面白い

誰がカラオケを発明したのですか?

誰がカラオケを発明したのですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

楽しい時間をお探しの方には、ボーリング、ビリヤード、ダンスなど、他の人気のある娯楽とともにカラオケをお楽しみください。しかし、この概念が米国で流行し始めたのは、世紀の変わり目ごろでした。

日本でも、ちょうど45年前に最初のカラオケマシンが導入されたのと同じような状況でした。日本人は歌を歌って夕食客を楽しませることを習慣的に楽しんでいますが、ライブバンドではなく、単にバックグラウンドレコーディングを再生するジュークボックスを使用するという考え方は少し奇妙に思えました。言うまでもなく、歌を選ぶことは2食分の価格に相当し、ほとんどの人にとっては少し高価です。

カラオケの発明

アイデア自体でさえ、異常な状況から生まれました。日本の発明家である井上大介は、コーヒーハウスでバックアップミュージシャンとして働いていたとき、クライアントが同僚と会うために彼に同行するように依頼した。 「ダイスケ、あなたのキーボード演奏は私が歌うことができる唯一の音楽です!私の声がどのように聞こえるか、そしてそれが良い音に必要なものを知っている」とクライアントは彼に言った。

残念ながら、大は旅行をすることができなかったので、彼は次の最高のことをし、一緒に歌うために彼のパフォーマンスのカスタム録音をクライアントに提供しました。クライアントが戻ったとき、彼はより多くのカセットを要求したので、それは明らかにうまくいった。それがインスピレーションのひらめきです。彼はすぐに、人々が一緒に歌うことができる音楽を演奏するマイク、スピーカー、アンプを備えた機械を作ることに決めました。

カラオケマシンが生産されています

井上は、技術に精通した友人と一緒に、当初は8台のジュークマシンを最初に11台組み立て、それらを近くの神戸の小さな飲酒施設に貸し出し、人々がそれを利用できるかどうかを確認しました。前述したように、システムは主にライブバンドの新しい代替手段と見なされ、主に裕福で裕福なビジネスマンにアピールしました。

その地域の2人のクラブオーナーが地元で開かれている会場用にマシンを購入した後、すべてが変わりました。言葉が急速に広まり、東京からの注文がすべて寄せられるにつれて需要が急増しました。一部の企業は、顧客がプライベートシンギングブースをレンタルできるように、スペース全体を確保していました。カラオケボックスと呼ばれるこれらの施設は、通常、複数の部屋とメインカラオケバーを提供していました。

アジアに広がる流行

90年代には、日本語で「空のオーケストラ」を意味するカラオケが、アジア中を席巻する本格的な流行へと発展しました。この間、サウンドテクノロジーの改善やレーザーディスクビデオプレーヤーなど、画面に表示されるビジュアルや歌詞をユーザーが快適に楽しめるようにするいくつかの革新がありました。

井上に関しては、彼の発明の特許を取得する努力をしないという重大な罪を犯したために、彼は多くの人が期待するほどハンサムに成功しなかった。明らかにこれは彼に彼のアイデアをコピーするライバルに門戸を開き、それは会社の潜在的な利益に割り込んだ。その結果、レーザーディスクプレーヤーが登場するまでに、8ジュークの生産は完全に中止されました。これは、25,000台ものマシンを製造したにもかかわらずです。

しかし、あなたが彼が決定に対して後悔を感じると仮定しているなら、あなたはひどく間違っているでしょう。トピックマガジンで公開され、オンラインの「実験および物語の歴史のジャーナル」付録でオンラインで再掲載されたインタビューで、井上は、特許保護が技術の進化を妨げる可能性が高いと推論した。

以下が例外です:

「私が最初のジューク8を作ったとき、義兄弟は私が特許を取得することを提案しました。しかし、当時、私はそれが何から来るとは思わなかった。神戸エリアの飲酒場所が私のマシンを使用することを望んでいたので、快適な生活を送ることができ、それでも音楽と関係がありました。私がこれを言うとき、ほとんどの人は私を信じませんが、最初の機械に特許があった場合のようにカラオケが成長したとは思いません。それに、私はゼロから物を作りませんでした。」

少なくとも、井上は、その話がシンガポールのテレビで報道された後、カラオケ機の父として正当に認められ始めた。そして1999年、タイム誌のアジア版は、彼を「世紀の最も影響力のあるアジア人」に挙げたプロフィールを発表しました。

彼はまた、ゴキブリを殺す機械を発明し続けました。彼は現在、彼の妻、娘、3人の孫、8匹の犬と一緒に日本の神戸の山に住んでいます。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos