新しい

傷ついた膝のAIM占領が始まります

傷ついた膝のAIM占領が始まります


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

サウスダコタ州のパインリッジリザベーションでは、アメリカインディアンムーブメント(AIM)のメンバーが率いる約200人のスー族ネイティブアメリカンが、米国第7騎兵隊による1890年の悪名高い300スー族の虐殺の現場である傷ついた膝を占めています。 AIMのメンバーは、一部は武装しており、地方自治体と連邦政府の代理人が居留地に降り立ったため、歴史的なOglalaSioux集落の11人の居住者を人質に取りました。

AIMは、1968年にラッセル・ミーンズ、デニス・バンクス、およびその他の先住民の指導者によって、過激な政治的および公民権団体として設立されました。 1969年11月から1971年6月まで、AIMメンバーは、サンフランシスコ沖のアルカトラズ島を占領し、未使用の連邦土地を許可する条約条項に基づいてアルカトラズ島を占領する権利があると述べました。 1972年11月、AIMメンバーは、予約の開発を管理するプログラムに抗議するために、ワシントンD.C.のインディアン局を一時的に占領しました。その後、1973年の初めに、AIMは傷ついた膝の劇的な占領に備えました。その歴史的な重要性に加えて、傷ついた膝は米国で最も貧しいコミュニティの1つであり、他のパインリッジ集落と国内で最も低い平均余命のいくつかを共有していました。

続きを読む:ネイティブアメリカンの活動家がアルカトラズ島を占領したとき

負傷した膝の占領が始まった翌日、AIMのメンバーは、集落を取り巻く連邦保安官と銃撃戦を交わし、あえてライフル射撃場に入る自動車や低空飛行の飛行機に発砲しました。ラッセル・ミーンズは人質解放の交渉を開始し、米国上院がインディアン局とサウスダコタのすべてのスー族居留地の調査を開始すること、および上院外交委員会が米国政府。

負傷した膝の占領は合計71日間続き、その間に2人のスー族の男性が連邦政府のエージェントによって射殺され、さらに数人が負傷した。 5月8日、当局が苦情を調査すると約束した後、AIMの指導者とその支持者は降伏した。ラッセルミーンズ銀行とデニスバンクスは逮捕されましたが、1973年9月16日、米国政府による証人と証拠の違法な取り扱いにより、連邦裁判官によって起訴が却下されました。

1970年代の残りの期間中、パインリッジリザベーションで暴力が続き、さらに数人のAIMメンバーと支持者が米国政府との対立で命を落としました。 1975年、連邦政府のエージェントとAIMメンバーおよび地域住民との間の銃撃戦で、2人のFBIエージェントと1人のネイティブ男性が殺害されました。その後の裁判で、AIMのメンバーであるレナード・ペルティエは、1度の殺人で有罪となり、2年連続の終身刑を宣告されました。刑務所内の指導者の多くとともに、AIMは1978年に解散しました。しかし、地元のAIMグループは引き続き機能し、1981年には1つのグループがサウスダコタ州のブラックヒルズの一部を占領しました。

議会は、破られたインドの条約を尊重するための措置を講じませんでしたが、裁判所では、部族の土地請求を含む事件で、一部の部族が連邦政府および州政府から主要な和解を勝ち取りました。ラッセル・ミーンズはパインリッジや他の場所で先住民の権利を擁護し続け、1988年にはリバタリアン党の大統領候補になりました。 2001年、ミーンズはニューメキシコ州知事に立候補しようとしましたが、手続きが守られていなかったため、彼の立候補は認められませんでした。 1992年以降、Meansは次のようないくつかの映画に出演しました。 最後のモヒカン。彼はまた、HBOのゲストスポットを持っていました あなたの熱意を抑える。彼の自伝、 白人男性が踏みにじるのを恐れる場所、1997年に発行されました。手段は2012年10月12日に72歳で亡くなりました。

レナード・ペルティエは刑務所にとどまっていますが、彼の許しを勝ち取るための努力は続いています。

続きを読む:ネイティブアメリカンがラシュモア山に抗議した理由


リチャード・M・ニクソン:「終結のない自己決定」

編集者注:今年の有権者は、米国の第45代大統領を選出します。これは、ネイティブアメリカンに対する過去の大統領の態度、部族に関する課題と勝利、および任期中に制定された連邦法とインドの政策を探る一連の44の物語の37番目です。

リチャード・ミルハウズ・ニクソンはおそらく、辞任した唯一の米国大統領であることで最もよく知られていますが、ウォーターゲート事件に永遠に関係した男は、連邦インドの政策も変えました。

ニクソンは最初の任期の18か月後に、インド問題に関する画期的な演説を議会に提出し、自己決定の時代を先導した政策を発表しました。 1970年7月8日の演説で、ニクソンは「解雇なしの自己決定」という新しい政策を求め、連邦とインドの関係に永続的な変化を引き起こした。

&#x201C最初のアメリカ人&#x2014インド人&#x2014は、私たちの国で最も恵まれず、最も孤立したマイノリティグループです&#x201Dと彼は言いました。 &#x201COnほぼすべての尺度の測定&#x2014雇用、収入、教育、健康&#x2014インドの人々の状態は最下位にランクされています。&#x201D

ニクソンの発言は、議会が米国の区としてのインド人の地位の終了を要求し、正式に終了の時代を開始したハウスコンカレント決議108を承認してから17年後に行われました。次の10年間で、連邦政府は100を超える部族との関係を終了し、部族の土地、主権、特別な保護に対する権利を断ち切りました。

ニクソンは、下院の同時決議108を覆すための議会の行動を求めた。インドの政策は、しばしば「効果がなく、卑劣なものだった」と彼は述べた。代わりに、インド人自身の能力と洞察を認識して構築する必要があります。

ニクソンは彼の演説で、それが虚偽の前提に基づいており、その実際的な結果は「明らかに有害」であると主張して、明確に退職政策を拒否しました。代わりに、インディアンと連邦政府の間の特別な関係は「厳粛な義務」に基づいていました。または条約。

&#x201Cこの関係を終わらせることは、他のアメリカ人の市民権を終わらせること以上に適切ではないだろう、とニクソンは言った。米国は、インド人が連邦政府の懸念や連邦政府の支援から切り離されることなく、連邦政府の管理から独立できることを明確にする必要があります。&#x201D

ニクソンはまた、いくつかの先住民の土地の回復、留保に基づく医療プログラムへの資金提供、都市部のインディアンのためのプログラムの拡大、インディアン局の次官補のためのキャビネットレベルの地位の創設を含む、連邦政策における9つの特定の変更について概説した。

&#x201CB正義の問題として、そして啓発された社会政策の問題として、私たちはインディアン自身が長い間私たちに言ってきたことに基づいて行動し始めなければなりません&#x201D彼は言いました。 &#x201C過去を断固として打ち破り、インドの未来がインドの行為とインドの決定によって決定される新しい時代の条件を作り出す時が来ました。&#x201D

ニクソンは、ニューメキシコの神聖なブルーレイクをタオスプエブロに返還する法案に署名した1970年の終わりまでに約束を果たし始めました。 60年前、セオドア・ルーズベルト大統領は、新しく作られたカーソン国有林のために湖と周囲の48,000エーカーを手に入れました。

1970年12月に公法91-550に署名したとき、ニクソンはタオスプエブロがその文化の中心と見なしたサイトへのネイティブアクセスを復元しました。法律はまた、すべてのネイティブアメリカンの自己決定の先例を設定した、とニクソンは言った。

&#x201Cこれは正義を表す法案です。1906年に不正が行われたためです&#x201Dと彼は言いました。 &#x201C法案に署名することで、これはアメリカの歴史の中で、非常に長い時間、時には非常に悲しい不正の歴史の後に、私たちが新しい道を始めた時期の1つになると信じています&#x2014a新しい道これは、最初のアメリカ人であった人々の扱いにおいて私たちを正義に導きます。&#x201D

礼儀国立アーカイブ

リチャードM.ニクソン大統領は、1970年12月15日、ニューメキシコ州のタオスプエブロに聖なるブルーレイクを返還する法案に署名しました。部族の指導者たちはホワイトハウスで彼の隣に立っています。

1年後、ニクソンはアラスカ先住民請求解決法に署名しました。これにより、4,400万エーカーの土地がアラスカ先住民に譲渡されました。この法律はまた、9億6,250万ドルの補償を要求し、200を超える先住民の村を設立することになりました。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の法学教授であるキャロル・ゴールドバーグ氏は、ニクソンのインドの政策は、ジョン・F・ケネディ大統領とリンドン・B・ジョンソン大統領による終結を終わらせるための弱い試みに続いたと述べた。ケネディとジョンソンはどちらも(他の疎外された人々とともに)インディアンに利益をもたらす社会的プログラムを優先しましたが、部族と連邦政府の間の特別な関係を認識できませんでした。

ゴールドバーグ氏によると、ニクソンの大統領職は、アメリカが先住民を見る方法に「哲学的な変化」を示したという。この変化は、ニクソンのインドの政策の特徴でした。

&#x201CNixonは、自己決定プログラムと貧困対策プログラムの違いを最も効果的に把握した人物でした」と彼女は言いました。 &#x201CHeは、貧困対策アジェンダと自己決定アジェンダの違いを明確に示しました。&#x201D

1913年にカリフォルニアのクエーカー教徒の家族に生まれたニクソンは、ウィッティアカレッジでサッカーをし、そこで彼のコーチであるミッションインディアンのラホラバンドのメンバーであるウォレス&#x201CCチーフ&#x201Dニューマンと永続的な関係を築きました。ニクソンは回想録の中で、ニューマンに対する彼の賞賛は彼が父親に対して感じたものに次ぐものであると述べた。

&#x201CHeは、競争心と、ノックダウンされた後、または負けた後に戻ってくるという決意を私に掘り下げました」とニクソンは書いています。 &#x201CHeはまた、本当に重要なのは男性の背景、彼の色、彼の人種、または彼の宗教ではなく、彼の性格だけであることを私に鋭く理解させました。&#x201D

ニクソンはデューク大学で法律を学びました。第二次世界大戦中に海軍に勤務した後、彼は米国下院と上院でカリフォルニアを代表し、1952年にドワイトDアイゼンハワーの副大統領に選出されました。彼は8年間務めました。

共和党のニクソンは1960年の大統領選挙でわずかに敗北したが、1968年に再び選挙に出馬して勝利した。彼は1972年に再選されましたが、2期目の19か月しか務めませんでした。

ニクソンは、ネイティブアメリカンの戦闘力が高まる中、1969年1月に就任しました。その年の11月、レッドパワーの活動家のグループがアルカトラズ島を乗っ取り、元の住民のために土地を開拓し、19か月間占領しました。

1972年11月、アメリカインディアン運動の活動家たちはサンフランシスコからワシントンD.C.まで車で行き、ニクソンにインドの不満のリストを届けようとしました。しかし、ニクソンは国外にいて、活動家たちは代わりにインディアン局の建物を72時間占領しました。

ニクソンが2期目を開始してから1か月後の1973年2月、AIMの指導者と約200人の活動家が、サウスダコタ州の傷ついた膝の村を71日間の武装乗っ取りで占領しました。 2人のインディアンが殺され、副元帥が負傷した後、占領は5月に終了した。

この1973年3月3日のファイル写真では、サウスダコタ州ウンデットニーでの1890年の虐殺現場で、アメリカインディアン運動AIMのメンバーが住んでいた教会の外で米国旗が逆さまに飛んでいます。傷ついた膝のAIM&apossの占領は、連邦当局との暴力的な対立を引き起こしました。

ニクソンは引き続きネイティブアメリカンを擁護し、主権を支援するための52の立法措置に署名しました。 1973年12月、彼はメノミニー族復活法に署名し、部族の終了ステータスを終了し、自己決定権を回復しました。彼はまた、BIA予算を200%以上増やし、インドの医療のための資金を2倍にし、インド水利権局を設立しました。

しかし、ニクソンのインド人への最大の貢献の1つは、彼が辞任した後にもたらされました。 1975年1月に署名されたインドの自己決定と教育支援法は、インドの終了を公式に覆し、政府機関に部族と直接協力することを許可した。ニクソンによって支持されたこの法律は、「インド政府への最大限の参加とインド国民の教育を提供する」ことを目的としています。

ニクソンは1974年に辞任し、副大統領のジェラルドRフォードが任期を終えました。彼は1994年に81歳で亡くなりました。


誰が傷ついた膝の占領を主導しましたか?

標的 傷ついた膝の職業 始まります。パインリッジリザベーションについて サウス・ダコタ、アメリカインディアン運動(AIM)のメンバーが率いる約200人のスー族のネイティブアメリカンが占領している 負傷した膝、 NS サイト アメリカの第7騎兵隊による300スーの悪名高い1890年の虐殺の。

同様に、Wounded Kneeでの占領はどのように始まったのですか? NS 職業傷ついた膝が始まった パインリッジリザベーションに基づくオグラララコタ族のメンバーが部族議長のリチャードウィルソンの弾劾を要求したとき。弾劾がしなかったとき 起こる、一部の部族のメンバーは、アメリカインディアン運動のメンバーのグループとともに町を乗っ取りました。

さらに、1973年の傷ついた膝の占拠の重要性は何ですか?

もともとはラコタの権利の平和的なデモを目的としていたが、アメリカインディアン運動(AIM)のメンバーは、 負傷した膝、サウスダコタ州のパインリッジリザベーションにあります。主催者、ラコタの人々、歴史家にとって、コミュニティには素晴らしいものがあります 意義.

傷ついた膝の占領はどのように終わりましたか?

NS 負傷した膝の職業 合計71日間続き、その間に2人のスー族の男性が そうだった 連邦政府のエージェントによって射殺された。 1人の連邦捜査官が射殺された後に麻痺した。 5月8日、ホワイトハウス当局者が彼らの苦情を調査することを約束した後、AIMの指導者とその支持者は降伏した。


負傷した膝の職業を覚えている

ブライアンワードは、過去の最も重要なネイティブの闘争の1つの物語を語ります。

ここ数ヶ月、カナダの先住民が主導するアイドル・ノー・モア運動は、保護区と環境を脅かす悲惨な政府の政策に反対している。 Idle No Moreは、特に環境問題への意識が高まるにつれ、強力な抵抗の声となっています。

もちろん、先住民の抵抗はこの大陸にとって目新しいものではありません。ヨーロッパ人がタートルアイランドに足を踏み入れて以来、それは歴史の一部でした(北米は一部のネイティブアメリカンに知られているため)。カナダ全土の高速道路を封鎖しているIdleNo Moreの動きの画像は、過去の闘争を思い起こさせます。

そのような最も重要な闘争の1つは、40年前の2月27日に始まりました。1973年にオグラララコタの長老たちとアメリカインディアン運動(AIM)が負傷した膝を占領し、腐敗した部族評議会のディックウィルソン大統領の弾劾を呼びかけました。議会が破られた条約を再検討するために。

1970年代、傷ついた膝が位置するパインリッジ居留地は、ラテンアメリカの独裁政権のように運営されていました。

米国政府は、部族評議会の議長であるディック・ウィルソンに資金を注ぎ込み、ディック・ウィルソンは鉄の拳で予約を監督した。過激なAIMの支持者は、オルガラネーションの守護者(GOON)の分隊によって追い詰められ、数々の銃撃戦で終わりました。 GOONチームは、FBIおよびインディアン局(BIA)と緊密に協力しました。

予約中の高齢者や伝統的な人々に対する彼の虐待、彼の非民主的な方法、そして彼の政権に蔓延した横行する縁故主義と腐敗のために、非常に人気がありませんでした。彼は住宅と都市開発のお金を横領し、資金を悪用したこと、そして予約の他のすべてを無視したことで悪名高い。ウィルソンは連邦資金を使って、準軍組織と呼ばれるもの、そして事実上の死の部隊になったものを始めました。生意気で乗組員をカットしたウィルソンは、怒ったパインリッジの住民がしばらくの間彼らを「グーンスクワッド」と呼んでいた後、彼の武装ギャングのガーディアンズオブオグララネーション(GOON)に名前を付けただけでした。

ウィルソンはあまり人気がなかったので、予約に抵抗が生じました。 Oglala Sioux公民権機構(OSCRO)は、ウィルソンを弾劾するために設立されました。請願書が提出されました。ウィルソンが前の選挙で得た票数よりも多くの署名がありました。ウィルソンは縁故主義と汚職を示し、弾劾審理を個人的に主宰したので、結果を推測することができます。

OSCROは次に何をすべきか途方に暮れていました-部族評議会を通じた行動は明らかにうまくいきませんでした。 200人以上の人々が集まった公聴会に来て、状況を支援するためにAIMを予約に招待するかどうかを決定しました。 AIMには組織があり、オグラララコタの人々を守るために人々を連れてくることができました。オグララ族の伝統的な首長であるフランク・フールズ・クロウは、「先に進んでそれを実行します。アメリカインディアン運動から兄弟を連れて行き、傷ついた膝に行き、そこに立ってください」と言いました。

1973年2月27日、300人の武装したオグラララコタとAIM活動家の隊商が傷ついた膝に到着し、解放された領土であると宣言しました。彼らは教会と交易所を乗っ取り、すべての道路を封鎖し、いくつかの白い人質を取りました。

主要な参加者には、レオナルドクロウドッグ、カーターキャンプ、マドンナサンダーホーク、ラッセルミーンズ、デニスバンクスが含まれていました。 AIMのリーダーであるデニスバンクスが言ったように、「出たメッセージは、インディアンの一団が米国政府を引き継ぐことができるということです。テカムセは彼の日、ジェロニモ、シッティングブル、クレイジーホースを持っていました。私たちは私たちのものを持っていました。」

「私たちは文化的に全滅しようとしていました」とラッセル・ミーンズはドキュメンタリーで説明しました 私たちは傷ついた膝に留まらなければならない。 「私たちの精神的な生き方、私たちの生き方全体が打ち切られようとしていました。そしてこれは私たちの尊厳と自尊心の復活でした。」

占領開始から数時間以内に、連邦政府は圧倒的な反応を動員し、200人以上のFBI捜査官、連邦保安官、BIA警察を派遣して、負傷した膝を取り囲み、封鎖しました。

サウスダコタ州の上院議員、ジョージ・マクガヴァンとジェームズ・アブレズクは、人質のために自由を交渉するようになりました-彼らは人質がインドの大義に同情的であり、彼らの意志に反して滞在していないことを学びました。交易所の所有者であるアグネス・ギルダースリーブは、「私たちは人質ではなく、ここに留まるつもりです。これらのインド人がここにいるのはあなたのせいです。あなたは彼らの話を聞いたことがありますか?私たちが去ったら彼らを殺しなさい!」

銃撃戦は占領のほぼ毎晩起こった。精神的指導者の一人であるレオナルド・クロウ・ドッグは、スウェットロッジや式典の人々を、もしそれが来たとしても戦いの準備をするように導くでしょう。これらの儀式は、抵抗とネイティブプライドの感覚を発達させるために非常に重要でした-アメリカのインディアンは当時彼らの宗教と文化を実践することを許されていませんでした。

占領者の要求は非常に単純でした。予約の汚職と、破られた条約に関する議会での公聴会を調査してください。しかし、政府は直ちにこれらの要求を拒否し、状況に対処するために中堅の役人を派遣し、傷ついた膝を離れる占領者についての最後通告を出しました。 AIMはこの文書をカメラの前で焼きました。

主流のメディア放送は引き続きAIMを悪魔化し、世論を運動に反対させようとしました。それにもかかわらず、占領はアメリカ全土で共感を得て、大多数は彼らがインディアンを支持したと言った。俳優マーロンブランドは、アカデミー主演男優賞を受け入れることを拒否します ゴッドファーザー 先住民の権利と連帯し、映画におけるインディアンの固定観念に反対する抗議で。アパッチの女優サチーン・リトルフェザーは、何百万人もの人々が見た賞を拒否する演説をしました。

ウォーターゲート事件がニクソン政権を揺るがしたとき、占領は起こっていた。政権は、1890年の負傷した膝の虐殺の現場であった村を襲撃することによって、それがすでにしたよりも悪く見えることを望んでいませんでした。 AIMとラコタの活動家は、物資が殺到し続ける中、全国で連帯を築くことができました。全国の部族からのアメリカインディアン、白人、​​チカーノ、黒人、アジアの活動家など、何千人もの人々が参加しました。

フランク・フールズ・クロウが率いる小さな代表団は、解放された国としての占領の自治の認識を得るために国連に行きました。リクエストは拒否されました。

その間、FBIの反応は占領に全面的に反対しました。元FBI捜査官のジョー・トリンバッハは後に次のように回想している。それは空白の小切手を持っているようなものだったので、それはかなりきちんとしていました。私はエージェントにラピッドシティーに行って、彼らが見つけることができるすべてのライフルを買ってもらいました。」

米国政府は、傷ついた膝が他の人が従う例になるのではないかと心配していた。 BIAの高官は、傷ついた膝が「米国の革命運動を結晶化した」という彼の見解に警鐘を鳴らした。

占領の終わりまでに、2人のアメリカ人インディアン、バディ・ラモントとフランク・クリアウォーターが殺されました。バディ・ラモントはベトナムのベテランで予約で有名なパインリッジ出身でした。パインリッジのラジオ局の建物は現在彼にちなんで名付けられています。ラモントの曽祖父母はリトルビッグホーンの戦いでクレイジーホースと一緒にいました、そして彼の祖母は傷ついた膝の虐殺の数少ない生存者の一人でした。フランク・クリアウォーターはノースカロライナ州出身のチェロキーで、妻と一緒に傷ついた膝に到着したばかりでした。彼は横になっていたときに迷いの弾丸によって殺されました。

FBIがAIMへの攻撃をエスカレートするにつれて、占領はますます困難になりました。電気も水道も供給も減っていたため、占領は人々を限界に追いやった。 71日後、フランク・フールズ・クロウの要請により、占領は5月8日に終了しました。FBIが入ってきて、120人を武装解除して逮捕しました。しかし幸いなことに、多くの人々が前夜にこっそりと逮捕を回避していました。

ずっと占領の一部であったグラディス・ビソネットは、その最終日に言った:

これは私の人生でこれまでに起こった中で最も素晴らしいことの1つでした。そして、今日はここでの最後の日ですが、これは私の家の一部であるため、私はいつもここにいるような気がします。少なくともパインリッジリザベーション全体を通して、インディアンが団結して一緒に立ち、手をつないで、傷ついた膝を決して忘れないことを願っています。ここには何もありませんでした。食べるものもありませんでした。しかし、私たちには1つのことがありました。それは、64の異なる部族間の団結と友情でした。私はこのようなものを見たことがありません。

占領の終わりまでに、抗議に関連して全国で1,200人以上が逮捕され、500人の長老が起訴された。ほとんどが無罪となったが、レオナルド・クロウ・ドッグは結局数ヶ月の刑務所で服役した。

カナダと米国では間違いなくアイドル・ノー・モア運動の抵抗が続いているため、過去の闘争と歴史書から書き出された人々の物語を思い出し、学ぶことが重要です。

傷ついた膝の職業の最も重要な教訓の1つは、連帯の重要性です。ラコタの勇気は刺激的でしたが、一般の人々からの支援がなければ、占領は長くは続かなかったでしょう。

抑圧されているすべての人々と一緒に戦うことは、活動家としての私たちの仕事です。傷ついた膝の占領のこの記念日に、失われた命と戦った人々の勇気を思い出しましょう。


1973年:アメリカインディアン運動が傷ついた膝を占める

アメリカインディアン運動のメンバーは、サウスダコタ州のパインリッジリザベーションにある傷ついた膝の交易所を占めています。紛争は、オグラララコタ族の議長を弾劾しようとしたことから始まりました。しかし、部族が武装キャンプに分割されると、部族の警察と政府、連邦法執行機関、および多くの外部関係者が関与するようになりました。包囲は71日間続き、2人のインド人が死亡し、全国的なメディアの注目を集めました。

「1973年のウンデットニーでの紛争には、パインリッジのオグラララコタ族内で、物議を醸している部族の議長であるリチャードウィルソンをめぐる紛争が含まれていました。ウィルソンは、アメリカインディアン運動に関連するものを含む部族のいくつかのセグメントによって、BIAの腐敗した人形と見なされていました。ウィルソンを非難する努力の結果、部族は対立する陣営に分割され、最終的には武装し、部族警察と政府のAIM予約居住者、連邦法執行官、地元市民、全国的に著名な娯楽を巻き込んだ2か月半の紛争に巻き込まれた。全国の慈善団体、宗教団体、法務団体、および全国のニュースメディアを取り上げています。 1973年5月9日に包囲が終了したとき、2人のインディアンが死亡し、連邦政府軍の死傷者を含め、両側の不明な数が負傷しました。」 —Alvin M. Josephy、Joane Nagel、Troy Johnson、編集者、 レッドパワー:アメリカインディアンの自由のための戦い, 1971


1973年の傷ついた膝の包囲

傷ついた膝でのネイティブアメリカンの71日間の蜂起の短い歴史。武装したアメリカのインディアンは、合法的に所有していた領土を占領し、先住民族と連邦政府の間で署名された371の条約の調査を含むいくつかの要求がありましたが、そのすべてが米国によって破られました。

1968年の夏、アメリカのインド人コミュニティの200人のメンバーが集まり、当時のインド人が日常的に扱っていたさまざまな問題について話し合いました。これらの問題の中には、警察の残虐行為、高い失業率、およびアメリカインディアンに関する連邦政府の政策が含まれていました。

この会議から、一般にAIMとして知られるアメリカインディアン運動が誕生しました。これに伴い、デニスバンクスやクライドベルコートなどのAIMリーダーが登場しました。
AIMが全国のアメリカインディアンの進路を形作るのに役立つだけでなく、世界の目がアルカトラズでの占領を通じて破られた条約の軌跡を経てAIMの抗議をたどり、最終的な紛争に至ることを誰も知りませんでした。 1868年ブラックヒルズのスー族条約。この紛争は1973年2月27日に始まり、71日間続きます。占領は歴史上、傷ついた膝の包囲戦として知られるようになりました。

それは、アメリカのインディアンが政府の残虐行為に立ち向かったときに始まり、米軍との武力闘争で終わりました。 BIAと部族評議会内の腐敗は常に高く、パインリッジインディアン居留地に対する緊張が高まり、すぐに制御不能になりました。ラコタ国家の長老たちは、絶望に近い気持ちで、他に何もすることがないことを知って、アメリカインディアン運動に援助を求めました。これは、100年以上の人種的緊張と政府の腐敗を頭に浮かび上がらせます。

1973年のその冬の日に、武装したアメリカインディアンの大規模なグループがラコタ国家の名の下に傷ついた膝を取り戻しました。何十年にもわたって初めて、それらのオグララスー族は、彼らの古代の慣習と同様に、政府の介入から解放されて自分たちを支配しました。これは、テレビ映画「ラコタウーマン」のメアリームーアクロウドッグの実話と、傷ついた膝の職業での彼女の経験の基礎となるでしょう。

負傷した膝の占領の前の数ヶ月の間に、内戦はオグララの人々の間で醸造されました。伝統的なラコタの人々とより進歩的な志向の政府支持者との間に明確な関係がありました。伝統的な人々は、連邦政府からのより多くの独立と、1868年のスー族条約の尊重を望んでいました。 1868年の条約によると、サウスダコタ州のブラックヒルズは依然としてスー族に属していました。伝統的な人々は、連邦政府が聖なるブラックヒルズをスー族に返還することで条約を尊重することを望んでいました。

パインリッジ居留地のもう1つの深刻な問題は、土地のストリップマイニングでした。採掘作業で使用された化学物質は、土地と水を汚染していました。人々は病気になり、子供たちは先天性欠損症で生まれていました。部族政府とその支持者は、ストリップ採掘とブラックヒルズの連邦政府への売却を奨励した。その時点で、部族政府はBIAの操り人形に過ぎなかったと言われています。神聖なブラックヒルズは、他の多くの問題とともに、ラコタ国家を引き裂くくさびになりました。伝統的な人々とGOONS(私たちのオグララ民族の守護者)の間の激しい対立は日常の出来事になりました。

理想主義的で反抗的な若いAIM戦士は、インドの人々にとって新鮮な空気の息吹のようであり、彼らのアイデアはすぐに受け入れられました。 AIMが傷ついた膝を支配したとき、75以上の異なるインドの国々が代表され、全国から毎日より多くの支持者が到着しました。すぐに連邦保安官の形で米軍と州兵が大規模なグループを取り囲んだ。傷ついた膝への道はすべて遮断されたが、それでも人々は線をすり抜け、占領地に注いだ。

傷ついた膝の中の軍隊は、部族の資金の悪用の調査を要求しました。部族の政府に対してあえて声を上げた人々に対するグーン・スクワッドの暴力的な攻撃。さらに、彼らは上院委員会がオグララ・スー族の業務の取り扱いに関してBIAと内務省の調査を開始することを望んでいました。戦士たちはまた、先住民族と連邦政府の間の371の条約の調査を要求しましたが、それらはすべて米国によって破られました。

傷ついた膝を占領した戦士たちは、これらの要求に固執し、彼らが満たされるまで武器を置くことを拒否しました。政府はWoundedKneeへの電力を遮断し、すべての食料がこの地域に入らないように努めました。

その冬の残りの間、傷ついた膝の中の男性と女性は、連邦軍の武力侵略と戦っている間、最小限の資源で生活していました。毎日、激しい銃撃戦が両陣営の間で行ったり来たりしましたが、彼らの言葉通り、彼らはあきらめることを拒否しました。

傷ついた膝の占領の間、彼らは伝統的な方法で生き、誕生、結婚を祝い、傷ついた膝の中で2人の仲間の戦士の死を悼みました。 AIMのメンバーであるバディラモントはM16の火事に見舞われ、傷ついた膝の中で血を流して死にました。

AIMのメンバーであるフランク・クリアウォーターは、傷ついた膝の中で重機関銃の銃撃により殺害されました。

他の12人は、物資を傷ついた膝にバックパッキングしている間にグーン・​​スクワッドに傍受され、姿を消し、二度と連絡がありませんでした。政府は調査したが、その地域で集団墓地を探すことにより、何も見つからなかったため、調査はすぐに却下された。

負傷した膝は、オグララスー族だけでなく、他のすべてのインド諸国にとっても大きな勝利でした。 1973年の短期間、彼らは再び自由な人々でした。

After 71 days, the Siege at Wounded Knee had come to an end with the government making nearly 1,200 arrests. But this would only mark the beginning of what was known as the "Reign of Terror" instigated by the FBI and the BIA. During the three years following Wounded Knee, 64 tribal members were unsolved murder victims, 300 harassed and beaten, and 562 arrests were made, and of these arrests only 15 people were convicted of any crime. A large price to pay for 71 days as a free people on the land of one's ancestors.


Leonard Peltier Denied Clemency by Obama

Democracy Now!, January 18, 2017

The Office of the Pardon Attorney has announced President Obama has denied clemency to imprisoned Native American activist Leonard Peltier. Peltier is a former member of the American Indian Movement who was convicted of killing two FBI agents during a shootout on South Dakota’s Pine Ridge Indian Reservation in 1975. He has long maintained his innocence. Read the rest of this entry &rarr


UNL’s AIM: A Brief History of the American Indian Movement And its Influence on the University of Nebraska-Lincoln

The late 1960s and early 1970s brought about great change to the United States. The Cold War, the Vietnam War, and the Civil Rights Movement stirred many Americans into action, including the nation’s “forgotten minority.” Inspired by these events, Indigenous leaders and scholars from various Indigenous nations began to radically rethink the role American Indians would have in the United States. The Red Power Movement ushered in a new understanding of Native American spirituality, leadership, affirmation, and tribal rights. Native Americans that came together into urban centers following the Termination and Relocation Acts sought change through the American Indian Movement (AIM). AIM & the Red Power Movement in general, proved impactful throughout the country from 1969 to 1975, and affected many liberal institutions such as the University of Nebraska-Lincoln (UNL). In response to AIM, UNL pushed for more progressive policies regarding race and Indigenous education. Despite the group’s early impact however, AIM’s national influence ultimately died out with time, but UNL’s AIM inspired policies that continue to live on to this day.

The American Indian Movement’s inception was a result of the Termination Act of 1953 and the Relocation Act of 1956. During World War II, 44,000 Native Americans, 10% of the entire US Indigenous population, participated in the war.[ 1] Because of their efforts, many Americans began to finally recognize Native Americans, as fellow Americans. Believing that Indigenous peoples were finally ready to assimilate into the American lifestyle, the federal government ushered in a new era of Indian Policy.

First to come of the United States’ 20th century assimilation program was the Termination Act of 1953 which ended the reservation system of the time. The idea of the act was to subject Native Americans to state and federal laws as well as grant them all the rights and benefits of being an American citizen. Consequently, the Termination Act also meant that Indigenous nations would no longer be federally recognized and would no longer receive federal aid. The Relocation Act of 1956 furthered the new Indian Policy by sending Native Americans from various reservations to urban centers such as Chicago, Los Angeles, Salt Lake City, Denver, and Minneapolis. While there have long been American Indians in urban settings, the Relocation Act brought many new perspectives to target cities. Relocated Native Americans faced poor housing conditions, redlining, segregation, and discrimination. Seeking assistance and community, urban Indigenous peoples came together in an intertribal movement to discuss the troubles that plagued them. In Minneapolis, this convening of urban Native Americans directly led to the formation of the American Indian Movement.[2]

Since its inception in 1968, the American Indian Movement has focused on Native American spirituality, leadership, and affirmation. AIM speaks out against unemployment, housing, and discrimination, while simultaneously advocating for tribal rights. Historically, AIM has sponsored many protests throughout the United States in order to garner publicity and support. Some of the group’s most impactful protests were the Occupation of Alcatraz in 1969, the Trail of Broken Treaties in 1972, and the Wounded Knee Occupation in 1973.[3 ]

Back in 1969, Alcatraz was not the tourist destination it is today, and was instead abandoned federal property. In accordance with the 1868 Treaty of Fort Laramie, AIM made its debut and legally occupied the island, declaring it Indian land. The 1868 Treaty of Fort Laramie was an agreement made between the US federal government, Arapaho nation, Yanktonai nation, Oglala nation, Minniconjou nation, and Brule nation in 1868 that, in part, returned all retired federal land to Native Americans. The Occupation made national news and lasted over a year and a half. Alcatraz’s occupiers published newsletters and even broadcasted their own radio program. The Occupation of Alcatraz only came to an end after federal officers cut off the island’s access to power and water and then forcibly removed the remaining inhabitants in 1971.[4 ]

Less than a year later in 1972, the American Indian Movement made plans for another large protest to attain media coverage. Wishing to bring attention to the over 500 broken and unfulfilled treaties made between various Indigenous nations and the federal government, AIM devised the Trail of Broken Treaties. The Trail of Broken Treaties began with an intertribal gathering of American Indians in Seattle, San Francisco, Los Angeles, Denver, and Rapid City to form seven caravans. These caravans then headed east towards Washington DC, growing in size as they traveled. The Trail of Broken Treaties brought together the largest group of Native American protesters in history to Washington DC, and just one week before the presidential election of Richard Nixon. AIM put together the Twenty Points Position Paper that detailed the group’s goals, which particularly featured the re-envisionment of Indian-federal treaty making. AIM had hoped to present it to the federal government. Once it was made clear that the government had no intention of reviewing the Twenty Points, the caravans protested by seizing the Bureau of Indian Affairs building and burning many of its documents. After a three day standoff, government officials heard AIM’s requests and negotiated the future of Indian treaty making.[5 ]

The last of AIM’s major protests came about in 1973 at Wounded Knee, South Dakota. Wounded Knee is a town within the Pine Ridge Reservation and also the site of the Wounded Knee Massacre. AIM chose to occupy Wounded Knee in remembrance of the 300 Lakota Sioux murdered there in 1890. AIM’s mission was to yet again bring recognition to numerous treaties that the federal government had broken, as well as see the removal of Dick Wilson as chairman of the Oglala Sioux. Dick Wilson was a half blood that was believed to have been unfairly representing full blooded Oglala Sioux. The occupation quickly turned into a siege led by federal marshals and the National Guard. The federal government cut off supplies, electricity, and water from the coalition of Native Americans at Wounded Knee, and throughout the 71 day siege both sides fired upon one another. Ultimately, the Wounded Knee Occupation brought once again nationwide attention to AIM and the Native American struggle, but at the cost of two AIM members’ lives and the paralyzation of one US marshal.[6 ]

The Occupation of Alcatraz, the Trail of Broken Treaties, and the Wounded Knee Occupation, among other Indigenous protests and demonstrations, brought attention to many of the various issues plaguing Native Americans and inspired several liberal institutions to take action. One such institution was the University of Nebraska-Lincoln. In accordance to Section 19 of UNL’s Charter, the university has always admitted students and faculty of all races, and since its founding, has always had a small Native American community.[7 ] In order to support their fellow Indigenous Cornhuskers on campus and across the state, UNL’s faculty and student body took action by creating TONIC, publishing articles about AIM in the Daily Nebraskan, and partaking in support protests.

Tutors of Nebraska Indian Children (TONIC) was a UNL sponsored teaching program established in late 1969.[8 ] It was no coincidence TONIC was formed during the Occupation of Alcatraz. The Occupation garnered national attention and forced many Americans to rethink the way Native Americans were viewed and treated. TONIC began with UNL trained tutors traveling to the nearby Ho-Chunk Winnebago Reservation and the Omaha Reservation to directly teach Indian children.[9] The tutors were volunteers consisting of students primarily from UNL, but also from the University of Nebraska-Omaha, and the Concordia Teachers College.[10] Later, TONIC was made into a two-credit hour course, and each volunteer was educated in various historic and contemporary Indian cultures to better understand their students.[11] By 1974, UNL Chancellor James H. Zumberge considered TONIC to, “(1) Supplement the education each child is receiving in school, and (2) . develop comradeship with the child involved.”[12] While TONIC was the most hands on initiative UNL’s students and faculty led to support Native Americans, it was not the only one.

More of AIM’s influence on UNL and Lincoln, Nebraska in general was seen on November 7, 1972 during the Trail of Broken Treaties. The Lincoln AIM chapter led by A-Go Sheridan issued a support protest at the Lincoln capitol building. The protest was attended by 35 Lincoln Native Americans, as well as some UNL students and other Lincolnites who joined in. The goal of the protest was to both show support and garner attention for the Trail of Broken Treaties protest going on at the same time in Washington DC. The Lincoln Trail of Broken Treaties support protest was featured in the UNL newspaper, the Daily Nebraskan.[13]

NS Daily Nebraskan was another important aspect of UNL that was influenced by the American Indian Movement. From AIM’s peak years of 1969 to 1975, the Daily Nebraskan published numerous articles highlighting the movement’s endeavors. NS Daily Nebraskan helped to inform UNL students of protests such as the Trail of Broken Treaties and the Wounded Knee Occupation. NS Daily Nebraskan also helped spread news about the UNL Council of American Indian Students.[14]

The Council was formed in 1970, similarly to TONIC, during the Occupation of Alcatraz. UNL’s Council of American Indian Students served as a platform for Native Americans to convene and work together. The Council also sponsored an annual event called Indian Awareness Week. Indian Awareness Week invited all of UNL’s students and faculty to learn about both historic and contemporary Indian culture, as well as view an intertribal powwow.[15]

While the American Indian Movement acted across the United States and received national news media coverage multiple times, by 1976, the group’s influence had dwindled. From 1969 to 1975, AIM was a household name. Everyone had heard about the group’s Occupation of Alcatraz, the Trail of Broken Treaties, and the Wounded Knee Occupation. AIM brought to light many of the issues Native Americans faced and forced Americans to reevaluate the American Indian. Today, AIM still exists, continued on as a lobbyist group. While the American Indian Movement of the early 70s is long gone, their impact still lives on today, and it lives on in part at the University of Nebraska-Lincoln.

AIM lives on at UNL through UNITE, Native American Heritage Month, and the powwow. The UNL Council of American Indian Students was largely replaced by UNITE, the University of Nebraska Inter-Tribal Exchange. UNITE is made up of both Native American and non-Native American students. The group serves to empower and promote Native American students and to share Indian cultures with the rest of UNL. UNITE helps sponsor events for Native American Heritage Month in November and has continued on the tradition of hosting an annual powwow. While the powwow was discontinued for a time at UNL due to financial reasons, UNITE successfully brought the event back in 2016 and has worked hard to ensure the event remains an annual occurrence.[16]

The American Indian Movement saw a golden age from 1969 to 1975 and reshaped the way Native Americans were perceived. AIM garnered national attention through protests like the Occupation of Alcatraz, the Trail of Broken Treaties, and the Wounded Knee Occupation. With publicity and a message deserving of it, AIM greatly impacted liberal institutions across the United States, including the University of Nebraska-Lincoln. AIM inspired UNL to create racially progressive programs like TONIC and the Council of Native American Students. While the revolutionary Indian group’s influence died out with time, the American Indian Movement’s legacy continues to live on today at the University of Nebraska-Lincoln.

  1. Lincoln Riddle. "Much More Than Code Talking - The Role of Native Americans in World War II." WAR HISTORY ONLINE. September 27, 2017.
  2. Levanne R. Hendrix. "1953 to 1969: Policy of Termination and Relocation." Stanford Ethnogeriatrics. March 05, 2014 "LibGuides: American Indian Movement (AIM): Overview." Overview - American Indian Movement (AIM) - LibGuides at Minnesota Historical Society Library. February 06, 2019.
  3. Laura W. Wittstock, and Elaine J. Salinas. "A Brief History of the American Indian Movement." AIMovement "LibGuides: American Indian Movement (AIM): Overview."
  4. Alcatraz Proclamation and Letter | Indians of All Tribes (December 1969). For the purposes of the paper, neither the Alcatraz Proclamation or Letter are used instead the brief history of the event provided at the beginning of the site is used.
  5. Jason A. Hepler "Framing Red Power: Newspaper Coverage and the Trail of Broken Treaties." Framing Red Power. 2009 Brenda Norrell. "In Memory Carter Camp, Ponca." Censored News. December 27, 2013.
  6. John E. Carter "Encyclopedia of the Great Plains." Encyclopedia of the Great Plains | WOUNDED KNEE MASSACRE. 2011 Chertoff, Emily. "Occupy Wounded Knee: A 71-Day Siege and a Forgotten Civil Rights Movement." The Atlantic. October 23, 2012 Brenda Norrell. "In Memory Carter Camp, Ponca."
  7. UNL Charter. Section 19. February 19, 1869. University Archives & Special Collections, University of Nebraska-Lincoln.
  8. James H. Zumberge. Chancellor Correspondence 。 Letter from Chancellor Zumberge to “Colleague” discussing TONIC and charity for the organization. April 15, 1974. University Archives & Special Collections, University of Nebraska-Lincoln. Office of the Chancellor Centralized Files of the Chancellor. Box 94, Folder 3
  9. James H. Zumberge. Chancellor Correspondence .
  10. N. Higgins, J. Thorson, M. Weiland. TONIC Tutors of Nebraska Indian Children Orientation Handbook 。序章。 1973. University Archives & Special Collection, University of Nebraska-Lincoln. Office of the Chancellor Centralized Files of the Chancellor. Box 94, Folder 3, Page IX-X
  11. James H. Zumberge N. Higgins, J. Thorson, M. Weiland. TONIC Tutors of Nebraska Indian Children Orientation Handbook .
  12. James H. Zumberge.
  13. A.J. McClanahan "AIMed Support." The Daily Nebraskan (Lincoln), November 8, 1972. Page 9
  14. "Nebraska Newspapers-The Daily Nebraskan." Nebraska Newspapers « Search Results "American Indian Movement". University of Nebraska-Lincoln. Page 1-3
  15. "Indians Perceive Education as Goal of Awareness Week." The Daily Nebraskan (Lincoln), April 6, 1973. Page 9
  16. "UNITE Brings the Native American Powwow Back to UNL." RSO Newsletter. 2016 "UNITE|University of Nebraska Inter-Tribal Exchange." NVOLVE U 2.0.

Alcatraz Proclamation and Letter | Indians of All Tribes (December 1969). Accessed April 10, 2019. https://www.historyisaweapon.com/defcon1/alcatrazproclamationandletter.html.

For the purposes of the paper, neither the Alcatraz Proclamation or Letter are used instead the brief history of the event provided at the beginning of the site is used.

Carter, John E. "Encyclopedia of the Great Plains." Encyclopedia of the Great Plains | WOUNDED KNEE MASSACRE. 2011. Accessed April 10, 2019. http://plainshumanities.unl.edu/encyclopedia/doc/egp.war.056.

Chertoff, Emily. "Occupy Wounded Knee: A 71-Day Siege and a Forgotten Civil Rights Movement." The Atlantic. October 23, 2012. Accessed April 10, 2019. https://www.theatlantic.com/national/archive/2012/10/occupy-wounded-knee-a-71-day-siege-and-a-forgotten-civil-rights-movement/263998/.

Hendrix, Levanne R. "1953 to 1969: Policy of Termination and Relocation." Stanford Ethnogeriatrics. March 05, 2014. Accessed April 10, 2019. https://geriatrics.stanford.edu/ethnomed/american_indian/learning_activities/learning_1/termination_relocation.html.

Heppler, Jason A. "Framing Red Power: Newspaper Coverage and the Trail of Broken Treaties." Framing Red Power. 2009. Accessed April 10, 2019. https://www.framingredpower.org/narrative/tbt/.

Higgins N., Thorson J., Weiland M.. TONIC Tutors of Nebraska Indian Children Orientation Handbook 。序章。 1973. University Archives & Special Collection, University of Nebraska-Lincoln. Office of the Chancellor Centralized Files of the Chancellor. Box 94, Folder 3

Higgins N., Thorson J., Weiland M.. TONIC Tutors of Nebraska Indian Children Orientation Handbook 。 Photo of four TONIC students. 1972. University Archives & Special Collection, University of Nebraska-Lincoln. Office of the Chancellor Centralized Files of the Chancellor. Box 94, Folder 3, Page VIII

"Indians Perceive Education as Goal of Awareness Week." The Daily Nebraskan (Lincoln), April 6, 1973. Accessed April 14, 2019. https://nebnewspapers.unl.edu/lccn/sn96080312/1973-04-06/ed-1/seq-9/#words=American Indian Movement.

"LibGuides: American Indian Movement (AIM): Overview." Overview - American Indian Movement (AIM) - LibGuides at Minnesota Historical Society Library. February 06, 2019. Accessed April 03, 2019. http://libguides.mnhs.org/aim.

McClanahan, A.J. "AIMed Support." The Daily Nebraskan (Lincoln), November 8, 1972. Accessed April 14, 2019. https://nebnewspapers.unl.edu/lccn/sn96080312/1972-11-08/ed-1/seq-9/#words=American Indian Movement.

"Nebraska Newspapers-The Daily Nebraskan." Nebraska Newspapers « Search Results "American Indian Movement". University of Nebraska Lincoln. Accessed April 15, 2019. https://nebnewspapers.unl.edu/search/pages/results/?city=&rows=20&searchType=basic&proxtext=American Indian Movement.

Norrell, Brenda. "In Memory Carter Camp, Ponca." Censored News. December 27, 2013. Accessed April 10, 2019. https://bsnorrell.blogspot.com/2013/12/in-memory-carter-camp-ponca.html.

"Nov. 25, 1969." Digital image. 1969-1971: The Occupation of Alcatraz. Accessed April 15, 2019. https://mashable.com/2016/11/13/occupation-of-alcatraz/#DDpS989VhSqd.

Riddle, Lincoln. "Much More Than Code Talking - The Role of Native Americans in World War II." WAR HISTORY ONLINE. September 27, 2017. Accessed April 03, 2019. https://www.warhistoryonline.com/world-war-ii/much-more-than-code-talking-the-role-of-native-americans-in-world-war-ii-x.html.

"UNITE Brings the Native American Powwow Back to UNL." RSO Newsletter. 2016. Accessed April 15, 2019. https://newsroom.unl.edu/announce/rso/5239/29894.

"UNITE|University of Nebraska Inter-Tribal Exchange." NVOLVE U 2.0. Accessed April 15, 2019. https://orgsync.com/141067/chapter.

UNL Charter. Section 19. February 19, 1869. University Archives & Special Collections, University of Nebraska-Lincoln.

Wittstock, Laura W., and Elaine J. Salinas. "A Brief History of the American Indian Movement." AIMovement. Accessed April 03, 2019. https://www.aimovement.org/ggc/history.html.

Wolfe, Shelby. Members of the Auxiliary American Legion at the 20170 Academic Achievement Powwow sponsored by the University of Nebraska Inter-Tribal Exchange. Digital image. The Daily Nebraskan. April 22, 2017. Accessed April 15, 2019. http://www.dailynebraskan.com/news/unite-powwow-honors-graduating-native-american-students-with-music-dance/article_85bdecb0-aaf9-11e2-875b-001a4bcf6878.html.

Zumberge, James H.. Chancellor Correspondence 。 Letter from Chancellor Zumberge to “Colleague” discussing TONIC. April 15, 1974. University Archives & Special Collections, University of Nebraska-Lincoln. Office of the Chancellor Centralized Files of the Chancellor. Box 94, Folder 3

Patrisha Heckel. Correspondance & TONIC Resource Proposal 。 Photograph of Resource Proposal. November 2, 1973. University Archives & Special Collections, University of Nebraska-Lincoln. Office of the Chancellor Centralized Files of the Chancellor. Box 94, Folder 3, Page 2


American Indian Movement AIM Member on What Lead to Wounded Knee Occupation

Bill Means, a Lakota member of the American Indian Movement (AIM), which advocates for the rights of American Indians, discusses the events that led to AIM’s takeover and 71-day occupation of Wounded Knee on the Pine Ridge Indian Reservation of South Dakota.

The complex event that lead to the Wounded Knee incident begins with the American Indian Wars of the 1800s, which many believe ended with the 1890 massacre of over 300 unarmed Lakota men, women and children by the U.S. 7th Cavalry Regiment near Wounded Knee Creek. The dead were left to stiffen in a blizzard and afterwords dumped in a mass grave. The massacre was one of many events which forced the Lakota, Nakota and Dakota peoples (commonly referred to as the “Sioux”) onto reservations where they would come to face many more injustices by the U.S. government.

Lakota Chief Big Foot Dead After the Wounded Knee Massacre.出典:ウィキペディア。

In the 1970s, tribal tensions rose on the Pine Ridge Indian Reservation for a variety of reasons, one of them being the widespread opposition to tribal president, Richard Wilson. AIM and “traditional” Lakota accused Wilson of corruption, favoritism towards his family for rare and coveted job opportunities and unfair treatment of political opponents Wilson was charged for but avoided an impeachment trial by the Oglala Civil Rights Organization (OSCRO), three weeks before the Wounded Knee incident.

On February 27, 1973, AIM led a march of 200 Oglala Lakota and AIM followers through the reservation to the town of Wounded Knee in protest of Wilson–following OSCRO’s failure to impeach him. AIM also protested the U.S. government’s failure to honor treaties with the American Indian peoples. The band of 200 protesters seized and occupied the town of Wounded Knee within the day, U.S. law enforcement including FBI agents surrounded the town and set up road blocks. Wilson’s paramilitary group, Guardians of the Oglala Nation (GOONs), set up their own roadblocks and surrounded Wounded Knee as well thus, the standoff began and quickly escalated.

Protestors Occupy Wounded Knee. Source: Revolution Newspaper.

For the three months of occupation, both sides often fired at the other when firing waned, activists streamed into the town to support the occupiers. Different estimates agree that the U.S. government sent approximately half of a million dollars worth of support to U.S. marshals and law enforcement to the site, including armored vehicles, helicopters, snipers, machine guns and 130,000 rounds of ammunition. The standoff ended on May 8, 1973 after two American Indians were killed, one civil rights activist supporting the Lakota disappeared and two U.S. agents were wounded.

Wide media coverage made the incident well-known as it occurred many were sympathetic to the Lakota and American Indians during and after the incident for the injustices they experienced at the hands of the American government. The incident also grabbed the attention of the international community. AIM leaders Russell Means and Dennis Banks were indicted due to the event, but their case was dismissed. Violence in Pine Ridge skyrocketed afterwards, with over 60 of Wilson’s tribal opponents dying in the next three years. Pine Ridge is still the poorest reservation in America and continues to battle health issues, poverty, unemployment and high suicide rates. Nevertheless, AIM’s standoff brought pride to many American Indians for its defiance against a government which so often mistreated, lied and forgot about its country’s first inhabitants.


The American Indian Movement, 1968-1978

Founded in July 1968 in Minneapolis, Minnesota, the American Indian Movement (AIM) is an American Indian advocacy group organized to address issues related to sovereignty, leadership, and treaties. Particularly in its early years, AIM also protested racism and civil rights violations against Native Americans. During the 1950s, increasing numbers of American Indians had been forced to move away from reservations and tribal culture because of federal Indian termination policies intended to assimilate them into mainstream American culture. Founders of AIM included Mary Jane Wilson, Dennis Banks, Vernon Bellecourt, Clyde Bellecourt, and George Mitchell, while other activists like Russell Means worked with the organization prominently in the 1970s.

AIM staged a number of protest actions on historically significant sites of injustice and violence perpetrated by the federal government against Native Americans. These protests included the occupation of Alcatraz Island in 1970, protests at the federal Bureau of Indian Affairs in 1972, the occupation of Wounded Knee on the Pine Ridge Reservation in 1973, and the Longest Walk spiritual march from Alcatraz to Washington, DC to support tribal sovereignty and bring attention to anti-Indian legislation in 1978. AIM continues its work to the present day, speaking out against injustices and working to improve conditions for Native Americans. This primary source set uses documents, photographs, videos, and news stories to tell the story of the first decade of the American Indian Movement.


ビデオを見る: Мой ОТЕЦ ОТВЕТИЛ с того света на кладбище Что он хотел сказать? ФЭГ ЭГФ The ghosts voice (2月 2023).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos