新しい

カウェア、オレンジ劇場

カウェア、オレンジ劇場


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


コロニア・イウリア・セクンダノラム・アラウシオは、ケルト人とリグリア人の混合部族であるトリカスティーニの土地に設立されました。

オレンジ(ラテン語でArausio)は、シーザーの第2軍団ガリック軍団のベテランによって-36年に設立されました。この軍団は、紀元前52年のアレシアの戦いで終わったジュリアスシーザーが率いるゴールの征服に続いてこの地域に到着しました。

オレンジの街の3D再構築©Culturespaces

アラウシオの町は、ローマの町の古典的なレイアウトに従って、2つの主な垂直軸を持つチェッカーボードパターンで建てられました。町の北から南に伸びるカルドマクシムス、凱旋門から劇場、そして町を東から西に横断したデクマヌスマキシムス。フォーラムは、これら2つの軸の交差点にありました。

凱旋門、19世紀、キャンバスに油彩©Culturespaces / Christophe Recoura

ローマの町にはさまざまな公共のモニュメントがありました。彼らは一般的に劇場、フォーラム、寺院、サーカス、凱旋門、そして温泉を持っていました。アラウシオの凱旋門は、第2軍団の退役軍人の功績を記念して、町の北部に西暦21〜26年頃に建てられました。それはローマ帝国でこの種の最大の記念碑の1つでした。


古代ギリシャとローマの劇場:

ギリシャとローマの注目の都市のほぼすべてに野外劇場があり、座席は周囲の風景の美しい景色を望むように段々に配置されていました。ここでギリシャ人は座って、最初にアイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス、アリストパネス、そしてメナンドロスとその後の劇作家の演劇を見ました。ギリシャの劇場は本質的にオーケストラ、コーラスの平らなダンスフロア、そして 劇場、劇場の建物の実際の構造。


カウェア、オランジュのローマ劇場-歴史

ギリシャ語-ローマ劇場用語集

古代劇場アーカイブプロジェクト

発音ガイドこの発音ガイドでは、1つの例外を除いて、アメリカ英語の通常の記号を使用しています。記号&AEligと&aeligは、「pat」のように「a」の音を表すために国際音声記号から採用されています。2つの発音が与えられている場合、どちらも受け入れられ、通常はラテン語とラテン語の違いから生じます。 aditus AH-dih-tuss

(ラテン語pl。aditus:アプローチまたはアクセス、場所への入り口)。いくつかの内部空間または空洞への開口部の総称。ウィトルウィウスによれば、「入り口(aditus)は多数あり、広々としている必要があります。上にあるものは下にあるものと接続されていない必要があります。互いに重なり合っていますが、すべての部分に障害物のない別々の出口があります。」(De Architectura).

(ラテン語pl。 aditus maximi:最も重要または最大の入り口/アクセス)。ローマの入り口 オーケストラ、 通常、 洞窟 そしてその scaena 、オーケストラの両側にあるものは、 パロドス ギリシャの劇場で。

(ギリシャ語pl。agorai:公開市場または待ち合わせ場所)。ギリシャの都市の市民がこれらのさまざまな目的のすべてのためにギリシャの都市の建物の政治的、市民的、宗教的および商業的中心を集める場所として機能する大きくてオープンな公共スペースは、アゴラとその周辺に必要に応じて建設されました。

円形劇場&AElig M-fi-thee-ah-ter (ギリシャ語両生類からラテン語を介した後期中英語)。アンフィからは「両側」または「周囲」を意味し、シアターンは「見る場所」を意味します。楕円形または円形の屋外パフォーマンススペースで、すべての側面に階段状の座席があります。剣闘士のゲーム、サーカス、動物の狩猟、処刑に使用されるローマのアリーナ。 アナレンマ&aelig-na-LEM-a-ta

(ラテン語の歌。ギリシャ語のアナレンマἀναλήμματα:支持壁)。ローマまたはギリシャの劇場の観客席エリアの支持壁または擁壁、より具体的には、ステージに隣接し、講堂のエンドシートが隣接する翼の壁。

アナピエスマ(ἀναπίεσμα)
ah-nah-PEE-es-mah

(ギリシャ語:ステージトラップドア、文字通り「上向きに押すもの」。)ポルスによれば、紀元前4世紀後半にフューリーなどのキャラクターが劇場の地下から上昇することを許可しました[古代の出典:ポルス、オノマスティコン4.127,132]

建築の順序:(ギリシャとローマの構造に見られる古典的なデザイン要素の形状と比率に基づく建築分類システム)。注文は、その柱によって例示される5つのスタイルに分類されます。ギリシャ本土、南イタリアで開発されたドーリア式(滑らか、シンプル、円形)、および7世紀までにシチリア式、イオニア式で開発されたBCEイオニア式(溝付きの柱を備えたスクロール型装飾) (現代トルコ)6世紀までに、BCEコリンシアン(アカンサスの葉の装飾が施された精巧な首都の詳細)は5世紀後半に開発され、主にローマのトスカーナ(イオニア式のローマ式の適応ですが、簡略化されたキャピトルを備えた滑らかな柱)とコンポジット(コリント式とイオニア式のハイブレッドを使用した後期ローマの開発)。

アーキトレーブ AR-kih-trave の下部要素 エンタブラチュア 古典主義建築で。チーフビーム。柱頭(上部)に載っているのは水平まぐさ(梁)です。これは、下の水平エンタブラチュア要素です。 フリーズ. 切石 服を着た石は、石積みの建設に使用される正方形の角と服を着た表面を持つあらゆるタイプの石の長方形のブロックを処理します。 aulaeum ow-LIE-um

(ラテン語pl。 aulaea:カーテンまたはタペストリー)。ローマ劇場のカーテンは、スリットを通してステージに下げてシーンを表示したり、上げて隠したりすることができます。ギリシャ語:katabl &ecirc ma(Pollux)。

アウロス(αὐλός)
ow-LOSS

(ギリシャ語:楽器)。演劇の伴奏に使用されるオーボエの典型的な楽器に似た古代の二重葦の楽器は、「フルート」と訳されることもあります。 バルダッキーノまたはバルダッキーノ ボールダキン

(イタリア語から:baldaccino、州の天蓋)。石、金属、または布の建築天蓋。ミレトスのような古代劇場では、天蓋の形で建てられた石または大理石の構造物であり、ステータスを示し、天候から地域を保護するための屋根として機能します。バルダッキーノの遺跡の例は、中央にある柱です。の ima cavea トルコのミレトスの劇場で。

大聖堂 bih-SILL-i-ca (ラテン語pl。 大聖堂:大きな塔のような構造で、ローマ時代の舞台の両側に1つあります)。通常は屋根付きで、これらの背の高い長方形の構造物は劇場の玄関として機能し、開口部が含まれていました(versurae)ステージへのアクセス用(プルピトゥム)。大聖堂はしばしばと呼ばれます versurae 厳密に言えば、versuraeはステージ側の出入り口ですが 大聖堂. ビセリウム bih-SELL-ee-um

(ラテン語pl。 ビセリア:2人以上で十分な大きさの名誉席)。 NS ビセリウム ローマ劇場のオーケストラの前にある大きな中央の石の椅子で、 セラ (ローマの椅子の総称)と プロヘドリア (名誉の席)そのサイズによって。 NS ビセリア ヒエラポリスでは、トルコは人々のグループを収容するのに十分な大きさです。それは、著名人や州のために特別な奉仕をした人のために予約された名誉の席でした。

(ギリシャ語pl。bouleut&ecircria)。評議会室のメンバーのための建物は、治安判事の市庁舎のための集会所です。

ブロンテイオン(βροντεῖον)
ブロン-テイオン

(ギリシャ語:雷機、ポルックス)。銅の器の中で石を振って、雷に関連する音を出します。 洞窟 KAH-vay-a KAH-vee-a

(ラテン語pl。 洞窟:ローマ劇場の階段状の半円形の座席スペース)。ギリシャ語から: コイロン、くぼみまたは空洞。大劇場には3つの座席階層がありました。 ima cavea 洞窟の一番下の部分でした メディア洞窟 真ん中だった サマーカウェア 上位層でした。社会的ランクは、観客の座席制限を決定しました ima cavea 社会の上層部(上院議員と馬術家)のために予約されています メディア洞窟 のために予約された座席でした プレブトガタ (立派な市民)および地位の低い人々(都市部の貧困層、外国人、奴隷、および女性の混合群衆)は、上位または サマーティア。ローマ人 洞窟 ギリシャ語に対応 劇場.

(ギリシャ語:冥界への、または冥界からの階段)。舞台裏からオーケストラの中心にある開口部まで続く地下通路(カロンまたはカロン階段としても知られています)カロンは、クトニオスの神々が使用した、またはアルゴスでの「幽霊のような幻影」(ポルラックス)の例で使用されたステュクスを越えて死者の魂を伝えた神話のフェリーマンでした、Siracusae、およびEretriaは、ギリシャの劇場建設の典型的な特徴ではありません。

(ギリシャ語:pl.chorodidaskaloi)。合唱教師/監督は、もともと演奏された合唱に歌/踊りを教えました。

(ギリシャ語pl。 コー&ecircゴイ)ギリシャの劇場での公演に資金を提供した裕福な市民。

(ラテン語pl。clepsydrae:ギリシャ語、klepsydra、「水泥棒」から)。水の漸進的な流れによって時間を測定するための古代の水時計古代の装置。トルコのプリエネ劇場で見つかった遺跡は、劇場が時限討論や演説に使用されたことを示唆しています。

(ラテン語:柱または列の行)。ラテン語の語根から columna、または柱。多くの場合自立型で、等距離で互いに分離された列の行。列は湾曲していてもまっすぐでもよく、屋根付きの屋根を支えたり、オープンスペースを囲んだりすることができます。

(ラテン語のpl。columnationes:独立した柱で構成される建築要素)。 NS スカエナエフロン ローマ劇場の(舞台の正面)の高さは1〜3階建てで、通常は3つのドアが開けられ、1〜3層の柱、バルコニー、彫像で装飾されています。装飾的な柱の特徴は columnatio。この単語は、列の個々のグループとしてではなく、階層化された列コンポーネント全体を表します。

ギリシャの建築様式の中で最も精巧で、ギリシャ人によって最も使用されていません。似てる イオン 柱頭を除くほとんどの面で コリント式 柱は逆さまの鐘のような形をした背の高い首都を持ち、アカンサスの葉の列とらせんと呼ばれるらせんのような小さなつる植物で覆われています。 NS コリント式 もともとは建物内の柱に使用されていましたが、紀元前4世紀に外部の寺院の列柱で使用されるようになるまで、外部には表示されませんでした。

の最上位要素 エンタブラチュア 古典主義建築では、列柱、壁、出入り口などの建築的特徴の上部を覆う水平バンド。それは通常、上に突き出ています フリーズ。ベッド、コロナ、およびシマチウムの3つの部分で構成されています。 coryphaeus kaw-rih-FIE-us kaw-rih-FAY-us

(ラテン語pl。 coryphaeus:古代ギリシャのドラマの合唱団のリーダー)。ギリシャ語: koryphaios.

cothurni
koh-THUR-nie

(ラテン語の歌。cothurnus:ハイブーツ)。ギリシャ語を見る kóthornoi. cryptae KRIP-ネクタイKRIP-tay (ラテン語で歌います。 crypta:金庫、洞窟、屋根付きのギャラリー/通路/アーケード)。観客席の下にある大きな湾曲した樽型アーチ型の廊下(洞窟) オーディエンストラフィック用。大規模な劇場には複数の劇場がある場合があります。これらの回廊は、 洞窟 他に、より小さな廊下のネットワークによって傍受されました(ヴォメトリア)へのアクセスを許可した 洞窟 座席。 楔部 koo-NAY-us koo-NEE-us (ラテン語pl。 cunei:くさび形のオブジェクト)。ローマ劇場のくさび形の座席セクションはギリシャ語に対応しています ケルケテウス. デウスエクスマキナ

ラテン語:deus ex machina:DEH-oos ex MA-kee-na

ギリシャ語( 'ἀπὸμηχανῆςθεός'):AH-po may-ka-NAYS THEH-os (文字通り「機械からの神」)。神が機械を使って上からステージに飛ばされたり、下から持ち上げられたりするギリシャの演劇大会(mēchan​​ē)、問題を解決するため。明らかに不溶性のプロットの問題を解決するために考案されたソリューション。紀元前5世紀の劇作家、アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスからの大会で、アリストテレス(詩学)とポルス(オノマスティコン)によって記述されています。ギリシャとローマのさまざまなクレーンゲーム機がウィトルウィウス(De Architctura)によって説明されていますが、劇場に固有のものはありません。パトラ大学のエンジニアチームが、コリンシアのピリオス劇場の舞台裏の家の裏にある地球の石のスロットを調査しています。彼らは、これらがクレーンベースのソケットであった可能性があると推測しています。設計を裏付ける他の現存する証拠はありません。

ジアゾマ(διάζωμα) 死ぬ-AH-zoh-ma (ギリシャ語pl。 ジアゾマタ:ガードル)。上部劇場の座席を分離する水平の湾曲した通路、 (エピテアトロン)、下の劇場の座席から、 (劇場本体) ローマに対応 (praecinctio).

didaskaliai(διδασκαλίαι)
dih-dah-skah-LEE-eye

(ギリシャ語:動詞διδάσκεινから派生した、単数のdidaskalíaは「教える」または「指示」の一般的な意味を持っています)。ギリシャ語の複数名詞didaskaliai(「指示」)は、元の碑文の形で、または後にアレクサンドリア学者によって出版された、作者の名前と日付を含む劇的なパフォーマンスの記録を指すようになりました。

ディオニュシア祭(Διονυσία)
die-a-NEE-see-&aelig

ブドウの収穫とワインを祝うディオニュソス神に敬意を表して開催されたギリシャの宗教祭。 2つのフェスティバル:1。3月/ 4月に祝われる大ディオニュシア祭または2. 12月/ 1月に祝われる小ディオニュシア祭または地方ディオニュシア祭。劇場のパフォーマンスはフェスティバルの中心であり、アテネのディオニュソス劇場はフェスティバルの劇場の最初で最も重要な役割を果たしました。

(ギリシャ語ラテン語:ディオニュソス)。ディオニュソスエレウテリオス(解放者)としても知られるギリシャの神ゼウスとセメレの息子、テーベの死すべき女性は、ブドウの収穫、ワイン、農業、儀式の狂気、宗教的なエクスタシー、ギリシャの劇場の豊饒の守護神です。多くの場合、メナド、サテュロス、シレーノスの会社で描かれています。ディオニュソスに敬意を表して開催されるフェスティバル:貸し手または地方のディオニュシア祭、大または都市のディオニュシア祭、アンテステーリア祭、およびレーナイア祭。ディオニュソスに対応するローマ人はバッカス神です。

ディテュランボス:(διθύραμβος)
DIH-thih-ram

(ギリシャ語:dithyrambos)。アリストテレスによると、ドラマの起源は、ディオニュソスの祭りの競争要素の1つである、ディオニュソスの競争力のあるダンスコーラスを称えて歌われ踊られた古代の賛美歌または詩は、パフォーマンスだけでなく詩も参照できます。 ドーリア式DAW-rik

おそらくギリシャ本土と南イタリアとシチリアで開発された建築様式。ドーリア式は伝統的にわずかに前の日付であると信じられていますが イオニア式、両方の命令は7世紀の終わりまでに確立されました。ドーリア式の柱はわずかに先細になっていて、シンプルで頑丈で、ベースがありません。浅い平行な溝(フルート)がシャフトの下部から上部に向かって走っています。ドーリア式の首都は、丸いエキヌスと四角いそろばんの2つの部分で構成されています。首都の上には アーキトレーブ を支える装飾されていない梁で構成されています フリーズ 交互の トリグリフ (3つの垂直溝を備えた垂直の重量支持ブロック)および メトープ (レリーフ彫刻で装飾された、または無地のままの非耐力パネル)。上部のシンプルなコーニスモールディング アーキトレーブ 雨から下の部分を保護するために伸びます。

(ギリシャ語が歌います。 eisodos:につながる通路 オーケストラ の間に コイロンsk&#275n&#275). エイソドイ アリストパネスが使用した名前でした パロドイ . 2つの名前はしばしば交換されます。いくつかの劇では、左(東) eisodos 右(西)の通路が都市へのルートであったのに対し、国に通じています。

(ギリシャ語:「ロールアウトマシン」)。シーンを明らかにしたり変更したりするためにギリシャの公演で使用される移動プラットフォーム。中に収容された車輪付きのプラットフォームまたはカート skēnē インテリアシーンを表示するために使用され、「ビューの外」アクションの結果を明らかにします。 Aeschyluのアガメムノンの殺害 アガメムノン。ビーバーによると、 ekkykl&#275ma 紀元前5世紀に導入されたギリシャは、正方形、半円形、または円形で、ピボットを中心に回転し、移動するスクリーンと組み合わせて使用​​された可能性があります(scaenaductilis).

柱や壁の上にあるが、屋根やペディメントの下にある、古典的な建物や柱廊玄関の水平な建築部分。 NS エンタブラチュア 3つの主要な要素があります: アーキトレーブ (ポストおよびまぐさ構造のまぐさに相当する下部要素)、 フリーズ (装飾される可能性のある中央の水平ストリップ、および コーニス (下の部品に張り出した装飾モールディングの上部の水平ストリップ)。

エイソドイ(εἴσοδοι)
AY-soh-doy

(ギリシャ語の歌。eisodos:koilonとskēnēの間のオーケストラに通じる通路)。 Eisodoiは、アリストパネスが パロドイ。 2つの名前はしばしば交換されます。いくつかの戯曲では、左(東)のエイソドが国に通じていますが、右(西)の通路は都市へのルートでした。 エピスケニオン(επισκήνιον) ep-ih-SKAY-nee-on (ギリシャ語pl。エピスケニア:文字通りギリシャのヘレニズムの上部上部の物語 sk&#275n&#275 )。初期のヘレニズム劇場では、エピスケニオンはskēnēまたはギリシャの舞台家の2階でした。屋根から凹んでいた プロセニアム。プロセニアムの屋根は、ヘレニズム劇場の舞台(logeion)でした。エピスケニオンのファサードには、1つまたは複数の開口部があります(チロマタ)塗装されたパネルやドアを取り付けることができます。 エピテアトロン(ἐπιθέατρον) ep-ih-THEY-ah-tron

(ギリシャ語:劇場席の上層)。観客席 劇場 の上に ジアゾマ。ローマの&quotに対応サマーカウェア。&quot コイロン (座席エリア)大規模な劇場、および一部の中規模の劇場では、上段と下段の座席に細分されていました。下段は、 シアタープロパー 上層はとして知られていました エピテアトロン 。水平通路(ジアゾマ)2つの座席層を分離しました。

(ギリシャ語pl。euripoi:狭い排水路、運河、導管または水道橋)。これは、古代劇場のオーケストラの周囲を走る排水溝でした。より洗練された構造では、エウリポス海峡は舗装タイルで覆われ、地下下水道に接続されていました。 forica FO ree ka

(Latinpl。foricae:public privy):公共エリアにあるマルチシートのローマ式トイレ。専用のシングルシートトイレは、 ラトリーナ、pl。 ラトリナエ、(したがって、私たちの言葉 トイレ)。初期のローマ人 foricae 塹壕の上の木の板に過ぎなかった。結石 foricae 下水道の上に建設され、流水で洗い流されました。ローマ人は棒に海綿で自分自身をきれいにしました(テルソリウム またはxylospongium)。共有 テルソリウム 酢または塩を入れたバケツの水ですすいだ。より目の肥えた訪問者は彼ら自身のスポンジを持ってきました。それでも フォレカラトリーナ さまざまな種類のローマ式トイレを指す、という言葉は、 ラトリナエ、およびその最新の同等物、 トイレ、大きな公衆トイレを指すように進化しました。

古典主義建築におけるエンタブラチュアの中間要素。の広い中央バンド エンタブラチュア の上に アーキトレーブ およびその下 コーニス。 NS フリーズ しばしば装飾されています: ドーリア式 交互に使用できます トリグリフ (長方形のブロックを垂直線で投影)および メトープ (トリグリフ間のスペース)。の イオンコリント式 注文、 フリーズ 無地または浮き彫りの図や装飾で装飾されている場合があります。 gradusGRAH-duss

(ラテン語pl。 卒業生:ローマ 洞窟 シートステップまたは位置)。ウィトルウィウスの卒業生によると、 &quot。高さは20インチ以上、22インチを超えてはなりません。それらの幅は、2フィート半を超えてはならず、2フィート未満であってはなりません。」 座席は、劇場の敷地内の生きている岩から彫ったり、慎重に服を着て取り付けたりして組み立てることができます(切石)組積造。切石のベンチシートは、足元のスペースを増やすために、前端の下にくり抜かれることがよくありました。 プロヘドリア (名誉の席)はあまり一般的ではありませんが、ギリシャとローマの両方の劇場で見つけることができます。

ヘレニズム

紀元前323年(アレキサンダー大王の死)から紀元前31年(アクティウムの海戦でのローマの勝利とその結果としてのエジプトのプトレマイオス権力の衰退)までのギリシャ文明の期間を表す用語。ドイツの歴史家ヨハン・グスタフ・ドロイセンによって造られた用語で、民族の都市国家ギリシャ人が支配するギリシャ文化と、より大きな君主制が統治するさまざまな民族のギリシャ語話者が支配するギリシャ文化を区別します。

ヒストリオ
HIS-trih-oh

(ギリシャ語pl。hypokritai:俳優、プレーヤー)。

(ギリシャ語:ヘレニズム劇場の隆起した舞台を支えた壁ヘレニズムの正面の壁 prosk&#275nion)。ステージの下の領域および/またはそれを支えた向かい合った壁を表すことができます logeion または上げられたステージ。ハイポスクは石造りで、柱、柱、彫像などの装飾的な装飾が施されていました。 オーケストラ.

(ギリシャ語は複数形であり、単数形ではありません。デッキの厚板、またはより一般的にはプラットフォームまたはステージです)。初期のギリシャ劇場の一時的な足場の座席は、木製の支柱の上に置かれた段になった木製の観覧席で構成されています。古代の作家フォティオス、エウスタティウス、ヘシキウス、そして 須田 アテネアクロポリスの麓に常設のディオニュソス劇場を建設する動機として、第70回オリンピック(紀元前500〜496年)の間にアテネアゴラで一時的なイクリアが崩壊したことを挙げてください。 (Dinsmoor 120)。

(ラテン語:最下位層 洞窟 座席)。社会の上層部(上院議員と乗馬)のために予約されたローマ劇場で最も望ましい座席。

建築様式は、おそらく紀元前6世紀までにアイオーニアといくつかのギリシャの島々で開発されました。より装飾的で優雅 ドリック。古代ギリシャ人は、より男性的ではなく女性的であると考えています ドーリア式。イオニア式の柱は、より細い湾曲したベースの柱のシャフトに載っています。 ドーリア式 (初期のイオニア式カラムの高さ対ベース比:8対1 ドリック 比率:4対1および6対1)シャフトの溝は上よりも目立ちます ドリック 列の重要な詳細は首都にあります:2つのらせん状の渦巻き(部分的に広げられた巻物に似たデザイン要素) イオン 資本は方向性があります(表と裏は側面とは異なります)。典型的な イオニア式エンタブラチュア 3つの平行なバンドを備えたアーキトレーブ、連続した彫刻の装飾を特徴とする装飾的なフリーズを備えています(典型的なトリグリフとメトープに分割されていません ドリック スタイル)、および刻まれた歯の境界(正方形の歯の列)。

(ラテン語:俳優がステージに入るときに使用するサイドドア)。ローマの扉 大聖堂 (ローマの舞台に隣接する塔のような構造)。以下も参照してください。 versurae.

(ギリシャ語:ポルックスによると劇場のドロップカーテン aulaium ローマの劇場で。

ケラウノスコピオン (κεραυνοσκοπεῖον)
kehr-ow-no-sko-PAY-on (Polluxによるギリシャの照明器具)。太陽光を反射するために鏡面を使用した稲妻効果。 kerkis(κερκίς)ケアキス

(ギリシャ語pl。 kerkides:ギリシャの座席エリアにあるくさび形の座席セクション(劇場)。ローマに対応 楔部.

(ギリシャ語pl。 klepsydrai:ギリシャの水時計)。トルコのプリエネの劇場にあるそのような時計の残骸は、劇場で公開討論が行われた証拠です。タイミングスピーカーに使用されます。代替ラテン語のスペル: クレプシドラ.

klimakes(κλίμακες)KLIH-mah-kess (ギリシャ語の歌。klimax:階段)。ギリシャの座席エリア(劇場)の観客用階段。階段(klimakes)くさび形の座席セクションを分離した(kerkides)ギリシャの劇場の。多層劇場では、階段は湾曲した通路に通じています(ジアゾマタ)座席ギャラリーを分離しました。ローマ人に対応: 階段. koilon(κοίλος)KOI-lon

(ギリシャ語pl。koila:くぼみまたは空洞)。劇場のボウル型のシーティングエリア。に相当するものとして時々使用される単語 劇場 またはラテン語 洞窟.

(ギリシャ語pl.kolumbēthrai:プールまたはスイミングバス)。ローマ劇場の水の光景に適応したオーケストラ。イタリアのオスティアとシラクーサ、トルコのヒエロポリスとエフェソス、アテネのディオニュソスなどの多くの劇場は、貯水槽、防水オーケストラの壁、排水路の改善、水道管など、3世紀後半から5世紀初頭のローマ時代の変化の証拠を示しています。

koryphaios kaw-rih-FIE-us (ギリシャ語:ギリシャ合唱団のリーダー)。リーダーの役割の1つは、俳優との対話を続けることでした。ラテン語:coryphaeus、coryphaios。 コソーノイ(κόθορνοι)
koh-THAWR-noi (ギリシャ語で歌うkóthornos:ハイブーツ)古代ギリシャのハンターや兵士が下肢を保護するために着用した、柔らかく膝丈のレースアップブーツ。足の裏が厚いコソーノイは、俳優が身長を伸ばすために着用しました。厚い靴底のブーツは劇場に関連付けられていましたが、kothornoiという言葉は一般的な用語でした 古代ギリシャの政治思想へのオックスフォードの仲間 どちらかの足に履くことができるブーツを単に説明するために単語を使用して、ラテン語のcothurniに対応し、歌います。 cothurnusはヨーロッパのバスキンに対応しています。

ラトリーナ lah TREE na (ラテン語pl。latrinae:洗濯場所、プライベート、ローマの専用トイレ)。からの契約 lavatrina (「入浴する場所」)、lavo(「洗う、入浴する」)から。 ラトリーナ 個人の家やその他のプライベートスペースにあり、一般の人はアクセスできませんでした。公衆トイレを最もよく表す言葉は フォレカ. Foricae より大きく、複数の穴があり、劇場などの公共エリアで見つかりました。それでも フォレカラトリーナ さまざまな種類のローマ式トイレを指します。ラトリナエ、」そしてそれは現代の同等物です、 「トイレ、」は、大きな公衆トイレを指すように進化しました。 logeion loh-GAY-on

(ギリシャ語pl。logeia:話す場所、舞台)。ヘレニズム劇場の俳優が使用するハイステージ。の後ろにあります オーケストラ そしてその前に sk&ecircn&ecirc 。の正面 logeion (ステージ)はによってサポートされていました hyposk&ecircnion (プロセニアムの前壁)。の残骸 logeion トルコのプリエネで見つけることができます。からのアクセスランプの残骸 パロドイlogeion ギリシャのシキオンで見つけることができます。 Logeionは短いローマのステージに対応します(プルピトゥム).

リラ(λύρα)
リーラ

(ギリシャ語:亀の甲羅から作られた響板を備えた小さなハープに似た弦楽器)。古代ギリシャでは、抒情詩の朗読と劇的な演奏に、紀元前1400年にクレタ島のミノアの集落であるハギアトリアダの石棺でハープの初期の画像のように弾かれるのではなく、ピック(ピック)で弾かれるリラ演奏が伴いました。 マチナ
MAH-ki-nah

(ギリシャ語mēchan​​ēのラテン語pl。machinae、μηχανή:機械または機械装置)。ウィトルウィウスには、アクロバティコン(ボスンの椅子に似たスケーリングマシン)、ニューマティコン(ウィンドマシーンまたは風力オルガン)、バルールコン:(建設用クレーン)の3種類のマチネがリストされています。これらの分類は劇場に固有のものではありませんが、すべて劇場での用途があります。主な注目すべきは、バルールコン、または建設用クレーンです。ギリシャとローマのすべての大規模な建設プロジェクトでは、石造りの建築材料の持ち上げと配置にクレーンが使用されていました。アテナイのアクロポリスの建設現場には、エウリピデスがそのように指示された場合に神を飛ばすために利用できるこれらの機械が豊富にあったことは論理的な仮定です。(deus ex machina)を参照してください。

(ラテン語:講堂の座席の中央セクション)。洞窟の座席のローマの中間層。 NS メディア洞窟 のために予約された座席でした plebs togatae (立派な市民)。

模擬海戦
今-MAH-kih-ah

(ラテン語:文字通り「へそ戦闘」、大衆娯楽目的で水上で行われる段階的な海戦)。スペクタクルの規模により、数千人の戦闘員と実物大の戦争船が関与する可能性のあるステージングされた「グループ戦闘」、模擬海戦は通常湖でステージングされましたが、小規模な戦闘は、ジュリアスシーザーによって最初にローマの円形劇場に収まる可能性があります紀元前46年。 「模擬海戦」という用語は、光景、またはそれが上演された盆地や建物を指す場合があります。 odeion(ᾠδεῖον)OH-dee-on (ギリシャ語は文字通り「場所を引用する」)。演奏された音楽、詩の朗読、討論、または講義などの娯楽のために使用された小さな屋根付きの劇場またはリサイタルホール。プロトタイプのオデオンは、アテネのアクロポリスの南斜面にある主に木造の建物であるペリクルのオデオン(アテネのオデオン)でした。プルタルコスは「多座多柱」と表現し、正方形であった可能性がありますが、発掘調査では別の形状、208 x62フィートも示唆されています。ギリシャ語のoideionはローマ語に対応します odeum. odeum OH-dee-um

(ラテン語、ギリシャ語のpl。odea:oideion:歌う場所)。音楽のプレゼンテーション、詩の朗読、講義、または討論に使用される小さな屋根付きの劇場(劇場の蓋)またはリサイタルホール。オデアは2つのスタイルで建てられました。ブーレウテリ(公営住宅)のような長方形の外壁のある建物と、劇場のような湾曲した洞窟のある建物は、どちらも半円形の座席を使用していました。一般的に劇場よりも小さいアレクサンドリアのオデウムは800席、アテネのヘロデスアッティカスのオデウムは5,500席でした(近くの17,000席のディオニュソス劇場と比較した場合のみ小さい)。ローマのオデウムはギリシャ語に対応します oideion.

(ギリシャ語:一時的なステージまたはプラットフォーム)。上げられた木製のプラットフォームスピーチまたはアナウンスは一時的な場所 logeion.

(ラテン語はギリシャのオーケストラ(ὀρχήστρα)、ダンスの場所から借りました)。オーケストラは、ギリシャの劇場での合唱の主要なパフォーマンススペースであり、ローマの「スペクタクルエンターテインメント」の舞台としても使用されました。オーケストラは、観客とギリシャ人の間のスペースでした。 skēnē またはローマ人 スカエナエ ローマ劇場の半円形のヘレニズム劇場の馬蹄形の古典ギリシャ劇場の円形の初期の古典ギリシャ劇場ではおそらく直線的です。

(ギリシャ語pl。 パラバシス:ギリシャのオールドコメディの重要な合唱の頌歌)。 NS パラバシス 観客と向き合い、動きながら、アクションの合間に合唱団によって配信されました。これは、当時の政治的または宗教的なトピックに関する著者の見解を表現するために使用されました。

(ギリシャのpl。paraskenia:ギリシャの舞台の両側にある2つの側面の建物)。にサイド追加を投影する skēnē ヘレニズムの両側にある1〜2階建てのサイドウィング プロセニアム 通常はフリーズを支える柱や柱で装飾された追加のステージ入口を提供した可能性があります。ローマに対応 大聖堂.

(ギリシャ語pl。parodoi:文字通り「脇道」)。ギリシャの劇場のオーケストラへの入り口(両側に1つずつ)、観客席の間(コイロン)とシーン構築( sk&#275n&#275 )コーラスの主要な入口/出口。また、オーケストラに最初に入るときに合唱団が歌う頌歌も、観客が劇場に出入りするために使用します。コーラスが入るアーチ型の入り口を説明するためにも使用できます。代替名: eisodos.

(ギリシャ語の歌。periaktos:ギリシャ語から、 回転 シーンをすばやく変更するための3面回転式風光明媚なデバイス)。これは、三角形の土台に3つの直立した塗装済みフラットを取り付けることによって風景を変えるための装置でした。ユニットを回転させることにより、3つの異なる塗装された「外観」を観客に見せることができました。風光明媚な背景をすばやく変更するために使用されます。

男根(φαλλός)
fah-LOSS (ペニスを表すギリシャのコメディコスチュームアクセサリー) ピナケ (πίνακες) PIH-na-kess

(パフォーマンスで使用されるギリシャの塗装された風光明媚なパネル)。開口部に配置された風光明媚な要素(塗装されたフラット) (サイロマタ)ヘレニズム劇場のギリシャのsk&#275n&#275の。公演中の場所を表すために塗装されており、必要に応じて簡単に変更できます。

(ラテン語pl.portae)。ローマの門または出入り口。 porticus POR-tih-cuss (ラテン語pl。porticus:ポーチ)。柱で支えられた屋根のある開放構造。 In a Roman theatre the covered colonnade at back of cavea or behind scene house. Behind the scenes porticus are to be built to which, in the case of sudden showers, the people may retreat from the theatre. (Vitruvius). portae hospitales POR-tie haw-spih-TAH-less

(Latin sing. porta hospitalis: guest doors). Two doors on either side of the central door in the Roman スカエナエフロン。 Door on right reserved for second actor - left door for person of less importance. The word "portae" refers to domestic doors. The center door, valva regia, was the principle door reserved for royalty or the main actor. Vitruvius: "The parts of the scene are to be so distributed, that the middle door may be decorated as one of a royal palace those on the right and left, as the doors of the guests or strangers." (de Architectura, Book V).

(Latin: passageway behind the scene house). A portico or passageway behind the scaenae (scene house) of a Roman theatre.

(Latin pl. praecinctiones: something that surrounds or circles). The curved, theatre walkway that separates the galleries or tiers of a Roman theatre corresponds to the Greek "diazoma" aisle concentric with the rows of seats, between the upper and lower seating tiers in a Roman theatre.

(Greek pl. prohedrai: literally chair in front an ornate seat of honor in the Greek theatre for dignitaries, officials, and priests). The number of seats varied from a single seat for the statue of Dionysos to an entire row of seats. The center seat in the front row was reserved for the priest of the god Dionysos-Eleuthereus at the Dionysian Festival in Athens. Beside him sat the other priests and officials. Seats were made from carved stone and usually had backs. Note: prohedria (προεδρία - pro hed RI a) is the privilege of sitting in these honorific seats.

(Greek: proskēnion literally means "something set up before the skēnē)。 In Hellenistic theatres such as Priene, the proskēnion included the theatre's high stage (logeion), the skēnē's side stages (paraskēnia), and the logeion's decorated, supporting wall (hyposkēnion)。 All were in front of the skēnē "scene house" or, pro-skēnion.

(Latin pl. pulpiti: a pulpit, platform, or actor's stage). Roman theatre stage (logeion in the Greek theatre). A platform for a public speaker in front of the scaenae (スカエナエフロン) Vitruvius gives the maximum height as five feet as opposed to the ten to twelve-foot height of the Hellenistic logeion. See also Latin, podium.

(Latin: moving or guided scene). A pair of painted, movable screens that could be opened and pushed to either side of the stage. The remains of foundation tracts at Megalopolis in Greece suggest the use of a huge version of this scenic device.

(Latin sing. scaena: theatre scene or stage house). From the Ancient Greek, skēnē . In the Roman theatre usually referring to the stage house or building behind the pulpitum (stage) corresponds to the Hellenistic skēnē . Often used in the pl. ((scaenae) because it was composed of multiple parts.

scaenae frons SKAY-nay FRAHNZ (Latin: front of scene house). Elaborately decorated permanent architectural front wall of the Roman scaenae (stage house). The wall could range in height from one to three stories and was typically ornamented with one to three tiers of columns ( columnatio ), balconies, and statues. The wall normally contained three entrances to the stage - a richly decorated center door valva regia or "royal door," flanked by two smaller doors: the porta hospitalis or "guest doors." The sides of the stage were enclosed by the basilica walls, each having a door which lead off-stage. In some theatres a permanent roof extended from the scaenae frons and covered the stage.

siparium
sih-PAH-rih-um

(Latin: scene curtain or tapestry a drop curtain). Fabric stretched and attached to a frame that was lowered into the stage floor at beginning of a scene and raised at end of scene to block view.

scalae SKA-ligh (Latin used in the plural: stairs). Audience stairways in Roman seating area ( 洞窟 )。 The staircases (scalae) that separated the wedge-shaped seating sections (cunei) of the Roman 洞窟。 In multi-tiered seating, the staircases lead to curved walkways (praecinctions) that separated the seating galleries. Corresponds to the Greek, klimakes. Vitruvius uses scalaria when talking about staircase systems in the theatre. skēnē (σκηνή) skay-NAY

(Greek: “tent,” the building behind the orchestra in a Greek theatre). Originally used for storage but provided a convenient backing for performances also used as a waiting area/dressing room for actors its evolution included doorways (center, left, and right) and a covered, high stage for performances. Corresponds to the Roman scaenae.

skênographia (σκηνογραφία)

skeuê (σκευή)
skyou-AY

(from Latin socculus: a light shoe). Stone support for columns.

(Latin: highest tier of cavea seating in a Roman theatre) Used by less distinguished audience members such as urban poor, foreigners, slaves, and women) .

(Greek). Four rows of columns also, a meeting place or public square.

theaomai (θεάομαι) thay-AH- oh-my

(Greek: to gaze at or behold). To view as spectators in the theatre.

(Greek sing. theat ē s ). Spectators.

(Greek pl. theatra: “the seeing place” of the Greek theatre). The theatron was where the audience sat to watch the performance of a Greek play: alternate name koilon, a hollow or cavity. The theatron originally referred to the audience space of the Greek theatre, but later became synonymous with the entire structure consisting of the spaces for both the audience as well as the performance Roman spelling: theatrum。 Also see: Roman 洞窟.

(Latin). Corresponds to Greek theatron.

(Greek). Festival fund subsidizing the cost of performance entrance fees at the Athenian Dionysia recipients restricted to Athenian citizens establishment of subsidy may date to Pericles ca. 450 BC theoric fund established to either grant tickets free of charge or to provide monetary distributions for use at the festival fund often cited as evidence supporting an Athenian concern for universal accessibility to theatre but arguments can be made that the fund also allowed the state to control and stabilize ticket prices.

thimelici: thih-MEH-lih-kee (Latin Greek: thymelikoi). Lyric and dancing performers primarily restricted to the orchestra in the Hellenistic theatre. thymel ē (θυμέλη) thih-MEH-lay

(Greek an altar in the middle of the orchestra and / or a podium for the conductor of the choir). Leader of the chorus possibly used the thymelē as a platform during dialogues between the chorus leader (koryphaios) and the chorus altars could be cylindrical or rectangular.

(Greek sing. thyroma). Openings or doorways and their frames that pierced the facade of the skēnē or episkenion in the Hellenistic theatre.

thyrsos (θύρσος)
THEER-sos

(Latin sing. tribunal: seat of judgment). Two elevated seating platforms on the extreme sides of the Roman cavea above the two side entrances (aditus maximi) to the orchestra reserved for praetors (title granted to Roman magistrates) and honorific guests. One tribunal was the seat of judgment occupied by the magistrate who presided at the games, the other was reserved (in Rome) for the Vestal Virgins. Corresponds to modern opera box seating.

(Latin pl. valvae: royal doorway). The central door in the Roman スカエナエフロン wall door used by the principal actor. The doors on either side of the central door were the portae hospitales (guest doors). The plural "valvae" was a word associated with temple doors or other grand doors while the word "porta" referred to a domestic door. "The parts of the scene are to be so distributed, that the middle door may be decorated as one of a royal palace those on the right and left, as the doors of the guests or strangers." (Vitruvius).

(Latin pl. velaria)。 An awning in a Roman theatre or amphitheater that stretched above the audience as protection from the sun and elements. Also referred to as velum.

(Latin pl. vela: sail, covering). A fabric covering or awning used to shade the audience in the Roman theatre. Also referred to as velarium.

venationes vay-hah-tih-OH-ness (Latin sing. venatio: &ldquoanimal hunts&rdquo). A type of entertainment in ancient Rome involving the hunting and killing of wild animals. Public spectacle that featured contests between beasts or between men and beasts, usually in connection with gladiator shows. versurae vehr-SOO-rye

(Latin sing. versurus: side entrance onto the Roman stage). Entrances on either side of a Roman stage. Commonly used to denote the large foyers (basilicas) that flank the stage, but strictly speaking versurae refer to the entrances themselves. Vitruvius speaks of the versurae procurrentes which provide the two lateral entrances to the stage. Greek and Roman stage directions indicate that the right entrance was to or from the forum or city and the left entrance was to or from the country or foreign locations. (Vitruvius).

(Latin road or way of the hunter). A complex of hallways and rooms which housed animals and equipment found in Roman theatres designed to accommodate gladiator combat or animal hunts.

(Latin sing. vomitorium: literally a means of "spitting out" or "vomiting" theatre visitors). Vaulted passageways leading to or from the theatre seating. The vomitoria connected to the lateral cryptae洞窟 forming an efficient network of exits and entrances for the audience.

Although the glossary words and definitions were compiled by the author from numerous sources, I wish to acknowledge the following significant works:

Art & Architecture Thesaurus: The Getty Research Institute。 http://www.getty.edu/research/tools/vocabularies/aat/index.html

Bieber, Margarete. The History of The Greek and Roman Theatre。第2版Princeton, New Jersey: Princeton University Press, 1961.

Brockett, Oscar G. and Franklin J. Hildy. The History of The Theatre。 10nd ed. Princeton, Boston, London, Toronty, Sydney, Tokyo, and Singapore: Allyn and Bacon, 1999.

Dictionary of Greek and Roman Antiquities. (1890年)。 (eds. William Smith, LLD, William Wayte, G. E. Marindin) http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0063

Dinsmoor, William B. The Architecture of Ancient Greece。 Reprint of 3d ed., rev. New York: W. W. Norton & Co., 1975.

Izenour, George. Roofed Theaters of Classical Antiquity。 New Haven and London: Yale University Press, 1992.

Perseus Digital Library. Ed. Gregory R. Crane.タフツ大学。 http://www.perseus.tufts.edu (accessed April 17, 2012).

Sear, Frank. Roman Theatres: An Architectural Study。 Oxford and New York: Oxford University Press, 2006.

Vitruvius : Ten Books on Architecture. translation by Ingrid D. Rowland commentary and illustrations by Thomas Noble Howe with additional commentary by Ingrid D. Rowland and Michael J. Dewar. New York : Cambridge University Press, 1999.

I find it only fitting that Frank Sear's, Roman Theatres: An Architecture Study, is second only to Vitruvius in the alphabetical listing. His seminal work on Roman theatres was indispensable in the compilation of this glossary. If errors are found, the mistakes are mine alone. Photographs contained in the glossary, except as noted, were produced by the author.


ノート

scanned original book some text lighter that others especially 208 and 490 and 592

Addeddate 2009-03-04 12:04:06 Call number 9128733 Camera Canon 5D External-identifier urn:oclc:record:1050249969 Foldoutcount 0 Identifier outlinehistoryof01eage Identifier-ark ark:/13960/t1hh6w02w Identifier-bib 00011412774 Ocr ABBYY FineReader 8.0 Pages 672 Possible copyright status NOT_IN_COPYRIGHT Ppi 300 Scandate 20090310170615 Scanfactors 7 Scanner scribe3.capitolhill.archive.org Scanningcenter capitolhill

Precious evidence of the life of “Indian” cotton mills at the end of the 18th century , the paintings that decorate this room were commissioned from the painter Gabriel Maria Rossetti in 1764 to decorate the lounge of Mr Pignet, director of the Wetter mill. Wetter was a Swiss manufacturer who in 1757 founded a mill in Orange on the banks of the river Meyne.
The first cloths of painted cotton from India arrived in Europe on the boats of the French East India Company. They were very popular with the more affluent classes.

The last two rooms on the second floor present the paintings and engravings of the British painters Frank Brangwyn and Albert de Belleroche. These collections were given to the museum by Count William de Belleroche, son of Albert de Belleroche. More than 500 engravings, lithographs and paintings by these artists have enriched the collections of the museum.

The painter Frank Brangwyn was born in Bruges in 1867. The son of a British architect and decorator, he joined the workshop of William Morris, the founder of the Arts and Crafts movement, at the age of 14. In the early 20th century, he became one of the official representatives of British modernism. For example, he was commissioned to produce the gigantic mural decorations of the Capitol in Missouri, of Jefferson City, of the House of Lords and even the Rockefeller Centre in New York.

カウント Albert de Belleroche was born in 1864. In 1882 he joined the workshop of Carolus Duran, where he met the painter John Singer Sargent, a popular society portraitist in the capital. He frequented in Parisian cafés, where he met Émile Zola, Oscar Wilde, Renoir and even Toulouse-Lautrec. In 1900 he discovered lithography as a way of really expressing himself.


The Museum of Art and History of Orange

Situated across from the archaeological dig and the ancient Roman theatre, the Museum of Art and History of Orange offers a journey in time to discover the Gallo-Roman history of the city.

Laid out in a private mansion built in the 17th century for Georges Van Cuyl, several rooms house a beautiful collection of furniture and artworks, evoking the history of Orange from Antiquity up to the 19th century.
You can admire the mosaic of the Centaurs, several fragments of land registries inscribed in the 1st century BC, friezes from the stage wall of the antique theatre, a cabinet of curiosities, objects from the cotton print factory and, on the second floor, a large collection of paintings and engravings by the English artists Brangwyn and Albert de Belleroche.


Must-See Sites in Orange

  • Visit the Roman Theatre of Orange
  • Discover the Museum of Art and History of the City of Orange.
  • Admire the Triumphal Arch
  • Take a stroll in the streets of Orange
  • Visit Orange in the mini tourist train
  • Enjoy to the Provencal market on Thursday morning
  • Go see a show of the "Chorégies d'Orange" (classical music)
  • Relax with the whole family on the St. Eutrope hill
  • Sit at a table outside a café and feel the "Provençal atsmophere"

Cavea, Theatre of Orange - History

A numerous and widespread population, now concentrated in big towns, asked for new entertainments and play activities. Spectacles would be used for the greatest glory of Roman leaders and gods. Big buildings were constructed in order to get it. They could house a great number of spectators. Indeed, increasing importance of arts, as theatre or "sport" asked a new kind of building for its practice and performance. That is why theatres , amphitheatres and circus were constructed. Rules concerning architectural design of elements and proportions for these buildings were written in a very important work: "De architectura" by Roman architect and engineer Vitrubius who lived during August age.

    1.- Roman Theatre .

    Plan and section of a Roman Theatre following Vitrubius

Though its origin is Greek, Roman Theatre has got a semicircular plan instead of a circular one. This change was made in order to form just one structure between scaena and rows. Decoration of the whole is very luxury: marmors, columns, inscriptions. specially on the scaena, where every design of orders is applied by Roman architects.

Design of structure for Theatres could be of two kinds: directly on the floor or through a structure supporting it. The most usual was locating Theatres in concrete areas in order to get that the most important part of the rows was directly fixed on the ground, that is, on the slopes of hills or mountains. Structural parts that could not take advantage from this situation were built with Roman concrete pillars and vaulted walls. The usual was that the upper area from rows: the summa cavea, was based on an artificial structure.

  • Scaenae .
    The whole of scene and all the elements and rooms for a right working of performings was placed on a podium that made it upper than the orchestra .
    We can distinguish different parts:
    • Proscaenium : the space for actors to play. It was placed on the podium, between orchestra and scaenae frons . Its part near the orchestra was called pulpitum and was often more elevated. Its surface was usually covered with wood. Below it there was the hiposcaenium , a hidden chamber for decoration and machines. At the orchestra elevation there was a fa ade called frons pulpiti .
      We can point it out as the scene where actors play.
      Along the centuries different kinds of design were set:
      • Straight plan , with neither exedrae nor niches with a frons pulpiti without decoration or with pillars.
      • Plan with a central exedra , semicircular with two minor rectangular sections at both sides.
      • Plan with three exedrae . They were semicircular with five rectangular inserted next sections.
      • Ima cavea is the lower zone. It is close the scene. People in this area belong to high society. It is usually composed by men, though many cities admited women's presence if they came from aristocracy. It was often the area with a greater number of rows, because, as it had a minor radius, each row can contain a minor number of spectators.
      • Media cavea was open for all kinds of people. It was close the imma cavea and often reserved for men. When theatres were not wide enough to offer a summa cavea, women and children could occupy this area.
      • Summa cavea was placed in the upper zone of the scene and was built for women and children. Smaller theatres would not have this area, because it supposed building more sofisticated structures. Indeed, more rom was required.
      • Scalaria or stairs to reach the different terraces. They ended by walls or "praecinctia" that communicated with " vomitorium ": doors and walls to the rows.
      • Cunei or cuneus , were places with a shape of wedge in wich row was divided. They were separated by stairs.

      Classical and political plays were performed on theatres, since they were necessary for people "education".


      Plan of Roman Amphitheatre following Vitrubius

      It got an oval plan as a result of duplicating theatres joined by the stage. Its name shows it since it comes from a Greek word that means "two theatres" (amphi -two- and theatros). It is not exactly like that, because the result of two semicircular plans -theatre- should be a circumference and not an oval shape. The fact is that the idea was so and was only changed in order to enlarge the area for performance: the arena .

      These buildings were never used for performing literary plays nor political speechs. They were rather for spectacles like gladiators fighting against each other or aganist animals and for simulation of battles. They were even used for performing naval fights - naumachias -, including the water inside.

      Supporting structures were solved as they did for theatres: sometimes a part of the row laid on a slope and the rest on a structure of radial and circular vaulted walls.

      The exterior part was usually composed by orders of pillars or columns with archs, often blind.

        The arena .
        Oval area where plays were performed. It was surrounded by the high wall of the podium that separated it from the cavea. Many doors were open on the cavea. They communicated with rooms or walls behind it. Gladiators and animals came out through them. Bellow the arena of the most important amphitheatres there were many divided rooms for the circulation and staying of animals called fossa bestiaria . It was covered by wood. Over it there was the arena, forming a uniform surface.

      • The ima cavea is the inferior area. It is closer to the arena and separated from it by a high podium that sheltered the spectators against weapons and animals. This was the place for higher class from cities.
      • The media cavea , built close to the imma cavea, was made for general public.
      • The summa cavea is the upper part of the scene. It was not constructed in every amphitheatre because of a lack of room or because of its structure. It used to end by a covered gateway.

      It can be said that games celebrated in Circus were the most popular and successful for general public among all the shows that Roman governers offered to their people. It is proved by the width of their rows -up to 225.000 places in Maximus Circus at Rome-, by the many writtings for ruling them and by the chronicles of the deeds that happened there. In Hispania there are many data taken from burial inscriptions, paintings, mosaics, walls. In this country they were specially wellcome since horse spectacles were celebrated even when fighting in amphitheatres existed no more because of moral principles of the new religion: Christianism. Its highest success came in 4th Century. It can be seen through the phrase "panem et circus", that means "bread and Circus".

      Four "factiones" were set in Hispania as if they were "sport clubs". Each one was marked by a different colour: Albata (white), Veneta (blue), Praesina (green) and Russata (red). Drivers of charriots were called aurigae . They were often slaves. Charriots could be dragged by four horses cuadrigae or by two: bigae .


      To present theatre that encourages our audiences to reflect on society and envision a world we aspire to.

      Stichting Orange Theatre Company (OTC) was launched in January 2018. During its first year, OTC produced a season of three English language plays in Amsterdam: ART written by Yasmina Reza , The Pillowman written by Martin McDonagh and THE B WORD written by OTC playwrights Kristine Johanson and John Mabey. In its second year OTC staged: Tribes by Nina Raine, Noises Off by Michael Frayn and Dutchman by Amiri Baraka.

      In 2020, OTC was able to launch the OTC Youth Theatre Program, The Monologue Podcast and produce its first short film Fever Dream - Art in the time of Corona which won the award for 'Best Short Film' in the Amsterdams Buurt Film Festival 2020.

      OTC is a community of talented individuals with different nationalities, backgrounds and skill sets who share a passion for English language theatre.


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos