新しい

ソ連の崩壊後、密輸されたすべての核物質はどうなりましたか?

ソ連の崩壊後、密輸されたすべての核物質はどうなりましたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私は現在、昼休みにいて、ウィキペディアの穴の奥深くにいます。この記事では、1993/6年の核密輸事件の阻止について詳しく説明しています。事件の多くは、核/汚い武器の生産に役立たない要素を含んでいますが、それらの少数は、かなりの量のプルトニウム/濃縮ウランを含んでいます。

これらの密輸の試みのほんの一部が破られたという仮定に基づいて作業すると、これは、かなりの量の物質(核弾頭に十分な可能性があり、汚い爆弾を作るのに十分)がおそらく悪意のある人の手に渡ったことを示唆しています。それ以来、核テロの事件を知らないので、誰が核テロを買ったのか、なぜそれが起こらなかったのか、というのが私の質問だと思います。


スタンフォード大学の国際研究所の研究者チームは、「核の密輸、盗難、孤立した放射線源に関するデータベース"(DSTO)2002年。当時、そのデータベースは次のように記述されていました。

「…兵器に使用可能な核物質の違法な人身売買に関する現在入手可能な最も信頼できるデータ」

  • リュドミラ・ザイツェワ&フリードリッヒ・スタインハウスラー: 武器の不法な人身売買-使用可能な核物質:事実と不確実性、Physics and Societyニュースレター、Vol。 33、pp 5-8、2004

2002年、DSTOデータベースには、1991年から2002年までの核物質の違法な人身売買に関する700件を超える既知の事件の詳細が含まれていました。

2004年以来、データベースはザルツブルク大学で運用されており、2010年には2440件を超える症例の詳細が含まれていました[Lyudmila Zaitseva: 核の人身売買:20年のレビュー, 2010].


DSTOデータベースは、スタンフォード大学の国際安全保障協力センターのLyudmilaZaitsevaとKevinHandによる2003年のレポート「NuclearSmugglingChains:Suppliers、Intermediaries、andEnd-Users」で使用された主要な情報源でした。そのレポートは、分析の試みの結果を示しました。

「…核密輸の需要と供給の側面、およびそれらの間の仲介者」

それは潜在的な5つの主要なグループを特定しました '利用者'既知の事件でバイヤーとして指名された人々に基づいて。これらのグループは次のとおりです。

  1. 増殖国
  2. テロ組織
  3. 宗教的な宗派
  4. 分離主義運動
  5. 刑事グループおよび個人

各グループの例がレポートに引用されています。


識別できた増殖状態の具体例は次のとおりです。

  • イラン
  • イラク
  • 北朝鮮

関与した州はこれらだけではありませんでした。それらは単に:

「…密輸された核、放射性、および核関連のデュアルユース材料の最も頻繁に報告された目的地。

インシデント数の観点から:

「イランとイラクはともに10件、「中東の国」は7件、北朝鮮は6件で言及されている」

ただし、これはDSTOデータベースの700件のインシデントのうち33件にすぎないことに注意してください(5%弱)。


DSTOデータのより最近の分析は、「放射性物質の違法な人身売買『Nuclear Black Markets:Pakistan、A.Q。 Khah and the Rise of Proliferation Networks、International Institute for Strategic Studies、Strategic Dossier、London、2007.pp119-138。

多くの場合、著者は、密輸された資料の直接の目的地はトルコであるように見えることを発見しましたが、これはエンドユーザーではなく密輸ルートの段階であると考えられていました。

このレポートは、次の国を 'の目的地として明示的に特定しました。密輸された原子力資源'オープンソースで名前が付けられていた:

  • イラン(6件)
  • リビア(5件)
  • パキスタン(4件)
  • 北朝鮮(3件)
  • 「中東」(7件)

自分の発電所や核爆弾を設計、建設、運用するためのリソースも持っていない限り、核物質は実際にはそれほど有用ではありません。一般的に、本格的な州の関係者だけがそのレベルのリソースを持っています。

そのため、テロ組織がそのような物質を入手しようとする唯一の理由は、汚い爆弾(高放射性物質を実際ではなく広範囲に拡散するように設計された通常の爆弾)を作ることであると一般に考えられていました。それを使って核分裂を実行します。)それはかなり簡単でしょう。テロ組織が実際にそれを行ったことがないので、外交政策界の仮定は、おそらくそれを効果的に行うのに十分なほど獲得していないということです。おそらくまったくありません。

それは州の関係者を残します。アブドゥル・カーンのおかげで、1990年代の違法な核技術の市場に誰がいたかを正確に知っています。イラン、北朝鮮、リビアです。

カーンは事実上パキスタンの核兵器技術の父であり、彼は少なくともブト政府からのある程度の支援を受けて、他の国々が彼のしたことをするのを助けることに何の責任も感じなかった。イランが2000年代初頭に査察に同意したとき、国連の査察官はカーンにさかのぼる記録を見つけました。そして、それは結局彼の「リング」全体を暴露しました。

そうは言っても、NPTの外で活動している、カーンのパキスタンと友好的ではなかった他の国家関係者がいます(例:イスラエルとインド)。理論的には、それらの1つがこのグレーマーケットで運営されていたとしたら、それはカーンの記録には現れなかったでしょう。しかし、私たちが決定的な証拠を持っているのは、イラン、北朝鮮、そしてリビアです。


これと2人の殺人を含むここでの他のいくつかの出来事を含むこれらの資料を含むいくつかの犯罪活動がありました。

政府の深いポケットがNTPを回避しようとしているため、爆弾製造材料の最も可能性の高い最終場所はさまざまな場所の爆弾の内部であり、犯罪/テロ組織は単に高値を付けているか、従来の兵器に持っていたものを販売しているだけなので、最終的な内訳はTEDの答えに従ってください。

これを複雑にしているのは、「核爆弾のもの」をランダムに購入しようとしているだけで、情報に通じていない人からお金を奪い、実際に何をしているのかをより慎重に知っている人たちに、おそらくレッドマーキュリー全体のことです。

ソ連で製造され、90年代に失われたこれらのアイテムにとって、現在重要なのは半減期です。コア用プルトニウムの貯蔵寿命は妥当ですが、現在元の形で発射された40年前のコアは、既存の兵器プログラムを備えた国の再処理施設にアクセスできない場合、不完全核爆発(建物は破壊されますが都市は破壊されません)になる可能性があります。

汚い爆弾に関しては、行方不明になった照射源やその他の産業資材の多くは数年で半減期を迎えたため、必ずしも安全であるとは限りませんが、最初に行方不明になったときよりもはるかに危険性が低くなります。時間。



コメント:

  1. Cosmo

    それは条件性であり、それは大きくなく、それ以下でもありません

  2. Burhbank

    それはありそうもない!

  3. Malagore

    私はあなたに絶対に同意します。これには何かがあり、これは素晴らしいアイデアだと思います。仰るとおりです。

  4. Bogdan

    どの小道具が表示されますか、それはそれです

  5. Taaveti

    お詫び申し上げますが、私の意見では、あなたは間違っています。ポジションを守ることができます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちはコミュニケーションします。

  6. Tsidhqiyah

    私の意見では、あなたは間違っています。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos