新しい

新しいPiltdownデマ分析が「LoneForger」の機能を示す

新しいPiltdownデマ分析が「LoneForger」の機能を示す


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ピルトダウン人のスキャンダルは、間違いなく英国でこれまでに行われた最大の科学的詐欺であり、偽の化石が私たちの最初の祖先の証拠として主張されています。

ドーソンの死から100年後に発表された新しい研究によると、偽造は限られた数の標本を使用して作成され、すべて一貫した方法で作成されており、加害者が単独で行動したことが示唆されています。

オランウータンの標本と少なくとも2つの人間の骨格が偽物の作成に使用された可能性が高く、これらは現在も自然史博物館に保管されています。

アーサー・スミ​​ス・ウッドワード博士(左)とアーサー・キース教授(右)によって再建されたピルトダウン人の頭蓋骨と下顎骨。 (( ロンドン自然史博物館の受託者 )

1912年から1914年の間に、博物館の古生物学者アーサースミスウッドワードとアマチュア好古家チャールズドーソンは、サセックスのピルトダウンから化石の発見を発表しました。これらはおそらく類人猿と人間の間の新しい進化のつながりでした。彼らは、類人猿のような顎と現代人のような大きな脳頭蓋の両方を持つ種を示しました。彼が1916年に亡くなる前に、ドーソンは2番目の場所でさらなる証拠を発見したと主張しました。

  • ピルトダウン人:人間の起源の研究を数十年遅らせたスキャンダル
  • ハンガリーでのアッティラ・フンの墓の発見はデマです

偽造は、何十年にもわたって人類学の研究を誤った方向に向けるのに役立ちました。当初から疑問が投げかけられましたが、科学界が遺跡が古代のように変更され、敷地内に植えられたことを認識するまでに40年かかりました。

で公開された新しい研究 王立学会オープンサイエンス は、リバプール、ロンドン、ケンブリッジ、カンタベリーの機関からの学際的なチームによって着手されました。彼らは最新の科学的方法を使用してピルトダウン標本をテストし、偽造がどのように行われたかについてさらに明らかにしました。

ピルトダウンの歴史における主な出来事と発見のタイムライン。 (( De Groote、I。etal。 )

DNA分析によると、最初のピルトダウンサイトの犬と2番目のサイトのモルの両方が、現在サラワク南西部(ボルネオ)を占めているオランウータンに最も密接に関連する1つのオランウータンから来た可能性があります。さらに、2番目のピルトダウンサイトからのモルの形状と形状は、ほぼ確実に、最初のサイトに植えられた顎骨の反対側からのものでした。

3D X線画像(マイクロCTスキャン)は、骨と歯の多くがピルトダウン砂利で満たされ、開口部が小さな小石で塞がれていることを示しています。頭蓋骨の穴は歯科用パテで埋められていました。これは、顎の歯をリセットし、粉砕中にバラバラになった歯の1つを再構築するためにも使用されました。

  • グロゼル論争–驚くべき歴史的発見または手の込んだデマ?
  • ヴォイニッチ手稿の謎:歴史か偽物か?

ピルトダウン砂利は、ピルトダウンIおよびピルトダウンII群集全体に存在します:ピルトダウンI犬歯のµCTスキャン( NS)、ピルトダウン犬の1925年のレントゲン写真( NS)(元々、ピルトダウン犬の歯髄腔内には約15の砂利が含まれていましたが、スキャンで見える穴から4つを除くすべてが除去されました)、空洞に砂利があり、小石が詰まっているピルトダウンIの一時的なµCTスキャン外耳道( NS)、ピルトダウン砂利のµCTスキャン( NS)、歯髄腔に砂利を含むピルトダウンII臼歯のµCTスキャン( e)、根に小石があるピルトダウンII大臼歯( NS). )

ケンブリッジ大学の生物人類学部の論文の共著者であるLauraBuck博士は、プロジェクトの重要性についてコメントしました。 「今日でも、ピルトダウン詐欺が行われてから100年以上経った今でも、20世紀初頭の古人類学研究の過程に多大な影響を与えたため、関連性が保たれています。」

「南アフリカのタウングチャイルドなど、アフリカの化石人間の遺体は、ピルトダウン人に基づく初期の人間の親戚がどのように見えるかという先入観に合わなかったため、最初に発見されたときはほとんど無視されていました。これは重要な役割を果たします。今日の研究者に、そこにあるべきだと思うものではなく、そこにあるものを研究するように注意を喚起する」と述べた。

リバプールジョンムーア大学のイザベルデグルート博士と論文の筆頭著者は、結果が明確な結論を示していると考えています。「複数の個人が偽の化石を生成したと非難されていますが、手口を理解するための分析は、すべての異なる標本と両方のサイト。私たちの分析から、この作業はすべて1人の偽造者であるチャールズドーソンによって行われた可能性が高いことが明らかです。」

チャールズドーソンの肖像画。


新しいピルトダウンデマの調査結果

有名なピルトダウン人の偽造の新しい分析は、彼らの発見者であるチャールズ・ドーソンにさらにしっかりと疑惑の指を向けています。

ピルトダウン人のスキャンダルは、間違いなく英国でこれまでに行われた最大の科学的詐欺であり、偽の化石が私たちの最初の祖先の証拠として主張されています。

ドーソンの死から100年後に発表された新しい研究によると、偽造は限られた数の標本を使用して作成され、すべて一貫した方法で作成されており、加害者が単独で行動したことが示唆されています。

オランウータンの標本と少なくとも2つの人間の骨格が偽物の作成に使用された可能性が高く、これらは現在も自然史博物館に保管されています。

1912年から1914年の間に、博物館の古生物学者アーサースミスウッドワードとアマチュア好古家チャールズドーソンは、サセックスのピルトダウンから化石の発見を発表しました。これらはおそらく類人猿と人間の間の新しい進化のつながりでした。彼らは、類人猿のような顎と現代人のような大きな脳頭蓋の両方を持つ種を示しました。彼が1916年に亡くなる前に、ドーソンは2番目の場所でさらなる証拠を発見したと主張しました。

偽造は、何十年にもわたって人類学の研究を誤った方向に向けるのに役立ちました。当初から疑問が投げかけられましたが、科学界が遺跡が古代のように変更され、敷地内に植えられたことを認識するまでに40年かかりました。

で公開された新しい研究 王立学会オープンサイエンスは、リバプールジョンムーア大学が率いる学際的なチームがロンドン、ケンブリッジ、カンタベリーの他の機関と協力して実施しました。彼らは最新の科学的方法を使用してピルトダウン標本をテストし、偽造がどのように行われたかについてさらに明らかにしました。

DNA分析によると、最初のピルトダウンサイトの犬と2番目のサイトのモルの両方が、現在サラワク南西部(ボルネオ)を占めているオランウータンに最も密接に関連する1つのオランウータンに由来している可能性があります。さらに、2番目のピルトダウンサイトからのモルの形状と形状は、ほぼ確実に、最初のサイトに植えられた顎骨の反対側からのものでした。

博物館の人類起源の専門家であるクリスストリンガーは、次のようにコメントしています。それらを修正するために、そして顎骨でそれらを交換しました。」

3D X線画像(マイクロCTスキャン)は、骨と歯の多くがピルトダウン砂利で満たされ、開口部が小さな小石で塞がれていることを示しています。頭蓋骨の穴は歯科用パテで埋められていました。これは、顎の歯をリセットし、粉砕中にバラバラになった歯の1つを再構築するためにも使用されました。

リバプールジョンムーア大学のイザベルデグルート博士と論文の筆頭著者は、結果は明確な結論を示していると考えています。「複数の個人が偽の化石を生成したと非難されていますが、私たちの分析は 手口 すべての異なる標本間および両方のサイトで一貫性を示します。私たちの分析から、この作業はすべて1人の偽造者であるチャールズドーソンによって実行された可能性が高いことが明らかです。

詳細については、自然史博物館のウェブサイトをご覧ください。

&times当社は、当社のWebサイトでのエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。クッキーについて詳しくは、こちらをご覧ください。


ピルトダウン人のデマは単一の偽造者の仕事だった、と研究は言います

ピルトダウン人は、歴史上最も有名な科学的デマの1つです。の新しい論文 王立学会オープンサイエンス 多くではなく、たった1つの偽造者がいたという説得力のある証拠を提供します。また、偽物を作成するために使用された骨は、単一のオランウータン標本と少なくとも2つの人間の頭蓋骨から来ました。

「(ロンドンの)自然史博物館の人々は、ピルトダウン人を見るのをやめませんでした」と、米国のリバプールジョンムーア大学の古人類学者である筆頭著者のイザベルデグルートはギズモードに語った。新しい技術が利用可能になると、残りの謎に光を当てることを期待して、標本が再検査されます。今回の分析には、CTスキャン、古代DNA分析、分光法、放射性炭素年代測定が含まれていました。

古生物学者のアーサー・スミ​​ス・ウッドワードと弁護士でアマチュアの好古家であるチャールズ・ドーソンが1912年12月にピルトダウンの町の近くの砂利採取場で珍しい化石を発見したと発表したとき、それはすぐにセンセーションを巻き起こしました。 2人の男性は、いくつかの石器と化石化した動物の残骸とともに、人間の頭蓋骨の破片と2本の臼歯が磨耗したはっきりとした猿のような顎骨を発掘したと主張しました。

骨は穴の中で隣り合って見つかったので、確かに、男性は主張しました、それらはすべて単一の生き物から来ました-技術的には呼ばれます Eoanthopus dawsoni、しかしすぐにピルトダウン人と呼ばれる。多くの人がこの発見を、人と類人猿が進化的に関連していることを証明する、待望の欠落したリンクとして歓迎しました。

ウッドワードとドーソンは、そのような頭蓋骨がその同じ月にロンドン地質学会にどのように見えたかの再構成を提示し、それが属していた個人は50万年前に住んでいたに違いないと推測しました。犬歯やクリケットのバットに似た奇妙に湾曲した骨の厚板など、このような化石は今後数年間で元のピルトダウン遺跡で発掘されました。

ドーソンは1916年に亡くなりましたが、その1年前、彼はウッドワードに手紙を書き、最初の頭蓋骨からわずか数マイル離れた2番目の場所で別の頭蓋骨からさらに3つの化石片(臼歯を含む)を見つけたと主張しました。ピルトダウン2のサイトは見つかりませんでした。ウッドワードは、ドーソンの死後数か月まで、新しい断片を社会に提示しませんでした。

発見が発表されたとき、科学界には確かに懐疑論者がいましたが、最終的にはピルトダウン人が本物として受け入れられました。大英博物館の研究者チームが1953年に、当時の新しいフッ素年代測定技術を使用して偽物を発見するまでに40年かかりました。彼らは、骨がすべて同じ年齢ではないことを発見しました。上部の頭蓋骨は5万年前のもので、類人猿のような顎骨はほんの数十年前のもので、おそらく現代のオランウータンから取ったものです。顎骨が重クロム酸カリウムで染色されて、古い赤褐色の外観になったという証拠もありました。

それで、それは明らかにデマでした。しかし、ドーソンは唯一の加害者でしたか、それとも彼は仲間の偽造者の助けを借りましたか?それとも完全に他の誰かでしたか?少なくともウッドワードは真の信者であり、1940年代に亡くなるまでそのような化石をさらに探し続けていたようです。

容疑者の1人は、ドーソンが好きではなく、恨みを抱いていた可能性のある大英博物館のスタッフ、マーティンヒントンでした。敵の信用を傷つける方法として、最初の「発見」の後に追加の化石を植えたのではないかと推測する人もいました。少なくとも、ドーソンに自分が彼の上にいることを知らせました。さらに他の人々は、犬歯が見つかったときに出席していたピエール・テイヤール・ド・シャルダンという名前の若いフランス人司祭がその特定の遺物を植えた可能性があると主張しています。シャーロックホームズの作者であるアーサーコナンドイル卿でさえ、ピルトダウンの近くに住んでいて、古生物学の愛好家であり、進化論に対してかなり敵対的だったので、容疑者のリストを作成しました。

この最新の分析は、偽造者が 手口 すべての偽物の間で非常に一貫しており、限られた数の標本を使用してすべての偽物の化石を作成しました。彼は最初の化石をウッドワードに持ち込みましたが、彼が現場にいないときは誰も新しい標本を発見しませんでした。 1916年のドーソンの死後、ピルトダウンの化石はこれ以上見つかりませんでした。彼は必要なアクセスと接続を持っていました。彼は、英国の科学者が「大きな脳、猿のような顔と顎、そして偉大なことを示す重く化石化した物質」を見ることを期待していることを知っていました。欠落しているリンクの「古代」と著者は書いています。

そしてドーソンは多作の偽造者であることが判明しました。deGrooteによると、石の斧、ラヴァン洞窟の不正な燧石鉱山など、少なくとも38の偽造品が見つかりました。彼が主張したのは、ローマ時代に関連した最初のブロンズ像の1つでした。 。 「彼は明らかに非常に長い間これを行っていました」と彼女は言いました。


科学の作成—詐欺について話し合うことで、コミュニティの信頼を再構築し、科学の仕組みについての理解を深めることができます

「ピルトダウン人」詐欺に関与している研究者の「ギャング」。犯されてから104年が経ちましたが、主な容疑者は1人(チャールズドーソン)だけです。後列:(左から右へ)F。O。バーロウ、G。エリオットスミス、チャールズドーソン、アーサースミスウッドワード。前列:A。S。アンダーウッド、アーサーキース、W。P。パイクラフト、サーレイランケスター。クレジット:ウィキメディアコモンズ

科学を実践することは、非常にやりがいがあり、挑戦的な時間でもあります。

科学は、教育レベルの上昇とインターネットとして知られる現代の驚異のおかげで、今日のような公益のレベルを享受したことはありません。

マウスを数回クリックするか、タッチスクリーンをスワイプするだけで、パーソナライズされた科学ニュースがアグリゲーターサイトまたはFacebook、Twitter、Tumbler、Redditなどのアウトレットを介してデスクトップまたはパーソナルデバイスに配信されます。

これに加えて、ゴールドスタンダードのオープンアクセス出版により、インターネットに接続している世界中の誰もが自由に研究にアクセスできるようになりました。

科学者はまた、撤回監視のような組織の監視下に置かれるようになり、科学者自身が科学の実施方法とそれがより広いコミュニティに与える影響を調査していることに気づきます。

過去数年間のオープンアクセス出版社の成長に伴い、犬や完全な詐欺研究論文の撤回が急増しているため、詐欺が増加しているため、警戒する必要があります。

それから、科学への信頼を失い、とりわけ子供たちに予防接種をしたり、フッ化物添加水を飲んだりすることを拒否した、教育を受けた経済的に裕福な地域のセクターからの科学に対する反発があります。

ここでも、特に西洋では、より広いテーマがあります。人々は権威への信頼を失いました-一世紀以上の間私たちの社会の中核であった政治的、法的、医学的、科学的そして宗教的機関において。

そして、18世紀以来私たちの経済発展に浸透してきた進歩と繁栄についての物語があります。

科学はこの物語の中心的な役割を果たしていますが、特に2007-08年の世界的な金融危機以来、多くの人々が科学にひどく失望していると感じています。

科学に対するコミュニティの信頼を再構築するための解決策の一部は、科学者がより広いコミュニティに対してより大きな開放性を受け入れることです。

アイデアがどのように、そしてなぜ変わるのか、そして私たちの心をどのように変えるのかについて、より成熟した会話に参加することは良いことであるだけでなく、科学が最高の状態で機能していることです。

科学における人間的要素についての「いぼとすべての」議論を受け入れる意欲を通して。

個々の科学者とそれが行われている機関を推進する動機とインセンティブ、およびその結果(良い面と悪い面)についてのオープンな対話。

科学に手を出す政府の影響について話し合う準備をするために。これは、科学の最善の利益とそれを実践する人々の福祉に反する、ひねくれたインセンティブを組み込むことがよくあります。

私たちを通して、私たちの科学者が取り組んでいるアイデアや発見の複雑さ、科学理論の動的な性質、発見のプロセスについて、メディアにもっと正直に要求します。知識自体の非常に競争力。

人々は賢く、それを手に入れて楽しむでしょう。主流のメディアによって他の方法で作成された印象にもかかわらず。

これを行うための素晴らしく洞察に満ちた方法の1つは、科学がどこで、なぜひどく間違っているのか、そしてそれがどのように発見され、物事が正しく設定されているのかについて話をすることです。

人類学で最も有名な例は、ピルトダウン詐欺です。これは、1912年から1953年までの41年間にわたる劇的な歴史のエピソードです。

ピルトダウンの化石は1911年(またはおそらく1908年)に発見され、1915年にはイギリスのサセックスにあるピルトダウンの砂利採取場で発見されました。

それらのほとんどは、地元の弁護士でありアマチュアの好古家でもあるチャールズ・ドーソンによって発見されました。

ピルトダウンの砂利堆積物は、マストドン、ステゴドン、ビーバー、カバの歯、火打ち石や骨の道具など、他の発見によって明らかにされたように、非常に古くからあるように見えました。

ドーソンは、大英博物館(自然史)の地質学の番人であるアーサー・スミ​​ス・ウッドワードに、発見とその潜在的な重要性について警告するために手紙を書きました。

骨はスミスウッドワードと彼の助手であるフランクバーロウによって再建されて単一の部分的な頭蓋骨を形成し、1912年後半に地質学会の満員の会議にそれらを明らかにしました。

スミスウッドワードは頭蓋骨に名前を付けることを提案した Eoanthropus dawsoni (「ドーソンの夜明けの人間」)その発見者に敬意を表して。

他の遺跡は、後にイエズス会の司祭であり、最終的にはプロの考古学者であるテイヤール・ド・シャルダンとドーソンによって、ピルトダウンの採石場から少し離れた他の場所で発見されました。

発見のタイミングは、英国の科学にとってこれ以上良いものではありませんでした。

J.H.による「ピルトダウン人」の再建1915年のウィキメディアコモンズのマクレガー

イギリスに住むオーストラリア人である一流の人類学者グラフトン・エリオット・スミスは、最も初期の人間は拡大した脳を持っていたに違いないとすでに主張していました。今日、他の類人猿と私たちを区別する主な特徴です。

大きな現代の脳と原始的な歯と顎の組み合わせで、発見はエリオット・スミスの期待に完全に一致しました、そしてこれはその日のすべての著名な英国の人類学者によって発見の急速な受け入れにつながりました。

後から考えると、彼らがいかに簡単にだまされたのか想像するのは難しいです。当時の最も偉大な科学思想家の何人かは、不信の停止を中断し、詐欺として容易に認識されるべきであった化石を容易に受け入れました。

ピルトダウンを振り返る一流の人類学者フィリップ・トビアスは、1992年に次のように書いています。

それについて注目に値するのは、デマが発見される前に、40年間多くの学者をだましていたことでした。悪かったのは、その偽装が、四半世紀以上にわたって科学の分野である古人類学の進歩を妨げる主要な要因であったということでした。

ピルトダウン詐欺は、人間の進化の発祥の地としてのアフリカの受け入れを数十年遅らせ、代わりにヨーロッパであった盲目の同盟国に科学を導きました。

そしてそれは、アフリカで働く数人の科学者のキャリアをほぼ破壊しました。彼らの発見は、人類学の歴史の中でこれまでで最も重要なものの1つであり、現代の人間起源科学の分野の舞台を設定しました。

南アフリカに住むオーストラリアのレイモンド・ダートなどの科学者は、ヨハネスブルグとルイの近くでミセス・プレスを見つけた革命的なタウング・チャイルドのロバート・ブルームと、東アフリカでの仕事が古生物学と考古学に革命をもたらしたメアリ・リーキーを発見しました。

詐欺は、南アフリカの解剖学者ジョセフ・ワイナー、英国の解剖学者ウィルフレッド・ル・グロ・クラーク、英国の地質学者ケネス・オークリーによって行われた探偵の仕事の後、1954年にのみ明らかになりました。

1年前、ワイナーはイギリス地質学会の部屋で開催された会議で初めてピルトダウンの頭蓋骨を見ましたが、この最初の見方で彼はそれが偽物であるという不安な結論に達しました。

彼らの研究は、さまざまな化学試験を通じて、ピルトダウンの頭蓋骨が地質学的に若すぎて初期の人間の祖先にはなれないことを示しました。

彼らはまた、古代の外観を高めるためにその歯が下ろされていたことを示しました。

ピルトダウンの頭蓋骨は、オランウータンの顎と2つの人間の頭蓋骨の複合体であり、注意深く壊れ、砂利で満たされ、化石のように塗装されていました。

彼らがそれを詐欺として暴露してから6年後、骨の放射性炭素年代測定は彼らが600歳以下であることを明らかにしました。

この邪悪な行為の加害者を特定することにすぐに注意が向けられ、チャールズ・ドーソンに指がしっかりと向けられました。

さらに驚くべきことに、12人の容疑者がデマにさらされた後、そのデマに関与しました。そのうちの何人かは、英国の科学的および文化的確立の最上部にいました。

その中には、Teilhard de Chardin、Arthur SmithWoodwardと彼のアシスタントFrankBarlow、Grafton Elliot Smith、スコットランドの主要な人類学者であるArthur Keith、およびオックスフォードの地質学教授であるWilliamSollasが含まれていました。

より興味をそそる容疑者の中には、シャーロック・ホームズの名声のアーサー・コナン・ドイル、ドーソンの友人で情熱的な人間の進化論者、そしてドーソンから骨の染色方法について相談を受けた細菌学者のサミュエル・アリソン・ウッドヘッドがいた。

しかし今日まで、自然史博物館の研究者が主導し、DNA分析を使用した最近の現代の探偵の仕事によって明らかにされたように、ドーソンだけが主なデマとして指で触れられたままです。

科学者、この場合はアマチュア科学者が、そもそもそのような凶悪なデマを犯す動機は何ですか?

不正直と詐欺の最も重要な動機は、科学と科学者が働く機関内の規範と報酬のシステムから来ることはよく認識されています。

近年、大学部門で激化する激しい競争など、詐欺を避けられないものもあります。

それを推進している主なものは、「キャリア主義」と無邪気に説明されることもある名声、権力、名声への欲求など、哀れなほど平凡です。

これはピルトダウンのデマの状況であり、現代の場合は常に状況です。

どこが間違っているのか、科学の歴史について率直に話し合うこと、そして個々の科学者が詐欺を発見するために行う信じられないほどの努力は、その自己修正の性質への自信を刺激するはずです。

時にはそれは数十年かかることがありますが、詐欺は最終的に発見され、加害者は説明に持ち込まれるか、彼らの名前が科学の年代記に永久に汚されます。

ありがたいことに、ほとんどの科学者は、何か新しいものを発見するという純粋なスリルのような科学を行うことから得られる個人的な報酬によって真に動かされているという知識に自信を持つことができます。

この記事はもともとTheConversationに掲載されました。元の記事を読んでください。


新しい発見

新しい技術により、科学者は骨を新たに精査することができました。

研究チームは、偽の化石を作成するために、おそらく中世からの単一のオランウータン標本と少なくとも2つの人間の標本が使用された可能性が高いことを発見しました。

オランウータンの標本は、ボルネオ島のサラワクに生息する亜種のメンバーである可能性が高いことがわかりました。

CTスキャンは、歯がピルトダウンサイトからの砂​​利で満たされていることを明らかにしました。この画像は、ピルトダウンIIで見つかったモルの小石を示しています。

研究は、骨のコレクション全体が同じ方法で詐欺のために準備されたことを明らかにしています。

ストリンガー教授は次のように説明しています。 '両方のピルトダウンサイトのオランウータンと人間の素材に同じ変更が加えられました。

私たちの科学的テストを通じて、同じオランウータンの顎が使用された可能性が高いことを示しました。

「これは、2番目のピルトダウンサイトでの発見に関係していることが知られている唯一の人物であるチャールズドーソンの中心的な関与を示しています。」

X線画像と高解像度CTスキャンは、いくつかの骨と歯に砂利が積まれており、穴が小さな小石で塞がれていることを示しました。これらはすべて、ピルトダウンで見つかったものと同様の堆積物に由来します。

博物館のCTスキャナー内のピルトダウンからの砂利ブロック©KarolynShindler

これに加えて、同じパテを骨全体に使用して、砂利プラグを所定の位置に保持し、オランウータンの顎の歯の1つを復元しました。

DNA分析により、2つの別々のピルトダウン人の犬歯と臼歯が同じオランウータンの個体に関連付けられました。

リバプールジョンムーア大学の主執筆者であるイザベルデグルート博士は、次のように付け加えています。 手口 すべての異なる標本間および両方のサイトで一貫性を示します。

「私たちの分析から、この作業はすべて1人の偽造者であるチャールズドーソンによって実行された可能性が高いことが明らかです。」


調査により、科学で最も有名なデマの1つであるピルトダウン人の背後にいる犯人が明らかになりました

1912年に英国の小さな村の外にある砂利採取場で発見されたとき、頭が大きくて類人猿のピルトダウン人は、人類の進化における主要な欠落リンクとして歓迎されました。この発見は、数十年にわたる進化研究のペースを設定し、米国を設立しました。人類の進化における重要な場所としての王国。唯一の問題?ピルトダウン人は、科学史上最も有名な詐欺の1つであることが判明しました。これは、オランウータンの顎と歯と対になった人間の頭蓋骨です。現在、科学者たちは、重複したカバールではなく、1人のデマが原因であると一度だけ理解したと考えています。

ピルトダウンの物語は1907年に始まりました。その年、ドイツの砂の採掘労働者が ホモ・ハイデルベルゲンシス—現在、20万年から60万年前のヒト族は、現代人とネアンデルタール人の両方に共通の祖先である可能性が高いと認識されています。この発見は、最終的に第一次世界大戦につながる国民の緊張の高まりによって悪化し、英国の自然主義者の間で劣等感のようなものを引き起こしました。そのため、5年後、英国サセックス(現在の英国イーストサセックス)のプロの弁護士兼アマチュア化石ハンターであるチャールズドーソンが友人の古生物学者アーサースミスウッドワード卿に手紙を書き、「ライバルとなる人間(?)の頭蓋骨の厚い部分 NS. ハイデルベルゲンシス サセックスの村、ピルトダウンの近く。

スミスウッドワードとドーソンは共同で1912年にロンドン地質学会に調査結果を発表しました。最初の発掘から、人間のような頭蓋骨、類人猿の下顎骨、いくつかの摩耗した臼歯、石器、化石動物を発見したと主張しました。チームによる次の2年間の発掘調査では、人間と類人猿のサイズの中間にある犬歯が明らかになりました。骨の色とそれらを取り巻く化石化した動物に基づいて、ドーソンとスミスウッドワードは、その個体が約50万年前に住んでいたと推測しました。英国の人類の進化研究コミュニティは熱心に受け入れました Eoanthropus dawsoni、ピルトダウン人としてよく知られています。その大きな脳頭蓋と類人猿のような顎と歯は、まさにこれらの科学者が「ミッシングリンク」から見つけることを期待していたものでした。

しかし、アフリカ、中国、インドネシアで今後数十年にわたってますます多くのヒト族の化石が発見されるにつれて、ピルトダウン人は唯一のミッシングリンクとしての重要性を失いました。英国のオックスフォード大学の科学者が、当時の新しいフッ素年代測定技術を使用して、1953年にこの悪ふざけが明るみに出ました。これは、古い骨が時間の経過とともに地下水からより多くのフッ化物を吸収するという事実に依存しています。すべて同じ年齢ではありませんでした。さらなる分析により、それらは注意深く彫られ、染色された人間と類人猿の骨の融合であることが明らかになりました。

潜在的な加害者には、当然、ドーソンとスミス・ウッドワードが含まれていましたが、発掘を支援したフランスのイエズス会の司祭であるピエール・テイヤール・ド・シャルダンや、スミス・ウッドワードと協力したボランティアのマーティン・ヒントンなども含まれていました。シャーロックホームズのクリエーターであるアーサーコナンドイル卿でさえ考慮されました。それで、フーダニット?

手前では、チャールズドーソン(左)とアーサースミスウッドワード卿が英国の村ピルトダウンの外にある砂利ピットを発掘しています。

英国のリバプールジョンムーア大学の古人類学者であるIsabelleDe Grooteは、2009年にこの問題の調査を開始し、最新のスキャン技術とDNA分析を元の資料に適用しました。彼女と同僚は、下顎骨と歯のコンピューター断層撮影(CT)スキャンを既知の類人猿の標本と比較し、これらの断片はすべてオランウータンに由来すると結論付けました。歯のDNA配列は、それらがすべてから来たことを示唆しました 同じ オランウータンは、偽造者が好奇心の店から入手した可能性があるとDeGrooteが疑っています。

少なくとも2人の個人からのものであるとすでに認識されている人間の骨は、より少ない秘密を明らかにしました。これらの骨は異常に厚いですが(先史時代の起源を主張するために最初に使用された事実)、DeGrooteはそれらが通常の人間の変化の範囲外ではないと言います。残念ながら、研究者たちは骨からDNAを抽出することができず、放射性炭素年代測定は失敗しました。

CTスキャンを調べると、De Grooteは、事実上すべての骨の表面に奇妙なオフホワイトのパテがあることに気づきました。このパテは塗装されて汚れており、場合によっては、偽造者が誤って作成した亀裂や隙間を埋めるために使用されていました。頭蓋骨と歯の中に、同じパテで密閉された中空の部屋の中に小さな小石が詰め込まれているのを見つけました。 De Grooteは、化石化した骨は最近の骨よりも著しく重いため、デマがこれらの小石を使用して骨の重さを量ったと考えています。

まとめると、すべてのピルトダウン人の断片で使用されている技術の一貫性は、1人の人物がデマをやめたことを示唆しているとチームは本日Royal Society OpenScienceで報告しています。 「集合体全体を通して、片方の手、1つのメーカー、1つの署名の証拠があります」とDeGroote氏は言います。

最も可能性の高い手は、ほぼ正確に100年前に亡くなったチャールズドーソンのものでした、とDeGrooteは言います。アマチュアの地質学者、考古学者、歴史家である彼は、地質学者や人類学者の会議に定期的に出席したと彼女は述べています。彼は、コレクションへのアクセスと先史時代の発見がどのように見えるべきかについての知識を持った、熱心な化石ハンターでした。彼はまた、短時間の偽造の習慣があり、彼のあまり祝われていない他のいくつかの発見は後に偽物であることが示されました。何よりも、彼は英国の科学界で受け入れられ、認められることを切望していた、とDeGrooteは言います。手紙は、彼の執拗な、しかし最終的には無益な、王立学会への参加の試みを明らかにしています。

「化学データは、ドーソンがデマの背後にある頭脳であったという豊富な状況証拠を裏付けているようです」と、現在の研究に参加しなかったオランダのライデンにあるナチュラリス生物多様性研究所の地質学者スティーブン・ドノヴァンは言います。

ドーソンは、太古の昔から成功した詐欺師が使用したのと同じトリックを採用することで、その日の専門家をだますことができました。彼は彼らが見たいものを見せました。 “Dawson really played a very clever card,” De Groote says. “With the findings coming out of Germany, and Britain wanting to be at the forefront of science, there was this sense that, ‘We must have these fossils in Britain, as well.’”

Miles Russell, an archaeologist in Bournemouth, U.K., who wrote the book The Piltdown Man Hoax: Case Closed in 2012, says the study adds scientific certainty to his and others’ conclusions that Dawson alone committed the hoax. “Having an accomplice in this … would have been extremely dangerous, opening the forger up to potential blackmail, or worse, exposure and ridicule,” he says. “The new report confirms the likelihood that the forger, who we can now no longer doubt was Dawson, acted alone.”

De Groote says Piltdown’s other prime suspect, Smith Woodward, was merely an unwitting participant in Dawson’s gamble for fame. Although he helped with the excavation, he always let Dawson guide the work, she says.

Still, others remain convinced that Dawson had help. Francis Thackeray, a paleoanthropologist at the University of the Witwatersrand in Johannesburg, South Africa, says he “strongly suspects” Teilhard de Chardin was in on the hoax. Teilhard de Chardin was known as a bit of a prankster, he says. “My view is that Teilhard [de Chardin] was an adviser to Dawson, and that the motive behind the forgery was that it was initially a joke against [Smith] Woodward,” Thackeray says. “It was a joke that went seriously wrong.”

Dawson’s calculated chicanery underscores why studying Piltdown Man is still important to modern science, De Groote says. Although such a brazen hoax is unlikely to occur again in physical anthropology because of the sophistication of modern analytical techniques, she says, there’s still a danger of being too quick to accept interpretations that adhere to what scientists expect to find. That’s especially true when anthropologists hoard their collections, De Groote says, which remains all too common in her field.

“Piltdown Man sets a good example of the need for us to take a step back and look at the evidence for what it is,” she says, “and not for whether it conforms to our preconceived ideas.”


‘Piltdown Man’ Hoax Was Most Likely The Work Of A Single Forger — Charles Dawson

Scientists Robert Kruszynski and Girdland Flink carry out tests on samples of the remains of the Piltdown Man, the bogus fossils of a “missing link” between apes and humans that created a scientific sensation in the 1910's in Britain, in the DNA laboratory of the Natural History Museum, London, in an undated picture released by the Natural History Museum. Photo: Reuters/Karolyn Shindler

When the big-brained, ape-jawed fossil fragments of the Piltdown Man were discovered in a U.K. village in 1912, it was immediately hailed as a major missing link between ape and man — something that, if true, would have been a huge breakthrough in the field of evolutionary biology. However, as it was discovered 40 years down the line, it was something far less groundbreaking — an elaborate and audacious forgery.

When the hoax first came to light in 1953, the needle of suspicion, quite understandably, fell on Charles Dawson — the amateur archaeologist who claimed to have made the “discovery” — and the renowned British palaeontologist Smith Woodward, who along with Dawson, presented the findings to the Geological Society of London in 1912.

However, they were far from the only suspects. Even the Sherlock Holmes Creator Arthur Conan Doyle — a dilettante palaeontologist — was briefly considered.

Now, in a new study published in the journal Royal Society Open Science, a team of researchers has argued that the hoax was the handiwork of just one forger, rather than many, and it probably wasn’t Doyle.

“Although multiple individuals have been accused of producing the fake fossils, our analyses to understand the modus operandi show consistency between all the different specimens and on both sites,” lead author Isabelle De Groote from Liverpool John Moores University in England, said in a statement. “It is clear from our analysis that this work was likely all carried out by one forger: Charles Dawson.”

Using DNA sequencing of the teeth and CT scans of the mandible, the research team concluded that the bones used to create the fake came from a single orangutan specimen — most likely a member of the subspecies that lives in Sarawak, Borneo — and at least two human specimens — possibly from the medieval period.

Surface modifications of the Piltdown "fossil": (a,b) photo and CT scans showing the material removal of the cusps in an unnatural horizontal plane and enamel reconstruction on the lingual margin (c) Comparison of surface modifications on different areas of: enamel (d), dentine (e), restorative putty (f) and stained enamel (g). Photo: De Groote et al./Royal Society Open Science

“The same modifications were made on the orangutan and human material from both the Piltdown sites,” co-author Chris Stringer from the Natural History Museum, London, said in the statement. “It points to the central involvement of Charles Dawson, the only person known to be connected with the supposed discoveries at the second Piltdown site.”

Given that no new Piltdown fossils were found after Dawson’s death in 1916, and that he had the access and connections necessary to obtain the human and orangutan specimens, the researchers believe that he alone committed the hoax, with Woodward becoming an unwitting participant.

“Despite the consistency in production, our novel analyses of the materials from Piltdown have shown that the forger was not a trained conservator. Some aspects of the work show inexpert skills, resulting in bones fracturing, putty setting too fast and teeth cracking while being filed down,” the authors wrote in the study. “Perhaps, if the five years of World War I had not intervened, and more people had been given access to the original material (rather than the casts that were made and offered to other scholars for study), the forgery would have been discovered earlier.”


Brain versus brawn

The man of Piltdown. Photograph: Roger Viollet/Getty Images

Three special features mark out Homo sapiens from the rest of the primate world. We walk upright we make complex tools and we have big brains. And of these features, it was thought – for a long time – that big brains came first. They drove a need to free hands and arms in order to make tools – which our developing intellects subsequently invented. Hence the easy reception given to the finds at Piltdown. They accorded with the notion that human intellect has a deep-rooted evolutionary past. But we now know that this sequence is not the case. Upright stance came first, tools came later and big brains, measured in terms of modern human standards, arrived last. The Piltdown forgery was a bad guess.


Researchers reveal new findings into greatest scientific fraud

A new analysis of the famous Piltdown Man forgeries, conducted by LJMU researchers, points the finger of suspicion even more firmly at their discoverer, Charles Dawson.

The Piltdown Man scandal is arguably the greatest scientific fraud ever perpetrated in the UK, with fake fossils being claimed as evidence of our earliest ancestor.

Published 100 years on from Dawson&rsquos death, new research reveals that the forgeries were created using a limited number of specimens that were all constructed using a consistent method, suggesting the perpetrator acted alone.

It is highly likely that an orang-utan specimen and at least two human skeletons were used to create the fakes, which are still kept at the Natural History Museum.

Between 1912 and 1914 Museum palaeontologist Arthur Smith Woodward and the amateur antiquarian Charles Dawson announced the discovery of fossils from Piltdown in Sussex. These were supposedly a new evolutionary link between apes and humans. They indicated a species with both an ape-like jaw and a large braincase like a modern human. Before he died in 1916, Dawson claimed to have discovered further evidence at a second site.

The forgeries helped misdirect the study of anthropology for decades. While doubts were raised from the start, it took 40 years for the scientific community to recognise that the remains had been altered to seem ancient and had been planted in the sites.

The new research, published in 王立学会オープンサイエンス, was undertaken by a multi-disciplinary team led by Liverpool John Moores University working with other institutions in London, Cambridge and Canterbury. They used the latest scientific methods to test the Piltdown specimens to uncover more about how the forgery was done.

DNA analyses show that both the canine from the first Piltdown site and the molar from the second site probably came from one orang-utan, related most closely to orang-utans now occupying south-west Sarawak (Borneo). In addition, the shape and form of the molar from the second Piltdown site was almost certainly from the other side of the jawbone planted in the first site.

Dr Isabelle De Groote from LJMU's Department for Natural Sciences and Psychology, and lead author on the paper, thinks the results point to a clear conclusion: "Although multiple individuals have been accused of producing the fake fossils, our analyses to understand the modus operandi show consistency between all the different specimens and on both sites. It is clear from our analysis that this work was likely all carried out by one forger: Charles Dawson."

Linus Girdland Flink, also from LJMU, said: "The ancient DNA work was very exciting and I&rsquom happy that we managed to contribute new insights to the Piltdown forgery. Most of the Piltdown specimens showed rather poor DNA preservation so I was happily surprised that the Piltdown I canine and Piltdown II molar yielded solid results. The combined results of our study is a nice illustration of how these techniques can shed new light on old questions."

Chris Stringer, human origins expert at the National History Museum, commented: "Our work shows that a century on, we can add a new chapter to the Piltdown story through new investigative techniques. For example we found surprising evidence that the forger had even removed the molars in order to modify them, and had then replaced them in the jawbone."

3D X-ray imaging (Micro-CT scans) show that many of the bones and a tooth were filled with Piltdown gravel and the openings plugged with small pebbles. Holes in the skull bones were filled with dental putty, which was also used to re-set the teeth in the jaw and to reconstruct one of the teeth that fell apart while it was being ground down.



コメント:

  1. Wilmer

    はい...そのようなことは私を傷つけないだろう)))

  2. Aralkis

    I think he is wrong.私は確信しています。私はそれを証明することができます。

  3. Culain

    これは非常に貴重なことです

  4. Diego

    素晴らしい、これは貴重なフレーズです

  5. Madelon

    そして、それを望んでいるのはあなただけではありません



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos