面白い

自宅で硫酸を作る方法

自宅で硫酸を作る方法

硫酸は、さまざまな家庭用化学プロジェクトで使用できる有用な酸です。ただし、入手は容易ではありません。幸いなことに、自分で作ることができます。

自家製硫酸材料

この方法は、希硫酸から始まり、これを沸騰させて濃硫酸を作ります。これは、家庭で硫酸を作る最も安全で簡単な方法です。

  • カーバッテリー酸
  • ガラス容器
  • グリルのような屋外の熱源

自動車用品店で購入できるバッテリーの酸は、約35%の硫酸です。多くの場合、これはあなたの活動にとって十分強力ですが、濃硫酸が必要な場合は、水を除去するだけです。得られる酸は、試薬グレードの硫酸ほど純粋ではありません。

最も安全な方法

急いでいない場合は、水を自然に蒸発させることで硫酸を濃縮できます。これには数日かかります。

  1. 流出の可能性がある安全な循環の良い場所に硫酸の開いた容器を置きます。
  2. ほこりやその他の微粒子による汚染を最小限に抑えるため、容器をゆるく覆います。
  3. 待つ。水は溶液から蒸発し、最終的に濃硫酸が残ります。硫酸は吸湿性が高いため、一定量の水が保持されることに注意してください。液体を加熱して残りの水を追い払う必要があります。

最速の方法

硫酸を濃縮する最速の方法は、酸から水を沸騰させることです。これは高速ですが、細心の注意が必要です。ホウケイ酸ガラス(パイレックスまたはキマックス)を使用して、酸性の煙にさらされないように、屋外でこれを行います。どんなものを加熱していても、ガラス容器が粉々になる危険性が常にあるため、その可能性に備える必要があります。このプロジェクトを放置しないでください。

  1. ホウケイ酸ガラス鍋でバッテリーの酸を加熱します。
  2. 液面の低下が止まると、酸ができるだけ濃縮されます。この時点で、蒸気も白い蒸気に置き換えられます。煙を吸い込まないように注意してください。
  3. 液体を冷却してから、別の容器に移してください。
  4. 空気からの水が酸に入らないように、容器を密閉します。容器を長時間開いたままにすると、硫酸が希釈されます。

安全上の注意

  • 重曹や重曹などを手元に置いておくことをお勧めします。酸をこぼした場合は、重曹と反応させることで素早く中和できます。流出に重曹を振りかけるだけです。
  • 硫酸との接触を避けるように注意してください。硫酸は強酸の1つです。それは非常に腐食性であり、皮膚、粘膜、衣服、その他のあらゆるものと激しく激しく不快に反応します。蒸気を吸わないでください、酸に触れないでください、そして、それをこぼさないでください。長い髪を結び、ゴーグルと手袋を着用し、露出した皮膚を覆います。
  • 金属製の鍋や調理器具は使用しないでください。硫酸は金属と反応します。また、ある種のプラスチックを攻撃します。ガラスは良い選択です。
  • 硫酸は発熱反応で水と反応しますが、酸の流出に対処するには水で希釈するのが最善の方法です。何か問題が発生した場合に備えて、十分な量の水を用意してください。少量の酸を水で満たすことができます。酸が希釈されると、重曹などの弱塩基で中和できます。注意:硫酸は水と混ぜると飛散します。この酸を使用する場合は、その特性を理解し、尊重してください。

概要:硫酸を作る

  • 液体を煮沸することにより、希硫酸を濃縮することができます。
  • ヒュームが関与するため、硫酸を屋外またはドラフト内で濃縮するのが最善です。

硫酸プロジェクトなど

硫酸を入手したら、それを使用する前に、硫酸を使用することに関連するリスクや、それを使用して実行できるプロジェクトを含めて、詳しく知ることをお勧めします。

バッテリーの酸に関する注意

バッテリーの酸は約35%の硫酸です。自動車用品店で購入できます。棚にないかもしれませんので、それを求めてください。バッテリーの酸は、5ガロンの箱で販売され、酸は頑丈なビニール袋に入れられ、液体を分配するためのプラスチックチューブに入れられます。箱は重いです。落とすのは悲惨なことです。したがって、何を期待するのかを知っておくことをお勧めします。

容器全体を処理しようとするのではなく、使用量の酸を分配するのが実用的です。酸はプラスチック容器に入っている場合がありますが、この酸はガラス瓶に保管するのが最善です。硫酸はいくつかの種類のプラスチックと反応し、プラスチック容器を腐食させる可能性があります。前述の例では、プラスチック製のねじ式キャップが付いたガラス製ワインボトルを使用しました。どの容器を使用する場合でも、必ず「硫酸」と「毒」のラベルを付け、子供やペットが届かない場所に保管してください。また、2つの化学物質が混合して有毒ガスを放出するため、酸をアンモニアと一緒に保管しないでください。