新しい

中世の「ディアの書」に関連する長らく失われた修道院の検索は終わったかもしれません

中世の「ディアの書」に関連する長らく失われた修道院の検索は終わったかもしれません



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「ディアの書」と呼ばれる重要なスコットランドのテキストが作成された修道院は、約1、000年前に歴史のページから姿を消しました。その場所を探して10年の発掘調査を行った後、考古学者は彼らがついに正しい道を進んでいると信じています。

The Scotsmanによると、Book of Deerプロジェクトに取り組んでいる発掘チームは、スコットランドのアバディーンシャーにあるOld Deerの近くで、炉床、木炭、陶器、支柱の穴、石の層を発掘しました。放射性炭素年代測定により、この場所は中世の出家時代の1147年から1260年の間に配置され、石と柱の穴は、円形の建物がかつてこの場所にあったことを示唆しています。

発掘を主導したキャメロン考古学の考古学者アリソンキャメロンは、放射性炭素年代測定の結果を「非常にエキサイティング」と呼び、次のように述べています。

「この手作りの陶器の中世の日付は、陶器が見つかった層の下の建物も中世の日付である可能性があることを示唆しています。木炭の日付は1147年から1260年で、修道院時代である可能性があるため非常にエキサイティングです。そのため、この地域に修道院があったことがわかった中世初期にさかのぼります。」

  • 古代のディアの書、現存する最も古いゲール語のテキスト
  • 食料品を買うための8時間の散歩:この修道院はとても離れているので、ほとんど誰もそれについて聞いたことがありません

石の炉床は、発掘中に発見された考古学的な特徴の1つでした。 (( BBCアルバ )

BBC Newsは、最近の発掘調査は、ディア修道院の廃墟の近くの畑を探索することを目的としていたと報じています。地球物理学的調査で地下の異常が見つかったため、その場所に焦点が当てられました。発掘調査の前、考古学者は教会の墓地にある修道院を探していました。キャメロンさんが言ったように、「これは私たちが何も知らないサイトです。 1つの建物を、おそらくもっと近くに配置する可能性は、国にとって重要です。チームはこれに非常に興奮しています。」

アバディーンシャー評議会の考古学者であるブルース・マンは、スコッツマンに修道院の発見への希望を表明しました。彼は次のように述べています。「これらの最新の発見は、ついに謎が最終的に解決されたことを示唆しているかもしれません。明らかにもっと多くの作業が必要ですが、これが最終的に何であるかに関わらず、それはオールドディアーだけでなくアバディーンシャーとそれ以降にとっても重要な発見です。」

修道院の場所へのさらなる手がかりは、スコットランドゲール語のディアの書の余白に走り書きされました。書物は、修道院がディア修道院の視界にあったことを示唆しています–僧院に家を出なければならなかったときに、僧侶が移動した建物です。国民は、建物がすでに廃墟になっている可能性があるときに、僧侶が宗教改革の前または最中に修道院を去ったと報告しています。

スコットランドの鹿修道院。

ディアの書の余白に追加されたメモは、テキストを際立たせるものです。 Ancient Originsが以前に報告したように、ディアの書:

「10世紀のスコットランド北東部の文化の社会と宗教的伝統を明らかにする唯一のノーマン以前の写本であり、現存する最も初期のゲール語文書であると言われています[…]この古代のテキストに引き寄せられた人々の最大の陰謀は、手書きの表記の中にあります余白やその他の空白の領域にあり、必ずしもテキスト自体の中にあるとは限りません。 「notitiae」とも呼ばれる表記法は、12世紀初頭のブチャン地方の上流階級によって一般的に話されているゲール語のタイプで書かれています[…]

  • ゲガルド修道院:イエスを刺したランスの古代の守護者?
  • 有名なエジプトの修道院で失われたヒポクラテスの処方箋がついに明るみに出る

アバディーン大学ゲール語の講師であるミシェル・マクラウド博士は、ディアの書の重要性について次のように説明しました。

「以前の原稿で使用されていたスコットランドとアイルランドの共通のゲーリックからの言語にはいくつかの逸脱があります。これらの逸脱はいくつかありますが、言語が分離していることを示す最初の書面による指示であり、人々が言っ​​ている可能性が高いことを示しています。ディアの書は小さな本ですが、北東部だけでなくスコットランド全体に大きな遺産を残しています。書かれたスコットランドゲール語の証拠を見つけるには、ディアの書からさらに200〜300年待たなければなりませんでした。」

Folio 5rには、1:18から1:21までのマタイによる福音書のテキストが含まれています。左上隅のChiRhoモノグラムに注意してください。余白にはゲール語のテキストが含まれています。

ディアの書プロジェクトの議長であるアン・シンプソンは、次のように述べて、この本の重要性をさらに強調しました。 。私たちは長い間修道院を探していたので、発見には大きな興奮があります。」

Book of Deer Projectは、1990年代に始まったプログラムです。発掘やその他の研究とは別に、Book of Deer Projectのメンバーは、アバディーン大学での1年間の展示会のために、ケンブリッジ大学から本を取り戻そうとしています。ケンブリッジ大学は18世紀初頭から原稿を所有してきました。

ディアの書(ケンブリッジ大学図書館、MS。II.6.32)のフォリオ1版、4人の伝道者を示しています。


ペンブルックシャーの北部には、訪問者を英国の遠い過去に連れ戻す魅力的な場所が2つあります。ペントレイファンは、プレセリヒルズの陰にある新石器時代の埋葬室です。もともとは塚に支えられていましたが、今では5500年前の巨大な石が露出しており、16トンのキャップストーンが3つの支柱でバランスを保っています。

わずか数マイル離れたところにあるカステルヘンリーズアイアンエイジビレッジは、考古学者によって発掘された建物の基礎の上に4つのラウンドハウスが建設され、2、000年前の集落を再現しています。

2つの間の5マイルの円形の散歩は、ニューポートの沿岸の村の3マイル東にあるペントレイファンから始めることができます。歩道とブライドルウェイを利用してAfonNyferを横断する前に、小さな道路に沿って北に向かいます。 A487を越えた歩道は、CastellHenllysの入り口の近くにあります。

戻るには、歩道とブライドルウェイに沿って南に向かい、CastellLlwydの岬の砦に向かいます。ナイファーとブリンベリアンを渡り、田舎道に沿って西にジグザグに進み、ペントレイファンへの小道と歩道を進みます。


2019年11月月のハウリン。ニュースと機能…ellisctaylor.com

今日から、Howlinの別の形式を試しています。投稿はこれまでどおり、頻繁に行うことができますが、すべて1か月のページに投稿されます。これは11月用で 今月の&#8217s これからの月の投稿でのハウリン&#8217は このページで.

HS2を再考する

時間が重要なので、できるだけ多くの人に党首にメッセージを送ってもらいましょう。
このリンクを友達に送信し、TwitterやFacebookで今すぐ共有して、情報を広めるのを手伝ってください。

個人的には、この光沢のある夢精は 完全にキャンセルされました そして、それを促進することに関係したすべての人は、どこにいても移動し、この非常識で殺人的な計画がこれまでに費やしたものを咳き込み、これらの島に本当に有益な目的のためにお金を使うようにさせられます。
&#8211エリス

マーヴィン・ゲイ&#8211 What&#8217s Going On(Official Video 2019)&#8230 ..

COPPAはYouTubeを終了し、小児性愛者を保護します*言語警告*&#8230 ..
ムクドリのつぶやき:それは数百万の群れですか、それとも単一の生物ですか?&#8230 ..
爬虫類のヒューマノイドとの本当に異様な出会い&#8230 ..
エリス・テイラー&#8216ドン&#8217tは爬虫類&#8217&#8230に言及していません。
魔女、悪魔、そしてジョージ・ハリスンに対する奇妙な暗殺未遂&#8230 ..
メン・イン・ブラック:悪魔に憑依され、支配されていますか?&#8230 ..
コービンの契約&#8230 ..
マギーメイの最終日:心が痛む犬の飼い主は、死にかけているアラスカンマラミュートをケアンゴームズに連れて行き、最後にもう一度雪の中で遊んでから眠りにつくことができます。
チチカカ湖のミステリー宗教は、インカ帝国より500年前のものです。
ミスティ&#8230。。
オーストラリアは、貿易と投資から流れる数十億ドルに目がくらんでいたため、手遅れになるまで中国の安全保障上の脅威が来るのをどのように見ていなかったのか。
Bases Lectures 2019 Jane Shattock&#8230&#8230
漁師は、首にプラスチックを巻き付けたアザラシを救助するためにビーチを横切って突進します。
米国の母親は、ロシアでの先駆的な手順の最初のラウンドの後、赤ちゃんの「バットマンマスク」のあざが額から消えるのを見る瞬間です。
彼女が狐穴に倒れた後、感情的な瞬間の必死の犬の飼い主は、ジャックラッセルミッツィと3日間再会します。
ホストと寄生虫&#8230 ..
エリア51パイロットはLazar&#8230をサポートしています。
不穏な犯罪に目がくらんでいるモンスターと結婚した女性たち。
インタビュー1497–キャサリン・オースティンは、行方不明の兆がどこに向かっているのかについて説明します&#8230 ..
ADP:チャールズ・ハルト大佐(引退したUSAF)&#8211レンデルシャム森林事件&#8230 ..
男はETがどれほど「役に立たない」かを示すために「核兵器をオフにする」と主張している。
紳士のための治療法&#8230 ..
Richie Reviews The UK Papers&#8211 2019年11月26日火曜日&#8230 ..
Colin&BenがConference 2019 Review&#8230でチャットします。
「ゼナーのチェリー」-妖精の冒険が検討されました&#8230 ..
「口当たりの良い雄牛の群れ** t」:ウォーターズはスウェーデンの検察官の偽善を非難し、アサンジがこれまでに誰かを傷つけたという証拠はないと述べています。
「権力を掌握する神聖な権利」:ピルガーはジュリアン・アサンジの「残酷な」メディア報道を爆破します。
平らな地球の高低:ダラスの集まりの観察&#8230 ..
ニューリバーヘッドとロンドンの水産業&#8230 ..
スマトラサイは、マレーシアで最後の種がガンで死亡した後、マレーシアで絶滅しました。
新しい性別の関係書類の怒り:アサドによる毒ガス攻撃の疑いについて国連の監視人が報告したとの爆発的なリークされた電子メールの主張は、シリアへのイギリスとアメリカのミサイル攻撃を正当化するためでしたか?
ノートパソコンのバッテリーを7年間機能させる方法&#8230 ** WOW **&#8230 ..
リサイクルされたラップトップバッテリーを使用して家に電力を供給するフィクサー&#8230 ..
ワクチン傷害認識のためのDCモールで3000&#8230 ..
ハーバード大学の免疫学者から議員へ:ワクチン未接種の子供は誰に対してもリスクをゼロにします。
さらなる観察&#8211&#8216Kinetica&#8217(3番目のインストール)&#8230 ..

オーストラリアは、チラシンの潜在的な生存を認めています。
科学者は、人間が「エイリアンの種族」であり、地球からではないという証拠を見つけました。
パラケルスス、ネイチャースピリッツ、フェアリー&#8230 ..
ヘンリー8世の複雑で邪魔な生活。
古代のディアの書、現存する最も古いゲール語のテキスト&#8230 ..
中世の「ディアの書」にリンクされている長い間失われた修道院を検索してください。
アレイスター・クロウリーとネス湖の怪物:大獣の言葉&#8230 ..

プリンスは土砂降りの間に「パープルレイン」を実行します|スーパーボウルXLIハーフタイムショー| NFL&#8230。。

プリンススーパーボウルハーフタイムパフォーマンス&#8211パープルレイン(2007)&#8230 ..


2019年11月月のハウリン。ニュースと機能…ellisctaylor.com

月でのハウリンのこの版へようこそ:

今日から、Howlinの別の形式を試しています。投稿はこれまでどおり、頻繁に行うことができますが、すべて1か月のページに投稿されます。これは11月用で 今月の&#8217s これからの月の投稿でのハウリン&#8217は このページで.

HS2を再考する

時間が重要なので、できるだけ多くの人に党首にメッセージを送ってもらいましょう。
このリンクを友達に送信し、TwitterやFacebookで今すぐ共有して、情報を広めるのを手伝ってください。

個人的には、この光沢のある夢精は 完全にキャンセルされました そして、それを促進することに関係したすべての人は、どこにいても移動し、この非常識で殺人的な計画がこれまでに費やしたものを咳き込み、これらの島に本当に有益な目的のためにお金を使うようにさせられます。
&#8211エリス

マーヴィン・ゲイ&#8211 What&#8217s Going On(Official Video 2019)&#8230 ..

COPPAはYouTubeを終了し、小児性愛者を保護します*言語警告*&#8230 ..
ムクドリのつぶやき:それは数百万の群れですか、それとも単一の生物ですか?&#8230 ..
爬虫類のヒューマノイドとの本当に異様な出会い&#8230 ..
エリス・テイラー&#8216ドン&#8217tは爬虫類&#8217&#8230に言及していません。
魔女、悪魔、そしてジョージ・ハリスンに対する奇妙な暗殺未遂&#8230 ..
メン・イン・ブラック:悪魔に憑依され、支配されていますか?&#8230 ..
コービンの契約&#8230 ..
マギーメイの最終日:心が痛む犬の飼い主は、死にかけているアラスカンマラミュートをケアンゴームズに連れて行き、最後にもう一度雪の中で遊んでから眠りにつくことができます。
チチカカ湖のミステリー宗教は、インカ帝国より500年前のものです。
ミスティ&#8230。。
オーストラリアは、貿易と投資から流れる数十億ドルに目がくらんでいたため、手遅れになるまで中国の安全保障上の脅威が来るのをどのように見ていなかったのか。
Bases Lectures 2019 Jane Shattock&#8230&#8230
漁師は、首にプラスチックを巻き付けたアザラシを救助するためにビーチを横切って突進します。
米国の母親は、ロシアでの最初の先駆的な手順の後に、赤ちゃんの「バットマンマスク」のあざが額から消えるのを目にします。
彼女が狐穴に倒れた後、感情的な瞬間の必死の犬の飼い主は、ジャックラッセルミッツィと3日間再会します。
ホストと寄生虫&#8230 ..
エリア51パイロットはLazar&#8230をサポートしています。
不穏な犯罪に目がくらんでいるモンスターと結婚した女性たち。
インタビュー1497–キャサリン・オースティンは、行方不明の兆がどこに向かっているのかについて説明します&#8230 ..
ADP:チャールズ・ハルト大佐(引退したUSAF)&#8211レンデルシャム森林事件&#8230 ..
男はETがどれほど「役に立たない」かを示すために「核兵器をオフにする」と主張している。
紳士のための治療法&#8230 ..
Richie Reviews The UK Papers&#8211 2019年11月26日火曜日&#8230 ..
Colin&BenがConference 2019 Review&#8230でチャットします。
「ゼナーのチェリー」-妖精の冒険が検討されました&#8230 ..
「口当たりの良い雄牛の群れ** t」:ウォーターズはスウェーデンの検察官の偽善を非難し、アサンジがこれまでに誰かを傷つけたという証拠はないと述べています。
「権力を掌握する神聖な権利」:ピルガーはジュリアン・アサンジの「残酷な」メディア報道を爆破します。
平らな地球の高低:ダラスの集まりの観察&#8230 ..
ニューリバーヘッドとロンドンの水産業&#8230 ..
スマトラサイは、マレーシアで最後の種がガンで死亡した後、マレーシアで絶滅しました。
新しい性別の関係書類の怒り:アサドによる毒ガス攻撃の疑いについて国連の監視人が報告したとの爆発的なリークされた電子メールの主張は、シリアへのイギリスとアメリカのミサイル攻撃を正当化するためでしたか?
ノートパソコンのバッテリーを7年間機能させる方法&#8230 ** WOW **&#8230 ..
リサイクルされたラップトップバッテリーを使用して家に電力を供給するフィクサー&#8230 ..
ワクチン傷害認識のためのDCモールで3000&#8230 ..
ハーバード大学の免疫学者から議員へ:ワクチン未接種の子供は誰に対してもリスクをゼロにします。
さらなる観察&#8211&#8216Kinetica&#8217(3番目のインストール)&#8230 ..

オーストラリアは、チラシンの潜在的な生存を認めています。
科学者は、人間が「エイリアンの種族」であり、地球からではないという証拠を見つけました。
パラケルスス、ネイチャースピリッツ、フェアリー&#8230 ..
ヘンリー8世の複雑で邪魔な生活。
古代のディアの書、現存する最も古いゲール語のテキスト&#8230 ..
中世の「ディアの書」にリンクされている長い間失われた修道院を検索してください。
アレイスター・クロウリーとネス湖の怪物:大獣の言葉&#8230 ..

プリンスは土砂降りの間に「パープルレイン」を実行します|スーパーボウルXLIハーフタイムショー| NFL&#8230。。

プリンススーパーボウルハーフタイムパフォーマンス&#8211パープルレイン(2007)&#8230 ..


2019年11月月のハウリン。ニュースと機能…ellisctaylor.com

今日から、Howlinの別の形式を試しています。投稿はこれまでどおり、頻繁に行うことができますが、すべて1か月のページに投稿されます。これは11月用で 今月の&#8217s これからの月の投稿でのハウリン&#8217は このページで.

HS2を再考する

時間が重要なので、できるだけ多くの人に党首にメッセージを送ってもらいましょう。
このリンクを友達に送信し、TwitterやFacebookで今すぐ共有して、情報を広めるのを手伝ってください。

個人的には、この光沢のある夢精は 完全にキャンセルされました そして、それを促進することに関係したすべての人は、どこにいても移動し、この非常識で殺人的な計画がこれまでに費やしたものを咳き込み、これらの島に本当に有益な目的のためにお金を使うようにさせられます。
&#8211エリス

マーヴィン・ゲイ&#8211 What&#8217s Going On(Official Video 2019)&#8230 ..

COPPAはYouTubeを終了し、小児性愛者を保護します*言語警告*&#8230 ..
ムクドリのつぶやき:それは数百万の群れですか、それとも単一の生物ですか?&#8230 ..
爬虫類のヒューマノイドとの本当に異様な出会い&#8230 ..
エリス・テイラー&#8216ドン&#8217tは爬虫類&#8217&#8230に言及していません。
魔女、悪魔、そしてジョージ・ハリスンに対する奇妙な暗殺未遂&#8230 ..
メン・イン・ブラック:悪魔に憑依され、支配されていますか?&#8230 ..
コービンの契約&#8230 ..
マギーメイの最終日:心が痛む犬の飼い主は、死にかけているアラスカンマラミュートをケアンゴームズに連れて行き、最後にもう一度雪の中で遊んでから眠りにつくことができます。
チチカカ湖のミステリー宗教は、インカ帝国より500年前のものです。
ミスティ&#8230。。
オーストラリアは、貿易と投資から流れる数十億ドルに目がくらんでいたため、手遅れになるまで中国の安全保障上の脅威が来るのをどのように見ていなかったのか。
Bases Lectures 2019 Jane Shattock&#8230&#8230
漁師は、首にプラスチックを巻き付けたアザラシを救助するためにビーチを横切って突進します。
米国の母親は、ロシアでの先駆的な手順の最初のラウンドの後、赤ちゃんの「バットマンマスク」のあざが額から消えるのを見る瞬間です。
彼女が狐穴に倒れた後、感情的な瞬間の必死の犬の飼い主は、ジャックラッセルミッツィと3日間再会します。
ホストと寄生虫&#8230 ..
エリア51パイロットはLazar&#8230をサポートしています。
不穏な犯罪に目がくらんでいるモンスターと結婚した女性たち。
インタビュー1497–キャサリン・オースティンは、行方不明の兆がどこに向かっているのかについて説明します&#8230 ..
ADP:チャールズ・ハルト大佐(引退したUSAF)&#8211レンデルシャム森林事件&#8230 ..
男はETがどれほど「役に立たない」かを示すために「核兵器をオフにする」と主張している。
紳士のための治療法&#8230 ..
Richie Reviews The UK Papers&#8211 2019年11月26日火曜日&#8230 ..
Colin&BenがConference 2019 Review&#8230でチャットします。
「ゼナーのチェリー」-妖精の冒険が検討されました&#8230 ..
「口の悪い雄牛の群れ** t」:ウォーターズはスウェーデンの検察官の偽善を非難し、アサンジがこれまでに誰かを傷つけたという証拠はないと述べています。
「権力を掌握する神聖な権利」:ピルガーはジュリアン・アサンジの「残酷な」メディア報道を爆破します。
平らな地球の高低:ダラスの集まりの観察&#8230 ..
ニューリバーヘッドとロンドンの水産業&#8230 ..
スマトラサイは、マレーシアで最後の種がガンで死亡した後、マレーシアで絶滅しました。
新しい性別の関係書類の怒り:アサドによる毒ガス攻撃の疑いについて国連の監視人が報告したとの爆発的なリークされた電子メールの主張は、シリアへのイギリスとアメリカのミサイル攻撃を正当化するためでしたか?
ノートパソコンのバッテリーを7年間機能させる方法&#8230 ** WOW **&#8230 ..
リサイクルされたラップトップバッテリーを使用して家に電力を供給するフィクサー&#8230 ..
ワクチン傷害認識のためのDCモールで3000&#8230 ..
ハーバード大学の免疫学者から立法者へ:ワクチン未接種の子供は誰に対してもリスクをゼロにします。
さらなる観察&#8211&#8216Kinetica&#8217(3番目のインストール)&#8230 ..

オーストラリアは、チラシンの潜在的な生存を認めています。
科学者は、人間が「エイリアンの種族」であり、地球からではないという証拠を見つけました。
パラケルスス、ネイチャースピリッツ、フェアリー&#8230 ..
ヘンリー8世の複雑で邪魔な生活。
古代のディアの書、現存する最も古いゲール語のテキスト&#8230 ..
中世の「ディアの書」にリンクされている長い間失われた修道院を検索してください。
アレイスター・クロウリーとネス湖の怪物:大獣の言葉&#8230 ..

プリンスは土砂降りの間に「パープルレイン」を実行します|スーパーボウルXLIハーフタイムショー| NFL&#8230。。

プリンススーパーボウルハーフタイムパフォーマンス&#8211パープルレイン(2007)&#8230 ..


書かれた言葉の歴史:中世ヨーロッパと古代メソポタミアの書記

当初は自然しかありませんでした。私たちは彼女の法律と彼女のやり方と一緒に暮らしました。時系列で、人間は文明を創造しました。書かれた言葉がなければ、文明は存在しなかったでしょう。そして、それはすべて、彼らが決して忘れられたり失われたりしないように彼らの言葉をエッチングした最初の書記官&#8211から始まりました。

21世紀に生きる私たち現代人にとって、書かれた言葉が存在しなかった時代を想像するのは難しいです。

私は土曜日の夜、ベッドでケルズの秘密を見ながら過ごしました。 9世紀のアイルランドを舞台に、歴史的な物語 実際 ケルズの書は、ケルズの修道院で育った少年ブレンダンの架空の冒険を中心とした映画の物語に織り込まれています。

映画では、エイスリングは自然を表しており、僧侶が住む修道院は文明です。二人は不安な停戦で共存している。

ケルズの書が収められているトリニティカレッジで展示会を見ることができた2017年と#8211に、私の心はアイルランドへの旅行に戻ります。

西暦800年頃に書かれたケルズの書には、ラテン語の4つの福音書の豪華な装飾が施されたコピーが含まれています。原稿の細部に感動しました。イラスト、装飾、装丁は非常に複雑で、華やかで贅沢です。

手作りのタイポグラフィ。複雑な図面。本の表紙と装丁にちりばめられた宝石。私は今までにそのようなものを見たことがないとは言えません。

それは文学芸術の注目すべき作品です。

ブレンダンは、この本がインスピレーションを得た映画の勇敢で好奇心旺盛な主人公であり、修道院の写字室の見習いです。写字室はラテン語で「書く場所」を意味します。それは通常、中世ヨーロッパの初期の出家生活における宗教書の執筆に関連しています。

聖書の複製を中心としたヨーロッパの文学文化の決定的な時期でした。

中世の写字室は、光と影のイメージを想起させます。首をかしげた人物の列が、支配された羊皮紙の上に身をかがめ、羽ペンを手に、主人の注意深い目の下にあります。しかし、この描写はどれほど正確ですか?

私は常に、民間伝承、伝説、神話の再話の大ファンでした。魔法は常に、なじみのある、しかし新鮮な物語の再話に取り入れられた想像力の中にあります。

しかし、歴史は私たちが愛するようになった物語とは異なる物語を語ることがよくあります。

職業としての&#8216scribe&#8217はこれらの修道院では始まりませんでした。むしろ、それは数千年前に近東で始まりました。

古代メソポタミア

シュメール人は、貿易における長距離コミュニケーションの手段として、紀元前3500年から3000年に最初に書物を発明しました。この初期の書き方は楔形文字として知られており、粘土の鋭い物体で作られた印象です。絵文字&#8211オブジェクトを表すための記号の使用&#8211は楔形文字の最も初期の形式でした。それは現代社会へのシュメール人の多くの文化的貢献の中で最も重要であると考えられています。

文明がより複雑になるにつれて、より精巧な書記体系の必要性が生じました。絵文字(現代の用語ではアイコンとして知られています)は、表音文字(音を表す記号)に取って代わられました。これらの古代の表音文字は、現代のアルファベットの祖先です。

ニサバ&#8211元穀物の女神&#8211は、穀物取引に関する記録が作成されたため、執筆に関連するようになりました。穀物を育てた偉大な女性が成長するにつれて、彼女はまた、それがどこにどのように配布されたかについての説明を監督しました。貿易が成長するにつれて、ニサバは書かれた言葉の代名詞になりました。彼女は神々の筆記者であり、神と人間の両方の説明の番人として知られていました。

物語「グデアの夢」では、ニサバは金のスタイラスを持って、星空が描かれた粘土板を研究している女性として描かれています。

書かれた言葉が会計から想像を絶する使用のスコアに繁栄するにつれて、「タブレットハウス」として知られる&#8211スクライバルスクールが都市と町の両方に出現しました。紀元前2000年までに、シュメールは正式な学校制度を誇っていました。かつての宗教の中心地であるニップルでの考古学的発見を通じて、学者たちは学生がかつて筆記学校で従ったカリキュラムをたどることさえできました。

人類史上初めて、学校が必需品になりました。

ほとんどの筆記者は若い男性でしたが、証拠は女性も筆記者であったことを明らかにしています。女教皇エンヘドゥアンナの署名は、女神イナンナへの彼女の個人的な献身をカプセル化する多くの賛美歌と詩に現れます。エンヘドゥアンナ&#8211の女性が筆記者として働き続けてから600年後も。

数千年後に早送りします。「スクライブ」という用語は通常、印刷機が登場する前のプロの写字家を表すために使用されます。しかし、古代の世界では、彼らは当時最も学んだ男性と女性でした。

彼らの物語は石に刻まれているかもしれませんが&#8211言語は常に生きています&#8211私たちが時系列を通して行うように進化し変化しています。それが物語が変わる理由です。それが言語が死ぬ理由で​​す。そのため、歴史的な記録にもかかわらず、神話は成長し続け、以前には存在しなかった新しい神話に変化します。

そして、それはニサバ&#8211穀物の女神&#8211が書かれた言葉の女神になった方法です。

書かれた言葉の私の歴史

著者としての私自身の旅は、古代文明の物語とそれほど異なっていませんでした。

私の投稿「簿記から詩への旅」では、私が最初に書いたジャーナルが私の家業の会計ジャーナルである方法について説明しました。それが神話とスピリチュアリティについて書く必要性と欲求にどのように変化したかについては、私が歴史のほこりっぽいページを発見し、自分の物語が埋め込まれているのを見つけたときに、私が予期しない答えを見つけた質問です。人類の文明の長い歴史。

私は、本を書いて教師になるために会計のキャリアをあきらめることに夢中になっていると私に言った人々の数を見失いました。しかし、それは物事の自然な順序のようです。誰かが私の選択について再び私を怒らせた場合、私は私の側に古代の歴史の巻物と巻物を持っています。

私は世界の神話に触発された形而上学的な物語を書くかもしれませんが、私は事実と無知と戦います。

そして、それはすべて、母なる自然と人類の最初の教師から始まりました。

彼女は多くの年齢を生きてきました、 鮭、鹿、狼の目を通して。 彼女はノース人がアイルランドに侵入するのを見ました、 金を求めてすべてを破壊します。 彼女は暗闇の中で苦しんでいるのを見ました。 それでも彼女は、最も壊れやすい場所で美しさが繁栄するのを見てきました。

闇を光に変えた本。

私はリトルライトであり、全世界が私の物語を知っています。


エジプトからキリスト教西部へのアルファベットの道

このシーケンス全体を曲がりくねった糸は、聖書とその文章を保存したアルファベットのスクリプトの強い影響です。に見られるように 証拠のパターン:モーゼス論争, 世界初のアルファベット 彼らが出エジプトの前にエジプトにいたときのヘブライ人にさかのぼることができます。これは、シナイ山で始まったモーセによる聖書の最初の本の執筆と同じ時代でした。アルファベットの天才は、それらの初期のセム人からフェニキア人の隣人に広がり、次にそれらの社会の知的変革に貢献しているギリシャ人とローマ人に広がりました。


動物寓話、中世世界の獣の本の紹介

グリフィン (詳細)から 花の本、1460年、未知の照明器具、フランスとベルギー製。羊皮紙、161/16×111/4インチ、ハーグ、Koninklijke Bibliotheek、オランダ国立図書館、Ms.72 A 23、fol。 46

動物寓話-中世の獣の本-は、中世(約500〜 1500年)の北ヨーロッパで最も人気のある装飾写本の1つでした。中世のキリスト教徒は、世界のあらゆる要素を神の現れとして理解し、動物寓話家は主に各動物の宗教的意味に焦点を合わせました。この本は、読者の目の前で現実と幻想の両方の生き物を生き生きとさせ、キリスト教のインスピレーションと娯楽を提供しました。

動物寓話の物語や画像は非常に人気があり、本のページから逃げ出し、壮大なタペストリーから精巧に彫られた象牙に至るまで、他の無数の芸術形態に生息しました。実際、動物寓話の物語は、中世と現代の両方の大衆文化に浸透していました。中世の動物寓話について聞いたことがなくても、その物語の多くに気付くでしょう。

2019年5月14日から8月18日までのゲッティで、Book of Beasts:The Bestiary in the Medieval Worldは、動物寓話とその影響に捧げられた最初の展示会です。それは、世界の生き残った照らされた動物寓話の3分の1を含む、米国とヨーロッパの機関から100以上の作品を集めています。原稿の専門家、この展覧会のキュレーター、および付属の本の編集者として、この投稿では、動物寓話の重要な物語を紹介し、典型的な動物寓話の内容を説明し、動物寓話の何世紀にもわたる影響を探ります。

動物寓話のしくみ—ユニコーン

ユニコーンは、動物寓話の複雑な象徴性の主要な例であり、中世と現代の両方の想像力への影響を示しています。

ユニコーンは、森の中で乙女だけが捕まえることができる野生の、手に負えない獣として動物寓話のテキストで説明されました。乙女に会うと、ユニコーンは膝に頭を置き、ハンターの攻撃に対して無防備になりました。

ユニコーン (詳細)イギリス製のアシュモール動物寓話、約1210〜20、未知の照明器具から。羊皮紙、107/8×73/16インチ。オックスフォード大学のボドリアン図書館、Ms。Ashmole1511、fol。 14v

しかし、動物寓話では、ユニコーンの出現と捕獲は話の半分にすぎませんでした。ユニコーンはまた、キリストが聖母マリアの子宮の中で妊娠した瞬間である受肉を象徴し、彼を人間的で死に弱いものにしました。上に示した豪華な画像では、獣は木の前に座っている乙女の膝の上に休んでおり、右側のハンターは動物を横に刺しています。 The unicorn symbolizes Christ and the maiden represents his mother the Virgin Mary, while the killing of the creature serves as an allegory for Christ’s death.

The widespread diffusion of the bestiary popularized the unicorn’s tale, which was adapted in many other media in addition to manuscripts. At the center of this carved bone saddle, for example, a stately unicorn looks over its shoulder at an elegant maiden, echoing the bestiary story.

Thanks to its proclivity for maidens, the unicorn also became a focus of stories of romance and chivalry, transforming from a religious symbol into an emblem of courtly love.

Parade Saddle, about 1450, unknown creator, made in Germany or Tyrol. Bone, polychromy, wood, leather, iron alloy, 16 1/2 × 17 × 21 9/16 in. The Metropolitan Museum of Art, New York, Rogers Fund, 1904, 04.3.250. Image: www.metmuseum.org

Text and Image in the Bestiary

Medieval bestiaries contained anywhere from a few dozen to more than a hundred descriptions of animals, each accompanied by an iconic image. Some descriptions explained a creature’s Christian significance, such as the unicorn as a symbol for Christ, while others focused on physical characteristics. The selection and order of the beasts varied, though many bestiaries divided them into a hierarchy of land animals, birds, serpents, and sea creatures. The bestiary was originally intended for religious education within the church, but it was eventually sought after by wealthy members of society for devotional reading as well as entertainment.

The Lion

Lion (detail) in a bestiary, about 1225–50, unknown illuminator, made in England. Parchment, 11 5/8 × 7 1/2 in. The Bodleian Libraries, University of Oxford, Ms. Bodl. 764, fol. 2v

The lion was known in the bestiary as the “king of beasts,” and as such, was placed first. In this spectacularly colorful image, a jaunty lion waves to the viewer at top. In the middle, three cubs playfully crawl over their adult counterpart. At bottom, cubs are brought to life by their parents, who lick and breathe on them. According to the bestiary, lion cubs are born dead, and after three days their parents literally breathe life into them. This behavior was believed to have been put into the lion at the beginning of time by God as a reflection of the Crucifixion of Christ and his Resurrection three days later.

Land Animals

Parandrus in a bestiary, about 1200–1210, unknown illuminator, made in England. Parchment, 8 11/16 × 6 5/16 in. The British Library. Image: Granger

After introducing the lion, the typical bestiary presented a section devoted to land animals. According to the text in this example, the four-legged beast depicted at bottom can move its long horns independently, so that one can face forward and the other backward to defend against dual threats. The artist emphasized this flexibility by showing one of the animal’s horns slicing through the text itself. Such interaction between text and image was a hallmark of the bestiary tradition.

Birds

Eagles (detail) from a Workshop Bestiary, about 1185, unknown illuminator, made in England. Vellum, 8 7/16 × 6 1/8 in. The Morgan Library & Museum, New York, Ms. M.81, fol. 48

This opening shows a manuscript’s transition from land animals to birds. Just as the lion was known as the king of beasts, the eagle was supreme among birds. The eagle was described as losing its sight as it grows old, only to be rejuvenated by gazing at the sun.

Serpents

Dragon in a bestiary, about 1240–50, unknown illuminator, made in England. Parchment, 11 × 6 1/2 in. The British Library,London, Harley Ms. 3244, fol. 59. Image: Granger

Serpents often came next. This page depicts the dragon, king of serpents, with a fire-breathing specimen stretching diagonally across the page. The section of the text that describes the power of the dragon’s tail is visually interrupted by the tail itself, demonstrating the formidable nature of the beast as well as the meaningful ways in which text and image interacted in the bestiary.

Whale (detail) from a bestiary, about 1270, unknown illuminator, made possibly in Thérouanne, France. Tempera colors, gold leaf, and ink on parchment, 7 1/2 × 5 5/8 in. The J. Paul Getty Museum, Ms. Ludwig XV 3 (83.MR.173), fol. 89v.ゲッティのオープンコンテンツプログラムの提供によるデジタル画像

Sea Creatures

The final section of the bestiary usually dealt with sea creatures. Here an enormous whale plunges into the depths, dragging two hapless fishermen with it. The text describes this beast as so massive that sailors confuse its back for an island. When they make camp and light a fire, the whale feels the heat and dives down, drowning its surprised visitors. This story is presented as a warning against the deceptions of the devil. The artist skillfully evokes the sense of horror felt by the sailors at the exact moment they discover their tragic mistake.

Beasts Beyond the Bestiary

The bestiary’s stories and images were so popular that medieval artists readily adapted them for other kinds of manuscripts, as well as for various other types of art.

Because many bestiary animals communicated complex religious messages, they often appeared in liturgical and devotional contexts where worshippers could easily link them to Christian ideology. But the well-known characteristics associated with numerous beasts—the unicorn, the elephant, and the fox, among others—also made them an ideal match for secular artworks made for the elite world of the court. Over time, the memorable creatures that were central to the bestiary tradition pervaded the visual vocabulary of the medieval world, becoming some of the most common symbols in art of the Middle Ages.

Bronze candlestick in the form of an elephant carrying a Howdah, about 1200–1400, unknown creator, made in Germany. Bronze, 6 5/8 × 2 1/16 × 4 1/16 in. Victoria and Albert Museum, London, 1595-1855. Image © Victoria and Albert Museum

For example, the elephant appears as a symbol of strength in artworks of many media, including this metal candlestick. The howdah, a structure used to carry soldiers on the back of an elephant, was a symbol of the animal’s might. This candlestick is ingeniously shaped so that the pricket (spike) for the candle stands on the upper tower of the howdah, while the crenellated edge of the tray is designed to catch the wax.

Reynard Disguised as a Doctor before King Noble (detail) from New Adventures of Reynard, after 1292, Jacquemart Giélée, made in France. Parchment, 11 3/16 × 7 7/8 in. Bibliothèque nationale de France, Paris, Ms. fr. 372, fol. 36

The fox was described in the bestiary as a trickster that would roll over on its back and pretend to be dead, luring unsuspecting birds into its midst. The fox would then snap its jaws shut on the birds that had fallen for the ruse. Tales of the fox spread far and wide in the Middle Ages, even informing popular literature of the period.

A series of medieval moral stories with animal characters revolves around a trickster fox named Reynard. A lion called Noble, the literal king of beasts in the tale, often tries to hold Reynard accountable for his ploys. The tales of Reynard became so popular in France that the common word for fox in modern French does not derive from the Latin term vulpus, but is actually the word reynard.

Tapestry with Flowers and Animals, about 1530–45, unknown creator, made in Belgium. Wool, silk, tapestry weave, 11 ft. 6 7/8 in. x 13 ft. 1 3/4 in. Minneapolis Institute of Art, Gift of Mrs. C.J. Martin in memory of Charles Jarius Martin, 34.4

The animals in this ミレフルー (thousand-flowers) tapestry seem at first to be scattered randomly for purely decorative effect. Yet the stag, the unicorn, and the lion were all associated with Christ in the stories of the bestiary. Their careful placement in this tapestry, forming a vertical row of three within the triangle created by the rosebushes, strengthens the group’s resonance with the Christian concept of the Trinity—the three manifestations of God as the Father, the Son (Christ), and the Holy Spirit.

Lion in the Rothschild Pentateuch, 1296, unknown illuminator, made in France and Germany. Tempera colors, gold, and ink, 10 13/16 × 8 1/4 in. The J. Paul Getty Museum, Acquired with the generous support of Jo Carole and Ronald S. Lauder, Ms. 116 (2018.43), fol. 32v.ゲッティのオープンコンテンツプログラムの提供によるデジタル画像

The use of animals as allegories for human virtues and vices was not limited to European Christian art, but was a widespread phenomenon that transcended geography and religion. In this Hebrew Bible, the bestiary image of a father lion breathing life into his dead cub accompanies the passage in Genesis in which God commands Abraham to sacrifice his son Isaac. According to some rabbinic commentaries, Abraham actually killed Isaac, but Isaac was miraculously brought back to life. For Christians, the tale of the lion was seen as a reference to Christ’s death and resurrection, but here a Jewish audience might have viewed it within the framework of the story of Abraham and the revival of Isaac.

The Bestiary and Natural History

The medieval bestiary was never intended as a scientific work, but much of its lore was eventually incorporated into the nascent field of natural history. The period of the bestiary’s greatest popularity, from about 1100 to 1300, corresponded with a movement to create encyclopedias that would gather all knowledge. Many of these encyclopedias included a section devoted to animals, which relied heavily on the bestiary but often stripped away the Christian symbolism.

At this same time, the European conception of the world was being broadened by a growth in trade and travel that increasingly linked Western Europe with other parts of the globe. In the developing field of cartography, maps and navigational charts represented the world’s creatures in their respective regions.

The Griffin

Ibex Horn (“Griffin Claw”), 1500s or earlier (horn), about 1575–1625 (mount), unknown maker, England. Ibex horn with a silver mount, 28 in. wide. Trustees of The British Museum, London, OA.24. Image © The Trustees of the British Museum

The griffin is one of only a few animals to be illustrated in what is often identified as the first medieval encyclopedia, known as the Book of Flowers (see image at the top of this article). A mythical hybrid between a lion and an eagle, the griffin was believed to carry away full-grown men to feed its young this legend is found in ancient texts as well as the medieval bestiary. The griffin’s featured presence in this book—along with its alleged remains in church treasuries across Europe—attests to its central place in the medieval imagination.

The griffin’s presence in such texts lent credibility to supposed griffin claws (usually ibex horns), which were highly prized as physical specimens well into the late sixteenth century. An inscription on the mount identifies this example as belonging to the shrine of Saint Cuthbert in Durham, which recorded two such claws in addition to several “griffin eggs” (probably ostrich eggs) in an inventory from 1383.

Nautical Chart, 1586, Mateo Prunes, Spain. Parchment, 46 1/16 x 27 9/16 in. Bibliothèque nationale de France, Paris, GE AA-570

Medieval maps were often oriented with south on the left and north on the right. In this chart made for navigation at sea, many animals occupy the left-hand portion representing Africa. Creatures such as the unicorn, camel, and lion reflect the medieval perception of far-flung lands as exotic and perhaps dangerous.

The Legacy of the Bestiary

In the visual arts, the rich legacy of the bestiary lasted far beyond the Middle Ages. Twentieth-century artists revived the pairing of animal imagery and text, calling their creations “bestiaries” after the medieval example. Today the term often refers to any collection of descriptions of animals, whether in words or images, but not necessarily with associated allegories or Christian connotations.

Writers and artists revived the genre of the illustrated bestiary in the late nineteenth and twentieth centuries, when a variety of new poetic and prose texts of animal lore appeared with illustrations created by established artists and printmakers.

Dolphin, from Le bestiaire, oucortège d’Orphée, 1911, Raoul Dufy and Guillaume Apollinaire, France. Woodcut, 13 in. Special Research Collections, UCSB Library, University of California, Santa Barbara. Image © 2019 Artist Rights Society (ARS), New York / ADAGP, Paris

A notable example of the early twentieth-century bestiary was the French poet Guillaume Apollinaire’s foray into illustrated fine art books. Apollinaire’s text was eventually published with thirty wood engravings by Raoul Dufy. Dufy’s wood engravings of animals are bold and forceful, with large swaths of deeply imprinted black ink contrasting with the milky white paper, imitating the block-book style of the early printed images of the fifteenth century.

The human relationship to the animal world is today a subject of intense interest and even debate, with the animals themselves caught in between as questions of conservation and environmental change are addressed by scientists, politicians, and activists. Contemporary artists, too, respond to these questions, participating in a long tradition of depicting animals in art that offers a commentary on the role of animals in our world.

Pray, 2012, Kate Clark. Antelope hide and horns, foam, clay, pins, thread, and rubber eyes, 36 x 33 x 17 in. Collection of Chet Robachinski and Jerry Slipman. © Kate Clark

The taxidermy hybrid creatures created by contemporary sculptor Kate Clark speak to the ubiquitous tendency of humans to see themselves in animals. Clark often “upcycles” hides that taxidermists or hunters don’t want. This work, entitled Pray, crystallizes this impulse, combining as it does an animal body with a human face that seems uncannily animate, reaching out across space and compelling the viewer to engage with the creature directly. As the medieval bestiary used animals to teach moral lessons, the fusion of human and animal in Clark’s work invites viewers to examine their natural instincts, the animal within, and the characteristics that unite disparate animal kingdoms.

We hope this introduction has intrigued you to learn more about the medieval bestiary. On the occasion of our exhibition, we have created multiple new resources on the medieval bestiary, which we invite you to explore:


Zhu families: The Chinese villages where women are labelled witches and ostracised from society

Women labelled as "witches" by their rivals in rural China are more likely to socialise, trade, and form relationships with members of other witch's families, according to a new study.

While belief in witchcraft has sensibly declined around the world with improvements in education, some communities are still suspicious of alleged witches and their supernatural powers.

In rural China, such persons - mostly adult women - are called "zhu." The negative label, often linked with poisoning food or water and other supernatural abilities, is used to cast aside some families to the benefit of others.

British and Chinese anthropologists and scientists analysed the social organisation of five villages – 800 households – of the Sichuan Province for three years. They looked at how the communities lived, worked and traded together.

They specifically looked into how being labelled as "witches" influenced some families' status and social circles within the community. Their findings were published in Nature.

They realised that not only were "zhu" families excluded by the rest of the villages, they themselves only socialised with other people labelled as "zhu." In gift exchanges prompted by the scientists, zhu would not give nor receive any presents with non-zhu families.

The research team also noted differences on who would help whom when it came to farm work. The society remained highly secluded between zhu households and non-zhus.

Such a divide was also present in how people picked their sexual partners: zhu women would find their partners in the zhu subcommunity and evolve in a small zhu-only network. Similarly, non-zhu people would remain with non-zhu people. It's extremely rare that any zhu would get together with a non-zhu.

Being called zhu affected women more than men, as women are considered the head of the households in the province. In particular, zhu women struggled with fertility more than non-zhus, while males didn't experience any fitness costs. Women would gradually become more and more excluded from the rest of the community as they aged, because older zhus are considered more dangerous.

However, the study reveals that the exclusion didn't only have negative aspects. Zhu families mostly tended to be slightly wealthier than the rest of the community.

The origins of the zhu label are mostly unknown, and members of the community couldn't remember why some families were branded as witches, even the families themselves. Traditionally, women would be called witches based on their physical attributes – if they were particularly beautiful, for instance.

The research team suggests that rivalry prompted some families to accuse others of being witches – because of their beauty or their wealth. Accusing someone of witchcraft was a way of getting rid of the competition, as rivals would then be excluded by the rest of the community. The fact families stayed in the village for many generations – around 82% of the villagers in the study had never left their own town – explains why the stigma was passed on through generations. The locals' fear that the tag could be contagious also explains why the belief is so deeply-rooted within the community as well.

The study also indicates that while excluded, witches in a community are tolerated for specific reasons, mainly that their suspected powers could be useful in times of conflict against outsiders and locals will go to them to defend the community against enemies.

Finally, not all members of the village believed in witchcraft. However, while they didn't believe some of their fellow villagers were witches, they would exclude them nonetheless.

They would do that in order to avoid being "contaminated" by association and ending up being excluded as well. According to the research team, this is why such a belief was allowed to persist into the 21st century: those who don't punish would be punished themselves, so as long as there will be people to exclude them, there will be witches in the Sichuan Province of China.


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos