新しい

連邦通信委員会-歴史

連邦通信委員会-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

連邦通信委員会(FCC)-連邦行政機関の独立機関。 FCCは、州間および外国の通信を規制しています。ラジオ、テレビ、ワイヤー、衛星、ケーブルを含みます。放送サービスの開発と運用を支援し、国内および国際的な電話と電信の効率的で低コストのサービスを保証するように機能します。さらに、委員会は、通信を使用して生命と財産の安全を促進し、国防を強化する責任があります。

.

. .



連邦通信委員会(FCC)

連邦通信委員会(FCC)は、議会に直接責任を負う独立した連邦規制機関です。 1934年の通信法によって設立され、ラジオ、テレビ、有線、衛星、ケーブルによる州間および国際通信の規制を担当しています。その管轄は、50の州と準州、コロンビア特別区、および米国の所有物をカバーしています。

FCCは、大統領によって任命され、期限が切れていない期間を埋める場合を除いて、5年間の任期で上院によって確認された5人の委員によって指示されます。大統領は委員長を1人任命する。委員会の最高経営責任者として、会長は管理および管理責任を常務取締役に委任します。他の特定の機能は、スタッフユニットとビューローおよびコミッショナーの委員会に委任されています。コミッショナーは、定期的に公開および非公開の議題会議と特別会議を開催します。彼らはまた、「回覧」によって会議の合間に行動するかもしれません。これは、検討と公式の行動のために文書が各コミッショナーに個別に提出される手順です。


このデバイスは、電気的ではなく音響的に公衆交換電話網に接続されていました。 [1]移動無線システムの基地局に電気的に接続され、基地局から電力を得ました。 [1]:659すべての電気部品は、初期のプラスチックであるベークライトに包まれていました。

双方向ラジオの誰かが電話または「固定電話」で誰かと話したいと思ったとき(たとえば、「中央派遣、マッガレットにパッチを当てて」)、基地の駅のオペレーターは電話番号をダイヤルしました。ラジオと電話の両方の発信者が基地局のオペレーターと接触しているとき、オペレーターの電話のハンドセットは、Carterfoneデバイスに組み込まれたクレードルに置かれました。 Carterfoneの音声操作スイッチは、電話の発信者が話しているときに、話しを停止したときに自動的に無線送信機をオンにし、無線は受信状態に戻りました。 Carterfoneには別のスピーカーが取り付けられており、基地局のオペレーターが会話を監視し、音量を調整し、会話が終了したときに電話を切ることができます。 [2]

この特定のデバイスは、電気通信に関連する画期的な米国の規制決定に関与していました。 12年前、裁判所はHush-A-Phone事件で、デバイスが可能であるとの判決を下しました。 機械的に AT&ampTの許可なしに、電話システム(電話会社が所有する電話に取り付けられたゴム製のコップなど)に接続します。 1968年、連邦通信委員会は、システムに害を及ぼさない限り、Carterfoneおよびその他のデバイスをAT&ampTネットワークに電気的に接続できるようにすることでこの特権を拡大しました。一般に「カーターフォン決定」(13 F.C.C. 2d 420)と呼ばれるこの判決は、保護カプラーを使用して電話システムに接続できるデバイスを販売する可能性を生み出し、顧客宅内機器に市場を開放しました。この決定は「合法的なデバイス」と呼ばれることが多く、留守番電話、ファックス機、モデム(当初はCarterfoneと同じタイプの手動音響カプラーを使用)などの後の革新が普及することを可能にします。

2007年2月、SkypeによってFCCに規則制定の申請が提出され、FCCにCarterfone規制をワイヤレス業界に適用するよう要求されました。つまり、OEM、ポータルなどは、携帯電話なしでワイヤレスデバイスとサービスを提供できるようになります。ハンドセットを承認する必要があるオペレーター。しかし、2008年4月1日、FCCのケビンマーティン会長は、Skypeの要求に反対することを表明しました。 [3]

2015年4月17日、このルール作成の請願は、Skypeの現在の所有者であるMicrosoft Corporationの要請により、FCCによって害されることなく却下されました。 [4]


テレビ検閲の歴史

最初の映画「トーキー」がアーティストに実際の肉体的な人間の行動の視聴覚録音を表示する力を与えてから間もなく、テレビはこれらの種類の録音を公有の電波で放送し始めました。当然のことながら、米国政府はこれらの録音の内容がどうあるべきかについて多くのことを言ってきました。

1934年の通信法の後援の下、議会は、公的に所有されている放送周波数の私的使用を監督するために連邦通信委員会(FCC)を設立しました。これらの初期の規制は主にラジオに適用されますが、後で連邦テレビの猥褻規制の基礎を形成します。

最初のテレビ放映された裁判。オクラホマ州のWKY-TVは、過失致死罪で有罪判決を受け、懲役65年の刑を宣告された10代の警官殺人犯ビリーユージーンマンリーの殺人裁判のクリップを放映しています。 1953年以前は、法廷はテレビカメラの立ち入りが禁止されていました。

エルビスプレスリーは2回登場 エドサリバンショー、そして-都市伝説とは反対に-彼のスキャンダラスな腰の回転は決して打ち切られていません。 CBSの検閲官が彼の下半身を切り取り、腰から上に向かって彼を撮影するのは、彼の1957年1月の登場までではありません。

ABCはミニシリーズを放送します ルーツ、テレビの歴史の中で最も評価の高い番組の1つであり、無修正の正面ヌードを最初に組み込んだ番組の1つです。 FCCは反対しません。後のテレビミニシリーズ、特に 野蛮人のガウギン (1980)および ロンサムダブ (1989)、また、問題なく正面ヌードを特集します。

FCC対パシフィカ (1978)、米国最高裁判所は、「下品」と見なされる放送コンテンツを制限するFCCの権限を正式に認めています。事件はジョージ・カーリンのラジオルーチンを扱っているが、裁判所の判決は後のテレビ放送の検閲の根拠を提供している。ジョン・ポール・スティーブンス判事は過半数を占め、放送メディアが印刷メディアと同じレベルの憲法修正第1条の保護を受けられない理由を説明しています。

裁判所の過半数が パシフィカ は狭い5-4であり、多くの法学者は、FCCが下品な放送コンテンツを規制する権限があると主張していることは憲法修正第1条に違反していると依然として信じています。

Parents Television Council(PTC)は、テレビコンテンツに対する政府の管理を奨励するために設立されました。 PTCにとって特に不快なのは、レズビアンとゲイのカップルを前向きに描いたテレビ番組です。

NBC放送 シンドラーのリスト 未編集。映画の暴力、ヌード、冒とく的な表現にもかかわらず、FCCは反対していません。

ジョージW.ブッシュ大統領の就任直後、FCCは一連の派手なテレビコメディスキットを放映したとしてWKAQ-TVに21,000ドルの罰金を科しました。これは、米国史上初のFCCテレビの猥褻罰金です。

ゴールデングローブ賞の期間中、何人かのパフォーマー、特にボノは、つかの間の傲慢な言葉を発しました。ジョージW.ブッシュ大統領の積極的な新しいFCC委員会は、NBCに対して行動を起こします。罰金はありませんが、不吉な警告です。

政治情勢とブッシュ政権がしなければならなかった明らかな必要性を考えると 現れる 猥褻に厳しい放送局は、FCCの新会長であるマイケル・パウエルがブラフをしているのではないかと考える理由がありました。彼らはすぐに彼がそうではないことを知りました。


FCCには、放送、電信、電話の3つの主要な部門があります。これらの支店内では、細分化により、代理店はより効率的にタスクを実行できます。現在、FCCには7つの運営局と10のスタッフオフィスがあります。局と事務所にはさまざまな専門分野がありますが、局の一般的な責任には、「規制プログラムの開発と実施、および公聴会への参加に関する調査を実施する苦情を分析するライセンスおよびその他の提出書類の申請の処理(連邦通信委員会)」が含まれます。 4つの主要な局は、メディア局、有線競争局、無線通信局、および国際局です。

メディア局は、放送サービスのライセンスと規制を監督しています。具体的には、メディア局は「米国とその領土でケーブルテレビ、放送テレビ、ラジオなどの電子メディアに関連するポリシーとライセンスプログラムを開発、推奨、管理しています(連邦通信委員会)」。 FCCが放送局からのライセンスを付与または差し控える決定を支援するため、メディア局は組織内で特に重要な役割を果たします。このような決定は、「放送局が公共の利益のために役立ったかどうかに関する委員会自身の評価」に基づいており、主にメディア局の勧告に基づいています。 1メディア局は、子供向け番組と必須のクローズドキャプションに関する判決の中心となっています。

有線競争局(WCB)は、主に「有線/コードレス電話を使用して州間および特定の状況下では州内の電気通信サービスを公衆に提供する電話会社に関する規則とポリシー」を担当しています。 ) (連邦通信委員会)。"米国で無線ベースの通信の市場が拡大しているにもかかわらず、WCBは、「有線通信サービスおよび市場の開発における選択、機会、および公平性を確保する」ことにより、FCCで大きな存在感を維持しています(連邦通信委員会)。この主要な目標に加えて、局の目的には、「有線電気通信サービスへの経済的に効率的な投資を促進し、経済成長を促進する規制緩和イニシアチブを開発する(連邦通信委員会)」が含まれます。 WCBは最近、一般向けのブロックされたオンラインコンテンツに関してComcastに反対する判決を下し、多くの人が政府が一般市民や大企業に対して持っている権限の量に疑問を投げかけました。

FCC内のもう1つの著名な局は、無線通信局(WTB)です。 WCBの大まかな対応物であるこの局は、携帯電話、ページャー、および双方向ラジオを監督し、「公安、衛星通信、または放送に関連するものを除く、すべてのFCC国内無線通信プログラムおよびポリシー(ライセンス、施行、規制を含む)を処理します。機能(連邦通信委員会)。」 WTBは、ワイヤレスネットワークの拡張と制限のバランスを取り、アンテナとブロードバンドの使用を登録し、飛行機、船、および陸上通信の無線周波数を管理します。米国の無線通信が成長し続けるにつれて、この局は範囲と重要性の両方で増加し続ける可能性があります。

最後に、国際局は、すべての衛星および国際問題においてFCCを代表する責任があります。より大きな組織である国際事務局の目標は、「迅速な承認、革新的なスペクトル管理、責任あるグローバルリーダーシップ(連邦通信委員会)を通じて、消費者の利益のために地球をつなぐ」ことです。国際干渉を回避するために、国際局は周波数割り当てと軌道割り当てに関して世界中のパートナーと調整します。また、米国への外国投資にも関わっており、外部の政府、個人、または企業は、米国の放送、電話、またはラジオ会社の株式の20%以上を所有することはできないとの判決を下しています。


コンテンツ

1938年、ローレンスJ.フリンという元ヤンキーネットワークの従業員がボストンでジョンシェパード3世のWAABのライセンスに異議を唱え、WNACについても苦情を申し立てました。フリンは、これらの放送局は、シェパードが反対した地方[および連邦]の政治家に対する一方的な政治的見解と放送攻撃(社説を含む)を放送するために使用されていたと主張した。 FCCは、シェパードがこれらのプログラムに関する詳細を提供することを要求し、委員会をなだめるために、ヤンキーネットワークは社説を削除することに同意しました。しかし、フリンはメイフラワー放送と呼ばれる会社を設立し、FCCにWAABのライセンスを授与させようとしましたが、FCCは拒否しました。代わりに、1941年に委員会は、ラジオ局が公益義務のためにニュースや政治の問題で中立を維持しなければならないと宣言したメイフラワー決定として知られるようになった判決を下し、編集を行うことは許可されませんでした特定の政治的立場または候補者への支援。

1949年、FCCの編集レポート[5]は、1941年以来ラジオでの編集を禁止していたメイフラワードクトリンを廃止し、ライセンシーが「私的利益のために自分のステーションを使用してはならない」というFCCの主張を再確認することにより、フェアネスドクトリンの基礎を築きました。 、[ライセンシーの]気まぐれや気まぐれですが、一般的にコミュニティに役立つ方法で。」 [6] [7] FCCレポートは、放送局に2つの形式の規制を確立しました。それは、公共の問題を適切に報道することと、報道が反対意見を公正に表すことを保証することです。 [8] 2番目の規則は、放送局が問題志向の市民に返信時間を提供することを要求しました。したがって、放送局は編集せずにフェアネスドクトリンの苦情を引き起こす可能性があります。委員会は1949年以前は公正主義の義務を要求していませんでした。それまで、放送局は通信法の一般的な「公益」基準のみを満たす必要がありました。 [9]

教義は依然として一般的な方針の問題であり、教義の特定の規定がFCC規制に組み込まれた1967年[10]までケースバイケースで適用されました。 [11]

1969年、米国控訴裁判所は、ウォーレンバーガーが書いた意見で、テレビ局の分離主義政治と米国市民権運動のNBCネットワークニュース報道の継続的な検閲のために、テレビ局WLBTに対するラマー放送のライセンスを取り消すようFCCに指示しました。 。 [12]

1974年、連邦通信委員会は、議会が「物議を醸す公的問題についての見解を表明したい個人またはグループに、無料または有料のアクセス」システムを義務付ける権限を委任したと述べましたが、まだそうではありませんでした。認可された放送局が「自発的に」教義の「精神」を遵守したので、その力を行使した。それはそれを警告しました:

将来の経験から、[「自主的遵守」の]教義がその期待または結果のいずれにおいても不十分であることが示された場合、委員会は、義務付けられるようなさらなる再評価と行動の機会と責任を負います。 [13]

ある画期的な事例では、FCCは、テレテキストは限られたリソースに対する需要の急増を生み出した新しいテクノロジーであり、したがって公平性の原則から免除される可能性があると主張しました。電気通信研究行動センター(TRAC)とメディアアクセスプロジェクト(MAP)は、文字放送の送信は他の電波技術と同様に規制されるべきであり、したがって公平性の原則が適用可能であると主張しました(そしてFCCによって施行されなければなりません)。 1986年、コロンビア特別区巡回区連邦控訴裁判所のロバート・ボーク裁判官とアントニン・スカリア裁判官は、公正主義は文字放送に適用されたが、FCCはそれを適用する必要はないと結論付けました。 [14] 1987年の事件では、 MeredithCorp.v。FCC、同じ裁判所の他の2人の裁判官は、議会は教義を義務付けておらず、FCCはそれを執行し続ける必要はないと宣言した。 [15]

Red Lion BroadcastingCo.v。FCC、395 US 367(1969)、合衆国最高裁判所は、合衆国最高裁判所が、憲法修正第1条に違反したという異議申し立てに応えて、放送中の個人攻撃の場合の公正教義の合憲性を支持しました。米国憲法に。事件は、ジャーナリストのフレッドJ.クックが出版した後に始まりました。 ゴールドウォーター:右派の過激派は、ペンシルベニア州レッドライオンのWGCBで毎日放送されているクリスチャン十字軍のラジオでビリージェームズハーギスが話し合ったトピックでした。クックは、公平性の原則により、個人的な攻撃に対応するために放送時間を解放する権利があると主張して訴訟を起こしました。 [16]

同様の法律がマスコミに適用されると違憲であるが、裁判所は、ラジオ局がこれで規制される可能性があると述べた上院の報告書(S.Rep。No.562、86th Cong。、1st Sess。、8-9 [1959])を引用した。当時の公共放送は限られていたためです。バイロン・ホワイト判事は法廷に向けて次のように宣言しました。

ライセンスは放送を許可しますが、ライセンシーは、ライセンスを保持する者になる、または仲間の市民を除外して無線周波数を独占する憲法上の権利を持っていません。憲法修正第1条には、政府がライセンシーに自分の頻度を他の人と共有することを要求することを妨げるものは何もありません。最も重要なのは放送局の権利ではなく、視聴者と聴取者の権利です。 [4]

さらに、裁判所は、公正性の原則が、情報に基づいた公衆を作成するという憲法修正第1条の目標にどのように反するかを見ていませんでした。公平性の教義は、話された人々が放送局によってなされた声明に答える機会を与えられることを要求しました。裁判所は、これがより多くの情報に基づいた公衆の作成に役立つと信じていました。ホワイト裁判官は、この教義がなければ、駅の所有者は彼らの意見に同意した人々だけを放送するだろうと説明した。ホワイト裁判官は、彼の意見を通じて、ラジオ周波数(ひいてはテレビ局)を使用して、物議を醸す問題について、公平で偏見のない方法で国民を教育し、彼らが独自の意見を作成できるようにする必要があると主張しました。 [17]

裁判所は「1969年に全会一致で、公正主義は憲法であるだけでなく民主主義に不可欠であると裁定しました。公の電波は、放送時間の支払いができる人々の意見を表明するだけでなく、有権者に論争のあらゆる側面について通知することを許可しなければなりません。問題。" [18]裁判所はまた、教義が言論を抑制した場合、その合憲性を再考すべきであると警告した。

政府が強制するアクセス権は、必然的に活力を弱め、公の議論の多様性を制限します。

この決定はとは異なります レッドライオン v。 FCC 新聞に適用されます。新聞は、放送局とは異なり、免許がなく、理論的には無制限の数の競合他社と対峙する可能性があります。

1984年、最高裁判所は、議会が公共放送社から助成金を受け取った非営利団体による社説を禁止することはできないとの判決を下しました(FCC対カリフォルニアの女性有権者同盟、468 U.S. 364(1984))。ウィリアム・J・ブレナン・ジュニアによる裁判所の5対4の多数決は、多くの人が現在、コミュニケーションのソースを拡大することで公平性の原則の制限が不要になったと考えていると述べました。

しかし、議会やFCCからの信号なしに、放送規制システムの改訂が必要になる可能性があるほど技術開発が進んでいるという長年のアプローチを再考する準備はできていません。 (脚注11)

FCCが社説や個人攻撃に関する公平性の原則の規則を廃止することを検討していることに留意した後、これらの規則が「冷静な言論」である可能性があることを恐れて、裁判所は次のように付け加えました。

もちろん、委員会はその裁量の行使において、これらの規則を修正または放棄することを決定することができ、私たちはどちらのコースの合法性についても見解を表明しません。しかし、Red Lionで認識したように、公平性の原則がスピーチを強化するのではなく削減することの正味の効果を持っていることを委員会が示した場合、私たちはその決定の憲法上の根拠を再考することを余儀なくされます。その場合。 (脚注12)[19]

基本的な教義の編集

1985年、1976年と1980年にロナルドレーガンの大統領選挙運動スタッフを務めた通信弁護士であるFCC議長のマークS.ファウラーの下で、FCCは次の報告を発表しました。 一般的な公平性の原則の義務 [20]教義は公益を傷つけ、憲法修正第1条によって保証されている言論の自由の権利を侵害していると述べた。しかし、委員会は、1959年の通信法第315条の改正を通じて、ドクトリンが議会によって制定されたかどうかについて決定を下すことができませんでした。

1986年に応えて Telecommunications Research&amp ActionCenterv。F.C.C。 決定、[21]第99議会は[22] FCCに、公正主義の代替案を検討し、この主題に関する報告書を議会に提出するよう指示した。 [23] 1987年、 メレディスコーポレーションv。F.C.C. 事件はFCCに返還され、その教義が「議会の一般的な承認に従って自己生成されたのか、それとも議会によって特別に義務付けられたのか」を検討するよう指示された。 [24]

FCCは、公平性の原則を管理および実施するための代替手段に関するパブリックコメントを募集する調査を開始しました。 [25]その後、1987年の報告書では、ケースバイケースの執行アプローチを放棄すること、教義を一般のすべてのメンバーが自由にアクセスできる時間に置き換えること、個人的な攻撃ルールを廃止すること、その他の特定のルールを排除することなどの代替案があります。教義の側面—さまざまな理由でFCCによって拒否されました。 [26]

1987年8月5日、FCCのデニスR.パトリック委員長の下で、FCCは4対0の投票で教義を廃止しました。 シラキュース平和評議会 判決[27]は、1989年2月にD.C.巡回区控訴裁判所の委員会によって支持されましたが、裁判所は判決の中で「憲法上の問題に達することなくその決定を下した」と述べました。 [28] FCCは シラキュース平和評議会 市場には多くのメディアの声があるため、教義は違憲と見なされ、次のように述べています。

[公正主義]の施行によって引き起こされた番組の内容への政府による侵入は、放送局のジャーナリズムの自由を制限します。 [そして]実際には、国民に不利益をもたらし、放送ジャーナリストの社説の特権を低下させる、物議を醸す公共の重要な問題の提示を禁止している。

4対0の投票で、パトリック会長は次のように述べました。

私たちは、私たちの国の創設以来、印刷媒体が享受してきたのと同じ憲法修正第1条の保証を電子プレスにまで拡大しようとしています。 [29]

投票時に座っていたコミッショナーは次のとおりでした:[30] [31]

  • デニス・R・パトリック、共和党会長
    (1983年にロナルドレーガンによってFCCコミッショナーに任命されました)
  • ミミウェイフォースドーソン、共和党
    (1986年にロナルドレーガンによってFCCコミッショナーに任命されました)
  • パトリシア・ディアス・デニス、民主党
    (1986年にロナルドレーガンによってFCCコミッショナーに任命されました)
  • ジェームズH.ケロ、民主党
    (1974年にリチャードM.ニクソンによってFCCコミッショナーに任命されました)

FCCの投票は、FCCが「議会の意志を無視する」ことを試みたと述べた下院議員によって反対され、その決定は「間違った、誤った方向に進んだ、非論理的」でした。 [29]決定は政治的な火をつけ、議会との協力は一つの問題でした。 [32] 1987年6月、議会はFCCの決定を先取りし、公正主義を体系化しようとしたが[33]、立法はロナルド・レーガン大統領によって拒否された。 1991年に教義を復活させる別の試みは、ジョージH.W.大統領がブッシュは別の拒否権を脅かした。 [34]

ファウラーは2009年2月に、レーガン政権下での公平性の教義を取り消すための彼の仕事は、党派ではなく、原則の問題であったと述べた(教義が修正第1条に影響を与えたという彼の信念)。ファウラー氏は、ホワイトハウスのスタッフが、保守的なトークラジオが目立つ前、そして政治的言説におけるビッグスリーテレビネットワークとPBSの卓越性の間に、政策を廃止することは政治的に賢明ではないだろうと懸念を表明したと述べた。彼はレーガンに言っているようにスタッフの立場を説明しました:

3つのネットワークの野蛮さからあなたを本当に保護する唯一のもの-彼らがロナルド・レーガンを野蛮にする毎日-は公正の教義であり、ファウラーはそれを廃止することを提案しています! [35]

保守的なトークラジオ編集

1987年の公平性の原則の廃止により、「フィルタリングされていない」分裂的および/または悪質であると説明されているトークラジオの台頭が可能になりました。既知のサクラメントステーション—全国的なシンジケーション契約。マクラフリンはリンボーを無敵の価格でステーションに無料で提供しました。彼のプログラムを実行するために彼らがしなければならなかったのは、マクラフリンの会社が全国スポンサーに販売した広告のために1時間あたり4分を確保することだけでした。ステーションは残りのコマーシャル時間を地元の広告主に売らなければなりませんでした。」 「放送中の彼の初期の頃から、リンボーは陰謀説、分裂性、さらには悪意さえも人身売買した」(例えば、「フェミナチ」)。 [36] 1987年以前は、公平性の原則に対する明らかな違反として、あまり議論の余地のない言い回しを使用している人々が放映されていました。 [37]

当然のルール編集

教義の2つの当然のルール、個人攻撃ルールと「政治編集」ルールは、2000年まで実践されていました。「個人攻撃」ルールは、放送中に個人(または小グループ)が個人攻撃を受けるたびに適用されました。ステーションは、攻撃から1週間以内にそのような人物(またはグループ)に通知し、発言内容の記録を送信し、オンエアで応答する機会を提供する必要がありました。 「政治編集」規則は、公職の候補者を支持または反対する社説を放送局が放送するときに適用され、承認されていない候補者に通知し、合理的な応答の機会を与えることを規定しました。 [38]

D.C. Circuitの米国控訴裁判所は、公正主義を廃止する決定に照らして、これらの当然の規則を正当化するようFCCに命じました。 FCCは迅速な正当化を提供しなかったため、両方の結果規則は2000年10月に廃止されました。[39]

編集をサポート

2005年2月、米国下院議員ルイーズスローター(D-NY)と23人の共催者が、2005年7月の第109議会(共和党が両方の家の大多数)。この法案は、免許保持者が重要な問題を公正にカバーし、その適用範囲について地方公聴会を年に2回開催し、FCCにその義務をどのように果たしているかを文書化することを要求して、ステーションのライセンス期間を8年から4年に短縮しました。 。 [41]法案は委員会に付託されたが、それ以上進展しなかった。 [42]

同じ議会で、モーリス・ヒンチェイ議員(D-NY)は、「公正の教義を回復する」ための法律を導入しました。 「2005年のメディア所有権改革法」またはMORAとしても知られるH.R.3302は、議会で16人の共同スポンサーを持っていました。 [43]

2007年6月、リチャード・ダービン上院議員(D-Ill。)は、「公正主義を復活させる時が来た」[44]と、民主党の同僚であるジョン・ケリー上院議員(D-Mass。)が共有した意見である。 [45]しかし、マリン・コーガンによれば ニューリパブリック 2008年後半:

ダービン上院議員の報道官は、ダービンには計画も言語も何もないと言っています。彼は昨年廊下で尋ねられた、彼は彼の個人的な見解を与えた-アメリカの人々は教義の下でよく仕えられた-そしてそれはすべて不釣り合いに吹き飛ばされた。 [46]

2008年6月24日、当時の下院議長であったナンシー・ペロシ米国下院議長(D-Calif。)は記者団に、彼女の仲間の民主党代表は公正主義の再導入を禁止したくないと述べ、「コーカスはその逆です。」のジョンGizziによって尋ねられたとき ヒューマンイベント、「 『公平主義』の復活を個人的に支持しますか?」と、講演者は「はい」と答えた。 [47]

2008年10月22日、ジェフビンガマン上院議員(D-NM)は、ニューメキシコ州アルバカーキの保守的なトークラジオの司会者に次のように語った。

このステーションとすべてのステーションに、バランスの取れた視点と異なる視点を提示してもらいたいと思います。私が言っているのは、私たちがこの国で何年にもわたって公正主義の下で運営していたということだけであり、この国は十分に奉仕されていたと思います。当時の公開討論は、それ以降よりもレベルが高く、より賢明だったと思います。 [48]

2008年12月15日、米国下院議員のアンナエシュー(D-Calif。)は次のように語った。 デイリーポスト カリフォルニア州パロアルトで、ケーブルテレビや衛星放送にも適用すべきだと彼女は考え、次のように述べています。

私はそれを取り戻すことに取り組みます。私はまだそれを信じています。それはすべての人に影響を与えるはずです。 [49]

2009年2月11日、トム・ハーキン上院議員(D-アイオワ)はラジオの司会者であるビル・プレスに、「フェアネス・ドクトリンを再び法に戻す必要がある」と語った。後に、「彼らは次々と都市からの進歩的な話し合いを止めている」というプレスの主張に応えて、ハーキン上院議員は「その通り、それが私たちがフェアを必要とする理由です。それが私たちがフェアネスドクトリンを取り戻す必要がある理由です」と答えました。 [50]

ビル・クリントン前大統領もまた、公正主義への支持を示しています。 2009年2月13日、マリオソリスマリッチのラジオ番組に出演したとき、クリントンは次のように述べています。

ええと、あなたは公平性の教義を持っているべきであるか、あるいは反対側でもっとバランスをとるべきです。なぜなら、本質的に右翼のトークショーをサポートするためにたくさんの大きなお金が常にあったからです。

クリントン氏は、保守的なトークラジオからの刺激プログラムに対する「露骨なドラムビート」を引用し、それが経済の現実を反映していないことを示唆している。 [51]

2019年9月19日、トゥルシーギャバード議員(D-HI)は、第116議会の衆議院で、2019年の公正主義の回復に関するH.R.4401法を導入しました。ギャバード議員が唯一のスポンサーでした。 H.R. 4401は、同日、下院エネルギー・商業委員会に直ちに照会されました。その後、2019年9月20日に通信と技術に関する小委員会に付託された。[52]

H.R. 4401は、主要な政治的および社会的トピックについての平等なメディアの議論を義務付け、テレビおよびラジオ放送局が市民の関心のある問題の反対側に放送時間を与えることを要求します。 [53] [54]要約には次のように書かれている。「2019年の公正主義法を復活させる。この法案は、放送ラジオまたはテレビのライセンシーに、公共の重要事項に関する相反する見解について議論するための合理的な機会を提供することを要求している。[55]公平性の回復教義法は、政治的または社会的問題を議論する際に、テレビとラジオの放送局が双方に出席することを再び義務付け、1949年から1987年までの規則を復活させた[。]。その結果、最も大きな声や最も深いポケットだけが勝つことを許可するのではなく、」 [56]

野党編集

公正主義は、憲法修正第1条の権利と財産権への攻撃と見なす著名な保守党と自由主義者によって強く反対されてきました。の社説 ウォールストリートジャーナルワシントンタイムズ 2005年と2008年に、公平性の教義を取り戻すための民主的な試みは、主に保守的なトークラジオに応えて行われたと述べた。 [57] [58]

In 1987, Edward O. Fritts, president of the National Association of Broadcasters, in applauding President Reagan's veto of a bill intended to turn the doctrine into law, said that the doctrine is an infringement on free speech and intrudes on broadcasters' journalistic judgment. [59]

In 2007, Senator Norm Coleman (R-MN) proposed an amendment to a defense appropriations bill that forbade the FCC from "using any funds to adopt a fairness rule." [60] It was blocked, in part on grounds that "the amendment belonged in the Commerce Committee's jurisdiction."

In the same year, the Broadcaster Freedom Act of 2007 was proposed in the Senate by Senators Coleman with 35 co-sponsors (S.1748) and John Thune (R-SD) with 8 co-sponsors (S.1742) [61] and in the House by Republican Representative Mike Pence (R-IN) with 208 co-sponsors (H.R. 2905). [62] It provided:

The Commission shall not have the authority to prescribe any rule, regulation, policy, doctrine, standard, or other requirement that has the purpose or effect of reinstating or repromulgating (in whole or in part) the requirement that broadcasters present opposing viewpoints on controversial issues of public importance, commonly referred to as the `Fairness Doctrine', as repealed in General Fairness Doctrine Obligations of Broadcast Licensees, 50 Fed.登録35418 (1985). [63]

Neither of these measures came to the floor of either house.

On August 12, 2008, FCC Commissioner Robert M. McDowell stated that the reinstitution of the Fairness Doctrine could be intertwined with the debate over network neutrality (a proposal to classify network operators as common carriers required to admit all Internet services, applications and devices on equal terms), presenting a potential danger that net neutrality and Fairness Doctrine advocates could try to expand content controls to the Internet. [64] It could also include "government dictating content policy". [65] The conservative Media Research Center's Culture & Media Institute argued that the three main points supporting the Fairness Doctrine — media scarcity, liberal viewpoints being censored at a corporate level, and public interest — are all myths. [66]

In June 2008, Barack Obama's press secretary wrote that Obama (then a Democratic U.S. senator from Illinois and candidate for president) did not support it, stating:

Obama does not support reimposing the Fairness Doctrine on broadcasters [. ] [and] considers this debate to be a distraction from the conversation we should be having about opening up the airwaves and modern communications to as many diverse viewpoints as possible. That is why Sen. Obama supports media-ownership caps, network neutrality, public broadcasting, as well as increasing minority ownership of broadcasting and print outlets. [67]

On February 16, 2009, Mark Fowler said:

I believe as President Reagan did, that the electronic press—and you're included in that—the press that uses air and electrons, should be and must be as free from government control as the press that uses paper and ink, 期間. [35]

In February 2009, a White House spokesperson said that President Obama continued to oppose the revival of the Doctrine. [68]

In the 111th Congress (January 2009 to January 2011), the Broadcaster Freedom Act of 2009 (S.34, S.62, H.R.226) was introduced to block reinstatement of the Doctrine. On February 26, 2009, by a vote of 87–11, the Senate added that act as an amendment to the District of Columbia House Voting Rights Act of 2009 (S.160), [69] a bill which later passed the Senate 61–37 but not the House of Representatives. [70] The Associated Press reported that the vote on the Fairness Doctrine rider was "in part a response to conservative radio talk show hosts who feared that Democrats would try to revive the policy to ensure liberal opinions got equal time." The AP report went on to say that President Obama had no intention of reimposing the doctrine, but Republicans (led by Sen. Jim DeMint, R-SC) wanted more in the way of a guarantee that the doctrine would not be reimposed. [71]

Suggested alternatives Edit

Media reform organizations such as Free Press feel that a return to the Fairness Doctrine is not as important as setting stronger station ownership caps and stronger "public interest" standards enforcement (with funding from fines given to public broadcasting). [72]

Accurate labeling rules Edit

Under the Fair Packaging and Labeling Act, the FTC requires that all 'consumer commodities' bear a label with an accurate 'statement identifying the commodity'. If revenue-generating commercial broadcasts (whether by radio, TV, or internet) are a 'consumer commodity', then they must be accurately labeled. That would seem to preclude 'News' that is not genuine, 'Opinion' that is not the author's actual opinion, or 'Analysis' that is not at least arguably analytical. Note that in general the FTC only has authority over commercial aspects (pertaining to revenue) rather than speech.

Public opinion Edit

In an August 13, 2008 telephone poll released by Rasmussen Reports, 47% of 1,000 likely voters supported a government requirement that broadcasters offer equal amounts of liberal and conservative commentary, while 39% opposed such a requirement. In the same poll, 57% opposed and 31% favored requiring Internet websites and bloggers that offer political commentary to present opposing points of view. By a margin of 71–20% the respondents agreed that it is "possible for just about any political view to be heard in today’s media" (including the Internet, newspapers, cable TV and satellite radio), but only half the sample said they had followed recent news stories about the Fairness Doctrine closely. The margin of error was 3%, with a 95% confidence interval. [73]

In June 2011, the Chairman and a subcommittee chairman of the House Energy and Commerce Committee, both Republicans, said that the FCC, in response to their requests, had set a target date of August 2011 for removing the Fairness Doctrine and other "outdated" regulations from the FCC's rulebook. [74]

On August 22, 2011, the FCC voted to remove the rule that implemented the Fairness Doctrine, along with more than 80 other rules and regulations, from the 連邦官報 following an executive order by President Obama directing a "government-wide review of regulations already on the books" to eliminate unnecessary regulations. [1]


Supreme Court Affirms Policy

In 1969, the U.S. Supreme Court unanimously (8-0) ruled that Red Lion Broadcasting Co. (of Red Lion, PA) had violated the fairness doctrine. Red Lion's radio station, WGCB, aired a program that attacked an author and journalist, Fred J. Cook. Cook requested "equal time" but was refused the FCC supported his claim because the agency viewed the WGCB program as a personal attack. The broadcaster appealed the Supreme Court ruled for the plaintiff, Cook.

In that ruling, the Court position the First Amendment as being "paramount," but not to the broadcaster but to the "viewing and listening public." Justice Byron White, writing for the Majority:

As an aside, part of the ruling could be construed as justifying Congressional or FCC intervention in the market to limit monopolization, although the ruling is addressing the abridgment of freedom:

Supreme Court Looks Again
Only five years later, the Court (somewhat) reversed itself. In 1974, SCOTU Chief Justice Warren Burger (writing for a unanimous court in Miami Herald Publishing Co. v. Tornillo, 418 U.S. 241) said that in the case of newspapers, a government "right of reply" requirement "inescapably dampens the vigor and limits the variety of public debate." In this case, Florida law had required newspapers to provide a form of equal access when a paper endorsed a political candidate in an editorial.

There are clear differences in the two cases, beyond the simple matter than radio stations are granted government licenses and newspapers are not. The Florida statute (1913) was far more prospective than the FCC policy. From the Court decision. However, both decisions discuss the relative scarcity of news outlets.

Key Case
In 1982, Meredith Corp (WTVH in Syracuse, NY) ran a series of editorials endorsing the Nine Mile II nuclear power plant. Syracuse Peace Council filed a fairness doctrine complaint with the FCC, asserting that WTVH "had failed to give viewers conflicting perspectives on the plant and had thereby violated the second of the fairness doctrine's two requirements."

The FCC agreed Meredith filed for reconsideration, arguing that the fairness doctrine was unconstitutional. Before ruling on the appeal, in 1985 the FCC, under Chair Mark Fowler, published a "Fairness Report." This report declared that the fairness doctrine was having a "chilling effect" on speech and thus could be a violation of the First Amendment.

Moreover, the report asserted that scarcity was no longer an issue because of cable television. Fowler was a former broadcast industry attorney who argued that television stations have no public interest role. Instead, he believed: "The perception of broadcasters as community trustees should be replaced by a view of broadcasters as marketplace participants."

Almost concurrently, in Telecommunications Research & Action Center (TRAC) v. FCC (801 F.2d 501, 1986) the D.C. district court ruled that the Fairness Doctrine was not codified as part of the 1959 Amendment to the 1937 Communications Act. Instead, Justices Robert Bork and Antonin Scalia ruled that the doctrine was not "mandated by statute."

FCC Repeals Rule
In 1987, the FCC repealed the Fairness Doctrine, "with the exception of the personal attack and political editorializing rules."

In 1989, the DC District Court made the final ruling in Syracuse Peace Council v FCC. The ruling quoted the "Fairness Report" and concluded that the Fairness Doctrine was not in the public interest:


FCC Commissioner Carr Discusses Benefits Of “Light Touch” Regulation And Open RAN

Carr credited the U.S.’s success in telecom to policies that were implemented by the FCC under the Trump administration.

June 19, 2020 — Federal Communications Commission Chairman Ajit Pai said that the current agency is “the most aggressive FCC in history in terms of spectrum.”

He cited 2017’s 600 MegaHertz (MHz) auction, which earned the agency $19.8 billion, as well as three millimeter-wave auctions that netted around $10 billion.

He also mentioned the upcoming Citizens Broadband Radio Service auction, which will see the agency auction off radio frequencies in the vicinity of the 3.5 GigaHertz (GHz) spectrum and several unlicensed spectrum initiatives.

Critics have accused Pai’s FCC of being reckless with its hastened approval of new spectrum allocations, as well as its aggressive selloff practices.

In early May, representatives from every military branch criticized the agency’s decision to auction portions of the so-called C-Band — generally understood to be between 3.7 GHz and 4.2 GHz — to satellite telecommunications company Ligado, claiming the allocation would interfere with military GPS systems.

But Pai and representatives from the FCC dismissed the concerns, saying they were “baseless fear-mongering.”

Pai reiterated that sentiment on Thursday, pointing out that military agencies had the Ligado proposal, “and thus an opportunity to comment on it, for almost half a year before the FCC finally adopted it.”

He also pushed back on Department of Defense suggestions that stricter interference standards be implemented.

“Applied more broadly, use of this metric would undermine the commission’s ability to promote efficient use of spectrum and effectively prohibit wireless communications as they stand today in many bands,” Pai wrote.

“It would impede, if not implode, the commission’s ability to reallocate new spectrum to 5G and other next-generation services.”

Pai also spoke about the upcoming Rural Digital Opportunity Fund reverse auction scheduled to begin on October 29. That auction aims to close the rural digital divide by investing around $20 billion in telecom carriers across the country. He said that the auction was part of an ongoing effort to make sure that everyone across the country could access low-cost broadband.

Pai detailed several upcoming initiatives, but emphasized that “in the meantime, looking forward, what I want to do is to make sure that we close that digital divide.”

教育


Exploring the history of Section 230 of the Communications Decency Act of 1996

You may have heard about Section 230, but what exactly is it? Section 230 is a federal law passed as part of the Communications Decency Act of 1996 (CDA) which contains two provisions that prevent internet service providers and website companies from being held liable for most content created by users of their services, including content that could be considered false or defamatory.

At the time of the bill’s passage, household internet usage was limited but rapidly growing. Societal concerns over access to pornography and sexually explicit materials by minors accompanied the rapid growth of internet usage and became notable political issues in the 1980s and 1990s. Congress sought to address concerns over pornography through legislation, including the passage of the Communications Decency Act, which became Title V of the Telecommunications Act of 1996. Shortly after passage, the American Civil Liberties Union challenged the constitutionality of the CDA on the grounds that it violated the First Amendment and Fifth Amendment. In a unanimous decision in 1997, the U.S. Supreme Court ruled in Reno v. ACLU that the Act violated the First Amendment. The decision invalidated much of the CDA with the exception of the language of Section 230, which was not the subject of the ACLU’s legal challenge, thus Section 230 was left intact and remained federal law.

The legal and social relevance of Section 230 has grown in the 21st century as internet use has expanded, causing the provision to attract both critics and defenders. Critics have argued that the law has exempted online companies from a legal responsibility to moderate what they view as harmful content and that it has protected companies that discriminate or censor content. Supporters of Section 230 have argued that it serves to promote and protect free speech and user choice on the internet.

On May 28, 2020, President Donald Trump (R) signed Executive Order 13925: Preventing Online Censorship which included a provision asking the Secretary of Commerce and Attorney General to, acting through the National Telecommunications and Information Administration (NTIA), file a petition for rulemaking with the Federal Communications Commission (FCC) requesting that the FCC clarify certain rules for the application of Section 230. The Department of Justice, on September 23, 2020, sent a letter to Congress proposing four areas for amendments to Section 230. One month later, on October 15, the FCC Chairman announced the Commission would work on clarifying the meaning of Section 230. On May 19, 2021, President Biden (D) signed Executive Order 14029: Revocation of Certain Presidential Actions and Technical Amendment, which included a provision to revoke Executive Order 13925。 In addition to these actions, multiple bills have been proposed since the beginning of 2020 in Congress to amend Section 230.


The Federal Communications Commission (FCC) is a large, independent United States government agency. On June 19, 1934, Congress enacted legislation establishing the Federal Communications Commission (FCC). This important legislation made the administrative duties of regulating broadcasting and wired communications into a single agency. The FCC had three divisions: broadcast, telegraph, and telephone. Its prime directive was to create “a rapid, efficient, nationwide, and worldwide wire and radio communication service.” The FCC’s first seven commissioners and 233 employees soon began to consolidate the rules and procedures from three other agencies:

  • Federal Radio Commission
  • Interstate Commerce Commission
  • Postmaster General into one agency

FCC has jurisdiction in all 50 states, the District of Columbia, and U.S. possessions such as Puerto Rico, Guam, American Samoa, and the American Virgin Islands.

The FCC has grown a great deal over the years. With more than nearly 2,000 employees, it had added to its original mandate, with oversight responsibilities in new communications technologies such as satellite, microwave, and private radio communications. There are six major sections of the 1934 Act, called “titles.”彼らです:

  • Title I: This section describes the administration, formation, and powers of the FCC.
  • Title II: This section is about common carrier regulation.
  • Title III: This section concerns broadcast station requirements.
  • Titles IV and V: These two sections deal with judicial review and enforcement of the Act.
  • Title VI: This section describes various provisions of the Act including amendments to the Act and the emergency war powers of the president. It also extends FCC power to regulate cable television.

The 1934 Act restricts FCC regulatory authority to interstate and international common carriers. For purposes of the Act, telephone and microwave communications are deemed common carriers.

Many of the prototypes for broadcasting regulations were created before the 1934 Act by the Federal Radio Commission. Sections 303-307 defines many of the FCC’s powers related to broadcasting. Other sections either put limits on FCC’s authority or some of the activities of broadcasters:

  • The FCC may not censor broadcast stations.
  • Individuals may not uttering obscene or indecent language over a broadcast station.
  • The “Equal Time Rule” requires broadcasters to provide an equal opportunity to candidates seeking political office.
  • Under the “Fairness Doctrine,” broadcasters must allow for rebuttal of controversial viewpoints.

The 1934 Act has been amended many times. Communication technology has changed dramatically during the FCC’s history. These changes include the introduction of the following:

  • television
  • satellite and microwave communications
  • cable television
  • cellular telephone
  • PCS (personal communications) services

FCC responsibilities have increased to accommodate the regulatory issues presented by these new technologies. Consequently, it now shares regulatory power with other federal, executive, and judicial agencies.

The FCC oversees all broadcasting regulation. The FCC can license operators of telecommunication services and has recently used auctions as a means of determining who would be awarded licenses for personal communications services. The FCC enforces the requirements for wire and wireless communications through its rules and regulations. The FCC handles major issues at its monthly meetings it deals with less important issues by circulating them among the commissioners for action. The language of the Act is flexible, sufficient to work as a framework for the FCC to promulgate new rules and regulations related to a huge variety of technologies and services.



コメント:

  1. Gardajora

    これはそうではありません))))

  2. Vole

    説明ありがとうございます。知らなかったよ。

  3. Ehecatl

    a long time ago I looked and forgot already ...

  4. Gozahn

    現在、ディスカッションに参加することはできません。自由な時間はありません。私は釈放されます-私は必然的に意見を表明します。

  5. Wicasa

    あなたはすぐに答えました...

  6. Kesar

    このテーマに関する多くの記事があるサイトにアクセスすることをお勧めします。

  7. Kasim

    ブラボー、なんて言葉…、素晴らしいアイデア

  8. Sidell

    私の意見では、あなたは間違っています。私は確信しています。 PMで私にメールしてください、私たちは話し合います。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos