新しい

バトルインデックス:X

バトルインデックス:X


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


XCOM

X.COM (元々は X-COM)は、地球へのエイリアンの侵略に対抗する任務を負ったエリート国際組織を特徴とするサイエンスフィクションのビデオゲームフランチャイズです。シリーズはストラテジービデオゲームから始まりました UFO:敵不明 1994年にジュリアンゴロップのMythosGamesとMicroProseによって作成されました。MicroProseによる元のラインナップには、6つの公開されたゲームと、少なくとも2つのキャンセルされたゲーム、および2つの小説が含まれていました。 NS X-COM シリーズ、特にその元のエントリは、かなりのカルトフォロワーを達成し、多くのクローンの作成、精神的後継者、非公式のリメイクなど、他の多くのビデオゲームに影響を与えました。

    (を除くすべてのゲーム エンフォーサー)(UFO:EU, TftD, 黙示録, 創世記)(UFO:EU, TftD, 黙示録, メールゲーム, XCOM:EU, XCOM 2)(UFO:EU, TftD, 黙示録, 創世記, )(UFO:EU, XCOM:EU, XCOM:EW)(UFO:EU, XCOM:EU, XCOM:EW)(UFO:EU, XCOM:EU, XCOM:EW)(UFO:EU, XCOM:EU, XCOM:EW)(インターセプター)(エンフォーサー, )(アライアンス, XCOM)(アライアンス, )(アライアンス, XCOM:EU)(アライアンス, XCOM)
  • マイクロプローズ(1994–1998)
  • Hasbro Interactive(1998–2001)
  • インフォグラム(2001–2005)(2005–現在)

ストラテジービデオゲームを皮切りに、2KGamesからリブートシリーズが公開されました XCOM:敵不明、Firaxis Gamesによって開発され、2012年にリリースされて批判的かつ商業的な成功を収めました。続いて前日 局:XCOM機密解除 と続編 XCOM 2.


United States Steel Corporation(X)

United States Steel Corporation(X)は、21年度第2四半期の明るいガイダンスを発表しました。しかし、中国が銅、アルミニウム、亜鉛などの金属を国の準備金から解放して商品価格を引き下げると発表した後、巨大な鉄鋼生産者の株式は7.7%急落して23.82ドルで取引を終えた。 21年度第2四半期のガイダンスU.S.Steelは、第2四半期の調整後EBITDAが12億ドル、調整後純利益(リストラ費用と資産減損費用を除く)が88ドルになると予想していると述べました。

旅行中に車のミラーにバッグを置く

素晴らしい洗車ハック地元のディーラーはあなたが知らなかったことを望みます

U.S. Steel(X):強力な業界、堅実な収益の見積もりの​​改訂

U.S. Steel(X)は、過去1か月間、堅調な収益見積もりの​​修正活動を行っており、強力な業界にも属しています。

U.S. Steelは、鉄鋼価格の上昇、需要に関する第2四半期の利益ガイダンスを引き上げる

U.S. Steel Corp.は木曜日遅く、鉄鋼価格の上昇とフラットロール鋼の「強い」需要に後押しされて、調整後純利益が約8億8000万ドル、つまり1株あたり3.08ドルになると予想していると語った。さらに、継続的な「強い需要と低い鉄鋼在庫」は、今日の継続的な市場の改善に力を与えています。これらの市場のファンダメンタルズは減速の兆しを見せておらず、2022年のもう1つの力強い年にますます自信を持っている」と同社は述べた。 U.S. Steelは、調整後EPSを2ドルに導きました。

United States SteelCorporationが2021年第2四半期のガイダンスを提供

ピッツバーグ、2021年6月17日-米国スチールコーポレーション(NYSE:X)は本日、2021年第2四半期のガイダンスを提供しました。 2021年第2四半期の調整後EBITDAは約12億ドルになると予想されています。 2021年第2四半期の調整後純利益は、約8億8000万ドルと予想され、主に特定のリストラおよび資産の減損費用に関連する影響を除外しています。当社は、2021年第2四半期の調整後希薄化後1株当たり利益が約3.08ドルになると予想しています。

米国スチール、センチュリーアルミニウム、スターバルクキャリアの在庫がすべて今日クラッシュした理由

木曜日は、金属会社や商品を場所から場所へ輸送する会社への投資家にとっては厳しい日と思われます。午後1時45分現在EDT、United States Steel(NYSE:X)およびCentury Aluminium(NASDAQ:CENX)の株価は、それぞれ7.3%および8.4%下落しました。鉄鋼生産用の鉄鉱石、アルミニウム生産用のボーキサイト、および完成した金属製品などのバルク製品のキャリアであるスターバルクキャリア(NASDAQ:SBLK)は、USXの減少に伴い、6.9%減少しました。

カップルが買ったとき、狂った隣人はカルマを手に入れました。

たくさんのドラマと多くの警察の訪問の後、彼女は優位に立った。小さな紙にこんな力があると誰が思ったでしょうか。

U.S. Steel(X)の収益予測:上昇するか?

U.S. Steel(X)の株価は上昇を始めており、堅調な収益予測の修正が示すように、短期的には上昇を続ける可能性があります。

ペースの速いMomentumStock U.S. Steel(X)は依然としてバーゲンで取引されている

U.S. Steel(X)は、&#x27Fast-Paced Momentum at a Bargain&#x27画面を通過し、最近勢いを増しているものの、依然としてリーズナブルな価格で取引されている株式を探している投資家にとって最適な選択肢となる可能性があります。

United States Steel Corporationが2025年満期の6.875%シニアノートの償還を発表

ピッツバーグ、2021年6月17日-United States Steel Corporation(NYSE:X)(「company」または「U.S. Steel」)は本日、約7億1800万ドルの元本総額の全額を償還するための償還通知を発行したと発表しました。 2025年満期の6.875%シニアノート(「ノート」)。ノートおよびノー​​トを管理する契約の条件に従い、USスチールは、元本および償還プレミアムを含むノートの保有者への支払い総額がおよそであると予想しています。

鉄鋼メーカーにとって好景気の到来を告げる価格の急上昇:5つの選択

鉄鋼価格の高騰と主要な最終市場全体での需要の急増のおかげで、鉄鋼業界はすべてのシリンダーに火をつけています。 NUE、X、STLD、MT、TXは、現在の投資に適したオプションです。

United States SteelCorporationが2020年のサステナビリティレポートを発表

ピッツバーグ、2021年6月16日-United States Steel Corporation(NYSE:X)(&quotU。S。Steel&quot)は本日、2020年のサステナビリティレポートのリリースを発表しました。 BestforAll℠戦略では、環境、社会、ガバナンス(ESG)イニシアチブの全範囲を網羅しています。

アナリストは、他の鉄鋼株がより良い賭けであるため、米国の鉄鋼を売る

J.P.MorganのMichaelGlickは、クリーブランド-クリフとスチールダイナミクスを推奨しています。これは、今年すでに大きな成果を上げていると信じています。

今後のインフラストラクチャ、建設ブームの中で購入する10の最高の鉄鋼株

この記事では、今後のインフラストラクチャ、建設ブームの中で購入するのに最適な10の鉄鋼株を見ていきます。これらの企業の詳細な分析をスキップして、次のインフラストラクチャ、建設ブームの中で購入する5つのベストスチール株に直接アクセスできます。需要が高まる中、鉄鋼価格は高騰している[…]

United States Steel(X)は今年、他の基本的な材料の在庫を上回っていますか?

(X)は今年、他の基本的な材料の在庫を上回っていますか?

Zacksランクの説明:強い買いの基本的な材料株を見つける方法

あなたの投資ポートフォリオのために強力で市場を席巻する株を選ぶ方法を知りたいですか? Zacksランク以上のものを探す必要はありません。

United States Steel(X)が株式市場の上昇を上回っている:知っておくべきこと

最新の取引セッションでは、United States Steel(X)は27.75ドルで取引を終え、前日から+ 1.43%の動きを記録しました。

TranstarをFortressに6億4000万ドルで売却するU.S.Steel(X)

U.S. Steel(X)は、売却代金を使用して、レバレッジ解消を含むバランスシートをさらに強化する予定です。

この鉄鋼株が5月に12.7%急上昇し、上昇を続ける3つの大きな理由

S&ampP Global Market Intelligenceが提供したデータによると、United States Steel(NYSE:X)の株価は5月に12.7%急上昇しました。鉄鋼メーカーからの強い数字、良好なマクロ環境、および多数のアナリストのアップグレードが、米国の鉄鋼株の上昇を後押しし、今月も上昇を続けています。経営陣は、決算電話会議で、旺盛な需要、鉄鋼価格の上昇、ジョー・バイデン大統領の下での潜在的なインフラストラクチャー法案のおかげで、鉄鋼市場について楽観的な見方を示しました。

United States SteelがTranstarを6億4000万ドルで売却、株価は3%上昇

大手鉄鋼生産者であるUnitedStates Steel(X)の株式は、TranstarをFortress Transportation and Infrastructure Investors(FTAI)の関連会社に6億4000万ドルで売却する契約を結んだ後、6月8日に3%上昇して26.41ドルになりました。 FTAIは、航空、エネルギー、インターモーダル輸送、鉄道の4つの市場セクターのインフラストラクチャと設備に投資しています。輸送およびロジスティクスサービスプロバイダーであるTranstarの売却により、United StatesSteelは鉱業および鉄鋼のコアビジネスに集中できるようになります。

JSWSteelが金属の「陰謀」で米国のトップ競争相手を訴える

(ブルームバーグ)-インドに本拠を置くJSW Steel Ltd.は、トランプ政権がより安価な外国の供給品に輸入を課した後、米国のパイプおよび製版事業への原材料の販売を拒否することにより、競争を抑えるために共謀した米国最大の鉄鋼メーカーの3社を主張しています。ヒューストン連邦裁判所で火曜日に提起された訴訟によると、Steel Corp.、Nucor Corp.、Cleveland-Cliffs Inc.は国内の製鋼能力の80%以上を管理しており、JSWに直接的な危害を加えることを共謀したとJSWは述べた。

U. S. SteelがTranstar、LLCをFortress Transportation and Infrastructure InvestorsLLCに6億4000万ドルで売却すると発表

United States Steel Corporation(NYSE:X)(「U.S.Steel」または「Company」)は本日、Transtar、LLCをFortress Transportation and Infrastructure Investors LLC(NYSE:FTAI)(「FTAI」)の関連会社に640ドルで売却することに合意したと発表しました。百万。この取引は、特定の規制当局の承認の受領を含む通常の完了条件を条件として、2021年の第3四半期に完了する予定です。

U.S. Steel Rallyは終わりに近づいていますか?

業界の専門家は、鉄鋼価格が緩和され、年間利益の大部分を放棄する逆転を引き起こすと信じています。


共有 すべての共有オプション:Eve Onlineで数が多い:MMO史上最大の戦いを生き残る

大規模な戦争が始まった Eve Online 7月初旬、ゲームの最も強力なグループのいくつかを互いに戦わせました。これまでのところ、それはゆっくりとした燃焼であり、宇宙飛行ゲームの南西部のセクター全体に複数の中規模のエンゲージメントがあります。日曜日、大規模マルチプレイヤーゲームのほぼ18年の歴史の中で、合計8,825人のプレイヤーが単一の最大の戦いに参加したとき、賭け金は大幅に上昇しました。煙が消えたとき、Goonswarmとして知られている派閥は勝利を収めました。しかし、プレイヤーはポリゴンに戦争はまだ終わっていないことを伝えます。

World War Bee 2は、少なくとも10年間ゲーム文化の主要な部分を占めてきた、強力なプレーヤー主導の派閥であるGoonswarmに対する全面的な攻撃です。その派閥をリードすることは イブの最も悪名高い性格— Alex“ The Mittani” Gianturco。戦線の反対側には、Vilyとしてのみ知られているプレイヤーが率いるPAPIと呼ばれる大規模な連合があります。先月ポリゴンと話したビリーは、彼の目標はジャントゥルコの軍隊の「根絶」と彼の最愛のグーンスウォームの解散にほかならないと述べた。

プレイヤー数だけで判断すると、PAPIには大きな利点があります。いくつかの報告によると、ほとんどの推定では、Goonswarmとその仲間を約3対1で上回っています。150,000人に対して50,000人のキャラクターが持ちこたえています。しかし、10年間の支配の後、Goonswarmは戦いなしでは衰退しません。それはすべて、壮大な対立を生み出すことになります。

GoonswarmのDelve地域にPAPIによって配備された高さ160kmのキープスター。 8,825人以上のプレイヤーがそれをめぐって争うでしょう。画像:Razorien経由のCCPゲーム

Goonswarmの側面で2か月間働いた後、週末にPAPIの部隊はついに敵の故郷であるDelveの領土に突入しました。彼らはキープスターと呼ばれる2つの巨大な建造物を持ってきました— イブスターウォーズのデススターに相当します。これらの巨大な防御構造は160キロメートルの高さにあり、他の巨大な船がそれらが配置されている星系にフェリーで運ばれることを可能にします。これらのキープスターが定着するために残されていたとしたら、PAPIの艦隊がグーンスウォームの領土に船を氾濫させるために1つではなく2つの海岸堡を開いていただろう。

敵は門にいて、彼らが定位置に停泊する前にそれらのキープスターを破壊するのはグーンスウォーム艦隊司令官(FC)アッシャーエリアス次第でした。

ポリゴンは水曜日にDiscordでアッシャーと話をしました、そして彼は戦争の規模とこの戦いの重要性を見通しに入れるのを手伝いました。

アッシャー氏によると、7月5日以降、グーンスウォームの同盟国のランクは上昇している。のプレーヤー イブ 複数のアカウントを使用することは許可されていますが、それでもそれは数万人の現実の人間の力を表しています。もちろん、全世界(中国の一部のプレイヤーを除く)が同じサーバーでプレイしているため、大規模な戦闘が発生したときに全員が目を覚ましているわけではなく、利用できるわけでもありません。 Asherは、週末に約2,250人のプレイヤーがGoonswarmと戦っていたと推定しています。 PAPIは、少なくとも2倍の5,000以上をもたらしました。

GoonswarmのMegathronクラスの戦艦の1つで、PAPI軍によって近づきすぎて破壊されました。画像:Razorien経由のCCPゲーム

「彼らがそのような数字を持っているとき—あなたがそのような不利な点を持っているとき」とアッシャーはポリゴンに語った。 [。 ]私たちは創造的でなければならず、多くのことをコミットしなければなりませんでした。」

アッシャーが説明したように、戦略はかなり複雑でした。 PAPIが最初のキープスターを配備したとき、Goonswarmスカウトはほぼ即座にそれをpingし、比較的短い順序で破壊しました。しかし、その戦いがまだ続いている間、PAPIは近くに2番目のキープスターを配備しました。 Goonswarmが攻撃を続ける番でした。アッシャーの課題は、長期間にわたってスターベースに継続的にダメージを与えることでした。これは、PAPIがスターベースを修復して海岸堡を確立するのを防ぐ唯一の方法でした。

キープスターに対する着陸の打撃を維持するために、アッシャーはいくつかの珍しい新しい戦略を展開しました。主な推進力はステルス爆撃機の巨大な翼から来ており、全部で500隻近くの船がありました。交戦のかなり前に、アッシャーは複雑な爆撃の実行を作成するために複数のウェイポイントを計画しました。これらの実行がロックインされているため、個々のパイロットが作業を行うだけで、多くの場合、何時間も何時間も続けていました。戦略は報われました:爆撃機の最初の波のおよそ10%が最初の攻撃で破壊された後、残りのパイロットは溝に落ちました。小さくて見えない船自体をターゲットにすることはできませんでした。PAPIの唯一の手段は、着陸する前にペイロードを空から引き抜こうとすることでした。

「彼らは、ジャックダウと呼ばれる船でキープスターを囲んでいました」とアッシャーは説明しました。 「それは駆逐艦であり、独特の特性を持っています。 「ディフェンダーランチャー」と呼ばれるものを運ぶことができます[。 ]これは最も近い爆弾に帰着します。」

キープスターを保護するために、何百隻ものジャックドー級駆逐艦が配備されました。画像:Razorien経由のCCPゲーム

彼は、これらの数百のジャックダウを一連の自動近接武器システム(CIWS)と比較しました。これは、海上軍艦をミサイルの発射から保護する最新のポイントディフェンスキャノンです。洗練されたレーダー制御ロボットの代わりに、PAPIはグーンスウォームのすべての爆弾を多かれ少なかれ手で撃墜しなければならなかったことを除いて。

爆撃機の着実なドキドキを補うために、アッシャーはグーンスウォームがドレッドノートと呼ばれるより大きな主力艦を犯したと言います。彼らは近くのステージングエリアから戦闘にワープし、爆破される前に可能な限り多くのダメージを与えようとしたミッドレンジの狙撃兵として行動しました。

「戦いの終わりまでに、私たちは30秒に1回のペースで彼らを投げつけていました。」とアッシャーは言いました。

もちろん、このような大規模な戦いが始まると イブ、開発者は物事を10倍遅くします。これは「時間の遅れ」と呼ばれるMMOのよく知られた機能です。ゲームの世界のフィクションでは、Goonswarmの4kmと5kmの長さのドレッドノートがすべての場所で歪んでいました .

巨大な主力艦もさまざまな範囲で落下し、300 km離れた場所もあれば、はるかに近い場所もあります。アッシャー氏によると、1人のドレッドノートは「ゼロで」立ち寄りさえしました—キープスター自体のほぼ上に。 D-Day上陸作戦を彷彿とさせるシーンを想像してみてください。巨大な米海軍駆逐艦が海岸線に沿って前後に移動し、ドイツ軍の防御を打ち砕いて浜辺の軍隊を支援しましたが、最終的には座礁しました。

ナグルファル級のドレッドノートは、キープスター自体の上に「ゼロで」反り返り、破壊されます。画像:Razorien経由のCCPゲーム

開発者のCCPGamesは、木曜日にFWST-8というスターシステムで戦われたPolygonの歴史的な戦いの詳細を確認しました。合計で8,825人のプレイヤー(11,258人のプレイヤーが所有するアカウントを表す)が戦いに参加し、同時に合計6,557人のプレイヤーが同時にピークに達しました。それはそれを最大の戦いにします イブ 歴史。

戦いは14時間激しさを増し、破壊は壊滅的なものでした。少なくとも3,765隻の軍艦(362隻の主力艦を含む)が破壊され、数千ドルの価値がありました。

しかし、アッシャーの計画は報われました。 PAPIの2番目のキープスターがダウンし、GoonswarmのホームシステムであるDelveは今のところ安全なままです。

勝利したとしても、アッシャーは戦争が終わっていないことを知っています。彼は、PAPIはまだ隣接するシステムに配置されており、次の攻撃を開始する準備ができていると述べました。キープスターの別のペアは、事実上いつでもDelve内にドロップする可能性があります。 Goonswarmは、このような数の船を最前線に送り続けることができますか?アッシャーは自信を持っています。

「それは[ゲーム内の]リソースに帰着することはありません」とアッシャーは言いました。 「この規模であっても、決してそうはなりません。それはリソースではなく、人的資源になるでしょう。」

FWST-8での戦いは、その規模の見出しになるかもしれませんが、アッシャーにとっては、エンゲージメントの重要性がはるかに高くなります。月曜日の朝の早い時間、午前3時頃、艦隊司令官はチャットで何百人もの同盟プレイヤーの歓声を浴びることになりました。史上最大の戦いと勝利は、士気を屋上に送りました。

「男が私の艦隊を飛ぶとき、彼はそうすることの喜びのために15ドル、または何であれ、1,000ルーブルを支払いました。だから私はすべての[部下の指揮官]にすべての艦隊はオーディションだと言います。彼らがあなたの次の艦隊に来るようにあなたはオーディションをしています。それで、彼らがそれを楽しんでいないなら、彼らは来るつもりはありません—彼らはそれをするためにお金を払っているからです。」

「それで、これらの戦いは道徳についてです。」彼は続けた。 「彼らは約 人間 資力。"

次の大きな戦いに参加することに興味があるなら、今が飛び込む絶好の機会です Eve Online。攻撃者としてPAPIに参加したい場合は、PandemicHordeの公式WebサイトまたはRedditページにアクセスすることから始めるのが最適です。 GoonswarmとTheImperiumのディフェンダーに参加したい場合は、Karmafleetと呼ばれる関連組織の募集ページにアクセスしてください。


コンテンツ

このシリーズは、ロボットではなくネットワークが最も研究の対象となった元のロックマン宇宙の代替バージョンである200X年(第6ゲームでは20XX)に設定されています。オリジナルと同様に、2つの主要なプロジェクトがあり、1つだけが資金提供されましたが、オリジナルとは異なり、ネットワーキングおよびAIプログラムの分野でのDr. Tadashi Hikari(Dr。Lightのシリーズバージョン)の作業は、Dr。 。Wilyのロボット工学の研究。ひかり博士の研究の結果がPET(PErsonal NSerminal)は、携帯電話やPDAと同様に使用され、NetNavi(Network Navigatorの略)と呼ばれる、感情を備えたカスタマイズ可能な人工知能を備えた小型コンピューターです。

NetNaviは、オペレーターがインターネットを検索、使用、およびサーフィンするのを支援し、PETとそれ自体をウイルスから保護する責任があります。数年以内に、インターネットはAIをインターネットに送信し、まるで別の世界であるかのように物理的に移動できるようになるまで進化します。いくつかの危険がありますが、ウイルスはNavisやインターネットとともに進化し、あるレベルでインテリジェントになります。インターネットが進化して顕在化するようになったので、仮想兵器も使用できるようになりました。ナビやウイルスが受けるダメージが大きすぎると、そのプログラミングは完全性を失い、分散し、すぐに削除されます。各ナビには、基本的な防御を提供するプログラミングに直接組み込まれている抗ウイルス兵器があり、これに加えて、バトルチップを使用してPETから兵器プログラムを送信できます。

このシリーズは、正の孫である光熱斗と彼のNetNaviであるMegaMan.EXEに焦点を当てています。ペアは、Wilyが率いるWWW(「ワールドスリー」)と呼ばれるネット犯罪組織の計画を阻止することに関与します。

元のシリーズへの別の賛辞では、シリーズのほとんどのNavisは、元のシリーズのキャラクターにちなんで名付けられています。ただし、ゲームが進むにつれて、ゼロ、アイリス、大佐など、Xシリーズの特定のキャラクターもNetNavisとして登場しました。完全にオリジナルのNetNavisもこのシリーズのために作られましたが、アニメシリーズ専用のものもあります。 2回目以降のすべてのゲーム(バトルネットワーク3を除く)で、Famous氏が使用するNetNavisは、日本のカプコンのデザインコンテストの優勝者であるシリーズのファンによって作成されました。

バトルシステム編集

このシリーズは、ハイブリッドアクションRPG /カードバトルシステムを使用しています。バトルスクリーンは6x3グリッドを備えており、各キャラクターは最初に競技場の半分を制御します。これはバトルチップによって変更できます。

オリジナルのゲームと同様に、プレイヤーは自分の武器であるMegaBusterを使用しているMegaManを制御しています。ただし、コアゲームプレイは、プレイヤーによって制御されるLanによって選択された「バトルチップ」を中心に展開されます。チップは戦闘の開始時に選択され、プレイヤーが時間の経過とともに補充される完全な「カスタムゲージ」をアクティブにするたびに選択されます。選択は、戦闘の一時停止中に行われます。バトルチップの特定の選択は、チップを組み合わせてより強力な一時的なバトルチップを形成する「プログラムアドバンス」につながります。プレイヤーは、各バトルのデッキとして機能し、各バトルが終了すると補充される30個のバトルチップを選択する必要があります。二次的な目的は、一般的なものからメガ、ギガまで、希少性の範囲に及ぶ可能性のあるバトルチップのコレクションです。ポケモンなどのシリーズでコレクタブルジャンルの成功とともに、 バトルネットワーク ゲーム(BN3以降)は2つの類似したバージョンでリリースされ、ゲームの1つのバージョン専用のコンテンツが含まれていました。

探査編集

ゲーム内の探索は2つの方法で行われます。まず、プレイヤーは現実世界で主人公のLan Hikariを操作します。そこでは、プレイヤーは他のノンプレイヤーキャラクターと対話し、世界地図を移動できます。これらの現実世界の領域では、プレイヤーはストーリーを進めたり、サイドクエストを行ったりすることができます。実世界には、プレイヤーがネットの世界にジャックインし、Megaman.EXEとして探索できるジャックインポイントも含まれています。ネットの世界は、プレイヤーがロックマンとしてコントロールし、プレイする場所です。ネットワールドを旅している間、戦闘はランダムに発生する可能性があり、ストーリーを進めるために、メガマンは敵を倒し、これらのエリアが配置されているマシンの問題を修正するために、これらのネットエリアを旅する必要があります。

ロックマンエグゼ 編集

WWW(World Three)と呼ばれるテロ組織が、LifeVirusと呼ばれるスーパーウイルスを使用して世界を破壊しようとしました。 LanとMegaManによる干渉にもかかわらず、メンバーはそれを作るために必要な4つの要素プログラムを盗み、その作成に成功しました。ウイルスは予想通り強力でしたが、ロックマンによって破壊されました。その敗北により、WWWは撤退を余儀なくされました。このゲームは、GameRankingsで80%、MetaCriticで79%の平均スコアを獲得しました。

ロックマンエグゼ 後にDS用に再リリースされました ロックマンエグゼオペレートシューティングスター、オリジナルの拡張ポートとしてだけでなく、とのクロスオーバーとしても機能します スターフォース シリーズ。

前述のように、ゲーム内インタビューでは、ゲーム開発者によって、ゲームは当初、ホラーゲームを意図して概念化されていました。 [1]

ロックマンエグゼ 編集

教授としてのみ知られている男は、ネイビスに感染する致命的なウイルスを放出します。 MegaManとProtoManは、ウイルスのソースであるZeroを調査して見つけるために移動します。ゼロが呪いから解放されると、教授はゼロが生命ウイルスを復活させるための単なる転換であったと発表します。ゼロの助けを借りて、MegaManはそれを再び削除します。ゲームはバトルネットワークの世界で行われますが、ゲームプレイは他のゲームのハイブリッドアクションRPG /カードバトルシステムとは異なります。代わりに、それは伝統的なメガマンシリーズに似たアクションプラットフォーマーです。このゲームは、GameRankingsで61%、MetaCriticで65%のスコアを獲得しました。

ロックマンエグゼ2 編集

WWWの敗北後の次の夏、福音と呼ばれる新しいテロリストグループが出現します。彼らの戦術は、目標が設定されていないように見えたため、WWWとはかなり異なっていました。福音の計画は、彼らの海軍でランダムな破壊を引き起こすことだけで構成されていたようです。 LanとMegaManはすべてのメンバーと戦い、最悪の状況を防ぎました。しかし、ゴスペルの隠された計画は、究極のネットナビであるバスを再現することでした。彼らはバグの断片を使って、世界を支配するためにバスネイビスの大軍を作ることを計画しました。ゴスペルには知られていませんが、ベースを作成する彼らの方法は不完全であり、彼の能力は予想を大幅に下回っていました。バスのコピーを作成して軍隊を作ろうとして、ゴスペルのリーダーはバグの断片にエネルギーを過負荷にしましたが、何かがうまくいかず、調合は巨大なオオカミのような複数のバグの生物に変わりました。バグビーストは以前よりも強力でしたが、LanとMegaManはなんとかそれを排除しました。このゲームは、GameRankingsで82%、MetaCriticで81%の平均スコアを獲得しました。

ロックマンエグゼWS 編集

光熱斗とMegaMan.EXEはWWWと対決します。物語は、最初のメガマンバトルネットワークゲームとアニメシリーズ、メガマンエグゼウォリアーの両方の側面を適応させます。ゲームプレイはロックマンエグゼトランスミッションと似ています。

ロックマンエグゼバトルネットワーク3(青と白) 編集

バトルネットワーク3は、BN2から間もなく開催されます。 LanとMegaManは、N1グランプリと呼ばれるNetNaviトーナメントに参加しますが、トーナメントがWWWによって設定されたものであり、彼らの復帰について世界を脅かし、ネットビーストAlphaの復活を開始します。このゲームの平均スコアは、GameRankingsで77%、MetaCriticで77%でした。

ロックマンエグゼバトルチップチャレンジ 編集

Lanは「バトルチップGP」として知られる新しいネットバトルトーナメントに参加しますが、勝利したナビを削除してそのデータを盗む舞台裏の新しい組織があります。バトルチップチャレンジのゲームプレイは、他のバトルネットワークゲームのゲームプレイとは大きく異なります。ロックマンエグゼ1と2の同じチップを使用しますが、ハイブリッドアクションRPG /カードバトルシステムを使用する代わりに、より戦略ベースのスタイルでバトルチップを使用します。このゲームは、GameRankingsで49.9%、MetaCriticで54%のスコアを獲得しました。

ロックマンエグゼ4(赤い太陽と青い月) 編集

LanとMegaManは、一連のネットバトルトーナメントに参加しています。ゲームのバージョンに応じて、さまざまな対戦相手とシナリオが発生します。トーナメントの合間に、星雲と呼ばれる犯罪組織が攻撃します。彼らはダークチップ、闇の力を注入したバトルチップを使用して腐敗を広めました。その間、小惑星は宇宙を旅して地球に向かっています。このゲームの平均スコアは、GameRankingsで70%、MetaCriticで68%でした(このタイトルのスコアが低かったのは、トーナメントでの戦闘以外の実話がなかったためです)。

ロックマンエグゼ5(チームプロトマン/大佐/ダブルチームDS) 編集

星雲が再び攻撃しますが、今回は全面的な侵入です。彼らはLanの父親を誘拐し、SciLabのコンピューターを使用してインターネットを乗っ取ります。それに応じて、ChaudまたはBaryl(バージョンに応じて)のいずれかがエリートネットネイビスとオペレーターのチームを作成します。 LanとMegaManが最初のメンバーです。ストーリーが進むにつれて、より多くのチームメンバーが獲得され、ネットのより多くの領域が解放されます。すべてのネットが取り戻されると、チームは星雲の本部を見つけ、組織を打ち負かそうとします。 GBAバージョンはGameRankingsで68%、MetaCriticで67%の平均スコアを獲得しましたが、NDSバージョンはGameRankingsで70%、MetaCriticで68%を獲得しました。

ロックマンエグゼ6(サイビーストグレガーとサイビーストファルザー) 編集

バトルネットワーク6はシリーズの最後のゲームです。 Lanの父親は新しい仕事に就き、家族はCyber​​ Cityに引っ越し、ACDCTownからLanのクラスメートや友人を残しました。 WWWは、伝説のサイビースト、グレガー、ファルザーを復活させることを目指して、もう一度攻撃します。このゲームの平均スコアは、GameRankingsで64%、Metacriticで63%でした(スコアが低かったのは、アート、サウンド、ゲームプレイのリサイクルによるものでした)。

アニメ編集

ゲームはタイトルのアニメシリーズに適応されました ロックマンエグゼ。シリーズは四季を生み出し、 Axess, ストリーム, 、 と ビースト+.

マンガ編集

ゲームは小学館の2つのマンガシリーズに採用されました。 ロックマンエグゼ 鷹岬諒作13巻と バトルストーリーRockman.EXE 圭島淳と浅田美穂による4巻。

ボードゲーム編集

2004年にカプコンがリリース ロックマンエグゼカタンダブル (2004) — "ロックマン。EXE カタンスタンダード"—のライセンスバージョン カタンの開拓者たち.


コンテンツ

2002年のWinterX Games VIIIは、X Gamesイベントがライブで放映されたのは初めてであり、ESPNの主力ニュースプログラムでも取り上げられました。 スポーツセンター。 Nielsen Media Researchによると、イベントの報道を行った3つのネットワーク(ABC Sports、ESPN、ESPN2)の視聴者数は、2001年の世帯平均を30%上回りました。このイベントは、いくつかの人口統計学的カテゴリーでも過去最高を記録しました。初めてのライブ報道に対応するために、夜間の競技会が追加され、コロラドのアスペン/スノーマス会場に記録的な出席がありました。

2002年の冬のXゲームは、ESPNとXゲームにとって非常に大きな年でした。ゲームがアスペンのバターミルクマウンテンで開催されたのは最初の年でした。大会は、スキースロープスタイルイベント、スキースーパーパイプイベント、スノーボード、スケートボードなどの新しいイベントを追加し続けました。2002年大会の最も記憶に残る事件は、2002年米国オリンピックのフリースタイルスノーボードチーム全体が冬季Xスノーボードスーパーパイプに出場したときでした。ソルトレイクシティでの冬季オリンピックのほんの数週間前のイベント。また、2002年に、ESPNはX Games GlobalChampionshipの設立を発表しました。グローバルチャンピオンシップは、夏と冬のアクションスポーツの競技会を同時に開催する2つの異なる会場を特色としました。それは、4日間のイベントに参加するために、出身地域ごとにグループ化された世界のトップアスリートの6つのチームで構成されていました。ウィンタースポーツはブリティッシュコロンビア州のウィスラーブラッコムリゾートで開催され、イベントにはスノーボードとスキーが含まれていました。

Winter X Gamesは主に1月に米国で開催されますが、2月に開催されることもありますが、Summer XGamesは通常8月に開催されます。 Winter X Gamesの場所は2019年までコロラド州アスペンにあり、Summer X Gamesの場所はロサンゼルスにあり、2014年6月にテキサス州オースティンに変更されました。XGamesには国際大会やデモもあります。年間を通じてさまざまな時期に開催される世界。ゲームはテレビで生放送されます。

The Winter X Games are, as described by ESPN (2008), a competition compiled of the greatest winter action sport athletes from around the world competing on an annual basis. The competition has day and evening events including skiing, snowboarding and snowmobiling. The first Winter X Games took place at Snow Summit ski resort in Big Bear Lake, California, in 1997. The following two years, the Games were held at Crested Butte Mountain Resort in Colorado. The two years following that, the Games were held in Mount Snow, Vermont. Since 2002, the Winter X Games have been held at Aspen's Buttermilk Mountain and will continue to be until 2024, according to ESPN.

During 2015's Winter X Games, ESPN used camera drones to capture aerial views of the athlete's runs. This was a first for ESPN. [6]

X Games Asia have been held annually since 1998.

In May 2003, the X Games held the Global Championships, a special event where five continents competed in 11 disciplines. The event was held in two locations: the Alamodome in San Antonio, Texas, and Whistler, British Columbia. [7] [8] The final team results, in order, were the United States, Europe, Australia, Asia, and South America.

In May 2011, ESPN held a bid to select three host cities in addition to Los Angeles, Aspen, and Tignes, France, to form a six-event calendar for the next three years beginning in 2013. [9] In May 2012, the selected cities were announced: Barcelona, Spain Munich, Germany and Foz do Iguaçu, Brazil. [10] The two European cities have hosted the Summer Olympic Games in the past, whereas Brazil has provided several X Games competitors. [11] Despite previous plans for a three-year run, ESPN opted to cancel the global expansion after 2013. [12] [13] Since 2010, Winter X Games Europe has been held in Tignes and also began holding events in Norway in 2016. An event in Sydney, Australia was held in 2018 and winter and summer events were also been planned for 2019 and 2020 in China and a return trip to Norway in 2020.


Fighting to Escape

Repeatedly assaulted by the 80th and 81st PLA divisions, the 3,000-man 31st RCT was worn down and overrun. Some survivors of the unit reached the Marine lines at Hagaru-ri on December 2. Holding his position at Hagaru-ri, Smith ordered the 5th and 7th Marines to abandon the area around Yudam-ni and link up with the rest of the division. Fighting a brutal three-day battle, the Marines entered Hagaru-ri on December 4. Two days later, Smith's command began fighting their way back to Koto-ri.

Battling overwhelming odds, the Marines and other elements of X Corps attacked continuously as they moved towards the port of Hungnam. A highlight of the campaign occurred on December 9, when a bridge was constructed over a 1,500-ft. gorge between Koto-ri and Chinhung-ni using prefabricated bridge sections dropped by the US Air Force. Cutting through the enemy, the last of the "Frozen Chosin" reached Hungnam on December 11.


The myth of the Lost Cause

By the early 20th century, white Southerners had mythologized an imagined South that fought the war not to uphold slavery but to protect states’ rights and a genteel way of life—an idyll endangered by “Northern aggression” and interference. As historian Caroline E. Janney notes, the Lost Cause myth came about immediately after the war as Confederates struggled to come to terms with their defeat “in a postwar climate of economic, racial, and social uncertainty.”

Efforts to memorialize the Confederate dead also began as soon as the war ended, but they ballooned as white Southerners reclaimed their power after Reconstruction. Then, as Confederate veterans began to die in the early 20th century, groups like the United Daughters of the Confederacy pushed to commemorate them—and make their version of history the official doctrine of Southern states.

Confederate monuments soon dotted the South, and the battle flag was added to the state flag of Mississippi. Historian Gaines M. Foster for Zócalo Public Square writes that its use “was regional and tied to the memory of the war.” ((Toppling statues is a first step toward ending Confederate myths.)


The Battlefield at Buena Vista

Taylor learned of Santa Anna's advance and deployed in a defensive position near the Buena Vista ranch a few miles to the south of Saltillo. There, the Saltillo road was flanked on one side by a plateau accessed by several small ravines. It was a good defensive position, although Taylor had to spread his men thinly to cover it all and he had little in the way of reserves. Santa Anna and his army arrived on February 22: he sent Taylor a note demanding surrender as the soldiers skirmished. Taylor predictably refused and the men spent a tense night near the enemy.


Battle Index: X - History

The International Hotel at 848 Kearny Street at Jackson, 1978.

Photo: courtesy Nina Serrano

The International Hotel’s brick face and leftist politics earned it the nickname of the “Red Block.” In the late 1960’s, new development projects threatened this home of primarily Filipinos in San Francisco’s Manilatown. Feeling drawn to defend this cultural landmark and the rights of Filipinos, UC Berkeley students and activists joined with I-Hotel residents to resist. In San Francisco history, the Battle for the International Hotel marks a moment of solidarity to preserve culture and the right to the city in the face of new urban development.

A face-off at the I-Hotel, 1970s.

Photo by Eddie Foronda

At the very heart of Manilatown was the International Hotel, a three-story, red-brick building at 848 Kearny Street at the corner of Jackson. In the 1970s it also became the most famous residence of Filipinos. The I-Hotel symbolized the Filipino American struggle for identity, self-determination, and civil rights. It was a struggle that involved not only Filipinos but other Asian Americans, African Americans, Mexican Americans, student activists, religious groups and organizations, gays and lesbians, leftists, and community activists.

The eviction was part of a larger development project occurring in the Bay Area. As early as 1946, corporate organizations proposed ambitious urban development projects: organizations such as the Bay Area Council proposed the Bay Area Rapid Transit system, and the San Francisco Planning and Housing Association proposed neighborhood urban renewal by eliminating urban blight in the Western Division. (Mollenkopf 1983, pp 159-160) Other proposals included building the Golden Gateway project, a series of freeways intersecting through San Francisco -- a project rejected by the City -- and the Yerba Buena Center project, which, when completed, also displaced thousands of residents from South of Market. By the late 1960s, as part of this Manhattanization of San Francisco, the expanding financial district was encroaching on Manilatown and neighboring Chinatown. In the autumn of 1968, Milton Meyer and Company, which owned the hotel, started sending eviction notices to the tenants of the I-Hotel. "To my mind," explained Walter Shorenstein, chairman of Milton Meyer, "I was getting rid of a slum." (Calvin Trillin, U.S. Journal: San Francisco, Some Thoughts on the International Hotel Controversy, ニューヨーカー, December 19, 1977) In response, the tenants organized the United Filipino Association (UFA) to battle the eviction.

Among the earliest Filipino activists working with the I-Hotel was Violeta Marasigan, then a recent graduate of San Francisco State College who was hired as a social worker by the UFA as part of their Multi-Service Center: "When I started working with the old men, I saw that they were discriminated against in terms of their access to social services. A lot of them had been here for over 30 years, but they could still barely speak English or write. These manongs were mostly single retired farmworkers and seamen living on social security retirement benefits." Marasigan, known as Bullet X to her friends, discovered that they were not receiving their full benefits. At that time, when the SSI benefits were around $200 a month for the maximum, Filipinos were only getting around $90 to around $130, recalled Marasigan. None of the Filipinos knew that they were not getting the full benefits due to them. Marasigan accompanied the Filipinos to the SSI office and spoke with their caseworkers. After that, everybody had their full SSI benefits.

The late sixties were the height of the anti-war movement and Third World student strikes at San Francisco State and UC Berkeley. Student activists became among the strongest supporters of the I-Hotel.

Housing protesters at City Hall, 1977.

Photo: Nancy Wong, via Wikimedia Commons

Emile De Guzman, a young Filipino student leader of the 1969 Third World Strike at Berkeley, had been working with Pete Velasco, Larry Itliong, Philip Vera Cruz, and other Filipino members of the United Farmworkers Union in Delano. Born and raised in San Francisco, De Guzman grew up visiting Manilatown with his father. When he heard about the eviction notices and the subsequent fire that killed three hotel tenants, he rallied other Berkeley students to protest the eviction: "I got really involved in the I-Hotel and organized students to go down there and picket outside Walter Shorenstein's office."

The International Hotel Tenants Association (ITHA) eventually replaced the UFA, and Filipino student activists like De Guzman assumed the leadership. It was through a coalition of students, tenants, and community activists that the ITHA was able to sign a three-year lease and avoid eviction. In order to avoid further public criticism of his role in the eviction, Shorenstein would sell the hotel to the Four Seas Investment Corporation, a Hong Kong-based company that planned to demolish the building and replace it with further commercial development: an underground parking garage.

August 5, 1977, the day after the eviction of the I-Hotel.

It was not just Filipinos, however, who got involved in the I-Hotel struggle. Jean Ishibashi, a third-generation Japanese American born in Chicago, was pregnant at the time but still came to the I-Hotel protests. "For many decades, I carried my family's unspoken anger from eviction and internment," said Ishibashi. "When I learned that elderly Asians who were my father's age were being evicted, I identified with them, and that's why I showed up." For Ishibashi, the I-Hotel symbolized a time when the Asian American community as a whole came together. It was mostly, however, the more progressive and left-leaning members of Asian America.

Protest at City Hall during final months before eviction, 1977.

Photo: Nancy Wong, via Wikimedia Commons

Elderly Chinese also resided in the I-Hotel. The Asian Community Center and the Chinese Progressive Association were located in the I-Hotel. Both organizations strongly supported mainland China and Chairman Mao Zedong's Communist government, and this conflicted with the Chinatown leadership, who supported the Koumintang Government (KMT) in Taiwan. This was also part of the continuing attacks against the I-Hotel, said De Guzman. The Chinese leftist organizations would always show a lot of films about China.

Not surprisingly, Filipino activists at the I-Hotel shared the same political leanings as their Chinese neighbors. During that time, Joe Diones was the manager of the I-Hotel, said Marasigan, herself an anti-martial law activist who would later be imprisoned by Marcos. He was a very good manager, you see, but he was also a card-bearing member of the Communist Party of the USA. The leftist Kalayan newspaper was also published at the I-Hotel, and its members would go on to form the Katipunan ng mga Demoratikong Pilipino (KDP), which became the largest Filipino socialist organization in America. With its left-leaning management and tenants, the red brick building quickly became known as the Red Block.

African Americans and whites were among the supporters of the I-Hotel. The Rev. Jim Jones of the infamous People's Temple church brought members of his congregation, mostly elderly African Americans, to the protests.

The reverends Cecil Williams (Glide Church) and Jim Jones (People's Temple) at an anti-eviction rally at the I-Hotel, January 1977.

Photo: Nancy Wong, via Wikimedia Commons

Members of the Peoples' Temple at the anti-eviction rally January 1977.

Photo: Nancy Wong, via Wikimedia Commons

“We even had a terrorist group that supported the I-Hotel,” recalled the poet Al Robles. The Weathermen group planted a bomb at the Herbst Theater, and they went on radio and said, We did this because the I-Hotel was being oppressed. The bomb did not explode, but upon hearing the news at the time, Robles looked out an I-Hotel window, saw hundreds of people marching and chanting, and said, “We don’t even know who these guys are. What kind of manongs are these?”

Photo: Nancy Wong, via Wikimedia Commons

The I-Hotel also became a bastion of Asian American cultural expression. Formed by Asian Americans from the Bay Area, the Kearny Street Workshop (KSW) had an office at the first floor of the Hotel. Luis Syquia, a poet and activist of the I-Hotel struggles, explains, “The main focus, rationale, and philosophy behind the Kearny Street Workshop was to really reflect the communities that we came from, and also to contribute to those communities through our art.” KSW brought together Chinese, Filipino, Japanese, and Korean artists and writers into one community. Rejecting the idea of art for art's sake, Luis believed that art was always a tool for social change. Among some of KSW's members were artist Jim Dong, playwrights Lane Nishikawa and Norman Jayo, photographers Crystal Huie and Leny Limjoco, silk-screen artists Leland Wong and Nancy Hom (KSWs current director), and poets Al Robles, George Leong, Doug Yamamoto, Genny Lim, Russell Leong, and Jeff Tagami and Shirley Ancheta.

For Manilatown and its Filipino residents, the I-Hotel represented a life and community. Explained Robles, the unofficial Zen Master of the Filipino community, “The I-Hotel was the life of the manongs, the life of the Filipinos. It was their heart, it was their poetry, it was their song. Robles, whose poetry was recently collected in Rappin' with 10,000 Carabaos in the Dark elaborated: "It wasn't only a hotel: it was a gathering place that brought them together. It was celebration it was ritual. It was bringing back a life."

—James Sobredo, excerpted from "From Manila Bay to Daly City: Filipinos in San Francisco" in Reclaiming San Francisco: History, Politics, and Culture, A City Lights Anthology, 1998

Protesters at an anti-eviction rally in January 1977.

Photo: Nancy Wong, via Wikimedia Commons

Non-permissional art comments on the I-Hotel hole, sitting empty for 25 years after the eviction.


ビデオを見る: La combo micidiale INDICE CONFRONTA in Excel (12月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos