新しい

スタンリーリッター

スタンリーリッター


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

スタンリー・リッターは1927年にポーランドで生まれました。第二次世界大戦後、彼はロンドンに定住しました。彼の友人であるセルジュ・パプリンスキーによれば、彼はMI5とMI6のフリーランスの契約労働者としても働いていました。クラブはピーター・ラックマンが所有していました。

スティーブンウォードの裁判は1963年7月22日にオールドベイリーで始まりました。ウォードは弁護人のジェームズバージに次のように語っています。キューピッドと恐怖に...クリスティンキーラーとマンディライスデイビスの両方の場合、彼らがすでに新聞に売られているか、売られる可能性のある物語に取り組んでいること、そして私の信念がこれらの新聞を印刷するために解放することは間違いありませんそうでなければ彼らが印刷することが全くできないであろう物語(自由な理由のために)。」

スティーブン・ウォードは、次のような裁判官の要約に非常に腹を立てました。「スティーブン・ウォードが証人ボックスで真実を語っていた場合、この都市には、高地と低地の証人がたくさんいて、彼の証拠。」法廷に出席した何人かの人々は、アーチー・ペロー・マーシャル裁判官が明らかにワードに対して偏見を持っていると主張した。 フランス・ソワール 報告された:「彼が現れようとしたが公平であったとしても、マーシャル裁判官は彼の声に裏切られた。」

その日の訴訟手続きの後、ウォードは、公式調査についてデニング卿と協力しているホームオフィスの職員であるトム・クリッチリーに連絡を取りました。その後、クリッチリーはその電話での会話で言われたことについてコメントすることを拒否した。

その夜、スティーブン・ウォードは睡眠薬を過剰摂取しました。陪審員が7月31日水曜日にクリスティーンキーラーとマンディライスデイビスの不道徳な収入で生きた罪で有罪判決に達したとき、彼は昏睡状態にありました。 3日後、ワードはセントスティーブンス病院で亡くなりました。

第二次世界大戦中にエアリー・ニーヴの下でMI9の諜報員として働き、しばらくの間ウォードを知っていた芸能人マイケル・ベンティンは、戦後も連絡を取り合っていました。彼の死を助けた。彼は殺害されたと思う。」

スティーブン・ウォードの親友であるポール・マンは、死後間もなく、「ウォードは、致命的な塞栓症を引き起こすことを意図して、皮下注射によって気泡を注入された。針が折れ、暗殺者が残った」と語った。急いで。しかし、薬を飲んだ病棟を途中で送るだけで十分だった。それは失敗した事件だった。」

1987年、アンソニー・サマーズとスティーブン・ドリルは、スティーブン・ウォード事件に関する本を出版しました。 ハニートラップ。彼らの調査中、彼らは、ワードのケースオフィサーであるキース・ワグスタッフェを含む、MI5の何人かのメンバーと話すことができました。この本は、ウォードがユージーン・イワノフを二重スパイになるよう説得しようとした作戦に関与していたことを確認している。

本が出版された結果、著者は、ワードがリッターによって殺害されたと主張した元MI6資産から連絡を受けました。彼は彼らに言った:「スタンリー・リッターはワードを殺した人です。彼が私に言ったので私は知っています...私はそこにいませんでした。しかしリッターは彼が死んだ夜にワードと一緒にいました、そしてリッターは彼がワードを殺すために支払われたと私に言いました。彼は私たちの暴徒によって支払われました。」

男は続けてこう言った。「ウォードは死ななければならないと決心した。。。。彼はウォードが彼の部門の指示で殺されたことを(リッター)認めた。彼はウォードにぐっすり眠るべきだと確信させた。睡眠薬を飲んでください。エージェントは、ウォードを居眠りさせてから再び目覚めさせ、錠剤を服用するように言いました。さらに30分後、ウォードを再び目覚めさせ、睡眠を取るのを忘れたと言いました。薬。それで、ウォードが過剰摂取するまで続きました。それはとてつもないように聞こえるかもしれませんが、それは世界で最も簡単なことです。犠牲者が眠くなると、彼はほとんど何にでも同意するでしょう。」

セルジュ・パプリンスキーはアンソニー・サマーズとスティーブン・ドリルに「スタンリー(リッター)は昨夜ウォードと一緒にいた...彼はいつもウォードが毒殺されたと言っていた」と語った。彼の娘、イボンヌ・リッターは、ワードが死にかけているときにセントスティーブンス病院に運ばれたことを思い出しました。彼女は誰かがやって来て言ったことを思い出します。 「それだけです。彼は死んでいます。」

スタンリー・リッターは1984年に脳卒中後に亡くなりました。

2013年12月、 デイリーテレグラフ 情報提供者をLeeTraceyと名付けました。彼は新聞に次のように語った。スタンリー・リッターはワードを殺した人です。彼が私に言ったので私は知っています。リッターは、ウォードを殺すために報酬が支払われたと私に言った。何年もの間、彼は英国社会の高くて力強い社会を育て、友人に女の子を提供しました。お金ではなく、そのようなサークル内を移動することの称賛のために…。ワードの死は英国の社会的および政治的エリートにとって便利だったということは超えています。疑問に思う。評判は無傷のままでしたが、そうでなければ、偉大で善良な人々の性的な冒険についての大量の開示で破壊された可能性があります。一方、諜報機関は潜在的な困惑を取り除きました。ワードは彼らの男であり、国会議員、仲間、外交官などのペッカディロに関する有用な情報源でした。しかし、プロヒューモの話が爆発したとき、MI5、国内のセキュリティサービス、およびMI6、両方ともワードに関与している外国の諜報機関がカバーを求めて走った。」


回文

NS 回文 単語、数字、フレーズ、または順方向と同じように逆方向に読み取るその他の文字シーケンスです。 マダム また レースカー。短い数字を使用した日付/タイムスタンプを含む、数値の回文もあります 11/11/11 11:11 と長い数字 02/02/2020. 文の長さの回文は、大文字、句読点、および単語の境界を無視します。

回文で文学を構成することは、制約された執筆の例です。

言葉 回文 1638年にヘンリー・ピーチャムによって導入されました。[1]ギリシャ語のルーツπάλιν '再び'とδρóμος 'の方法、方向'ギリシャ語では別の単語が使用されています。 カニのような)文字ごとのリバーシブルライティングを参照します。 [2] [3]


スタンリーリッター-歴史

Russkiy chastokol アレクサンドル・タモニコフ著(Izdatel'stvo Eksmo、2019)このロシアの小説は、ハザール軍の敗北とハザール・カガンの息子の死を引き起こしたスラブ人とハザールの間の戦いを描いています。いくつかのシーンは、岡川のほとりのスラブ領土やサルケルのハザールなどで行われます。

Khazarskaya petlya アレクサンドル・タモニコフ著(Izdatel'stvo Eksmo、2019年11月)このロシアの小説は、スラブ人のヴォリノエ要塞を取り巻くハザール軍について説明しています。ハザールのベックシャマットは、カガンの息子の死に対する復讐を望んでいます。いくつかのシーンは、岡川のほとりのスラブ領土や、サルケル、アティル、カムリク、クテルガなどのハザールの自治体で行われます。

Alt&#305n bozk&#305rlar:Hazar '&#305n y&#305k&#305l&#305&#351&#305 Nadir Do&#287an(Kripto Yay&#305nlar&#305、2019年1月)。このトルコの小説は955年にハザールを舞台にしています。ゲストがアティルに到着し、ハザールのカガンに会い、ハザールが間もなく破壊されるという彼の感覚を伝えます。

Den siste vikingkongen:Djevelens rytter Jan Ove Ekeberg(Gyldendal、2018年5月)。このノルウェーの小説は、ハラルドという名前のバイキングの戦士が「悪魔のライダー」と呼ばれる草原のハザールの騎手と出会う1030年代を舞台にしています。ビザンチン帝国はハラルドとハザールを攻撃し、多くの人を殺し、残りを捕虜としてコンスタンティノープルに連れて行きました。

エステル記:小説 エミリー・バートン著(Tim Duggan Books、2016年6月)。この歴史改変では、ハザールのカガナートは現代に生き残り、ユダヤ人の宗教的アイデンティティは損なわれず、1942年にゲルマニアはハザールに対して軍事紛争を開始しました。ハザールは、彼らが発明した機械式の馬を含め、反撃します。

古いものの骨:小説 ハワード・アンドリュー・ジョーンズ著(トーマス・ダン・ブックス、2012年12月)。 8世紀に中東を舞台にしたこの歴史ファンタジーには、毛皮の帽子と高いブーツを履き、曲がった剣を持った人々として紹介された(85ページから始まる)ハザールのキャラクターが豊富にあります。一部のハザールは個別のキャラクターとして表示されます。小説は事実とフィクションを混ぜ合わせており、304ページで「純粋なファンタジーに関しては、ハザールは いいえ 氷の世界の終わりを歓迎する終末のカルトを持っている。」そのページはまた、ハザールがユダヤ教に改宗することになったと読者に指示している。

ホワイトレイヴン Robert Low(HarperCollins UK、2009年5月のハードカバーと2009年10月のソフトカバー)。これは、スカンジナビアの北欧神話に関するLowの3部構成のOathswornTrilogyのパート3です。この本では、ヴァリャーグ人は2人のハザール系ユダヤ人によって結合されています。

クジラの道 Robert Low著(HarperCollins UK、2007年3月Thomas Dunne Books、2007年8月)。これは、10世紀の北欧神話に関する3部構成の物語(誓いの三部作)のパート1です。 965年にハザールの都市サルケルで行われたイベントで、ルーシ族のスヴャトスラフ軍に関与したヴァルジャジ(誓いを立てたノース人/スラブ人の集団)が、より大きな計画の一部として見られます。これはフィクションの作品であることを念頭に置いて、ローは、ハザール軍が彼に立ち向かう前に、スヴャトスラフが包囲を予期し、包囲に関与したと仮定しています。彼はそれを打ち負かし、街は崩壊した。アメリカ版。

Haham Kral Hazarl&#305 Davut Monroe S. Kuttner著(イスタンブール:Birharf Yay&#305nlar&#305、2005年6月Enver G&uumlnselによる翻訳)。 12世紀のコーカサスにあるユダヤ人のハザール王国の名残の最後のカガン(大王)についての歴史に基づいた冒険小説。主な舞台は、1150年から始まるサマンダールのハザールの「村」です。デビッドベンジョセフは、スペインで10年間ユダヤ教を学んだ青年です。ハザールに戻ると、彼はハザールのチュルク語の半遊牧民の存在に順応し、次のカガンになる必要があります。デビッドと他のキャラクターが歴史的なイベントに参加し、歴史上の人物と交流しながら、デビッドの冒険に参加してください。

Son Hazaryal&#305 Cahit&Uumllk&uuml著(イスタンブール:&#304nk&#305lap Kitabevi、2004)。オスマン帝国のユダヤ人ハザールの子孫が言語とアイデンティティを復活させたいというトルコの歴史小説。著者は彼の本(タイトルは英語で「最後のハザール」を意味します)を小説として特徴づけています。小説の筋書きは、ハザールのユダヤ教への改宗を記録し、ハザールがアシュケナジムのユダヤ人とヨーロッパのカライムの祖先であると主張したアーサー・ケストラーの理論に部分的に基づいています。この小説はまた、ハザールのユダヤ人が国家を樹立するためにオスマン帝国の王宮に侵入する計画を立てたという概念を探求しています。これらの俳優の中には、ハザール系ユダヤ人、H&uumlrrem Sultana、セリム2世がいました。 &Uumllk&uumlの理論によると、オスマン王朝はついにスレイマン1世(カヌニ-立法者)の治世で終わりました。小説の他の登場人物には、ブランベイ(ハザールの貴族)、ハイム(ハザールの少年)、そしてブランベイに助言するハザールのシャーマンが含まれます。

暗黒卿 トーマス・ハーラン著(ニューヨーク:トーア・ブックス、2002年)。ハーランの7世紀シリーズのパート4。スロバキア語にも翻訳されています。トラキアでゆるいアバール軍を打ち負かし、カーンを殺したにもかかわらず、ダーボスは戦争と戦いへの嗜好を失い(特に無謀なローマ人の味方として)、ハザールに戻った。

天国の嵐 トーマス・ハーラン著(ニューヨーク:トーア・ブックス、2001年)。ハーランの7世紀シリーズのパート3。チェコ語とスロバキア語にも翻訳されています。このファンタジーの歴史小説では、ハザールの王女であるシリン(イラストとキャラクターの説明を参照)がペルシャの皇帝と結婚しました。小説の一部は、ハザールの首都イティルで行われます。概要は次のとおりです。ヤルムークの戦いの後、ユスフは西からイチルに戻ります。ダーボス王子(まだ東ローマとの同盟を望んでおり、ヘラクレイオスの娘の手)は、ペルシャに対して東ローマを助けるために、彼のハザール軍をコンスタンティノープルに進軍させることにしました。彼はそうしますが、コンスタンティノープルの政治情勢は特に危険であると感じています。

ハザールの風 マレク・ホルター著(ニューミルフォード、コネチカット、米国およびロンドン:トビープレス、2003年10月のマイケルバーナードによる翻訳)。もともとフランス語で出版された Le Vent des Khazars (パリ:エディションRobert Laffont、2001年4月)。スペイン語、カタロニア語、ポルトガル語、イタリア語、トルコ語にも翻訳されています。 20世紀の小説家であるマーク・ソファーは、ハザールの歴史を調査し、最終的にアゼルバイジャンに行き着きます。 10世紀に、アイザックという名前の若いユダヤ人がコルドバの頭のラビによってハザールに送られます。ホルターの小説は、2つの非常に異なる時代を含むだけでなく、歴史小説、現代のスリラー、ラブストーリーなど、多くのジャンルが混ざり合っています。

火の門 Thomas Harlan著(ニューヨーク:Tor Books、2000年5月のハードカバー、2001年6月のペーパーバック)。ハーランの7世紀シリーズのパート2。チェコ語とスロバキア語にも翻訳されています。シリン王女は地中海でさまざまな冒険をしています。他のハザール(ジュスフ、メナヘム)は、クテシフォンへのミッションからローマに行き着き、そこで多くの問題に直面します。ダーボス王子(ジービルの死後、現在はハザールの支配者)は軍と共にイチルに帰国します。

アララトの影 Thomas Harlan著(ニューヨーク:Tor Books、1999年7月のハードカバー、2000年5月のペーパーバック)。ハーランの7世紀シリーズのパート1。ポーランド語とスロバキア語にも翻訳されています。西ローマ皇帝ガレノスと東ローマ皇帝ヘラクレイオスが一緒になって、ペルシャに対してハザールと軍事的に同盟を結ぶ代替歴史小説(一部は実際の出来事に基づく)(ホスロー2世皇帝が統治)。小説の中のいくつかのハザールは、ユスフ、サフル、ダーボスと名付けられています。多くのハザールの戦士が、クテシフォンからシリン王女(この現実ではキリスト教のアルメニア人ではなくハザール)を救出/誘拐するためのローマの努力に加わっています。

カザリー Mikhail Alshevskii著(モスクワ:TERRA、1999年)。ロシア語のハザールに関する歴史小説。

Ha-Meruts (The Race)by Hary Bar-Shalom(Tel Aviv、Israel:Hitahdut agudot ha-sofrim bi-medinat Yisrael、be-shituf im Masadah、1999)。ハザールについての物語を含む、ルーマニア語から翻訳された物語のコレクション。

El ha-Rakia ha-Shevii (Into the Seventh Sky)by Hary Bar-Shalom(エルサレム:マサダ、1998年)。物語はハザールで始まり、遠い未来に終わり、とりわけ最後のハザール王の宝物の探求を扱っています。

ユスティニアヌス H.N. Turteltaub(Harry Turtledove)(ニューヨーク:Tor Books、1998年)。ビザンチン帝国の皇帝ユスティニアノス2世と彼のボディーガードであるミャケスの一人称の説明。

マコムカタンイムデビ (デビのいる小さな場所)Meir Uziel(Ouziel)(Tel Aviv、Israel:Modan、1996)。ハザールと現代イスラエルの類似点を探る、ユーモラスで時代錯誤的な小説。ロシア語にも翻訳されています Demony Xazarii i Devushka Debi.

Nashestvie khazar:istoricheskii roman v dvukh knigakh ウラジミール・アフィノジェノフ著(モスクワ:Gepta-Treid、1996年)。 2巻の小説。

カザリー Aleksandr Baigushev著(モスクワ:Izdatelskii dom "Drofa":Izd-vo "Lirus"、1995)。ロシア語でハザールとキエフ大公国についての歴史小説ですが、反ユダヤ主義の倍音があります。

王子と学者 スタンリー・ジョセフ・レヴィッチ(プリンストン、ニュージャージー、米国:ブリストル、ライン、およびイングランド人、1992年6月)。ハザールに関する児童小説。カリムの古代物語の語り手であるモロッコは、熱心な聴衆を何百年も前に、現在のロシアの中心にある黒海の北にある強力なユダヤ人の王国への刺激的な旅に連れて行きます。はい、ユダヤ人の長く抑圧的な亡命の真っ只中に、かつてユダヤ人の王とユダヤ人の軍隊がありました。そして、その野蛮な隣人によって恐れられて尊敬された偉大で裕福な王国でした。ハザールと呼ばれたこの王国は、長い間歴史の霧の中に移りましたが、その輝かしい物語の多くは、カリムのオールドマクルーフのような語り部の記憶に残っています。物語が展開するにつれて、若いクサール王子と彼の賢い友人イサックは、王国のフロンティアへのハザール遠征に参加し、まったく予想外の結果をもたらしました。 『テイルズ・フロム・ザ・イースト』シリーズ第6巻 『王子と学者』では、英雄と悪役、勇気と機知に富んだ賢い若者たちでいっぱいの、楽しくて非常にカラフルな物語を再び織り上げました。日。

ルスカ:ロシアの小説 エドワードラザファード著(ニューヨーク:アイビーブックス、1991年)。架空のロシアの村のいくつかの家族の歴史をたどる一連の短編小説。一部のキャラクターはハザールユダヤ人またはその子孫です。 (1つのキャラクターは「Zhydovynthe Khazar」です。)その小説「TheRiver」は1066- 1113年をカバーし、とりわけハザールとキリスト教ロシア人との関係を扱っています。

Vadim ViktorovichKargalovによる「ChernyeStrelyVyaticha」-彼の本の4番目のセクション Istoricheskie povesti (モスクワ:Det。lit。、1989)。ヴォルガ川とサルケルでのスヴャトスラフの兵士との衝突を含む、10世紀のルスとハザールの関係についての物語。ストーリーのパート8「Itil'-Zhestokiy gorod」では、ハザールの基本的でやや歪んだ概要を示し、アティル、カガン、およびハザールの生き方について説明しています。

ハザール事典 ミロラド・パヴィッチ(ニューヨーク:Knopf、1988年11月)。もともとセルビアクロアチア語で Hazarski Recnik:roman leksikon u 100,000 reci (ベオグラード:Prosveta、1984年)。また、フランス語、ロシア語、韓国語、デンマーク語、オランダ語、ルーマニア語、チェコ語、ヘブライ語、スウェーデン語、およびその他の言語に翻訳されています。イスラム教、キリスト教、ユダヤ教のレンズを通してハザール王の宮廷での宗教的論争を提示する想像力豊かなハイパーテキスト小説。物語の中のハザール特使は、彼の体にハザールの歴史と地形が入れ墨されています。 Pavicの他の発明には、「Khazar jar」、「Khazar dream-hunters」、および「Khazardictionaries」が含まれます。主人公:アテ姫、カガン、モカデッサ、聖キリル、ファラビ・イブン・コラ、ラビ・アイザック・サンガリなど。

ディクザリム:歴史家のローマ人 Shloyme Rosenberg(ブエノスアイレス、アルゼンチン:Yidbukh、1960年)。

Hisdayベンシャプルト Jacob Weinshall(Ya`akov Vinshal)による、彼の物語のコレクション `アナキムバミッドバー (砂漠の巨人)(テルアビブ、イスラエル:Hotsa'at sefarim Shelah、1952年)。ハスダイがハザール王に連絡を取ろうとした話。

Das Volk des harten Schlafs:ローマ (Sleeping Nation a.k.a. A Nation Veiled in Slumber)by Oskar Baum(Vienna:L&oumlwit、1937)ヘブライ語翻訳 NesuchTardemaです 1949年に出版されました。ハザールとその時代についての小説。バウムはハザールを寛容で文明的なものとして描いています。

失われた国 Noah E. Aronstam著(デトロイト:Duo-art Press、1937年ニューヨーク:Behrman's Jewish Book House、1940年)。ユダヤ人のエマヌエル・リンドナーは、ハザールの子孫である失われたアフリカ系ユダヤ人コミュニティを発見しました。この本は、フィクションと実際の歴史上の出来事を融合させています。ハザールの状況や文化的観察の多くは本物ではありません。しかし、著者はハザールに同情的な見方をしており、イツハク・ハ・サンガリによるブラン王の回心、オバディア王のユダヤ人のルネッサンス、スヴャトスラフによるサルケルの征服の物語をほぼ真実の方法で提示しています。

Ha-Kuzar Ha'acharon (最後のハザール)Saul Tshernichovsky(1940)ルーシ族のスヴャトスラフ軍に敗れた後の最後のハザール王の運命についての美しく感動的なヘブライのバラード。 1人のハザールだけが自由のままであり、彼は負傷して疲れています。彼は、より大きく、より強い敵と戦うことをいとわないいくつかの動物に遭遇します。勇気と決意を持って、ハザールは彼の馬を振り返り、ルーシ族に突撃することにしました。

失われた王国、またはハザールの通過 サミュエル・ゴードン著(ロンドン:シャピロ、バレンティン、1926年)。ルーシ族によるハザールの破壊についての小説。

Im Judenstaat der Chasaren:歴史小説Roman aus dem achten Jahrhundert (ハザールのユダヤ王国で)Selig Schachnowitz(フランクフルト・アム・マイン:Verlag des "Israelit"、1920年)。サミュエル・ライブ・ジトロンのヘブライ語訳 Be-mamlekhet Kuzar ha-Yehudit 1922年または1923年にHotsaat "Omanut"によって出版され、フランクフルト・アム・マインはエルサレムによって再版されました:Hosa'at "Ne`urim"、1980年。ZalmonRayzenのイディッシュ語訳 In der medine fun di Kuzarim:Yidisher historisher roman fun dem akhtn yorhundert (ハザール王国)1924年にリトアニアのビリニュスのB.クレツキンによって出版されました。 Yidisher historisher roman fun dem akhtnyorhundert。メナヘムメンドルのイディッシュ語の適応 ディクゾリムランド:historishe ertseylung、エルサレムのメナヘムメンデルによって1994年または1995年に出版されたドイツのオリジナルから作品。 2005年にFeldheimPublicationsから出版された、A。Chachamowitzによって改作および編集された新しいヘブライ語版。ラビ・バルフ・カリンスキーによる2005年ヘブライ語版の英訳、 クザールのユダヤ人王国:改宗者の伝説的な国の興亡、2007年5月にFeldheim Publicationsから発行されました(著者名はZelig Shachnowitzと綴られています)。ハザールがどのようにユダヤ教を採用し、ルーシ族に屈する前に成功した期間があったかについての物語。ハスダイ・イブン・シャプルトはジョセフ王に手紙を書きましたが、最後に彼の王国が破壊されたことを発見しました。

Shnei ha-Mikhtavim (2文字)、 Shivat Tsiyon:al pi Zikhronot le-Vet David アブラハム・シャローム・フリードバーグ著(ワルシャワ:アヒアサフ、1893-1895再版:ニューヨーク:Hotsaat La-dor shele-yad Vaad ha-hinukh ha-Yehudi bi-Nyu York、1968)。ダビデ王の子孫がハスダイ・イブン・シャプルトによってハザールに送られ、ルーシがハザールを破壊した証人である短編小説。これはレッケンドルフの適応です Geheimnisse der Juden。アラビア語とペルシア語にも翻訳されています。

手紙Die Geheimnisse der Juden (ユダヤ人の謎)ハーマン・レーケンドルフ(レッケンドルフ)(ライプツィヒ、1856-1857)。 Hasdai ibnShaprutとKhazarsの接触についてのドイツの物語。エイブラハム・カプランによるコレクションのヘブライ語訳、 Mistere ha-Yehudim、1865年にワルシャウで出版されました。

クザリ:軽蔑された信仰を擁護する イェフダ・ハレヴィ(1140) Rabbi N. Daniel Korobkinによる英語の翻訳を含む、英語、フランス語、ドイツ語、およびその他の言語への多くの翻訳(Northvale、NJ:Jason Aronson、1998年第2版Nanuet、NY:Feldheim Publishers、2009)。ハザールの王は、ギリシャの哲学者、イスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ人のラビと宗教について議論し、ユダヤ教を選びます。もともとアラビア語で書かれました。

廃止された ハザール歴史小説 (ハザールフィクション)Yahoo!主催のディスカッショングループ2001年から2014年にかけて活動したグループは、イスラエルの新聞Ma'arivの2001年5月23日号で、MeirUzielによる「KhazariaLives」というタイトルの記事で紹介されました。 (Meirはまた、Ma'arivの2002年5月16日号に、ハザールに関するクリエイティブ・フィクションの存在について言及しているフォローアップ記事「The Forgotten JewishEmpire」を書いています。)

ハザールのキャラクターを描いた想像力豊かな現代アートワーク:
ジョエル・チャイム・ホルツマンジョエル・チャイム・ホルツマンクリスタ・フック


非常に英国の事件

主なメディアは確かにクリスティーン・キーラーの早すぎる死とプロヒューモ事件に関連してその線を確立し、ジョン・プロヒューモの重要性と彼がコモンズの家に言った嘘はほとんど言及されていませんでしたスティーブン・ウォードが主催したセックスリングに関与した人物は、英国の施設がスティーブン・ウォードに関与しただけでなく、MI5とMI6の助けを借りて、ソビエト当局者のハニートラップを掘り下げました。あまりにも多くのことを知っていた男は、彼が売春斡旋業者として起訴されることに激怒し、彼が保護されていれば彼の正式な行はスティーブン・ウォードが彼の裁判が始まる前夜に自殺したことを友人に明らかにしたが、本の中でアンソニー・サマーズとスティーブン・ドールによる「スティーブン・ウォードの秘密の世界」はまったく異なる絵を描いています

現在80歳のTraceyは、病棟周辺の人々に目を光らせながら、MI6から任務を与えられました。 MI6は、多くの場合MI5を参照せずに、50年代から70年代にかけて多くの国内事業に従事していました。

「ワードは、50年代初頭にMI6のストリンガー[フリーランスの工作員]の1人によって、可能性のある資産として発見されました」とドリルは言います。 「彼は影響力のある人々とうなずきました。ワードでのMI6の目的はまだ明確ではありませんが、彼らは彼が役立つかもしれないと考え、少額のお金で彼を助けました。

「ワードを使用する機会は、1961年にイワノフに紹介されたときに訪れました。 MI6はイワノフを標的にしていた可能性があります-性的妥協によってロシア人を捕まえるための&#8216ハニートラップの操作で-MI5がワードに同様の関心を持って現場に現れたとき、事態はほぼ即座にうまくいきませんでした。」

MI6は動作を停止し、MI5は動作を開始しました。ワードはイワノフに関する情報を彼のハンドラーに喜んで伝え、MI5は整骨をセキュリティリスクとは見なしませんでした。

リッターは、戦争中にイギリスに逃亡したポーランドの諜報機関の元従業員でした。彼は時々ジャーナリズムのカバーを使って自分の活動を隠し、またポールの仲間であり、戦後のロンドンで最も悪名高いラケット家主であるピーター・ラックマンのために働いた。

RytterをWardに推薦したのはRachmanだったとTraceyは言います。後者は、彼の裁判の時点で「ひどい恐怖」の中で生きていて、彼が気を配るべきであると説得されました。

「人々をぶち壊すのはリッターの得意ではありませんでした」と、1984年に死にゆくリッターと話をしたトレーシーは言います。しかし、なぜ彼が死にかけていることを知っている人がそのようなことについて嘘をついているのですか?彼は何を得なければならないのですか?」

リッターがウォードの死を「助けた」と信じていたのはトレーシーだけではなかった。 Rachmanの別の仲間であるSergePaplinskiは、著者に次のように語っています。

この本や他の出版物は個人に名誉毀損の訴訟を起こしたことがなく、MI5 MI6は名前の失敗についてコメントを求められたときに返答せず、適切な問い合わせもなかったが、元KGB役員はまたワードがあらゆる面で迷惑であり、明らかに排除されました。この施設は、別の話が出るまで検閲されましたが、別の話を待たなければならないことは間違いありません。事件に関する論文が発表される50年前


ファアア:Halau Hula O Ke `Ala Maile Lani
Mervin Hitiura、電話:(689)786483

パペーテ:ハラウフラオカウヒオナマウナ
Theresa K Tehiva、電話:689-71-57-21

パペーテ:フラハラウ `Oマカラプア
Myrtille Sarciaux、電話:689-75-99-69

パペーテ:ハラウオカウラオケアヒ
Te`ura Camelia Marakai、電話:689 79 70 38

ピラウ:Halau o Kahealani O Kahiki
Faatuarai Kahealani Dan Tinihau、電話:+689 75 62 05


連合軍[編集|ソースを編集]

ブレナムコラム[編集|ソースを編集]

歩兵
ジョン中尉、カッツ卿

    、エマニュエル・スロープ・ハウ准将(584人)、リチャード・インゴルズビー中尉(520人)、ジョン・チャーチル大尉、マールボロ第1公爵(524人)(21フィート)、アーチボルド・ロウ准将(629人)、ウィリアム・ノース大佐、第6男爵ノース&第2男爵グレイ(580人)
  • プリンツヴィルヘルム歩兵連隊(400人)
  • Erbprinz von Hessen-カッセル歩兵連隊、Erbprinz Friedrich von Hessen-カッセル(400名)
  • ヘシアン擲弾兵歩兵連隊(400人)
  • ヘシアンガード(Leibregiment)歩兵連隊(400人)
  • ヴァルテンスレーベン歩兵連隊、アレクサンダーヘルマン、グラフフォンヴァルテンスレーベン(400人)
    、ジェームズ・スタンリー大佐、ダービー第10伯爵(男性663人)、ジェームズ・ファーガソン少将(男性653人)、フレデリック・ハミルトン少将(男性579人)
  • 第2大隊、陛下の王立歩兵連隊、ジョージ・ハミルトン中尉、第1オークニー伯爵(男性577人)、ジョン・チャーチル提督、マールボロ第1公爵(男性589人)


セントポール少佐
(ハルソン旅団を含む)

  • リューネブルク侯爵歩兵連隊、リューネブルク侯爵少佐(リューネブルク侯爵)(400名)
  • de Breuil歩兵連隊(ハノーバー)(リューネブルク侯爵)(400人)
  • ゴービン歩兵連隊(ゴービン)(ハノーバー)(400人)
  • ハノーバー警備歩兵連隊(1 /リューネブルク侯爵、2 /ハノーバーカレンベルク)(2個大隊、800人)

騎兵隊の支援
ヘンリー・ラムリー中尉

    (第4馬)、コーネリアス・ウッド少将(1戦隊、155名)(第9馬)、ヒュー・ウィンダム中尉(2戦隊、311名)(第8馬)、メイナード・ションバーグ、第3公爵、リンスター公爵( 2つの戦隊、270人の男性)


コーネリアスウッド少佐

    (第2馬)、ヘンリー・ラムリー中尉(3戦隊、482名)(第4馬)、コーネリアス・ウッド少将(1戦隊、158名)(第7馬)、ウィリアム・カドガン大佐、第1伯爵カドガン(1戦隊、149名) )


チャールズ・ロス少将
(ヘイズ旅団を含む)

    (第5代近衛竜騎兵隊)、チャールズ・ロス准将(イングランド/アイルランド)(2戦隊、324名)(第2代近衛竜騎兵隊)、ジョン・ヘイ卿准将(イングランド/スコットランド)(1戦隊、340名)
  • Erbprinz von Hessen-Kassel Dragoons、Erbprinz Friedrich von Hessen-Kassel(Hesse-Kassel)(4つの戦隊、320人の男性)

センター[編集|ソースを編集]

1列目(歩兵)
リチャード・インゴルズビー中尉


エルルヴィル少将
(シュトックラード旅団を含む)

  • シェーピング歩兵連隊(ヘッセンカッセル)(400名)
  • シュトゥックラード歩兵連隊、シュトゥックラード准将(ヘッセン-カッセル)(400名)
  • エルルヴィル歩兵連隊、エルルヴィル少佐(ハノーバー-カレンベルク)(400名)
  • フォントジン歩兵連隊(リューネブルク侯爵)(400人)
  • ハルセン歩兵連隊、ハルセン少佐(ハノーバー・カレンバーグ)(400名)
  • ヴュルテンベルク連隊ステンフェルス(571人)
  • ヴュルテンベルク連隊ヘルマン
  • ヴュルテンベルク擲弾兵連隊(833人)
  • ゼッケンドルフ歩兵連隊、フリードリヒ・ハインリッヒ准将、グラフ・フォン・ゼッケンドルフ(573名)この連隊は、ヴュルテンベルクではなく、アンスパック・ベイリュース出身です。

1列目(歩兵)
ホーン中尉

  • ハイデブレヒト歩兵連隊、ハイデブレヒト准将(アンスバッハ/ UP補助)(599人)
  • シュトゥーラー歩兵連隊(スイス/ UP補助)(523人の男性)
  • ヒルツェル歩兵連隊(スイス/ UP補助)(561人の男性)
  • レヒテレン歩兵連隊(UP)(548人)これはオランダではなくヘッセンカッセルの部隊です
  • Goor Infantry Regiment(UP)(581男性)この連隊はGohrであり、オランダ語ではなくハノーバー種です。
  • ビンハイム歩兵連隊(UP)(571人)この連隊は、UPではなくプファルツ出身です。
  • シュヴェリーン歩兵連隊、カートクリストフ大佐、グラフフォンシュヴェリーン(メクレンブルクフォアポンメルン連隊)(547名)
  • de Varenne Infantry Regiment、Jacques l'Aumonier、Marquis de Varenne(プロイセン/ UP補助)(461人)
  • ウルフフェン歩兵連隊(プロイセン/ UP補助)(591人)
  • エルブプリンツフォンヘッセンカッセル歩兵連隊、エルブプリンツフォンヘッセンカッセル(プロイセン/ UP補助)(540人)

左中央(騎兵)
クーノ・ジョシュア・フォン・ビューロウ中尉


ジャック=ルイ・ダ・ノイエラ大将

  • ライブホース胸甲騎兵連隊(ハノーバー-カレンバーグ)(2個飛行隊、150人)
  • ヴォイグトの馬胸甲騎兵連隊(ハノーバー-カレンベルク)(2つの戦隊、150人の男性)
  • Noyelles' Horse Cuirassier Regiment, Major General Jacques-Louis, comte de Noyelles en Falais (Hanover-Calenberg-Osnabrück/UP auxiliary) (two squadrons, 150 men)
  • von Bülow's Dragoons Regiment (Lieutenant General Cuno Josua von Bülow (Hanover-Calenberg) (three squadrons, 225 men)
  • Viller's Dragoons (Lüneburg-Celle) (four squadrons, 320 men)
  • Bothmer's Dragoons, Brigadier General Bothmer (Lüneburg-Celle) (four squadrons, 320 men)

2nd Line (cavalry)
Lieutenant General Graf von Hompesch

  • Leib Horse Regiment (Hesse-Kassel/UP auxiliary) (two squadrons, 160 men)
  • Spiegel's Karabinere (Hesse-Kassel/UP auxiliary) (two squadrons, 160 men)


Major General Schulenburg

  • Schulenburg's Dragoons (Hanover-Calenberg) (two squadrons, 150 men)
  • Breidenbach's Horse Regiment (Hanover-Calenberg & Lüneburg-Celle) (two squadrons, 160 men)
  • Erbach's Horse Cuirassier Regiment, Major General Erbach (UP) (two squadrons, 200 men)
  • Baldwin's Horse, Brigadier General Baldwin (UP) (one squadron, 100 men)
  • Schmettau's Dragoons, Gottlieb Schmettau (Ansbach) (four squadrons, 400 men)

騎兵
Lieutenant General Friedrich Ulrich, comte de Oostfriese count of East Frisia


Brand new: Lowest price

元のパッケージ(パッケージが適用される場合)の最低価格の新品、未使用、未開封、損傷のないアイテム。アイテムが手作りであるか、印刷されていない箱やビニール袋などの非小売パッケージでメーカーによってパッケージされている場合を除き、パッケージは小売店で見られるものと同じである必要があります。詳細については、詳細を参照してください。

この価格はどういう意味ですか?

これは、同じ商品、またはほぼ同じ商品が売りに出されている、または最近売りに出された、売り手が提示した価格(送料と手数料を除く)です。価格は、他の場所での販売者自身の価格または別の販売者の価格である可能性があります。 「オフ」の金額とパーセンテージは、他の場所での商品の売り手が提供した価格とeBayでの売り手の価格との間の計算された差を単に意味します。特定のリストで提供される価格設定および/または割引に関連する質問がある場合は、そのリストについて販売者に連絡してください。


“Black Monuments” Contested by Black Communities

Politically motivated ideological vandalism has manifested itself in postapartheid South Africa not only in what might be described (albeit reductively) as “white on black” and “black on white” actions, but also in those that could be considered “black on black.” At the outset of the democratic era, the first acts of such vandalism carried out by black communities targeted the monuments and statues erected by former “homeland” leaders in an attempt at shoring up a Bantustan national identity. Some of these installations, however, not only remained intact but were even cherished, notably statues representing African chiefs, who were re-interpreted from “founding fathers” of the “homeland nation” to proud symbols of ethnic identity (e.g., the statue of King Shaka originally in front of the KwaZulu Legislature in Ulundi) or anticolonial resistance heroes (e.g., the Ndebele King Nyabela in Mpumalanga). But in other cases iconoclastic actions expressed the deep resentment and even hatred felt by members of these communities against their leaders and the concept of the Bantustan. The destructive violence of some of these incidents is epitomized by the vicious destruction of Ntaba ka Ndoda, the ambitious “national shrine” erected in 1981 by the homeland ruler Lennox Sebe on a hill near King Williams Town in the former Ciskei (Grant Reference Grant 1995).

As the postapartheid government settled in and installed an increasing number of statues and public monuments in honor of liberation struggle heroes, isolated cases of defacement occurred that were reasonably attributed to black communities. Although anonymous attacks on monuments ultimately remain open to speculation, the context of some incidents suggested that they were carried out by black supporters of opposition parties or community members who held grudges against local authorities, especially over the lack of service delivery. In one case—in the East London township of Duncan Village, where a statue commemorating the 1985 Duncan Village Massacre was defaced—members of the local community affirmed that they were not targeting the existence of the statue per se, but were upset about not having been consulted over its design. Community protests were organized and the bronze statue was partially damaged, after which the authorities built a protective fence around it (Miti Reference Miti 2008 Mngxitama Reference Mngxitama 2008). As Minkley and Mnyaka ( Reference Minkley, Mnyaka, Peterson, Gavua and Rassool 2015) observe, the fence itself then became a convenient display area for messages of protest and hence a counter-memorial of sorts.

Lack of consultation, perceived distortion of community memories, ANC domination, and party political appropriation of local narratives of resistance have been the most frequently cited sources of dissatisfaction with postapartheid commemorative monuments, memorials, and museums among black communities. This was evident, for instance, in the case of the Emlotheni Heroes Acre in New Brighton (Hansen Reference Hansen 2003), the Gugulethu Seven Memorial in the Cape Town township of Gugulethu (Bilbija et al. 2005), the Hector Pieterson Memorial in Orlando West (Simbao Reference Simbao 2007), and the Walter Sisulu Square of Dedication in Kliptown (Kuljan Reference Kuljian 2009).


[Free eBook] Tradition and Agency: Tracing cultural continuity and invention [Academic Anthropology Essays]

Tradition and Agency: Tracing cultural continuity and invention edited by Ton Otto, a Professor in the School of Culture and Society at Aarhus University, & [Poul Pedersen][coeditor-link], an associate professor at the same, is a collection of anthropology essays, free for a limited time courtesy of Aarhus University Press in Denmark.

This is their featured English-language Free Book of the Month selection for September.

This anthology of ethnographic essays looks at various contemporary cultures around the world, covering both traditions maintained throughout the generations as well as nearly-forgotten ones revived in modern times and/or invented to fill a cultural need, with case studies as diverse as Papua New Guinean artifacts to cheesemaking in France.

Offered DRM-free worldwide through September, available directly from the university’s website.


Safety is the top priority of Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses.

We have taken enhanced COVID safety measures for our guests and staff members. Please read our Terms of Service before purchasing a ticket, and follow all posted instructions and directions from our staff while visiting Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses.

Please note the following:
All guests and staff will be required to wear face coverings and social distance at all times.

Our staff and actors will practice proper social distancing throughout the event.

Vehicles will be a minimum of 6 feet apart in all drive thru areas. Our entire event is outside.

EMT’s will be available for any medical emergencies.

Time Ticketed Reservations are Required.

Tickets are limited due to COVID. Buy Tickets Now!

All customers must wear face coverings.

Please do not attend our event if experiencing a fever or flu like symptoms.

No ticket holder will drive a vehicle on Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses’ property while under the influence of alcohol or any type of narcotics or sedatives.

Vehicle and passenger restrictions/requirements:

  • All ticket holders must remain seated inside the vehicle.
  • All ticket holders must wear vehicle seat belt while attending this event.
  • All participants must wear face covering if vehicle windows are open.
  • All vehicles are required to maintain a speed limit no faster than three miles per hour, as posted.
  • No participant is allowed to ride in the bed of a truck.
  • All Sports Utility Vehicles must keep rear hatch door closed.
  • Motorcycles, limousines, bicycles, vehicles over nine feet tall, buses, scooters, or the like, are not allowed.
  • No open top vehicles.
  • Walking is not allowed on the Drive-Thru Trail.
  • Vehicles are only allowed to stop on Drive-Thru Trail when instructed by traffic control personnel, or vehicle emergency for example a flat tire.
  • Vehicle occupants are not allowed to photograph, videotape, record, or live stream the Drive-Thru Haunt Experience and Corn Maze and Haunted Houses Walk-Thru events.
  • Guests cannot use parking field to park and consolidate into other vehicles.

Please see our Frequently Asked Questions for additional information. https://headlesshorseman.com/faq

Guests not in compliance with above will be escorted out of the event without a refund.

Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses has received numerous awards and honors:

  • Named #2 Haunted Attraction for 2019 by USA Today 10Best Readers' Choice Travel Award
  • America's Scariest Haunted House in the Northeast by MTV
  • #1 in America two consecutive years by HauntWorld Magazine
  • #1 Hallow Scream by The Weather Channel
  • World's Best Haunted Hayride by AOL News
  • #1 on the Planet by New York Daily News
  • "One of America's Best Hometown Haunts" by Fangoria Magazine
  • #1 Outdoor Attraction by American Airlines
  • #1 Scream Park and Hayride in America by HauntWorld Magazine
  • #1 by USA Today

In addition, Headless Horseman is consistently named in the Top Ten Haunted Attractions by CNBC and AOL. It has been featured on The Travel Channel, Comedy Central, Emeril Live, Good Morning America, Nightline, CBS Evening News, The Today Show's segment "Sara in the City" and several national magazines.

Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses is located in Ulster Park, NY, part of the Historic Haunted Hudson Valley. The historic manor circa 1793 incorporates over sixty-five acres of naturally landscaped property including foreboding woods, surreal ponds, fruit orchards and more. Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses is a unique, immersive experience with a theme that changes each Halloween season. Featuring a theatrical one-mile hayride, a corn maze, and 8 haunted attractions:

  • The Lunar Motel
  • Glutton's Diner & Slaughter House
  • The Horseman’s Tomb
  • Dark Harvest Corn Maze
  • Mama Rose's Swamp Shack
  • Night Shade Nursery & Greenhouse
  • Dr. Dark's Black Spider Circus Sideshow
  • The Feeding presents “The Pain Killer”
  • Two Raven’s Manor, with skilled stunt actors and a magic-illusion side show starring Ryan Dutcher.

In addition, the creators of Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses are proud to present a new concept of interactive, immersive entertainment. A real life escape experience "Headless Horseman Escape Rooms" - a first for the Historic Hudson Valley.

Headless Horseman continually evolves with unusual monsters, amazing illusions, stunning special fx, unique and original costumes, makeup, animations and frightening detail created by our sister company American Made Monster Studios. Only the courageous will survive the intense encounters with the infamous Headless Horseman.

Children's Day dates for 2020 are scheduled for 11:30am to 3:00pm on October 10th and 24th, with respective rain dates of October 11th and 25th.

We would like to thank Ulster County Executive Pat Ryan and staff for their assistance with making our opening possible.

Headless Horseman Hayrides and Haunted Houses
778 Broadway, Route 9W
Ulster Park, NY 12487
(845) 339-2666

For more information email us at:
This email address is being protected from spambots.表示するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


ビデオを見る: רון כהן u0026 סטנלי גורביץ - נשאר רק השקט. מארחים את רז יעקב (2月 2023).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos