新しい

犬のモザイク

犬のモザイク


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


番犬

保護者としての犬の使用は古くからよく知られています。ローマ人はモザイクを置いていました(洞窟カネム モザイク)家の入り口にあり、訪問者や侵入者に危険な犬の存在を警告します。 [4]

保護者として使用された最初の犬種の1つは、オオカミ、クマ、ヒョウなどの大型の捕食者から家畜を保護する家畜番犬として知られるグループの先祖代々のマスティフ型の家畜でした。 [5] Orthrusは、Geryonの赤い牛を守ることで知られるギリシャ神話の家畜番犬の有名な例です。

絶滅したバンドッグなど、より都市部に住む古代の番犬の中には、日中は鎖でつながれ、夜には解放されて[6]、財産、キャンプ、村を保護していました。

番犬と番犬の両方が大声で吠え、飼い主に侵入者の存在を警告し、侵入者を怖がらせます。 [7]番犬の機能はここで終了し、番犬は侵入者を攻撃および/または拘束することができます。

家畜番犬はしばしば十分に大きく(100-200ポンド)、家畜の捕食者を攻撃して追い払うのに十分な強さです。 [5]一部の小型犬種(キースホンドやチベタンテリアなど)は優れた番犬ですが、番犬を守る犬ではありません。侵入者の主人に警告するために大声で吠えますが、物理的に小さく、断定的な行動をとらないためです。番犬は、侵入者を傍受する前に、主人に警告し、近づいてくる動物や人間の脅威を警告するために吠えます。彼らは行動を起こす吠え続けないという点で小さな番犬とは異なります。具体的には、カンガルなどの家畜番犬は、知覚される敵(人間または動物の捕食者)を阻止しない場合、推定される脅威に対する防御の第一線として大きな警報吠え声を使用し、ブラフや充電などの他のディスプレイが採用されます。家畜保護者の場合、他のすべての形態の抑止が失敗した場合にのみ、咬傷などの予防的な形態の防御が使用されます。

次の品種はウォッチドッグの吠えに最適です:[8]

リスクが人間の侵入者によるものである場合、適切な犬は、認識されていない人間に対して攻撃的になるように訓練され、飼い主が近くにいないとき(夜間など)に保護したい領域に監視なしでつながれるか囲まれることができます。ジャンクヤード犬」はこの一般的な例です。犬の目的が日暮れ後の人間の侵入者から保護することである場合、暗い家(消灯)にいる大きくて暗い色の犬は、泥棒よりも犬に有利になります。 [9]

雌犬は母親の本能のために雄よりも個人的な保護者になる傾向があると言われていますが、雄は縄張りの本能が大きいため、財産を守るために優れていると考えられています。それは一般的に真実かもしれませんが、すべての犬は個人です。 [10]

現在著名な番犬の多くは、汎用の番犬として始まりましたが、徐々に番犬に成長しました。ドーベルマンやブラジルのドーゴなどのいくつかの犬種は、警備任務のために最初から慎重に開発されました。 [11] [12]

番犬はマスチフに限定されていません。一部の羊飼い犬、スピッツ犬、牛犬、一部のキャッチ犬などの他の犬も、多機能犬として有用であるだけでなく、攻撃犬、個人保護犬、警察犬、シュッチュンド犬などのスポーツ犬としても役立ちます。 NS。

番犬の品種は、縄張り意識があり、見知らぬ人を嫌い、優勢で、保護的で家族に忠実である傾向があります。たとえば、フィラブラジレイロは、見知らぬ人や家や財産へのゲストに対して非常に寛容ではないという評判があります。他の激しい番犬には、Ovtcharkaタイプの品種や在来種、およびBoerboelなどの他の農場の番犬が含まれます。

優れた警備員を作るいくつかの品種は、より一般的に彼らに対して品種固有の法律を通過させ、いくつかのコミュニティや国全体からそれらを禁止しています。 [13]

番犬の所有権と使用法に関する法律は国によって異なります。 [14] [15] [1]イギリスでは、商業施設での番犬の使用に関する主な法律は、1975年の番犬法に含まれています。この法律は、犬舎の要件と、サイトの入り口に番犬の警告サインを表示する必要性を指定しています。 [16]


ルネサンス

ルネッサンス期には、犬は貴族だけでなく中産階級にも手頃な価格で提供されるようになりました。しかし、すべての犬が甘やかされたライフスタイルを導いたわけではありません。一部の犬は塗装された首輪を着用していましたが、スポーツの餌として使用された闘犬はスパイク付きの首輪を着用していました。鎖は伝統的に左手で保持され、男性が狩猟用ライフルを運ぶために右手を自由に残していました。南京錠付きの首輪が一般的で、所有者は所有権を証明するための鍵を持っていました。英国のバンドッグ、犬は日中にひもでつながれて迷うことができませんでしたが、財産を保護するために夜に解放されました。


あなたが(おそらく)古代ローマの動物について知らなかった6つのこと

のために書く ヒストリーエクストラ、イアン・フェリス博士は、古代ローマ社会における動物の役割を探ります。動物はペットとして飼われていましたが、血まみれのローマの舞台で娯楽の飼料として使用された外来種の輸入動物まで…

私の本は、古代ローマ社会における動物の場所と役割、そして文化的観点からの動物の意味と重要性を分析しています。最も明らかに、ほとんどのローマの農場には使役動物がいて、動物は一般的に家庭用ペットとして飼われていました。肉と魚はローマ料理の非常に重要な材料でした。動物はまた、ローマ時代の戦争で一般的に使用されていました。娯楽のための、そして組織化された狩猟によるローマの舞台での動物の異常な虐殺は、必然的に私の研究に大きくかかった。繰り返しになりますが、動物の犠牲はローマの宗教の実践と儀式の中心であると考えられていました。

もちろん、ローマの田園地帯には野生動物と養殖動物の両方がいましたが、町と国の間に完全な分裂はありませんでした。都市では、動物が常に存在し、ローマの都市生活に一種のせせらぎの底流をもたらしました。生き物の髪の毛や腸の虫のニトから、ローマとその周辺の沼地の蚊、粉砕された穀物のアザミウマ[小さな昆虫]からマウスまで。庭のスズメ目の鳥から、家の裏通りや街の外れにある清掃用の日和見キツネまで、キッチンで。番犬や他の使役動物やペットを混ぜ合わせて投げると、突然、ローマの都市は動物の生命の自然な宿主だったようです。

ケージに入れられた鳥は人気のあるペットでした

ローマの世界でペットとして動物を飼っているというかなりの量の証拠があり、ローマの世界で最も一般的に証明されているペットはケージに入れられた鳥であり、特にローマの女性に好まれていました。

檻に入れられた鳥の人気は、ラテン語の愛の詩ではっきりと示されています。合計で、ローマの詩には、野生と飼いならされた鳥の両方、ほとんどが野生種への700以上の個別の言及があると推定されています。鳥を捕まえることは、人間の追跡と誘惑の比喩として、「捕らえられた」恋人のための檻に入れられた鳥、そして愛の衰退や事件の終わりのための死にかけている鳥や死んだ鳥としてしばしば使われました。レスビアのペット「スズメ」ほど古代世界で有名なペットの鳥はおそらくいないでしょう。その生と死は、詩人カトゥルスによって2つの詩で説明されています。学者に知られているものの2つで レスビアの詩、 カトゥルスは、恋人のことを熱心に考えてからの転位活動として、ペットの鳥と遊んでいるローマの婦人の絵を描いています。問題の「スズメ」は実際にはイソヒヨドリであった可能性があります。 通行人ソリタリウス、一般的なスズメよりも装飾的で飼いならされやすい鳥。しかし、放棄された幼鳥として発見された場合、スズメは飼いならされ、飼いならされる可能性があります。

飼いならされた鳥は、まさにローマの文化的現象であり、ある種の文化的人工物であるように思われます。ケージに入れられた鳥は、ギリシャやエジプトの文化では特に特徴がなかったため、これについては説明を求める必要があります。鳥の飼育は、展示や高級品の購入というはるかに幅広い現象の一部であったと考えることができます。しかし、檻に入れられた鳥の飼育が専ら貴族の関心事であったようには見えませんが、ほとんどの証拠はこのクラスに関連しています。檻や鳥小屋での鳥の飼育は、共和国後期から帝国時代にかけての競争の場の一部であり、ギリシャの彫像の収集、建築の寛大さと恩恵、デザインと素晴らしいレイアウトが含まれていました。庭園、そして動物園、鳥小屋、養魚池の作成。

一部のペットは飼い主の死により犠牲になりました

おそらく、ローマ時代のペット飼育に関する最も驚くべき現代の言及は、紀元104年にプリニウス・ザ・ヤンガーが友人のアティウス・クレメンスに宛てた手紙であり、マーカス・アクイリウス・レグルスの10代の息子の葬式で起こった暴力的で不穏な出来事を説明しています。 。

レグルスは、ヒステリックな悲しみの中で、息子のペットの動物や鳥を葬儀の火葬場で犠牲にし、2匹のガリックポニーと数匹の犬、ペットのナイチンゲール、オウム、ブラックバードを虐殺したと言われています。レグルスの息子が飼っているペットの動物の数、またはおそらく息子に代わって奴隷がより適切に世話をしているペットの動物の数は、父親の富と地位を証明しています。 。

レグルスがペットを殺すためのしわがないように見えるのは、計り知れない悲しみの狂気ではなく、計画者の冷たく計算された策略を反映している可能性があります。

犬は番犬としてもペットとしても飼いならされていたでしょう

ローマ時代の町や都市では、大型犬は主に番犬として飼われていたでしょうが、これは必ずしも飼い主からペットと同時に見なされなかったことを意味するわけではありません。同じ二重の役割は、猟犬や動物の群れに慣れている犬によっても演じられた可能性があります。しかし、ローマやイタリアでの鳥の飼育と同じように、犬をペットとして飼うことに関与した社会的団体はなかったようです。

ポンペイの家からは、番犬/ペットの犬を描いた白黒のしきい値モザイクパネルがいくつかあります。最も有名な例は次のとおりです。 洞窟カネム [犬に注意]悲劇詩人の家の舗装。私の本にその名前が付けられています。そこに描かれている大きな毛むくじゃらの黒い犬は、手足と頭に白があり、鎖でつながれていますが、ドアの誰かに吠えたり、パチンと鳴ったりしているのを見つけられます。ナポリの考古学博物館に展示されている舗装の一部には、モザイクの上の別の鎖でつながれた犬がパキウスプロキュラスの家を守っています。

4番目のポンペイの犬のモザイクはカエシリウスイクンドゥスの家から来ていますが、この場合、猟犬は丸まって寝ています。ソテリカスのパン屋の入り口にある柱には、おしりに腰を下ろした気配りのある番犬も描かれていました。町から離れた忙しい金属加工店で犬が寝ています。ポンペイでの番犬の一般的な使用をローマやローマ帝国全体の都市や町での使用をカバーするために予測すると、犬は、現時点で組織された警察。

ポンペイの発掘中に犬の遺骨が発見されました

もちろん、ポンペイの犬の話題は、何年にもわたって発掘された犬の骨格の残骸、特に1874年の発掘調査中に発見された死にかけている犬の非常に有名な石膏ギプスに言及せずに残すことはできません。マーカスベソニウスプリムス。ひもにつないでブロンズをちりばめた首輪に拘束された貧しい生き物は、背中に横たわり、明らかに苦しみの中で二倍になり、死の苦しみの中で空気をあえぎながら地面に殴り書きしたのは間違いない。

これは、西暦79年にポンペイを追い越し、その人間の住人だけでなく、ペットや居住者の野生生物を殺した悲劇の哀れな遺物です。ポンペイ内の他の多くの場所で犬のさらなる骨格の残骸が記録されており、その中で最も興味深いのは、メナンドロスの家の中に閉じこめられた、横になっている大きな犬の骨であるように思われます。生き物は火山灰に埋もれて生き残ったようですが、悲しいことに窒息死していたでしょう。

ローマ時代の犬の像、愛犬の墓石、愛犬の名前を記した碑文や碑文、飼い主の葬式の記念碑に描かれた犬の描写は、当時人気のあったペットであったことを示唆するほど多く見られます。犬の品種には、巨大なモロシアンハウンド、アイルランドのオオカミハウンドのような犬、グレイハウンドまたはラーチャータイプの犬、犬のような小さなマルタ人、そして小さなラップ犬が含まれます。

飼い猫は古代エジプトからローマにやって来ました

猫はエジプトとメソポタミアで最初に飼いならされ、これらの地域からローマへの貿易または同行の旅行者を通じてヨーロッパに来たであろうと一般に認められています。

ポンペイでは、発掘された堆積物からの猫の骨の数は確かに非常に少なく、文字通り一握りであり、町で殺された生き物のキャストの中に猫はいない。西暦79年以前のこの地方の町では、ローマですでに始まっているかもしれませんが、猫をペットとして飼う方法はまだなかったことが示唆されています。確かに、ローマナポリの後期の考古学的堆積物には、はるかに多くの猫の骨が見られます。それでも、西暦4世紀半ばから後半までに、帝国全体の発掘現場からの猫の骨の存在は、一般的な猫がどのようになっていたかを示しています。

番犬や猟犬と同じように、ローマ人は猫を主に家、店、公共の建物でネズミやネズミの殺し屋と見なし、二次的なペットと見なされるようになったのかもしれません。考慮。

碑文からローマ時代の多くの愛犬の名前を知っていますが、私が知る限り、猫の名前は1つも知られておらず、おそらく当時のペットとしてのそれぞれの人気を示しています。国内での猫の絵による表現は比較的まれです。それらが発生するとき、それらは一般に、猫のより平和で愛情のある性質ではなく、猫の自然な狩猟やストーカーの本能を参照します。おそらく、これらの画像の中で最も有名なものは、サンタマリアカプアベテレ(現在はナポリの考古学博物館にあります)のモザイク舗装に現れ、鳥風呂や噴水のふもとに四つん這いでストーキングキャットの形をしています。それは獲物、2匹のオウムと1羽の鳩にシューッという音を立て、1本の爪のある足を伸ばして攻撃する準備ができているかのようにします。

ポンペイの牧神の家からの別の有名なモザイクパネルは、その口の中に死んだ狩猟鳥、おそらくウズラを持っている猫の描写を運びます。猫とのシーンの下には、2羽のアヒル、他の鳥とシーフードがあります。

動物は、ローマの豊かで力強い人々が彼らの富を示す方法としてアリーナで使用されました

ローマのペット飼育の証拠とは対照的に、紀元前3世紀にローマで始まったように見えるアリーナでの動物虐待の驚くべき残酷さの証拠があります。

初期のアリーナショーの多くは、一般の人々のためのエキゾチックな動物の展示でした。そうでなければ、当時はエリートの同時代人や、富とつながりを利用して自分たちの家畜を飼育していたローマの貴族だけが見たかもしれない生き物を見ることができました。 vivaria、 またはローマとその周辺の動物の囲い。プリニウス・ザ・エルダーや他の古代の作家によると、象のようなエキゾチックな動物は、踊ったり、綱渡りをしたり、アイテムを拾ったりするように訓練されることがありました。

ローマ人には次のように知られている、暴力と戦闘を伴う動物ショー venationes または狩猟は、おそらく紀元前186年に、マーカスフルバスノビリオールが主催するショーでライオンとヒョウが登場したときに始まりました。この機会に動物同士が戦ったのか、人間の演技者と戦ったのかは不明です。確かに、それは血まみれのように見えるでしょう venatio 剣闘士の眼鏡の文化から発展したショー。最後に記録された venationes ローマでは、西暦523年までに開催されました。

公共の剣闘士や動物のショーのスポンサーは、ローマの裕福で強力な人々が彼らの富を示し、彼らの地位、影響力、権力を高めるための方法になりました。後期共和国では、後援自体が政治的競争の場となり、ローマ帝国の大物の一面となることになっていました。彼の中で Res Gestae、彼の治世と業績の定量化された正当化、最初の皇帝アウグストゥスは誇らしげに26でそれを主張しました venationes 彼の治世中に開催された、合計3,500頭のアフリカの動物が殺害され、その後の皇帝に高い基準を設定しました。

ローマの詩人ユウェナリスは、西暦1世紀後半から2世紀初頭にかけての仲間の市民の政治的無関心と、独裁的な皇帝の不合理または風変わりな行動に反応しなかったことについて不満を述べたとき、長年にわたって共鳴する有名なフレーズを作り出しました。これらの市民は切望し、満足していました パネムとサーカス –パンとサーカス–彼は書いた。

多くの皇帝もまた、大衆娯楽の提供と時折の無料穀物の公的配布が、彼らの治世のより否定的な側面から批判的な注意を容易にそらすことに気づきました。そのような眼鏡の提供は、ローマで帝国の力を目に見えるようにするために必要な戦略になりました。

私の本で紹介されているようなローマ時代の動物の歴史は、ローマ帝国主義やローマ文化の歴史と平行ではなく、同じ研究の一部であり、確かにそうあるべきです。この本は、動物との社会の関係を分析することによって古代ローマの文化を理解する方法を提案しています。ローマと動物の否定的な関係が何らかの形の心理的損傷をもたらした場合、少なくとも私の説明は、かつて生きていた主題、ほとんど彼らの肉、皮膚、呼吸の議論から何かを取り、それらがどのように織り込まれたかを調べますローマ文化を構成する歴史的記憶の複雑な組織。これらの動物は、その存在を考慮して、私たちのために概念的に再び生きることができます。

IainFerris博士は 洞窟カネム:動物とローマ社会 (Amberley Publishing、2018年2月。ハードカバー、£20)。

この記事は、2018年3月にHistoryExtraによって最初に公開されました。


古代のモザイク&#8220犬に注意&#82212、000年以上前に発見された兆候

それは、犬の所有権に関するいくつかのことが実際には変わっていないことを示しています。

私たちは皆、犬が何世紀にもわたってペットとして出回っていることを知っています。彼らが何千年もの間私たちのそばにいたので、彼らが人間の親友と呼ばれるのには理由があります。私たちの犬は常に私たちの最も忠実な友人であり、最も熱心な保護者です。そして、イタリアのポンペイからの1つの兆候があります。これは、犬の所有権に関するいくつかのことが実際には変わっていないことを示しています。

犬を飼っている私たちのほとんどは、「犬に注意してください」と書かれた看板を家の周りに置いているかもしれません。ご自身の責任でご入場ください。そして驚くべきことに、古代ローマ人は彼らのプーチで同じことをしたようです!

おそらく最も古い既知の「猛犬注意」の標識で、このポンペイモザイクは、警告とともに、かなり恐ろしい見た目の犬の画像を示しています。&#8220Cave Canem。&#8221これは「警告」という言葉から来ていると考えられています。 」(注意)と「犬」(犬)。タイル張りの画像は、悲劇詩人の家として知られるポンペイのローマ時代の家にあります。それはおよそ紀元前2世紀にまでさかのぼります。家自体は、神話のシーンを非常に精巧に描いた美しいモザイクの床とフレスコ画でよく知られています。

この家は、1824年11月に考古学者のアントニオ・ボヌッチによって最初に発見されました。発見以来、悲劇詩人の家は、学者と作家の両方にとって長年にわたって魅了され続けてきました。家の実際の大きさは特別なものではありません。しかし、それをそのような注目に値するものにしているのは、豊富なだけでなく、古代のポンペイから出てきた最も保存状態の良いフレスコ画やモザイクのいくつかである室内装飾です。

家の大きさとその内部のアートワークは、住宅所有者が誰であるか、そして彼らの生活がどのようなものであったかについて多くの人々に推測させています。もちろん、西暦79年にベスビオ山が噴火したときに殺された可能性が高い家族についての情報はほとんどないため、推測以外に多くのことができる方法はありません。しかし、私たちが彼らについて確かに言えることの1つは、彼らには犬がいて、その犬には彼自身の「犬に注意」のサインが必要だったということです。


アザワク-アフリカのサイトハウンド

この記事は、チェコ共和国でのアザワクの繁殖がヨーロッパで導入された数年間の歴史の概要です。ヨーロッパでのアザワクの繁殖の始まりは容易ではありませんでした。品種としてのアザワクは不明であり、最初の品種の標本はスルーギと見なされ、血統登録簿に登録されました。当時のチェコスロバキアも例外ではありませんでした。

この国でのアザワクの繁殖の伝統は、20世紀の70年代の後半にまでさかのぼります。当時、この品種の最初の標本は、当時のユーゴスラビアからチェコスロバキアに輸入されました。 ハリス・アル・サーラ ベスナ・セカレック夫人の犬小屋。アフリカからアザワクの最初のペアを連れてきたユーゴスラビアの外交官であるペチャル氏、そして後にセカレック夫人も、ブルノ市で開催された国際犬ショーに繰り返し参加しました。彼らの美しくエレガントな犬は、当時スルーギとして示され、多くの人に賞賛されました。現在、品種の歴史の一部となっているいくつかの文書を読み、皮肉雑誌に掲載された当時のアザワクの写真を見るのは確かに興味深いことです。 Pespřítelčlověka、当時チェコスロバキアで出版されたその種の唯一のもの。そのような記事が書かれた当時、その品種だけでなく、アザワクの出身地であるサヘル地域の生活や社会に関する情報はほとんど手元にありませんでした。ヨーロッパの、かなりロマンチックな観点から、トゥアレグは神秘的な部族であり、彼らの文化は知られていませんでした。この点でいくつかの不正確さにもかかわらず、アザワクに関する現代の参考文献と記事は、覚えておくべき貴重な歴史的証言を表しています。

Vesna Sekalec夫人は、チェコの皮肉雑誌に掲載された記事を書きました。 Pespřítelčlověka VII / 1974、彼女はペチャル氏の犬の起源を次のように説明しました:

&ldquo物語は、ペチャル氏がオートボルタとコートジボワールの大使だったときに始まりました。 政府職員は彼に数世紀前の貴重なモザイクの贈り物を贈りました。そこには素晴らしい猟犬が見られました。ペチャル夫妻は後で説明しました:&ldquo犬の美しさは並外れたものでした。私たちは一目惚れしました。おそらくずっと前に絶滅した古代ローマの猟犬だと確信していました。&ldquoしかし、アフリカの首長の家で「モザイクから犬」を見たとき、この立派なサイトハウンドは彼らの夢の主​​題になりました。

マリで大使が勝利した友人たちは、ユーゴスラビアに戻ったときにペチャル博士がアフリカの猟犬を2頭も連れて行けるように、自分たちの力の範囲内ですべてを行いました。マリで大使を務めていたペチャル博士は、評判の良い優秀なハンターになり、「ビッグアフリカンハンター」という名前を付けました。彼の狩猟の功績を称えるために、彼はガオを授与されました。それは政府からの公式の贈り物でした、そしてそれは本当に例外的な犬でした。ペチャル博士がそれらの美しい犬を繁殖させるために雌犬も手に入れたいと思ったとき、問題が起こりました。そのような犬は国から購入も輸出もできないので、彼は地元の貴族に頼り、順番に何かを与えるか何かをする準備をしました。彼は幸運だった。そのような猟犬を繁殖させるトゥアレグの部族は、ペチャル博士に雌犬を与えることに同意しましたが、彼は次に、群れのリーダーである象の雄牛を殺して部族に引き渡さなければなりませんでした。ペチャル博士は、そのような困難な仕事を遂行し、それを成功裏に遂行することに同意しました。彼は群れのリーダーである象をトゥアレグ族の首長に引き渡し、次にスルーギの雌犬を与えられました。しかし、それは下に置かれることになっていたかわいそうなことでした。トゥアレグは、繁殖のために保管されている1つを除いて、ごみからすべての雌犬を選別します。ペチャル博士は、栄養不足の貧しい小動物を今後数年間生き続けるために多くの努力と愛情を注がなければなりませんでした。この雌犬はいくつかの美しい子孫のダムになりました。ペチャル氏が自分でスルーギの雌犬を見つけようとしていたとき、彼はトゥアレグ族の間でしばらく過ごし、これらの犬の繁殖について多くを学びました。彼は、犬の世話を私の手に委ねて、ガーナの新しい事務所に行く前にそう言った。

ベスナ・セカレック夫人と彼女のラカ

スルーギは、サハラの遊牧民であるトゥアレグの部族によって飼育されています。トゥアレグは銃器も槍も使用せず、使用しない狩猟用の弓矢も使用せず、サイトハウンドとナイフを使用します。彼らはどのように狩りをしますか?最初の1年間、彼らは若い犬に牛乳を与えますが、犬に狩猟肉を与えることは決してありません。また、その後、犬が少し成長すると、現在の食べ物に加えてミルクを飲むのが好きになり、寿命が尽きるまでミルクを与える必要があります。生後3か月を超えると、子犬が狩猟に導入されます。ラットの狩猟から始まり、後にウサギも狩猟されます。スルーギが成長すると、ガゼル狩りに連れて行かれます。ハンターは馬に乗っており、猟犬はサドルで彼の前に座っています。男は片手に手綱を持ち、もう片方の手には犬の首輪を持っています。追跡が遅くなると、犬は馬から飛び降りて、野生の速度で狩りを続けます。追跡は続き、キロメートルがカバーされることもあります。猟犬が獲物を捕まえるのに5〜6時間かかります。スルーギはゲームを殺すのではなく、足の腱を噛んで、ハンターが見つけるまで動物が生き続けるようにするのが一般的です。そうしないと、死んだゲームの肉がアフリカの太陽の下で死んでしまいます。

トゥアレグはアフリカ諸国を自由に旅し、その領土はサハラ砂漠にまで広がっています。彼らは狩猟用の唯一の武器であるため、犬を非常に高く評価していますが、家族の一員であることを考えると、犬をとても愛しています。親友だけにサイトハウンドをプレゼントすることができます。部族のメンバーの富は、とりわけ、彼らの屋根の下で眠っている多くのスルーギによって測定されます。

1973年、チェコスロバキアのブルノで開催されたCACIBショーのラカ

マリの猟犬についてはほとんど書かれておらず、ほとんど知られていません。それらを繁殖させるトゥアレグは、猟犬を輸出したり交配したりすることを許可していないため、それらを最も純粋な品種と見なす人もいます。彼らは男性だけをくずから守ります。雌はカリングされ、繁殖のために保管されるものだけが残されます。さらに、彼らは子犬を選びます。白い模様のないスルーギは、足、尻尾、胸に白い斑点がある犬だけが残っているのは良くありません。さらに、犬は黒い爪と良好な色素沈着を持っている必要があり、頭には必須の5つのいぼがあります。私がラカの頭の奇妙な成長について尋ねたとき、私はかつてペチャル博士によってこれを説明されました。彼は5つの疣贅を数え、満足して、ラカはトゥアレグの基準に達していると私に言いました。

これは、ガオとララが4年前にユーゴスラビアに到着し、そこで子孫を残したという話です。今日、私たちの国には14のスルーギがいます。それらの色は砂から赤まであり、白いマーキングがある場合とない場合があり、必須の黒い釘と黒い縁のある大きな黒い目があり、夜の散歩をしている女性のように見えます。

しかし、彼らは私の国では狩りをすることができません。ヨーロッパの狩猟地域では、広大なアフリカ地域と比較してかなり縮小されており、これらの犬はハンター&急性の助けにはなりませんが、彼ら自身が独立したハンターになります。しかし、彼らは彼らに恋をする人々に美しさと喜びをもたらすかもしれません。犬の愛情のあふれんばかりの表現によって彼女/彼の仕事に邪魔されたくない人にとって、スルーギは理想的な仲間になるでしょう。その愛の表現は、犬が狭い頭を膝の上に置き、大きな目であなたを見ている瞬間に限定されます。他のサイトハウンドの歩き方とは異なり、その優雅なガゼルの動きと歩き方は息を呑むでしょう。スルーギは時速70kmまで走ることができ、軽いガゼルを簡単に捕まえることができるので、おそらくいつかこれらの犬がレーストラックで見られるでしょう。&ldquo

1975年、最初のアザワクは当時のチェコスロバキアに到着しました。これらはSekalec&acutes犬舎からの4匹の犬であり、彼女はそれらを将来の所有者の1人、PardubiceによるPočáplyからのJindraMarečková夫人に直接連れて行きました。雌犬 アスミハリスアルサーラ (Laca&acutesのごみの本当の父は誰だったのか、本当のスルーギかどうかという質問があります El Basal Ben Burd von Klein Vossenburg、 また ロディ卿、 ダムの兄弟)はMarečková夫人( ZPočápelskéstráně 犬小屋)雌犬 バルハラハリスアルサーラ (Toro od Menake NS ティビオッドメナケ、兄弟×姉妹の十字架)はハナペトルソヴァ夫人( デルモンテ 犬小屋)他の2人のアザワク、上記の犬の兄弟、男性 アルアデン と雌犬 バレイラ、それぞれの新しい所有者と長く滞在しませんでした、そして最終的に彼らはペトルソヴァ夫人と一緒に家に帰りました。 &bdquoの犬A&ldquo Harris al Sahra ごみ(チェコスロバキア、ポーランド、スイスに輸出)、および&bdquoからB&ldquo ハリス・アル・サーラ ごみ(チェコスロバキアとドイツ連邦共和国に輸出された)は、スイスの今ではすでに伝説的な犬舎の繁殖地にもなりました(アルハラ&acutes、財団の女性は アルハラハリスアルサーラ 最初の同腹児は1978年に生まれました)そしてドイツ連邦共和国(Aulad al Sahra、財団の女性は ベグムハリスアルサーラ、最初の&ldquoS&ldquoリターは1978年に生まれました)、最初のリターはチェコスロバキアと同様に純粋なユーゴスラビアの系統から来ました。

KarelŠtěpánský氏が記事を公開しました&ldquoスルーギチェコスロバキアの皮肉雑誌の&ldquo Pespřítelčlověka、発行XI / 1977。著者はまた、Marečková夫人によって書かれた手紙の抜粋を公開しました。 Marečková&acutesの言葉は、ヨーロッパでは知られていないこの品種が、文化的な品種とその性格にかなり慣れている犬の飼い主に与えた第一印象の証です。

&ldquoI met Mrs. Vesna Sekalec from Zagreb,Yugoslavia two years ago in the dog races in Hungary. She admired my Borsoi male Ghazi Arslan z Neuštejna, and she told me about an unknown sighthound similar to the Greyhound, which is, however, faster and which moves like a gazelle. And she showed me her beautiful bitch Lina. I was fascinated by that noble dog, by its elegance and gracefulness of its silhouette. When I learnt that she was a descendant of a dog caught in the wilderness, my wonderment was endless and I could also understand the shyness and sensitivity of the bitch. Since that moment, I had dreamt my dream &ndash to have also a hound like that! Last year, my wish came true - Vesna Sekalec gave me a bitch as a gift. Her name is Assumi Harris al Sahra. She has been living happily in our home together with my Borsois, Collies and Whippets. She playfully wrestles with the Borsois, and many times, she wins her puppy battle. The lively little pup makes me immensely happy day by day, I follow its development and I record carefully all knowledge, specialities and differences of this breed.

This year, Vesna Sekalec has been invited by the Yugoslavian ambassador in the Republic of Mali to participate in a hunt, during which she plans to select two first-class wild specimens that would become a foundation of a new bloodline in Yugoslavia. She expects that during the hunt, wild dogs will join two already civilised dogs of the ambassador, and if this is the case, it may be possible to catch them.&ldquo

In 1977, Mrs. Sekalec visited the then Upper Volta (today&rsquos Burkina Faso) and brought to Mrs. Marečková an adult male Darkoye Sidi in order to enlarge the reduced genepool. Darkoye had a complete four-generation pedigree, however it was completely made up. Such a pedigree, it seems, is not the only inaccuracy in the stud books of those times. The pedigree of the first litter of Mrs. Sekalec,&ldquoA&ldquo Harris al Sahra, stated that the sire of the litter was a pure Sloughi, El Basal Ben Burd von Klein Vossenburg。 Mrs. Sekalec was trying to find an unrelated male for her Laca, and chose that Sloughi champion. However, from various independent sources and contemporary breeders I have heard a different story, which nowadays can be neither confirmed nor denied (maybe only via genetic testing). The story has it that the Sloughi male did not mate Laca, and Mrs. Sekalec opted for an alternative solution &ndash she paid a visit to Laca´s littermate Lord Lody. Lord Lody is also indicated as sire in the Azawakh pedigree database. That litter was the first one in the Harris al Sahra kennel, but in the pedigree, the originally planned sire was inscribed.

Maybe it is worth clarifying some of the above statements which may sound a bit amusing today, but at the beginning of the seventieth such information was quite exotic. I am referring to information concerning the &ldquofive warts&ldquo on the head of the Azawakh, which still may be found in some books on sighthounds, affirming it is true. Such Azawakh &ldquowarts&ldquo are, in fact, &ldquotubercles&ldquo from which whiskers grow, two on each cheek, which means four, and the fifth one is located approximately in the centre of the lower jaw. On the long narrow head of the Azawakh grown with extremely short coat, such tubercles are just easier to see as compared to breeds with a longer coat. By no means these are any Azawakh specialty, this is a common feature of the canids in general.

The usage of the word &ldquocatching&ldquo may be also misleading when talking about the Azawakh in Africa, as it may be understood as an implication of the fact that the Azawakh lived as a wild non-domesticated animal in the African wilderness, and if a man wished to have one, he had to catch it. This undoubtfully sounds very interesting and it surely added up to the exotic perception of the Azawakh in the past, however, the reality is not that picturesque. It is true that the Azawakh is a less-domesticated breed, however it lives with its owners and it takes part in their every-day life.

The advertisement of the first two litters of the Azawakh in the Del Monte kennel , November 1977

Already in 1977, three litters were registered in the then Czechoslo vakia. The first two ones were born in the Del Monte kennel (19th September 1977 A &ndash del Monte, 3 males, 2 females, parents Al Aden Harris al Sahra x Balhara Harris al Sahra 25th September 1977 B-del Monte, 2 females, parents Al Aden Harris al Sahra x Baleira Harris al Sahra)。 At the end of the same year, the &ldquoA&ldquo litter was born in the z Počápelské stráně kennel (5 males, 2 females, parents Darkoye Sidi x Assumi Harris al Sahra)。 The Czech Republic therefore belongs among the countries with the longest tradition of the breeding of the Azawakh outside Africa.

Young dogs from the first Czech litters in their first racing training, November 1978

The Azawakh breeding had a good start in Czechoslovakia, but it almost ended at the same time. It was clearly understood that the dogs of the Yugoslavian line were not Sloughis and that they belonged to an independent breed, but officially, there was only one standard for both breeds. Contrary to clubs in Germany, Switzerland and France, where breeders did not have to overcome such obstacles, the then Czechoslovak Sighthound Club decided to proceed in a very strict manner, forbidding to breed forward from the dogs of the del Montez Počápelské stráně kennels. Such dogs really were not up to the FCI standard, their morphology was different and they had white markings, which are considered an excluding fault in the Sloughi. Azawakh fanciers had to face difficult times full of uncertainties, and some of the new Azawakh owners and admirers succumbed to the pressure and bullying by the Club, losing their interest in the breed.

Darkoye Sidi (left) with his offspring and Assumi Harris Al Sahra (right), the Z počapelské stráně kennel, 1978

Already in 1978, Mrs. A. Stuchlá published an article The Azawakh Sighthound in the cynological magazine Pes přítel člověka。 That was probably for the first time when somebody expressed an opinion that the current situation was damaging the breeding of a new breed in Czechoslovakia. The article was published one year after the birth of the first litters, and one year after the publishing of the article of Mr. Štěpánský, who presented the Azawakh as Sloughi then. Mrs. Stuchlá mentioned the fact that the first discussions on similarities and differences between the Sloughi and the Azawakh had started already in 1972. Her article, among others, states the following:

R´Eheouel, a five-year old male picture shows open angulation and short straight back , A. Stuchlá, 1978

&ldquoThe issue of differences between the Azawakh and the Sloughi has been addressed also by the UICL (the international organisation of sighthound breeders) and by the Commission for Sighthounds of the FCI since 1972. Such organisations have come to a conclusion that the crossing of these two breeds is undesirable, and they recommended a standard of the Azawakh be created soon. In 1973, the standard for the Sloughi was approved under the number 188c, and at present, the FCI Standard Commission has been already submitted the Azawakh standard for approval.

Comparison of diferences between the Azawakh (left) and the Sloughi, A. Stuchlá, 1978

However, both breeds are judged together in the majority of shows, which, of course, has a negative impact on the Azawakh. Only in France both breeds are judged separately. Also in the German Federative Republic, dogs imported from France and denominated as Azawakh in their pedigrees are judged separately. In the majority of the cases, the specimens of this breed are denominated incorrectly as Sloughis in their pedigrees, which is a common situation in whole Europe. In order to be able to keep the Azawakh alive as a breed, it is paramount to judge these two breeds separately in shows, as judging according to the Sloughi standard endangers the very existence of the Azawakh (almost all the specimen are rejected as non-typical when judged according to the Sloughi standard). Such a problem affects deeply also the breeding in Czechoslovakia.

"Dogs of Mrs. Marečková, the Z Počapelské stráně kennel Daroye Sidi on the left - the picture shows the size of the ears and shape of the head. Such features, together with the colour, are a perfect evidence of the fact that the dogs belong to the Azawakh breed." Author: A. Stuchlá, 1978

Darkoye Sidi, a male imported by professor Sekalec from Upper Volta, has not been given the breeding permission. The male has been living with the breeder J. Marečková from Počáply-Sezemice. He is a typical representative of the breed to which he belongs &ndash the Azawakh Sighthound. The breeding permission was not granted to this male due to white markings on his legs and due to some morphological characteristics which are not in compliance with the Sloughi standard according to which this male was evaluated. This dog naturally cannot conform to the Sloughi standard, because he is not a Sloughi, not even from the point of view of the place of its origin (Upper Volta is located south of the Sahara desert) and morphology this male is a typical Azawakh, as well as the other specimens of the breed in Czechoslovakia, considered Sloughis until now. The fact that the FCI still has not issued the Azawakh standard makes the situation even worse. Only France has issued a standard for this breed so far.&ldquo

Movement of the Azawakh. Toboro, female, 18 months old

The Azawakh trotting. Ouahed, male, 10 months (Aikar x Toboro)

An Azawakh in its homeland. Adiknaz, an 18-month old male.

The uncertain situation surrounding the Azawakh prolonged until 1981, when the FCI finally recognised the Azawakh and a standard for the breed was issued. The standard had been officially recognised from 3 rd July 1980 and it entered in force on 1 st January 1981. In the first standard, the breed was denominated &ldquoSloughi Azawakh&ldquo however, such a name was changed shortly after that. North Africa was given as the place of the origin of the breed without any detailed specification of any country or region, and France became the patronage country. So finally, as of 1 st January 1981, the existence of this ancient, centuries old breed was officially recognised by the FCI, and the standard entered into force.

Even before the standard became officially valid, when it was already known that the breed would be recognised, judging of breeding stock was organised on 1st November 1980 in the city of Kolín, Czechoslovakia. All the Azawakhs, even those that had been registered as breeding stock as Sloughis, had to attend. No new pedigrees were issued for such dogs in their pedigrees, a simple correction was made &ndash the word &ldquoSloughi&ldquo was crossed out and replaced with the word &ldquoAzawakh&ldquo. Dogs also did not lose their show titles awarded to them when they were judged as Sloughis, obtaining therefore national or international championships on the basis of titles awarded in fact to two different breeds according to two different standards.

The pedigree of the male Amon z Počapelské stráně、 NS Azawakh magazine, 4/2005, author of the original picture O. Kupka

Since the beginning of the eighties it seemed that nothing would impede the breeding of the Azawakh and that a bright future awaited the breed. However, both historical and contemporary events are an evidence of the fact that nothing is as easy as it may seem.

The very first standard, in terms of the definition of the permitted colours, mentioned also the brindle colour, which, however, was forbidden after a short time, and it was permitted again as late as in 1994. The standard has been amended several times in the course of the years, but unfortunately not in such a range so as to reflect the African reality of the breed in general. Just in the last approximately twelve years, there have been four recommendations issued by SLAG, the French patronage club, concerning the breeding and judging of the Azawakh. Such recommendations, unfortunately, have been far from being beneficial for the breed, but they have also been in absolute contradiction one with another or in contradiction with the general laws of genetics and genetics of small populations.

Approximately at the end of the nineties, it was required by the show judges that the Azawakh had rather large symmetric white markings, reaching up to the half of the front legs or higher. After that, there was a concern about the genetic variability of the breed &ndash fully justified &ndash based on the fact that the genepool of the Azawakh in Europe was so small that it would endanger a healthy development of the breed. For such a reason, a recommendation was issued that the genepool should be enlarged, and in order to achieve that, the Sloughi should be bred to the Azawakh. In response, a strong protest movement arose of fanciers and breeders of both breeds and clubs from all parts of the world signed petitions against such a recommendation, argumenting that in Africa, there was still a rather rich quality genepool of the breed which could be used to extend the reduced European one. However, such arguments were not even considered by the SLAG representatives, and until now, nobody has officially cancelled such a recommendation. Finally, common sense won over the establishment and the breeders were wise enough not to abide by such a decision. However, some years after that, another recommendation was issued to penalise Azawakhs with large white markings in shows, and ideal markings became suddenly only traits of white on fingers and a little white spot on the chest. A protest movement arose again, and Azawakh fanciers and breeders organised a signature campaign against such a requirement. Their arguments that such an approach would reduce the small genepool even more, were not considered sufficiently important by the same cynological representatives who, several years before, had suggested to cross Sloughis to Azawakhs in order to protect the breed from extinction. Some time passed and it was recommended, more or less silently, that dogs with white markings should not be necessarily punished to such an extreme. Breeding of not just a rare, but any breed in general, under such conditions is a rather difficult task indeed.

So we, lovers and admirers of the Azawakh, hope a day will come when personal ambitions and interests and quest for show fame will be overcome by a real love for dogs, common sense, scientific approach and genetics. Let&rsquos hope that the graceful hound from the ancient mosaic will stay with us, a precious jewel shining from far-away times and culture, adorning our lives with the beauty of its body and soul.

Dana Kupková Oldřich Kupka, The 30th Anniversary of Azawakh Breeding in the Czech Republic, The Azawakh magazine, 4/2005


'Beware of the Dog': Secrets of Ancient Pompeii Mosaic Laid Bare by Archaeologist

As archaeologist Bethany Hughes explained, the mosaic in question served as the inspiration for "millions of modern doormats".

The ancient Roman city of Pompeii, which was buried under layers of volcanic ash during the eruption of Mount Vesuvius nearly two thousand years ago, yielded a number of interesting archaeological discoveries that offer insights into the lives and customs of citizens of that long-gone empire.

According to the Daily Express, Bethany Hughes, archaeologist and presenter of the Channel 5 series "Secrets of Pompeii's Greatest Treasures", highlighted one particular find – a floor mosaic depicting a dog and bearing a warning that says "Cave Canem" which means "beware of the dog" in Latin.

Describing the mosaic as "one of the most celebrated, imitated, replicated artworks in the whole world", and noting how it inspired "millions of modern doormats", she confessed that she likes it for a number of reasons, "partly because of the story it tells and partly because of the skill of its making".

Beware of the Dog! @bettanyhughes reveals the #Roman roots of guard #dogs in Secrets of Pompeii's Greatest Treasures. This Thursday at 9pm on @channel5_tv! #mansbestfriend #Pompeii #mosaic pic.twitter.com/KaDtoBhbgn

— SandStone Global Productions (@SandstoneGlobal) June 2, 2020

She added that Pompeii was "a place where there were many crimes and often people didn’t go out at night".

And as it turns out, the analysis of the remains of the dogs that got trapped in the city during the eruption allowed researchers to deduce the “identity of the canine guards” by comparing their results to the mosaics, Hughes remarked.

すべてのコメント

(に返信してコメントを表示コメントを隠す)
おすすめされた
Multimedia

トレンド

こんにちは、 !

こんにちは、 !

こんにちは、 !

ユーザーのアカウントまたはソーシャルネットワーク上のアカウントを介したスプートニクWebサイトでのユーザーの登録と承認の事実は、これらのルールに同意したことを示しています。

ユーザーは、国内法および国際法を遵守する義務があります。ユーザーは、ディスカッションの他の参加者、読者、および投稿で参照されている個人に敬意を表して話す義務があります。

ウェブサイトの管理者は、ウェブサイトのコンテンツの大部分の言語以外の言語で行われたコメントを削除する権利を有します。

sputniknews.com Webサイトのすべての言語バージョンで、投稿されたコメントを編集できます。

次の場合、ユーザーコメントは削除されます。

  • 投稿の件名に対応していません
  • 人種的、民族的、性的、宗教的または社会的根拠に基づく憎悪および差別を助長する、またはマイノリティの権利を侵害する
  • 未成年者の権利を侵害し、道徳的損害を含むあらゆる形態の未成年者に危害を加えます
  • 過激派の考えが含まれている、または他の違法行為を要求している
  • 侮辱、他のユーザー、個人または特定の組織への脅威を含み、尊厳を傷つけたり、ビジネスの評判を損なう
  • スプートニクへの軽蔑を表す侮辱やメッセージが含まれています
  • プライバシーを侵害する、第三者の同意なしに個人データを配布する、または通信のプライバシーを侵害する
  • 暴力、動物虐待のシーンを説明または参照している
  • 自殺の方法に関する情報が含まれており、自殺を促す
  • 商業目的を追求し、不適切な広告、違法な政治広告、またはそのような情報を含む他のオンラインリソースへのリンクを含む
  • 適切な許可なしに第三者の製品またはサービスを宣伝する
  • 不快な言葉や冒とく的な表現、およびその派生語、およびこの定義に含まれる語彙アイテムの使用のヒントが含まれています
  • スパムを含み、スパム、大量メールサービスを宣伝し、ギャンブル詐欺のスキームを促進します
  • 麻薬/向精神薬の使用を促進し、それらの生産と使用に関する情報を提供します
  • ウイルスや悪意のあるソフトウェアへのリンクが含まれています
  • 同一または類似のコンテンツを含む大量のコメントを含む組織化されたアクションの一部です(「フラッシュモブ」)
  • 多数の一貫性のないメッセージまたは無関係なメッセージでディスカッションスレッドを「氾濫」させる
  • エチケットに違反し、あらゆる形態の攻撃的、屈辱的、または虐待的な行動を示します(「トローリング」)
  • たとえば、英語の標準的な規則に準拠していません。たとえば、完全にまたはほとんど大文字で入力されているか、文に分割されていません。

管理者は、ユーザーがこれらのルールに違反している場合、または違反を示す行動が検出された場合、通知なしにユーザーのページへのアクセスをブロックするか、ユーザーのアカウントを削除する権利を有します。

ユーザーは、moderator @ sputniknews.comでモデレーターに連絡することにより、アカウントの回復を開始したり、アクセスのロックを解除したりできます。

  • 件名-アカウントの復元/アクセスのロック解除
  • ユーザーID
  • 上記のルールに違反し、ロックを引き起こしたアクションの説明。

モデレーターがアカウントの復元/アクセスのロック解除が可能であると判断した場合、それは実行されます。

上記のルールに繰り返し違反した結果、ユーザーのアカウントが2番目にブロックされた場合、アクセスを復元することはできません。


6. Head Of A Dog By Edvard Munch

Edvard Munch was another famous painter at the turn of the century. He was a Norwegian artist whose expressionist paintings depicted the emotional and mental anguish he suffered throughout his life. His most famous painting, The Scream, resides in Oslo, Norway

During Munch’s later years, he started to pull away from society, living in solitude with only his dogs to accompany him. He was even known to bring his dogs to the local cinema, and if they barked, he would interpret it as a sign that the film was bad, leaving the theater with them.

With such a strong love of his canine best friends, it’s no wonder he chose a pooch as the subject of this famous painting.

What do you think of these famous dog paintings throughout history? Do you have a favorite famous dog paintings that we missed?以下のコメントでお知らせください!


When Did Rover Come On Over?

For years, getting researchers to pinpoint the origin of man’s best friend was like walking into a room full of dog owners and asking, “Who’s a good boy?” Everyone would promote, with utmost confidence, their own pet theory.

Recent genetic studies have placed ground zero for dog domestication in Europe, Central Asia, the Middle East, South Asia or Southeast Asia. And they date dog origins anywhere between 10,000 and 38,000 years ago.

Some of these contradictory results arise from dogs’ complex history with humans and other canids. Once domesticated, dogs proved valuable in myriad ways: guards, hunters, shepherds, pack animals, sled pullers.

“Dogs are motivatable to do the jobs humans want them to do, so people took them with them as they moved,” says Adam Boyko, a geneticist at Cornell University. “Cats, by comparison, are not motivatable, so people didn’t scatter them across the world. A single cat might jump on a ship and end up somewhere else, but you don’t have, say, trained war cats going into battle.”

As they traveled, dogs mingled with other populations of dogs but also with wolves, both ancestral and modern, creating a genetic potpourri. A 2015 study in Genome Research , for example, estimated that 25 percent of modern Eurasian wolf DNA actually comes from interbreeding with domesticated dogs.

Another confounding factor in earlier studies: Researchers sampled DNA from modern purebred dogs, which are the result of generations of artificial selection and hybridization by breeders, skewing the genetic timeline of when wolves and dogs parted ways.

But now, researchers are collecting broader modern-dog samples. Boyko, for example, co-authored a 2015 study that included samples from free-breeding dogs around the globe. These “village dogs” are more representative, genetically, of the species. Of the estimated 1 billion dogs in the world today, about 75 percent are free breeding.

At the same time, researchers have made advances in extracting and sequencing ancient DNA, allowing them to see the past rather than make a calculated guess based on modern material.

“Ten or 20 years ago, we looked at modern dogs and modern wolves, and that’s it,” says German geneticist Olaf Thalmann, currently at Poland’s Poznan University of Medical Sciences. “We have realized this is wrong. Now we’re going back to the cradle of domestication to look for answers there [because] the wolves we see today are not what gave rise to dogs.”

In June, Science published a paper that heralds the new direction of research. According to the study, dogs were domesticated not once but twice, on opposite ends of the Eurasian continent at least 15,000 years ago. Previous studies assumed that domestication was a difficult and thus rare event, occurring only once. But the new dual-origin theory found that an ancient European population was replaced by an eastern Asian population as the latter expanded across the continent. Every dog alive today is descended from ancient Asian roots.

In addition to collecting DNA from hundreds of modern wolves as well as mutts and purebred dogs, the dual-origin researchers extracted DNA from dozens of ancient dogs, including a particularly high-value sample from a 4,800-year-old animal unearthed in Newgrange, Ireland.

“The ancient [Newgrange] dog had ancestry not found in modern dogs or in modern wolves,” says Mietje Germonpré, who was not part of the dual-origin team. The Belgian paleontologist has studied the remains of other older canids in Eurasia and believes some of them were early dogs — a controversial theory, but one this new research suggests may be correct.

“It’s the first hint toward what’s out there,” says Thalmann, who also wasn’t involved in the research. “It’s a wake-up call. The theory about multiple origins and timing was out there for some time, but this is the first evidence for it genetically.”


Dog Mosaic - History

For thousands of years, rabies has terrified civilizations ever since it became obvious that the bite of a rabid animal insured an inevitably horrible death. The origin of the word rabies is either from the Sanskrit "rabhas" (to do violence) or the Latin "rabere" (to rage). The ancient Greeks called rabies "lyssa" (violence). Today, the virus causing rabies is classified in the genus Lyssa Virus".

In India, 3000 B.C., the god of death was attended by a dog as the emissary of death. In modern day India, rabid dogs still cause the death of 20,000 people each year. The first written record of rabies causing death in dogs and humans is found in the Mosaic Esmuna Code of Babylon in 2300 B.C. where Babylonians had to pay a fine if their dog transmitted rabies to another person.

In the first century A.D., the Roman scholar Celsus correctly suggested that rabies was transmitted by the saliva of the biting animal. He incorrectly suggested a cure for rabies by holding the victim under water. Those that didn't drown died of rabies. Other barbaric cures for rabies included burning the wounds with a hot poker and a "hair-of-the-dog".Homeopathic medicine invokes the use of "similars", i.e. like cures like. Hairs of the rabid dog were laid on the wound or ingested by the patient. While a hair-of-the-dog may cure a hangover, it did nothing to cure rabies.

The most interesting cure for rabies involved the use of madstones in 18 th century America. Madstones are calcified hairballs found in the stomachs of ruminants such as cows, goats and deer. They were thought to have curative powers by drawing the madness out of the bite wound. Madstones were highly prized as more valuable than rubies and were passed down through generations as "family jewels". In 1805, a madstone sold for $2000 in Essex County, Virginia. Abraham Lincoln is reported to have transported his son, Robert, from Springfield, Illinois to Terre Haute, Indiana for madstone treatment in 1849 after being bitten by a rabid dog. Robert survived.

That same year, after proposing to his childhood sweetheart, Edgar Allen Poe left Richmond, Virginia on a train bound for New York City. Six days later he was mysteriously found lying in the street outside Ryan's Saloon in Baltimore, Maryland. It was assumed this lifelong alcoholic was suffering delirium tremons but when offered alcohol he refused it and when offered water he had great difficulty swallowing it. Poe's physician, Dr. Joseph Moran, writes that Poe slipped in and out of a coma, had hallucinations and alternated between periods of extreme aggression and periods of perfect lucidity. He finally slipped into a coma and died four days later. These are the classic symptoms of rabies. Poe's body showed no sign of bite wounds but fewer than one third of human rabies victims show evidence of bite wounds.

The first real treatment for rabies came in the 1880's. A French chemistry teacher named Louis Pasteur was dabbling with chicken cholera when he noticed that virulent cultures exposed to the elements no longer caused disease. He also noted that chickens given this weakened or "attenuated strain" were immune to inoculation with fresh, virulent cultures. Pasteur next tried an attenuated vaccine against anthrax in cattle.出来た! He then turned his attention to rabies, the scourge of the world. His initial animal studies were very promising, but Pasteur wanted more time to purify his attenuated vaccine before trying it on 彼自身.

On July 6, 1885, a 9 year old boy named Joseph Meister was mauled by a rabid dog. A local doctor treated the wounds and told the family that the only person who could save Joseph was Louis Pasteur. After much pleading, Pasteur agreed only after consulting with a couple of real doctors who said Joseph was a "dead boy walking". Joseph received 13 inoculations in 11 days and made a complete recovery. The word leaked out and patients came streaming in the world over. At the time of Pasteur's death 9 years later, over 20,000 people had been given his post-exposure prophylactic vaccine.

Today in the U.S. many (but not all) of our pets are vaccinated against rabies. We all remember Cujo and Old Yeller, but cats now outrank dogs in the number of domestic rabies cases. Many people still don't think cats need rabies vaccinations. Wild animal rabies mostly involves raccoons, skunks, foxes and bats with bats being the most dangerous since rabid bats rarely look sick and they can sneak in through very narrow spaces day and night to expose us and our pets.

I don't have the space to tell all the horror tales I've heard. I'll just share two: 1) A rabid bat flew down a chimney and bit the unvaccinated indoor housecat. The cat bit the 12 year old girl in the house. The bat, the cat and the girl all died. 2) A friend called me hysterically one Sunday. A raccoon (later proved rabid) broke through her screen door and attacked her four indoor cats, none of whom had ever had a rabies vaccine. All four of her cats had to be destroyed. Suffice it to say that many have died, been destroyed or undergone post-exposure vaccination needlessly.

​​​​​​​Louis Pasteur was my childhood hero. He guided me into a career in microbiology and veterinary medicine. Don't let all his hard work go to waste. Rabies is a preventable disease. Vaccinate your pets! I've had the rabies vaccination 3 times and it doesn't hurt. Trust me, I'm a doctor.


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos