新しい

混合旅団

混合旅団



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

混合旅団は、さまざまな民兵を共和国軍に統合するという政府の決定から生まれました。大隊は、1つの機関銃会社と3つの歩兵会社で構成されていました。兵士が人民戦線政府に忠実であり続けることを確実にするために、政治委員が混合旅団に追加されました。混合旅団は、スペイン内戦のすべての主要な戦いで戦った。


第33回独立混合旅団

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2011年10月30日、16:38

これは、4つの独立した歩兵大隊が日本の善通寺で作成され、フィリピンに輸送され、そこで第142歩兵連隊のメンバーに加わって、第33独立混合旅団を形成したことを意味しますか?

その後、第33独立混合旅団には、181-186の独立歩兵大隊がありました。

ソースは//www1.odn.ne.jp/tobu7757/J_wsd/armydate/unit/ibs_list01.htmです。

Re:第33回独立混合旅団

投稿者 滝沢朗 &raquo 2011年10月30日、17:06

Re:第33回独立混合旅団

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2011年10月30日、17:20

迅速な返信ありがとうございます。

Re:第33回独立混合旅団

投稿者 fontessa &raquo 2011年11月5日、14:35

スレッド「IndependentGarrisonUnits」への私の投稿では、iKgbsとiBsの関係は一部について不確かでした。これらは次のとおりです。
(B:旅団)
(MB:独立した混合旅団)
(iB:独立歩兵大隊)
(キログラム:独立した駐屯地ユニット)
(iKgbs:独立駐屯軍歩兵大隊)

30MB
-163iBs(31iKgbs、10Kgsから)
-164iBs(32iKgbs、10Kgsから)
-165iBs(33iKgbs、10Kgsから)
-166iB(34iKgbs、10Kgsから)
-167iBs(35iKgbs、10Kgsから)
-168iB(部門別不明)*
*引用したウェブサイトが間違っている

31MB
-169iBs(36iKgbs、11Kgsから)
-170iBs(37iKgbs、11Kgsから)
-171iB(フォーム38iKgbs、11Kgs)
-172iBs(39iKgbs、11Kgsから)
-173iBs(熊本部門別)
-174iBs(熊本部門別)

32MB
-175iBs(62iKgbs、17Kgsから)
-176iBs(63iKgbs、17Kgsから)
-177iBs(64iKgbs、17Kgsから)
-178iBs(65iKgbs、17Kgsから)
-179iBs(熊本部門別)
-180iBs(熊本部門別)

33MB
-181iB(142i、65Bから)
-182iB(142i、65Bから)
-183iBs(善通寺県別)
-184iBs(善通寺部門別)
-185iBs(善通寺県別)
-186iBs(善通寺Divisional Distinctから)


第44回独立混合旅団

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2011年10月22日、13:40

第44独立混合旅団が通常の独立歩兵大隊の代わりに第1歩兵大隊と第2歩兵大隊を持っていたのはなぜですか?

第43および第45独立混合旅団は、第294から第301独立歩兵大隊を持っていました。誰かが第44独立混合旅団に標準の独立歩兵大隊を与えるのを忘れたようです。

第1歩兵大隊と第2歩兵大隊は、独立した歩兵大隊と同じ組織でしたか?

Re:第44回独立混合旅団

投稿者 滝沢朗 &raquo 2011年10月22日15:12

彼らは第1/2歩兵大隊ではなく、第1/2歩兵ユニットです。それらは3個大隊、歩兵砲ユニットとAT砲ユニットで構成されていました。彼らは約を持っていました。それぞれ2,000人の男性なので、大隊サイズではなく連隊サイズです。

それらは実際には歩兵連隊でしたが、「歩兵連隊」と呼ぶことができました。したがって、それらは「歩兵ユニット」と呼ばれます。

Re:第44回独立混合旅団

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2011年10月22日15:52

この情報に感謝。

これらの2個連隊は、第44独立混合旅団に配属される前に、しばらくの間存在していたようです。あれは正しいですか?それとも、これらの6個大隊、歩兵砲ユニット、および対戦車ユニットが最近動員されたのでしょうか。

Re:第44回独立混合旅団

投稿者 滝沢朗 &raquo 2011年10月22日、16:45

いいえ、彼らは第44回独立混合旅団のために新しく結成されました。第1歩兵部隊は鹿児島第45歩兵連隊交代部隊に編成され、第2歩兵連隊は都城第23歩兵連隊交代部隊に編成された。

Re:第44回独立混合旅団

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2011年10月22日、17:11

この新しい情報をありがとう。私は今、第44回独立混合旅団の組織をよく理解しています。

参考までに、// www.jsu.or.jp/siryo/sunk/pdf/toyama.pdfには、富山丸が沈没したときの損失の詳細なリストがあります。

正圭丸2,557トンは、おそらく第44、第45独立混合旅団のメンバーである2,300人を乗せていたと思いますが、他の10人のマルが何を運んだのかはわかりません。

この護送船団、護送船団KATA-412カタ412船団について何か情報はありますか?戦史叢書はそれについて言及していますか?護送船団は6月18日に門司を出発し、6月29日に奈葉に到着した。失われた船は富山丸だけだった。

残念ながら、日本の尺貫法について私が見つけることができる最良の情報は、船が沈められたときです。うまく移動したユニットについての情報も探しています。第44独立混合旅団のほとんどは、他の船に乗って生き残ったと思います。

Re:第44回独立混合旅団

投稿者 滝沢朗 &raquo 2011年10月22日、18:10

&gtこの護送船団KATA-412カタ412船団について何か情報はありますか?


独立した混合ブリゲードが師団に転向

投稿者 stulev &raquo 2021年4月10日16:58

Re:独立した混合ブリゲードがディビジョンに変換されました

投稿者 fontessa &raquo 2021年4月11日04:06

4IMD、6IMD→62D(1943年5月1日)
7IMD→115D(1944年7月10日)
10IMD→59D(1942年7月2日)
11IMD→60D(1942年7月2日)
12IMD→64D(1942年7月2日)
13IMD→65D(1942年7月2日)
14IMD→68D(1942年7月2日)
15IMD→63D(1943年6月30日)
16IMD→69D(1943年6月30日)
18IMD→58D(1943年6月30日)
20IMD→70D(1943年6月30日)
43IMB→89D(1945年2月28日)
30IMB→100D(1944年6月15日、フィリピン)
31IMB→102D(1944年6月15日、フィリピン)
32IMB→103D(1944年6月15日、フィリピン)
33IMB→105D(1944年6月15日、フィリピン)
(1)樹木師団タイプがあり、師団には砲兵ユニットがあり、師団には迫撃砲ユニットがあり、師団には両方がありませんでした。
(2)第89師団は、単に第43独立混合旅団から改名されました。


4IMD、6IMD→62D(1943年5月1日)
第62師団
HQ / 62D←新規
第63歩兵旅団HQ←4IMDHQ
-第11独立歩兵大隊←11IIB / 4IMD
-第12独立歩兵大隊←12IIB / 4IMD
-第13独立歩兵大隊←13IIB / 4IMD
-第14独立歩兵大隊←14IIB / 4IMD
第64歩兵旅団HQ←6IMDHQ
-第15独立歩兵大隊←15IIB / 4IMD
-第21独立歩兵大隊←21IIB / 6IMD
-第22独立歩兵大隊←22IIB / 6IMD
-第23独立歩兵大隊←23IIB / 6IMD
エンジニアユニット/ 62D←EU / 6IMD
シグナルユニット/ 62D←SU / 6IMD
トランスポートユニット/ 62D←新規
野戦病院/ 62D←新規
フィールド獣医病院/ 62D←新規

7IMD→115D(1944年7月10日)
第115師団
HQ / 115D←HQ / 7IMD
第85歩兵旅団HQ←新規
-第26独立歩兵大隊←26IIB / 7IMD
-第27独立歩兵大隊←27IIB / 7IMD
-第28独立歩兵大隊←28IIB / 7IMD
-第29独立歩兵大隊←29IIB / 7IMD
第86歩兵旅団本部←新
-第30独立歩兵大隊←30IIB / 7IMD
-第385独立歩兵大隊←新規
-第386独立歩兵大隊←新規
-第387独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 115D←EU / 7IMD
シグナルユニット/ 115D←SU / 7IMD
トランスポートユニット/ 115D←新規
野戦病院/ 115D←新規
獣医病院/ 115D←新規
モルタルユニット/ 115D←1945年7月10日に追加

10IMD→59D(1942年7月2日)
第59師団
HQ / 59D←HQ / 10IMD
第53歩兵旅団本部←新
-第41独立歩兵大隊←41IIB / 10IMD
-第42独立歩兵大隊←42IIB / 10IMD
-第43独立歩兵大隊←43IIB / 10IMD
-第44独立歩兵大隊←44IIB / 10IMD
第54歩兵旅団本部←新
-第45独立歩兵大隊←45IIB / 10IMD
-第109独立歩兵大隊←新規
-第110独立歩兵大隊←新規
-第111独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 59D←EU / 10IMD
信号ユニット/ 59D←SU / 10IMD
トランスポートユニット/ 59D←新規
野戦病院/ 59D←新規
獣医病院/ 59D←新規

11IMD→60D(1942年7月2日)
第60師団
HQ / 60D←HQ / 11IMD
第55歩兵旅団本部←新
-第46独立歩兵大隊←46IIB / 11IMD
-第47独立歩兵大隊←47IIB / 11IMD
-第48独立歩兵大隊←48IIB / 11IMD
-第49独立歩兵大隊←49IIB / 11IMD
第56歩兵旅団本部←新
-第50独立歩兵大隊←50IIB / 11IMD
-第112独立歩兵大隊←新規
-第113独立歩兵大隊←新規
-第114独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 60D←EU / 11IMD
信号ユニット/ 60D←SU / 11IMD
トランスポートユニット/ 60D←新規
野戦病院/ 60D←新規
獣医病院/ 60D←新規
モルタルユニット/ 60D←1945年2月1日に追加

12IMD→64D(1943年5月1日)
第64師団
HQ / 64D←HQ / 12IMD
第69歩兵旅団本部←新
-第51独立歩兵大隊←51IIB / 12IMD
-第52独立歩兵大隊←52IIB / 12IMD
-第53独立歩兵大隊←53IIB / 12IMD
-第131独立歩兵大隊←新規
第70歩兵旅団本部←新
-第54独立歩兵大隊←54IIB / 12IMD
-第55独立歩兵大隊←55IIB / 12IMD
-第132独立歩兵大隊←新規
第133独立歩兵大隊←新作
エンジニアユニット←EU / 12IMD
信号ユニット/ 64D←SU / 12IMD
トランスポートユニット/ 64D←新規
獣医病院/ 64D←新規
砲兵ユニット/ 64D←1945年7月10日に追加

13IMD→65D(1942年7月2日)
第65師団
HQ / 65D←HQ / 13IMD
第71歩兵旅団本部←新
-第56独立歩兵大隊←56IIB / 13IMD
-第57独立歩兵大隊←57IIB / 13IMD
-第58独立歩兵大隊←58IIB / 13IMD
-第59独立歩兵大隊←59IIB / 13IMD
第72歩兵旅団本部←新
-第60独立歩兵大隊←60IIB / 13IMD
-第134独立歩兵大隊←新規
-第135独立歩兵大隊←新規
-第136独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 65D←EU / 13IMD
信号ユニット/ 65D←SU / 13IMD
トランスポートユニット/ 65D←新規
野戦病院/ 65D←新規
獣医病院/ 65D←新規
砲兵ユニット/ 65D←1945年7月10日に追加

14IMD→68D(1942年7月2日)
第68師団
HQ / 68D←HQ / 14IMD
第57歩兵旅団本部←新
-第61独立歩兵大隊←61IIB / 14IMD
-第62独立歩兵大隊←62IIB / 14IMD
-第63独立歩兵大隊←63IIB / 14IMD
-第64独立歩兵大隊←64IIB / 14IMD
第58歩兵旅団本部←新
-第65独立歩兵大隊←65IIB / 14IMD
-第115独立歩兵大隊←新規
-第116独立歩兵大隊←新規
-第117独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 68D←EU / 14IMD
信号ユニット/ 68D←SU / 14IMD
トランスポートユニット/ 68D←新規
野戦病院/ 68D←新規
獣医病院/ 68D←新規
砲兵ユニット/ 68D←1945年7月10日に追加

15IMD→63D(1943年6月30日)
第63師団
HQ / 63D←HQ / 15IMD
第66歩兵旅団本部←新
-第77独立歩兵大隊←77IIB / 15IMD
-第78独立歩兵大隊←78IIB / 15IMD
-第79独立歩兵大隊←79IIB / 15IMD
-第137独立歩兵大隊←新規
第67歩兵旅団本部←新
-第24独立歩兵大隊←24IIB / 6IMD
-第25独立歩兵大隊←25IIB / 6IMD
-第80独立歩兵大隊←80IIB / 15IMD
-第81独立歩兵大隊←81IIB / 15IMD
エンジニアユニット/ 63D←EU / 15IMD
信号ユニット/ 63D←SU / 15IMD
トランスポートユニット/ 63D←新規
野戦病院/ 63D←新規
獣医病院/ 63D←新規
砲兵ユニット/ 63D←1945年2月1日に追加

16IMD→69D(1943年6月30日)
第69師団
HQ / 69D←HQ / 16IMD
第59歩兵旅団HQ←新規
-第82独立歩兵大隊←82IIB / 16IMD
-第83独立歩兵大隊←83IIB / 16IMD
-第84独立歩兵大隊←84IIB / 16IMD
-第85独立歩兵大隊←85IIB / 16IMD
第60歩兵旅団本部←新
-第86独立歩兵大隊←85IIB / 16IMD
-第118独立歩兵大隊←新規
-第119独立歩兵大隊←新規
-第120独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 69D←EU / 16IMD
シグナルユニット/ 69D←SU / 16IMD
トランスポートユニット/ 69D←新規
野戦病院/ 69D←新規
獣医病院/ 69D←新規
モルタルユニット/ 69D←1945年2月1日に追加

18IMD→58D(1943年6月30日)
第58師団
HQ / 58D←HQ / 18IMD
第51歩兵旅団本部←新
-第92独立歩兵大隊←92IIB / 18IMD
-第93独立歩兵大隊←93IIB / 18IMD
-第94独立歩兵大隊←94IIB / 18IMD
-第95独立歩兵大隊←95IIB / 18IMD
第52歩兵旅団本部←新
-第96独立歩兵大隊←96IIB / 18IMD
-第106独立歩兵大隊←新規
-第107独立歩兵大隊←新規
-第108独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 58D←EU / 18IMD
シグナルユニット/ 58D←SU / 18IMD
トランスポートユニット/ 58D←新規
野戦病院/ 58D←新規
獣医病院/ 58D←新規
モルタルユニット/ 58D←1945年7月10日に追加

20IMD→70D(1943年6月30日)
第70師団
HQ / 70D←HQ / 20IMD
第61歩兵旅団本部←新
-第102独立歩兵大隊←102IIB / 20IMD
-第103独立歩兵大隊←103IIB / 20IMD
-第104独立歩兵大隊←104IIB / 20IMD
-第105独立歩兵大隊←105IIB / 20IMD
第62歩兵旅団HQ←新規
-第121独立歩兵大隊←新規
-第122独立歩兵大隊←新規
-第123独立歩兵大隊←新規
-第124独立歩兵大隊←新規
エンジニアユニット/ 70D←EU / 20IMD
信号ユニット/ 70D←SU / 20IMD
トランスポートユニット/ 70D←新規
野戦病院/ 70D←新規
獣医病院/ 70D←新規
モルタルユニット/ 70D←1945年2月1日に追加

43IMB→89D(1945年2月28日)
第89師団
HQ / 89D←HQ / 43IMD
第294独立歩兵大隊←294IIB / 43IMD
第295独立歩兵大隊←295IIB / 43IMD
第296独立歩兵大隊←296IIB / 43IMD
第297独立歩兵大隊←297IIB / 43IMD
砲兵ユニット/ 89D←AU / 43IMD
エンジニアユニット/ 89D←EU / 43IMD
シグナルユニット/ 89D←SU / 43IMD
兵器任務ユニット/ 89D←ODU / 43IMD
第419独立歩兵大隊←1944年7月29日に追加
第420独立歩兵大隊←1944年7月29日に追加

30IMB→100D(1944年6月15日、フィリピン)
第100師団
HQ / 100D←HQ / 30IMD
第75歩兵旅団HQ←新規
-第163独立歩兵大隊←163IIB / 30IMD
-第164独立歩兵大隊←164IIB / 30IMD
-第165独立歩兵大隊←165IIB / 30IMD
-第166独立歩兵大隊←166IIB / 30IMD
-信号ユニット/ 75IB←SU / 30IMD
-歩兵エンジニアユニット/ 75IB←。

31IMB→102D(1944年6月15日、フィリピン)
第102師団
HQ / 102D←HQ / 31IMD
第77歩兵旅団HQ←新規
-第170独立歩兵大隊←170IIB / 31IMD
-第171独立歩兵大隊←171IIB / 31IMD
-第172独立歩兵大隊←172IIB / 31IMD
-第354独立歩兵大隊←新規
-信号ユニット/ 77IB←SU / 31IMD
-歩兵エンジニアユニット/ 77IB←。

32IMB→103D(1944年6月15日、フィリピン)
第103師団
HQ / 103D←HQ / 32IMD
第79歩兵旅団本部←新
-第175独立歩兵大隊←175IIB / 32IMD
-第176独立歩兵大隊←176IIB / 32IMD
-第178独立歩兵大隊←178IIB / 32IMD
-第356独立歩兵大隊←新規
-信号ユニット/ 79IB←SU / 31IMD
-歩兵エンジニアユニット/ 79IB←。

33IMB→105D(1944年6月15日、フィリピン)
第105師団
HQ / 105D←HQ / 33IMD
第81歩兵旅団本部←新
-第181独立歩兵大隊←181IIB / 33IMD
-第182独立歩兵大隊←182IIB / 33IMD
-第183独立歩兵大隊←183IIB / 33IMD
-第185独立歩兵大隊←185IIB / 33IMD
-信号ユニット/ 81IB←SU / 33IMD
歩兵エンジニアユニット/ 81IB←。


混合旅団-歴史

物事を明確にするためだけに、ゲーム内で混合旅団がどのように表現されるかを書くのは良い考えだと思います。

ゲームの開始時、共和党の主な歩兵要素は民兵です。それらで形成されたユニットがたくさんあり、中には最大4個のミリタ大隊が入っているユニットもあります。
[ATTACH] 24459 [/ ATTACH]

10月以降、共和党のプレイヤーは、人気のある軍隊を作成するこのオプションを購入できます。
[ATTACH] 24461 [/ ATTACH]
あなたがそれを買うならば、次のターンにゲームの新しいユニット、混合旅団が現れるでしょう。ゲームには2種類の混合旅団があり、1つは1つの伝達要素で構成され、最大4つのミリタinfで構成されます。大隊(民兵混合旅団)、1つの伝達要素と最大4つの通常のinfで形成された2番目。大隊。
オプションを購入した後、歴史的な都市にいくつかの空の混合旅団が表示されます。しかし、彼らは形成されているので、彼らは空の旅団です。あなたは彼らに民兵の代替品を与えるか、すでにマップにある民兵大隊と合流させることができます。
このようにして、4コマンドポイントのユニットが必要になりますが、中には4個歩兵大隊があります。

ここでは、混合旅団が民兵ユニットと統合されているのがわかります。
[ATTACH] 24460 [/ ATTACH]

共和党員としてあなたが所有する都市で決定「民兵混合旅団」または「混合旅団」を購入して、あなたの軍のために新しい空の混合旅団を持つこともできることを付け加えてください。


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイトhola、hacia mucho que no posteaba en el foro y me he llevado una grata sorpresa con este mod、que se prevee una gran obra dearte。
supongo que muchos que jugamos con los juegos ageod lo hacemos en gran medida por que nos gusta que los juegos sean lomasfielesposibleshistóricamente。
los juegos ageod cumplen conesoatravésdeeventos、unidades、personajesydemás。
quisiera preguntarte si las unidades de ambosbandossonhistóricasyestánlimitadas、quiero decir que no podras crear por ejemplo unidades de legionarios ilimitadas de forma arcade、quetendránunlimitehistóricoconnambresde lasunidades lasunidadesaéreasylasunidadesnavales。
preguntartesidurantelacampañahayeventoshistóricoseclusivosparacadabando y si son bastantes、para que enriquezcan y den guion、inmersion yprofundidadalacampaña。
tambiénmegustaríasabresieltipo dearmamentoyvehículoscomoartillería、camiones、avionesytanquessontambiénhistóricosconelcorrespondientedibujocorrectode unidad de ese tipo de vehiculo oarmamento。
gracias y decirte que enorabuena por este mod que es un juego en si y para mi gusto mas interesante que el propiovolution under siege、untrabajodignodeadmiración。
の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

gracias a ti Anibal、pero no es mod、es un juegooficial。 y perdona porque me he cargado tu post sin querer(eso de seradministradortorpe。bonk。

スペイン語を話してすみません。


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

Jepeutposéunequestionenfrançais? (私は英語が下手です)

さらに深刻なことに、このオプションを使用する理由は、トランスミッションがコマンドポイントを使用し、コマンドポイントの使用量が少ない混合旅団を作成するときに使用するためです。

送信のコストは単純に統合する方が多いと思うので、旅団と送信を混合すると送信を失う可能性が高くなります。理由はよくわかりません。 (送信はコマンドポイント番号のみを与えますか?)

完全に空のユニットを作ることができないため、旅団を1つの要素で設計する必要があり、トランスミッションでは良いものだと思いました。

このオプションは、混合旅団を提供するだけでなく、民兵の要素を通常の歩兵の要素に変換します。そして12月にはより多くの軍隊を許可します。


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
HQウェブサイトeltema de las brigadas internacionales、supongo que no se reclutaran、sinoquelasbrigadasaparecerándisponiblesenelbandorepublicanocomohistóricamentefue、escalonadamente en el tiempo yeneljuegoseráporeventoshistóric 。
otra cosa el precio、por que este juego cae fijo、supongoqueseráprecioageod。
debido a que hace meses no entro en mi cuenta de compra de juegos、veo que yanoexisteyahíteniamisclavesde los juegos que compre y los enlaces de los juegos y DCL、ademas el sitio de compra es otro y no se ni comocomprarjuegosahí。
mi cuenta no presente como dije antes、si me puedes explicar como recuperar mi cuenta y como comprar juegos en esa nuevapagina。
enmiopiniónageodhahechomuy mal quitando las cuentas de usuarios y haciendo otra pagina de compra、en mi caso confiaba en tener misclavesahíguardadas、no sesilasapunteenalgúnsitio。
の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

maravilloso entonces、como me gusta esoledaunainmersiónmuynecesariaaljuego conesaexactitudhistórica、muchasgracias。

Todo se ha podido代表、porquehayqueceñirsealmotorはありません。
エンジンをそのまま使用する必要があるため、すべての歴史的な状況を表すことはできません。

XI国際旅団と2人の指導者の到着。
[ATTACH] 24505 [/ ATTACH]


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

242は、要素が1つしかない3ユニットで非常に高い戦闘力のようです。戦闘力は、全体的に高い値があるため、他のAGEODゲームよりも一般的に高いですか、それともこの旅団は非常に強力ですか?

ゲームの重要なリーダーに関する背景情報はありますか?ちょっとしたポイントですが、いつも読んで楽しんでいます。もちろん、あなたがそれを実行するための人的資源を持っていなかったならば、私は理解するでしょう。

リリースを本当に楽しみにしています!


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

その情報は、他のより差し迫った問題が処理された後、パッチでいつでも追加できるものだと思います。短い司令官の伝記はゲームに風味を加え、プレイ中にいくつかの歴史的事実を簡単に確認できるようにします。

私は間違いなく最初に共和党員としてプレーし、歴史を変えることができるかどうかを確認するつもりです。


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト
の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

あなたが正しいです。ここで何かが必要です。


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

旅団が自動的に形成されるのはなぜですか?私は後で彼らを放っておいたかったのですが、ターンの後、突然、州内のすべての連隊が混合旅団を結成しました。

私はまた、通常の連隊と混合旅団を形成することはできず、民兵だけを形成することができました。

ここではいくつかの良いアイデアがあると思いますが、複雑すぎます。

GlobalExplorerは次のように書いています:旅団が自動的に形成されるのはなぜですか?私は後で彼らを放っておいたかったのですが、ターンの後、突然、州内のすべての連隊が混合旅団を結成しました。

私はまた、通常の連隊と混合旅団を形成することはできず、民兵だけを形成することができました。

ここではいくつかの良いアイデアがあると思いますが、複雑すぎます。

あなたが見たのは、元の列(a)が形成されていることだと思います。単一の要素(大隊/バンデラ)でゲームを開始するユニットがいくつかあります(名前にcolumnaという用語が含まれているわけではありません)。これらのユニットは、デポに配置されている場合、民兵から追加の要素(合計で最大4つ)を受け取ることができます。交換。これらは、1936年の秋にオプションでのみ利用可能になる混合旅団とは異なります(正確な月を忘れて、それは国軍オプションの作成です)。オプションメニューから無料で受け取る元のコラムと混合旅団はどちらも、民兵大隊しか収容できません。したがって、通常の大隊を混合旅団に追加したい場合は、通常の混合旅団RGDをプレイする必要があります(これらの旅団は、デポにあり、適切な代替品がある場合、通常の要素を追加することに注意してください)。

私の返事は理解できませんか?あなたが望むなら私はドイツ語で試すことができます(あなたの場所はベルリンなので、私はあなたが言語を理解していると仮定します:-)。

また、ich sagen wollteでした:

Vieleicht handelt es sich bei dem was du geshen hast um Einheiten(columnas)die am Anfang desScenarios aus einem einzigen Element bestehen、aber bis auf vier Militz Elementeausgebautwerdenkönnen(zBvomSpielerhinzugefügtwiemanauch hinzufügt、aber auch durch Ersatzelemente fall die Einheit sich bei einem Depot befindet)。 Nicht alle diese Einheiten sind auf Anhieb als 4 Elemente(columnas)zuerkennen。

Die gemischte Brigaden kommen erst im Herbst 1936(glaube September)übereineOption(National Armee)insSpiel。 DieBrigadendieduüberdieseOptionerhälstbestehenzuAnfangnur aus einem Signal Element、könnenaberauf4 Militz(diezuregulärenTruppenaufgewertetwerdenkönnen)und 1 Signal Element aufgebaut werden、dasähnlichwie überErsatzelementeは、Brigade auf einem Depot stationiertistで倒れます。

ZusätzlichdazukannstduweitergemischteBrigadenüberRGD's(Regionale Entscheidungen)kaufen wo du dann die wahl zwischen MilitzBrigadenundRegulärenBrigadenhast、dieletzerenkönnendannauf1 Signalund4reguläreElemente

追伸:Hab nichts mit "Espãna1936" zu tun、binnureinregulärerSpielerwasdieses Produkt angeht、also lies mein Kommentar nicht alsoffiziell。

あなたのドイツ語は本当にとても上手です

しかし、あなたが与える説明は、言語に関係なく、冗長すぎて、それは非常に複雑な問題であることを意味します。

私はそれを理解していません、そしてそれは単純な、リストされた形でより良いでしょう

(3)混合旅団の種類

タイプ1:
作成者:
認識可能:
これらのタイプの連隊を保持することができます:

今私の問題に。 1936年の終わりのいつか、主にマドリッドとトレドで、イベントを通じて多数の信号要素または混合旅団が作成されました。

トラックのように見えた

次のターンで、彼らの多くはそれぞれ1個連隊の旅団になりました、そして私は彼らが同じ州でエンジンが見つけたどんな自由な連隊にも自動的に割り当てられたと思います。

だから私は混乱して何が起こるのか分かりませんでした。私はまた、後でそれらを通常の連隊と混ぜることができないことに気づきました。彼らは民兵タイプ(青いユニフォーム)だったと思いますが、彼らが含んでいた連隊の1つは通常のタイプ(茶色のユニフォーム)だったので、それは混乱を招きます。

すべて旅団に編成できる国際旅団連隊もありますが、信号ユニットが自動的に挿入された連隊もあります。これが完全に不透明になる方法がわかります。

すべてのインターナショナルは旅団ユニットに信号要素を持っています。すべての大隊をそれに参加させるかどうか。私は、歴史的な方法ではなく、別の方法で国際大隊に参加することをプレイヤーに自由に任せます。

混合旅団について。人気のある軍隊を作成すると、いくつかの歴史的な混合旅団を手に入れることができます。それらを空にすることは不可能であるため、それらには信号大隊があります。これらの旅団に最大4個の民兵大隊を追加できます。そして、あなたが人気のある軍隊を作ると同時に、すべての民兵大隊は通常の歩兵大隊への転換を開始します。これは、ミリタ大隊が混合旅団内にいる場合でも発生する可能性があります。

民兵の代替品を購入すると、民兵混合旅団に餌を与えることができます。

通常旅団はReg.Decisionを介してのみ表示され、通常の大隊のみを持つことができます。


の本社ゲームデザイナー スペインの戦い、Ageodイングランド内戦、España:1936年および30年戦争
本社のウェブサイト

個人的なことではありませんが、現実をチェックする時が来たと思います。世界中の数十人以上のプレイヤーがこれを理解すると信じているなら、あなたは幻想の下にいます。

まず第一に、常連と民兵だけで十分だと思いましたか?あなたのシステムは常連を無数の特別な場合に入れます、なぜですか?正規軍、民兵から形成された「その他」の正規軍、アナキストのバテリロンから形成された「その他」の正規軍、そして忘れてはならないのは、地域の決定からの正規軍です。すべて同じように見えますが、完全に異なります。プレイヤーは、旅団を編成したり、コマンドのペナルティを減らしたりしようとすると、そのことを知ることができます。ああ、そして彼はデポにあるに違いないので最初は違いに気付かないかもしれません。

プレイヤーがExercitoPopularを作成するとき、彼らは単に民兵を常連に変えたいと思うでしょう。このシステムでは、彼らは混合旅団を形成できなくなったために罰せられることに後で気づきます。一部の人々がExercitoPopularを遅らせたり、前のターンをリロードして、「混合旅団に使用できなくなる」前に混合旅団を形成できることを知っていますか?

もう一つの例。 1937年、アナキストのバテリロンは常連になり始めました。これは「スペイン」を起源としていますが、どういうわけかアナキストのペナルティを保持しています。しかし、ツールチップには別の言い方があります。これらはシステムに深く根ざしているバグであるため、必要な場合でも修正に問題があるのではないかと疑っています。しかし、単純な問題の複雑な解決策では、これを改善することはできません。

ゲーマーおよびソフトウェア開発者としての20年以上の経験から、人々が気分を害する前に、ある程度のダメージコントロールの時間だと思います。これに対する修正は、個々のユニットグラフィックを作成するか、混合旅団システムをいくつか単純化することである可能性があります。空爆については調べていませんが、おそらく似たような状況だと思います。

簡単に言えば、完全な情報を明確でわかりやすい文章で1ページに収めることができない限り、専門性が高すぎると問題が発生します。

あなたが私に同意することを期待していませんが、私のアドバイスに耳を貸さない場合は、このゲーム用に作成されたシステムがほとんど「理解できない」というコンセンサスがある場合は、後で文句を言わないでください。


4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2012年3月11日、18:42

独立混成第四旅団(京都)→第六二師団(華北)
混成成第六旅団(名古屋)のバージョン

独立混成第十五旅団(宇都宮)→第六三師団(華北)
混成成第六旅団(名古屋)のバージョン


4番目と6番目の独立した混合旅団の隣​​の京都京都と名古屋名古屋、そして12番目、13番目、15番目の独立した混合旅団の隣​​の都市に混乱しています。これらの旅団は中国にあったと思います。彼らは日本にいて、新しい部門を形成するために中国に出荷されましたか?

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 VJK &raquo 2012年3月11日、22:13

都市は、旅団が最初に形成された場所を指します。

4 IMB:1938年2月10日の京都
6 IMB:1939年1月14日の名古屋
12 IMB:1939年1月14日の善通寺
13 IMB:1939年1月14日の熊本
15 IMB:1939年7月22日の宇都宮

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2012年3月11日、22:26

ありがとう。彼らの中国での位置についての私の情報が間違っていたのではないかと思っていました。

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 VJK &raquo 2012年3月11日、22:34

あなたはこれらの旅団が中国にあったことは完全に正しいです:

4 IMBが第1軍(北方陸軍)に割り当てられました
6 IMBが第12軍(北方陸軍)に割り当てられました
12IMBと13IMBが中支那派遣軍に割り当てられ、次に第13軍(華中)に割り当てられました。
北支那方面軍に15IMBが割り当てられました

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 fontessa &raquo 2012年3月17日、12:49

上記の都市は、部隊任部隊(デポユニット)の本部があった場所でした。上記のすべてのユニットは中国で組織されました。

たとえば、通州(通州)では4MBが編成されました。 4MBのデポユニットは以下のとおりです。
彼らは、京都に本社を置く第53師団に所属していました。
(ibs:独立歩兵大隊)
-本部:第119歩兵連隊交代部隊(敦賀)
-11ibs:第119歩兵連隊交代隊(敦賀)
-12ibs:第119歩兵連隊交代隊(敦賀)
-13ibs:第128歩兵連隊交代ユニット(京都)
-14ibs:第128歩兵連隊交代ユニット(京都)
-15ibs:第151歩兵連隊交換ユニット(Tsu)
-旅団エンジニアユニット:第53エンジニア連隊交換ユニット(京都)
-旅団信号ユニット:第53師団信号ユニット交換ユニット(京都)
-旅団砲兵ユニット:第53野戦砲連隊交換ユニット(京都)

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2012年3月17日、21:33

この追加情報をありがとう。

中国の独立した混合旅団の兵士の質はどうでしたか。彼らは標準的な歩兵師団の歩兵と同じくらい良かったですか?歩兵師団の男性は、独立した混合旅団を2番目のクラスと見なしましたか?

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 fontessa &raquo 2012年3月18日、12:23

公序良俗維持のための独立した混合旅団は、歩兵師団よりも予備と第二予備の比率が高かったと思います。残念ながら詳細はよくわかりません。

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 ジョンホイットマン &raquo 2012年3月18日、13:07

Re:4番目と6番目の独立した混合旅団の場所

投稿者 fontessa &raquo 2012年3月21日、13:09

中国で組織された他の公の秩序維持(安全保障)部門がありました。結成は1944年に行われました。以下の師団は1944年7月10日付けの陸軍規則「A」No79によって結成されました。
-第3独立歩兵旅団の第114師団
-第7独立混合旅団の第115師団
-第4独立歩兵旅団の第117師団
-第9独立歩兵旅団の第118師団

第115師団の設立過程をご紹介します。

(1)第7師団後備歩兵大隊第7師団第2予備(バックライン)歩兵大隊
中国の事件発生直後、1937年7月27日付けの動第2号動員命令第2師団により、第7師団で以下の部隊が動員された。
-札幌第25歩兵連隊第7師団第1第2予備歩兵大隊
-旭川第26歩兵連隊第7師団第2予備歩兵大隊
-旭川第27歩兵連隊第7師団第3第2予備歩兵大隊
-旭川第28歩兵連隊第7師団第4第2予備歩兵大隊
-旭川第7師団第7師団第1第二予備工兵隊
上記の部隊は、8月17日に札幌と旭川を出発し、9月14日に天津に到着した。これらの部隊は、中国駐屯軍連絡線部の指揮下に置かれ、天津周辺の鉄道の警備に従事した。
数回の動員により、44秒予備歩兵大隊が次のように動員された。
(ローマ数字は第2予備大隊の数を示しています。)
-GD:I、II、III、IV、V、VI
-2D:I、II、III、IV
-3D:I、II、III、IV
-4D:V
-6D:I、II、III、IV
-7D:I、II、III、IV、V、VI
-8D:I、II、III、IV
-9D:I、II、III、IV
-10D:V
-11D:I、II、III、IV、V
-14D:I、II、III、IV
-16D:V

(2)第3後備隊第3予備部隊
1938年7月11日付けのIGHQ陸軍命令第141号により、第3予備部隊が結成された。フォーメーションは以下の通り。
-本社
-第7師団第1-4第2予備歩兵大隊
-第8師団第2および第4予備歩兵大隊
-第14師団第3第2予備歩兵大隊
-第9師団第2予備歩兵大隊
-第5師団第2予備第1および第2エンジニア会社

(3)第7回独立混合旅団
陸軍は1939年に次のように中国で多くの独立した混合旅団を組織した。
(MB:独立した混合旅団)
-6MB

1939年1月14日付けの陸軍規則「A」No1による14MB
(上記の旅団は主に第2予備大隊から再編成された)
-1939年7月22日付けの陸軍規則「A」No26による1MBおよび15MB
-16MB

1939年11月7日付けの陸軍規則「A」No40による18MB
前述の第2予備ユニットは、第7独立混合旅団に再編成されました。第7回独立混合旅団の組織は以下のとおりです。
-本社:27人
-第1第2予備歩兵大隊からの第26独立歩兵大隊:810人
-第2予備歩兵大隊からの第27独立歩兵大隊:810人
-第3予備歩兵大隊からの第28独立歩兵大隊:810人
-第4予備歩兵大隊からの第29独立歩兵大隊:810人
-第26から1社が抽出して組織された第30独立歩兵大隊

第29大隊:810人
-旅団エンジニアユニット:176人
-旅団信号ユニット:175人
-旅団銃ユニット:620人
-合計:5,048人
1940年の初めに、2番目の予約者の一部が1937年に徴収された交代要員に置き換えられました。最後に、2番目の予約者全員が復員しました。旅団は、鉄道などの通信回線の警備に従事していました。 1944年の大陸打通作戦では、第7独立混合旅団が後衛部隊ではなく侵攻部隊として任命された。

(4)第115師団
第26師団と第62師団は、それぞれフィリピンと沖縄に輸送される予定でした。両部門の公序良俗を継承するために、第114、第115、第117、第118部門が組織された。第115師団の組織は次のとおりです。第115師団は主に第7独立混合旅団から再編成されました。各歩兵大隊の許可された強さは1,233人に増加し、師団のそれは13,045人でした。師団の組織の詳細を規定した陸軍規則「A」は残されていない。

-師団本部
-第85歩兵グループ本部
---第26独立歩兵大隊
---第27独立歩兵大隊
---第28独立歩兵大隊
---第29独立歩兵大隊
-第86歩兵グループ本部
---第30独立歩兵大隊
---第385独立歩兵大隊
---第386独立歩兵大隊
---第387独立歩兵大隊
-部門エンジニアリングユニット
-除算信号ユニット
-分割輸送ユニット
-ディビジョンフィールド病院
-部門獣医病院
師団は治安維持のために組織されていたため、砲兵部隊が不足していた。しかし、1945年7月10日に、砲兵部隊編成に関する陸軍規則「A」No106が発行されました。


第二次世界大戦におけるハンガリーの枢軸国

第二次世界大戦におけるアクシスのパートナーとしてのハンガリーの物語は、他のすべての物語と同様に、その前の歴史にルーツがあります。ハンガリーは、第一次世界大戦の終焉とともにオーストリア・ハンガリー帝国が崩壊した後、意気消沈し、破壊されました。解散後、ハンガリーは混乱状態に陥り、ベラ・クンという共産主義者がソビエトハンガリー共和国を宣言するまで、多くの無力な政府に率いられました。この買収後の期間は、ハンガリーでは「レッドテラー」として知られていました。 1919年、オーストリア・ハンガリー海軍の最後の最高司令官であるミクロス・ホルティ副提督が軍隊を編成し、共産主義共和国を打倒しました。

1920年、ハンガリーはトリアノン条約に署名し、その過程で、その領土のかなりの部分を周囲の国々に失いました。この条約はハンガリーに独立を与えましたが、隣接するルーマニア、チェコスロバキア、ユーゴスラビアにもかなりの領土を与えました。この条約はまた、常備軍の35,000人の将校と兵士を、7個の混合旅団*、本部軍、ドナウ海軍小艦隊に分割することを義務付けており、この条約の規定により、戦車、大砲、空軍も禁止されていました。

ハンガリーは、第二次世界大戦前の数年間に安定を取り戻すために、ホルティの指導の下、失われた領土を取り戻す試みに役立つ同盟を見つけるよう努めました。イギリスとフランスを無駄に捜索した後、1927年にハンガリーは別の条約に署名しました。今回はイタリアの第一次世界大戦の元敵との契約でした。これにより、ハンガリーがアクシスの大義を支持するための扉がさらに開かれました。

1930年代、ハンガリーのジュラゴンボス首相は、ドイツとの貿易協定に署名することで、ハンガリーをさらにアクシス陣営に引き寄せました。この合意の結果として、やがてハンガリーはより良い経済的および政治的基盤に身を置くことになりました。ハンガリーが政治的および経済的に再建し始めたとき、それは社会的にも繁栄し始めました、そして一見オープンマインドなホーティは新興の左翼または右翼グループを抑圧していませんでした。この受け入れの空気の中で、ドイツの国家社会主義者に同情的または模倣した多くのグループが形成され始めました。

1938年から1941年にかけて、ハンガリーは政治的手段または限られた軍事行動のいずれかを通じて、失われた領土を取り戻し始めました。 1938年にハンガリーは以前スロバキアの地域に組み込まれていた地域を取り戻しました。1939年に第8混合旅団が結成され、その後すべての混合旅団が軍団に拡大されました。その後、別の軍団、移動軍団、および新しい空軍が追加されました。 1939年3月、第8軍団と移動軍団がチェコスロバキアのルテニアを占領しました。また1939年、ハンガリーはドイツ、イタリア、日本とともに防共協定に参加しました。ドイツが1939年9月にポーランドを侵略したとき、ハンガリーは1938年以来その軍隊を動員していたが、中立であると宣言した。

1940年、ルーマニアはドイツから北トランシルバニアの返還を余儀なくされました。このとき、カルパティア山脈地域のルーマニアのフロンティアに隣接する第9軍団が結成されました。

ハンガリーの9軍団地域は、それぞれ3つのダンダーまたは軽師団を編成しました。信号会社。軍団自体にも、対空、エンジニア、信号大隊だけでなく、多くの場合自転車に搭載された1個の自動車化歩兵大隊がありました。これらの部隊に加えて、ハンガリーはまた、山岳および国境警備隊の旅団、労働大隊、いわゆる「ライフガード」、クラウンガード、および国会議事堂の部隊を擁護した。当時、ハンガリーは理論上、実際にはそうではないにしても、関連する王室の機能と地位を備えた君主制と見なされていました。これが、ハンガリーの部隊が通常「王室」の称号を持っていた理由です。

また、1940年に、ハンガリーは3つの陸軍司令部を作成し、その後、全国に配置されたさまざまな軍隊編成を管理しました。新しい陸軍司令部の創設時、ハンガリー軍は以下の部隊で構成されていました。

形成位置
第1軍Kolozsvar
第2軍ブダペスト
第3軍ペーチ
I.陸軍軍団ブダペスト
II。陸軍軍団セーケシュフェヘールヴァール
III。陸軍軍団ソンバトヘイ
IV。陸軍軍団ペーチ
V.陸軍軍団セゲド
VI。陸軍軍団デブレツェン
VII。陸軍軍団ミシュコルツ
VIII。陸軍軍団カッサ
IX。陸軍軍団Kolozsvar
移動軍団ブダペスト

最後に、1941年、ドイツとイタリアはハンガリーを軍事同盟に持ち込もうとしました。これを行うために、彼らはハンガリーに1920年のトリアノン条約で奪われたより多くの領土の返還を申し出ました。 1941年4月、ドイツはユーゴスラビア侵攻に備えるためにハンガリーの領土に入り、ハンガリーの援助を要請し、ハンガリーはハンガリーの第3軍を動員しました。ユーゴスラビア侵攻のために、ハンガリーはユーゴスラビアが支配していた紛争地域に以下の部隊を派遣した。

第3ハンガリー軍
I.陸軍軍団
第1歩兵旅団
第13歩兵旅団
第15歩兵旅団
IV。陸軍軍団
第2歩兵旅団
第10歩兵旅団
第12歩兵旅団
V.陸軍軍団
第14歩兵旅団
第19歩兵旅団
第2騎兵隊
ラピッド軍団
第1騎兵師団
第1電動旅団
第2電動旅団

1941年6月27日、ドイツがソビエト連邦に侵攻した後、ハンガリーは正式にソビエト連邦に対する宣戦布告を行い、ドイツとイタリアの完全な枢軸軍のパートナーになりました。この宣言のパターンは何年も前に設定されており、移動の最終的な推進力は、おそらくロシアの航空機によってハンガリーの都市カッサが爆撃されたときに来たと言われています。アンドリス・クルシエティスによれば、この事件に関する議論はまだ続いており、ハンガリーを戦争に引き込む計画でドイツに責任を負わせたものの、いずれの情報源にもしっかりと責任を負わせることはできません。誰のせいでも、ハンガリーを枢軸国にしっかりと引き込んだので、最終結果は広範囲にわたるものでした。

*ハンガリー軍の権威であると認められているアンドリス・クルシエティスによれば、「混合旅団」という用語は誤った名称でした。実際、それは軍団のカバー名でした。 7つのいわゆる混合旅団のそれぞれは、実際には、それらの部分を構成するユニットが実際に形成されるのを待っている旅団であるという法人でした。ハンガリーがトリアノン条約の課された連合国の制限の穀物に逆らって、必要な時に動員する準備をしたのはこのプロセスを通してでした。

**これまでのところ、ハンガリーの領土の撤去と1918年の「レッドテラー」の経験は、第二次世界大戦前の数年間にハンガリーがアクシスキャンプに向かって移動するきっかけとなりました。 1927年のイタリアとの同盟とその後のドイツへの経済的譲歩により、ハンガリーは枢軸国軍の非常に現実的な潜在的メンバーとなった。


戦闘序列-アメリカ軍-第一次世界大戦

ノースカロライナ州とバージニア州のニューリバーバレーの歴史と系譜について話し合うために、ニューリバーの歴史と系図のディスカッショングループに参加することを歓迎します。

ようこそ。ディスカッションに参加していただければ幸いです。

新着情報:

ニューリバーノート-完了

2014年1月21日

約2年間の作業の後、New RiverNotesへのメジャーアップグレードが完了しました。 2014年1月21日に、更新されたファイルの最後と最終ページのリビジョンを切り替えました。

2013年1月に新しいサイトレイアウトを導入しましたが、やるべきページがたくさん残っていたため、フロントページに大きな赤い建設中がありました。 1年後、元のサイトにあったすべてのページが完成しました。工事が完了しました。私たちはあなたの研究を助け、おそらくあなたを楽しませる資料でいっぱいの見栄えの良いサイトを持っています。

ニューリバーノート

2013年1月6日

ノースカロライナ州とバージニア州のニューリバーバレーの主要な系図リソースであるニューリバーノートは、本日、新しい外観のWebサイトを立ち上げました。

ニューリバーノートは、もともとジェフリーC.ウィーバーによって1998年に立ち上げられ、ニューリバーバレーの研究者に新しい豊富な情報を提供し、その伝統は現在もバージニアヘリテージファンデーションのグレイソン郡によって受け継がれています。

ようこそ。新しいデザインをお楽しみください。

戦闘序列(ユニット構造)-アメリカ軍-第一次世界大戦

第1軍団

ハンター・リゲット少将、指揮。

第1師団-チャールズ・P・サマーオール少将、キャンベル・キング中尉、参謀長、H・K・ラフリー少将、副将。

  • 第1旅団歩兵-少将[将軍]ジョン・L・ハインズ
    • 第16歩兵連隊
    • 第18歩兵連隊
    • 第2マシンガン大隊
    • 第26歩兵連隊
    • 第28歩兵連隊
    • 第3マシンガン大隊
    • 第5野戦砲
    • 6野戦砲兵隊
    • 第7野戦砲兵隊
    • 第1トレンチ迫撃砲砲台

    第2師団(U.S.M.C)-ジョンE.ルジューヌ准将、プレストンブラウン准将、参謀長

    • 第3旅団歩兵-ハンソン・E・エリー准将
      • 第9歩兵連隊
      • 第23歩兵連隊
      • 第5マシンガン大隊
        第5歩兵連隊第6歩兵連隊第6機関銃大隊
      • 第12連隊野戦砲
      • 第15連隊野戦砲
      • 第17連隊野戦砲
      • 2番目のトレンチ迫撃砲砲台

      第26師団-クラレンス・R・エドワーズ少将、カシウス・M・ダウェル中佐、チャールズ・A・スティーブンス少将、副将軍を指揮。

      • 第51旅団歩兵-ジョージH.シェルトン准将
        • 第101歩兵連隊
        • 第102歩兵連隊
        • 第102機関銃大隊
        • 第103歩兵連隊
        • 第104歩兵連隊
        • 103d機関銃大隊
        • 第101野戦砲兵連隊
        • 第102野戦砲兵連隊
        • 第103野戦砲兵連隊
        • 第101トレンチ迫撃砲砲台

        第32師団-W・G・ハーン少佐、中尉を指揮-アレン・L・ブリッグス大佐、参謀長ジョン・H・ハワード副将軍。

        • 第63旅団歩兵-ウィリアム・D・コナー准将
          • 第125歩兵連隊
          • 第126騎兵連隊
          • 第120機関銃大隊
          • 第127歩兵連隊
          • 第128歩兵連隊
          • 第121機関銃大隊
          • 第119野戦砲連隊
          • 第120野戦砲兵連隊
          • 第121野戦砲兵連隊
          • 第107トレンチ迫撃砲砲台

          第41師団(日没)-ロバート・アレクサンダー少佐、ハリー・H・テベッツ大佐、参謀長、ハーバート・H・ホワイト少佐、副将。

          • 第81旅団、歩兵-ウィルソンB.バート准将
            • 第161歩兵連隊
            • 第162歩兵連隊
            • 第147機関銃大隊
            • 第163歩兵連隊
            • 第164歩兵連隊
            • 第148機関銃大隊
            • 第146連隊野戦砲
            • 第147連隊野戦砲
            • 第148連隊野戦砲
            • 第116トレンチ迫撃砲砲台

            第42師団(レインボー)-少将C. T.メノハー、少将ウォルターE.パワーズ、副将

            • 第83旅団歩兵-M。レニハン准将
              • 第165歩兵連隊
              • 第166歩兵連隊
              • 第150機関銃大隊
              • 第167歩兵連隊
              • 第168歩兵連隊
              • 第151機関銃大隊
              • 第149野戦砲連隊
              • 第150野戦砲兵連隊
              • 第151野戦砲連隊
              • 第117トレンチ迫撃砲砲台

              第2軍団

              ロバート・リー・ブラード少将、指揮

              第4師団-ジョージ・H・キャメロン少将、中佐クリスチャン・A・バッハ、参謀長ジェシー・D・エリオット副将軍。

              • 第7旅団歩兵-准将B.A.プーア
                • 第39歩兵連隊
                • 第47歩兵連隊
                • 第11機関銃大隊
                • 第58歩兵連隊
                • 第59歩兵連隊
                • 第12機関銃大隊
                • 第13野戦砲兵連隊
                • 第16野戦砲兵連隊
                • 第77野戦砲兵連隊
                • 4番目のトレンチ迫撃砲砲台

                第28師団-副将軍のデビッド・J・デイビス中尉を指揮するC.H.ミュア少将。

                • 第55旅団歩兵-准将T.W.ダラー
                  • 第109歩兵連隊
                  • 第110歩兵連隊
                  • 第108機関銃大隊
                  • 第111歩兵連隊
                  • 第112歩兵連隊
                  • 第109機関銃大隊
                  • 第107野戦砲兵連隊
                  • 第108野戦砲兵連隊
                  • 第109野戦砲兵連隊
                  • 103番目のトレンチ迫撃砲砲台

                  第30師団(ワイルドキャット)

                  エドワードM少将ルイス、ロバート・B・マクブライド中佐、参謀長フランシス・B・ヒンクル中佐、副将軍を指揮。

                  • 第59旅団、歩兵-ローレンス・D・タイソン准将
                    • 第117歩兵連隊
                    • 第118歩兵連隊
                    • 第114機関銃大隊
                    • 第119歩兵連隊
                    • 第120歩兵連隊
                    • 第115機関銃大隊
                    • 第113野戦砲兵連隊
                    • 第114野戦砲兵連隊
                    • 第115野戦砲連隊
                    • 105番目のトレンチ迫撃砲砲台

                    第35師団

                    ピーター・E・トラウブ少将、ロバート・マクリーブ大佐、参謀長J・M・ホブソン副将軍

                    • 第69旅団、歩兵-准将ナサニエル・マクルーア
                      • 第137歩兵連隊
                      • 138野戦砲兵連隊
                      • 第129機関銃大隊
                      • 第139歩兵連隊
                      • 第140歩兵連隊
                      • 第130機関銃大隊
                      • 第128野戦砲連隊
                      • 第129野戦砲兵連隊
                      • 第130野戦砲兵連隊
                      • 110番目のトレンチ迫撃砲砲台

                      第77師団(アプトン)

                      ジョージ・B・ダンカン少将、副将軍W・N・ハスケル少将

                      • 第153旅団歩兵-エドワード・ヴィッテンマイヤー准将
                        • 第305歩兵連隊
                        • 第306歩兵連隊
                        • 第305機関銃大隊
                        • 第307歩兵連隊
                        • 第308歩兵連隊
                        • 第306機関銃大隊
                        • 第304野戦砲連隊
                        • 第305野戦砲連隊
                        • 第306野戦砲連隊
                        • 第302トレンチ迫撃砲砲台

                        第82師団

                        W・P・バーナム少将、ロイデン・E・ビーベ中佐、ジョン・R・トーマス中佐、副将

                        • 第163旅団歩兵-マーカスD.クローニン准将
                          • 第325空挺師団
                          • 第326歩兵連隊
                          • 第320機関銃大隊
                          • 第327歩兵連隊
                          • 第328歩兵連隊
                          • 第321機関銃大隊
                          • 第319野戦砲兵連隊
                          • 第320野戦砲兵連隊
                          • 第321野戦砲兵連隊
                          • 307番目のトレンチ迫撃砲砲台

                          第3軍団

                          ウィリアム・M・ライト少将、指揮

                          第3師団

                          ジョセフ・T・ディックマン少将、ロバート・H・ケルトン大佐、副将軍フランク・L・パードン大佐

                          • 第5旅団歩兵-准将F.W.スラデン
                            • 第4歩兵連隊
                            • 第7歩兵連隊
                            • 第8機関銃大隊
                            • 第30歩兵連隊
                            • 第38歩兵連隊
                            • 第9機関銃大隊
                            • 第10野戦砲兵連隊
                            • 第76野戦砲兵連隊
                            • 第18野戦砲兵連隊
                            • 3番目のトレンチ迫撃砲砲台

                            第5師団

                            ジョン・E・マクマホン少将、ラルフ・E・イングラム大佐、参謀長デビッド・P・ウッド少将、副将

                            • 第9旅団歩兵-准将J.C.キャストナー
                              • 第60歩兵連隊
                              • 第61歩兵連隊
                              • 第14機関銃大隊
                              • 第6歩兵連隊
                              • 第11歩兵連隊
                              • 第15機関銃大隊
                              • 第19野戦砲兵連隊
                              • 第20野戦砲兵連隊
                              • 第21野戦砲兵連隊
                              • 5番目のトレンチ迫撃砲砲台

                              第27師団(ニューヨーク)

                              少将J.F. O'Ryan、中佐-大佐Stanley H. Ford、中佐-大佐Frank W. Ward、副将。

                              • 第53旅団歩兵-アルフレッドW.ビョルンスタッド准将
                                • 第105歩兵連隊
                                • 第106歩兵連隊
                                • 第105機関銃大隊
                                • 第107歩兵連隊
                                • 第108歩兵連隊
                                • 第106機関銃大隊
                                • 第104野戦砲連隊
                                • 第105野戦砲連隊
                                • 第106野戦砲連隊
                                • 第102トレンチ迫撃砲砲台

                                第33師団

                                ジョージ・ベル・ジュニア少将、ウィリアム・K・ネイラー大佐、副将軍(名前なし)

                                • 第65旅団歩兵-エドワードL.キング准将
                                  • 第129歩兵連隊
                                  • 第130歩兵連隊
                                  • 第123機関銃大隊
                                  • 第131歩兵連隊
                                  • 第132歩兵連隊
                                  • 第124機関銃大隊
                                  • 第122野戦砲兵連隊
                                  • 第123野戦砲兵連隊
                                  • 第124野戦砲連隊
                                  • 108番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                  第78師団

                                  ジェームズ・A・マクレー少将、ハリー・N・クーツ中佐、ウィリアム・T・マクミル少将、副将。

                                  • 第155旅団歩兵-マーク・L・ハーシー准将
                                    • 第309歩兵連隊
                                    • 第310歩兵連隊
                                    • 第308機関銃大隊
                                    • 第311歩兵連隊
                                    • 第312歩兵連隊
                                    • 第309機関銃大隊
                                    • 第307野戦砲連隊
                                    • 第308野戦砲連隊
                                    • 第309野戦砲連隊
                                    • 303番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                    第80師団

                                    アデルバート・クロンカイト少将、ウィリアム・H・ウォルドロン中佐、副将軍スティーブン・C・クラーク少将を指揮。

                                    • 第159旅団歩兵-ジョージH.ジャマーソン准将
                                      • 第317歩兵連隊
                                      • 第318歩兵連隊
                                      • 第315機関銃大隊
                                      • 第319歩兵連隊
                                      • 第320歩兵連隊
                                      • 第315機関銃大隊
                                      • 第313野戦砲連隊
                                      • 第314野戦砲連隊
                                      • 第315野戦砲連隊
                                      • 305番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                      第4軍団

                                      ジョージ・W・リード少将、指揮

                                      第29師団

                                      C. G.モートン少佐、ジョージS.グッデール大佐、参謀長ジェームズA.ウリオ少佐、副将

                                      • 第57旅団歩兵-チャールズW.バーバー准将
                                        • 第113歩兵連隊
                                        • 第114歩兵連隊
                                        • 第111機関銃大隊
                                        • 第115歩兵連隊
                                        • 第116歩兵連隊
                                        • 第12機関銃大隊
                                        • 第110野戦砲兵連隊
                                        • 第111野戦砲兵連隊
                                        • 第112野戦砲兵連隊
                                        • 104番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                        第37師団

                                        C. S.ファーンズワース少将、ダナT.メリル中佐、参謀長、エドワードW.ワイルドリック少将、副将。

                                        • 第73旅団歩兵-ブリガディエ将軍C.F.ジマーマン
                                          • 第145歩兵連隊
                                          • 第146歩兵連隊
                                          • 第135機関銃大隊
                                          • 第147歩兵連隊
                                          • 第148歩兵連隊
                                          • 第136機関銃大隊
                                          • 第134野戦砲連隊
                                          • 第135野戦砲連隊
                                          • 第136野戦砲連隊
                                          • 112番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                          第83師団

                                          少将E.F.グレン、中佐C. A.トロット、チーフオブスタッフ少将ジェームズL.コクラン、副将軍。

                                          • 第165旅団歩兵-オラE.ハント准将
                                            • 第329歩兵連隊
                                            • 第330歩兵連隊
                                            • 第323機関銃大隊
                                            • 第331歩兵連隊
                                            • 第332歩兵連隊
                                            • 第324機関銃大隊
                                            • 第322野戦砲連隊
                                            • 第323野戦砲連隊
                                            • 第324野戦砲連隊
                                            • 308番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                            第89師団

                                            フランク・L・ウィン准将、副将軍ジェローム・G・ピロー参謀長、C・E・キルボーン大佐を指揮(演技)

                                            • 第177旅団歩兵-フランクL.ウィン准将
                                              • 第353歩兵連隊
                                              • 第354歩兵連隊
                                              • 第341機関銃大隊
                                              • 第355歩兵連隊
                                              • 第356歩兵連隊
                                              • 第342機関銃大隊
                                              • 第340野戦砲連隊
                                              • 第341野戦砲連隊
                                              • 第342野戦砲連隊
                                              • 314番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                              第90師団

                                              ヘンリー・T・アレン少将、ジョン・J・キングマン大佐、参謀長ワイアット・O・セルカーク少将、副将

                                              • 第179旅団歩兵-ジョン・T・オニール准将
                                                • 第357歩兵連隊
                                                • 第358歩兵連隊
                                                • 第344機関銃大隊
                                                • 第359歩兵連隊
                                                • 第360歩兵連隊
                                                • 第345機関銃大隊
                                                • 第343野戦砲連隊
                                                • 第344野戦砲連隊
                                                • 第345野戦砲連隊
                                                • 315番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                                第92師団

                                                アレン・J・グリア中佐、シャーバーン・ホイップル少佐、副将軍を指揮するC.C.バロウ少佐。

                                                • 第183旅団歩兵-マルバーンH.バーナム准将
                                                  • 第365歩兵連隊
                                                  • 第366歩兵連隊
                                                  • 350丁目の機関銃大隊
                                                  • 第367歩兵連隊
                                                  • 第368歩兵連隊
                                                  • 第351機関銃大隊
                                                  • 第349野戦砲連隊
                                                  • 350番目の野戦砲連隊
                                                  • 第351野戦砲連隊
                                                  • 317番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                                  伊第5軍団

                                                  オマール・バンディ少佐、指揮

                                                  第6師団

                                                  ジェームズ・B・アーウィン准将、指揮官、ジェームズ・M・ピッカリング大佐、参謀長ロバート・S・ノックス中佐、副将

                                                  • 第11旅団歩兵-准将W.R.ダシール
                                                    • 第51歩兵連隊
                                                    • 第52歩兵連隊
                                                    • 第17機関銃大隊
                                                    • 第53歩兵連隊
                                                    • 第54歩兵連隊
                                                    • 第18機関銃大隊
                                                    • 第3野戦砲兵連隊
                                                    • 第11野戦砲兵連隊
                                                    • 第78野戦砲兵連隊
                                                    • 6番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                                    第36師団

                                                    W・R・スミス少佐、E・J・ウィリアムズ大佐、参謀長ウィリアム・R・スコット副将軍を指揮。

                                                    • 第71旅団歩兵-ヘンリーハッチングス准将
                                                      • 第141歩兵連隊
                                                      • 第142歩兵連隊
                                                      • 第133機関銃大隊
                                                      • 第143歩兵連隊
                                                      • 第144歩兵連隊
                                                      • 第133機関銃大隊
                                                      • 第131野戦砲連隊
                                                      • 第132野戦砲連隊
                                                      • 第133野戦砲兵連隊
                                                      • 111番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                                      第76師団

                                                      ハリー・F・ホッジス少佐、副将軍ジョージ・M・ピーク少佐を指揮

                                                      • 第151旅団歩兵-フランク・オルブライト准将
                                                        • 第301歩兵連隊
                                                        • 302d歩兵連隊
                                                        • 302d機関銃大隊
                                                        • 第303歩兵連隊
                                                        • 第304歩兵連隊
                                                        • 第303機関銃大隊
                                                        • 第301野戦砲連隊
                                                        • 第302野戦砲連隊
                                                        • 第303野戦砲連隊
                                                        • 第301トレンチ迫撃砲砲台

                                                        第79師団

                                                        ジョセフ・E・クーン少佐、テニー・ロス大佐、参謀長チャールズ・B・ムーア副将軍を指揮。

                                                        • 第157旅団歩兵-ウィリアム・L・ニコルソン准将
                                                          • 第313歩兵連隊
                                                          • 第314歩兵連隊
                                                          • 第311機関銃大隊
                                                          • 第315歩兵連隊
                                                          • 第316歩兵連隊
                                                          • 第312機関銃大隊
                                                          • 第310野戦砲連隊
                                                          • 第311野戦砲連隊
                                                          • 第312野戦砲連隊
                                                          • 304番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                                          第85師団

                                                          C・W・ケネディ少将、エドガー・T・コリンズ大佐、副将クラレンス・リニンガー中佐

                                                          • 第169旅団歩兵-トーマス・B・デュガン准将
                                                            • 第337歩兵連隊
                                                            • 第338歩兵連隊
                                                            • 第329機関銃大隊
                                                            • 第339歩兵連隊
                                                            • 第340歩兵連隊
                                                            • 第330機関銃大隊
                                                            • 第328野戦砲連隊
                                                            • 第329野戦砲連隊
                                                            • 第330野戦砲連隊
                                                            • 310番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                                            第91師団

                                                            フレデリック・H・フォルツ准将、ハーバート・J・ブリーズ大佐、参謀長フレデリック・W・マンリー、副将

                                                            • 第181旅団歩兵-ジョン・B・マクドナルド准将
                                                              • 第361歩兵連隊
                                                              • 第362歩兵連隊
                                                              • 第347機関銃大隊
                                                              • 第363歩兵連隊
                                                              • 第364歩兵連隊
                                                              • 第348機関銃大隊
                                                              • 第346野戦砲連隊
                                                              • 第347野戦砲連隊
                                                              • 第348野戦砲連隊
                                                              • 316番目のトレンチ迫撃砲砲台

                                                              軍団に割り当てられていません

                                                              第81師団

                                                              チャールズ・D・ロバーツ大佐、参謀長アーサー・E・アーレンズ少佐、副将軍を指揮するC・J・ベイリー少佐


                                                              エリザベスフェンウィックアダムス&#8211彼女は彼女でしたか、そうではありませんでしたか?家族歴史の謎。

                                                              先週2回、春の匂いがする晴れた日に、友人と私は、エリザベスフェンウィックアダムスの謎と、グールタウンを設立した家族との彼女の疑惑のつながりの道を高速道路に向かいました。サウスジャージー。

                                                              しかし、エリザベス・フェンウィック・アダムスとグールタウンだけが、グリニッジまで南に向かった理由ではありませんでした。今年は南北戦争の生誕100周年であり、私はまだ地下鉄道と、アンベリーヒル墓地を含むアフリカ系アメリカ人の魅力的な歴史を探していました。

                                                              2日間の最初の日、友人と私はオセロとスプリングタウンを調査しました。ニュージャージー州で私が実際に引っ越しを想像できる唯一の町であるグリニッジに到着すると、カンバーランド郡歴史協会図書館に立ち寄りました。そこの人々は親切で寛大で友好的です。彼らの方向性、地図、知識を武器に、イェグレートストリートの「グリニッジの頭」まで車で行き、孤独な絶壁を登ると、南北戦争の退役軍人と&#の故郷であるアンベリーヒルを見つけました。 8220色付き&#8221カンバーランド郡の連隊&#8230

                                                              &#8230ええと、エリザベスの話では、フェンウィック一家がグリフィン船に到着するまで、さらに遡る必要があります。この物語は、オーラルヒストリーとドキュメンタリーの歴史について多くの議論を巻き起こします。存在し、オーラルヒストリーにある程度の信頼性を与える文書は、この地域の最初の所有者であるジョンフェンウィックの意志です。彼の死の直前、1683年に書かれました。の段落の引用のバリエーションはさまざまなWebサイトや本に存在しますが、Rizzoの本に書かれているその要点は次のとおりです。

                                                              &#8220Item:エリザベス・アダムスが私の財産の少なくとも一部を持っていることを除いて、主が彼女の真の悔い改めを与え、yt Blackを捨てることによって、彼、私、そして彼女の良い父親に対する彼女の忌まわしい違反を見るために目を開けない限り、私はしますあなたがたは彼女を滅ぼし、ytの状態で彼女の罪を悔い改めたのは私だけであり、遺言執行者に500エーカーの土地を彼女に定住させることを要求しました&#8221

                                                              家系図では、エリザベスフェンウィックアダムスが祖父の数日後に他の入植者であるアンソニーウィンザーと結婚しています。グールタウンの住民の口頭伝承では、彼女と元のグールタウンには5人の子供がいました。 3人の娘に何が起こったのかについての情報は残っておらず、1人の息子が亡くなり、フィンランドの女性と結婚してグールタウンを設立したベンジャミン・グールドを残しました。彼らの墓、ベンジャミンと彼のフィンランド人の妻は、グールタウンの墓地にいると言われています。後世の情報に加えて、ゴールズの非常にすばらしい大規模な集合写真がオンラインで入手できます。 南部の職人、Vol 37、Google検索によるハンプトンインスティテュートによる&#8230

                                                              エリザベスフェンウィックアダムスはコメントを受け付けていません。家族歴史の謎。


                                                              混合旅団-歴史

                                                              「この困難な航海に雇われている男性が、体質を損なうことなくどのように存在するかは、私にはまったく説明できない謎です。彼らは、実際に熱で溶けて疲労で失神すると、ほぼ毎時間、飛び込むことを余儀なくされます。水は、しばしば腕の穴まであり、完全に冷えるまで自慢を曳航し続けます。その後、彼らは熱心な精神の助けを借りて、あらゆる機会に自由に参加します。数分、もう一度汗をかきます」 (エドワードA.タルボット1824)。

                                                              フランス語で旅行者を意味する「Voyageur」は、1690年代から1850年代にかけて、毛皮貿易会社のカヌーパドラー、バンドルキャリア、一般労働者として働いていた契約社員を指します。これが、航海者が「エンガジェ」としても知られている理由です。これは、「従業員」と訳されている緩いフランス語の表現です。店員(commis)の指揮下にあった航海者は、「フリーマン」、つまり契約に拘束されることなく自分のアカウントで毛皮を捕獲して取引した人々とは区別されました。航海者の大多数がフランス系カナダ人だったのは事実ですが、英語、ドイツ語、イロコイ族の人もいました。

                                                              航海者はNWCのバックボーンであり、5000kmにわたるルートで毛皮や貿易品を移動させていました。カヌーが準備され、商品が梱包されると、男性は5月にラシーヌを出発しました。彼らはサンタンヌドベルビューに進み、そこで宗教的奉仕に参加しました。モントリオール島で最後に見られた教会だったので、ここから男性たちは旅の始まりを考えました。今日でも、町の教会はカナダの多くのフランス人入植者の守護神に捧げられており、そのカルトは中世のノルマンディーとブルターニュにまでさかのぼることができます。

                                                              各航海者は少なくとも1日14時間働き、1分間に50ストロークを漕ぎ、各ポーテージ全体で90ポンドの2つの「ピース」を運ぶことができると期待されていました。 航海者は溺死、ヘルニア、手足の骨折に苦しんでいました、ねじれた棘、リウマチ、そしてブユと蚊の雲。これに対して最高の忌避剤はクマのグリースとスカンクの尿の混合物でした。航海者の日常生活は画期的なものでした。彼は6〜8週間、道路に出ていたので、早ければ午前3時に起きて、朝食を食べずに出発しました。 8時前に、ビーチで朝食をとった。午後2時頃、ボートで正午の昼食が出されましたが、多くの場合、昼食は漕ぎながらペミカンまたは「ビスケット」を噛む機会にすぎませんでした。男性がパイプを持てるように、毎時数分間停止しました。このイベントは非常に重要であったため、距離はパイプで測定されるようになりました。3本のパイプは15〜20マイルの移動に相当する可能性があります。 32 kmの湖は、風と波に応じて、4本のパイプまたは4時間の移動として測定されます。夜になると、カヌーは荷降ろしされ、避難所として機能するようにひっくり返されました。前夜に調理済みの夕食は、温めてお召し上がりいただけます。男性は、ひっくり返ったカヌーの下に頭を抱えて、芝生、苔、またはビーチに降りました。防水シートは風雨からの保護を提供しました。夜の間、9クォートのエンドウ豆と水で満たされたやかんが火の上に掛けられ、それに豚肉の細片が追加されました。これは、料理人が4つの「ビスケット」を追加し、それを煮続けた日光まで煮ました。夜明けに、「lèvelèvenosgens」という呼びかけがキャンプ全体に響き渡った。カヌーが積み込まれ、打ち上げられました。エンドウ豆とビスケットの腫れがやかんの縁までいっぱいになり、棒が直立するほどの厚さになりました。朝食の前に、3本のパイプまたは約12マイルのパドリングが行われました。

                                                              航海者はしばしばマナーのない汚い男性と見なされ、ポケットや帽子から食料を食べている人もいました。多くの航海者は長い髪をしており、それは航海したすべての人々を悩ませた蚊からの保護として役立ちました。航海者は、シャツ、フェルトの帽子または赤いトーク帽、足首から膝の上まで届き、腰の周りのベルトに固定された紐で保持された鹿の皮のレギンス、鹿の皮のモカシンを身に着けていました。彼らは時々、インディアンのブリーチやブリーチクロス、フード付きの冬のコート(キャポット)とサッシュを着ていました。グランドポーテージ(後のフォートウィリアム)での年次総会では、彼らはフェルトの帽子に最もきれいなシャツと羽を着て、最高に見えるのが好きでした。

                                                              航海者のさまざまなカテゴリ

                                                              航海者には2つの一般的なカテゴリーがありました:1) 「モントリオールの男性」、または「ポークイーター」は、毎年恒例のランデブーとバックのためにモントリオールからグランドポーテージまで漕いでいました。 「ポークイーター」または「マングール・デ・ラード」という用語は、フランス系カナダ人が、勤勉な農家が非常に楽しんでいるスープで煮た豚肉を食べることに慣れていたという事実に由来しています。旅行の最初の日、新しい航海者は毎日の食事を逃し、「ああ!si nous avions du lard」(「豚肉があればいいのに!」)という言葉を繰り返しました。 「北の男たち」 または「ハイバーナント」は、モントリオールから来る夏の旅団に会うために、内部で越冬し、グランドポーテージ(またはフォートウィリアム)に毛皮を降ろした航海者でした。ハイト・オブ・ランドでは、航海者が北の男になることを可能にする通過儀礼が行われた。新人は最初の北に流れる小川から水をまき散らされ、彼の許可なしに他の男の妻に決してキスしないことを約束させられました。これはラム酒の飲酒とバックスラップの騒々しい弾幕で終わりました。

                                                              航海者の2つのカテゴリーには、次の4つのサブタイプがありました。

                                                              -前衛または弓兵: ガイドを務めたカヌーの前(または船首)にいる男

                                                              -グーベルネイルまたは操舵手: 船尾(後部)に座ったり立ったりして、船首の命令で船を操縦する男

                                                              -環境または仲介者: 経験のない男性は真ん中のパドラーとして始まりました。カヌーの技術に精通した後、彼らは操舵手になります。必要なスキルと経験のために、弓兵と操舵手は仲買人の2倍の割合で支払われました。

                                                              -エクスプレス 航海者の最高の栄誉は、重要な人々やメッセージを運ぶ急行カヌーを、通常の1分間に約45パドルの2倍の速度で漕ぐことでした。

                                                              航海者制度はフランス政権下で開発され、NWCに雇われた男性のほとんどはフランス系カナダ人であったため、「航海者」と呼ばれる人は残り、ほとんどの男性はフランス系カナダ人の村や町、特にソレル、トロワで採用されました。 -リビエール、ケベック、モントリオール。他の村や町には次のものがあります:ラプレーリー、シャトーゲー、イルペロット、ポワントクレア、サンフィリップ、シャンブリー、ブーシャーヴィル、イルジェス、サンローラン、ヴァレネス、テルボンヌ、ラチェナイ、ロングイユ、サントゥール、ヤマスカ、 Contrecoeur、Berthier、Vaudreuil、Mascouche、L'Assomption、Ste-Geneviève、RivièreduLoup、Pointe-aux-Trembles、Lavaltrie、St-Sulpice、Ange-Gardien、St-Jean-Port-Joli、Grand-Mère、Verchères、とサンドニ。

                                                              航海者の食事

                                                              航海者は、森の中での生活にすばやく適応した自由を愛する個人主義者としてロマンチックになりました。しかし、貿易における探鉱と作業は非常に厳しいものでした。通常、朝食と夕食の2回の完全な食事しか食べられませんでした。各旅行中に、航海者には次の食料が提供されました。

                                                              豚肉と小麦粉: 道路での食料の供給も大きな問題でした。男性は1日に約5000カロリーを消費し、釣りをする時間がなく、給餌しなければなりませんでした。モントリオールルートの最も簡単な部分はラシーヌから始まり、そこで男性は乾燥エンドウ豆、豆、「ビスケット」、塩豚の主食を手に入れました。これは標準的な食事と考えられていました。

                                                              とうもろこしとワイルドライス: これらは五大湖の南から輸入され、そこを通過する航海者のためにスーセントマリーに保管されました。とうもろこしは、木灰と水でできた灰汁溶液に1日浸すことで、「ホミニー」になりました。とうもろこしが白く膨らんだら、何度も洗ってから広げて乾かしました。クォートは、穀粒が開くまで水中で2時間沸騰させます。この時までに、それは厚い白いお粥でした。ホミニーは、ベーコンの脂肪やクマのグリースを加えることで、しばしば余分な味を与えられました。オジブワインディアンはデトロイトからトウモロコシを持ち込みました。スーセントマリー間。マリーとウィニペグ湖、ワイルドライス、メープルシュガー、魚もこの食事に加えられました。

                                                              ペミカン: ウィニペグ湖の西にあるNWCは、平原インディアンにペミカンまたは乾燥した水牛の細片を供給することに依存していました。航海者が西に旅行したとき、米は働くエネルギーを提供するのに十分に持続可能ではありませんでした。ここでの素晴らしい主食は、レイニー湖からロッキー山脈まで、そしてその先で使用されたペミカンでした。

                                                              ペミカンを準備するために、水牛またはカリブーの肉の細い部分を薄いスライスに切り、ゆっくりとした火の上で木製の火格子の上に置くか、太陽にさらしました。乾いたら、2つの石の間で叩きました。中身の脂肪を溶かし、叩いた肉と混ぜ合わせました。輸送の便宜のためにバスケットやバッグに入れられました。ヨーロッパ人が到着する前のチペワイアンといくつかの平原インディアンはペミカンを開発していました。ヘンリー・ケルシーが平原インディアンの間を旅した1690-92年に、ヨーロッパ人が初めてそれを使用した可能性があると説明されています。長い毛皮貿易の航海に素晴らしい食べ物になると思ったのはピーターポンドだったとも言われています。ペミカンは、スパイス、塩、または植物性物質を添加せずに食べられました。

                                                              ペミカンは、ベリーと骨髄の混合物を加えることによって、より良い味とより高い品質を与えられることがありました。時々、ペミカンはルバブーになりました。これは、ペミカンを水で沸騰させて一種のスープにしただけの、北の男性のお気に入りの料理です。小麦粉が利用可能になったときに追加されました。ペミカンは砦で作られたか、貿易のために原住民によって持ち込まれました。長い旅行のために予約されていたか、帰りの旅行のために途中でキャッシュに入れられました。男性は1日に8ポンドの魚または新鮮な肉を必要としましたが、ペミカンは0.5ポンドで同等の栄養を供給しました。実際、400ポンドの新鮮な肉から得られたのは55ポンドのペミカンと45ポンドの乾燥肉だけでした。そのため、500マイルの移動で1人の航海者が4個しか食べなかったため、非常に集中していました。また、乾燥しているため、12ヶ月近く保存できました。 NWCは、毛皮の旅団のために、季節ごとに30〜50トンのペミカンを入手しました。

                                                              航海者が寛大で贅沢な食事を受け取ったのは、グランドポーテージでの年次総会だけでした。北の男性は到着時にパン、バター、豚肉、酒、タバコの饗宴を与えられました。対照的に、店員、ガイド、パートナー、通訳は、1つの大きなホールにあるいくつかの大きなテーブルで、時には数百人にまで混乱しました。彼らはパン、塩豚、牛肉、ハム、魚、鹿肉、バター、エンドウ豆、インディアンコーン、ジャガイモ、お茶、スピリッツ、ワインを提供されました。

                                                              航海者の歌 「彼らは器用な船頭で、オールとパドルで元気で巧みで、朝から晩までつぶやくことなく漕ぎます。操舵手はしばしば古い伝統的なフランスの歌を歌います。いつでも彼らが元気にフラグを立てたり、労作でリラックスしたりする場合は、オールスを新鮮な精神と活動に入れるために、その種の歌を打ち上げる必要があります。」 (ワシントンアーヴィング1836年)。


                                                              ポーテージ
                                                              出典:マッコード美術館/
                                                              マッコード美術館


                                                              北西部のインドのわな猟師
                                                              出典:スチュワート博物館/
                                                              スチュワートマコード


                                                              ビデオを見る: HUNTERHUNTER旅団のアジトへ (八月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos