新しい

モハメド・アリがキンシャサの奇跡に勝つ

モハメド・アリがキンシャサの奇跡に勝つ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1974年10月30日、32歳のモハメドアリは、「キンシャサの奇跡」の第8ラウンドで、25歳のチャンピオンであるジョージフォアマンをノックアウトしたときに、2度目の世界ヘビー級チャンピオンになりました。キンシャサ、ザイールでの試合。 7年前、政府が兵役逃れで彼を非難し、ボクシング委員会が彼の免許を奪ったとき、アリは彼の称号を失っていました。ザイールでの彼の勝利は、彼のベルトを取り戻すために彼を歴史上2番目の敗北したチャンピオンにしました。

「キンシャサの奇跡」(ザイールの大統領がアイデアの風に乗ってすべてのポスターを焼くように命じるまで、最初に「奴隷船からチャンピオンシップへ!」という試合にタグを付けたプロモーターのドン・キングによって名付けられた)はアフリカ初のヘビー級でしたチャンピオンシップマッチ。西アフリカ共和国政府はこのイベントを上演しました。モブツセセセコ大統領は、この国の広大な美しさと膨大な天然資源に世界の注目を集めることを期待して、各戦闘機に500万ドルを個人的に支払いました。資力。アリは同意した。 「私はアメリカ人の黒人とアフリカ人の間の関係を確立したかった」と彼は後で書いた。 「戦いは人種問題についてでした、ベトナム。そのすべて。」 「キンシャサの奇跡は、国全体の意識を高める戦いでした」と彼は付け加えました。

10月30日午前4時30分、屋外のStade du 20 Maiに6万人の観客が月明かりの下で集まり(主催者は米国のプライムタイムと重なるように戦いの時間を計っていました)、戦いを見守っていました。彼らは「アリ、ボマイエ」(「アリ、彼を殺す」)を唱えていました。元チャンピオンは何週間もフォアマンを罵倒していました、そして若いボクサーは行くことを熱望していました。ベルが鳴ったとき、彼は彼の署名のスレッジハンマーの打撃でアリを叩き始めました、しかし年上の男は単にロープに背を向けて、彼ができるだけ多くのヒットをブロックするために彼の腕を使いました。彼はフォアマンを待つことができると確信していました。 (アリのトレーナーは、後にこの戦略を「ロープ・ア・ドープ」と呼びました。彼はそれを使用するための「ドープ」だったからです。)

第5ラウンドまでに、若者は疲れ始めました。彼の強力なパンチは一瞥とタップになりました。そして8番目に、あるタイムズの記者が書いたように、「クマに嫌がらせをしている蜂」のように、アリはロープから身をはがし、疲れ果てたフォアマンを当惑させているように見えるクイックパンチの弾幕を解き放ちました。強く左に切り刻むと、チャンピオンの疲れた足が座屈し、マットの上に倒れました。審判はラウンドに行くためにわずか2秒で彼を数えました。

アリはタイトルを失い、1981年に永久に引退する前にもう一度タイトルを取り戻しました。彼は2016年に亡くなりました。一方、フォアマンは1977年に引退しましたが、トレーニングを続け、1987年にボクシング史上最古のヘビー級チャンピオンになりました。今日、愛想の良いフォアマンはテキサスの牧師兼牧場主であり、5人の娘と5人の息子の父親であり、すべてジョージと名付けられています。彼はまた、GeorgeForeman屋内グリルの非常に人気のあるラインのスポークスマンでもあります。


モハメド・アリが「キンシャサの奇跡」に勝った方法

タイムが1974年にナイロビ支局長のリー・グリッグスをキンシャサに送り、「ジャングルのランブル」として知られるようになった10月30日のボクシングの試合をプレビューしたとき、勝ったお金がお気に入りになかったことは明らかだった。現チャンピオンのジョージ・フォアマンと、徴兵を拒否したことでタイトルを失ったモハメド・アリとの試合は、スポーツ史上最大の財布を持っていた。両方のボクサーは少なくとも500万ドルが保証されていましたが、世界中のボクシングファン、特に当時ザイールと呼ばれていた国では、アリを強く応援していましたが、フォアマンがタイトルを持って帰国することは明らかでした。彼は若くて強く、連勝を続けていました。彼はアリをロープに戻し、古いボクサーのフットワークは役に立たなかった。 TIMEのスポーツ編集者であるフィリップ・トーブマンは、結果は6人でフォアマンになると予測しました。

40年前の木曜日に実際に戦いが終わったとき、当初予定されていた9月の日付から約1か月遅れた後、それは起こりませんでした。フォアマンは予想通りアリを追いかけましたが、結果は予想とは程遠いものでした。

1974年11月11日号でTIMEが報告したように、何が起こったのかを次に示します。

その後、第2ラウンドで、ミツバチは彼のキャリア全体の戦術を予期せず捨てました。アリはつま先から離れ、ロッカーから離れているように見え、ロープに沿って立っていました。まさにフォアマンが対戦相手になりたい場所です。確かに、彼の慣習的な権威で、フォアマンはアリの中央部に対してパンチを打ち始めました。フォアマンの一部の打撃はアリの腕と手袋をちらりと見たが、アリの顔に当たったものはなかったが、アリの腹がパルプに変わるのは時間の問題のようだった。

驚いたことに、アリはほとんど心配していないようでした。ソニー・リストンが捕らえられて以来、最も激しいパンチャーとして、アリはフォアマンに挑発を叫んだ。 &#8220あなたは私を傷つけることができます!&#8221アリは叫んだ。 &#8220あなたは弱虫のようにパンチします。&#8221すぐにアリが罠を作ったことが明らかになりました。夏から秋にかけて、彼は厳しい体操のレジメンで花崗岩の腹筋を発達させ、毎朝1時間かけて、足を45度の角度で持ち上げた状態で、または手足を前後に動かしながら腹筋運動を行い、腸を硬化させていました。自転車のペダリング動作で。今、彼は単にフォアマンにその鉄の肉に対して自分自身を打ち抜かせていました。 &#8220私は彼に彼のベストショットを撮らせたかった&#8221は後でアリが言った。

それはまさにフォアマンがしたことです。蒸し暑い熱帯夜(気温は86度、湿度は約90%)に、フォアマンのパンチはすぐに力を失いました。腕が疲れて、彼は激しく揺れ始め、しばしば完全に行方不明になり、疲れ果てた酔っぱらいのように彼自身の勢いで回転しました。アリはフォアマンのたるみ防御を利用して、何度もロープを跳ね上げ、頭に稲妻の組み合わせで骨の疲れたチャンピオンを揺さぶった。

モハメド・アリは、彼のキャリアを築いた「蝶のように浮かぶ」ことをあきらめることで、第8ラウンドで試合に勝ちました。

アーカイブで、ここの「ジャングルのランブル」までのTIMEのランナップを読んでください。キンシャサでの暴力的な戴冠式


キンシャサの奇跡は、スポーツ作家とファンの両方を魅了し続けています。フォアマンの負けの衝撃、アリの反撃スタイルの勇気、そしてザイールで試合を開催することの重要性は、スポーツ史上最も称賛に値する夜の1つになっています。

1975年に会場の重要性について語ったモハメド・アリは次のとおりです。

「戦いがアフリカで行われると最初に聞いたとき、私はそれがうまくいくことを望んでいました。それは、それほど開発されていないはずの国でした。それから、ザイールに行ったとき、彼らが新しいものを作ったのを見ました。ライトのあるスタジアムで、すべての準備が整い、アイデアに慣れて好きになりました。考えれば考えるほど、アフリカでタイトルを取り戻すことがどれほど素晴らしいかがわかりました。ザイールは私の目を開いた。

「黒人が自国を走っているのを見た。現代の国を持っている謙虚な黒人の黒人大統領を見た。戦いの前にそこで訓練をしていたとき、私は川岸に座ってボートが通り過ぎるのを見ていた。 747ジャンボジェットが頭上を飛んでいるのを見てください。黒人のパイロットと黒人のスチュワーデスがいたことは知っていましたが、とても素敵に見えました。

「ザイールでは、列車の運転手やホテルの所有者から学校の先生やお金の写真まで、すべてが黒でした。すべてが黒で、私が黒人であるため、他の社会と同じでした。イスラム教徒、私はそこに家にいました。私はここ[米国]に家にいません。私は家に帰ろうとしていますが、そうではありません。

「私とジョージ・フォアマンにお金を払ったのは金持ちの黒人でした。彼は彼の小さな国の宣伝を望んでいたのでそれをしました、そして彼はそれを手に入れました。白人のベルギー人がそこから出なければならなかった後15年間、誰も-私を含めて-ザイールのことを聞いたことがあります。それが2200万人以上の国であることを誰も知りませんでしたが、今ではそうしています。」

2005年の騒ぎを思い出したとき、LesRoopanarineはAliの勝利のありそうもないことを思い出しました。アリは今や、その自信が敵を威嚇したに違いない偉大なジョーカーと暴徒として記憶されています。しかし、当時、彼の楽観主義は愚かであると見なされていました。彼の手は彼の目が見ることができないものを打つことができません。」多くの人がそれを絞首台のユーモアと見なしていました。フォアマンはスピードに欠けていたものを驚異的な力で埋め合わせました。トレーニングセッションでは、アリが受信側にいるとどうなるかを考えて身震いした重いバッグのオブザーバーに深いくぼみを残しました。同様の扱い。」

戦いの後しばらくして、アリの医者であるフェルディ・パチェコは、夜のアリの勇気の程度を次のように説明しました。最初の贈り物だったので、ザイールで別の贈り物を開発しました。彼はヘビー級の歴史の中で最大のあごを持っていました。彼はこれまで戦った誰よりも勇気がありました。彼は爆弾が飛び交う中で創造的かつ明確に考えることができました。そして彼は、私が今まで見た中で最も素晴らしいパフォーマンスで、その夜が最も重要だったときにそれをすべて示しました。」

アリのトレーナーであるアンジェロ・ダンディーが、彼の男の有名な反撃スタイルについて説明します。

「ザイールのすべてを信じられないほど鮮やかに覚えています。参加できたのはとてもスリルがありました。一緒に仕事をするのはとても楽しかったです。彼はいつもみんなと過ごす時間がありましたが、戦いになると彼はジョージが彼を殴っている間、ロープの上に横たわっている彼の「ロープ・ア・ドープ」に夢中です。人々は私たちがそれを戦術として取り組んだと思っていましたが、そうではありませんでした。リングを回って締めていたのですが、暑さのためにまだガチョウのように緩んでいました。

「フォアマンが彼を殺していると思ったが、何が起こったのかがわかったので、彼が最高だった。それは美しかった。ムハンマドと過ごした時間は私の人生で最も幸せな日だった。私は今でも私と同じくらい彼に会おうとしている。私たちは永遠に仲間になるからです。

2年前、ガーディアンのボクシング作家であるケビンミッチェルは、戦いの素晴らしさを要約しようとしました。 「私が何年にもわたって話をしたアテンダントライターの誰も、戦いとそれを取り巻くすべてのものを、以前またはそれ以降、彼らがカバーした他のものと比較することができませんでした。」

戦いの報告はそれを生かし続けました。オブザーバーが史上最高の50のスポーツ本のリストを作成したとき、ノーマン・メイラーのランブル、ザ・ファイトの説明が2番目になりました。この本の人気を説明するために、ジェイソン・カウリーは次のように書いています。前世紀のすべてのスポーツイベントの中で最も偉大なものの1つを劇的に直接説明し、さらにゆっくりと、その心理的洞察の詳細と鋭敏さ、そしてその修辞的で際限なく独創的なスタイルの力強い流暢さについて説明します。」

戦いの記憶は、それを見た人々の心の中で印象的に多目的なままです。それは、すべての時間の素晴らしいスポーツギャンブル、すべての時間の素晴らしい解説、およびすべての時間の素晴らしいスポーツの再発明のリストに掲載されています。

ボクシングはシルバースクリーンによく変換され、ランブルも例外ではありません。戦いのドキュメンタリー映画であるWeWere Kingsが1996年に公開され、最高のドキュメンタリー映画でオスカーを受賞しました。アリとフォアマンはプレゼンテーションで映画製作者に加わり、フォアマンはアリが階段を上るのを手伝いさえしました。フォアマンは後にアリについて次のように述べています。「彼は私が今まで出会った中で最も偉大な人間の一人です。彼が死ぬと世界の愛が少し減ることを知っているので、毎日彼のために祈っています。」


歴史のこの日:1974年10月30日:モハメド・アリがジャングルでランブルを獲得

1974年10月30日、32歳のモハメドアリは、「キンシャサの奇跡」の第8ラウンドで、25歳のチャンピオンであるジョージフォアマンをノックアウトしたときに、2度目の世界ヘビー級チャンピオンになりました。キンシャサ、ザイールでの試合。 7年前、政府が兵役逃れで彼を非難し、ボクシング委員会が彼の免許を奪ったとき、アリは彼の称号を失っていました。ザイールでの彼の勝利は、彼のベルトを取り戻すために彼を歴史上2番目の敗北したチャンピオンにしました。

「キンシャサの奇跡」(プロモーターのドン・キングが名前を付けた。彼は当初、ザイールの大統領がアイデアの風に乗ってすべてのポスターを焼くように命じるまで、「奴隷船からチャンピオンシップへ!」という試合にタグを付けた)はアフリカでした。 #8217s最初のヘビー級チャンピオンシップマッチ。西アフリカ共和国政府はこのイベントを上演しました。モブツセセセコ大統領は、この国の巨大な美しさと世界の注目を集めることを期待して、各戦闘機に500万ドルを個人的に支払いました。膨大な天然資源の埋蔵量。アリは同意した。 「私はアメリカ人の黒人とアフリカ人の間の関係を確立したかった」と彼は後で書いた。 「戦いは人種問題、ベトナムについてでした。そのすべて。」 「キンシャサの奇跡は、国全体の意識を高める戦いだった」と彼は付け加えた。

10月30日午前4時30分、屋外のStade du 20 Maiに6万人の観客が月明かりの下で集まり(主催者は米国のプライムタイムと重なるように戦いの時間を計っていました)、戦いを見守っていました。彼らは「アリ、ボマイエ」(「アリ、彼を殺す」)を唱えていました。元チャンピオンは何週間もフォアマンを罵倒していました、そして若いボクサーは行くことを熱望していました。ベルが鳴ったとき、彼は彼の署名のスレッジハンマーの打撃でアリを叩き始めました、しかし年上の男は単にロープに背を向けて、彼ができるだけ多くのヒットをブロックするために彼の腕を使いました。彼はフォアマンを待つことができると確信していました。 (Aliのトレーナーは、後でこの戦略を「ロープ・ア・ドープ」と呼びました。彼はそれを使用するための「ドープ」だったからです。)

第5ラウンドまでに、若者は疲れ始めました。彼の強力なパンチは一瞥とタップになりました。そして8番目に、あるタイムズの記者が書いたように、「クマに嫌がらせをしている蜂」のように、アリはロープから身をはがし、疲れ果てたフォアマンを当惑させているように見えるクイックパンチの弾幕を解き放ちました。左が硬くて右が切り刻まれたため、チャンピオンの疲れた足が座屈し、マットの上に倒れました。審判はラウンドに行くためにわずか2秒で彼を数えました。

アリはタイトルを失い、1981年に永久に引退する前にもう一度タイトルを取り戻しました。一方、フォアマンは1977年に引退しましたが、トレーニングを続け、1987年にボクシング史上最古のヘビー級チャンピオンになりました。今日、愛想の良いフォアマンはテキサスの牧師兼牧場主であり、5人の娘と5人の息子の父親であり、すべてジョージと名付けられています。彼はまた、GeorgeForeman屋内グリルの非常に人気のあるラインのスポークスマンでもあります。


この日:ジャングルのランブルは、モハメド・アリがジョージ・フォアマンに勝利してヘビー級タイトルを取り戻すのを見る

まだ言われていないこのコンテストについて、私たちは何を言うことができますか?モハメド・アリが32歳でベストを超えたようで、世界を驚かせ、無敵に見えるジョージ・フォアマンを8ラウンドでノックアウトし、世界ヘビー級タイトルを取り戻したときの戦い。アリはフォアマンに自分を殴り、彼のとんでもないロープ・ア・ドープのテクニックを紹介し、そして今度は衰退するダンサーから狡猾な暗殺者へと自分自身を再発明することを許可しました。これはすべて、ほとんどの人が知らなかった遠く離れた場所であるザイールで起こりました。それは、そして永遠に、ジャングルのランブルでした。

しかし、過ぎ去った年月は真実のいくつかをハックしようとしました。多くの人が、ノックアウトの前にアリが立ってフォアマンから殴打されたと主張しています。彼は確かにいくつかの恐ろしい打撃を受けましたが、実際には、裁判官の集計が証言しているように、古いマスターは最初からコントロールしていました。

そして、ジョー・フレージャーとケン・ノートンの取り壊しがすでに銀行に預けられている若いチャンピオンは、勝つことが広く期待されていましたが、その動揺は、たとえば、バスター・ダグラスのマイク・タイソンに対する勝利が16年後に起こるような普遍的なショックを引き起こしませんでした。将来のボクシングニュース編集者ハリーモーランを含むいくつかの専門家は、勝つためにアリを選んでいました。

しかし、疑うべきではないのは、このイベントの巨大な重要性です。それは間違いなくスポーツの歴史の中で最も有名な戦いであり、アリの伝説に層を追加しました。そして、敗者が敗北して20年後にトップに戻ったことを忘れないでください。これは、スポーツの成果に匹敵するものではありません。

任務遂行不可能
フォアマンは恐ろしく無敗の標本でした。前述のノートンとフレイジャーの2人の男がアリを殴打し、彼は両方に復讐したが、途中で彼を地獄に連れ戻した。しかし、どちらもフォアマンとの第2ラウンドを超えて続くことはできませんでした。それは歴史の中で世界のヘビー級統治への最も大げさなスタートでした。

ドン・キングはプロモーターとして幼少期にあり、ザイールで対決を行いました。それはあいまいな設定でしたが、陰謀に追加されました。アリはあそこの英雄でした。フォアマンは非常に悪役です。

そして、アリのトレーナーは、彼の戦闘機が勝つことを知っていました。アンジェロ・ダンディーとアリはスラッガーを注意深く研究し、彼の強みである広いブームのフックも彼のやり直しになる可能性があると判断しました。

「彼は木を切り倒そうとしている木こりのようにパンチします」とアリは言いました。

「彼がフォアマンとの戦いに勝つことはわかっていた」とダンディーは2010年に語った。彼は彼のために作られました。」

マスタープラン
「私は踊りに行きます」とアリは予測しました。 &#8220I&#8217m必要に応じて、15ラウンド踊ります。 8ラウンド後、彼が完全に疲れていることは明らかです。&#8221

しかし、ジャングルではダンスはありません。アリは試合の早い段階で、艦隊の足でのアプローチは機能しないことに気づきました。極端なアフリカの要素の囚人である指輪は、足元が重かった。

アリは明るく始め、カウンターを発射し、近づいたときに略奪する野蛮人を縛りました。彼は大胆な右リードを叩き、ロープに後退した。彼は第2ラウンドで彼の戦術を繰り返した。

「ロープから離れなさい」とアリの角は叫んだ。アンジェロ・ダンディーは後に、「彼がロープに行ったとき、私は気分が悪くなった」と言った。 3番目の前に、ダンディーは彼の戦闘機に境界から離れるように頼みました。アリは彼を振り払い、「私は自分が何をしているのか知っています」と言いました。

アリは次の数ラウンドでいくつかの恐ろしいパンチを吸収しました。しかし、彼はもっと料理をしていて、ボクシングが見た中で最高のパフォーマンスの1つを計画していました。

ラウンド8までに、フォアマンはポイントに遅れをとっていましたが、シークアンドデストロイの公式を変更することはできませんでしたが、完全に疲れ果てていました。ラウンドが終わりに近づくと、アリはフォアマンを上にして隅に閉じ込められ、ぼろぼろに切り刻まれました。年上の男は彼のチャンスを見た。彼はフォアマンをねじった見事なボレーを引き裂いた。チャンピオンはバランスを保とうとしましたが、疲れた頭蓋骨をパンチで撃ち落としました。

キングコングがエンパイアステートビルから転がり落ちるように、突然彼は前に倒れ、キャンバスの山に着陸しました。それは素晴らしい光景でした。ミッションインポッシブルはほぼ完了しました。不機嫌そうな獣が垂直性を取り戻そうとしたので、審判ザッククレイトンは10に数えました。

「私はその夜何が起こったのか本当に計画していませんでした」とアリは言いました。 「しかし、戦闘機がリングに入るとき、彼は直面する状況に応じて調整する必要があります。ジョージに対して、リングは遅かった。一晩中踊っていたら、足が疲れていただろう。そして、ジョージは私を追いかけすぎて、リングを切り落としました。最初のラウンドでは、彼が私を追いかけるよりも、彼から離れる方が多くのエネルギーを使いました。ですから、ラウンドの合間に、疲れたときにトレーニングでやったことをやろうと決心しました。」

再発明は彼の信じられないほどのキャリアをさらに7年間中断するでしょう。

言い訳、言い訳
直後、フォアマンはファウルプレーを叫んだ。彼は自分が毒殺されたと主張した。実際、彼は敗北の苦しみをそらすためにあらゆる種類のことを言った。 20年後、ザイールで着用したのと同じショーツを着用し、45歳でタイトルを取り戻し、マイケル・モーラーをノックアウトしました。それはおそらく、スポーツの歴史の中で最大のカムバックであり、最終的にジャングルの幽霊を打ち負かしました。

「ムハンマドに敗れた後、私はこの複合施設を持っていました。なぜその試合に負けたのか本当に理解できませんでした」とフォアマンは2012年に説明しました。正直言って、再戦がなかったのには驚きました&#8230

「そして、それは私が何年もの間私を食い尽くしました、私が撃たれなかったということではありません、しかしそれは私が負けたので私を食い尽くしました。どうやって負けたのかわからなかった。私は正しい立場にあり、すべての正しいことをしていましたが、勝てませんでした。分かりませんでした。私が事前に配信したショットの下では誰も立ち上がれなかったし、それは奇妙だった。彼は本当に私をノックアウトしませんでした、私はすべてのショットを投げることからほとんど自分自身をノックアウトされました。あなたはロープがドープを知っていますか?私はドープです。それで私は長い間食べ尽くされました。

それから、スポーツ記者であるロサンゼルスのアラン・マラマッドが私の牧場にやって来ました。彼は、ニューオーリンズのドームでレオン・スピンクスと戦っているモハメド・アリについて報告する途中でした。そして彼は立ち寄り、私はあらゆる場所の私の庭で働いていました、そして彼は「ジョージ、アフリカで本当に何が起こったのか?真実を知りたいのです。」そして私は彼の顔を見て、「あなたが知っている、私はそれが起こったことを失った」と言いました。彼は「何ですか?」「ええ、私はノックアウトされてタイトルを失いました。私はそれを証明する写真さえ持っています。」そして私たちは爆笑しました。そして、それは私がそれから少し自由を得た唯一の時でした。私はそれで終わりました。」


この日:モハメド・アリがキンシャサの奇跡に勝つ

1974年10月30日、32歳のモハメドアリは、「キンシャサの奇跡」の第8ラウンドで、25歳のチャンピオンであるジョージフォアマンをノックアウトしたときに、2度目の世界ヘビー級チャンピオンになりました。キンシャサ、ザイールでの試合。 7年前、政府が兵役逃れで彼を非難し、ボクシング委員会が彼の免許を奪ったとき、アリは彼の称号を失っていました。ザイールでの彼の勝利は、彼のベルトを取り戻すために彼を歴史上2番目の敗北したチャンピオンにしました。

「キンシャサの奇跡」(ザイールの大統領がアイデアの風に乗ってすべてのポスターを焼くように命じるまで、最初に「奴隷船からチャンピオンシップへ!」という試合にタグを付けたプロモーターのドン・キングによって名付けられた)はアフリカ初のヘビー級でしたチャンピオンシップマッチ。西アフリカ共和国政府はこのイベントを上演しました。モブツセセセコ大統領は、この国の広大な美しさと膨大な天然資源に世界の注目を集めることを期待して、各戦闘機に500万ドルを個人的に支払いました。資力。アリは同意した。 「私はアメリカ人の黒人とアフリカ人の間の関係を確立したかった」と彼は後で書いた。 「戦いは人種問題についてでした、ベトナム。そのすべて。」 「キンシャサの奇跡は、国全体の意識を高める戦いでした」と彼は付け加えました。

10月30日午前4時30分、屋外のStade du 20 Maiに6万人の観客が月明かりの下で集まり(主催者は米国のプライムタイムと重なるように戦いの時間を計っていました)、戦いを見守っていました。彼らは「アリ、ボマイエ」(「アリ、彼を殺す」)を唱えていました。元チャンピオンは何週間もフォアマンを罵倒していました、そして若いボクサーは行くことを熱望していました。ベルが鳴ったとき、彼は彼の署名のスレッジハンマーの打撃でアリを叩き始めました、しかし年上の男は単にロープに背を向けて、彼ができるだけ多くのヒットをブロックするために彼の腕を使いました。彼はフォアマンを待つことができると確信していました。 (アリのトレーナーは、後にこの戦略を「ロープ・ア・ドープ」と呼びました。彼はそれを使用するための「ドープ」だったからです。)

第5ラウンドまでに、若者は疲れ始めました。彼の強力なパンチは一瞥とタップになりました。そして8番目に、あるタイムズの記者が書いたように、「クマに嫌がらせをしている蜂」のように、アリはロープから身をはがし、疲れ果てたフォアマンを当惑させているように見えるクイックパンチの弾幕を解き放ちました。強く左に切り刻むと、チャンピオンの疲れた足が座屈し、マットの上に倒れました。審判はラウンドに行くためにわずか2秒で彼を数えました。

アリはタイトルを失い、1981年に永久に引退する前にもう一度タイトルを取り戻しました。彼は2016年に亡くなりました。一方、フォアマンは1977年に引退しましたが、トレーニングを続け、1987年にボクシング史上最古のヘビー級チャンピオンになりました。今日、愛想の良いフォアマンはテキサスの牧師兼牧場主であり、5人の娘と5人の息子の父親であり、すべてジョージと名付けられています。彼はまた、GeorgeForeman屋内グリルの非常に人気のあるラインのスポークスマンでもあります。


&#8220ジャングルのランブル&#8221は多くのアリに史上最高であることが証明されました

5年前の今日、モハメドアリは、パーキンソン病との数十年にわたる戦いによって複雑化した呼吸器疾患の後、アリゾナ州スコッツデールで74歳で亡くなりました。世界中からの賛辞は膨大で心のこもったものであり、6月10日にケンタッキー州ルイビルで行われた公の追悼式は推定10億人の人々に見守られました。アリの選んだスポーツへの影響は永遠に続きます。彼の遺産に敬意を表して、RingTV.comは、CompuBoxの創設者兼社長のボブカノッビオとリングテレビが書いた「ムハンマドアリ:数字による」からの2つの抜粋の2番目を紹介します。 com&#8217sはLeeGrovesを所有しています。

モハメド・アリのボクシングライフは、亡命前のウィペットの素早いバレティックアスリートと、想像力(そして時には友好的な判断)を使って若い男性を倒した1970年代の賢明なベテランの2つの部分に分けられることがよくあります。 1974年10月30日、恐ろしいジョージ・フォアマンに対するアリの創造性の優れた例はありません。ほぼばかげたほど簡単に征服者のジョー・フレージャーとケン・ノートン。しかし、アリの特別な魔法のブランドは、&#8220ビッグジョージ&#8221にはあまりにも多くのことを証明し、彼の8回目のTKO勝利で、アリの彼から奪われたものを取り戻すための探求は完了しました。

アリが43か月余りの亡命から抜け出したとき、28歳の彼が運動生活の最盛期にあった王位をすぐに取り戻すと信じていた人は少なくありませんでした。 1971年3月8日、アリの不在で王冠を手にしたジョー・フレージャーが強力なフックと巨大な意志を使ってマディソンスクエアガーデンでのユニークな対決に勝ったとき、それはすべて変わりました。

その敗北により、アリは誰もが認めるヘビー級タイトルを取り戻すために7年間のオデッセイとなるものを継続することを余儀なくされました。しかし、スポーツマジックの制作に慣れている男性でさえ、アリはチャンピオンシップの追跡をより劇場的に終わらせることができませんでした。中央アフリカの中心部で、チャンピオンのジョージフォアマンで歴史上最も危険なパンチャーの1人と戦ったアリは、タイトル&#8212ノックアウト&#8212ボクシングのリングの中でこれまでに作成された戦略的即興の最も異常な例で、戦術アリは後に&#8220ロープ-ドープ&#8221と呼ばれました。審判ザッククレイトンが戦いを振り払う光景ラウンド8の残りわずか2秒で、即座に地球を包み込む喜びの波が解き放たれました。キンシャサのStadedu 20 Maiに押し寄せた62,000人の魂の耳をつんざくような歓声と腕を振る祝賀会は、世界中の数十の閉回路アウトレットでの同様の目に見えない展示を反映していました。その瞬間、彼の偉業の重みと彼が取り戻したばかりの賞の大きさのために、アスリートのモハメド・アリはアイコンのモハメド・アリに変身しました。

ドン・キングという名前の縮れた髪の元詐欺師の策略のおかげもあり、フォアマン対アリは即座に夢の戦いから現実に変わりました。戦いのための資金が確保される前でさえ、キングはフォアマンとアリに点線で署名するように説得しました。その後、資金はビデオテクニック、パナマのリスネラインベストメント、英国を拠点とするヘムデールフィルムコーポレーション、ザイールの4つのエンティティを通じて保証されました。 8217年代の独裁者、モブツ・セセ・セコは、戦いを利用して国を金融の主流に押し上げたいと考えていました。 (1)

両方の戦闘機は、4年前にそれぞれアリとフレイジャーが作った金額の2倍である記録的な500万ドルの財布を約束されましたが、伝記作家のトーマス・ハウザーによると、アリは545万ドルを受け取りました。 (2)

アリにとって、フォアマンの試合は既視感のケースだったに違いありません。彼の敵対者は異なる個人でしたが、同様の一連の障害を提示したからです。しかし同時に、アリは自分の能力レベルのいくつかの変化に対処することを余儀なくされました。

カシウス・マルセルス・クレイとしての人生の衰退期に、アリはチャールズ&#8220ソニー&#8221リストンから彼の最初のヘビー級チャンピオンシップを獲得しました。しかし、フォアマンに対して、アリはさらに困難な物理的および時系列の課題に直面しました。

22歳のクレイはリストンより11歳若く、手と足の速度の点でチャンピオンよりも光年進んでいましたが、フォアマンに対して32歳のアリは7歳で、バージョンよりも著しく遅かったそれは&#8220The Big Ugly Bear。&#82216フィート-31/2インチで、フォアマンはリストンより3インチ高く、より強力な体格をしていました。リストンが過小評価されたジャブの後ろで活動している間、フォアマンはほとんどの敵を短い順序で押しつぶした捜索と破壊のボリュームパンチャーでした。アリの戦いに入ると、フォアマンの記録は40-0で、37回のノックアウトのうち、21回は最後の7回の戦いを含む最初の2ラウンドで発生しました。それらの7人の犠牲者の中には、アリを倒した唯一の2人の男性であるフレイジャーとノートンがいました。フォアマンはそれらを打ち負かしただけでなく、フレイジャーを6回、ノートンを3回床に置いて粉砕した後、合計10分26秒のリングタイムで仕上げました。アリにとってさらに悪いことに、彼らの転倒のほとんどは見事な、ハイライトリールの種類でした。多くのアリファンは彼らのヒーローの同じ運命を恐れていました。

フォアマンは比較的狭い3対1のお気に入りとしてインストールされましたが、当時の一般的な感情はアリに対してさらに大きなオッズを置きました。 New York Times&#8217 Dave Andersonによる次の引用は、その従来の知識を反映しています。

ジョージフォアマンは、ヘビー級の歴史の中で最も重いパンチャーかもしれません。数ラウンドの間、アリはフォアマンのスレッジハンマーの強さを逃れることができるかもしれませんが、15ラウンドの間はできません。遅かれ早かれ、チャンピオンは彼のスレッジハンマーパンチの1つを上陸させ、彼のキャリアの中で初めて、モハメド・アリがカウントされます。それは最初のラウンドで起こる可能性があります.” (3)

In honor of his mentor Liston, with whom Foreman sparred occasionally, the intrinsically amiable Texan amplified his frightful in-ring performances by projecting a brooding, intimidating persona. He often wore a sneer while giving brief, violence-laden answers to reporters’ questions.

“My opponents don’t worry about losing,” Foreman said. “They worry about getting hurt.” (4)

In his autobiography “By George,” Foreman revealed he contemplated killing an opponent to answer all questions about his worth as a fighter.

Having demolished Joe Frazier, I didn’t expect to hear doubts about my skill. But there they were. ‘George fought a tomato can’ some people said after the Joe Roman fight. What’s he so scared of?’ I realized such comments were motivated by my growing reputation as the champ you loved to hate. But I couldn’t ignore them. In too many ways I was still the kid from Fifth Ward, fighting to be king of the jungle. I intended to convince every last doubter. ‘I’m going to kill one of these fools,’ I decided. ‘Then everyone’ll shut up.’ The ‘fool’ I chose was Ken Norton.” (5)

The neck-wrenching uppercuts that flattened Norton were a scary sight and after the fight he looked down at Ali, who was doing color commentary for ABC, and said, “I’m going to kill you.” (6) Foreman saw fear in Ali’s eyes that night but the former champ sure didn’t act like it as he proceeded to launch a full-frontal verbal and psychological assault that harkened back to his first fights against Liston and Frazier.

His multi-pronged attack began by ingratiating himself with the local populace through frequent public workouts, humor-filled press conferences and removing all walls between himself and his admirers. Ali repeatedly said that the Zairian people were “my people” and held up their country as a positive example of black leadership. After learning the Lingala word for “kill him” — “bomaye” — he made the “Ali, bomaye” chant a staple of his public appearances.

Another part of the master plan was to dub Foreman “The Mummy” for his heavy-legged stalking and his slow, easily countered punches.

“George telegraphs his punches,” Ali said. “Look out, here comes the left. Whomp! Here comes the right. Whomp! Get ready, here comes another left. Whomp! I’m not scared of George. George ain’t all that tough.” (7)

Foreman wasn’t without his supporters but they were dwarfed by those who threw their full-throated support to Ali. Foreman virtually ceded Ali the “home crowd” advantage by staying in isolation most of the time, and during the rare times he ventured out he was accompanied by guard dogs. Although Foreman long had an affinity for the German Shepherd breed, to the locals it reminded them of the unpleasant days of Belgian colonial rule. (8)

While Foreman dealt with being made into public enemy number one, other parts of the promotion struggled to establish a solid foothold. A fight poster declaring the fight to be “from the slave ship to the championship” had to be replaced following a public outcry and the first set of tickets had to be shipped back and reprinted because Mobutu’s name was misspelled. (9) But those snafus paled in comparison to what happened down the homestretch.

The fight originally was to begin at 3 a.m. September 25 to ensure live prime-time coverage in the U.S. but eight days out the fight was postponed after a stray elbow from sparring partner Bill McMurray sliced open the area above Foreman’s right eye. The fight was rescheduled for 4 a.m. October 30 and both Ali and Foreman remained in Zaire for the duration. (10) While Foreman sulked, Ali took full advantage of the situation by ramping up his already robust PR campaign while also drawing spiritual strength from his African surroundings.

The surroundings inside the soccer stadium hosting the bout spawned a new crisis just hours before the fight was to begin. Ali’s chief second Angelo Dundee and public relations guru Bobby Goodman stopped by the stadium to check out the ring. What they saw horrified them: One side of the ring had sunk into the muddy pitch, the foam rubber padding had become mushy because of the severe heat and humidity and the ropes — which were made for a 24-foot square ring instead of the 20-footer they had — sagged toward the floor.

Seeing this, the two future Hall of Famers became part of an impromptu ring maintenance crew. They placed concrete slabs under the corner posts to balance the ring and placed resin on the canvas to deal with the new surface’s slipperiness.

“(To fix the ropes) we took off the clamps, pulled the ropes through the turnbuckles, lined everything up, and cut off the slack,” Goodman told Hauser. “We took about a foot out of each rope and retightened the turnbuckles by hand so they could be tightened more just before the fight. Angelo even told the ring chief that, right before the first bout, he should tighten the ropes by turning the turnbuckle. And then, before the main event, they were supposed to tighten them again.それは決して起こりませんでした。 They just didn’t do it, so by the time Ali got in the ring the ropes were slack, but there was nothing underhanded in what Angelo did. In fact, Dick Sadler and Archie Moore, who were Foreman’s corner men, saw us that afternoon in the ring. Angelo and I were sweating our butts off, cutting the ropes with a double-edged razor blade because nobody could find a knife. We were pulling them through, taping up the ends. And we said, ‘come on! You know, you guys can help.’ But it was hot and they wouldn’t give us a hand.” (11)

With massive rain clouds hovering over the stadium and dozens of traditional African dancers and percussionists adding to the exotic atmosphere, Ali, as the challenger, was the first to emerge from his dressing room. Even though he flashed a small smile from time to time as he navigated the lengthy soccer pitch he looked focused and ready to fight. Team Foreman chose to make Ali wait inside the ring for an uncomfortably long time, but once the champion came out he and his team jogged toward the ring. Both appeared in perfect condition as Ali scaled 216.7 pounds to Foreman’s 220, 30 pounds lighter than what the defending champion scaled in August. (12)

Following the introductions, each man tried to secure one final psychological advantage: Ali by chattering, Foreman by fixing a stony stare. That battle went down as a draw but the one that followed had a decisive winner.

Ali’s original plan was to move constantly, use his quicker hands to beat Foreman to the punch and extend the fight to exploit Foreman’s questionable stamina. Although his stick-and-move tactics won Ali the opening round, his surroundings and his opponent’s tactics demanded a dramatic shift in strategy.

First, Ali realized the heavily padded canvas would deaden his legs long before the end of the scheduled 15-rounder. Second, if the canvas didn’t empty his gas tank the oppressive heat and humidity — both of which were in the 80s even at 4 a.m. — would. Finally, Foreman proved himself quite adept at cutting off the ring, which meant Ali would expend more energy getting to his escape routes than Foreman would by blocking them. Even worse for Ali: The available space inside the ropes was 19 feet square instead of the usual 20. (13)

Foreman’s first-round effectiveness was reflected in the statistics, which saw Foreman land 17 of 43 punches, including 14 of 35 power shots. Ali, for his part, attempted only 30 punches, landing nine, and his jab was limited to just 3 of 13.

To Ali, every equation added up to disaster. Thus, Ali’s fertile mind produced an antidote that, on the surface, was suicidal but in practice was a stroke of genius.

One minute into round two, Ali retreated to the ropes and appeared to give Foreman exactly what he wanted — a stationary target ready to absorb massive punishment. Eager to shut Ali’s mouth as well as prove his manhood to all the world, Foreman tore into Ali with ferocious body shots and huge swings aimed at Ali’s head. For Ali’s corner it was their worst nightmare come true and writer George Plimpton, who was seated at ringside, thought he was witnessing a fix. (14)

The stats, however, told a different story. Yes, Foreman still out-landed Ali 18-14 in the second and 24-20 in the third, but Ali was striking the champion with stunning regularity. His sprightly counters enabled Ali to land 41% of his total punches in the second (including 46% of his jabs, 10 of 22) and 57% across the board in the third (20 of 35 overall, 12 of 21 jabs and 8 of 14 power punches). Meanwhile, Foreman, thrilled at the prospect of a stationary Ali, shrugged off the challenger’s blows and kept on firing. Given that Foreman had landed 38% of his power punches in the second and 52% of them in the third, he had good reason to feel that way.

For all of Foreman’s early numerical success, Ali had created a tempting mirage and Foreman, thirsting for another career-defining knockout victory, willingly fell under its spell. No longer the dancing master of the late-1960s, Ali compensated for the ravages of age by learning how to fight off the ropes during numerous sparring sessions. There, he learned how to pick off blows with his arms, pivot his torso ever so slightly to minimize the impact of body blows and formulate the proper counters for the punches coming at him. Those sparring sessions enabled Ali to create an entirely new map from which to operate and he had the confidence — and the bravery — to apply that map during one of the most critical moments of his fighting life.

In retrospect the components of the “Rope-a-Dope” addressed every problem Ali encountered in round one. By staying stationary Ali preserved enough strength in his legs to move only when necessary while simultaneously prompting an overanxious Foreman to drain his gas tank. Second, the looser-than-normal ropes enabled Ali to lean back far enough to remove his head from the plane of Foreman’s bombs. Third, Ali’s energy-saving maneuvers neutralized the effects of the weather for him while exacerbating them for Foreman. Finally, the tactic allowed Ali to exploit Foreman’s predatory mindset, which knew nothing about pacing oneself for a 15-round fight, while Ali, a veteran of long fights, could take his time and assess his options.

“Starting in the second round, I gave George what he thought he wanted,” Ali recalled. “And he hit hard. A couple of times he shook me bad, especially with the right hand. But I blocked and dodged most of what he threw, and each round his punches got slower and hurt less when they landed. I was on the ropes, but he was trapped because attacking was all he knew how to do. By round six, I knew he was tired. His punches weren’t as hard as before.” (15)

Foreman agreed with the principles behind Ali’s inspired strategy.

“When you’re young like that and you’ve had so many knockouts, you don’t want to win by points, you want to knock them out,” Foreman told NBC’s Marv Albert in 1990. “If I had to do it all over again, I’d just win the fight on points and not worry about it. If he didn’t want to come out in the middle of the ring, forget him. If he don’t want the championship of the world… that kind of thing. He fought just like your initial bum, just lay on the ropes and take a whipping. That’s normally what a bum would do. But this time he did it with character. He said, ‘I’m going to weather this storm and I’m going to whip George Foreman.’ (The “Rope-a-Dope” didn’t surprise me at all) because normally when I fight a guy that’s all he can do anyway just get on the ropes and just hope that he doesn’t get hurt. And if you happen to lay on the ropes, and George Foreman becomes a dope, you win the fight.” (16)

Lying on the ropes alone didn’t win the fight for Ali it just created the environment by which he could win. As Foreman whaled away with impunity — and growing inaccuracy — a wide-eyed Ali scanned for openings and seized on almost every one of them. Foreman’s ever-wider punches created a causeway down the middle for Ali’s spearing jabs and lightning-quick right leads that snapped the champion’s head and puffed his face.

The fourth round saw Ali out-land Foreman for the first time in the bout (15-12 overall) and his wickedly accurate counter shots connected at a 75% rate (12 of 16). Foreman, however, went all out in the fifth as he landed 26 of his 93 total punches and 23 of his 65 power shots, all fight highs. Statistically speaking, Ali answered Foreman’s surge with stiletto-sharp punching. In round five Ali was 19 of 37 overall (51%) and 10 of 17 with his power punches (59%). But as much as Ali’s punching affected Foreman, his mouth dished out even more punishment. Every time the fighters fell into a clinch Ali leaned in and dug verbal daggers that pierced Foreman’s psyche.

“Hit harder! Show me something, George,” Ali demanded. “That don’t hurt. I thought you were supposed to be bad.” Then, twisting the knife even further, he asked Foreman, “is that all you got?”

“Yep, that’s about it,” Foreman recalled thinking at that moment. (17)

For Foreman, one particular moment in round three inflicted untold psychological damage. During a round that was one of Foreman’s best, the champion landed a series of crunching body shots that he felt would be enough to finish the job.

“I went out and hit Muhammad with the hardest shot to the body I ever delivered to any opponent,” Foreman told Hauser. “Muhammad cringed I could see it hurt. And then he looked at me, he had that look in his eyes, like he was saying ‘I’m not gonna let you hurt me’. And to be honest, that’s the main thing I remember about the fight. Everything else happened too quick. I got burned out.” (18)

As that round closed, Ali rattled in a right-left-right to the face that allowed him to escape the ropes and a stinging one-two at ring center that landed painfully flush. When the bell sounded, Ali whirled around and fixed a defiant stare that said, “I will not be denied.”

The remainder of the fight was a fast-paced series of skirmishes marked by Ali’s counters, clinches and chatter and Foreman’s increasingly slower and more ponderous punches. Despite his growing exhaustion, Foreman never stopped throwing and at times he looked awkward as he tried to push his gloves past the thicket of Ali’s arms. By the sixth Ali was hitting Foreman virtually at will and by the eighth the older and lighter Ali was able to maneuver the monstrous champion into any position he chose.

Following his peak performance in the fifth, Foreman sagged to 12 of 50 overall in the fifth and 16 of 49 in the sixth. Ali, on the other hand, continued to puncture Foreman with well-aimed spears as he landed 45% of his jabs in the fifth (9 of 20) and sixth (13 of 29) while his power punching was downright surgical (10 of 17, 59%, in round five and 6 of 8, 75%, in the sixth).

The pattern of the fight was stunning and the wisdom of Ali’s strategy was finally dawning on the shocked audience. Despite the crippling exhaustion that enveloped him, Foreman continued to charge in because he knew no other way to fight. In the seventh he out-landed Ali 16-13 only because he nearly doubled Ali’s output (49-26). Meanwhile, Ali continued to strike with impressive precision (13 of 26, 50% overall, 6 of 9, 67% power).

While many believed the fight would not go the full 15 rounds, nearly everyone believed the champion would be the one who would apply the finisher. Now, with Foreman hurtling toward exhaustion, the possibility of Ali emerging victorious in a shortened fight was a growing likelihood.

To the world’s utter astonishment, that likelihood soon became reality.

With 20 seconds remaining in round eight, Ali began his final assault by landing a lancing right that nailed the onrushing Foreman. That was followed by a right to the temple that turned Foreman’s body and left it draped over the top rope. As Ali pivoted toward ring center he landed a third right to the forehead, then a devastating hook-cross to the face that sent Foreman stumbling and falling heavily to the canvas on his right side. As the crowd exploded in celebration, Ali calmly stood in the neutral corner as referee Clayton stood over the champion and tolled his count.

Foreman finally began to stir at six and by eight he managed to climb to a knee. But Clayton, for reasons only known to him, crisscrossed his arms after tolling eight and stopped the fight.

Technical questions aside, the awe-inspiring force of the moment was overwhelming. Members of the “Ali Circus” rushed the ring and Ali’s brother Rahaman tried to lift the new champion in the air, but a clearly agitated Ali slapped his sibling’s arm away with his left glove, then sat on the canvas to get away from the swirl of joy that orbited him. Dozens of spectators flooded the ring and several of them broke into dance. The scene soon spiraled out of control as a ring stool was tossed toward Ali and dozens of white-helmeted riot police struggled to quell the pandemonium.

As a sad, dejected and depleted Foreman exited the ring, the triumphant Ali led another round of “Ali, bomaye” chants.

At the time of the stoppage Ali led on all three scorecards — 70-67 according to Tunisian judge Nourridine Adalla, 69-66 on American James Taylor’s card and 68-66 by Clayton’s account. Foreman’s ferocious, but ultimately futile, attack still allowed him to out-land Ali 138-125 overall and 109-63 in power shots but Ali’s dominant jab (62-29), searing accuracy (48% overall, 40% jabs, 58% power) and ability to block most of Foreman’s bombs (30% overall, 19% jabs, 35% power) created a fusion of circumstance that led to a wondrous and historic victory.

At long last, Ali’s odyssey had reached its end. Ali became only the second man to date to regain the heavyweight championship and unlike many of those who would follow him his claim was undisputed.

As he did after he stopped Liston more than a decade earlier, Ali took time to chide his doubters.

“Everybody stop talking now. Attention!” he said in the dressing room.

“I told you, all of my critics, I told you all that I was the greatest of all times when I beat Sonny Liston. I told you today I’m still the greatest of all times. Never again defeat me, never again say that I’m going to be defeated, never again make me the underdog until I’m about 50 years old.” (19)

Ironically, it would be Foreman who would still be in boxing until nearly age 50. Long after Ali retired, came back and retired for good after back-to-back losses to Larry Holmes and Trevor Berbick, Foreman emerged from a 10-year layoff, lost a stirring challenge of Evander Holyfield at age 42 then, wearing the same trunks he wore two decades earlier in Kinshasa, fired the right hand heard around the world and regained the heavyweight championship from Michael Moorer at the age of 45 years, 310 days. The 20-year gap between championship reigns is — and probably will forever be — the longest in boxing history. But more importantly for Foreman, the victory allowed him to exorcise the ghosts that had haunted him since his nightmarish experience in the African jungle.

Now it was Foreman’s turn to feel the rush Ali must have when he scored his massive upset two decades earlier. The crowd inside the MGM Grand produced noise so cacophonous that it could be heard far beyond its confines. The commotion was at least the equal of the post-fight scene in Zaire and that, in effect, helped close the circle for Foreman.

Armed with his religious faith, the incisive perspective of a middle-aged man who had seen it all and done it all and the peace that came with his historic triumph over Moorer, Foreman — who once had blamed the Ali loss on poisoning — had a different outlook on what transpired against Ali.

“When I look back on it, devastated at that time as I was from losing the fight, I’m just happy that I didn’t win it,” Foreman told “Facing Ali” author Steven Brunt. “I’m just happy that I didn’t land that big shot and knock him out. Boy, am I happy about that. Because you could have changed everything then. The second chances. Even now, with Muhammad Ali being proclaimed The Greatest. Everything could have been messed up.

“It’s harmony to me when I hear people say Muhammad Ali is The Greatest,” he continued. “When they call him The Greatest and he walks around and people give him standing ovations, I’m thinking he deserves it.彼はそれに値する。 Life is a rough journey with a lot of problems. A lot of things happen to you. If a person can leave with some applause, amen to them. I think of the Sonny Liston fight, maybe the Joe Frazier Thrilla in Manila, and the George Foreman fight — you take any pieces of that puzzle away and you don’t crown him that. Then I get a second chance to come back because of the devastation with that fight. It forced me to just turn over every stone. ‘What’s wrong? I’m not supposed to lose. Something is wrong here.’ I couldn’t figure that out. And eventually having a fight with Jimmy Young, trying to become the number-one contender, pushing myself to my limits just to go 12 rounds made me fall into the hands of God. And if any one of those little things….it was that fragile, that one little thing (beating Ali) could have messed the whole thing up. And my world could have been totally different. Muhammad Ali’s world, Joe Frazier’s. All of us. The world could have been different for us. Because of the trials Muhammad is going through, he should have that (being called “The Greatest”). I wouldn’t want anyone else to be that, especially myself.” (20)

In that vein, it can fairly be said that, by beating Foreman, Ali had erected the final pillar of his fistic legacy, not just by regaining the championship, but doing so as an older fighter against a younger, stronger and more ferocious version of Sonny Liston. The long march to regain the crown taken from him by outside forces was now complete. The argument of his merit as a fighter was now settled. What he said from the very beginning of his career — even before he had logged one notable accomplishment — still applies now: When one combines in-ring feats with worldwide fame that transcends boxing’s confines, Muhammad Ali cemented himself as the greatest star boxing had ever known — and may ever know.

INSIDE THE NUMBERS: Ali landed 66% or higher with his power punches in four of the last five rounds — 75% in the 4th (12 of 16) 75% in the 6th (6 of 8) 66.7% in the 7th (6 of 9) and 68.8% in the 8th (11 of 16) — far higher than the heavyweight average of 40.8%. Ali landed 57.8% of his power punches in the fight, his second highest percentage of the 47 fights tracked by CompuBox (his 62.2% accuracy in the Cleveland Williams fight was the highest). The weary Foreman landed just 28 power punches in the last three rounds after landing 54 in the previous three rounds.

(1) “Muhammad Ali: His Life and Times,” by Thomas Hauser, Simon and Schuster Paperbacks, 1991, p. 263-64

(3) “Muhammad Ali: His Life and Times,” by Thomas Hauser, Simon and Schuster Paperbacks, 1991, p. 260

(5) “By George: The Autobiography of George Foreman,” by George Foreman and Joel Engel, Villard Books, 1995, p. 98-99

(7) “Muhammad Ali: His Life and Times,” by Thomas Hauser, Simon and Schuster Paperbacks, 1991, p. 266

(8) “Revisiting ‘The Rumble in the Jungle,’ ” by Josh Peter, USA Today, October 29, 2014, published on the Louisville Courier-Journal website

(9) “Muhammad Ali: His Life and Times,” by Thomas Hauser, Simon and Schuster Paperbacks, 1991, p. 264

(10) “No Ali-Foreman Bout Until Late-October,” by Thomas A. Johnson, New York Times, September 18, 1974

(11) “Muhammad Ali: His Life and Times,” by Thomas Hauser, Simon and Schuster Paperbacks, 1991, p. 273

(12) “Ali Outfought, Outlasted and Outwitted Foreman in a Classic Upset,” by Nat Loubet, THE RING, January 1975, p. 6

(14) “Shadow Box,” by George Plimpton, Berkeley Publishing Corporation, 1971, p. 303 (paperback version)

(15) “Muhammad Ali: His Life and Times,” by Thomas Hauser, Simon and Schuster Paperbacks, 1991, p. 277

(16) “Greatest Fights Ever: The Rumble in the Jungle,” NBC, aired in April 1990

(18) “Muhammad Ali: His Life and Times,” by Thomas Hauser, Simon and Schuster Paperbacks, 1991, p. 277

(19) “Greatest Fights Ever: The Rumble in the Jungle,” NBC, aired in April 1990

(20) “Facing Ali: The Opposition Weighs In,” by Stephen Brunt, The Lyons Press, 2002, p. 188-89


Muhammad Ali wins the Rumble in the Jungle - HISTORY

Muhammad Ali rose from humble beginnings to become one of the most famous men in the world. Ali's complexity matched the spirit of the tumultuous 1960s. He was at once a boxing titan, a civil rights warrior, an anti-war protester, and a charismatic celebrity.

Again and again, he proved his claim to be the "greatest." Among his 21-year career milestones are an Olympic gold medal (1960) his first heavyweight title (1964) his refusal to serve in Vietnam on religious grounds for which he was stripped of his title (1967) his vindication by the Supreme Court (1970) his recapture of the title (1974) and a third title victory (1978).

Ali captured the world's imagination when he challenged undefeated champion George Foreman to a 1974 fight in Kinshasa, Zaire, dubbing it the "Rumble in the Jungle." Ali used his "rope-a-dope" routine to tire Foreman until the eighth round, and then burst into an offensive flurry to win the heavyweight championship. Ali lost the title again and reclaimed it an unprecedented third time in 1978. He retired in 1981 with an incredible 59 wins and five losses.

The charismatic Ali has appeared on television, in commercials, and in a film about his life, and he has used his worldwide fame for humanitarian efforts as well. Much more than an outstanding boxer, the media star became a symbol of courage, independence, and determination.


The Rumble in the Jungle

The boxing match known as the Rumble in the Jungle, fought between Muhammed Ali and George Foreman in 1974, was documented by Magnum photographer Abbas during the time he spent making work in Zaire, now known as the Democratic Republic of Congo. Ahead of the release of the new book, Mohamed Ali, Kinshasa 1974, by Dupuis, we reflect on the history of the event and speak to Hamish Crooks, Abbas’ son, manager of the photographer’s estate and former head of licensing at Magnum Photos, about boxing, Abbas’ photographic practice and the significance of photography in the construction of Ali’s legend.

In the autumn of 1974, the world’s biggest sporting event was being in held in a new state in Africa. Zaire, formerly known as the Democratic Republic of the Congo, was to host a boxing match in its capital Kinshasa a contest between Muhammad Ali, the former heavyweight champion of the world who was 32 — already into retirement age, and George Foreman, a younger fighter and reigning heavyweight champion whose unflagging power in the ring had led many to describe him as undefeatable. Ali had previously won the world title defeating Sonny Liston at age 22, but had been suspended from boxing following his refusal to be drafted into the Vietnam War four years out of practice, odds were not in his favour.

Franco-Iranian photographer Abbas was working for the magazine Jeune Afrique, who had sent him on assignment to profile the nascent Zaire for their series of books on countries of Africa. Abbas had an enduring connection with Africa. He had lived in Algeria for fifteen years as a boy, and spent many of his later years living and working in West and Central Africa. Following the end of World War II and throughout the 1960s and ‘70s, old colonial powers – including France, Belgium and Britain among others – were losing imperial control of nations across Africa. These colonial powers were often replaced by ネオ-colonial influences, both of former rulers, and of the newer American and Soviet superpowers. Concurrently African nationalist movements were growing in power and popularity: it was a pivotal time for much of the continent, and provided fertile ground for photojournalists to make work.


The ‘Rumble in the Jungle’

The ‘Rumble in the Jungle’ was a world heavyweight championship title fight between the unbeaten reigning champion, George Foreman, and challenger Muhammad Ali, who had been stripped of his world heavyweight title after refusing to be inducted into the US Army in 1967. The fight took place at what is now the Stade Tata Raphaël in Kinshasa, the capital of the Democratic Republic of the Congo, on October 30, 1974, at 4am local time, to cater for American television audiences.

In his previous title defence, against Ken Norton in Caracas, Venzuela in March, 1974, Foreman had won inside two rounds and was expected to make equally short work of Ali. Indeed, Foreman said later that he had hit Ali ‘with the hardest shot to the body’ that he had ever delivered. Nevertheless, by adopting by what was dubbed the ‘Rope-a-Dope’ strategy, Ali leant back against the loose ring ropes and absorbed punishment with his arms and body, while constantly taunting Foreman into more and more powerful, looping punches.

As the fight wore on Foreman, who had not fought more than four rounds since winning by technical knockout in the tenth round against Gregorio Peralta in Oakland, California more than three years previously, visibly tired. As Foreman ran out of steam, Ali landed a series of increasingly potent counter punches, culminating in a right-left-right combination late in the eighth round, which knocked his opponent to the canvas. Foreman rose to his feet, but not quickly enough, and was counted out by referee Zach Clayton.

Post Navigation

History of Sport

A celebration of sporting history, and the iconic moments that define it. All of your favourite sports are featured including athletics, football, horse racing, rugby, tennis, and the various US focused sports. Enjoy this trip down memory lane.

最近の投稿

Random Sports History Posts

Random Sports History Videos

Top Sites

British Horse Racing Guide – All of your racing questions answered!


広告

By then, Foreman’s punches were more like love taps.

And with 15 seconds left in the round, Ali unleashed a five-punch combination topped by a devastating right that sent Foreman hurtling to the canvas.

“Muhammad amazed me, I’ll admit it. He out-thought me, he out-fought me. That night, he was just the better man in the ring,” Foreman said years later.

“After I lost to Ali in Zaire, I told everybody that I was robbed. The ropes were loose, the water was drugged … Then, once I’d changed my nature, I realized what a blemish I’d put on this great man’s career.”

The best-known face in the world. GETTY IMAGES

Ali and Foreman would later become best friends.

When the seminal documentary of the fight, When We Were Kings, premiered in 1996 Ali was suffering from Parkinson’s Disease that would eventually kill him. It won the Oscar for best documentary.

At the 1997 Academy Awards ceremony, Foreman helped his old rival up the steps to the stage to jointly accept the best documentary feature award.

“(Ali is) the greatest man I’ve ever known. Not the greatest boxer, that’s too small for him. He had a gift. He’s not pretty, he’s beautiful. Everything America should be, Muhammad Ali is,” Foreman said.


ビデオを見る: rumble in the jungle Muhammad Ali, Foreman, sombolay (七月 2022).


コメント:

  1. Moogushakar

    他にも欠如もあります

  2. Felding

    メッセージ了解度

  3. Kingsley

    私はすべてが好きでした

  4. Williams

    それは驚くべきことです、それは非常に貴重な作品です

  5. Gibbesone

    言葉は大きい!

  6. Orahamm

    私は謝罪しますが、私の意見では、あなたは正しくありません。私は確信しています。議論することをお勧めします。 PMで私に書いてください。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos