新しい

インドの食生活に対する歴史の影響は何ですか?

インドの食生活に対する歴史の影響は何ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私は(いくつかの記事を除いて、完全な研究データでそれを実証することはできませんが)、特にインドの農村部での平均的なインドの食事は、一般的に炭水化物が多く、タンパク質や他の栄養素が少ないことを観察しました。例外はありますが、たとえば地理に基づいて、それでも平均して、体に栄養を与えるために消費する必要のあるすべての栄養素の点ではるかに多様化されていません。

インドの食生活にこのような規範が一般的に存在する理由はいくつか考えられますが、そのような食生活の変化が、何世紀にもわたる農民と労働の抑圧の歴史に端を発しているのかどうかも知りたいと思います。カースト、または記念すべき時代からインドで流行していた歴史的なカースト主義では、人口のかなりの部分が最低限の手段で維持されていました。

これが私の質問を絞り込むためのいくつかの例です:

1)いくつかのダル(中央と北の一部)で4-6ロティ/チャパティを食べる
2)サンバーと一緒にご飯を食べる(南インドの一部)

ライブミント:


インドが独立するまで、問題は、飢えないように十分な食物があるかどうかということよりも、食事のバランスが取れているかどうかということではありませんでした。それ以来、いくつかの飢饉の脅威がありましたが、ありがたいことに、1943年のベンガル飢饉のようなものはありませんでした。

食生活自体の進化については、独立以来、農産物、卵、日記の消費量が増加しているという点で、多少変化しているようです。これを具体化するために、数年前に国連食糧農業機関(FAOSTAT)によって発表された研究がありました。 1961年から2011年までの世界各国の消費パターンを分析しました(データはここにあるようですが、ページの読み込みを完了できないようです)。

インドの結果に関するこの記事は、調査結果の要約を示しています。

1961年、平均的なインド人の1日あたりのカロリー摂取量は2,010でした。彼らの毎日の食事は、43%の穀物(378g)、23%の農産物(199g)、12%の乳製品と卵(108g)、12%の砂糖と脂肪(108g)、2%の肉(17g)、その他の8%(68g)で構成されていました。 )。

2011年の平均的なインド人の1日のカロリー摂取量は2,458でした。彼らの毎日の食事は、34%の農産物(450g)、32%の穀物(416g)、18%の卵と乳製品(235g)、10%の砂糖と脂肪(129g)、2%の肉(29g)、4%のその他(58g)で構成されていました。 )。

ナショナルジオグラフィックは、これらの数値を役立つグラフにまとめました。

これは、1961年と2011年の1日あたりのグラム数の内訳です。

これは、1961年と2011年の1日あたりのカロリーの内訳です。

残念ながら、チャートは、引用した記事の主張が正しいかどうかを判断するのに十分な詳細に物を分解していません。それでも、彼らは国としてのインドがより多く、そしてより多様に食べている可能性があるという考えをほのめかしています。言い換えれば、地元の主食は依然として人々が毎日食べるものの基礎であるということです。これはあなたが引用する記事が不足している栄養素からのグラムとカロリー摂取量を増やすための十分な余地を残します。したがって、私はこれがすべて、あなた自身の言葉を引用すると、「人口のかなりの部分が彼らの維持のための最低限の手段で支えられている」ためであるという提案を危険にさらします-誰がその状況を帰するべきかという問題を残します開く。


特にインドの農村部での平均的なインドの食事は、一般的に炭水化物が多く、タンパク質やその他の栄養素が少ない。

より大きな歴史的観点から、これはまさに「正常」なものです。伝統的な社会では、たんぱく質が比較的不足している一方で、でんぷんが優勢でした。デニス・デ・ベルナルディの答えが示すように、インドの食生活は、世界中でそうであるように、ここ数十年で一般的に変化しました。 たんぱく質、脂肪、加工糖の消費量が多いのは比較的新しい現象です 世界の最も裕福な地域で始まり、より一般的には「現代の」工業化された形態の農業と経済によって可能になりました。したがって、質問の観察結果が示しているのは、インドの農村部は、他のいくつかの場所よりもこれらの地球規模の変化による影響をあまり受けていないということです。

これは、人類学者シドニー・ミンツ(シドニー・ミンツ(甘さとパワー、p.9):

最も偉大な(そして多くのマイナーな)座りがちな文明は、トウモロコシ、ジャガイモ、米、キビ、小麦などの特定の複雑な炭水化物の栽培に基づいて構築されてきました。これらのでんぷんベースの社会では、通常は園芸または農業であるとは限りませんが、人々は、穀物または塊茎のいずれかの複雑な炭水化物を体の糖に身体的に変換することによって栄養を与えられます。他の植物性食品、油、肉、魚、家禽、果物、ナッツ、調味料(多くの成分は栄養的に不可欠です)も消費されますが、ユーザー自身は通常、必要な場合でも、それらを二次的なものと見なします。主要なでんぷん。コアコンプレックス炭水化物とフレーバーフリンジサプリメントのこのフィッティングは、人間の食事の基本的な特徴です-すべての人間の食事ではありませんが、重要な一般化の基礎として役立つのに十分なものです。



コメント:

  1. Ekhard

    その通り!それは良い考えです。それはあなたをサポートする準備ができています。

  2. Kirkley

    謝罪しますが、私の意見では、あなたはエラーを犯します。話し合いましょう。午後に私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  3. Bradyn

    私の意見では、これは興味深い質問です。私は議論に参加します。一緒に私たちは正しい答えに来ることができます。

  4. Boyden

    この情報は公平ではありません

  5. Zolohn

    よくやった、どんな言葉が必要だった...、素晴らしいアイデア

  6. Hartwood

    いつものように上に!

  7. Vargovic

    私も同じような状況です。フォーラムへの招待。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos