生活

実在の知能で生徒を教える

実在の知能で生徒を教える

実存的知性は、哲学的に考える学生に与えられたラベル教育研究者のハワード・ガードナーです。この実存的インテリジェンスは、ガーナーが特定した多数のインテリジェンスの1つです。複数のインテリジェンスのこれらのラベルのそれぞれ…

「…学生がさまざまな種類の心を持ち、したがって、さまざまな方法で学び、記憶し、実行し、理解する程度を文書化する」(1991)。

存在知能は、個人の集合的な価値と直観を使用して、他人とその周りの世界を理解する能力を伴います。このインテリジェンスに優れた人々は通常、全体像を見ることができます。哲学者、神学者、ライフコーチは、ガードナーが高い実存的知性を持っていると見ている人たちの中にいます。

大きな絵

2006年の本「Multiple Intelligences:New Horizo​​ns in Theory and Practice」で、ガードナーはハードウィック/デイビスと呼ばれる会社を経営する「ジェーン」の架空の例を挙げています。 「彼女のマネージャーは日々の運用上の問題をより多く処理しますが、ジェーンの仕事は船全体を操縦することです」とガードナーは言います。 「彼女は長期的な見通しを維持し、市場の運営を考慮し、一般的な方向性を設定し、リソースを調整し、従業員と顧客にインボードを維持するよう促す必要があります。」つまり、ジェーンは全体像を見る必要があります。彼女は、未来、つまり会社、顧客、市場の将来のニーズを想像し、その方向に組織を導く必要があります。全体像を見るその能力は、明確な知性、つまり実存知性である可能性があります-ガードナー氏

存在に関する最も基本的な質問を熟考する

発達心理学者であり、ハーバード大学大学院の教授であるガードナーは、実のところ、彼の9つの知性に実存領域を含めることについて少し確信がありません。それは、ガードナーが1983年に彼の独創的な本「心のフレーム:複数の知性の理論」にリストした最初の7つの知性の1つではありませんでした。しかし、さらに20年の研究を経て、ガードナーは実存知能を含めることにしました。 「知性のこの候補は、存在の最も基本的な問題を熟考する人間の性向に基づいています。なぜ生きるのか、なぜ死ぬのか、どこから来たのか、何が起こるのか」ガードナーは後の本で尋ねました。 「これらは知覚を超越する質問であると言うことがあります。これらは、5つの感覚システムで知覚するには大きすぎるまたは小さすぎる問題に関するものです。」

存在知能の高い有名人

驚くことではないが、歴史の主要人物は、以下のような実存知能が高いと言われる人たちの中にいる。

  • ソクラテス:この有名なギリシャの哲学者は、「ソクラテスの方法」を発明しました。
  • 仏:彼の名前は文字通り「目覚めている人」を意味します、仏教センターによると。仏はネパールで生まれ、おそらく紀元前6世紀から4世紀の間にインドで教えました。彼は仏教、より高い真理を求めることに基づいている宗教を設立しました。
  • イエス・キリスト。世界の主要な宗教の1つであるキリストは、1世紀のエルサレムの現状に反発し、永遠の真実を所有するより高い存在である神への信仰を提唱しました。
  • 聖アウグスティヌス:初期のキリスト教神学者であった聖アウグスティヌスは、ギリシャの哲学者プラトンの教えに彼の哲学の多くを基づいていました。不完全な世界。プラトンとセ​​ントオーガスティンの両方は、この抽象的な真実を追求することに人生を費やすべきだと信じていました。

全体像を調べることに加えて、実存的知性を持つ人々の一般的な特徴には次のものが含まれます。感覚を超えて現象を説明する能力;そして、部外者になりたいと同時に社会とその周辺の人々に強い関心を示したいという願望。

教室でこのインテリジェンスを強化する

このインテリジェンスを通じて、特に難解に思えるかもしれませんが、教師や生徒が教室内の実存的インテリジェンスを強化および強化できる方法があります。

  • 学んでいることと教室の外の世界との間につながりを作ります。
  • 学生に全体像を見せたいという願望をサポートする概要を提供します。
  • 生徒にさまざまな観点からトピックを見てもらいます。
  • レッスンで学んだ情報を生徒に要約してもらいます。
  • 生徒にクラスメートに情報を教えるためのレッスンを作成してもらいます。

ガードナー自身は、実存的な知性をどのように活用するかについて、いくつかの方向性を示しています。 「質問が容認されるどの社会でも、子どもたちは幼い頃からこれらの実存的な質問を提起しますが、彼らは常に答えを注意深く聞いているわけではありません。」教師として、生徒にこれらの大きな質問をし続け、そして答えを見つけるのを助けるように励ます。