面白い

劇作家ベルトホールド・ブレヒトの生涯と仕事

劇作家ベルトホールド・ブレヒトの生涯と仕事

20世紀の最も挑発的で有名な劇作家の1つであるベルトルトブレヒトは、「母の勇気と子どもたち「および」スリーペニーオペラ。「ブレヒトは現代の演劇に大きな影響を与えてきており、彼の演劇は社会的な懸念に対処し続けています。

Berthold Brechtは誰でしたか?

プレイライトユージーンベルトホールドブレヒト(ベルトルトブレヒトとも呼ばれる)は、チャーリーチャップリンとカールマルクスの影響を強く受けました。この奇妙なインスピレーションの組み合わせは、ブレヒトのねじれたユーモアの感覚と、彼の戯曲内の政治的信念を生み出しました。

ブレヒトは1898年2月10日に生まれ、1956年8月14日に亡くなりました。彼の劇的な作品の他に、バートホールドブレヒトは詩、エッセイ、短編小説も書きました。

ブレヒトの生涯と政治的見解

ブレヒトはドイツの中流階級の家庭で育ちましたが、しばしば貧しい子供時代の物語を作りました。若い頃、彼は仲間のアーティスト、俳優、キャバレーミュージシャン、ピエロに惹かれていました。彼は自分の演劇を書き始めたとき、彼は劇場が社会的および政治的批判を表現するための完璧なフォーラムであることを発見しました。

ブレヒトは「エピックシアター」として知られるスタイルを開発しました。この媒体では、俳優はキャラクターをリアルにしようとはしませんでした。代わりに、各文字は引数の異なる側面を表しています。 Brechtの「Epic Theatre」は複数の視点を提示し、視聴者が自分で決定できるようにしました。

これは、ブレヒトがお気に入りをプレイしなかったことを意味しますか?確かにそうではありません。彼の劇的な作品はファシズムを露骨に非難しているが、彼らはまた、共産主義を政府の容認できる形態として支持している。

彼の政治的見解は彼の人生経験から発展した。ブレヒトは、第二次世界大戦が始まる前にナチスドイツから逃げました。戦後、彼は喜んでソビエト占領の東ドイツに移り、共産主義体制の支持者になりました。

ブレヒトの主要な劇

ブレヒトの最も評価の高い作品は「母の勇気と子どもたち"(1941)。1600年代に設定されましたが、この劇は現代社会に関連しています。しばしば、最高の反戦劇の1つと見なされます。

驚くことではないが、 "母の勇気と子どもたち「近年頻繁に復活しています。多くの大学やプロの劇場は、おそらく現代の戦争に関する彼らの見解を表現するためにショーを制作しました。

ブレヒトの最も有名な音楽コラボレーションは「スリーペニーオペラ。「この作品はジョン・ゲイのものから改作された」B食のオペラ、」18世紀の成功した「バラードオペラ」。ブレヒトと作曲家のカートヴァイルは、ユーモアのある悪党、リベットの歌(人気の「マック・ザ・ナイフ")、および社会風刺を痛烈。

この劇の最も有名なラインは、「誰がより大きな犯罪者であるか:銀行を強奪するのか、それとも銀行を設立するのか?」です。

ブレヒトのその他の影響力のある演劇

Brechtの最も有名な作品のほとんどは、1920年代後半から1940年代半ばの間に作成されましたが、彼は合計31の戯曲を制作しました。最初は「夜のドラム"(1922)そして最後は"ストックヤードのセントジョーン「彼の死の3年後の1959年まで舞台に現れませんでした。

ブレヒトの演劇の長いリストの中で、4つが際立っています:

  • "夜のドラム" (1922): 一部はロマンス、一部は政治ドラマであり、この劇は1918年のドイツでの暴力的な労働者の反乱の中で設定されています。
  • "エドワード2世" (1924): ブレヒトは、16世紀の劇作家、クリストファーマーロウのこの堂々としたドラマを大まかに適合させました。
  • 「ストックヤードのセントジョーン" (1959): この20世紀のジャンヌダルクは、シカゴを舞台に(そして株式市場のクラッシュの直後に書かれた)残酷な心を持った産業家と戦い、歴史上の名誉のようにmar教します。
  • "第三帝国の恐怖と悲惨" (1938): ブレヒトの最も明白な反ファシスト劇は、ナチスが権力を握った陰湿な方法を分析します。

ブレヒトの戯曲全リスト

Brechtの演劇にもっと興味があるなら、ここに彼の作品から生み出されたすべての演劇のリストがあります。それらは、劇場に最初に登場した日付までにリストされています。

  • 「夜のドラム」 (1922)
  • 「バアル」 (1923)
  • 「都市のジャングルで」 (1923)
  • 「エドワードII」 (1924)
  • 「象の子牛」 (1925)
  • 「男は男に等しい」 (1926)
  • 「スリーペニーオペラ」 (1928)
  • "ハッピーエンド" (1929)
  • 「リンドバーグの飛行」 (1929)
  • 「イエスと言う人」 (1929)
  • 「マハゴニー市の興亡」 (1930)
  • 「ノーと言う彼」 (1930)
  • 「取られた措置」 (1930)
  • "母親" (1932)
  • 「七つの大罪」 (1933)
  • 「ラウンドヘッドとピークヘッド」 (1936)
  • 「例外とルール」 (1936)
  • 「第三帝国の恐怖と悲惨」 (1938)
  • 「セニョーラカッラーラのライフル」(1937)
  • 「ルクルスの試練」 (1939)
  • 「母の勇気と子どもたち」 (1941)
  • 「プンティラ氏と彼の男マティー」 (1941)
  • 「ガリレオの生活」 (1943)
  • 「セズアンの善人」 (1943)
  • 「第二次世界大戦のシュヴァイク」(1944)
  • 「シモーヌ・マチャードのビジョン」 (1944)
  • 「白人チョークサークル」 (1945)
  • 「コミューンの日々」 (1949)
  • 「家庭教師」 (1950)
  • 「アルトゥーロウイのレジスタンスライズ」 (1958)
  • 「ストックヤードのセントジョーン」 (1959)