新しい

ハインケルHe274

ハインケルHe274



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ハインケルHe274

ハインケルHe274は、第二次世界大戦中にドイツ空軍で定期的に使用された最も重い爆撃機であるハインケルHe177から開発された高高度爆撃機でした。作業は1941年にHe177Hの名称でHe274で始まりました。 RLMは1941年10月に6機の試験機を注文し、作業はハインケルとパリのシュレーヌのファーマンに分割されました。配達は1943年7月に予定されていました。

新しい航空機は、He177の双子のDB606エンジンを放棄し、代わりに長い翼で4つのDB605エンジンを使用しました。 4人の乗組員は全員、機首の加圧されたキャビンに配置され、防御銃は遠隔操作されていました。

He274の開発は遅かった。フランスでの妨害行為、エンジンの問題、および設計の問題により、納期は1944年に戻されました。1944年4月、提案された試作段階のHe 274A-0はキャンセルされましたが、プロトタイプの作業は継続されました。 1944年7月に最初のプロトタイプが完成しましたが、それまでに連合軍は急速にパリに接近していました。航空機のエンジンを破壊する試みは失敗し、2つのプロトタイプが無傷で捕獲されました。 He277という名称で4エンジンのHe177を製造するという並行計画がさらに進展しましたが、それでも戦闘機の製造には失敗しました。

戦後のフランスの航空機産業の再編で、ファーマンの工場はアテリエ・アエロナウティック・ド・シュレーヌに改名されました。彼らの最初の仕事の1つは、He274を耐空性にすることでした。 1945年12月27日、He 274 V1は、新しい名称AAS 01で初飛行を行いました。テスト飛行は成功し、航空機は実験用フランス航空機のスケールモデルを運ぶために使用されました。 2番目のプロトタイプは、キャプチャされたDB 603エンジンを追加して完成し、1953年に廃棄される前に飛行テストベッドとして使用されました。

統計
エンジン:プロトタイプにターボ過給機を搭載したダイムラーベンツDB 603A
馬力:1,750
スパン:144フィート8インチ
長さ:73フィート2インチ
全重量:79,564ポンド
範囲:3,602マイル
天井:46,905フィート
速度:36,000フィートで時速363マイル


彼は177の祖先

1938年11月17日、ハインケル航空会社の所有者であるエルンストハインケルは、初期のHe 177重爆撃機プロジェクトに要求された8機のプロトタイプ機体のうち2機、特にV3およびV4機体を4つの別々のユンカースジュモ211 [1]パワープラントの試運転。 [2]ハインケルは、それぞれがDB606として知られているダイムラーベンツDB601倒立V12エンジンの結合ペアの要求された装備とはまったく異なり、彼の爆撃機の個別に設計されたバージョンがいつか好まれるだろうと予見していました。 — RLMとLuftwaffe High Commandの要請により、8つのHe&#160177 Vシリーズプロトタイプすべてに搭載され、関係する政府機関は急降下爆撃機能が重爆撃機サイズの攻撃的な戦闘機、エルンストハインケルが激しく反対したもの。

1939年4月までに、He 177の高高度バージョンの開発への関心が高まり、1939年4月27日、そのような航空機の最初の提案が彼の会社のエンジニアリングスタッフによってハインケルに提示されました。 [3]航空機は、パイロットとボンバルディア/前方砲手のための完全に加圧された機首コンパートメントと、別個の加圧尾部銃の定置を備えた、3人の乗組員マニフェストを減らすことを目的としていました。その結果、1940年12月に 彼177A-2 高高度爆撃機の設計で、指定された2つの加圧コンパートメントに4人の乗組員マニフェスト(パイロット、ボンバルディア、フォワードガンナー、テールガンナー)があり、通常のAシリーズのDB606結合エンジンを搭載しています。防御兵器はトリオに縮小されていました Ferngesteuert-Lafette FL 81Zリモートガンタレット、それぞれがツインバレルMG 81兵装を搭載し、それぞれ上部ノーズマウント、前方背部、および( ボラ 砲廓スタイルのゴンドラ(鼻の下))前方腹側の位置、およびHe177A-1スタイルの加圧された有人の柔軟なテールガン定置の単一のMG131機関銃。 [4] A-2バージョンは、空中給油能力の先駆者として検討されていました。おそらく、Ju 290海上哨戒機をタンカーとして使用していました。このような能力があれば、A-2の射程は約9,500に拡張可能でした。総飛行距離の&#160km(5,900&#160mi)。 [5]

ハインケル社は、A-2バージョンと少し後のA-4バージョン(後のDB 610結合エンジンのペアの取り付けを除いてA-2と同じ)の両方で、実用的なコックピットの加圧方法とハードウェアに取り組んでいました。 1940年から1941年の夏の終わりにかけて、DB 610を搭載したA-4の暫定形式の加圧コックピットは、外観が標準の「キャビン3」He177Aシリーズの生産コックピットとほぼ同じでした。テストと開発。

1941年10月までに、ハインケルが設計した高高度重爆撃機[6]のより開発された「He177H」仕様が、提案されたA-2およびA-4結合エンジン設計から出現し、2,000& #160kg(4,410&#160lb)爆撃機の最大射程は約3,000&#160km(1,895&#160mi)で、ハインケル博士の1938年11月の最初の2機の要求が拒否されて以来、初めてRLMに受け入れられました。初期のHe177 Vシリーズプロトタイプ機体は、それらを入手するために、BMW801またはDB603ユニット化設置エンジン(DB 603パワープラント)のカルテットを備えた、He&#160177ベースの爆撃機機体に対して個別の4エンジン設置が検討されていました。 He 219にも使用されているハインケルの工場固有の設計に統合されています。指定されている発電所の選択肢の中で、A-2およびA-4が意図していたのと同じ種類の低装備の防御兵器フォーマットを備えています。

当時からの彼の助けの要求と併せて-少将 その提案が最初に現れたときのアメリカ爆撃機契約競争への航空機の適合性に関する1942年5月のEccardFreiherr von Gablenz、 元帥 エアハルト・ミルヒはまた、He177とそのHe274開発の両方についてフォン・ガプレンツの意見を受け取り、フォン・ガプレンツは、当時存在していたハインケルの「重爆撃機」設計のどちらも、新しい要求に近づく任務を遂行するための範囲の近くになかったと述べました。契約する。 [7]

初期のHe&#160177A-0試作プロトタイプのペアは、高高度試験の目的でHe 177 V10およびV11に再指定され、高度でA-4パターンの加圧コックピット設計を最初にテストすることになりました。しかし、必要な研究に積極的に使用されたのはV11だけで、高度9,200&#160m(30,200&#160ft)を達成し、1943年8月9日に完全に成功し、その年の10月までさらにテストが続けられました。 V10とV11は1944年4月に接地されました。[8]

1943年2月、RLMが完全に別個のハインケルHe 277の設計作業の公式ステータスについて最初に言及したのと同じ月に、ハインケルのエンジニアリングショップに支払われる重爆撃機の設計に名前を付け[9]、ハインケルの会社になりました。 アメリカ爆撃機 契約候補者である、結合エンジンのHe 177A-2およびA-4設計に関するそれ以上の作業は、RLMの命令により中止されました。 4エンジンのHe&#160177H高高度設計提案は、その時から重要性を増してきました。 国家元帥 1942年8月のヘルマンゲーリングの嘲笑的な「溶接エンジン」の苦情は、Aシリーズ運用航空機用の1.5トン重量のDB606および610「パワーシステム」の選択によるHe177Aシリーズの終わりのないエンジンの問題に関するものです。これにより、1943年2月の日付から1944年4月20日まで、ハインケルのエンジニアリングショップが4機の重爆撃機の設計を同時に開発する3つの並行プログラムが生まれました。[10]


発達

ハインケルの設計事務所は多くの開発で完全に占有されていたため、He 274の設計と建設は、フランスの敗北後にハインケルによって管理されていたフランスのファルマン航空機工場に移管されました。 He 177胴体に基づいて、新しい設計は44mのスパンとダブルテールユニットを備えた新しい翼で作成されました。機体の機首は、当時知られている戦闘機の運用高度から14,000 mの高さで、高高度長距離爆撃機として運用されることになっていたため、加圧キャビンとして設計されました。ドライブには、それぞれ1850hpのターボチャージャーを備えた4つの特別なDB603A-2高高度エンジンが提供されました。

シュレーヌのファーマンの労働力は1943年にプロジェクトの作業を開始しました。フランスのレジスタンス戦闘機による妨害によって頻繁に引き起こされることはなく、絶え間ない遅延のため、侵攻時に完成したセルは2つだけでしたが、エンジンの欠如。終戦後、彼らはエンジンを装備し、フランス人が高度試験飛行に使用しました。さらに、航空機にはAAS-01およびAAS-02という名称が付けられました。彼らは1945年12月30日と1947年12月22日に初めて飛行しました。1953年にスペアパーツの不足のために廃棄されました。


スポットライトを使用すると、この飛行機をすべてのフォロワーと共有できます。これは、新しいプレーヤーが自分の仕事にふさわしい認識を得るのに役立つ優れた方法です。

下の[スポットライト]ボタンをクリックすると、すべてのフォロワーに通知が届きます。

飛行機をダウンロード

Macを使用している場合は、この飛行機IDをクリップボードにコピーし、SimplePlanesのデザイナーでCMD + Lを押して、この飛行機をダウンロードします。

モバイルを使用している場合は、モバイル版のサイトをリクエストしてみてください。これを行う方法について詳しくは、こちらをご覧ください。それ以外の場合は、下の[モバイル用にダウンロード]ボタンをクリックしてください。

ハインケルHe274は、第二次世界大戦中に開発されたドイツの重爆撃機の設計であり、加圧された乗組員の収容を伴う高高度爆撃を目的として設計されました。連合国が北西ヨーロッパを前進したため、プロトタイプは製造されていたフランスの工場で放棄されました。


ケヒンデワイリー、 アルプスを越えて軍隊を率いるナポレオン

この大きな絵では、アフリカ系アメリカ人の芸術家であるケヒンデワイリーが、200年前のフランスの傑作を戦略的に再現していますが、重要な違いがあります。この流用行為は、肖像画の伝統に関する問題と、それが権力と特権について暗示しているすべての問題を明らかにします。ワイリーは、美術史の規範(「傑作」と見なされる一連の作品)の偏見、ポップカルチャーでの表現、人種や性別の問題について考えるように求めています。ここで、ワイリーは元の白い主題、フランスの将軍から皇帝に転向したナポレオン・ボナパルト(下)を、ワイリーが「ストリートキャスティングプロセス」の一環として路上で近づいた匿名の黒人男性に置き換えます。ワイリーは時々委託で絵画を作成しますが、彼は通常、色のある日常の人々に写真を求めて座ってもらい、それを絵画に変えます。途中で、彼はそれらのシッターと話し、彼らが何を着るべきか、彼らがどのようにポーズをとるか、そしてどの歴史画を参照するかについて彼らの考えを集めます。

軍隊を率いるナポレオン これは、ナポレオンのオーストリアに対する勝利の軍事作戦を記念して、スペイン国王カール4世から依頼された、ジャック=ルイ・ダヴィッドの1800-01年の絵画(下)の明確なスピンオフです。プロパガンダのオリジナルの肖像画のスマック。実際、ナポレオンは元の絵のポーズをとったり、山を越えてオー​​ストリアに軍隊を導いたりしませんでした。彼は兵士を徒歩で先に送り、数日後にラバに乗って続いた。

シンボリック詳細の選択

左:ジャック=ルイ・ダヴィッド、 アルプスを渡るナポレオン、1803バージョン、キャンバスに油彩275×232 cm(オーストリアギャラリーベルヴェデーレ)右:Kehinde Wiley、 アルプスを越えて軍隊を率いるナポレオン、2005年、キャンバスに油絵の具、274.3 x 274.3 cm(108 x 108インチ)(ブルックリン美術館、ニューヨーク)

ワイリーは、権威と歴史的表現についての考えに注意を呼び、多くのオリジナルの要素を維持し、重要な変更を加えています。オリジナルのロイヤルブルーのコートが登場し(若い男のカモフラージュシャツから覗く)、金で覆われた剣(赤いストラップで固定されている)も登場します。しかし、ワイリーの主題は、完全に現代的で、派手なイメージで有名で、実物よりも大きい文化、つまりヒップホップ文化を反映した衣装を着ています。この若い男性は、迷彩服、ティンバーランドのワークブーツ、バンダナを身に着けています。特に若い黒人男性が経験したように、元の絵や現代の都市アメリカの暴力との軍事的関連を思い起こさせます。ワイリーの絵の主題は、彼の入れ墨を明らかにし、スタータースポーツウェア会社の赤いリストバンドを着用しています。これは、これが21世紀初頭に生きている本物の個人であるという感覚を追加する詳細です。

デイビッドの絵画の自然主義的な設定の代わりに、ワイリーは豪華なフランスの布地を彷彿とさせる装飾的で非現実的な背景を挿入しました。この背景は、ハイキーな色と華やかなフレーム(偽の家族の盾と上部のアーティストの自画像を完備)とともに、画像作成の人工性と豪華さに注意を喚起します。

精子(詳細)、Kehinde Wiley、 アルプスを越えて軍隊を率いるナポレオン、2005年、キャンバスに油絵の具、274.3 x 274.3 cm(108 x 108インチ)(ブルックリン美術館、ニューヨーク)(写真:Gayle Clemans)

背景には、精子の小さな絵も描かれています。これは、西洋の肖像画の伝統に関係する、非常に魅力的な男らしさと性同一性の伝播を楽しむワイリーの方法です。肖像画のこの特定のサブジャンルである馬術の肖像画には、特に男性の力の血統が吹き込まれています。古典ローマから革命後のフランスまで、馬に乗った政治的および軍事的指導者は、男性の力と支配の社会的規範を呼び起こし、永続させてきました(たとえば、ローマ皇帝マルクスアウレリウスのこの馬術の肖像画)。

並外れた絵画技術のデモンストレーションと有名な肖像画の使用を通して、ワイリーは偉大なマスターペインターの歴史に自分自身を苦しそうに並べているように見えました。ここでは、たとえば、彼はデビッドと同じように絵に署名して日付を記入し、馬の胸の周りのバンドに彼の名前と日付をローマ数字で描いています。ワイリーは、前景の血統について別の言及をしています。ここでは、元の絵画の岩肌と、アルプスを越えて軍隊を率いた著名な指導者の名前が刻まれています。ナポレオン、ハンニバル、カロルスマグナス(シャルルマーニュ)です。しかし、ワイリーにはWILLIAMSという名前も含まれています。これは、表現や栄光のシステムからしばしば除外されている一般の色の人々を含めることを強く主張しています。ウィリアムズは一般的なアフリカ系アメリカ人の名前であるだけでなく、アフリカから強制的に連れてこられ、自分たちの歴史を剥奪された黒人にアングロの名前を押し付けたことを示唆しています。

アーティストについて

ケヒンデワイリー(アメリカ、1977年生まれ)は、2001年にイェール大学でMFAを取得した直後に、メディアやアート界の注目を集めました。彼はハーレムのスタジオミュージアムのアーティストであり、多くの重要なグループやソロに参加しています。展示会。ワイリーは現在、彼の「ストリートキャスティング」プロセスと、絵画や彫刻製作のさまざまな段階に参加するスタジオアシスタントを採用しています。ワイリーは、大規模な絵画に加えて、ステンドグラス、塗装された祭壇画、鋳造されたブロンズ彫刻を作成しました。これらはすべて、美術史、人種、性別、表現力を調べています。

追加リソース:

Shahrazad A. Shareef、&#8220The Power of Decor:Kehinde Wiley&#8217s Interventions into the Construction of Black Masculine Identity&#8221(UMI Dissertations Publishing、2010)。

ユージェニーツァイ編、 Kehinde Wiley:新しい共和国 (ブルックリン、ニューヨーク:ブルックリン美術館、2015年)。


発達

He 274になるための最初の提案は、He 177Hとして知られているものの6機体の注文から始まり[11]、1941年10月中旬にハインケルから要求されました。本質的に生産されていたものを使用するために、He 177A-3胴体は、より長い翼幅の4エンジン翼に結合されました。これらの提案された航空機は、その後まもなく機体プロジェクト番号が正式に与えられました 8-274 RLMによって、そしてハインケルの工場設計事務所と航空機製造施設に非常に夢中になっているため、この新しい「He 274」高高度爆撃機は、フランスでプロトタイプを製造することになりました。 Societe des Usines Farman (ファーマンブラザーズ)シュレーヌで。

2つのHe274プロトタイプは、Farman Brothersによってフランスで製造され、4つの試作プロトタイプはHeinkel'sによって注文されました。 ハインケル-ノール Rostock-Marienehe(現在のRostock-Schmarl)施設に本社があります。 SuresnesのFarmanは、プロトタイプの開発を開始しました。

要求された半ダースのHe274プロトタイプ機体の作業は、フランスの工場がハインケルコンポーネントとユンカース航空エンジンを製造したトゥールーズのAIAブリューゲットでのハインケル航空機の製造から活用されました。ハインケル航空機用のトゥールーズのフランスの生産施設は、1944年3月5/6日の夜にイギリス空軍(RAF)の空襲によって、また1944年6月25日に米国第8空軍によって深刻な被害を受けました。ドイツとオーストリアでの設計作業は、1943年2月から、ハインケルが設計した大西洋横断範囲のエントリとして出現したものについて進行中でした。 アメリカ爆撃機 戦略的な重爆撃機の設計コンペティションであるハインケルHe277は、 ハインケル-サッド 1944年4月にドイツ空軍省によってキャンセルされたウィーンの施設。完成していないHe277の一般的な配置「Typenblatt」の図面。小型のHeinkelHe219ナイトファイターからの機体の形状に大きな影響を与えています。ただし、He 274の多くの機能、特にツインテールエンペンナージデザインも採用していることを示しています[12]。


ハインケルHe274航空機情報


ハインケルHe274は、第二次世界大戦中に開発されたドイツ空軍の重爆撃機で、搭乗員が加圧された高高度爆撃用に設計されました。

1938年11月17日、ハインケル航空会社の所有者であるエルンストハインケルは、初期のHe 177重爆撃機プロジェクトに要求された8つのプロトタイプ機体のうち2つ、特にV3およびV4機体を試験用に確保することをRLMに許可するよう要求しました。 4つの別々の発電所の設置。 Herr Heinkelは、ダイムラーベンツDB 601倒立V12エンジンの結合ペアの要求された装備とはまったく異なり、彼の爆撃機の個別エンジンバージョンがいつか好まれるだろうと予見していました。 RLMの要請による8つのHe177 Vシリーズプロトタイプのすべて、およびLuftwaffe High Commandは、重爆撃機サイズの攻撃的な戦闘機でも、潜水爆撃能力の要望を引用している関係政府機関とともに存在します。エルンストハインケルは激しく反対した。

1939年4月までに、He 177の高高度バージョンの開発への関心が高まり、1939年4月27日、そのような航空機の最初の提案が、彼の会社のエンジニアリングスタッフによってHerrHeinkelに提示されました。航空機は、パイロットとボンバルディア/前方砲手のための完全に加圧された機首コンパートメントと、別個の加圧された尾部銃の定置を備えた、3人の乗組員のマニフェストを減らすことを目的としていました。その結果、1940年12月に、He 177A-2高高度爆撃機の設計が仕様化され、指定された2つの加圧コンパートメントに4人の乗組員マニフェスト(パイロット、ボンバルディア、フォワードガンナー、テールガンナー)が搭載され、通常の動力が供給されました。 DB606結合エンジンのシリーズペア。防御兵器は、Ferngesteuert-Lafette FL 81Zリモートガンタレットのトリオに縮小されました。各砲塔には、上部ノーズマウント、前方背部、および(Bolaケースメイトスタイルのゴンドラの下の一部として)ツインバレルMG81兵器が搭載されています。機首)前方腹側位置、およびHe177A-1スタイルの加圧された有人の柔軟なテールガン定置の単一のMG131機関銃。

ハインケル社は、A-2バージョンと少し後のA-4バージョン(後のDB 610結合エンジンのペアの取り付けを除いてA-2と同じ)の両方で、実用的なコックピットの加圧方法とハードウェアに取り組んでいました。 1940年から1941年の夏の終わりにかけて、DB 610を搭載したA-4の暫定形式の加圧コックピットは、外観が標準の「キャビン3」He177Aシリーズの生産コックピットとほぼ同じでした。テストと開発。

1941年10月までに、ハインケルが設計した高高度重爆撃機のより開発された「He 177H」仕様が、2,000 kg(4,410ポンド)を運ぶことを目的として、提案されたA-2およびA-4結合エンジン設計から登場しました。 )最大範囲約3,000 km(1,895 mi)の爆撃機で、RLMによって初めて受け入れられ、BMW801のカルテットを備えたHe177ベースの爆撃機の機体に個別の4エンジン搭載が検討されていました。または、指定されている発電所の選択肢の中からDB 603エンジンを使用し、A-2およびA-4が意図していたのと同じ種類の低装備の防御兵器フォーマットを備えています。

初期のHe177A-0試作プロトタイプのペアは、高高度試験の目的でHe 177 V10およびV11に再指定され、高度でA-4パターンの加圧コックピット設計を最初にテストすることになりましたが、必要な研究に積極的に使用されたのはV11のみで、高度9,200 m(30,200フィート)を達成し、1943年8月9日に完全に成功し、V10とV11の両方が使用される前に、その年の10月までさらにテストが続けられました。 1944年4月に接地されました。

1943年2月、国家元帥ヘルマンによって証明されたように、4エンジンのHe 177H高高度設計がその時から重要性を増していたため、結合エンジンのA-2およびA-4設計に関するそれ以上の作業はRLMの命令により中止されました。 Aシリーズ運用航空機用のDB606および610「パワーシステム」の選択によるHe177 Aシリーズの終わりのないエンジンの問題に関する、1942年8月のゲーリングの嘲笑的な「溶接エンジン」の苦情。

He 274になるための最初の提案は、He 177Hとして知られているものの6つの例から始まりました。これらは、1941年10月中旬にハインケルから要求され、すべて4つの個別のエンジンを搭載し、本質的に生産He177A-3胴体は、より長い翼幅の4エンジン翼に結合されました。これらの提案された航空機は、その後まもなくRLMによってプロジェクト番号8-274が正式に付与されました。ハインケルの工場設計事務所と航空機製造施設が非常に占有されていたため、この新しい「He274」高高度爆撃機にはプロトタイプが組み込まれていました。 SuresnesのSocietedes Usines Farman(SAUF)会社によるフランス。

2つのHe274プロトタイプは、Farman Brothersによってフランスで製造され、4つの試作プロトタイプはHeinkelによってRostock-Marienehe施設で注文されました。 SuresnesのSAUFは、プロトタイプの開発を開始しました。

要求された半ダースのHe274プロトタイプ機体の作業は、フランスの工場がハインケルコンポーネントとユンカース航空エンジンを製造したトゥールーズのAIAブリューゲットでのハインケル航空機の製造から活用されました。ハインケル航空機用のトゥールーズのフランスの生産施設は、1944年3月5/6日の夜にイギリス空軍(RAF)の空襲によって、また1944年6月25日に米国第8空軍によって深刻な被害を受けました。アメリカ爆撃機コンペティションのハインケルが設計したエントリーであるHe277として出現するものの設計作業は、ウィーンのハインケル-サッド施設でゆっくりと進んでいました。未完成のHe277の「Typenblatt」図面は、小型のハインケルHe 219夜間戦闘機の胴体の形状に大きな影響を与えていますが、He 274の多くの機能、特にツインテール尾翼も採用していることを示しています。設計。

He274とHe177 Aの主な違いは、4つの独立したDB 603 A-2エンジンユニット、加圧された二重ガラスのコックピットを備えた拡張胴体、より長い翼幅、ツインテールフィン尾翼を支持するツイン結合エンジン配置の放棄でした。そして、He 177Aの面倒な4支柱メインギアシステムを放棄した、より従来型のツインホイールメインアンダーキャリッジのセット。

He 274は結合エンジンを省き、DVL排気駆動のTK11Bターボ過給機を設置する余地を提供しました。

He 274は、4人の乗組員用の加圧コンパートメントも備えていました。これは、ヘビーゲージ合金の二重壁、中空サンドイッチタイプのグレージング、および膨張式ゴムシールを採用しており、2,500 m(8,200フィート)と同等の圧力が高い状態に維持されています。高度。非常に不必要な防御兵器は、単一の前方発射13 mm(.51インチ)口径MG 131機関銃と、それぞれがMG 131のペアを含み、背側砲塔が操作された遠隔操作の背側および腹側のFernbedienbare Drehlafette FDL131Z砲塔に制限されていました。フライトデッキの屋上にあるわずかにオフセットされたプレキシガラスドーム型照準ステーションから、腹側ユニットは腹側のボーラゴンドラの後方から狙われています。選択されたパワープラントは、He 177Bプロトタイプの翼に配置された、He 219スタイルの環状ラジエーターを備えた同じダイムラーベンツDB603Aクラフトイ「パワーエッグ」ユニット化エンジン設備でしたが、TK11ターボチャージャーが追加されました。 、エンジンごとに1つ、高高度での出力を向上させます。

この設計の重要性は、この航空機が生産に入ってイギリスでの作戦に使用された場合、その非常に高い高度性能のために、連合軍の戦闘機が目標を迎撃することは不可能だったであろうということです。

He 274 V1とV2の2つのプロトタイプの建設は、1943年まで開始されませんでした。これらはフランスのシュレーヌにあるSAUFによってフランスで建設される予定でしたが、プロトタイプは時間内に完成しませんでした。 He 274 V1は、連合軍の接近によりプロジェクトに従事するハインケル要員の避難が必要になった1944年7月にシュレーヌでの飛行試験の準備が整っていました。軽微な問題により、飛行試験と航空機のドイツへの移送が遅れたため、事実上完成したプロトタイプを破壊するよう命令が出されました。 He 274 V1の機体にはわずかな損傷しかなく、連合軍の占領後に修理が開始されました。

He 274 V1は、AteliersA.ronautiques de Suresnes(AAS)によって修理され、Arm edel'Air(フランス空軍)によって高高度研究機として数年間使用されました。 AAS01Aに改名されました。 He 274 V2は、Hirth2291ターボチャージャーを備えたAAS01Bとして最終的に完成しました。

最終的に、V2はAAS 01Aのちょうど2年後(1947年12月27日)に飛行しました。この時までに、AAS組織は、フランスのSNCASO(Soci t NationaledesConstructionsa ronautiquesdusud-ouest、または一般的にはSud-Ouest)航空コングロマリットに吸収されていました。 AAS 01が完成し、耐空性のあるHe 274の両方のバージョンは、フランスの初期の高度なジェットおよびロケット試験機の空中発射の「母船」として機能した後、1953年後半に最終的に解体されました。

フランス
フランス空軍
ドイツ
ドイツ空軍

搭乗員:4名(パイロット、第2パイロット/ナビゲーター/爆撃手、2名の砲手)
長さ:23.80 m(78ft1 in)
翼幅:44.19 m(145 ft 0 in)
高さ:5.50 m(18ft0 in)
翼面積:170.00m (1,829.86ft )
空の重量:21,300 kg(46,958ポンド)
最大離陸重量:38,000 kg(83,776ポンド)
パワープラント:4xダイムラーベンツDB 603A 12気筒倒立V型エンジン、各1,750 PS(1,726 hp 1,287 kW)

最高速度:11,000mで580km / h(36,090フィートで360 mph)
範囲:3,440 km(2,137マイル)
上昇限度:14,300 m(46,920フィート)
上昇率:237 m / min(780 ft / min)

5 x 13mm MG 131機関銃、1門は機首、2門は単一の背側および腹側のFernbedienbare Drehlafette FDL131Z遠隔操作砲塔
2つの内部爆弾倉に最大4,000kg(8,818ポンド)の使い捨て店舗

ジェーンの第二次世界大戦の戦闘機。スタジオブック、1989年。
グリーン、ウィリアム。第三帝国の軍用機。ロンドン:Macdonald and Jane's Publishers Ltd.、1970(4th Impression1979)。 ISBN0-356-02382-6。
グリール、マンフレッドとドレッセル、ヨアヒム。 Heinkel He 177-277-274、Airlife Publishing、Shrewsbury、England1998。ISBN1-85310-364-0。
ガンストン、ビル&ウッド、トニー。ヒトラーのドイツ空軍。ロンドン:Salamander Books Ltd.、1977年。ISBN0-86101-005-1。

ハインケルHe274の写真とハインケルHe274の販売。

このサイトは、飛行機、ウォーバード航空機、ウォーバード、飛行機フィルム、飛行機フィルム、ウォーバード、飛行機ビデオ、飛行機ビデオ、および航空史に関するすべてに最適です。すべての航空機のビデオのリスト。

Copyright WorksEntertainmentInc。のレンチ。無断転載を禁じます。


バック対ベル裁判、州植民地てんかんおよび弱心の監督。

BUCK
v。
ベル、州コロニーてんかんおよび弱心の監督。

バージニア州リンチバーグのI.P. Whitehead氏、原告の過失。

[201-202ページの弁護士の議論は意図的に省略されています]

バージニア州リンチバーグのA.E. Strode氏、被告の過失。

[203-205ページの弁護士の議論は意図的に省略されています]

HOLMES判事は、裁判所の意見を述べました。

これは、バージニア州最高控訴裁判所の判決を検討するための誤りの令状であり、アマースト郡巡回裁判所の判決を支持します。マインドは、彼女を不妊にする目的で、誤って原告であるキャリー・バックに唾液切除の手術を行うように命じられた。 143 Va。310、130 S. E. 516.判決を承認する法律は、法の適正手続きおよび法の平等保護の誤りを原告に否定しているとして、第14修正条項の下で無効であるという主張に基づいてここに事件が起こります。

キャリー・バックは、上記の州の植民地に正当な形で関与した、気の弱い白人女性です。彼女は同じ施設の弱気な母親の娘であり、非嫡出の弱気な子供の母親です。彼女は1924年後半の巡回裁判所での彼女の訴訟の裁判の時点で18歳でした。1924年3月20日に承認されたバージニア州法(法律1924、c。394)は、患者の健康と社会の福祉は、精神的欠陥のある滅菌によって、慎重な保護の下でなど、連邦が深刻な痛みや生命への実質的な危険なしに、男性では血管切除によって、女性では唾液切除によって行われる可能性があるなど、特定の場合に促進される可能性がありますさまざまな機関で支援している多くの欠陥者は、今は退院すると脅威になりますが、繁殖できない場合は安全に退院し、自分自身と社会に利益をもたらす自立する可能性があり、その経験は遺伝が重要な役割を果たしていることを示していますthe transmission of insanity, imbecility, etc. The statute then enacts that whenever the superintendent of certain institutions including the abovenamed State Colony shall be o f opinion that it is for the best interest of the patients and of society that an inmate under his care should be sexually sterilized, he may have the operation performed upon any patient afflicted with hereditary forms of insanity, imbecility, etc., on complying with the very careful provisions by which the act protects the patients from possible abuse.

The superintendent first presents a petition to the special board of directors of his hospital or colony, stating the facts and the grounds for his opinion, verified by affidavit. Notice of the petition and of the time and place of the hearing in the institution is to be served upon the inmate, and also upon his guardian, and if there is no guardian the superintendent is to apply to the Circuit Court of the County to appoint one. If the inmate is a minor notice also is to be given to his parents, if any, with a copy of the petition. The board is to see to it that the inmate may attend the hearings if desired by him or his guardian. The evidence is all to be reduced to writing, and after the board has made its order for or against the operation, the superintendent, or the inmate, or his guardian, may appeal to the Circuit Court of the County. The Circuit Court may consider the record of the board and the evidence before it and such other admissible evidence as may be offered, and may affirm, revise, or reverse the order of the board and enter such order as it deems just. Finally any party may apply to the Supreme Court of Appeals, which, if it grants the appeal, is to hear the case upon the record of the trial in the Circuit Court and may enter such order as it thinks the Circuit Court should have entered. There can be no doubt that so far as procedure is concerned the rights of the patient are most carefully considered, and as every step in this case was taken in scrupulous compliance with the statute and after months of observation, there is no doubt that in that respect the plaintiff in error has had due process at law.

The attack is not upon the procedure but upon the substantive law. It seems to be contended that in no circumstances could such an order be justified. It certainly is contended that the order cannot be justified upon the existing grounds. The judgment finds the facts that have been recited and that Carrie Buck 'is the probable potential parent of socially inadequate offspring, likewise afflicted, that she may be sexually sterilized without detriment to her general health and that her welfare and that of society will be promoted by her sterilization,' and thereupon makes the order. In view of the general declarations of the Legislature and the specific findings of the Court obviously we cannot say as matter of law that the grounds do not exist, and if they exist they justify the result. We have seen more than once that the public welfare may call upon the best citizens for their lives. It would be strange if it could not call upon those who already sap the strength of the State for these lesser sacrifices, often not felt to be such by those concerned, in order to prevent our being swamped with incompetence. It is better for all the world, if instead of waiting to execute degenerate offspring for crime, or to let them starve for their imbecility, society can prevent those who are manifestly unfit from continuing their kind. The principle that sustains compulsory vaccination is broad enough to cover cutting the Fallopian tubes. Jacobson v. Massachusetts, 197 U. S. 11, 25 S. Ct. 358, 49 L. Ed. 643, 3 Ann. Cas. 765. Three generations of imbeciles are enough.

But, it is said, however it might be if this reasoning were applied generally, it fails when it is confined to the small number who are in the institutions named and is not applied to the multitudes outside. It is the usual last resort of constitutional arguments to point out shortcomings of this sort. But the answer is that the law does all that is needed when it does all that it can, indicates a policy, applies it to all within the lines, and seeks to bring within the lines all similary situated so far and so fast as its means allow. Of course so far as the operations enable those who otherwise must be kept confined to be returned to the world, and thus open the asylum to others, the equality aimed at will be more nearly reached.


През есента на 1938 г. Имперското министерство на въздухоплаването обявява поръчка за създаване на тежък бомбардировач. На 17 ноември 1938 г., собственикът на авиационната фирма Heinkel, Ернст Хайнкел, получава разрешение за разработване на два прототипа. Всъщност Heinkel He 274 е подобрена версия на Heinkel He 177, разработка на конструкторското бюро на фирма Farman. Сглобяването на два He 274 започва през 1943 г. в Сюрен, Франция.

През юли 1944 г. двата самолета са готови за полет, но офанзивата на съюзниците принуждава служителите на Heinkel да се евакуират. Известни затруднения забавят с няколко седмици полетните изпитания и транспортирането на самолетите в Германия. При евакуацията си, германците взривяват двигателите на бомбардировачите и прибират всички чертежи. След освобождението на Франция, съюзниците започват ремонт на самолетите. Първият полет е извършен през декември 1945 г. в Орлеан. Полетните изпитания продължават в Бретини-сюр-Орж. Основна цел на тестовете е херметичната кабина. През 1953 г. самолетите са бракувани. [1]

Крилото на Не 274 има двусекционен центроплан с конзоли. Между лонжеронните са монтирани четири горивни резервоара (два в центроплана и два в конзолите) с общ капацитет от 4400 литра. Фюзелажът има полумонококова конструкция с напречни шпангоути, надлъжни стрингери и няколко лонжерона. Веднага след херметичната кабина се намират 1500-литров резервоар и два бомбови отсека. При по-дълги полети в единия от тях може да бъде монтиран допълнителен 1900-литров резервоар, който заедно с двата 1000-литрови в опашната част, осигурявали общ обем от 10 000 литра гориво при 2 тона бомбен товар. Предвижда се екипажът на Не 274 да се състои от четирима души: двама пилоти, седящи един до друг и зад тях щурман-бомбардир и радист. [2]


Heinkel He-274

Developed in substitution for the planned He-177 A-4 high-altitude bomber, the Heinkel He 274 might have been the perfect German WW2 Heavy bomber. Fitted with a pressure cabin, the aircraft was powered by four 1726Hp Daimler-Benz DB 603A-2 engines and featured a lengthened version of the He 177A-3 fuselage, with a new high-aspect-ratio wing and twin fins and rudders. Two prototypes were ordered in May 1943, together with four He 274A-0 pre-production examples, which were to have 1900Hp DB 603G engines. Despite an unsuccessful German attempt to destroy the almost-complete first prototype when they retreated from Paris in July 1944, the aircraft was finished by the French after the liberation and flown from Orleans-Bricy in December 1945 as the AAS 01 A. It was used later to test-fly models of such aircraft as the Aerocentre NC 270 and the Sud-Ouest SO 4000.
The significance of this design is that had this aircraft entered production and been used in operations over England it would have been impossible for Allied fighters to intercept over the target, owing to its extreme high altitude performance.

What-if version: The He 274 A-3/R2

Development:
In 1941, with the EUA entering the war against Germany, the Germans soon found that they needed a long-range bomber to strike the American cities and then return to the occupied France. They needed the “Amerika Bomber”. Various companies were developing heavy bomber designs at this time, many of them were large four-engine aircraft proposals that showed promise as heavy bombers, like the Fw 300 from Focke Wulf, the He-274 from Heinkel, the Ju-290 from Junkers, and the Me-264 from Messerschmitt AG. Since four engines might not have been enough to reach New York, there were also some six engines proposals, like the Ju-390, the Ta 400 and the “Me-264B”, all of them capable of strike the American cities easily.
But all of these projects were expensive and would have taken lots of time to develop and build. But the Heinkel Company soon developed the He 274 A-2, a 12000km long-range bomber, using many components from the previous He 274 design and capable of becoming operational in just a few months.
The new version was soon entering production, with the first bomber squadron operational in May 1944, just before D-Day. In June of that year, 10 He-274 flew to New York, dropping less than 10 000kg of bombs over the city.
The mission eventually failed its ultimate goal, to scare the American population. 4 He-274 were shoot down during the return voyage and 3 crash in the Azores. The remaining 3 landed in France, being destroyed by the British air force on the next day.
The He 274 A-2 was therefore a high altitude long-range bomber, capable of flying at more than 15 000 meters, with a loaded range of 12 000km. It featured a pressurized compartment for a crew of four, a pressure equivalent to that at 2,500 m (8,200 ft) being maintained at high altitude.
Armament:
Normal defensive armament for bomber versions comprised a forward, remotely operated "chin turret" under the extreme nose with twin 20mm MG-151/20 cannons, one dorsal turret armed with a pair of MG-151/20 cannon, a ventral turret for lower rearwards defence with another pair of MG-151/20 cannon, and a remotely controlled HL 151V tail turret with a quartet of MG-151/20 heavy machine guns or four 13,2mm MG-131 heavy machine guns.
For anti-ship missions, the A4/R2 version carried guided missiles or guided bombs like the Hs-293 and the Fritz-X under the wings. Also, the forward pair of MG-151/20 was replaced with two MK 103 30mm cannons to attack enemy ships.
Later, for anti-tank missions, Luftwaffe forward maintenance units modified a small number of He 274s, fitting a 75 mm Bordkanone BK 7,5 cannon within the aircraft's undernose Bola gondola, with the long barrel protruding well forward, beyond the glazed "fishbowl" nose.
The plane had two internal bomb bays, which could be transformed into a giant single bay, capable of carrying the largest bombs available in Germany. The maximum bomb load was 10 000kg, 6 000 kg internal and the rest external in up to four hard points under the wings. Guided bombs, torpedos and missiles could be operated from the bombardier position, using an array of controls and guiding systems. However for long-range missions, a 2 000-3 000kg was more common.

Power:
Initially the plane would have had 4 Daimler Benz DB 406C propeller engines producing 3,500hp each, but the development of these engines had stopped in 1942 under orders by the RLM. Since a new engine was needed to power the bomber, it was decided to use the new Daimler Benz DB 109-021RT, a 4,000hp shaft turboprop version of the Heinkel-Hirth HeS 109-011 jet engine, which delivered 1,100kg additional thrust. The new engine had some initial problems, but they were soon solved, and became extremely reliable. Since the He 274 dispensed the coupled engines used on the He-177, more room was provided for the installation of DVL exhaust driven TK 11B turbo-superchargers, one per engine, for better power output at high altitude. A conventional, simple and stronger landing gear was used instead of the complicated landing gear used on the He-177. Two auxiliary Junkers Jumo 004 jet engines were installed under the wings in small pods. The jet pods greatly improved takeoff performance and dash speed over the target however, in normal cruising flight, these engines were shut down to conserve fuel.

To compare: B-29 x He-274
In some ways, the new bomber was comparable to the Boeing B-29 being developed at the same time in America. Both were designed to flight at extremely high altitudes away from the enemy fighters, drop their bombs, and then return to their bases. However, the B-29 was a heavier and eventually much slower plane, it carried a smaller bomb load (9 000kg vs. 10 000kg) and with a shorter range (9 000km vs. 12 000km).
The He-274 had therefore a far higher power to ratio than the B-29, being much more faster.
The B-29 was also a much more complicated plane, prone in its early service years to catastrophic engine fires, electrical failures, and other costly malfunctions, sharing many similar problems with the first versions of the He-177. On the other hand, the He-274 was much more simpler, it used lots of proven components and was much more reliable, thanks to its separate engines.
General characteristics
Type: High Altitude Strategic Heavy bomber.
Crew: 4 (pilot, second-pilot/navigator/gunner, bombardier and two gunners)
Length: 24,5 m
Wingspan: 45,2 m
Height: 5,7 m
Empty weight: 24,200 kg
Max takeoff weight: 43,000 kg
Powerplant: 4 Daimler Benz DB 109-021RT turboprop engines (4,000hp + 1100kg additional thrust each) and 2 Junkers Jumo 004 jet engines.
Performance:
Maximum speed (with jet engines): 710 km/h at 12,000 m.
Crusing Speed (no jets): 600km/h at 12,000m.
Range: 12,440 km
Service ceiling: 15,200 m
Rate of climb: 242 m/min
Armament:
Bomber:
-> 12 20mm MG-151/20 cannons in 5 defensive turrets
-> Up to 10,000 kg of disposable stores in two internal bomb bays and under the wings.


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos