新しい

ネスオブブロッガーのオークニー諸島の新石器時代の大聖堂で見つかった人間の骨

ネスオブブロッガーのオークニー諸島の新石器時代の大聖堂で見つかった人間の骨


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

スコットランドのオークニー諸島のネスオブブロッガーにある広大な新石器時代の大聖堂を発掘した考古学者は、人間の腕の骨をまれに発見しました。単一の骨の発見は報道価値がないように思われるかもしれませんが、この発見が特別である理由は、この古代の場所では人間の遺体が非常にまれであるためです。これは、古代世界で最も壮大な石造りの建物の1つを建てた5、000年前の文明について学ぶ機会を持つ専門家を興奮させます。

ネスオブブロッガーでの発見

ブラッドフォード大学のJoMcKenzie博士がBBCRadio Orkneyに語ったところによると、骨は広大な石造りの寺院の壁の土台の下に「意図的に」配置されていることがわかりました。先史時代に」。

チャーリー・スコベルはロンドン出身の考古学者で、ネス・オブ・ブロッガーの掘り出し物で夏の間ボランティアをしています。彼とマッケンジー博士が最後に見たスラブの1つを取り除いたのは、「疑わしい人間のように見えるもののごく一部」でした。

北の古代寺院

ネスオブブロッガーの古代寺院やバーンハウスセトルメントなどの現代的な遺跡、リングオブブロッガーやスタンディングストーンズオブステネスなどのストーンサークルはすべて紀元前3200年から2500年の間に建てられましたが、実際の記念碑の建設者についてはほとんど知られていません。

ヨーロッパで新石器時代の石の構造が最も集中しているこの風景は、1999年にユネスコがこれら4つの記念碑を世界遺産として宣言したときに採用された名前、「ハートオブネオリシックオークニー」として総称されています。

2003年、オブステネス湖とハレーの間の薄い土地に位置し、考古学者は一連の装飾された石のスラブと巨大な基礎を備えた巨大な壁を発掘しました。囲いの中には、1つの巨大な建物を囲むいくつかの小さな建物が見つかりました。この場所は、6.2エーカー(2.5ヘクタール)の面積に広がる広大な新石器時代の宗教施設であるネスオブブロッガーとして知られています。

  • ネス・オブ・ブロッガー新石器時代の遺跡で見つかった巨大なオーロックスの骨格
  • Orcadian Genesis:オークニー諸島のユニークな巨石文化の起源と英国自身の失われたアトランティスにおけるそのルーツ-パート2
  • 4500年前のリングオブブロッガーに対するヴァンダルの反発攻撃は人道に対する罪です

ネス・オブ・ブロッガーの遺跡でいくつかの古代の建物が発見されました。 (Sマーシャル/ CC BY-SA 4.0 )

ネスオブブロッガーの最も初期の建造物は紀元前3300年から3200年の間に建てられ、より有名なスカラブレイの居住の最も初期の証拠は紀元前3180年であるため、両方の場所が同時に占領されました。アバディーン大学の考古学者キャロライン・ウィッカム・ジョーンズは、スカラ・ブレイに住む人々は「ネス・オブ・ブロッガーまで歩いて、儀式活動を見たり、参加したり、1日以内に家に帰ることができただろう」と計算しました。

「広大な新石器時代の大聖堂」

2011年の現在の考古学の記事によると、オークニー諸島の掘削機は、紀元前2900年頃に建設されたと考えられている、英国で最大の石器時代の新石器時代の非葬式建造物を発見しました。

その下に腕の骨が見つかった寺院のような構造10は、スコットランドの北にある広大な「新石器時代の大聖堂」と呼ばれていました。それは、長さ82フィート(25メートル)×幅62フィート(19メートル)の舗装された外側の通路に囲まれ、13フィート(4メートル)の厚さの外壁があります。寺院の入り口では、立っている石のペアが、直径20フィート(6メートル)の十字形の中央の部屋につながっています。

ネス・オブ・ブロッガーの発掘で構造10に取り組んでいる考古学者。 (Sマーシャル/ CC BY-SA 4.0 )

サイトディレクターのニックカードはBBCに、女性の腕の骨は大量に撮影され、3Dモデル化されており、骨は人間であるため、考古学者はその発見をスコットランド警察に報告しなければならなかったと語った。カードは記者団に、骨は「従来の埋葬のようには見えない」と語り、3年前に同じ女性から来たと思われる別の人間の腕の骨も発見されました。寺。

カードは、再建工事の一環として、誰かまたはグループが故意に壁の下に置いた「これはすべて一種の奉納品だったようだ」と述べた。 DNA検査では、2つの腕の骨が同じ人物のものであるかどうかを確認しますが、マッケンジー博士は、骨を分析することで「女性の身長と年齢、死亡時の健康状態、さらには食事についての詳細が明らかになる」ことを期待しています。 。


ネスオブブロッガーとは何ですか? 10の本質的な事実

現在、スコットランド本土とオークニー諸島およびシェトランド諸島の間の必須ではない旅行が許可されています。 コロナウイルスが島のコミュニティに持ち込まれるリスクを減らすために、スコットランド政府はスコットランドの島への旅行を計画している人を奨励しています 彼らがそうする前にテストする。 旅行プランを変更する必要がある場合は、便利な返金ポリシーをご覧ください。ログイン/パスワードをお忘れですか? /アイランダーとして登録/標準顧客として登録/ゲストとして予約。

オークニー諸島の夏の間、ネス・オブ・ブロッガーで驚くべき考古学的発掘が行われます(ネスは とブロドガーは ブリッジファーム)。この遺跡は新石器時代の世界を垣間見ることができ、その場所、大きさ、内容は、5000年前に建物を儀式や祝宴に使用した人々にとって非常に重要であったことを示しています。考古学者がより多くの手がかりを発見し続けるにつれて、私たちは私たちが書くと思いました ネス・オブ・ブロッガーの初心者向けガイド、サイトを理解するのに役立つ10の重要な事実があります!

「ネス・オブ・ブロッガーのタイムラインは、ここの建物が最初に建設され、次にスタンディング・ストーンズ・オブ・ステネス、そしてリング・オブ・ブロッガーが続くというものです。」


ネス・オブ・ブロッガーのオークニーの新石器時代の大聖堂で見つかった人間の骨-歴史

オークニー諸島のスコットランド列島にある儀式センターから、1000年の精神性、革新性、社会的発展が生まれました。

2002年、オラとアーニー・テイト キッチンの窓からの眺めを変えたいと決心しました。彼らは羊の牧草地を見つめるのではなく、ポピー、ヤグルマギク、キンポウゲ、そして鳥のさえずりでいっぱいの野花の牧草地を見渡すことを想像しました。彼らの農場は、スコットランドの北海岸から10マイル離れた70の島々からなる遠く離れた群島、オークニーにあり、2つの輝く湖の間の狭い土地にあり、2つの最も重要な新石器時代の石から等距離にあります。サークルモニュメント:スタンディングストーンズオブステネスとリングオブブロッガー、それぞれ1マイル未満の距離。 2003年、テイツはその牧草地を植える準備として畑を耕しました。彼らが最後の曲がり角を丸めたのと同じように、すきは驚きをもたらしました:切り欠きのある石のスラブ。彼らはその発見をオークニー諸島の地域考古学者ジュリー・ギブソンに示しました。彼はそれが青銅器時代の石棺のサイドパネルかもしれないと考えました。 &ldquoこの発見は、フィールドの下に人間の遺体があったことを意味し、テストトレンチが開かれました&rdquoは、高地と島の大学のオークニーキャンパスの考古学者であるロイタワーズは言います。

何年も経ちましたが、テイツはまだ野花の牧草地を見ていません。むしろ、彼らはこれまでに発見された中で最も壮観な新石器時代の儀式用の複合体の1つを一望できます。約5、000年前に始まった何千年にもわたる活動にまたがる、基礎や低い壁など、これらの精巧に保存された建物は、新石器時代の社会が時間とともにどのように変化したか、そしてオークニーが新石器時代のヨーロッパの中心にあったにもかかわらず、なぜ新石器時代のヨーロッパの中心にあったのかを明らかにしています。 &ldquo感謝します。テイツは深いすきを使用しませんでした。さもなければ、私たちは瓦礫の山を見てきました」とタワーズは言います。

2003年のテストトレンチで青銅器時代の棺を掘る代わりに、考古学者は細かく細工された新石器時代の壁の一部を発見しました。 &ldquoそれは鋭い内角、美しく粗い石細工、そして細かい角のバットレスを持っていました&rdquoは、現在&ldquoNess of Brodgar&rdquoとして知られているサイトの発掘ディレクターであるオークニー考古学研究センターのニックカードを説明します。

翌年、考古学者はフィールド全体にテストピットとトライアルトレンチを掘る季節に乗り出しました。彼らは喜んで、事実上すべての穴で信じられないほどの新石器時代の石細工に遭遇しました。カードと彼の同僚は、彼らが主要な新石器時代の複合施設を見ていることに気づき、より広いエリアを開くことにしました。過去5年間、彼と彼のチームは毎年夏に6週間掘り続けてきました。これまでに20を超える構造物を特定し、磁力計調査や地中レーダーなどの地球物理学的テストを通じてさらに多くの構造物を観察しました。これらはすべて、6エーカーの複合施設と3つのサッカーピッチのサイズを示す厚い境界壁の残骸に囲まれています。動物の骨、木、木炭の放射性炭素年代測定は、紀元前3300年から2300年頃まで、少なくとも1、000年の継続的な活動を示しています。このサイトはさらに長く使用されていた可能性があります。 &ldquo多くの場合、1つの構造が別の構造の上に構築されます。すべては以前の構造のゼリーの上に座っています」とCardは言います。 &ldquo私たちが実際に目にしているのは氷山の一角にすぎません。&rdquoこれまでのところ、考古学者は敷地のごく一部に集中しており、総面積のわずか10%であり、最上部の構造物の床レベルまでしか発掘されていません。カードと彼のチームは、建物の基礎の層で、新石器時代の社会で起こった変化のいくつかを反映していると思われる建物のスタイルと建築パターンの明確な進歩を見ています。

いわゆる&ldquoNeolithic Revolution&rdquo 大陸から新しいアイデアが到着した約6、000年前にイギリス諸島で始まりました。次第に、狩猟採集民は小さな村に定住し、新しい石器を採用し、農業を始めました。これらの農業コミュニティは、イングランド南西部、イングランド東部、スコットランド東部、オークニー諸島、アイルランドなど、最も生産性の高い地域に集中していました。

ほとんどの英国の新石器時代の住居は木材で建てられており、生き残れないため、これらのコミュニティの遺跡は比較的まれです。しかし、オークニーには木がほとんどないため、すべてではありませんが、より多くの建物が石でできていました。オークニー諸島の離島の1つにあるナップオブハワー、オークニー本土の西岸にあるスカラブレイ、テイト諸島の農家のすぐ南東にあるバーンハウスなどの石の村は、考古学者にこれらの農業コミュニティの家庭生活への洞察を提供してきました。 。

新石器時代のライフスタイルへの変化はまた、新しい形の精神性をもたらしました。多くの墓は新石器時代の初期と中期に建設され、紀元前2500年頃の新石器時代後期までに、人々はストーンヘンジなどの印象的な儀式用のストーンサークルを建設していました。ネス・オブ・ブロッガー・ウンスタンの南東0.5マイル、オブ・ステネス湖の水域を横切る神秘的なメイズハウを含む石の墓や、群島全体に点在する他の多くの墓は、精巧な埋葬慣行を示唆しています。オークニーのストーンサークルとリングオブブロッガーとスタンディングストーンズオブステネスは、これらの人々の信念と習慣を食欲をそそる不完全な一瞥を提供します。

しかし今、ネス・オブ・ブロッガー複合施設の発見は、本当に重要なことがここで起こっていたことを示しています。特別に建てられた展望台から見ると、このサイトは、不注意に散らばったトランプのように、長方形が重なり合ったクレイジーなパッチワークであり、各長方形は実質的な石の壁で描かれています。この山の底から覗くのは初期の建造物であり、後に追加されたものがそれらをスライスし、広大な二重壁の建物で最高潮に達します。精巧に彫られたアートワークの何百ものパネルがこの壮大な建造物から出現し、本当に特別な場所としてマークされています。

カードと彼の同僚が明らかにした最も初期の建造物は、紀元前3000年頃に建てられた一連の楕円形の石造りの建物です。ほとんどの場合、建物の断片のみが発掘されており、残りは後の構造物の下にまだ埋まっています。しかし、断片は、建物が自転車の車輪のスポークのように放射状に配置された直立したスラブによって異なる領域に分割されたことを示唆しています。これらの建物の少なくとも1つでは、中央に炉床があり、一部には、&ldquoGrooved Ware&rdquo陶器として知られているもののいくつかの小屋がありました。

これらの建物を他の既知の新石器時代の集落と実際に区別しているのは、幅13フィートの巨大な石の壁と、その外側に沿って走る溝による囲いです。 &ldquo壁にはリングオブブロッガーに面した側に美しい石細工があります&rdquoはカードを言います。一方、敷地の南側では、この壁の続きと思われるものも発見されており、高さは少なくとも6フィートに達し、同様に精巧な石細工と敷石の小道が基部にあります。 &ldquo壁はここで起こっていることの重要性を強調しており、今日の私たちと同様に、この囲いに近づいている新石器時代の人々は驚きと畏怖の念を感じていたに違いありません&rdquo彼は続けます。

この印象的な壁の存在は、ネス・オブ・ブロッガーの建物が通常の家族の家以上のものであったことを示唆しています。さらに、リング・オブ・ブロッガーとストーンズ・オブ・ステネス(どちらも境界壁とほぼ同時期に建設された)を結ぶ自然の陸橋上の場所は重要であるように思われます。 &ldquoそれはここの風景の中心にあり、周りの丘によって作られた巨大な自然の円形劇場の真ん中にあり、両側に水があります。それとまったく同じような場所は他にありません」とCardは言います。

この壮大な環境、ネスの建物間の関係、印象的な外壁、ストーンサークルやメイズハウの墓などの他の儀式用の場所への近さは、ネスオブブロッガーがこれらの人々の精神的な生活の中で強力な場所を占めていたことを示唆しています。スカラブレイやバーンハウスなどの村での発掘調査では、彼らの日常生活について多くのことが明らかになりましたが、彼らの文化や社会の政治的および精神的な側面についてはほとんど知られていません。ロンドン大学ユニバーシティカレッジの考古学者であるマイクパーカーピアソンが提唱した提案の1つは、ネスセレモニアルコンプレックスがストーンズオブステネスの「生きている土地」と「リングオブブロッガー」の「祖先の土地」を分離したことです。移行の場所。カードはこれがもっともらしいと考えており、近くの各コミュニティがネスサイトに独自の特別な建物を持っているかどうか疑問に思います。 &ldquo私は、これらのコミュニティは、威信と権力の目に見えるショーで、お互いを凌駕しようとして、激しい競争を繰り広げていたのではないかと思います」と彼は言います。

徐々に、環境の変化はコミュニティ間の競争を激化させているように見え、おそらくより階層的な社会形態につながり、カードは建物のスタイルの変化に反映されていると信じています。新石器時代のこの部分の間、オークニー諸島の土地は氷期のリバウンドと呼ばれる現象のためにゆっくりと沈んでいきました。氷河が溶けると、重量が軽減された土地(地球の溶けたマントルに浮かぶ)は、貨物を取り除いた船のように上昇します。これがスコットランド西部で起こっていたので、オークニーはシーソーの反対側に残され、押し下げられました。貴重な農地は水位上昇によって水没しました。 &ldquoこの変化する風景は人生を非常にストレスの多いものにし、洗練されたモニュメントの繁栄はこの変化する風景への応答であったかもしれません&rdquoは、この地域の海面変化を研究したアバディーン大学のキャロラインウィッカムジョーンズは言います。人々は自分の周りの変化を理解するために霊的な事柄に目を向けたかもしれません。記念碑とそれに関連する儀式は、社会が組織化して協力するのに役立った可能性がありますが、社会階層とすべての人のために決定を下した強力な指導者の台頭も強化した可能性があります。そして、水がゆっくりと上昇し続けるにつれて、今日も続くプロセスであるネス・オブ・ブロッガーの土地の首は、2つの石の円の間の唯一の乾いた通路として、さらに精神的に重要になっている可能性があります。

バーンハウス集落に住む人々にとって、この場所が放棄されたとき、上昇する水は紀元前2700年頃に犠牲になったようです。 &ldquo私たちは、台車の多い土地が彼らが作物を育てるのを難しくしすぎたのかもしれないと思います、そして彼らは村を放棄しました、&rdquoはウィッカムジョーンズを説明します。そしてほぼ同時に、ネス・オブ・ブロッガーで新しい建物の段階が始まりました。発掘調査により、楕円形の建物が、建物を長方形の床の間に分割する内部の石の&ldquopiers&rdquoなど、より角張った建築のいくつかのはるかに大きな建物に置き換えられたことが明らかになりました。これらの建物は、約8 km(5マイル)離れたオークニー諸島で最も有名な新石器時代の村、スカラブレイで発見された住居の3〜4倍の大きさです。 &ldquoSkara Braeは、これと比較すると貧民街のようなものです&rdquoはCard氏に言います。新しい建物のいくつかは、古い楕円形の建物の一部をスライスしており、新たなスタートと新しいやり方を示唆しています。

これらの新しい構造物のうち4つが発掘され、一連の特徴が明らかになりました。&ldquo炉床、橋脚、直立したスラブの組み合わせは、人々が建物を通過するのを導き、建物のさまざまな部分がどのように使用されるかを定義しました。&rdquoはタワーズについて説明します。構造8として知られているこれらの建物の1つは、内部の半分にわたって床レベルまで掘削されており、建物がどのように使用されたかについての手がかりを提供しています。 60 x 29フィートの大きさの建物には、4対の石の桟橋があり、10の床の間があります。中央エリアには少なくとも3つの炉床があり、いくつかの直立したスラブで分割されています。 &ldquoこれらの建物には本当に建築があります:それらは計画され、配置され、設計されています&rdquoはカードを言います。興味深いことに、同様のアーキテクチャは、ミッドハウやアンスタンの墓など、オークニー諸島の新石器時代の墓の多くに見られます。

建物の中で、カードと彼の同僚は室内装飾の証拠を見つけました。多くの石には幾何学模様が刻まれており、他の石にはさまざまな色の顔料が残っています。北ヨーロッパで最も古い壁の塗装の証拠です。考古学者はまた、床の高さのすぐ上にある何百もの薄い長方形の石のスレートの層を発見しました。それらはすべて注意深くトリミングされたエッジを持っていました。唯一のもっともらしい説明は、それらが紀元前2800年に崩壊した屋根からのスレートであったということでした。これは英国の新石器時代のスレート屋根の最初の証拠であり、この時代のすべての屋根が茅葺きであったという以前の仮定と矛盾しています。急勾配のモダンなスレート屋根とは異なり、これはおそらくピッチが低く、隙間を塞ぐために粘土が使用されていました。オークニーには大きな木がたくさんありませんが、屋根のトラスはスカンジナビアとバルト海の木材、およびメキシコ湾流に乗っている北米の流木の大きな断片で作られている可能性があります。

屋根の崩壊は、建物がまだ使用されている間に起こったようで、4、800年前に残された場所にさまざまな珍しいアイテムが収められています。いくつかのアルコーブで、カードと彼のチームは、クジラの骨のメイスヘッド、石のメイスヘッド、クジラの歯、磨かれた石の斧や道具などのエキゾチックなアイテムと、動物の骨や陶器などのより身近なアイテムを見つけました。珍しい群集は、意図的かつ慎重に配置されたようです。 &ldquo人々がこれらのものを残して戻ってくるつもりだったか、この建物の終わりを示す奉納品だったようです」とカードは言います。同様の貴重なオブジェクトは、2012年の発掘シーズン中に別の建物である構造14で発見された見事な磨かれた石の斧など、他の現代的な構造からも出現しています。 &ldquoItは見事な色の変成岩で、背景は青みがかった黒で、ふくらんでいる白い石英の雲が交互に並んでいます。それを見るのは、仰向けになって夏の空を見つめるようなものです」と、タワーズは言います。これらの非常に貴重なアイテムを作るために費やされた膨大な時間、労力、およびエネルギー、建物内でのそれらの位置、および建物自体の特別なステータスはすべて、これらのオブジェクトが何らかの儀式または儀式で使用されていることを示しています。

一部の考古学者は、ネスオブブロッガーのさまざまな建物がさまざまな&ldquoclans&rdquoまたは集落に属していたと推測しています。 &ldquoさまざまな場所からの石がリング・オブ・ブロッガーを形成するのと同じように、特定のグループが&lsquobig家&rsquoまたは&lsquoholy家&rsquoとして呼ばれているようにネスサイトに存在していると思います&rdquoマンチェスター大学のコリンリチャーズは言いますバーンハウス集落を発掘した。


新石器時代の指紋は古代の人々についてもっと教えてくれます

ネス・オブ・ブロッガーは、オークニー諸島の西本土にある、ハレーとステネスの湖を隔てる細い土地の名前です。 2つの新石器時代の指紋は、以前のものと同じ5、000年前の陶器で発見され、スコットランドの北東にある群島であるオークニーの古代の人々についての新しい詳細を明らかにしました。世界の石器時代のモニュメント。

ネス・オブ・ブロッガー発掘調査のディレクター、ニック・カードは次のように語った。 オークニーニュース 新しい発見は「人々を新石器時代の風景の物語に戻す」ということです。カード教授は、この1つの破片が2人を「スポットライトに戻した」と述べました。そして、彼らは5000年前のネスコンプレックスでの生活に比類のない一瞥をもたらしました、と研究者は付け加えました。さらに、考古学者は、彼の掘削機のチームがこれまでに「80,000をはるかに超える陶器の小屋」を発見したと述べました。 。 。ネスオブブロッガーでは、粘土の遺物の背後にいる人々を見失うのは簡単です。」

粘土のボウルを飾る先史時代の男性または少年の等身大の彫刻( フアン・アウニオン /アドビストック)


ネス周辺&#8211スカラブレイ

北ヨーロッパで最も保存状態の良い新石器時代の村と称賛されたスカラブレイは、オークニー諸島の西メインランドにあるスカイル湾の南岸にあります。カラスが飛ぶように、ネスオブブロッガーコンプレックスの北西に約5½マイルです。

考古学の豊かな景観の中で、毎年何千人もの訪問者がこの場所に集まり、5、000年前の10棟の建物の統合された遺跡を見ています。

何千年もの間砂に覆われたスカラブレイの建物とその中身は、信じられないほどよく保存されています。壁はまだ立っているだけでなく、通路は元の石のスラブで覆われているだけでなく、各家の内装は新石器時代のオークニーの比類のない生活を垣間見ることができます。

発見と発掘

&#8216 The Weem of Scara Brae ’(原文のまま)—サイトの日付のない写真ですが、植物の成長が見られることを考えると、ウィリアムワットがサイトをクリアしようと努力した後、しばらく時間がかかったに違いありません。
(オークニー図書館写真アーカイブの写真提供)。

1850年頃[1]、激しい嵐と非常に高い潮の干満により、「Skerrabrae」[2]の砂丘の一部が破壊され、[3]遺物で満たされた「台所の貝塚」[4]が明らかになりました。近くのSkaillHouseの住人であるWilliamWattによる調査は、「広大な建物の存在」を示唆しました[4]。ワットはこれらを掘り下げる前にすぐに無駄になり、1851年2月までに、「数フィートの厚さの灰の巨大な蓄積の中に、鹿の殻や角や骨がたっぷりと混ざり合った小さな破滅的な部屋」があったことは明らかでした。他の動物」[5]。

1868年までに、4つの建造物が明らかになり、「原始的な遺物の膨大な貯蔵庫」が集まりました[6]。ワットの仕事は「愛情を込めて、ほとんど自分の手で」行われたが[7]、それは辞書の定義の観点からのみ発掘調査であった。オルカディアンの好古家ジョージ・ペトリの計画とサイトの記録がなかったら、文書は存在しなかったでしょう[8]。

ワットの後、スカラブレイ周辺の最初の活発な活動は衰退し、サイトは少なくとも45年間要素に任せられました。 1913年に再訪されたとき、ウィリアム・バルフォア・スチュワートの「非体系的な発掘調査」[9]は、以前に調査された地域を単純に一掃したようです。

スカラブレイでの発掘調査中に撮影されたゴードンチャイルド(左下)。 2人の女性は現在、チャイルドの学生であり、マーガレットシンプソン、マーガレットミッチェル、メアリーケネディ、デイムマーガレットコールを含む訪問グループの一部であると考えられています。 (オークニー図書館写真アーカイブの写真提供)

その後、スカラブレイは1925年まで放置され、別の嵐でいくつかの建造物が損傷しました。護岸が建設され、建物の残骸も統合することが決定されました。これの副次的な利点は、1927年から1930年まで実行され、Vere GordonChilde教授が率いる発掘調査でした。

チャイルドは、「建物を片付けて[10]、「かなり成功した」[11]、「屋根付きの通路で接続され、すべてが巨大な貝塚の山に部分的に埋まっている石造りの小屋の集合体」[12]を明らかにする作業に取り掛かりました。

チャイルドのサイトの解釈は、彼が不正確であるが粘り強い新石器時代の生活のビジョンを作成し、今日のいくつかの地区に残っているのを見ました。おそらく最も永続的な要素は、終末論的な災難に直面した入植地の突然の「厄介な脱走」です。

チャイルドは当初、見つかった彫刻された石のボールとピクト人のシンボルストーンの間に存在すると考えられている相関関係に基づいて、スカラブレイが鉄器時代の集落(西暦1世紀初頭)を表すと考えていました[13]。数年後、陶器がはるかに早いことが明らかになったとき[14]、スカラ・ブレイは二千年前に新石器時代にしっかりと押し戻されました。

1970年代初頭の放射性炭素年代測定により、新石器時代後期の集落が確認され、この場所には紀元前3200年から2200年の間に人が住んでいたことが示唆されました。

1972年から1973年にかけてクラークの2つの発掘溝の位置が記されたスカラブレイの計画。
(Clarke、D.V.1976。 オークニー諸島スカラブレイの新石器時代の村:1972年から1973年の発掘調査。中間報告。 HMSO:エディンバラ。)

各家は同じ基本的なデザインを共有しています。大きな正方形の部屋で、中央に囲炉裏があり、両側に「ベッド」があり、出入り口の反対側の壁に棚付きの「ドレッサー」があります。

今日このサイトにアクセスすると、入植地の歴史の2つの段階からの構造が表示されます。これらのうち2つを除くすべては、活動の後期段階のものです。

入り口からハウスワンのドレッサー。 (シグルド・トウリー)

スカラブレイは、他のオルカディアン新石器時代の集落で指摘されて以来、このパターンに従いました。家は、同じ場所に頻繁に建てられ、居住され、放棄され、再建されました。このため、初期の建造物は後の建造物の下にあり、発掘された集落の周辺(住宅9と10)でのみ見ることができます。これらの初期の家は円形で、炉床の両側の壁に「ベッド」が設置されていました。発掘調査の証拠は、バーンハウス・セトルメントで遭遇したように、彼らも自立していて芝のジャケットを着ていたことを示唆しています。

後の家は同じ基本設計に従いましたが、より大規模です。家の形はわずかに変化し、内部の角が丸くなった長方形になりました。また、ベッドは壁に組み込まれなくなり、メインのリビングエリアに突き出ました。

今日、訪問者は、同じことを示唆する1世紀以上の説明に助けられずに、スカラブレイは一連の短い屋根付きのトンネルで結ばれた地下の村であると考えることがよくあります。これはそうではありません。家は地面に沈められたのではなく、その上に建てられ、生涯にわたって、家庭ごみ、砂、その他の材料に包まれるようになりました[15]。

ハウスワン、スカラブレイのインテリア。 (シグルド・トウリー)

各家は、ドアのわき柱の穴に取り付けられたバーによって閉じられ、固定されることができる石のスラブドアを持っていた低い出入り口からアクセスされました。

内部トイレを含む構造物にサービスを提供するよく計画され実行された排水システムにもかかわらず、チャイルドは居住者が「小屋の床の不快な量の汚物」を許容して、喧噪に住んでいると固く信じていました[10]。悪臭を放つ生活条件についての彼の繰り返しの言及の背後には、大惨事に直面して、入植地が放棄され、居住者が逃げたという彼の誤った信念がありました。チャイルドにとって、1928-30年の建物の状態は、彼が提案した新石器時代の脱出に続いて残されたものとまったく同じでした。

屋根

スカラ・ブレイ。 (Hugo Anderson-Whymark)

構造物の屋根には何も残っていないので、それらは腐りやすい有機材料でできていると想定する必要があります。おそらく、クジラの骨、または流木、梁が芝の屋根、皮、わらぶきの海藻またはわらを支えていました。石に取り付けられたストローロープで重量を量られた海藻は、オークニー諸島の屋根材として最近の歴史に残っていました。

ネスオブブロッガーで石造りの屋根&#8220tiles&#8221が発見されるまで、すべての新石器時代の建造物は有機屋根であると想定されていました。これに照らして、初期の発掘報告を読み直すことは興味深い可能性を提供します&#8211スカラブレイの家も石屋根でしたか?

1861年7月、ジェームズ・ファラーは Orcadian 彼が新聞の中で、すべての部屋と通路は&#8220屋根から落ちた砂と石で満たされていました…&#8221

これは屋根瓦の明確な証拠にはほど遠いですが、1931年にチャイルドはスカラブレイのハウスセブンについて次のように説明しました。 #8221 [9]。

チャイルドは無意識のうちに屋根瓦に出くわしましたか?残念ながら、私たちは決して知りません。

スカラブレイの日付と範囲

「オークニー諸島の初期の住民の原始的な住居のそれらの多数の残骸の中で、それ以上でした。あまり調べられていませんが、サンドウィックの教区にあるスカイル湾の岸にある大量の遺跡は、目立つ場所を占めており、特に注目に値します。」

2017年に、オルカディアンの放射性炭素年代の再評価は、スカラブレイでの占領が紀元前2900年頃に始まったが、しばらくして放棄され、紀元前2800年から2700年の間に再び占領されたことを示唆しました。この場所は紀元前2500年頃に放棄されました[16]。

これらの結果は、スカラブレイでの明確な休止を示しているようですが、これは実際に放棄を表していますか?何か他のものを見ていますか?建物やエリアはおそらく使用されなくなっていますか?これは、Skara Braeの解釈の問題を浮き彫りにします。つまり、統合されたままであるという仮定は、和解全体を表しています。 As we will see, what visitors to the Neolithic village see now is probably a fraction of the original. As Brend etal。 stressed in 2020, “the extent of a Neolithic settlement in Orkney is seldom, if ever, the same as the area excavated [17]”.

Skara Brae has been said to have been a cluster of no more than ten to twelve houses, inhabited by a population of around 70 [18]. But the evidence now suggests that the village we see today was but one part of a more extensive settlement. As recently as 2009, David Clarke – who excavated Skara Brae in the 1970s – all but dismissed this possibility.

Conceding that any archaeological remains seaward of the village were long gone, he stressed that “archaeologists are fairly confident that landward, little, if anything remains to be discovered” [19]. Archaeological evidence suggests this is not the case. Not only do we have early activity on the outskirts of the consolidated village but a large eroding mound, 100 metres to the west, revealed at least two, if not three, major structural phases, separated by large deposits of windblown sand.

South of Skara Brae, fieldwalking has identified a scatter of flint, bone and a stone tool identified as Neolithic [17]. Supporting the physical evidence, geophysical surveys strongly suggest the excavated village is but one part of a much larger settlement [17].

A series of magnetic anomalies to the south and west of Skara Brae hint at a settlement that could be as much as five times the size of the known remains. Whether occupation extended to the north (i.e. seaward) and, if so, how far, is now impossible to tell. The fact that during the lifetime of Skara Brae the area occupied by the current bay was a mix of dry land, freshwater lochans and marsh, with encroaching sand and machair [20] makes a lost northern section very possible, if not probable.

Skara Brae and the Bay of Skaill. (Sigurd Towrie)

Abandonment

The idea that Skara Brae was abandoned overnight in the face of a cataclysm that caused the inhabitants to flee is entirely incorrect. Unfortunately, it is still often presented as fact.

As we have seen, this suitably dramatic end was proposed by the archaeologist Gordon Childe after his excavations in the late 1920s. Like a northern Pompeii, it immediately caught the public’s imagination but is complete fiction. Instead, Skara Brae’s decline was probably much more complex and gradual.

Although radiocarbon dating suggests an end around 2500BC, we must remember that this relates only to the excavated portion of the settlement. Because that section was probably just one part of a much larger settlement can we really say Skara Brae was abandoned? It may be that life went on at Skara Brae – but was focused in another area. Activity certainly continued around the Bay of Skaill throughout the Bronze and Iron Ages and beyond.

That said, evidence from across Orkney does point to a change in society around 2500BC [16] and with this it has been suggested that nucleated settlements, such as Skara Brae, went out of use [16] This, however, was certainly not an overnight phenomenon and may have occurred over a prolonged period of time.

名前

The second element of the name Skara Brae is the Scots word brae、 意味 slope, but which is often found in Orkney referring to mounds. The first element, however, has long been pondered and remains unclear. But as we have seen, Skara Brae is a relatively recent invention. The older version, Skerrabrae, suggests the first element may relate to the Old Norse sker、 意味 reef, which is found today in the word skerry。 It is perhaps no coincidence that a large, rocky skerry lies at the southern end of the Bay of Skaill, a little to the west of Skara Brae.

This possibility is strengthened when we look at the name given by Orcadian George Marwick in the late 1800s. Recounting a folktale centred on the Bay of Skaill, Marwick explains that “Skerow Brae” was used as a navigation aid by those at sea [21]. In this form, the presence of -わー suffix could represent the Old Norse haugr、 意味 mound and which is often found in placenames as -howe, -how また -わー.

If we follow the sker avenue, Skerow is simply descriptive, meaning skerry mound.

In a retelling of the same folktale, Marwick give the navigational mound a different name – Skawhowe.

Skaw is generally thought to derive from the Old Norse skagi、 意味 headland また promontory, so we have promontory mound。 The problem with this is that Skara Brae does not sit on a headland. While Marwick may be referring to a second, different navigation point, this seems unlikely as the instructions given for lining up the two points are the same. Instead, I wonder whether there was an error when Marwick’s handwritten article was transcribed for publication in The Orkney Herald in December 1891.


Neolithic discovery: why Orkney is the centre of ancient Britain

D rive west from Orkney's capital, Kirkwall, and then head north on the narrow B9055 and you will reach a single stone monolith that guards the entrance to a spit of land known as the Ness of Brodgar. The promontory separates the island's two largest bodies of freshwater, the Loch of Stenness and the Loch of Harray. At their furthest edges, the lochs' peaty brown water laps against fields and hills that form a natural amphitheatre a landscape peppered with giant rings of stone, chambered cairns, ancient villages and other archaeological riches.

This is the heartland of the Neolithic North, a bleak, mysterious place that has made Orkney a magnet for archaeologists, historians and other researchers. For decades they have tramped the island measuring and ex- cavating its great Stone Age sites. The land was surveyed, mapped and known until a recent chance discovery revealed that for all their attention, scientists had completely overlooked a Neolithic treasure that utterly eclipses all others on Orkney – and in the rest of Europe.

This is the temple complex of the Ness of Brodgar, and its size, complexity and sophistication have left archaeologists desperately struggling to find superlatives to describe the wonders they found there. "We have discovered a Neolithic temple complex that is without parallel in western Europe. Yet for decades we thought it was just a hill made of glacial moraine," says discoverer Nick Card of the Orkney Research Centre for Archaeology. "In fact the place is entirely manmade, although it covers more than six acres of land."

Once protected by two giant walls, each more than 100m long and 4m high, the complex at Ness contained more than a dozen large temples – one measured almost 25m square – that were linked to outhouses and kitchens by carefully constructed stone pavements. The bones of sacrificed cattle, elegantly made pottery and pieces of painted ceramics lie scattered round the site.明らかに古代ですが、複合施設の正確な目的は謎です。一部の部品は5、000年以上前に製造されました。

The people of the Neolithic – the new Stone Age – were the first farmers in Britain, and they arrived on Orkney about 6,000 years ago. They cultivated the land, built farmsteads and rapidly established a vibrant culture, erecting giant stone circles, chambered communal tombs – and a giant complex of buildings at the Ness of Brodgar. The religious beliefs that underpinned these vast works is unknown, however, as is the purpose of the Brodgar temples.

"This wasn't a settlement or a place for the living," says archaeologist Professor Colin Richards of Manchester University, who excavated the nearby Barnhouse settlement in the 1980s. "This was a ceremonial centre, and a vast one at that. But the religious beliefs of its builders remain a mystery."

What is clear is that the cultural energy of the few thousand farming folk of Orkney dwarfed those of other civilisations at that time. In size and sophistication, the Ness of Brodgar is comparable with Stonehenge or the wonders of ancient Egypt.それでも、寺院の複合体はそれらすべてに先行しています。 The fact that this great stately edifice was constructed on Orkney, an island that has become a byword for remoteness, makes the site's discovery all the more remarkable. For many archaeologists, its discovery has revolutionised our understanding of ancient Britain.

"We need to turn the map of Britain upside down when we consider the Neolithic and shrug off our south-centric attitudes," says Card, now Brodgar's director of excavations. "London may be the cultural hub of Britain today, but 5,000 years ago, Orkney was the centre for innovation for the British isles. Ideas spread from this place. The first grooved pottery, which is so distinctive of the era, was made here, for example, and the first henges – stone rings with ditches round them – were erected on Orkney. Then the ideas spread to the rest of the Neolithic Britain. This was the font for new thinking at the time."

It is a view shared by local historian Tom Muir, of the Orkney Museum. "The whole text book of British archaeology for this period will have to be torn up and rewritten from scratch thanks to this place," he says.

Farmers first reached Orkney on boats that took them across the narrow – but treacherously dangerous – Pentland Firth from mainland Scotland. These were the people of the New Stone Age, and they brought cattle, pigs and sheep with them, as well as grain to plant and ploughs to till the land. The few hunter-gatherers already living on Orkney were replaced and farmsteads were established across the archipelago. These early farmers were clearly successful, though life would still have been precarious, with hunting providing precious supplies of extra protein. At the village of Knap o'Howar on Papay the bones of domesticated cattle, sheep and pigs have been found alongside those of wild deer, whales and seals, for example, while analysis of human bones from the period suggest that few people reached the age of 50. Those who survived childhood usually died in their 30s.

Discarded stone tools and shards of elegant pottery also indicate that the early Orcadians were developing an increasingly sophisticated society. Over the centuries, their small farming communities coalesced into larger tribal units, possibly with an elite ruling class, and they began to construct bigger and bigger monuments. These sites included the 5,000-year-old village of Skara Brae the giant chambered grave of Maeshowe, a Stone Age mausoleum whose internal walls were later carved with runes by Vikings and the Stones of Stenness and the Ring of Brodgar, two huge neighbouring circles of standing stones. These are some of the finest Neolithic monuments in the world, and in 1999 they were given World Heritage status by Unesco, an act that led directly to the discovery of the Ness of Brodgar.

"Being given World Heritage status meant we had to think about the land surrounding the sites," says Card. "We decided to carry out geophysical surveys to see what else might be found there." Such surveys involve the use of magnetometers and ground-penetrating radar to pinpoint manmade artefacts hidden underground. And the first place selected by Card for this electromagnetic investigation was the Ness of Brodgar.

The ridge was assumed to be natural. However, Card's magnetometers showed that it was entirely manmade and bristled with features that included lines of walls, concentric pathways and outlines of large buildings. "The density of these features stunned us," says Card. At first, given its size, the team assumed they had stumbled on a general site that had been in continuous use for some time, providing shelter for people for most of Orkney's history, from prehistoric to medieval times. "No other interpretation seemed to fit the observations," adds Card. But once more the Ness of Brodgar would confound expectations.

Test pits, a metre square across, were drilled in lines across the ridge and revealed elaborate walls, slabs of carefully carved rock, and pieces of pottery. None came from the Bronze Age, however, nor from the Viking era or medieval times. Dozens of pits were dug over the ridge, an area the size of five football pitches, and every one revealed items with a Neolithic background.

Then the digging began in earnest and quickly revealed the remains of buildings of startling sophistication. Carefully made pathways surrounded walls – some of them several metres high – that had been constructed with patience and precision.

"It was absolutely stunning," says Colin Richards. "The walls were dead straight. Little slithers of stones had even been slipped between the main slabs to keep the facing perfect. This quality of workmanship would not be seen again on Orkney for thousands of years."

Slowly the shape and dimensions of the Ness of Brodgar site revealed themselves. Two great walls, several metres high, had been built straight across the ridge. There was no way you could pass along the Ness without going through the complex. Within those walls a series of temples had been built, many on top of older ones. "The place seems to have been in use for a thousand years, with building going on all the time," says Card.

More than a dozen of these temples have already been uncovered though only about 10% of the site has been fully excavated so far.

"We have never seen anything like this before," says York University archaeologist Professor Mark Edmonds. "The density of the archaeology, the scale of the buildings and the skill that was used to construct them are simply phenomenal. There are very few dry-stone walls on Orkney today that could match the ones we have uncovered here. Yet they are more than 5,000 years old in places, still standing a couple of metres high. This was a place that was meant to impress – and it still does."

But it is not just the dimensions that have surprised and delighted archaeologists. Two years ago, their excavations revealed that haematite-based pigments had been used to paint external walls – another transformation in our thinking about the Stone Age. "We see Neolithic remains after they have been bleached out and eroded," says Edmonds. "However, it is now clear from Brodgar that buildings could have been perfectly cheerful and colourful."

The men and women who built at the Ness also used red and yellow sandstone to enliven their constructions. (More than 3,000 years later, their successors used the same materials when building St Magnus' Cathedral in Kirkwall.) But what was the purpose of their construction work and why put it in the Ness of Brodgar? Of the two questions, the latter is the easier to answer – for the Brodgar headland is clearly special. "When you stand here, you find yourself in a glorious landscape," says Card. "You are in the middle of a natural amphitheatre created by the hills around you."

The surrounding hills are relatively low, and a great dome of sky hangs over Brodgar, perfect for watching the setting and rising of the sun, moon and other celestial objects. (Card believes the weather on Orkney may have been warmer and clearer 4,000 to 5,000 years ago.) Cosmology would have been critical to society then, he argues, helping farmers predict the seasons – a point supported by scientists such as the late Alexander Thom, who believed that the Ring of Brodgar was an observatory designed for studying the movement of the moon.

These outposts of Neolithic astronomy, although impressive, were nevertheless peripheral, says Richards. The temple complex at the Ness of Brodgar was built to be the most important construction on the island. "The stones of Stenness, the Ring of Brodgar and the other features of the landscape were really just adjuncts to that great edifice," he says. Or as another archaeologist put it: "By comparison, everything else in the area looks like a shanty town."

For a farming community of a few thousand people to create such edifices suggests that the Ness of Brodgar was of profound importance. Yet its purpose remains elusive. The ritual purification of the dead by fire may be involved, suggests Card. As he points out, several of the temples at Brodgar have hearths, though this was clearly not a domestic dwelling. In addition, archeologists have found that many of the stone mace heads (hard, polished, holed stones) that litter the site had been broken in two in exactly the same place. "We have found evidence of this at other sites," says Richards. "It may be that relatives broke them in two at a funeral, leaving one part with the dead and one with family as a memorial to the dead. This was a place concerned with death and the deceased, I believe."

Equally puzzling was the fate of the complex. Around 2,300BC, roughly a thousand years after construction began there, the place was abruptly abandoned. Radiocarbon dating of animal bones suggests that a huge feast ceremony was held, with more than 600 cattle slaughtered, after which the site appears to have been decommissioned. Perhaps a transfer of power took place or a new religion replaced the old one. Whatever the reason, the great temple complex – on which Orcadians had lavished almost a millennium's effort – was abandoned and forgotten for the next 4,000 years.


Neolithic discovery: why Orkney is the centre of ancient Britain

D rive west from Orkney's capital, Kirkwall, and then head north on the narrow B9055 and you will reach a single stone monolith that guards the entrance to a spit of land known as the Ness of Brodgar. The promontory separates the island's two largest bodies of freshwater, the Loch of Stenness and the Loch of Harray. At their furthest edges, the lochs' peaty brown water laps against fields and hills that form a natural amphitheatre a landscape peppered with giant rings of stone, chambered cairns, ancient villages and other archaeological riches.

This is the heartland of the Neolithic North, a bleak, mysterious place that has made Orkney a magnet for archaeologists, historians and other researchers. For decades they have tramped the island measuring and ex- cavating its great Stone Age sites. The land was surveyed, mapped and known until a recent chance discovery revealed that for all their attention, scientists had completely overlooked a Neolithic treasure that utterly eclipses all others on Orkney – and in the rest of Europe.

This is the temple complex of the Ness of Brodgar, and its size, complexity and sophistication have left archaeologists desperately struggling to find superlatives to describe the wonders they found there. "We have discovered a Neolithic temple complex that is without parallel in western Europe. Yet for decades we thought it was just a hill made of glacial moraine," says discoverer Nick Card of the Orkney Research Centre for Archaeology. "In fact the place is entirely manmade, although it covers more than six acres of land."

Once protected by two giant walls, each more than 100m long and 4m high, the complex at Ness contained more than a dozen large temples – one measured almost 25m square – that were linked to outhouses and kitchens by carefully constructed stone pavements. The bones of sacrificed cattle, elegantly made pottery and pieces of painted ceramics lie scattered round the site.明らかに古代ですが、複合施設の正確な目的は謎です。一部の部品は5、000年以上前に製造されました。

The people of the Neolithic – the new Stone Age – were the first farmers in Britain, and they arrived on Orkney about 6,000 years ago. They cultivated the land, built farmsteads and rapidly established a vibrant culture, erecting giant stone circles, chambered communal tombs – and a giant complex of buildings at the Ness of Brodgar. The religious beliefs that underpinned these vast works is unknown, however, as is the purpose of the Brodgar temples.

"This wasn't a settlement or a place for the living," says archaeologist Professor Colin Richards of Manchester University, who excavated the nearby Barnhouse settlement in the 1980s. "This was a ceremonial centre, and a vast one at that. But the religious beliefs of its builders remain a mystery."

What is clear is that the cultural energy of the few thousand farming folk of Orkney dwarfed those of other civilisations at that time. In size and sophistication, the Ness of Brodgar is comparable with Stonehenge or the wonders of ancient Egypt.それでも、寺院の複合体はそれらすべてに先行しています。 The fact that this great stately edifice was constructed on Orkney, an island that has become a byword for remoteness, makes the site's discovery all the more remarkable. For many archaeologists, its discovery has revolutionised our understanding of ancient Britain.

"We need to turn the map of Britain upside down when we consider the Neolithic and shrug off our south-centric attitudes," says Card, now Brodgar's director of excavations. "London may be the cultural hub of Britain today, but 5,000 years ago, Orkney was the centre for innovation for the British isles. Ideas spread from this place. The first grooved pottery, which is so distinctive of the era, was made here, for example, and the first henges – stone rings with ditches round them – were erected on Orkney. Then the ideas spread to the rest of the Neolithic Britain. This was the font for new thinking at the time."

It is a view shared by local historian Tom Muir, of the Orkney Museum. "The whole text book of British archaeology for this period will have to be torn up and rewritten from scratch thanks to this place," he says.

Farmers first reached Orkney on boats that took them across the narrow – but treacherously dangerous – Pentland Firth from mainland Scotland. These were the people of the New Stone Age, and they brought cattle, pigs and sheep with them, as well as grain to plant and ploughs to till the land. The few hunter-gatherers already living on Orkney were replaced and farmsteads were established across the archipelago. These early farmers were clearly successful, though life would still have been precarious, with hunting providing precious supplies of extra protein. At the village of Knap o'Howar on Papay the bones of domesticated cattle, sheep and pigs have been found alongside those of wild deer, whales and seals, for example, while analysis of human bones from the period suggest that few people reached the age of 50. Those who survived childhood usually died in their 30s.

Discarded stone tools and shards of elegant pottery also indicate that the early Orcadians were developing an increasingly sophisticated society. Over the centuries, their small farming communities coalesced into larger tribal units, possibly with an elite ruling class, and they began to construct bigger and bigger monuments. These sites included the 5,000-year-old village of Skara Brae the giant chambered grave of Maeshowe, a Stone Age mausoleum whose internal walls were later carved with runes by Vikings and the Stones of Stenness and the Ring of Brodgar, two huge neighbouring circles of standing stones. These are some of the finest Neolithic monuments in the world, and in 1999 they were given World Heritage status by Unesco, an act that led directly to the discovery of the Ness of Brodgar.

"Being given World Heritage status meant we had to think about the land surrounding the sites," says Card. "We decided to carry out geophysical surveys to see what else might be found there." Such surveys involve the use of magnetometers and ground-penetrating radar to pinpoint manmade artefacts hidden underground. And the first place selected by Card for this electromagnetic investigation was the Ness of Brodgar.

The ridge was assumed to be natural. However, Card's magnetometers showed that it was entirely manmade and bristled with features that included lines of walls, concentric pathways and outlines of large buildings. "The density of these features stunned us," says Card. At first, given its size, the team assumed they had stumbled on a general site that had been in continuous use for some time, providing shelter for people for most of Orkney's history, from prehistoric to medieval times. "No other interpretation seemed to fit the observations," adds Card. But once more the Ness of Brodgar would confound expectations.

Test pits, a metre square across, were drilled in lines across the ridge and revealed elaborate walls, slabs of carefully carved rock, and pieces of pottery. None came from the Bronze Age, however, nor from the Viking era or medieval times. Dozens of pits were dug over the ridge, an area the size of five football pitches, and every one revealed items with a Neolithic background.

Then the digging began in earnest and quickly revealed the remains of buildings of startling sophistication. Carefully made pathways surrounded walls – some of them several metres high – that had been constructed with patience and precision.

"It was absolutely stunning," says Colin Richards. "The walls were dead straight. Little slithers of stones had even been slipped between the main slabs to keep the facing perfect. This quality of workmanship would not be seen again on Orkney for thousands of years."

Slowly the shape and dimensions of the Ness of Brodgar site revealed themselves. Two great walls, several metres high, had been built straight across the ridge. There was no way you could pass along the Ness without going through the complex. Within those walls a series of temples had been built, many on top of older ones. "The place seems to have been in use for a thousand years, with building going on all the time," says Card.

More than a dozen of these temples have already been uncovered though only about 10% of the site has been fully excavated so far.

"We have never seen anything like this before," says York University archaeologist Professor Mark Edmonds. "The density of the archaeology, the scale of the buildings and the skill that was used to construct them are simply phenomenal. There are very few dry-stone walls on Orkney today that could match the ones we have uncovered here. Yet they are more than 5,000 years old in places, still standing a couple of metres high. This was a place that was meant to impress – and it still does."

But it is not just the dimensions that have surprised and delighted archaeologists. Two years ago, their excavations revealed that haematite-based pigments had been used to paint external walls – another transformation in our thinking about the Stone Age. "We see Neolithic remains after they have been bleached out and eroded," says Edmonds. "However, it is now clear from Brodgar that buildings could have been perfectly cheerful and colourful."

The men and women who built at the Ness also used red and yellow sandstone to enliven their constructions. (More than 3,000 years later, their successors used the same materials when building St Magnus' Cathedral in Kirkwall.) But what was the purpose of their construction work and why put it in the Ness of Brodgar? Of the two questions, the latter is the easier to answer – for the Brodgar headland is clearly special. "When you stand here, you find yourself in a glorious landscape," says Card. "You are in the middle of a natural amphitheatre created by the hills around you."

The surrounding hills are relatively low, and a great dome of sky hangs over Brodgar, perfect for watching the setting and rising of the sun, moon and other celestial objects. (Card believes the weather on Orkney may have been warmer and clearer 4,000 to 5,000 years ago.) Cosmology would have been critical to society then, he argues, helping farmers predict the seasons – a point supported by scientists such as the late Alexander Thom, who believed that the Ring of Brodgar was an observatory designed for studying the movement of the moon.

These outposts of Neolithic astronomy, although impressive, were nevertheless peripheral, says Richards. The temple complex at the Ness of Brodgar was built to be the most important construction on the island. "The stones of Stenness, the Ring of Brodgar and the other features of the landscape were really just adjuncts to that great edifice," he says. Or as another archaeologist put it: "By comparison, everything else in the area looks like a shanty town."

For a farming community of a few thousand people to create such edifices suggests that the Ness of Brodgar was of profound importance. Yet its purpose remains elusive. The ritual purification of the dead by fire may be involved, suggests Card. As he points out, several of the temples at Brodgar have hearths, though this was clearly not a domestic dwelling. In addition, archeologists have found that many of the stone mace heads (hard, polished, holed stones) that litter the site had been broken in two in exactly the same place. "We have found evidence of this at other sites," says Richards. "It may be that relatives broke them in two at a funeral, leaving one part with the dead and one with family as a memorial to the dead. This was a place concerned with death and the deceased, I believe."

Equally puzzling was the fate of the complex. Around 2,300BC, roughly a thousand years after construction began there, the place was abruptly abandoned. Radiocarbon dating of animal bones suggests that a huge feast ceremony was held, with more than 600 cattle slaughtered, after which the site appears to have been decommissioned. Perhaps a transfer of power took place or a new religion replaced the old one. Whatever the reason, the great temple complex – on which Orcadians had lavished almost a millennium's effort – was abandoned and forgotten for the next 4,000 years.


The hidden histories of the Ness of Brodgar

University of the Highlands and Islands Archaeology Institute MSc student Will Lowe is undertaking his work placement with us in the marketing department at Orkney College.

As part of his project Will is looking at post excavation processes and the ways in which information is shared across both the academic and wider community.

My name is William Lowe and I’m a MSc student at the University of the Highlands and Islands and in this blog post I will be writing about the 2019 Ness of Brodgar dig and some of its discoveries. Now for those who don’t know what the Ness of Brodgar is, it is an extensive Neolithic complex in the Heart of Neolithic Orkney World Heritage Site on the Orkney Mainland.

If you are interested in reading up on the site I would recommend either the team’s daily blog or even the National Geographic article on the Ness of Brodgar

The aim of this blog is to show off some of the finds made this year and how by carefully examining them we can piece together the overall history of this site and the people connected to it. In order to do that I have selected 3 finds in particular.

For the first objects I will disregard the rule that I just set and discuss two objects in particular, these are a piece of bone and a piece of pot that were discovered in the new area, known as Trench T…the “mystery trench”. These may seem like mundane finds compared to some others, but sometimes it is these mundane objects that tell the best stories. They were found in Structure 27, a new structure that has no parallels on the site, let alone Scotland!

These objects were part of the “trash” from the rest of the site that was thrown in the structure after it was abandoned, but not put out of use it seems. The mound was far larger than what the diggers first envisaged, so much so that it must have been clearly visible from far away, and Cristina, the trench supervisor, believes this was done on purpose in order to show off to whomever was in the vicinity!

The second object is a macehead that was found on Friday. It is a stunning find that was never finished, which is unfortunately a mystery we don’t know the answer to. What we do know is that it’s made out of olivine basalt, which may be from another Orkney island to the south-west called Hoy. This is important because it shows that the inhabitants were being extremely selective about their rocks. Similarly other objects from previous seasons known as a “pitchstone” – a volcanic glass from the island of Arran several hundred miles to the SW of Orkney and similar to obsidian was knapped using a technique similar to that found in south Scotland, showing the links the site had and how far they spanned.

The last object is a decorated stone. A myriad of decorations have been found in the past years by Nick and his team, and although similar decorations have been found in Maeshowe, they are still a mystery. Maybe as we find more and through a little research, we will be able to discover more about their hidden histories!



コメント:

  1. Diomedes

    私は今議論に参加することはできません - それは非常に占領されています。私は解放されます - 私は必然的に意見を表明します。

  2. Wetherly

    教えてください!ニュースありがとうございます。

  3. Jular

    There is a site for the question, which interests you.

  4. Burhford

    言い訳、そのセクションではありません.....

  5. Rigby

    うわー、私のお菓子!!!!



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos