新しい

西部の土地の主張

西部の土地の主張



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アメリカ独立戦争時代のアメリカ人は、「西」をアパラチア山脈とミシシッピ川の間の土地と見なしていました。西側は最近の論争の対象でした。フレンチ・インディアン戦争(1754-1763)の間、イギリスとフランスはこの地域の支配をめぐって激しく奮闘しました。その紛争の余波で、イギリスは1763年の宣言でアメリカ人入植者の西方への移動を止めようとしました。これは母国と植民地の疎外につながった一連の出来事の1つです。1780年代までに、13の元の州のうち7つが西部の地域への主張を告げていた。これらのいわゆる「上陸した」州は、6つの「土地のない」州に比べて大きな潜在的優位性を持っていました。土地のない国々は、住民を失い、取るに足らないものになってしまうことを恐れていました。西部の土地に対する主張は、通常、古い植民地憲章の漠然とした言葉遣いに根ざしています。主張がしばしば互いに重なり合い、ある州の利益が別の州の利益と対立するという事実によって、状況はさらに複雑になりました。独立戦争が終結に近づくにつれて、連合規約政府はこの問題に苦しんでいました。憲法。

上陸した州には次のものが含まれていました。

  1. バージニア。 最古の植民地憲章の所有者であるバージニア人は、西部に上陸するのに最善の主張をしていると確信していました。連邦は、旧北西部(オハイオ国)の広がりを含む西と北に広がる広大な地域への権利を主張しました。しかし、その主張の大きさと堅実さにもかかわらず、バージニア州はその地域を中央政府に引き渡す運動のリーダーの一人でした。ビジネスリーダーは、西部の土地に対する主張よりも、実行可能な国家連合を持つことを好みました。
  2. バージニア州は1784年に北西部にその主張を放棄しましたが、新しい連邦政府が発足するまで、山の真向かいの豊かな土地に留まりました。後者の地域であるケンタッキー州は、バージニア州が正式にその主張を無効にしたのと同じ年の1792年に州になりました。
  3. コネチカット。コネチカットは、その西の境界からミシシッピ川までの土地の帯を主張しました。ペンシルベニアの一部(地図には表示されていません)に対する主張は、その州が保有する最近の憲章の強さのために、中途半端にしか主張されませんでした。コネチカットとニューヨークは共同で旧北西部の土地を主張したが、ニューヨークは1785年にその権利を放棄し、コネチカットは翌年に続いた。しかし、西部保護区として知られる地域に対するコネチカットの主張は、1795年にコネチカット土地会社が購入するまで維持されました。
  4. マサチューセッツ。現在のミシガン州とウィスコンシン州の一部に対する請求は1785年にマサチューセッツによって放棄され、ニューヨーク西部の地域(地図には表示されていません)に対するはるかに弱い請求は1786年に放棄されました。ニューハンプシャーとニューヨークは、1791年に州としての地位を獲得したバーモントを主張する。
  5. ニューヨーク。 1782年、ニューヨークは、現在のオハイオ、インディアナ、イリノイ、ミシガン、ケンタッキー、およびテネシー州中部とバージニア州西部の一部を含む広大な地域(地図には表示されていません)にその気の利いた主張を譲りました。
  6. ノースカロライナ州。 ノースカロライナは1784年に西側の主張を放棄しようとしました。後にテネシーとなる入植者、特にワタウガ川沿いの入植者はほとんど税金を払いませんでしたが、インドの攻撃をかわすための支援を要求しました。中央政府がノースカロライナの割譲を受け入れたのは1790年になってからでした。
  7. サウスカロライナ。 1787年、サウスカロライナは西の境界からミシシッピ川まで続く狭い土地への主張を放棄しました。この主張の一部はジョージア州北部に追加され、残りは中央政府に割譲されました。
  8. ジョージア。 西部の土地に対する最も弱い主張の所有者であるジョージアは、最も長く持ちこたえました。後にアラバマとミシシッピになった地域は1802年に放棄され、降伏のプロセスが完了しました。

州による西部の土地の譲渡には、地域を組織し、州としての準備をするために、議会によって可決された一連の法律が伴いました。これらの措置には、1784年の条例、1785年の条例、1787年の北西部条例が含まれていました。州や中央政府によって管理されていない周辺地域は、さまざまな時期に英国、フランス、スペインに属していました。これらの土地は、ヨーロッパの戦争を解決することを目的とした外交努力に応じて、ある程度の頻度で手を変えました。

  • ルイジアナ、ミシシッピ川の西側の土地に一般的に付けられた名前は、七年戦争(1763)の後にイギリスからスペインに渡されましたが、アメリカの独立(1783)の後にスペインに戻りました。ナポレオン戦争中、ルイジアナはフランスに渡り(1800)、その後まもなくルイジアナ購入(1803)で米国に売却されました。
  • フロリダ また、あるヨーロッパの勢力から別の勢力に移りました。フランスは七年戦争後の1763年にフロリダからイギリスへの主張を放棄しましたが、スペインは1783年のアメリカ独立戦争の終わりに慰めの賞として領土になりました(ジブラルタルを確保できませんでした)。スペインは降伏しました。ピンクニーの条約(1795年)における現在のアラバマとミシシッピに対するその主張。アメリカ合衆国は1819年にアダムズオニス条約の条件の下でフロリダを購入しました。
  • カナダ国境の質問 独立戦争の終結時にパリ条約で十分に取り上げられなかった。メイン州とニューブランズウィック州、およびスペリオル湖のすぐ西の地域という2つの特定の国境問題が残っており、1842年のウェブスターアッシュバートン条約まで解決されませんでした。

インディアン戦争のタイムテーブルを参照してください。


マサチューセッツ州西部土地請求の割譲、1785年

これらのプレゼントを見るすべての人に、私たちサミュエル・ホルテンとルーファス・キングは、アメリカ合衆国議会でマサチューセッツ州の書面による代表団に挨拶を送ります。

一方、マサチューセッツ州立法廷は、私たちの主の年の11月13日、「合衆国のこの連邦の代表団に権限を与える法律を議会で放棄するために集まった」というタイトルの法律を可決しました。アメリカ合衆国は、この連邦の所有物を特定の土地に上陸させている」と述べた。

「現在、連邦内のいくつかの州は、米国の西部にある広大な未耕作国に関心を持っておらず、上記の国々が前述の国に関心を持つべきであることが合理的かもしれないが、議会で上院と下院によって制定され、その権限によって、合衆国議会でこの連邦の代議員が集結するか、または上記の代議員のいずれか3人がこれにより承認され、この連邦のために、そしてこの連邦に代わって、本物の輸送または処分される米国への輸送によって、10月10日の議会の決議に同意して同じ利益のために、セデまたは放棄する権限を与えられた。 、ハドソン川とミシシピ川の間にあるこの連邦に属するその土地のそのような部分は、彼らが適切であると考えるかもしれないので、そして言われたCを作るためにそのような方法で、彼らにとって最も適切であると思われるような条件でのエッセンス。」

そして、私たちの主の年の3月17日、上記の一般裁判所は、「この連邦の代表者に権限を与える法律と題された法律に加えて、アメリカ合衆国議会は、この連邦の所有物である特定の土地をアメリカ合衆国に放棄するために集まった」と次の言葉で述べている。

「前述の法律により、議会でこの州を代表する3人の代表者が前述の割譲を行うために必要であり、したがって、上記の事業は、より少ない数の上記の代表者によって行われる必要があるかもしれません。下院は、議会でこの連邦を代表する任意の2人の代議員が、前述の法律によって行われる可能性のあるすべての事項および事柄を実行および実行する権限を与えられ、権限を与えられていることを承認し、権限を与えられています。そして、前述の行為にかかわらず、前述のように3人の代表者によって実行された。」そして、私たちの主の前述の年の6月17日、前述の一般裁判所は、前述のサミュエル・ホルテンを指名して任命し、11月3日には、前述のルーファス・キング代表団が代表を務めました。アメリカ合衆国議会でのマサチューセッツ州は、同年11月の第1月曜日から1年間、任命が完全に効力を持っている。したがって、今、あなたがたは、マサチューセッツ州立法廷の前述の行為によって、前述の連邦のために、そしてそのために、前述のマサチューセッツ州法によってコミットされた私たちに対する権力と権威のおかげで、私たちが前述のサミュエル・ホルテンとルーファス・キングであることを知っています。マサチューセッツ州は、これらのプレゼントによって、譲渡を割り当て、請求をやめ、譲歩し、マサチューセッツ州を含む、すべての権利、権原、財産、および当該連邦が所有する管轄区域内の土地の利益のためにアメリカ合衆国に譲渡します。マサチューセッツ憲章の範囲内の領土または国の地域は、次の線の西に位置し、横たわっています。つまり、北緯45度から、オンタリオ湖の西側の曲がり角または傾斜を通り、マサチューセッツ憲章に含まれる領土の最南端の線までの子午線によって引かれる子午線です。しかし、実験で上記の子午線がナイアガラの川または海峡の最も西に曲がったり傾斜したりしてから西に20マイルを理解できない場合は、名前と上記のマサチューセッツ州に代わって、マサチューセッツ州の利益のために、マサチューセッツ州を含む[d]の権利、権原、財産、および管轄区域としての土壌を放棄し、譲歩し、アメリカ合衆国に譲渡します。上記の連邦は、マサチューセッツ憲章の範囲内の領土または国の管区にあり、次の線の西に位置し、横たわっています。つまり、北緯45度から、ナイアガラの川または海峡の最も西に曲がった、または傾斜した場所から西に20マイルの地点を通り、そこから子午線によって引き出される子午線です。前述のマサチューセッツ憲章に含まれる領土の最も南側の側線は、宣言された前述の法律の目的のために、そして10月10日の議会決議での使用のために178が言及された。 26証言として、私たちはここに私たちの名前を購読し、私たちの主の年の4月19日、アメリカ合衆国の独立の第9日に、議会で私たちの印章を貼った。

S.ホルテン(l。s。)
ルーファス・キング(l。s。)

署名された封印され、

Benj n Bankson Jun r
ジョンフィッシャー
ロバート・パットン

[承認済み]マサチューセッツによる西部領土の割譲1785年4月19日記録p。 13. 27

22 JournalsCont。にも印刷されています。コング。 (LC ed。)、xxvm、281-283。
23法と法律一般裁判所。 Mass。、1784、p。 218。
24同上、pp。273274
25これには、現在のニューヨーク州のすぐ西にあるエリー湖の小さな部分が含まれ、米国は1793年3月3日にペンシルベニアに15,640ドルで売却しました。
26ジャーナル続きコング。 (LC ed。)、xvm、915-916。
27割譲の証書は、議会によって直ちに承認された、同上、xxvm、283。


連合規約、1777–1781

連合規約は、イギリスからの独立を宣言した後、アメリカ合衆国政府の機能を確立する文書としての役割を果たしました。それは弱い中央政府を設立し、それは完全ではないがほとんど、個々の州が彼ら自身の外交を行うことを妨げた。

植民地をより大きな組合に加入させるという以前の独立前の試みであるアルバニー計画は、個々の植民地が別の中央機関への権力を失うことを懸念していたために失敗した。しかし、アメリカ独立戦争が勢いを増すにつれて、多くの政治指導者は、独立戦争を調整できる中央集権政府の利点を見ました。 1775年6月、ニューヨーク植民地議会は大陸会議に連合計画を送りました。大陸会議は、アルバニー計画と同様に、イギリス国王の権威を認め続けました。

一部の大陸会議の代表はまた、一時的な地位であった大陸会議よりも恒久的な連合の計画について非公式に話し合った。ベンジャミン・フランクリンは「連合規約と永久連合」の計画を立てていました。トーマス・ジェファーソンなどの一部の代表者はフランクリンの提案を支持しましたが、他の多くの代表者は強く反対しました。フランクリンは7月21日に議会の前に彼の計画を紹介したが、議会がより正式な提案に到達することに興味を持ったときのための草案として見られるべきであると述べた。議会はその計画を提出した。

独立宣言に続いて、大陸会議のメンバーは、国民政府を設立する必要があることに気づきました。議会は、この政府が7月22日にとる形式について議論し始め、代表と投票が比例するのか州ごとになるのかなど、多くの問題について意見が一致しませんでした。意見の不一致により、連合の最終的な議論は1777年10月まで延期されました。それまでに、イギリスによるフィラデルフィアの占領により、この問題はより緊急になりました。代表団は最終的に連合規約を策定し、西部の土地に対する州の請求の問題は未解決のままでしたが、州ごとの投票と地価に基づく州の比例税負担に合意しました。議会は11月末に批准のために州に記事を送った。ほとんどの代表者は、記事が欠陥のある妥協案であることに気づきましたが、正式な国民政府がないよりはましだと信じていました。

1777年12月16日、バージニア州が最初に批准した州でした。他の州は1778年の初めに批准しました。1778年6月に議会が再召集されたとき、代表団はメリーランド、デラウェア、ニュージャージーが記事の批准を拒否したことを知りました。記事は州からの全会一致の承認を必要としました。これらのより小さな州は、他の州が記事を批准する前に、西側の土地の主張を放棄することを望んでいました。ニュージャージーとデラウェアは最終的に記事の条件に同意し、ニュージャージーは1778年11月20日に批准し、デラウェアは1779年2月1日に批判した。

メリーランド州の抵抗に苛立ち、他のいくつかの州政府は、メリーランド州なしの国民政府の形成を承認する決議を可決したが、ノースカロライナ州のトーマス・バーク議員などの他の政治家は、全会一致の承認なしにそうすることを控えるように政府を説得した。新しい連合、新しい国は弱く、分裂したままであり、将来の外国の介入と操作に対して開かれているでしょう。

一方、1780年、イギリス軍はチェサピーク湾のメリーランドコミュニティを襲撃し始めました。驚いたことに、州政府はフランスのアンヌセザールデラルツェルン大臣にフランス海軍の支援を求めて手紙を書いた。ルツェルンは、メリーランド州政府に連合規約を批准するよう要請し、返信した。バージニア州が西部の土地請求を放棄することに同意したとき、メリーランド州民は批准するさらなるインセンティブを与えられたので、メリーランド州議会は1781年3月1日に連合規約を批准した。

大陸会議は1781年1月10日に投票し、その年の8月10日に外務省を設立し、ロバートR.リビングストンを外務長官に選出しました。事務局長の任務には、海外の米国下院議員および外国勢力の大臣との連絡が含まれていました。秘書はまた、議会の指示を海外の米国の代理人に送信する責任があり、議会のセッションに出席することを許可された。 1782年2月22日のさらなる法律により、長官は大陸会議の会期中に質問をしたり、質問に答えたりすることができました。

条文は主権国家政府を創設し、そのため、州が独自の外交と外交政策を実施する権利を制限しました。しかし、スペインの当局者がインドの攻撃を抑制したり控えたりしなかった場合、国はジョージア州がスペイン領フロリダに関する独自の独立した政策を追求し、紛争地域を占領しようとし、戦争を脅かすのを防ぐことができなかったため、これを実施するのは難しいことがわかりました。逃げ出した奴隷をかくまう。また、連合政府は、英国政府が以前の植民地に輸出し続けた囚人の着陸を防ぐこともできませんでした。さらに、条文は、英国の債権者が革命前の債務について債務者を訴えることを許可する1783年のパリ条約の規定を施行する十分な権限を議会に許可していませんでした。これは多くの州政府が無視することを選択した不人気な条項です。その結果、イギリス軍は五大湖地域の砦を占領し続けました。これらの問題は、マサチューセッツ州でのシェイズの反乱に対する連合政府の効果のない対応と相まって、より強力な中央政府が必要であると国家指導者に確信させました。これは、現在の合衆国憲法を策定する憲法条約につながりました。


追加の背景情報

1863年1月1日、北軍のスカウトであるダニエル・フリーマンは、セントルイスでの任務について報告するために、ネブラスカ州ゲージ郡を離れる予定でした。前夜の大晦日のパーティーで、フリーマンは地元の土地事務所の役人に会い、土地の請求を提出するために深夜0時過ぎに事務所を開くよう店員を説得した。そうすることで、フリーマンは、1862年5月20日にエイブラハムリンカーン大統領によって署名された法律であるホームステッド法によって提供された機会を利用した最初の1つになりました。署名の時点で、11の州が連合を去りました。この法律は、引き続き地域的および政治的な意味合いを持っています。

独立戦争以来、政府の土地の分配が問題となっていた。連合規約の時点で、土地の測定と価格設定に関連する主要な論争。元の13植民地の外に未開拓の土地を割り当てるための初期の方法は恣意的で混沌としたものでした。境界は、地理的なランドマークからプロットを離れることによって確立されました。その結果、重複する主張と国境紛争が一般的でした。

1785年の公有地条例は、最終的に、境界紛争を緩和する連邦土地調査の標準化されたシステムを実装しました。天文学的な出発点を使用して、領土は定住前にタウンシップと呼ばれる6マイルの正方形に分割されました。タウンシップは36のセクションに分割され、各セクションの面積は1平方マイルまたは640エーカーでした。公有地の売却は、和解を促進する方法としてではなく、政府の収入を生み出す手段と見なされていました。当初、個人は640エーカーで1エーカーあたり1ドルの費用で土地の全区画を購入する必要がありました。これらの大規模な区画を購入するために必要な投資と、農業用の土地を開墾するために必要な膨大な量の肉体労働は、しばしば克服できない障害でした。

1800年までに、最小ロットは320エーカーに半減し、入植者は4回の分割払いが許可されましたが、価格は1854年まで1エーカーあたり1.25ドルに固定されていました。その年、連邦法が制定され、地価を反映するように調整された段階的な規模が確立されました。ロットの望ましさ。たとえば、30年間市場に出回っていたロットは、1エーカーあたり12½セントに減額されました。その後すぐに、退役軍人やオレゴン準州の定住に関心のある人々に特別なボーナスが提供され、ホームステッドを実行可能な選択肢にする人もいました。しかし、基本的に、国の公有地利用政策は、ほとんどの住宅所有者にとって土地所有を財政的に達成不可能にしました。

1800年代半ばの米墨戦争の前後に、19世紀初頭のアメリカの経済の進化、新しい人口統計、社会的風土の変化から、政策を変更するという一般的な圧力が生じました。 1830年代と1840年代に、トウモロコシ、小麦、綿花の価格が上昇したことで、大規模で資金力のある農場、特に南部のプランテーションは、小規模な事業を強制することができました。その後、追放された農民は、より手頃な開発を提供する森林に覆われていない国を西に見ました。

メキシコとの戦争(1846–48)の前に、西側に定住する人々は、最初に土地を定住し、後で支払う個人の権利である「先制」を要求しました(本質的に初期の信用形態)。工場の安価な労働基盤が枯渇するのではないかと懸念されたため、東部の経済的利益はこの政策に反対した。メキシコとの戦争後、多くの開発が家屋敷運動の成長を支えました。経済的繁栄は前例のない数のアメリカへの移民を引き付けました、そして、彼らの多くはまた新しい生活のために西向きに見ました。新しい運河と道路はニューオーリンズの港への西側の依存を減らし、イギリスの穀物法の廃止はアメリカの農業に新しい市場を開いた。

これらの進展にもかかわらず、住宅建設法を改善するための立法努力は、複数の面で反対に直面した。上記のように、北部の工場所有者は彼らの安い労働力の大量の離脱を恐れ、南部の州は西部の領土の急速な定住が奴隷制に反対する小さな農民が住む新しい州を生み出すことを心配しました。これらの部分的な懸念にもかかわらず、先制は国の政策となったが、支持する法律は窮地に立たされた。 1852年、1854年、1859年の3回、衆議院は下院法案を可決しましたが、そのたびに上院は法案を破りました。 1860年に、西部の入植者に連邦の土地の助成金を提供するホームステッド法案が議会によって可決され、ブキャナン大統領によって拒否されました。

南北戦争は、南部の州が北軍から離脱したため、奴隷制の問題を取り除いた。それで、ついに、1862年に、ホームステッド法が可決され、法律に署名されました。新しい法律は、3つの家屋の取得プロセスを確立しました:申請書を提出し、土地を改善し、そして所有権の証書を提出します。

米国政府に対して武器を持ったことがない米国市民、または意図された市民は、申請を提出し、調査対象の160エーカーの政府の土地を請求することができます。次の5年間、General Land Officeは、ホームステッドによる誠実な取り組みを探しました。これは、家屋が彼らの主な住居であり、土地を改良したことを意味しました。 5年後、住宅所有者は、居住地の証明と必要な改善を地元の土地事務所に提出することにより、彼の特許(または所有権証書)を申請することができました。

地元の土地事務所は、最終的な適格性証明書とともに、書類をワシントンDCの一般土地事務所に転送しました。ケースファイルが調査され、少額の登録料を除いて、有効なクレームが土地に無料で明確に特許を与えられました。申立人が1エーカーあたり1.25ドルを政府に支払った場合、6か月の居住期間とささいな改善の後にタイトルを取得することもできます。南北戦争後、北軍の兵士は居住要件から勤務時間を差し引くことができました。

一部の土地投機家は、立法上の抜け穴を利用しました。他の人は偽の請求者を雇ったり、放棄された土地を購入した。総合土地事務所は資金が不足しており、広く散在している地方事務所に十分な数の調査員を雇うことができませんでした。その結果、過労や低賃金の捜査官はしばしば賄賂の影響を受けやすくなりました。

フロンティアの体調はさらに大きな課題を提示しました。風、吹雪、昆虫の疫病が作物を脅かしました。平原が開いているということは、建てるための木がほとんどないことを意味し、多くの人が芝生から家を建てることを余儀なくされました。限られた燃料と水の供給は、単純な料理と暖房の雑用を困難な試練に変える可能性があります。皮肉なことに、セクションのサイズが小さい場合でも、それ自体が犠牲になりました。東部の農民にとっては160エーカーで十分だったかもしれませんが、乾燥した平原で農業を維持するには不十分であり、自然植生が不足しているため、大草原で家畜を飼育することは困難でした。その結果、多くの地域で、元の住宅所有者は、請求を履行するのに十分な期間、土地に滞在しませんでした。

交通機関の急速な変化がいくつかの困難を和らげたので、頑張ったホームステッドは機会で報われました。ホームステッド法が可決されてから6か月後、鉄道法が署名され、1869年5月までに、大陸横断鉄道が国境を越えて伸びました。新しい鉄道は住宅所有者に比較的簡単な輸送を提供し、新しい移民は高騰した価格で余剰の土地を売り払うことを熱望している鉄道会社によって西に誘われました。新しい鉄道路線は、製造品への容易なアクセスを提供し、モンゴメリーワードのようなカタログハウスは、農具、有刺鉄線、リネン、武器、さらにはレールを介して配達される住宅さえも提供しました。

連邦政府による西部の土地の分配は、連邦インドの政策から解放することはできません。 1870年から1900年までの期間は、撤去、条約、留保、さらには戦争によって支配されていた以前の政策からの逸脱を示しました。 1880年代後半の新しい政策は、利用可能な公有地の量が急速に減少した後、特に個々のネイティブアメリカンに土地の割り当てを許可することによって居留地を分割することに焦点を当てていました。国の土地への渇望を満たすことを求めて、議会は1887年にドーズ法を可決し、個々の農場にインディアン居留地を与え、残りのインディアンの土地を入植者に開放しました。

1863年1月1日、ダニエル・フリーマンと他の417人が申し立てを行った。さらに多くの開拓者が続き、土地に住み、町や学校を建設し、領土から新しい州を作りました。多くの場合、学校はコミュニティ生活の中心となり、教会、投票所、懇親会の場所として機能しました。

1936年、内務省はダニエルフリーマンを最初の申立人として認め、1872年に建てられた学校の近く、ネブラスカ州ビアトリス近くの彼の家屋敷にホームステッド国定公園を設立しました。現在、この記念碑は国立公園局によって管理されており、この場所は、1862年のホームステッド法によってもたらされた土地と国の変化を記念しています。

1934年までに、160万件を超える住宅用申請書が処理され、2億7000万エーカー(米国の全土地の10%)が個人の手に渡りました。 1976年の連邦土地政策管理法の成立により、隣接する48州のホームステッド法が廃止されましたが、アラスカでの請求については10年間の延長が認められました。

このテキストは、Lee AnnPotterとWynellSchamelによる記事「TheHomesteadActof1862」から引用したものです。

引用:Potter、Lee Ann、Wynell Schamel 「1862年のホームステッド法。」 社会教育 61、6(1997年10月):359-364。

/> 国立公文書記録管理局によって作成された資料はパブリックドメインです。


土地の主張:米国の先住民の歴史

1980年7月23日、 アメリカ合衆国対インディアンのスー族、米国最高裁判所は、ブラックヒルズ(パハサパ)が違法に取られたと裁定し、1億600万ドルの報酬を提供しました。スー族は自分たちの土地は売りに出されていないと主張し、拒否した。今日、その和解は、まだ利付口座に手つかずのままで、10億ドル以上の価値があります。

先住民族の領土と資源の大部分は、侵略戦争、完全な盗難、および立法上の流用によって現在米国に持ち込まれているため、先住民族は賠償と賠償を強く主張しています。先住民族は、土地の譲渡や金銭的補償を含む多くの条約を米国と交渉しましたが、残りの先住民族の領土は、さまざまな手段による直接の連邦予算と、政府が先住民族の土地所有を保護する義務を果たせなかったため、着実に縮小しています。条約。米国政府はこれらの主張のいくつかを認め、金銭的補償を提供しました。しかし、1960年代のインドの権利運動の急増以来、先住民族は金銭的補償ではなく、条約で保証された土地の回復を要求してきました。

法学者を含むネイティブアメリカンは、通常、土地の請求や条約の権利に関連して「補償」という用語を使用しません。むしろ、彼らは、有効な条約の外で合衆国によって取得された土地の回復、返還または本国送還を要求します。違法に取られた土地や水、その他の資源の権利の返還を求めるこれらの要求は、確かに「賠償」と呼ぶことができますが、たとえば、日系アメリカ人が強制投獄したり、奴隷にされたアフリカ系アメリカ人の子孫に負っている金銭的賠償とは類似していません。 。違法に押収された土地、特に先住民が社会的一貫性を取り戻すために必要な神聖な土地を補償できる金額はありません。ネイティブクレームの1つの形式は、金銭的補償を求めており、他のクラスのテンプレートを提供する場合があります。先住民グループが提起した連邦信託の管理ミスに関する数百件の訴訟のうち、ほとんどが1960年代以降、最大かつ最もよく知られているのは コベル対サラザール 1996年に最初に提起され、2011年に和解した集団訴訟。多くの先住民族の国々からの個々の先住民訴訟当事者は、先住民資産の受託者としての米国内務省が、後期に始まった強制的な土地割り当てにさかのぼる数億ドルを失い、浪費し、盗み、その他の方法で浪費したと主張しました。 1880秒2009年末までに、50万人近くの先住民を代表する主要な原告が、3ドルを受け入れたとき、先住民グループを支持する決定に向けて訴訟が進められたことは明らかでした。オバマ政権が提案した40億の和解。和解金は、裁判所が裁定したと思われる5億ドルを超えていました。しかし、和解で犠牲になったのは、連邦政府の不法行為の詳細な説明でした。ある記者は嘆きました。「その結果、事件に関わった人たち、特に弁護士はかなり裕福になり、多くのインド人(おそらく大多数)は4人家族を養うのに必要なものの約3分の1を受け取ることになります。たった1年間です。」

賠償のもう一つの重要な形態は、死んだ祖先の遺体と埋葬品の本国送還です。先住民の宗教家の側でかなりの闘争があった後、議会は1990年のネイティブアメリカン墓地保護および返還法(NAGPRA)を制定しました。これは、博物館が人の遺骨と埋葬品を適切な先住民コミュニティに返却することを要求しています。議会がこの法律で「本国送還」という用語を使用したのは適切です。 NAGPRAの前は、連邦政府は「本国送還」を使用して、捕虜の遺体が外国に返還されたことを説明していました。ネイティブアメリカンの国々も主権者であり、議会は本国送還としての利益を正しく特徴づけました。

連邦信託の管理ミスと先祖代々の遺体の本国送還に対する補償は重要な勝利を表していますが、土地の請求と条約の権利は、米国における先住民の賠償のための戦いの最も中心的なものです。偉大なるスーの国の事例は、先住民族の主権と文化を保護するための先住民族とコミュニティの間の粘り強さを示しています。スー族は、ブラックヒルズであるパハサパの米国による没収の正当性を受け入れたことがありません。マウントラッシュモアはブラックヒルズにあるため、ネイティブアメリカンの間で物議を醸しています。アメリカインディアン運動のメンバーは、1971年から記念碑の占領を主導しました。ブラックヒルズの帰還は、1973年のウンデットニーの占領におけるスー族の主要な需要でした。スー族による10年間の激しい抗議と占領により、1980年7月23日、 アメリカ合衆国対インディアンのスー族、米国最高裁判所は、ブラックヒルズが違法に取得され、新規株式公開価格に利息を加えたものに等しい報酬(約1億600万ドル)が支払われたとの判決を下しました。スー族は賞を拒否し、ブラックヒルズの返還を要求し続けた。資金は有利子口座に残り、2010年までに7億5700万ドルを超えました。スー族は、お金を受け入れることが彼らの最も神聖な土地の米国の盗難を正当化すると信じています。ブラックヒルズを本国に送還するというスー族の決意は、2011年に新たなメディアの注目を集めました。 PBSのセグメント NewsHour 「偉大なるスーの国の場合、ブラックヒルズは1ドルで購入することはできません。 2011年8月24日に放送された30億」。記者は、スー族の予約を、米国で最も住みにくい場所の1つとして説明しました。

西半球では平均余命が短い人はほとんどいません。男性は平均して48歳まで、女性は52歳まで生きています。 40歳以上の人のほぼ半数が糖尿病を患っています。そして、経済の現実はさらに悪化しています。失業率は一貫して80パーセントを超えています。シャノン郡のパインリッジリザベーション内では、子供たちの半数が貧困の中で暮らしており、平均収入は年間8000ドルです。しかし、利用可能な資金があり、連邦のポットは現在、10億ドル以上の価値があります。それはここ米国財務省にあり、9つのスー族によって集められるのを待っています。この資金は、サウスダコタ州からワイオミング州に広がる鉱物が豊富な孤立した山脈である1877年にスー族がブラックヒルズを占領したことを補償するために1億500万ドルを確保した1980年の最高裁判所の判決に由来します。唯一の問題:土地が売りに出されなかったので、スーは決してお金を欲しがらなかった。

南北アメリカで最も貧しいコミュニティの1つが10億ドルを拒否するということは、経済的資源としてではなく、先住民の回復力の深遠な特徴である人と場所の関係として、スー族にとっての土地の関連性と重要性を示しています。南北アメリカの人々。

から抜粋 米国の先住民の歴史 Roxanne Dunbar-Ortiz(Beacon Press、2015年)。ビーコン・プレスの許可を得て転載。


ポイ捨ては法律に違反しており、5ポンドまたは5ガロン以下のゴミに対して最高500ドルの罰金が科せられます(テキサスの看板が付いた青いドンの混乱で見たかもしれません)。違反を繰り返すと、最高$ 2,000の罰金と180日間の懲役が科せられる可能性があります。

For example, food waste and other organic matter is litter—just because it’s biodegradable doesn’t mean it can be thrown on the ground. There are also sneaky offenders that are all considered litter, such as cigarette butts, small candy wrappers, or even trash that flies out of a car window or truck bed.


About the Homestead Act

East Custer County Nebraska Homestead

S. Butcher Collection Image

The Homestead Act of 1862 has been called one of the most important pieces of Legislation in the history of the United States. The act was signed into law by Abraham Lincoln after the southern states seceded.

The Homestead Act of 1862 was a revolutionary concept for distributing public land in American history. This law turned over vast amounts of the public domain to private citizens. 270 millions acres, or 10% of the area of the United States was claimed and settled under this act. Repercussions of this monumental piece of legislation can be detected throughout America today.

The prime land across the country was homesteaded quickly. Successful Homestead claims dropped sharply after the 1930s. The Homestead Act remained in effect until 1976, with provisions for homesteading in Alaska until 1986.

American Indians and the Homestead Act

To settlers, immigrants, and homesteaders, the West was empty land. To American Indians, it was home.

Creation of the Park

Learn the history about how Homestead National Monument of America came to be.

Presidential Quotes about Homesteading

Perspectives of U.S. Presidents about the Homestead Act

Read the Homestead Act

Read the wording of the Homestead Act of 1862

Homesteading Records

Every homesteading claim generated a patent sent and a written record known as a case file. Learn how to find these records.

A homesteader had to be the head of a household or at least 21 years of age to claim a 160 acre parcel of land. Settlers from all walks of life worked to meet the challenge of "proving up". They included immigrants, farmers without land of their own, single women, and formerly enslaved people.

A filing fee was the only money required, but sacrifice and hard work exacted a different price from the hopeful settlers. Each homesteader had to live on the land, build a home, make improvements and farm to get the land. The patent they received represented the culmination of hard work and determination. Nearly four million homesteaders settled land across 30 states over 123 years.

The Homestead Act of 1862 allowed anyone over 21 years of age or the head of a household to apply for free federal land with two simple stipulations:

Be a citizen of the United States or legally declare their intent to become one

Did not fight against the United States or aid enemies of the United States


Western Land Claims - History

___________________________

THE RUSH FOR LAND IN IOWA.

Although June 1, 1833, was the first day on which settlers could legally occupy claims in Iowa, on several occasions previous to this date whites had crossed the river in attempts to establish homes in what was then an Indian country.

We have read of Dubuque, Lemoiliese, Gaillard, Blondeau and others, but they were only traders, not cultivators of the soil, nor intending to improve the claims obtained by them.

Also Dr. Muir built a cabin at Keokuk, and round the fur trading posts clustered whites and half breeds. In 1828 Lee County held quite a scattering of whites, engaged in bartering with the Indians. In the early days southeastern Iowa was the gateway through which the bulk of the pioneers entered the State.

The first community of whites in Iowa was at Dubuque, with the lead mines as the attraction. After the death of Dubuque the Indians were unwilling to let any one else settle in the vicinity or work the mines. However, in 1829 James Langworthy, who with his brother Lucius was mining at Galena, Illinois, having heard about the Dubuque country, resolved to visit it.

In the summer of 1829 he paddled over the river in his canoe, his pony swimming alongside the boat. He landed where the city of Dubuque now stands. He went to the village of the Foxes at the mouth of Catfish Creek, and asked permission to mine in the hills. The Indians refused to grant it, but allowed him to travel in the interior three weeks. Two young Indians guided him through the region lying between the Turkey and Maquoketa Rivers. He secured much information, and was the first white man, save Dubuque, to look on this enchanting stretch of prairie and hill.

Indeed, we do not know that Dubuque went so far westward from Mississippi.

Langworthy returned to Galena and spread the new of what he had seen. His friends determined not to be afraid of the Indians, and in the winter and the following spring of 1830 the two Langworthys, with companions, crossed to the Iowa lead mines. In June many others came, so that there was quite a settlement.

June 17, this year, the settlers assembled around an old cotton-wood log that had been cast ashore on an island and appointed a committee of five to draw up a form of government. The articles reported by the committee were adopted. There were only tow. They represent the first laws for the regulation of white men in what is now Iowa.

The Indians had not sold their land west of the Mississippi, and they did not like the idea of having whites among them. They protested to the government. Colonel Zachary Taylor, commanding at Prairie du Chien, ordered the settlers to leave the territory, and troops were sent to enforce the command. Soldiers were stationed here to protect the rights of the Indians.

Until the land was legally opened for settlement the soldiers had their hands full keeping the whites on the eastern side of the river.

A little later a similar scene was enacted near Flint Hills, the present site of Burlington. The American Fur Company once had a post here, and among the white men connected with the business were Simpson White and Amzi D. Whittle. They like the country so well that they determined to settle here. They staked out a claim within one week after the treaty of 1832 between the Sacs and Foxes and the United States was signed. M. M. Carver was a third in their party.

Others followed them, for many people supposed that as soon as the treaty was signed the lands were open for settlement. But soldiers were sent from Fort Armstrong, at Rock Island, one detachment being under Lieutenant Jefferson Davis, and expelled them from the limits. Cabins were destroyed and the owners were told to stay in Illinois or Missouri until permitted to return.

It became necessary to patrol the river border in Iowa to prevent over-anxious settlers from coming in and "squatting." Otherwise, greedy men would seize on the best claims before the law-abiding people arrived. Whites caught within the strip were obliged to give account of themselves, and were ordered out of the territory at once unless they were authorized to remain.

Finally the Black Hawk Purchase was ready for occupancy. It had been impossible to keep all the settlers on the eastern side of the river, and during 1832 a number of claims had been taken up in portions of the strip not guarded by the military. But the land thus occupied created no ill feeling. The first rush into the Black Hawk Purchase did not at once use up all the tract.

In 1833 a post-office was established at Dubuque, and in 1834 the settlers there named their community "Dubuque". Before it was referred to as the Lead Mines, the New Lead Mines, etc. Davenport was laid out in 1836 Fort Madison in 1835 Flint Hills, now Burlington, in 1834. More and more settlers came into the Black Hawk Strip, as it was termed.

They sent back word to relatives and friends in Illinois, and in Ohio and Indiana and other States to the southward, of the rich and beautiful country awaiting the people. The result was that thousands of people flocked through Illinois to the Mississippi and crossed to find homes. The strip of land filled up, and when in 1836 the Indians gave over the Keokuk Reserve even more room was wanted.

In 1837 the tribes ceded additional land, bordering the strip on the west. In 1838 the settlers poured into this Second Purchase, and still looked eagerly on the region farther west. The immigration to Iowa was increasing right along. All through the East the marvelous "Iowa Country" was attracting attention.

The Old Strip, as the area now settled was termed, was widened by the New Purchase. This New Purchase was composed of the remaining lands in Iowa to which claim was laid by the Sacs and Foxes. The treaty by which the tribes gave up the tract was made in October, 1842. This was the one which was agreed on at Agency City, when Governor Chambers, attired in a brigadier general's uniform, represented the government.

The Indians could remain in the eastern portion of the territory until midnight, April 30, 1843, but must then withdraw west of the longitude of Redrock, Marion County. There they could stay until midnight, October 10, 1845. After that they were to to Kansas.

As soon as the news of this New Purchase was carried about among the settlers, a swarm of people pressed toward the country about to be thrown open. Soldiers were stationed to keep them back until the proper time for settlement arrived.

During the last week of April the eastern border of the New Purchase was lined with men, women and children. Forming the families of settlers, who were all ready to race for the best claims, and were but awaiting the word from the troops. April 30 there was great excitement. The fleetest horses were saddled and the swiftest runners selected, and everything was prepared in order to seize on the claims thought to be the richest.

All day the settlers heaped up piles of dry wood, and when night came lighted bonfires, which would serve to show the way. At midnight, precisely, signal guns were discharged by the dragoons. At once, with shouts and whoops and general uproar, the people rushed across the boundary. They carried torches, axes and hatchets, and used all manner of methods calculated to lay out claims with the utmost speed.

When day broke the ground far and near was covered with rude marks. Lines conflicted, and numerous disputes arose, usually to be amicable settled. When the government surveyor measured the lines bounding claims he found many needed revision.

Between midnight and daybreak a large portion of the eastern part of the New Purchase was settled.

Midnight of October 10, 1845, the Indians' rights to the remainder of the New Purchase expired, and when the signal was given to the settlers, scenes similar to those of the spring of 1843 were enacted.. The settlers who had been camping along the border thronged in.

By 1850 settlements were scattered over Iowa from the Mississippi to the Missouri. Shortly after 1839 white men established themselves at the site of Sioux City. In 1839 the American Fur Co. sent one hundred men up the Missouri, on the steamer Antelope, to go to the headwaters of the river. They changed to Mackinaw flat boars when the shallows made it necessary. When the party returned several in the number stopped off at the site of Sioux City. These were traders, but formed a nucleus of a community that rapidly enlarged. In 1848 Floyd Bluff was settled, although before this, in 1836, Plymouth County and the valleys of the Big Sioux and the Floyd Rivers had a number of whites.

Pioneers made homes in Webster County in 1846 and traders had preceded them. In 1846-48 Mormons settled where Council Bluffs is. The name then adopted was Kanesville.

Immigration to Iowa was unparalleled. In the papers of 1854 long accounts, full of exclamation points, are printed, telling of the vast crowds of people entering the State. The roads were thronged with teams, and the groves and woodlands and prairies were alive with figures, and white with tents and canvas topped wagons. Ferries over the Mississippi were busy day and night conveying the pioneers from Illinois to Iowa. Cabins were going up like magic.

Oskaloosa reports that at least a thousand persons pass through every week, bound westward. Three hundred buildings go up in a season at Davenport. Seven hundred immigrants a day travel over the Burlington highway. It is estimated that in thirty days 20,000 traverse the vicinity of Burlington. The boats on the Ohio and Mississippi are packed. Six hundred persons go through St. Louis by river a day. The trains that pull into Chicago with passengers for the Mississippi, are double headers. In six days twelve thousand passengers from the East arrive in Chicago, destined for Iowa and the West.

According to the estimates and census taken in 1836 the State contained 10,531 people in 1840 the population was 43,017 in 1844, 82,500 in 1850, 192,214 in 1854, 325,302 in 1955, 500,000.

The earliest settlers of Iowa came from Southern Ohio, Indiana and Illinois, and from the northerly Southern States. Then followed Pennsylvanians, and Europeans force out of the Old County by political trouble. Lastly, New York and New England States sent their people.

On foot, in teams, and by boat and by train, the future citizens of Iowa arrived at her eastern border and poured into their new home.


Western Land Claims - History

With much of the east coast of America already developed, the United States government wanted to encourage people to move out west. They decided to help people out by offering them free land through a law called the Homestead Act.

The Homestead Act became law in 1862 when it was signed by President Abraham Lincoln. Under the new law a U.S. Citizen could get 160 acres of unoccupied land west of the Mississippi River and east of the Rocky Mountains. They could keep the land if they lived on the land for five years and made improvements to the land.

Homesteading was a great opportunity for many people, especially immigrants just moving to the United States. Anyone who was over 21 years old could own land. This included former slaves, immigrants, and single women.

Different areas of land were opened for homesteading at different times. This often created land rushes where people would race in to claim the best plots of land.


Oklahoma Land Rush
by the McClenny Family Picture Album

One of the major land rushes occurred in Oklahoma on April 22, 1889. Around 50,000 people lined up to claim around 2,000,000 acres of prime land. At high noon they were allowed to enter the area and claim the land. Some people snuck onto the land early and hid in order to lay claim to best areas of land first. These people were nicknamed "Sooners". Today the mascot for the University of Oklahoma is the Sooner.

Around 10,000 homesteaders settled around the area that is today Oklahoma City. The next day, April 23, 1889, the city was established with a population of over 10,000 people. It would later become the capital of the state of Oklahoma.


U.S. History Wall Map - Land Claims & Ordinance of 1787

Check out this sweet vintage school wall map that displays two maps of the Eastern United States detailing the changes in territory ownership from 1787 (on left) to 1790 (on right). Printed in Indianapolis, Indiana by the George F. Cram, Company, this wonderfully large map has wonderfully vivid colors and is printed on a heavy paper material. Back in the day this map would have been attached to a metal bracket and rod which would have allowed history teachers to easily pull down the map for display purposes in their classroom. As you can see, the map has since been removed from the bracket and is being sold as is. This map would look great hanging in your library or study, either framed or as is!

We absolutely love the map's bright color palette which is broken down by land ownership on both maps.

Note: There is a slight glare on the map due to our lighting equipment. The colors are more bold in person!

Measurements: 51.75" Wide x 37.75" Long

Item Condition: Great vintage condition! Colors are still wonderfully bold and vivid! Has some normal wear due to years of use (i.e. wrinkling, creases, etc). Map has been rolled up for many many years and as such has some rippling which you should be able to smooth out by flattening it. The lower left corner has a ragged edge which could be easily trimmed to straighten it out. There are also two very small tears on the right edge of the map. In general the chart is rough around the edges, with there being some minor tears or bends along the edges. Would look great framed! Please see the provided pictures for further details.

Shipping Fees: In the event we find that we overcharged you once the item has been shipped we will immediately refund all shipping overage charges in excess of $2.

International Buyers: Please contact us prior to purchasing as we are unable to ship this map to some countries due to the overall size of the package.


ビデオを見る: 第50回白石区中学生の主張発表会3年生の部好き (八月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos