新しい

中島Ki-4陸軍94型偵察機

中島Ki-4陸軍94型偵察機


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中島Ki-4陸軍94型偵察機

中島Ki-4陸軍94型偵察機は、民間企業によって設計された最初の航空機であるが、設計プロセスに直接陸軍が関与した多目的陸軍支援複葉機でした。

Ki-4は、三菱陸軍92型偵察日傘航空機に代わるものとして開発されました。陸軍は戦闘機の機動性を備えた軽量の航空機を望んでいましたが、それでも地上攻撃任務とより伝統的な偵察の役割を実行することができました。

設計チームは大和田茂二郎が率い、陸軍は陸軍技術者の安藤成夫が代表を務めました。彼らは、楕円翼、全金属製モノコック(九一式戦闘機で使用)、星型エンジンを備えたセスキプレーンを製造しました。翼は木と金属の混合構造で、布で覆われていました。プロトタイプには、パイロットとオブザーバーのために、ホイールフェアリング、分割された着陸装置、タンデムオープンコックピットがありました。

1934年3月に最初のプロトタイプが作成され、5月に最後のプロトタイプが作成されました。陸軍は、中島チームと協力する独自のテストパイロットを提供しました。これらの試験の結果、安定性と機動性の両方を向上させるために胴体が延長され、これらの変更が行われた後、航空機は陸軍タイプ94偵察機(Ki-4)として承認されました。

タイプ94-Ko

最初の生産航空機には、タイプ94-Koという名称が付けられました。ホイールフェアリングは削除されましたが、必要に応じて使用できました。爆弾ラックは翼の下に設置することができます。初期の航空機の1つは、単一のメインフロートと小さな翼端フロートを使用して、航空機のフロート水上機の適応をテストするために使用されました。 -Koは1935年に就役しました。

タイプ94-大津

九四式拳銃は2番目の製品版でした。エンジンエキゾーストコレクターリングがありました(-Koにはシリンダーごとに個別のエキゾーストスタックがありました)。爆弾ラックはすべての航空機に取り付けられましたが、ホイールフェアリングは取り外されました。 -大津は1937年に就役しました

1台の大津を使用してツインフロート水上機をテストしました。もう1つは、航空機が溝を掘る必要がある場合に使用するために、圧縮空気を動力源とする浮力バッグを与えられました。これらの変更はいずれも本番環境には採用されていません。

タイプ94-T多目的航空機

これは、タイプ94を3人乗りに変え、2人がオブザーバーの位置にいるという市民の改宗でした。地理的調査での使用を目的としていました。

1934年3月から1939年2月までの間に合計516機のKi-4が製造されました。中島は主に-Koタイプの333機を製造しました。立川は57、満州は126を建設し、これらが大津タイプの大部分を占めていました。

戦闘

九四式拳銃は、日清戦争前半にさまざまな任務に使用されました。彼らの本来の役割は、長距離と戦場の両方での偵察でしたが、軽爆撃機として、またメッセージコンテナを拾い上げたり落としたりするためにも使用されました。その結果、損失はかなり大きかった。

Ki-4は、日本軍が使用した最後の汎用複葉偵察機でした。その後、一連のより特殊な単葉機が登場し、近接航空支援の役割を戦術観測および長距離写真偵察機から分離しました。

エンジン:Ha-8星型エンジン
パワー:640hp
乗組員:2
スパン:39フィート4.5インチ
長さ:25フィート4.25インチ
高さ:11フィート5.75インチ
空の重量:3,668ポンド
最大離陸重量:5,511lb
最高速度:186mph
上昇率:9分から9,843フィート
上昇限度:26,246フィート
耐久:
兵装:7.7mm機関銃4丁(固定前方発射2丁、柔軟に取り付けられた2丁)
爆弾の負荷:110ポンド


四式特殊輸送機8-II

現在、この航空機のテキスト情報はありません。

Ki-4は、1941年に廃止された中島94型偵察機です。
Ku-4はカヤバの実験用無尾翼機です。おそらくエンジン付きのKu-3またはKu-3テールレスグライダー。

写真は蝶番を付けられたドアのためにKu-8IIです

親愛なる仲間の飛行機ファンシー、素晴らしいグライダーと興味深い文脈。聞いたことがないJapの空中作戦について疑問に思います。 「バガー」という言葉の使用は、私と同じようにオーストラリアの特派員を示します。
主題を変更するときは、我慢してください-中島Ki-4陸軍94型複葉機の図面が見つかりません-フライングスケールピーナッツの素晴らしい主題-私の情熱。それは美しい楕円形の翼、寛大な飛行面と二面角を持ち、1934年から偵察機として中国で多くの役目を果たしました。トニーの援助に感謝します

私は日本の航空機についての講義で、これらはフィリピンとパレンバンで運用上使用されたと主張してきました。その情報をどこで見つけたのか思い出せたら、私は悩んでいます。誰か助けてもらえますか?

Mykla:エンジンはありません。 (ヒント:「Ku」は日本軍のグライダーの呼称でした。「Ki」は動力飛行機の呼称でした。)

Ku-8は、エンジン、ガスタンクを取り外し、着陸装置を改良することにより、陸軍の一式輸送機から開発されました。 Ku-8-Iは最大18人の軍隊を運ぶことができ、Ku-8-IIは最大20人の軍隊を運ぶことができました。

わたしはブラジル人です。とても、とても良いあなたの写真>あなたに絵を描いてもらいます。私はエスカルのモデラーです!


中島Ki-4陸軍94型偵察機-歴史

1938年8月1日の同じ出版物からの写真で、陸軍94型偵察機または中島Ki-4が地上部隊と連絡を取り合っているところを示しています。
地上ユニットは、上部に紐で接続された2つのポールと、中央にぶら下がっているメッセージキャニスターを設置します。航空機は非常にローパスを作成し、後方の観測者が操作するフック付きのラインを使用して、メッセージでキャニスターを釣ります。これは、ラジオが十分に開発されていなかった時代には、かなり原始的ではありますが、最も効率的な通信方法でした。 Ki-4や後に立川Ki-36「アイダ」のような偵察機は、日中戦争中に地上部隊を標的に誘導したり、その地域の敵ユニットについて警告したりしました。
写真のトラックについて何か提案はありますか?

テールマーキングは十分に明確ではありませんが、キャプションには「の落下後 徐州、Lanfengおよび 開封 私たちの前進する軍隊の次の主要なターゲットは、 鄭州"。この情報から、写真は河南省北部と東部の戦いの間に撮影されたことが明らかです。

モノグラフ#96は次のように述べています。
"ウーハン作戦を支援するための中国北部上空作戦
桐山作戦後、北支那方面軍は主に占領地域の平和と秩序を維持する責任を負った。
8月上旬、北支那方面軍航空部隊が9 組織された地域陸軍司令官は、須藤部隊(戦闘機1個飛行隊と軽爆撃機2個飛行隊)を命じた。10 敵の情報を収集し、第1軍駐屯地グループ(山東省と第110師団がペイピングを守っている第5師団と第5独立混合旅団駐屯地)の地上作戦を支援するという使命を持って、安養と桐山に新黄河の東側にあるTienchingセクターとCavalryGroup)。

9。北支那方面軍航空部隊の戦闘序列は1938年8月2日に発行されました。この部隊は、第64航空連隊、第27航空連隊、第90航空連隊、および2つの飛行場大隊の第3戦隊で構成されていました。
10。元の日本の原稿は、須藤ユニットが3つの航空偵察隊で構成されていたと述べています。これは正しくありません。須藤英之助大佐が指揮した部隊は、第3飛行隊、第64航空連隊(戦闘機1個中隊)、第27航空連隊(軽爆撃機2個中隊)で構成されていた。

もちろん、これはすべて、雑誌の発行後の8月からのものでした。
5日 蓮太 (ウィング)1938年6月に4人で中国劇場に移りました ちゅうたい。 7月1日と2日 ちゅうたい 1位になりました 大台 (大隊)柴田大隊指揮、Ki-4s(第3大隊&第4大隊) ちゅうたい 2位になりました 大台)。 1938年8月1日1日 大台 27位になりました 戦隊、モノグラフで第27航空連隊として言及されています。
したがって、この著者は、写真が1日の操作中に撮影されたと考えています 大台 27日になる前の7月に中国東北部で 戦隊 8月に。


中島戦闘機84ハヤテ&#8216フランク&#8217パートII

アメリカ空軍によるテストの後、ハヤテはコレクターによって所有されていました。その後、オーナーが「中島飛行機」であったFUJIHEAVYINDUSTRYにプレゼント。当時、ハヤテはフル飛行状態でした。しかし、ある日、FUJI H.I.それを維持することをあきらめて、ハヤテを博物館に売りました。それがこの悲しい物語の始まりでした。新しい所有者はそれを外に置き、雨が降りました。この状態ではハヤテは飛べませんでした。その後、博物館はハヤテを別の美術館に売却しました。その後、新しい博物館に移動するために主脚が切断されました。悲しいハヤテは現在、鹿児島の知覧博物館に展示されています。 http://www.d1.dion.ne.jp/

連合国によって「#8216フランク」と名付けられたコードネームである中島Ki-84ハヤテの開発について詳述した、ダイニッポンプレスが発行した本から引用させてください。

&#8220次の春、別の捕獲されたハヤテ(最終的には廃棄されたと信じられている)は、ペンシルベニア州のミドルタウンエアデポでより厳格なテストを受けました。 1946年の4月と5月に行われたアメリカ人は、驚いたことに、多くのパフォーマンスカテゴリで、Ki-84が比較対象のP-47NおよびP-51Kと同等かそれより優れていることを発見しました。高度での最高速度はほぼ同じで、ハヤテは初期の登山性能、操作性、全体的なハンドリングに優れていることが証明されました。欠点として、テスターは、航空機の航続距離が比較的短く、保護が不十分であることに加えて、一部のコンポーネント、特に排気筒の粗雑な材料と仕上がりに気づきました。これらのテストの間、飛行機には実際の戦争では決して得られなかった利点、つまり高級ガソリンがあったことに注意する必要があります。紛争中に日本軍が飛行機を提供できるのは87オクタン価でした。Ki-84の&#8216公式&#8217データは最高速度624 kphを示していましたが、実際には航空機は580-590kphにしか到達できませんでした。 。しかし、タンク内に140オクタン価のガスが入っているため、通常は厄介なHa-45 [エンジン]は、20,000フィートの水平飛行で最高速度689 kphでハヤテを空に引き寄せることができました。これは、60kphを超える驚異的な速度です。日本人はこれまでに生産することができ、同じ高度でP-51D-25とP-47D-35よりわずかに速いだけでした。&#8221

私は、日本人はドイツ人よりも高オクタン価燃料に関してさらに悪い状況にあったと思います。彼らはかなりの量の高品位原油を利用できましたが(少なくとも米国の潜水艦が船会社を切断するまで)、それを最大限に活用するのに十分な処理能力を持っていたとは思いません。

中島は、「比較性能と特性の代表的な敵と関連航空機フランク1」というタイトルの機密レポートリストに次のように記載されています。

エンジン:中島Ha.45:1970hp /S.L。 1695hp / 21,000ft。兵装:4x20mm。範囲:1795mls / 156mph / 359ガロンの燃料。

7940lbsのテスト重量での性能:上昇:3780fpm /S.L。 3290fpm / 21,000ft。 10,000フィート/2.7分20,000フィート/5.8分上昇限度:39,000フィート。最高速度:348mph /S.L。 422mph / 21,000ft。

生産で遭遇したすべての問題のために、しかしフィールドのいくつかの主要なメカニックの創意工夫を考慮に入れると、IMHOは連合国のパイロットが戦闘で会うであろうKi.84が325-350mph /S.Lの能力があると思われました。および384-425mph / 20,000ft。ただの意見です。 Ki.84の性能は、1945年の間に現場で大きく変化したことを読みました。

Ki.84は、第二次世界大戦から進化した最も物議を醸す日本の戦闘機です。材料の質の悪さ、溶接の非効率性、油圧の問題による排気筒の絶え間ない故障がなかったとしたら、間違いなく世界を席巻する競争相手になる可能性がありました。

1947年1月にリリースされたライトフィールドレポートNo.F-1IM-1119B-NDによると、Ha.45モデル21エンジンを搭載したKi.84-1、シリアルNo. 302の性能は、次のとおりでした。速度:350mph / SL 389 / 10,000フィート412 / 20,000フィート426 / 23,000フィート400 / 30,000フィート370 / 35,000フィート。

これは、通常の戦闘機、軍事力の下にリストされていました。ノーマルファイターを登る:3790fpm /S.L。軍事力の下で3195fpm / 20,900ft。 W.E.P.の下で3615fpm / 17,900ft上昇限度:38,800フィート。テスト重量またはエンジン出力設定は指定されていません。

別の公式のパフォーマンスおよび特性シート156A-2には、次のパフォーマンスが記載されています。およびWEP:1970hp /S.L。 2040hp / 3000ft。 1850hp / 17,900フィート。次のパフォーマンスは7,940ポンドです。:速度:369mph /S.L。 427mph / 20,000ft。登る:4275fpm /S.L。 3615fpm / 17,900フィート。最大範囲:1,815mls / 173mph/1500ft。/359ガロンの燃料。

これらのテスト数値は理想的な状況下にあり、米国の高品質燃料を使用しています。しかし、リチャード・ダンの言葉を引用すると、「信頼性が不明なキャプチャされたドキュメントの翻訳のコピーがあります。これは、Ki.84-1(ライト)とKi.84-1(改良バージョン)の2つの最大速度を示しています。 2つの速度は明らかに4,020ftと1800hpで2000hpのHa45定格に関連しています。 19,680フィート:Ki.84-1(ライト):それぞれ412mphと430mph。 Ki.84-1(改良):それぞれ409mphと427mph。ライトバージョンは7885lbsでリストされています。改善されたものは8507lbsと記載されています。

フランクとマスタングが最初に中国で会って以来、その後のドッグファイトは第二次世界大戦で最も凶暴なものの1つであると言われていました。

Ki 84には、信頼性を除いて、バランスの取れた制空戦闘機に必要なすべてのものが備わっている可能性があります。それは速く、遠くまで届き、足元は軽く、登りは速く、装甲は強く、打撃は強く、数も多かった。 USAAFまたはRAFの程度の高高度性能を欠いているだけです。しかし、それらすべての内側に向きを変える敏捷性がありました。 Bf 109KやYak-3に似ていますが、長距離です。ターミナルダイビングは時速495マイルで良かった。最初の上昇は4,000ft / minクラスで、レベル速度は427 mph(高オクタン価燃料)で日本から大量生産されたどの戦闘機よりも優れていました。しかし、戦争が終結するにつれ、工場の品質は低下し、20mm大砲を打ち負かす高速(850 rpm非同期!)の世界の初速さえも低下しました。

中島Ki-84-1aの仕様:

エンジン:1陸軍タイプ4 18気筒空冷星型エンジン(中島Ha-45)。次のエンジンモデルが使用されました:[Ha-45] 11は、離陸時に1800 hp、6560フィートで1650hpの定格です。 [Ha-45] 12は、離陸時に1825 hp、7875フィートで1670hpと評価されています。 [Ha-45] 21は、離陸時に1990 hp、5740フィートで1850hpと評価されています。 [Ha-45] 23は、離陸時に1900 hp、4725フィートで1670hpと評価されています。

パフォーマンス(初期生産):最高速度は20,080フィートで時速392マイル、巡航速度は時速277マイルです。高度16,405フィートに5分54秒で到達できました。 11分40秒で26,240フィートの高度に到達することができました。上昇限度34,450フィート。通常の範囲1053マイル、最大範囲1347マイル。

重量:空の5864ポンド、積載時の7955ポンド、最大8576ポンド。寸法:翼幅36フィート10 7/16インチ、長さ32フィート6 9/16インチ、高さ11フィート1 1/4インチ、翼面積226.04平方フィート。兵装:胴体に取り付けられた12.7 mmタイプ1(Ho-103)機関銃2丁と、翼に取り付けられた20 mm Ho-5大砲(Ki-84-Ia)2丁。胴体に取り付けられた20mm Ho-5大砲2基と、翼に取り付けられた20 mm Ho-5大砲2基(Ki-84-Ib)。胴体に取り付けられた20mm Ho-5大砲2門と、翼に取り付けられた30 mm Ho-105大砲2門(Ki-84-Ic)。外部の店舗には、551ポンドの爆弾が2つ、または44インプのゴールドロップタンクが2つ含まれていました。

Ki-84-IIハヤテカイ

Ki-84-IIまたはハヤテ会は、ハヤテの製造に多数の木製部品を使用することにより、貴重なアルミニウムの供給を節約する試みでした。後部胴体、一部の付属品、および変更された翼端は木で作られ、すべての木工はタヌマのシャドウファクトリーで行われました。エンジンは、低圧燃料噴射のナカジャマ[Ha-45] 21、25、23でした。兵装は、4基の20mmまたは2基の20mm砲と2基の30mm大砲で構成されていました。 Ki-84-IIの指定は、実際には中島の指定であり、JAAFサービスの航空機は、兵器に応じてKi-84-Ibまたは-Icの指定を保持しています。

Ki-84-IIの仕様:

エンジン:1陸軍タイプ4 18気筒空冷星型エンジン(中島Ha-45)。次のエンジンモデルが使用されました:[Ha-45] 21は、離陸時に1990 hp、5740フィートで1850hpと評価されました。 [Ha-45] 23は、離陸時に1900 hp、4725フィートで1670hpと評価されています。 [Ha-45] 25は、離陸時に2000 hp、19,685フィートで1700hpと評価されています。

パフォーマンス:最高速度416 mph

重量:8495ポンドがロードされました。

寸法:翼幅36フィート10 7/16インチ、長さ32フィート6 9/16インチ、高さ11フィート1 1/4インチ、翼面積226.04平方フィート。兵装:胴体に取り付けられた20 mmHo-5大砲2基と翼に取り付けられた20mmHo-5大砲2基。あるいは、翼に取り付けられた2つの20 mm Ho-5大砲を、2つの30 mmHo-105大砲に置き換えることもできます。外部の店舗には、551ポンドの爆弾が2つ、または44インプのゴールドロップタンクが2つ含まれていました。

Ki-84-IIIは、胴体の腹にターボ過給機を備えたHa-45Ruエンジンを搭載したハヤテの高高度バージョンでした。戦争が終わったとき、このバージョンはまだ画板上にありました。

Ki-106は、アルミニウムのさらなる節約を目的として、立川彦機株式会社が設計したKi-84ハヤテのオールウッドバージョンでした。立川のために王子国株式会社によって3機の機体が製造されました。 (プリンスエアクラフト株式会社)北海道石狩県江別市。木材を使用することで、機体の製造に多くの未熟練労働者を雇用することが可能になりました。 Ki-106は1990馬力の中島[Ha-45] 21を搭載しました。Ki-106はハヤテの外部構成を保持しましたが、垂直面の面積が増加し、スキンは厚いラッカーコーティングが施された合板でした。兵装は最初のKi-106では4門の20mm大砲でしたが、重量を節約するために2番目と3番目のプロトタイプでは2門に減らされました。

飛行試験は1945年7月に開始されました。金属ではなく木材を使用すると、通常の積載重量が8958ポンド(約600ポンド増加)になり、上昇率と操縦性に悪影響を及ぼしました。 13分5秒で26,240フィートの高度に到達できました。これは、標準のハヤテの高度よりも1分半近く長くなっています。ただし、航空機の仕上がりが非常に優れているため、標準の金属製ハヤテの最高速度と比較して、24,000フィートでの最高速度は384mphです。

最初のプロトタイプでの試行中に、合板のスキニングはテスト飛行中に失敗し、剥がれ始めました。機体は無事着陸し、機体にしっかりと皮膚を固定するための措置が講じられました。飛行試験は非常に満足のいくものでしたが、戦争の終結により、Ki-106プロジェクトは突然停止しました。

中島Ki-106の仕様:

エンジン:1つの陸軍タイプ418気筒空冷星型エンジン(中島Ha-45 / 21)は、離陸時に1990 hp、5740フィートで1850hpと評価されています。パフォーマンス:21,080フィートで最高速度385mph。巡航速度は20,100フィートで時速310マイルです。 5分で16,405フィートの高度に到達することができました。上昇限度36,090フィート。通常の射程497マイルと1.5時間の戦闘。

重量:6499ポンドが空、8598ポンドが積載済み。

寸法:翼幅36フィート10 7/16インチ、長さ32フィート7 3/4インチ、高さ11フィート9 5/16インチ、翼面積226.04平方フィート。兵装:胴体に取り付けられた20 mmHo-5大砲2基と翼に取り付けられた20mmHo-5大砲2基。外部の店舗には、551ポンドの爆弾が2つ、または44インプのゴールドロップタンクが2つ含まれていました。

Ki-113は、部分的に鋼で作られたKi-84-Ibのバージョンでした。これは、できるだけ多くのサブアセンブリでアルミニウムの代わりに鋼を使用することにより、軽合金を節約する試みでした。鋼板スキニングを採用し、コックピット部、リブ、バルクヘッドは炭素鋼製でした。航空機はHa-45モデル21エンジンを保持し、4基の20mm大砲を装備していました。

Ki-113は1944年秋に設計され、1945年初頭に一例が完成しました。しかし、明らかに太りすぎであったため、飛行することはありませんでした。

中島Ki-113の仕様:

エンジン:1つの陸軍タイプ418気筒空冷星型エンジン(中島Ha-45 / 21)は、離陸時に1990 hp、5740フィートで1850hpと評価されています。パフォーマンス(推定):21,325フィートで最高速度385mph。高度16,405フィートに6分54秒で到達できました。 33,800フィートの上昇限度。通常の射程621マイルプラス1.5時間の戦闘。

重量:6349ポンドが空、8708ポンドが積載済み。

寸法:36フィート10 7/16インチ、長さ32フィート6 9/16インチ、高さ11フィート1 1/4インチ、翼面積226.04平方フィート。兵装:胴体に取り付けられた20 mm Ho-5大砲2基と、翼に取り付けられた20 mm Ho-5大砲2基(Ki-84-Ib)。外部の店舗には、551ポンドの爆弾が2つ、または44インプのゴールドロップタンクが2つ含まれていました。

Najajima側の努力は、Ha-45エンジンを真に信頼できるパワープラントに変えることに成功したようには見えなかったので、JAAFはハヤテのための他のエンジンの供給源を探し始めました。三式戦闘機Ki-61-IIHien機体を、三菱Ha-112-II空冷星型エンジンに採用することに成功したことを考慮して、JAAFは、Ha-45エンジンの問題は、このエンジンをKi-84の三菱Ha-112。

Ki-116という名称は、3枚羽根のプロペラを駆動する1500馬力の三菱[Ha-33] 62(Ha-112-II)を搭載するように適合された4番目の満州製Ki-84-Iに適用されました。このエンジンは、Ki-46-III双発偵察機から借りたものです。このエンジンは、交換したHA-45よりも大幅に軽量であり、重心を維持するためにエンジンマウントを長くする必要がありました。追加の長さを補うために、尾翼の表面を拡大する必要がありました。 Ki-116の重量はわずか4850ポンドで、標準のKi-84-Iaよりも1000ポンド軽くなっています。 Ki-116はかなりの期待を示し、Ki-100に近い性能を発揮しました。テストパイロットはその能力に非常に熱心でしたが、日本の降伏はさらなる開発に終止符を打ちました。

Ki-116の仕様:

エンジン:1つの陸軍タイプ4 14気筒空冷星型エンジン(三菱Ha-33)は、離陸時の定格が1500、6560フィートで1350 hp、19,030フィートで1250hpです。

パフォーマンス:最高速度385mph。

重量:空の4938ポンド、積載時の7039ポンド。

寸法:翼幅36フィート10 7/16インチ、高さ11フィート3 13/16インチ、翼面積226.04平方フィート。

兵装:胴体に取り付けられた12.7 mmタイプ1(Ho-103)機関銃2丁と、翼に取り付けられた20 mmHo-5大砲2丁。

Ki-84Nは、2500馬力の18気筒2列中島[Ha-44] 13(Ha-219)空冷星型エンジンを搭載したハヤテの投影高高度インターセプターバージョンでした。翼面積は226平方フィートから249.19平方フィートに増加しました。 Ki-84Nの生産バージョンにはKi-117の北井番号が割り当てられ、太平洋戦争が終結したとき、航空機は初期の設計段階にありました。

Ki-84Pは、2500馬力の18気筒2列中島[Ha-44] 13(Ha-219)を搭載したハヤテのもう1つの高高度インターセプターバージョンでした。 Ki-84PはKi-84Nとは異なり、翼面積がさらに263.4平方フィートに増加しました。 Ki-84Pは放棄され、意欲の低いKi-84Rが採用されました。

Ki-84Rは、機械駆動の2ステージ3速スーパーチャージャーを備えた、2000馬力の中島[Ha-45] 44を搭載したKi-84-Iハヤテの投影された高高度バージョンでした。日本の降伏の時点で、最初のプロトタイプは80パーセント完成していました。


三菱Ki-46に類似または類似の航空機

第二次世界大戦で大日本帝国陸軍が使用した2人乗りの双発重戦闘機。軍はそれに「タイプ22人乗り戦闘機」という呼称を与えました。連合軍の報告名は「ニック」でした。ウィキペディア

三菱が製造し、第二次世界大戦で大日本帝国海軍航空隊と大日本帝国海軍航空隊が使用した双発中爆撃機。その陸軍の長い指定は「陸軍タイプ4重爆撃機」(四式重爆撃機)でした。ウィキペディア

第二次世界大戦で大日本帝国海軍航空隊が使用した艦載偵察機。戦時中に日本が就役した最速の艦載機。ウィキペディア

第二次世界大戦で使用されたイタリアの単葉機、双発偵察機。同様のCa.309から派生し、スペイン内戦中に戦闘デビューし、リビアでの第二次世界大戦の初期段階に参加しました。ウィキペディア

第二次世界大戦中に使用された日本の双発の高度なトレーナー。連合国によってヒッコリーと名付けられました。ウィキペディア

第二次世界大戦で大日本帝国海軍航空隊が使用した単発の陸上戦闘機。連合国の報告名は「ジャック」でした。ウィキペディア

第二次世界大戦の日本の偵察フロート水上機。大日本帝国海軍の最後の複葉機で、1936年から1944年の間に944機が建造されました。ウィキペディア

第二次世界大戦前および第二次世界大戦中に大日本帝国海軍および大日本帝国陸軍の多くの戦闘機で使用された2列の14気筒空冷星型エンジン。以前のNAL設計の縮小された高度なバージョンとして、コードネームNAMで中島航空機会社によって設計されました。ウィキペディア

大日本帝国陸軍向けに設計され、川崎Ki-10の代替品となる実験用戦闘機。陸軍が中島Ki-27を選んだため、実際に使用するために製造されたことはありません。ウィキペディア

1940年まで日本帝国陸軍空軍が使用していた主力戦闘機。戦後の多くの情報源から「チャイナビルマインディア」劇場で「アブドゥル」と呼ばれていました。格納式の着陸装置と密閉されたコックピットを備えた艦載型96(三菱A5M)。ウィキペディア

第二次世界大戦中に日本帝国陸軍飛行戦隊が使用した単座単葉単葉戦闘機。日本軍の指定は「タイプ5戦闘機」(五式戦闘機)でした。ウィキペディア


第二次世界大戦データベース


ww2dbase Ki-15航空機は、もともと1935年の陸軍空軍の要件を満たすように設計されました。プロトタイプは1936年5月に最初に飛行し、すぐに日本陸軍タイプ97コマンド偵察機モデル1として受け入れられました。437機の最初の注文の生産は1937年5月に始まりました。それらは固定テールホイール下部キャリッジを備えた単発単機でした。

ww2dbase日本の新聞社朝日新聞は、1937年3月19日に最初に飛行した「神風」という名前の航空機の2番目のプロトタイプを購入する許可を与えられました。Ki-15の民間バージョンはカリガネと呼ばれました。 1937年4月6日、「神風」は1412時間に東京の立川飛行場から離陸し、飯沼正明がパイロット、塚越賢爾がナビゲーターとしてイギリスのジョージ6世の戴冠式のためにロンドンに向けて飛行しました。台北、ハノイ、ビエンチャン、カルカッタ、カラチ、バスラ、バグダッド、アテネ、ローマ、パリに停車した後、4月9日15時30分にロンドンに到着しました。実際の飛行時間は51時間17分23秒でした。世界記録であると同時に、&#34Kamikaze&#34は、ヨーロッパ上空を飛行する最初の日本製航空機にもなりました。飯沼と塚越は、その功績によりフランス政府からレギオン・ドヌール賞を受賞しました。 4月12日、&#34神風&#34は、戴冠式のためにイギリスを訪れていたチチブ王子(安仁)とチチブ王女(松平節子)をジョイライドで運びました。 1937年5月12日、戴冠式の実際の日付である「神風」が空中からの式典の撮影に使用されました。 5月14日、「神風」は日本に戻り、5月20日に大阪に到着し、5月21日に東京の羽田空港に到着した。 &#34神風&#34は台湾南部で悪天候に見舞われ、捨てられなければならなかった。残骸は後に回収され、奈良県の生駒に展示されたが、第二次世界大戦での連合軍の爆撃で破壊された。 &#34カミカゼ&#34の成功により、カリガネのデザインが人気を博しました。少数のカリガネ航空機が民間部門で運航されており、その多くは高速郵便配達航空機でした。

ww2dbase 1937年7月に日中戦争が勃発すると、すぐに中国に配備されました。彼らの高速は、特に時代遅れの中国の戦闘機がそれらを追跡するには遅すぎたので、彼らを理想的な偵察機と軽爆撃機にしました。 1939年9月、Ki-15-IIと呼ばれる2番目のバリアントが生産を開始しました。これは、中島Ha-8エンジンを小型ではるかに効率的な三菱Ha-26-1エンジンに切り替えた後、出力を900馬力に増加させました。日本海軍は、陸軍が注文する前に20機のKi-15-II航空機を注文し、海軍はそれらを海軍タイプ98偵察機モデル1またはC5M1に指定しました。戦争の後半、日本海軍は、アップグレードバリアントである海軍タイプ98偵察機モデル2またはC5M2を30機追加注文しました。これらは、それぞれ定格949馬力の中島栄12エンジンを搭載していました。 1943年までに、新しいモデルが戦闘ゾーンにより適していることが証明されたため、Ki-15航空機は最前線で交換され始めましたが、戦争の終わりまでに、多くのKi-15航空機が最前線のサービスに戻されました。特殊攻撃機。

ww2dbase連合国はKi-15航空機&#34Babs&#34のコードネームを付けました。設計の生産期間中に約500機のKi-15航空機が製造されました。

ww2dbase戦争の終わりに、中国の共産軍は中国東北部のハルビンで未知の数のKi-15航空機を捕獲しました。共産主義の空軍は1951年までそれらを操作しました。

ww2dbase 出典:ウィキペディア。

最終メジャーリビジョン:2010年3月

1937年3月19日 三菱Ki-15航空機の2番目のプロトタイプが飛行しました。
1937年4月9日 &#34Kamikaze&#34という名前のKi-15 / Karigane航空機がロンドンに着陸しました。東京からロンドンへの飛行は世界記録を更新し、&#34神風&#34はヨーロッパ上空を飛行する最初の日本の航空機になりました。

Ki-15-I

機械定格750hpの中島Ha-89気筒星型ピストンエンジン1基
武装1x7.7mm機関銃、250kgの爆弾
クルー2
スパン12.00メートル
長さ8.70メートル
身長3.35メートル
ウィングエリア20.36m²
重量、空1,400kg
重量、積載2,033 kg
重量、最大2,300 kg
速度、最大時速480km
スピード、クルージング時速320km
サービス天井11,400メートル
範囲、通常2,400 km

この記事を楽しんだり、この記事が役に立ったと思いましたか?もしそうなら、Patreonで私たちをサポートすることを検討してください。月額1ドルでも大いに役立ちます!ありがとうございました。

この記事を友達と共有してください:

訪問者が投稿したコメント

1.エド・バトラーは言う:
2019年5月29日08:37:13 AM

1937年の東京からロンドンへのフライトを記念する鉄の盾があります。直径は約113/4&#34です。これは珍しいアイテムですか?

訪問者が提出したコメントはすべて、提出者の意見であり、WW2DBの見解を反映するものではありません。


中島Ki-84「はやて」

中島Ki-84「ハヤテ」(キ84疾風「ゲイル」)は、第二次世界大戦で大日本帝国空軍が使用した単座戦闘機でした。連合国の報告名は「フランク」であり、日本軍の指定は陸軍タイプ4戦闘機(四式戦闘機ヨンシキ銭湯)でした。 Ki-84は、優れた性能と高い機動性を備えており、第二次世界大戦中に大規模な作戦を行うのに最適な日本の戦闘機と見なされていました。連合国のどの戦闘機にも匹敵し、高空飛行のB-29スーパーフォートレスを迎撃することができました。その強力な兵器(2つの30mm大砲と2つの20mm大砲を含む可能性があります)はその致死性を高めました。 Though hampered by poor production quality in later models, a high-maintenance engine, a landing gear prone to buckle, and lack of experienced pilots above all else, Hayates proved to be fearsome opponents a total of 3,514 were built. The Ki-84 was the fastest fighter in the Imperial Japanese military if good fuel was used and the aircraft was in a good shape.

Design of the Ki-84 commenced in early 1942 to meet an Imperial Japanese Army Air Service requirement for a replacement to Nakajima's own, earlier Ki-43 Oscar fighter, then just entering service. The specification recognized the need to combine the maneuverability of the Ki-43 with performance to match the best western fighters and heavy firepower.[4] The Ki-84 first flew in March 1943. Deliveries from Nakajima's Ota factory commenced in April 1943  Although the design itself was solid, the shortage of fuel and construction materials, poor production quality, and lack of skilled pilots prevented the fighter from reaching its potential.

The Ki-84 addressed the most common complaints about the popular and highly maneuverable Ki-43: insufficient firepower, poor defensive armor, and lack of climbing speed. Ki-84は、ファブリックで覆われた操縦翼面を除いて、全金属構造のカンチレバー低翼単葉機でした。 It had retractable tailwheel landing gear. Armament comprised two fuselage-mounted, synchronized 12.7 mm (.50 in) machine guns and two wing-mounted 20 mm cannon, a considerable improvement over the two 12.7 mm (.50 in) machine guns used in the Hayabusa.防御装甲は、ハヤテのパイロットに、Ki-43の封印されていない翼の戦車や軽合金の機体よりも優れた保護を提供しました。 In addition, the Ki-84 used a 65 mm (2.56 in) armor-glass canopy, 13 mm (.51 in) of head and back armor, and multiple bulkheads in the fuselage, which protected both the methanol-water tank (used to increase the effectiveness of the supercharger) and the centrally located fuel tank.

ハヤテに高速と戦闘力を与えたのは中島Ha-45ラジアルパワープラントでした。多くの日本の航空機に共通のホマーレエンジンから派生したハヤテは、直接噴射バージョンのエンジンを使用し、水噴射を使用して、スーパーチャージャーが離陸時に定格1,491 kW(2,000 hp)を与えるのを支援しました。 This combination theoretically gave it a climb rate and top speed roughly competitive with the top Allied fighters. Initial Hayate testing at Tachikawa in early summer 1943 saw test pilot Lieutenant Funabashi reach a maximum level airspeed of 624 km/h (387 mph) in the second prototype. After the war, a late-production, captured example was tested in the US with high octane fuel, and achieved a speed of 687 km/h (426 mph).

The complicated direct-injection engine required a great deal of care in construction and maintenance and, as the Allies advanced toward the Japanese homeland, it became increasingly difficult to support the type's designed performance. Compounding reliability problems were the Allied submarine blockade which prevented delivery of crucial components, such as the landing gear.戦後の日本の鋼の質の悪い熱処理によって、さらに多くの着陸装置ユニットが危険にさらされました。その結果、多くのハヤテスは着陸時に支柱の崩壊に苦しんだ。 Further damage was caused by inadequately trained late war pilots.

The first major operational involvement was during the battle of Leyte at the end of 1944, and from that moment until the end of the Pacific war the Ki-84 was deployed wherever the action was intense.生産ハヤテスを再装備した第22戦隊。十分な高高度性能はありませんでしたが、中低レベルでは良好に機能しました。 USAAF第14空軍に対する行動を見て、それはすぐに尊敬される戦闘機としての評判を得ました。戦闘爆撃機モデルも就役しました。 On April 15, 1945, 11 Hayates attacked US airfields on Okinawa, destroying many aircraft on the ground.

The IJAAF's Ki-84, Kawasaki Heavy Industries' Ki-100, and the Kawanishi Aircraft Company's N1K2-J IJNAF naval fighter were the three Japanese fighters best suited to combat the newer Allied fighters.


Nakajima Ki-84

O Nakajima KI-84 Hayate (キ84 疾風 em japonês) foi um caça monomotor a pistão, desenvolvido pela Nakajima e utilizado pelo Império Japonês durante a Segunda Guerra Mundial.

Conhecido pelo código aliado como "Frank", o KI-84 teria sido um problema grave para a USAF se tivesse surgido antes e em maiores quantidades. O desenho deste novo caça começou em fevereiro de 1942 e o protótipo voou em abril de 1943. Era um monomotor totalmente construído em metal com trem de pouso retrátil e era armado com duas metralhadoras de 12,7 mm na fuselagem e dois canhões de 20 mm nas asas.

Suas variantes incluíam o KI-84-IB, armado com quatro canhões de 20 mm, e o KI-84-IC, com dois canhões de 20 mm e os outros dois de 30 mm. O primeiro grande envolvimento do "Frank" foi na batalha do Golfo de Leyte em finais de 1944, e até ao fim da guerra do Pacífico em 1945. Foi utilizado como caça para atacar e repelir os americanos, que se aproximavam muito do arquipélago do Japão, como bombardeiro de mergulho para ataques à base americana em Okinawa e interceptador na defesa aérea de Tóquio.

Quando a produção foi encerrada em Agosto de 1945, tinham sido produzidas 3.514 unidades pela Nakajima, pela Mansyu e pela Tachikawa.


Kenichi Mitsumara's design was inspired by the Douglas DC-2 that Nakajima was building at the time under licence a conventional, low-wing cantilever monoplane powered by twin engines. Construction was of metal throughout, and the main units of the tailwheel undercarriage retracted into the engine nacelles. The bomb load was carried in an internal bay.

The prototype LB-2 was completed in March 1936. [ 2 ] It was considered for production, along with the Mitsubishi G1M, but eventually both were rejected in favour of the Mitsubishi Ka-15, which would be produced as the G3M. Adapted for civil use, the LB-2 prototype's bomb bay was replaced with a fuel tank and a cabin for six passengers was fitted, with the bombardier 's position in the nose was converted to store luggage. [2]


Nakajima Ki-4 Army Type 94 Reconnaissance Aircraft - History

Nakajima Ki-4 (армейский разведчик Тип 94)

Самолет Ki-4 представлял собой биплан с независимыми стойками шасси, колеса которых были закрыты обтекателями. Пилот и наблюдатель размещались тандемно в открытых кабинах, пилот располагался непосредственно Дальше More >>> под вырезом в задней кромке верхнего крыла. Летные испытания проводились в 1934 году. Ki-4 был запущен в серию и принят на вооружение в 1935 году под обозначением "армейский разведчик Тип 94 Модель 2", но уже без обтекателей колес и с доработанным хвостовым оперением. Производство продолжалось несколько лет, и часть из 516 построенных самолетов была выпущена по лицензии фирмой "Tachikawa".
Самолет Тип 94 широко использовался японской Армией в Китае не только как разведчик, но и как легкий штурмовик. Он мог нести до четырех 7,7-мм пулеметов и бомбы калибром до 50 кг. Часть этих машин продолжала использоваться в качестве связных и в 1941 году. Японская Армия проводила испытания с двумя Ki-4 в варианте гидросамолета, один был оснащен двумя поплавками, а второй - с одним центральным и двумя поддерживающими поплавками. Их предполагалось использовать в Китае. Самолеты с колесным шасси также использовались для испытаний надувных баллонов, обеспечивающих плавучесть машины в случае аварийной посадки на воду.


ビデオを見る: IL2 1946 F4U Corsair vs Ki-84 Frank: Pacific Theater 1945 Duel (2月 2023).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos