新しい

アーネストキング

アーネストキング



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アーネストキングは1878年11月23日にオハイオ州ロレーンで生まれました。彼はアナポリスの米国海軍兵学校に通い、1901年(4/67)に卒業しました。彼はアメリカ海軍に加わり、第一次世界大戦中は大西洋艦隊の司令官であるヘンリー・T・メイヨー副提督のスタッフでした。

戦後、キングは海軍の大学院(1919-21)の校長を務めた後、冷凍船の船長になりました。 1922年、キングはサブマリーナーとしての資格を取得し、後にサブディビジョンを引き継ぎました。

1930年、キングは飛行を学び、海軍大学校に通うまで空母レキシントン(1930-32)の指揮を執りました。 1933年に彼は海軍航空局を引き継ぎました。キングの次の役職は、1,000機以上の水上飛行機を担当した空軍基地部隊の指揮官でした。中将に昇進し、彼はパイロットが夜間作戦のために訓練されたと主張した。

1941年1月、キングは大西洋艦隊の司令官になり、真珠湾攻撃の後、キングは米国艦隊の最高司令官に就任しました。

キングは、研ぎ澄まされ、議論の余地があるという評判を築きました。統合参謀本部の一員として、彼はしばしばジョージ・マーシャル将軍と衝突した。キングは、北アフリカに米軍を上陸させる計画に反対した。彼は、最も重要な懸念事項は太平洋戦争であると考えました。さらに、十分な資源が与えられている限り、米海軍がこれにおいて決定的な役割を果たすべきであると彼は考えた。

キング、ダグラス・マッカーサー将軍、南西太平洋地域の最高司令官、およびチェスター・ニミッツ、米国太平洋艦隊の最高司令官は、彼らの最初の目的は、南太平洋からオーストラリアへの連絡線を確立し、保護することであると決定しました。その結果、珊瑚海とミッドウェイの戦いが起こり、日本海軍は4隻すべての空母を失いました。

ダグラス・マッカーサー将軍は、米軍はまだ大規模な攻撃の準備ができていないと主張したが、キングはガダルカナルキャンペーンの開始を主張した。マッカーサーはまた、ソロマン諸島の侵略に反対した。アメリカ軍はフィリピンを迂回すべきであるというキングの見解についても対立があった。

キングはまた、太平洋戦争へのロシアの関与に反対した。彼はまた、大西洋の支配権を獲得した後、イギリス海軍を太平洋に移すべきであるという考えに反対した。 1944年12月、キングはウィリアム・リーヒとチェスター・ニミッツとともに、艦隊提督の5つ星ランクを与えられました。

1945年12月に引退した後、キングは健康状態が悪いためにニューハンプシャーのポーツマス海軍病院にとどまることを余儀なくされるまでワシントンに住んでいました。アーネストキングは1956年6月26日に心臓発作で亡くなりました。

キング提督も同様に困難な任務を負っていました。彼の艦隊は、第二戦線の備蓄を積み上げるために、大西洋を越えて私たちの同盟国に何百万トンもの物資を輸送している間、日本を寄せ付けないようにしなければなりませんでした。彼は非常に有能な海の司令官でした。彼はまた爆発的であり、統合参謀本部の審議が手入れの行き届いた秘密であったことも同様であった。大統領はキングの能力について高い意見を持っていたが、特に提督の低沸点に英国との何らかの口論で到達するとき、彼は非常に非外交的な人物であると感じた。キングはもっと早くアジア戦争にもっと力を入れることを好んだでしょう。彼は最初にドイツを打ち負かすという一般的な戦略を忠実に支持しましたが、これはしばしば彼が作りたくない船と戦争資料の譲歩を必要としました。彼は戦争の最後の数ヶ月まで、船の赤字に取り組んでいたので、彼がそうであったように多くを惜しまなかった。アメリカは歴史上初めて二海戦争を戦っていた。

1942年2月23日:合衆国艦隊長で大統領の直属のキング提督は恣意的で頑固なタイプで、頭脳があまりなく、後輩をいじめる傾向があります。しかし、彼は戦いたいと思っていると思います。それは非常に励みになります。このような戦争では、最高司令部が常に大統領、首相、6人の参謀長、そしてより少ない「計画者」の大群を巻き込むとき、多くの忍耐が必要です-誰もナポレオンになることはできませんまたはシーザー。

1942年3月10日:この戦争に勝つのに役立つかもしれない1つのことは、誰かにキングを撃つようにさせることです。彼は協力のアンチテーゼであり、故意に失礼な人物であり、それは彼が精神的ないじめっ子であることを意味します。彼はしばらく前に艦隊の最高司令官になりました。今日、彼はまた、海軍作戦部長としてのスタークの仕事を引き継いでいます。海軍の両頭を取り除くのは良いことです、そしてもちろんスタークはただの素敵な老婦人でした、しかしこの仲間は遅かれ早かれ爆発を引き起こすでしょう、私はクッキーを賭けます。

1942年3月14日:いつかこの本を見て、誰かに嫌悪感を表明し、嫌悪の理由を述べていないことに気付かないように、私はキング提督のこの1つの物語を記録します。今週のある日、アーノルド将軍は非常に重要なメモをキングに送った。アーノルドのオフィスの速記者は、不注意により、外側で「キング少将」に宛てた。 24時間後、手紙は未開封のまま、「後部」を指す矢印が付いて戻ってきました。したがって、次のようになります。(ここでは、下に斜めの線で「後部」という単語を指す長い太い矢印が描かれています。)そしてそれは海軍が頭に持っている人間の大きさです。彼はこの戦争に勝つための大きな助けになるはずです。

キング提督は太平洋を海軍の正当な領域であると主張した。彼はそこでの作戦をほとんど彼自身の私的な戦争と見なしているようだった。彼は、真珠湾での海軍の災害のしみを取り除く唯一の方法は、海軍に日本に対する大勝利を命じさせることだと感じたようです。彼は、海軍士官が地上または空軍を指揮する能力があると主張したが、主要な艦隊が海軍士官以外の指揮下に置かれることを許可することを断固として拒否した。彼は私が太平洋戦争で持っていた重要な部分に憤慨した。彼は私に対する彼の個人的な批判に熱心で、励ましました

そのための海軍の宣伝。彼は海軍長官ノックスの全面的な支援、ルーズベルト大統領と彼の参謀長、リーヒ提督、そして多くの場合、空軍の長であるアーノルド将軍の一般原則の支援を受けた。

私はマーシャルの注意を、太平洋でのすべての海軍災害(真珠湾、マカッサル海峡、およびソロモン海での無傷の敵への4人の巡洋艦の損失)が海軍司令官の下にあったという事実に呼びかけました。私の地域では、そのような性格の海軍の損失はありませんでした。海軍と空軍には私よりも優れた支援者と後援者がいなかった。控えめに言っても、軍種対立や個人的な野心が戦争の勝利を妨げることを許されるべきだと私は素晴らしいと感じました。私の海軍部隊は、コマンドの最も忠実で効率的な要素の1つでした。そして、私は、指揮の統一を確保するために、部下の任務を受け入れると公に述べました。

彼は同意しているように見えましたが、私自身が参謀長を務めていたので、メリットと常識に基づいて専門的かつ客観的な問題を決定することは不可能であることに気づきました。


キング、エルンストJ.

キング、エルンストJ. (1878&#x20131956)、第二次世界大戦中の米海軍大将。オハイオ州ロレーンで生まれたキングは、1901年に米海軍兵学校を卒業しました。キングの最初の指揮は駆逐艦でした。しかし、第一次世界大戦中、彼は大西洋艦隊の司令官であるヘンリー・メイヨー提督の参謀長補佐を務め、イギリスでの会議に参加しました。戦後、キング大尉は海軍の2つの新しい支部、潜水艦と航空で研究し、指導的役割を果たし、1930年に空母の指揮を与えられました。 レキシントン。 1933年、アメリカ海軍航空局の長であるウィリアムA.モフェット少将が墜落事故で亡くなったとき、元助手で現在は海軍少将であるキングが海軍の航空長として彼の後任になりました。 1938年、彼は太平洋で海軍の空母部隊を指揮しました。キングは海軍のサービスチーフである海軍作戦部長(CNO)になることを望んでいましたが、1939年にその役職はハロルドスターク提督に移りました。

しかし、第二次世界大戦中に海軍を指揮したのはスタークではなく王でした。 1941年1月、副提督として、そして間もなく完全提督として、知識が豊富でタフで献身的な将校としての評判を持つキングが、連合国に送られる重要な物資を保護する使命を帯びて大西洋艦隊の指揮官に任命されました。 1941年12月、日本の真珠湾攻撃と米国の宣戦布告の後、フランクリンD.ルーズベルト大統領は新しい役職を創設し、すべての海軍作戦部隊の長として米国艦隊の司令官であるキングを任命しました。キングとスタークの対立により、1942年3月にルーズベルトはキングを海軍作戦部長に任命し、スタークをヨーロッパの米海軍の司令官としてロンドンに派遣した。キングは、これら2つの役職と、残りの戦争の間統合参謀本部議長の座を保持し、海軍とその作戦、および共同計画のすべての側面に対して前例のない権限を持っていました。しかし、ルーズベルトは彼の個人顧問として、信頼できる友人で元CNOであるウィリアムリーヒ提督を大統領の参謀長に任命した。

第二次世界大戦中、キングはドイツを最初に打ち負かすべきであるという決定を受け入れましたが、日本海軍に対する米海軍の主要な戦闘の役割で、彼はできるだけ多くの資源を太平洋に送ることを主張しました。彼の継続的な主張は、ヨーロッパの米軍司令官であるドワイト・D・アイゼンハワー将軍との意見の不一致につながりました。キングはまた、この地域の優先事項をめぐって太平洋の上級陸軍司令官であるダグラス・マッカーサー将軍と衝突し、ルーズベルトがこの地域をマッカーサーとチェスター・ニミッツ提督の間で分割するように導いた。 1943年の夏、マッカーサーが南西太平洋をドライブしたとき、キングとH. H.将軍(&#x201CHap&#x201D)陸軍空軍のチーフであるアーノルドは、ニミッツがセントラルパシフィックを通過する大規模なドライブを要求しました。ルーズベルトは物議を醸して両方のキャンペーンを受け入れたが、1944年に大統領はマッカーサーを支持し、フィリピンを迂回して台湾を海軍が推奨するのではなく解放することに賛成した。

1944年12月、キングは艦隊提督の5つ星ランクを与えられました。日本が1945年9月に降伏したとき、キングは最高司令官、米国艦隊の地位の廃止を勧告した。彼は1945年12月に海軍から引退するまでCNOのままでした。
[参照:米国海軍、1899&#x20131945]

アーネストJ.キングとW.M.ホワイトヒル、艦隊提督王:海軍記録、1952年
トーマス・B・ビュール、シーパワーのマスター:艦隊提督アーネスト・J・キングの伝記、1980年
ロバート・ウィリアム・ロウ・ジュニア編、海軍作戦部長、1980年
エリック・ララビー、最高司令官:フランクリン・デラノ・ルーズベルト、彼の大尉と彼らの戦争、1987年。

ジョンホワイトクレイチェンバーズII

この記事を引用する
以下のスタイルを選択し、参考文献のテキストをコピーしてください。

ジョンホワイトクレイチェンバーズII「キング、アーネストJ ..」 アメリカの軍事史へのオックスフォードの仲間. . Encyclopedia.com。 2021年6月17日&lt https://www.encyclopedia.com&gt。

ジョンホワイトクレイチェンバーズII「キング、アーネストJ ..」 アメリカの軍事史へのオックスフォードの仲間. . Encyclopedia.com。 (2021年6月17日)。 https://www.encyclopedia.com/history/encyclopedias-almanacs-transcripts-and-maps/king-ernest-j

ジョンホワイトクレイチェンバーズII「キング、アーネストJ ..」 アメリカの軍事史へのオックスフォードの仲間。 。 Encyclopedia.comから2021年6月17日取得:https://www.encyclopedia.com/history/encyclopedias-almanacs-transcripts-and-maps/king-ernest-j

引用スタイル

Encyclopedia.comを使用すると、Modern Language Association(MLA)、Chicago Manual of Style、およびAmerican Psychological Association(APA)の一般的なスタイルに従って参照エントリと記事を引用できます。

「この記事を引用」ツール内でスタイルを選択して、そのスタイルに従ってフォーマットしたときに利用可能なすべての情報がどのように表示されるかを確認します。次に、テキストをコピーして、参考文献または作品の引用リストに貼り付けます。

各スタイルには時間の経過とともに進化する独自のフォーマットのニュアンスがあり、すべての参照エントリまたは記事ですべての情報が利用できるわけではないため、Encyclopedia.comは生成される各引用を保証できません。したがって、学校や出版物の要件、およびこれらのサイトで入手できる最新の情報に対してスタイルを確認する前に、Encyclopedia.comの引用を開始点として使用することをお勧めします。

現代語学協会

シカゴマニュアルオブスタイル

米国心理学会

ノート:
  • ほとんどのオンライン参照エントリと記事にはページ番号がありません。したがって、その情報はほとんどのEncyclopedia.comコンテンツでは利用できません。ただし、多くの場合、取得日は重要です。ページ番号と取得日をフォーマットする最良の方法については、各スタイルの規則を参照してください。
  • MLA、シカゴ、およびAPAスタイルに加えて、学校、大学、出版物、または機関には、引用に関する独自の要件がある場合があります。したがって、参考文献や作品の引用リストを編集するときは、必ずこれらのガイドラインを参照してください。

また、私たちはあなたのために素晴らしいフォトギャラリーを用意しました

[su_spoiler title =&#8221写真をもっと見る&#8211ここをクリック&#8221]





エルンスト2世

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

エルンスト2世、(1818年6月21日生まれ、ザクセンコーブルクザールフェルト[ドイツ] — 1893年8月22日、テューリンゲン州ラインハルツブルンで死去)、ザクセンコーブルクゴータ公爵、アルバート王子(イギリスのビクトリア女王の配偶者)の兄弟、そしてドイツ統一の強力な支持者。

アーネストは、エルンスト1世と彼の最初の妻、サクセゴータのルイーズの長男でした。 1842年に彼はバーデンのアレクサンドリーネと結婚し、1844年に父親が亡くなったときに公国を継承しました。1848年の革命後の反応の数年間、アーネストはリベラルで国家的な理想に忠実であり続け、プロシアからの政治亡命者に亡命を提供しました。ザクセン。 1852年に彼はゴータに新しい憲法を与え、それは彼の2つの公国の管理を部分的に調整しました。

1861年、アーネストはプロイセンと軍事協定を結び、戦争の場合には彼の軍隊をプロイセンの指揮に従属させました。この頃、彼はNationalverein(ドイツ語:「NationalUnion」)の守護聖人になり、彼の法廷が民族主義者の動揺の中心になることを許可しました。コーブルク裁判所の民主的な傾向は、シュレスヴィヒホルシュタイン危機の際にコーブルクがアウグステンブルク公フリードリヒ(後のフリードリヒ8世)を支持して党の本部になったときに政策がさらに妨げられたプロイセン自由州首相オットーフォンビスマルクを深刻に当惑させた。 1863年にアーネストはに存在していました フュルステンタグ (王子の食事療法)フランクフルトで、彼のいとこアレクサンダー、グラフ(カウント)メンスドルフが大臣であったオーストリアの裁判所と通信し始めました。 1866年の7週間の戦争中、彼はプロイセンとオーストリアの間の仲介を無駄に試みた後、決定的なランゲンザルツァの戦いの直前に軍隊をプロイセンの指揮下に置きました。

彼自身の公国外の政治における彼の役割は、ドイツ帝国が形成されたときに終わりました。それが重要であったことは、皇帝ヴィルヘルム1世のコメントによって示されています。「彼にとって、少なからず帝国の樹立によるものでした。」さまざまな趣味の男であるアーネストは、いくつかのオペラや歌を作曲しました。彼はまた熱心なスポーツマンでした。アーネストには子供がいなかったため、彼の称号は、アーネストの弟アルバートの次男であるエディンバラ公の甥のアルフレッドに受け継がれました。アーネストの回想録は次のように公開されました Aus meinem Leben und aus meiner Zeit (「私の人生と私の時間から」)、3巻(1887–89)。その中には、近代ドイツ国家の創設に関するアーネストの考察と、義理の妹であるビクトリア女王とのやり取りが含まれています。アーネストとビクトリアおよび王室との関係は、1861年にアルバートが亡くなった後も緊密な関係を保ち、ビクトリアの3番目の娘であるヘレナとホルスタインのクリスチャン王子との結婚の初期のチャンピオンでした。


コンテンツ

ボーグナインはエルメスエフロンボルグニーノ(イタリアの: [borˈɲiːno])1917年1月24日、コネチカット州ハムデンで[3] [4]イタリア移民の息子。彼の母親のアンナ(旧姓ボセリ1894 – 1949年頃)[5]はモデナ近くのカルピから迎えられ、父親のカミーロボルニーノ(1891–1975)[6]はアレッサンドリア近くのオッティーリオ出身でした。 [7]ボーグナインの両親は、彼が2歳のときに別居し、その後、母親と一緒にイタリアに約4年半住んでいました。 1923年までに、彼の両親は和解し、家族の名前はBorgninoからBorgnineに変更され、彼の父親は彼の名をCharlesに変更しました。ボーグナインには妹のイブリン・ボーグナイン・ベラルディ(1925–2013)がいました。 [8]家族はコネチカット州ニューヘブンに定住し、そこでボーグナインはジェームズヒルハウス高校を卒業した。彼は成長しながらスポーツをしましたが、演技には興味がありませんでした。 [9]

ボーグナインは高校卒業後、1935年10月にアメリカ海軍に入隊しました。 [10]彼は駆逐艦/掃海艇USSに乗船しました ランバートン (DD-119 AG-21およびDMS-2)[11]、1941年10月に海軍から除隊された。[12] 1942年1月、彼は真珠湾攻撃後に海軍に再入隊した。第二次世界大戦中、彼は対潜艦、USSで大西洋岸をパトロールしました シルフ (PY-12)。 [13] 1945年9月、彼は再び海軍から名誉除隊された。彼は海軍で合計約10年間勤め、砲手の仲間の1級の等級を取得しました。彼の軍事賞には、海軍善行章、艦隊クラスプ付きアメリカ防衛サービスメダル、3⁄16インチブロンズスター付きアメリカキャンペーンメダル、第二次世界大戦勝利メダルが含まれます。[12]

1997年、ボーグナインは米国海軍記念碑、ローンセーラー賞を受賞しました。 [14]

2000年12月7日、ボーグナインは退役軍人財団のベテランオブザイヤーに選ばれました。

2004年10月、ボーグナインは海軍テリーD.スコットの最先任上級兵長から名誉上等兵曹の称号を授与されました。ボーグナインの海軍進軍式典は、ワシントンD.C.の米国海軍記念館で開催されました。彼は、彼の海軍サービスと世界中の海軍要員とその家族の支援に対して特別な栄誉を受けました。 [15] [16]

2007年、彼はカリフォルニアの表彰メダルを受賞しました。 [17] [18]

初期のキャリア編集

ボーグナインは、海軍の除隊後、戻る仕事もなく、方向性もなく、コネチカットの実家に戻った。彼の人生とキャリアについての英国映画協会のインタビューで、彼は言った:

第二次世界大戦後、私たちは戦争に参加したくありませんでした。私はボーイスカウトになりたくありませんでした。私は家に帰って海軍を終えたと言ったので、今、私たちは何をしますか?それで私は母の家に帰り、数週間背中を撫でて「あなたはよくやった」と他のすべてをした後、ある日彼女は「まあ?」と言いました。母親のように。つまり、「大丈夫、あなたは仕事を得るつもりですか、それとも何ですか?」 [19]

彼は地元の工場の仕事を引き受けましたが、そのような仕事に落ち着くことを望んでいませんでした。彼の母親は彼にもっと魅力的な職業を追求するように勧め、彼の性格は舞台によく合うだろうと彼に提案した。彼の父親は熱狂的ではなかったが、彼はその提案を心に留めて母親を驚かせた。 2011年、ボーグナインは次のことを思い出しました。

彼女は、「あなたはいつも人の前に出て自分を馬鹿にするのが好きです。試してみませんか?」と言いました。私は台所のテーブルに座っていて、この光を見ました。冗談じゃない。クレイジーに聞こえます。そして10年後、グレース・ケリーにアカデミー賞を渡してもらいました。

ステージ編集

彼はハートフォードのランドール演劇学校で演技を学び、その後バージニア州に移り、バージニア州アビンドンのバーターシアターのメンバーになりました。 [20]それは、大恐慌の現金が少ない年の間に観客が入場のために物々交換することを許可する監督の名前にちなんで名付けられました。 1947年、ボーグナインは最初のステージでの役割を果たしました。 労働組合の状態。それは短い役割でしたが、彼は聴衆に勝ちました。彼の次の役割は、テネシーウィリアムズの紳士の呼び出し元としてでした ガラスの動物園.

1949年、ボーグナインはニューヨークに行き、劇中の看護師の役割でブロードウェイデビューを果たしました。 ハーヴェイ.

映画編集

テレビの悪役としての登場 キャプテンビデオ 映画の中でボーグナインのキャスティングにつながった イートンフォールズの笛 (1951)コロンビアピクチャーズ。 [21]その年、ボーグナインはカリフォルニア州ロサンゼルスに移り、最終的にはコロンビアで大きな休憩をとった。 ここから永遠へ (1953)、彼の担当で囲い柵の囚人、アンジェロ・マッジョ(フランク・シナトラが演じる)を打ち負かすサディスティックな軍曹「ファッソ」ジャドソンを演じる。ボーグナインは信頼できる性格俳優としての評判を築き、次のような映画を含む初期の映画で悪役を演じました ジョニーギター, ベラクルス、 と 日本人の勲章.

1955年に、俳優は心温まる肉屋として主演しました マーティ、同じタイトルのテレビ劇の映画版。彼は、フランク・シナトラ、ジェームズ・ディーン(式典の時までに亡くなった)、そして元最優秀男優賞を受賞したスペンサー・トレイシーとジェームズ・キャグニーよりもアカデミー主演男優賞を受賞しました。

ボーグナインの映画のキャリアは、次の30年間、 フェニックスの飛行 (1965), ダーティダース (1967), アイスステーションゼブラ (1968), ポセイドンアドベンチャー (1972), 北国の帝王 (1973), コンボイ (1978), ブラックホール (1979)、および ニューヨークからの脱出 (1981).

彼の最も有名な役割の1つは、 ワイルドバンチ 1969年にサム・ペキンパー監督の西部劇で。での彼の役割について ワイルドバンチ、ボーグナインは後で言った、

私は[道徳的な映画だと思います]しました。私にとって、すべての写真はそれに何らかの道徳を持っている必要があります。私たちが古い写真を見ていたとき、私たちが今でも確信しているように、悪者は常にそれを最後に手に入れ、善人は常に勝ったと感じています。今日は少し違います。今日、悪者はそれの良い終わりを得ているようです。私たちの話には常に道徳がありました。 [19]

テレビ編集

ボーグナインは、でキャラクター俳優として彼のテレビデビューを果たしました キャプテンビデオと彼のビデオレンジャー、1951年に始まります。これらの2つのエピソードは、ボーグナインが獲得するであろう他の無数のテレビの役割につながりました グッドイヤーテレビプレイハウス フォードテレビ劇場 ファイアサイドシアター フロンティアジャスティス ララミー ボブホープがクライスラーシアターを紹介 あなたの人生のために走る 大草原の小さな家 (「主は私の羊飼い」と題された2部構成のエピソード) ラブボート 私立探偵マグナム 天国への高速道路 殺人、彼女は書いた 炎のテキサスレンジャーウォーカー 家の修繕 天使に触れられた の最後のエピソード ER の最初のエピソード 幌馬車隊 と他の多く。

2009年、92歳で、ボーグナインはシリーズフィナーレのポールマニングとしての彼のパフォーマンスでプライムタイムエミー賞にノミネートされました。 ER、「そして最後に。」と題された。前作「オールドタイムズ」の登場人物として初登場。

マクヘイルの海軍 編集

1962年、ボーグナインはユニバーサルスタジオと契約を結び、1962年の深刻な1時間のエピソードとして始まった、不機嫌だが愛らしいスキッパー、クイントンマクヘイルとしての主役を務めました。 セブンアゲインストザシー にとって アルコアプレミア、そして後で呼ばれるコメディに作り直されました マクヘイルの海軍、第二次世界大戦のシットコムで、見知らぬコメディアンのジョー・フリンをキャプテン・ウォーリー・ビンガムトン、ティム・コンウェイをエンスとして共演しました。チャーリーパーカー。 PT-73の部下の乗組員は、ショーが最初のシーズンに一夜にして成功するのを助け、1963年にトップ30にランクインしました。

彼は彼らの好きな海軍の男のためにファンからの称賛で繁栄し、1963年にコメディシリーズの傑出した主演俳優のエミー賞にノミネートされました。第4シーズンの終わりに、1966年に低い評価と反復的なストーリーがもたらされました マクヘイルの海軍 最後に。

ティム・コンウェイはシットコムについて次のように述べています。 —煙?まあ。それで、それは男性志向でした。」コンウェイはかつて、ボーグナインがユニバーサルセットから新しい友達を作ることに言及しました。「それは、ユニバーサルを通過するトラムの始まりでした。アーニーは、おそらくユニバーサルでトラムを止めて、「こんにちは、どうやってあなたは?'彼は路面電車でみんなと話すだろう」と語った。ショーの間 マクヘイルの海軍 ティムはまた、ボーグナインとエセル・マーマンとの短命な結婚について、「アーニーは不安定だ。つまり、それについては疑いの余地がなく、エセルは非常に強い女性だった。だから、あなたは部屋に爆弾を2発置いた。爆発するだろうし、おそらく爆発したと思う」と語った。彼はまたのキャンセルについて言った マクヘイルの海軍 「南太平洋からイタリアに行った後、たまにニューヨークか何かにたどり着きました。ストーリーが重なり始めていたので、実際にこう言いました。 ! '"。コンウェイは、互いにそれほど遠くない場所に住んでいる間、40年以上ボーグナインと連絡を取り合っていました。 1999年に、デュオは人気のある2000年代のアニメコメディのいくつかのエピソードに彼らの声を貸すために再会しました。 スポンジボブ.

当時の マクヘイルの海軍 生産を開始し、ボーグナインは女優のケイティ・フラドと結婚しました。 2002年の彼女の死は、コンウェイが女優の死の多くを聞いていたので、ボーグナインとコンウェイをはるかに近づけました。彼は、ボーグナインがかつて彼女を「美しいが虎」と呼んでいたことを知っていた。 [22]コンウェイは、ベニート・ムッソリーニがいなかったら、ボーグナインがイタリア人の伯爵を亡くした可能性が高いと考えた。彼が彼の演技メンターの長いキャリアについて最後に言ったのは、「アーニーに制限はありませんでした。彼のキャリアを見ると— Fatso Judsonマーティ —それはあなたがキャラクターを手に入れるのとほぼ同じくらい多様であり、彼はそれらの両方を同等の繊細さで扱い、それらのキャラクターを最大限に活用しました。」[23]

1983年から1998年:その後の成功編集

ボーグナインは1983年にユニバーサルスタジオに戻り、ジャンマイケルヴィンセントとは反対の共演役を務めました。 エアウルフ。 1982年のエピソードでボーグナインのレスラーとしてのゲストとしての役割に感銘を受けたプロデューサーのドナルドP.ベリサリオから彼にアプローチされた後 私立探偵マグナム、彼はすぐに同意した。彼はシリーズでヘリコプターパイロットのドミニク・サンティーニを演じ、すぐにヒットしました。ボーグナインの力強いパフォーマンスは、厳しい制作スケジュールと、彼の若くて問題を抱えたシリーズのリードと一緒に仕事をするという課題のために、彼の疲労を信じていました。ショーは1986年にCBSによってキャンセルされました。

彼はジョナサンシルバーマンと一緒に登場しました シングルガイ 2シーズン続いたドアマンのマニーコルドバとして。シルバーマンによれば、ボーグナインは他のすべての星を合わせたよりも多くのエネルギーと情熱を持って働くようになりました。彼は毎日セットに到着した最初の人であり、最後に去った人でした。

1988年、彼はアクション映画に出演しました レーザーミッション 。 [24]ブランドン・リーがリードしている。ボーグナインはナミビアのリーに加わり、彼らのシーンを撮影しました。 [25]陰謀は、KGBが彼を獲得し、彼の才能を使って核兵器を作る前に、レーザーの専門家であるブラウン博士(ボーグナイン)を米国に逃亡させるために送られたマイケルゴールド(リー)という傭兵に関するものです。 。 [26]米国では、この映画は1990年に公開されました。[27]ターナー・ホーム・エンターテインメントによって配布され、ホームビデオで商業的に成功しました。 [28]この映画は一般的に批評家によってパンされており、面白いアクションB映画であると感じる人もいます。 [29] [30] [31]

1996年、ボーグナインはテレビ放映されたファンタジー/スリラー映画に出演しました マーリンの神秘的な驚異の店 (1984年のホラー映画から部分的に適応 悪魔の贈り物)。ナレーター兼ストーリーテラーとして、Borgnineは一連の関連する超自然的な物語を語ります。彼の現代の寓話は、魔法使いのマーリンから盗まれた魅惑的で悪意のあるシンバルを叩く猿のおもちゃを中心にしています。この映画は後にパロディカルテレビシリーズで取り上げられました ミステリーサイエンスシアター3000、そしてそれ以来、著名なカルト信者を獲得しています。 [32]また、1996年に、ボーグナインは彼のファンに会い、国を見るためにバスで米国をツアーした。この旅行は1997年のドキュメンタリーの主題でした。 バスのアーネスト・ボルグニン。彼はまた、退役軍人省の多くの医療センターの患者を訪問し、入院した退役軍人への全国敬礼の議長を1年間務めました。

1997年、ボーグナインは大画面のアダプテーションコメディ映画に出演しました マクヘイルの海軍トム・アーノルドのキャラクターであるクイントン・マクヘイル・ジュニアの父でもあったクイントン・マクヘイル少将を演じました。

1999年から2011年:最後の作品編集

1999年から、ボーグナインはアニメーションのシットコムに彼の声優を提供しました スポンジボブ 年配のスーパーヒーローマーメイドマンとして(彼は彼とペアになりました マクヘイルの海軍 マーメイドマンの相棒バーナクルボーイの声として共演するティムコンウェイ)。彼はこの役割への愛情を表明しましたが、子供たちの間での人気にも少なからず影響を及ぼしました。彼の死後、ニコロデオンはマーメイドマンが追悼式に登場したすべてのエピソードを再放送しました。ボーグナインも彼自身として登場しました シンプソンズ 多数のテレビコマーシャルに加えて、エピソード「Boy-Scoutz'ntheHood」。 2000年に、彼はのエグゼクティブプロデューサーでした フーバー、彼は唯一のクレジットされた俳優でした。

2007年、ボーグナインはホールマークのオリジナル映画に出演しました クリスマスのおじいちゃん。彼は、疎遠になった娘が交通事故で病院に入院した後、知らなかった孫娘がいることに気付いた男性を演じました。彼女は彼の世話をし、彼らはすぐに素晴らしい友達になります。ボーグナインは、彼のパフォーマンスのためにテレビ用に作られたミニシリーズまたは映画の主演男優賞にゴールデングローブ賞にノミネートされました。 90歳のとき、彼は史上最年長のゴールデングローブ賞候補者でした。

ボーグナインの自伝 アーニー 2008年7月にCitadelPressから出版されました。 アーニー 彼の演技のキャリアからのハイライトと彼の個人的な生活からの注目すべき出来事のゆるい、会話の思い出です。

2009年4月2日、彼は長期にわたる医療シリーズの最後のエピソードに出演しました ER。彼の役割は、長い結婚が妻の死で終わった夫の役割でした。彼の最後のシーンでは、彼のキャラクターは、亡くなったばかりの妻の横にある病院のベッドにいます。彼のパフォーマンスは、ドラマシリーズの傑出したゲスト俳優のエミー賞にノミネートされ、3回目のノミネートと29年ぶりのノミネートを獲得しました(1980年に限定シリーズまたはスペシャルの傑出した支持俳優にノミネートされて以来) 西部戦線のすべての静かな).

2009年、92歳で、彼はフランク、の主人公として主演しました 別の収穫月、グレッグ・スワーツ監督、パイパー・ローリーとアン・メイラ主演。 2010年10月2日、ボーグナインはモーガンフリーマンとのスケッチに彼自身として登場しました 土曜日の夜のライブ。 2010年10月15日、彼は 、その年の初めに撮影されました。 2011年後半、ボーグナインは彼の最後の映画となるものを完成させ、レックスページを ビセンテフェルナンデスの手を振った男.

ボーグナインは5回結婚しました。 1949年から1958年までの彼の最初の結婚は、海軍で奉仕しているときに出会ったローダ・ケミンズとの結婚でした。 [33]彼らには1人の娘、ナンシー(1952年5月28日生まれ)がいた。その後、1959年から1963年まで女優のケイティ・フラドと結婚しました。1964年にボーグナインが歌手のエセル・マーマンと結婚したのはわずか42日でした。彼らの時間は主にお互いに冒涜的な侮辱を投げかけることに費やされました、そして両方は後で結婚が巨大な間違いであったことを認めました(彼女の自伝での結婚のマーマンの説明は孤独な空白のページでした)。彼らの離婚は1965年5月25日に確定しました。

1965年から1972年まで、ボーグナインはドナランクールと結婚し、息子のクリストファー(1969年8月9日生まれ)と、シャロン(1965年8月5日生まれ)とダイアナ(1970年12月29日生まれ)の2人の娘がいました。彼の5番目で最後の結婚は、1973年2月24日から2012年7月に亡くなるまで続いたTovaTraesnaesとの結婚でした。

2000年、ボーグナインはバージニア州アビンドンのアビンドンロッジNo.48でフリーメーソンとして50年のピンを受け取りました。彼は1964年にロサンゼルスのスコティッシュライトバレーに加わり、1979年にKCCHを受け取り、1983年に33°の監察官名誉を授与され、1991年に名誉裁判所のグランドクロスを受け取った。[34]

ボーグナインは1962年までヘビースモーカーでした。[35]

ボーグナインは、2012年7月8日、カリフォルニア州ロサンゼルスのシダーズシナイ医療センターで肺不全で亡くなりました。 [36]彼は95歳でした。ボーグナインは火葬されました。 [37]


Ближайшиеродственники

艦隊提督アーネスト・J・キング、合衆国艦隊長、海軍作戦部長について

アーネスト・ジョセフ・キング艦隊提督(1878年11月23日&#x2013 1956年6月25日)は、第二次世界大戦中、合衆国艦隊長および海軍作戦部長(COMINCH-CNO)でした。 As COMINCH, he directed the United States Navy's operations, planning, and administration and was a member of the Joint Chiefs of Staff. He was the U.S. Navy's second most senior officer after Fleet Admiral William D. Leahy, and the second admiral to be promoted to five star rank. As COMINCH, he served under Secretary of the Navy Frank Knox and later under James Forrestal.

King was born in Lorain, Ohio, on 23 November 1878, the son of James Clydesdale King and Elizabath Keam King. He attended the United States Naval Academy from 1897 until 1901, graduating fourth in his class. During his senior year at the Academy, he attained the rank of Cadet Lieutenant Commander, the highest possible cadet ranking at that time.

While still at the Academy, he served on the USS San Francisco during the Spanish American War. After graduation, he served as a junior officer on the survey ship USS Eagle, the battleships USS Illinois, USS Alabama and USS New Hampshire, and the cruiser USS Cincinnati.

While still at the Naval Academy, he met Martha Rankin ("Mattie") Egerton, a Baltimore socialite, whom he married in a ceremony at the Naval Academy Chapel on 10 October 1905. They had six daughters, Claire, Elizabeth, Florence, Martha, Eleanor and Mildred and then a son, Ernest Joseph King, Jr. (Commander, USN ret.).

King returned to shore duty at Annapolis in 1912. He received his first command, the destroyer USS Terry in 1914, participating in the United States occupation of Veracruz. He then moved on to a more modern ship, USS Cassin.

During World War I he served on the staff of Vice Admiral Henry T. Mayo, the Commander in Chief, Atlantic Fleet. As such, he was a frequent visitor to the Royal Navy and occasionally saw action as an observer on board British ships. It appears that his Anglophobia developed during this period, although the reasons are unclear. He was awarded the Navy Cross "for distinguished service in the line of his profession as assistant chief of staff of the Atlantic Fleet".

After the war, King, now a captain, became head of the Naval Postgraduate School. Along with Captains Dudley Wright Knox and William S. Pye, King prepared a report on naval training that recommended changes to naval training and career paths. Most of the report's recommendations were accepted and became policy.

Before World War I he served in the surface fleet. From 1923 to 1925, he held several posts associated with submarines. As a junior captain, the best sea command he was able to secure in 1921 was the store ship USS Bridge. The relatively new submarine force offered the prospect of advancement.

King attended a short training course at the Naval Submarine Base New London before taking command of a submarine division, flying his commodore's pennant from USS S-20. He never earned his Submarine Warfare insignia, although he did propose and design the now-familiar dolphin insignia. In 1923, he took over command of Submarine Base itself. During this period, he directed the salvage of the submarine USS S-51, earning the first of his three Distinguished Service Medals.

In 1926, Rear Admiral William A. Moffett, Chief of the Bureau of Aeronautics, asked King if he would consider a transfer to naval aviation. King accepted the offer and took command of the aircraft tender USS Wright with additional duties as Senior Aide on the Staff of Commander Air Squadrons, Atlantic Fleet.

That year, the United States Congress passed a law (10 USC Sec. 5942) requiring commanders of all aircraft carriers, seaplane tenders, and aviation shore establishments be qualified naval aviators. King therefore reported to Naval Air Station Pensacola for aviator training in January 1927. He was the only captain in his class of twenty, which also included Commander Richmond K. Turner. King received his wings as Naval Aviator No. 3368 on 26 May 1927 and resumed command of Wright. For a time, he frequently flew solo, flying down to Annapolis for weekend visits to his family, but his solo flying was cut short by a naval regulation prohibiting solo flights for aviators aged 50 or over. However, the History Chair at the Naval Academy from 1971-1976 disputes this assertion, stating that after King soloed, he never flew alone again. His biographer described his flying ability as "erratic" and quoted the commander of the squadron with which he flew as asking him if he "knew enough to be scared?" Between 1926 and 1936 he flew an average of 150 hours annually.

King commanded Wright until 1929, except for a brief interlude overseeing the salvage of USS S-4. He then became Assistant Chief of the Bureau of Aeronautics under Moffett. The two fell out over certain elements of Bureau policy, and he was replaced by Commander John Henry Towers and transferred to command of Naval Station Norfolk.

On 20 June 1930, King became captain of the carrier USS Lexington – then one of the largest aircraft carriers in the world – which he commanded for the next two years. During his tenure aboard the Lexington, Captain King was the commanding officer of notable science fiction author Robert A. Heinlein, then Ensign Heinlein, prior to his medical retirement from the US Navy. During that time, Ensign Heinlein dated one of King's daughters.

In 1932 he attended the Naval War College. In a war college thesis entitled "The Influence of National Policy on Strategy", King expounded on the theory that America's weakness was Representative democracy:

“ Historically. it is traditional and habitual for us to be inadequately prepared. Thus is the combined result of a number factors, the character of which is only indicated: democracy, which tends to make everyone believe that he knows it all the preponderance (inherent in democracy) of people whose real interest is in their own welfare as individuals the glorification of our own victories in war and the corresponding ignorance of our defeats (and disgraces) and of their basic causes the inability of the average individual (the man in the street) to understand the cause and effect not only in foreign but domestic affairs, as well as his lack of interest in such matters. Added to these elements is the manner in which our representative (republican) form of government has developed as to put a premium on mediocrity and to emphasise the defects of the electorate already mentioned. ”

Following the death of Admiral Moffet in the crash of the airship USS Akron on 4 April 1933, King became Chief of the Bureau of Aeronautics, and was promoted to Rear Admiral on 26 April 1933. As Bureau chief, King worked closely with the chief of the Bureau of Navigation, Rear Admiral William D. Leahy, to increase the number of naval aviators.

At the conclusion of his term as Bureau Chief in 1936, King became Commander, Aircraft, Base Force, at Naval Air Station North Island. He was promoted to Vice Admiral on 29 January 1938 on becoming Commander, Aircraft, Battle Force – at the time one of only three vice admiral billets in the US Navy.

King hoped to be appointed as either CNO or Commander-in-Chief of the U.S. Fleet, but on 15 June 1939, he was posted to the General Board, an elephant's graveyard where senior officers sat out the time remaining before retirement. A series of extraordinary events would alter this outcome.

His career was resurrected by one of his few friends in the Navy, CNO Admiral Harold "Betty" Stark, who realized that King's talent for command was being wasted on the General Board. Stark appointed King as Commander-in-Chief, Atlantic Fleet in the fall of 1940, and he was promoted to Admiral in February 1941. On 30 December 1941 he became Commander-in-Chief, United States Fleet. On 18 March 1942, he was appointed Chief of Naval Operations, relieving Admiral Stark. He is the only person to hold this combined command. After turning 64 on 23 November 1944, he wrote a message to President Roosevelt to say he had reached mandatory retirement age. Roosevelt replied with a note reading "So what, old top?".[25] On 17 December 1944 he was promoted to the newly created rank of Fleet Admiral. He left active duty on 15 December 1945 but was recalled as an advisor to the Secretary of the Navy in 1950.

After retiring, King lived in Washington, D.C.. He was active in his early post-retirement, but suffered a debilitating stroke in 1947, and subsequent ill-health ultimately forced him to stay in Naval Hospitals at Bethesda, Maryland, and at the Portsmouth Naval Shipyard in Kittery, Maine. He died of a heart-attack in Kittery on 26 June 1956 and was buried in the United States Naval Academy Cemetery at Annapolis, Maryland.

[edit] AnalysisKing was highly intelligent and extremely capable, but controversial. Some consider him to have been one of the greatest admirals of the 20th century others, however, point out that he never commanded ships or fleets at sea in war time, and that his Anglophobia led him to make decisions which cost many Allied lives. Others see as indicative of strong leadership his willingness and ability to counter both British and U.S. Army influence on American World War II strategy, and praise his sometimes outspoken recognition of the strategic importance of the Pacific War. His instrumental role in the decisive Guadalcanal Campaign has earned him admirers in the United States and Australia, and some also consider him an organizational genius. He was considered rude and abrasive as a result, King was loathed by many officers with whom he served.

He was. perhaps the most disliked Allied leader of World War II. Only British Field Marshal Montgomery may have had more enemies. King also loved parties and often drank to excess. Apparently, he reserved his charm for the wives of fellow naval officers. On the job, he "seemed always to be angry or annoyed."

There was a tongue-in-cheek remark about King, made by one of his daughters, carried about by Naval personnel at the time that "he is the most even-tempered person in the United States Navy. He is always in a rage." Roosevelt once described King as a man who "shaves every morning with a blow torch".

It is commonly reported that when King was called to be CominCh, he remarked,"When they get in trouble they send for the sons-of-bitches”. However, when he was later asked if he had said this King replied that he had not but would have if he had thought of it.

Response to Operation Drumbeat

At the start of US involvement in World War II, blackouts on the U.S. eastern seaboard were not in effect, and commercial ships were not travelling under convoy. King's critics attribute the delay to implement these measures to his Anglophobia, as the convoys and seaboard blackouts were British proposals, and King was supposedly loath to have his much-beloved U.S. Navy adopt any ideas from the Royal Navy. He also refused, until March 1942, the loan of British convoy escorts when the USN had only a handful of suitable vessels. He was, however, aggressive in driving his destroyer captains to attack U-boats in defense of convoys and in planning counter-measures against German surface raiders, even before the formal declaration of war by Germany.

Instead of convoys, King had the U.S. Navy and Coast Guard perform regular anti-submarine patrols, but these patrols followed a regular schedule. U-boat commanders learned the schedule, and coordinated their attacks to these schedules. Leaving the lights on in coastal towns back-lit merchant ships to the U-Boats. As a result, there were disastrous shipping losses — two million tons lost in January and February 1942 alone, and urgent pressure applied from both sides of the Atlantic. However, King resisted the use of convoys because he was convinced that the Navy lacked sufficient escort vessels to make them effective. The formation of convoys with inadequate escort would also result in increased port-to-port time, giving the enemy concentrated groups of targets rather than single ships proceeding independently. Furthermore, blackouts were a politically-sensitive issue – coastal cities resisted, citing the loss of tourism revenue.

It was not until May 1942 that King marshalled resources — small cutters and private vessels that he had previously scorned — to establish a day-and-night interlocking convoy system running from Newport, Rhode Island, to Key West, Florida.

By August 1942, the submarine threat to shipping in U.S. coastal waters had been contained. The U-boats' "second happy time" ended, with the loss of seven U-boats and a dramatic reduction in shipping losses. The same effect occurred when convoys were extended to the Caribbean. Despite the ultimate defeat of the U-boat, some of King's initial decisions in this theatre could be viewed as flawed.

In King's defense, noted naval historian Professor Robert W. Love has stated that "Operation Drumbeat (or Paukenschlag) off the Atlantic Coast in early 1942 succeeded largely because the U.S. Navy was already committed to other tasks: transatlantic escort-of-convoy operations, defending troop transports, and maintaining powerful, forward-deployed Atlantic Fleet striking forces to prevent a breakout of heavy German surface forces. Navy leaders, especially Admiral King, were unwilling to risk troop shipping to provide escorts for coastal merchant shipping. Unscheduled, emergency deployments of Army units also created disruptions to navy plans, as did other occasional unexpected tasks. Contrary to the traditional historiography, neither Admiral King’s unproven yet widely alleged Anglophobia, an equally undocumented navy reluctance to accept British advice, nor a preference for another strategy caused the delay in the inauguration of costal escort-of-convoy operations. The delay was due to a shortage of escorts, and that resulted from understandably conflicting priorities, a state of affairs that dictated all Allied strategy until 1944."

Other decisions perceived as questionable were his resistance to employ long-range Liberators on Atlantic maritime patrols (thus allowing the U-boats a safe area in the middle of the Atlantic — the "Atlantic Gap"), the denial of adequate numbers of landing craft to the Allied invasion of Europe, and the reluctance to permit the Royal Navy's Pacific Fleet any role in the Pacific. In all of these instances, circumstances forced a re-evaluation or he was over-ruled. It has also been pointed out that King did not, in his post-war report to the Secretary of the Navy, accurately describe the slowness of the American response to the off-shore U-boat threat in early 1942.

It should be noted, however, employment of long-range maritime patrol aircraft in the Atlantic was complicated by inter-service squabbling over command and control (the aircraft belonged to the Army the mission was the Navy's Stimson and Arnold initially refused to release the aircraft.) Although King had certainly used the allocation of ships to the European Theatre as leverage to get the necessary resources for his Pacific objectives, he provided (at General Marshall's request) an additional month's production of landing craft to support Operation Overlord. Moreover, the priority for landing craft construction was changed, a factor outside King's remit. The level of sea lift for Overlord turned out to be more than adequate.

The employment of British and Empire forces in the Pacific was a political matter. The measure was forced on Churchill by the British Chiefs of Staff, not only to re-establish British presence in the region, but to mitigate any perception in the U.S. that the British were doing nothing to help defeat Japan. King was adamant that naval operations against Japan remain 100% American, and angrily resisted the idea of a British naval presence in the Pacific at the Quadrant Conference in late 1944, citing (among other things) the difficulty of supplying additional naval forces in the theatre (for much the same reason, Hap Arnold resisted the offer of RAF units in the Pacific). In addition, King (along with Marshall) had continually resisted operations that would assist the British agenda in reclaiming or maintaining any part of her pre-war colonial holdings in the Pacific or the Eastern Mediterranean. Roosevelt, however, overruled him and, despite King's reservations, the British Pacific Fleet accounted itself well against Japan in the last months of the war.

General Hastings Ismay, chief of staff to Winston Churchill, described King as:

tough as nails and carried himself as stiffly as a poker. He was blunt and stand-offish, almost to the point of rudeness. At the start, he was intolerant and suspicious of all things British, especially the Royal Navy but he was almost equally intolerant and suspicious of the American Army. War against Japan was the problem to which he had devoted the study of a lifetime, and he resented the idea of American resources being used for any other purpose than to destroy the Japanese. He mistrusted Churchill's powers of advocacy, and was apprehensive that he would wheedle President Roosevelt into neglecting the war in the Pacific.

Despite British perceptions, King was a strong believer in the Germany first strategy. However, his natural aggression did not permit him to leave resources idle in the Atlantic that could be utilized in the Pacific, especially when "it was doubtful when — if ever — the British would consent to a cross-Channel operation". King once complained that the Pacific deserved 30% of Allied resources but was getting only 15%. When, at the Casablanca Conference, he was accused by Field-Marshal Sir Alan Brooke of favoring the Pacific war, the argument became heated. The combative General Joseph Stilwell wrote: "Brooke got nasty, and King got good and sore. King almost climbed over the table at Brooke. God, he was mad. I wished he had socked him."

Following Japan's defeat at the Battle of Midway, King advocated (with Roosevelt's tacit consent) the invasion of Guadalcanal. When General Marshall resisted this line of action (as well as who would command the operation), King stated that the Navy (and the Marines) would then carry out the operation by themselves, and instructed Admiral Nimitz to proceed with the preliminary planning. King eventually won the argument, and the invasion went ahead with the backing of the Joint Chiefs. It was ultimately successful, and was the first time the Japanese lost ground during the war. For his attention to the Pacific Theatre he is highly regarded by some Australian war historians.

In spite of (or perhaps partly because of) the fact that the two men did not get along, the combined influence of King and General Douglas MacArthur increased the allocation of resources to the Pacific War.


Ernest Green

Ernest G. Green was born in Little Rock, Arkansas, on September 22, 1941 to Lothaire S. and Ernest G. Green, Sr. His parents instilled in him confidence and self-respect that helped him to become a leader among his peers and a civil rights advocate. He was one of the first black students to integrate at Central High School in Little Rock, Arkansas, following the Supreme Court ruling to desegregate in 1954. Green is the oldest of the "Little Rock Nine," a group of high school students who entered Central High School on the morning of September 25, 1957, with an escort of paratroopers. Governor Orval Faubus had summoned National Guardsmen to turn away the black pupils in direct defiance of the federal government, which had already approved a desegregation plan for the school. President Dwight D. Eisenhower, for the first time since Reconstruction, sent in federal troops to protect the rights of the beleaguered students, and the students ultimately prevailed.Green graduated from Michigan State University with a B.A. in 1962 and an M.A. in 1964.

In 1965, Green became involved in employment law with a building-trade apprenticeship for the Adolph Institute, a project to help minority women in the South find opportunities for professional careers. He then directed the A. Phillip Randolph Education Fund from 1968 to 1976. Between 1977 and 1981, he served as assistant secretary in the Labor Department under President Jimmy Carter. Since 1981, Green has worked in the private sector for consulting firms. He was a partner for Green and Herman from 1981 to 1985, owned E. Green and Associates from 1985 to 1986, and has been with Lehman Brothers since 1985.

Green has been on the boards of various organizations, such as the Winthrop Rockefeller Foundation, AfriCare and the African Development Foundation. He has received numerous awards and honors for his work, including the NAACP Spingarn Award, the Rockefeller Public Service Award, and honorary doctorates from Tougaloo College, Michigan State University, and Central State University.

He is married to Phyllis Green and they have three children, Adam, Jessica and McKenzie.


Tag: ernest king


Today in History, August 17: 1943 – Project Habakkuk, The First Quebec Conference and Pykrete. During WWII Geoffrey Pyke presented an idea to his superiors in the British military of building an enormous aircraft carrier out of a material he called pykrete, ice mixed with wood pulp, which turned out to be very strong. The ship, had it been built, would weigh in at 2.2 million tons and have space for 150 twin engine aircraft, and would be practically impervious to bombs and torpedoes. Experiments were underway in Canada. On today’s date, the First Quebec Conference (Codename Quadrant) began, involving FDR, Churchill and their military staff. Reportedly, during the conference, Lord Louis Mountbatten brought an ordinary block of ice and a block of pykrete into a meeting room filled with generals and admirals. Without warning he drew his pistol, aimed at the block of ice, and fired. The block shattered. He then aimed at the block of pykrete and fired at it. The bullet did not penetrate, but rather ricocheted, zinging around the room and going through the leg of Admiral Ernest J. King’s trousers. The ships, of course, were never built not due to the shooting incident, but because other alternatives were more easily available.


King of the United Kingdom (1840-1843)

Ernests coronation was set for 17th October 1840 in York Cathedral, instead of the traditional Westminster Abbey. This is because the people of Southern England and Wales say they will refuse to have Ernest as a monarch. Parliament is trying to hold the country together but only the North and Ireland remain loyal.

After Ernest's coronation in York the people of southern England are angry at Parliament for letting this happen. Sme people in the cities of London and Manchester take up arms and form the Peoples Liberation Army (PLA). The PLA riots are soon crushed by forces of the Army.

The situation goes from bad to worse when in January 1841, Lord Melbourne (the Prime Minister) and his cabinet are dragged from Downing street by the PLA and face a mock trial

in London they are later Hung in Trafalgar Square. The leader of the PLA is captured and hung by loyalist forces in London two days later. It ta

The separate countries (Peoples Republic of Southern England and Wales red, Kingdom of Northern England, Scotland and Ireland Green)

kes two Army battalions to stop the riots in London which continue for two more years and later involve the cites of Birmingham, Leeds and Cardiff.In 1843 after growing unrest in the south the PLA storm the houses of parliament and take over the country they form the Peoples Republic of Southern England. Whilst Enest now only rules the Northern half of the country from York upwards and Ireland, this forms the new United Kingdom of Northern England, Scotland and Ireland (Hanover had declared independence in January of that year). The PRSEW is governed by the peoples committee in London and the UK is Governed by Parliament in Edinburgh. 


Ernest Augustus

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

Ernest Augustus、 とも呼ばれている (1799–1837) Prince Ernest Augustus, Duke Of Cumberland, Duke Of Teviotdale, Earl Of Armagh, (born June 5, 1771, Kew, Surrey, Eng.—died Nov. 18, 1851, Herrenhausen, Hanover [Germany]), king of Hanover, from 1837 to 1851, the fifth son of George III of England.

Ernest Augustus studied at Göttingen, entered the Hanoverian army, and served as a leader of cavalry when war broke out between Great Britain and France in 1793. When Hanover withdrew from the war in 1795 he returned to England, being made lieutenant general in the British army in 1799. In the same year he was created duke of Cumberland.

In 1810 Ernest Augustus was severely injured by an assailant, probably his valet Sellis, who was found dead subsequently two men were imprisoned for asserting that the duke had murdered his valet. Recovering from his wounds, the duke again proceeded to the seat of war as a British field marshal, he was in command of the Hanoverian army during the campaigns of 1813 and 1814. Back in England in 1815, however, the duke’s strong Toryism made him unpopular. He resented the refusal of Parliament to increase his allowance and retired for some years to Berlin. On the accession of George IV he returned to England but he ceased to play an important part in politics after the accession of William IV in 1830.

When William died in June 1837, the crowns of Great Britain and Hanover were separated and Ernest Augustus, as the nearest male heir of the late king, became king of Hanover. He cancelled the constitution that William had given in 1833, and the constitution that he sanctioned in 1840 was characteristic of his own illiberal ideas. His reign was a stormy one, and serious trouble between king and people had arisen when he died. He was succeeded by his son, George V.


ビデオを見る: アーネストワンSPEED BUILDのご紹介 (八月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos