面白い

カレッジGPAはどれほど重要ですか?

カレッジGPAはどれほど重要ですか?

高校では、良い大学に入学したかったので、良い成績を得ることに集中している可能性があります。しかし、今あなたは大学にいるので、「私のGPAは本当に重要ですか?」と疑問に思うかもしれません。

それは単純な質問のように思えるかもしれませんが、それに対する単一の簡単な答えはありません。状況によっては、大学のGPAがかなり重要になる場合があります。一方、GPAは卒業できるかどうかを意味するだけです。

GPAが大学で重要な理由

実際、大学で良いGPAを維持する理由はたくさんあります。最終的には、学位を取得するためにクラスに合格する必要があります。これは、そもそも大学に通うことの主要なポイントの1つです。その観点から、答えは明確です:あなたのGPAが重要です。

GPAが一定のしきい値を下回った場合、学校はアカデミックな保護観察に置かれたという通知を送信し、それから回復するために実行する手順を通知します。同様の方針に沿って、奨学金、その他の金銭的賞与、またはローンの適格性を維持するために、GPAを特定のレベル以上に維持する必要がある場合があります。

さらに、学業成績、研究機会、インターンシップ、一部の上級クラスなどにはGPA要件があります。そのようなプログラムやクラスに参加することに興味がある場合は、GPAまたはその他の要件について事前にアカデミックアドバイザーに確認して、目標を達成するために順調に進むことができます。

学位を取得した後、大学の成績は問題になりますか?

卒業後、大学のGPAがあなたの人生で重要な役割を果たすかどうかは、計画次第です。たとえば、大学院への入学は非常に競争が激しいです。 GPA情報は、申請プロセスの一部として確実に考慮されます。

あなたの教育を促進することに興味があるが、GPAへの損害がすでに行われている場合、あなたは必ずしも沈没しているわけではありません: (もちろん、大学の初めから良いGPAを維持することに集中すれば、大学院に入学するのはずっと簡単になります。)

さらなる学校教育を考えていない場合でも、仕事に応募する際に雇用主からGPAを求められることを知っておく必要があります。実際、応募者が最小GPA要件を満たしていることを必要とする企業(一般に大企業)がいくつかあります。

大学のGPAが問題にならない場合

とはいえ、大学院があなたの将来になく、企業の世界があなたの議題にない場合、あなたの卒業証書を取得した後、あなたのGPAが二度と出てこない可能性が十分にあります。一般的に、雇用主はあなたに到達した学年ではなく、あなたの教育レベルにより重点を置いており、あなたを言うルールはありません必要 GPAを履歴書に追加します。

結論:大学のGPAは、将来の計画と同じくらい重要です。高校のときほど高いGPAを維持することに集中するプレッシャーを感じることはないかもしれませんが、理由はありません してはいけない 大学の授業で一生懸命働き、学問的にできる限り成功します。結局のところ、卒業後何年もの間、どのような仕事や大学院プログラムに応募しなければならないかはわかりません。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos