新しい

ジョーローゼンタール

ジョーローゼンタール


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジョセフ・ジョン・ローゼンタールは1911年10月9日にワシントンで生まれました。彼の両親はロシアからの移民でした。彼は写真に強い関心を持っていて、大学を卒業した後、サンフランシスコの新聞企業協会に参加した後、 サンフランシスコ・エグザミナー.

第二次世界大戦の勃発で、ローゼンタールは軍の写真家として米軍に加わることを申請しました。視力が弱いために拒否されたローゼンタールは、AP通信によって太平洋戦争を報道するために最終的に派遣されました。 1944年3月、彼はグアム、ニューギニア、ガダルカナルの侵略を含む、日本へのアメリカの進歩を撮影しました。

ローゼンタールは硫黄島にいて、侵略の非常に劇的な写真を撮りました。 1945年2月23日、すり鉢山の頂上にいる間、ローゼンタールは戦争の最も有名な写真の1つである硫黄島の星条旗を撮りました。 6人の兵士のうち、3人が数日以内に殺されました。

硫黄島の星条旗の掲揚は、世界中で出版されました。ローゼンタールは後に写真を上演したとして非難された。実際、これは真実ではありませんでした。 「2月23日、小さな火山の丘で島の最高点であるすり鉢山を占領した一部の海兵隊員は、頂上で小さな旗を掲げました。彼らは、海兵隊の雑誌、レザーネックのためにルイス・ローリー軍曹によって撮影されました。ローリーは自分で旗の写真を撮ることに決めました。彼が到着したとき、彼は海兵隊員が大きな旗を掲げているのを発見しました。ポールに取り付けられていたので、6人の男性が小さな岩の山の中でそれを所定の位置に配置するのに必要でした。火山の火口の中で、彼のスピードグラフィックで写真を撮りました。」

戦後、ローゼンタールはタイムズワイドワールドフォトのチーフフォトグラファー兼マネージャーになりました。後で彼はのために働いた サンフランシスコクロニクル.

ジョセフジョンローゼンタールは2006年8月20日に亡くなりました。

すり鉢山の頂上に星条旗が掲げられている写真が世界中に公開されました。 AP通信の写真家、ジョー・ローゼンタールが撮影しました。その後、これは元のイベントの写真ではないことが判明しました。最初の旗揚げは、海兵隊の雑誌で働いていたS / Sgt Louis R.Loweryによって撮影されました。 海兵。式典が行われている間、隠された日本人の生存者は頂上のグループに2つの手榴弾を投げました。最初の手榴弾が旗を爆破した。 2番目は写真家の足元に落ちました。ロウリーは休火山の急な斜面を急降下し、停止する前に約50フィート転がり、側面を移動させてカメラを壊しました。同日遅く、より大きな旗を使用して、2回目の旗の掲揚が手配されました。今回は、はるかに強力な慎重に作成された写真がローゼンタールによって撮影されました。名声を得たのは、この2番目の写真であり、Loweryが撮影したものではなく、保存されていました。

最初は誰もその策略に気づいていませんでした。写真は額面通りに撮影されました-フォトジャーナリズムの非常に良い作品として。しかし、それが実際には元の旗揚げの写真ではないことが明らかにされたとき、その信憑性について議論が起こりました。それが偽物であると考えられるならば、疑いなく、私たちはあまり興味と熱意を持って写真を見ることに感情的に責任があります。しかし、それは一般大衆を誤解させることを意図したものではなく、また、写真家自身が写真の神話を決して実行したこともなかったと思います。それは、主に元の写真が失われたという信念によって引き起こされた、実際の出来事の真の再構築でした。

第二次世界大戦中にアメリカのマスコミに発表された何千ものニュース写真の中で、硫黄島の星条旗を掲げようと奮闘している6人の戦闘に疲れた兵士のピューリッツァー賞を受賞したショットほどよく知られ、称賛され、頻繁に複製されたものはありません。 1945年2月23日の硫黄島のすり鉢山。

見事に構成されたこの画像は、戦争写真が望む可能性のあるすべての要素を備えていました-劇的な行動感覚、彫刻の明快さ、そして英雄的な愛国心。写真が米国に到着したとき、編集者の側で一目見ただけで、ここに目立つように取り上げる価値のある写真があることを伝える必要がありました。

ローゼンタールの絵の後ろには、多くの皮肉に満ちた物語があります。そもそも、ローゼンタールが硫黄島の戦いを記録した11日間を振り返ったとき、彼が最もプロとして好きだったのはそのイメージではありませんでした。むしろそれは侵略の最初の数時間に取られたものでした。海兵隊の最初の波のすぐ後に島のビーチに激しく着陸したローゼンタールは、彼の周りの武装した男たちのように、敵の火の激しい弾幕をかわしていることに気づきました。カバーを見つける必要性を念頭に置きながら写真の機会を求めて、彼は2人の死んだ海兵隊員の死体を見つけたとき、シェルクレーターからシェルクレーターへとダーツを投げていました。その瞬間、彼は自分が目撃したものの本質を呼び起こすことを目的とした写真のアイデアを思いついた。このように、倒れた2人の男性の体をカメラの焦点に合わせ、前進する海兵隊員が見えるのを待ちました。そうすると、少なくとも彼の推定では、初期の硫黄島の物語はすべてについてでした-生き物が続くように死者が道を開いたのです。

そのビーチの写真に先見の明があったにもかかわらず、結果として得られた画像は不自然に見えませんでした。これが、ローゼンタールが特別な誇りを持った主な理由の1つであると考えられます。一方、4日後のすり鉢山での旗揚げの彼の写真は、その構成の完成度において、不自然に思われ、慎重に提起されなければならなかったという推測につながった。

日本の硫黄島にあるすり鉢山にアメリカ国旗を掲げることは、世界で最も偉大な戦争写真の1つであり、おそらくアメリカ史上最も英雄的なイメージです。海兵隊員5人と海兵隊員が戦闘で傷ついた風景の上でポールを持ち上げる写真は、94歳で亡くなり、視力のために軍隊に拒否されたという理由だけで戦闘写真家だったジョー・ローゼンタールが撮影したものです。とても悪かった。

元のよりパノラマのビューから劇的な効果を得るためにトリミングされた画像は、すぐにセンセーションを巻き起こしました。そのダイナミックな推進力は、戦争で疲れた国にとって太平洋での必然的な勝利を象徴しているように見えました。

ピューリッツァー賞を受賞し、ポスターの募集に使用され、切手として発行されましたが、米国の法律では、切手に生きている人々の画像を使用することは禁止されています。海兵隊員のうち3人は、硫黄島での戦闘の後半に殺害されました。 3人の生存者はアメリカに連れ戻され、英雄として祝福され、大成功を収めた戦時国債ドライブの焦点として使用されました。彼らは1949年のジョンウェインの映画「硫黄島の砂」の一部としてレイズを再現し、彼らのイメージはアーリントン国立墓地の海兵隊記念碑のモデルになりました...

ローゼンタールはしばしば彼が写真を上演したという非難に直面しなければなりませんでした、しかしそれらは誤解から生じました。彼は1945年2月19日の最初の襲撃で海兵隊と共に上陸した。2月23日、小さな火山の丘で島の最高点であるスラバチを占領した一部の海兵隊は、その頂上で小さな旗を掲げた。それらは、海洋雑誌、レザーネックのためにルイス・ローリー軍曹によって撮影されました。

ローゼンタールはローリーと話をした後、自分で旗のショットを撮ることに決めました。彼は火山の火口のすぐ内側に足を踏み入れ、スピードグラフィックで写真を撮りました。ローゼンタールは、これが戦闘の最初の瞬間であるとは決して主張しませんでしたが、写真自体はポーズもステージングもされていませんでした。しかし、それはローリーの写真が忘れられることを意味しました。


ジョーローゼンタール

ローゼンタールは1911年10月9日、ワシントンD.C.でロシアのユダヤ人移民に生まれました。大恐慌の間、彼は兄と一緒に住んで仕事を探すためにサンフランシスコに旅行しました。彼は写真に興味を持ち、彼の趣味はすぐに新聞企業協会の記者写真家としての雇用につながりました。

第二次世界大戦の開始時に、ローゼンタールは軍事写真家として米陸軍に入隊することを申請しました。彼は視力が弱いために軍隊に拒否されましたが、最終的には太平洋戦争を報道するためにAP通信から任命されました。彼は、1945年2月19日に海兵隊の最初の波で硫黄島に上陸する前に、ニューギニア、グアム、アンガウルなどのアリーナで優れた戦場の写真家としてすぐに名を馳せました。

ローゼンタールは、当時の報道写真家の標準カメラであるかさばるスピードグラフィックを使用して、軍隊と一緒に敵の砲火をかわしながら、ビーチに着陸する劇的な写真を記録しました。 4日後、戦場でひどい損失を被った後、島の南端にある火山と日本の要塞であるすり鉢山を確保するために、40人の小隊が派遣されました。頂上に着くと、小さなアメリカの国旗が掲げられました。これは、日本の土壌の上を飛ぶ最初の外国の国旗です。歴史的な出来事は軍曹によって文書化されました。何千人もの海兵隊員と海兵隊員が下から歓声を上げている間、Leatherneckマガジンの男性と旗のポーズとポーズの両方の写真を撮影したLouLowery。

ローゼンタールはすり鉢に旗を立てることを知っていたが、彼と他の2人の写真家は到着が遅すぎてイベントを記録できなかった。しかし、頂上に到着すると、彼らは、2番目のはるかに大きな旗が立てられようとしているのを見ました。彼の身長はわずか5フィート5インチだったので、ローゼンタールは見晴らしの良い場所からの射撃角度を改善するために、石と土嚢を積み上げて立っていました。ローゼンタールは、1/400のシャッタースピードと約f.11の絞りを使用して、岩場に巨大な旗を立てようと奮闘している6人の海兵隊員と1人の海兵隊員を撮影しました。彼が使用可能な画像を記録したかどうかわからないので、彼は次に、ローゼンタールが「ガンホー」の写真として説明した旗の下にグループ化された旗揚げを提起しました。 3人の写真家と2番目の旗を掲げた男性を除いて、議事に注意を払った人はほとんどいなかった。戦場にいる男たちの見解では、最初の旗揚げは歴史的に重要であり、交代ではなく、島を支配するための戦いが続いた。

IPHFで世界と歴史を共有しましょう。

ローゼンタールは指揮艦に戻り、いつものようにその日に撮った写真のキャプションを書いた。旗を掲げる写真について、彼は次のように書いています。キーポジション。」その後、フィルムはグアムのミリタリープレスセンターに送られ、そこで処理、編集され、ラジオで本土に送信されました。全国の日曜新聞のトップページに間に合うように到着しました。彼はニューヨークのAP通信本部からお祝いの言葉をすぐに送られましたが、当初、ローゼンタールは彼の写真のどれがそのようなセンセーションを生み出したのかわかりませんでした。彼はそれがポーズをとった「ガンホー」の画像だと単純に思い込み、誰かが写真をポーズしたかどうか尋ねると、彼は「もちろん」と答えた。

写真は、小売店の窓、映画館、銀行、工場、駅、看板にすぐに現れました。ローゼンタールの写真で旗を掲げた男たちは家に命じられ、英雄の歓迎を受けましたが、生き残ったのは3人だけでした。フランクリンルーズベルト大統領は、この写真を第7戦時国債ツアーのテーマにしました。このツアーは、他のどの戦時国債ツアーよりも多く、米国財務省に260億ドルを調達しました。旗を掲げてからわずか5か月後、米国の法律では切手に生きている人の画像を表示することは禁止されていますが、写真を記念する切手が発行されました。この写真は1945年にピューリッツァー賞を受賞し、バージニア州アーリントンにある高さ110フィートのブロンズ海兵隊戦争記念碑のモデルでした。ローリーの写真は、最初の旗を掲げた男たちと一緒に、事実上忘れられていました。戦闘による最後のアメリカ人の死傷者は、6,621人の死者、19,000人以上の負傷者として記録されました。

戦後、ローゼンタールはサンフランシスコクロニクルに加わり、1981年に引退するまで35年間働きました。ローゼンタールは、1996年に当時の海兵隊総司令官チャールズC.クルラックによって名誉海兵隊に指名されました。 2001年9月11日、世界貿易センターで3人の消防士が旗を掲げた様子を描いたローゼンタールに似た写真が撮られた後、記者は彼に広範囲にインタビューしました。

ローゼンタールは生涯を通じて、旗を掲げる写真を上演したり、最初の旗を掲げた写真を誤って伝えたりしたという噂と戦い続けました。彼は「ガンホー」の写真だけをポーズしたと繰り返し説明し、彼の側の欺瞞を否定した。最も入手可能な歴史的証拠は彼の主張を裏付けています。別の元AP写真家であるEddieAdamsは、次のように説明しています。完璧です:位置、ボディーランゲージ…このような設定はできませんでした。とても完璧です。」

写真に付いてきた名声にもかかわらず、ローゼンタールはそれからほとんどお金を稼ぎませんでした。彼はAPから4,200ドルの戦時国債のボーナス、カメラ雑誌から1,000ドルの賞金、そしていくつかのラジオインタビューで約700ドルを受け取りました。彼の名前は1982年まで海兵隊の像に表示されません。

2006年に94歳で亡くなった後、彼は海兵隊から海兵隊功労賞を受賞しました。ハリウッド映画「父たちの星条旗」は、写真の裏話と、6人の男性、1人の写真家、そして国全体への影響について語っています。


この象徴的な第二次世界大戦の写真は上演されましたか?これが英雄的な実話です。

感動的なイメージは国の精神を高揚させ、それが真実であるには良すぎるという疑いを引き起こしました。

1945年2月23日、6人の米海兵隊が、強力に防御された日本の要塞である硫黄島の戦闘で爆破された丘の上にアメリカ国旗を植えました。写真家のジョー・ローゼンタールは幸運に恵まれ、その瞬間を1つの不滅の画像に収めました。数週間以内に、写真は米国政府の7番目の戦時国債ドライブのテーマになりました。切手がイメージを生みました。シーンは画面上で何度も再現されています。

最も永続的に、おそらく、ローゼンタールのAP通信の写真に完全に基づいた旗を掲げる記念碑的な彫刻がワシントンD.C.の向かいのポトマック川の上に立っています。

そして、それはすべて、ローゼンタールがかさばるGraflex 4x5カメラを正しい方向に右一瞬で振り、ファインダーを見ることさえせずにショットを撮ったためです。

結果として得られる写真は、本質的な瞬間を捉え、戦う男性の勇気と友情を描写し、事実上すべての昔ながらの芸術的構成の基準を満たすのに非常に完璧であるため、ローゼンタールは彼の人生の残りの間、彼が告発に反論しなければなりませんでしたすべてを設定します。

実際、太平洋戦争で最も血なまぐさい戦いの5日後のその日、ローゼンタールは石の多い火山の斜面をスクランブルしたとき、頭に浮かんだことが1つだけありました。 「トレイルが急になるにつれて、私はこれが努力する価値があるのではないかと思い始めました。」と彼は後に言いました。

ローゼンタールの登場が遅すぎたにもかかわらず、時間通りでした。

彼がすり鉢山の554フィートの火山円錐丘の頂上に到達する前に、海兵隊のチームはすでに小さな米国旗を掲げていました。海洋写真家のルイス・ローリー軍曹は、その場しのぎの旗竿が立てられた瞬間をスナップしたが、その旗の光景は日本軍から一斉射撃を引き起こした。カバーを求めてダイビングをしているときに、ローリーはカメラを壊したので、新しい機器を手に入れるために丘を下りました。途中で彼はローゼンタールに会いましたが、まだトップに立つのに苦労していて、悪い知らせを彼に与えました:旗はすでに上がっていました。

それでも、ローゼンタールはサミットからいくつかの良いショットを得ることを望んで、押し続けました。彼がそこに着いたとき、彼は海兵隊のチームが島中からそれが見えることを望んでいた海兵隊の真鍮からの命令で、2番目のより大きな旗を掲げる準備をしていることに気づきました。

戦争写真家が素晴らしい写真を撮るチャンスはほとんどありませんが、ローゼンタールはここにチャンスがあることを知っていました。今、彼は時間との戦いにあり、2番目の旗が立てられる数秒前に良い見晴らしの良いポイントを獲得しようとしていました。必死になって、5フィート5の写真家は、立つためにいくつかの土嚢を積み上げました。

「私はあなたの邪魔をしていません、ジョー、私ですか?」現場で映画カメラマンに尋ねた。ローゼンタールは彼に目を向けました—そして世紀のショットをほとんど逃しました。

米軍は、ローゼンタールの視力が弱いため、写真家としてのローゼンタールを拒否しました。しかし、戦場カメラマンを作るのは反射神経であり、ローゼンタールは猫のようでした。彼の目の片隅から、彼は海兵隊員が羽ばたき旗を掲げているのを見つけました。ある動きで、彼は向きを変え、カメラを上げ、シングルショットをクリックし、残りを運命に任せました。

反射神経であろうとなかろうと、ローゼンタールは自分が撃たれたかどうか確信が持てませんでした。彼のカメラに収められたフィルムは、処理のためにグアムに送られ、望遠装置を介してサンフランシスコの編集者に送られました。

保険のために、ローゼンタールは16人の海兵隊員と2人の海軍下士官に旗の周りで勝ち誇ってポーズをとらせました。その中には、象徴的なファーストショットでもあったピマネイティブアメリカンのアイラヘイズがいました。 (彼は左端の海兵隊員で、その手は旗手を手放したところです。)


硫黄島の戦いでの2つの旗揚げの裏話

ジョー・ローゼンタールは、硫黄島の戦いでアメリカ海兵隊が最初にすり鉢山にアメリカ国旗を掲げた瞬間を逃しました。 AP通信の写真家は当時まだ山を登っていました。

しかし、海兵隊員が別の旗を掲げたとき、彼は何年にもわたって画像をキャプチャするためにそこにいました。そして、彼は残りの戦争を、彼が2回目のレイズを上演したかどうかについて議論することに費やしました。

硫黄島での戦闘は36日間続きましたが、海兵隊が8平方マイルの島の最高点であるすり鉢山の頂上に到達するのにたった5日しかかかりませんでした。ほとんど最初から、戦いは残酷でした。日本は、山腹に刻まれたトンネル、隠された大砲の位置、強化された掩蔽壕のネットワークで島を強化する年がありました。

連合軍の爆撃と海軍の弾幕は、攻撃している海兵隊に対する島の防御を和らげるために何もすることができませんでした。彼らが上陸したとき、彼らは火山岩の隅々まで死ぬまで戦うことをいとわなかった日本の擁護者の全力に直面していました。

したがって、海兵隊がすり鉢を突破して最初の旗を立てたとき、それは海兵隊が下で戦うことと沖合の船員にとって大きな恩恵でした。船は旗を見たときに角笛を吹いた。下で戦っている船員、海兵隊員、沿岸警備隊から銃撃と歓声が沸き起こった。

島の最高峰の頂上にある新しい標的として旗を見た日本兵からも銃撃戦が勃発した。旗が掲げられた後、すり鉢山の海兵隊の周りに弾丸の雹がやってきた。

マリンスタッフ軍曹レザーネックマガジンのルイス・ローリーは最初のレイズをキャプチャするためにそこにいましたが、敵が撃ち始めたときにカバーのために飛び込む必要がありました。彼のカメラは秋に壊れ、彼は新しいギアを手に入れるために山を下って行かなければなりませんでした。後部に向かう途中で、彼はローゼンタールと彼のGraflex4x5カメラを通過しました。 APの代表者は、戦争写真家がこれまでにやったことのない何かを手に入れようとしていました。それは、その瞬間を捉える2度目のチャンスです。

ローゼンタールがトップに到達するまでに、最初の旗はまだそこにありました。他の優れた写真家と同じように、彼は次に何が起こるかを見るために周りを待っていました。彼は長く待つ必要はなかった。

アメリカ軍が最初の旗の掲揚にどのように反応したかを見た後、海兵隊のチャンドラー・ジョンソン中佐は、戦場で旗を立てるように新しい、より大きな旗を命じました。この96x56インチの旗は、島全体で見られるものです。

ローゼンタールはこの旗を掲げるために出席しました。しかし、彼は2番目の瞬間もほとんど逃しました。

海洋軍曹ウィリアム・ジェナウストはその瞬間を撮影していて、ローゼンタールに邪魔をしていないか尋ねました。 AP通信の写真家はジェナウストに目を向け、海兵隊が旗を掲げていることに気づきました。

彼はファインダーを見ずに今では象徴的な写真を撮らなければなりませんでした。彼の次のショットは、上げられた旗の周りの16人の海兵隊員と2人の海兵隊員の集合写真でした。

「私の目の隅から、男性が旗を立てるのを見た」と彼は後にコリアーズマガジンに語った。 「私はカメラを振ってシーンを撮影しました。それが写真の撮影方法です。そのような写真を撮っても、素晴らしい写真を撮ったと言って離れることはありません。わかりません。」

ローゼンタールは写真をグアムで処理するために送り、そこですぐにニューヨークのAP通信に送られました。旗が掲げられてから17時間以内に、写真はニュースワイヤーに掲載され、フランクリンD.ルーズベルト大統領の机に掲載されました。

1945年に写真撮影でピューリッツァー賞を受賞し、アメリカ海兵隊の永続的な精神の象徴となりました。


ジョー・ローゼンタール(1945)による硫黄島の星条旗の裏話

写真ファンはどうしたの!オールアバウトストリートフォトグラフィーチャンネルのマーティンです。今日は、ジョーローゼンタールが撮影した非常に有名な写真についてお話ししたいと思います。この写真は、第二次世界大戦での団結の象徴であり、ピューリッツァー賞を受賞しました。硫黄島の星条旗を見てみましょう。

私たちが見ている写真は硫黄島の星条旗と呼ばれ、ジョー・ローゼンタール(当時AP通信で働いていた)が撮影したものです。海兵隊が上陸してから5日後、1945年に太平洋の小さいながらも重要な日本の島で撮影されました。島は東京から750マイル南にある戦略的な土地であったため、米軍が空軍基地として必要としていたため、この島は重要でした。ジョー・ローゼンタールは、激しい戦いの後、アメリカ海兵隊のグループがちょうど米国の旗を掲げたとき、島の最高点であるすり鉢山の頂上にちょうど来ました。しかし、旗は小さすぎたので、大きな旗に交換することにしました。それで、兵士の士気を高め、敵の士気を落とすために、はるかに遠くから見ることができました。より大きな旗を立てるために6人の海兵隊員が割り当てられました。

そのため、ローゼンタールは、当時の報道写真家にとって実際に標準であった彼の大きなスピードグラフィックカメラで旗を掲げる行為のためのより良いフレーミングを持つように自分自身を位置づけました。彼は海洋写真家、Sgtと一緒にそこにいました。映画用カメラを持っていて、旗が上がったときにローゼンタールのすぐ隣に立っていたビル・ジェナウスト。ローゼンタールは、第二次世界大戦の最も象徴的な写真の1つを撮りました。

ジョー・ローゼンタールによる硫黄島の星条旗の掲揚(1945)

「私の目の隅から、私は男性が旗を立て始めるのを見ました。カメラを振ってシーンを撮影しました。それが写真の撮り方で、そのような写真を撮っても、いい写真が撮れたと言って離れることはありません。わかりません。」 - ジョーローゼンタール

ジョーローゼンタール (1911 - 2006)

それは2日後に全米で公開され、写真は最も再公開され、認識できる画像の1つになりました。ローゼンタールは後に、お祝いの言葉を受け取り始めるまで、自分が撮ったばかりの写真が特別なものであることに気づかなかったことを思い出しました。それでも、どの写真かわからなかったのです。何百万人もの人々が実際に彼が見るほぼ一週間前にその写真を見ました。

また、合衆国海兵隊戦争記念碑の彫刻にも複製されました。郵政省は、米国海兵隊を切手で称えるために硫黄島の星条旗を選びました。旗自体はまだ存在しており、国立海兵隊博物館に展示されています。 Sgt。ビル・ジェナウストと旗を掲げた3人の軍隊は、残念ながら戦闘で亡くなりました。

旗を掲げる人の一人の息子であるジェームズ・ブラッドリーが書いた本に基づいて、クリント・イーストウッドが監督した映画もあります。その映画を見たことがあるかどうか、そしてそれについてどう思うか教えてください。ローゼンタールは1945年にピューリッツァー賞を受賞し、写真はニューヨーク大学によって1999年にジャーナリズムのトップ100の例の中から選ばれました。ローゼンタールは常に、彼のために2回目の旗揚げが行われたことを否定しました。彼は、より少ない男性を選び、彼らの顔が見えることを確認することによってそれを上演しようとしたならば、おそらく写真を台無しにしたであろうと説明した。ローゼンタールが実際に旗を掲げて写真を上演したため、論争が始まった。しかし、それは旗がすでに旗の上にあった後、海兵隊員が旗の前でポーズをとった別の写真でした。写真が上演されたかどうか尋ねられたとき、彼は答えて、他の写真について考えていました。彼が問題の写真が何であるかを理解するまでに、それはすでに手遅れであり、損害が与えられました。ワシントンで、軍関係者、ライフの編集者、APの間で特別会議が開かれ、論争を永久に解決した。結局、写真は提起されなかったという結論に達しました。


70年前、ジョーローゼンタールは米国の歴史のすばらしい写真の1つを撮りました


この1945年2月23日、ファイル写真、第28連隊、第5師団の米海兵隊は、硫黄島のすり鉢山の頂上に米国旗を掲げています。 (ジョーローゼンタール/ AP)

戦いの最中に、ジョー・ローゼンタールは、より良いカメラアングルを得るために、すり鉢山の頂上に石と土嚢の小さなプラットフォームを構築しました。

下の方では、米海兵隊が硫黄島を支配するために日本人と5日間戦っていた。

そして1945年2月23日、5人の海兵隊員と海兵隊員がすり鉢の上に大きな旗を掲げ、アメリカ人が優位に立っていることを示しようとしていました。

ローゼンタールは、ワシントン出身の33歳のAP通信の戦場カメラマンでした。彼は眼鏡と口ひげを生やし、タバコホルダーで喫煙した。彼は5フィート5でした。

彼は4日前に上陸し、小さなアメリカ国旗が上から飛んでいるのを見て、スピードグラフィックカメラを山に引き上げました。

「何してるの、やつ?」ニュージアムのウェブサイトに投稿されたインタビューによると、彼はそこに着いたときに言った。

海兵隊は、よりよく見える大きな旗を掲げるように命じられたと述べた。

ローゼンタールがその瞬間を捉えるために自家製のプラットフォームを取り付けたとき、海兵隊の映画カメラマン、ビル・ジェナウストが彼のそばに立った。 「私はあなたの邪魔をしていません、私、ジョーですか?」ローゼンタールは、ジェナウストが彼に尋ねたと言った。

「いいえ、それで結構です」とローゼンタールは言い、突然旗を見つけて、「ねえ、そこに行く、ビル!」と叫んだ。

「グラフィックを顔の近くで振り回して保持しました」とRosenthal氏は述べています。 「ファインダーで見たときのようになったことを期待することしかできませんでした。」

その一瞬で、2006年に亡くなったローゼンタールは、70年前に第二次世界大戦で最も優れた写真の1つを撮りました。

硫黄島の戦いは、写真の日を超えて数週間続きました。それは、ジェナウストと3人の旗揚げ者を含む、約20,000人の日本人と約7,000人のアメリカ人の命を奪った。


ジョーローゼンタールは誰でしたか?

ローゼンタールは1911年にワシントンで生まれ、1932年にサンフランシスコニュースの写真家兼記者になりました。1941年にアソシエイテッドプレスのスタッフに加わり、1944年3月に太平洋艦隊を担当しました。

AP通信の引退した写真監督であるハル・ビューエルは、ローゼンタールの伝記を書いた。

彼はフランクリン・ルーズベルト大統領のようなホルダーに約5フィート、5インチの高さでタバコを吸っていた、とビューエルはインタビューで語った。

&ldquo男として、彼は静かで、穏やかな話し方をしていました&rdquoBuellは言いました。 &ldquo戦争戦闘写真家のグループと会うつもりだった場合、彼は冒険活劇のラコントゥールモデルに適合しませんでした。&rdquo

旗を掲げた写真は、撮影から17時間半後に米国の新聞に掲載されました。その出版物はセンセーションを巻き起こし、ルーズベルトは戦いが終わったときに6人の男を特定してワシントンに連れて行くように命じた。

Buellは、APの退職者が作成したニュースレター、Rosenthal forConnectingについて金曜日の号に書いています。

&ldquoそれは3月上旬です&rdquoBuellは書いています。 &ldquoJoe Rosenthalは、沖縄侵攻の準備のためにハワイに向かう途中の途中降機であるグアムに到着します。グアムのすり鉢の写真を最初に見たのはそこです。仲間の特派員はおめでとうを提供します。ガンホーの写真のティアシートが渡されます。 「あなたはそれをポーズしましたか、ジョー?」彼は言った、彼はした。次に、旗を掲げる写真のティアシートがあります。 'どのようにそのことについて?'いいえ、そのポーズはしませんでした。しかし、悪い写真ではない、とジョーは言います。適度に。&rdquo

ガンホーの写真は、旗を掲げた後、17人の海兵隊員がライフルとヘルメットを上げているところを示しています。ローゼンタールの意味についての混乱と、最初の旗揚げを撮影し、その瞬間にローゼンタールが存在しないことを知っていた写真家によって提起された質問は、旗揚げ写真が上演されたというラジオレポートに変わりました。

2回目のレイズの瞬間に撮影されたフィルムはそうではないことを証明した、とビューエルは書いた。そして、ローゼンタールはAPによってニューヨークに連れてこられました。噂を静めるためではなく、1年分の支払いのボーナスを受け取り、ドライブのロゴとして彼の写真を使用して、第7回戦時国債販売ドライブのツアーに参加しました。

激しい戦いから米国中の新聞にこのような短期間で写真を提供するために画像をキャプチャするというロジスティクスは、それ自体が注目に値する成果でした。

ローゼンタールが持っていたカメラには、リロードする前に12回の露光が可能なフィルムパックがありました。各フレームを所定の位置に移動するには、2〜3秒かかりました。ポールが上がった瞬間に彼が写真の合間にいたとしたら、それは不可能だったでしょう。

それからローゼンタールは山を歩き、侵略指揮艦であるUSSエルドラドに乗り込み、グアムから戦時中の静止画プールに向かう水陸両用機に乗るために彼の映画を詰めました。

そこで写真が現像され、海軍に入隊してプールの運営を任されたAP写真編集者のジャックボドキンが次の映画を見守っていました。

&ldquo彼はフレームを灰から引き出し、水がまだ側面から流れ出ている状態でライトボックスの前に置いた、と彼は言った、&lsquoHere&rsquosはずっと1つである&rsquo&rdquoBuellは言った。

写真はRCAによってサンフランシスコに送信され、次にラジオ写真ネガとしてAPに送信され、プリントが作成されました。印刷物はプールのメンバーであるすべての通信社に配布され、1945年2月25日日曜日に新聞の表紙を作るのに間に合うように到着しました。

戦後、ローゼンタールはタイムズワールドワイドフォトで働いた後、サンフランシスコクロニクルに参加し、1981年に引退するまで働きました。1996年に、彼は名誉海兵隊員になりました。

ローゼンタールは2006年に亡くなりました。彼の記憶を生かすために、2017年にUSMC戦闘通信員協会は海軍に彼にちなんで戦闘艦の名前を付けるように依頼しました。


JOE ROSENTHAL:1911-2006 /写真は彼の名声でした-彼のプライド「MyMarines」/硫黄島に上がる旗のイメージは並外れたものでした

1 of 9 **ファイル**ファイル写真では、第5師団第28連隊の米海兵隊が、1945年2月23日に硫黄島のすり鉢山の頂上にアメリカ国旗を掲げています。戦いで傷ついた硫黄島にアメリカ国旗を掲げる6人の第二次世界大戦軍人の彼の不滅のイメージは日曜日に死にました。 He was 94. (AP Photo/Joe Rosenthal) JOE ROSENTHAL Show More Show Less

2 of 9 Chronicle phtographer Joe Rosenthal, who won a Pulitzer for his famous Iwo Jima flag raising photo in 1945. Photo credit: Associated Press Associated Press Show More Show Less

4 of 9 ** FILE ** President Truman is presented with a bronze statue modelled after Associated Press photographer Joe Rosenthal's photo of US marines raising the American flag on Mt. Suribachi, Iwo Jima, at the White House, in this June 4, 1945 file photo. From left, Truman, statue sculptor Felix de Weldon, and AP photographer Joe Rosenthal. De Weldon died Tuesday June 3, 2003 of natural causes. He was 96. (AP Photo/File) Show More Show Less

Joe DiMaggio and Marilyn Monroe arrive back in San Francisco on January 24, 1954. They had just returned fromHawaii where they spent their honeymoon. San Francisco Chronicle Photo by Joe Rosenthal

7 of 9 San Francisco Giants Parade down Market St. in front of the Palace Hotel. San Francisco well wishers crowd the corner of Market and Montgomery St. to welcome the Giants to San Francisco. Photo by Joe Rosenthal JOE ROSENTHAL Show More Show Less

8 of 9 ** FILE ** In a file photo with the Iwo Jima Memorial in the background, Pulitzer Prize winning photographer Joe Rosenthal poses for photographers Wednesday, June 28, 1995 in Arlington, Va., during a ceremony honoring photographers who lost their lives covering military conflicts around the world. Rosenthal won a Pulitzer Prize for making the photo that the Iwo Jima Memorial is modeled after. Rosenthal died Sunday, Aug. 20, 2006. He was 94. (AP Photo/Doug Mills) DOUG MILLS Show More Show Less

Retired Chronicle photographer Joe Rosenthal, who won the Pulitzer Prize and international acclaim for his soul-stirring picture of the World War II flag-raising on Iwo Jima, died Sunday in Novato.

Rosenthal, 94, retired from The Chronicle in 1981 after a distinguished 35-year career and many professional honors, but the flag-raising picture was his masterpiece for which he will always be remembered.

The Pulitzer Committee in 1945 described the photo as "depicting one of the war's great moments," a "frozen flash of history."

Rosenthal, born Oct. 9, 1911, in Washington, D.C., was found dead at about 10:45 a.m. in his bed at his home in the Atria Tamalpais Creek assisted living center.

He was a 33-year-old Associated Press photographer on Feb. 23, 1945, when he captured the black-and-white image of five battle-weary Marines and a Navy corpsman struggling to raise a flag atop Mount Suribachi on Iwo Jima.

He took the picture on the fifth day of the furious 36-day battle that left 6,621 American dead and 19,217 wounded. All but 1,083 of the 22,000 dug-in Japanese defenders were killed before the island was secured.

It was of that battle -- one of the bloodiest in Marine Corps history -- that Adm. Chester Nimitz, World War II commander of the Pacific fleet, said: "Among the Americans who served on Iwo Island, uncommon valor was a common virtue."

Wartime Navy Secretary James Forrestal said of Rosenthal: "He was as gallant as the men going up that hill."

The photo was an instant classic and is the best-known combat photo of World War II, and perhaps the most famous photograph ever taken.

The image is still regarded as a symbol of the fighting spirit of the Marine Corps.

Even more than half a century later, Rosenthal's picture retains its emotional power as a work of art as well as a patriotic icon. It has been reproduced on postage stamps, calendars, newspapers, magazines and countless posters. The picture was used as an inspirational symbol for a War Bond drive in 1945 that raised $26.3 billion.

The flag-raising picture was the model for the gigantic bronze Marine Corps Memorial in Arlington, Va., which stands 110 feet tall from base to flag top and weighs more than 100 tons.

The photo was so dramatic and perfectly composed that some believed Rosenthal must have posed the figures.

"No," Rosenthal told a friend in recent years. "It was not posed. I gave no signal and didn't set it up. I just got every break a photographer could have wished for. If I set it up I probably would have ruined the shot. I was lucky."

But it was the luck of a fearless photographer who went into the thick of battle "to get where the action is, where pictures happen themselves, and all I had to do is point the camera," as he said, with typical modesty.

Unable to serve in the military because of bad eyesight that plagued him until his death, Rosenthal shot World War II as a combat photographer, first with the merchant marine and later as an Associated Press correspondent.

Few veterans of the war saw as much action, close-up, as Rosenthal. He crossed the North Atlantic in a convoy of Liberty ships that was attacked by German U-boats. He was in London during the Blitz.

He photographed Gen. Douglas MacArthur's Army fighting in the jungles of New Guinea. He cruised into battle in the South Pacific aboard a cruiser, a battleship and an aircraft carrier. He flew with Navy dive-bombers attacking enemy targets in the Japanese-occupied Philippines.

He hit the beaches with the first waves of Marines landing under fire on the islands of Guam, Peleliu, Angaur and Iwo Jima.

In Colliers Magazine 10 years later, Rosenthal wrote of going ashore on Iwo Jima with "those kids looking at me. It was grim. I stuck my index fingers up in front of my glasses and moved them like windshield wipers as if to clear the spray. The kids smiled, and then we ducked our heads and the boat beached."

When the Marines assaulted the sulfurous island on Feb. 19, 1945, Rosenthal was among the first ashore. "The situation was impossible," he recalled years later. "No man who survived the beach can tell you how he did it. It was like walking through rain and not getting wet."

When Rosenthal and a squad of Marines climbed to the top of Mount Suribachi on the fifth day of fighting, he was disappointed to find a small American flag already flying over the 546-foot volcano's summit.

He missed the picture of the first flag-raising a few hours earlier, but then he saw five Marines and a corpsman hoisting another, larger flag that could be seen all over the 7 1/2-square-mile island.


Photo History: Raising the Flag on Iwo Jima

The historical importance of a photograph can be measured by how well it is recognized by the average person—neither historian nor photographer. If the “man on the street” sees a photograph and recognizes its context and the significance of its context, that’s an achievement. Few photographs are more widely recognized and have had a greater impact on events than Raising the Flag at Iwo Jima by Joe Rosenthal.

In a previous Photo History article, we examined the work of Civil War photographer Matthew Brady. Today, we recognize the work of Joe Rosenthal (1911-2006), the photographer who captured the famous WWII image Raising the Flag at Iwo Jima.

As famous as the image is, there are some things you might not know about Raising the Flag at Iwo Jima:

1. Raising the Flag at Iwo Jima actually depicts the second flag raised.

After the marines first raised a smaller flag, the Colonel in charge had a larger flag brought from one of the naval vessels surrounding the island of Iwo Jima. Joe Rosenthal was not present for the first flag raising. He noticed the larger second flag, folded, being brought to the top of Mount Suribachi, the highest point in Iowa Jima and its chief geological feature. It was even a source of irritation among some that the initial flag-raising–and the men in uniform who remained relatively anonymous–never received the recognition of the men in Rosenthal's photo.

2. U.S. and Japanese forces would fight the battle of Iwo Jima for another month after Rosenthal's image was taken.

Perhaps because raising a flag is so commonly associated with victory and the wartime necessity of claiming territory, the modern viewer might assume the February 23, 1945 photo came at the end of the brutal battle. However, the US forces–mostly Marines, but also Navy personnel–were still early into the battle of Iwo Jima, which lasted from February 18 to March 25, 1945. The main prizes of the island were the three Japanese-controlled airfields. Although the Marines had superior numbers, Japanese forces had the advantage of preparation. They had fortified their positions with tunnels and bunkers

3. Three of the flag raisers shown in Rosenthal's photo died in the battle of Iowa Jima.

Corporal Harlon Block, Private First Class Frank Sousley, and Sergeant Michael Strank were killed in action at Iwo Jima. This is a stark reminder that not only was the Rosenthal image not the end the battle of Iowa Jima, but the Marines suffered devastating losses there𔃄,821 killed and over 19,000 wounded. Japan suffered by some estimates three times as many dead.

4. Two of the flag-raisers in the image were misidentified for many years.

Sgt。 Hank Hanson and PhM2c John Bradley were originally identified as two of the six flag-raisers at the harrowing 1945 battle. The figure originally thought to be Hanson was later identified as Corporal Harlon Block in 1947.

But the second misidentified figure, first thought to be Navy Corpsman John Bradley, took a bit longer to identify. Bradley did not discuss his war-time experiences readily. John Bradley died in 1994. His son James conducted interviews with all of the families of the soldiers involved in the flag-raisings at Iwo Jima. James's book, Flags of our Fathers, is considered by many to be the definitive work on the subject. It was adapted into a 2006 film, which was directed by Clint Eastwood.

The Marines released an official statement in 2016 that acknowledged that the figured believed for years to be John Bradley was actually Corporal Harold Shultz. Both Bradley and Shultz were present for the first flag raising, but Shultz also participated in the second.

5. Rosenthal was the first person to be awarded the Pulitzer for a picture in the same year it was taken.

Rosenthal was awarded the 1945 Pulitzer Prize for photography. This was the first time the prize had been given in the same year in which the image was taken. This is certainly a testament to the public's desire for contemporary news from the front. It featured a determined, and successful (if not yet victorious) American fighting force and the public was thirsty for news of success in the Pacific that would speed drawing the war to a close.

6. The image served as inspiration to US troops and aided the war effort.

The U.S. would later make use of some of the men credited with raising the flag to sell war bonds. This seems also to demonstrate not only the public's need for war news, but the war effort's need for effective propaganda.

Reportedly, President Franklin D. Roosevelt himself saw the potential of the photo in the efforts to help pay for the war. The bond drive, known as the Seventh War Loan Drive, raised more than $26 Billion, almost twice what was expected.

7. The surviving flag raisers became celebrities.

The surviving flag raisers, Rene Gagnon, Ira Hayes and (then supposed) John Bradley were assigned by the War department to help sell the war at home. They gained a measure of fame from the famous photo. They even appeared for cameos in the 1949 film, the Sands of Iowa Jima.

Unfortunately, tragedy followed one of them home. Ira Hayes, (pictured farthest to the left in Rosenthal's image) suffered from survivor's guilt and alcoholism. He died in 1955 at the age of 32 from alcohol poisoning and exposure. His story later became a 1951 film, The Outsider, in which Tony Curtis portrayed Hayes. His tragic life also inspired the eponymous folk song, The Ballad of Ira Hayes, which was written by Peter LaFarge and performed by Johnny Cash.

It is a further poignant irony that when Gagnon–the first to be shown an enlargement of the photo and asked to identify the others–reportedly refused to identify Hayes on the grounds that Hayes had warned him not to. Only when he was taken to Marine Corps headquarters and informed that President Roosevelt himself ordered the identities released did Gagnon identify Hayes. Perhaps if the fog of war had caused Bradley to be mistaken for Hayes instead of Shultz, Hayes's story would have had a happier ending.

8. Rosenthal was accused of staging the photo.

This arose from some confusion about a subsequent photo. After the second flag-raising, Rosenthall asked the marines to pose for a “gung ho” group photo. After he had returned to Guam several days later, he was asked if the photo was posed. Mistakenly believing that the person asking the question was referencing the “gung ho” photo, Rosenthal indicated that it had been. This led a Time-Life photographer to tell his editor that Rosenthal's famous flag-planting photo had been staged, a charge which Rosenthal was forced to refute repeatedly for decades.

Sergeant Bill Benaust, a Marine photographer, was shooting motion-picture film a few feet away when the Rosenthal photo was taken. This video shows the event as it unfolded and also serves to defeat any characterization that Rosenthal's famous image was staged.

9. The man who would later sculpt the Marine Corps Memorial in Arlighton, Virginia recognized the potential of the photo instantly.

Then Petty Officer Felix de Weldon was stationed at Patuxent Air Station in Maryland on Saturday, February 24, 1945–the day after Rosenthal's Raising the Flag at Iwo Jima キャプチャされました。 The Captain on duty pulled the image off the wire and gave it to de Weldon to review. De Weldon was an immigrant from Austria and had studied painting and sculpture. He was mesmerized by its classic triangular lines, similar to sculptures he had studied. He took to his clay and tools and within 3 days had replicated the event. In 1951 de Weldon was commissioned to design a Marine Corps memorial. Hayes, Gagnon and Bradley posed for him, and he used their faces as models and based the deceased soldiers' faces on photographs.

10. Rosenthal almost missed the shot.

Having already missed the initial, smaller flag raising, Rosenthal placed his Speed Graphic on the ground, hoping to pile up some rocks to stand on for a better angle. The Marines (and the Navy Corpsman Gagnon) started raising the flag. Rosenthal quickly swung the camera up without using his viewfinder and snapped the photo. Years later, he wrote:

Out of the corner of my eye, I had seen the men start the flag up. I swung my camera and shot the scene. That is how the picture was taken, and when you take a picture like that, you don't come away saying you got a great shot. You don't know.

Rosenthal reported that his Speed Graphic was set to 1/400 sec., with an f-stop between 8 and 11.

War and the Image

It’s no coincidence that the most famous works of both Rosenthal and Matthew Brady appeared during times of war. War is always fraught with consequence–historical, personal, and emotional. So it always presents opportunity to capture images that overflow with consequence–with significance. Consider the famous LIFE magazine photo cover of the sailor kissing a woman at the close of WWII (or, in this case, my photo of a sculpture in San Diego made in the image's likeness):

What if this photo featured a man in a baseball uniform instead of sailor’s garb? Suddenly, it’s two people celebrating winning the World Series. It would still capture the embrace as a memorable, spontaneous and joyous event. But it would surely lack the gravitas of the end of war. Winning a baseball game—even a championship—only contrasts itself with the loss of a baseball game. War, being death, offers the contrast of life. In the same way, Raising the Flag at Iwo Jima depicted the struggle of war. Not just of a moment within war, but within one of the most an arduous, brutal battles of the twentieth century. A brief ray of light enveloped by darkness.

You never get away from the feeling of grabbing mother earth, and that first feeling of “What am I doing here?”

— Joe Rosenthal on Wartime Photography

結論

Consider how quickly Rosenthal's image became widely known–and how deeply ingrained it remains. First, there was the reporter who helped perpetuate the myth that Rosenthal staged the image, who was discussing it with his editor only a few days after it was taken. Also, Petty Officer and sculptor de Wheldon saw the image in Maryland the day after it was taken. That speed would have been unknown to WWI images. Add to this the fact that in the months that followed, the image's popularity helped raise billions for the war effort. In short, Rosenthal's image went viral sixty years before going viral was a thing.

But it still wasn't out of steam. Rosenthal's hastened image became a sculpture to honor Marines. Then a postage stamp. Then the National Museum of the Marine Crops even used the image's shape as inspiration for its own design.


On August 20, 2006, at age 94, Rosenthal died of natural causes in his sleep at a center for assisted living in Novato, a suburb of San Francisco.

On September 15, 2006, he was posthumously awarded the Distinguished Public Service Medal by the United States Marine Corps.

The citation, signed by U.S. Secretary of the Navy Donald C. Winter reads:


The 2006 Hollywood film titled Flags of Our Fathers, directed by Clint Eastwood which tells the life stories of the flag raisers, depicts Rosenthal's involvement in the events that led up to his taking the iconic flag raising photograph. Rosenthal was portrayed by actor Ned Eisenberg in the film.



コメント:

  1. Eben

    そして、ここで何がばかげていますか?

  2. Stirling

    私には壮大なフレーズのようです

  3. Faem

    よくやった、それは私には思えます、これは壮大な文章です

  4. Sped

    ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます...この問題を理解しています。助ける準備ができています。

  5. Siman

    それは起こります。このテーマでコミュニケーションをとることができます。ここまたはPMで。

  6. Anatol

    これには何かがあります。これですべてが明確になりました。情報をありがとうございました。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos