面白い

酸化状態と酸化数の違い

酸化状態と酸化数の違い

酸化状態 そして 酸化数 は、通常、分子内の原子の同じ値に等しい量であり、しばしば交換可能に使用されます。ほとんどの場合、用語「酸化状態」または「酸化数」が使用されているかどうかは関係ありません。
2つの用語にはわずかな違いがあります。
酸化状態とは、分子内の原子の酸化の程度を指します。つまり、形成された結合がすべてイオン結合である場合、酸化状態は原子の電荷です。分子の各原子は、その分子に対して異なる酸化状態を持ち、すべての酸化状態の合計は分子またはイオンの全体的な電荷に等しくなります。各原子には、電気陰性度と周期表グループに基づいた所定のルールに基づいて酸化状態値が割り当てられます。

分子に中性電荷がある場合、その原子のすべての酸化状態の合計はゼロに等しくなければなりません。たとえば、FeCl分子では3、各塩素原子の酸化状態は-1で、鉄原子の酸化状態は+3です。 3つの塩素原子が1つの鉄原子を相殺し、正味の電荷0を残します。
酸化数は配位錯体化学で使用されます。それらは、原子と共有されるすべてのリガンドと電子対が除去された場合に中心原子が持つ電荷を指します。