新しい

ジョン・ベン

ジョン・ベン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジュリアス・ベンとアン・テイラーの息子であるジョン・ウィリアムズ・ベンは、1850年にマンチェスター近郊のハイドで生まれました。彼は、ジュリアス・ベンをキリスト教に改宗させた会衆派牧師のジョン・デ・ケワー・ウィリアムズにちなんで名付けられました。 1851年、ジュリアスとアンがステップニーのロンドンシティミッションで仕事を提供された後、家族はロンドンに引っ越しました。夫婦は最終的に、ロンドンのイーストエンドにホームレスの少年のための研究所であるホーム・イン・ザ・イーストを開設しました。

東部の家は大成功を収めたため、1856年にジュリアス・ベンは政府から招待され、ノーサンプトンシャーのティフィールドにある英国で最初の改革産業学校を担当しました。ベンは、農業機械を製造する会社に賢明に投資した後、彼が多額の借金を抱えていることが発見されたとき、ティフィールドで5年後に辞任を求められました。

家族はロンドンに戻り、ジュリアス・ベンがイーストロンドン会衆伝道協会の宣教師になりました。わずか100ポンドの給料で、8人の子供がいる家族で、ベンは借金を返済するのに17年かかりました。

ジョンはほとんど正式な教育を受けておらず、主に自宅で両親から教えられていました。ジョンは長男として、家族の収入に貢献することが期待されていました。彼はパートタイムのスタンプビジネスを始め、14歳になるまでに80ポンドの利益を上げていました。

1867年、ジョンは家具卸売会社のT. Lawes&Coに雇用されました。彼は当初事務員として働いていましたが、後に会社の家具のデザインを始めました。 1873年までに、彼はジョサイアウェッジウッドの遠い親戚であるリリーピックストーンと結婚し、現在はローズランドールアンドカンパニーとして知られているもののデザイナー兼マネージャーとして年間300ポンドを稼いでいました。後に国民的人物となるアーネスト・ベンとウィリアム・ウェッジウッド・ベン。

1878年にパリで開催された芸術産業展を訪れた後、ベンは自分が見たものについての記事を書きました。彼はその記事をTheFurnitureGazetteに送った。編集者が記事を拒否したとき、ベンは非常に失望したので、彼は彼自身の業界誌を設立することに決めました。ジョンは800ポンドの命を救い、出版社のベンブラザーズを設立しました。家具の芸術的および技術的側面を扱ったイラスト付きの月刊誌であるTheCabinetMakerの初版は、1880年7月に最初に登場しました。ゆっくりとしたスタートの後、英国の家具貿易の主要なジャーナルとして徐々に定着しました。

事業を営んでいる間、ジョン・ベンはロンドンで慈善活動に携わっていました。ウィリアムは貧しい人々に対する父親の態度に深く影響を受けました。彼はある時、彼らが「私は大きな不当に苦しんでいる」と言ったプラカードを持っている男性を見たとき、彼らが礼拝堂に歩いていた方法を思い出しました。ジョンは息子の方を向いて、「私は多くの不当に苦しんでいます。彼に数シリングを与えましょう」と述べました。

1883年、ジョンの兄弟であるウィリアムベンは、フローレンスニコルソンと結婚した直後に神経衰弱に苦しみました。彼はベスナルハウス庇護所で患者になり、6週間後に彼の医者は彼を家に連れて行くことを勧めました。現在ワッピングのグラベルレーン会衆集会所の牧師であったジュリアスは、ダービーシャーのマトロック橋に休暇で息子を連れて行くことにしました。 1883年2月26日、ジュリアスが眠っている間に、息子は土器の便器で頭を一撃で殺しました。その後、ウィリアムは喉を切って自殺しようとした。ウィリアムは殺人罪で起訴されず、代わりに狂気の亡命に閉じ込められました。

ロンドン郡議会(LCC)は、1888年地方政府法の結果として1889年に設立されました。 LCCは、最初の大都市全体の一般地方自治体でした。自由党とロンドンの労働組合運動の指導者のグループが集まり、進歩党を結成した。ジョン・ベンは、イースト・フィンズベリーの進歩的な候補者として立候補するという招待を受け入れました。選挙は1889年1月に行われ、ベンと進歩党の仲間は118議席のうち70議席を獲得しました。

新しい評議会はローズベリー伯爵の議長の下で会合した。与党グループのメンバーには、シドニー・ウェッブ(技術指導委員会の委員長になった)、ウィル・クルックス(公共管理委員会の委員長、ジョン・バーンズ、ベン・ティレット)が含まれました。路面電車。

1889年、ジョン・ベンはロンドン・ドック・ストライキの成功にも関与するようになりました。後にウィリアム・ウェッジウッド・ベンは、トム・マン、ジョン・バーンズ、その他のストライキ指導者が野外労働組合会議でメンバーに話しかけた後、家で朝食をとった方法を思い出した。

1891年、ジョンベンは、弟のウィリアムベンが精神疾患から完全に回復したと言われました。ベンは今、内務大臣のヘンリー・マシューズに近づき、彼が釈放された場合、彼の兄弟に対して個人的に責任を負うことを約束した。マシューズは同意し、9年間の亡命後、ウィリアムはバルハムの自宅で妻に加わりました。彼の名前をウィリアム・ラザフォードに変更することが決定されました。翌年、フローレンス・ラザフォードは娘のマーガレットを出産しました。何年も後、マーガレット・ラザフォードは英国を代表する舞台とスクリーンスターの1人になる予定でした。

1891年3月、ベンは自由党議会のワッピング候補者として採用されました。座っているメンバーは、ソールズベリー侯爵が率いる保守党政権の商務庁長官C.J.リッチーでした。 1892年の総選挙で、ベンはリッチーを398票で破りました。庶民院では、ベンは公共交通機関の問題に集中していました。 1894年、ベンはジョン・バーンズと一緒にアメリカを訪れ、そこで2人の男性はさまざまな都市がどのように輸送施設を組織しているかを研究しました。

ベンが庶民院に選出された後、彼は家族出版事業で活動することをやめました。彼の長男であるアーネスト・ベンは現在、ベン・ブラザーズのマネージングディレクターになりました。彼は会社が発行する業界誌の数を増やしました。その後、彼は会社の名前をアーネスト・ベン・リミテッドに変更し、アートブックや小説に拡大することになりました。

庶民院に入った後、ベンはロンドン郡議会の議席を維持した。ジョン・ベンは1895年の総選挙で、保守的な候補者であるハリー・マークスに4票差で議席を失いました。ベンは、キャンペーン中のマークスの行動に不満を持っており、1883年の汚職および違法行為法に基づいて請願することを決定しました。彼は、マークスが「選挙前、選挙中、選挙後」に「賄賂、扱い、過度の影響力、およびなりすましの犯罪を支援、賭け、カウンセリング、調達した罪を犯した」と主張した。ベンは1896年2月に行われた訴訟で敗訴し、その結果、6,000ポンドの訴訟費用を支払わなければなりませんでした。裁判官は、ベンが7年間ワッピング構成員の候補になることはできないと判断した。

ベンは庶民院に戻ることを決意し、1897年にデプトフォードでの補欠選挙で自由党候補になりました。ハワード・マークスは、最近取得した新聞を使用しました。 太陽、ベンに対してキャンペーンする。ベンは保守派の過半数の人数を減らしたが、324票で敗れた。

次の7年間、ジョン・ベンはロンドン郡議会での仕事に専念しました。高速道路委員会の委員長として、ベンは安価で効率的で統合された地方自治体の交通システムのアイデアを開拓しました。 1903年、ベンはロンドンの電気路面電車の導入を担当しました。

ベンが庶民院に戻ることができたのは、1904年にドックヤードの町デボンポートで補欠選挙が行われるまではなかった。 1906年の総選挙で、ベンは議席を維持しました。彼はまた、ワッピングで父親の古い議席を獲得した28歳の息子、ウィリアム・ウェッジウッド・ベンが議会に参加することに満足していました。

ジョン・ベンは1910年1月の総選挙で敗北し、1910年12月にクラパムで勝利できませんでした。1914年に男爵領を創設したベンは、庶民院に戻ることをこれ以上試みず、次の数年間はプログレッシブを率いました。ロンドン郡議会の党。彼は1918年2月に肺炎に襲われた後、リーダーを辞任した。

翌年、ベンは議会の自由党の支持者になり、デビッド・ロイド・ジョージが党の指導者として戻ることに反対した。ウィリアム・ウェッジウッド・ベンが率いるグループは、ウィー・フリーズとして知られるようになり、ジョン・ベンによって名前が付けられました。ウィーフリーズは、スコットランド自由教会のメンバーの小さなグループであり、彼らの教会とユナイテッド長老派教会との連合を受け入れることを拒否しました。

ジョン・ベンは、1922年4月10日に亡くなるまで、ロンドン郡議会のメンバーであり続けました。

私はこのプラットフォームの作品を芸術的なシートアンカーとアクセサリー以上のものとは見なしませんでしたが、シャフツベリ伯爵からC.H.スポルジョン牧師に至るまでその日の最も興味深い男性の何人かと接触するようになりました。それは私に人前で話す練習を与えてくれました。

私の父がした仕事のおかげで、すべての路地に友人がいて、すべての法廷で歓迎されました。 「この若い男」は、私の反対者は、「主要な道の立派な人々の中に支持者がいなかった」と言った。私の返事は、「裏通りの会員になることを光栄に思います」でした。私はケーブルストリートの地区で十分な過密と家の農業を見て、労働者階級のための改善された衛生法とより良い家を支持するように私を導きました。コモンロッジングハウスに関する私の知識とそこでの個人的な経験から、私は郡議会による貧しい男性用ホステルの建設を懇願するようになりました。残念ながら、発汗が不明ではない事業の内外を知り合った私は、労働組合の大義を支持するように熱心に促しました。

ロンドン郡議会には、組織を支配する人は一人もいません。 LCCは、実際には、評議会の3人の役人(議長、副議長、副議長)を巡回するさまざまな郡議会議員のグループによって運営されています。これらの中で最も著名なのは、郡議会の議会および政治政策を指揮するグループ、フランク・コステロ、シドニー(ウェッブ)、ジョン・ベンです。

私たちが同じプラットフォームに立ち、同じ目的のために戦ってきた、郡議会の初期の頃のあなたのお父さんの鮮明な記憶があります。それはずっと前のことです-カレンダーの仕組みによって測定されます。しかし、彼は決して年をとっているようには見えませんでした、そして私が多年生の若者の化身として選ぶべき人を私が知っているすべての公の男性の中にいました。偉大な理想への信仰を衰えさせずに、生きて戦い、働き、死ぬことは、素晴らしくて珍しい贈り物です。そしてその贈り物は彼のものでした。

私たちの家族生活を分析し、それにおける私の父のシェアを説明することは簡単な仕事ではありません。私たちは皆とても一緒に編まれており、彼の影響力(そして私の母も、私たちにとっては、彼らは1つに見えました)、そして不可分に不可欠で普及している何かです。私の父は最初は気持ちのいい人で、次に粘り強い人でした。これらは戦闘機の材料です。彼らは経験を積んでそれらの賢明でありながら力強い資質に熟し、彼を自然なガイドと保護者にしました。彼と一緒に、この責任と防御の姿勢はあまりにも早く来ました。思春期から、幼い頃から、彼は両親と兄弟たちの人生の闘争と悲劇の中で高い塔でした。彼自身の子供たちにとって、彼らのはるかに簡単な道で、彼は保護者の仲間でした。

彼は私たちの広大な人口の福祉のために、そして精神的および物質的な状態に完全な影響を与えた知恵で力強く戦いました。キリスト教の市民権の概念は、私の時代にはこれ以上の例はありませんでした。彼の努力の結果は、今後何百万人もの人々を豊かにするでしょう。


ジョン・ベン卿、第1準男爵

ジョン・ウィリアムズ・ベン卿、第1準男爵、DL(1850年11月13日– 1922年4月10日)は、特にロンドンの政治に関連する英国の政治家であり、国会議員および内閣大臣のトニー・ベンの祖父でした。

ベンはマンチェスターで中流階級の家族、会衆派牧師の長男、ジュリアスベン牧師(1826〜1883年頃)、ウィリアムベンの孫に生まれましたが[1]、両親は家族を東に移しました。翌年ロンドンで、彼らはホームレスの少年のための研究所を開設しました。ベンは主にホームスクーリングで、17歳で家具会社に加わりました。彼は後に(1880年)業界誌を設立し、 キャビネットメーカー、それは最終的に家具業界の主要な出版物になりました。政治が彼の主な関心事になったとき、家族の出版事業であるベンブラザーズは、長男アーネストベン(1875–1954)に引き継がれ、後にアーネストベンリミテッドと改名されました。彼の姪は女優のマーガレット・ラザフォードでした。彼女はベンの弟ウィリアム・ラザフォード・ベンの娘でした。彼は父親のジュリアス・ベン牧師の殺害に続いて狂気の亡命を余儀なくされました。

1889年1月にロンドン郡議会が設立されたとき、ベンは東フィンズベリーの進歩党候補として立候補するための招待を受け入れ、選出された。現代のウィル・クルックスのように、ベンは1889年のロンドンドックストライキで活躍し、ますます著名な地方政治家として、1891年にタワーハムレッツのセントジョージ部門の自由党候補として議会を代表するよう招待されました。彼は翌年、選挙区から選挙に勝った。

その後、1895年の総選挙でわずかに敗北しましたが、1903年にロンドンの街路に電気トラムを導入するのを手伝い、ロンドン評議員としての継続的な仕事に専念しました。1年後、デボンポートでの副選挙で勝利した後、議会に戻りました。 、1910年に敗北するまで彼が保持していた議席。その間、彼の息子である28歳のウィリアムウェッジウッドベンも議会に選出され、1906年にセントジョージのベンの元議席を獲得しました。ベンの先輩は副議員に任命されました。 1905年2月にロンドン郡の副官。[2]

MPとしての彼の仕事のために、彼は1906年に騎士になり、1914年に準男爵を創設しました。ジョンベンは1922年に亡くなるまでロンドン郡議会のメンバーであり、健康状態が悪くなるまで進歩党を率いて、 1918年。彼の最後の選挙運動で彼は勝利し、労働党の指導者を破った。


出身地と幼少期

ベン氏の出身地に関する質問に答えて、彼は9月12日にスウェレンダム近くのブリーデ川で生まれたと私に言いました。 1846年。来年の9月に83歳になる。ジョンとも呼ばれる彼の父親は、このスケッチの主題が6歳のときに、モッセルベイに住んでいた。彼の仕事は、帆船から岸に貨物と乗客(主に貨物)を運ぶために使用されるライターを作った船長の仕事でした。

ヤング・ジョンは、ジョン・ファン・デル・リエット氏が運営する英語学校であるモッセルベイで唯一の学校に通いました。当時、二言語の質問はありませんでした。学校では英語のみが使用されており、私たちの知る限り、ファンデルリエット氏(オランダ人)は異議を唱えませんでした。それ以来、多くの水が橋の下を流れてきましたが、それは別の話です。ベン家は1855年にナイズナに引っ越し、父親は船大工と指物師としての仕事を続けました。

当時、帆船は満潮時に現在の突堤の近くに上陸し、立ち往生した。荷降ろし後、彼らは再び半分の材木を積んで、潮と共に再浮上するために残されました。その後、彼らは川に運ばれ、残りの貨物はいかだで彼らに運ばれました。

世界的に有名なギリシャの詩人の子孫であるかどうかにかかわらず、約3年間、若いジョンはホメロス氏であるナイズナの学校に通いました。ベン氏は私を啓発することができませんでした。 19歳で彼は海に行き、3年間、プレテンベルグ湾、ナイズナ、テーブル湾の間を航海しました。主な貨物はケープタウン港で使用された40フィートの鉄材の丸太でした。当時の突堤は木造でした。コンクリートは使われていませんでした。防波堤の建設は始まったばかりでした。彼の最初の船「ガラテア」は1865年にウッドストックビーチの大きな強風で難破しました。次の船は「ナイズナベル」でした。その後、彼は父親が建造したボートを「アニーベン」に移しました。

これまで、ナイズナには公式のパイロットは任命されておらず、作業は民間企業によって行われていました。しかし今、1868年にジョン・ベン氏、Snr。パイロットになり、息子は海を離れ、助手として帰宅しました。彼は44年間この任命を行い、1912年に年金を支給されました。ベン氏は、その全期間中、職務の過程で事故がなかったことを誇りに思っています。彼は外側のバーにいるときに2回転覆し、潮に乗って戻ってきて、ボートの底を上に向けました。しかし、これは彼自身の漁業企業にいたときでした。彼はいくつかの難破船を見ました、いくつかのケースでは、彼は船が保険のために故意に岩の上に走ったと断言します。

ベン氏は、パイロットとして彼のジュビリーを祝うことができるように、彼が数年長くパイロットのままでいたことを時々望んでいたと言いました。

彼は当局によって保持された高い評価、さまざまな時期に受け取ったメダルと栄誉、常に彼の知識と経験に敬意を払い、彼の操船術と性格の両方に大きな信頼を置いていることについて沈黙していました。しかし、これらのことは彼の友人にはよく知られています。


ジョン・ベン・ウォルシュ卿のファーガス農場

ジョン・ベン・ウォルシュ卿(またはジョン・ウォルシュ卿)は、1798年12月9日にバークシャーのウォーフィールド・パークで、準男爵のジョン・ベン・ウォルシュ卿とジェーン・グレイ夫人の息子として生まれました。もともとジョン・ベンと名付けられた彼の父親は、ジェーン夫人の叔父の意志の要求に従って、ウォルシュの名前と腕を引き継いでいました。ベン・ウォルシュは、サドベリー(1830-4)、ソールズベリー(1838-40)、ラドノーシャー(1840-68)のトーリー党員であり、議会での長いキャリアを持ち、議会改革に関する多数のパンフレットを発行しました。彼は1868年にOrmathwaite男爵を創設し、1881年2月3日にウォーフィールドパークで亡くなりました。1

©ナショナルポートレートギャラリー、ロンドン(ライセンスの下で複製された画像)。

ベンウォルシュは、父親が以前に購入したコーチフォード村の近くのファーガス2にある農場を含む、イングランド、ウェールズ、アイルランド(コークとケリー)に大きな不動産を所有していました。 1821年から1864年の間に、彼はアイルランドの領地を20回訪問し、日記をつけました。ジェームズ・S・ドネリー・ジュニアは、 コルク歴史考古学協会誌 1970年代半ばに、ジャーナルの内容とベンウォルシュのアイルランドの不動産の管理について話しました。仕訳帳には、ファーガスでの保有に関連する飢饉前と飢饉後の状況の詳細が記載されています。

ドネリーは、ベン・ウォルシュを、土地所有者の権利について強い見解を持ち、借家人の権利を否定し、借地権を使用せず、仲介人を排除した後、年次合意によって土地を許可する堅固な保守派であると説明しています。 Benn-Walshは、家賃はテナントが支払うことができる金額に固定されていると考えるのが好きでしたが、実際には、彼は物的利益に導かれていました。生産性に劣るテナント、延滞に陥ったテナント、または細分化された保有物は排除されましたが、強力なテナントは彼の政権の下で利益を得ることができました。 3

1823年、ベンウォルシュは「東西ファーガス」を訪れ、コーク州バーンヒルのロバートヒルファーマー将軍から父親が購入した952エーカーの大規模な農場であると説明しました。近年、土地を石灰化して改良し、家を建てることを奨励されたコッティエに607ポンドの金額が支払われました。彼は家賃を800ポンドに引き上げることを望み、十分に耕作され改善されれば、1,000ポンドの価値があると感じました。 4 1823年4月16日、ベン・ウォルシュはファーガスの農場を歩き、続いてテナントのがらくたを歩きました。一部の土地は以前に解放され、テナントは所有権の放棄を拒否し、退去を要求されていました。 5別の訪問で、1824年9月27日、ベン・ウォルシュは、いくつかの例外を除いて、ファーガスの入居者を良いと説明しました。 6

1834年8月8日、ベン・ウォルシュがほぼすべての快適なスレート住宅でファーガスが大幅に改善されたと説明するまで、ファーガスのジャーナルエントリはこれ以上発生しません。彼は家賃を815ポンドに引き上げることを選択し、十分の一税も92ポンドでした。 7 3日後、彼はDripsey BridgeでFergusのテナントに会い、「手配に満足している」と説明しました。 8 10年後の1844年8月22日、彼は再び訪問し、農場経営に批判的で、緑の作物の不足、雑草でいっぱいの畑について不平を言い、カブと株の導入を検討しました。彼はまた彼の知らないうちに細分化について不平を言った。 9興味深いことに、1844年9月17日にマックルームで行われたデボン委員会の証拠として、デリーンのウィリアム・クロックは、隣接する家主[間違いなくベン・ウォルシュ]が彼の大邸宅を訪れ、「先日」、結果を出すと脅迫していると述べています。 &#8216その不動産でそれをチェックした&#8217彼の土地を分割したテナント。 10

1849年8月まで、コーチフォード地域での飢饉の苦痛の終わりに向かって、ベン・ウォルシュによるファーガスへの訪問はこれ以上記録されていません。しかし、彼は飢饉の時代、特にアイルランドの問題について議会の討論に積極的に関わっていました。 1847年に危機が悪化したため、ベンウォルシュは1847年2月16日に、現在の危機に対応できる貧しい法律はなく、上陸した所有者に人口を維持する負担をかけることは資本を飲み込み、アイルランドの財産を破壊すると述べた。土地の改良は、財政援助によって時間の経過とともに行われるべきであり、緊急救援として採用されるべきではありません。 11

Benn-Walshは、適切に実行されればアイルランドの苦痛を和らげることができる支援移民を提唱し、彼はテナントをカナダに移住させた無名のアイルランドの家主の例を挙げました&#8216彼らの利益のために&#8217。 12彼の日記には、移住する入居者の入場が含まれていますが、ファーガスの住民への具体的な言及は含まれていません。

家主の権利に関する彼の強い見解は議会で放映された。貧しい救済(アイルランド)法案に関する委員会の討論の間に、彼は、アイルランドの上陸した紳士を拒否し、追放し、国の行政への関与を妨げる法律を制定する際に注意を促し、それは大きな不幸になると主張した。 13 1847年6月16日までに、ベンウォルシュは、アイルランドの家主が入居者の利益のために英国の家主よりも大きな犠牲を払ったと主張していました。彼は、下層階級は自給自足のために土地に慣れており、貿易や製造ではなく、初期の結婚が土地の細分化につながり、その後の処分が若いカップルや家族を貧しくすることにつながったと主張した。アイルランドを改善するために、彼は上陸した所有者が主要な代理人でなければならないと提案しました。家主に資本を投資させることは、生産を増やし、家主とテナントの間のより良い地位を生み出すでしょう。一方、法律による規制は、家主が他の場所で資本を使用し、資産を改善しないという逆効果をもたらします。 14

1849年までに、ベン・ウォルシュは貧しい法制度の欠陥を強調し、欠陥を是正するための措置を考案しなかったことで政府を非難していました。 15彼は、修正が行われ、貧しい法律が完全に改正されない限り、[アイルランド]全体が貧困に陥り、土地に負担をかけ続けることは、改善と国自体を停止させ破壊するだろうと信じていた。 16苦痛の軽減に関する議会の討論で、ベン・ウォルシュは彼の個人的な歴史を述べました。それは彼の考え方を測るのに役立ちます。成人してアイルランドでかなりの財産を所有すると、彼は自分の不動産とその状況についてテナントの認識を主張した。当初は多くの仲買人が生涯の借金を抱えていましたが、徐々に借金がなくなると、不動産の4分の3が直接彼の手に渡りました。繁栄し、独立し、改善するテナントを育て、それにふさわしく勤勉で、怠惰で、無原則で、価値のないものを取り除くには、時間と注意が必要でした。ある程度、彼は自分の野心を実現しました。彼は自分の土地での細分化と多数のコッティエを防ごうとしました。ジャガイモの失敗が起こり、多くの人が苦しんでいたとき、彼は1847-8年にカナダに移住するように最貧層の100人から200人を誘導し、現在は繁栄して満足していると信じていました。 17 1849年3月までに、彼は政府が財産権を回復し、特定の地区の貧しい法律を制限し、雇用を与えるための課税を減らし、「人口が非常に多い」地区での移民を奨励することによって繁栄を復活させることを提案していました。 18

ベンウォルシュは1849年8月10日にファーガスを訪れました。これは5年ぶりの訪問であり、飢饉が始まって以来です。彼は農場が改善され、入居者が元気になり、納屋や牛舎などの追加の建物がその外観に追加されていることに気づきました。 19注目に値するのは、その地域の他の場所で報告された状況や状況と比較した彼の説明の顕著な対照です。 Benn-Walshの主な考慮事項は、テナントの福祉とは対照的に、利益を生み出すことに成功した管理でした。彼は多くの人に移住を促し、それを公然と認めました。これにはファーガスの住民の一部が含まれていた可能性がありますが、これを確認する証拠は存在しないようです。

1850年までに、ジョン・ベン・ウォルシュ卿は、自由貿易の犠牲者として、そしてジャガイモの失敗のために、ファーガスの入居者が「急速に戻ってきた」と不平を言っていました。 1850年8月18日にエージェントのマシューガベットがコークのテナントの追放について話し合い、ウィリアムフォルデとファーガスの「ダナヒス」を含め、移住を支援する人は210ポンドかかると付け加えた。その時期の一人当たり。 Benn-Walshは、アイルランドの不動産はより収益性が高く、より良く改善されていただろうと結論付けましたが、「嘆かわしい時代」の間でした。 21 1851年9月1日、彼は再びファーガスを訪れ、小規模で弱いテナントを「排除」し、農場の規模を拡大しました。ウィリアム・フォード、ダナヒス、2人のフォルデス(コーケリーのパートナー)が追い出され、コーケリー、クローリー、2人のドロヘニーという名前のテナントが数人いました。 22

ベンウォルシュは1851年にアイルランドを哲学的に去り、飢饉が始まって以来、他の訪問よりも多くの希望と元気を持ってアイルランドを去りました。または保安官またはより厳しい措置を採用する。多くの場合、貧困層とコッティエは1ポンドから3ポンドの範囲の所有権を放棄し、その後キャビンは平準化されました。いくつかの大家族は移住を支援されていました。それは費用がかかりましたが、農場の統合を可能にしました。改善により農場の価値が高まり、いくつかの新しいテナントが導入されました。 23

ファーガス訪問の3つの追加のジャーナルエントリがあり、ベンウォルシュは再び楽観的な空気を示しています。 1852年10月、農場は改善され、悪いテナントが排除されたと説明されました。 24 1853年9月26日、彼はガベットと一緒に農場を歩き、かなりの改善と入居者が「元気に」いることに気づきました。クローバーとカブが増え、牛の在庫が増えました。農場を快適に定住させるには、2人の年配のドロヘリー兄弟を「追い払う」必要がありました。食料価格は高く、バターと小麦は NS. 60NS。四半期ごと。 25 1853年、彼は、特にバター、豚、牛の価格が高く、苦痛の時期が過ぎ去ることを望んでいました。その年、オーツ麦は良い値段で売られ、ジャガイモはほとんど影響を受けませんでした。 26 1855年9月3日の最後の記録された訪問で、ベン-ウォルシュはファーガスが再び改善していることを指摘しました。 27

マガーニーで数少ない不在地主の1人ですが、ベンウォルシュは、約40年間にかなりの数の訪問を行うことにより、ファーガスと彼のアイルランドの不動産の管理に積極的なアプローチを取りました。これは、多くの欠席者がイギリスからの作戦を指揮したり、エージェントが彼らに代わってアイルランドの業務を独占的に管理することを許可したりするのとは対照的でした。彼の冷酷さ、そして彼の冷静で計算的な態度は日記から測ることができますが、1846年にコーチフォード地区の貧しい救済委員会に彼の名前で10ポンドの購読があったことは、飢饉期間全体で地元で行われた最高の個人購読の1つにランクされました。居住者の上陸した所有者からの記録されたサブスクリプションよりも大きかった。

ベン・ウォルシュは自己意見、反民主主義、29であり、入居者の権利を否定していましたが、彼の知識豊富な議会の貢献から明らかなように、彼は多くの訪問からアイルランドの情勢と状況に密接な関係がありました。彼の見解と不満は、隣接する、苦しんでいる、そして非常に異なる国での飢饉危機に対処するための政府の措置に関して、居住者の所有者と上陸した紳士の見解を反映していました。

1 Oxford Dictionary of National Biography、&#8216John Benn-Walsh&#8217(https://www.oxforddnb.com/)(2019年6月14日アクセス)。

2ファーガス農場は、アグリッシュの市民教区のファーガスイーストとコーク州マガーニーの市民教区のファーガスウェストの両方にありました。

3ジェームズ・S・ドネリー・ジュニア、&#8216ジョン・ベン・ウォルシュ卿のアイルランドの地所の管理に関するジャーナル、1823-64&#8217、 コルク歴史考古学協会誌、lxxix(1974)、no。 230、p。 88。


英国人名事典、1885-1900 /ウォルシュ、ジョン・ベン

ウォルシュ、1798年12月9日にバークシャーのウォーフィールドパークで生まれた最初のオーマスウェイト卿(1798–1881)であるジョンベン卿は、バークシャーのウォーフィールドパークとカンバーランドのオーマスウェイトのジョンベンウォルシュ卿の一人息子でした。 。彼の父は、1778年にケント州ベクスリーのジョセフ・フォークの娘であるマーガレットが、妻のエリザベス、ジョセフ・ウォルシュの娘、フォートセントジョージ。 1795年4月4日、彼は妻の叔父であるジョン・ウォルシュ(1725?–1795)の意志に従い、王室の許可を得てウォルシュの名前と武器を引き継いだ[q。 v。]、ジョセフウォルシュの息子。彼は1804年6月14日に準男爵を創設し、1802 – 6年にブレッチングリーに座り、1825年6月7日に亡くなりました。息子はイートンで教育を受け、1816年12月3日にオックスフォードのクライストチャーチから修了しました(フォスター、 同窓生オクソン。)1830年にサドベリーの自治区の議会に入ると、彼は1834年12月まで3つの議会のトーリー党の利害関係者を代表しました。熱心な政治家と有能な作家であり、議会改革に関するいくつかのパンフレットを発行しました。 1835年1月、ジョン卿はラドナー郡に異議を唱えましたが、少数の過半数に敗れました。 At the next general election, following the accession of the queen in 1837, he was an unsuccessful candidate for Poole, but the following March was again returned at a by-election for Sudbury. In two years' time, however, he accepted the Chiltern Hundreds, and was returned (on 10 June 1840) without opposition for Radnorshire, which he afterwards represented for nearly twenty-eight years, the only occasion on which his re-election was challenged being in 1841, when he defeated Lord Harley. He was J.P. and D.L. for Berkshire, and served as high sheriff of that county in 1823. Being lord of the manor of Trewerne in Radnorshire and the owner of considerable property there, he was also J.P. for that county and high sheriff in 1825, and on 11 Aug. 1842 was sworn in lord-lieutenant and custos rotulorum of Radnorshire. On 16 April 1868 he was raised to the peerage as Baron Ormathwaite. Owing to advancing years he resigned the lieutenancy of Radnorshire in favour of his son, the present lord, who received the appointment on 19 April 1875. Ormathwaite died at his seat, Warfield Park, Bracknell, Berkshire, on 3 Feb. 1881. He married, on 8 Nov. 1825, Jane, youngest daughter of George Harry Grey, sixth earl of Stamford and Warrington. By her he had two sons and two daughters, and was succeeded by his eldest son, Arthur.

Ormathwaite was author of some able pamphlets, of which the principal were: 1. ‘The Poor Laws in Ireland,’ 1830. 2. ‘Observations on the Ministerial Plan of Reform,’ 1831. 3. ‘On the Present Balance of Parties in the State,’ 1832. 4. ‘Chapters of Contemporary History,’ 1836. 5. ‘Political Back-Games,’ 1871. 6. ‘Astronomy and Geology Compared,’ 1872. 7. ‘Lessons of the French Revolution, 1789–1872,’ 1873.

[Foster's Peerage Haydn's Book of Dignities, ed. Ockerby Official Returns of Members of Parliament H. S. Smith's Parliaments Williams's Parliamentary History of Wales obituary notices in Times and Guardian.]


Great dynasties of the world: The Benns

T here have always been family political dynasties who have ruled through force of arms. Examples abound, even today. And there have sometimes been family political dynasties who have ruled through force of argument, which is obviously preferable. In England, one such notorious family of argufiers are the Benns.

There are, of course, many great British political dynasties. Viscount Hailsham begat Quintin Hogg, who begat Douglas Hogg. Joseph Chamberlain had two sons who became MPs – one of them, indeed, PM. There have been many Cecils – the Marquess of Salisbury, his nephew Arthur Balfour, and Viscount Cranborne – and two famous Pitts. But the Benns are unique: an unbroken line of four generations of MPs.

Let us take Tony Benn as the mid-point, the centre – not a place we'd often find him. Benn's maternal grandfather, Daniel Holmes, was the Liberal MP for Govan. His paternal grandfather, John Benn, was an MP for Tower Hamlets and then Devonport. Sir John's son, William Wedgwood Benn was elected to his father's old seat of Tower Hamlets in 1906 and served under Asquith as a lord of the treasury, before eventually leaving the Liberals to join the Labour party in 1924. He became secretary of state for India under Ramsay MacDonald and was raised to the peerage as Viscount Stansgate in 1942.

William Wedgwood's eldest son, Michael, was killed when his aircraft crashed in the war in 1944 and so it was Tony Benn, the second son, who was set to inherit his father's title and sit in the House of Lords. But when William Wedgwood died in 1960, Tony was already sitting in the House of Commons as Labour MP for Bristol South East and had no desire to become a peer. He fought for three years to change the law in order to be able to relinquish the hereditary title and remain in the Commons. He won.

Tony Benn and his wife, Caroline, had four children. Among them, their daughter Melissa is a journalist and novelist, and Hilary has been MP for Leeds Central since 1999. When elected, Hilary famously remarked that he was a Benn, not a Bennite.

In last year's general election, Tony Benn's granddaughter, Emily, stood as the Labour parliamentary candidate in East Worthing and Shoreham, in West Sussex. Emily Benn is the daughter of Benn's eldest son, Stephen, and his wife, Nita, who was an adviser to Tony Blair. "When I used to visit my mum at No 10," Emily recalled in an interview during her election campaign, "it was just like the West Wing. There was always some kind of drama or issue, and I loved it. I would love to be a part of it." She did not become a part of it. East Worthing and Shoreham's sitting Tory MP, Tim Loughton, increased his majority.

After 51 years as an MP, Tony Benn retired in 2001 in order, famously, "to devote more time to politics". He also continues to publish his diaries, to pop up occasionally on TV and at Glastonbury, and to tour the country with his one-man show, An Evening with Tony Benn.

In a letter addressed to his family, found among his papers after his death, Tony Benn's older brother Michael wrote: "It was my dearest wish to see us all united after the war. I wanted then to settle down to do what I could to prevent the suffering of another war from descending on the lives of our children. How I longed to see a world when people could be as free and happy as we were in our family."

Tony Benn conscientiously reads all correspondence and emails. Hilary Benn emerged unsullied from the MPs' expenses scandal in 2009. The family's traditional middle name of Wedgwood is a reminder that John Benn's wife was a relative of Josiah Wedgwood, founder of the pottery dynasty.


A history lesson at school

Published 5:52 pm Thursday, October 17, 2019

There’s a story behind every name, and that includes the men and women who have become namesakes of different Suffolk Public Schools.

Florence Bowser Elementary School is named after the educator and community organizer who taught in Suffolk and elsewhere in Virginia for roughly half a century, going back to the late 1800s. Col. Fred Cherry Middle School honors the Suffolk native who was held as a prisoner of war in Vietnam for more than seven years.

John Yeates, as in Suffolk’s John Yeates Middle School, is named after an Englishman who died in the 18th century. Yeates was a philanthropist who established two free schools in what is now North Suffolk. And of course, like many schools across the country, John F. Kennedy Middle School is named after the nation’s 35th president.

These are people who made their mark on history and on the Suffolk community one way or another, and their statues, portraits and other markers still honor their work to this day.

Booker T. Washington Elementary School

Standing inside the lobby of Booker T. Washington Elementary School is a life-sized bronze statue of Booker T. Washington himself. The Booker T. Washington High School Alumni Association raised the $6,000 cost of the project, which was sculpted by Dr. Roderic Taylor in 1999.

Born in 1856, Washington was an educator, reformer and the first president and principal developer of the Tuskegee Normal and Industrial Institute in Alabama — known today as Tuskegee University.

On each side of his statue in the elementary school are plaques that represent where he taught. One is for Tuskegee, and the other for the Hampton Normal and Agricultural Institute — now Hampton University — in Virginia, from which he graduated in 1875.

He founded the National Negro Business League and is considered to be the most influential spokesman for black Americans from 1895 until his death in 1915. The Booker T. Washington School in Suffolk opened in 1913 at 201 Lee St., two years before his death.

The original school served first through eighth grades before ninth grade was added in 1923. An adjacent building was constructed due to overcrowding, after which the high school opened in 1925 to teach sixth through 11th grades, and later 12th grade in 1949.

Its first high school graduation ceremonies were held in 1937 for 11th grade. The school was later relocated in 1953 to a newly built facility on Walnut Street due to increasing enrollment.

The school continued operations on Walnut Street until desegregation in 1969. It was renamed Booker T. Washington Elementary School, where it continues to serve pre-kindergarteners through fifth-graders.

A historical marker was placed at the school’s original location between Lee and Smith streets in 2016.

The high school alumni had to make do with books and other school supplies that were leftover from Suffolk’s white schools, yet they persevered and became some of the city’s most outstanding citizens.

Among these illustrious alumni are former Suffolk Councilman and Vice Mayor Ronald Hart, former Vice Mayor Moses Riddick, Army Col. Charles “Chuck” Whitehead Sr. and Dr. L.D. Britt, who was recently named the 2019 Suffolk First Citizen by the Suffolk and North Suffolk Rotary Clubs.

There’s also a plaque in honor of the school’s late, great basketball coach, Charles Christian.

“There are pictures on the walls of some of the people that have come through this school,” said Julia Bradley, historian for the Booker T. Washington High School Alumni Association and member of the class of 1956.

The names on the photographs and plaques, as well as the bronze statue inside Booker T. Washington Elementary School, are meant to show young students the heights that they, too, can achieve.

“The parents back then wanted to make sure that they set an example for their children, for someone to look up to, and that’s why our school was named Booker T. Washington,” Bradley said.

Mack Benn Jr. Elementary School

Mack Benn Jr. Elementary School is named after “a Suffolk native who dedicated his life to education,” according to the plaque beside his portrait inside the school. This portrait was commissioned and donated by the Alpha Iota Chapter of the Omega Psi Phi Fraternity, of which Benn was a member for more than 50 years.

Benn was born in 1927 and was a product of Suffolk Public Schools, according to Suffolk News-Herald reports. He graduated from East Suffolk High School in 1946, and after he later graduated from Bluefield State College in Bluefield, W.Va., he completed a military tour of duty in Korea.

He returned home and earned a master’s degree from Indiana University in Bloomington, Ind. and completed additional graduate work at Old Dominion University.

Benn wore many hats while he served Suffolk Public Schools for 35 years. He taught and coached and served as athletic director, assistant principal and principal. He served as elementary supervisor, both coordinator and director of pupil personnel services and assistant superintendent.

His hard work culminated in 1986, when he was appointed superintendent. He was the first African-American superintendent in Suffolk Public Schools, according to the school’s website.

“Having been a native of Suffolk, and then being employed as a teacher and a principal and then a supervisor and so on up the chain of administrative positions in the school system, I feel that he had enough experience and empathy to provide the leadership that the position of superintendent required,” Elaine Brown Benn, his wife of 42 years, wrote in an email.

Benn held his superintendent post until he retired in 1988, “but education never left his blood” and he served as acting superintendent twice, both during “serious transition periods” of the school board, according to a 1997 Suffolk News-Herald report.

“During his tenure as superintendent and as acting superintendent, Benn brought financial stability to the board and continued to be known for his outstanding leadership ability,” according to the report. He also served on the Suffolk school board from 1992 to 1995, plus “countless” committees for the school system.

Benn was a devout Christian and a faithful member of St. Mark’s Episcopal Church for 40 years, where he served as senior warden. His nephew, Edward “Pete” Smith, described him in an email as sincere, caring, encouraging, manly and loving.

“A man who never allowed his somewhat small (stature to) diminish his big heart and perseverance in uplifting his fellow man,” Smith wrote. “From sharecropper parents who instilled the love and need for education in all their children to be the best they could be. A much-loved son, husband, father, brother uncle and role model.”

Benn died in 1997 and was survived by his wife his sons, Mack Benn III and Bruce T. Benn and many other family, friends and colleagues in Suffolk that mourned him then and continue to do so today.

In 1998, the year after his death, the city opened Mack Benn Jr. Elementary School in his honor. The school’s motto, according to its website, is “moving beyond excellence step by step.”

“I would like his legacy to be one of dedication to the town in which he lived and died,” Benn wrote about her husband. “I believe that he did everything he could to make the school system better for the students in the town he truly loved.”


Coney Glen Photos

Coney Glen is undoubtedly one of the most gorgeous places to spend a sunny afternoon in Knysna. There is a picnic spot where you can braai but we chose to have fun on the rocks instead. They’re not the easiest to climb jagged like a monster’s claws had ripped through it as a leviathan dragged into into the depths of the sea. Dramatic description, for sure – see it and maybe you’ll believe it:) It’s only here that it’s easy to imagine why ships got wrecked trying to get through &hellip Read the full article…


From Graces Guide

John Williams Benn, the son of Julius Benn and Ann Taylor, was born in Hyde near Manchester in 1850.

John received little formal education and was mainly taught at home by his parents. As the eldest child, John was expected to contribute to the family income. He started a part-time stamp-business and by the time he was fourteen he had made a profit of £80.

In 1867 John was employed by T. Lawes & Co, a wholesale furniture company. He initially worked as a office clerk but later began designing furniture for the company. By 1873 he had married Lily Pickstone, a distant relative of Josiah Wedgwood, and was earning £300 a year as designer and manager of what was now known as Lawes Randall & Co. Over the next few years the couple had six children, including two who were later to become national figures, Ernest Benn and William Wedgwood Benn.

Although be will be chiefly remembered for his strenuous work in connection with the formation and early years of the life of the London County Council, the late Sir John Benn exercised considerable influence on engineering and allied industries by way of the various technical journals for the establishment and conduct of which he was responsible. The best known journal published by his firm - Benn Brothers (Publishers), Limited - is perhaps the Electrician. Included in the list, however, are such periodicals as the Gas World、 NS Hardware Trade Journal、 NS Cabinet Maker, Aeronautics、 NS Chemical Age, and some journals devoted to farming, gardening, and commercial intelligence. Sir John was keenly interested in public life, and, indeed, made that rather than his publishing business his prime concern. He was twice a member of Parliament, and was a member of the London County Council from its formation in 1889 to the date of his death on the 10th inst. As chairman of the latter body's Highways Committee he played a leading part in the lengthy discussions which centered round the question of municipalising the tramways in London. In the end his proposal that the Council should exercise its option to purchase the undertakings was carried by a majority of one.


John Benn - History

We acknowledge the Traditional Owners of the place now called Victoria, and all First Peoples living and working on this land. We celebrate the history and contemporary creativity of the world&rsquos oldest living culture and pay respect to Elders &mdash past, present and future.

Please be aware that this website may contain culturally sensitive material &mdash images, voices and information provided by now deceased persons. Content also may include images and film of places that may cause sorrow.

Aboriginal and Torres Strait Islander people are advised that this website may contain culturally sensitive material &mdash images, voices and information provided by now deceased persons. Content also may include images and film of places that may cause sorrow.

Some material may contain terms that reflect authors&rsquo views, or those of the period in which the item was written or recorded but may not be considered appropriate today. These views are not necessarily the views of Victorian Collections.

Users of this site should be aware that in many areas of Australia, reproduction of the names and photographs of deceased people is restricted during a period of mourning. The length of this time varies and is determined by the community.

Reuse of any Aboriginal or Torres Strait Islander material on this site may require cultural clearances. Users are advised to contact the source organisation to discuss appropriate reuse.


ビデオを見る: ジョンベン (七月 2022).


コメント:

  1. Gujora

    建設とインテリアデザインの新しい開発に関する興味深い情報:フレームの建設、住宅の建物のインテリアデザイン、建物の修復。装飾材料とツールの最新の革新に関する出版物、専門家からの興味深い推奨事項。最新の仕上げ技術を使用する際のレッスンとアドバイス。

  2. Bredbeddle

    今日は誰もがプライベートメッセージを送信しますか?

  3. Zuberi

    哲学的にそう...

  4. Farold

    あなたは間違っていたと思います

  5. Haywood

    あなたは間違いを許します。私は自分の立場を守ることができます。午後に私に手紙を書いてください。

  6. Rule

    はい、そうです。上記のすべてに同意します。このテーマでコミュニケーションをとることができます。ここまたはPMで。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos