レビュー

硬貨のモース硬度

硬貨のモース硬度


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

モース硬度の鉱物硬度は10種類の鉱物で構成されていますが、その他の一般的なオブジェクトも使用できます。これらには、爪(硬度2.5)、スチールナイフまたは窓ガラス(5.5)、スチールファイル(6.5)、ペニー。

ペニーには常に約3の硬度が割り当てられていますが、テストを実施した結果、これは真実ではないことがわかりました。

ペニーは、最初のリンカーンセントが発行された1909年以降、長年にわたって構成が変更されています。その組成は、95%の銅と5%のスズと亜鉛(ブロンズに分類される合金)として指定されました。戦時中の1943年を除いて、ペニーは1909年から1962年までブロンズでした。次の20年間のペニーは、技術的にはブロンズではなく、銅と亜鉛でした。そして1982年には割合が逆転し、現在のペニーは97.5パーセントの亜鉛が薄い薄い銅の殻に囲まれています。

私たちのテストペニーは、元のブロンズ製法である1927年のものです。新しいペニーでテストしたとき、どちらももう一方を傷つけなかったので、ペニーの硬さが変わっていないことは明らかです。私たちのペニーは、実際にそれを掘り下げない限り、方解石を傷つけませんが、方解石(硬度3の標準)はペニーを傷つけました。

科学の利益のために、私たちは1セント硬貨と方解石に対して1 / 4、10セント硬貨、ニッケルをテストしました。クォーターとダイムはペニーよりわずかに柔らかく、ニッケルはわずかに硬かったが、すべて方解石によって傷が付いた。私たちは銀貨で実験をしませんでしたが、1908年からインディアンヘッドペニーをテストし、それが他のすべてのオブジェクトに傷を付け、順番に傷付けられないことを発見しました。

したがって、その例外を除き、すべてのアメリカのコインは、多くの努力なしで透明な方解石を傷つけませんが、方解石はかなり簡単に傷つけます。これにより、硬さは3未満、つまり2.5になりますが、インディアンヘッドペニーの硬さは3、つまり3.5を超えます。インドの頭のペニーは、リンカーンのペニーと同じ名目上の組成で、亜鉛とスズを組み合わせて5%を占めていましたが、古いペニーのスズはもう少し多かったと思われます。たぶん1ペニーは公正なテストではありません。

指の爪も硬度2.5であるときにペニーを持ち歩く理由はありますか?次の2つがあります。1つは、柔らかい爪がある場合があります。 2つ目は、爪よりも1セント硬貨を引っ掻くことを好むかもしれません。しかし、緊急時には駐車メーターに給電できるため、代わりに実用的な地質学者はニッケルを携帯する必要があります。



コメント:

  1. Lorance

    現在、ディスカッションに参加できません。とても忙しいです。私は自由になります-私は間違いなく私が思うことを書きます。

  2. Osker

    あなたにとって間違ったデータ

  3. Boadhagh

    とても便利なメッセージ

  4. Grojind

    おい!このブログを読むすべての人-ハッピーアプローチと合意!

  5. Mingan

    あなたの素晴らしいフレーズなしで私たちは何をしますか

  6. Wilburt

    ブラボー、注目に値するアイデアであり、正当です

  7. Kigajas

    あなたは間違っていたのでしょう?



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos