新しい

署名された貿易協定-歴史

署名された貿易協定-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1979年7月26日、カーター大統領は通商法法案に署名しました。東京貿易交渉の集大成となったこの法案は、幅広い品目のさらなる関税を引き下げ、不公正な貿易慣行を処理するメカニズムを導入した。



北米自由貿易協定

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

北米自由貿易協定(NAFTA)、1992年に署名された物議を醸す貿易協定は、米国、カナダ、メキシコ間を通過する製品やサービスに対するほとんどの関税やその他の貿易障壁を徐々に撤廃しました。この協定は、北米の3大国の間に自由貿易圏を効果的に生み出しました。 NAFTAは1994年に発効し、2020年に置き換えられるまで有効でした。


歴史— 1990年代

1990年6月、メキシコのカルロスサリナスデゴルタリ大統領は、米国との自由貿易協定を要求しました。1990年9月、レーガンの後継者であるジョージH.W.大統領はブッシュ大統領は、メキシコ、カナダ、米国間の自由化された貿易協定についてサリナス大統領との交渉を開始した。

1992年、NAFTAは退任するジョージH.W.大統領によって署名されました。ブッシュ大統領、メキシコのサリナス大統領、カナダのブライアン・マルルーニー首相。その年の初めに、欧州連合はマーストリヒト条約によって創設されました。

労働規制と環境規制の自由化への懸念から、2つの補遺が採択されました。 NAFTAは、1993年に3か国の立法府によって批准されました。ビルクリントン大統領は、1993年12月8日に法に署名し、1994年1月1日に発効しました。


多国間貿易の悪化

より自由化された多国間貿易への傾向は、世界経済が1873年に深刻な不況に陥り、19世紀後半までにすぐに減速し始めます。1877年まで続く不況は、国内保護の強化への圧力を高め、以前のアクセスの勢いを弱めるのに役立ちました。海外市場。

イタリアは1878年に中程度の関税を設定し、1887年にはさらに厳しい関税を課しました。1879年、ドイツは「鉄とライ麦」の関税で保護貿易主義の政策に戻り、フランスは1892年のメリネ関税を採用しました。イギリスは、すべての主要な西ヨーロッパの大国の中で、自由貿易政策の遵守を維持しました。

米国については、19世紀前半にヨーロッパ全土を席巻していた貿易自由化に参加したことは一度もない。しかし、世紀の後半には、南北戦争中の職務の引き上げ、そして1890年の超保護貿易主義のマッキンリー関税法により、保護貿易主義が大幅に増加しました。

しかし、これらの保護貿易主義的措置はすべて、初期の重商主義時代と比較して穏やかであり、多くの孤立した貿易戦争を含む反自由貿易環境にもかかわらず、国際貿易の流れは成長し続けました。しかし、多くのハードルにもかかわらず国際貿易が拡大し続ければ、第一次世界大戦は19世紀初頭に始まった貿易自由化にとって致命的であることが証明されるでしょう。

戦争後のナショナリストのイデオロギーの台頭と悲惨な経済状況は、世界貿易を混乱させ、前世紀を特徴づけていた貿易ネットワークを解体するのに役立ちました。保護貿易障壁の新たな波により、新たに結成された国際連盟は、多国間貿易協定の概要を説明するために、1927年に第1回世界経済会議を開催しました。それでも、大恐慌の始まりが保護貿易主義の新しい波を引き起こしたので、合意はほとんど効果がありませんでした。当時の経済不安と極端なナショナリズムは、第二次世界大戦の勃発の条件を作り出しました。


北米自由貿易協定が発効

1994年1月1日、世界史上最大かつ最も重要な貿易協定の1つが発効します。カナダ、米国、メキシコ間の北米自由貿易協定は、3か国間の貿易障壁のほとんどを取り除いたが、発足以来、3つすべてで物議を醸している。

ロナルド・レーガンは、北米諸国間の三国間自由貿易協定を提案した最初の米国大統領でした。彼の後継者、ジョージH.W.ブッシュ大統領は、後にカナダのブライアン・マルルーニー首相が加わったメキシコのカルロス・サリナス・デ・ゴルタリ大統領との交渉を開始した。目標は、3か国の国境を越えた人々と製品の移動に対するほとんどの関税と障壁を取り除くことでした。条約の批准をめぐる議論は3か国すべてで熱くなり、批評家たちは、それが労働者の組織化能力に悪影響を及ぼし、その結果、賃金を押し下げるだろうと警告した。副次的な取り決めによって対処された環境問題もありました。最終的に3カ国すべてがNAFTAを批准し、ビル・クリントン大統領が1993年12月8日にNAFTAに署名しました。これは、1994年の正月とアポスの日に発効しました。

NAFTAのすべての影響の中で最も直接的なものは、メキシコのチアパス州でのゲリラ蜂起でした。 NAFTAは、メキシコ政府に、共同先住民の土地を民営化から保護する条項を憲法から削除することを強制し、それを投資に対する耐え難い障壁と見なしていました。条約が発効したのと同じように、彼らの土地の売却の可能性に同意するのではなく、ほとんどが先住民族のサパティスタ民族解放軍が立ち上がり、チアパスの約半分を一晩で占領した。メキシコ政府との対立と デファクト 反逆者の支配は今日まで続いています。


2つの州、2つのブロック、またはブロックと州の間の合意のリスト。

アフガニスタン編集

アフガニスタンは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。[1]

アルメニア編集

アルメニアは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。[1] [2]

    メンバー
      自由貿易協定[3]貿易経済協定自由貿易協定[4]自由貿易協定[5]自由貿易協定[6]

    ASEAN編集

    ASEANは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

      (ACFTA)、2010年1月1日から有効
    • 2010年1月1日より有効なASEAN-香港、中国自由貿易協定(AHKFTA)(AIFTA)[9]
    • 2008年12月1日付けで発効した日ASEAN包括的経済連携(AJCEP)[10]
    • 2010年1月1日から有効なASEAN-韓国自由貿易地域(AKFTA)[11]
    • ASEAN-オーストラリア-ニュージーランド自由貿易地域(AANZFTA)、2010年1月1日から有効[12]

    オーストラリア編集

    オーストラリアは以下の国と二国間協定を結んでいます:[1]

    アゼルバイジャン[1]編集

    アゼルバイジャンは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

    ブータン[1]編集

    ブータンは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

    ブルネイ[1]編集

    ブルネイは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

    カリブ共同体編集

    カリブ共同体(CARICOM)は、以下の国と二国間協定を結んでいます。

    中国、中華人民共和国編集

    中華人民共和国は、以下のブロック、国、およびその2つの特別行政区と二国間貿易協定を結んでいます。[13]

      、本土および香港のより緊密な経済パートナーシップ協定(CEPA)(2003)、本土およびマカオのより緊密な経済パートナーシップ協定(CEPA)(2003)、中国-チリ自由貿易協定(2006)、中国-パキスタン自由貿易協定(2006)[ 14]、中国-ニュージーランド自由貿易協定(2008)[15]、中国-シンガポール自由貿易協定(2009)、中国-ASEAN自由貿易地域(2010)、経済協力枠組み協定(2010)、中国-ペルー自由貿易協定(2010)、中国-コスタリカ自由貿易協定(2011)、中国-氷国自由貿易協定(2014)、[16]中国-スイス自由貿易協定(2014)、中国-オーストラリア自由貿易協定(2015)、中国-韓国自由貿易協定(2015)、中国-ジョージア自由貿易協定(2017)、中国-モルディブ自由貿易協定(2017)

    コスタリカ編集

    コスタリカは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます(発効日)。

    • カナダ(2002年11月1日)(2002年2月15日)(2011年8月1日)(カリコム)(2005年11月15日)
        (2005年11月15日)(2006年4月30日)(2006年8月1日)(2011年3月10日)(2015年6月1日)
    • まだ承認を待っています:
      • ノルウェー(2014年8月20日)
      • スイス(2014年8月29日)(2014年8月29日)(2014年9月5日)

      ユーラシア経済連合編集

      欧州自由貿易連合編集

      EFTA [17]は、属領を含む以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

      欧州連合編集

      欧州連合は、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。[21]

        SAA(2009)AA(2005)CU(1991)SAA(2008年に署名、発効保留中)
      • カナダ:包括的経済貿易協定(暫定適用)[22] AA(2003)AA(2004)、デンマークの自治組織(1997)AA / DCFTA(2014)
      • イスラエルAA(2000)日・EU経済連携協定(2019)AA(2002)AA(2006)SAA(2004)
      • メキシコAA(2000)SAA(2010)CU(1958、仏モ保護友好条約)AA(2000)暫定AA(1997)CU(2002)SAA(2008年署名、発効保留中)AA(2000):欧州連合-南韓国自由貿易協定(2015年12月13日に発効)[23]
      • スイスFTA(1973)AA(1998)CU(1996)[24](2020)

      フェロー諸島編集

      フェロー諸島は、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

      ジョージア[1]編集

      ジョージアは、以下の国およびブロックと二国間自由貿易協定を結んでいます。[25]

      湾岸協力会議編集

      湾岸協力会議(GCC)は、以下の国と二国間協定を結んでいます。

      香港[1]編集

      香港は、以下の国およびブロックと二国間自由貿易協定を結んでいます。

      インド編集

      インドは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。[1] [27] [28] [29]

      注:ベネズエラは2016年にグループ化から停止されました。

      インドネシア[1]編集

      インドネシアは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        (2019年に署名されたインドネシア-オーストラリア包括的経済連携協定)(2017年に署名されたチリ-インドネシア包括的経済連携協定)(2018年に署名されたインドネシア-EFTA包括的経済連携協定)(2007年に署名されたインドネシア-日本経済連携協定) (2019年に署名されたが、2020年にはまだ発効していないインドネシア-モザンビーク優先貿易協定)(2012年に署名されたインドネシア-パキスタン優先貿易協定)(特定の製品のインドネシア-パレスチナ貿易円滑化)(インドネシア-韓国包括的経済連携協定、2020年に署名)

      日本編集

      日本は以下の国やブロックと二国間協定を結んでいます。

        (2009年発効)(2015年発効)(EU-日本経済パートナーシップ協定)(2019年発効)(2011年発効)(日-インドネシア経済パートナーシップ協定)(2008年発効)( 2006年の発効)(2005年の発効)(2016年の発効)(2012年の発効)(2008年の発効)(2002年の発効)(2009年の発効)(日本-タイ経済パートナーシップ協定)(2007年に発効)(2009年に発効)(2020年に署名)(2020年に発効)

      ジョーダン編集

      ヨルダンは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

      カザフスタン[1]編集

      カザフスタンは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

      キルギス共和国編集

      キルギス共和国は、以下の国と二国間協定を結んでいます。

        (発効:1995年11月11日)(発効:1996年11月21日)(発効:1993年4月24日)(発効:1998年1月19日)(発効:1998年3月20日)

      レバノン編集

      レバノンは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

      ラオス編集

      ラオスは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。[1]

      マレーシア編集

      マレーシアは以下の国と二国間協定を結んでいます:[32]

      モルディブ編集

      モルディブは以下の国と二国間協定を結んでいます。

      メルコスール編集

      メキシコ編集

      メキシコは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

      • 自由貿易協定
        • NAFTA
        • TPP
        • チリとメキシコの自由貿易協定
        • コロンビア-メキシコ自由貿易協定
        • コスタリカ-メキシコ自由貿易協定-メキシコ自由貿易協定(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス)-メキシコ経済連携
        • イスラエル-メキシコ自由貿易協定
        • 日メキシコ経済連合協定
        • ニカラグアとメキシコの自由貿易協定(エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ)[38]
        • ウルグアイ-メキシコ自由貿易協定
          -メキシコ経済協会(アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ、ベネズエラ)
        • アルゼンチン
        • ブラジル
        • エクアドル
        • パラグアイ
        • パナマ
        • ペルー

        ミクロネシア編集

        ミクロネシアは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。[1]

        モロッコ編集

        モロッコは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        ニュージーランド編集

        ニュージーランドの自由貿易協定:

        パキスタン編集

        パキスタンは以下と二国間貿易協定を結んでいます。

        パナマ編集

        パナマは以下の国々と二国間協定を結んでいます。

        ペルー編集

        ペルーは以下の国々と二国間協定を結んでいます。

        セルビア編集

        セルビアは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        シンガポール編集

        シンガポール-自由貿易協定:

        シンガポールは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        韓国[2]編集

        韓国は、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        スイス編集

        スイス(リヒテンシュタインと関税同盟を結んでおり、協定に含まれることもある[ 要出典 ])以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます:[41]

          (署名:2009年12月17日:発効:2010年11月1日)(発効2009年7月1日)(発効:2004年12月1日)(発効:2014年7月1日)[16](署名:25.11。 2008.発効:2011年7月1日)(発効:2008年9月1日)(発効:1973年1月1日二国間CH-EU)(発効:1995年3月1日二国間CH-Faeroe)(発効: 1993年7月1日)(発効:2009年9月1日。二国間CH-Japan)(発効:2002年9月1日)(発効:2006年9月1日)(発効:2007年1月1日)(発効: 2002年5月1日)
        • メキシコ(発効:2001年7月1日)(発効:1999年12月1日)(発効:1999年7月1日)(署名:2010年6月24日(EFTA)および2010年7月14日(ペルー)。07年1月に発効。 .2011)(署名:2009年12月17日:発効:2010年10月1日)(発効:2003年1月1日)(発効:2008年5月1日)(発効:2006年6月1日)(発効: 1992年4月1日)(2010年6月24日署名。2012年6月1日発効)

        台湾、中華民国編集

        中華民国(台湾)は、以下の国と二国間協定を結んでいます。

        タジキスタン編集

        タジキスタンは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。[1]

        タイ編集

        タイは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        チュニジア編集

        チュニジアは、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        トルコ編集

        トルコは、以下と二国間および多国間協定を結んでいます。

          (1992年9月1日、2018年6月25日更新)(1995年12月31日)(2008年5月1日)(2003年7月1日)(2011年3月1日)(2007年3月1日)(2017年10月1日)(11月2008年1月)(1997年5月1日)(2019年9月1日)(1999年9月7日)(2015年8月1日)(2013年6月1日)(2016年11月1日)(2010年3月1日)(1月1日) 2006)(2004年7月20日)(2000年9月1日)(2010年9月1日、2019年6月1日更新)(2017年10月1日)(2013年5月1日、2018年8月1日更新)(2005年7月1日) (2020年12月29日)(2018年5月17日)

        イギリス編集

          国(コロンビア、エクアドル、ペルー)(2020年に署名)(アンティグアバーブーダ、バハマ、バルバドス、ベリーズ、ドミニカ、グレナダ、ガイアナ、ハイチ、ジャマイカ、モントセラト、セントクリストファーネイビス、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、スリナム、トリニダード・トバゴ、ドミニカ共和国)(コスタリカ、エルサルバドール、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ)
        • ESA(東アフリカおよび南部アフリカ諸国)およびノルウェー(2020年に署名)(2020年に署名)(2020年に署名)およびフィジー

        英国-相互承認協定:

        アメリカ合衆国編集

        米国は、以下の国およびブロックと二国間協定を結んでいます。

        テーブル(マージされる)編集

        (パレスチナ解放機構)

        各国のそれぞれの国家元首によって交渉および署名されたが、その国の立法機関によってまだ批准されていない協定。

        合意 日にち
        チリ-ペルー自由貿易協定 チリ ペルー 2006年8月22日
        チリ-コロンビア自由貿易協定 チリ コロンビア 2006年11月27日
        チリ-ホンジュラス自由貿易協定 チリ ホンジュラス
        経済連携協定 欧州連合 カリブ共同体 2008年11月1日[48]
        マレーシアとニュージーランドの自由貿易協定[49] マレーシア ニュージーランド 2009年10月26日
        ペルー-オーストラリア自由貿易協定 ペルー オーストラリア 2018年2月12日
        地域的包括的経済連携(RCEP) 2020年11月15日

        交渉中の合意のリスト。これまでのところ、関係者による正式な措置なしにのみ議論されている契約はリストされていません。

          • インド
          • オーストラリア
          • ニュージーランド
            (提案されたAFTA-AFTA-CER [22]についてニュージーランドと交渉)(オーストラリア-中国自由貿易協定)
          • アンデス共同体[23]
          • カリブ共同体[24]、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア(カナダ中央アメリカ自由貿易協定)
          • ドミニカ共和国[25]
          • EU [50] [51](交渉は終了し、署名される予定)
          • 日本
          • 太平洋横断の戦略的経済連携協定への参加
            (GCC)-中国-GCC自由貿易協定-中国-イスラエル自由貿易協定-中国-ノルウェー自由貿易協定-中国-スリランカ自由貿易協定-現在実施されている実現可能性調査に関する覚書[53]
            経済連携協定(EPA)経由
              (EU-PACP)
            • オーストラリア(交渉中)[55](南アジア自由貿易協定とは別)(交渉中)[52]
            • ニュージーランド(交渉中)[56](交渉中)(2010年末までに締結予定)
            • アメリカ
            • 日本[54]
            • インド
            • ロシア
            • メキシコ
              [57]
              [51](交渉が終了し、署名される)–カナダ
            • メキシコ
            • ロシア(2010年準備中の交渉)(2010年交渉中)(2010年交渉中)(2010年交渉中)(2010年共同実現可能性調査)
            • 米国(二国間米国-スイス貿易投資協力フォーラム2010)
            • インド(2010年交渉中)(交渉の公式開始:2010年7月7日)
            • カナダ
            • イスラエル
              (2008?)(2008?)(2006年タイクーデター以来保留)(2006年2月に開催された専門家レベルの貿易交渉)(US-MEFTAイニシアチブの一部)(2008年1月14日にクアラルンプールで開催される次の会議)(第5回協議はまだ予定されていない)(US-MEFTAイニシアチブの一部)(2006年以降、知的財産権、政府調達権、投資に対する米国の要求により保留)(2006年以降保留)(米国の一部-MEFTAイニシアチブ)
              1860年にイギリスとフランスによって署名されました。フランスは1892年にメリーヌ関税(北米自由貿易協定に取って代わられました)-ドミニカ共和国(DR-CAFTAに取って代わられました)-トリニダードとトバゴ(コスタリカに取って代わられました-CARICOM自由貿易協定)-ノルウェーFTA(1973 )、現在は欧州経済圏共通市場のメンバー-アイスランドFTA(1973)、現在はEEA共通市場のメンバー-スイスおよびリヒテンシュタインFTA(1973)、リヒテンシュタインは現在EEA共通市場のメンバー-チェコ共和国EA(1995)、現在EU加盟国-EstoniaEA(1998)、現在EU加盟国-ハンガリーEA(1994)、現在EU加盟国-LatviaEA(1998)、現在EU加盟国-LithuaniaEA(1998)、現在EU加盟国-PolandEA(1994)、現在EU加盟国-SlovakiaEA (1995)、現在EU加盟国-SloveniaEA(1999)、現在EU加盟国-キプロスAA(1973)、現在EU加盟国-マルタAA(1971)、現在EU加盟国-トルコAA(1964)、EU-トルコ税関連合に取って代わられました
            • バルカン半島のFTAのマトリックスは、南東ヨーロッパの安定協定の枠組みの中で、現在CEFTAまたは(ブルガリアとルーマニアの場合)EUのメンバーシップに取って代わられています。 (2007)
              • 次の各州(28 FTA)間:アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、マケドニア、モルドバ、ルーマニア、セルビア、モンテネグロ

              二国間および多国間自由貿易商品のインタラクティブリストについては、TREND-AnalyticsのWebサイトを参照してください。 [58]


              最新のアップデート

              しかし、国境の開放には代償が伴いました。一部のアメリカ人、特に教育水準の低いアメリカ人は、工場がメキシコに移り住み、仕事を引き受けたために敗北しました。

              ハーバード・ケネディ・スクールのエコノミスト、ゴードン・ハンソン氏は、貿易協定の結果、わずかではあるが、3カ国すべてで平均所得が上昇したことを調査が明らかにしたと述べた。しかし、この取引のメリットは、米国全体に非常に不均一に分配されていました。

              「メキシコとの貿易の増加の結果として失業した場所や、メキシコとの貿易の増加の結果として雇用が獲得された場所を確かに見つけることができます」とハンソン氏は言いました。

              労働者がこれらの変化に順応するのを助けるように設計された政府のプログラムは、決して治癒しなかった深い傷に対する絆創膏であることが証明されました。 2001年の中国の世界経済への参入がアメリカの工場雇用の喪失を加速させたため、NAFTAは労働組合、多くの民主党員、そしてアメリカの貿易政策が失敗した場所のトランプ氏の強力な象徴となりました。

              トランプ政権は2017年8月にNAFTAの再交渉を開始し、カナダとメキシコに厳しい言葉をかけました。大統領の最高貿易顧問は、この協定は「多くのアメリカ人を根本的に失敗させ、大幅な改善が必要だ」と述べました。

              交渉は当初2017年末までに終了する予定でしたが、3か国すべての当局者が乳製品市場へのアクセス、連邦政府との契約、貿易紛争を解決するためのシステムなどの問題について争い、交渉は翌年まで続きました。ビジネスグループは、トランプ氏の提案のいくつかに警鐘を鳴らしました。これには、取引が自動的に期限切れになる可能性のある「日没条項」を取引に注入するというアイデアが含まれます。

              トランプ政権はまた、カナダとメキシコにハードボール戦術を展開し、彼らの鉄鋼とアルミニウムに関税を課し、彼らの車にも課税すると脅迫した。交渉の最終段階で、米国が農業などの問題でカナダと対立していたとき、トランプ氏はNAFTAをメキシコとの二国間協定に変え、カナダを完全に除外すると脅迫した。

              2018年11月にブエノスアイレスで開催された会議で、トランプ氏はカナダとメキシコの指導者に加わり、改訂された協定に署名しました。しかし、彼は依然として議会、特に民主党が管理する衆議院で協定を承認するための困難な道に直面していました。

              ペロシ氏は記者会見で、「彼が今日署名していることを理解してくれることを願っている」と述べ、民主党が労働、執行、環境、処方薬のために確保した変化を概説したファクトシートを掲げた。 「彼が署名者であるという理由だけで、私たちがアメリカ人のために何か良いことをしない理由にはなりません。」

              キャピトルヒルで、民主党員は、彼らの変更、特に労働執行の更新なしには、協定が圧倒的な超党派の支持を獲得しなかったであろうことを人々に思い出させようとしました。

              マサチューセッツ州のリチャード・E・ニール代表、ウェイズ・アンド・ミーンズ委員会の委員長は、インフラ記者会見で、「大統領が今日署名している唯一の理由は、私たちが民主党員として行ったことによるものだ」と述べた。

              一部の民主党員は、ホワイトハウスで共和党が祝っている取引は、伝統的な保守的なものよりも民主党の優先事項にはるかに一致しているとすぐに指摘しました。

              カリフォルニア州民主党のジミー・ゴメス下院議員はインタビューで、「実際、それは私の顔に微笑みを与えるようなものだ」と述べた。 「それは皮肉です。彼らは、この国の歴史の中で最も進歩的な貿易協定を称賛しています。」

              「彼らは彼女にチョコレートの箱を送るべきです」とゴメス氏は、特にカリフォルニアからのチョコレートの有名な好みを持っているペロシさんについて言いました。 "暗い。ギラデリ。」

              新しい貿易協定は、発効する前に最後のハードルに直面しています。それはまだカナダで承認される必要があります。

              ジャスティン・トルドー首相が月曜日の長期休憩後に議会を再開したときの政府の最初の行動は、カナダ-米国-メキシコ協定と呼ばれる貿易協定を実施するための法律を導入することでした。

              トルドー氏の自由党は庶民院で過半数の議決権を持っていないため、法案は可決するために野党の支持を必要とします。 3つの主要な野党すべてがさまざまな不満を持っています。しかし、多くの地方および地方の政治家、労働者およびビジネスのリーダーは、迅速な承認を求めており、法案の敗北はありそうにありません。

              クリスティア・フリーランド副首相は、野党に対し、法案を迅速に可決するために政府と協力するよう要請した。

              「これは、あらゆる政治的説得のすべてのカナダ人にとって、そして私たちの偉大な国のすべての地域からの勝利です」と彼女は記者会見で言いました。


              企業のための特別な仲裁システムを終了する

              論争の最大の領域の1つは、他の当事者がNAFTAに違反したと信じたときに企業や政府が頼ることができるメカニズムから生じました。

              大きな変化として、U.S.M.C.A。企業が不当な扱いで政府を訴えることを可能にする特別な仲裁システムをロールバックします。この規定は、アウトソーシングを奨励したと述べたトランプ政権と、企業に環境規制や消費者規制に異議を唱える力を与えすぎたと述べた民主党の両方から批判された。

              このシステムは、米国とカナダの間の紛争では使用できなくなり、石油化学、電気通信、インフラストラクチャ、発電などの狭い範囲の産業が関与するメキシコと米国の間の意見の不一致に限定されます。

              政府間の紛争を解決するための他のシステムは基本的に維持された。トランプ政権は最終的に、いわゆる第19章の規定を撤廃する努力を断念しました。これにより、3か国は互いの関税やその他の行動に異議を唱える中立的な方法を得ることができます。政権はまた、必要に応じて、いかなる国もそれに対する訴訟の進行を阻止することを可能にするであろう条項の削除を求める民主主義の要求に屈した。


              メキシコの自由貿易協定(FTA)の包括的なリスト

              メキシコは他のどの国よりも多くの自由貿易協定(FTA)を持っており、米国の隣国と世界への強力な輸出プラットフォームとして機能しています。メキシコは50か国以上との貿易相手国であり、ヨーロッパ、南アメリカ、アフリカに協定を結んでいます。これらの協定は、関税や輸入割当を含む貿易障壁を減らし、商品やサービスの交換における強力な協力関係を構築します。

              各協定は、関係する国に特定の利益をもたらすために独自の条件を定めています。以下に、メキシコの14の自由貿易協定のリスト、関係国の詳細、およびこれらの規定に基づく貿易で何を期待するかを示します。

              NAFTA(およびUSMCA)

              北米自由貿易協定が1994年1月1日に発効したとき、それはメキシコ、カナダ、および米国間の貿易に関するほとんどの関税の段階的廃止を開始しました。 NAFTAは、製造コンテンツの60%が北米で発生する、関税のない商品の取引を許可するルールを設定しています。また、国境処理を合理化し、国境を越えてビジネスを行う上でのその他の障壁を減らし、環境問題、労働問題、および知的財産権に関する規制を確立しました。

              貿易協定は、農業、製造品、石油・ガス、その他の商品の貿易が1993年の約2900億ドルから1.1ドル以上に増加することを監督しました。 NAFTは、1994年以来、関係する3か国のGDP率を大幅に押し上げています。

              ただし、米国の批准が保留されている間、NAFTAは、NAFTAを21世紀に持ち込むと宣伝されている米国-メキシコ-カナダ協定(USMCA)に置き換えられます。メキシコが2019年6月に批准した更新された協定は、多くの変更をもたらすでしょう。その中で、北米で発生しなければならない自動車のコンテンツの量が75%に増加します。また、新しい労働規制を定め、デジタル取引のルールを設定します。

              太平洋横断協会の条約

              包括的かつ進歩的な太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)は、メキシコとオーストラリア、ブルネイダルサラーム、カナダ、チリ、日本、ニュージーランド、マレーシア、ペルー、シンガポール、ベトナムの間にFTAを確立します。これは、米国が2017年1月に撤回した環太平洋パートナーシップ協定に基づいています。

              CPTPPは2018年3月に署名され、2018年12月までにメキシコによって批准されました。関係するすべての国によって批准されると、CPTPPは4億9500万人の消費者と世界のGDPの13.5パーセントをカバーする貿易ブロックになります。 CPTPPは、すべてのセクターにわたる関税を包括的に撤廃します。すべての加盟国が協定を批准すると、CPTPP参加者の関税ラインの99%が免税になります。

              CPTPPには、メンバーのコンセンサスによって一時停止された知的財産周辺の特定の領域を除いて、元のTPPの一部として交渉されたすべての要素が含まれています。

              EU-メキシコ貿易協定

              2018年、メキシコとEUは貿易協定を更新するための「原則的合意」に達し、2000年のEU-メキシコ経済連携協定に取って代わりました。この新しい協定により、EU企業はメキシコにより多くのサービスを販売し、保護することを約束します。労働者の権利と環境。

              更新された協定の下で、製品の99パーセントは最終的に免税で双方の間で取引されるでしょう。両側の乳製品と肉の輸出を含む残りの1%については、関税が時間の経過とともになくなる可能性があります。この協定はまた、自動車の原産地規則を、原産地ではない材料について最大45パーセントまで再交渉します。

              この協定はまた、EU企業がメキシコでのビジネスを容易にするために、通関手続きを簡素化して産業貿易を合理化し、データの自由な流れと投資の保護に関する条項を定めています。

              欧州委員会の影響評価は、更新された協定が2028年までに毎年0.01%のEU GDPの増加を生み出す可能性があることを示しています。これは、すべてのEU加盟国による最終交渉と批准を待っています。

              EFTA自由貿易協定

              アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスで構成される欧州自由貿易連合(EFTA)諸国は、2000年11月にメキシコと自由貿易協定に署名しました。協定は2001年7月に施行可能になりました。

              FTAは、工業製品だけでなく、魚や水産物の貿易も対象としています。協定によって設定された目標の中には、関税の漸進的な撤廃があります。商品の貿易をカバーすることに加えて、それはまた、その範囲内でサービス、投資および公共調達の貿易を含みます。

              メキシコ-中央アメリカ自由貿易協定

              メキシコ-中央アメリカのFTAは、メキシコ、コスタリカ、ニカラグアと、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスで構成される北三角地帯との間の以前の個別の合意をまとめました。その結果、2011年11月に公式に発表され、2013年に批准された多国間協定が結ばれました。 FTAは、当事者間の貿易と投資の流れを拡大し、通関手続きと貿易を改善するための基礎を築きました。

              このパートナーシップは、関税の引き下げに取り組み、メキシコへの輸出用の商品やサービスの生産において地元市場に優遇措置を提供する「拡張経済圏」を認めています。 2017年には、原産地規則と通関手続きを更新するための2つの協定が追加され、生産者と輸出業者は、輸出される商品の原産地証明書を発行する必要があります。

              チリとメキシコの自由貿易協定

              Mexico’s first FTA was signed in 1998 in Santiago, Chile, and came into effect in 1999. The agreement removed virtually all tariffs on merchandise trade between the two countries and set terms for tariff reduction of those remaining products. For automotive products specifically, the agreement lays out rules of origin terms and sets quotas on duty-free imports.

              The Mexico-Chile FTA also includes provisions on national treatment and market access for goods and services safeguards standards agriculture sanitary and phytosanitary measures investment air transportation telecommunications temporary entry for business people intellectual property rights and dispute resolution, among other provisions.

              Mexico-Colombia Free Trade Agreement

              Mexico and Columbia’s FTA dates to 1994, although the agreement has been adapted and expanded in the years since. Its most recent version includes provisions related to market access and rules of origin.

              The full FTA includes measures related to market access, tariff-rate quotas, anti-dumping and countervailing duties, rules of origin, customs procedures, dispute resolution, government procurement, intellectual property rights protection, investment, safeguard measures, sanitary and phytosanitary provisions, technical regulations, and technical barriers to trade.

              The updated treaty opens up the Mexican market for certain Colombian food and agricultural products. Mexico also agreed to allow Colombia to export limited quantities of dairy and beef products.

              The Pacific Alliance

              This trade bloc was formed by Mexico, Chile, Colombia, and Peru in 2011, and includes 55 observer states. It covers a combined population of 225 million and accounts for 38 percent of the region's foreign direct investment.

              With the signing of the Lima Declaration that launched the alliance, the four countries involved agreed to a shared commitment to promoting a better quality of life for their citizens and fostering integration, with a vision of inclusive development. In action, that amounts to an end to more than nine-tenths of tariffs on goods and services traded between its members and work toward standard harmonization.

              The alliance also integrates the four national stock markets, removes restrictions on inter-alliance visas, and opens joint international trade missions. The alliance prioritizes private sector cooperation as it promotes free trade that contributes to generating greater competitiveness and development.

              Mexico-Panama Free Trade Agreement

              Mexico and Panama entered into an FTA in July 2015 to strengthen bilateral relations , diversify exports, encourage mutual trade and ultimately support the economic growth and the prosperity of both nations. The agreement also set the stage for Panama to eventually join the Pacific Alliance—which includes Mexico, Colombia, Chile and Peru—as all members must have FTAs with one other.

              In addition to market access measures, the FTA lays out provisions around rules of origin, intellectual property rights, dispute resolution, sanitary and phytosanitary measures, e-commerce, financial services, travel rules, and investment. The FTA covers approximately 4,000 tariffs and lays the foundation for a major commercial corridor in the continent.

              Mexico-Uruguay Free Trade Agreement

              Mexico and Uruguay began enforcing their FTA in July 2004, deepening a pre-existing agreement. In addition to opening the markets for trade, the FTA includes provisions around services, investment, intellectual property rights, dispute resolution procedures, government procurement, rules of origin and customs procedures, among other areas.

              Upon ratification, the FTA eliminated nearly all tariffs on manufactured goods, with a few exceptions. Wool products, for example, remain subject to tariff-rate quotas while certain agricultural items receive lowered limits on tariffs. Automotive goods are covered by a separate economic complementation agreement.

              Japan-Mexico Economic Partnership Agreement

              In September 2004, Japan and Mexico formalized their economic partnership. The agreement lays out terms for opening trade and investment between the two nations, as well as freer flow of people for business purposes. Through the agreement, Japan gained expanded access to the Mexican market and entry into the North and South American markets via Mexico and its extensive network of FTAs.

              The agreement also aims to promote a comprehensive economic partnership, which includes competition policy, improvement of business environment and cooperation in areas including vocational education and training, and support for small and medium enterprises. The agreement comprehensively eliminated or reduced custom duties, including on industrial products. It also specifically prohibits performance requirements, such as any requirement for local content as a condition for investment.

              However, the agreement does lay out a non-custom-duties quota on automobiles, equivalent to 5 percent of the number of cars, buses and trucks sold in Mexico in the previous year, excluding large buses. Under an updated agreement in 2011, Mexico agreed to speed the removal of import tariffs on auto parts from 2012 to 2014.

              The Mexico-Israel Free Trade Agreement

              In March 2000, Mexico and Israel signed an FTA to increase bilateral trade by tens of millions of dollars. The agreement helps Israeli exporters compete with American products in Mexico and advance joint projects in communications, agriculture, infrastructure and planning services. The FTA covers trade in goods, government purchases, safeguards and dispute resolution, and strengthened cooperation between the two countries.

              The two countries reevaluated the agreement in 2010, recognizing that since 1999 bilateral trade between the two countries had increased 133 percent. At that time, the countries agreed to “redouble efforts to take full advantage of its benefits,” focusing on areas such as biotechnologies and support for small and medium enterprises. Both countries also agreed to increase trade and generate new investment opportunities in sectors such as water treatment and irrigation systems, agrotechnology and information technologies.

              Mexico-Peru Trade Integration Agreement

              The Mexico-Peru Trade Integration Agreement was formally signed in April 2011 and became effective the following February. The FTA expands a 1987 agreement to cover 12,017 products around which tariffs would be phased out over the next 10 years.

              The agreement includes provisions around the trade of goods and services, as well as investment, dispute resolution procedures, rules of origin, antidumping and countervailing duties, and temporary entry of business people, among other areas.

              Mexico-Bolivia Economic Complementation Agreement

              In June 2010, Mexico and Bolivia replaced their existing FTA with a new Economic Complementation Agreement (ACE 66). The agreement allowed for continued free trade in goods without modifying the preferential tariff treatment agreed upon in the previous FTA.

              The ECA promotes fair competition in trade between the two countries without touching on terms related to investment, services trade, intellectual property rights, or government procurement.

              Mexico's Free Trade Agreements Simplify Global Trade

              Mexico’s numerous negotiated FTAs are simply one of the many ways in which the government seeks to simplify trade for global businesses. By reducing complexity and bureaucratic costs around the exchange of goods and services, Mexico makes it easier than ever to export to a multinational audience. To better understand all of the advantages of locating your manufacturing operation in Mexico, contact us today.


              Find out more about trade agreements

              Trade negotiations the UK is prioritising

              The UK has left the EU. We are now able to negotiate, sign and ratify new trade agreements.

              The UK’s priority is to launch negotiations with the US, Australia and New Zealand.

              The UK has already signed a free trade agreement with Japan. The UK-Japan Comprehensive Economic Partnership Agreement (CEPA) was signed on 23 October 2020.

              The government continues work to reproduce effects of existing EU trade agreements. It is also considering joining the Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership (CPTPP ).

              • The UK's trade negotiations with the US
                • 24 April 2020
                • コレクション
                • 17 July 2020
                • Policy paper
                • 17 July 2020
                • Policy paper
                • 17 June 2020
                • Policy paper

                Public engagement

                The government is engaging with stakeholders to inform the UK’s trade policy and negotiations.

                The government has run consultations on potential future trade agreements with the US, Australia, New Zealand and a call for input for the now completed deal with Japan.

                It has also consulted on the government’s intention to potentially join the CPTPP .

                The government has established the Strategic Trade Advisory Group and a network of Expert Trade Advisory Groups to support the development of our trade policy and negotiations.

                • Trade with the US
                  • 2 March 2020
                  • Consultation outcome
                  • 13 May 2020
                  • Consultation outcome
                  • 17 June 2020
                  • Consultation outcome
                  • 17 June 2020
                  • Consultation outcome
                  • 18 July 2019
                  • Closed consultation

                  Trade agreement with the EU

                  The United Kingdom has agreed a Trade and Cooperation Agreement with the EU.

                  This agreement affects citizens, businesses, and travel to the EU.

                  • Brexit
                    • 9 June 2021
                    • 25 January 2021
                    • ガイダンス
                    • 22 April 2021
                    • ガイダンス

                    Existing UK trade agreements with non-EU countries

                    EU trade agreements with other countries do not apply to the UK.

                    Find out about the trade agreements the UK has concluded that are in effect and the progress of our discussions with other countries.

                    Added a section for the trade agreement with the EU, with links to the agreement document (including summary explainer) and transition checker tool.

                    Added documents on the UK's approach to negotiating free trade agreements with Australia and New Zealand and on joining the Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership (CPTPP).

                    Added the UK's approach to negotiating a free trade agreement with Japan.


                    GATT vs. WTO

                    GATT vs. WTO
                    GATT WTO
                    Paved the way for the WTO Took over in place of GATT
                    A component of the WTO Enforces aspects of GATT

                    The GATT lives on as the foundation of the WTO. The 1947 agreement itself is defunct.   But, its provisions were incorporated into the GATT 1994 agreement. That was designed to keep the trade agreements going while the WTO was being set up. Therefore, the GATT 1994 is itself a component of the WTO Agreement.


                    ビデオを見る: Ինչ է տալիս ԵՄ համաձայնագիրը (2月 2023).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos