新しい

トラウトSS-566-歴史

トラウトSS-566-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

トラウトII

(SS-566:dp。2,108(surf。)、2,700(subm。)、1。278 '、b。27'1 "、dr。20';s。16.3k。(surf。)、17.4 k。( subm。)、cpl.89;a。8tt。;cl。Tang)

2番目のトラウト(SS-566)は、1951年8月21日に発足したコネチカット州グロトンで、Comdr中尉の未亡人であるアルバートH.クラーク夫人が後援して敷設されました。トラウト(SS-202)の最後の指揮官であるクラーク。そして1952年6月27日、コネチカット州ニューロンドンの潜水艦基地に就役した。ジョージ・W・キトレッジが指揮を執る

トラウトは1952年から1959年まで潜水艦戦隊(SubRon)10のユニットとしてニューロンドンを出港しました。この期間中、彼女は北大西洋からカリブ海に向けて運航する艦隊とNATO諸国の船で訓練と準備作戦を実施しました。彼女はソナー評価テスト、ASW演習の練習、および水中模擬攻撃演習に従事しました。ハーダー(SS-568)と共同で極海での水中演習中に、トラウトはニューファンドランドの流氷の下268マイルを航海し、従来型の動力を備えた潜水艦の距離記録を樹立しました。

1959年8月、トラウトは母港をサウスカロライナ州チャールストンに移し、そこでサブロン4に配属されました。1959年9月、最初の地中海クルーズのために第6艦隊に配備されました。 4か月後、帰国中、彼女はノルウェー海軍の潜水艦部隊の誕生を記念する50周年記念式典で、ノルウェーのベルゲンで米国を代表しました。

1960年2月、トラウトは海軍艦船局の衝撃試験のテストベッドとして機能しました。彼女は1961年に最初の戦闘効率「E」賞を受賞しました。1963年初頭、潜水艦は運用テストおよび評価部隊にサービスを提供した後、その年の7月にチャールストンで6か月のオーバーホールを開始しました。

1960年代の残りの年の間に、トラウトは第6艦隊のユニットとしてさらに3つの地中海展開を行いました。展開の合間に、彼女は東海岸沖とカリブ海での訓練と開発演習に参加しました。 1970年7月、彼女は太平洋艦隊に配属されました。

カリフォルニア州サンディエゴに本拠地を置くトラウトは、1972年と1975年に2回の西太平洋(WestPac)配備を実施し、主に米国、韓国、または中国の国家主義海軍の軍艦が実施したASW演習中に潜水艦サービスを提供しました。これらの展開の間に、潜水艦は対潜水艦戦の演習に参加し、南カリフォルニアの作戦地域で現地作戦を実施し、ピュージェット湾の太平洋岸北西部での兵器テストでこのサービスを中断しました。

1976年1月29日に2回目のウエストパック展開からサンディエゴに戻った後、トラウトは12月1日に母港をフィラデルフィアに変更する命令を受けるまで西海岸沖で活動しました。彼女は1978年12月19日に廃止され、海軍名簿から削除されました。


USSトラウト(SS-202)

ベテランのパトローラーTROUT(Lt.Cdr。A.H。Clark)は、1944年2月8日に真珠湾を離れ、11回目のパトロールのために割り当てられたエリアに向かいました。彼女はミッドウェイで燃料を補給し、2月16日にそこを去りましたが、二度と聞かれることはありませんでした。彼女は、中国沿岸から東経130度まで、北緯20度から北緯23度の間をパトロールすることになっていた。トラウトは1944年3月27日の日没までにパトロールエリアを離れる予定で、1944年4月7日頃にミッドウェイに到着する予定でした。到着しなかったとき、1944年4月17日に行方不明になったと報告されました。

終戦以来の日本人からの情報から、以下の事実が収集された。 1944年2月29日、SAKITO MARUは沈没し、別の船が北緯22度40分、東経131度45分でひどく損傷しました。この位置で現時点で攻撃を行った可能性があるのは米国の潜水艦だけです。 TROUTはこの行動を報告しなかったので、彼女はこの攻撃の最中または直後に失われたと考えられます。 [編集者注:他のほとんどの説明と同様に、第11巡回のこの説明は、トラウトがサイパンとグアムの駐屯地を強化するために日本第29師団を連れてきた重要な船団を迎撃したことを指摘していません。トラウトはサキトマルを沈めることで、マリアナの守備隊から約2,300人の軍隊を奪った。 機内のすべての機器。クレイブレアを参照してください サイレントビクトリー、1975年、564ページ、または2001年版の591ページ。]

最初の10回のパトロールで、TROUTは23隻の敵船を沈め、87,800トンを沈め、6隻の船に75,000トンの損害を与えました。トラウトの最初のパトロールは敵にダメージを与えませんでしたが、彼女の2番目のパトロールは最も珍しいものでした。彼女は1942年1月に真珠湾からコレヒドールに弾薬を配達しました。配達された弾薬の重量を補うために、彼女はバラストとして20トンの金、銀、有価証券を持ち帰り、真珠湾に配達され、そこから保管のためにワシントンに運ばれました。 。また、パトロール中、トラウトは中型貨物船と巡視艇を沈めました。 1942年3月中旬から5月中旬にかけて、トラウトはエンパイア海域で3回目のパトロールを実施しました。ここで彼女は大型タンカー、3隻の貨物船、砲艦を沈め、大型貨物船に損害を与えました。トラウトの4回目のパトロールは、彼女がミッドウェイを守る部隊の一員であった期間をカバーしました。彼女はここで攻撃を成功させませんでした。トラックの南の地域は、ここでトラウトの5回目のパトロールの場面であり、彼女は輸送機関を沈め、空母に損害を与えました。

真珠湾で金を降ろすUSSトラウト

彼女の6回目のパトロール中、南部ソロモンでは、トラウトには攻撃の機会が1つしかありませんでした。彼女は1942年11月13日に目撃された戦艦に命中しませんでした。7回目のパトロールで南シナ海で、彼女は貨物船、タンカー、2隻のサンパンを沈め、他の2隻の大型タンカーに損害を与えました。同じ一般的なエリアは、彼女の8番目のパトロールTROUTが2つのサンパンを沈め、補助艦を損傷したシーンでした。 1943年5月と6月にトラウトはフィリピン海域をパトロールしました タンカー2隻、貨物船1隻、小型スクーナー2隻を沈め、貨物船にも損害を与えました。トラウトの10回目のパトロールは、フリーマントルからパールへの通路で、途中でダバオ地域のパトロールが行われました。彼女は貨物船、輸送船、サンパン、潜水艦を沈めました。後者はI-182で、1943年9月9日にスリガオ海峡でTROUTによって沈められました。 [編集者注:ほとんどの情報源は、I-182の沈没をトラウトに認めていません。]

この船は、2回目、3回目、5回目のパトロール期間中、大統領ユニットの引用を授与されました。

エドハワードのも参照してください 最終パトロール 上のページ USSトラウト (外部リンク)。

USSVIのロサンゼルスパサデナ基地は、西部の国立潜水艦記念館の公式に認められた管理人です。


ディーゼルサブがこれまで行ったことのない場所に行く

1959年3月1日、カナダのニューファンドランド沖のSUBICEXに、USS TROUT(SS-566)およびUSS SKATE(SSN-578)とともに参加している、従来型の動力(非原子力)潜水艦であるUSS HARDER(SS-568)が見つかりました。 。

原子力発電のSKATEは、氷の下で過ごした時間と移動距離の両方の記録を破り、極地探検家のヒューバートウィルキンス卿の遺灰を、氷点下34度の温度で保冷剤の上に散乱させて、ショーを盗みました。特別なギアなしで氷の下で記録的な280マイルを移動することにより、ディーゼルボートが依然として非常に有能な船であることが証明されました。これまで北極に侵入したディーゼル潜水艦はありませんでした。 (TROUTは旅の大部分を一緒に旅しました。)HARDERは、ポリニア、氷の塊の間にある小さな水たまり、アイスパック内とその周辺で過ごした7日間で合計23回、水没したままで空気を求めてやって来ました。浮上間隔は最大14時間。

旅行の多くは砕けた氷のフィールドの下でしたが、彼女はまた、彼女の指揮官であるエドワードW.クック少佐が約8フィートの厚さであると判断した固いアイスパックの下75マイルを旅行しました。 「潜望鏡を水平から60度上に上げて、ゆっくりとその下を走りました」と彼は言いました。 「氷の下側が滑らかでないことがわかったとき、下に突き出ている隆起にぶつからないように注意する必要がありました。 1つのプロペラを曲げた場合、両方を曲げた場合、深刻な障害が発生し、死んでいたでしょう。」クックはまた、スコープを覗き込むのがどのようなものであったかを鮮明に説明しました。「頭上を回転する湾曲したドームを見ているようなものでした。あなたはあなたがあなたの顔に前に倒れようとしていたという不思議な感覚を得ました。氷は白っぽい積雲のように見え、開いた水は波紋のある鈍い灰色でした。」乗組員は、氷の上の景色が同様に当惑していることに気づきました。 「その果てしない空の氷原を見回すのは不気味な気持ちでした」とある男性は観察しました。 「土地も船も鳥もいません。ただたくさんの物がなく、沈黙もありません。」


トラウトSS-566-歴史

このリストには、すべての米国の潜水艦とすべてのタイプの有人潜水艦が含まれています。

まだ試運転されていない、または長期のオーバーホール/変換中の船は、イタリック体でリストされています。ナビゲーションおよび表面検索レーダーは いいえ 記載されています。すべての分類は純粋に非公式であり、「公式」の指定に対応する場合と対応しない場合があるすべての海軍で標準分類を使用する試みに基づいています。 2つの日付が指定されている場合(つまり、1965/82)、最初の日付は最初の完了日であり、2番目の日付は取得、変換、または転送の日付です。 (括弧)で示された指定は割り当てられますが、船体には表示されません。

ノート: ほとんどの潜水艦の推進データは公開されていません。このリストに記載されているデータは、一般的な非公式に報告された情報に基づいています。

記載されている船の種類: 弾道ミサイル潜水艦(SSBN) 誘導ミサイル潜水艦(SSGN) 攻撃型潜水艦(SSN) 特別任務潜水艦(SSN) 補助潜水艦(SSN、AGSS、SS) 有人サブメシブル

弾道ミサイル潜水艦 オハイオ級弾道ミサイル潜水艦(17隻)

変位: 18,750トンが水没
寸法: 560 x 42 x36.25フィート/170.7x12.8 x11メートル
推進: 1つのS8G原子炉、蒸気タービン、1つのシャフト、35,000 hp、25ノット
クルー: デュアルクルー163各クルー
ソナー: BQQ-6またはBQQ-5E(V)4パッシブスイート(ボウアレイ)、TB-23曳航アレイ
射撃統制: CCS Mk 2戦闘システム、Mk 98ミサイル制御、Mk118魚雷制御
EW: WLR-8(V)5スイート、8つの対抗策ランチャー(SSBN 738-743: 15ランチャー)
武装: 24トライデントIID-5 SLBM(SSBN727-731のトライデントIC-4、733)、4つの21インチ魚雷発射管(Mk 48魚雷)

コンセプト/プログラム: 大きく、非常に有能で、非常に静かなSSBN。それらは以前のすべてのSSBNに取って代わり、米国の戦略部隊の大部分を形成しています。このクラスの最初の4隻は、誘導ミサイル/特殊作戦潜水艦への改造が予定されています。オハイオ州は最近、弾道ミサイル潜水艦としての最後のパトロールを完了し、SSGNの改造を待っています。以下を参照してください。

ビルダー: 一般的なダイナミクス/電気ボート、コネチカット州グロトン。

設計: 完全に新しいSSBN設計で、以前の設計よりもかなり大きく、他のどのSSBNよりも多くのミサイルを搭載しています。彼らは非常に静かであると報告されています。

近代化: SSBN732はトライデントII(D-5)ミサイルで再装備されましたSSBN 733は再装備されており、SSBN730と731がそれに続きます。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSBN 727 ミシガン 1982 PAC バンガー SubRon17
SSBN 728 フロリダ 1983 PAC バンガー SubRon17
SSBN 729 ジョージア 1984 PAC バンガー SubRon17
SSBN 730 ヘンリー・M・ジャクソン 1984 PAC バンガー SubRon17
SSBN 731 アラバマ 1985 PAC バンガー SubRon17
SSBN 732 アラスカ 1986 PAC バンガー SubRon17
SSBN 733 ネバダ 1986 PAC バンガー SubRon17
SSBN 734 テネシー 1988 ATL キングスベイ SubRon20
SSBN 735 ペンシルベニア 1989 PAC バンガー SubRon17
SSBN 736 ウェストバージニア 1990 ATL キングスベイ SubRon20
SSBN 737 ケンタッキー 1991 PAC バンガー SubRon17
SSBN 738 メリーランド 1992 ATL キングスベイ SubRon20
SSBN 739 ネブラスカ 1993 ATL キングスベイ SubRon16
SSBN 740 ロードアイランド 1994 ATL キングスベイ SubRon20
SSBN 741 メイン 1995 ATL キングスベイ SubRon16
SSBN 742 ワイオミング 1996 ATL キングスベイ SubRon20
SSBN 743 ルイジアナ 1997 ATL キングスベイ SubRon16
[トップに戻る]
廃棄上の注意: ダニエルウェブスター(旧SSBN 626)とサムレイバーン(旧SSBN 635)を除いて、以前のSSBNはすべて廃棄され、ミサイルコンパートメントが取り外された固定化されたドックサイドトレーニングプラットフォームとして存続します。


ガイド付きミサイル潜水艦 オハイオ級誘導ミサイル潜水艦(0 + 4隻)

変位: 18,750トンが水没
寸法: 560 x 42 x36.25フィート/170.7x12.8 x11メートル
推進: 1つのS8G原子炉、蒸気タービン、1つのシャフト、35,000 hp、25ノット
クルー: 140 +66シール
ソナー: BQQ-5E(V)4パッシブスイート(ボウアレイ)、TB-23曳航アレイ
射撃統制: CCS Mk 2戦闘システム、Mk 98ミサイル制御、Mk118魚雷制御
EW: WLR-8(V)5スイート、8つの対抗策ランチャー
武装: 154基の垂直発射トマホークミサイル、4基の21インチ魚雷発射管(Mk 48魚雷)

コンセプト/プログラム: 最初の4つのSSBNは、2003年から戦略的サービスから削除され、誘導ミサイル/特殊作戦潜水艦の組み合わせに大幅に変換されます。オハイオ州は最近、弾道ミサイル潜水艦としての最後のパトロールを完了し、現在SSGNの改造を待っています。トライデントミサイルチューブはトマホーク巡航ミサイル用のランチャーに置き換えられ、SEAL機器用のドライデッキシェルターがデッキに設置されます。

ビルダー: 一般的なダイナミクス/電気ボート、コネチカット州グロトン。ピュージェットサウンドNSY(最初の2つ)、ノーフォークNSY(2番目の2つ)による変換。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSBN 726 オハイオ 1981/2007 (PAC) (バンガー) 保留中の変換
SSBN 727 ミシガン 1982/2007 (PAC) (バンガー) 保留中の変換
SSBN 728 フロリダ 1983/2008? (ATL) (キングスベイ) 変換待ち
SSBN 729 ジョージア 1984/2008? (ATL) (キングスベイ) 保留中の変換
[トップに戻る]



攻撃型潜水艦 バージニア級攻撃型潜水艦(0 + 30隻)

変位: 約7,800トン
寸法: 377 x 34 x30.5フィート/114.9x 10.4 x9.3メートル
推進: S9G原子炉1基、蒸気タービン、シャフト1基、40,000 shp、30ノット以上
クルー: 113
ソナー: アクティブ/パッシブボウアレイ、TB-29(A)曳航アレイ、TB-16曳航アレイ、BQG-5Aワイドアパーチャアレイ、WLY-1音響インターセプトを備えたBQQ-10スイート
EW: BLQ-10スイート、リロード可能な76mm対抗手段ランチャー1個、外部おとりランチャー14個
武装: 4つの21インチ魚雷発射管(38 Mk48魚雷とトマホーク)、12の垂直発射管(トマホーク)

コンセプト/プログラム: シーウルフよりも柔軟性があり、安価であることを目的とした新しい設計のSSNは、ロサンゼルス級を補完し、最終的には置き換えるために、これらのボートを最大30隻建造する予定です。

ビルダー: コネチカット州グロトンのジェネラルダイナミクス/エレクトリックボートとバージニア州ノースロップグラマンニューポートニューズ(チーム)。

設計: 非常に静かなボートであり、以前のクラスよりも技術的に進んでいますが、より安価で、将来の技術や機器により適応することを目的としています。 SEALチームに対応するように設計されており、その機器はドライデッキシェルターを運ぶために取り付けられます。電気駆動装置、追加のVLSチューブ、外部兵器チューブ、UUV / ROVのより多くの使用、これらのシステムに対応するための追加の船体セクションなど、建設の過程で段階的に導入される追加の機器とアップグレードに関するいくつかの提案があります。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSN 774 バージニア 2004 -- -- -- 建物
SSN 775 テキサス 2005 -- -- -- 建物
SSN 776 ハワイ 2007 -- -- -- 建物
SSN 777 ノースカロライナ州 2008 -- -- -- 建物
[トップに戻る]
シーウルフ級攻撃型潜水艦(2隻)

変位: 9,300トンが水没
寸法: 353 x 40 x35フィート/107.6x 12 x10.6メートル
推進: S6W原子炉1基、蒸気タービン、シャフト1基、45,500 shp、35ノット以上
クルー: 133
ソナー: アクティブ/パッシブボウアレイを備えたBSY-2スイート、BQG-5ワイドアパーチャアレイ、TB-23曳航アレイ、TB-16D曳航アレイ
EW: BLD-1 D / F、WLQ-4(V)1スイート、WLR-8(V)インターセプト
武装: 8 26.5インチ魚雷発射管(50 Mk 48&トマホークまたは100機雷)

コンセプト/プログラム: 間違いなく世界最高のSSNである、完全に新しくて高性能な設計。大量に調達するには高すぎると考えられたため、SSN774クラスを優先して生産を終了しました。工事中は技術的な問題が多数ありましたが、解決したようです。 SSN 23は「特別任務」ボートに改造されており、個別に記載されています。

ビルダー: 一般的なダイナミクス/電気ボート、コネチカット州グロトン。

設計: 非常に静かな操作、統合された戦闘システム、および自動化に重点を置いた新しい大規模な設計。高度に自動化された魚雷処理システム、無響船体タイル、および大径の魚雷発射管を備えています。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSN 21 シーウルフ 1997 ATL グロトン SubDevRon12
SSN 22 コネチカット 1998 ATL グロトン SubDevRon12
[トップに戻る]
ロサンゼルス級攻撃型潜水艦(50隻)

変位: SSN 688-699: 6,927トンが水没 SSN 700-714: 6,977トンが水没 SSN 716-725,750: 水中7,102トン SSN 751-773: 水中7,147トン
寸法: 360 x 33 x32フィート/109.7x 10 x9.7メートル
推進: S6G原子炉1基、蒸気タービン、シャフト1基、35,000 shp、30ノット以上
クルー: 141
ソナー: BQQ-5A(V)1またはBQQ-5Cアクティブ/パッシブ(ボウアレイ)、TB-16DおよびTB-23曳航アレイまたはTB-29曳航アレイ(SSN 751-773: BSY-1スイート)
射撃統制: CCS Mk 2、Mk117魚雷制御
EW: BRD-7 D / F、WLQ-4(V)、WLR-8(V)インターセプト、WLR-9 / 12、WLR-10レーダー警告、対抗手段ランチャー
武装: 4 21インチ魚雷発射管(22 Mk48&TomahawkもSSN 751-773で採掘) SSN 719-725,750-773: 12垂直発射トマホーク

コンセプト/プログラム: USNの「標準」SSN。これらのボートは非常に有能な多目的船であり、長年にわたって米国のSSN部隊の大部分を形成します。以前のボートのうち11隻は、給油コストを節約するために廃止されましたが、時期尚早の廃止措置を中止し、代わりにボートに給油することへの関心が高まっています。 SSN 691は試験目的で変更されており、個別にリストされています。

ビルダー: General Dynamics / Electric Boat、コネチカット州グロトン、ニューポートニューズSB&DD、バージニア州。

設計: 以前のクラスで失われた速度を回復することを目的とした新しい設計。その後のボートは、トマホーク用のVLSチューブ(SSN 719+)、統合戦闘システム(SSN 751+)、氷の下機能(SSN 751+)、地雷除去機能(SSN 751+)など、進歩的な改良が加えられています。 SSN 688、690、700、701、715を含むいくつかのボートは、SEAL操作用のドライデッキシェルターを運ぶために取り付けられています。

近代化: 通信の改善、UAVおよびROV /地雷捜索機能、新しいソナー処理システム、WAAソナーなど、さまざまなアップグレードが検討されています。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSN 688 ロサンゼルス 1976 PAC 真珠湾 SubRon1
SSN 690 フィラデルフィア 1977 ATL グロトン SubDevRon12
SSN 698 ブレマートン 1981 PAC サンディエゴ SubRon11
SSN 699 ジャクソンビル 1981 ATL ノーフォーク SubRon8
SSN 700 ダラス 1981 ATL グロトン SubRon2
SSN 701 ラホーヤ 1981 PAC 真珠湾
SSN 705 コーパスクリスティ市 1983 PAC グアム SubRon15
SSN 706 アルバカーキ 1983 ATL グロトン SubRon2
SSN 707 ポーツマス 1983 PAC サンディエゴ SubRon11
SSN 708 ミネアポリス-セントポール 1984 ATL ノーフォーク SubRon6
SSN 709 ハイマン・G・リッコーバー 1984 ATL ノーフォーク SubRon8
SSN 710 オーガスタ 1985 ATL グロトン SubDevRon12
SSN 711 サンフランシスコ 1981 PAC 真珠湾 SubRon1
SSN 713 ヒューストン 1982 PAC サンディエゴ SubRon11
SSN 714 ノーフォーク 1983 ATL ノーフォーク SubRon6
SSN 715 バッファロー 1983 PAC 真珠湾 SubRon1
SSN 716 ソルトレイクシティ 1984 PAC サンディエゴ SubRon11
SSN 717 オリンピア 1984 PAC 真珠湾 SubRon3
SSN 718 ホノルル 1985 PAC 真珠湾 SubRon3
SSN 719 摂理 1985 ATL グロトン SubRon4
SSN 720 ピッツバーグ 1985 ATL グロトン SubRon2
SSN 721 シカゴ 1986 PAC 真珠湾 SubRon3
SSN 722 キーウエスト 1987 PAC 真珠湾 SubRon3
SSN 723 オクラホマシティ 1988 ATL グロトン SubRon8
SSN 724 ルイビル 1986 PAC 真珠湾 SubRon3
SSN 725 ヘレナ 1987 PAC サンディエゴ
SSN 750 ニューポートニューズ 1989 ATL ノーフォーク SubRon8
SSN 751 サンファン 1988 ATL グロトン SubDevRon12
SSN 752 パサデナ 1989 PAC 真珠湾 SubRon7
SSN 753 アルバニー 1990 ATL ノーフォーク SubRon6
SSN 754 トピーカ 1989 PAC 真珠湾 SubRon7
SSN 755 マイアミ 1990 ATL グロトン SubRon4
SSN 756 スクラントン 1991 ATL ノーフォーク SubRon6
SSN 757 アレクサンドリア 1991 ATL グロトン SubDevRon12
SSN 758 アッシュビル 1991 PAC 真珠湾 SubRon3
SSN 759 ジェファーソンシティ 1992 PAC サンディエゴ SubRon11
SSN 760 アナポリス 1992 ATL グロトン SubRon4
SSN 761 スプリングフィールド 1993 ATL グロトン SubRon2
SSN 762 コロンバス 1993 PAC 真珠湾 SubRon7
SSN 763 サンタフェ 1994 PAC 真珠湾 SubRon7
SSN 764 ボイジー 1992 ATL ノーフォーク SubRon8
SSN 765 モントピーリア 1993 ATL ノーフォーク SubRon6
SSN 766 シャーロット 1994 ATL 真珠湾 SubRon1
SSN 767 ハンプトン 1993 ATL ノーフォーク SubRon8
SSN 768 ハートフォード 1994 ATL グロトン SubRon4
SSN 769 トレド 1995 ATL グロトン SubRon2
SSN 770 ツーソン 1995 PAC 真珠湾 SubRon7
SSN 771 コロンビア 1995 PAC 真珠湾 SubRon3
SSN 772 グリーンビル 1996 PAC 真珠湾 SubRon1
SSN 773 シャイアン 1996 PAC 真珠湾 SubRon7
[トップに戻る]
廃棄上の注意: 以下にリストされているParche(SSN 683)を除いて、以前のSSNはすべて破棄されました。


特別任務潜水艦 ジミー・カーター(修正されたシーウルフ級)特殊作戦/特殊任務潜水艦

変位: 絶滅した10,000トン以上の水没
寸法: 371 x 40 x35フィート/115.83x 12 x10.6メートル
推進: S6W原子炉1基、蒸気タービン、シャフト1基、45,500 shp、30ノット以上
クルー: 推定140+
ソナー: アクティブ/パッシブボウアレイを備えたBSY-2スイート、BQG-5ワイドアパーチャアレイ、TB-23曳航アレイ、TB-16D曳航アレイ
EW: BLD-1 D / F、WLQ-4(V)1スイート、WLR-8(V)インターセプト
武装: 8 26.5インチ魚雷発射管(50 Mk 48&トマホークまたは100機雷)

コンセプト/プログラム: 第3シーウルフは、特殊作戦(SEAL輸送)および特殊任務(海底回復)潜水艦として完成しています。変換には追加の船体セクションが含まれ、さまざまなミニサブ、ROV、UUV、およびその他の水中ビークルと機器のためのスペースを提供します。名目上は「戦闘可能な」潜水艦と見なされますが、従来のSSNとしてではなく、主にこれらの役割で使用されます。

ビルダー: 一般的なダイナミクス/電気ボート、コネチカット州グロトン。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSN 23 ジミー・カーター 2004 (PAC) (バンガー) -- 建物
[トップに戻る]
パルシェ(スタージョン級原子力潜水艦)特殊任務潜水艦

変位: 水中7,140トン
寸法: 401.5 x 31 x35フィート/122.4x 9.4 x10.6メートル
推進: S5W原子炉1基、蒸気タービン、シャフト1基、20,000 shp、28ノット
クルー: 147
ソナー: BQQ-5アクティブ/パッシブ(ボウアレイ)
射撃統制: Mk117魚雷制御
EW: WLQ-4Eスイート、BRD-7 D / F、WLR-9、対抗策ランチャー
武装: 4 21インチ魚雷発射管(23 Mk 48魚雷)

コンセプト/プログラム: 「海洋工学」、深海の捜索と回収、およびその他の特別な任務を遂行するために大幅に改造されたスタージョン級原子力潜水艦。ジミー・カーター(SSN 23)に置き換えられます。

ビルダー: Litton / Ingalls SB、パスカグーラ、カリフォルニア州ヴァレーホのマーレ島海軍造船所によるミシシッピ州の改宗。

会話: 1976年に海洋工学の役割のために変更され、1987年から1991年に燃料が補給され、機能を改善するために大幅に変換されました。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSN 683 パルシュ 1974/91 PAC バンガー SubDevRon5 デコム2003年10月
[トップに戻る]

補助潜水艦
メンフィス(ロサンゼルス級原子力潜水艦)の試験潜水艦

変位: 約7,000トンが水没
寸法: 360 x 33 x32フィート/109.7x 10 x9.7メートル
推進: S6G原子炉1基、蒸気タービン、シャフト1基、35,000 shp、30ノット以上
クルー: 約160
ソナー: BQQ-5A(V)1またはBQQ-5Cアクティブ/パッシブ(ボウアレイ)、曳航アレイの試行
射撃統制: CCS Mk 2、Mk117魚雷制御
EW: BRD-7 D / F、WLQ-4(V)、WLR-8(V)インターセプト、WLR-9 / 12、WLR-10レーダー警告、対抗手段ランチャー
武装: 3 21インチ魚雷発射管(Mk48&Tomahawk)、126.5インチ魚雷発射管

コンセプト/プログラム: 新しい潜水艦技術と兵器の航海テストベッドとして改造されたロサンゼルス級原子力潜水艦。彼女は1989年に最初にこの役割に割り当てられ、1993年から94年にかけて、より大きな魚雷発射管の取り付けなど、大幅な変更が行われました。 ROV用の外部シェルター、新しい曳航アレイを処理するための機器、および広範なテスト/試行監視機器の設置があります。名目上は戦闘可能な艦艇と見なされていますが、改造や再訓練なしにその役割で使用できる可能性は低いです。

ビルダー: ニューポートニューズSB&DD、バージニア州。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
SSN 691 メンフィス 1977/94 ATL グロトン SubDevRon12
[トップに戻る]
元トラウト(タング級潜水艦)自律型ASW訓練潜水艦

変位: 2,700トン
寸法: 278 x 27 x19フィート/84.7x 8.2 x5.7メートル
推進: ディーゼル電気、2シャフト、5,600 shp、16ノット
クルー: 無人でトランジットに小さな乗​​組員を使用

コンセプト/プログラム: 米国海軍で最後に運用されたディーゼル電気潜水艦は、ASW演習の運用可能な水中ソナーターゲットとして使用するように指定されています。この役割の変換/変更はまだ完了していません。この船は、NAWCAD Detachment KeyWestによって運営されます。 ASWトレーニングに加えて、ボートは新技術のテストと試験に使用されます。トランジットのために浮上している間は小さな乗組員が配置されますが、水没している間は無人です。ボートには正式な名称や名前は割り当てられていません。

ビルダー: 電気ボート、コネチカット州グロトン。

歴史: 以前のUSSトラウト(SS 566)は、1978年12月19日に廃止され、打撃を受け、名目上イランに移送されました。彼女の所有権と運命が解決されている間、彼女はフィラデルフィアでレイアップされたイラン革命の後に決して配達されませんでした。 1994年に、彼女はスクラップ価格で米海軍に「売り戻され」ました。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
元SS566 元トラウト 1951/94 ATL キーウエスト NAWCAD
[トップに戻る]
イルカトライアル潜水艦

変位: 950トンが水没
寸法: 165 x 19 x16フィート/50.3x 5.8 x4.8メートル
推進: 2ディーゼル、ディーゼル電気、1シャフト、1,650 hp、15ノット
クルー: 27

コンセプト/プログラム: さまざまな潜水艦機器と新技術をテストするために特別に作られた小型の深海潜水艦。彼女の構成は、システムが追加および削除されたため、長年にわたって大きく変化しました。最近、海上で火災と洪水に見舞われ、操業に戻るには大規模な修理が必要になります。

ビルダー: ポーツマス海軍造船所、メイン州キタリー。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
AGSS 555 イルカ 1968 PAC サンディエゴ SubDevRon5
[トップに戻る]

有人潜水艇 NR-1原子力研究潜水艇

変位: 394トンが水没
寸法: 136 x 12 x15フィート/41.5x3.6 x4.6メートル
推進: 1原子炉、ターボ電気、2小道具、5ノット
クルー: 11-13

コンセプト/プログラム: 小さな原子力発電所を評価するために最初に建設された小さな原子力潜水艇。冷戦中、彼女はさまざまな秘密の水中探索/回収および海洋工学プロジェクトに従事し、最近では一般的な地下調査および調査タスクに従事しています。潜水艦は入札のキャロリン・シューストによって支えられています。

ビルダー: 電気ボート、コネチカット州グロトン。

設計: これは非常に小さな潜水艦であり、原子炉によって消費される船体のほとんどは、潜水艦の正面に小さな制御室と乗組員スペースがあります。彼女は海底に沿って転がるための車輪だけでなく、さまざまな外部カメラ、マニピュレーターアーム、回復爪を備えています。最大動作深度は3000フィートです。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
NR-1 (なし) 1969 ATL グロトン
[トップに戻る]
改良型SEALデリバリーシステム潜水艇(1 + 5ユニット)

変位: 60トンが水没
寸法: 64 x7.8フィート/19.81x2.44メートル
推進: 電気モーター、1シャフト、8ノット
クルー: 2 +8シール

コンセプト/プログラム: SSNから沿岸海域にSEALを運ぶように設計された、新しくて非常に大きな「ミニサブ」。特別装備のSSNに搭載されます。プロトタイプユニットはテスト用に納品されており、さらに5ユニットの生産が計画されています。テストは入札C-Commandoによってサポートされています、真珠湾から運用。

ビルダー: Northrp Grumman、メリーランド州アナポリス。

設計: この設計は、シール用のドライプレッシャーハルを備えており、潜水艇の乗組員には、上部と下部のハッチを備えた出口トランクがあります。

変位: 37トン
寸法: 長さ49フィート/14.9メートル、直径8フィート/2.4メートル
推進: 電気モーター、4ノット
クルー: 4 +24レスキュー

コンセプト/プログラム: 障害のある潜水艦から乗組員を救助するために設計された潜水艦を救助します。飛行機(C-5ギャラクシー)、特別に設計された支援船、輸送クレードルを装備した潜水艦、トラック、および鉄道で輸送できます。特別に建造された潜水艦救難船の終焉に続いて、改造された油田タグボートのドロレス・シューストとケリー・シューストによって支えられました。 DSRV 2は非アクティブ化されていますが、パーツソースとしてサンディエゴに保持されています。 DSRV 1は、新しい潜水艦救助システムが利用可能になる予定の2005年まで使用され続けます。

ビルダー: ロッキードミサイルアンドスペース、カリフォルニア州サニーベール。

設計: グラスファイバーケーシングで囲まれ、事実上すべての潜水艦とのドッキングを可能にする「ユニバーサル」嵌合スカートが取り付けられた、直径7.5フィートの3つの球体。最大動作深度は5000フィート/ 1523メートルです。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
DSRV 1 神秘的な 1971 PAC サンディエゴ SubDevRon5
[トップに戻る]
アルビン研究潜水艇

変位: 16トン
寸法: 長さ22フィート/6.7メートル、直径8フィート/2.4メートル
推進: 電気モーター、2ノット
クルー: 1 +2人の科学者

コンセプト/プログラム: 現世代の深海潜水艇の最初のものであるアルビンは、民間および軍事目的の両方で、調査、調査、捜索、および回収の役割​​において広範なサービスを提供してきました。彼女は最近大幅に近代化されました。ウッズホール海洋研究所の国立深海潜水施設が運営し、R / Vアトランティス(AGOR 25)が支援しています。海軍はアルビンに対して運用上の統制を行使しません。現在、潜水艇の交換に関する研究が進行中です。

ビルダー: ゼネラルミルズ、ミネソタ州ミネアポリス。

設計: 最大深さ13,124フィートのグラスファイバーハウジング内の単一球。さまざまなマニピュレーターアームが装備されており、複数のROVを搭載/操作できます。 C-5ギャラクシーエアリフターでエアリフトできます。

番号 名前 FLT ホームポート グループ ノート
(DSV 2) アルヴィン 1965 ATL ウッズホール WHOI / NDSF
[トップに戻る]
ノート: 10台のMkVIIIMod1スイマーデリバリービークルもあります。これらは小型で短距離の潜水艇であり、乗客用の乾式圧力船体はありません。

廃棄上の注意: 他の2つのDSVは非アクティブ化されました。1997年10月1日のタートル(DSV 3)と1998年8月1日のシークリフ(DSV 4)です。タートルは現在博物館の展示品であり、シークリフはアルビンの部品ソースになっています。


社会保障

エリア番号は、地理的地域によって割り当てられます。 1972年以前は、カードは全国の地方の社会保障事務所で発行され、エリア番号はカードが発行された州を表しています。人はどの社会保障事務所でもカードを申請できるため、これは必ずしも申請者が住んでいた州である必要はありませんでした。 SSAがボルチモアから一元的にSSNの割り当てとカードの発行を開始した1972年以来、割り当てられたエリア番号は、元の社会保障カードの申請書に記載された郵送先住所の郵便番号に基づいています。申請者の郵送先住所は、居住地と同じである必要はありません。したがって、エリア番号は、1972年以前またはそれ以降の申請者の居住国を必ずしも表すものではありません。

一般的に、番号は北東から西に向かって割り当てられました。したがって、東海岸の人々の数が最も少なく、西海岸の人々の数が最も多くなります。

注:「地理的コード」を多用しないでください。これは、使用可能な地理情報を意味するものではありません。番号付けスキームは、ファイルが地域ごとおよびアルファベット順に整理されているため、SSAがアプリケーションをボルチモアのファイルに簡単に保存できるように1936年(コンピューターの前)に設計されました。それは実際には私たち自身の内部使用のための単なる簿記装置であり、それ以上のものになることを意図したものではありませんでした。

各エリア内で、グループ番号(中央の2桁)は01から99の範囲ですが、連続した順序で割り当てられることはありません。管理上の理由から、最初に発行されるグループ番号は、州に割り当てられた各エリア番号内で、01から09までのODD番号、次に10から98までのEVEN番号で構成されます。特定のエリアのグループ98のすべての番号が発行された後、EVENグループ02から08が使用され、続いてODDグループ11から99が使用されます。

グループ番号は次のように割り当てられます。
ODD-01、03、05、07、09 ------偶数-10から98
偶数-02、04、06、08 ------ ODD-11から99

これまでに発行された最新のSSNエリア範囲については、最新の社会保障番号の月次発行表を参照してください。その表に記載されているもの以外の地域番号を含む社会保障番号の申し立ては不可能です。

各グループ内で、シリアル番号(最後の4桁)は0001から9999まで連続して実行されます。


かかとでニップ

どうやら テディ・ルーズベルト グアムの空母打撃群と ロナルド・レーガン 負傷した獣、イラン、中国、ロシアの血痕が米国が前方展開されている場所を嗅ぎ回って少し曲がっている現在のCOVID-19パンデミック危機の間に日本のグループ。

WestPac

中国の6隻 遼寧 空母打撃群(遼寧 2隻の052D誘導ミサイル駆逐艦と一緒に– 西寧貴陽 – two type 054A guided-missile frigates – the ZaozhuangRizhao – and a type 901 combat support ship, the Hulunhu) passed through the tense Miyako Strait, between Okinawa and Taiwan, over the weekend, under the eyes of various JMSDF, U.S. and ROC assets.

Chinese carrier ‘Liaoning with escorts. Photos via Chinese Internet

Further, as reported by the South China Morning Post: “On Thursday [9 Apr], an H-6 bomber, J-11 fighter and KJ-500 reconnaissance plane from the PLA Air Force flew over southwestern Taiwan and on to the western Pacific where they followed a US RC-135U electronic reconnaissance aircraft.”

Of note, the ROC Army has sent some of their aging but still very effective M60A3 tanks out into public in recent days in what was announced a pre-planned exercise. Still, when you see an MBT being camouflaged in the vacant lot down the block, that’s a little different.

Photo via Taiwan’s Military News Agency (MNA)

Note the old KMT cog emblem. Taiwan’s Military News Agency (MNA)

Meanwhile, in the Arabian Gulf

A series of 11 Iranian Islamic Revolutionary Guard Corps Navy (IRGCN) vessels on Wednesday (15 April 15) buzzed the expeditionary platform USS Lewis B. Puller (ESB 3), and her escorts, the destroyer USS Paul Hamilton (DDG 60), the 170-foot Cyclone-class patrol craft USS Firebolt (PC 10)USS Sirocco (PC 6), and two 110-foot Island-class Coast Guard cutters, USCGC Wrangell (WPB 1332)USCGC Maui (WPB 1304), while the U.S. vessels were conducting operations with U.S. Army AH-64E Apache attack helicopters.

The below footage seems to be from the running bridge of one of the Coast Guard 110s, likely Maui from reports, and you can see what the Navy terms a Fast Inshore Attack Craft (FIAC), armed with a heavy machine gun with a deck guy’s hands on the spades.

The IRGCN fields hundreds of such 30- to 50-foot fast boats, armed with a variety of rockets, machine guns, and small mines, and have been the organization’s bread and butter since the early 1980s.

The IRGCN vessels repeatedly crossed the bows and sterns of the U.S. vessels at extremely close range and high speeds, including multiple crossings of the Puller with a 50 yard closest point of approach (CPA) and within 10 yards of Maui’s bow.

The U.S. crews issued multiple warnings via bridge-to-bridge radio, five short blasts from the ships’ horns and long-range acoustic noise maker devices, but received no response from the IRGCN.

After approximately one hour, the IRGCN vessels responded to the bridge-to-bridge radio queries, then maneuvered away from the U.S. ships and opened the distance between them.

ARABIAN GULF (April 15, 2020) Iranian Islamic Revolutionary Guard Corps Navy (IRGCN) vessels conducted unsafe and unprofessional actions against U.S. military ships by crossing the ships’ bows and sterns at close range while operating in international waters of the north Arabian Gulf. U.S. forces are conducting joint interoperability operations in support of maritime security in the U.S. 5th Fleet area of operations. (U.S. Navy photo/Released)

Potomu chto ya byl perevernut

Not to feel left out, 6th Fleet reports (emphasis mine) that a Syrian-based Russian Flanker-E came out over the Med to buzz a P-8:

On April 15, 2020, a U.S. P-8A Poseidon aircraft flying in international airspace over the Mediterranean Sea was intercepted by a Russian SU-35. The interaction was determined to be unsafe due to the SU-35 conducting a high-speed, inverted maneuver, 25 ft. directly in front of the mission aircraft, which put our pilots and crew at risk. The crew of the P-8A reported wake turbulence following the interaction. The duration of the intercept was approximately 42 minutes.

While the Russian aircraft was operating in international airspace, this interaction was irresponsible. We expect them to behave within international standards set to ensure safety and to prevent incidents, including the 1972 Agreement for the Prevention of Incidents On and Over the High Seas (INCSEA). Unsafe actions‎ increase the risk of miscalculation and the potential for midair collisions.

The U.S. aircraft was operating consistent with international law and did not provoke this Russian activity.

Share this:

Like this:


USS Wahoo (SS 565)

USS WAHOO was the third TANG - class Diesel submarine and the second ship in the Navy to bear the name. Decommissioned on June 27, 1980 and stricken from the Navy list on July 15, 1983, the WAHOO was originally scheduled to be transfered to Iran but following the Iranian revolution the transfer was cancelled and the WAHOO remained in US Navy custody. The submarine was later sold for scarpping.

General Characteristics: Keel laid: October 24, 1949
Launched: October 16, 1951
Commissioned: May 30, 1952
Decommissioned: June 27, 1980
Builder: Portsmouth Naval Shipyard, Portsmouth, NH.
Propulsion system: three diesel engines (4,500 HP), two electric motors (5,600 HP)
Propellers: one
Length: 287 feet (87.5 meters)
Beam: 27.2 feet (8.3 meters)
Draft: 17 feet (5.2 meters)
Displacement: Surfaced: approx. 2,050 tons Submerged: approx. 2,260 tons
Speed: Surfaced: approx. 20 knots Submerged: approx. 17 knots
Armament: eight 533 mm torpedo tubes
Crew: 8 Officers, 75 Enlisted

This section contains the names of sailors who served aboard USS WAHOO. It is no official listing but contains the names of sailors who submitted their information.

Accidents aboard USS WAHOO:

USS WAHOO was laid down on 24 October 1949 by the Portsmouth (N.H.) Naval Shipyard launched on 16 October 1951, sponsored by Mrs. Harry W. Hill and commissioned on Memorial Day, 30 May 1952, Comdr. Eugene P. Wilkinson in command.

Following a shakedown cruise to the British West Indies and post-shakedown repairs at Portsmouth, N.H., WAHOO got underway for her home port, Pearl Harbor, on 1 December 1952. After a stop at New London Conn., she proceeded to the Canal Zone, transited the Panama Canal, and then touched at San Diego before continuing on to Oahu. The submarine spent the entire year 1953 in training and evaluation exercises conducted in the Hawaiian Islands operating area. The warship also served as a target for surface and air units practicing their own antisubmarine warfare (ASW) tactics.

In January 1954, WAHOO embarked upon her first tour of duty with the 7th Fleet in the western Pacific. For about six months, she cruised Far Eastern waters with ships of the 7th Fleet conducting various exercises and visiting Oriental ports. She returned to Pearl Harbor in June and underwent her first shipyard overhaul before resuming local operations in the Hawaiian Islands. In March 1955, the submarine took time from her busy training schedule to visit Tahiti. At the conclusion of that voyage, she then resumed duty at Hawaii but, in November, embarked upon her second assignment with the 7th Fleet. The Oriental cruise brought port calls to Hong Kong Kaohsiung, Taiwan Apra Harbor, Guam Yokosuka, Japan and Manila and Subic Bay in the Philippines. Her deployment ended in May 1956 when she returned to Pearl Harbor to resume local operations and training exercises.

Such duty was broken in April by a yard overhaul which lasted until October 1957. In November, the ship made a shakedown voyage back to Tahiti. Soon after her return to Hawaii, WAHOO stood out of Pearl Harbor on her way back to the western Pacific. Normal training operations and a schedule of port visits occupied her time during the six-month assignment in the Far East. The warship returned to Pearl Harbor in June 1958 and, soon thereafter, she received the Battle "E" for Submarine Squadron (SubRon) 1 attesting to her overall operational and administrative superiority within the unit. She spent the ensuing year in the Hawaiian Islands conducting training operations for the most part. In November, she began a two-month repair period at the Pearl Harbor Naval Shipyard at the conclusion of which, in January 1959, she resumed local operations.

In June, the submarine transferred administratively from SubRon 1 to SubRon 7 and, in July, she headed west once more for a tour in the Far East. Again, training exercises predominated with WAHOO serving as target in ASW practice and participating in several fleet exercises. She returned to Oahu at the beginning of 1960 and, after two months of normal operations once again entered the Pearl Harbor Naval Shipyard this time for a major overhaul. Exiting the yard in late August, she conducted refresher training and then resumed her normal schedule of operations in the Hawaiian Islands.

That employment continued during the first three months of 1961. Late in March, she began a month-long battery renewal at the end of which, in late April, she began preparations for another overseas deployment. On 22 May, WAHOO departed Pearl Harbor and shaped a westward course. During that cruise with the 7th Fleet, she visited Yokosuka, Sasebo, and Hakodate in Japan, and stopped at Naha on the island of Okinawa. After six months of operations and exercises in the Far East, she headed home, returning to Pearl Harbor on 7 November. A year of normal operations in the Hawaiian group followed, and, in December 1962, she began preparations for another cruise to the western Pacific. The ship stood out of Pearl Harbor on 15 January 1963 to begin a six-month tour of duty during which she added Osaka to her ports of call in Japan. That cruise ended on 15 July when she reentered Pearl Harbor and resumed her normal Hawaiian schedule of training operations, interrupted between October 1963 and April 1964 by a major overhaul.

During the summer of 1964, she returned to local operations out of Pearl Harbor. In August, however, the Gulf of Tonkin incident occurred and changed the complexion of her 7th Fleet deployments. When she returned to the Far East in November, the August occurrence had already spurred an increased American involvement in civil strife in Vietnam. As a consequence of that change, WAHOO was called upon to do two tours of duty in the waters off Vietnam during a deployment of extended duration.

She returned to Hawaii in June 1965 and remained in the vicinity until February of 1966. During her 1966 western Pacific cruise, which began on 17 February and ended on 29 August, she returned to the combat zone off Vietnam as well as fulfilling a schedule of 7th Fleet exercises and port visits. Upon her arrival back to Oahu, the submarine began an extended period of operations in the islands, broken by a major overhaul of 17 months duration. That overhaul included radical modifications to her hull structure during which she was lengthened by 15 feet.

She completed her extended overhaul in the latter part of June 1968 and, following refresher training, she resumed local operations out of Pearl Harbor. On 11 February 1969, WAHOO departed Oahu on her way to the Far East for the eighth time in her career. That deployment brought only a very brief tour in the Vietnam combat zone otherwise, she conducted a normal peacetime deployment visiting Oriental ports and participating in 7th Fleet training exercises.

She returned to Pearl Harbor on 14 August and took up her usual training routine in the Hawaiian Islands. Her ninth tour of duty in the western Pacific began on 1 April 1970. During the last week of the month, she again cruised briefly in the combat zone off Vietnam but, as in the previous deployment, she spent the remainder engaged in a normal 7th Fleet schedule of operations. She returned to Pearl Harbor on 21 October and began an overhaul which was completed on 1 June 1971.

On the same day that she completed her overhaul, WAHOO departed Pearl Harbor and shaped a course for her new home port, San Diego, Calif. En route, she visited Portland, Oreg., and Vancouver, British Columbia. The submarine arrived at San Diego on 26 June and began type training and other local operations along the southern California coast. The change in home ports, however, did not signal an end to tours of duty in the western Pacific. Her next deployment brought with it a visit to Chinhae and Pusan in Korea and a period of combined operations with units of the South Korean Navy. Later in that cruise, she also visited Taiwan and participated in bilateral ASW exercises with units of the Taiwan Navy. She finally concluded the deployment at San Diego on 28 April 1972. After a series of brief exercises with ships and aircraft during the month of May, she entered Hunters Point Naval Shipyard for a three-month overhaul. Back at sea by the middle of September, she resumed local operations - type training, ASW exercises with surface units and aircraft, and torpedo and mine evaluation tests - for the remainder of the year.

On 16 February 1973, the submarine exited San Diego harbor to embark upon her 11th tour of duty with the 7th Fleet. Bilateral exercises with the South Korean and Nationalist Chinese navies again highlighted a normal peacetime deployment. This time, however, she also joined units of the Japanese Maritime Self Defense Force in ASW training operations. She returned to San Diego on 14 August and resumed operations in the southern California operating area which were highlighted by submarine against submarine exercises which included firing exercise torpedoes. Local operations occupied her through the end of 1973 and during the first five months of 1974. On 14 June 1974, she entered the Mare Island Naval Shipyard for an extended overhaul which lasted until July 1975. WAHOO completed post overhaul sea trials on 23 July and, after visiting Seattle for the 1975 "Sea Fair" and conducting weapons systems tests and electronics accuracy trials off the coast of the Pacific northwest, she returned to San Diego on 28 August. She then resumed local operations - including a tour as school ship for prospective commanding officers in November and refresher training in December - which kept her busy until the beginning of April 1976.

On 2 April, she stood out of San Diego to resume deployments with the 7th Fleet. During that assignment, she participated in 7th Fleet exercises, bilateral exercises with South Korean naval units, and SEAL team exercises with Marine Corps and South Korean naval personnel. She completed the tour of duty on 8 September and began the voyage home. She returned to San Diego at the beginning of October and resumed operations along the coast of southern California.

On 6 September 1977, she departed San Diego to transfer to the Atlantic Fleet. Steaming via the Panama Canal Cartagena, Colombia Miami, Fla., and Savannah, Ga., she arrived at New London, Conn., on 15 October. On 1 November, she began training a crew from the Iranian Navy scheduled to take possession of her sister-ship TROUT (SS 566) sometime the following year. That duty continued until the summer of 1978 and included a six-week Caribbean deployment early in 1978 in support of ReadEx 1-78. On 6 July 1978, the submarine began an extended overhaul at the Philadelphia Naval Shipyard which lasted into 1979. WAHOO subsequently continued operations off the east coast until decommissioned on 27 June 1980.


Life's Rules

What follows is a compendium of axioms and aphorisms sure to bring glory and happiness to naval officers who seek out their wisdom.

On the Profession & One's Posture as a Naval Officer

1. Justice will triumph, right prevail, and goodness is its own reward. (Wardroom, USS Trout [SS-566])

2. Perpetual optimism is a force multiplier. (General Colin Powell, USA)

3. Deeds, not words. (Rear Admiral Robert Welander—motto of USS Fox [CG-33])

4. The naval officer's job is to set standards. (Lieutenant Commander Don Todaro, USN)

5. Manage for success. (Adage from U.S. business)

6. If you're gonna be a bear, be a grizzly. (Chief Warrant Officer Gerry McNally, USN)

7. If you're not having fun, you're not doing it right. (Submarine Prospective Commanding Officer Course)

8. Potential is interesting—performance counts. (Captain Jim Beatty, USN)

9. We are all victims of our own experience. (Commander Don Kniss, USN)

10. Avoid having your ego so close to your position that when your position falls, your ego goes with it. (General Colin Powell, USA)


Chicago memorial commemorating Manitowoc submarines hopes to educate, attract museum-goers

CHICAGO - A new memorial on the Chicago Riverwalk commemorating U.S. Navy submariners and submarines built in Manitowoc aims to educate about submarine history as well as draw more people to the Wisconsin Maritime Museum.

Frank Voznak Jr., a Vietnam War submarine veteran, helped spearhead the making of the memorial along with the help of the Wisconsin Maritime Museum and his base, the WWII Submarine Veterans Memorial Crash Dive Base USSVI, in 2010. He and his base members were challenged to "do something to remember Pearl Harbor," Voznak Jr. said.

Voznak Jr.'s son, Frank Voznak III, designed the monument after studying the USS Cobia, a Gato-class submarine, at the Wisconsin Maritime Museum. He decided to base his design on the bulkhead, or interior walls, of a submarine.

"I thought it could be so much more than just a plaque," said Voznak III. He wanted to create something memorable for viewers that would become a presence in the Chicago region. "People are noticing," he said.

The monument's structure holds a lot of representation.

Parts of the memorial mimic the architecture of a real submarine with characteristic limber holes, teak wood, and ribbons and holes found on a submarine hull. Sitting on benches, observers can look through real watertight doors from the USS Trout (SS-566) at the Lake Shore Drive Drawbridge where submarines passed through in the 1940s before heading up to Lockport, Illinois. Etched into the wall next to the watertight door is an artists' rendition of submarines passing under the same bridge during World War II.

Observers of the monument can view where the WWII submarines passed, through an artist's rendition on the left and a glimpse through the bulkhead door on the right. (Photo: Courtesy of Frank Voznak, Jr.)

The monument is a "tie from the past to the present," Voznak said. "You can sit and contemplate."

A circular base beneath the structure is about the same diameter as a real submarine outer hull. The other side of the bulkhead lists the 28 submarines built in Manitowoc, including the four of those lost in combat.

On May 18, the memorial was dedicated at a ceremony honoring submarine veterans.

Both Voznak and Duvalle emphasized a lot of people are not aware submarines traveled through the Chicago River during World War II and the monument is a way to remember the history of submarines.

"We want to educate and inspire," he said. "We want to point the finger up at the Maritime Museum and tell them to go visit the museum."

A native of Mauston, Wisconsin, Voznak also sees the monument as a connection between his home state and Illinois.

Duvalle, similarly, stated that along with reflecting on the sacrifices of those lost in submarine combat, the memorial is "hopefully a way to draw people up here [to Manitowoc]."


Naval Inactive Ship Maintenance Facility

NS Naval Inactive Ship Maintenance Facility (NISMF) is a facility owned by the U.S. Navy as a holding facility for decommissioned naval vessels, pending determination of their final fate. All ships in these facilities are inactive, but some are still on the Naval Vessel Register, while others have been struck from that Register.

The ships that have been stricken from the NVR are disposed of by one of several means, including foreign military sale transfer, ship donation as a museum or memorial, domestic dismantling and recycling, artificial reefing, or use as a target vessel. Others are retention assets for possible future reactivation, which have been laid up for long-term preservation and are maintained with minimal maintenance (humidity control, corrosion control, flood/fire watch) should they need to be recalled to active duty.

The Navy has been actively reducing the number of inactive ships, which numbered as many as 195 in 1997, but was down to 49 by the end of 2014. [1]

The Naval Sea Systems Command's Inactive Ships Management Office (INACTSHIPOFF) is based in Portsmouth, Virginia. [2]

In addition, parts of Norfolk Naval Shipyard and Puget Sound Naval Shipyard are designated for the storage of inactive nuclear powered vessels.

Inactive ship facilities in Suisun Bay, James River and Beaumont, Texas are owned and operated by the Maritime Administration under the Department of Transportation.


ビデオを見る: שני דגים מלוחים. טראוט מרינדה מהירה. שגריר יבש. הרינג (七月 2022).


コメント:

  1. Akisar

    同様の状況があります。議論することができます。

  2. Igorr

    この文は素晴らしいと思います

  3. Makazahn

    私はあなたが間違っていると信じています。午後に私にメールしてください、私たちは話します。

  4. Vencel

    まだ笑っている!

  5. Galahault

    たとえそうであっても。このトピックについてはたくさんの書くことがありますが。しかし、本当に新しいものはありません。

  6. Ansleigh

    この面白い意見

  7. Abdul-Aliyy

    申し訳ありませんが、それが邪魔になりました...私はこの質問を理解しています。ここまたは午後に書いてください。

  8. Taubar

    この状況は私に馴染みがあります。助ける準備ができています。



メッセージを書く

日にちどこEvents
February 7, 1972Hong Kong