新しい

Sebek-hotep III

Sebek-hotep III


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


Merhotepre Sobekhotep

Merhotepre Sobekhotep (としても知られている ソベクヘテプV セベクヘテプVI 古い研究では)第2中間期の第13王朝のエジプトの王でした。エジプト学者のキム・ライホルトによれば、彼は王朝の30番目のファラオでしたが、ダレル・ベイカーは代わりに彼が29番目の支配者であったと信じています。 [1] [2]以前の研究では、ユルゲン・フォン・ベッケラートとデトレフ・フランケは、メルホテプレ・イニとメルホテプレ・ソベコテプを特定し、それによって彼をソベコテプ6世と第13王朝の28番目の支配者にしました。 [3] [4] [5]


Giađìnhcủavịvuanàyđượcbiếtđếntừmộtsốnguồn。 MộtditíchtừđảoSehelchothấySobekhotepcùngvớingườichaMentuhotep、mẹcủaônglàIuhetibu(Yauheyebu)、emtraicủaônglà ReniseneblàcongáicủaIuhetibuvớingườichồngthứhailàDedusobek。 [2]

SobekhotepIIIcóhaingườivợ、SenebhenasvàNeni。 MộttấmbiatừKoptos(Qift)、[3]ngàynaynằmtạiLouvre(C 8)、đềcậptớinhữngngườicongáicủaNenni:Iu IuhetibuFendyđãviếttêncủabàtrongmộtđồhình。 [2]ĐâylàlầnthứhaitronglịchsửAiCập、mộtngườicongáicủađứcvuađượcnhậnvinhdựnày

SenebhenasđượcmiêutảcùngvớiSobekhoteptrênmộtbệthờtạiđảoSehelvàmộttấmbiatạiWadiel-Hol。 [3]TấmbianàymiêutảSobekhotepIIIphíatrướcvịthầnMonthu。 Ôngnhậnđượcmộtankhvàmộtquyềntrượngはtừvịthầnでした。 SobekhotepđượctheosaubởingườichacủaôngMontuhotep、ngườimẹIuhetibucủaông、vàngườivợSenebhenascủaô [2]

ソベックホテップ・イイđượcbiếtđếnひも資格MOTようルオンLON CACヒエンバット[4] [5]バットCHAPthựcTE鳴っ禁止danh SACH VUAトリノCHI GHI LAI MOTtriềuđạiケオDAI 4 NAM VA 2 TOI 4タンdànhCHOオング[6 ]。 ÔngđãbổsungthêmnhữngbảnkhắcchongôiđềnMenthutạiMadamud[7]vàxâydựngmộtnhànguyệntạiElKab。 [8]TrênđảoSehel[9]mộtbệthờđãđượctìmthấycùngvớitêncủaông。

Mộtsốcondấuhìnhbọhungđãđượctìmthấymàđếntừ Ngườichịutráchnhiệmnhữngchiếcbàncủađứcvua Sobekhotepđượcsinhrabởi Ngườichịutráchnhiệmnhữngchiếcbàncủađứcvua メンチュヘテプ。 [10]CókhảnăngrằngnhữngcondấunàythuộcvềSobekhotepIIItrướckhiôngtrởthànhvua。

SobekhotepIIIlàvịvuađầutiênnằmtrongdanhsáchnhữngvuathuộcVươngtriềuthứ13màcónhiềubằngchứngchosựtự Nhữngvịvuanàycórấtnhiềukỷvậtvàcôngtrìnhcònlưulại、đánhdấuchosựcaitrịcủahọ。 ĐiềunàyngụýrằngdườngnhưAiCậpđãtươngđốiổnđịnhtronggiaiđoạnnày。


セベクヘテプIII

Si セベクヘテプIII (パンガランサトロノ: Sekhemresewdjtawy)ang paraon ng Ikalabingtatlong Dinastiya ngEhipto。 Ang pamilya ni Sobekhotep III ay alam mula sa ilang mgasanggunian。 Ang isang monumento mula sa Islang Sehel ay nagpapakitang si Sobekhotep kasama ng kanyang amang si Mentuhotep、inang si(Yauheyebu)、mga kapatid ng lalakeng sina Seneb at Khakau、at isang kalahating kapatid na babaeng si Renis [1]

Si Sobekhotep II ay may dalawang mga asawa na sina Senebhenas atNeni。 Ang isang stela mula sa Koptos(Qift)、[2] na ngayon ay nasa Louvre(C 8)ay nagbabanggit ng mga anak na babae ni Neni:Iuhetibu(Fendy)andDedetanuq。 Isinulat ni Iuhetibu Fendy ang kanyang pangalan sa isangcartouche。 [1] Ito ang ikalawang pagkakataon na sa kasaysayan ng Sinaunang Ehipto na ang anak na babae ng hari ay tumanggap ng karangalangito。 Si Senebhenas ay ipinapakita kasama ni Sobekhotep sa isang altar sa Sehel Island at isang stela sa Wadiel-Hol。 [2] Ipinapakita ng stela si Sobekhotep III sa harap ng diyos na siMonthu。 Siya ay tumatanggap ng isang ankh at isang setrong was mula sadiyos。 Siya ay sinusundan ng kanyang ama、ina atasawa。 [1]

Si Sobekhotep III ay alam mula sa mataas na bilang ng mga bagay sa kabila ng pagsasaad sa talaan ng hari na turin na ang kanyang paghhari ay tumagal lamang ng apat na taon at dalawa hanggang apat nabuwan。 [3] Siya ay nagdagdag ng mga inkripsiyon sa templo ni Menthu sa Madamud [4] at nagtatag ng isang kapilya sa ElKab。 [5] Sa Sehel [6] ay natagpuan ang isang dambana na may kanyangpangalan。


治世

セベクヘテプ3世は、トリノ王名表が彼にわずか4年[6]と2〜4か月の長さの統治を与えているという事実にもかかわらず、多数のオブジェクトから知られています[4] [5]。彼はマダムードのメントゥー寺院に碑文を追加し[7]、エルカブに礼拝堂を建てました。 [8]セヘル島[9]で、彼の名前の祭壇が見つかりました。

からのものである多くのスカラベシールが発見されました 支配者のテーブルの将校 セベクヘテプは 支配者のテーブルの将校 メンチュヘテプ。 [10]これらのアザラシは、彼が王になる前にソベクヘテプ3世に属していた可能性があります。

セベクヘテプ3世は、歴史的記録が存在する第13王朝の王のグループの最初のものでした。この第13王朝の王のグループはすべて、多数のオブジェクトから知られています。これらの王は多くのアザラシを生み出し、これらの治世にさかのぼることができる多くの私的な記念碑があります。これは、この期間中、エジプトが比較的安定していたことを示しているように思われます。


トトメス3世。

エギパツキファラオンXVIII。 dinastije、vladao od1504.pr。 Kr。 1450を実行します。pr。 Kr。 kraljevskim imenom Djehuty-mesMen-kheper-re。 U trenutku smrti faraona Tutmozisa II。、njegovog oca(majka mu je bila haremska djevojka Isis)、TutmozisIII。 jebiodječakpajenjegovamaćeha(i tetka)ハトシェプストビラリージェント。 Tako je bilo samo dvije godine aondajeHatšepsutuzurpiralaprijestoljeisama vladala skoro 20godina。 Za vrijeme njene vladavine mladi Tutmozis je bio upozadini。 Natemeljuumijećakojejekasnijedemonstrirao na bojnom polju vjerojatnojedajemladićutodobamnogo vremena provodio svojskom。 U tim vremenima Egiptu je izmakla kontrola nad Sirijom iLibanonom。 Određenbrojlokalnihvlastodržacaizbjegaojeegipatskojdominacijiizavršiopodutjecajembližegisnažnogmitanskokgraljevstva。 S dolaskom mladog TutmozisaIII。 na vlast、radikalnopromijeniloを設定します。

トトメス3世。
トトメス3世、キップ
ウラダヴィナ 1504.pr.Kr.-1450.pr.Kr.
Prethodnik ハトシェプスト
Nasljednik アメンホテプ2世。
摂政 ハトシェプスト
スプルージ Satiah、HatšepsutMeritre、Nebtu、Neferure、Menwi、Menhet、Merti
ジェカ
アメンホテプ2世、メンケペルラー、ネベティウネット、メリエタムンC、メリエタムンD、イセト、アメンエムハト
プノイメ
トトメス3世メンケペルラー
Dinastija 18. dinastija
オタック トトメス2世。
マジカ イシス
ポコップ Dolina kraljeva、KV34
Vjera religija drevnog Egipta

トトメス3世。 u Drugoj godini svojesamostalnevladavinekrećenasvojprvibliskoistočnipohodicijelakampanja je bila majstorsko djelo planiranja irealizacije。 Za deset dana stigao je do Gaze、osvojivšigradiproduživšiupravcuMegida。 Ovdjejedošlodovelikebitkes vojskom pobunjenogprincaizKadeša、aosvimovimdogađajimapostojetemeljitizapisina zidovima hrama uKarnaku。火、コッドメギダ、トトメス3世。 pobjeđujeneprijatelja、ali njegova vojska zastaje zbog skupljanja plijena pa seneprijateljuspijevaizvućipovlačenjemunutarjakihzidinagrada。 Egipćaniopsjedajugradpunihsedam mjeseci i na kraju gaosvajaju。

U manje od pet mjeseci Tutmozis je putovao od svoje prijestolnice Tebe sve do sirijske obale、vodioodlučujućebitkeivratio se u svoj glavni grad proslavljatipobjede。 Uidućih18godinaorganiziranisu vojni pohodi svako ljeto i egipatska je mornarica intenzivno rabljena za pokrete trupa uzobalu。 KadešjeosvojenučetrdesetdrugojgodiniTutmozisovevladavinekada jeosvojenKadeš、mada popis u Karnaku nabraja preko 350 gradova koji su pali pod egipatskuvladavinu。

Kralj je isto tako Organizirao i kaznene ekspedicije u Nubiju gdje je sagradio hramove u Amadi iSemni。 ŠiromEgiptamnogisuhramovibiliprošireniiobogaćenizahvaljujućigolemomplijenusratnih pohoda、no nijedan tako mnogo kaoKarnak。

ZadnjihnekolikogodinaživotaTutmozisIII。 jekonačnoprovobezratovanja。 Stari faraon je zadovoljno svoj veliki imperij predao mirno svom nasljedniku Amenhotepu II ..

Vladavina TutmozisaIII。 ostajezabilježenaposvomobiljuibogatstvu。 reflektira i s izvanredno lijepim、bogatim grobnicama togvremenaを設定します。 sam bio je sahranjen u Dolini kraljevaで、njegovgrobjesmještensulazomnapolovinivisine jedneklisure。 Sam ulaz je poslije pokopa bio skriven、alitonijespriječiloantičkepljačkašegrobovadapronađugrobnicuitemeljitojeisprazne。 Sama mumija velikog faraona jeipakostalasačuvanadodanašnjihdanazahvaljujućislavnomotkrićuuspiljikodDeir el-Bahria、gdjejepronađenazajednosostalim mumijama egipatskihvladara。

Smatra se da je u doba TutmozisaIII。 egipatskadržavadostiglavrhunacsvojemoći。


ネフェルヘテプ1世

キング ネフェルヘテプ1世 エジプト第13王朝の王でした。

ネフェルヘテプ私は軍の家族から来ました。彼の祖父Nehyは「町の連隊の役員」の称号を持っていました。 NehyはSenebtysyと呼ばれる女性と結婚しました。彼女が「家の女性」という一般的な称号を持っていたこと以外、彼女については何も知られていません。彼らの唯一の知られている息子はハーンケフと呼ばれる人でした。彼は常に特定のケミと結婚した「神の父」として情報源に登場します。これらはネフェルヘテプ1世の両親です。

ネフェルヘテプ1世の家族は少なくともテベスから来たようです。兄弟の王ソベクヘテプ4世は、カルナックのアメン神殿に彼の治世中に設置された石碑で、彼がそこで生まれたと述べています。しかし、第13王朝の主要な首都は、現代の村エルリシュトの近くの北部のイチタウィでした。

セネブセンと呼ばれる女性は彼の妻として知られています。ネフェルヘテプ1世は、エジプトのすべての地域とエジプトが支配する下部ヌビアで見つかった比較的多数の物体から知られています。トリノ王名表では、彼はこの期間の中で最も長い11年の治世を与えられています。彼はまた、ビブロスで見つかった救済からも知られています。

王の最も重要な記念碑は、アビドスで発見された、王の治世の2年目にさかのぼる大きく侵食された石碑です。石碑の碑文は、王がどのように想像し、彫刻の製作を命じるかを記録した数少ない古代エジプト王室のテキストの1つです。

ネフェルヘテプ1世の治世から、アスワン地方にも数多くの碑文があり、彼の名前、この王の下で奉仕している家族や役人の名前が記されています。私たちが彼の妻(セネブセン)と子供たちを知っているのは、これらの碑文からです。

ネフェルヘテプ1世が11年の治世の後にどのような状況で亡くなったのかは不明です。彼の後継者は、エジプト学ではセベクヘテプ4世として知られており、おそらく第13王朝の最も重要な統治者である彼の兄弟でした。もう一人の兄弟、シハトールは後継者としてトリノ王名表に載っていますが、彼が王になったという本当の証拠はありません。

ネフェルヘテプ1世とセベクヘテプ4世が一緒に言及しているモニュメントがいくつかあるため、しばらくの間一緒に君臨した可能性があります。しかし、これは推測に過ぎず、見つかった記念碑によって証明されていません。それにもかかわらず、第13王朝におけるこれらの二人の兄弟の治世は、このさもなければかなり不安定な時代のピークを示しています。これらの王の下にデータ可能な多くの私的な記念碑があり、特に彫刻では、いくつかの非常に高品質の芸術作品が制作されました。


Sadržaj

Poslao je nekoliko ekspedicija s ciljemdasekupigrađevinskimaterijalnaSinajui u Wadi Hammamatu、te je tokom duge vladavine sagradio veliki broj oltara ihramova。 ObnoviojevažanhramRe-AtumauHeliopolisu、središtukultasunca-te podigao 2 crvena obeliska kako biproslavio30.godišnjicuvladavine(Jubilej Heb Sed)。 Jedanodtihobeliskajošuvijekstojikaonajstariji takav uEgiptu。 Dobro poznati oltar(pod nazivom Bijela Kapela)s finim、visokokvalitetnim reljefima ovog vladara、jesagrađenuKarnakukakobiobilježio30。godinuvladavinejošuvijekjeizložen、ponovnosagrađenodraznihkamenih blokova koje je Henri Chevrier otkrio 1926. Senusret je i ponovno sagradio 1926. Senusret je i ponovno sagradio Hram

Senusretovdvorjetakođerdobropoznat。 Napočetkunjegovevladavinevezirje bio Infefiqer、poznat po brojnim natpisima na grobu nedaleko od piramide Amenemhata I. Izgleda da je dugo vremena ostaouslužbi、i da ga je naslijedio izvjesniSenusret。 Dvablagajnikasutakođerpoznatiizdobaovog kralja-Sobekhotep(22。godina)iMentuhotep。 Potonji je imao veliku grobnicu kraj kraljeve piramide、izgleda da je bio glavni arhitekt Amunovog hrama uKarnaku。

Senusret je sam okrunjen kao suvladar zajedno sasvojimocemnaočevu20。godinuvladavine。 [2]PredkrajvlastitogživotajeimenovaosvogsinaAmenemhataIIkaomlađegsuvladara。 StelauWepwawetōujedatiranana44. godinu Senusreta i 2. godinu Amenemheta、pasečinidagaje imenovao u svojoj 43.godinu。 [3] Umro je u svojoj 46. godini、jer mu Torinski kanon pripisuje vladavinu od 45 godina i nepoznat brojmjeseci。 [4]


ファラオの発見Sobekhotep&Senebkay

発掘によって生成された新しいデータに直面して、考古学は急速に変化する可能性があります。遠征のこの号では、南アビドスでのペン博物館の発掘に関する最近の研究のいくつかを紹介しました。しかし、すでに追加する新しい結果があります。冬のシーズン(2013年12月から2014年1月)は非常に生産的で、いくつかのエキサイティングな新しい発見をもたらしました。これらには、これまで知られていなかったファラオの墓、ウォセリブレセネブカイ王(紀元前1650年頃)、エジプトの第2中間期にまでさかのぼる王朝全体が含まれます。その結果、Mountainof-Anubisの王室の墓地遺跡がより鮮明になりつつあります。この場所は、大小を問わず、多くの王の埋葬地であることがわかりました。センウセレト3世がサイトを開始しました。西暦前1850年ですが、約3世紀にわたって発展を続けました。興味深い出来事の中で、アヌビス山の場所には、忘れられた王朝、新しく特定されたセネブカイ王が属していたアビドス王朝の墓が含まれていることがわかりました。フィールドから新鮮なこれらの結果のいくつかを簡単に見てみましょう。

2013年の夏に私たちが行った重要な発見の1つは、墓S10に由来する60トンの珪岩石棺室でした。この号では、この部屋が第13王朝のごく初期(西暦前1780年頃)にさかのぼり、第13王朝の最初の王であるファラオソベクヘテプ1世に属している可能性があるという証拠を提示しました。冬季の優先事項の1つは、墓の日付と所有権に関する証拠を取得することを目的とした墓S10の調査でした。墓の入り口の通路と、かつてS10の正面に立っていた礼拝堂やカルトの建物の残骸を含む重要なエリアの作業を完了しました。私たちは、王の埋葬設備の残骸を含むいくつかの重要な証拠で報われました。しかし、最も重要なのは、セベクヘテプという名前の王の大きな石灰岩の葬式の石碑の断片でした。この石碑は着席した王を示しており、碑文はファラオのソベクヘテプに属するものとしてS10の識別を確認しています。他の関連するオブジェクトは、13王朝の初期の日付を裏付けています。したがって、S10はほぼ間違いなく、第13王朝の最初のファラオであるセベクヘテプ1世の墓です。

埋葬室のこの詳細は、女神ネイトを示しています
そして、Senebkayのカノプス壺を保護するナット。

セベクヘテプの墓の礼拝堂エリアでの発掘は、予期せぬ驚くべき発見につながり、アヌビス山の場所の理解に計り知れないほどの追加をもたらしました。現在の号で議論する問題の1つは、墓S9とS10に隣接するエリート墓の日付と所有権です。それらの比較的控えめな規模に基づいて、私たちはこれらが私有の墓であるかもしれないと考えていました。しかし、これらの墓の1つでS10の60トンの王室石棺室を再利用することは本当に不可解です。セベクヘテプの墓の奥深くからこの巨大な部屋を自分の墓で再利用する目的で抽出する権限と富を誰が持っているでしょうか?その質問に対する答えは今や明らかです。実際、ソベクヘテプの部屋を再利用したのは別のファラオでした。これが私たちが知っている方法です。

2014年1月初旬、ソベクヘテプの墓の礼拝堂エリアでの作業により、夏に発掘された近くの例と同様のデザインの貫入墓が明らかになりました。私たちの墓を期待して、ソベクヘテプの礼拝堂から派生した再利用されたブロックを発見することを期待して、構造の作業を開始しました。墓の入り口が露出していると、美しく構築された石灰岩の落とし格子、高い地位の証拠、そして墓へのかなりの投資を見つけることに興味をそそられました。墓の内側の端に戻ると、装飾された埋葬室に着いたとき、私たちは驚いた。石灰岩で造られた埋葬室は、鮮やかな色のシーンと、これまで知られていなかったファラオの名前であるWoseribre-Senebkayのテキストで描かれています。壁のシーンには、王のカノプス壺の守護神である4人の女神が描かれています。有翼円盤の画像は壁を越えており、壁には王とホルスの4人の息子を関連付ける象形文字の碑文もあります。埋葬室のテキストは、王の称号(彼の王位名Woseribre、および彼の出生名Senebkay)を提供し、彼が2つの土地の主であり、上下エジプトの王であると述べています。この神秘的な王セネブカイは誰ですか?

セベクヘテプ王の断片的な葬式の石碑は、彼の葬式礼拝堂の廃墟で発見されました。王が座っていることに注意してください。 セネブカイ王(紀元前1650年頃)の塗装された埋葬室は、2014年1月に発見されました。

埋葬室は古代の墓強盗によってその内容物が完全に剥ぎ取られていました。しかし、墓の最初の部屋で、石の落とし格子のすぐ内側に、王の埋葬のかなりの遺物が見つかりました。ファラオのカノポス箱とその蓋、そして彼の葬式用マスクの破片と塗装されたco:nです。これらは、セネブカイ自身の遺骨と一緒に散らばっていました。王の遺体は、お守りや宝石を求めて盗掘者によって分断されていました。セネブカイの日付への重要な手がかりは、彼のカノポス箱で発見されました。ここで、かつて金メッキされていた胸には、以前の王の描かれたテキストが残っていることがわかりました。近くの墓が再利用された石棺室の源であったソベコテプに他なりません。セベクヘテプの職人は、ソベクヘテプの共同体に由来する杉の板を自分のカノポス箱に再利用していました。

証拠がすぐに増えるにつれ、遺物、テキスト、埋葬室の装飾により、セネブカイはエジプトの第2中間期(紀元前1700年から1550年頃)の断片的な時代にさかのぼることが明らかになりました。その段階で、まだアビドスで、エジプトの政治史の最も重要な古代の情報源の1つであるトリノ王名表に相談しました。この断片的な第19王朝のパピルスには、王と王朝の順序、およびそれらの統治の長さに関する重要な情報が含まれています。この王朝の少なくとも16人の王の名前は、かつてトリノ王名表に記録されていましたが、ほとんどのテキストはパピルスのこの部分で壊れています。重要なことに、このグループの最初の2人の王は、新しく発見されたファラオであるWoseribre-Senebkayと同じように、王位名Woser…reを持っています。これで、Senebkayを、およそ1年前にさかのぼる地域王朝の最初または2番目のファラオとして確立することができます。西暦前1650年から1600年。考古学的証拠により、独立した「アビドス王朝」の存在が証明されました。これは、デトレフフランケやK.S.B.を含むいくつかのエジプト学者によって仮説が立てられています。ライホルト、しかし他の多くの学者によって疑われた。

私たちは、Mountain-of-Anubisでの考古学研究のエキサイティングな時期にいます。この場所には、センウセレト3世やセベクヘテプ1世など、エジプト中王国後期の初期のより強力な王の墓が含まれていることがわかります。しかし、第2中間期に支配した後の王の墓地としても機能しました。セネブカイはこの王朝の初め近くに支配しました。この場所の墓地遺跡には、アビドス王朝全体の墓があることが示されています。アビドス王朝の王たちは、彼らのより輝かしい中王国の先祖と彼ら自身を結びつけたように見えますが、彼らはまた、それらの初期の王の墓の少なくとも1つからの資料を利用しました。セベクヘテプ1世の石棺室の再利用を担当したのは、このグループの後の王の1人でした。アヌビス山がおそらく二十人の埋葬地であったことを理解できるように、サイトの複雑さが今ではより明白になっています。ファラオ。今後の作業は、エジプトの中王国後期と第2中間期の政治史にかなりの光を当てる可能性があります。間違いなく、Senebkayの発見のようなより多くの驚きが待ち構えています。


セベクヘテプIII。 ist von zahlreichen Monumenten her bekannt、obwohl er nachdemTurinerKönigspapyrusnurdreiJahreund zwei Monate regiert habensoll。 MedamuderbauteerdenSäulenhofundeineKolossalstatueでは、Usurpierte einen Tempelbau des SesostrisIII。カルナック神殿では、Elkab und Tod hat er gebaut oder zumindest seinen Namen dort anbringen lassen、wieaufgefundeneBlöckezeigen。

Es gibt zahlreiche Monumente、die seine umfangreiche Famileenennen。 Sein Vater war ein gewisser„ Gottesvater“ Mentuhotep、seineMutterhießIau-Hejebu/ Juhabu(ジョーhjbw)。 Als Gemahlinnen sind eine Neni und eine Seneb-hena-es bekannt、ebensozweiBrüderSenebundCha-kauundzweiTöchterderNeni:Iuhetibu undDedet-anqet。 Iuhetibu schrieb ihren Namen sogar in einer Kartusche、was zu dieserZeitsehrseltenfürköniglicheFrauenbelegtist。

DerKönigscheintausdemKreisederMilitärszustammen。 SeinTitelalsBürgerlicher戦争 Kommandant der Truppe des Herrschers。 Wie er von dort zum Thron gelangte、istunbekannt。 Mit diesem Herrscher setzte eine stabile Periode in der 13. Dynastie ein、nachdem die ersten Jahre wohl sehr unruhig verlaufenwaren。 Die Beziehung zu seinem Nachfolger Neferhotep I. ist unbekannt、jedenfalls scheinen die beiden Herrscher nicht verwandt gewesen zusein。


ビデオを見る: Šebek Modříny (九月 2022).


コメント:

  1. Birk

    楽しい..

  2. Nikokinos

    そして、私たちはあなたの壮大なアイデアなしでやるでしょう

  3. Houdain

    以前は、そうでなければ、説明してくれてありがとう。

  4. Dujin

    面白い!これの詳細

  5. Plutus

    私はそのような動揺の理由を理解していません。新しいものと違う意見はありません。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos