebration week of September 17–23
  • Participating in naturalization ceremonies

Exhibits and library at DAR Headquarters Edit

The DAR maintains a genealogical library at its headquarters in Washington, DC and provides guides for individuals doing family research. Its bookstore presents scholarship on United States and women's history.

Temporary exhibits in the galleries have featured women's arts and crafts, including items from the DAR's quilt and embroidery collections. Exhibit curators provide a social and historical context for girls' and women's arts in such exhibits, for instance, explaining practices of mourning reflected in certain kinds of embroidery samplers, as well as ideals expressed about the new republic. Permanent exhibits include American furniture, silver and furnishings.

Literacy promotion Edit

In 1989, the DAR established the NSDAR Literacy Promotion Committee, which coordinates the efforts of DAR volunteers to promote child and adult literacy. Volunteers teach English, tutor reading, prepare students for GED examinations, raise funds for literacy programs, and participate in many other ways. [24]

American history essay contest Edit

Each year, the DAR conducts a national American history essay contest among students in grades 5 through 8. A different topic is selected each year. Essays are judged "for historical accuracy, adherence to topic, organization of materials, interest, originality, spelling, grammar, punctuation, and neatness." The contest is conducted locally by the DAR chapters. Chapter winners compete against each other by region and nationally national winners receive a monetary award. [25]

Scholarships Edit

The DAR awards $150,000 per year in scholarships to high school graduates, and music, law, nursing, and medical school students. Only two of the 20 scholarships offered are restricted to DAR members or their descendants. [26]

In 1932 the DAR adopted a rule excluding African-American musicians from performing at DAR Constitution Hall in response to complaints by some members against "mixed seating," as both black and white people were attracted to concerts of black artists. In 1939, they denied permission for Marian Anderson to perform a concert. First Lady Eleanor Roosevelt resigned from the organization. In her letter to the DAR, Roosevelt wrote, "I am in complete disagreement with the attitude taken in refusing Constitution Hall to a great artist. You had an opportunity to lead in an enlightened way and it seems to me that your organization has failed." As the controversy grew, the American press overwhelmingly backed Anderson's right to sing. The Philadelphia Tribune wrote, "A group of tottering old ladies, who don't know the difference between patriotism and putridism, have compelled the gracious First Lady to apologize for their national rudeness." NS リッチモンドタイムズ-ディスパッチ wrote, "In these days of racial intolerance so crudely expressed in the Third Reich, an action such as the D.A.R.’s ban. . . seems all the more deplorable." At Eleanor Roosevelt's behest, President Roosevelt and Walter White, then-executive secretary of the NAACP, and Anderson's manager, impresario Sol Hurok arranged an open-air concert on the steps of the Lincoln Memorial with a dignified and stirring rendition of "America (My Country, 'Tis of Thee)." The event attracted a crowd of more than 75,000 in addition to a national radio audience of millions. [27] The DAR officially reversed its "white performers only" policy in 1952. [28] In 1977, Karen Batchelor Farmer (now Karen Batchelor) of Detroit, Michigan, was admitted as the first known African-American member of the DAR. [29] Batchelor's admission as the first known African-American member of DAR sparked international interest after it was featured in a story on page one of ニューヨークタイムズ。 [30]

In 1984, Lena Lorraine Santos Ferguson, a retired school secretary, was denied membership in a Washington, D.C. chapter of the DAR because she was Black, according to a report by ワシントンポスト。 [31] Ferguson met the lineage requirements and could trace her ancestry to Jonah Gay, a white man who fought in Maine. [31] When asked for comment, Sarah M. King, the President General of the DAR, told ワシントンポスト that the DAR's chapters have autonomy in determining members. [31] King went on to tell ワシントンポスト reporter Ronald Kessler, "Being black is not the only reason why some people have not been accepted into chapters. There are other reasons: divorce, spite, neighbors' dislike. I would say being black is very far down the line. There are a lot of people who are troublemakers. You wouldn't want them in there because they could cause some problems." [31] After King's comments were reported in a page one story, outrage erupted, and the D.C. City Council threatened to revoke the DAR's real estate tax exemption. King quickly corrected her error, saying that Ferguson should have been admitted, and that her application had been handled "inappropriately". DAR changed its bylaws to bar discrimination "on the basis of race or creed." In addition, King announced a resolution to recognize "the heroic contributions of black patriots in the American Revolution." [32]

Since the mid-1980s, the DAR has supported a project to identify African-Americans, Native Americans, and individuals of mixed race who were patriots of the American Revolution, expanding their recognition beyond soldiers. [33] In 2008, DAR published Forgotten Patriots: African-American and American Indian Patriots in the Revolutionary War. [20] [33] In 2007, the DAR posthumously honored Mary Hemings Bell, who was enslaved by Thomas Jefferson at Monticello, as a "Patriot of the Revolution." Since Hemings Bell has been honored as a Patriot, all of her female descendants qualify for membership in the DAR. [34] Wilhelmena Rhodes Kelly, in 2019, became the first African-American elected to the DAR National Board of Management when she was installed as New York State Regent in June. [35]

Living members Edit

    , American academic, chief executive officer and dean, Kent State University Stark[36] , first African-American woman federal judge appointed by President Donald Trump and confirmed by the Senate, and first African-American woman on the United States District Court for the Northern District of Texas in its 140-year history. , former First Lady of the United States[37] , former First Lady of the United States, politician, political and social activist[37] , actress, former model, and conservative political activist [37] , former U.S. Senator from North Carolina, former transportation secretary, labor secretary, American Red Cross president, Federal Trade Commissioner, presidential candidate, and presidential advisor[37] , American Army veteran, former U.S. Representative, and from 2017, U.S. Senator from Illinois. Duckworth is depicted along with Molly Pitcher in a statue sponsored by the DAR Illinois chapter and dedicated to women veterans on the grounds of the Brehm Memorial Library in Mt. Vernon, Illinois [38] , chemistry professor , painter , writer and psychotherapist. [37] , NASA astronaut [37]

Deceased members Edit

    , activist and Nobel Peace Prize winner [37] (1833–1909), American temperance reformer and lecturer , American suffragist [37] , national chairman of Colonial Relics [39] (1846–1910), litterateur and author , American Red Cross founder [37] (1846-1911), suffragist, clubwoman, author , State Chairman and member of National Committee for Genealogical and Historical Research [39] , first Democratic woman to serve in the Illinois House of Representatives. She served as the Illinois State Regent. [40][41] , State Recording and Secretary of the California Daughters of the American Revolution [39] (1889–1980), First Lady of North Carolina [42] , Hollywood chapter [39] (1807–1857), author (1835–1918), author, newspaper editor, librarian, university dean , established and developed the Geography Department at the San Diego State Teachers College[39] (1814–1909) – suffragist, activist, writer [43] , first registrar of the General Edward Hand Chapter [39] (1863–1953), American physician, suffragist , supporter of the New York Philharmonic (1853–1935), author, journalist, translator (1831-1894), author and poet , Executive Secretary of the Oregon Tuberculosis Association [39] , American philanthropist who worked mainly with the Igorot people of the Philippine Islands [39] , founder of Christian Science church , Rubidoux Chapter [39] , Spanish princess and author [44] , American writer [39] (1837–1897), American musician, linguist, author, critic , prominent club and civic worker of Portland. She was the first President of the Oregon Federation of Business and Professional Women [39] , Wyoming clubwoman and one of the best known women of her time in the oil business [39] , actress [37] , held several high offices in Daughters of the American Revolution organization [39]
  • Isophene Goodin Bailhache, national vice chairman of Historic Spots, State Officer, Chapter Regent [39] , mathematician and cryptanalyst who founded the Venona project[45] , attorney and member of Piedmont Board of Education [39] , American botanist [46] , from 1920 to 1922, State Regent of the Daughters of the American Revolution [39] , former First Lady of the United States [37] , Rear Admiral, USNR [37][47] (1825-1900), Founder First Regent D.A.R. Valley Forge Chapter, Hosted 1891 DAR National Leadership visit to Valley Forge, [48]Prayer Desk Dedicated at VF Memorial Chapel in her honor, [49] Founder, Regent Centennial and Memorial Association, [50][51] Civil War Nurse, Author. [52] (1860-1922), Deputy Superintendent Public Instruction in New Hampshire , national chairman of Historical and Literary Reciprocity Committee of the Daughters of the American Revolution [39]
  • Colonel Westray Battle Long, Director of the Women's Army Corps , State Regent of the Daughters of the American Revolution [39] (1846–1934), teacher, lecturer, clubwoman, and author , member [39] , member [39] , educator and originator of Memorial Day Poppies [53] , M.D., physician and medical journal editor , founder of the Army Nurse Corps [37] , artist and DAR President General, 1920-1923 [54] (1847-1919), national president Woman's Relief Corps , founder of The Morse School of Expression, St. Louis [55] , held positions in several organizations [39] , folk artist [37][56] (1845–1921), poet, author, and musical composer , leader in promoting the colonial history of the United States [39] , columnist, conservative activist, and segregationist (?–1943), author, editor , musician and leader in civic and social affairs [39] , American suffragist [37] , twice president of the Oklahoma Library Association, the first professional in the Library Science field in the Oklahoma City system [39] , First Lady of the United States , officer of the Jefferson Chapter [56] , member [39] , author, journalist , former Attorney General of the United States [37] , engineer, known for her contribution to the completion of the Brooklyn Bridge , actress and dancer [37] , First Lady of the United States. She resigned her membership in protest of racism. , one of the pioneer women of the state of Montana [39] , national president of the Woman's Relief Corps [57] , conservative political activist and writer [37] , DAR President General [1] , Registered Nurse, army nurse overseas during World War I and director of American Red Cross Nursing Service in Albania and Montenegro [39] , noted artist and cartographer (1843–1915), composer, poet, author , US Congresswoman and US Senator [37] , Lady Stirling Chapter [39] (1854-1935), social reformer, clubwoman, author , president of the Arizona State Nurses' Association from 1927 to 1928 [39] (1829-1907), National President, Woman's Relief Corps , sculptor, art patron and collector, and founder in 1931 of the Whitney Museum of American Art[58] , Founder of Guam Community College, first female President of a Florida Community College, first woman chemical engineer graduate from Vanderbilt University. Received the National Community Service Award from DAR. [59] , historian and socialite, founding member of the Mississippi Delta Chapter , First Lady of North Carolina , member [39] (1843-1909), author, editor, clubwoman (1843-1918), national president of the Woman's Relief Corps

A memorial to the Daughters of the American Revolution's four founders, at Constitution Hall in Washington, D.C., was dedicated on April 17, 1929. It was sculpted by Gertrude Vanderbilt Whitney, a DAR member. [60] [61]

  1. ^ NSNSNS"How to Join". Daughters of the American Revolution . Retrieved April 14, 2018 .
  2. ^ Continental Congress membership report
  3. ^ Daughters of the American Revolution. (2013)。の Encyclopædia Britannica. Retrieved from library.eb.com
  4. ^
  5. Maslin Nir, Sarah (July 3, 2012). "For Daughters of the American Revolution, a New Chapter". ニューヨークタイムズ 。 Retrieved May 23, 2016 .
  6. ^
  7. Plys, Kate (July 4, 1991). "I Had Luncheon With the DAR". Chicago Reader。 Sun-Times Media . Retrieved May 23, 2016 .
  8. ^ "The Franklin D. Roosevelt Presidential Library and Museum." Franklin D. Roosevelt Presidential Library and Museum - Marian Anderson. N.p., n.d. Web. May 23, 2016.
  9. ^ NSNSNS
  10. Daughters of the American Revolution Magazine。 1915 . Retrieved October 30, 2014 .
  11. ^
  12. Contributed. "DAR honors Real Daughters of the Revolutionary War buried in Redlands". Redlands News 。 Retrieved February 5, 2020 .
  13. ^National Society of the Sons of the American Revolution 1991, p. 22. harvnb error: no target: CITEREFNational_Society_of_the_Sons_of_the_American_Revolution1991 (help)
  14. ^
  15. National Bylaws of the National Society of the Daughters of the American Revolution。 pp. 26, 36.
  16. ^
  17. National Bylaws of the National Society of the Daughters of the American Revolution。 NS。 12.12。
  18. ^
  19. "Daughters of the American Revolution: Did You Know?" 。 Retrieved October 4, 2019 .
  20. ^
  21. エド。 Feller, Carolyn M. and Debora R. Cox (2016). Highlights in the History of the Army Nurse Corps。 Washington, D.C.: U.S. Army Center of Military History. NS。 5.5。
  22. ^
  23. Gessner, Ingrid (2015). "Heroines of Health: Examining the Other Side of the "Splendid Little War " ". European Journal of American Studies。 10–1, Special Issue: Women in the USA: 1–20 – via OpenEdition.
  24. ^
  25. "Feb 21, 1955 Issue | Texas Observer Print Archives". issues.texasobserver.org 。 Retrieved July 6, 2020 .
  26. ^
  27. United States Congressional Serial Set。合衆国政府印刷局。 1962年。
  28. ^
  29. "NSDAR Web page".
  30. ^
  31. "Daughters of the American Revolution". Daughters of the American Revolution.
  32. ^ NSNS
  33. "DAR History". Daughters of the American Revolution 。 Retrieved May 24, 2016 .
  34. ^ NSNS
  35. "Forgotten Patriots Book". Daughters of the American Revolution.
  36. ^
  37. "DAR Genealogical Research Databases". services.dar.org.
  38. ^
  39. "DAR Supported Schools". DAR . Retrieved November 8, 2007 .
  40. ^
  41. "Work of the Society: DAR Schools". DAR . Retrieved July 29, 2009 .
  42. ^
  43. "Literacy Promotion". DAR . Retrieved November 8, 2007 .
  44. ^
  45. "American History Essay". DAR . Retrieved November 8, 2007 .
  46. ^
  47. "Scholarships". DAR . Retrieved November 8, 2007 .
  48. ^
  49. "Exhibit: Eleanor Roosevelt Letter". NARA. February 26, 1939 . Retrieved October 8, 2006 .
  50. ^Kennedy Center, "Biography of Marian Anderson"Archived January 6, 2008, at the Wayback Machine.
  51. ^"Karen Farmer"Archived December 17, 2009, at the Wayback Machine, American Libraries 39 (February 1978), p. 70 Negro Almanac, pp. 73,1431 Who's Who among Africans, 14th ed., p. 405.
  52. ^
  53. Stevens, William K. (December 28, 1977). "A Detroit Black Woman's Roots Lead to a Welcome in the D.A.R. Black Woman's Roots Lead to a Welcome in D.A.R". ニューヨークタイムズ.
  54. ^ NSNSNSNS
  55. Kessler, Ronald (March 12, 1984). "Sponsors Claim Race Is Stumbling Block". ワシントンポスト。 NS。 1.1。
  56. ^
  57. Kessler, Ronald (April 18, 1984). "DAR Chief Says Black's Application Handled 'Inappropriately ' ". ワシントンポスト.
  58. ^ NSNS
  59. "Forgotten Patriots". Daughters of the American Revolution.
  60. ^American Spirit Magazine, Daughters of the American Revolution, January–February 2009, p. 4
  61. ^
  62. Hajela, Deepti. "Daughters of the American Revolution Welcomes First Black Woman, Wilhelmena Rhodes Kelly, to National Board". Black Christian News Network One。 Associated Press . Retrieved November 28, 2019 .
  63. ^
  64. "Kent State Stark - Kent State University". www.stark.kent.edu.
  65. ^ NSNSNSNSeNSNSNSNSklNSNSoNSNSNSNS
  66. "Dazzling Daughters, 1890–2004". Americana Collection exhibit。 DAR . Retrieved October 8, 2006 .
  67. ^
  68. "Walter Burdick Chapter: Gallery". Walter Burdick Chapter, National Society Daughters of the American Revolution (NSDAR) . Retrieved April 14, 2018 .
  69. ^ NSNSNSNSeNSNSNSNSklNSNSoNSNSNSNSNSuvwxyzaaabacad
  70. Binheim, Max Elvin, Charles A (1928). Women of the West a series of biographical sketches of living eminent women in the eleven western states of the United States of America 。 Retrieved August 8, 2017 . This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  71. ^
  72. Moss Scott, Rose (1929). "Pierre Menard". Daughters of the American Revolution。 Illinois Printing Company. NS。 109。
  73. ^
  74. Musser, Ashley Dutton, Julie (February 11, 2016). "Illinois Women in Congress and General Assembly" (PDF) . Springfield, Illinois: Illinois Legislative Research Unit . Retrieved August 21, 2017 .
  75. ^
  76. "Broughton, Alice Harper Willson | NCpedia". www.ncpedia.org 。 Retrieved April 28, 2021 .
  77. ^
  78. Daughters of the American Revolution (1905). The American Monthly Magazine. 28 (Public domain ed.). R.R. Bowker Company.
  79. ^ Hunter, Ann Arnold, A Century of Service: The Story of the DAR, NS。 63
  80. ^
  81. "GRABEEL, GENE". リッチモンドタイムズ-ディスパッチ。 February 15, 2015 . Retrieved June 20, 2017 .
  82. ^
  83. Revolution, Daughters of the American (1923). Lineage Book。 The Society . Retrieved July 23, 2019 .
  84. ^
  85. Homan, Wayne. "The Woman Who Saved The Shrine". King of Prussia Historical Society。 Philadelphia Inquirer.
  86. ^
  87. "Patriots Visit Valley Forge: A Distinguished Party Inspects Historic Spots". Newspapers.com。 Philadelphia Inquirer.
  88. ^
  89. Fornance, Ellen (1917). "Prayer Desk Dedication - Washington Memorial Chapel (Pages 44-45". Googleブックス。 Daughters of the American Revolution Magazine.
  90. ^
  91. "Backstory of Washington's Headquarters". King of Prussia Historical Society.
  92. ^
  93. Stager, Henry J. "Full Text of History of Centennial and Memorial Association of Valley Forge". Archive.org。 U.S. NPS, LOC.
  94. ^
  95. Holstein, Anna Morris (1867). "Three Years In Field Hospitals Of The Army of The Potomac". Googleブックス。 J.B. Lippincott, 1867.
  96. ^
  97. "Rossiter: Poppy lady's legacy lives on". Archived from the original on May 25, 2015 . Retrieved May 23, 2015 .
  98. ^
  99. "Death Takes Mrs. Minor in Waterford". ハートフォード・クーラント。 October 25, 1947. p. 4 . Retrieved March 30, 2021 .
  100. ^
  101. "Elizabeth Morse Funeral To Be in De Soto Tomorrow - 12 Jan 1948, Mon • Page 17". セントルイスポストディスパッチ: 17. 1948 . Retrieved January 26, 2018 .
  102. ^ NSNS
  103. Johnson, Anne (1914). Notable women of St. Louis, 1914。 St. Louis, Woodward. NS。 188 . Retrieved August 17, 2017 . This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  104. ^
  105. Daughters of the American Revolution (1901). Lineage Book。 The Society. pp. 18–.
  106. ^
  107. "The Four Founders". Daughters of the American Revolution.
  108. ^
  109. "Maryly VanLeer Peck". Florida Women's Hall of Fame。 Florida Commission on the Status of Women . Retrieved March 29, 2018 .
  110. ^
  111. "Founders Memorial". Daughters of the American Revolution 。 Retrieved October 31, 2014 .
  112. ^
  113. "Daughters of the American Revolution, Founders statue at Constitution Hall in Washington, D.C. by Gertrude Vanderbilt Whitney located in James M. Goode's Foggy Bottom area" . Retrieved November 15, 2014 .

This article incorporates public domain material from websites or documents of the National Archives and Records Administration.


Top 10 Similar Topics

We use cookies to personalyze your web-site experience. By continuing we’ll assume you board with our cookie policy.

Haven't found the right essay?

Get an expert to write you the one you need!

Professional writers and researchers

Sources and citation are provided

Students who find writing to be a difficult task. If you fit this description, you can use our free essay samples to generate ideas, get inspired, and figure out a title or outline for your paper.


V. Changes in the American Colonies

Before the French-Indian war and the “intolerable acts, there were changes happening in the American colonies that made waging the Revolutionary War possible. To put it succinctly, the war could not have been fought in 1710 because an independent culture had not developed in America. What led to the development were things like decreased English immigration to America (ties with England were weakened), the First Great Awakening, and trans-colonial institutions like postal networks and newspapers.


The American Revolution: A World War

This website is based on an exhibition that was on view at the National Museum of American History from June 2018 to July 2019.

"A compleat History of the American War. is nearly the History of Mankind for the whole Epocha of it. The History of France Spain Holland, England and the Neutral Powers, as well as America are at least comprized in it."

The American Revolution was far more than an uprising of discontented colonists against the British king. It was a world war that involved multiple nations fighting battles on land and sea around the globe. This broader conflict ultimately determined the outcome in America. The Revolution’s origins lay as much in the Seven Years’ War as in colonists’ discontent. Major American victories, especially the final one at Yorktown, required extensive support from allies. Once won, the Revolution’s consequences echoed far beyond American shores.

By the early 1700s, leading European nations were competing around the world for wealth and power, establishing far-flung colonies or trading outposts. The British colonies in North America were just one example. Note the details in this remarkable 1719 map, which illustrates the imperial worldviews of European rulers of the era as well as the limits of their knowledge.


What Started the American Revolution? - 歴史

The OP obviously suffers from bumper sticker simplicity, as though there could have been but one cause which rendered all other concerns moot.

The American Revolution came about when a tax revolt which had been going on for years in new England, became fused with middle and southern state interests in western expansion which had been prohibited by the British.

And the tax revolt itself was less about the specifics of any particular tax, and more about what the relationship of the colonies were to the empire. As long as the colonies reserved the right to tax themselves, they could take the position that they were an entity independent of Parliament, but simultaneously loyal subjects of the King. The mentality was that Parliament took care of English affairs, local assemblies could take care of governing of the colonies.

There was also the cultural element. America was different in character from Great Britain. Land ownership in Europe had been settled for centuries and no new opportunities existed for the landless. Primogeniture custom dictated that the eldest son inherited all of the land to keep the estate intact, younger sons were encouraged toward military or clerical careers. In the colonies the eldest son would inherit, but the younger sons would simply move west and start their own farms. As did their sons. the result was that land ownership, and thus voter qualification, was five times more widespread in the colonies than it was back in England.

This system flourished only so long as land was plentiful and available, which it was until the second half of 18th Century. When the colonists started bumping up against the Appalachians, the desire to cross the mountains and claim the rich and fertile lands that lay between the mountains and the Mississippi, was extremely strong.

Further, many Pennsylvanians, Virginians and Carolinians had paper fortunes based on claims in those western lands. The British edict against expansion would ruin them.

Finally, racism was an additional factor in some cases. The Declaration of Independence, in listing the supposed outrages of King George , included:


The "domestic insurrections" was a direct reference to the threat made by Virginia Royal Governor, John Murray, Earl of Dunmore, to encourage slaves to run away and join the British army where they would be used to put down the revolt. Virginia reacted immediately by forming vigilante groups to sweep through the countryside and collar all black persons attempting any travel. The group that stayed in the field the longest in this activity was led by that champion of freedom, Patrick Henry. There was little that the southern colonists feared more than a slave rebellion and the fact that the British government was attempting to incite one was a destructive blow to southern loyalties.

It was a complex situation with both collective and individual motivations in the mix. To attempt to reduce it to a singular cause is unsupported by the facts.


Causes of the American Revolution

Unknown Revolutionary War Soldier Memorial

In the beginning, the colonies were proud to be British. There were small instances of Parliament’s control that bothered the colonists, like the Currency Acts of 1751 and 1764. But when the French and Indian War took place (1754 – 1763), King George III lost a great deal of money due to buying expensive supplies for his army and the colonies. In order to pay off his debt, he imposed taxes on the colonies without their consent.

This outraged the colonists.

It’s an old saying that you should always look for the money trail. The Protestant Reformation had one, and money was certainly one of the major causes of the American Revolution.

The colonists did not like being taxed for things that had always had free. They immediately began a boycott of British goods.

Now it was the king’s turn to be furious.

King George wasted no time in sending soldiers across the Atlantic to make sure the colonies were behaving as they should.

Soon, what is perhaps the most famous of the causes of the American Revolution came to pass. A young ship owner brought over a ship full of taxed tea from Britain and declared he would see it unloaded …

Causes of the American Revolution:The Boston Tea Party

Boston Tea Party, 1774

The colonists decided they would see none of the tea leave the ship. A group of colonists dressed as American Indians boarded the ship at night and threw the tea overboard into the harbor, ruining all of it. When they saw one of their comrades trying to stuff some in his pockets, they stripped the tea from his grasp and sent him home without his pants. They then stripped the ship owner of his clothes and tarred and feathered him.

This event is now known as the Boston tea party.

I can’t resist reminding you of Mr. Banks’ comment in the movie メアリー・ポピンズ that when the tea was thrown into the harbor, it became “too weak for even Americans to drink.”

Causes of the American Revolution:The Intolerable Acts

In response to the Boston Tea Party, the king imposed the “Intolerable Acts.”

One of the more major causes of the American Revolution, the Intolerable Acts were …

  • The Boston Port Act, closing the port of Boston until the Dutch East India Company had been repaid for the destroyed tea
  • The Massachusetts Government Act, putting the government of Massachussets almost entirely under direct British control
  • The Administration of Justice Act, allowing royal officials to be tried in Britain if the king felt it necessary for fair justice
  • The Quartering Act, ordering the colonies to provide lodging for British soldiers
  • The Quebec Act, expanding British territory in Canada and guaranteeing the free practice of Roman Catholicism.

The Quartering Act incensed the colonies most. The king and parliament revived an old law requiring colonists to house British soldiers in their homes. Because of the Boston Massacre (4 years earlier, in 1770), the colonists were afraid of the soldiers in their homes. They would lay awake at night with fear for their children embedded in their hearts like a knife.

This is when the colonies decided that something must be done.

Causes of the American Revolution:The First Continental Congress

Out of the Intolerable Acts the First Continental Congress was born.

In this congress 55 delegates representing 12 of the 13 colonies—Georgia withheld—argued back and forth as to whether or not they should separate from Britain for killing their people, firing cannons on their cities, closing down Boston’s sea port, and, primarily, imposing the intolerable acts.

The congress was in session for two solid months in September and October of 1774. After much dissension, they decided to send a “Declaration of Rights and Grievances” to King George, hoping their demands would be met. At this point, the colonists still could not foresee separating from Britain.

More ominously, they also endorsed the “Suffolk Reserves,” resolutions passed by Suffolk county in Massachusetts—certainly one of the causes of the American Revolution.

Massachusetts was the colony worst hit by the Intolerable Acts. The Suffolk Reserves warned General Thomas Gage that Massachussets would not tolerate their enforcement and that they would retain possession of all taxes collected in Massachusetts.

After sending the Declaration of Rights and Grievances, the First Continental Congress separated to await Britain’s reply.

Causes of the American Revolution:The Battles of Lexington and Concord

Tension was far too high for the king to respond favorably. The colonists began to amass arms and prepare for what they felt was an inevitable battle with the oppressive British army.

Amos Doolittle engraving of Battle of Lexington published in 1775

It came soon enough. Paul Revere’s ride on April 19, 1775 was to announce the approach of British soldiers to stamp out colonist resistance in the towns of Lexington and Concord.

Lexington was first. The British met only 77 minutemen, and at first were pleased to allow them to leave. However, from some unknown place a shot was fired, and the British opened up on the Americans. Eight were killed, ten wounded, and the British suffered but one minor casualty.

It was made up for at Concord. There the colonists were prepared.

400 minutemen sent the British troops scurrying back to Lexington, completely unprepared to be fired on from the woods during their retreat. Apparently, guerilla tactics were considered ungentleman-like in that day and age.

Ungentlemanly or not, they were effective, and the Americans routed the British all the way back to Boston. There were nearly 300 British casualties, including 73 dead and 23 missing. The Americans suffered less than 100.

Second Continental Congress voting for independence

Causes of the American Revolution:The Second Continental Congress

It was time to do something. The Continental Congress gathered again in May of 1775, where they would become and remain the government of the colonies until the end of the Revolutionary War.

They quickly made an attempt at peace, sending the Olive Branch Petition to King George declaring their loyalty. When it reached the King he pushed it aside and didn’t even read it, and in response he sent a proclamation to the Congress saying that they would all hang for their defiance to the crown.

The Olive Branch Petition

I thought you might be interested in the proposition the 2nd Continental Congress made to King George III:

“Attached to your Majesty’s person, family, and Government, with all devotion that principle and affection can inspire connected with Great Britain by the strongest ties that can unite societies, and deploring every event that tends in any degree to weaken them, we solemnly assure your Majesty, that we not only most ardently desire the former harmony between her and these Colonies may be restored, but that a concord may be established between them upon so firm a basis as to perpetuate its blessings, uninterrupted by any future dissensions, to succeeding generations in both countries, and to transmit your Majesty’s name to posterity.”

This united the colonies and birthed the Declaration of Independence, which bore us to war with Britain.


ビデオを見る: The Seven Years War: Crash Course World History #26 (九月 2022).


コメント:

  1. Broc

    あなたが素晴らしいアイデアで訪れたことを祝福します

  2. Fejas

    アイデアは良いです、あなたは同意します。

  3. Nazshura

    何が必要な言葉...スーパー、壮大なフレーズ

  4. Errando

    上記のすべてが真実を語った。この質問について話し合いましょう。ここまたは午後。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos