新しい

ワンパタックYT-337-歴史

ワンパタックYT-337-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ワンパタック

(YT-337:dp。473; 1. 141'2 ";b。29'9";dph。17'6 ";
NS。 2.50台の車。 mg。)

シーレンジャーは、カリフォルニア州オークランドでWF Stone and Sonによって建造され、1921年5月に完成した、木造の単軸スクリューの蒸気港タグボートで、Foss Launch and TugCoから裸傭船契約で海軍に買収されました。 1942年10月28日にサンフランシスコで、Wampatuck(YT-337)に改名しました。 1942年12月22日にハワイ準州の真珠湾で就役したこの船は、日本との敵対行為が終わるまで、港のタグボートとして機能し、重要な太平洋艦隊基地で曳航を行いました。真珠湾での任務のツアー中に、彼女は1944年5月15日に大きな港のタグボートとして再分類され、同時にYTB-337に再指定されました。

その後、西海岸に移り、1946年5月6日にサンフランシスコでサービスを停止しました。彼女の名前は5月21日に海軍名簿から削除され、すぐに以前の名前であるシーレンジャーの使用を再開しました。 1946年8月16日にカリフォルニア州マーレ島の海事委員会に移送された後、タグは国防予備船隊に割り当てられ、1948年3月31日にカリフォルニア州スイスン湾に係船されました。船は彼女の名前が出るまでそこに留まりました。 1955年に商船登録簿から姿を消した。


ペンブロークの過去-ペンブロークの先住民

数多くの池や水路にニシンや他の魚が豊富に生息していることもあり、ここに描かれたこれらの先住民は、最初のヨーロッパ人が彼らの存在を知らせる前に、私たちの土地を歩き、狩りをし、住んでいました。

数多くの池や水路にニシンや他の魚が豊富に生息していることもあり、ここに描かれたこれらの先住民は、最初のヨーロッパ人が彼らの存在を知らせる前に、私たちの土地を歩き、狩りをし、住んでいました。

マサチューセッツ州のネイティブアメリカンの部族の土地は、州の東海岸に沿って広がり、マサソイトの首長が巡礼者と条約を結んだワンパノアグの土地によって南に囲まれていました。当時のマサチューセッツの首長はチカタウブトであり、この部族の数は約3,000人でした。 1631年から1633年頃の天然痘の流行により、部族は滅亡し、首長が殺害され、信者の数は約300人に減少しました。チカトーブットの息子であるジョサイアワンパタックが新しい首長になりました。&#160

首長の家がネポンセットにあった間、部族はここでペンブロークになることに多くの時間を費やしたようであり、彼の父の死後、1647年頃、ワンパタックは部族を永久にここに移しました。彼らはペンブローク池の周りの広大な土地に定住しました。この池は今日でも地元の歴史家に「インディアンフィールド」として知られています。

Josiah Wampatuckは、マサソイトの息子であるアレクサンダーの未亡人であるWestamooと結婚しました。彼女は&#8220ポカセットのスコーサケムとして知られていました。&#8221ファーネスポンドに家を建てたジョサイアワンパタックは、1669年にニューヨーク州フォンダ近くのモホークインディアンに殺されました。英語、ジョサイアとウェスタモーの息子チャールズジョサイアワンパタックが未成年だった時代に摂政を務めた。&#160

Charles Josiah Wampatuckは1693年以前に亡くなり、CharlesJosiahの姉妹であるAbigailWampatuckMomontaugに引き継がれました。彼女はエレミヤ・モモントーグと結婚しました。エレミヤは1713年頃に亡くなり、アビゲイルは1717年頃に亡くなりました。

次に部族の長となる忍耐女王は、アビゲイルとエレミヤの娘であり、最初はトビアス・コームズと、次にジョセフ・ピーターと2回結婚しました。次は、ペイシェンスの娘アビゲイル、アビゲイルの息子カレブブランド、息子のカレブブランド、ジェームスブランド、息子のジェームスブランド、ジョサイアブランドです。

ペンブロークの初期のネイティブアメリカンの子孫であるハンソンの故ラッセルガードナーは、彼の先祖の伝説、民間伝承、血統に関連する事実と数字を収集することに人生の多くを捧げました。彼の調査に基づいて、彼はマサチューセッツネイティブアメリカンの「ロイヤルファミリー」のこの系統をまとめました。これらの名前は、マサチューセッツ植民地とペンブロークの町の記録全体に見られます。


カントンゴルフコーススポットライト:ワンパタックCC

編集者のメモ:以下は、カントンのゴルフコースに関する一連のプロファイルの3番目です。シリーズは、プレザントガーデンロードにある9ホールのレギュレーションコースであるワンパタックカントリークラブを見ていきます。

象徴的なジェフリーコーニッシュのデザインとレザボアー池の美しい景色を備えたカントンのワンパタックカントリークラブは、確かに良い第一印象を与える方法を知っています。

それでも、人々をこの歴史的な9ホールのコースとクラブに引き付けるのは見た目だけではありません。メンバーシップの忠誠心と友情、ゴルフ自体の品質など、他のすべてのものもあります、とクラブマネージャーのスティーブ・アードリーは言いました。

「私たちは[現在]非常に関心があり、それは素晴らしいことです」と、カントンで育ち、40年以上前にワンパタックでキャディーとしてスタートしたEardleyは言いました。 「人々がこのゴルフコースを見ると、このゴルフコースをプレーすると、つまり、ここに来るたびに、参加するアプリケーションを探しています。」

Eardleyにとって、このコースは何年にもわたって彼にとって第二の故郷のようになりました。そして彼は、その献身を家族のメンバーと共有しています。その中には、ゴルフのプロとして常駐している兄弟のアーニーや、ワンパタックの長年の監督であるいとこのエド・アードリーも含まれます。

「彼らはそれを隠された宝石と呼んでいます」と、1970年代後半から敷地を監督してきた元キャディーであるエドは述べています。

プレザントストリートとターンパイクストリートの間の貯水池の南岸に位置するクラブは、もともと1904年に設立され、文字通り視界から隠されたままで、プレザントガーデンロードの端にあるゲートからアクセスできます。

1974年に書かれたクラブの歴史によると、初期の頃、ワンパタックは「ゴルフに加えてトラップ射撃、テニス、カヌー」を提供していました。しかし、焦点は最終的にゴルフコースに移り、1950年代半ばにクラブはコーニッシュを雇いました—有名なゴルフコースの建築家であり、いくつかのデザインブックの著者であり、ワンパタックの9つの穴を完全に再設計します。

1960年にリニューアルオープンした現在のコースはパー36で、総距離は3,216ヤード。レイアウトには、高台のグリーンやクローバーリーフトラップなど、コーニッシュデザインのいくつかの特徴がありますが、特徴的なホールはパー3/5であり、プレーヤーは貯水池の入り江を横切ってプレーする必要があります。 4番目のホールからも素晴らしい海の景色を眺めることができ、パー4の最初のホールはマサチューセッツ州全体で最もタフなスタートホールの1つと評価されています。

「パーファイブはここまでのバーディーホールだと思います」とエドは言いました。「そしてパースリーは本当に良い、挑戦的なパースリーです。グリーンの高さのために短いがトリッキーなパーフォーもいくつかあります。」

確かに偏見はあるものの、スティーブはワンパタックはプレーする喜びであり、この地域の「他のゴルフコースと同じくらい良い」と語った。

「コースの形とコンディションは素晴らしいです」と彼は付け加えました。 「ここでほとんどのメンバーシップ、実際にはすべてのメンバーシップと話すと、ゴルフコースの状態やゴルフコースのレイアウトについて悪いことを1つも聞くことはありません。」

エドは、彼の長年のアシスタントであるマイク・ベーコンと2番目のアシスタントであるクリス・ルークを含む「素晴らしいスタッフ」が彼の下で働いていることは幸運だったと言いました。 2人のいとこは、15年間の在職期間中にクラブの数々の改善を監督してきたビル・コーエン会長が率いる現在の理事会についても絶賛しました。 「私たちは非常に強力な大統領と非常に強力な[役員]を持っています」とスティーブは言いました。 「取締役会は全体として、この場所を改善するためにここで彼らの心と協力しています。」

スティーブは現在の会員数を約400人と推定し、社会的会員からジュニア会員の増加する基盤まで、「かなりよく混ざっている」と述べました。

「アーニーは月曜日にジュニアクリニックを運営しており、子供たちは子供たちから始めます。そして今、これらの人々の多くは、彼らがそれを愛し、実際にここに参加して非常に競争力のあるゲームに成長しました」と彼は言いました。

ゴルフシーズン中、スティーブは、ワンパタックは「非常に忙しいスケジュール」を維持しており、さまざまなメンバーおよびメンバー/ゲストのトーナメントや、毎月開催される「ナインアンドダインスコッチ」などの人気のソーシャルイベントを開催していると述べました。クラブはまた、女性のノーフォークリーグやカントンタウンクラブリーグだけでなく、さまざまなチャリティートーナメントの主催者でもあります。

一方、ワンパタックでは「ここでゴルフをするだけではない」とスティーブは主張し、最近改装されたクラブハウスとクラブのフルサービスレストランを指差した。 「ここでも彼らの社会生活です。それは1つの大きな家族です。」


今日事前承認を取得

Preferred Properties Realty、LLC、NancyVirtaにリストされています

194 WampatuckSt付近の同様のプロパティ

194 WampatuckStの近くにリストされています

194 WampatuckSt付近で値下げ

194 WampatuckSt付近の最近の売り上げ

194 Wampatuck St、Pembroke、MA 02359(MLS#72837915)は、ベッドルーム2室とフルバスルーム1室を備えた一軒家です。 194 Wampatuck Stは現在389,000ドルで上場されており、2021年5月26日に受領されました。194WampatuckStについて詳しく知りたいですか?ペンブロークで販売されている他の一軒家の不動産を見つけることについて質問がありますか?すべてのペンブロークの不動産を閲覧するか、コールドウェルバンカーのエージェントに連絡して詳細情報を要求することができます。

購入権のあるリース

Home Partners ofAmericaの新しい手頃なオプション。彼らは家を購入します、あなたは購入する権利でそれを1-5年間リースします。

このプロパティを共有する

最新情報を入手

リスティングデータの全部または一部はメインIDXから取得されており、消費者の個人的な非営利目的でのみ使用されます。寸法は概算であり、保証されていません。すべてのデータは個別に検証する必要があります。 &copy 2021 Maine Real Estate Information System、Inc。無断複写・転載を禁じますこのウェブサイトは完全なリストを表示していません。他の不動産仲介会社の特定のリストは除外されています。 Coldwell Banker Realty-180 Main Street、Saco、ME 04072

このサイトで販売されている不動産に関連するデータは、Cape Cod&Islands Multiple Listing Service、Inc。のBroker Reciprocity(BR)からのものです。ColdwellBankerRealty以外の証券会社が保有する不動産リストの概要またはサムネイルには、 BRロゴとそれらに関する詳細情報には、リスティングブローカーの名前が含まれています。上場ブローカーもColdwellBanker Realtyも、誤植、誤報、または誤植について責任を負わず、完全に無害であるとみなされます。このサイトの最終更新日は2021年6月18日12:59 PMです。すべての物件は、事前の売却、変更、または撤回の対象となります。

本書に記載されている物件リストのデータおよび情報(一部)は、売り手、賃貸人、公的記録を含む第三者の情報源からMLS Property Information Network、Inc。に提供され、MLS Property Information Network、Inc。によって編集されました。データおよび情報は、表示されたタイプのリストされたプロパティの購入またはリースに誠実な関心を持っている消費者の個人的、非商業的使用のためのものであり、そのような消費者が持つ可能性のある将来のプロパティを特定する以外の目的で使用することはできません。購入またはリースに対する誠実な関心。 MLS Property Information Network、Inc。およびその加入者は、本書に記載されている物件リストのデータおよび情報の正確性に関して、一切の表明および保証を否認します。

境界とコピー2014-2018Pitney Bowes Inc.無断複写・転載を禁じます。

Home Partners ofAmericaおよびANew Path to Homeownershipは、Home Partners of AmericaLLCの登録商標です。

Coldwell BankerRealtyとGuaranteedRate Affinity、LLCは共通の所有権を共有しており、この関係により、証券会社は金銭的またはその他の利益を享受する可能性があります。不動産の購入または売却の条件として、Guaranteed Rate Affinity、LLCを使用する必要はありません。ニューヨーク州で、正式名称のGuaranteed Rate Affinity、LLCの代わりにGR Affinity、LLCとして運営されています。

コールドウェルバンカーと提携している不動産業者は、独立した請負業者の販売員であり、コールドウェルバンカーの従業員ではありません。

&copy2021コールドウェルバンカー。全著作権所有。 ColdwellBankerおよびColdwellBankerのロゴは、Coldwell Banker Real EstateLLCの商標です。 ColdwellBanker®システムは、Realogy Brokerage Group LLCの子会社が所有する会社所有のオフィスと、独立して所有および運営されているフランチャイズオフィスで構成されています。コールドウェルバンカーシステムは、公正住宅法と機会均等法の原則を完全にサポートしています。


ランドルフの町

設立1793年、建国200年1974年ウォラストン山和解の一部1625年チャールズ2世の治世におけるサケムのチーフチカタウブットであるワンパタックサガモアによるインドの証書交付。

組み込まれた1793&#8212バイセンテニアル1974
ウォラストン山集落1625年の一部
インドの証書グラント
ワンパタック・サガモア著、
Sachemチーフチカタウブト
チャールズ2世の治世1665年

ランドルフ歴史委員会によって1976年に建てられました。

トピック。この歴史的標識は、このトピックリストにリストされています:入植者と入植者。このエントリの重要な歴史的な年は1793年です。

位置。 42&deg 11.521&#8242 N、71&deg 3.581&#8242 W. Markerは、マサチューセッツ州ランドルフのノーフォーク郡にあります。マーカーは、メインストリート(マサチューセッツルート28)とポーリーンストリートの交差点にあり、メインストリートを北に向かって進むと左側にあります。タッチして地図を表示します。マーカーは、次の住所またはその近くにあります:1064 North Main Street、Randolph MA 02368、United States ofAmerica。道順をタッチします。

他の近くのマーカー。カラスが飛ぶように測定すると、少なくとも8つの他のマーカーがこのマーカーから5マイル以内にあります。ブレインツリー(約3.1マイル)ポンカポアッグプランテーション(約3.1マイル)グラニット鉄道(約3.9マイル)アビゲイルアダムズケアン(約4.3マイル)アダムズ国立歴史公園(約4.4マイル)第54歩兵-第55歩兵-第5騎兵隊(約4.8マイル離れたところ)リバティツリーパーク(約4.8マイル離れたところ)バーンズ(約4.8マイル離れたところ)。


ワンパタックYT-337-歴史

WampatuckPTO直接寄付キャンペーン


Wampatuck PTOは、私たちの学校と保護者のコミュニティの寛大さのおかげで、さまざまな方法で私たちの学校をサポートしています。 PTOへの寄付は、学生に利益をもたらすプログラムに直接送られます。最小限の労力で、大きな影響を与えることができます!


PTOはどのようなプログラムに資金を提供していますか?


1.文化的エンリッチメントプログラム&ndash科学、数学、歴史、詩などのユニークで創造的なプレゼンテーション
2.各学年とスペシャルへの財政支援により、教師は学校の予算でカバーされていない資料を柔軟に購入できます。
3.ワンパタック&rsquos屋外教室の建設
4.ホリーヒルファームによるガーデニングプログラム
5.テクノロジーの購入
6.生徒、教師、家族が一堂に会する社交イベント

7.学校の再開を支援するCOVID関連の購入

2020年から2021年までの年間予算を確認して、学校に提供する予想される費用とサポートを確認してください。



どうすれば寄付できますか?
年間の予算では、学生1人あたり約75ドルを費やす必要があります。 Wampatuckコミュニティの家族からの寄付は、PTOとその多くのイニシアチブを財政的に支援するための最も効果的な方法です。大小の寄付はすべて、子供たちに直接利益をもたらします。

フォームは、家族がWampatuckPTOに支払う小切手を提出するために担任の先生に配布されます。

また、以下の寄付金額を選択し、PayPalまたはクレジットカードでチェックアウトして寄付を受け付けます。


あなたの会社が資金と一致する場合、あなたの寄付はさらに遠くまで行くことができます!

Wampatuck PTOは、501(c)3に登録された非営利団体であり、寄付は税控除の対象となります。


1876年ハンソンの歴史

Googleブックスで入手可能なデジタルコピー。

ハンソンは非常に快適で勤勉な農業と製造の町で、プリマス郡の北部に位置し、ボストンの南東約25マイルにあるオールドコロニー鉄道が斜めに走っていて、2つの郵便村に駅があります。 #8211ハンソンセンターとサウスハンソン。ハノーバー支線鉄道は、町の北東の角から数本の棒の中に駅があります。

ハンソンの境界は、北がアビントンとハノーバー、東がペンブローク、南がハリファックス、西がイーストブリッジウォーターです。町には94の農場、287の住居、1,219の住民、503,928ドルの評価、100ドルあたり1.50ドルの税率があります。町の表面は平らで、いくつかの広大な池と杉の沼があります。 156エーカーを覆う美しい水面であるインディアンヘッド池は、いくつかの製粉所がある「インディアンヘッド川」と呼ばれる支流をノースリバーに送ります。非常に曲がった小川であるプアメドーブルックは、町の西部に流れ込み、イーストブリッジウォーターのサタケット川に入ります。これらの池には鉄鉱石の層があり、町には貴重な石切り場もあります。

この場所の主な事業は、農業、ブースと靴の製造、箱の製造、鋲と靴の釘の製造です。材木、箱板、帯状疱疹を製材するための6つのミルがあり、鋲と靴の釘を作るための2つのミルがあります。1つの製粉所があります。この場所では、最近、1年に31,740ヤードものわら編みが女性と子供たちによって編まれています。町には、約8,000ドルの費用で建てられ、家具が備え付けられた優れた市庁舎、2つの文法と5つの小学校、2つの教会があります。 1871年に設置されたS.L.ロックウッド牧師は会衆派教会の牧師であり、J。B。牧師はバプテスト教会を読んでいます。

この町は終戦のために合計19,502ドルと131人の男性を提供し、そのうち21人はサービス中またはサービスを離れた後に命を落としました。 G.A.R.の投稿があります。その場所で。

ハンソンは、以前はペンブロークの西教区でしたが、1820年2月22日に町として法人化されました。その名前は、重要性に関係なく、提案された多くの中から選ばれました。 -見た目もおもしろい。ほぼすべての領土は、インドのサケムのジョサイアウィンスロー少佐による購入に含まれていました ジョサイア・ワンパタック 1692年7月9日。池の近くで多くのインドの遺物が発見されており、慎重に保存されることが望まれます。初期の入植者の中には、南部に住んでいたJosiah Browneと、町の北部に住んでいたEdwardThomasがいました。


自然はハンソンを歩く

今月のNSRWAは、「探索する50の場所」コンテストでハンソンの町を特集しています。この記事を調べ始めたとき、私はこのリストにある物件の半分しか訪れていませんでした。聞いたこともない2つ!過去数十年の間、ハンソンは静かにオープンスペースの区画を取得して改善してきました。年が経つにつれて、それはこれらのスポットの視認性とアクセス可能性の両方を向上させ続けるでしょう。

ロッキーランは、何年も前に私がハンソンで訪れた最初の保護地域であり、すぐにサウスショア全体で私のお気に入りの1つになりました。ファーンヒル墓地は、最近の楽しい発見でした。ワンパタック池の眺めだけでなく、アクセスも可能です!プアメドーブルックの遊歩道の写真を発掘したインターネットのうさぎの穴を下る旅がなければ、スミス-ナワゼルスキー保護区の大部分を完全に見逃したかもしれません。

ハンソンのオープンスペースのいくつかは、まだ計画段階にあるか、野生に保つことを目的としています。ホームズストリートのキャロリンレディ保護区は目印がありますが、トレイルがないようです。ウィンターストリートのハント保護区は、野生生物の生息地のためだけに予約されています。プアメドーブルック流域のさまざまな区画が資金提供を待っているか、優先リストの上位に位置しています。ピースが所定の位置に収まるのを見るのはエキサイティングです。それまでの間、以下のリストはあなたが今日訪れることができる9つの場所を提供します、それらのほとんどは1時間の散歩に十分な大きさです。

スミス-ナワゼルスキー保護区

エルムストリートの入り口から、この111エーカーの敷地は光沢がないように見えるかもしれません。しかし、地役権に沿って小包の後ろまでトレイルをたどると、嬉しい驚きが待っています。まず、少し離れた森に向かい、淡水湿地に向かって右折します。数歩以内に、プアメドーブルックとその湿地帯を横断する長い(素朴な場合)遊歩道があります。綺麗なスポットです!追加のトレイルは森の中や農地に沿って蛇行しています。ここを歩くには少なくとも2マイルあります。ほとんどは広いカートパスですが、狭い歩道もあります。 482ElmStreetの限られた敷地内駐車場。

バラージポンド野生生物管理エリア

州が漁業や野生生物の生息地として管理しているこの2000エーカー以上の敷地のトレイルを一日中見学することができます。友達とハイキングして、長い会話をしたいですか?これはあなたのスポットです。池、沼地、沼地、引退したクランベリーの沼地の周りには、10マイルのウォーキングトレイルがあります。バードウォッチングは、ここで繁殖するアヒルのおかげもあり、この場所が大好きです。地元の歴史愛好家は、大規模なクランベリー企業になる前に、かつては杉のために、後に泥炭のために伐採されたことを知って楽しむかもしれません。スミス-ナワゼルスキーのように、それはサタケット川流域の一部であり、切り株ブルックが出口を提供します。 382プレザントストリートに十分な駐車場があります。 483エルムストリートに追加の限定駐車場があります。

プアメドーブルック保護区

現在、この115エーカーの敷地への徒歩でのアクセスは、ウェストワシントンストリート沿いの非常に短い砂利道と森への狭い歩道に制限されています。しかし、それは将来変わる可能性があります。しかし、カヌーやカヤックで探索したい場合は、もっと見ることができます。砂利道はシュマトスカカント川に直接つながっており、そこで小さなボートを発進させて下流に向けて出発できます。下流は川とプアメドーブルックの合流点であり、(報告されているように)ビーバーの活動の証拠でもあります。これもサタケット川流域の一部です。 891 West Washington Street(ルート14)の敷地内駐車場は限られています。

ファーンヒル墓地とワンパタック池

ウォーキングとパドリングの両方の機会を提供するもう1つのスポットは、歴史的なファーンヒル墓地です。ワンパタック池に直接隣接する丘の上にあるこの美しい6.6エーカーの敷地は、1748年にまでさかのぼります。周囲に沿って、墓石の列の間に伸びるなだらかな砂利道を散歩することは大歓迎です。古いものもあれば、新しいものもあります。後ろの階段は海岸に通じており、カヌー、カヤック、釣りのための水へのアクセスがあります。ワンパタック池は、1695年にワンパタックブルックの堰き止めによって作成されました。それはインディアンヘッド川流域内にあります。ハイストリートの入り口から墓地の裏側まで舗装された道路を進むと、池を見下ろす小さな駐車場があります。

最後の牧草地

ハンソンの農業の過去の珍しい一瞥については、このまだ進化している56エーカーの敷地をチェックしてください。何世紀もの間、それは農地でした。プリマス郡病院が1920年にそれを購入したとき、田舎の特徴の多くは保存されていました。いくつかの別棟が残っていますが、かつてここにあった大きな施設は2017年に取り壊されました。現在は町が所有しており、土地はオープンスペースと野生生物の生息地として維持されています。 2020年のMassTrails助成金のおかげで、新しいトレイルが森の中を通り、大きく開いた牧草地に通じています。ワンパタック池が近くにあり、その海岸までトレイルを延長する計画があります。尾根に沿って、入り口の近くに短い森の小道もあります。ここの土地は、インディアンヘッド川流域内にあります。 228ハイストリートに十分な駐車場があります。通りから離れて、給水塔の右側の舗装された道路からトレイルが始まります。

退役軍人記念町の森-ハンソン

ワンパタック池の周りを進んでいくと、37エーカーの町の森に到着します。この森と湿地帯は静かに広がり、美しい海の景色を眺めることができます。過密な樹木は、森林の長期的な健康を維持するために、ここで選択的に収穫されます。よく踏まれた交差する小道の約1マイルのネットワークがあります。ルート58の運動場、およびインディアントレイルの終わりにある袋小路での駐車場とトレイルへのアクセス。インド本部の向かいにある情報キオスクを探してください。

アルトンJ.スミスリザーブ

国道58号線を少し下ったところに、もう1つの池、インディアンヘッドがあります。すぐ隣には、ウォーキングトレイルと湿地に囲まれた103エーカーの引退したクランベリーの沼地であるアルトンJ.スミス保護区があります。自然資源保護局は現在、小川を自然の状態に戻すために、ここで修復プログラムに資金を提供しています。広くて平らな道路のネットワークは、歩くための十分なスペースと野生生物を見つけるための多くの機会を提供します。駐車場とマーカスL.ウランフィッシャーマンズランディングからのアクセス、ルート58の外、キャンプキワニーロードの石造りのゲートハウスの後ろ。森の中を通る追加のスパートレイルは、キャンプキワニスとペンブロークのJ.J.シェパードタウンフォレストにつながります。インディアンヘッドブルックの源流はこのプロパティにあります。 Indian Head Brookは、Indian HeadPondからWampatuckPondとLittleCedar Swampを通り、Indian Head / Drinkwater Riverに流れ込み、次にNorth Riverに流れ込み、海に流れ出します。

ロッキーラン保護区

小さいながらも美しいこの13エーカーの敷地は、サウスショアで最も魅力的なスポットの1つです。インディアンヘッド川とロッキーランブルックのほとりにある日陰の森の低い谷です。狭い歩道は尾根を上下に伸びて水際まで伸びています。より広いカートパスは、プロパティの内部を探索します。大きな石/土のダムの残骸は、この地域の産業の過去を明らかにしています。ロッキーランは、ペンブロークとハノーバーの両方にあるタッカー保護区、インディアンヘッドリバートレイル、ラダムズフォードとともに、川の一方の側ともう一方の側を下るトレイルのネットワークの一部です。 4マイルのハイキングは時々急で、たぶん簡単にたどることはできませんが、探索するのに魅力的な場所です。橋の隣のステートストリートにある限られた駐車場。

Webster-Billings Conservation Area

この62エーカーの森は、1973年に町によって取得されました。森林の小道の確立されたネットワークは、平和な避難所を作成します。ワシントン州東部、州立通り、ブルック通りの住宅街に囲まれたこの場所は、探索するのに最適な場所です。特に境界で古い石の壁を探してください。主要な歩道は、赤いペンキと(時には)ピンクの測量士の巻尺でマークされています。多数のスパートレイルが近隣に通じており、インディアンヘッド川の支流であるインディアンヘッドブルックに続いています。ピューリタンアベニュー、オールドパインドライブ、ウィリアムズウェイの端にある限られた路上駐車場。


ワンパタックYT-337-歴史

自分を専門的に行動し、他人を丁重に扱います。直接会わないことをオンラインで言ったり、したりしないでください。

先生が承認したウェブサイトにのみアクセスしてください。事前に承認されたリストからのものであるか、教師の許可がない限り、どのサイトにもアクセスしないでください。

個人情報を保護します。他人や企業に個人情報を提供しないでください。個人情報や識別情報をオンラインで投稿しないでください。

不快または虐待的な言葉を使用しないでください。これには、すべて大文字、名前の呼び方、および略語が含まれます。祖母に言わないのなら、オンラインで言わないでください。

常にあなたの情報源を引用してください。オンラインで見つかったテキスト、画像、または情報を使用する場合は、適切なMLAまたはAPAスタイルの引用を使用してください。

余計なお世話だ。他人のメールや個人文書を無断で読まないでください。他の生徒がログオフを忘れている場合は、礼儀正しくログアウトしてください。

ダウンロードはありません。教師から特に指示がない限り、プログラム、ゲーム、アプリケーション、またはメディアをダウンロードしないでください。

虐待を報告します。オンラインでサイバーストーカー、脅迫、いじめを受けている場合は、教師に報告してください。クラスメートが不適切な行動をしていることに気付いた場合は、それを報告するのはあなたの責任です。

適切な英語を使用してください。常に適切な文法、スペル、句読点の規則に従うようにしてください。

疑わしい場合は、それを行ったり、許可を求めたりしないでください。誰かを怒らせる可能性があると思われる場合は、言わないでください。表示しているサイトがわからない場合は、先生に聞いてください

ここでは、教室でテクノロジーがどのように使用されているかについての情報を見つけることができます。教師がテクノロジーを使用して生徒にコンテンツを提示する方法と、生徒がテクノロジーを使用して学んだことを表現する方法を学習します。もちろん、これが静的なページになることは決してありません。テクノロジーが成長し、変化し続けるのと同じように、教室でのテクノロジーの使用も発展し続けるからです。

詳細については、下にスクロールするか、以下のリンクを選択してください。

学習ツールとしてのテクノロジー。気を散らすものではありません

先生がプロジェクターを動かしたり、Webアプリケーションを使って本当にかっこいいと思ったりするクラスに参加したことはありますか?これらは、このクラスでは決して起こらないことです!この教室では、テクノロジーをツールとして使用して、気を散らすことなく学習を強化します。最も単純な形で、このクラスの目的は読み書きを教えることです。テクノロジーは、これらのコンテンツ分野の学生を支援する真のメリットを提供する場合にのみ使用します。テクノロジーは、主に2つの方法で教室で問題を引き起こす可能性があります。教師と生徒がテクノロジーの使用方法を知らない場合と、生徒がテクノロジーをツールではなくおもちゃとして使用する場合です。両方の問題に対処するために、教師は教室で使用されているすべてのテクノロジーを効果的に使用する方法を常に最新の状態に保ち、新しいテクノロジーが使用されるたびに詳細な指示と徹底的なデモンストレーションを生徒に提供します。

テクノロジーの種類

私の教室は、生徒に役立つあらゆる種類のテクノロジーを備えた21世紀の教室を真に表現したものになります。生徒と私が教室のどこからでもボードを操作できるようにする、DLP3D対応プロジェクターを備えたスマートボードを用意します。いくつかのデスクトップコンピューターを備えたコンピューターステーションがあり、ノートブックコンピューターとiPadにアクセスできます。少なくとも、学生はコンピューターごとに2〜3人のグループで作業することができます。私の教室では、すべてのコンピューターがワイヤレスネットワークに接続され、ファイルとソフトウェアの共有が可能になります。私は、優れた教育用ソフトウェアのグループライセンスを購入するだけでなく、利用可能な多数の無料オプションを利用することに投資します。ヘッドホン、スピーカー、マイク、ウェブカメラ、ゲーム機、デジタルカメラ、デジタルビデオレコーダーを使用して、学生の学習と表現を強化します。私の教室で得られる経験は、インターネット上やデジタルオーディオとビデオを通じて利用できる想像力と豊富なリソースによってのみ制限されます。教室での携帯電話の使用は許可しませんが、生徒がiclickerを使用したり、クラスのWebサイトからアクセスした投票や掲示板とやり取りしたりできるようにします。クラスのウェブサイト、ソーシャルネットワークサイト、ブログを維持して、生徒と保護者が必要な情報に常にアクセスできるようにします。私は障害のある学生のニーズを満たすために支援技術を使用します。全体として、生徒のニーズを特定し、新しい形のテクノロジーを発見するにつれて、教室で使用されるテクノロジーの種類は成長し、変化します。

In order to meet my goals of having a highly technologically equipped classroom, I will work diligently to secure grants and donations. One way that I can provide the most students with access to the most equipment is by partnering with several teachers to share equipment such as mobile notebook computer labs and IPad labs. Another way would be to work with other teachers and combine school resources to create a dedicated technology lab which would be open for use by multiple teachers and students. Regardless of the resources available to me, I plan to work creatively to overcome the obstacles that come with inadequate school funding. For example, I could create a white board using a wii remote. I also plan to donate my own resources, such as left-over parts and equipment, and my own labor to build computers and provide IT and network solutions for my classroom.

Communication is Key

In order for students to be successful in the classroom, they must stay in communication with the teacher. Moreover, a constantly open line of communication between teachers and parents can be one of the most effective ways to keep students on track. Constant communication will be made possible using all of the technology available. For example, students and parents will always have access to work, assignments, and other important information on this website much of this information can be subscribed to via RSS feed. Also, parents can expect to hear from be regularly through email and should know that they should email me every time even the slightest concern arises. I will also keep a class blog where I will provide updates about classroom activities. We will use Facebook as an additional means to keep communications open between parents, students, and teachers. With all these ways to stay in touch, students will have access to what they need from anywhere, anytime.

To enhance classroom activities, I will maintain a discussion board that students can post to inside and outside of class. Sometimes, time does not allow every student to express their thoughts and some students may not want to speak up in class. Each time we have a class discussion, I will add a topic with the same questions we talk about in class. The discussion board will be monitored by myself and by two student co-moniters each week.

Staying Ahead of the Curve. And the Students

One of the most important ways to ensure that technology is used correctly by the students to aid their learning is to make sure that all technology problems are prevented instead of being dealt with as they occur. For example, at the beginning of the year class time will be devoted to explaining all of the rules regarding technology use in the classroom and outside the classroom with social media, class website, research, and discussion boards. Periodic seminars will keep students informed on issues such as online safety and cyber-bullying. Before any type of technology is used by students, its proper use will be thoroughly demonstrated and explained. As the teacher, I will stay ahead of the curve by becoming an expert will all software and technology used and by consistently monitoring student use. All classroom computers will access the internet through a secure firewall to prevent access to inappropriate sites. Furthermore, key-logger software will be utilized to document student activities. Finally, I will use a remote network management software, such as Net Control 2, to display screenshots of all computers in the classroom network on the teacher computer or on the board via the projector.

Website as a Portal to the World

Whether student are in the classroom, at home, or on the go, they will always have access to most of the materials presented in class. Videos, web-links, images, documents, and more will be stored on the class website. Whenever a student begins a project at home or during class, a page with instructions, help-full links, and multimedia will be provided on the class website. The class website will essentially be used as a web portal that students can use to access safe, pre-approved learning materials and resources. Furthermore, announcements, assignments, calenders, contact information, and other important information will be accessible at all times via the class website.

Using Technology to Create a Universal Learning Environment

Today’s classroom is filled with students who have an abundance of distinct learning needs. In the same class you will find gifted students, students with mental and physical disabilities, students with unique learning needs, ESL students, students of different ages, and students from different cultural and socio-economic backgrounds. You will also find students who learn by seeing, students who learn by doing, students who learn by hearing, and students who learn by touching. It is the teacher’s job to make sure that every student, no matter what advantages or disadvantages they bring with them, are taught with equity and given every possible chance for academic success. Universal Design for Learning is a set of principles that allows every student in the classroom to have an equal opportunity to learn. Furthermore, all students learn better and absorb information faster when materials are presented using different methods to prevent cognitive overload. I will use technology in the classroom as a tool to ensure that all categories of the UDL are met each day. Below you will find some examples of ways technology will be used in meeting UDL considerations.

Technology to Present Content

  • Digital music will also be used to play songs to assist in teaching poetry. Media players will allow students to listen to songs verse by verse.
  • Podcasts will be used to provide students with explanations and instructions that they can assess again and again as they work independently on assignments. When students are absent during important lectures and discussions, podcasts will be recorded and made available on the class website.
  • When reading as a class, audio books will be used so that students can listen and follow along while reading.
  • Material will be presented with a Smart Board that will utilize multiple colors, fonts, and shapes, charts and graphs, and images to present content.
  • Students will be given attractively arranged handouts featuring key information created with Word and Publisher.
  • PowerPoint and Prezzi will be used to present content dynamically.
  • Online Videos and DVDs will be used to present video to help demonstrate concepts.
  • Tutorial Software and Learning Software will be used to present lessons such as “Shakespeare In Bits” software which provides animations along with reading.
  • Simulated field trips and virtual tours of geographic locations will be used to explore book settings.
  • A 3-D projector will be used to provide immersive geographic fly-overs. 3-D movies will be used to bring students into the narrative of literature.
  • Audience response systems such as Poll Everywhere or Classroom Clickers will be used to keep students engaged during lectures by allowing them to provide feedback.
  • Multimedia presentations will be used to connect content to student interest areas and connect content to popular culture.

Technology to Engage Students

  • Audio CD/MP3/Pandora streams and more will be used to provide the classroom with positive, peaceful background music while students are working on tasks. Background music has been shown to establish a positive learning state, focus concentration, and increase attention.
  • Smart Board lessons will be designed with digital audio which plays on click.
  • Students will have access to lecture podcasts and audio book files to listen to as a class or individually with headphones.
  • Students will engage in debates, discussions, and interviews with students from other schools and other countries using Skype and voice/ip conferencing.
  • ELMO document cameras will be used to project texts as the teacher highlights and notates selections during reading.
  • Students will use Word to fill in graphic organizers and tables based on reading.
  • Students will plan writing using visual diagramming software such as Webspiration.
  • Students will practice spelling, vocabulary, and grammar drills using IPads for tactile simulation.
  • Smart Board activities will be designed to allow students to manipulate data using touch.
  • Gaming consoles, such as wii, will be used to play interactive educational word games.
  • Students will participate in interactive blogs and discussion boards.
  • Students will monitor and give feedback to their peers via website, discussion boards, and class blogs.
  • Classroom and hallways will feature QR codes that allow students access to interesting websites related to displays.

Technology to Facilitate Student Expression

  • Students will use sound editing software such as Audacity to create podcasts of oral presentations. Rather than just reporting information, they can use digital music files and sound editing software to compose their own songs.
  • Students will use digital recorders to conduct interviews with peers and experts such as local historians/authors for projects.
  • Students will use drawing/Imaging software to create graphic representations of ideas and story boards to demonstrate knowledge of narrative forms.
  • Students will use digital cameras and internet resources to create photographic essays.
  • Students will take online quizzes allowing them to click on buttons to select answers.
  • Students will use IPads, notebook computers, and desktop computers to use games and applications that test their knowledge on vocabulary, grammar, and more.
  • Students will create and present reports using interactive touch features on a Smart Board.
  • A DLP projector will enable students to interact the Smart Board from anywhere in the classroom.
  • Rather than creating research reports, students will use the internet to create web quests.
  • Students will work in groups to create video presentations they will write, direct, film, produce, score, and edit their videos using digital recording devices and video editing software.
  • Students will put on plays in class and create set/backgrounds using digitally projected images.

The Global Classroom

Our classroom will not be limited to residing within the four walls of our school building instead, our technology-enhanced classroom will allow students to learn with the benefits of a global classroom. Using Skype, discussion boards, email, and social networking, students will be able to work with other students around the globe to use their shared experiences to create diverse, collaborative projects. For example, when we read a book set in Japan, our class will use online video and online web tours to become truly immersed in the Japanese setting. Students will create web quests where they use the internet to compile websites, images, video, and audio that portray Japanese culture, customs, geography, and history. Teachers, authors, and other speakers will be invited to address the class via Skype. Students will be paired with students from schools in Japan to learn about the Japanese setting from students who experience it daily.

Content Mastery

Not Just for Students

Technology can be used for much more than to help all students learn in the classroom. As I teacher, I will use technology to help me be the best, and most organized, educator possible. Students don't ever have to worry about me keeping track of their grades and assignments because all of their records will be kept using a secure online grade book that I can assess from anywhere. Rather than wasting valuable class time looking for links to websites or pulling up that perfect video, I will keep all of the my digital teaching tools on this website. I will also have the confidence of teaching my class each day knowing that I have designed my lesson plan based on a world full of experiences and resources found online through teacher exchanges. I will use a variety of software programs to create dynamic teaching aids such as interactive Smart Board lessons and attractive handouts created with Publisher.

Into the Future

The world of technology is an ever-changing place therefore, our classrooms will continue to change and develop as new technology is released. To stay current, we will read trade magazines, subscribe to technology news feeds, and attend conferences when available. These efforts will help us develop professionally and help us to learn about the newest and latest technology available for implementation in the classroom. Of course, as with anything new, there will sometimes be bugs to work out. For this reason, we will make sure that we have spent time learning to use any new technology before introducing or recommending it to our students. Just as we teach them, we hope that our students will keep us informed on the new technologies they are using in their own lives so that we can find ways to incorporate their favorite technologies into the curriculum.


How Jamaica Plain Got Its Name

In 2019, this topic was featured on the WGBH Curiosity Desk:

Jamaica Plain is like many other American places. Though established in the 1630’s within the Town of Roxbury, it has never had its own political existence. Thus, its boundaries, some fixed and others not, draw varied responses. The question that gets asked most frequently is the origin of our area’s name. Readers of the Jamaica Plain Historical Society’s first publication, “JP Streets”, already know the answer, but here is the fullest account ever, incorporating the latest thoughts.

The earliest remaining record of the name is found in Hugh Thomas’ deed of 1677 to provide land for a school here (where the Monument stands), which terms it “Jamaica End.” Rev. John Eliot’s 1689 deed to provide revenue for the school calls it “Jamaica or the Pond Plaine.” The 1683 Roxbury Town Records present a compromise in the name used today. “End” certainly is a geographical term, but the level area about the Pond and village was better teamed with “Jamaica,” a term first associated with the Pond.

Prior antiquarians liked to derive “Jamaica” from the substantial West Indian Island near the middle of the Caribbean Sea amongst the Greater Antilles. Discovered for Spain by Columbus in 1494 on the north coast and only slightly colonized by the Spanish, Jamaica was a prize for England’s Admiral Penn (father of the Quaker founder of Pennsylvania) in May 1655. After a failed attempt on Santo Domingo in the Dominican Republic, Penn had wanted something to bring back to the cantankerous Puritan English ruler Oliver Cromwell.

Massachusetts’s settlers sympathized greatly with Cromwell and were aware of the death by fever of Edward Winslow, three-time governor of Plymouth, during the capture of Jamaica. After one attempt at re-conquest by the Spanish in 1657 the English were established, and by 1664 a governor and council were in place along with the culture of cocoa and sugar cane. Trade could begin in the dastardly triangle of sugar, rum, and slaves. Herein lie the explanations of JP as Jamaica (rum served) Plain or the fact that the early locals made their money on rum-very doubtful as farming was the economic staple here.

The runaway husband

Charles Ellis’ premier history of our area in 1847 dashes water on the West Indian island theory while telling three legends. First, gentlemen from the island are supposed to have summered here, but the first man known with such connections came just before the Revolution. Second, a Londoner on the run from his wife told her he was going to Jamaica. She followed him, found nothing, and chanced to come to Boston. She heard of a man residing at the Pond Plain who kept speaking of a trip to Jamaica. The two met, and thereafter the region was called Jamaica Plain.

When it comes to legend number three, this time concerning Indians, Ellis terms it “the most probable account” and approaches the key issue. The story went that local Indians came into Roxbury and purchased Jamaica rum, saying “Indian love Jamaica.” The Roxbury settlers began to apply the term to the Indians’ place. and Pond Plain became Jamaica Plain. Yet Ellis doubts that numbers of Indians lived here and that liquor was sold to them.

Two Indian names

From the earliest English writers here it is known that the sachem or head of the local Indians (the Massachusetts who lived in and around the City of Boston) was Chickatabut (House of Fire), who lived along the Neponset River. His uncle Kuchamakin had brought him up. While Kuchamakin was acting as regent for the young Chickatabut, John Eliot began his missionary work among the American natives. While the regent agreed to do homage to an English king across the sea, he told Eliot that he already had a King in heaven.

John Eliot then turned his efforts to another native group living on the Newton/Brighton line, and his Christianization program took root. Though Kuchamakin (Big Feather) lost one chance at immortality he succeeded in another fashion. For he had a connection with our magnificent and unique local treasure, the Pond, via a primeval Morton Street. This was a summering place and later became a place of retreat to allow Chickatabut to reign on his own when he came of age.

Another account would have our area named for an Indian woman named Jamaco who lived at the Pond where she made fine baskets. Once again the native element comes forward. The whole tale may well be that she was the wife of Kuchamakin, who long outlived him. No matter what, we seem to have an easy corruption of the name of a local tied to a geographical description of the area he cherished after earlier names were tried and made into the form we know. It is a fitting combination of two primeval elements to name our vibrant modern area.

出典: C. M. Ellis, The History of Roxbury Town, 1847. F. S. Drake, The Town of Roxbury, 1878. JP in Boston 200 Neighborhood History series, 1975. The Gleaner Geography & History of Jamaica

Reprinted with permission from the January 17, 1992 Jamaica Plain Gazette.

Copyright © Gazette Publications, Inc.

[The Jamaica Plain Historical Society has received the following response to this article from Ed Quill of Pembroke MA:

I know you would want to make a correction in your article if there was an error in history. The Grand Sachem Chikataubut (House-a-Fire) died in 1633, of smallpox in the great pestilence. His brother Cutshamekin (the English had several spellings for Native American names) became the guardian to Chikataubut’s son who was under age for a sachem. The son’s name was Wampatuck (White Goose). The confusion rises because Wampatuck (also Wompatuck) also later used the Christian name Josias and also his father’s name Chikataubut. In signing many land grants as Wampatuck, Wompatuck, Josias Wampatuck, and Josias Wampatuck Chikataubut, he confused many historians. But your article seems to suggest that Cutshamekin was the uncle of the great sachem himself, who was the chief ruler of the Massachuset when the Puritans arrived in 1630 and had villages at Moswetuset Hummock (Squantum), Titicut (Middleboro), Mattakeeset (Pembroke/Hanson), Neponset (Dorchester) and the Blue Hills. Much of these lands were sold off by either Cutshamekin or Wampatuck after the great man’s had died.]



コメント:

  1. Franklyn

    同じ、無限

  2. Cyneheard

    あなたは間違いを許します。説明してください。 PMで私に書いてください。

  3. Aragor

    その中に何かがあります。ヒントをありがとう、どうすればありがとうございますか?

  4. Chester

    あなたはその場にヒットしました。これには何かがあり、これは非常に良い考えだと思います。私はあなたに完全に同意します。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos