新しい

アンガウルとウリシ、戦い、(スタレメイトII作戦)、1944年9月

アンガウルとウリシ、戦い、(スタレメイトII作戦)、1944年9月


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アンガウルとウリシの戦い

序章計画の変更ハルシーの介入暴行部隊アンガウルへの暴行参考文献と参考文献

序章

1944年初頭までにギルバート諸島とマーシャル諸島が占領されると、アメリカの注目は(中央太平洋での「島巡り」キャンペーンで)マリアナ諸島の隣に向けられました。マリアナ諸島の飛行場は日本の爆撃機の射程内にありました。フォレージャー作戦は1944年6月15日にサイパンの侵攻で開始され、7月21日にグアムの侵攻で、7月24日にテニアンの侵攻で開始されました。しかし、戦闘は予想よりも費用がかかり、長引くものであり、アメリカ人は約27,000人の死傷者を出しました。これにより、マリアナ諸島の確保が遅れ(8月初旬まで確保されなかった)、支援計画の一環として1944年9月初旬に予定されていたパラオ諸島攻撃計画(ステイルメイト作戦)に3つの即時の影響がありました。南西太平洋におけるマッカーサー将軍のドライブ:
  • 第一に、計画(X線暫定水陸両用軍団と呼ばれるタスクフォース36を指揮するジュリアン・スミス少将が率いる臨時スタッフによって行われる)がかなりになるまで、新しいIII水陸両用軍団の司令官であるロイ・ガイガー少将の到着を遅らせました。高度な段階と大きな変更は実装が難しいでしょう。
  • 第二に、ホーランド中将(「ハウリン・マッド」)スミスがラルフ・C・スミス少将を第27歩兵師団の指揮から「不履行」で解放したため、陸軍と海兵隊の間に深刻な摩擦を引き起こした。これは、ワシントンDCとペリリュー島の作戦にまでさかのぼって深刻な影響を与えることでしたが、2人のフォーメーション司令官は実際には非常にうまく連携していました。
  • 第三に、それは軍隊、資源および海運(特にグアムの第3水陸両用軍団と第77歩兵師団およびサイパンの第27歩兵師団)を拘束し続けた。さらに、インテリジェンス(第31軍のファイルのキャプチャとサイパンの日本のインテリジェンスオフィサーを含む)は、バベルダオブ(パラオ島グループで最大の島)が飛行場施設の拡張に関してわずかな有用性しか持っていなかったが、大きな日本の駐屯軍は、ペリリューがすでにアメリカの手に渡った優れた作戦飛行場を持っていたが、北部の飛行場を無力化することができた。

計画の変更

計画が変更され、目標日(第1フェーズ)が1944年9月15日に変更されました。これはマッカーサー軍がモロタイを占領するのと同じ日です。新しい計画は、オペレーション・スタレメイトIIとして知られ、その最初のフェーズでは、ペリリューとアンガウルを攻撃するIII水陸両用軍団(第1海兵師団と第81歩兵師団)が関与します。第2フェーズでは、第24軍団(第7および第96歩兵師団)が10月8日にヤップ環礁とウリシ島を攻撃し、第77歩兵師団が作戦の浮遊予備軍となり、第5海兵師団がハワイの一般予備軍として機能します。 2つのフェーズは、第3艦隊の米海軍の西太平洋タスクフォースによってサポートされます。カバーフォースと特別グループ(タスクフォース30)はハルシーの直下に留まり、第3水陸両用部隊(タスクフォース31)は、ジョージHフォート少将の下でペリリューとアンガウルに向かう西部攻撃部隊(タスクフォース32)に分割されました。東部攻撃部隊(機動部隊33)は、セオドアSウィルキンソン少将の下でヤップとウリシに向かった。機動部隊32自体は、フォート直下のペリリュー攻撃グループ(第1海兵師団)とHPブランドリー少将のアンガウル攻撃グループに分割されました。

ハルシーの介入

西太平洋タスクフォースの司令官であるウィリアム・F・ブル・ハルゼー提督は、パラオ諸島とフィリピンの両方にある多くの日本軍基地に対して支援攻撃を行う全体的な責任を負っていました。これらの襲撃が行われている間、侵略軍はペリリューに向かっていたが、ハルシーの驚いたことに、これらの襲撃はわずかに争われただけであり、ハルシーはフィリピン(特に)が最初に考えたほど強く防御されていなかったと疑った。彼は、ペリリュー島とモロタイ島への攻撃が行われるちょうど2日前(9月13日)に、彼の参謀長であるRBカーニー少将に、ニミッツ提督に緊急のメッセージを送るように命じました。使用されることになっていた地上部隊は、フィリピンで使用するためにマッカーサーに移され、第三に、レイテの侵攻が最も早い機会に行われることでした。

次に、ニミッツは、フランクリンDルーズベルト大統領とウィンストンチャーチル首相とのオクタゴン会議の時にケベックで会合していた統合参謀本部にすぐにメッセージを送りました。統合参謀本部は、マッカーサー将軍とニミッツ提督と協議した後、9月14日(D-Dayの前日)にレイテ島への上陸を2か月前倒しすることを決定し、ハルシーの勧告の3番目のポイントを受け入れた。そのため、ハルシーは9​​月17日にステイルメイトIIの第2フェーズをキャンセルしました。ただし、第323歩兵師団の第323連隊戦闘チーム(RCT)がウリシ島に上陸することは例外でした。そのため、第24軍団はマッカーサーの指揮下に移され、1944年10月20日にレイテに上陸し、マッカーサーがフィリピンに戻るという約束を果たしました。第1海兵師団(ウィリアム・H・リュパータス少将の下)は計画通りペリリューを攻撃し、第81歩兵師団(ポール・J・ミューラー少将の下)の残りの2個連隊戦闘チーム(RCT)は第322RCT(大佐の下)でアンゴールを攻撃した。ベンジャミンヴェナブル)北のビーチレッドに着陸し、南と西に内陸に押し込みます。 321番目のRCT(ロバートFダーク大佐の下)は、東のビーチブルーに着陸し、西に押して、322番目のRCTと結びつきました。完了すると、81番目はIII水陸両用軍団の予備に戻り、ペリリューとアンガウルの両方が安全であると宣言された後に駐屯します。

暴行部隊

第81歩兵師団は、第321、322、および323連隊戦闘チーム(RCT)で構成され、アンガウル(321および322番目のRCT)とウリシ(323番目のRCT)の両方を攻撃することになりましたが、第1海兵師団の指揮官によって解放された場合のみでした。第81軍は、第一次世界大戦中に以前に奉仕した後、1942年6月にアラバマ州のキャンプラッカーで再活性化されました。それは第3歩兵師団の小さな正規軍幹部から育てられ、新しく任命された予備役と徴兵された軍隊で埋められました。それは大規模な砂漠訓練を受け、要塞化された防御陣地の攻撃を強調する軍団レベルの演習、カリフォルニアでの水陸両用訓練に参加し、最終的にハワイに移され、そこで追加の水陸両用訓練を受けました。それはガダルカナル島(当時は米国の主要基地)に運ばれ、そこでジャングルの訓練、順応、起伏の多い地形での訓練を受けました。アンガウルとペリリューはその最初の戦闘行動になるでしょう。

陸軍歩兵連隊には、3個の37mm M3A1対戦車砲の小隊とインテリジェンス/偵察小隊を備えた108人の本部、6個の75mm M1A1パックハウィッツァーを備えた118人のカノン会社、9個の165人の対戦車会社がありました。地雷小隊を備えた37mm対戦車砲、および115人のサービス会社。そこには3つの871人歩兵大隊があり、それぞれに155人の本部、3つの193人のライフル中隊、160人の重機関銃(D、H、M)があり、2個小隊に8個の.30calM1917A1重機関銃がありました。別の81mmM1迫撃砲6門。各ライフル会社は3つの39人の小隊で構成され、各小隊にはチームリーダー(M1ライフル)、自動ライフルマン(M1918A2 BAR)、アシスタント自動ライフルマン(M1ライフル)、手榴弾(M1ライフル、M7グレネードランチャー)を備えた3つの12人の分隊があります。 )と7丁のライフル銃(M1ライフル)。同社は、5つの2.36インチM1A1バズーカと、2つの.30calM1919A4軽機関銃のセクションと3つの60mmM2迫撃砲のセクションを備えた兵器小隊を持っていました。陸軍分割砲は海兵隊とは異なる方法で編成され、准将によって指揮され、3個の105mm M2A1榴弾砲大隊(316、317、および906番目の野戦砲大隊)と1個の155mm M1A1榴弾砲大隊(318番目)を持っていました。 。各大隊には、本部と本部のバッテリー、サービスバッテリー、および4本のチューブを備えた3個の榴弾砲バッテリーがありました。分割戦車大隊は710番目で、4つの会社がありました。3つは17のM4A1シャーマン戦車(本部に5つと2つの小隊が3つ)、4つ目は3インチ砲武装のM10駆逐戦車です。また、本部に取り付けられた突撃砲小隊に6基の75mmM8自走榴弾砲が搭載されていました。

アンガウルへの暴行

9月16日(D + 1)、リュパータス将軍はガイガー中尉にペリリューが「あと数日で」連れて行かれると合図した。したがって、ガイガーはアンガウルへの攻撃を続行するように命じました。 F-Day(PeleliuのD-Dayとは対照的に)は9月17日に設定されました。アンガウルはペリリューの南西約7マイルに位置し、第14師団から分離された第1大隊、第59歩兵連隊(強化)で後藤ウシオ少佐によって防御されました。島は小さな中央保護区を持つ4つの防衛部門に分割されていました。日本人はアメリカ人が島の南東にある素晴らしいビーチに上陸することを期待していました。アメリカ人はビーチグリーン1と2とコードネームを付けたので、後藤はここで最強の防御を構築します。彼にとって残念なことに、このすべての努力は数ヶ月前の偵察上空飛行によって発見されたので、計画は北(赤)と東(青)のビーチに着陸することでした。アンガウル自体は長さ約5,000ヤード、幅4,000ヤードで、北西の角に一連の尾根があり、通常は平らです。この地域の主要なリン酸塩源である大規模な採掘作業の現場でした。

戦艦USSテネシー、重巡洋艦1隻、軽巡洋艦3隻による予備砲撃の後、322隻目のRCTがビーチレッドに、321隻目のRCTがビーチブルーに上陸しました。 USSワスプ(CV-18)の急降下爆撃機もビーチを攻撃し、LCI(G)(上陸用舟艇、歩兵(銃))は着陸を支援するために4.5インチのロケットを発射しました。どちらも着陸時にわずかな抵抗しか発生しませんでしたが、321番目のRCTは、ビーチを離れるとより強い抵抗に遭遇しました。 323回目のRCTは、ビーチグリーン沖でフェイントを実施しました。

着陸後すぐに、「ワイルドキャッツ」は密集した地形に巻き込まれ、日本の機関銃の巣や狙撃兵がはびこっていました。その日の終わりまでに、両方のRCTは目的を達成しましたが、多額の費用がかかりました。日本人は夜の間に多くのよく計画された反撃を行いました、それはアメリカ人を彼らのより露出した位置のいくつかから撤退させました、しかしすべては結局殴打されました。 F + 1は、両方のRCTが戦車と航空支援で互いに向かって前進し、321番目のRCTの右側面が322番目のRCTの左側に接触するのを見ました。その後、322番手はビーチレッドから島の中心と後藤少佐が最後の防御位置にあった高台に向かって西に押し、午後早くにサイパンタウン(島の首都)の郊外にあるリン酸工場に到着しました。 321番目のRCTはビーチブルーから西に押し出され、ビーチグリーンの手ごわい防御に立ち向かうまで順調に進みました。F+ 2(9月19日)では、321番目のRCTが西に押し続け、後方からビーチグリーンの防御を攻撃し、要塞を1つずつ。激しい戦いの後、321番目のRCTは南西を押し、海岸線のすぐ手前で止まりました。これは、アンガウルに残っている日本の抵抗のポケットが2つしかないことを意味しました。最大のものは、北西の一連の珊瑚の尾根であるロマウルドヒルを中心にしています。状況は明らかに制御されており、III水陸両用軍団の予備軍である323番目のRCTは、ウリシ島を占領する途中で送られました。

F + 3は、321番目のRCTが南部の日本の抵抗の最後のポケットを減らし、322番目のRCTがロマウルドヒルへの攻撃を開始するのを見ました。実際、火炎放射器、手榴弾、解体費用を使って日本の抵抗力を消すには、4週間以上と激しい白兵戦が必要でした。後藤少佐は、多くの洞窟群の1つを求めて戦っている間に、10月19日に殺害され、日本の抵抗は約3日後に終了しました。 F + 3は、第1海兵隊を救援するためにペリリューにRCTを配備する必要性についてミューラー少将に連絡するガイガー少将を予告した。ミューラーは、321番は再編成された直後に発送できると答えたため、翌日ペリリューに移動し始めました。 9月20日、アンガウルは10.34に安全であると宣言されました(322番目のRCTはロマウルドヒルのポケットをクリアする必要がありましたが)。

第81海兵師団がペリリュー島で被った死傷者と比較して、第81海兵師団の全体的な死傷者は比較的少なく、戦闘以外の理由で260人が死亡、1,354人が負傷、940人が無力化した。日本人は約1,338人を失い、59人を捕らえた。

北東370マイルで、9月22日(J-Day)にウリシ環礁に323番目のRCT(最初に321番目が予定されていたもの)が着陸しました。彼らは島の水上飛行場と飛行場が無人であることを発見し、ヌグール環礁(10月16日から17日)、プロアナ島(11月20日)、カヤンゲル環礁(11月28日から12月1日)、ファリス島(1945年1月1日から4日)。ここで彼らは17人の日本人の小さなパーティーを見つけました。そのうちの8人は殺され、3人はボートで逃げ、4人は隠れて逃げ、2人は捕虜になりました。アメリカの損失は2人が死亡し、5人が負傷した。ウリシ島は、その優れた自然の港と、海兵隊の空軍基地および海軍の水上飛行場の基地により、主要な艦隊の停泊地になりました。

参考文献と参考文献

グリーン、デビッドM.「ペリリュー」 戦いの後、No。78、pp.1-43。

ウェブサイト

写真提供:SeanPrizemanおよびThePeleliu Campaign Webサイト、2001年11月26日現在アクティブ。


パシフィックシアターオブオペレーションズ

その構成領域と東南アジア地域連合軍との関係を示す米国太平洋戦線の地図。

NS パシフィックシアターオブオペレーションズ は1941年から45年の太平洋戦争中の米軍の作戦地域です。 NS 作戦劇場

陸または海域、およびその上の空域は、地域または一般的な紛争における国または同盟/連合の利益に対する戦略的脅威を中和するために自分の力を使用するために設立され、通常は国の最高のリーダーシップとそれぞれの(戦争の)劇場の司令官は、大規模な地域または国の緊急事態の場合には劇場の一部を作戦の劇場として指定し、大規模な対反乱作戦の場合には作戦の劇場を設立することもできます。 &#911&#93:GL-22


太平洋艦隊(艦隊提督チェスターニミッツ)

参照:
米国太平洋艦隊組織&ndash 1945年5月1日(ハイパーウォーへのリンク)
CINCPAC戦時日誌&ndash 1945年8月(PDF抜粋)&larr戦時日誌に含まれるOOBは、多くの部隊が占領任務に移行した8月18日からのものですが、当時の艦隊の全体的な編成には役立ちました。

ファースト・フリート(CINCPAC)

第11任務部隊南太平洋部隊(VADMカルホーン&ndash COMSOPAC)
機動部隊12ユニットは、CINCPACに直接応答する輸送中または特別任務中です
機動部隊13水陸両用部隊、太平洋艦隊(ADMターナー&ndash COMPHIBSPAC)
機動部隊14艦隊運用訓練司令部、太平洋(RADM Holloway&ndash COTCPAC)
タスクフォース15巡洋艦、駆逐艦、太平洋艦隊(RADM Blandy&ndash COMCRUPAC / COMDESPAC)
第16任務部隊、太平洋艦隊(VADM W.W. Smith&ndash COMSERVPAC)
タスクフォース17潜水艦部隊、太平洋艦隊(VADMロックウッド&ndash COMSUBPAC)
タスクフォース18マインクラフト、太平洋艦隊(RADM Sharp&ndash COMINPAC)
タスクフォース19空軍、太平洋艦隊(RADMモンゴメリー&ndash COMAIRPAC)

第三艦隊(ウィリアム・F・ハルゼー提督)

タスクフォース30特別グループ
機動部隊34ヘビーサーフェスストライキングフォース(RADM Shafroth)
タスクフォース35ライトサーフェスストライキングフォース(RADM J.C.ジョーンズ)
タスクフォース38第2空母タスクフォース(VADMマケイン)(COM2NDCARTASKFORPAC)

第4艦隊(CINCPAC)

タスクフォース49(RADMマーティン)

第5艦隊(レイモンドA.スプルーアンス提督)

第7艦隊(ADM T.C.キンカイド)

タスクフォース70特別グループ/南西太平洋地域の連合海軍
タスクフォース71潜水艦(RADMファイフ&ndash COMSUBSEVENTHFLEET)
タスクフォース72サービスフォース、第7艦隊(RADMグローバー)
第74任務部隊巡洋艦(RADMグッド)
タスクフォース75フィリピン海防区(VADMカウフマン&ndash COMPHILSEAFRON)
タスクフォース76不明
タスクフォース79米国海軍オーストラリア-ニューギニア(RADMヴァンフック)

第9艦隊(CINCPAC)

タスクフォース90ショアベースの空軍
タスクフォース91アラスカ海防区
機動部隊92打撃部隊
タスクフォース93 [これまで不明]
タスクフォース94マリアナスエリア
タスクフォース95ウエスタンフォース
タスクフォース96マーシャル-ギルバートエリア
タスクフォース97ハワイ海防区
タスクフォース98ハワイ防衛部
機動部隊99海軍作戦基地沖縄

第11艦隊(別名イギリス太平洋艦隊)

TF111からTF119&ndashイギリス太平洋艦隊(ADMフレイザー(CINCBPF)
TF112フリートトレイン
TF113空母機動部隊


戦闘初日:1943年11月20日

ベティオでの高度に調整された米国の戦闘計画は、成功するためにいくつかの重要な要素の正確なタイミングに依存していましたが、ほとんど最初から問題がありました。激しい乱気流により、米海兵隊の船側上陸用舟艇への移送作業が遅れた。侵攻前の空襲が遅れ、暴行の他の部分のスケジュールが狂った。空襲を待って、大規模な侵攻前の砲撃を開始する準備ができている支援船は、予想よりも長い位置にとどまりました。彼らは、日本の擁護者が掘られた島からますます正確な火をかわすことを余儀なくされました。

これらの問題を悪化させたのは、その朝の島周辺の予想よりも低い潮位でした。最初の暴行波のほとんどの両生類は計画通りにビーチに到達することができましたが、その背後にあるほとんどすべての大きくて重い上陸用舟艇は、浅い潮にさらされたサンゴ礁に詰まりました。海兵隊は上陸用舟艇を放棄し、敵の砲火の中で胸の深い水の中を歩き回ることを余儀なくされました。貴重なギア、特にラジオは、びしょ濡れになって役に立たなくなった。多くの海兵隊員が外洋で殴打され、岸に着いた人々は疲れ果てた、または負傷し、装備が不十分で、支援部隊と連絡をとることができずに到着した。

さらに悪いことに、ラグーンから岸までの暴行経路は、障害のある上陸用舟艇と血まみれの遺体で混雑し、援軍の派遣を妨げました。浜辺の海兵隊員は、立ったり、わずかに上昇したりすることで簡単に標的になることを知って、1インチずつ前方に這いました。初日の終わりまでに、5,000人の海兵隊員がベティオ島に上陸し、その過程で少なくともさらに1,500人が死亡しました。


マーケットガーデン作戦の失敗

しかし、この計画が発効する前に、連合国は9月17日に、オランダで大規模であるが考えがまとまらない空挺攻撃であることが判明したもの、つまりマーケットガーデン作戦を開始しました。作戦はその目的を達成できなかっただけでなく、アーヘンでドイツ軍に対してよりよく採用されたかもしれないかなりの物資を使い果たした一方で、何千もの不必要な死傷者と勢いの喪失を引き起こした。遅れは防御側に防御を強化する時間を与えました。

一部のアメリカ軍ユニットがアーヘンの戦いの準備をしている間、他のユニットはすぐ南で別の作戦を開始していました。それはヒュルトゲンの森の戦いです。 9月19日、アーネストヘミングウェイが「ツリーバーストのあるパッシェンダーレ」と呼ぶものが、第9歩兵師団(まもなく第4、8、28、および第1歩兵師団に加えて、第2レンジャー大隊と戦闘コマンドが続く)で開始されました。 1945年2月10日まで続いたヒュルトゲンの森の戦いは、20万人以上の戦闘員が関与し、戦争で最も過酷な戦いの1つでした。 。しかし、アイゼンハワー、ブラッドリー、その他すべての注目を集めたのはアーヘンでした。

ケルンの南西40マイルに位置するアーヘンを守る責任は、モルテンでの夏の戦闘中に第30歩兵師団によってひどく殴打された第116装甲師団の指揮官であるゲアハルトグラフフォンシュヴェリン少将にありました。第116議会はまだ力をはるかに下回っており、1,600人の兵士、3両の戦車、数門の突撃砲、2個のドイツ空軍要塞大隊しか所有していませんでした。他の部隊のミッシュマッシュもアーヘンを保持しており、フォンシュヴェリーンの総勢力は約12,000人になりました。

戦前の人口は165,000人でしたが、ヒトラーがアーヘンからの避難を命じる前は、わずか20,000人にまで縮小していました。フォンシュヴェリーンが到着したとき、彼は約7,000人のパニックに襲われた民間人がまだそこにいるのを発見しました。民間人を町から運ぶ方法がなかったので、将軍は彼らに留まるように言い、それから彼らにアーヘンを降伏させることを申し出たアメリカ人に手紙を書いた。

ドイツ軍の戦車と装甲擲弾兵は、前進するアメリカ軍に対する反撃を開始する前に、アーヘンの町の広場に集まります。国民突撃隊の装甲擲弾兵が、パンツァーファウストの対戦車兵器を手にしたシュトゥルムシュッツェ突撃砲を疾走しているのが見られます。

残念ながら、手紙は配達される前にドイツ人の手に渡った。ヒトラーがフォンシュヴェリーンの行為を知ったとき、彼は彼をゲシュタポに逮捕させました。彼の代わりに、第246国民擲弾兵師団の指揮官であるゲルハルトヴィルク大佐がいた。

一方、ヒトラーは東部戦線からアーヘンギャップを強化するために可能な限り多くの部隊を迅速に移送し、陸軍元帥のゲルトフォンルンドシュテットは西部の崩壊しつつある防御を強化するために引退から呼び戻された。

2つのアメリカ軍団の境界線はアーヘンのすぐ北にあり、北にXIX軍団、南にVII軍団がありました。 「ライトニングジョー」コリンズは、特にドイツ全体が彼に開かれているように見えたので、待つのが好きではありませんでした。彼の第7軍団の当初の計画では、第1歩兵師団がアーヘンを占領し、市の南にある第3機甲師団と第9歩兵師団がルール渓谷のデューレンに向かい、次にラインのケルンに向かった。砲弾の在庫がまだ不安定な状態で、ホッジスはついにコリンズに第1師団が偵察を実施し、アーヘンの防御を調査することを許可する許可を与えました。

驚いたことに、彼らがアーヘンの西と南にあるバンカーと障害物の太い線に近づいたとき、調査部隊は最初はほとんど抵抗に直面しませんでした。対戦車の障壁は装甲にいくつかの困難をもたらしましたが、要塞の銃の多くはフランスの海岸を守るために何年も前に取り外されており、防御陣地を配置する軍隊はあまりにも薄く広がっていて多くの抵抗を提供できませんでした。第1歩兵師団第16連隊K社の執行役員であるカール・ウルフ中尉は、「いくつかのピルボックスは有人でさえなかった」と思い出した。


1941年のトブルク包囲戦、トブルクのネズミの誕生

ドイツがポーランドを侵略し、1939年9月1日に第二次世界大戦を開始した瞬間から、彼らは止められませんでした。彼らの電撃戦術(戦車、飛行機、機械化歩兵を集中させて敵の防衛線を破壊する)により、彼らは勝利の準備ができました。アメリカとロシアは中立であり、ドイツの前進に対して自衛戦争を戦うためにイギリスだけを残しました。 …少なくともオーストラリア人を連れてくるまでは。

1941年のイースターまでに、ドイツは18か月間の継続的かつ急速な拡大を享受していました。英国は持ちこたえましたが、次々と敗北した結果、自宅と正面の両方で士気が非常に低くなりました。イギリス国民はヒトラーとの不可侵条約についての考えを楽しませたが、ウィンストン・チャーチル(彼らの首相)はそれに反対して死んだ。

ついにイギリス人をひざまずかせるために、ドイツ人は中東にいました。エジプトのスエズ運河は、大英帝国の要であり、彼女のアジアの植民地とその膨大な資源、そして重要な石油供給の生命線でした。それをコントロールした人は誰でも戦争に勝つでしょう。

イタリア(ドイツの同盟国)は、イギリスがひどく拘束されていたエジプトのすぐ隣のリビアを占領していました。 1941年1月22日、イギリス、オーストラリア、インドの軍隊の合同部隊がリビアの港湾都市トブルクを占領しました。これは、アクシスが支配する領土で唯一の連合軍が保有する都市です。トリポリとアレクサンドリアの間の唯一の深海港であり、地中海沿岸で戦略的な位置を占め、海軍艦隊を通じて英国の唯一の利点を確保しました。

ドイツは2月6日にゾネンブルーメ作戦を開始して報復しました。これにより、イギリス軍は5月25日にエジプトに撤退し、イタリアが保有するリビアをより多くのドイツ軍で強化しましたが、トブルクを奪還することはできませんでした。それがなければ、エジプトへのさらなる攻撃は不可能でした。なぜなら、それはアクシスの輸送ルートを過度に伸ばし、彼らの供給ラインを陸地に制限したからです。

トブルクがイギリス軍の手にとどまるように駐屯地が残された。それは、11,000人のイギリス兵、1,000人のインド軍、そしてまだ戦争を見たことがないオーストラリアからの14,000人の生の志願兵で構成されていました。後者は第9師団(第20、第24、第26旅団で構成される)とレズリー・マーズヘッド少将の第7師団の第18旅団であった。

レズリー・ジェームズ・モースヘッド中尉

イタリア人がトブルクを急いで強化された要塞に変えたにもかかわらず、彼らが直面した課題は気が遠くなるようなものでした。それは15キロメートルの掩蔽壕、斑点のある錆びた有刺鉄線の周囲、そして未完成の対戦車塹壕に囲​​まれていました。しかし、その港のおかげで、イギリス軍は入港し、都市とその軍隊、そしてフェリーの要員、つまりドイツのUボートと空襲を生き延びた人々に供給することができました。

トブルクを取り戻す任務を負ったのは、砂漠戦を熟知したことで「砂漠の狐」とも呼ばれる陸軍元帥のエルヴィン・ロンメルでした。ドイツの連勝を考えると、トブルクの敗北はイタリア人のせいになる可能性があるため、ロンメルは迅速な勝利に自信を持っていました。その上、空中偵察は港での活動の増加を示し、それはイギリス軍がいつものように撤退していることを意味すると彼は解釈した。

4月11日、ドイツの第5機甲師団は、第20オーストラリア旅団が駐屯するエルアデム道路近くのトブルクの防御を調査しました。驚いたことに、対戦車用の溝は修理されていたため、撤退を余儀なくされました。イギリス空軍も後部のアクシス車両を攻撃しました。次の夜、より多くの戦車がエルアデムの西に行こうとしましたが、オーストラリアの2/17大隊によって撃退されました。

元帥アーウィンヨハネスユーゲンロンメル。 Bundesarchiv&#8211 CC BY-SA 3.0 de

4月12日の夜明けに、第5装甲師団がエルアデムを突破し、その後分裂しました。一方は北に向かって港に向かい、もう一方は西に向かって連合軍の退却を遮断しました。典型的な電撃戦のやり方で、機械化歩兵は違反をきっかけに続きました–まさにオーストラリア人が待っていたものです。

イギリス軍の戦車が前方の機甲師団を破壊している間、彼らは歩兵を刈り取りました。ドイツ軍は、第8機関銃大隊と38両の戦車の約75%を失った後、ショックで撤退しました。第二次世界大戦が始まって以来、彼らが撃退されたのはこれが初めてでした。

ロンメルは4月16日に再試行しましたが、今回はイタリアの第132装甲師団と、第102電動師団の第62歩兵連隊でした。これらは2/48オーストラリア大隊によって阻止されました。オーストラリア大隊は5両の戦車を破壊した後、803人のイタリア人捕虜を捕虜にしました。

勇気づけられて、モースヘッドは彼の部下に包囲精神の発達を避けるために攻撃を続けるように命じました。 2/38オーストラリア大隊は4月22日にラスエルメダウアーの南西の丘を襲撃し、ファブリス分遣隊の370捕虜を奪い、2/23大隊はダーナロードを横断してイタリア第27歩兵師団の100捕虜を捕虜にした。

ロンメルは撤退を命じたが、その後、トブルクと港での船への空爆が続いた。報復として、イギリス軍はガザラ、デルナ、ベニーナのアクシス飛行場に空襲を開始しました。

ロンメルは4月30日に別の攻撃を開始しました。それは機能し、トブルクの外の防御境界を突破しましたが、撤退する前に戦車の半分と1,700人のアクシスの死傷者を出しました。約200人の連合軍兵士が死亡、負傷、または捕虜になりました。

1941年11月27日、クルセーダー作戦中に燃えているドイツのIV号戦車の横を通過するイギリスのクルセーダー戦車

ドイツの無敵の神話は崩壊していたので、チャーチルはバトルアクス作戦を命じました-トブルクを救済するためのエジプトからの攻撃。残念ながら、ドイツ軍ユニット621は計画を解読しました。 6月15日にイギリス軍がエジプトとの国境に集結したとき、ロンメルは待っていた。 3日間で、彼らはほぼ100両の戦車を失い、1,000人以上の死傷者を出しました。

ドイツの面でも、物事はあまりうまくいっていませんでした。ヒトラーはロシアとの不可侵条約を終了し、ロシアに侵攻する準備をしていました。その準備のために、ロンメルは必要な物資や材料を受け取っていませんでした。 Tobrukの擁護者と彼らの包囲者は膠着状態にありました。ドイツのラジオはオーストラリア人を「トブルクの貧しい砂漠のネズミ」と呼び始めました。彼らはそれを非常に誇りに思って、自分たちをトブルクのネズミと呼びました。

クルセーダー作戦は、バトルアックスが失敗したことを達成するために11月18日から12月30日に開始されました。それは膠着状態で終わり、ロンメルは33,000人の兵士と彼の戦車のほとんどを要しました。それ以上の物資がないので、彼はガザラへの撤退を命じ、トブルクの守備隊に非常に必要な休憩を与えました…少なくとも、彼が翌年に戻るまで。

Tobrukの外でカメラに向かってポーズをとっているオーストラリアの2/17歩兵大隊の兵士


戦い

戦艦、4隻の巡洋艦、および空母からの40機のダグラスSBDドーントレス急降下爆撃機によるアンガウルの砲撃[1]は、1944年9月11日に始まりました。6日後の9月17日、2つのRCTが北東海岸と南東海岸に着陸しました。 [1]両方のRCTが夜間に反撃された。 [1]両方のRCTが翌日リンクしました。 [1] 9月19日の3日目の終わりまでに、日本の抵抗の主な地域はロマウルドヒル周辺の北東にあったので、323番目のRCTがウリシに送られました。 [1]

アンガウルとサイパンの町の残りの部分が占領された後、アメリカ人が島の北西にあるサローミー湖近くの丘である「ボウル」を進むにつれて、抵抗は強まりました。 [1] There was another small position where the Japanese had about 400 soldiers in a defense at the southeast corner of the island, around Beach Green, that was neutralized on 20 September after 2 days of harsh fighting and about 300 U.S. casualties. [1]

From 20 September, the 322nd RCT repeatedly attacked the Bowl, but the 750 defenders repulsed them with artillery, mortars, grenades and machine guns. Gradually, hunger, thirst and American shellfire and bombing took their toll on the Japanese, and by 25 September the Americans had penetrated the Bowl. Rather than fight for possession of the caves, they used bulldozers to seal the entrances. By 30 September, the island was said to be secure although the Japanese still had about 300 more soldiers in the Bowl and surrounding areas that held out for almost four more weeks. [1] Toward the end of the first week of October, the protracted conflict had degenerated into minor patrol action with sniping, ambushing, and extensive booby-trapping employed by both sides. The island's defense commander, Major Goto was killed on 19 October fighting to keep possession of a cave. [2] [1] The last day of fighting was 22 October with a total of 36 days of fighting and blasting the Japanese resistance from their caves with explosives, tanks, artillery and flamethrowers. The 81st Infantry Division had finally taken the whole of Angaur. [1]


Hammer's, Sickle's, and Mushroom Clouds. the Story of the Reverse Cold War

I think you're doing good. Some are obvious (Adolf the German bulldog what ), while others are more subtle.

I would guess that while St. Louis is the Stalingrad analogue, Ottawa (or Albany) is the Kiev-equivalent where large formations of the American Red Army were surrounded and lost to Ze Nazis. Also, East Africa = North Africa, with the Germans winning (despite losing elsewhere) and Rommel being the O'Connor/Gott/Monty figure.

Say, will there be a Philippines/Singapore-esque epic fail moment for the good guys ITTL? And maybe Semyon Budyonny as TTL's Dugout Doug?

Red Arturoist

Turquoise Blue

Turquoise Blue

Disclaimer: I would like to thank the lovely Miss Gwendolyn (Turqouise Blue) for posting this for me without her, this update would not be possible.

"I command to you soldiers of the German Army, if your Kaiser and Chancellor are willing to stay here in the ruin of a city we call a capital, and fight side by side and be willing to die alongside you, the common soldier, shouldn't you be willing to not only die, but live for your Reich? we're being enclosed on, but what makes us weaker, makes us more determined to live, now, Go out there and send the Fascist Devils back to Paris"
Reinhard Heydrich, 1943

Chapter 8: February 2nd, 1943-June 6th, 1944
World War II
For Live, Liberty, and CHOCHOLATE.

There Loss at the Battle of St.Louis would be a turning point for the French in America, the 6 month battle turned into demoralizing meaning for the French, As the battle would be one of the bloodiest battles in all of the war, some in the French Army wondered why there bothered going to St. Louis, instead of bombing the city and bypassing it, however, no one dared to question the First Citoyen, Jean Claude Geymere, or they might get sent to a "reeducation camp" in the Algerian desert. ethier way, there still was a war to be fought, the Red Army however was getting stronger every day. and the force of America would soon be brought down on the Fascists of Paris. the 5.5 Million Red Army troops, both men and women, would begin to attack back the French, and take the East Coast of the UASR back, bit by bit..

As St.Louis ended, action reflared up in the Tennesee and Virginian fronts, as the demoralized French were attacked by a new offensive by the reenergized Red Army. Operation: Smoked Viking would press on the French frontline in Virginia and Tenneseee, The Battle of Chattanogga (February 15th-February 26th, 1943) and the Battle of Newport News (February 23rd-February 29th, 1943) would be prime examples of this, the French had overextended themselves, and were suffering morally due to the loss at St.Louis, and the news of stalemate coming from Europe, while the Red Army was reenergized thanks to a combination of the victory at St. Louis, and pure propoganda thanks to said victory, the Second Battle of Richmond (March 17t-March 26th, 1943) would also prove to be another victory for the Red Army, who soon began pushing on all fronts. by late July the French had been pushed back to the Ohio River. and there defensive posistions along the Ohio were sooned threatend by the Red Army and the Red Air Force. the First Battle of the Ohio River (August 3rd-August 10th, 1943) would prove to be a pyhrric victory for the French, who held onto the River, but suffered immense casualties in attempting to hold the River from the Red Army, who made another crack at it a week later in the Second Battle of the Ohio River (August 18th-September 1st, 1943) which a bloody battle for both sides, would result in the American reclaimation of the Ohio. the French begin to try and grind hold to there posistion on the Great Lakes as 1944 approached, the latter months of 1943 would prove to be a grind for both sides, with the Americans fighting to reclaim every single inch of the UASR, and the French fighting to hold on to every inch. the Americans would make rapid advances into the Great Lakes region and Pensylvania in the late months of 1943, including facing the French off at Gettysburg, (September 21st-28th, 1943) before reclaiming Harrisburg, the American advance would stall temporarily near the end of they year, as the French would remain in total control of the Great Lakes, Philadelphia, Pittsburgh and much of Northern Pennsylvania. as 1944 arrived, there tenuious posistion would be fragile, as the ever advancing Red Army marched rapidly.

Meanwhile back in Europe. the French would turn there eye to a new target, soon the ever neutral beacon of Democracy in Europe would be threatend, next on the French hitlist.. The Swiss。 [1], Switzerland had long held it's system of Armed Neutrality, ever since the Napoleonic Wars when it was invaded by you guessed it, the French, Switzerland had been a base for espionage between the Axis and the Allies, and a place the Nasi's could store tons of gold, but Geymere felt it was time to wipe the Swiss off the map, thus he, along with other Axis Leaders, Josef Leopold and Benito Mussolini, drew up the plans for the invasion of Switzerland, known as Operation: Cheese and Chocholate. the invasion called for it to began with a intense bombing campaign of Major Swiss cites, such as Geneva, Bern, and the capital Zurich, followed by a two pronged invasion of the Switzerland into the Central Plains, avoiding both the Jura Mountains in the North and the Alps in the South. mainly by French troops, but supported by elements of the Austrian, Italian, Saxon and Bavarian armies.

Operation: Cheese and Chocholate was launched on February 29th, 1943, it began with the French and Austrian Air Forces beginging a intense bombing campaign of the Major Swiss Cites, this obviously caught the Swiss off guard, as there neutrality had just been shot to hell and back, once more, by the French, in the intital hours of the Operation, the Capital, Zurich, along with the economic centers of Bern and Geneva, suffered intense damage in the inital bombing campaign by the Axis, then the French 11th and 10th Armies moving in from the South, supported by the Italian 5th Army, and the French 7th Army in the North, supported by the Saxon 1st and Austrian 10th, would begin invading the Swiss Plateau, and Switzerland itself, as there neutrality had been officaly violated. Swiss Minister-President Oskar Leimgruber officaly passed the act of the Declaration of War against the Axis Powers through Swiss Parliament and Switzerland joined the Allied Powers that day. the Swiss Army itself was reletively well armed and disiplined, but Switzerland itself had not fought in a war since the 1810's, most of it's Military Commanders were not adept to fighting a modern war, while the Swiss Military was a trained fighting force, no one in Switzerland had seen actual combat since 1815. and while the Axis Armies were weakening, they were still one of the most capable fighting forces on Earth, the Swiss having heart and determination, attempted to fight off the Axis invasion, however the Capital would fall a month into the invasion in the First Battle of Zurich "March 27th-April 5th, 1943), and the Swiss government would capitulate a week later. the Swiss Plateau was under complete Axis occupation, and the Swiss goverment had capitulated, a Swiss Government-In-Exile was established in Stockhom, and Switzerland itself would be partitioned between the Axis powers, with the French part being annexed by France, the Italian Part by Italy, and the German part annexed by the Rhineish Republic, throug under French military occupation, the Jura Mountains and the Alps through, became the base of the large Swiss Partisan movement, who continued to wage a guerilla war for the rest of the war against Switzerland's occupiers.

Meanwhile on the German Front, the French and Austrians would finally get what they wanted, the brokethrough the Defensive line around Berlin, and soon, a Battle was iminent, the German Army lead by a young ambitious commander named Reinhard Heydrich [2] prepared, and the Axis armies would reach the outskirts of Berlin in Mid June, and thus, finally. the Battle of Berlin (June 25th-September 29th, 1943) had begun. the fighting began on the outskirts in the Burbs around Berlin itself, the German hold on these areas became strainuous, and the skirmish in the outskirts of the German Capital City would be bloody, as the French and Austrians fought to push for Downtown Berlin. the situation in Germany had reached the point much like it did in the UASR, as they began arming anyone who could carry a rifle, including women, as Chancellor Hitler and Kaiser Wilhelm III, who remained in the city despite the beginging of the battle, ordered the same as Brussells had done in the UASR, The Battle of Berlin would replicate much like the Battle of St. Louis had, St. Louis taught the French they needed a better weapon for closer quarters battle, this led to the development of the first Assualt Rifle. the FDA43 (
Fusil d'Assaut Model 1943)[3] had begun development after St. Louis, and by the Battle of Berlin, special units had begun carrying the weapon. the Germans noticed these weapons, and many members of the Heer inside Berlin began using them over there MP-40's. or in combination with there MP-40's. the Battle of Berlin would be highlighted by stench urban warfare, as the French and Germans fought for every street, every block, every apartment building within Berlin. the Kaiser and Chancellor remained in the city[2], armed, willing to die with there soldiers, as the "Old German Bulldog" Adolf Hitler commanded troops at the Reichstag, and helped defend it from a French offensive. the Battle of Berlin would be the Bloodiest Battle of the European Front, As Berlin was turned into Hell on Earth, however the fact that the Chancellor and Kaiser were willing to fight and die side by side with the common Private, was a huge moral booster for the Germans, and would be enough to push them over the edge, the Bloody Battle of Berlin would end after 3 months of bloody warfare in the streets of Berlin, in a German victory, the victory in Berlin would be a huge moral booster to German troops all around Europe and Africa, and a huge turning point in the war.

Meanwhile, through all of this, Russia had remained the neutral, the struggling Republic had remained neutral due to a weak and fragile state it suffered in since the Russian Civil War, and then the Depression, which hit it hard. President Leon Trotsky had spent since 1932 reparing the Russian economy, however by 1943, the Russian public was getting restless, and many thought it might be time to rethink the neutrality of Russia. which had supplied funding to help keep the German War Machine alive during the war so far, the Capitulation of Switzerland brought the Russian public even more weary towards staying neutral, the last straw would be broken by Bulgaria. who on July 1st, 1943, commenced and invasion of the Neutral Ottoman Empire. forcing them to join the war as well, seeing this a direct threat close to Russia's borders. the Neutral Russians finally broke, and on July 5th, 1943, The Russian Duma unainimously agreed to declare war on the Axis Powers. the Russian mobilization proved to be slow however, as it took about a month for Russia to be ready to fight. the First Russian troops would be deployed to help the Ottomans, who had lost in Constantinople (July 9th-July 16th, 1943) and had been pushed into Anatolia by joint Austro-Bulgar armies. the Russians would prove to be helpful for the struggling Ottomans, as the front in Anatolia began to turn in favor of the Russo-Ottoman forces, through the Axis still held Constantinople strong as 1944 came around, the Russians began increasing funding the the Germans and the UASR, and on January 1st, 1944, the first meeting of the Allied Leaders (Brussells, Hitler and Trotsky) happend at Yalta, in which the three outlined the plan for the Post-War situation.

Things in Africa remained quiet during 1943 and early 1944, through the Germans began regaining ground lost in Kamerun, Erwin Rommel and Albert Speer began pushing back the French and Italians in East Africa even further as the year waned. and the Italian frontline in East Africa had been pushed back to a highly defended strip going across the border. including most of the North Eastern Province of German Kenya. General Albert Speer had pushed back French forces in the West, and began pushing into the French occupied parts of the German Congo. things in Asia would also heat up as well, seeing this a chance to grab more territory for itself, Japan declared war on France, and invaded French Indochina. the invasion was over in a month, as French Indochina was lightly defended, and fell easily to the Japanese Army, who then moved on to the East Indies, ruled by a French puppet in Amsterdam. the Indonesian Campaign would prove to be a grind through, as Indonesia would break out into full blown Civil War, with the Japanese sometimes having to defend themselves against the French, the Dutch, and the Indonesian rebels.


Things in North America began to be dire for the French as 1944 began, the Americans broke through French defensive lines in Ohio and Pennsylvania, the Battle of The Great Lakes (January 15th-March 19th, 1944) was a two month campaign by the Americans to recapture the Great Lakes on the American side. the campaiagn would prove to be relentlessly bloody, as the French had fell into dire straits, desperation had set in, as the French fought to hold onto every last inch of ground. the Americans fought to gain every last inch of ground, the campaign would end in March with the dislodgment of the French from the former American side of the Great Lakes. through the Canadian side remained in French control, as June approached, the French still remained in control of much of Europe. they were however being pushed back in North America, hold strainuous control to most of New England and the St. Lawrence, losing in Africa. however, the turning point would be soon, and the downfall of the Greater French State built up by Geymere, would soon. begin. with a fight. on a beach.

[1] I hate Cliches like this gosh darn it, the Swiss are apparntly "Super Duper Uninvadable Magic Spell" uninvadable, I didn't want to be cliche, so I thought, what could I do? and I thought. how about have Switzerland get invaded? that's original, right? so I went with it. hope you enjoy the Swiss getting invaded for once
[2] OTL Nazi Politican Insert Alert.
[3] OTL STG-44 Analouge, through the STG itself will be invented here soon

Next Time on the Reverse Cold War
June 6th, 1944 to January 1st, 1945
Ive Got my Toes in the Sand, Ive Got a Cold Beer in my Hand, Ive Got a War on my Home Front and Im Not Feeling Too Good, Life is Good Today, Life is Good Today


コンテンツ

This a chronological list of named operations involving aircraft carriers combining USN, RN, and IJN operations for Atlantic and Pacific theaters. Dates are for carrier involvement, not necessarily the dates for the entire operation.

Named World War II Military Operations Involving Aircraft Carriers
名前 Navy Action Begin End Task Force Carriers
1940
Hurry RN Deliver Aircraft to Malta 31 July 1940 4 August 1940 Force H Argus, アークロイヤル
Hat RN Reinforce Eastern Mediterranean Fleet Deliver Supplies to Malta 30 August 1940 5 Sept 1940 Force H & Force F アークロイヤル, 実例
Coat RN Deliver Aircraft to Malta Nov 1940 Nov 1940 Force H Argus, アークロイヤル, 実例
FU IJN Invasion of French Indochina 22 September 1940 26 September 1940 CarDiv2 Soryu, Hiryu
Judgment RN Raid on Toranto, Italy 11 November 1940 12 November 1940 Force H 実例
1941
Express RN Convoys to Malta, Greece, & Egypt 10 January 1941 11 January 1941 Force A 実例
Grog RN Raids on Genoa and La Spezia, Italy 9 February 1941 9 February 1941 Force H アークロイヤル
11 "Club Runs" RN Deliver Aircraft to Malta Apr 1941 Oct 1941 Force H アークロイヤル, Furious, 勝利
EF RN Raid on Kirkenes, Norway and Petsamo, Finland 30 July 1941 30 July 1941 勝利, Furious
Halberd RN Escort Convoy to Malta 27 September 1941 27 September 1941 Force H アークロイヤル
Perpetual RN Deliver Aircraft to Malta 11 October 1941 12 October 1941 Force H Argus, アークロイヤル (sunk)
AI IJN Raid on Pearl Harbor 7 December 1941 7 December 1941 Kido Butai Akagi, Kaga, Sōryū, Hiryū, Shōkaku, Zuikaku
NS IJN Invasion of the Philippines 8 December 1941 20 December 1941 龍驤
1942
NS IJN Invasion of Rabaul and Kavieng 4 January 1942 Feb 1942 Akagi, Kaga, Shōkaku, Zuikaku
NS IJN Invasion of Ambon and Timor 30 January 1942 3 February 1942 CarDiv2 Soryu, Hiryu
14 "Club Runs" RN Deliver Aircraft to Malta Feb 1942 Oct 1942 Force H HMS , HMSArgus, HMS Furious, USS ハチ
Revenge USN Raids on Kwajalein, Wotje, and Maloelap, Marshall Islands 1 February 1942 February 1942 TF-8 企業, ヨークタウン
NS IJN Invasion of Java, NEI) 14 February 1942 27 February 1942 龍驤
L, T IJN Invasion of Sumatra, NEI) 14 February 1942 28 March 1942 龍驤
Revenge 3 USN Raid on Lae & Salamaua 10 March 1942 10 Mar 42 TF-11 レキシントン, ヨークタウン
NS IJN Invasion of the Andaman Islands 23 March 1942 23 March 1942 CarDiv4 龍驤
NS IJN Indian Ocean raid 31 March 1942 10 April 1942 Kido Butai Akagi, Sōryū, Hiryū, Shōkaku, Zuikaku
Mo IJN Planned Invasion of Port Moresby, New Guinea 4 April 1942 8 April 1942 ? Shōkaku, Zuikaku, Shōhō
Shangri-la USN Doolittle Raid on Tokyo 18 April 1942 18 April 1942 TF-18,16 Hornet, 企業
Calendar RN Deliver Aircraft to Malta 20 April 1942 20 April 1942 Force W USS ハチ
Bowery RN Deliver Aircraft to Malta 9 May 1942 9 May 1942 Force W USS ハチ, HMS
AL IJN Invasion of Aleutian Islands 3 June 1942 15 August 1943 龍驤 , Jun'yō
MI IJN Battle of Midway 4 June 1942 7 June 1942 Kido Butai Akagi, Kaga, Sōryū, Hiryū
Pedestal RN Convoy from Gibraltar to Malta 3 August 1942 15 August 1942 Force F? 勝利, (sunk), Indomitable
Watchtower USN Invasion of Guadalcanal 7 August 1942 9 February 1943 TF-11, 16, 18 サラトガ, 企業, ハチ
Ka IJN Battle of the Eastern Solomons 24 August 1942 25 August 1942 Shōkaku, Zuikaku, 龍驤
? IJN Battle of the Santa Cruz Islands 25 October 1943 27 October 1943 ? Shōkaku, Zuikaku, Zuihō (also ? Junyo, Hiyo )
Torch USN/RN Invasion of French North Africa 8 November 1942 16 November 1942 TF-38, ? 9 carriers [MORE HERE]
1943
Ke IJN Evacuation of Guadalcanal 14 January 1943 7 February 1943 Zuikaku, Zuihō. Junyo
I-Go IJN Raids Against Allied Advances in Solomons & New Guinea 1 April 1943 19 April 1943 CarDiv 1, 2 Zuikaku, Zuihō, Junyo, Hiyo
Toenails USN Invasion of New Georgia 26 June 1943 25 August 1943 TG-36.3 USS サラトガ, HMS 勝利
Husky RN/USN Invasion of Sicily 9 July 1943 16 July 1943 Allied HMS Indomitable
Cherryblossem USN Invasion of Bougainville 21 October 1943 11 November 1943 TF-38 サラトガ
Galvanic USN Invasion of Tarawa & Makin, Gilbert Islands 18 November 1943 23 November 1943 TG-50.4 5 CVE
1944
Flintlock USN Invasion of Kwajalein Atoll, Marshall Islands 27 January 1944 2 February 1944 TF-58 12 carriers
Catchpole USN Invasion of Eniwetok Atoll, Marshall Islands 13 February 1944 28 February 1944 TF-58 12 carriers?
Hailstone USN Raid on Truk, Caroline Islands 17 February 1944 18 February 1944 TF-58 5 CV, 4 CVL
Desecrate𔀳 USN Raids on Palau Islands 30 March 1944 31 March 1944 TF-58 7 CV, 5 CVL
Tungsten RN Raid on battleship Tirpitz at Kaafjord, Norway 3 April 1944 3 April 1944 Force 1, 2 勝利, Furious, 4 CVE (Emperor, Pursuer, Searcher, Fencer)
Cockpit RN Raid on Sabang, Sumatra, Netherlands East Indies 19 April 1944 19 April 1944 BEF/70 HMS 実例, USS サラトガ
Reckless USA Invasion of Hollandia, New Guinea 22 April 1944 26 April 1944 TF-58 企業, 8 CVE
Persecution USA Invasion of Aitape, New Guinea 22 April 1944 4 May 1944 TF-58 企業
Ridge Able RN Raid on German Shipping off Norway 26 April 1944 26 April 1944 CVE Emperor
Croquet RN Raid on German Shipping off Norway 6 May 1944 6 May 1944 Furious, CVE Searcher
Hoops RN Raid on German Shipping off Norway 8 May 1944 8 May 1944 3 CVE (Searcher, Striker, Emperor
Transom RN Raid on Surabaya, Java 17 May 1944 17 May 1944 BEF/70 HMS 実例?, USS サラトガ
Wanderers RN Diversion to keep U-boats away from Normandy June 1944 June 1944 2 CVE (Fencer, Striker)
Neptune RN Prevent U-boat activity at Normandy June 1944 June 1944 3 CVE (Emperor, Tracker, Pursuer)
Anvil/Dragoon USN Invasion of Southern France 15 August 1944 14 September 1944 TF-88 9 CVE (6 UK, 2 US?)
Outing I RN Raids on Axis Shipping in the Aegean 9 September 1944 9 September 1944 4 UK CVE?
Stalemate II USN Invasion of Peleliu, Paulus Islands 15 September 1944 27 November 1944 TF-38, 32 3 CV, 5 CVL,11 CVE
Lycidas RN Minelaying off Norway 15 October 1944 15 October 1944 2 CVE (Fencer, Trumpeter)
??Forager USN Invasion of Palaus Islands June 1944 Nov 44?
??Forager USN Invasion of Mariana Islands June 1944
A-Go IJN Defense of the Mariana Islands 19 June 1944 20 June 1944 9 carriers
King II USN Invasion of Leyte, Philippines 17 October 1944 26 December 1944 TF-38 8 CV, 8 CVL, 18 CVE
Sho-Go IJN Defense of Philippines 23 October 1944 26 October 1944
Love III USN ? Strikes on Luzon and Mindoro Landing 25 November 1944 ? December 1944 TF-38 ?
1945
Meridian RN Raid on Palembang, Sumatra 24 January 1945 29 January 1945 BPF/Force 63 実例, Indefatigable, Indomitable, 勝利
Mike I USN Invasion of Lingayen Gulf, Philippines 9 January 1945 ? TF-38 ?
Jamboree USN Raids on Tokyo 16 February 1945 26 February 1945 TF-58 11 CV, 5 CVL,
Detachment USN Invasion of Iwo Jima, Vulcano Islnds 19 February 1945 26 March 1945 TF-58, 50 12 CV, 5 CVL, 9 CVE
Iceberg USN Invasion of Okinawa 1 April 1945 22 June 1945
Teardrop USN Anti-sub US east coast Apr 1945 May 1945


Analysis [ edit |ソースを編集]

Most military scholars consider the battle one of the most decisive military operations in modern warfare. However, Russell Stolfi argues that the landing itself was a strategic masterpiece but it was followed by an advance to Seoul in ground battle so slow and measured that it constituted an operational disaster, largely negating the successful landing. He contrasts the US style of war fighting with that of Germany by examining the US military's 1950 Incheon-Seoul operation and the German offensive in the Baltic in 1941. American forces achieved a strategic masterpiece in the Incheon landing in September 1950 and then largely negated it by a slow, tentative, 11-day advance on Seoul, only twenty miles away. By contrast in the Baltic region in 1941 the German forces achieved strategic surprise in the first day of their offensive and then, exhibiting a breakthrough mentality, pushed forward rapidly, seizing key positions and advancing almost two hundred miles in four days. The American advance was characterized by cautious, restrictive orders, concerns about phase lines, limited reconnaissance, and command posts well in the rear, while the Germans positioned their leaders as far forward as possible, relied on oral or short written orders, reorganized combat groups to meet immediate circumstances, and engaged in vigorous reconnaissance. ⏟]


ビデオを見る: German anthem meme (12月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos