新しい

ロッキードF-80シューティングスター

ロッキードF-80シューティングスター



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ロッキードF-80シューティングスター

ロッキードF-80シューティングスターは、米国に就役した最初のジェット戦闘機でしたが、驚くほど迅速な開発にもかかわらず、第二次世界大戦に間に合うようには到着しませんでした。 F-86セイバーに取って代わられる前に、朝鮮戦争の初期に広範なサービスを受けました。

1943年5月17日、ロッキードはデハビランドハルフォードH.1Bターボジェットの周りに戦闘機を設計するように依頼されました。クラレンスL.「ケリー」ジョンソンが率いるロッキードチームは、わずか178日後に新しい戦闘機のプロトタイプを作成することができ、非常に印象的な成果を上げました。

ロッキードはすでにジェットエンジンの経験があり、L-133ジェット戦闘機に関する既存の提案がありました。 1942年後半には、ベルXP-59Bシングルエンジンジェット戦闘機の設計研究も受けていましたが、ヘルフォードターボジェットの仕様と図面は1943年3月に到着したため、完全に白紙の状態から始まったわけではありませんでした。

5月の会議から4週間後、ロッキードは524,920ドルの見積もりとともに提案を提示しました。 6月17日にAAFがプロジェクトを承認し、1943年6月24日に書簡契約が承認されました(515,018.40ドル)。 10月16日に正式な契約が続き、変更、翼トンネルモデル、飛行試験を追加した後、価格が$ 1,044,355.36に上昇する一連の変更が続きました。

ロッキードはシンプルなデザインを採用することにしました。 XP-80は、低アスペクト比の層流翼、従来の尾翼、および三輪車の下部構造を備えていました。エアインテークは翼付根に取り付けられ、航空機の後部に取り付けられたハルフォードエンジンに供給されました。ジェット排気はまっすぐなテールパイプから出ました。コックピットは翼の頭に置かれ、バブルキャノピーで覆われていました。機首には6丁の0.5インチ機関銃が搭載されていました。

モックアップは1943年7月下旬までに準備が整い、1943年7月20〜22日にUSAAF、海軍、イギリス空軍の将校のチームによって検査されました。よくあることですが、機体はエンジンよりも進んでおり、最初の飛行なしのエンジンは1943年11月2日まで到着しませんでした。XP-80は1943年11月16日にUSAAFによって正式に承認されましたが、この時点ではまだ飛べませんでした。

1943年9月、ロッキードはハルフォードの代わりにジェネラルエレクトリックI-40エンジン(後にJ33として製造)を使用することを提案しました。 USAAFはこの提案に同意し、1944年2月16日に、新しいエンジンを搭載した2つのXP-80Aプロトタイプを注文しました。したがって、XP-80は、初飛行を行う前に廃止されました。

その間、テストはまだXP-80で行われていました。元のエンジンは、1943年11月17日の地上試験中にエアダクトが崩壊したときに損傷を受けました。ダクトが強化され、新しいエンジンが12月28日に到着しました。航空機は地上試験に合格し、1944年1月8日に初飛行を行いました。この最初の飛行は、下部構造が後退せず、エルロンの感度が高すぎることが判明した後、5分間しか続きませんでした。これらの問題は両方ともすぐに修正され、より長いテスト飛行はかなり良くなりました。

その後、XP-80は一連のより長いテストを開始しました。これらは、エンジン、燃料管理システム、その全体的な性能、および悪い失速とスピン特性に関する問題を明らかにしました。これらの問題はゆっくりと修正され、XP-80は試験中に最高速度502mphに達しました。 2つのXP-80Aと最初のYP-80Aが納品された後、XP-80プロトタイプは戦術評価のために第412戦闘機グループに送られました。その後、ムロック飛行試験基地に行き、最後にイリノイ州シャヌートフィールドのAAFトレーニングコマンドに行きました。 1946年11月8日にようやく引退し、最終的に国立航空宇宙博物館で公開されました。

2つのXP-80Aプロトタイプは、多くの変更を特徴としていました。それらはI-40ターボジェット用のスペースを作るために大きくて重いものでした。コックピットはさらに前方にありました。XP-80では、パイロットは翼の前縁の上に座っていました。XP-80Aでは、パイロットは翼の前にいました。最初の航空機は1940年6月10日にテストに入り、2番目の航空機は8月1日にテストに入りました。この航空機には、エンジニアリングオブザーバー用のセカンドシートがありました。ケリー・ジョンソンがエンジニアの座席を飛行中に無傷のダクト内の不安定な空気の流れの問題を解決できた後、これはすぐに非常に役立つことがわかりました。

P-80は本格的に生産されました。合計1,732機の航空機が製造され、最後の航空機は1950年6月に受け入れられました。

サービス記録

1944年後半、4機のYP-80がヨーロッパに送られ、その能力を実証し、既存のドイツのジェット戦闘機に対して使用する戦術の開発を支援しました。地中海戦域に到着した2人は、イタリアでこの役割を果たした後、米国に返還されました。イギリスに行った2人は運が悪かった。1人目は1945年1月28日の致命的な墜落事故で失われた。2人目はロールスロイスに行ってB-41(ネネ)ターボジェットをテストしたが、これは14日の墜落事故で失われた。 1945年11月。

P-80は、キャリアの早い段階で事故率が低かった。 1945年8月までに、6人のパイロットを失い、8人が破壊され、7人が事故で損傷し、航空機は8月7日に着陸しました。 9月1日に試験飛行が再開され、11月7日に解禁されたが、その後も事故率は高いままであった。

P-80は、カリフォルニア州ベーカーズフィールドで1945年に3機のYP-80Aを受け取った第31戦闘機飛行隊第412戦闘機グループで通常のサービスを開始しました。その後に17機のP-80Aが続き、グループはP-51DとベルP-59からの改造を開始しました。このグループが日本人に対抗することが期待されていましたが、間に合うようには準備ができていませんでした。このグループは1946年7月に非アクティブ化されました。

この誤ったスタートの後、P-80は1940年代後半にますます多くのユニットを装備するために使用され、この期間中にF-80になりました。 1950年までに、極東空軍の12個飛行隊にF-80Cが装備され、1個の偵察飛行隊にRF-80Aが装備されました。このように、1950年6月に朝鮮戦争が勃発したとき、流れ星はその場にありました。

当初、F-80は韓国上空で最高の戦闘機でした。戦争の勃発後、それは、オーバーランの危険にさらされている米国の要員を避難させていた輸送機を護衛するのを助けるために使用されました。その後、北朝鮮の戦闘機の掃討に使用され、北朝鮮の爆撃機を迎撃して航空機を攻撃し、地上部隊を支援しました。

MiG-15が韓国に到着した後、戦闘機の役割は薄れ始めました。 1950年11月7日、ラッセルJ.ブラウン中尉は、空中戦での最初のジェットオンジェット勝利であるMiG-15を撃墜しましたが、MiGの到着により、シューティングスターはもはや空を支配できなくなりました。代わりに、F-86セイバーが制空戦闘機の役割を引き継いでいる間、それは戦闘爆撃機として使用されました。 1951年に、戦闘爆撃機ユニットもF-86に改造され、RF-80Aは、韓国の休戦中の最前線で使用されているシューティングスターの唯一のバージョンとして残されました。戦争中、F-80Cは98,515機の出撃を行い、31機の敵機を空中に、21機を地上に配置しましたが、14機が敵機に撃墜され、113機が地上火災に、150機が事故で失われました。 F-80Cの総生産量。

同じパターンが米国本土でも発生し、F-80は1950-51年に大部分が段階的に廃止され、RF-80A / Cは1957年まで使用され続けました。F-80Cは空軍州兵にも使用されました。 、1948年から1958年まで(ただし、韓国で戦ったユニットは、行く前に他の航空機に改造されました)。

バリアント

XP-80

最初のプロトタイプは、de Havilland HalfordH.1Bターボジェットを搭載していました。それは6つの.50in機関銃で武装しており、加圧されていないコックピットを持っていました。 5回目の飛行後、鈍い翼と尾の先端が丸い先端に置き換えられ、鋭い前縁のフィレットが翼の付け根に追加されました。

XP-80A

2つのXP-80Aは、General ElectricI-40ターボジェットを搭載していました。少なくとも翼と比較して、吸気口は後方に移動し、コックピットはわずかに前方に移動しました。翼幅は2フィート増加しましたが、翼弦は減少し、翼面積がわずかに減少しました。長さはほぼ2フィート増加し、最大重量は8,916ポンドから13,780ポンドになりました。より多くの弾薬が運ばれ、内部燃料容量は285ガロンから485ガロンに上昇しました。 2番目の航空機には、各翼の下に増槽を搭載する機能も与えられました。

YP-80A

13個のYP-80Aが1944年3月10日に注文されました。それらはXP-80Aとほとんど同じでした。メーカーの試験は1944年9月13日に始まりました。最初の航空機は後にNACAによって高速試験のテストに使用され、2番目の航空機はXF-14偵察機のプロトタイプとして完成し、5番目の航空機はロールスロイスによってネネのプロトタイプのテストに使用されました。ターボジェット。

P-80A / F-80A

最初の1,000機のP-80Aは1944年4月4日に注文され、14か月後、さらに2,500機の大量注文が行われました。しかし、これは長くは続かず、VJ Dayの後、2番目の契約はキャンセルされ、最初の契約はP-80A、P-80B、FP-80Aの組み合わせで構成される917機の契約になりました。

最初の345機は、推力3,850ポンドのGEJ33-GE-11エンジンまたはゼネラルモーターズが製造した同じエンジンであるアリソンJ33-A-9を搭載したP-80A-1-LOとして完成しました。

次の218機は、4,000ポンドの推力アリソンJ33-A-17を搭載したP-80A-4-LOとして始動しました。古い航空機には後で同じエンジンが与えられました。ほとんどがP-80Aとして完成しましたが、38機は代わりにFP-80A-5-LO偵察機として完成しました。

P-80Aの納入は、1945年2月に始まり、1946年12月に終了しました。

XP-80B

9番目のP-80A-1は、4,000ポンドの推力アリソンJ-33-A-17ターボジェットとより薄い翼を与えることにより、P-80Bのプロトタイプになりました。この航空機は、世界の速度記録を破ろうとして、後にXP-80Rになりました。

P-80B / F-80B

P-80Bは、航空機の最初の戦後バージョンでした。 XP-80Bに導入された薄い翼、射出座席があり、ジェットアシストの離陸ボトルを使用できました。それはまだ0.50インチの機関銃で武装していましたが、M-2からM-3への動きを見ました。水・アルコールボトル用のスペースを確保するため、燃料容量を削減しました。合計240台のP-80Bが製造され、209台が-1、31台が-5で、キャノピーの霜取りと低温グリースとゴムが与えられ、アラスカでの使用を目的としていました。 117機のF-80Bは、後にF-80C-12-LORとしてF-80C標準にアップグレードされ、空軍州兵および空軍予備役軍団で使用されました。

P-80C / F-80C

P-80Cは最終生産バージョンであり、戦後の資金で購入された最初のバージョンでした。元のバージョンは、4,600ポンドのアリソンJ33-A-23エンジンを搭載していました。これは、113台のP-80C-1、75台のP-80C-5、および50台のTO-1(海軍および海兵隊用)で使用されました。別の561機は、5,400ポンドの推力J-33A-35エンジンを搭載したF-80C-10-LOとして納入されました。

P-80Cには2つの追加の翼パイロンが与えられ、16個の5インチロケットを運ぶことができました。使用中、彼らはチップ下の「三沢」燃料タンクまたはフレッチャーセンターラインチップタンクを運ぶ能力を与えられました。

F-80D

F-80Dは、J33-A-29ターボジェットを搭載し、T-33Aトレーナーをベースにしたコックピットを備えた航空機のバージョンでした。何も建てられませんでした。

F-80E

F-80Eは、後退翼と尾翼を使用した航空機の主要な開発でした。何も建てられませんでした。

偵察機

XF-14 / XFP-80

XF-14 / XFP-80は、2番目のYP-80Aを使用して製造された、航空機の非武装偵察バージョンのプロトタイプでした。かなり簡単な設置で、ノーズガンはカメラに置き換えられました。航空機は1944年12月6日の飛行中の衝突で破壊されました。

XFP-80A

XFP-80Aは、偵察バージョンの2番目のプロトタイプであり、装備にアクセスできるようにヒンジで固定された変更された機首を備えていました。

ERF-80A

ERF-80Aは、新しいカメラ機器をテストするために改造されたF-80A-1でした。

F-14A / FP80A / RF-80A

F-14Aは偵察機の生産バージョンでした。 38機は建設中のP-80A-5を改造して製造され、114機は偵察機として新品から製造されました。 F-14AはXFP-80Aと同様の機首を持ち、6インチレンズを備えた1台のK-17カメラと24インチレンズを備えた2台のK-22カメラを搭載していました。最初に製造されたとき、それらは3,850lbの推力General ElectricJ33-GE-11ターボジェットによって動力を供給されていました。 1953年に98台のF-14Aが更新され、5,400ポンドの推力のアリソンJ33-A-35エンジンが搭載されました。

RF-80C

RF-80Cは、1951年に70機のF-80Aを改造して製造された偵察機でした。これらには、J33-A-35エンジンと改良されたカメラノーズが与えられました。

その他のバリエーション

P-80N

P-80N-NTは、北米で製造されたであろう1,000台のP-80Aに付けられた呼称でした。契約は1945年1月19日に授与されましたが、終戦記念日以降、契約が成立する前にキャンセルされました。

XP-80R

XP-80Rは修正されたXP-80Bであり、1946年9月7日にグロスターミーティアF.4によって設定された615.8mphの世界の速度記録を破る試みで建てられました。

XP-80RはJ33-A-17エンジンを維持しましたが、新しい実験用NACAフラッシュエアインテークと薄型キャノピーを備えていました。 1946年10月、このバージョンは記録を破ることができず、平均600mghに苦労しました。

次に、航空機には、水メタノール噴射を備えた4,600ポンドの推力Allison Model 5400エンジン、より鋭い前縁を備えたクリップされた翼、および標準のエアインテークが与えられました。このバージョンはより成功し、1945年6月19日、航空資材軍団の飛行試験部門の責任者であるアルバートボイド大佐は623.738mph(1,003.811km / h)の新記録を打ち立てました。

P-80Z

P-80Zは元々、航空機の大幅に改良されたバージョンの指定であり、後にXP-90で開発されました。その後、この指定はP-80Bの初期バージョンで再利用されました。

DF-80A

DF-80Aは、ドローンディレクターとして機能するように変更されたF-80Aの指定でした

QF-80A

QF-80Aは、ラジコンドローンに変わったF-80Aの呼称でしたが、標準のコントロールはフェリー用に保持されています。最初の航空機は1946年12月に飛行し、3機は1947年6月から7月に引き渡されました。

QF-80C

QF-80Cは、遠隔操作ドローンとして使用するために改造されたF-80Cに付けられた名称です。一部には、大気核実験中に使用するための放射性降下物サンプリング装置が与えられました。

QF-80F

QF-80Fは、QF-80AおよびQF-80Cの修正バージョンであり、より優れた無線制御装置と滑走路アレスタフックを備えています。

TP-80C / TF-80C / T-33A

TP-80Cは、P-80をベースにした最初のトレーナーでした。 128機のTF-80Cが製造されましたが、後にT-33A-1-LOになりました。

TO-1 / TV-1

TO-1は、49機のP-80C-1と1機のP-80C-5-LOで構成される、米海軍が取得した50機の指定でした。彼らは1950年にTV-1になるまで、TO-1ジェット練習機に指定されていました。ロッキードはまた、シューティングスターの2つの海軍バージョンを提案しましたが、どちらも海軍に受け入れられませんでした。

エンジン:アリソンJ33-A-23またはJ-33A-35
パワー:4,600lbまたは5,400lbの推力
乗組員:1
翼のスパン:39フィート9インチ
長さ:34フィート5インチ
高さ:11フィート3インチ
空の重量:8,420ポンド
積載重量:12,200lb
最大重量:16,856lb
最高速度:海面で594mph
巡航速度:439mph
上昇限度:46,800フィート
通常の範囲:825マイル
最大範囲:1,380マイル


ロッキードF-80シューティングスター

&#8220シューティングスターは、第二次世界大戦から出現した連合国のジェット戦闘機としてはおそらく最高でした(第二次世界大戦後まではP-80と呼ばれていました)が、他の連合国のジェット機と同様に、戦闘に使用するには遅すぎました。いくつかは戦争の後半にイタリアの周りを飛んだが、彼らは敵を見たことがなかった。

シューティングスターは、アメリカの歴史の中で最初の大量生産されたジェット戦闘機であり、水平飛行で時速500マイルを超えた最初の戦闘機でした。それは後に韓国でよく戦い、歴史上最初のジェット対ジェットの戦いに勝ちました。

ベルのP-59Airacometが期待どおりに機能しなかったため、陸軍空軍はロッキードに接近して、イギリスのH1ターボジェットエンジンの周りに新しい航空機を設計しました。クラレンス「ケリー」ジョンソンが率いるチームはわずか143日でタスクを完了し、プロトタイプXP-80は1944年1月に最初に飛行しました。設計は1943年6月にde HavillandH.1Bターボジェットを使用して発売されました。新しい航空機は、格納式の着陸装置とバブルキャノピーを備えた流線型の低翼単葉機でした。それは最初の飛行で時速500マイルを超え、陸軍は可能な限り迅速に5,000台の機械の製造注文を承認しました。発電所はすぐにアリソンターボジェットに変更されました。この航空機は、三輪車の着陸装置と全周キャノピーの視界を備えた、なめらかな低翼単葉機でした。翼が改良されたP-80バージョンは、1945年1月にサービスを開始し、戦争が終わる前に、このバリアントの合計45個が納入されました。しかし、第二次世界大戦はP-80が戦闘に参加する前に終了し、注文は917機に縮小されました。それにもかかわらず、シューティングスターはアメリカのジェット時代の紹介であり、次の5年間で、新しく作成されたアメリカ空軍で最も多くの戦闘機になりました。合計1,714台が建設されました。

1948年、空軍は「戦闘機」の「F」を優先して「追跡」の指定「P」を削除しました。 1950年に朝鮮戦争が勃発したとき、F-80は日本に手元にあり、戦闘の現場に駆けつけました。 1950年6月27日、第35戦闘飛行隊の流れ星は、韓国上空で2機のIL10爆撃機を撃墜し、アメリカのジェット機で最初の勝利を収めました。その後、1950年11月8日、F-80は、ライバルのジェット戦闘機間の最初の衝突でロシア製のMiG15と交戦し、撃墜しました。しかし、F-80は後退翼によってひどく優勢だったため、最終的には最前線のサービスから撤退し、戦闘爆撃機として機能しました。戦後、それらは徐々により現代的なタイプに置き換えられました。

技術的な詳細
F-80はシングルシート戦闘機として設計されました。 F-80Bのエンジンは、推力4,000ポンド(2,041 kg)のアリソンJ33-A-21ターボジェットエンジンでした。最高速度は、6,000フィート(1,830 m)で577 mph(967 km / h)でした。それは航空機の機首にアメリカの標準的な6.50口径の機関銃で武装していました。翼または翼に取り付けられた使い捨て燃料タンクに1,000ポンドの爆弾を2発搭載することができました。&#8221


1950年11月8日

有名な航空アーティスト、キースフェリスによるこの絵は、1950年11月8日、ラッセルブラウン中尉のロッキードF-80Cシューティングスターが韓国上空で敵のミコヤン-グレビッチMiG 15を撃墜した様子を描いています。(キースフェリス)

1950年11月8日:米国空軍のラッセルJ.ブラウン第1中尉、第16戦闘機迎撃飛行隊、第51戦闘機迎撃翼は、ロッキードを飛行中にヤル川近くでロシア製のミコヤン-グレビッチMiG15ジェット戦闘機を撃墜したとされています。 F-80C-10-LOシューティングスター。ジェット戦闘機が別のジェット戦闘機に撃墜されたのはこれが初めてだったのかもしれません。

情報源はさまざまで、ブラウン中尉の戦闘機のシリアル番号は49-713または49-717と報告されています。

ブラウンを引用した現代の新聞:

ラッセル・J・ブラウン中尉。 (エアフォースタイムス)

ブラウンは先週、歴史上の最初のジェット対ジェットの戦いについてカラフルな説明をしました。彼は言った:

&#8220新義州の対空陣地で機銃掃射を完了したばかりで、敵のジェット機がその地域にいるという知らせを受けたとき、登っていました。

&#8220それから、アクロバットをしているヤルの向こう側で彼らを見ました。

&#8220突然彼らは時速約400マイルでやって来ました。私たちは約300をやっていた。彼らは私たちの目の前で約18,000または20,000フィートで地層を壊した。彼らは見栄えの良い飛行機でした—光沢があり、ブランドで、新しいスパンキングでした。&#8221

INS、東京、11月13日

ソビエトの記録によると、11月8日にMiG15が失われたことはありません。ハリトーノフ上級中尉、第72警備隊戦闘機航空ユニットは、これがブラウン中尉によって報告された交戦であったことを示唆する状況下でF-80に攻撃されたと報告しましたが、ハリトーノフは飛び降りて外部燃料タンクを投棄した後、アメリカの戦闘機を回避することに成功しました。

同じく第72警備隊のソビエトMiG15パイロットであるコミニッチ中尉は11月1日にアメリカのF-80を撃墜したと主張したが、米国の記録はこの戦闘機が対空砲火によって破壊されたことを示している。

明らかなことは、空中戦がジェット時代に入り、ソビエト連邦が後退翼MiG 15を北朝鮮と中国に供給しただけでなく、ソビエト空軍のパイロットが朝鮮戦争に積極的に関与していたことです。

ロシアの技術者がMiG15にサービスを提供ビス 1952年半ばに中国のアントゥング空軍基地で開催された第351IAPの(属性なし)

Mikoyan-Gurevich MiG 15は、重爆撃機を攻撃するように設計された、シングルシート、シングルエンジンのターボジェットエンジンを搭載した戦闘機迎撃機です。亜音速の高速用に設計されており、翼と尾翼の前縁は35°まで掃引されました。翼は空気力学的抗力を最小限に抑えるために非常に薄いものでした。

戦闘機の長さは10.102メートル(33フィート、1.7インチ)で、翼幅は10.085メートル(33フィート、1インチ)でした。空の重量は3,253キログラム(7,170ポンド)で、離陸重量は4,963キログラム(10,938ポンド)でした。

ロールスロイスネネIおよびネネIIジェットエンジンは、3つのMiG15プロトタイプで使用されていました。イギリスのエンジンはウラジーミル・ヤコブレビッチ・クリモフによってリバースエンジニアリングされ、モスクワの第45工場でクリモフVK-1として製造されました。 VK-1は、単段遠心圧縮機、9つの燃焼室、および単段軸流タービンを使用していました。最大26.5キロニュートンの推力(5,957ポンドの推力)を生成しました。 VK-1の長さは2.600メートル(8フィート、6.4インチ)、直径は1.300メートル(4フィート、3.2インチ)、重さは872キログラム(1,922ポンド)でした。

MiG 15の最高速度は、5,000メートル(16,400フィート)で時速1,031キロメートル(557ノット)、海面で時速1,050キロメートル(567ノット)でした。

兵装は、1門のNudelman N-37 37mm大砲と2門のNudelman-RikhterNR-23 23mm大砲で構成されていました。

MIG15レッド2057。大韓民国の金浦空軍基地のハンガーにいる北朝鮮の人民空軍ミコヤン-グレビッチMiG15bis。脱北した北朝鮮のパイロット、盧今錫中尉は、1953年9月21日に金浦に飛んだ。それは沖縄に運ばれ、米国によって検査され、テスト飛行された。チャールズE少佐(&#8220チャック&#8221)イェーガーを含むテストパイロット。このMiG15は、オハイオ州ライトパターソン空軍基地にある米国空軍国立博物館のコレクションに含まれています。 (米国空軍)。

ロッキードP-80シューティングスターは、米国で最初に運用されたジェット戦闘機でした。 1948年にF-80に再指定されました。これは、クラレンスL.(「ケリー」)ジョンソンが率いるエンジニアのチームによって設計された、単気筒、単気筒の飛行機でした。プロトタイプXP-80A、44-83020、ニックネーム ルルベルは、1944年1月8日にムロック陸軍飛行場(現在はエドワーズ空軍基地として知られています)でテストパイロットのトニー・ルヴィエによって最初に飛行されました。P-80Aは1945年に生産を開始しました。改良版のP-80BおよびP-80C(F- 80C)続いた。

フロリダ州エグリン空軍基地の空軍兵器博物館に展示されているロッキードF-80C-10-LOシューティングスター49-432。戦闘機はF-80C-10-LO49-713としてマークされ、1950年に韓国の金浦にある第51戦闘機迎撃機グループの第16戦闘飛行隊に割り当てられました。

F-80Cは34フィート5インチ(10.490メートル)の長さで、翼幅は38フィート9インチ(11.811メートル)、全高は11フィート3インチ(3.429メートル)でした。空の重量は8,420ポンド(3,819キログラム)で、最大離陸重量は16,856ポンド(7,645キログラム)でした。

F-80Cは、General Electric J33-GE-11、Allison J33-A-23、またはJ33-A-35ターボジェットエンジンのいずれかを搭載していました。 J33は、初期のフランクホイットルが設計したターボジェットを開発したものです。単段遠心圧縮機、11個の燃焼室、単段軸流タービンセクションを使用しました。 J33-A-35の通常出力定格は、海面で11,000 r.p.m.で3,900ポンド(17.348キロニュートン)、離陸で11,500 r.p.m.で4,600ポンド(20.462キロニュートン)でした。長さ107インチ(2.718メートル)、直径50.5インチ(1.283メートル)、重さ1,820ポンド(826キログラム)でした。

F-80Cの最高速度は、海面で時速594マイル(時速956キロメートル)、時速543マイル(時速874キロメートル)で25,000フィート(7,620メートル)でした。上昇限度は46,800フィート(14,265メートル)でした。最大範囲は1,380マイル(2,221キロメートル)でした。

F-80Cシューティングスターは、6門のブローニングAN-M3.50口径航空機機関銃を機首に搭載して武装していました。

第16戦闘機迎撃飛行隊のロッキードF-80Cシューティングスター、第51戦闘機迎撃翼は、1950年頃、韓国の飛行場からJATO支援の離陸を行います。(米国空軍)

アルバートC.ウェアジュニアによって飛行されたロッキードF-80C-10-LOシューティングスター49-713は、1951年3月23日、日本のツイキ空軍基地の北10マイルで失われました。


P-80性能仕様

経由:Nehrams2020、ウィキメディアコモンズ-https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0

P-80シューティングスターは、シングルステージの両面遠心圧縮機を備えた、デハリバード製のハルフォードH1ゴブリンターボジェットエンジン(後にデハビランドゴブリンと改名)から動力を引き出しました。エンジンには、14個のステンレス鋼燃焼室、単段軸流タービン、およびウェットサンプオイルシステムがありました。ターボジェットエンジンは、4,600lbfの乾式推力と5,400lbfの水噴射を搭載しました。

P-80流れ星の最高速度は594MPHで、標準航続距離は1,200海里でした。航空機はまた、46,800フィートの上昇限度まで飛ぶことができ、6,870フィートの急速な上昇率で、ロッキードの最高の戦闘機の中で、当時世界で最高の場所を何気なく確保しました。

航空機は、精度を高めるために航空機の機首に埋め込まれた6つの12.7 mm M3ブローニング重機関銃、2つの992ポンド爆弾、および8つの高速航空機無誘導ロケットの形で大砲を搭載することもできます。

飛行機の設計は、先細のまっすぐな先端の翼、きれいな胴体、およびバブルキャノピー内のシングルシート加圧コックピットを中心としていました。航空機のエンジンとコックピットは、従来の重心のために胴体の中心近くに配置されていました。

直翼の航空機には、全金属製の機械構造と三輪車の下部構造も装備されていました。ジェットエンジンによる飛行の未来は、P-80の流れ星が時速500マイルを超えたことではっきりと見えてきました。


プロジェクトの外転:ヨーロッパへのP-80

1944年1月8日にミロバーチャムがほうれん草の緑のXP-80(44-83020)でルルベルと名付けた初飛行に続いて、ロッキードは2つのXP-80Aモデル(44-83021 / 44-83022)を製造し、AAFを獲得しました。 13機のサービステストYP-80A飛行機(44-83023-83035)を製造する契約。最初の飛行は1944年9月13日に初飛行し、すべてが12月31日までにAAFに引き渡されました。バーチャムは1944年10月20日にYP-80A(44-83025)で命を落としましたが、プログラムはその推進力を失うことはありませんでした。

AAFのボスであるアーノルドはドイツでのジェット機の開発を追跡しており、YP-80Aをドイツで入手することを熱望していました。アーノルドは、ヨーロッパでYP-80Aが必要な時期を尋ねられたとき、次のように簡単に述べました。&#8220Now。&#8221

1944年11月13日、ジョージE.プライス大佐は、大西洋を越えて4機のYP-80Aサービステスト飛行機を送るというプロジェクトエクストラバージョンの承認を受けました。2機はヨーロッパ作戦域(ETO)のイギリスに、2機は地中海作戦域でイタリアへ。 「外向性」という言葉は、内向性とは正反対の人を意味する、外向きの精神的志向を伴う永続的な性格特性を指します。したがって、おそらくこのプロジェクトは、手を差し伸べることを象徴することを目的としていました。 4台のYP-80Aを分解し、箱に入れ、船に乗せました。

アーノルドは、ヨーロッパでYP-80Aが必要な時期を尋ねられたとき、次のように簡単に述べました。&#8220Now。&#8221

アーノルド、プライスなどがこれらのYP-80Aに戦闘が見られると期待していたかどうかは不明です。明らかに、彼らの旅の目的の1つは、毎日ドイツのジェット機と対峙していた第8空軍と第15空軍の重爆撃機の乗組員の士気を高めることでした。

ETOのペア(44-83026 / 44-83027)は、1944年12月30日にイギリスに到着しました。地上の乗組員は、バートンウッドでそれらを組み立てました。

歴史家がほとんど見落としているのは、第二次世界大戦中にヨーロッパに到着した4機のアメリカのYP-80Aシューティングスタージェット戦闘機です。2機はイギリス、2機はイタリアです。それらは、1945年にメリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地でのテスト中にこの未発表の肖像画で見られたこのP-80A(陸軍シリアル番号44-85000、海軍局番号29667)と外観が同じでした。ジムホーキンス写真

イギリスでの彼らの時間は、ハイドラマのようなものを生み出したかもしれませんが、短く悲劇的であることが判明しました。

プロジェクトに割り当てられたライトフィールドパイロットであるマーカスクーパー大佐とフレドリックオースティンボルソディ少佐は1945年1月に飛行を開始し、クーパーは米国外でP-80の初飛行を行いました。ボルソディは1945年1月28日にYP-80Aを空中に持ち込みましたが、尾翼フランジの張力の失敗により、高温ガスの一部が後部胴体内に放出され、尾翼表面を膨張して燃焼し、尾翼を引き起こしました。崩壊するセクション。航空機は農場で墜落し、ボルソディは殺されました。

イギリスでの彼らの時間は、ハイドラマのようなものを生み出したかもしれませんが、短く悲劇的であることが判明しました。

他のYP-80Aは、メッサーシュミットMe 262と戦うために使用したい場合は、帝国を経由して送信できました。YP-80AがMe 262飛行場に到達するのに十分な距離を持っているかどうかは不明であり、この単一のジェット機を戦闘出撃で単独で送り出すことは非常に理にかなっています。後のバージョンであるF-80Cは、後にジェット対ジェット戦闘(韓国)で最初の空中勝利を収めたとされていますが、1945年に起こる運命ではありませんでした。アドルフヒトラーのジェットと戦う代わりに、イギリスで唯一のYP-80Aは、NeneB.41ターボジェットエンジンを使用した飛行試験のためにローンでロールスロイスに向かいました。それは戦争を生き延びたが、1945年11月14日のエンジンの故障(初期のジェット機で一般的)の後の不時着で破壊された。


今日の歴史&#8211 1947年6月19日&#8211コルAボイドがロッキードP-80シューティングスターでスピード記録を樹立

1947年6月19日 &#8211アルバート・ボイド大佐は、ロッキードP-80シューティングスターで、時速623.62マイル(1,003 km / h)の新しい公式世界飛行速度記録を樹立しました。 (これは、第二次世界大戦中のロケット推進航空機の非公式のドイツの速度記録よりもわずかに遅いです)。 &#8220これは米国のジェット機の世界速度記録としては初めてであり、米国が世界速度記録を保持したのは24年ぶりのことです。&#8221(2)

アルバートGボイド(1906年11月22日– 1976年9月18日)は、米国空軍(USAF)の先駆的なテストパイロットでした。彼の30年間のキャリアの中で、彼は723機の軍用機で23,000時間以上の飛行時間を記録しました(ただし、飛行総数のこの数には、いくつかのタイプのバリアントとサブバリアントが含まれ、723の異なるタイプではありません)。 When he retired in 1957, he had flown every aircraft type operated by the USAF, including attack, cargo, trainer, fighter, experimental, bomber, mission trainer, liaison, observation, and general aviation planes and helicopters.

From 1947 to 1957, Boyd flew and approved every aircraft type acquired by the USAF. When he retired, he was praised as the “Father of Modern Flight Testing,” “World’s Number One Test Pilot,” “Dean of American Test Pilots” and “Father of USAF Test Pilots.”

Chief of Flight Section at Wright Patterson AFB
Commander, Experimental Test Pilot School
First Commander, USAF Flight Test Center at Edwards Air Force Base
Commander, Wright Air Development Center (Maj. Chuck Yeager, a test pilot in his command, was the first American pilot to test the MiG-15, associated with Operation Moolah.)
Deputy Commander, Weapons System Headquarters, Air Research and Development Command
Commanding General of Edwards AFB

The prototype Lockheed P-80 Shooting Star, modified as a racer and designated P-80R, was piloted by Colonel Boyd to 623.73 mph (1,004.2 km/h) on 19 June 1947. This was recognized as an official airspeed record, although this speed had already been exceeded by the Me 163 and Me 262 in 1944.

Boyd led the newly-formed Air Force’s X-1 supersonic flight program and made the selection of Chuck Yeager to pilot the plane. Yeager described Boyd as a strict disciplinarian who would enforce (often with a very loud voice) USAF uniform regulations. He remarked that “You might be his star pilot, but Lord help you if you came before him in his office with an un-shined belt buckle”. Boyd was highly respected by his subordinates.

Boyd died on September 18, 1976. He and his wife Anna Lu (1907–1981) are buried at Arlington National Cemetery. (1)


Sisällysluettelo

Koneen suunnittelu alkoi vuonna 1943 brittiläisen de Havillandin Halford H.1B -suihkumoottorin ympärille. [5] Moottori vaihdettiin General Electricin tai Allisonin valmistamaan kopioon. Konemallista tuli tavanomainen kokometallinen, alatasoinen ja nokkapyörätelineellä varustettu. Koneen suunnitteluryhmää johti Clarence "Kelly" Johnson.

XP-80:ksi nimetty prototyyppi teki ensilentonsa 8. tammikuuta 1944. Sen moottorina oli de Havilland Vampire-hävittäjän prototyypistä otettu Halford H1 (myöhemmin 'Goblin') suihkumoottori. Lockheedin pääkoelentäjä Milo Burcham kuoli 20. lokakuuta 1944 lentäessään koneen toisella prototyypillä. Myös lentäjä-ässä Richard Bong kuoli koelentämänsä P-80:n maahansyöksyssä. Shooting Star tuli palveluskäyttöön vuoden 1945 alkupuolella ja 45 toimitettiin USAF:ille ennen sodan loppua.

Neljä P-80-konetta lähetettiin Eurooppaan esiteltäväksi, mutta yhden tuhouduttua esittelylennolla Englannissa moottorin sytyttyä palamaan, konetyyppi asetettiin lentokieltoon ja toinen maailmansota päättyi, ennen kuin konetta käytettiin taistelulennoilla. Sodan loputtua 5 000 koneen tilaus supistui 2 000 kappaleeseen. P-80A, P-80B ja P-80C malleja valmistettiin ennen tuotannon loppumista 1950 1 715 konetta, joista 798 oli P-80C mallia. Vuonna 1948 "P"-merkinnät (Pursuit) muutettiin "F"-alkuisiksi (戦士, hävittäjä).

Lockheed otti tavoitteekseen brittiläisen Gloster Meteorin 991 km/h nopeudellaan asettaman vaakalennon ilmannopeusennätyksen rikkomisen. Ennätystä lähdettiin hakemaan riisutulla P-80R -ennätyskoneella, jonka aseistus oli korvattu lisäpolttoaineella, ja jonka ulkoista muotoilua oli virtaviivaistettu muun muassa imuaukkojen ja muiden ilmanvastusta tuottaneiden paikkojen osalta. Koneessa oli myös varustettu viritetyllä Allison J33-A-21 -suihkumoottorilla, joka kykeni tuottamaan 22,59 kilonewtonin työntövoiman vesi-alkoholiruiskutusjärjestelmän avulla. [1]

Huomattavista muutostöistä huolimatta P-80R:n ensimmäinen ennätysyritys floppasi koneen jäädessä huomattavasti asetetusta tavoitenopeudesta. Toinen yritys tuotti kuitenkin tulosta. P-80R rikkoi samalla sekä Meteorin aiemmin asettaman kansainvälisen ilmailuliiton (FAI) kriteerit täyttävän nopeusennätyksen että 1 000 km/h rajapyykin saavutettuaan 1 004 km/h huippunopeuden vaakalennossa. [1] [6]

F-80 oli suunniteltu ensisijaisesti korkealla toimivaksi torjuntahävittäjäksi, mutta Korean sodassa F-86 Sabret korvasivat ne siinä tehtävässä. F-80C:tä käytettiin sen jälkeen hävittäjä-pommittajana, pääasiassa matalahyökkäyksiin raketein, pommein ja napalmilla. 8. marraskuuta 1950 lt. Russell J. Brown ampui alas F-80C-koneellaan MiG-15-koneen ensimmäisessä suihkukoneiden välillä käydyssä ilmataistelussa. [7]

Lockheed valmisti koneesta myös pidemmällä rungolla varustettua kaksipaikkaista T-33A "T-bird" harjoituskonetta, joka säilyi tuotannossa vuoteen 1959 ja jota valmistettiin lisenssillä myös Japanissa ja Kanadassa. T-33 valmistettiin lähes 7 000 kappaletta ja sitä käytettiin 20 eri maassa.


運用履歴[編集|ソースを編集]

Operational P-80Bs at Langley AFB.

The Shooting Star began to enter service in late 1944 with 12 pre-production YP-80As, one of which was destroyed in the accident in which Burcham was killed. A 13th YP-80A was modified to the sole F-14 photo reconnaissance model and lost in a December crash. Four were sent to Europe for operational testing (demonstration, familiarization and possible interception roles), two to England and two to the 1st Fighter Group at Lesina Airfield, Italy, but when test pilot Major Frederic Borsodi was killed in a crash caused by an engine fire on 28 January 1945, Δ] demonstrating YP-80A 44-83026 at RAF Burtonwood, the YP-80A was temporarily grounded. Ε] Between January and March 1945, however, two American pre-production Lockheed YP-80A Shooting Star fighter jets did see limited service in Italy with the USAAF, possibly tasked with intercepting German Arado Ar 234 reconnaissance jet aircraft. Ζ] Because of delays in delivery of production aircraft, the Shooting Star saw no actual combat during the conflict. &#919&#93

The initial production order was for 344 P-80As after USAAF acceptance in February 1945. A total of 83 P-80s had been delivered by the end of July 1945 and 45 assigned to the 412th Fighter Group (later redesignated the 1st Fighter Group) at Muroc Army Air Field. After the war, production continued, although wartime plans for 5,000 were quickly reduced to 2,000 at a little under $100,000 a copy. A total of 1,714 single-seat F-80A, F-80B, F-80CRF-80s were manufactured by the end of production in 1950, of which 927 were F-80Cs (including 129 operational F-80As upgraded to F-80C-11-LO standards). However, the two-seat TF-80C, first flown on 22 March 1948, became the basis for the T-33 trainer, of which 6,557 were produced.

On 27 January 1946, Colonel William H. Councill flew a P-80 nonstop across the U.S. to make the first transcontinental jet flight. &#91 要出典 ] He completed the 2,457 miles (3,954 km) run between Los Angeles and New York in 4 hours, 13 minutes 26 seconds at an average speed of 584 mph (940 km/h) to set a Fédération Aéronautique Internationale record. The P-80B prototype, modified as a racer and designated P-80R, ⎖] was piloted by Colonel Albert Boyd to a world air speed record of 623.73 mph (1,004.2 km/h) on 19 June 1947. ⎗] The P-80C began production in 1948 on 11 June, now part of the USAF, the P-80C was officially redesignated the F-80C。 The USAF Strategic Air Command had F-80 Shooting Stars in service from 1946 through 1948 with the 1st and 56th Fighter Groups. The first P-80s to serve in Europe joined the 55th Fighter Group (later redesignated the 31st FG) at Giebelstadt, Germany, in 1946, remaining 18 months. When the Soviet Union blockaded Berlin, a squadron of the 56th FG led by Colonel David C. Schilling made the first west-to-east Atlantic crossing by single-engined jets in July, flying to Germany for 45 days in Operation Fox Able I. [ 要出典 ] [N 1] Replaced by the newly F-80-equipped 36th Fighter Group at Fürstenfeldbruck, the 56th FG conducted Fox Able II in May 1949. That same year F-80s first equipped the 51st Fighter Group, based in Japan. &#91 要出典 ]

The 4th (Langley Air Force Base, Virginia), 81st (Kirtland Air Force Base, New Mexico), and 57th (Elmendorf Air Force Base, Alaska) Fighter Groups all acquired F-80s in 1948, as did interceptor squadrons of the Air Defense Command. &#91 要出典 ] The first Air National Guard unit to fly the F-80C was the 196th FS of the California ANG in June 1947. ⎘]

U.S. Navy service [ edit |ソースを編集]

TO-1 Shooting Star of VMF-311

Several P-80A Shooting Stars [N 2] were transferred to the United States Navy beginning 29 June 1945, retaining their P-80 designations. At Naval Air Station Patuxent River, one Navy P-80 was modified (with required add-ons, such as a tail hook) and loaded aboard the aircraft carrier USS フランクリンD.ルーズベルト at Norfolk, Virginia, on 31 October 1946. The following day the aircraft made four deck-run takeoffs and two catapult launches, with five arrested landings, flown by Marine Major Marion Carl. A second series of trials was held 11 November. &#9113&#93

The U.S. Navy had already begun procuring its own jet aircraft, but the slow pace of delivery was causing retention problems among pilots, particularly those of the Marines who were still flying Vought F4U Corsairs. To increase land-based jet transition training in the late 1940s, 50 F-80Cs were transferred to the U.S. Navy from the U.S. Air Force in 1949 as jet trainers. Designated TO-1 by the Navy (changed to TV-1 in 1950), 25 were based at Naval Air Station North Island, California, with VF-52, and 16 assigned to the Marine Corps, equipping VMF-311 at Marine Corps Air Station El Toro. These aircraft were eventually sent to reserve units. The success of these aircraft led to the procurement by the Navy of 698 T-33 Shooting Stars (as the TO-2/TV-2) to provide a two-seat aircraft for the training role. Lockheed went on to develop a carrier-capable version, the T2V SeaStar, which went into service in 1957. ⎙]

Korean War [ edit |ソースを編集]

F-80Cs of the 8th Fighter-Bomber Group

Shooting Stars first saw combat service in the Korean War, employing both the F-80C variant and RF-80 photo-recon variants. The F-80 flew both air-to-air and air-to-ground sorties, claiming several aerial victories against North Korean Yak-9s and Il-10s. On 8 November 1950, the first American claim for a jet-versus-jet aerial kill was made when Lieutenant Russell J. Brown, flying an F-80, reported that he shot down a MiG-15. ⎚] Soviet records showed that the MiG survived the combat. ⎚] Despite the initial claim of success, the speed of the straight-wing F-80s were inferior in performance to the 668 mph MiGs, which incorporated German research on swept wings which delayed the onset of compressibility problems that enabled speeds much closer to the speed of sound. The F-80s were soon replaced in the air superiority role by the North American F-86 Sabre, which had been delayed to also incorporate swept wings into an improved straight-winged naval FJ-1 Fury. However, F-80 pilots still claimed to have destroyed a total of six MiG-15s in aerial combat. When sufficient Sabres were in operation, the Shooting Star flew exclusively ground attack missions, and were also used for advanced flight training duties and air defense in Japan. By the end of hostilities, the only F-80s still flying in Korea were photo-reconnaissance variants.

F-80Cs equipped 10 USAF squadrons in Korea:

  • 8th Fighter-Bomber Wing (35th, 36th, and 80th Fighter-Bomber Squadrons), based at Suwon Air Base, was the longest-serving F-80 unit in Korea. It began missions from Japan in June 1950 and continued to fly the Shooting Star until May 1953, when it converted to F-86 Sabres.
  • 49th Fighter-Bomber Group (7th, 8th and 9th FBS) deployed to Taegu AB (K-2), Korea, from Japan in September 1950 and continued fighter-bomber missions in the F-80C until June 1951, when it converted to the F-84 Thunderjet.
  • 51st Fighter-Interceptor Wing (16th and 25th FIS) operated F-80Cs from Kimpo AB (K-14) and Japan from September 1950 to November 1951 when it transitioned to F-86s.
  • 35th Fighter-Interceptor Group and two squadrons, the 39th and 40th FIS, went to Pohang, Korea in July 1950, but converted to the P-51 Mustang before the end of the year.

One RF-80A unit operated in Korea:

  • 8th Tactical Reconnaissance Squadron, later redesignated 15th TRS, served from 27 June 1950 at Itazuke, Japan, Taegu (K-2) and Kimpo (K-14), Korea, until after the armistice. The squadron also utilized a few converted RF-80Cs and RF-86s.

Of the 277 F-80s lost in operations (approximately 30% of the existing inventory), 113 were destroyed by ground fire and 14 shot down by enemy aircraft. Ώ] F-80s are credited by the USAF with destroying 17 aircraft in air-to-air combat and 24 on the ground. ⎛] Major Charles J. Loring, Jr. was posthumously awarded the Medal of Honor for his actions while flying an F-80 with the 80th Fighter-Bomber Squadron, 8th Fighter-Bomber Wing on 22 November 1952.


Lockheed P-80 Shooting Star

In 1944 the US Army Air Force began gunnery trials in Nevada with the Lockheed P-80 Shooting Star this design promised to revolutionise air warfare. The P-80 was the first fully operational type in the US to have a jet engine - an innovation already familiar to German and British scientists. The US rushed four P-80s to Europe - two each to England and Italy and they were hours from entering combat when World War II ended.

Work on the P-80 began in 1943 when famous engineer Clarence L. ('Kelly') Johson persuaded his bosses at Lockheed to attempt to build the USAAF's first operational jet fighter in just 180 days. They actually completed the pace-setting first P-80 in 143 days.

The P-80 was a clean design with straight wings and tail surfaces and a tricycle landing gear. Air intakes positioned on the lower fuselage forward of the wing leading edge fed the British-designed de Havilland H.1B turbojet, which was replaced in production examples by the Allison/General Electric I-40 (J33).

Many pilots with propeller experience took to the jet-powered P-80 with enormous enthusiasm. An ambitious programmed progressed toward the goal of getting the Shooting Star into combat.

Several P-80s were lost in tragis mishaps but the aircraft performed well and the USAAF moved rapidly to finalise the configuration of this fighter and to develop a photo reconnaissance version. Had World War II lasted weeks longer, it is certain that the P-80 Shooting Star would have done battle with the top fighters developed by the Axis, including Germany's much-vaunted Messershmitt Me 262.


ビデオを見る: ירי חיי לעבר אנשים ברהט (八月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos